或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年03月 ]
02 | 2013/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『加害者臨床』について

この本は、いわゆる事件の「加害者」について、
研究者や家裁の調査官、児童相談所、弁護士、
その他関係各所の方が論じた小論文集、
とでも言えばいいのかなぁ?

それぞれがそれぞれの立場で論じてるので、
腐人としては、その見方、書き方、感じ方の違いが
ものすごくおもろかった。

って、あんたがみてんの、加害者やのうて、書き手かい!

ま、その傾向が顕著にあることは否定しません。

だって、その人が、いったい何と向き合ってるのか、
それによって、全然文章が違うんですよ。
それがすごくおもろくて。

例えば、学者先生の場合は、
統計数字や世界のシステムとの違いがどーたこーたと、
大局的な見地からの話になるので、
全く「個」がみえてこない。

なので、読んでるこっちとしても、
多数の傾向はとらえられても、個々の事情は棚上げだ。

まさに高級官僚のお仕事もこんな感じなんでしょね。


一方、現場で、個々の加害者とむきあってる調査官や弁護士、
児童相談所やカウンセリングセンターの方などは、
事例の一つ一つからみえてくるものについて書かれる。

そのため、それぞれの立場によっての論となってしまう。

だからもし、この本が、調査官だけ、弁護士だけの本だったら、
ものすごく偏ったものになったような気がするが、
書き手が多岐にわたっているため、
大局的見地のものもあれば、局地的見地のものもあり、
非常におもしろく興味深い内容となっている。

それぞれがそう長くもない論文ってのもいい。

広く浅く、加害者についての知識を得た後、
自分が更に専門的に掘り下げたいところをみつけるという、
入門書的なものなのかもしれない。

ま、これは腐人が勝手に思ってるだけの話。

ってのも、本文中によくでてくるんだが、
「この書籍の主要な読者は心理学関係者」らしい。

え?そうなの?

腐人はタイトルと章立てみて、おもろそーと思った、
興味本位だけの読者なんで。

すんませんねぇ、想定外が読んで。


で、読み終えての感想ですが。

上記のように、この本はいろんな立場の書き手がいる。
共通してるのは、加害者に関係する、というだけ。

にもかかわらず、1つ、ものすごく共通してみかけた言葉がある。

それは、「加害者の被害者意識の強さ」だ。

いわゆる非行少年、虐待者、DV加害者、ハラスメント加害者、いじめっ子など、
本書には、いろんな「加害者」がいるのだが、
どんな加害者であれ、対峙して話をきくと、
「自分は被害者だ」的意識をすごく感じられるらしい。

それが、そもそも心の根底にあるので、
加害者たちは、自分がやったことについてなかなか認識できず、
いわゆる量刑にむすびつく「反省」や「謝罪」がでてこないがゆえに、
マスコミによって、
「こんな事件をおこしたのに反省すらしないモンスター」とされる…
とゆー感じのね、
そういう記述を、各所でよくみかけた。

特に、発達障害の場合、
一般社会が感じてることと、当事者の感覚の乖離が激しいがゆえに、
検察にも理解してもらえず、重い量刑が下ることもある。

有名なとこでは、先日でた大阪の事件。

なるほどねぇ。

こないだのアレもそうじゃないのかなと
腐人は勝手ににらんでるが。
そーいやアレ、報道がぴたっと止まったな…。



ただ、すごーく率直なところをいえば、だ。

前も書いた気がするが、
加害者になるかどうかってのは、自分の意思、選択だろう。
結婚や出産と同じく。

それは、自分の意思や選択ではどうすることもできない
生老病死とは違う。

と思えば、腐人は、加害者を更生させる意味がわからない。

ま、これは腐人が、
「人類とは、地球上で最低最悪最凶の害獣で、
 とっとと一匹残らず駆除されたほうがいい動物である」
というスタンスだってことも関係してるとは思う。

でも、だ。

前に書いた気がするが、
被害者が生きたいと思ってたのに
加害者によって、生きる権利を奪われたならば、
加害者を同じ目にあわせて何が悪いの?と思うのだ。

そりゃ冤罪はあかんで。

でも、加害者が正しく加害者であるならば、
被害者が奪われた権利と同じものを、
加害者から奪うべきじゃないのかなぁ。

ここで加害者の更生と言われると、
死人に口なしってこと?
死んでしまった人は、なにやっても生き返らないしねってこと?
結局は、生きてる人間のことしか考えてないってこと?
とか思っちゃうんだよな。


ただ、だ。

腐人がこの本をよんで、へーと思ったものの一つに、
刑罰の逆進性、ってのがある。

逆進性という言葉は、消費税でよく使われるが、
要するに、恵まれた人と恵まれない人とを比べると、
恵まれない人に重い負荷がかかる状態のこと。

富裕層にとって、消費税が5%から10%になろうが、
罰金が10万から50万になろうが、大した話じゃないからポンと払って終わるが、
貧困層にとっては、消費税が1%でもUPしようものなら、重たい負担となり、
10万はもちろん50万なんて罰金は到底払えず、
労役場留置となって刑務所に収容される、
そういうこと。

よく負の連鎖とかもいいますが、
結局、恵まれた人はより恵まれて、
恵まれない人はより恵まれない状態になる。

だからか、受刑者の職業やIQといったものを調べると、
無職や、知的障害の基準とされるIQ70以下の比率が高い(ある統計では約25%)。

また、虐待者やDVやハラスメントの加害者は、
自分の生育環境の影響が強い…ってなのをみると、
じゃぁ、結局、一番あかんのは、
親になる資格がないようなんが子供つくるんが悪いんちゃうん?
ってな気になってくる。

いや、でも、本書の中にもあるが、
そういう生育環境だからといって、皆が皆、
加害者になるわけでもないのだ。


そんでもって、
羅川真里茂さんの『朝がまたくるから』にあったような、
加害者になることを選択した理由が理解できるものならば、
また、発達障害や精神疾患という理由があるものならば、
どう対峙すればいいんだか。

いやー…これ、正解ないでしょ、って気になる。


そういえばこの「犯罪の理由」だが、
腐人自身が裁判に関係した経験からしても、
裁判とは罰を決めるところであって、真相を解明するとこじゃない、
のはわかっている。

でも、それがなんでかってのはいまひとつよくわかってなかったんだが、
刑事裁判の弁護士さんが書かれたものに、
弁護士さんが加害者をどのような視点でみているか、
ってことを書いたものがあり、
なるほど!こういうことだったのか!と目からうろこがポロポロ落ちた。

要するに、今の日本の法廷ってのは、
「治療的司法」でもなければ「問題解決型裁判所」でもない。

動機や被告人がどういう人でどう思って行動したのか、などは全く重要視されず、
「相対的応報刑」、つまりやったこととその結果に対して、相応の罰を下す、
それを目的にしている。

もっと言えば、
行為主義(客観主義)と行為者主義(主観主義)ってのがあるそうで、
今の日本は行為主義を原則としつつ、その範囲内で行為者の特性を考慮する、
っちゅースタンスらしい。

詳しく知りたい人は、本書を読むか、刑法理論をご自身で調べてくだされ。


で、これがですな、裁判員裁判によって変化したというのだ。

裁判官に検察官に弁護士っちゅー、
法の専門家同士の討論が裁判だった頃では、
皆、この前提を知ってるから、
「これこれこういうことをしてこういう結果になったんで、
 んじゃ、量刑こんくらいでどや」
「でも、被告人には、こういう事情があるから」
「じゃ、こんくらいは?」
って話だった。

でも、裁判員裁判の場合、素人さんですから、
そんな法の理論なんぞ知らぬ。

なので、「どうしてそんなことをしたの?」が気になるのだ。

その結果、それがわかれば、比較的量刑が軽くでて、
逆に裁判員に理解できる形でそれを示せなければ、
量刑が重く出る傾向があるという。

へー。


…いかん、この調子でやっとると、延々おわらない気がしてきた。

だって、どの論文もおもろいんだもん!
腐人の興味を惹きまくりなのだ。


なので。
以下、読んでて、ほっほーと思ったとこだけを
自分用アーカイブにまとめることにする。

興味ある方は、本書読んでね♪
こないだのドイツの刑法本よかずっと読みやすくておもろいです。


●いじめ

日本では、「いじめられた子」へのカウンセリングが中心だが、
むしろ「いじめる子」の精神的問題が元凶。

よって、アメリカでは、いじめ加害者に対する教育的カウンセリングを
システム化していて、
『なぜいじめられるのか』から『なぜいじめるのか』を問うべき。

「教室は たとえて言えば 地雷原」


→発達障害のある非行少年への対応が応用できるんでは?
 (この少年らへの対応は、ものすごく細心の注意を払ったものになるので、
  かなり割愛して、一般に転用できるものだけ書いてます。
  ご興味ある方は本書をどうぞ)

「もう二度としません」を誓わせるのではなく、
自分の行動の結果を考える練習に繋がる指導が必要。

「またやった場合と、もうしなくなった場合を比べて、
 自分と周囲との人間関係がどう違うか考えてみよう」


本人との面談では、六法全書を活用し、
やったことが、加害行動、つまり犯罪であることを認識させる。

言い訳を連ねられても、理由のいかんに関係なく、
行為と結果で、処罰されるものだと教える。

口頭だけで指導するのではなく、説明のメモをとり、
それや六法のコピーを渡す。

なくしても、ここにあなたに説明したという原本があるからね、と。


●法がらみ

民事裁判→原告と被告
刑事裁判→検察と被告人

逮捕→送検後、起訴がきまるまで→被疑者
起訴後→被告人
有罪確定→犯人

民事→法廷開催の日を「弁論期日」
刑事→〃 「公判期日」

刑事弁護人の職務は、冤罪の防止。そこに「量刑」を加える人もいる。

自白事件→罪をあらかじめ認めてる事件
否認事件→事実や法律論を争う事件

治療的司法
→当事者主義、弾劾主義型に代わる新しいモデル。
犯罪者の抱える問題や犯罪の背後にあるものを解決することで
社会安定をめざす

例:薬物、DV、虐待、脱依存

アインシュタイン
「問題をつくりだしたときと同じ考え方では
 その問題を解決することはできない」


●その他(腐人の興味をひいたもの)

IQ統計
80~89以下が7割だが、
110から119、120以上、テスト不能という層が5%ぐらいある。
テスト不能って何!?

満期釈放受刑者の帰住先は年々「その他」が増加し、
配偶者が減っている。

DV加害者更生プログラムで、
「暴力目撃が子供にあたえる影響」で、
母親が暴行をうけてるときの子供の表情のビデオをみせたあと
加害者たちに討論させると、
たいてい「子供としての自分の被害について語る」で終わる。


なんかもっといっぱいひっかかったものがあった気がするが、
まぁ、こんくらいでやめとこう。

この問題の難しさ、複雑さ、
それでもなんとかしようと頑張っている現場。

そういうもんが感じ取れる1冊でした。

(285)一般本 『加害者臨床』 廣井亮一
スポンサーサイト
[ 2013/03/31 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

反撃の身体

オステに行ったら
「何かありました?
 ガッチガチですよ?」
と言われる。

思い当たるものは、ここしばらく仕事がぱっつんぱっつんで、
未だ解決できてないことぐらいだが、
先月に比べればまだマシ。

となれば、この今は何月なんだ!といいたくなるような
気温変動か。

きいてみると、こういう季節の変わり目ってのは、
身体がうまく反応できずに、硬くなることがあるらしい。


いつも先生から施術中に
「はい、力、抜いてー」
「自分で曲げないでー」
といわれるんだが、今日はその頻度がむちゃくちゃ多く、
かなり大変そうであった。

っても、腐人にしてみれば
力を入れてるつもりも曲げてるつもりも全くない。

ただ、無自覚に、身体がその形で固まってるだけなのだ。

なので、腐人が一生懸命力を抜き、
なんとか先生が腕をまわそうとしても、
背中が丸く固まってるので、うまく動かない。

ならば、腕を動かすためには、
まず腰から治して、背中いって・・・となって、
かなりみっちりガチガチの身体をほぐしてもらったらば。

見事に、もみ返しがきた・・・。


電車の中では、BLを読んでたので起きてられたのだが、
巣に戻って、空腹を満たした瞬間から、
急に眠気に襲われ、バタンきゅう・・・

で、起きたら、夜だった・・・。

いかん、今日は、オステのあと、
アレとコレとソレをやろうと思っていたのに!

