或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年01月 ]
12 | 2013/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飛ばし読み 『アメリカ型ポピュリズムの恐怖』

の前に。

女子柔道の暴力事件のニュースをきいていて、
思い出したことがある。

セクハラだの、パワハラだの、ろくでもねぇことしやがる、
アホちゃうか!と罵りたくなるよーな人ってのは、
大概、どこの集団にもいるらしい。

以前、職場にそーゆーアホをやらかしたヤツがおる、
っちゅー話をきいたとき、
さぞや大事になって厳しい処罰もくだされたんだろう・・・
と思って訊いてみると、
「お咎めなし」
だったという。

え?なんでー??と重ねて訊くと、

「男ってのはね!
 こーゆーとき、なんかつるんで、かばいやがるのよ!!

 『ちょっとやりすぎちゃったな』とか
 『ちょっと行きすぎだったかな』とか
 『ま、若いとね、そんなこともあるよ』とか言って!!

 ふざけんなっ!!って怒鳴りたいぐらい、
 その周囲のオヤジどもに腹が立つーっ


・・・そ、そうなのか・・・。

腐人自身は、あんまそういうケースに関わったことないんで
実体験としてはないんだが、
日々流れてくるニュースとかをきいてると、
なーんかこの「男同士のかばいあい」みたいのは、
すごーく匂う。
ぷんぷんする。腐臭が。

なんなんすかね、これ。

腐人の周囲の女同士でそういうことあるかというと、
うーん??
腐人の周囲は、類友だからかなぁ・・・あんま見ない事例だ。

ただ、依存性の高い女子集団だとあるか?
腐人は吐き気がするほどキライだが。

だって、あかんもんはあかんでしょ。
クソはクソ、アホはアホであって、
それ以外のなにもんでもない。


で、男の身内かばうの図、だが、この原因はなんだろう。

タテが好きなんだよね、男って。基本的に。

だから、あいつは後輩だから、とか、
昔、俺が面倒をみてやったから、とかで、
簡単プーに、情に流される。

あと自分と重ねて、
「男は多少やんちゃが過ぎたほうがいい」
とか、寝言は寝て言え!!と言いたくなるよーな、
自分に陶酔しまくり論を吐いたり。

端でみてると、アホさらしまくりにみえるんだが、
そのことには気づいてないんだろうか?
素朴に疑問。


この女子柔道の件でいえば、
一番大事にせないかんのは、選手ちゃうんかねぇ?
試合やるのも、メダルとるのも、選手であって、監督じゃない。

それともコカンのブツを一層して、チチ作って、
女子選手として出てみるか?

最近はDNA検査するらしいから、即失格だろうがな


そんな信頼も尊敬もでけへんよーなニンゲンからの指示って、
従う気になるか?
腐人はならん。

腐人は、そんな存在にも、そんな存在を許してる団体にも、
侮蔑の感情しかわかないなぁ。

これ、例えばDV男なんかもそう。
その男性自身にも、そんな男性を育てた男の親たちにも、
腐人は軽蔑の感情しかもてない。

そーゆーもんじゃね?

勇気をだして抗議した選手の方々は、
本当に素晴らしい行為をなさったと思う。

間違いなく、こういう強化選手に選ばれるような方々って、
小さいころから、上には逆らうなと教え込まれ、
キツイ練習にも、文句を言うことすら許されず
ただひたすら従順になるよう押し付けられてきたはずだ。

それは、今の桜宮高校の生徒らと同じく、
ずっとマインドコントロールをうけてるよーなもんで、
そこから、自主的に声をあげるというのは、
精神的に大変だったんじゃないかな?

まー、そうした要因の裏に、
あのレイプ事件や体罰自殺事件など、
告発してもいいんだと思える後押しがあったんだとは思うけど。

夕方に流れてきたニュースによれば、
元凶の監督が辞意表明したらしいが、
なんつーか、トカゲのシッポきりだなぁと思うのは腐人だけ?

腐ったミカンは別のところにあると思うんだけど・・・。
そいつを取り除かない限り、
いつまでたっても、その箱にいれたミカンは腐り続けるぞ。



さて、本題。

時間がなく、目次をみるとなんとなくわかったので、
ざーっと飛ばし読んだ
『アメリカ型ポピュリズムの恐怖』

サブタイトルが、
『「トヨタたたき」はなぜ起きたか』という。

売れすぎたトヨタ、
リーマンショック後のアメリカ全体の不況の影響、
事業整理による地元雇用のひきあげ、
それらによる妬み嫉みの感情、
大衆に迎合するメディアの煽動、
世論を気にする政府の意向などなど、
実際に何があったかを追いながら、
このような一種の集団ヒステリーにまきこまれた場合、
どのように対応すべきかを
トヨタが実際に行った対処を踏まえて書いてるので、
そういう危険のある仕事をなさってる方には、
とても勉強になるのではないかと思う。

ちゃんと読んでないのでカウントはしませんが、
ご興味もたれた方の参考のために、
書誌情報をあげときます。

齋藤淳
『アメリカ型ポピュリズムの恐怖 「トヨタたたき」はなぜ起きたか 』
光文社新書



腐人としては、アメリカという国を考えるに、
非常に興味深い一節もあり、そこに注目した。

このトヨタのユーザーによる集団訴訟は、これかららしいんだが、
アメリカという国の司法制度は、こうなっているらしい。

「完全に根も葉もない訴訟でない限り、
 訴えれば原告側は、多かれ少なかれ、和解金がもらえる」

「訴訟費用も、和解や勝訴したら一部を報酬にするという
 成功報酬という方法があるため、最初にお金がいらない。
 なので、まず訴えるという風土」

腐人が多少編集してますが、おおよそこんな感じの話がかいてあり、
先日の東電訴訟を思い出した。

なるほどねぇ・・・、これならやるわな。



ただ、あの件に関しては、ちょっと気になる話がある。

食品業界の人にきいたのだが、
今、世界では日本食がブームになってるらしいんだが、
その結果、甲状腺や体調の異常を訴える外人さんが増えてるらしいのだ。

それ、どうやら、コンブなどの海草の影響らしい。

ってのも、コンブって、ヨウ素を大量に含んでるんですわ。

日本人はそれこそ3000年近く食べてきてるので、
かなり耐性ができてるのだが、
最近食べはじめた外人さんはそうじゃない。

なのに、健康食だとか、便秘にいいとかで、食べすぎると、
甲状腺の機能低下になる。


日本人には御馴染みのヒジキ。
あれも、実は、ヒ素が大量に含まれている。

なので、カナダ食品検査庁や英国食品規格庁が、
あえて食べないようにっちゅー勧告を出したほどだ。

これ、日本人にとってみたら、「えー!?」でしょ?

ネットでググっても、すぐ詳細がでてくる話なので、
ご興味ある方は、各自でお調べください。


ま、それはともかく。

腐人家なんか、料理のほとんどに、
乾燥昆布からとった昆布だし使ってるし、
ヒジキも生まれたときから、常備食だ。

でも、全員、元気でピンピンしとる。

しかし食べつけてない外人さんが、
腐人家の食事のよーなのを食べはじめたら、
まず間違いなくヨウ素やヒ素の過剰摂取となって、
体調不良を起こすだろうなぁ・・・。

日本人が外国にいって、胃もたれ起こしたり、
オリーブオイルがあわんで下痢るのと似たような話だと思うんだ。

となれば、なおさら。

あの裁判の行方が気になる・・・。

そのとばっちりが、
東京電力のエンドユーザーにこないことを祈りたい・・・。
スポンサーサイト
[ 2013/01/31 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

終わらない・・・片付かない・・・

き、筋肉痛だ・・・(/_;)

でも、今日あたり早売り本屋に
『いとしの猫っ毛 小樽編』が出てる気がするので、
何がなんでも本屋にはいかねばならぬ・・・。

うぐぉぉぉぉっ!!


それにしても、今、マジでちょっとヤバイっす。

読まねばならない本が、どちゃっ。
書かねばならない本が、どちゃっ。
やらねばならない仕事が、どちゃっ。

でも、眠いの・・・寝たいの・・・


うえーん(>_<)
24時間では、いろんなことがこなせなくなってきて、
ちょっと生活破綻中・・・。

っつかさ、そんな状態なら、新刊買うなよ・・・と、
自分で自分にツッコんでみた。

でも、買わずにはおられんのよーっ!!!

これを、本中毒といいます。
理性はブレーキにならない。


ほんでさ。
読まねば本をあと回しにして、買ったばっかりの新刊を読むから、
よけいに計画倒れの毎日になるのよねー。

いかん、どこかで立て直さねば!!

ってことで、ちょっとブログを絞ります。

目指せ!スリム化!!!
・・・体形もだな・・・。
[ 2013/01/30 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

驚いた・・・

ちくしょー!!走ったのに!!!

気づいたら、定刻8分前で、慌てて走ってったんだが、
到着したら定刻を過ぎていた。

目の前で、無情に閉まる扉・・・。

うわーん(ToT)
今日、いや1か月分ぐらいの体力つかって、
必死に走ったのにーっ!!!

昔、新幹線に乗り遅れそうになり、ヒールの靴を両手に
裸足で、在来線から新幹線ホームまでダッシュしたことがあるが、
あの頃と比べれば、若さも体力もあきらかに落ちている・・・。

でも、この場合は、ブーツを脱いで走るべきだったのか・・・?

くすん・・・(/_;)

あまりに傷心してしまったので、本屋に行く。←なんでや!

したら、ルチルとリンクスの月末ラインナップが
早売りに出されてて、速攻で、気分が浮上した(●^o^●)。

すごいなー新刊の威力。

で、BLなのに、表紙に絵がない1冊をみつけ「?」。

夜光花さんの『サクラ咲ク』という本だったのですが、
関連前作には、昨年亡くなられた朝南かつみさんが挿絵をされていらしたため、
この作品は、追悼として、挿絵なしでの発行となった、と帯にある。

・・・え?えええええ???
朝南かつみさんが亡くなられた????

腐人は、本になったものしか追いかけてない人なので、
作家さんや絵師さんのオンタイム情報って
むちゃくちゃ疎い。

なので、朝南かつみさんが急逝されていたことを、
1年以上たった今、知った・・・。

朝南かつみさんは、
名前覚え、顔覚えの悪い腐人でも珍しく絵柄とお名前が一致する、
すごく印象的なタッチの絵師さんだったので、
信じらんない・・・というか、信じたくない話だ。

たぶん、腐人よかお若いはずだが、
くも膜下出血・・・無理されてたんじゃないかなぁ・・・。

作家さんや絵師さんというのは、
ずっと作品を生み出し続けていかないといけない職業で、
ここまで仕事でここから遊びと割りきれるところがあるものではない。

見たもの、聞いたもの、その全てが生み出す作品に繋がるということは、
意識、無意識問わず、ずーっと頭の中で考え続けてるということ。

いろんなプレッシャーやストレスがかかり、
寝てる間もどこかひっかかっていたりして、
文字通り、命を削って生み出されていたのでしょう。

あのとても独特な色気のあるキャラをみることができないことは
とてもとてもとても、本当に、残念ですが、
今頃ですけど、ご冥福をお祈り申し上げます。

その眠りの安らかならんことを・・・。

[ 2013/01/29 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ナナメ読み『感染症新たな闘いに向けて』

今、汚部屋化がひどく、
ちょっと何かに触ると
アチコチで雪崩が起こる状態です・・・。

やばい・・・積読になってる本を片付けねば!

ってことで、気になったもんで取り寄せたんだが、
未読だった本に手をつけてみた。

『感染症新たな闘いに向けて』っちゅー
日経サイエンスの別冊なんだけど、
はっきりいってバリバリ文系の腐人にはちんぷんかんぷん。

でも、何がひっかかったかっちゅーと、
「淋病の脅威再び」

「HIV」。

わからんなりに、読んでみた。

すると・・・恐ろしいことが書いてあるではないか!

まず淋病なんですが、抗生物質の登場で、
淋病と梅毒は、一般的には、もう大丈夫、治る病気、
と思われている。

しかし、今、淋病に効く唯一の抗生物質
セファロスポリンに耐性がある淋菌の症例が
報告されはじめている。

発生源をたどっていくと、
どうも日本人がまきちらしてるらしい・・・。

なんでこれが恐ろしい話なのかっちゅーと、
淋病感染は、性感染症の中でもとても多い症例なので、
もし、この耐性菌が従来の菌と入れ替わると、
効く薬がないという、恐ろしい事態になる。

また、淋菌ってのはこれまでいろんな抗生物質との戦いをくぐりぬけ、
生き残ったしぶとい菌らしいのだ。

なので、この最後の砦、セファロスポリンが破られると、
もう次がない。

でもって、今、世界的に抗生物質研究に
あまり予算がかけられてないそうで、
新薬が開発される期待は薄い。

よって、このまま耐性菌がひろまると、
淋病は治る病気どころか、
よりひどい不具合を生じさせてく危険があるとのこと。

悪化したときに起こる症状が載ってたが、
控えるの忘れた。

ご興味ある方は本書をどーぞ。

皆様、セーフセックスを心がけましょうね。


で、もう1つのHIV。

話としては、ワクチン開発の現状と、
パンデミック阻止のための方策と、
HIVへの抵抗力遺伝子の話と、
エイズを発症しないエリート・コントローラーの4つが
腐人の興味をひいた。

ワクチン開発は、残念ながら芳しい結果はでてないんだそう。
いくつか候補はあったが、実証実験をすると、
これぞという結果には至らなかったらしい。

パンデミック阻止の話は、
いわゆるヒトヒト感染ではない、
他の動物からヒトへの感染が明らかなもの、
例えば、
 エイズは、チンパンジー
 B型肝炎は、サル
 デング熱は、旧世界サル
 黄熱は、アフリカのサル
などなどについて、
野生動物を捕獲・解体する人が動物から感染することが
非常に多いため、それら捕獲・解体する人たちの健康状態を
集中的に観察しつづけることで、
パンデミックを防ごうとする活動のことだった。

野生動物・・・今、中国の一番トップクラスの人たちが、
美食として喜ぶものは、野生動物だと、
『比較で読み解く中国人とインド人』で読んだ。

・・・ヤバくねぇのか、中国・・・(~_~;)

ま、チンパンジーとヒトなんて遺伝子はよく似てるから、
感染なんかとってもしやすい話だろう。

そこに写真があったんだが、市場で解体されてるサルとか、
獲物として、何匹も背負子にのっけてる図とかがあり、
ぬるま湯育ちの腐人なぞは、見た瞬間、
正直、「げー」と思う。

でも、そこで生きる人たちにとっては、それは普通だし、
鯨肉に愛着のある腐人としては、
食文化の違いは、頭ごなしに否定するのではなく、尊重したい。

でも、この行為が、非常にハイリスクなのは事実だ。

うーん・・・・・・難しいなぁ・・・(~_~;)


HIVへの抵抗力の話は、
CCR5遺伝子を生まれつき持たない人は
HIVに抵抗力があるらしい。

というのも、あるHIV感染者が骨髄性白血病を発症し、
骨髄移植を行うときに、医師が、探しに探して、
偶然にも、CCR5遺伝子が2つとも欠損しているHLAが適合する人をみつけ、
移植したところ、HIVウィルスがなくなったという。

ただ、この偶然は、本当にありえない確率だそうで、
この治療法が広く使われることはないだろう、とのこと。

ちなみに、白人の約1%が、
2つのCCR5遺伝子の両方が32個の塩基欠損を起こしているらしく、
その人たちは、HIVウィルスに対して抵抗力があるそうだ。

が、反面、西ナイルウィルスの攻撃には弱いんじゃないか?
と言われてる。


最後の、エイズを発症しないエリート・コントローラー。
エイズの起源種であるチンパンジーもなんだが、
HIVウィルスに感染しても
エイズを長期間発症しないというケースがあるという。

そういう人を、エリート・コントローラーと呼んでるそうなんですが、
これがわりといらして
(っても、エイズ研究の専門医が集る学会で
 そういう患者さん知りませんか?ときいたら
 パラパラと手が上がるっちゅー「わりと」だ)
その方々の遺伝子を調べると、
HLA を構成するアミノ酸が違っていて
細胞表面の形が変容してらっしゃるそうだ。

そうすると、HIVウィルスが入り込む入口が作れないらしく、
発症しないらしいのだ。

これまた詳しく知りたい方は本書をどーぞ。


他にも、結核とか・・・
結核って、人類の歴史とともにあるような病気だそうですが、
マトモに戦えだしたのは、1940年代以降、ほんの最近の話らしい
ポリオや、日本脳炎、マラリア、デング熱などなど、
日本ではあまり聞かなくなった病気でも、
世界に目を向けるとまだまだ万単位での死者がでてる病気について、
最前線の研究が紹介されてました。

ほとんどちんぷんかんぷんでしたが。


とはいえ、たまには自分が全く知らない世界を覗くことも、
自分の世界を凝り固めてしまわないために必要だよなー。


ちゃんと読んでないので、カウントはしませんが、
腐人のようなド素人にもそれなりにわかるように書いてくださってるので、
もうちょっと生化学の素養がある方なら、興味深く読めるのでは?

