或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年01月 ]
12 | 2013/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

途中挫折 『本の透視図』と、電子書籍

うーむ、気になるものをみつけた。

『ヒヤマケンタロウの妊娠』っちゅーマンガ。

裏の紹介をみたが、たぶん内容は妊娠や出産によって
働く上で、どういうことが起こるかっちゅー話っぽい。

一種のフェミマンガくさいな。

はっきりいって、腐人にとっては、
そこんとこはどーでもいい。

だって、その働く上での不利益がイヤなら
生まなきゃいいだけじゃん。
でもセックスはしたいんだーったら、
パイプカットなり、ランカンケッサツして、
好きなだけやりゃいい。

そんだけの話だろ。


が、気になるのだ!!

なにがって?

そりゃ、ドコに孕んで、
ドコから生むのかってことがーっ!!!

ま、たぶんそこんとこは
ごにょごにょごまかしてあるんだろうと推測する。
っつか、真面目に書いてあっても、
「ありえねー」で終わるからね。

個人的には男が孕むってのは楽しくていいなぁと思うが、
冷徹にいえば、
ブタの子宮なりを利用するとかの人工子宮研究すすめるほうが、
妊娠出産による母体となる人が蒙る不利益を相殺するって点では
いいんだろう。

ま、それが胎児にとっていいかどうかは別の話。

ただ、妊娠してても、タバコや酒、薬をやるよーな母体だったり、
多胎児だった場合は、
母体内環境が悪影響を与える可能性は否定できない…。


…って、こんな視点でこのマンガ読むヤツなんて、
ほとんどおらんのだろなー。

機会があったら、読んでみます。



そういえば、ちょいと前、
『本の透視図 その過去と未来』という本に
手を出してみた。

が、その過去が、グーテンベルグどころじゃない話で。

いやいや、そこからじゃなくって!
っちゅーか、腐人が欲しいのは、
ビジネスとしての本の未来論。

アナタの過去にはこだわらないわ。
でも、ワタシのこれからは、
アナタの未来にかかっているのよーっ!!!

ってことで、
あ、こりゃちゃうわ…と早々に気付いたので、
ざーっとした拾い読みに終わった。

なので、はっきりいって
腐人がこの本を理解したとは到底いえない。

しかし、あ、やっぱりそうなんだ、と思ったところがある。

この本の著者である菅原孝雄さんは、
本のプロである編集者でいらっしゃるのだが、
インターネット黎明期に携わったことがある、
要するに、デジタルの知識もお持ちの方。

その菅原さんが、電子書籍をみたとき、
これが本の延長線上にあるものか?という問いに対しては、
NO、別のものだ、という答えになるという。

そう…、腐人もずーっと、なんか違和感があるのだ。
電子書籍を「本」と呼ぶことに。

内包する性質が、違う気がするの。

印刷された瞬間からどれだけ時間がたとうがそこにある限り読め、
かつ、変わることがない印刷物の本と。

手を入れようと思えば、いつまでもいじれる、
つまり永遠に完成することがなく、
かつ、ハードが変われば読めなくなるかもしれない電子書籍と。


なんだろな…なんかあともうちょっとで、
キーになるものがみつかりそうなんだがな。

腐人は途中放棄しましたが、本というものを体系的に学ぶには、
非常によくまとまってる本だと思うので、
書誌データを紹介しときますんで、
ご興味ある方はどうぞ。

菅原孝雄 『本の透視図 ―その過去と未来』 国書刊行会
スポンサーサイト
[ 2013/01/26 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。