そっから慌てて徘徊を始めたが、
スタートの遅れが響きまくり、現在もまだソレ継続中・・・。


まー腐人は、昔から、計画とか予定通りに動けない子だからさー。

どうせその通りにならんのならと、
計画とか予定って立てなくなって、
手帳も持たなくなって、
いつも思いつくまま気の向くままに動くから、
締め切り忘れて、後でキュウキュウなるんだ・・・。

そうか、これがすべての原因か!

これはもう、死なない限り治らんだろう。うん。
   ↑
  っつか、治す気がないだろ、腐人。



それにしても、腐人は月に1度のペースで診てもらってるんだが、
今度は、先生の都合と腐人の都合とカレンダーの都合があわず、
かなり間があくことになってしまった。

途中でおかしくなったら来ます、とはいったものの、
ここは予約過多で、1ヶ月先だって簡単に埋まるところ。

まー不自由あっても我慢するしかないかな、と思っていたら、
先生が、すごーくな不安げな感じで言った。

「かなり間があきますから、
 ちゃんと身体動かしてくださいね!
 じゃないと、次きたとき、
 ガチガチに固まっちゃいますからね」


・・・善処はして、みたいと、おもい、ます・・・(;一_一)
[ 2013/03/30 ] 健康&読書録 | TB(-) | CM(-)

モノのお値段

今日もバタ子さん。
いつになったら、ナマケモノに進化できるのか・・・(-_-;)。


何度もゆーとるが、
腐人のテリトリーには桜の名所があるので、
腐人は桜も花見客も大嫌いだ。

テポ●ン、ウェルカム。
銃乱射、ぜひぜひやって!
っちゅーぐらい、殲滅したくてたまらない。

だってさー、
花見が始まって、かれこれ1週間以上になるが、
数日前から、花見客の残飯に、
ハシブトカラスが群れだし、
ハエが発生してぶんぶんいいはじめ、
鼻がひんまがりそうな悪臭と汚水が垂れ流し状態になってんだぜ?

ちょっとー!岡山の猟師さん!
猟銃もってやってきてくんない?

カラスも撃ち放題、
四足も撃ち放題よ

・・・といいたくなってもしゃーないじゃん!

でもま、そんな極悪化の一途をたどる腐人の溜飲をさげてくれることを
やってくれたところがあった。

この桜の名所には、車でやってくる人も多くいる。

そのため、この時期は渋滞もすごいが、
駐車場も争奪戦がすごい。

そんな中、ある駐車場が、桜の開花ニュースとともに、
コソコソと作業をしていた。

それは、料金表の張替え。

それまでは夜間など一定額で停め放題だったのだが、
期間限定で、30分1000円。

わはははは、ボリまくりー♪

いっそのこと、
10分1000円とか、30分10000円とったれ~

っつーか、花見客限定で、
電車賃も初乗り1000円ぐらいやっちまえ!

いや、いっそのこと、このエリアに足を踏み入れる花見客から、
一人1万ぐらい徴収してもいいんでねぇか


ま、それはともかく。

せこいんだか、間に合わなかったんだか知りませんが、
その料金表の張替えは、闇夜だとライトが当たらないので
よくよくみないと見えづらい。

なので、今日も、
それに気づいてんだか、気づいてないんだかわからん車が
次から次へと吸い込まれていく。

ケケケケケ・・・
やさぐれ気分には、いいつまみじゃ(--〆)
[ 2013/03/29 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

1食かえして・・・

今日はかなりバタバタしていて、
夕方になってようやくメシを喰う時間ができた。

もうへろへろだったので、
「今日は、××の●●を喰うぞー!!!」
とゆー一念だけで、ふらふらしながら店に向かったのだが。

そこにあったのは、「支度中」でも「営業中」でもない
「本日、貸切」っちゅー無情な看板・・・orz

マジですか・・・(T_T)


もうこれ以上歩けねぇっちゅーか、
気力だけできたってのに、ひどすぎる!!

ううううう・・・(/_;)

とりあえずどこかに入って何か喰わねば行き倒れそうだったんだが、
つい、
「あ、今日は×曜日だから、**にいったらポイント倍だ」
とか思い出しちゃって、
ヨロヨロしながら、**に向かう。

したら、そんな時間だったから、
もう帰宅飲みに入ってるオヤジーズに席は占領され、
「空いてるのは立ち席だけです」。

・・・いいよ、もう喰えたら。

で、頼もうとしてメニューをみたら、
いつもはランチでくるのでお得なバリューメニューなんだが、
時間はもう飲みタイム。

つまみしかねぇじゃんよー!!!!

うううう・・・腐人は飲めない人なんだ・・・(ToT)


でももう入っちゃったし、水飲んじゃったし。
つまみの中から、腹にたまりそうなもんを頼むが、
超不本意・・・(-_-)。

まわりの酔っ払いはうるせーしよ

ばくばくばくっと喰って、さっさと店を後にしたはいいが、
腹は膨れていない。

うーん・・・なんかどかっとくるもんが食べたいんだよな・・・
ってことで、目についたラーメン屋に入り、
とりあえず大外れはしなかろうな、しょうゆを頼む。

しばし待つこと数分で、
しょうゆラーメンがでてきたのだが。


そこにはブタの背脂がどっちゃりこんと盛られていた・・・。


腐人はー!!!
脂がー!!!!
でぇっっっっっっっっきれぇなんだよー!!!!


なので、チャーシューは絶対に喰いません。

ううううう・・・(/_;)

えいっえいっとお箸で脂を向こうへやりながら、
ちゅるちゅると麺だけすする。

なんか、なんか、なんちゅーたらええんじゃ、この心境・・・。
心に、冬の嵐が吹きすさぶ・・・

腐人が何をしたとゆーの?
っつーか、今日はいったいどこから間違ってたんだ?

なんかなんかなんか・・・
あと死ぬまで何食喰えるかわからんのに、
1食かえしてよーっ!!!!!←誰にゆーてんねん・・・
[ 2013/03/28 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

300億があったったら~♪

腐人も仕事をやめるかなぁ?

アメリカにて、家族で惣菜屋さんを営むドミニカ移民の方が、
3億3800万ドル(約318億円)の宝くじをあてたそうで。

これからの予定は未定だが、家族ともども、もう仕事はしないという。

ふーん、そうなのか。
ま、普通に考えたら、一生余裕ですごせる額だもんな。

でも、こーゆーあぶく銭ってのは、
身を持ち崩すことが多いときくし、
ちょい前に、高額をあてた人は毒殺死体でみつかった。

それに生活ってのは、
浪費方向に広げるのは、すごく簡単で、すぐに慣れる。

でも、残金がなくなってきたからといって、
縮小・節約方向へ切り替えるのは、なかなか難しいのが定石だ。

それを思えば、細々とでも働くって感覚を失わないように
働き続けてたほうがいいのかなぁ?

でもまーこーゆー考え方ってのは、
生まれながらにして高等遊民生活を送ってる人は、
理解しがたい考えかもなー。

『ジーヴス』シリーズのバーティなんて、まさにそんな感じ。

残念ながら腐人は宝くじにもあたらんし(っつかそれ以前に買わないし)、
遊んで暮らせるほど裕福でもない。

ただ、夢想するぐらいはよかろう、と思い、
もし318億円があたったら、を考えてみた。

たぶん・・・ただマンガとBLを買う量が増えるだけな気がする・・・。
で、ひきこもって読みまくり。
単なるニート人口が一人増えるだけだな、こりゃ。

だってさー。
車はいらんっちゅーか、
もし腐人が乗ったら、周囲が恐怖のどん底になるだけで、
それよかダーリンをメンテナンスしてやれよ・・・って感じだし。

家は買うもんじゃないと思ってるし。

服はユニ●ロで十分だし。

あーフォトフェイシャルはしたいかな。
しみシワたるみが気になるお年頃だもん。
でも、予約とってでかけるのが面倒くさい・・・(;一_一)

あと、外食回数?
でもなーこれもなー、旨いものは喰いたいが、
でかけるのが面倒なんだよな・・・。

同じ理由で、旅行もパス。

そんな旅行なんかにいってる間に、
新刊の早売りがでちゃったらどーすんのよ!
そっちゲットの方が重要だろう!!
      ↑
    人によるかと・・・

おかしい。
なんか全然夢が広がらない。

買おうかどうしようか迷ってた本を迷わず買う、
ぐらいのレベルアップしかねぇじゃねぇか、これ・・・。


あ。
そうか。

いっそのこと、BL出版社を買い上げて、
自分の読みたいやつを書かせまくるっての、いーかもー♪

したら、放置プレイされまくりのアレやらコレやらソレやらの新作を
がんがん書かせるのにー!!!

でも、会社経営はヤだな・・・面倒くさい・・・。←そればっかやん!


ま、なにはともあれ、こーゆーのってなぁ、
当たったことも、その後のことも黙ってる人が一番偉いんだよな。

名前も住まいもばっちり報道されちゃったから、
間違いなく難しいだろうが、
ご家族皆様、平穏無事な日々を送れたらいいですね。
[ 2013/03/27 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『アメリカが暴発する!』と『50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?』

あー・・・やっと読めた・・・(-_-;)

先にカウント。

(276)一般本 『アメリカが暴発する!大恐慌か超インフレだ』 ピーター・シフ、渡辺博文、朝倉慶
  続くサブタイトルが、「資産を守り、国家破綻を防ぐ方法」。

(277)一般本 『50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?』 林総

  続くサブタイトルが、「読むだけで「儲かる会社の秘訣」がわかる本!」。


性質が全然違う本だから、まとめて論は無理だな。
1コっつやるか。


●『アメリカが暴発する!大恐慌か超インフレだ』 ピーター・シフ

たぶん、だが、このシフさんちゅーのは、リバタリアンだと思う。

この辺、腐人は町山智浩さんの著作で得た知識しかないので、
たぶん、の範疇を超えないが、ゆってることからしても間違いないかと思うけど
腐人は専門家じゃないんで、詳しく知りたい方は自分で調べてね♪


ものすごーく大雑把にリバタリアンとはどーゆー人かといえばだ、
人生すべては自己責任、っちゅー感じでしょうか。

腐人もどっちかっちゅーと、この傾向があるので、
ゆーとることはわからんでもない。

だが、それに賛同できるかったら、話は別。

どーゆー内容かは、章立てみたら、なんとなくはわかるかな。

第1章 アメリカを取り巻く経済状況とその行方
第2章 政府が諸悪の根源
第3章 雇用を改善するために政府は何もすべきでない
第4章 金融業界の規制をなくすのが唯一の方法
第5章 健全なマネーは金本位制に戻る
第6章 まずは所得税を廃止する
第7章 あまりにも保守的な年金と健康保険を廃止する
第8章 政府は高等教育の現場から撤退せよ
第9章 オバマの健康保険を止めるのは単なる始まりにすぎない
第10章 政府には政府の役割に専念させる
第11章 アメリカはすでに破産しているのに、いつ認めるのか
第12章 大崩壊に備えての投資戦略


まーなんというかですね、
国、というものの役割を思いっきり小さくして、
その運営にかかる費用(=税金で徴収する金)も思いっきり小さくする。

で、これまで納税という形でお金を渡して、国が再配布したり、
国が保証してくれた預金や健康保険や年金や高等教育を、
全部、自己責任で、どこにどうお金を投資するかをやらせるべきだ、
みたいな感じかなぁ。