ってことで、書誌情報は、御紹介しときますね。

別冊日経サイエンス 188『感染症新たな闘いに向けて』 日経サイエンス編集部/編
[ 2013/01/28 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

ゲーム脳はいくつから?

の前に。

新刊情報をチェックしていたら、
3月に木原音瀬さんが『片思い』をだされるとあった。


これ、昔、同じタイトルだしてはったよなぁ…?

個人的には、このスピンオフ作品である
『あのひと』がすごく好きなんだがな。
それもいずれ出るんだろうか??


さて、ゲーム脳の話だが、
といっても、いわゆる
テレビゲームにハマり、脳の一部しか機能しない状態になる
っちゅーやつではない。

トランプだの、花札だの、ゲーム一般のルールってもんを、
いくつぐらいから理解するのかな、って話。

この正月、姫が「坊主めくり」を覚えた。

「7ならべ」も憶えた。
ただし、絵札なしで、手札オープン状態だが。

「神経衰弱」も憶えた。
ただし、絵札なしで、マーク2種類だが。


ならば、3歳の姫より1歳年上の王子もすぐに習得するだろうから、
一緒に呼んで遊ぼうと企んでみたんだが、
王子ってば、カードをみたとたん、
「イヤ!」

そのくせ、じゃ、姫と腐人と血族で、遊ぼうかと
わいわいやってると気になって覗きに来る。

そして坊主めくりに参加し、自分が坊主をひいた途端、
「こんなのおもしろくないよ!!」


王子、それはワガママすぎっ!

ま、二人とも一人っ子で負けず嫌いだからねぇ。

とはいえ、毎回勝たせてあげるってのもつまらんし、
相手を勝たせない方法、つまり意地悪を覚えないと、
君たちが友達とやったとき、負けちゃうしねぇ。

だから腐人家で場数踏んどいたほうがいいんだが、
元々、王子は、お外にいって
虫を捕まえるのが大好きなアウトドアだから、
インドアゲームがあわないのかなぁ?

でも、レゴ好きなんだけど…。


腐人としては、とっととゲームのルールを理解してもらって、
腐人の得意なオセロで
こてんぱんにのしてやりたくてたまらんのだがな←鬼!

でもって、いずれはマージャンを…
ってやっとったら、出禁になるかもしれない…(;一_一)。
[ 2013/01/27 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

途中挫折 『本の透視図』と、電子書籍

うーむ、気になるものをみつけた。

『ヒヤマケンタロウの妊娠』っちゅーマンガ。

裏の紹介をみたが、たぶん内容は妊娠や出産によって
働く上で、どういうことが起こるかっちゅー話っぽい。

一種のフェミマンガくさいな。

はっきりいって、腐人にとっては、
そこんとこはどーでもいい。

だって、その働く上での不利益がイヤなら
生まなきゃいいだけじゃん。
でもセックスはしたいんだーったら、
パイプカットなり、ランカンケッサツして、
好きなだけやりゃいい。

そんだけの話だろ。


が、気になるのだ!!

なにがって?

そりゃ、ドコに孕んで、
ドコから生むのかってことがーっ!!!

ま、たぶんそこんとこは
ごにょごにょごまかしてあるんだろうと推測する。
っつか、真面目に書いてあっても、
「ありえねー」で終わるからね。

個人的には男が孕むってのは楽しくていいなぁと思うが、
冷徹にいえば、
ブタの子宮なりを利用するとかの人工子宮研究すすめるほうが、
妊娠出産による母体となる人が蒙る不利益を相殺するって点では
いいんだろう。

ま、それが胎児にとっていいかどうかは別の話。

ただ、妊娠してても、タバコや酒、薬をやるよーな母体だったり、
多胎児だった場合は、
母体内環境が悪影響を与える可能性は否定できない…。


…って、こんな視点でこのマンガ読むヤツなんて、
ほとんどおらんのだろなー。

機会があったら、読んでみます。



そういえば、ちょいと前、
『本の透視図 その過去と未来』という本に
手を出してみた。

が、その過去が、グーテンベルグどころじゃない話で。

いやいや、そこからじゃなくって!
っちゅーか、腐人が欲しいのは、
ビジネスとしての本の未来論。

アナタの過去にはこだわらないわ。
でも、ワタシのこれからは、
アナタの未来にかかっているのよーっ!!!

ってことで、
あ、こりゃちゃうわ…と早々に気付いたので、
ざーっとした拾い読みに終わった。

なので、はっきりいって
腐人がこの本を理解したとは到底いえない。

しかし、あ、やっぱりそうなんだ、と思ったところがある。

この本の著者である菅原孝雄さんは、
本のプロである編集者でいらっしゃるのだが、
インターネット黎明期に携わったことがある、
要するに、デジタルの知識もお持ちの方。

その菅原さんが、電子書籍をみたとき、
これが本の延長線上にあるものか?という問いに対しては、
NO、別のものだ、という答えになるという。

そう…、腐人もずーっと、なんか違和感があるのだ。
電子書籍を「本」と呼ぶことに。

内包する性質が、違う気がするの。

印刷された瞬間からどれだけ時間がたとうがそこにある限り読め、
かつ、変わることがない印刷物の本と。

手を入れようと思えば、いつまでもいじれる、
つまり永遠に完成することがなく、
かつ、ハードが変われば読めなくなるかもしれない電子書籍と。


なんだろな…なんかあともうちょっとで、
キーになるものがみつかりそうなんだがな。

腐人は途中放棄しましたが、本というものを体系的に学ぶには、
非常によくまとまってる本だと思うので、
書誌データを紹介しときますんで、
ご興味ある方はどうぞ。

菅原孝雄 『本の透視図 ―その過去と未来』 国書刊行会
[ 2013/01/26 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)

ヤなかんじ・・・

周囲にゴホゴホやってるやつが増えたかとおもったら、
インフルで倒れる人がでてきた・・・。

いやーっ!!
今、寝込んでらんないんだよー!!!

ホント、この仕事のパツり具合からすると、
熱があろうがやらねばらならぬかもしれない・・・。

腐人の場合、一人でやっとるので、
こーゆーとき、どーにも困るんだよなー(~_~;)。


そして、ヤな感じがもう1つ・・・
また、PCの具合がよろしくない。

やめちくれー(>_<)!!!


ま、そゆことなので、今日はムダ話はやめて、
読書録だけサクサクやって終わりにします。


●24日
(78)マンガ 『デラシネマ 8』 星野泰視
  なんでこれ、終わっちゃったんだろうなぁ・・・。
  こんなにいい話なのに、もったいない。

  ま、これは最終巻なせいか、結構駆け足になってて、
  それが残念でたまらない。

  ただ、表紙裏のマンガに一切のネームがないとこが、
  作家さんの無言の抗議なのかなーとか思ってしまった。

  この写真、朋子さんが赤ちゃん抱いてるじゃん。
  これ、どっちの子だろ。

  そーゆーの、ちゃんと読みたかったなぁ・・・。
  ホント、もったいない。
  
  再開を、切に望む!!

(79)マンガ 『おとりよせ王子 飯田好実 2』 高瀬志帆
  なんでいきなり2巻かっちゅーと、
  誰かが1巻借りてたから。
  返せーっ!!!

  ま、そんでも読めるんだけどね。

  新刊を手にしたときの腐人も似たようなもんだから、
  あんま他人のことは言えない。
  
  でも、だからこそわかるんだが、こういう
  「自分は何を求めて生きるのか」がわかってると、
  生きるの楽だよねー。

  それも無機物だとストーカーになられることも、
  裏切られることもないしねー。


  にしても。
  どーみても、炭水化物とりすぎ。  
  三十路になったら、メタボ一直線だぞ、この生活。

(80)マンガ 『宇宙兄弟 19』 小山宙哉
  そうそうそうそう。
  今はカネだしゃ、一般人でも宇宙へいけるとかゆーじゃん。
  こだわる必要ないって。

  っつか、連れてってあげますから、カネくれって、
  やったら、出資者あつまるんじゃね?
  
  
  今回わらっちゃったのが、ケンジの出産シーン。

  って書くと、ケンジが出産したみたいだが、
  じゃなくて、出産たちあいでさ、
  嫁が「さするなら腰さすれ」って
  内心、怒るとこあるじゃん。
  
  あれ、世の経産婦の多くが
  「そうそうそう!!」ってゆってんだろなー。
  ホント、役立たずだよな。

  ま、タマ蹴られた痛みが女性にわからんように、
  セイリ痛とか、出産の痛みは男にはわからんよねー。
[ 2013/01/25 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

片付けましょう!宿題を

って、何回ゆーとんだかなー・・・。

なにはともあれ、
すっげーストレス溜まる仕事が、片付いて・・・はおらんが、
とりあえず投げちゃった♪
えーいって。

だから、ちょっと一休み。

・・・でも、そのずさんぶりに、
後日、大泣きする羽目になるんだよな・・・(;一_一)。
だれがやったんだよ!これっ!!って・・・。
   ↑
  自分だ、自分

ま、それはそのときのこと。
未来は誰にもわからなーい♪


にしても。
昔、今市子さんが、
締切り前は通り魔、大歓迎ってなことゆーてはったが、
腐人もその気持ちがわからんでもないわぁ・・・。

でも、その前に、アレとコレとソレと、
ああ、あっちも人目につかないよう隠さないと!!


そーいや、これ、言いたかったんだ。

腐人がノロでぶっ倒れてたときにですね、
少しでもシモから気を散らそうと、テレビをつけたら、
フィギュアスケート選手のジョニー・ウィアー君が、
お昼のワイドショーに招かれ、生インタビューをやっとったんですわ。

正直なところ、脳が鳥頭な腐人は、
選手としての彼、についての知識はないに等しい。

だが、その紹介エピソードをみてて、
この美意識の高さは、間違いなくゲイだ・・・と確信したので、
そのままみてたんだ。
したら、案の定、同性婚をなさっていらした。

あ、なんか木原音瀬さんが昔ツイートしてたような気がする・・・。

インタビューは通訳さんがついての同時通訳だったので、
日本語と英語が飛びかう感じで、
標準語と関西弁しかしゃべれない腐人は、
ジョニー君の発言は、ほとんどわからんかった。

が!これだけは耳が拾ったのだ!!!

それがなにかっちゅーと、
やっぱワイドショーなんで、同性婚の所に触れるわけですよ。

で、まーお相手のロシア人弁護士さん名前なんつったかな・・・との
なれそめとかをきくわけですが、
そのなにかの質問の答えで、ジョニー君がゆーたんです。

「まい わいふ」って。

わいふ?わいふってゆった!?

その瞬間、垂れ流しだった上も下も、
キュッと締まりましたですよ!

英語は全くわからんちんなので、
いわゆる辞書的な意味とは違うもの、を
含んでるのかもしれませんが、
いやいやいや、妄想とまらんですよ、ええ。

ちなみに、ツーショット画像もでたんですけど、
背格好は、あまり変わらず、うーんわからん・・・(~_~;)

・・・っつか、そっちのアンテナはないので、
見てどっちかは、さっぱわからんです。
見分け方があるなら、ぜひ教わりたい(←で、どーすんだ)。

すんません、下世話で・・・。

英語が堪能な方がこれみてらしたら、
本当はなんつったのか、それがどういう意味なのか、
詳しく教えて欲しいなぁ・・・。

・・・っつか、もし「まい らいふ」の聞き間違いだったら
ショックだわ・・・。



では、宿題に行こう。
昨日、どこまでやったっけ?

『愛の裁きを受けろ!』はやってるからスルーして。
っつか、これをまた書き出すと、それで終わる。うん。
いくらでも書けるわ、これの感想は。

(74)マンガ 『3月のライオン 8』 羽海野チカ

・・・いいっ!!
ジジイがいい!!!

華麗臭とサロンパスの香りが入りまじり、
着物から樟脳がぷんこらしてそうな予感・・・。

って、別に腐人はジジ専じゃないんですが。


いやーいいじゃないですか、
この年齢でもふんがっって戦っちゃうってさ。

それ、生きる上で一番大事なことだよね。
っつか、それができなくなったら、
人は死に吸い寄せられるんだろな。

ちなみにこの「戦う」って別に将棋に限らない話で、
大きく言うと、生きることそのものが戦いでしょ。
死や、ニンゲンに残る動物本能との。

ひなちゃんとか、ちほちゃんとかもね。


それにしても宗谷くんの内面が気になるわー。
彼の世界はどういうもんなんだろ。
何がみえてるんだろ。
彼から将棋がなくなったら、どうなるんだろ。

あかん・・・島田くんもええけど、
宗谷くんが気になって気になってしゃーねぇ・・・。


(75)BL/キャラ 『The Barber』 水原とほる


うぽぽぽぽー(●^o^●)
ええなぁ、これ。

昌光さんがとぉっても。
うふふふふ~。

どうやら続きがでてるようなので、愉しみだ。

それにしても最近の水原さんの作品は、どうも華僑の香りがする。
なにかしら繋がるもんがあるんだろうか。

その辺の葛藤を乗り越えられたからこそ、
今、書けるようになられたのかな?
そして、作品が変わったのかな?

あくまでも勝手な推測ですが。

腐人は今のが好きかな。
前のは、自傷に近い感があったので。



(76)小冊子 『薔薇の贈り物』 夜光花

忘れた頃にやってきた。

小話が多いんですが、ケイってば小冊子でも大変ねぇ。
体力もつのかしら?

個人的には、もっともっと先の未来が
みたかったよーな気もするんですが、
それは想像に任せます、としてあるほうがいいのかな?

ま、間違いなく夜光花さんの代表作になるんだろな、これ。
お疲れさまでございました。


このまま昨日の読書録までいっちまえ!

●23日
(77)BL/Shy 『悪魔憑きの男』 沙野風結子

設定についてかなり飛んでいる・・・が、ま、いっかー。

だって、
♪めくっても めくっても~ とまらない あえぎ声
なんだもんなー。

腐人がチョイスしてるのも、
最近、あ行の発声練習シーンが少ないのが多いんで、
なんか逆に新鮮だわ。

っても、こればっかりはもう読めなくなってるけどな・・・(^_^;)

なんというか教会の存在はさておいて、
で、なんなんですかね、こいつらは。
って気はする。

だって、はっきりいって、無宗教で、
原罪なんぞどーでもええわとゆー腐人みたいな人は、
別に羽根がどーあれ、どーでもええもん。

と、このように「価値がない」と思えば、
其、即ちゴミ。

むしろ羽根が実体化した後、どないて寝とんのか、
寝返りうつときとかどないすんのか、
その辺が気になるわぁ・・・。

っつか、素朴に疑問なんだが、
実体化しとったら、正常位きつないの?

疑問といえば、
聖良の背中どついた人は?とかもあるなー。

ま、ただの性感帯と思えば、
ああそうなのか、で終わるんだけどねー。

どーでもいいが、カル●スを穢さないでー!!!!
飲めなくなるじゃん・・・(/_;)。
[ 2013/01/24 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

自分設定とリアリティ

さ、今日は宿題を片付けるぞー!おー!

といいながら、なんなんですが、
ちょっと気になるニュースがあって、
どーしても、それが言いたい。


1つは、例の桜宮高校の話。

その最終結論の是非だとかゆー話ではありません。
もう決まっちゃったことだから、
あとは時間がたてば自然と答えがでるでしょ。

んじゃなくて、この一連の経緯をみて思ったのが、

●結局、カネを握るのが一番強い
●在校生の会見をみて「見事な洗脳」

ということ。

なーんかさ、言わせてもらってい?

学校って、人生の階段を楽に進める道って以外に
行く意味あんの?