日本もそうだが、政治家も高級官僚も、使えるお金がいくらしかないか、
ってことは、頭にない。
おかしなことに。

自分の家で金握ってるおかあちゃんにきいたらわかるやんねぇ。

給料より高いんやけど、コレ、欲しいねん、買うてええ?って。

アホか!の一言で一蹴されるやろ。

なんでせやのに、国家予算ではあんなむちゃくちゃをするのか。
それは腐人も素朴に疑問。


まー、彼らの頭にあるのは、
次の選挙の票であり、自分の評価であり、利権なんだろね。

なので、借りた金をどうやって返済して完済にするか、
なんて考えることなく、
ただただ自分の評価が悪くならないように、
他人から嫌われたりしないように、じゃぶじゃぶお金を使い、
実のところ、こども銀行と同じぐらいの裏づけしかない、紙幣という紙切れを
じゃんじゃか印刷して、くばりまくるんだろう。

そこらを指摘しているんだろうと思われるあたりは、
腐人はマクロ経済知識がないので、ちゃんとは理解できてないが、
なんとなーく納得できる。

でもって、
この借りた金をどう返すのかって?
裏づけのない金の保証を求められたらどうすりゃいいのかって?
そんなの、未来の誰かが考えりゃいいのさー♪
っちゅーてやっとるんだろうってとこも、
なんとなーく納得できる。

そうやって、返すあてのない金を借りて、
下に急流がある崖っぷちから、思いっきりせり出しながら
どんどんどんどん大きな建物をたてて、
ほーらこんな大きな建物ができましたよ?ピカピカでちゅよ?立派でちょ?
っちゅーてんのが、
今の日本とアメリカなんだろう。

いつ、どっちが先に落ちるかなーとは、
腐人もいつも思ってることだ。

と、この辺はね、わかるのよ。
危ないという分析は。


たださ、じゃぁどうすればいいか、のところでね、
ゆってることが、ちょっとそれは難しすぎるだろ、と思うんだよな。

腐人がよく叫ぶ、人類すべての男を去勢しろー!
それで今、地球上で生じてる問題の8割が片付くー!
っちゅーのと、同じレベルな感じ。

それは正しいんだろうが、できないよ、ってやつですな。


というのも、なんでもそうだが、
いっぺん全部をつぶして、ゼロから新しいものを建てるより、
実際に今暮らしながら、その場所をリノベーションするほうが、
大変なのだ。

そして、一度、飴の味を覚えた子供から、
飴をとりあげるのは、大変な苦労を伴う。

ここでやれ、とあることは、
もし、それができるとするならば、
地球全部が焦土となるような戦争があるか、
ちょいと離れた某国のような独裁者が全権力を握るか、
もうちょいお手柔らかにするにしたって、
「弱き者は死ね」と言い放てる政治家と高級官僚が勢ぞろいする必要がある。

でもって、それやった後、民衆に殺されないっちゅー保証もアリで。


そーゆー意味ではね、言語の壁、文化の壁はあるけれど、
本文中に州の例であったように、
「私はこういう仕組みの国です」「ボクはこうです」
と各国がやって、
「じゃぁ、私の国の民になりたいひとー!こっちきてくださいー」
「じゃぁ、ボクの国の民になりたいひとー!そっち集まってくださいー」
なんちゅーことができりゃ、
自己責任の国、国家全責任の国とつくって、
それぞれ自分の主義にあう国の国民になれば・・・
って道が一番実現の可能性が高い気がするなぁ。

いや、でも、これも絵空事っちゅーか、『キノの旅』だな。

ってのも、現実はもうどうしようもないほど
世界が繋がってしまっているからだ。

今のキプロスショックみててもわかるように、
あんな小さな国の出来事が、全世界に波及するほど、
「ブラジルでの蝶の羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こす」
という状態に、世界全部がなってしまってるから、
そもそもがもう「私は私、他はしらん」といえなくなっている。

そゆこと考えるとさ、
この本の冒頭にあるアメリカの状況が、
今の日本とむちゃくちゃ酷似してて
アベノミクスは大丈夫なのか(~_~)??と思ってしまったが、
世界のどこにも逃げ場なし・・・なんだよなー・・・。



どーでもいいが、腐人はリバタリアンってのは、
自負心が強い人がなりやすいのかな?と思っていた。

どーゆー状況であれ、
自分だけは、生き残る能力があると思ってる人というか。

しかし、こないだの大統領選挙で、
現在、失業中だが、リバタリアンなので、オバマケアに反対
っちゅー人がいて、
腐人は、その価値観が全く理解不能だったのだ。

そんな弱者の立場なら、オバマケア大歓迎じゃないの?って思ったの。

で、この話を、血族にしたところ、
「おそろしー。
 その人は、自分が周囲の人たちから、
 助けをうけて生きてる自覚がないんだよ」
といわれ、目から鱗がポロポロ落ちた。

なるほどー、そーゆー人もリバタリアンなんだ。

でも、本当にリバタリアンが提唱する社会になったとしたら、
そーゆー人たちは生きられないと思うんだがな。



●『50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?』

そんな殺伐とした世界の話とくらべれば、
こっちはとても小さな世界の話だな。

このタイトルの答えは、当然、本書の中にでてくるんだが、
腐人としては、ちと疑問。

だってさ、
50円のコスト削減はええよ。
これは単純に利益が50円増えるってわかるから。

でも、これまで100円で売ってたもの、まったくそのままに
値札だけつけかえて200円とする「100円の値上げ」と、
原価がUPしたから100円で売ってたけど200円にする「100円の値上げ」とでは、
話が違うじゃん。

前者の場合は、ただただ利益が100円増えるし、
後者の場合は、100円-UPした原価が利益になる。

その前提をナイショのままで、これだけ言われても答えられへん、
が、腐人の答えなんだがな。

ただまー、利益をあげるためにどうすればいいか、
ってポイントは、そうだろな、という話なので、
そーゆー点では参考になるかもしれない。


が、これとは別に、最近思うことが2つある。

1つはなんでキャッシュベースじゃなくて、
帳簿にあわせて税金とられるんだろ、ってこと。

掛けは掛けであって、必ずしも集金できると限らんじゃん!
なのに、どーして帳簿で税金とられるのか、納得できーん!
今、このときのキャッシュにだけ税金かけてくれ!
とか思うんだが、税理士に言うと鼻で笑われる・・・。

そりゃさー、掛けの未回収は未回収んときに帳簿で処理されるし、
この日にもう全部清算しちゃって、
冷蔵庫の中にあるフォアグラを帳簿と同じ価格で売却すれば、
確かに帳簿のゆーとーりなんかもしれんけどさ。

でも現実はちゃうやん。
そんな値段でひきとってもらえるかっての!なぁ?

だからさー、なんかこれが、理不尽極まりない気がするのー!!!

いっそのこと、国民であることに月1万円、
道路を使用するごとに1回1000円、
とかなってるほうが、なんか納得ができる・・・。

ああ、いかん、腐人もリバタリアン化してきたぞ。


もう1つ思うことは、虚業と実業の儲けの違いだ。

儲けだけでみれば、実業よりも虚業のが圧倒的に儲かる。

あ、実業ってのは、いわゆる対価を払うことで、
リアルに物品を手にできるビジネス、といえばいいのかな。

対する虚業は、それによってなんかを得た気になるけど、
実際に手にできるものはないもの。

わかりやすく言えば、
食品メーカーや自動車メーカーは実業で、
ソーシャルゲーム作ってるとことか金融は虚業。


この儲けの違いはなんでだったら、
実業は、リアルに物品があるがゆえに、人がたくさん関わるから、
人から人へ移るたびに儲けが減る。

そう、端的にいえば、関わる人数が多い商売は儲けが薄いのだ。

当たり前っちゃー当たり前。


ただ、経済ってもんを考えたとき、
それはお金が人と人との間を渡り歩いていくことだとすれば、
実業の在り様は、経済として正しい。


しかし、ただ自分が儲けることだけを考えた場合、
関わる人数を少なくすればするほど、自分の実入りがでかくなる。

ま、これも、あたりまえだわな。

もっといえば、目の前にいる人に、
ないものをあるように思わせて、いかに金をとるか、
それだけを突き詰めて考えればいいのだ。

でも、それってどうなんだろ。
良心が痛んだりしないんだろうか。

まーそれを無視できる人が儲けられる人っちゃーそうなんだろう。

ってな話を血族にしたら、
「なんかその虚業の在り様って、宗教みたい」
といわれた。

なるほどーそう捉えれば、
この自分の中にあるもやもや感も説明がつく。

腐人は信者じゃないんだな。


ちょっと(?)本の内容とずれてますね。

以下、本書に沿った要約。
自分用アーカイブも含めてなので、いつものことだが超不親切です。

詳しく知りたい方は、本書読んでねー


●バランススコアカードの4つの視点
・財務の視点
・業務プロセスの視点
・顧客の視点
・学習と成長の視点

●生産性の向上→デスタイムをなくす、ロスをださない

●在庫の回転率をあげる→在庫を寝かさない

●マーケティングの視野は広く

・・・アンケートの10点満点中9点の場合、
そのマイナス1点の理由をつきつめろっちゅーた社長さんがいたな。


でもって、そんだけがんばって儲けたとしても、
税金にもってかれるんはアホらしいと思う腐人は悪い子なんだろうか・・・。



とりあえず、以上。

しばらく経済・経営関係の本はいいわ。
ちょっと食傷・・・(ーー;)



そーいや、マンガの新刊チェックしてたら、
葉芝真己さんの『幸せはこんなカタチでやってくる』が、
ルチルから新装版ででるとあり、のけぞる。

マ、マジですか!?

いや、そりゃあれは名作だと思うけど、
前にも書いたが、ここ20年間ぐらいで出た話を新装版にする場合、
通信機器の変化があまりにも急速すぎて、そこの修正が大変だろうの、
まさにそれ。

どーすんだ?
っつか、どーなんの??

それにあれをやってたころは、
モニタも液晶じゃなくって、CRTディスプレイ。

あの、むちゃくちゃ物語のキーになるアレは、どう処理されるんだ??
書き下ろしもあるとかゆーし・・・ひどいわっ!嬉しいけど!
でも、持ってるんだよな、一番初めの版・・・。


そうそう!
もしこの先も新装版とかゆーならば!

個人的には、ぜひ!
『遠距離恋愛の孤独』をば!!
よろしくお願いいたしたい!!

でもって、これは続きが読みてぇっ!!!!ので、
そっちもぜひぜひお願いします m(__)m

腐人の中では、
遠距離恋愛をいいことに、当て馬がでてきて、
よろめきの昼メロが、勝手に妄想されたまま、××年なのよー!!!
※腐人はこれについては珍しく雑誌掲載の読者です・・・。

よろしく!葉芝さん、ルチルさん!!

っても、これは権利処理関係で、もうちとかかるかな~?
[ 2013/03/26 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

旨いもの いろいろ

昨日は、いい加減に読まねば本を読んでたら、
寝落ちしていた。

よって、完読本がゼロなので、読書録はなし。
あら、そしたらカテゴリが間違いだわね。

・・・ま、いっか。


ってことで、今日はまったりと、
最近喰った、うまいもんいろいろ話をば。


●太宰府 梅が枝もち

こりゃ、なんちゅーたらええんでしょうなぁ。

焼き饅頭じゃないし、
平べちゃい焼き大福ってのが一番しっくりくんのかな?

お土産でいただいたのだが、
この梅が枝もちってのは、
太宰府天満宮の近所で、各店がしのぎを削っているものらしい。

へー。

その中でもここがイチオシなんです!っちゅーていただいたのが、
甘木屋さんの梅が枝もち。

他と食べ比べができないので、単品評価となりますが、
朝一番の焼きたてのホカホカを、
わざわざ買って帰ってきてくださっただけあって、うまい!


最近、ババア進化が激しくなり、
餅を食うと、のどに詰まらせ、
風呂に入ると、風呂桶が跨げず足をぶつける腐人にとって、
このパリパリな餅は、すっげー食感がいい。

あんこもたっぷり入ってるわりに、
「甘っ!」っちゅー感じがないので、
2つは軽いが、デブるので我慢。

ちょいと濃い目にいれた緑茶とかコーヒーとあわせると、
小腹がすいたときとか、
今からがんばらんといかん!ってときのエネルギー補給にすごくいい。

冷凍してたら長期保存もできますんで、
ってのもありがたい話だが、
その前に食い尽くしてしまいそうだ・・・。



●蜂楽饅頭

こちらも九州では、すごく有名なお饅頭なんだそうで。

見た目は、いわゆる大判焼きなんですけど、
中のあんこが超美味!!!

特に白あんが、むちゃくちゃ旨い!!

なにこの甘いのに甘ったるくない甘み・・・
と思ったら、蜂蜜をつかっておられるんだそうで。
へー・・・。

あ、だからこーゆー名前なのか。←もっとはよ気づけ!

好きなあんこの順番を述べよと言われれば、
「つぶあん、こしあん、白あん」なんですが、
この饅頭に関しては、
「白あん、ちょーだい!」。

こちらも冷凍したら長期保存できますよ、で、
チンにしたら、ほわんとしたやわらかい感じに、
オーブンで焼くと、外はパリパリ、中ねっとり、
って感じになります。


どーでもいいが、このお土産をくれたご一家は、
皆さん甘いもの好きで、
これらのお饅頭を日常、バクバクお食べになるとゆーのだが、
皆、そろいもそろって細い!!!
なんでや!!!


腐人は食べたら、即、腹肉になって身につくっちゅーに、
なんでーっ!!この差はなにー!!!

ま、そこのご一家は、
毎朝早起きして皆さんでジョギングしてんですけどさ・・・(;一_一)

でも、旨いものは絶賛大募集中なので、
これからもヨロシク!



●わらび餅 決戦

血族が街にいったら、各地の有名なわらび餅をとりよせて、
販売してたらしい。

食べ比べよーぜーと、2つばかり買ってきた。

1つは、京都の文の助茶屋。
こだわりのわらび餅を販売してるお店ですが、
その中でも、通常のわらび餅と違う「笹包みわらびもち 祥緑」。

もう1つは、名前を伏せます。
いわゆる普通のわらび餅に、
きな粉と黒蜜をかけて食べるやつだった。

ま、こーゆー書き方したら、勝敗はわかりますわな(^_^;)。

だって、わらび餅自身が、もう全然違うんだもん。

腐人の中でのトップ・オブ・わらび餅は、
俵屋旅館の宿泊客だけが食べられる、本わらび餅。
あれは激旨だった。

っても、この文の助茶屋のもGood。

個人的には、もうちっと甘さ控えめでもいいかなー
って感じだが、
ニッキの風味と、のどごしのよさ、笹から移った香りなど、
さすが京都。

並べちゃうとね、なんかもう違いが歴然で。

上にかけたものの味で食べさせるのと、
餅自身の旨さで食べさせるのと、
ああ、こんなに違うんだなと思わされる。

でもまー、中には凝りすぎてイヤ!っちゅー人も
いらっしゃるかもしれぬ。

腐人は西から東にきたとき、
葛餅に対する考え方の差に、かなり衝撃をうけた。
さくら餅なんかもそーだよね。

なので、どーゆーものを食べてきたかで、
評価はコロリと変わると思いますが、
もし機会があれば、「笹包みわらびもち 祥緑」、
ぜひ試してみてください。

夏場の食欲がないようなときなんかも、
これだとつるんといけそうな気がする。

なかなかいいお値段ですが(^_^;)。


うむぅ、桜の金平糖の話ができなくなってしまった。

こいつについては、また今度。

花霞、腐人肥ゆる春・・・(/_;)
[ 2013/03/25 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

King of

いろいろBL読んでるが、受けの頂点にいるのは、
花郎藤子さんの『黒羽と鵙目』(以下、『クロモズ』に略)の
隆ちゃんだなぁと思う。

そら、カワイイ部門とか、乙女部門とか、女王様部門とか
そーゆー見方をすれば、異論があると思うけど、
なんつーか、そのいずれにも、どこか女性性っちゅーか、
女性の社会的役割を投影されてるよーなのがある気がすんだわ。

それはこのBLっちゅージャンルが、
女性による女性のための女性向け小説だからってのもあるだろう。

そんななかで、この『クロモズ』の隆ちゃんは異色で、
単なる「オトコマエの受け」とゆーだけでは片付けられないもんがある。

なんなんだろな、このかっこよさ。
受けなんだけど、微塵も女性性を感じるところがない。

腐人は花郎さんの著作は全部目をとおしているが、
どちらかというと、『クロモズ』以外の作品では、
攻めと受けの関係は、保護者と被保護者的なものが強く、
受けは、守られるべき存在として、
いわゆる女子供にみられる弱者傾向がでてた気がするのだ。

それが『クロモズ』では、
それは鳩子やマサル、祥といったとりまく人々であらわされ、
逆に隆ちゃんは彼らを守る人としての位置にいる。

でもそこに、別にママな匂いはないんだよなー。
信じて頼れる大人として、在る。

うーん、かっこええ。

隆ちゃんにないのは金だけな気がするが、
後ろにでっかい財布があるから、金がないともいえないか。

…でも、その金は怖すぎて使えんけど…。


よく、結局のところ、腐女子の萌えの原点は「関係性」なのだときく。

それでゆーと、この他のBLなら攻めでもおかしくない隆ちゃんを
恋人…いや、なんか違うぞ、この言葉…
伴侶としてる黒羽の存在のデカさが、このお話の萌えなのだろうか。

ってことは、攻めの頂点は斉彬…?

…なんだろう…、隆ちゃんをKing of 受けとするのは、
全く違和感を感じないんだが、
黒羽をKing of 攻めとするには、なんかなんか抵抗感があるー!!!

そう…黒羽は黒羽でも、斉彬じゃなくって、周次さんなら
全く異論なく「はい!」っていえるんだが、
なんか…斉彬には言いたくない…(;一_一)


だって、いろいろデカい人だとは思うけどさー、
隆ちゃんに対してやってることは、ほぼストーカー…。
ち、ちっせぇ…。

ま、このギャップがおもろいんだけど。

っつか、この話のおもしろさは、これだけじゃないよな。

話の巧さ、構成の妙、言葉遊びを含んだ筆の凄さ。
いくら言葉を重ねても、言い足りることはなく、
ホント言える言葉はただ一つ。

「おもろいから、読んで」だな。


ただ一つだけ、問題がある。

それは。
発刊が遅すぎるってことよーっ!!!!!


しくしくしくしく…(/_;)
あと、どれだけ耐えたら、この欲しがってるもんをくれますか?

まー、よくあるパターンでは、
「欲しいの…ちょうだい」とか言えばもらえるもんなので、
ここでも試しで言ってみよう。

「『クロモズ』の10巻が、はやく欲しいの。
 もう我慢できない…
 お願い…ここにちょうだい ヽ(^。^)」



(275)BL/花丸 『黒羽と鵙目 9』 花郎藤子

[ 2013/03/24 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

かちかち山のタヌキだよ・・・

本日も、ケツについた火がボーボーに燃え盛り中

桜が予定よりむちゃくちゃ早く咲いたため、
花見の準備が間に合わない!とゆってたのをみて、
「ケケケケ、ざまーみろ
とか、思ったから!?

これは天罰なの!?←いや、ただのサボりのツケ払いだろ。


そゆことで。
今日も、読書録のみ。


(270-272)マンガ 『放課後カルテ1-3』 日生マユ
  こーゆーのを読むと、底意地の悪い腐人は、
  養護教諭と校医の言葉遣いをチェックしてしまう。

  ※詳しく知りたい方は、「腐人日記 養護教諭」でググっていただくと
   どーゆーことかわかりますんで、そちらをお読みください。


  さすがに正しく使ってますな。

  こんなふうに常駐してくれるなんて、
  すげーありがたい話なんだが、
  ありがたみがわかられてない・・・。

  もし養護教諭だったら気胸んとき穿刺できねぇっての。
  
  前も書いた気がするが、
  腐人は昔、小児科にかかわったことがあるもんで、
  子供の容態変化がどんだけ急速で恐ろしいもんかを知っている。

  だからこんなふうに的確な処置を発見段階でやってもらえたら
  ものすごく助かるのに。
  なんで感謝がでてこない?

  本編中でもよくでてきたが、
  初期でみつかるか、そうでないかで、
  その後の治療方法もかかる金銭負担もえらい変わってくる。
  
  うーん・・・もし腐人がこの小学校に通わせる親なら、
  ラッキーとばかりに、使いまくってるかもしれないわ・・・←やめましょう


  ふむ。
  重病の子をもつ親とか家族の像かー・・・。

  以前、現代の医療では、どうやっても10歳以上生きられない
  先天的な遺伝子病をもった子の家族のドキュメンタリーをみたことがある。

  そのご夫婦の場合、その因子を持ってしまっているので、
  生まれてくる子供は、まず間違いなくその遺伝病をもって生まれる。

  もし腐人だったら、それが一人目でわかれば、
  二人目は絶対に生まないなと思うんですが、
  そこのご家族はそうじゃなかった。

  二人の子供は成長とともに病気が進行し、
  できなくなることが日々増えていく。

  そんな状況の中、ご家族は、
  少しでも楽しい思い出をつくろうと、
  少しでも一緒にいられる時間をつくろうと、
  がんばる、じゃなくて、すごく自然にやっておられて、
  一人目の子が亡くなったあとも、
  それをなんでと取り乱すことなく受け入れられているのが、
  ものすごく印象深かった。

  まぁ、テレビに映ってないところでは、
  間違いなく、ものすごい葛藤があるんだと思うんだが、
  こういうときに、その人の本質がみえるもんなんだなと思った。

  あーいかんわー。
  これ、すげー腐人のツボ。

  4巻はやくよみたいよぅ! 

(273)マンガ 『君曜日 鉄道少女漫画2』 中村明日美子
  つくづく思うが、中村さんって芸域広いよなー。

  作品を深く深くほりさげていくと、
  なんとなく作家さんご自身がみえてくるとこがあるのだが、
  中村さんはつかみきれない。
  
  作品はもちろんいいんですけど、
  こーなってくると、
  腐人は、むしろ中村さんご自身に興味がわいてくるわ。

  腑分けがしたい・・・。


  ま、それはさておき、本編ですが。

  なかなかあこちゃんは手ごわそうだよなー。

  でもあこちゃんの恋は、どーみても無理なんで、
  小平君、チャンスだよ!がんばれよ!
  と思う反面、その言動をみて、あこちゃん同様、
  「・・・」と思うとこもなきにしもあらず。

  いやいやいや。
  中坊に、男としての魅力なんぞを求めるほうが間違いで、
  これからこそをみるべき!・・・か?

  うーん・・・。

  なんか純粋に物語の続きが読みたい話だな、これ。


  個人的には、あやかちゃん(だったよな、あの幼稚園児)の将来が
  すごーく気になる・・・。
  これは、つわものになりそうだよ?
  