この一連の話を、腐人は気色悪いと思った。



もう1つが、アメリカで起こされた訴訟。

昨年の12月21日に、カリフォルニア州サンディエゴの米連邦地裁で、
「トモダチ作戦」に参加した兵士8人が、
東電を相手取った1億1000万ドル(約99億円)の
損害賠償を求める民事訴訟をおこしたのだ。

訴訟そのものについては、不思議には思わない。

偏見かもしれんが、その理由は「だってアメリカ人だもん!」。

「ハンバーガーのせいで太った」
なんちゅー訴訟をやるよーな人たちだからねー。

でも、だ。
いくらそんなアメリカ人でも、なにかしら根拠がなきゃ訴訟はせん。

ってことで、ウォースルトリートジャーナルの記事を読み進めると、
体調不良がみられたからだという。

え?そうなの?
と思ってよくよく読むと、
「何かに集中できなくなったり、体重が急増したり、
 逆に体重が約14キロ激減したり。
 激やせした女性は、胆のう摘出の手術を余儀なくされた。
 腸からの出血や鼻血、甲状腺に問題が生じた人も複数いる。」

・・・最後の一文の症状は、内部被爆の症状のような気もするが、
体重の増減って関係すんのかなぁ・・・(~_~)?

チェルノブイリの内部被爆は、
確か、汚染された牧草を食べた牛の乳から、じゃなかったっけ?

あの頃って、すぐに供給ストップしたし、
被災地自体、食糧不足だったと思うんだが、
海軍の食べるものって、アメリカから運んでるんじゃないの??

それに爆発した後の高い放射線って、
確か海にじゃなくて、内陸にむかって流れなかったっけ?

汚染水の排水もしてたが、海水量や海流のこと考えると、
その希釈割合って、問題視しなきゃならんほどの影響でるの?

それでいえば、原発で作業されてた方とか、
立ち入り禁止区域にいらした警察、消防などなどの方のが、
もっと被爆されてるってことになる気がするが、
同様の症状でてんのかしら?

っつか、記者も疑問をなげてたが、腐人も、
米軍をとびこえて東電への訴訟になるのかが、よくわからん(~_~)

たぶん、軍なんかの場合だと、危険な任務にあたるってことで、
それなりの、何があっても文句は言わない、みたいな制約書
書いてんじゃねぇのかねぇ??


っつー疑問があとからあとから沸いて来る。
どーなんのかなぁ・・・。

っちゅー、なんとも生臭いリアルをみて、
『予告犯』のコメントにいく。

あ、今日の宿題回答は、順不同ですんで。

(71)マンガ 『予告犯 2』 筒井哲也

このマンガのおもしろさは、
現実と見紛うほどのリアリティだろう。

立場が違えば、何を正しいとするかも違う。

って、法治国家でそーゆーことゆーたらいかんのかもしれんが、
でも、それが事実だろ。

だからこそ、あーゆー訴訟もあるわけで。


ま、それはともかく、ここに出てくる人たちには、
それぞれ、きちんとした自分の意見がある。

捕まった店員にも、刑事にも、予告犯にも、
そして、最後に電話をかけた人にも。

こーゆーマンガの場合、一歩間違えると、
ある意見(往々にして作家が肩入れしたい意見)を際立たせるために、
その対比となる人の意見が、とても空虚になることがある。

でも、このマンガは恐ろしいほどの客観性があり、
それぞれの意見に、全面賛成とならずとも、
・・・そうだよな・・・と思えるとこが必ずあるのだ。

それが、とんでもなくおもしろい。

この擬似現実ともいえるような世界にひきずりこまれ、
まるで自分もそこの一員になったかのような気にさせられる。

・・・だから読む前に深呼吸がいるんだが。

今回、震災の話があったが、
あの気持ち、わからん日本人はおらんだろう。
そうなると、なにが悪いの?っちゅー気がどーしてもおこってくる。

腐人なんぞ、思いっきり司法不信だからねぇ・・・。


この2巻で、なんとなく、
このマンガが言いたいことがでてきたかなー。

日本は法治国家だから、予告犯は捕まらなきゃならない。
でも、彼らが提示したものは、
果たしてそれで終わる問題なのか?

うーん・・・どーなるんだろ・・・。
っつか、どうなることが、いいんだろ・・・。



っちゅー、とことんまでリアリティを追求するおもしろさの対極が、
世界すべてを自分設定でつくるストーリーだろう。

どっちがいいとか悪いとか、そーゆーんじゃなくって、
嗜好の問題な気がするが、雑食の腐人はどっちも読む。

ってことで、
(49、50、56-59、62-68)マンガ 『神様はじめました 1-13』 鈴木ジュリエッタ

これを読んでいた血族が言った。

「あんたが、昔、言ったんだけど、
 こーゆー世界設定のすべてを自分で決めるものって、
 作り手が男なら、
 自分が考えた世界がどんだけすごいもんかを描くことが目的で、
 作り手が女なら、
 その世界でどういう人間関係が構築されるかを書くことが目的になるって。
 これ、まさにそれだな」

・・・・・・そんなん、いいましたっけ?

腐人の中では、そんなことをゆった記憶が欠片もないんだが、
でも、その思考になった元はわかる。

斎藤美奈子さんの『紅一点論』だ。

分析だけで終わっちゃってるのが残念なんだが、
その視点の持ち様が、とてもおもしろい本。

男性作家、女性作家の描く、
自分設定世界物語のすべてがそうだとは言わないが、
でも、わりかしそうだと言える気はするんだよね。

ちなみに、この自分設定世界物語は、
作家が自己陶酔を始めると、途端におもろくなくなります。
でもって、自分の脳内を
ちゃんとこちらに伝わる表現で描けなくなっても、アウト。

ただ、ありえねぇ!が前提だから、
リアリティほどツッコミがこないかな?


で、本編だが。
普通に、おもろいんでは?とは思う。

ただ、腐人はひねくれてるんで、こーゆーお話の場合、
なにかしら、自分的に「え?それどゆこと!?」ってもんがないと、
ハマれんのだ。

例えば、巨人の口のよーに・・・。

そーゆー意味でいえば、ものごっつい気になってることはある。
それは・・・巴衛の耳!←そこかい

あの髪の毛の下にはなんもないんだろうか??
誰か、めくってくんねかな・・・。


えっと、あと何が宿題だ?

(60)一般本 『比較で読み解く中国人とインド人』 富坂聡・中島岳志

これは、1本たてます。

(70)一般本 『ヘタなリーダー論より「韓非子」の教え』 岡本光生
これは、昔、『お話童話宝玉選』で読んだのが
チョコチョコでてきて、
うわ、なつかしーって点ではよかったんだが、
タイトルにあるように「ヘタなリーダー論より」役に立つかは疑問。

腐人は未来工業の山田社長の考えのが好きなので、
こーゆーリーダーはやだなぁ・・・。

ま、それはともかく、上記のどっちの本ででてきたか忘れたが、
中国にはこういう言葉があるそうだ。

「貧すれば、民乱を思う」

そーいや、日本でも
格差とか閉塞から戦争を望むとかゆってるのいるなー。



(69)一般本 『ファーストクラスで学んだひとつ上のおもてなし-3%のビジネスエリートを満足させる日本人の「技術」』 美月あきこ
これ・・・端的にいえば、茶道やっとけってこと?

へー・・・と思ったのは、飛行機の降下などにおける、耳痛の解消法。

●降下してる間、お水を少しづつ口に含んで
 のどに通すと耳が痛くならない

●キャンディを舐めて唾液をいっぱい出すといい

●寝てる間は唾液を飲み込む回数が減るので、
 降下がはじまる頃には起きてたほうがいい


それと、おもてなしは4つのウォンツを満足させること。

1:自分にご褒美がほしい
2:人とつながりたい。共感したい
3:探求したい。挑戦したい。学びたい
4:独自のスタイルを築き、自己表現したい。自己ブランド化したい

ふーん・・・。
腐人自身は、1と3かな。
2と4はどーでもいい。

ただ、一般論として、この1~4ってのはわかるし、
まーそれを満たしてやりゃ相手の気が済む・・・
っちゅー言い方したらあかんのか。

でも、結局はそーゆーこっちゃろ。
ホステスになって、相手をよいしょしたったらええってことやん。

1時間限定とかならできるかなぁ・・・。

なんかね、年々、そーゆーんができんくなってんねん。
あほらしすぎて。

裸の王様みたら、「ちん●ん、みえとるぞー」っていいたなるんよ。
それも、あんたの人間性と同じぐらい貧相なのがって。

相手をええ気にさせるだけで、なんも結実せぇへんことに
時間と労力を使うことが、本当に耐えられなくなっている。

なので、先日、血族にも指摘されたのだが、
腐人の口癖は、
「正直なとこゆーと」
「はっきりいって」
「ぶっちゃけていっちゃうと」
「率直に申し上げて」
らしい。

・・・確かにな。
もう建前ばっかの話し合いって、イヤなの。

最初から本音を言いあえば、
この無駄で空虚な時間がなくなるわけじゃん。
アホみたいな労力つかわんですむわけやん。

アホにはアホ、ブタにはブタ、いらんもんはいらん、って
はっきり言う社会になってくれんかなー・・・。

ちなみに腐人は最初から、上のような前置きともに、
本音だけを並べ立てるので、
相手も率直なところを言ってくれて話が早く済むことが多い。

問題は、自分の本音がなんなんかわかってねぇヤツとの会話だ・・・。

ここにもでてきたが、
本当の金持ち、本当の能ある人は、自分からは何も言わない。

その一言が、その行為が、自分の品性を貶めてるんだと、
なんで気づかないんだろなぁ・・・。



ああ、ちょっと疲れてきたから、
あと1冊で終わろう。

(72)BL/リンクス 『掠奪のルール』 きたざわ尋子

前後しましたが、読みました。
ま、予想通り?


以下、読書録のカウントのみ。

●22日
(75)BL/キャラ 『The Barber』 水原とほる
(76)小冊子 『薔薇の贈り物』 夜光花
[ 2013/01/23 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『愛の裁きを受けろ!』について

よっ!待ってましたー

ムシシリーズの新刊でごんす。

今日はコレ!
読書録の宿題たまってんのは知ってるけど、いいの。
ここは腐人が法なのだ!!


あ、先に断っときますね。
ネタバレなんぞ、一切配慮せず書いてますんで、
お嫌な方は、読まないでね。

言ったかんねー!!




で、本編の話。

いやー好きだわ、これ(●^o^●)。


あとがきに、このムシシリーズのテーマが書いてあるんだが、
なるほど、そういうことなのか。

このお話を最初に考えたというだけあって、
今回、それがとても色濃くでていて、
腐人も思わず考えた。

ただ、だ。
健康なんだよー、腐人ー(~_~;)

そりゃたまにノロにやられたりはしますが、
大腸みても「きれいじゃん」と医者に言われるほどで、
近年の困りモノは腹肉と背脂ぐらいでさー。

車に撥ねられても骨折すらせんし、
身体に入れたメスなんて、
イボの摘出ぐらいなもんだしさー。

病弱な人に、健康な状態ってのがわからないように、
先天的に目がみえない方が、
目がみえるってことがどういうことかわからないように、
その苦しさとか、大変さって、
わかったつもりにはなっても、本当には、わからない。


でも、だ。
その彼らの死生観とは別のところの「死」の概念で、
もしかしたら他の人とは違うかも、と思ってるところはある。

それは、腐人の周囲では、突然死が多いという点。

昨日まで、さっきまで元気だった人が、突然死ぬ、
この経験は、けっこうあるので、「死」が遠いものだとは思ってない。

むしろ、いつ、誰に、突然訪れても不思議じゃないと思ってる。

そういう意味で、「続」にあった陶也の言葉はよくわかる。
そう、別に、郁だけじゃないのだ。
死は、すべての人に、必ず訪れる。

もしかしたら郁よりも先に
陶也が死ぬことだってあるかもしれない。

だーかーらーこーそー!!
1日1時間1分を、ムダにしてんじゃねぇー!!!

と、思うのよ。腐人は。

あ、ここでゆー「ムダ」ってのは、
「本人にとって価値がないこと」ね。
「他人からみて価値がないこと」じゃなくって。


他人からみりゃなにやっとんねん・・・と思われるもんでも、
本人にしてみりゃ、すんごく大事ってことあるでしょ?

腐人の読書もそう。
どんなに素晴らしいお話でも、死んだら読めないんだから、
生きてるうちに、読めるうちに、
1冊でも1ページでも1文字でも多く読みたいの!!!

そーゆー意味でさ、
惚れあってんのに、なにしとんじゃー!ダボーッ!!!

と、もしこれ、「続」がなければ、暴れてましたね、腐人は。



でもまー、生まれた時から、余命が余命がと言われてきたら、
郁のよーな考えになるのは、わからんでもない。
しんどいよねー。

それも郁は生まれた時からでしょ?

姫とかみてると思うんだけど、
あのくらいの子って、本当に鏡なんだよね。

生まれたときから周囲の大人が、
ずっと心配そうな顔ばかりみせてると、
自分の存在について、負担なんだなって思うよね。

そこで腐人のよーなふてぶてしさがあれば、
「おらおら、こちとらいつ死ぬかわかんねぇんだ!
 早売り本屋いって、新刊もってこーい!
 イベント会場で並んで、同人かってこーい!」
とかいえるんだろーけど、
春の陽だまりのような郁ちゃんだもんねー。
いえるわけないよねー。



でもさ、このムシシリーズ、これで合計3冊出たわけですけど、
なんつーか、ハイクラスとロウクラスって、
目にみえてる強さと弱さが、
実は、逆な気がしてならん。

肉体的には、翼も里久も郁も、弱い個体だ。
でも、どーみても、澄也より綾人より陶也より、
心が、精神が強い気がするんだよな。


だってさー、どー考えても、このムシシリーズって、
攻めが揃いも揃って、おバカちんじゃん。←おい

勉強ができるバカっちゅーか、
本当に大事なもんがわかってねぇっつーか。

恵まれた身体、恵まれた才能、恵まれた環境。
そこで、努力した実感もないまま、ちやほやされれば、
自動的になんも考えないバカができるってことなんかね?

現実世界にもいますな、そーゆーの・・・(;一_一)。

ま、それはともかく、
その彼らが、それぞれの相手と出会って、脳天かち割られると。
目から鱗がボロボロ落ち、自分をとりまいていた価値観が逆転し、
初めて、自分の人生を生きはじめるよーな気がすんだよねー。


はっきりいって、ムシシリーズの
小さくて、可愛くて、やさしくて、
でも健気で、強くて、一途なロウクラスの受たちは、
腐人の超超超超好みである。
兜の気持ちがよくわかるぜ、うんうん。

なーのーでー!
腐人にしてみりゃ、翼にも里久にも郁にも言いたいのよ!

「あんたたち、ホントにコレでいいの!?
 他にもっといいのいると思うー!(>o<)!
 おばちゃんが紹介したろか?」



ま、そないゆーても、皆、
あのアンポンタンどもを選ぶんやろなー。

そうだとしたら、そう決めたなら。

腐人は、1つでもたくさん、思い出を作って欲しい。

それはもしかしたら楽しいものばっかりじゃないかもしれない。
でも、腐人は無理に楽しくせんでもええと思うのだ。

だって、そんなんしたらホンマの姿ちゃうやん。

怒ってても、笑っててもいいじゃん。
陶也が春や夏や秋の思い出がないことに気づいて後悔してたけど、
こっちも一緒。
怒ったり、笑ったり、拗ねたり、喜んだり。
いろんなことを二人で経験して、いつかどちらかがいなくなったとき、
残りの時を、その思い出とともに生きられるように、
いっぱいあふれるぐらいたくさんの思い出を作って欲しい。

だーかーらー
1日1時間1分を、ムダにすんなー!!!
なの。

死んだら、思い出って作れないんだよ?
墓に謝っても、告白しても、返事はかえってこないんだよ?


ところで。
腐人は、篤ちゃんって、
むちゃくちゃブラコンだと思うんだけど、
どーなんだろー。

こいつも、メンタル弱いよなー。


そして、そして。
なんで挿絵がないねん!!の翔くん!!!

5歳にして郁を狙うとは、大物だな。

うっふっふー♪
チビだからできることってあるんだよ?
今度、郁が遊びにきたらゆってみな?
「いっしょにお風呂はいろー」って。

さぁ陶也、ライバルの出現だじぇー?
わはははは

いや、ホント、このシリーズはツボだわぁ。

新刊でたばっかりですが、
いつかまた、このシリーズの新しいお話が読めることを、
心の底から待ち望んでおります。

よろしくお願いします m(__)m

(73)BL/花丸 『愛の裁きを受けろ!』 樋口美沙緒
[ 2013/01/22 ] 熱く語るぜ!読書録 | TB(-) | CM(-)

自己愛社会の恐ろしさ・・・

先日、「雪かきという労働」というタイトルで、
地縁が崩壊したところでは、
相互扶助という考えがないため、
誰も雪かきをしようとしない・・・ってな話をした。

そんでも、日がたてば、
太陽によって雪は溶かされっから、ま、いっかー
とか思ってたんだが!

そーゆー問題じゃないかもしれん・・・と思うことがあった。


腐人が行ってる図書館は、住宅街の中にある。
だから、細い道が多く、ちょっとは雪が残ってるかな?
とは思ってたんだ。

しかし!!
行ってみると、ちょっとどころではなかった・・・(-_-;)

途中まではよかったんだ。
駅を超えるまでは。

そこまでは普段から交通量も多いし、商店街もあるしで、
車や人によって、雪が除けられていたのだが、
駅を離れ、住宅街になるにつれ、
道路にガチガチに固まった雪が目につくようになった。

それを避けながら走っていたら、
急に道路にむかって白いものがバサッと投げられた。

なんじゃ!?と思ったら。

戸建住宅の住人が、自宅の駐車場前で固まった雪をかき、
道路に向かって、えいっとやっとるのだ!!

腐人は思わず絶句した・・・。

っつか、どーりでこの辺の道路、
雪がなくなんねぇわけだ。


そりゃま、雪かきをするのはいい。

でも!
かいた雪をどこにえいっとやるかはさ、
そーゆー状況なら、自分の敷地の片隅じゃねぇの!?

ちなみに、腐人の場合は、
公共施設の駐輪場という土地だったので、
悩んだ末、街路樹の植え込みんとこまで持っていき、
「ちょっと冷たいお水あげるねー」
とやってしまったが、
心優しき街路樹さんは許してくれるだろう。

そりゃね、何mも積もるような雪国だったらさ、
たぶん除雪車が走るだろうから、
道路に出してもってってもらうってアリな気がするの。

でも、ここは違う。
1年に1度雪がふるかどうか、
それも積もったところで数センチレベルだ。

自分の敷地に積もった雪は、
敷地の空いてるところに積んで溶けるのを待つのが普通じゃないのかなぁ・・・。

チェーンなんかもってない、巻き方だって知らない、
スノータイヤってなに?
ってのがほとんどを占め、
かつ、
除雪車なんかまわってこない地域では、
事故を防ぐためには、
道路や歩道からはできるだけ早く雪を除去し、
人や車通りが少ない場所や私有地内に、
固めておくべきだと思うんだがなー・・・。

そうじゃないと、皆が迷惑する。


なんかこの、「自分さえよけりゃいい」という行為を目の当たりにして、
うーん・・・と思いつつ、先に進むと、
そこはもっとひどかった・・・(T_T)

もうね、雪かきなんてね、
だぁれもしてないのーっ!!!

坂道だっちゅーのによ?

そこは巨大な恐怖のすべりだい
と化していたのだ・・・。


腐人が住んでる地域は、過疎とは無縁の過密地帯だ。
なので、人手不足ってことは断じてない。

現に、そのすべりだいの周辺には、
大小さまざまな家々が建ち、
企業の社宅も点在し、
あきらかに若者向け単身アパートがそこ彼処に在る。

なのに!
だぁれも雪かきをしとらんのーっ!!!


その巨大すべりだいをダーリンで下らねばならぬという恐怖以上に、
腐人は、この地域社会の崩壊ぶりに、
ちょっと空恐ろしくなりましたよ。



たまたま、その前の金曜日の夜だったかな、
マイケル・サンデル白熱教室
「15歳の君たちと学校のことを考える」
ってテレビをみててね。

テーマがいじめだったんだけど、
英米や韓国では、反いじめ法っちゅー条例を制定し、
いじめを見た場合の報告の義務化とか、
いじめに対して警察が介入できるとか、
そういうのが決まっている、
そのことに対して、どう思う?日本で導入できるかな?
っちゅー議論があったんですわ。

ある少年が、
「僕は反対だ。
 そういうものを導入することにより疑心暗鬼になり、
 もっと深いところで、
 人とのつながりの大事なものが壊れる気がする」
ってな発言をしたんですわ。

腐人はそれ聞いて、
「甘いなー。もうちょっと大人になったらわかるかもねー」
とか思ってたんだけど・・・

少年よ、よくみてごらん、
もはや崩壊は、君の身近ではじまってるぞ!!


腐人はガキの頃、
「家の前を掃く時は、
 向こう三軒両隣の前も履くのが当たり前。
 それをして初めて掃除をした、といえるんだ」
って習ったんだが、
こんなのももう、
「どこの国の話?」
ってなっちゃってんのかなぁ・・・。

腐人とダーリンが雪だまりにハマってもがいていたら、
「僕、押しますよ」
と、駆け寄ってくれる若者もいるんだがな・・・。


[ 2013/01/21 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

セキュリティソフトだったらしい

PCの不具合の元凶は、
どうやらセキュリティソフトらしい。

全面リストアは避けたいなーと、
原因らしいやつだけいじっていたら、
どんどん悪化し、時間ばかりがたっていく…(-_-;)

あきらめてリストアっちゅーか、システムの復元をはかったら、
すんなり直る。

なんだったんだー!
あの試行錯誤は!!!


といっても、よくよくみると、セキュリティソフトが飛んでいて、
結局、そこは手動で、アンインストールと再インストール。

そしてソフトが稼動を始めると、なんか遅くなる…。
ま、しゃーねぇか。

Javaも、まだ脆弱性が直りきってないというし、
どーもなんか最近、PCをとりまく環境があやうい。

あ、システム復元後、Javaの無効化したっけ?
確認しとかねば!


そんな感じの悪戦苦闘で、今日は疲れちゃったので、
カウントで終わります。

●19日
(62-68)マンガ 『神様はじめました 7-13』 鈴木ジュリエッタ
  読了。
  ちょっとテーマたててやりまする。

(69)一般本 『ファーストクラスで学んだひとつ上のおもてなし-3%のビジネスエリートを満足させる日本人の「技術」』 美月あきこ

(70)一般本 『ヘタなリーダー論より「韓非子」の教え』 岡本光生


病院で2時間半またされんぼだったから、
一般本が進んだな。
[ 2013/01/20 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ジジネタ

残念ながら、ジジイのネタではありません。
なかなかないですね、そういう美味しいものは。


えっと、花粉が始まりました。
      ↑
   それが時事ネタかーっ!!

腐人的にはすごい大きなニュースなんですがね。
薬もらいに、いつもの病院いったら、すげー混んでて、
結局2時間半かかったとか。


あーあと、PCがおかしい。
まいったな・・・。

リストアをやってみるしかない感じだが、
しばらくブログが書けないかもしれません。

って、どーでもいいよ、腐人の話は!


個人的に気になる最近の時事ネタは、
やっぱアルジェリアの話と、桜宮高校の入試ですかね。

これ並べるの?と思われるかもだが、
ここででてくるモノサシは、「命の価値」。


アルジェリアでは、
テロ組織に舐められると国の今後に関わるがゆえに、
アルジェリア軍は、人質救出よりもテロ制圧を選んだ。

一方の桜宮高校の入試では、
市長が自殺した一人の生徒の命を重んじるがゆえに、
1ヵ月後に控えた入試をやめるようにと言っている。


前者では、人の命というのは、国や主義よりも軽く、
後者では、人の命というのは、無関係な他の人間の将来よりも重い。

この違いはどっからきてんでしょーねー?


普段の日常からして、平和かどうかか?

当たり前のように周囲で人が殺される毎日を過ごしていたら、
人の命は、さして重くは感じまい。
むしろ、いつ自分がそうなるかわかったもんじゃないから、
用心しないと・・・ってところだろな。


一方で、日常において「死」が限りなく遠くなってるのが、現代日本。
死んでいく人のほとんどが病院で最期をむかえるがゆえに、
「死」の存在が、他人事のように思えている。

そうなると、「死」とは、非日常となり、
すごく特別、別格なことになるので、どんどんその重さが増す。


また国の文化化が進むと、原始的行為である暴力というのは、
動物的である、ということで、
どんどん蔑まれる行為になりはてていくので、
それに比例し、命の重さが決まってくる。


そゆことを考えれば、
アルジェリアの選択も、入試とりやめ発言をした市長の意図も、
まぁ、わからんでもない。


だが。
人とは、感情で生きる動物なのだ。

そーゆーこったろなーってのがわかったとしても、
納得できるかどうかってのは話が別。


どうして!なんで!という思いが、
今、関係なさっている方々の中に渦巻いてるだろう。


ただ、時間は前にしかすすまないし、
起こったことをなかったことにはできない。

今、何ができるか、それを必死に考えて、
1つでもできることを増やすよう努力して、
その中から、「最善」に限りなく近いと思われることを選択し、
「最善」に近づけるよう頑張るしかない。


こんなこと、腐人に言われんでもわかっとるわ!と言われそうですが、
残念ながら、この世の中は、
いろんな価値観を持った人がごちゃごちゃに入り混じってできている。

誰かを責めることで状況が変化するなら別だが、
ほとんどの場合がそうじゃない。

なら、もっと違う方向に、エネルギーを有効活用したほーが
ええんちゃうんかね?と思う。


なにはともあれ、腐人にできることは、
一人でも多くの方が助かりますようにと、
祈るしか、ない。

[ 2013/01/19 ] ニュース&読書録 | TB(-) | CM(-)

♪きみの~ゆく~道は~

何色ですか?

自慢じゃないが、腐人はグレーと言い切れる。

黒じゃないもん!グレーだもん!影になってるだけだい!
と、いい続けて××年・・・そういう人生を過ごしてきた。

まー、どこまでが合法か、どこまでが許容範囲か、
その境界線をつついてまわるのが好きなので、
そーゆーとこばっか選んで歩いてると、
どーしても、陽のあたる白い道とは縁遠くなるんだ。


そんな腐人ですが、
先日、奈落の底に突き落とされるよーなお知らせがやってきましてね、
かなりダメージをくらっています・・・(-_-;)


具体的なことは書けませんが、
これまで合法なのをいいことに
やりたい放題やってたことがあるんですが、
それ、今度から規制すっからね!と。

いやーっ!!
どーしてぇぇっ!!!
今まで自由だったじゃん!!
なのに、なんでーっ!!!

って、詳細を知る周囲に言わせれば、
「当然だろ。
 っつか、今まで許されてたことのほーが信じられん」


確かにね。
腐人がそれを知った時、え?いいの?とは、
一応、思ったんだ、一応。

で、やってみたらできちゃったので、やってたんだ。
    ↑
   遠慮しろよ


それにしてもこの時点で規制がかかるとは・・・
腐人が暴挙を働くまでは、誰もそんなことをせず、穴に気づいてなかったのか、
腐人がやりすぎたか、
このどちらか、いや両方かなー・・・(^_^;)。

ま、おっしゃることはご尤も、なんで、
文句は言うまい。

むしろ、これまでありがとう、だよな。

しかし、どうするか・・・。

決定はひっくり返らんだろうから、
この上で、できることを見出すべ。
探せば打開策はあるはずよ

…って、腐人の思考は、確実に仕事とは違う方向に
エネルギーを費やされまくってますね。



ま、そんな感じにですね、
腐人は、結構、いろいろぶちあたってきたので、
結構、慣れてるんですな。

一方、血族はというと、
陽のあたる白い道を邁進する人生を送っている。

だから
「え?ご家族ですか?ご家族は普通の方なんですね・・・」
とか言われるんだ・・・。

それはさておき。

先日、某役所から、腐人に郵送物がきた。
っても、腐人はでかけてたんで受け取ったのは血族。

差出人をみて、真っ青になり、
腐人が仕事してるところに、大慌てで電話してきた。

腐人にしちゃー、
仕事しとるとわかってるとこに電話してくるなんて、
また、誰かがこの寒さを乗り切れず亡くなったか!と思ったんだが、
きくと、某役所から郵便物がきたという話。

思わず拍子抜けしたね。

だって、郵便でしょ?
んなもん、うっちゃっといて全然かまわんもん。


その役所とは、腐人はいろいろと、御縁っちゅーより、
恨みつらみが山ほど詰まった因縁があるんで、よく知ってるのだが、
そこからの一番キツイ攻撃は、問答無用のアポなし特攻、
「はい、手をあげて!」だ。

それはさすがの腐人もパスしたい・・・(;一_一)。


だから、ほっといていーよーとゆーたんですが、
血族としては、こんなところから郵便がくるなんて!!と
ビビリまくっている・・・。

後でその郵便物を開けてみたんですがね、
案の定、ただのお知らせだった。


大体。
ポスト投函レベルで、
悪いお知らせが来ることは、ほとんどと言っていいほどない。

往々にして、悪いお知らせってのは、
「ハンコくれ」とセットでくるもんだ。


その辺、白い道を歩いてきた人は、あまり知らんのだなーと、
己の立ってる道との色の差を、痛感した。

ま、あんまし褒められたことでもないよーな気もするがな。

[ 2013/01/18 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

雪かきという労働

月曜に関東地方を襲った雪。

かなり溶けてはきたものの、
まだあちらこちらに残っている。

この「溶けてる」と「溶けてない」の違いはなんだったら、
雪かきをしたか、してへんか、なんですよね。

かいてたら、雪だまりはともかく、
かいたところだけは早く溶ける。

腐人の巣の周辺は、地縁が崩壊しまくってるんで、
人通りや車通りがあるとこは、自然と細い道ができてるが、
それ以外の部分は、まー見事に、雪が残りまくりである。

誰も雪かきしねぇんだもん。


なので。

駐輪場の入口に雪だまりができていて、
ダーリンが出せないんだよー(>0<)!!!
   ↑
  自分で雪かきしろよ・・・


そう・・・
さっさと自分でやりゃよかったんですけどねー
誰かしてくんねかなー
放置してたら溶けないかなー・・・と他力本願でいたら、
事態は悪化する一方で。

駐車場の囲いにむかって雪がたまったせいか、
ちょうどいい雪だまりだとばかりに、
珍しく雪かきをしたところから、邪魔になった雪が積み上げられたり、
それがカチンコチンに凍って、氷山に変化していたり。

見事に、出入りを妨げまくってくれている・・・。


ダーリンの重みで突破できないか?と無理やり強行突破も試してみたんだが、
ツルツルすべる氷山の斜面で後輪が空回りしまくり、
ゴムの焼けるイヤーンなニオイが漂いはじめてしまった。
オー!!!ノー!!!

さすがにこれは無理・・・と判断し、
自分で雪(?氷?)かきをすることを決意する。

っつか、もっとはよやらんかー!!


しかし、そこで問題が。
道具がない、のだ。

ホント、何mも積もる豪雪地帯の人からすりゃ、
なんでこの程度でガタガタゆってんだ?ってなレベルなんだけどねー。

うちらにしてみりゃ、
「雪が降る」ってことそのものが、
想定外なんだよねー。

だから全く備えがない。
でもって、シャベルだの、雪かき用の道具だのを買う気は起こらん。
だって、次、使う日あるのか?ってレベルだもん。

よって、妥協点として、
100円ショップのチリトリが登場した。


・・・んだがさー・・・積もりたての柔らかな雪だったら、
簡単プーに、チリトリで雪かきでけたんかもしれんが、
降って数日経過した、カッチンコッチンの氷になってるもんだから、
チリトリをぶっさそうにも、チリトリが曲がる。

うーん・・・どうすっべか・・・。

どっかに水道がありゃ、ジャージャーぶっかけんだが、
それもない。
っつか、そんなことしたら、駐輪場がスケート場になるがな!

しかたないので、蹴ってみた。
すると、ボロッと塊がとれた。

おお!!ユリイカ!!
これは蹴ればいいのか!!!


しかし、つま先でやっとると、痛くなってくる・・・。

かといって、足の裏でやると、
むしろ踏み固めちゃう感じで効果なし。

うーん・・・どうすっか・・・。
そうか!ヒールキックってのがあった!
と、カカトで蹴ってみると、ボコッととれた。

よし!カカトよ!カカトを使うんだ!!