(274)BL/シャレード 『イリーガル・キス』 妃川螢
  昨日書いたが、ヤマザキさんのマンガにより、
  イタリア人像が変容し、
  どーにもこーにもこーゆーキャラが受け入れられなくなっている・・・。

  いかん!
  ハーレクインを読んで修正すべきか!?←それもまた違うだろ

  思い出してみると、
  ハーレクインにでてくるイタリア人ってのは、
  どっちかっちゅーと、ヤマザキさんの像に近いんだよな・・・。

  そう、恋人になる男としてじゃなくて、
  どっちかっちゅーと、別れた前のとんでもない男キャラで、
  イタリア人が使われたりするんだ。
  
  もうこりごり・・・みたいなね。

  ま、腐人、ハーレクインは語れるほど読んでないので、
  そうじゃない、超かっこいいイタリア人もいるのかもしれません。

  で、本編だが。

  喰ってるか、やってるか、だな。
  まぁとても人間的でよいのかと。

  にしても、こんな生活やってっと、すぐデブる気がする・・・。
[ 2013/03/23 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

現実逃避

(260)マンガ 『ライアー×ライアー 4』 金田一蓮十郎
  次巻の予告で、二重恋愛ってあったが、
  二重?たったの二重じゃなかろうよ、これ・・・。

  なんか結論はでてるような気がするんだよな。
  でも、ここまでもつれまくると、
  じゃぁ、そこに至るまで、どんだけぐちゃぐちゃになるのか。
  でもって、どうほどくのか。

  それが気になる。

  そして周先輩も・・・。

  ストーカーって、大きな事件になってるのが
  男性のものばかりだから、そっちが多いと思われがちだが、
  実のところ、数としては女性のが多い。

  女性だから、暴力的な方向にいかないだけで、
  待ち伏せとか、ポスト荒らすとか、執拗なメールや電話ってのは、
  けっこうな被害になってるらしい。

  だ、大丈夫なのか・・・
  こんな生きた美形武将になっちゃって・・・。

  どーでもいいが、手土産の金平糖。
  まさか、緑寿庵清水!?
  袋が似てる・・・。

  もしそこのなら、こんな盛りでばくばく喰うのは
  もったいなさすぎーっ!!

  腐人にくれ。

(261)マンガ 『銀のスプーン 6』 小沢真理
  このれんこん、食べたいなぁ・・・。

  ってことで、総料理長にそれとなくレシピを読み上げてみた。
  すると。

  「美味しいよね。でも、タレなしでもいけるよ。
   それにブタより鶏のが、いいかも」
 
  という。
  なら、作ってよ!とゆーと、
  
  「レシピあるなら、自分でやんな」

  ・・・ううううう・・・
  人に作ってもらうからいいんじゃん・・・(/_;)

  それにしても、急展開というか、こうきたかというか。

  でもって、こうこられると、
  腐人は絶対に目が離せないんだってー!
  うわーん!だめよ、こーゆーの!!

  っつかゆっちゃなんだが、
  こーゆー女に生殖機能をもたせない法ってできねぇのかな。

  腐人が法ならやっとるな。

(262)マンガ 『暗殺教室 2』 松井優征
  真の敵、登場??

  となってくると、実はこのマンガのテーマは
  教育論だったりするのか?

  なにはともあれ、ゆっときますがジャンプさん、
  このマンガは引き伸ばしちゃダメですよ。
  
  1巻にあるけど、この限られた時間、限られた舞台である、
  ってことこそが、これがおもろい点の1つなんだから。

  延ばせば、ダレる。
 
  もったいないぐらい凝縮させたほうがいいと思うな。
  せっかく、つかみがよかったんだから。


  でもって、2巻の見返しにあった「やる」という言葉の話。
  確かにね、いろいろとれるよね。

  腐人はある方向に非常に特化した傾向で、
  この「やる」という言葉を使いますが(わかる人はわかるでしょう)、
  たしかにいろいろとれるんで、言葉遊びができるわな。

  
  教育はどうあるべきか、ってのは、正直よくわからん。

  しかし、先日、時間切れでナナメにすらも走破できなかった
  フィンランドの教育を紹介してた本
  『フィンランドはもう「学力」の先を行っている
   人生につながるコンピテンス・ベースの教育』

  っちゅーのがあって、
  パラ見だから、正しく知りたい方は読んでください、だけど、
  これからの世界を生き抜くにあたって、
  まさにこういう教育をせんといかんのでは?と思ったよ。

  点数を、偏差値をどうするか、ではなく、
  自分で考えて、実際にやって、
  本当に使える知識と知恵と技術を身につけていく。
  そして、それを生涯つづける。

  働くにあたって、得たい知識や習得したい技術があれば、
  教えてもらえる場があるのだ。
  たとえ外国人でも。

  自分で考えて動ける人材を育てることこそが
  国力につながると、フィンランドはわかってんだね。

  実際、学校を卒業したら勉強せんでもええなんてことはないのに、
  むしろ、社会にでてからこそ勉強せにゃいかんのに、
  最近の日本は、なんかそうじゃなくなっている気がする。

  腐人が一番あきれたのが、若い子が就職したあと、
  仕事に関係する勉強を就業後、自宅でやってくるようにといわれ、
  これって残業じゃないのかとほざいたこと。

  ××か?

  このコロセンセーの授業でも、
  この子らのこの先の人生で一番役に立つ勉強は、
  「どうやって先生をやればいいか」を考え、
  実践させてるところだろう。
 
  失敗を積み重ねさせ、工夫を考えさせる。
  挫折をしってるから、打たれ強くなるし、
  次こそは!と思える人になる。

  たぶん、今はそのありがたみを
  わかっちゃおらんだろうけどねー。

  これ、現代教育への警鐘論として読むと、
  また別のおもしろさがあるかもしれないな。

(263)マンガ 『この音とまれ!  1』 アミュー
  いや、もうなんつか、王道なんですけど・・・。
  王道だからこそ、ツボるんだって!!

  特に、哲生・・・。
  
  腐人は、スラダン(あえて略してます、以下同)で、
  ハナルでもセンルでもなくヨーハナだったのよ!
  あと、マキウケ(わかる人だけわかってください)。

  にしても、3バカといい、
  ヤバいぐらいに、キャラかぶり・・・。
  メガネ君もいるし。

  いかん、いかんよ、このマンガ・・・。
  2巻出るのは、いつですのっ!!!

  
  どーでもいいが、腐人はお菓子につられてお茶を選んだ人なので、
  筝のことにはくわしくない。

  しかし、友達がそっちをやっていて、
  かなりの腕だったらしいんだが、
  昔、話をきいたとき、昇級、昇段のテストのときに
  三味線がいるから、そっちもやってるよ、とゆーていたが、
  流派が違うんかしら??

  弾けりゃかっこいいなぁと思うものの、
  この大きさみると、それなりのお家じゃなきゃできねぇなこれ・・・
  ってのが率直な感想だ。

  音色は好きなんですけどね。
  とくに多重音の。

(264)マンガ 『マギ 16』 大高忍
  これもまた、話が一段階、進んだな。

  こーゆーの読むと思うんだけど、
  理想郷ってなに?
  どーゆーのを理想郷っていうの?

  昔は、漠然と「そこにいる誰もが幸せな状況」がそうなんだと思っていたが、
  この歳になってくると、
  「誰もが幸せ」が、必ずしも共存・共感できるとは限らん
  って事実に気づく。

  ものごっつい極端な例でいえば、
  殺人マニアの理想郷は、いくらでも人を殺していいって環境だろうが、
  そこに非暴力こそ理想ってのがいたら、
  もうそれで皆が認める理想郷ではないってこと。

  なんか例えの前後を逆にしたら、ありえん前提になっちゃたが、
  まぁ、言いたいことはおわかりいただけたかと。
  
  結局、人の価値観は千差万別だから、
  人が努力して、配慮して、ちょっとづつ我慢してできる環境が
  理想郷になるのかな。

  そして、同時に、皆がそれぞれ不満を抱くとゆー
  不毛地帯となりはてる・・・
    ↑
   それゆっちゃ終いだろ!

  夢を壊すな!腐人!!
  
(265)マンガ 『神様はじめました 15』 鈴木ジュリエッタ
  ちびぃのがいいのにー!
  でっかくなるんじゃねぇ!!!

  にしても、こうなってくると、
  神堕ちとの約束した「雪路」はどっちをさすんだ?

  ってのも、古来、こーゆー神様との約束(契約)は、
  言葉が重要なんだよな。

  ま、それで往々にして、人間がずるっこして、
  神様にへへへーんとやるパターンが多いんだが。

  ふむ・・・これを知るまでやめられんじゃないか!

  腐人はこーゆー自分設定世界マンガは、
  だいたい途中で読むの飽きるんですが、
  これは読んじゃうなぁ・・・。

(266)一般本 『戦略的「節税」経営』 越田学
  知り合いの税理士に、こんな話があるよといったら、
  非常に興味をひいてました。
  ただ、いくつかひっかかるところはあるようでしたが。

  毎年やってくる決算で、なんかいい節税方法ないかなと思ってる方や、  
  そろそろ70歳ぐらいになるオーナー会社の方で、
  後継者に譲るのに節税したいと思ってる方には、
  とても参考になるかと思います。

  詳しい内容については、こんなところで言える話じゃありませんので、
  ご興味を抱かれた方は、ぜひご一読ください。


●21日
(267)BL/セシル 『スキャンダラスな旦那さん-お隣の旦那さん 12』 桑原伶依
  みーくんみたさで読んでるので、
  12となってるが、いくつか飛んでる気がする。
  でも、全然読めるからいっけど。

  っつか、これ、書いたきっかけがあとがきにあるが、
  正直なところを言えば、
  コーイチくんを15歳以下の女の子にしちゃっても
  全然いける話なんだよな、これ。
  
  だって、思考のベースが、バリバリ保守なんだもん。

  なので、BLとしてみたときは、  
  結局、その壁を超えられないんだなーと思っちゃうわけですが、
  いいのだ、これはみーくんのかわいさを読む話だから。

  しかしひらがなとカタカナだけの会話って、
  むちゃくちゃよみづれぇ・・・(-_-;)
 
(268)マンガ 『世界の果てでも漫画描き 3 チベット編』 ヤマザキマリ
  ヤマザキさんの著作は、腐人は活字も手を出してるので、
  ん?このネタどっかでみたぞ?
  ってのが、わりとでてきた。

  まーネタの宝庫な人だが、こんだけ書いてればカブってもくるわな。

  それにしてもデルス君は、もう大学かー。

  って、一面識もないんですが、
  こーゆークリエーターの下に生まれた宿命で、
  勝手にネタにされ、
  知らない人たちに、その生態を知られてるとゆーアレで。

  ま、昨今はブログだなんだで、
  自分の子供の生態を晒す人が増えたから、
  クリエーターの子だけの話じゃなくなってきたが、
  どーなんだろねーこれ。

  恐らく世界で一番有名な子供だった
  クリストファー・ロビンさんは、いろんな苦労があったと、
  後年、吐露されていた。

  だろうなぁ・・・。
  腐人だって、クリストファー・ロビンは聖域にいるもん。


  どーでもいいが、ヤマザキさんの著作を読み出してから、
  イタリア人のイメージがかなり変わったのは腐人だけでしょうか・・・。

  BLで金持ちとしてでてきても、
  超いい男としてでてきても、
  「うっそだー」とか思ってしまう・・・。

  夢をみさせて!!!

(269)マンガ 『星の散歩』 藤末さくら
  なんか、全部で死んでない??

  死については、腐人もよく触れるテーマなので、
  ふーんと思うが、いかん・・・あまりにもサラサラしてて、
  ご自身が拾った猫の話しか、思い出せない・・・。

  すみません・・・。




日常雑記に触れると、現実が戻ってくるので、
今日は、本の話だけー。

パニックまだまだ継続中・・・(T_T)
[ 2013/03/22 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

パツってます・・・

ラクショー♪ラクショー♪
とか思ってたやつが、
全然、楽勝じゃなかった・・・。

見込みの甘さにより、現在プチパニック状態です・・・。

よって本日はカウントのみ。

●20日
(260)マンガ 『ライアー×ライアー 4』 金田一蓮十郎
(261)マンガ 『銀のスプーン 6』 小沢真理
(262)マンガ 『暗殺教室 2』 松井優征
(263)マンガ 『この音とまれ!  1』 アミュー
(264)マンガ 『マギ 16』 大高忍
(265)マンガ 『神様はじめました 15』 鈴木ジュリエッタ
(266)一般本 『戦略的「節税」経営』 越田学


あああっ!
誰か助けてー(ToT)!!!

っつか、昨日、マンガを読み呆けてた時間よ、
かむばっく、ぷりーず!!!