あたたたたたたたたたたたっ!!!
・・・なんとすいちょーけん。
      ↑
     アホか。

でも、そんなアホみたいなことを考えねば、
やっとれんです、はい・・・。


ま、そんな感じにカッチンカッチンの山を蹴飛ばし、
粉砕されたところをチリトリですくって、えいやとやる。
(えいやとやる先については、触れないでください・・・)

そんなこんなを20分ほどやりましたら、
なんとか駐輪場からでられそうな細い道ができた。

駐輪場の入口の幅からすりゃ、本当に細い一本が。


でも・・・もう無理ー!!!
とりあえずダーリンが出られりゃいいのよー!!
だって、今でさえ、
もう筋肉痛なんじゃー(>_<)!!!
   ↑
  脂肪痛では?



町麻衣さんの『はしっこの恋』で、
大人になったら、雪は迷惑以外のなにもんでもない・・・
みたいなことが描いてあったが、まさにそーだよねぇ・・・。


今度、降ることがあったら、
今度は柔らかいうちにやろう・・・。
覚えていたら。

っつか、雪が絶対降らない土地にいきたいなぁ・・・(-_-;)。

でも、雪国の人って、これが毎日なわけで。
すごい・・・尊敬するわ・・・。

[ 2013/01/17 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

途中挫折 『なぜ、それを買わずにはいられないのか』について

こーゆー翻訳本を読むたびに思うんだが、
なんで、こんなにくどくて、長いんだろう…(ーー;)

前にも文句ゆーたことがあるが、
アホの子に言い聞かせるかのよーなこの長文、
読んどって、イヤになるんじゃーっ!!!!

大体さ、この章立てタイトルとリードみりゃ、
どーゆーこと言いたいんか、事例も含めわかるっちゅーの。


具体的にどゆことかっちゅーとですな、
こんな感じなんですよ。


第1章 赤ちゃんが狙われる
 なんと企業は胎児の頃から売り込みをはじめる!?(以下、略)

第2章 パニックとパラノイアをあおって売り上げをのばす

 病気、経済不安、身だしなみ、孤独、老いと死、天変地異に犯罪。(以下、略)

第3章 やめられない、止まらない
 我々の脳はiPhoneを「愛して」いる!?(以下、略)

第4章 その気にさせる広告
 男に売るにはセクシーな男性モデルを使え!?(以下、略)

第5章 仲間はずれにされたくない
 トリやアリが一斉に同じ行動をするように、人間も周囲と同じものを欲しがる。(以下、略)

第6章 思い出は美しく
 最も効果的な宣伝-それは古き良き時代を思わせること。(以下、略)

第7章 セレブの力
 ロイヤルファミリー、ハリウッドスター、ロックミュージシャン。(以下、略)

第8章 健康食品の謎

 健康幻想はあまりに儲かるため、機能性食品市場が新たな産業を形成するほどだ。(以下、略)

第9章 あなたのすべてが、見られている
 ポイントカード、クレジットカード、フェイスブック…あらゆる情報はマーケティングに使われる。(以下、略)


ねーなんかもう読まんでもわかるわ、って感じでしょ?

既存のマーケティング本の1冊2冊読んでりゃ、
「またか!」って話ばっかだっちゅーの。


あと、「はじめに」と「おわりに」があって、
自分のブランド中毒をやめようとブランド断ちした経験や、
どれだけピアプレッシャー(周囲のオススメ口コミ)に弱いかを実験した
モーゲンソン一家の結果があんだけどね、
言われてみるまでもない話を、
隣のジェニーがどーたらこーたらと、長々書いてある。

アメリカ人はこれ読んでうんざりせんのかね?
素朴に疑問だわ。



個人的におもろいなと思ったのは、

●第1章では、妊婦を狙え!(妊婦が心地いいと思ったものは胎児に引き継がれる)

●第2章では、新米ママは格好の標的(不安と恐怖だらけなので)

●第4章では、世の男は1日に32回、セックスのことを考える。
でも、だからといってセックスを暗示した広告のほうが
商品名を覚えるということはない。

っちゅーとこか。

腐人なんでねー、やっぱ第4章はすごく気になる。

ゲイではない男でも、男のセクシーさを前面に出した広告に
脳は刺激をうけてるそうで(でも、同時にそう感じたことを否定してんだそうで)、
そーゆーターゲットの深層心理にある、希望、夢、空想を探り出し、
そことマッチするものを売ると、ヒットになるんですと。

ふーん…。

ま、そーゆー結果で、今、アメリカでは男性美容産業がのびており、
なんと、全米男性の15%はQPだとゆー。

その心は、
「藪を刈り取って、木を目立たせよう」。

ぶわっはっはっはっは!
刈り取らなければ、藪に埋もれちまうのか!
ぎゃははははー

コミケスタッフの
「男性の皆さん、トイレで抜刀しないように」
並に笑えるわ。

ま、腐人は「NO・毛・宣言」を批准してる人なので、
このQP活動は、どんどん広まって欲しいけどね。


って、こんだけのマーケティング本をざっと読みして、
一番残ってたものが、QP話ってどーなんだかな…(^_^;)。


ナナメ読みなのでノーカウントですが、
もちっと要点絞って、すっきり書いてくれたらいいのにな、という本でした。

マーティン・リンストローム 
『なぜ、それを買わずにはいられないのか-ブランド仕掛け人の告白』

[ 2013/01/16 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

チビ語録-こまっしゃくれ編-

●姫とタクシー

正月、姫にあまーいパパが、ずーっと一緒だったため、
姫は、抱っこちゃんに成り果てた。

それも一回り丸くなって・・・。

でもって、パパママとよくおしゃべりしたんだろう、
ものすごい勢いで語彙が増えた。

そんなある日の話。

血族:「姫、街に買い物いくけど、行きは電車ね。駅まで歩くのよ」
姫:「やだ!タクシーがいい!」
血族:「ダメ。タクシーは帰りだけ」

しばし考えた姫は言った。



「行きに、タクシーがいい!
 帰りは、電車で歩くから!」


朝三暮四かー!!!



●一人でおるすばん
 
ま、そんなことを血族が許すわけもなく。

「ダメったらダメ!タクシーは帰りだけ!」
っちゅーと、案の定、姫がぶすくれた。

そもそも、帰りはタクシーってのは、荷物があるからで、
それに姫が寝て20キロ弱の荷物になる可能性もあるからなので、
血族は言った。

「じゃ、姫、一人でおるすばんしとく?」

すると、姫が言った。



「姫を一人にしちゃいけないのよ」

・・・どっから仕入たんや、そのセリフ・・・。


でもよくよく考えると、
腐人は姫の歳には、結構、ひとりでおるすばんをしてました。

歳の近いのがいるんで、
そっちの用事が入ると、必然的にそうなるんですよ。
腐人がガキの頃なんて、父親は全く育児不参加でしたからねー。

これも時代か?



●ここは保育園?

昨日は関東は雪に見舞われた。

雪だから・・・というわけではなく、
昨日は、前から姫と王子が遊びに来ることが決まっていた。

雪は予定より早く降り始め、あっちゅーまに積もったため、
犬、じゃない子供は、喜んで庭ならぬベランダをかけまわりだした。

っても、雪の予定が早まったため、
姫も王子も装備が整っておらず、
また、腐人家には大人用品しかないので、
それを代用して遊ぶことになった。

だからどうしても隙間から雪が舞い込んでくる。

なので、やめ!の合図を何度も出すんだが、
全然、ゆーことをきかない。
保育園の先生って偉大だわ・・・。


っても、つきあっていた腐人もさすがにハナミズが垂れてきたので、
もうやめるー!と宣言すると、
二人とも、やっとこ、文字通り「冷たい現実」を認識し、
あわてて家に入ってきた。

すると、びしょびしょの靴下やズボンが気になりはじめる・・・。

普段、着替えを持参で保育園に行き、
汚れたり濡れたりすると、
即、新しい服に着替える生活をしている王子は、
それがすごく気になったらしく。

「お着替えしたい!」
と言い出した。

「でも、ここ保育園じゃないから、着替えがないわよ」
と、血族がゆーと、王子は言った。



「保育園でしょ!」

ちがうだろ。
いや、そうなのか・・・(~_~;)?

結果としては、そのまま自宅にかけ足進め!となりました。

ホント、おもろいわぁ、チビっ子って。


[ 2013/01/15 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

電子書籍の行き先は?

年始のウォールストリートジャーナルに、
アメリカでの電子書籍に関する、
すごく興味深い記事があった。

前のコンテンツ論で書いた記憶があるが、
アメリカ、イギリスという英語圏は、電子書籍先進国だ。

そのアメリカで、電子書籍発売から5年がたち、
一定の評価がでたらしい。


記事によると、こんな感じ。

「ハードカバー本が意外な回復力をみせている一方で、
 電子書籍の販売の伸びは著しく鈍化している」

「用途が多様なタブレット端末を選ぶ人が増えるに従って、
 電子書籍端末の販売台数も減っている」


そして、その結果から、「電子書籍とは」という像が
改めてみえてきたという。

「電子書籍の売れ筋はフィクションに大きく偏っており、
 販売される電子書籍の3分の2が小説」

その中身も、
「スリラーや恋愛といったジャンル小説がほとんど」

つまり、
「大衆市場向けペーパーバックのような軽い娯楽性の高い読み物」で、
「さっと読めて、読み終えたらもう手元に置いておく必要のない本」。

そこから考えるに、
「電子書籍は別の形態の、
 さらに軽くて読み捨て可能なペーパーバックとして
 利用される可能性がある」のでは?
っちゅー結論だった。



先日、
『電子書籍を無名でも100万部売る方法』っちゅー本を
パラパラみたが、
これも中身はミステリー。
上記の推測のとおりだ。

ちなみに、この本でいってる方法は、
ざっくりいえば、
結局、自らがSNSなどを用いて、本のプロモーション活動っちゅーか、
「勧誘行動」をとりつづけるってな感じでね。

思わず、マルチ商法か!とツッコミたくなった。


内容についても、このお話が書きたいから書く、ではなく
マーケット戦略に基づいて、的な話で
(詳しくは読んでないんで、知りたい方は読んでください)、
こないだ読んで、腐人的にはものすごく不愉快だった
『あらゆる小説は模倣である』の後半、
第3章の模倣実践創作講座を思い出した。

はっきりいって、腐人は
こーゆー魂のない、売らんかな、な話は、
だいっきらいだーっ!!!!



いかん、話がずれている…。

ま、このアメリカででた一定評価だが、
今朝の産経新聞に、電子書籍のセルフパブリッシングについての記事があり、
なるほど、こりゃまさに
アメリカの電子書籍黎明期にみられた現象ママだねぇと思った。

ってことは、いずれ、上記と同じか近い結果がでる。


ラノベやミステリー、エロ、そういった軽い読み物は
電子書籍となっても、
文芸小説やノンフィクション、ビジネス書など
繰り返し読まれる重い本は、紙のまま残っていくっちゅー。


腐人は、電子書籍の道は、あと1本、
絶版本について、ビックデータとなってくんじゃないかと思っている。

が、それが大きく普及していくためには、
例えば紙用の最終データが簡易に電子用に転用できる、
もしくはその逆といった、汎用方法が完成される必要があると思うが。

そうすれば、この先、出版社が新しい本を出すときに、
一定数紙で刷り、それが絶版となった後は、
電子でロングで販売していく…となって、
事実上、絶版本がなくなるのかもしれない。


…っつか、前から『お話宝玉選』の復刻を心から願ってる腐人としては、
これを、PDF化して、端末がなんであれ、
いつでもどこでも読めるようにしてくんねかなーと
切実に思う。

よろしく!小学館さん!!
[ 2013/01/14 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)

春高バレーと体罰と

ついついついつい。
春高バレーをみている腐人。

…すんませんね、影響、受けやすくって…(;一_一)

いやだって、新聞みたら、今日決勝だっちゅーてあるし、
そのエースの子が174センチだかのちびっ子エースなのに、
最高到達点が330センチとかってあって、
「どんだけ飛んどんじゃー!!」
ってのを見たくなっちゃったんだもん。

で、見て、一番ほっほーと思ったのが。

リベロって一人ユニフォーム違うんだ…
    ↑
   そこかい



にしても、なんかなーこの写し方、
全体はわかるんだけど、迫力に欠けるよなー…。

でも、かなりのスピードでボールがバンバンやられっから、
決まった後の寄りのスローがないと、
正直、いまいちよくわからんし、つまらん。

難しいな、スポーツをおもしろくみせるって。
そーゆー意味ではマンガのが自由だな。



んで、腐人がみてて、
一番すっきりするのはなんだったら、
ブロックが決まったとき。

1枚で、相手の渾身のスパイクを、
バシッとブロックしたときの
相手方ダメージがとてつもなく気持ちいー
ケケケケケ…←鬼だ…


にしても、日本の高校生って、
大体がタテの成長はすすんでても、
ヨコが追いついてなかったりするが、
スポーツやってっとそれが顕著で、
この兄ちゃんどもも、ひょろひょろ長いのが多い。

腐人の腹肉、やろうか?


まーこの心身ともにまだまだグラグラで、
成長過程にあるがゆえに、急に伸びたり、伸び悩んだりする、
それがおもろいんだろなー。

それも3年っちゅー期間限定だし。

ま、今、スポーツの体罰が問題になってますが、
腐人はこの伸びシロが、いったいどこまでいくんだか、
そーゆーところを指導者は楽しんだほーがいいと思うんだがねぇ。

っても、結局、やってる子供のほうも結果が欲しいし、
指導者も周囲から結果とか言われちまって、
ゆっくり時間かけて、
自分で考えて動ける子と育てんじゃなく、
指導者の思うように動くコマを作ることになっちゃうのかな。


でもよー。
それ、その3年はそれでいいかもだが、
その子がもし将来プロになること考えたら、
あかんのんちゃうん。

言われなきゃ動けねぇってのは、
プロじゃ、一番どーしよーもねー選手だと思うけど?

自分で考えて、プレイを創造し、かつ、体を動かせないと、
世界にゃ絶対通用しない。


桑田真澄さんがインタビューで、
「体罰を受けた子供は、
「殴られないためにはどうしたらよいか」と
その場しのぎのことを考えるだけ」
っちゅーてたが、
これ、そのとーりで、
このことはまさにノルマを課せられた営業も同じ。

すごい狭い思考しかできなくなり、
下手すると、殴られないために、他人になすりつけたり、
他人の足をひっぱることしか考えなくなる。

とは、体罰をする人は思わないのかな?

でも、現実、あなたたちが作り上げる人間は、
そうなるのが、ほとんどだ。



話は変わるが、
腐人がガキの頃ってのは、体罰って日常的でねー。

忘れ難いのは、小学校んときの担任が、クラスで何か問題が起こると、
その問題を起こした子らと、
それを止められなかったってことで、
学級委員長を毎回殴ってたのね。

っても、男子は頬を平手で、女子はケツだったけど。

問題起こす子は毎回変わるけど、
学級委員は、その学期の間、不変だから、
結局、学級委員は、毎回殴られることになる。

で、あるとき、いつものよーに殴る子を並ばせて、
先生がバシバシやろうとしたら、
毎回殴られる羽目になる学級委員の男の子が、
もう自分の席を立ったところから、
おんおん泣き出しちゃってねー。

そんでも責任感がある子だったから、
泣きながら、叩かれる列に並ぼうとするわけ。
まさにドナドナ。

さすがに先生も、なんで泣くんや…とか言いよったけど、
なんでもクソも、あんたのその理不尽さが原因でしょーに。



腐人自身は、暴力はあかんと思う。
あの六本木襲撃の人らみたいのとか、
今回の30発とかが本当ならば。

オスは生きてる無駄!!
直ちに去勢し、脳みそいじっちまえ!!!
っつか殺してもいいんじゃね?とか思うよ、
腐人が法なら、ね。

ま、このあたりは、ちゃんと法的処分を受けていただきましょ。
刑事でも民事でも。
そのために法ってもんがあるんだから。




ただ、だ。
アムロのよーに
「オヤジにだって叩かれたことないのに!」
っちゅーまま、大人になるのもどーなんだとも思う。

だって、上に書いたように、理不尽は、世の中にあふれてる。

その事実を家庭で教わらずに社会にでたら、
困るのは、その子だよ?

昨今いわれる、打たれ弱い若者って、
あまりに過保護に理不尽から遠ざけられたまま育ちすぎ、
理不尽を、心からガードすることを覚えないまま社会にでて、
はじめて社会にあふれかえる理不尽とぶつかり、
ガードがないから即ボロボロになってダメになる…。

これって、腐人はそこに一因がないか?と思うんだけど。


それに、犬猫と対して変わらんレベルの知能しかないガキんちょが、
ホンモノの包丁ふりまわして友達と遊んでたら、
手を叩いてでも、やめさすだろ?

ま、これは極端な例ですが、
本当にダメなことを教えるためには、
お尻ぺんぺんはいると思う。


が、問題は、この中間のグレーゾーンだよなー。

腐人は、本当にダメなこと以外は、
殴りたくなったら、その子を殴るんじゃなくて、
自分を殴っておけ、と思うけどな。

そう…例えば。

おまえらができひん子なんは、俺が悪いんやー
だから、俺は俺を罰するぞー
おまえらが1つミスするたびに10叩きやー

っちゅーて、
自らを緊縛し、
自動鞭打ち機械(腕振り式ピッチングマシーンの改造版)で、
あうあう生徒の前でやったらどーだ?
生徒はそれを最後まで見なければならないとしたら?

「こんなん見たない…。
 もしミスして、また見せられるんやったら、
 ミスせんように頑張ろう」
って、真面目にやるかもしれんやん。

ど?これ?

ああ、ミス一つするたび、
監督が脱いでいくってのも、
選手の奮起に繋がるかもしれんなー。

「最後の一枚だけど!
 おまえらができひん子なんは、俺が悪いんやから、
 脱ぐぞ!ほらっ見ろ!俺のゾウさんだ!!」
って。

もちろん、監督はマッチョでデバラなクマですよ。ええ。

ちなみに、腐人は汚いものはみたくないので、遠慮します。

試合で、相手チームの監督が、
ボンテージ姿に、女王様型自動鞭打ち機械を持参できたり、
一枚づつ脱いでったりしたら、
そっち見てまうよなー。

ま、男子の試合で、キョニューな女教師ってのが、
相手方のミス1つで脱ぎ、
自分方のミス1つで着るってのをやってったら、
どーなんのかなー。

って、試合そっちのけやろ、それ。
ケケケケケ…


いかん、話がいってはいけない方向にいってしまった。
軌道修正、軌道修正。


腐人の××年の人生を振り返って思うんだが、
叱る側、指導する側が、
ただの自分の感情だけでやってないか、
ってことも重要な気がすんのよ。

怒る、叱る、指導する、
そーゆーときほど、
理性によるコントロールが必要だと思うの。

これを、ただガミガミ、ヒステリックにやったら、
やられたほうは、
「うっわ、やつあたりかよ。
 うんざりー」
って思うばっかりで、
何に対して、どうすべきだったか、っちゅーとこに
思い至らんと思うのね。

もうとりあえず、ギャーギャーゆってる相手が
はやく気が済めばええなーって思うばっかりで。

って、男女の修羅場だってそーじゃね?



ま、この春高バレーの決勝にでてきた2校は、
2校とも、生徒たち自身でどういう練習をするか、
試合でどう闘っていくかってことを
考えさせる訓練を常日頃からやる
自主性を重んじる指導をされてたそうで、
やっぱり、本当に勝てるのはそういう学校なんかなーとか思ってしまった。

にしても、おもろいわ、バレー。

[ 2013/01/13 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

ネットで発言することについて

昨日、いや今朝は、結局、明け方まで振り回され、
もー本当にうんざり・・・(ーー゛)

おかげで、腐人、かなりやさぐれてます。


ホントは、年始に、非常に興味深いコンテンツ関連記事をみつけたので、
コンテンツ論の続きやりたいんだが、今日はちょっと別の話。


ってのも、ネットをぴょんぴょんしていたら、
マクドナルドが社内通達として、
「ソーシャルメディアの利用に関するルール」
ってのを出したらしいっちゅー記事をみつけたのね。

へー。

マクドナルドの原田さんは、腐人もちょっと注目しとるおっちゃんなので、
どんなもんかと読んでみると、うーん・・・(~_~;)

なんつーか、前に『腐人日記』
「書いていいこと、悪いこと」っちゅーテーマをやったが、
なんかもうそんなレベルを飛び超えた、
公私の区別がつかない××が蔓延し、頭をかかえてるんだな・・・
と思ってしまった。


抜粋すると、こんな感じ。

1、社会、倫理に反する投稿や発言は行ってはいけません。


 NG:車椅子って邪魔じゃない?
 NG:今日来たお客さん、超キモかった!

2、不用意な発言は、あなたやあなたの家族、友人、職場の同僚に
多大なる迷惑をかけます。ソーシャルメディア上での発言には、
関係者でない方のプライバシー関することも含めて、充分に注意してください。


 NG:今日バイトしてたら、芸能人の○○が彼氏と来た!!

3、ソーシャルメディアはプライベートな場ではありません。
匿名性が破られる場合もあります。誰でもみることができると考えましょう。


4、マクドナルドの商品やサービスについて、会社を代表して語ることができるのは
マクドナルド本社の広報担当者に限ります。
あなた個人の発言のつもりでも、「マクドナルドの関係者」と見られる場合があります。
マクドナルドに関する発言は、あなたの個人的な意見だと明確にしましょう。


 NG:店舗での対応や手順の変更について、フォロワーの皆様からお問合せを
     いただいておりますが、企業秘の情報もあるのでお答え致しかねます。

 OK:チキンタツタ美味しい!一番好きなバーガーです!

5、業務を通じて知り得た情報は、マクドナルドが会社として発表しない限り、
ソーシャルメディアに発信してはいけません。
ただし、メディア※に発表後の情報に関しては、積極的に発言して、
マクドナルドを盛り上げてください。


 NG:マックポークは○月末に終了しちゃうらしい。
 OK:明日からグラコロだよ!

  ※クルーインフォメーションが出た時点で発信が可能という訳ではありません。
   新聞やチラシ、TVCM、マクドナルドWebサイトなどで公開された後ならば可能です。

6、業務に関する情報を外部に漏えいした場合は、処分の対象になりえることを認識しましょう。


7、マクドナルド製品に関する食品、食材については、間違っていた場合、
お客様の健康に影響を及ぼす可能性がありますので、発言することは避けましょう。


 NG:フィレオフィッシュにえびは入っていませんよ!
   →正しくは、フィレオフィッシュポーションは、
   えびポーションと工場で揚げ油を共有していますので、
   アレルギーがある方は反応してしまう場合があります。

8、マクドナルド関係者の不適切な発言を発見した場合は、放置せずに、上司、
またはオペレーションリソースセンターまでご連絡ください。


   (オペレーションなんちゃらの番号)


・・・とま、こんな感じなんですがね、
これを読んで腐人が思ったことは、
「こんな当たり前なことをいちいち文書にせにゃいかんのか・・・(ーー;)」だ。


商取引の契約書ってもんを、いっぺんでもマトモに読んだことがある人なら、
ここに書いてあることは、いわずもがなの常識だ。

1から4については、いわゆる倫理規定であり、
それに違反することは、極端な話、
営業妨害による損害賠償請求の対象になる可能性がある。

発言者にその覚悟はあるのか?


また、5や6は守秘義務の規定。
5は、守らなければならない「秘密」とはどういうものか、
公然になれば「秘密」ではなくなるが、
身内しか知らないものは「秘密」だ、といってるだけで、
これまた当然の話で、
場合によっては、損害賠償請求の対象になる可能性が大いにある。

ただ、このNG例は、どうなんだ?
もし、おおっぴらに「マックポークの販売期間は×月~○月まで」ってだしてたら、
これNGにならんでしょ。


あと7については、こないだの給食の影響かな、とみる。
昨今、アレルギーはひどくなる一方で、
あの事件は、食品を扱う人にとっては、全く他人事ではない。

このNG例にあるような安易な回答によって死者が出た場合、
発言したあなたは責任がとれるの?
と、言いたいとこなんだろな、本音は。

腐人もききたいね、それ。

腐人もアナフィラキシーで窒息しそうになったことあるから、
言わせてもらうが、
アレルギーなめんなよ!



なんつーかさー、
自宅の食卓で、家族にむかって愚痴をこぼすことや
部屋で、遊びに来た友人に自慢することは、
「私」、つまりプライベート。

仮に友達に安易な回答をして、その場で食った子が死んでも、
そりゃその中での問題だろう。
どんだけ泥沼になるか知らないが

でも、ソーシャルは違う。
一見、「私」的空間にみえるが、あれはれっきとした「公」の空間。

更に言えば、発した言葉が
その場で記憶以外に残らない「おしゃべり」とちがって、
永遠にネットの世界に残りつづける。

発言者は、その責任について、どう考えてるんだろうか。



っちゅーのと対象的に、
こういう教育こそを、子供の頃からやるべきだよな!
というのが、次の話。

アメリカの13歳の息子をもつ母親が、
息子にスマホを与える際に、
「iPhoneの18の約束」っちゅー「使用契約書」を渡したんだそう。

東京新聞の1/8の朝刊に詳細が載ってるらしいが、
ネットでみつからんかったので、
転載記事からポイントを引用すると、こーゆー感じ。


(1) このiPhoneは私が買った。あなた(息子)に貸している。

(2) パスワードは私が管理する。

(3) これは電話。鳴ったら出ること。

(4) 学校がある日は午後7時半、週末は9時に親にあずけること。

(5) 学校に持って行ってはいけない。メールする友だちとは直接話しなさい。
   会話は人生のスキルです。

(6) 破損したら、修理はあなたの責任。

(7) ウソをついたりバカにしたり、人を傷つけることにテクノロジーを使わない。

(8) 面と向き合って言えないことはメールで送らない。

(9) 友だちの親の前で言えないことをメールしてはいけない。

(10)ポルノ禁止。情報は私と共有。知りたいことは私かパパに聞いて。

(11)公の場では電源を切るかマナーモードにする。

(12)大事な部分の写真をやりとりなどしないこと。
   インターネットは巨大で強力。消すのは難しい。

(13)写真やビデオのすべてを記録する必要はない。
   自分自身の体験を大切に。体験は永遠に残るもの。

(14)ときどき家に置いていきなさい。携帯は生き物でもあなたの一部でもない。
   これなしでも暮らしていける。
   取り残されるのを恐れず、器の大きい人間になりなさい。

(15)いい音楽をダウンロードして聴きなさい。視野を広げなさい。

(16)ワードゲームやパズル、知能ゲームで時々遊びなさい。

(17)上を向いて歩きなさい。周囲の世界に目を向けなさい。
   会話をしなさい。グーグルで検索をしないで思考しなさい。

(18)約束を守れなかったら没収します。
   もう1度話し合い、はじめからやり直しましょう。
   あなたと私は常に学んでいるチームメイトです。
   一緒に答えを出していきましょう。



母ちゃん、すごい!ブラボー
これ、10代の携帯契約者に配布すべきもんだと思うぜ。

・・・って、こういう管理は、
監視者がちゃんと機能しないと意味ないが、
それが果たしてどうなのかっちゅー問題は
別次元であるな・・・。


ま、それはともかく、
もうそこから教育してかんといかんもんになってるってことを
デジタルネイティブ以上の世代は、認識すべきなんだろう。

マクドナルドは、通達の前に、
この約束を全員にみせるべきだったかもね。
[ 2013/01/12 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

どたまきた・・・(ーー゛)

ええかげんにせぇっ!と言いたいことが舞い込み、
本日ブログが書けません。

ホントに、いっぺん脳みそ入れ替えてくれんかな・・・。
[ 2013/01/11 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『ホウレンソウ禁止で1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる』について

この未来工業の山田昭男さんは、最近、腐人のお気に入りだ。

山田さんは1931年生まれ、ということなので
今年で82歳。

腐人が大嫌いで、丑の刻参りがしたくてたまらん、
先日国政に転じたクソジジイが、1932年生まれ。

テレビと新聞と野球団に、
なんかっちゃーしゃしゃりでてくる、
これまた腐人が大嫌いなクソジジイが、1926年生まれ。

山田さんの無私さに比べ、残り二人は我欲と執着の塊。
自分はそーじゃねぇとかゆってるが、
自分のことほどわかってねぇ。

この二人の言動をみるにつけ、
「老醜」とはこれぞ、っちゅー体現だと思うが、
こんなの、鬼灯様もいらんから、
なかなかあの世に引き取っていただけないんですかねー

腐人が法なら、のしつけてあげるんだがな。

なので、腐人は、
山田さんがいなくなることは人類の損失だと思うが、
残り二人の喪失は、ようやく病巣が除去できたと思う。

ま、世間一般の評価は知りません。

っつって、悪口が言いたいんじゃなくって、
こういうのをみると、
「世代論」ってのが、いかにあてにならんもんか、ってこと。

でしょ?
だって、「世代」でくくって、
あとの2人をみて、「老害世代」とするのは、別にかまわんけど、
この3人を一緒くたに語るって、できないもん。

結局、すべては「個の問題」だと思うんだよなー。

・・・しかし。
こやってあの論もこの論もあてにならん、
勉強不要、読書不要、とやってくと、読む本なくなるじゃん。

それはつまらーん!!

なので、腐人に罵倒されたいMな方は、ぜひ!
腐人が釣られそうなタイトルでもって、
でも腐人の激怒を買いそうな中身のご本をお出しくださいませ。

見事釣れたら、
罵詈雑言の嵐をさしあげることにいたしましょう。


ま、そんなことはおいといて、
今日の本題にまいりましょうか。

(26)一般本 『ホウレンソウ禁止で1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる』 山田昭男

こちらの自分用アーカイブだが、
以下、抜粋してるところと、
勝手に編集してるとこがありますが、
本書の中で、腐人が気になったポイントを列挙しております。

たまにちょこちょこ色が違う文字が入るのは、
腐人の感想。

えー断っときますが、「自分用」とつけてるだけあって、
超不親切な記述になります。

「わかんねぇよ!ちゃんと書け!!」とか思われたり、
「私はちゃんと知りたいの!」と思われる方は、
ご自身で本書をお読みくださいませ。

とても読みやすいですし、
社会人なら、特に管理職以上なら、読んで損はない本だと思います。


未来工業については、『腐人日記』の中で、
前著に触れてるとこでやっとったかと思うので割愛。
ご興味ある方は、ご自身でお調べください。


●部下

上からの命令に動くだけの人に、当事者意識は育たない。

社員一人ひとりが常に考え、自分の責任と権限で行動し、
それが間違っていれば改めることでしか、当事者意識は育たない。

だから、ホウレンソウだけでなく上司から部下への命令も禁止。
大切なのは必要に応じて部下を説得し、
その仕事の必要性をきちんと納得させること。
 この納得がさ、上っ面だけわかったふりしとんのか、
 心底納得してくれてんだかが、難しい。
 そこはどうするんだろ。


なお、「部下を育てる=権限と責任を与えて仕事をさせる」が
放任主義でいいという話ではない。
現場とはきちんとコミュニケーションをとる。
それでだめなら、その人を別の人に変えればいい。
 この放任ではなく、命令でもない
 コミュニケーションって・・・どーゆーもん(~_~;)?
 真剣に知りたい。
 要は上下ってのをなくして、対個人として、
 一人一人と向きあえってことかなぁ。


降格人事は社員を萎縮させるため、
失敗に伴う降格人事は絶対してはいけない。

部下を本当に育てたければ、
「自分が頑張らないと!」
「自分が部下たちを引っ張っらねば!」
という思い込みと恐怖心を
同時に捨て去らなければならない。

日本企業のダメなとこは社長の頑張りすぎと
減点主義の人事制度
 口では言えても、
 全く実行できない社長をよく知っている・・・(;一_一)


「その道によって賢し」
ひとつのことに徹して努力したら自然に巧くなる。



●お客様 

お客様とは、取引先を妬んだり見下したりするので
細かなところにこそ気を遣わせる。

ex.普段はベンツに乗っていても、
接待ゴルフでお客様を送迎する車には、ボロい国産車を使用。
 これは腐人も賛成。
 どうしても無私になれないなら、
 外観あばらや、中身は金の茶室たれ、と思うが、
 大抵は、ひけらかしたいのよねぇ・・・。





●会社が儲かるための7つのポイント

1 たくさん売る
2 高く売る
3 安くつくる
4 いいものをつくる
5 たくさんつくる
6 安く買う
7 いいものを買う
 ええ、そのとおりですけども・・・(;一_一)