うえーん・・・(;_;)
[ 2013/03/21 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

こぼれネタひろい

気づくと。
『山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記』(以下、『山賊』に略)
を読み返している。

いかん…ループにはまっているぞ!

これ、圧倒的に2巻のがおもろい。

なんでだろと思ったら、
1巻は、新米猟師でほぼほぼ完結してんだが、
2巻は、いろんなキャラじゃない、
いろんな方(実在だもんなぁ…)が絡んでくるからだな。

個人的には佐々木さんと赤木さんがいいなー。
っても、マンガでみてるだけでいいですが。

そーいや『銀の匙』では、荒川弘さんが、
「味が想像しやすいように、
 皆が食ったことがある肉だけだすようにしている。
 鹿肉がメジャーにならないかなぁ」
ってなこと書かれていたが、
『山賊』みると、鹿肉は敬遠されている。

旨いのか?
それとも不味いのか??

腐人はトナカイ食ったことあるが、
味の記憶がない…。
ってことは、たぶん旨くも不味くもなかったんだろう。

ツノに毛がはえてて、
ひづめ?だったかがなんかフカフカしてたのは憶えてんだが。

そーいや『はしっこの恋』では熊肉が旨いとあった気がするけど、
あれはどうなのか。
っつか、撃っていい熊は岡山にいるの???

いかん…なんか興味が野生の方向にいきよる…。

腐人は都会のシチィーガールなのに!←嘘をつけ


ところで。
思ったんですが、『山賊』に出てくる猟師さんって、
本質は、食い意地のはった小学生男子の進化系、だよな。

なんか思いきり『青葉学園物語』の子らとカブるんだよ。
ヒヨとってるし。
さばいて、焼いて、食ってるし。

ま、これで俺も将来、猟師になるぜ!っちゅー子が
でてくるよーになったらええんかな?

そんときは是非、都会のカラスと鳩とジェリー(仮名)を駆除してください…。


あ、ジェリー(仮名)で思い出した。

腐人はジェリー(仮名)が大っキライなので、
もしヌートリアがネタになったら、間違いなく読めないんで、
これはやめていただけるとありがたいです…。



ここ数日のどっかで読んだのに書くの忘れてたやつ。

(257)マンガ 『ピンクのしっぽ 1』 藤原よしこ
  田舎モノ(ジャンルの意であって、蔑称じゃありません)なので、
  読んでみた。

  腐人は田舎ネタが好きなのだ。
  Iちゃんには、「隣の芝生は青い」と言われるが。

  ただ、うーん……(~_~;)

  まぁ、これはいわゆる地方コンプレックス以外の要素もあるが、
  そんでも、この土地へのこだわりって、
  流浪の民である腐人にゃ、よくわからん。

  生きてくのに一番自分が便利な場所で生きる、
  そんでいいんでねぇの?

  根無し草な腐人にとって、土地ってのはその程度の意味しかなく、
  そう思っちゃうがなー。

  まー、ガキは大人の事情でふりまわされる。
  しょーがねぇよな、力も金も地位もねぇんだから。

  でも、そこで鬱屈をためとくべし、だ。
  それが後の原動力になるからよ。

  とゆーこと以上に。
  腐人を惹きつけるもんはなかったなー。

(258)マンガ 『銀の匙 6』 荒川弘
  農業高校だもんな。
  なんか、食う食う食う食う!!ばっかな気がするが、
  人として一番いるこっちゃからええんか。

  すごく気になる秋の巻18の扉。
  犬と猫、猫のが強い気がするのは腐人だけか?
  だって、猫のが凶悪な顔してる…。

  そーいや猟では、犬は役に立つが、
  こういう農場では犬よか猫のが役立つ子?
  どうなんだろ…??

  
  あーあとさ、気になることもう1つ。

  犬とか猫とか人は、糞するとき、キバるじゃん。
  でも、馬とか牛は、歩きながらブリブリするじゃん。

  この境界線はどこに?

  …そして思い出す。
  そーいや西原理恵子さんのマンガでは、
  歩きながらブリブリやる小学生男子がいた…。

  人も、歩きながらブリブリできるってこと??
  なら、犬以下か!


  それにしても八軒よ。
  あんた人を使うってこと憶えんと、
  人が一人でできることって、限りがあるで。

  能力も、時間も、体力も、金も、
  なんにでも限界がある。

  だから自分の身の丈にあわない荷物を背負わなきゃならんときは、
  誰かの力を借りるしかなく、
  それを効率的に使えないなら、
  人の上にたつもんじゃない。

  無能の将は、下にいる人も、周囲にいる人も、迷惑になる結果を招くんだが、
  まー最近は、身の丈わかってないのが上にいきたがり、
  上にいってもいい能力があるやつが行きたがらないとかゆー
  変な傾向があるからな。

  しかし、八軒って、大人になったら過労死しそうなタイプだな。


  どーでもいいが、『山賊』を読んだ後、
  これを読んで、ブタ解体の写真がとか言われても、
  ぎゃーっと思わなくなってる自分に気づく…。

  恐るべし『山賊』…。


たぶん、他に読んだのに忘れたもんはないと思うが、
とりあえず思い出したもんだけ。
[ 2013/03/20 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

腐人とトルクスとネジザウルス HDD破壊工作作戦

ご存知ですか?ネジザウルス。

腐人はコレ、ビジネス系のテレビ番組の、
小さな会社が世界に進出!っちゅー感じのやつでみて、
「ほ、欲しい!!」と思っていた。

って、わからん人はわからんと思うので、
ちっと説明しますとですね、
これ、すごく画期的なペンチなんです。


プラスネジとかで、ネジが硬くて、うんうんやってるうちに、
ネジの+んとこが、削れちゃって、
単なる○穴になってしまったりしたのってありません?

一般的に、こーなるのを「なめたネジ」とゆーらしいんですが、
これまでは、○穴に摩擦増強液をいれたり、特殊工具ではずしたり
っちゅーもんらしかったんですが、
頭さえつかめれば、ボク、はずせるよ!っちゅー品が、
このネジザウルス君なのだ。

腐人は原理がよくわからんのですが、いわゆるこれまでのペンチってのは、
クチんとこが、横溝なんですね。

そうすると、ネジの頭をつかんでも、一緒になってクルクルくるくるしてしまう。

それがこのネジザウルスは、溝がタテなんです。
すると、力がしっかりはいって、ネジ頭をがっつりつかみ、
なかなかゆーことをきかなかった子も、
「あ~れ~」っちゅーて、クルクルまわって、すっぽんぽんになるらしい。

ホンマかよ・・・(~_~)と思いつつ、
テレビで実演してたのをみると、
いともたやすくクルクルくるくるネジをはずしていく。

マジ!?
ならば、ほ、欲しい・・・これさえあれば・・・
あの憎き、トルクスの野郎もぶち壊せる!!!


そう・・・HDD破壊工作員である腐人は、
トルクス、これ商標だから、一般名称でゆーと、ヘクスローブを前に、
何度も何度も敗北を味わいまくっておるのだ・・・。


HDDの破壊については『腐人日記』にありますんで、
詳しく知りたい方は、そちらをどうぞですが、
PCが消耗品と化している今、
HDD破壊需要が、結構、高いんだよなー。

ってのも、昨今、どの企業も情報漏えい、秘密保持にすごく過敏になっていて、
仕事で契約しましょとなると、絶対にどちらについても事細かに触れられている。

もっとクローズなものだと、
1度打ち合わせをしただけで、まだ全然仕事が具体的になってなくても、
「とりあえずNDA(秘密保持契約書のこと)だけでも・・・」
ってのが、常識になっている。

となると、情報の宝庫である、古いPCの処分には、
どうしても過敏にならざるをえず、
「え?初期化だけで捨てたらいいじゃん」
なんつーことは、絶対にできない。

なんでだったら、腐人は、もうあかん・・・と思われたHDDを
専門の人に復旧してもらったことがあるからだ。

で、そんときに、どうやってやるかについても
すごく丁寧に説明をうけたもんで、
これは物理的に破壊せんと、消したぐらいじゃ情報は復旧されるんだ
ってことを学んだ。

ちなみに、別のときに、落としてガシャンとやったのも、
直してー!と頼んだが、そんときは、「これは無理」と言われた。

え?復旧のお値段はって?
データ量で決まりますが、
安くはありません・・・(/_;)

なので、皆様
バックアップは、こまめにとっておきましょう。



話がずれたので、元のHDD破壊工作に戻しますが、
そゆわけで、腐人はPCを処分するときは、中身を開けてHDDを取り出し、
そのふたをあけて、中の円盤をガリガリに傷つけてから
廃棄することにしている。

んだがさー!
このHDDのふた!

こいつがことごとく、トルクス(ヘクスローブ)ネジで留められてんのね。
それも、がちがちにいくつも。

前回の破壊工作のときは、散々、工具売り場を探しに探しまくって、
なんとか、このトルクス用のレンチを買ってきたんだが、
今回壊したいやつは、元ノートなので、HDDが小さかったんですわ。

すると、レンチサイズがあわない・・・。

あの探したときの記憶からすると、
街までいけばあるかもしれないが、
ご近所レベルのDIY屋には、このレンチ以外、取り扱いがない。

とりあえずゴミで捨てなきゃ漏洩はせん・・・と、
面倒くそーなって、放置してたんですが、
先日、ふらりと入ったDIY屋で、あのネジザウルスをみつけまして。


おおおおお!
これで、あのトルクスをガッツンガッツンやれる

と、大喜びで購入、したんですが、これ高いよ・・・(T_T)
なんでペンチが1つ2000円近くもするの・・・(;_;)?

まー、そんだけ他にはない、
差別化された商品なんだってことなんでしょう。

そうよね、それだけの価値がある正当な価格よね・・・
と己を納得させ、購入。

買っちまったら、もうこれで怖いもんなしと、
スキップすきっぷランランラン~♪っちゅーて、
喜び勇んで巣に戻り、血族たちに、「みてみてーとやったらば。

「ふーん」

え?反応それだけ!?

「だって、なにがすごいのか全然わからんもん」

・・・ま、そうだけど・・・。

「それに買ってきたはいいけど、
 ホントにその変なネジがとれるかどうかわかんないんでしょ」


そ、それはそうだけど・・・なめたプラスネジとかでも使えるんだよ?

「別に、なめたネジで支障ないし」


うわーん(ToT)
いいもん!もう同意は求めないわ!!
この子は絶対に凄い子なはずなんだもん!


そゆことで、一人でこっそりHDD破壊工作、
憎きトルクスの野郎を、ネジザウルスでヤってやる!作戦を開始しました。


腐人が購入したのは、
トルクス(ヘクスローブ)のサイズをよく覚えてなかったので、
売り場にあった一番小さいのと、一番大きいの。

一応これで、かなりの範囲がカバーできる。

本体から取り出した後、放置していたHDDをみると、
トルクス(ヘクスローブ)の大きさは、大小あり、
ちょうどこの2本でなんとかなりそうなサイズだった。

ふっふっふ・・・みとれよ、血族!
このネジザウルスがいかにすごいかをー!!!

と、ガチッとかませてみたのだが。

あ?あれれ?

うまく回る子と、回らない子がでてしまった。


このHDDのフタってのは、かなり頑丈なやつが、
留めてあるネジを全部とっぱらわないと
パカッと開かないようになっている。

面倒だからと、ネジを1つ2つ残してえいっ!っての、
やってみたが、腐人の力じゃ、硬くてできない。

だって、女の子だもん。←そんな歳か!


ま、そんな戯言はともかく、
腐人の予想では、トルクス(ヘクスローブ)たちが、
ネジザウルスに次々やられるはずだったのだが、
すごーく中途半端な結果に。

ちょうど外付けでぶっこわれたのもあったので、
そいつも試してみたが、こちらも回る子と回らない子にわかれる。

うーん・・・(ーー;)

確かに手持ちのトルクスレンチで
どうにもならなかったのがとれたって点では、
おお!なんだけど、
それが全部じゃないってことで、えー(ーдー)?