●会社と社員

社員との関係は、「信頼」「義務」が前提。

社員を信用できないなら、最初からやとわなければいい。

会社と社員の関係は目にみえない作用反作用のようなもの。
会社から信頼されていると思えば人は努力するし
管理されてると感じればどうやってさぼろうかと考える。

管理しないほうが、人は働く。

ノルマを課したり、管理をすると、
人は、「ノルマをこなすこと」しか考えない。
管理のコストもバカにならん。

人件費の削減は数字上ではコスト削減だが
働く人の感情をどれだけ傷つけるか数字にできない。

 上のノルマの話だが、先日、美容院で驚くべき話をきいた。
 知り合いの美容師が若い子を募集したんだそうだ。
 すると、学校でて2年目の子が応募してきて、
 「なにができる?」ときくと、
 「ビラくばりの勧誘には自信があります」とゆー。

  は?と思ってきいたら、前にいた店では、
  ビラくばって客をひっぱってきたらいくら、
  っちゅー歩合制だったんだそう。

  なので、その子は、洗髪やカット技術を磨くことを一切せずに、
  2年間、ただひたすらビラくばって、
  新規客をとってきていたとのこと。
  アホか、あんたの職業、何や!って話だよなー




●管理職

常に相手が喜ぶこと、感動することを考える
 これはすべてのことに言える話だよね

上司の仕事は部下の不満をできるだけ消すこと。

上司たる者、自分の身辺は、
人一倍きれいにしておかなくてはいけない。

部下のことはガチガチに管理しておきながら、
自分は会社の金で高級車を買い、その経費も会社に払わせ、
その車にキレイなお姉ちゃんを乗せることをやるなんて言語道断。
自分の言動は、周囲の皆からみられていると自覚せよ。

社員には決して命令せず説得して納得させること、
と言い続けてきても、管理職になると管理したがる人がでてくる。
 だからこそ、管理職こそ自律がいるんだよねー




このあとに続く、差別化についてのお話は、
ものすごーくためになるんだが、これは割愛します。
あんまり書いちゃうのも、なんなんで。

腐人的には、すごく勉強になったので、
ご興味ある方は、本書をどうぞ。



山田さんは、社員の不満を除くこと、を
自分の重要な仕事と思ってやってはる。

だから、本書を読んでると、
ホントに、え?そこまですんの?っちゅー話の連発なのだ。

しかし、よくよく考えてみたら、
それがなんでできるかったら、
利益を生み出し続ける体制ができてるから。

そしてその体制を維持し、継続できているのは、
社員一人一人が考えて動ける人材になっていて、
その考えた結果が即実行できる社内風土ができてるから。

だから、上から言われたことだけ、ノルマだけこなせばいい、
って風土でやってきた会社が、
単に、上っ面だけ真似たところで、
この未来イズムをすぐに実現させることは無理だろう。

本家だって、常に「未来イズム」を意識しつづけなければ、
人は安きに流れていく。

でも、なんとかこの未来工業のようになれないだろうか、
未来イズムを実現しつづけるにはどうしたらいいだろうかと常に考えて、
やれることからやる。

そうするしかないのだ。

そうして一歩づつでも変えていければ、
理想像である未来工業に近づけると思うが、
それには、まず変わること、
そして、変わることによって失うものがあることを恐れてはいかんのだが、
これがなーなかなかなー・・・。

どんな社長も、口では「俺のことはどーでもええんや」っちゅーても、
実際は、ものごっつい我執の塊なんだよね・・・。

上にさ、
「上司たる者、自分の身辺は、
 人一倍きれいにしておかなくてはいけない。」
ってあるじゃん。

腐人が尊敬する、Hondaの創業者のお二人なんか、
性格は水と油だったのよ。

でもね、二人に共通していたのが、この姿勢。
二人とも、公私の別は、きっぱりしていたし、
部下を慰労するときは、自分のサイフからお金を出していた。


なんつーかなー・・・最近、そこが一番ダメダメになってね?
あのリーマンの経営陣なんかも、まさにそうでしょ?
あーゆーとこばっか見習ってる気がしてならん。

そういう意味で、腐人はこの山田さんの姿勢をみていて、
なんとなく、これまた最近お気に入りの、保科正之の生き様に
通じるもんを感じるんだが、気のせいかね?

ま、それはそれとして、
腐人もこの素晴らしい理念である未来イズムを、
実現したいなぁと思うので、たまには本以外のことを考えましょうかね。
[ 2013/01/10 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

げーり、げり、げろ、とまらない♪

最初にゆっときます。
本日、ビローな話です。

年始早々、ノロに襲われました・・・(-_-;)。

きゃーいやーやめてー!
腐人なんか美味しくないわよー!!

っつったのに・・・(T_T)
で、2日ほど寝込んでおりました。


7日は、年末から約束していたアレコレがあったので、
6日は早々に寝るべし、と10時ごろから床についてたんですが、
2時間ほどすると、なんかヘン・・・と目が覚めた。

そこからはもー、
ジャージャージャージャー、
「ちょっと!水のトラブルよー!クラシ●ン!!
 これ止める蛇口どこー!!!
 たすけてードラ●もーん!!」

っちゅーぐらい、
じゃーじゃーじゃーじゃー。

思わず『JIN-仁-』にあった、
コレラベッド(ベッドの下に穴あけて、寝たままジャージャーできるやつ)
あれが欲しくてたまらんくなりました。

あれ、特許とりゃいいのに・・・。

ん?でもベッドをトイレにしたら
結局、その溜まったもんをどーすんだってな話になるから、
トイレをベッドにしたほうがいいよな?

「あ」と思って、青いスイッチ押したら、
ベッドとトイレを仕切ってるカーテンがジャーッって開いて、
ウィーンってベッドがスライドして隣接する便器の上にいき、
便器の上にベッドがカチッてハマったら、
尻の下の板がパカッと開いて、さぁどうぞ。
ではいたしまするじゃー。

んで、「もういいでござる」となったら、
今度は赤いスイッチ押すと、
トイレはゴウゴウと生産物を流し、
ウォッシュレットと熱風でお尻をピカピカにしてくれて、
尻の下の穴が、ガシャンと閉じる。

で、ウィーンとベッドはトイレの隣に移動し、
仕切りカーテンがこれでおしまい・・・とばかりに閉まる。

いいじゃんいいじゃん。
これあったら、腐人の老後は安泰よ!!

って、もう介護器具の中にあったりすんのかな?これ?

腐人はトイレをこよなく愛してる人なので
(っても日本のウォッシュレット限定だが)
トイレがベッドになっても全然平気である。

むしろ、こんだけジャージャー下ってると、
身体起こしてるのがつらくて、
その支えがトイレにないことのが赦せん!!!

なんで前にもたれられる捧なり、台座なりがないんだ!!
メーカーの怠慢だと思うわ!!

え?背中にあるタンクにもたれればいい?

君は、ゲリピーで、脱力状態になったときの苦しみをしらんのか!!
のけぞれないんだ!
あんときはただただ前屈みになりたいんだ!!

紙よ・・・もう床に垂れてもいいですか・・・とか
言いたくなるぐらいしんどいんだぞ!!


ああ、予告はしているとはいえ、
もうちっと言葉選べよ、腐人ちゃん・・・。


でも、本当に、このトイレをベッドにする、を開発してくれんかと、
ジャージャーやりながら思いました。


あと、カエルの歌の大合唱もつらいですね。

おかしいなと思ったときは、夕飯を食べてからかなり経過してたので、
こりゃえずきはするけど、
中身は消化されちまって出ないなと思ったので、
(一般的には、食べて2~3時間もすると、胃での消化は終わってる)
あえて無理矢理吐くこともせず、
なんもでない状態で便器にむかってカエルの歌を歌い続け、
朝まで苦しんでいた。


しかし、だ。

むかむか気持ち悪さを継続させつつ、
7日はでかけなきゃならんかったので、
朝、歯磨きをしてたら、
喉の奥からぐぉぉぉぉっとこみあげてくるものが。

そこには、昨夜食ったものが、そっくりそのままありました。

えええええ!
なんで消化されてないわけ?
ってことは、元凶はコイツか!?

と思い、こいつが犯人かも!!と、奉行所ならぬ医者に訴えると、

「いや、それはない。
 単に消化器系がウィルスにやられて、働いてなかったから、
 消化されずに残ってただけ」
とのこと。

・・・なんですと?
なら、一晩、空嘔きで苦しんでないで、
指つっこんで吐いときゃよかった!!
吐くの得意なのに!!


ま、そんなこんなで、
脱水がこわくてアクエリだけは飲んでたんですが、
アクエリだけで、ゲリったり、吐けたりするって、
ノロ、あんた、どんだけ凶悪やねん・・・(=_=)

ムーベン並の威力ですよ、ノロって。

※ムーベンとは、大腸内視鏡検査の前に服用する下剤。
 全部で2リットルもの液体を飲ねばならぬ苦行だが、
 飲みきると、腸が本当にすっからかんになるので、
 そこんとこは気持ちがいい。
 が、あまりやりたくない経験である。
 詳しく知りたい方は、
 この前身ブログ『腐人日記-腹を割いたら黒かった』
 の過去ログをどーぞ。


まー、腐人はこの程度で全部でききってくれたんでマシかなぁ。
知り合いは、症状ひどくて入院したし。


医者に言われましたが、
皆様、こんな目にあいたくなければ、
うがい手洗いはマメにいたしましょうね。


・・・にしても。
なんで腐人の周囲の人間は、皆、ケロッとしてんだ!?

フツウ、こーゆーのって弱い個体から罹患するもんでしょ!?
腐人よか高齢者も、幼児な姫も元気なのに、
なんで腐人だけー!!!

ま、一番不健全な精神と不健康な体してっけどよ・・・(ーー゛)


とりあえず、今年の目標は、
もうノロは勘弁!!
だな。

・・・って、目標にかかげて避けられるもんなんだろうか・・・?

[ 2013/01/09 ] 健康&読書録 | TB(-) | CM(-)

『JIN-仁-』について

うーん、すごいな。

久々にすごくしっかり作られたマンガを
読んだ気がする。

村上もとかさんといえば、腐人の中では『六三四の剣』
いやー萌えた萌えた。

なので、読む前から、
絵やストーリーや表現といった「マンガ」部分については、
問題なく読めるだろなーとは思っていたのだが、
最終巻に、監修をしてくださった方々や、
その方々をみつけてきてくれた編集さんへの謝意が書かれていて、
改めて、この作品ができあがるまでの大変な道のりについて
考えてしまった。

これだけの人の手を経るということは、
いわゆる普通のマンガと違い、
かなり前からネームの用意がいるんだろう。

それに対する、
歴史検証、時代考証、そして、手術シーンの資料集め。

なんちゃってを一切排除するということは、
それだけ人の労苦が増えるということで、
ものごっつい下世話な話で恐縮だが、
金銭配分はどないなってんのかなぁ…?なんて思ってしまった。

というのも、だ。

腐人はコンテンツの衰退を憂いているのだが、
もし、このまま無料勢力であるWebがどんどんひろがり、
コンテンツとは無料で読めるもの、ってのが
常識になってしまったら、
これだけの多くの人の手を煩わせ、労苦を求める作品は、
もう生み出されてこなくなるんじゃなかろうか。

もしくは、これからも生み出される、とすると、
生み出されはするが、
それは、コンテンツで食っていけるとされる
極々少数の選ばれし人のみできること、
となってしまうんではなかろうか。

そんな疑念が頭をもたげる。

大河ドラマがなんか安っぽく陳腐になってってるように、
予算不足で、劣化してってしまうのは、やめてほしいなぁ。



ま、そういうマンガ界の未来を心配する気持ちを
とりあえず棚上げにして、このマンガについて考えると、
端的に言って、「おもろかった」である。

っても、南方先生ぐらいの中堅クラスのお医者さんが、
あの荷物だけで江戸時代にいって、
本当にそこまでできんのか?っちゅー疑問はないこたない。

実際どーなんだろなー。

あのペニシリン製法だって、
現代の過去にそういうことを考えて
試行錯誤した結果があったからこそできたんであって、
いわゆる医学の勉強しかしてこなかった人に、
あそこまでの発想ができるもんかは、素朴に疑問。

「ペニシリンがあったなら!」
「なんでないんや!」
「でも、ないから、しかたないな」
で終わりそうな気がするのよ…。

ってのも、最近の若者と話をしていると、
今あるものでなんとかする、という
応用力と想像力の欠如をものすごく感じることがあるもんでねぇ。

遊び方が決まったおもちゃを与えられて遊ぶ、
ってことしかしてこなんだら、
そーなってしまうんじゃねぇのかなぁ…。

もっとお外いって、その辺の雑草つかって
おままごととかして欲しいなぁ。

って、話がずれた。


全部を読んで思うのは、キャロルみたく、
あーれーと未来から過去にいって病気になって、
あーれーと過去から未来にきて、治療して、いるものパチって、
また、あーれーと未来から過去に戻ってった南方先生。

彼のその後がすごく知りたい。

彼はまた未来に戻ってしまうかもしれないことを
怖いと思わなかったのか。

ペニシリンでは効かない緑膿菌に対する研究なんかを
始めなかったんだろうか。

そして、南方先生がペニシリンを作ってしまったがゆえに
変わってしまった歴史があるだろうに、
その影響はどうだったんだろうか。

そーゆーとこが、すごく気になる。


ただ、そこらまで派生してくと話が複雑化し、
かつ収集がつかんくなってくるわなぁ。

そーゆー意味で、
この王道を極めるストーリーのみでいいのかもしれないな。

これだと、あの幕末・維新のあたりの
歴史の勉強にもなるものになってるし。

手塚治虫さんの『ブラック・ジャック』を読んだ子が
医師を目指したように、
これをきっかけに、医者の道、歴史研究の道を目指す子がいてくれたら
すごくいいのになぁ。



ところで。
正直、腐人は、今の医療現場のことはよく知りませんが、
医者になる過程において、
こういう応用力を鍛えられるカリキュラムは整っているのだろうか。

そりゃ日進月歩の技術革新の中で、
新しいことを憶えるってのに、
日々は追われてしまうのかもしれない。

でも、3.11のこととか思うと、
器具が、薬が、十分にない状態の中で治療を迫られる、
っちゅーことが、
いつ起こったって不思議じゃない。

乗り合わせた飛行機や電車で、急患の治療に
今あるものでなんとかしないとならない場合だって、
ないとはいえないだろう。

そういうときに、
こういった応用ができるような勉強ってしてんのかな?

ぶっちゃけ、腐人はこの応用力というより、サバイバル力ね、
これこそが、この先の時代を生き抜くために
必要不可欠なもの、だと思う。

テキストで教わるもんじゃないかもしれないが、
そーゆー力をつけて欲しいなぁ…
とか思ってしまいました。

マンガ 『JIN-仁-』 村上もとか
[ 2013/01/06 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

チビとの約束

血族からクレームが来た。

「ブログタイトルだけ聞いて検索かけたが
 ひっかかんねぇ!」

ま、そらそだ。
キャッシュたまってねぇし、類似タイトルいっぱいあるし。

ポイントは、阿呆じゃなくてアホってとこか。
ガンバレー←おい!


さて。
腐人の休日は、勝手に売買されてることがある。

腐人:「あ、このあとさー」
血族:「姫くるから、よろしく」
腐人:「え?」


……腐人は、
ウォーターベッドのメンテナンスをしたかったのに…(/_;)

でも、手土産にホテル西洋銀座のモンブランを
持ってこられちゃしょーがねぇ。

ああ、うまひ…(T_T)

で、遊びにくると、ついつい一緒になって遊んでしまい、
結果、姫がなかなか帰りたがらないっちゅー事態になる。

だもんで、
「じゃ、明日、またあそぼ?」
とか、
「明日、一緒にお買い物いって
 エビフライ食べようか?」
とかゆー
釣り餌ならぬ約束をぶら下げることになる。

この約束が…重い!重いのよ!!!

あれは吉原理恵子さんの『子供の領分』のどれだったか、
茅野家のパパのお話があって、
そこに
「できない約束はするな!」
っちゅー言がある。

あれね、ホントにね、
つくづく賛同いたしまするわー!!!

だって、憶えてるんだもん、あの子ら…。

姫に言わせると、
「むかし、約束したじゃない」

ええ、確かに致しましたとも。
ああ、沢田知可子の歌がきこえる…(-_-;)。

っつか、3歳児のくせに「むかし」って!!!
いつじゃ!
腐人の「こないだ」は10年前じゃ!!


その場をごまかすために、つるっと口をすべらせた社交辞令が
全く通用しないんだよなー。

ああ、子供を育てるって、大人も育てられることなのね…。


にしてもさ。

血族:「じゃ、明日のお買い物は、皆で電車乗って」
姫:「いや!タクシーがいい!」

姫…あんたって子は…(=_=)

いくら口が達者でも、しょせん、まだ15キロ。
ふんづかまえて、電車のせたるわー


ところで。
どーでもいいが、いや、よくないが、
『子供の領分』の続きって、いつか出るのかなぁ…。
食事会がむっちゃ気になんねんけど、
どーなんでしょうか、吉原さん!!!

ふっ、ブログがあたらしなっても、
ゆっとることは同じやねぇ
[ 2013/01/05 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

気になる暴排法

以前、郵便局に行ったとき、
「暴力団関係の荷物は引き受けられません」
ってな紙をみた。

そこでうーん…と思ってしまった腐人。

前もゆーたが、これどうなんですかねぇ(~_~)。


この根拠は暴排法で、それがイヤなら廃業しろ、
ってことだと思うんだけど、
ただ、この論理で推し進めれば、
郵送物は、どこも引き受けてくれなきゃ
自分でもってきゃいいだけかもしれないが、
電気だってガスだって水道だって
止められるかもしれない。

食料品だって、ガソリンだって
売ってもらえなくなるかもしれない。
電車にだって乗車拒否されるかもしれない。

これっていいの(~_~;)?
生存の問題になってくんじゃないの?


なんかなー、この問題、いくつかの複合的なものを
すべて暴排法1つでなんとかしようとして、
結局、暴走してるよーな気がするのだ。


そりゃ腐人だって暴力や恐喝なんて経験したくない。
イヤだ。

みかじめ料だって払わずに済めば、
そりゃそのんがいいだろう。

でも、なんで払うのか?

酔っ払った客がトラブル起こしたり、
Aという人は、じゃぁみかじめ料いいよ、と言っても、
それを知ったBという人が、じゃ、俺に払えとかゆー
そういう構図があるからじゃないの?

こーゆー人間のもつ、どーしよーもなさは、
どうやったってなくならんのちゃうんかね?

だって、そういう性なんだもん。

もし、そこをなんとか最低限まで制御しようとするならば、
たぶん、性悪説ではなく、性善説をとって政を行った
保科正之のよーなやり方じゃなきゃあかんやろなー。

そうすれば人間一人一人が自ら恥じて
自己抑制するようになるだろう。

でも、そんでもゼロにはなるまい。


もう一方で、こういう簡易なレベルではなく、
もっと極端な位置で社会からはみ出してしまう人たちを
社会の一員として、枠にいれてく制度なりを作らんと、
結局、行き場のない人が発生し、同じことが起こる。

むしろ、表に出れば法規制があるからと、
地下に潜り、悪化するような気がする。



腐人は公権力があまり好きではないので、
どーしてもそっちに批判的になってしまうんだが、
なんか暴排法は、みてると、
いわゆる対症療法にすぎず、
根治治療になってない気がするんだよな。

これに限らず、
あらゆる問題ってのは、
表面じゃなく、根っこをどうにかせんと、
治らないと思うんだがな…。
[ 2013/01/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

今年の箱根観戦記

腐人の箱根の愉しみ方は、

1に、リタイア
2に、繰上げタスキ
3、4がなくて、
5に、学連シード
である。

って、これ、箱根駅伝のルールをご存知ない方は
意味もわかんないかと思いますんで、ざっと説明。


リタイアはいいわな。
言わずもがなの、途中棄権のことですが、
箱根の場合1区間が大体20キロ前後(ハーフマラソンレベル)なので、
わりと頻発すんですわ、リタイアが。

特に気温差が激しい山と、海っぺりで、
脱水おこしたり、低体温おこしたり、
脚を故障させたりすることが多いんですが、
例えばトラックリレーなんかだと、
ヘロヘロになりながらでもなんとか次にバトン渡せる距離だが、
10キロ程度んとこでこうなると、
あと10キロなんて走れない。

そーすっと、タスキが繋がらないわけですね。
キヒヒヒヒ・・・←鬼だ・・・


次の「繰上げタスキ」だが、
これは復路の8区→9区、9区→10区でよく起こる。

交通規制の関係もあって、
箱根では、トップが通過して20分が経過すると、
前の走者がやってきてなくても、
次の走者をスタートさせるっちゅールールがあるの。

で、この場合、1区からつないできてるタスキは
前の走者が持ってるでしょ?

だから、繰上げタスキっちゅー予備タスキが登場して、
次の走者は、それつけて走るわけ。

ゆーなれば、タイムは繋がってるけど、
タスキは繋げられなかったーっ!!!
っちゅー話で、
この繰上げタスキになるってのはかなりの屈辱なのだ。

これが、1年から4年へのタスキリレーだと、
もう超おもろくて←・・・悪魔

それも、次の走者がみえるラインまでやってきてんのに、
無情にも、「20分になりました、パーン!」と、
次の走者スタートのスターターピストルが鳴ると、
たまらない!!!

腐人は、これみるのが大好きだ(●^o^●)←・・・人非人


ちなみに、復路スタートも、
トップ通過より10分以上遅いチームは
一斉スタートっちゅーて、あとでタイム加算する方式だが、
これは別にタスキと関係ないので、
腐人的にはどーでもいい。


それから、学連シードだが、
箱根駅伝は、10位までに入ると、
来年の箱根駅伝をシード校として、予選なしで出場できる。

しかし、11位以下の場合、予選会っちゅーて、
箱根に出たい他校と予選レースをせにゃならんのだ。

これが昨今、激戦で、去年箱根で11位だった学校でも、
今年の予選会で落選する・・・なんてこともある。

だからこのシード校争いってのは、
実は、上位争いなんぞよか、よほどケツに火がついてて、
熾烈で、必死になっちょるので、おもろいのだ。


で、ここに絡んでくるのが、次の「学連選抜」。

予選会は、ざっくりゆーと
各校12名の走者が20キロ走って、
その上位10人の合計タイムの早さを競うもの。

※他にもいろいろ細かいことあるが、
知りたい方は調べてください。

そうなると、優秀な選手を10人集められる学校はいいが、
一人は突出してるけど、残りが平凡・・・な学校もある。

そういう突出生徒を救おうってことで始まったのが「学連選抜」で、
この予選会をやって、箱根に出る学校が決まったら、
それを除いた中で、成績のいい子らが10人寄せ集って作るのね。

だから学校はバラバラ。

で、この学連選抜が、箱根駅伝を走って、
上位10位以内に入ったとする。

するとだ、シード校枠が1つ学連選抜で埋まるわな。

したら、来年は、予選会から勝ちあがってくる学校が
従来は9校(シード校は10校)なんだが、
この場合だけ10校(そんかしシード校が9校)になる。

だーかーらー、腐人的には、
学連選抜には絶対に!10位までに入ってほしいのだ!!!


ま、そーゆー腹黒観戦を毎年してんですが、
こういうとこをポイントにするせーか、
大体、往路よりも復路のが楽しい。

しかし!
今年は往路のが楽しかった!!!
リタイアでたし!

駄菓子菓子!
腐人は、この一番見るべきシーンをみていない…。

なぜなら、昨日、往路14位までゴールした段階で、
でかけてしまったからだ!!

※なんで14位までかっちゅーと、
 ここで繰上げスタートが決まったから。
 あとはただただゴールするだけだと思ったのよ!!


んで、用事を済ませて巣に戻ると、
血族が、にやーっとした(^_^メ)をして、

「リタイアでたぞ」

と言った。

え?え・・・?ええーっ!!!
ウソーッ!!!
なんたる名場面を見損ねたんだーっ(ToT)!!!


あああああ・・・
腐人の一番の愉しみなのに・・・

往路で失敗したので、復路はかぶりつきでみてたんですが、
今年に限っては、リタイアも繰上げタスキも学連シードもなく。

キーッ!!!!!

今年ってば、美味しいとこを逃す年?
いやーっ(>0<)!!!



そーいや、昨日の読書録で書き忘れ。

『みんな「おひとりさま」』に、
シングルのセックスについて書いてる章があった。

そこで閉経後の女性が、
避妊する必要もないし、すごく自由にできる、と言ってる、
ってな記述があり、ふと思い出したことがある。

エイズの調査で、
都心部は男性の同性間交渉による感染率が高いんだが、
地方にいくと、異性間交渉による感染率が高くなる。

それも中高年以上の。

それはなぜだったら、
要は閉経後の性交渉の場合、皆、ナマでやるからなのね。

それにより、まー元々は
どっちがどっからもらってきたんだかは知らないが、
それを夫婦で移しっ子する事態になるそうなのだ。

エイズに限らず性感染症って、ものすごい数があるので、
閉経したからって、ナマでいいってもんじゃないんだがねぇ。

ってなとこをすっとばして話が進んでたので、
うーん・・・と思ったんでした。

新年早々から、なんちゅーネタじゃ・・・(^_^;)
[ 2013/01/03 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

なんとかあけました おめでとう

なんとか、1日で新しいのを開設でけたぞ!
やた!!

じゃなくって。


あけましておめでとうございます。

本年本日より、
こちらでブログを開設させていただきますので、
お目汚しではございますが、
気が向かれましたら暇つぶしにでもどうぞ。

全く初めて来られた方のために説明申し上げますと、
このブログは
「腐人日記-腹を割いたら黒かった」という
ブログの流れを継いでおります。

ぶっちゃけますと、
あまりに書きすぎてしまった結果、
うまく動かなくなってきたため、
2012年12月31日をもちまして、そちらを終了いたしました。

そして、己の読んだ本に関するもやもやを吐き出すための
また新たな汚染場所を作った次第にございます。

よって、ブログに登場する面々や内容などは、
過去の流れを汲んでおりますので、
もしご興味があれば、っつか、
「は?姫ってなんじゃ?」という疑問にかられましたら、
「腐人日記-腹を割いたら黒かった」をご覧くださいませ。


とはいえ、
「腐人日記-腹を割いたら黒かった」がいつまで在るかは
未来の腐人(注:ブログ主のこと)のみそしる領域で、
ある日突然、消え去る可能性は非常に高いです。

探したけどないやんけー!!となりましたならば、
そゆことですので、ご容赦くださいませ。

はっきりいって、読んでくださる方へのサービスは、
めっちゃ悪いです、このブログ

最初にゆーたかんねー!



では、2012年の総括いきましょかー!

●これはスゴイ!で賞

「魔法の靴下 メディキュット」

「糖質制限」
でしょうか。

そーいや、ここんとこ忙しすぎてメディキュット履いてないや。
あれ、履くの結構大変なんすよ。

でもそーすっと、なんか全体がぐでーっとしてる。
いかん!


それから、糖質制限。

腐人の場合は、「代謝が悪くなった運動しない中高年がデブりだす」
っちゅーのに、ビンゴ!だったせーか、
てきめんに効果がでました。

あとは筋肉つけて、猫背なおして、よい姿勢にしてけば、
この底辺にずーっとまとわりついてる不調が治るんだろうけどさ。

ま、とりあえず、履けなかったボトムが
履けるようになったことで、感謝状。


●おもろかった本で賞

2012年の大賞は、1も2もなくコレでしょう!!

岡田よしたか 『うどんのうーやん』


まさに笑撃の一冊。

この発想!
この感性!

なにをどこからどない突っ込んだらええんか、
途方にくれるけど、突っ込まずにはいられないボケっぷり!

いやはや、これは絵本の領域を超えてます。

もし、岡田さんに訊けるならば、
なぜ、えび天やのうて、エビフライなのか、
そこがどーしてもひっかかってる腐人です…。


マンガ部門は、こんな感じ?

うめ 『大東京トイボックス』
河原和音&アルコ 『俺物語!!』

もうこの2作品については、言うことないでしょ。

『大東京』は、上半期総括で散々やったし。

『俺』は、
「読め!読んだらわかる!!」
以外のどんな言葉も、蛇足でしかない。


新人賞は、
町麻衣 『はしっこの恋』
だな、腐人的には。

あの、キャラクター造形が今後もできてけば
おもろいもんを生み出してってくれると期待。

っつか、この話ももっとやってくれーという期待もこめて。


新人賞の次点が
穂積 『式の前日』

一般的には、たぶんこっちの評価のが上だろうが、
腐人は、逆。

なんとなーく今市子さんと同じく、
技巧に走りすぎてかないかな?という懸念が若干あるんで。

トリックというか、
フクザツな構成のものを作ることにばかりに気をとられると、
「これ、すごいねー。凝ってるねー。
 でも以上」
ってなりかねんのよ。

なので、余計な心配かもしれないが、
「この話を通じて一番伝えたいこと」を忘れないように
お話作りをしてって欲しい。


過去の名作では、
六花チヨ 『IS 〜男でも女でもない性〜』

絵がアレなんですけどね…(^_^;)。
でも、啓蒙書として、もっともっと読まれて欲しい。


一般書部門は、
石川拓治 『奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録』

高野誠鮮 『ローマ法王に米を食べさせた男-過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』

この2冊が、おもろかった。
これこそイノベーション。

で、つくづく思うが、
すべては、人の意識改革なんだなと。

そこが変わらないと、変われない。


引きずってるコンテンツ論とか、給食話など、
今年は結構おもろい一般本にいろいろ会えました。

コンテンツ論は、まだ書き足りてないので、
こっちに移っても、引き続きやります。
が、いつになるんだかはわかりませーん。



で、思うのが、
これだけ情報があふれまくり、
スマホやPCで簡単に調べられると思うと、
人は知ろうとしなくなる。

「いるときに調べればいいや」になってしまうのだ。

だから、あえて読書をして、自分の中に情報を蓄積していこうとしてかないと、
人とは、考える動物ではなくなってしまう。

上記の木村さんにしろ、高野さんにしろ、
ノーベル賞を受賞された山中さんにしろ、
「ABC予想」の証明をされた望月さんにしろ、
恐らく、深く深く、気が狂いそうになるほど深い思考と、
自分の直感を信じる力があればこそ、
これだけの結果を出せたのだと思う。

2012年にアインシュタインの言葉を引用したが、
本当に、
機械を使うことに長けただけの無毛猿に、
ならないようにしたい。


BL部門は、なんだろう。

これ!っちゅー順位はないが、ものすごく残ったもの。

木原音瀬 『パラスティックソウル』

 腐人としては、この3話目、
 この二人がこのあとどう生きたのか、
 それがずーっとずーっと残ってます。
 他は、まぁね。

木原音瀬 『リバーズエンド』

 いつか、亀は映画が撮れるんだろうか。
 そして、万ちゃんに家族の話ができるんだろうか。

 たぶん、それをしないと、
 亀の中で終わらない気がする。
 したら、ちっと生きることに執着がでるかな?

六青みつみ 『誓約の代償 ~贖罪の絆~』

 凶悪プリティーなモフモフシリーズ。
 もぉ!この聖獣のヒナ!!
 販促、いや反則よーっ(>0<)!!! 

 第3弾、心の底から待ってます。

樋口美沙緒 『愛の蜜に酔え!』
 
 同じショタつながりで。
 ホント、これ、発想の勝利だよな。

 そーいや今月は、ムシシリーズの新刊がでるんでした。
 愉しみ~♪

一穂ミチ 『ステノグラフィカ』

 
 これね、なんか好きなの。

 なんだろ、碧ちゃんのキャラ?
 言葉というものへのこだわり?

 たぶん、ここに列挙したBL作品の中で、
 一番BLっぽいような気がするが(それでもあんましか?)
 すごくじんわり心に残る。
 

そんなとこかな?
正直、2012年は読みすぎで、ざっと振り返ったが
思い出せない本も多い。

これでも選別してんですけどね。



すっげーどーでもいいんですが、今、箱根みてるんですよ。

したら、風のすごいコースで、選手がよろよろなってんですが、

「すごい風です。
 体重何キロですか?
 167センチ、46キロ?
 軽いですから、飛ばされますね」

みたいなことゆってたんですよ。

167センチ、46キロ!?

…世の中、不公平…(ー_ー)!!
  ↑
 彼らぐらい運動してから言え!!

[ 2013/01/02 ] 決算&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。