全部取れれば、「すごい!すごいぞ!ネジザウルス!!」になったろうし、
全部ダメなら「ダメじゃん!ネジザウルス!!」だろう。

そのどちらでもないってのが、なんともビミョー・・・。


とりあえず、一番の目的だったやつの円盤には、
隙間から目打ちを差し込み、
ガリガリ傷をいれまくれたので、いいんだが、
なんともすっきりしない・・・。

腐人の使い方が悪いのかなぁ・・・(~_~;)???

腐人とトルクスとネジザウルスの戦いは、続く。
[ 2013/03/19 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

フィギュア見れずにブツブツブツ・・・

くっそー!
最近、フィギュアがみれーん!!

録画しても溜めるだけっちゅー習性はわかっとるので、
オンタイムでみようとするのだが、
いつもすれ違い・・・。

ああ、君の名は・・・←わかる人だけわかってください。



特に腐人は、今、どっちかっちゅーと男子のがみたいんで、
なんで男子は平日が多いねん・・・と文句がいいたい。

平日のあの時間は、みられねぇんだよ!
ううう・・・(/_;)

まぁ、間違いなく女子のが視聴率とれるからだろなぁ・・・。

しょーがないのでワイドショーでの放映を期待するのだが、
これもまた女子女子女子・・・。
それも日本人日本人日本人・・・。

そりゃフィギュアの華は女子なの、わかってっけど!
日本だから日本人応援なのも、わかってっけど!

うわーん
腐人は男子がいいのー!!
日本人もいいけど、外人もいいのー!!
腐人に、男をみせろー!!
    ↑
   なんか違うもんに聞こえる・・・


特に、今回、木原音瀬さんのツイッターで、
「元ホッケー選手」なる人がいることを知り、
俄然みたくなった。

っても、腐人は、フィギュアもホッケーも、ド素人なので、
技術的なこととか現在のルールとか採点ポイントとか
全然わからん。

ただ、ホッケーの場合、選手の評価ポイントにスケーティングの巧さってのがあり、
まぁぶっちゃけていえば、
160~180km/hとかの超高速で行きかうパック(ゴムの円盤だが、超硬くて、当たって死んだ人あり)に
いかに早くおいつけるかっちゅースピードや、
チェック(ラグビーでゆータックル)をいかに滑らかにかわすか、
攻守交替したとき、どれだけ早くきりかえられるか、
そーゆーとこで、スケーティングを評価する。

だから、たぶん、ステップとか全体のスピード感が
全然別物だと思うんだよなー。

みたいなー。みたいよー。みせろー!
   ↑
  3段活用か!


といっても。
腐人は、地上波がやってたら見るぐらいで、
ルールもよくしらんまま見ておる。
なので、解説とかどーでもよかったりする。

・・・ここでも他人の意見をきこうとしねぇんだな、腐人・・・(;一_一)


あ、でも以前みた、
元選手の中野さんや浅田舞さんが
インタビュアーしてたやつは、
インタビューされてた同世代の選手たちが、
ポロポロ素や本音をだしてて、おもろかったな。

これが、インタビュアーが
世代が違う元選手や、畑違いのキャスターやタレントになると、
上から目線の説教だったり、
切り口が金太郎飴だったりなんで、
みててつまんねぇんだよな。

ツッコむんなら、
CBSドキュメントぐらいの鋭いのにしてくれよ
と思う。

ま、日本じゃ無理か。
ジャーナリストでさえ、あれだもんな。

でも、ぬるいインタビューなら
翌日の新聞みりゃ十分なのよ。

それよか、その分の時間、
他の選手の演技みせてくれ、とか思う。

どういう演技が高得点なのかとか、
それぞれの選手の特性ってのは、やっぱ演技みなけりゃわからんもん。

なんか思い切り日本選手びいきなんだよなー
テレビの構成・・・。


来年はオリンピックイヤーだから、
皆、力いれたプログラム作ってくるんだろう。

技術点の構成とかよくわかんないけど、
見てるこっちが
楽しくなったり、嬉しくなったり、切なくなるよーな、
心を揺さぶられる演技がぜひみたい。

スポーツだから勝ち負けあるけど、
個人的には、
キレイでうっとり、かつドキドキワクワクするのがみたい、
それだけだったりするからさー。

怪我が一番怖いんで、それだけ注意して、
いいもん作ってくださいませ~。

期待してまーす!


最後に、木原音瀬さんつながりで、一つ。

早売りの『片思い』をゲットしましたが、
分厚いとお仕事情報でみてはいたが、半端じゃない厚さ。

「・・・聖書?」
とか思っちゃった。

ま、ファンという名の信者にとっては、
著作は聖書だから、あながち間違ってはおらんのだがな。

ふっふっふ・・・今日のお楽しみができたぜー(●^o^●)
[ 2013/03/18 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

お好みでござる 春野菜

昨日は、師匠がはるばる西国から、
獲れたて~ぴっちぴっち~の瀬戸内魚をかかえて、
わざわざ自家宅配をしてくださった。

うっひょーい♪

腐人が食すのは、翌日にし、
その日は師匠とお好み天麩羅にいく。

いやだって、こないだ自分でやったとき、
ネギと、ペコロス(プチオニオンのこと)と、
メキャベツと、行者にんにくをやり忘れたんだよな…。

それに腐人は腐人家での揚げ物担当で、
師匠は師匠で、台所担当なので、
二人とも、自宅で揚げ物をすると、自分が食べる頃には冷めてるし、
なにより、匂いに負けて食べる気になれないのだ。

ただ、自分の労力を勘定せねば、
かかるのは原価だけなので、
好きなものを好きなだけ安くは食えるんだが。


でもま、せっかく春野菜がいい時期なので、
お好み天麩羅に行こう!となった。

それにしても、いったいいつごろから、
この春野菜の苦味が旨いと思うようになったんだろう。

よく憶えてないが、この苦味と灰汁の強さは、
本当にやみつきになる。


そういえば行ったお店は、塩を4種と、大根おろしを2種
用意してくれた。

これがよくってねぇ。

塩は、普通の天然塩に、ワサビ塩、コブ塩とサクラ塩。

ワサビ塩は、粉末わさびが混ざってて、
キスやアナゴみたいな
淡白のにつけたらよい感じ。

コブ塩は、とろろこぶの刻んだものを混ぜたので、
これはなにがいいのかなぁ??

サクラ塩は、さくらの塩漬けの刻んだものを混ぜたやつで、
これを白魚につけるとバリ旨でした。


大根おろしは、これまた普通のと、梅いり。

梅入りがさっぱりしておいしくてねぇ。

作り方をきくと、2種類の梅を種とって潰して、
大根おろしとまぜて、ちょっと塩を足す、
だそーですが、腐人はせんわ。

師匠はやってみたいとゆーてはったが。

夏場はトマト大根になるそうで、
それはトマトをピューレ状態にして、レモン汁をたして、
大根おろしを混ぜるそう。

へー、そっちも食べてみたい。

この梅大根おろし、天麩羅の薬味なんだけど、
ぶっちゃけ、これだけ食っても旨い。


結局、どんだけ食ったっけ?
憶えてる限り列挙してみよう。

・菜の花
・ふきのとう
・たらの芽
・山うど
・新たまねぎ
・下仁田ねぎ
 (揚げたやつを、飛魚だししょうゆみたいなやつに漬けて
  かつぶしかけるんだが超旨!)
・メキャベツ
・白魚(糊に紫蘇ひいて巻いたやつ)
・茄子の深川揚げ(半割茄子に深川アサリをおき、紫蘇のせて揚げたやつ)
・ソラマメ
・甘鯛松笠揚げ
・新じゃがトリュフ

だったかなぁ??

レシートみたが、
「野菜」とか「料理」しかないんでわからーん!

師匠も旨い!と褒めてたが、腐人も絶品!とおもったのが、
「新じゃがトリュフ」

てっきり新じゃがの真ん中とかをくりぬいて
トリュフが入ってるぐらいだろーとか思っていたら、
新じゃがをマッシュポテトにしたとこに、
白トリュフをまぜこんだ、ちょっとコロッケのよーな感じで、
むっちゃくっちゃ旨かったのだー!

家での天麩羅は、素材そのまま揚げがいいとこなので、
こーゆー手間をかけたやつは嬉しい。


しかし、もう食えない…となったときに、
変わり揚げが旨かったと板前さんにゆーと、
他に今ならギリギリ、牡蠣ピーマンがあったかなとかおっしゃる。

ええええ!食べてみたいー!!
でももう入らないー!!!

他にもキノコきのこといって、
どんこの笠んとこに、
マッシュルームとトリュフを刻んだやつを詰めてあげたのとかもあるそうで。

今になってゆわんといてー!!!
うえーん!!!


くそう!リベンジだ!!

…こやって天麩羅放浪記が続く…。


そーいや、今朝、
師匠からいただいた活け〆おこぜの味噌汁を食ったが、
もー超超超超!旨かった…。

ああ、しあわせ…(*^。^*)


いかん…姫がやってくると連絡があったので、
ちょっとカウントで終了。

●15日
(244)マンガ 『喰う寝るふたり住むふたり 1』 日暮キノコ
(245)マンガ 『ひらけ駒! 8』 南Q太
(246)マンガ 『おとりよせ王子 飯田好実 1』 高瀬志帆

●16日
(247-249)マンガ 『めんぱに~ 1-3』 真崎総子
(250、251)マンガ 『山賊ダイアリー 1-2』 岡本健太郎
(252)BL/ルチル 『トリガー・ハッピー 3』 崎谷はるひ



[ 2013/03/17 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

講談社文庫版『美しいこと』を読みました。が、

うーん・・・。
この脳みそ沸騰状態で書いていいものか。

冷静に、を合言葉にがんばってみよう。


いや、本編はいいんです、本編は。

木原さんがブログでおっしゃっておられたように、
ホント、ちょこちょこっと直してあるだけで、
ほぼそのままなんで。

※っても、腐人の脳内照合によりますので、
 見落としてる可能性がないとは言いません・・・。
 あしからず。



じゃなくって、今回の問題は解説なのよ!

って、今回「も」の間違いじゃねぇのか?


いやいやいやいや、これと比べたら、
三浦しをんさんのがどんだけわかってらしたか、
よぉっくわかるってなもんで。

ホント、編集さんにお伺いしたい。

なぜ、この人選をなさった?


腐人が、この前身ブログ『腐人日記』
やろうと思ったきっかけってのは、
まぁいろいろあるんですけど、
割と大きなところを占めてたのが、編集さんに対する怒り、だ。

悪貨は良貨を駆逐すると言われるように、
駄作を世に出してれば、出版社はもちろんのこと、
その分野自体が衰退する。

編集者の無能による出版社の没落倒産は、
自業自得で知ったことか!ってところだが、
それによって作家さんが創作に専念できなくなること、
BLというジャンルそのものが劣化し、衰退することは、
BLをこよなく愛し、それによって救われてる腐人にとっては許しがたい。

ならば、この現状を打破するために、
ウェブの隅っこではあるが、
「なにやっとんじゃー!しっかりせんかー!」
文句いう人間も必要だろう、と思ったんだ。

一部の方には、余計なことしやがって・・・かもしれないが、
中にいると見えないものだってある。
そして、口に出していかなければ、
どんだけダメをやってるか、何がダメかは伝わらない。

ってことで。

それを今、再び叫びたい。

おどりゃー!なにしてけつかんねん!

しばいたろか、ぼけぇ!と続くのが定番なんですが、
そこまでは申しません。

が。

ぬるい仕事してんじゃねーっ!


は、言いたい。

編集が、作品の足引っ張ってどないすんのよ。


そらね、
感想は一人づつ違って当たり前、
どう思うかは十人十色。
人の数だけ、解釈はある。

ある人にとっての傑作が、別の人にとっての駄作であるのが
クリエイティブの世界だってことは、
腐人だってわかってる。

でも、だ。
こういうところに書くならば、
もっとね、適してる方って、いると思うんですよ。
帯にかかれていた朝日新聞の方とか。
この解説にでてきた、木原音瀬さんについて1時間語れる他社の編集さんとか。

なぜ、腐人がこの解説をよろしくない!!というかというと、
BLについてわかってないなら、
作者について知識がないなら、
ただ単に、読んで自分がどう思ったかだけを書けばいいのに、
そうじゃないから
だ。

変に偏った中途半端な知識の披露。
そして、それがもたらすピントのずれが、
腐人の怒りに油をそそぐ。

ああ・・・このずれっぷり、寛末のようだ・・・。


どうしようかな。
解説に対するダメだしやりだしたら、
噴火どころじゃなくなりそうな気がする。

間違った知識を書かれてるのは、
BLを愛する筋金入りの腐女子としてはとても気になるが、
まぁ、それで恥をかくのは腐人じゃない。

あーでも、こういうところに書いてあるから、
それは正しいんだな、とか思われたらヤだなぁ・・・。

BLって、フェミニズムの観点からしても、
ジェンダー論としても、社会問題提起としても、
いろんなものを内包してるから、ものすごく奥深いもんがあるのに。

本当にいいものは、そんじょそこらのもんが
アホらしくて読めなくなるぐらいなのに。

ホントに・・・恨むぞ、編集さん・・・。



ま、そゆことで、
人のことをあげつらうなら、自分でやってみろ、
といたしましょうか。

っても、『美しいこと』については、
本も舞台も散々書いたからなぁ・・・。

「腐人日記 美しいこと」といれてググってもらったら、
たぶんいろいろひっかかりますが、
それと重複しまくりな気がするが、ま、いいや。

常連の皆様には、またか!かもしれませんが、ご寛恕を。


腐人はこの『美しいこと』は、一言でいってしまえば、
「ヒゲの生えた人魚姫」だと思っている。

一見、は?と思われる文言だが、
このヒゲがキーなんですよ。いろいろと。

っても、それが大きく関係してくるのは
「美しいこと」の続きの「愛しいこと」なので、
未読の方は、ぜひHolly NOVELS版をどうぞ。

ホントならその続きの小冊子「愛すること」まで
コンプリートしていただきたいが、
そっちは入手が超困難なので、
せめて「愛しいこと」まではいっていただきたい。

ボケ王子・寛末のくせに、
人魚姫なオトメン・松岡にひどいことしやがるので、
ハリセンでたたきたくなること間違いなしの逸品です。

ホント、なんでこんながいいんだ?松岡…。


これが人魚姫だという理由は、いくつかあるんですが、
最も大きいのは、この「美しいこと」「愛しいこと」が、
「私が誰でも、どんなでも、あなたは愛してくれますか?」
をテーマにしていること。

この問いかけは、本文中に形を変えて、何度も何度も繰り返される。

舞台においても、ここが一つの見せ場になっていて、
見ていて胸が痛くなった。

どうしてそれにここまで共感ができるのかといえば、
この問いかけというのは、
ひいては、
「本当の私を愛してくれますか?」
「私がどんなになっても愛してくれますか?」
というものだから。

恋愛ならずとも、家族や友人といった人間関係で、
恐らく誰しもが持っている不安と期待ではないか?

誰にだって、嫌なところ、醜いところはあるし、
歳をとれば容色は衰えてくる。

それでもあなたが好きだと、
あなたはあなたのままでいいんだよと、
そう言われたいと、皆、どこかで思っているのだ。

たとえあなたが人魚でも、
そのままでいいよ、そんなあなたが好きだよ、と。



とはいえ、このお話は、悲恋で終わってしまった人魚姫と違う。

後からしゃしゃりでてきた女と戦わず
ただ泣き寝入りした人魚じゃぁないんです。

どうやったら相手に好きになってもらえるのか。
男でも、好きだといってもらえるのか。

松岡はひたむきなまでに努力する。

恋愛に限らず、人との関係ってさ、
なんもしなくても手に入るもんじゃないよね?
なんもしなくても続くもんでもないよね?

だから、松岡のがんばる姿は、
どこか自分と重なってくる。

そのせいでか、木原さんがおっしゃっていたが、
読者さんからの感想のほとんどが、
松岡の応援だったらしい。

そーだろうなぁ・・・。

あの会議室のシーンとか、
何度読んでも、寛末の首絞めたくなるもん。

そーいや、舞台でもあの台詞は、
松岡役の与那嶺さんも怒りで声が震えていた。

で、まった、寛末役の井坂さんがホントにムカつくぐらい
あのニブチンぶりを見事に演じてて、
クキッといっちゃっていいぜ、松岡。腐人が許す!
と、マジで思ったもん。

舞台は、DVDが発売されておりますんで、
まさに生きた松岡&葉子さんと寛末が見たい方はぜひどうぞ。

生と比べると、臨場感はものたりないが、
今見られる手段はそれしかないからねぇ。

あ、そうそう。
あの舞台は、福田役の役者さんもすげーのよ。
なんであんなにハマってんだろう…。



これは、恋愛ぐるぐる話だと、
Holly Novels版のあとがきで
木原さんはおっしゃっている。

確かにそうかもしれない。

でも、それだけに収まらない普遍性があるがゆえに、
ここまで我々読者の心を揺さぶるんだと思う。

腐人の脳細胞には、もうこの物語が深く刻み込まれているから、
これに初めて出会った方が、どんな衝撃と感動にみまわれるのか、
それを体験できないことが、返す返すも、口惜しい…。




最後に。

解説そのものに対してのダメだしはやめておこうと思ったが、
どうしても1つひっかかることがある。

腐人の目には、宮木さんが、
ご自身が活躍されている百合業界と比べ、
BLの読者の理解力(っつか懐の深さ?)をうらやんでいるようにみえた。

でも、それってね、最初からそうだったわけじゃないんだよ。
そして、読者が勝手にそうなってったわけでもない。

作家と、編集と、読者が、
それぞれ切磋琢磨していった結果が、今なのだ。


木原さんには、
腐人もそうだが、信者といってもいいほどのファンがいる。
でも、同じぐらい反発しているアンチもいる。

腐人なんぞが目にすることもあるぐらいだから、
恐らく、ご本人や編集さんのところには、
もっと辛らつなものもきているのかもしれない。

でも、それをどうとるか。

批判されることが嫌だからと読者に迎合し、
金太郎飴みたいなテンプレ作品を発表しつづけるのがいいことなのか?

読者のレベルにあわせて、
タイトルと頭3行読んだらわかるようなもんを書き続けることが
作家として、業界として、読者として、それぞれの成長になるのか?


木原さんは、ご自身も帯に「極北」と書かれたことがあるが、
BLの中でもちょっと特異な位置にいる。

腐人は恐らくこれまで市場にでたBLの、たぶん半分くらいは目を通し、
1作も読んだことのない作家さんはここ1~2年の新人さんぐらい
と言い切れるほどの人だが、
木原作品でしかみたことがないもの、は数多くある。

大体、ホームレスとか、清掃局勤務とか、アスペルガーを
普通、恋愛小説でやる?っつか、やれる?

腐人は木原さん以外ではみたことないぞ。


でも、木原さんはデビュー以来、ずっとそうやってこられた。

だからこそ、読者がここまで育ったのだ。

それを思うと、きついかもしれないが、
ご自身の業界や読者を嘆く前に、
やることがあるんじゃない?と、いいたくなる。


不明にて、著作も百合業界のことも百合読者のことも存じ上げないが、
なにごとも、戦って拓いていかないかぎり、
新しい道はできないと思う。

では、最後にカウントを。
(241)一般本 講談社文庫版『美しいこと』 木原音瀬


追加

・・・マジで、講談社の編集様、
次、木原さんの何かを文庫化するときは、
解説かかれる方をよぉっくお選びいただきたい。

よい該当者がいないようなら、
むしろ解説なくしてください。

そのんがよっぽどいい・・・。

頼みます!
[ 2013/03/15 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

風とダーリン

昨日、関東圏を襲った強風。

例にもれず、腐人も大変でした。
腐人っつか、ダーリンが。

普段から全く大事にされず、酷使されまくりのダーリンは、
通常、露天駐輪だ。

だから。
猫にマーキングされたり、
鳥にウンコひっかけられたり、
前カゴに食べ残しのゴミをつっこまれたり、
勝手に椅子にされたり、
姫にいたぶられたりしている。

ああ、なんてかわいそう・・・。

でも面倒なので、洗車もお天気任せである。

ん?一番かわいそうな要因は、
オーナーが腐人であるってことか??

それもまた天命・・・。


ま、そゆことで。
ダーリンは、普段からあまりいい扱いはされてない。

その上、ダーリンを停めてる駐輪場は、
坂の下にあるもんだから、
いつも風の吹き下ろしが直撃している。

皆様ご存知とは思いますが、
二輪っちゅー乗りモンは、風にすごく弱い。

特に走ってると、横からのビューッの一吹きで、
すぐよろける。
ま、安定悪いからね。

ダーリンは三輪ですが、屋根がついてるので、それが帆になってしまい、
走ってるときに風が吹くと、すぐヨロヨロするが、
停めているときは、図体がでかく、重心が低いので、
ちょっとやそっとの風なら平気・・・だったのだ。
昨日までは。


昨日、ビュービュー風が吹く中、
ま、大丈夫だろうとゆー甘い見通しのもと、
いつもの駐輪場に停められたダーリン。

しばらくたって、戻ってみると。

は?
あんたなんでこんなとこいるの!?

っちゅーとこに勝手に移動し、
かつ、そこにあったもんにひっかけて、
どてーんとすっころんでいた。

猫なら腹毛まるだし、って感じに・・・。


手間かけやがって・・・と、引き起こし、
とりあえずロックをする。

周囲が、同じように
腹をみせて横たわる自転車とバイクが死屍累々状態なので
さて、どこに停めなおすかな、としたとこで、
すっごい風がビューッ!ときた。

すると、ロックしたはずのダーリンが、
風に押されてずるずる動くではないか!

おい!
ロックがロックになってねぇぞ!!


ご存知ない方のためにちょっと解説しますと、
普通の二輪車は、車体をえいっと持ち上げてスタンドを立てることで駐車となる
スタンド式になってんですが、
ダーリンのような三輪車は、
えいっと車体を持ち上げられるもんじゃないので、
レバーによってロックをかけて動かせないようにする、
という駐車方法になってんのね。

ただ、このレバーがですね、
ちゃんとエンジンをとめてから、ガチッってかけないと、
エンジン動いてるときにガチッとしたら、
ガガガガッと削れて弱くなっちまうんですね。

購入した時バイク屋に、
「もしこれが削れたら、
 車体全部分解しての該当部品の取替えになるから、
 すげー高くつくんで、やらないようにね!」
と言われたんだが、
腐人は腐人なので・・・まぁ推して知るべし・・・。

そして、既に1度取り替えてるにもかかわらず、
最近、また何回か削られる音を聞いてしまったりしてるので、
甘くなってるな、とは思ってたんだ。

でも!
あんた、そんな簡単に動くって!
パチられたらどーすんのよ!!

※どっからどーみてもボロボロなので、
 パチる人はまずおらんと思われる・・・。



っつか、こやって風の吹くまま気の向くままに、
フラフラして、また勝手にコケたりしたら、
他人様に被害を及ぼす可能性だってありえるわけで。

うーん・・・これはどっか壁か柱をストッパーにして、
そこに前輪突っ込んで、無理やり固定させるかなんかして・・・
と、ダーリンを抑えつつ、どうしようかと悩んでいましたらば。

「あの、お手伝いしましょうか?」
と、大変親切な方が声をかけてくださった。

どうも、非力な乙女が、愛車を停めたいのに、
風にまけてにっちもさっちもいかなくなってるように見えたらしい。

まぁ・・・まるで『美しいこと』の松岡と寛末の
出会いのシーンのようだわ
  ↑
 違うだろ!


ま、その実態は、腹肉たぷたぷのババアが、
ボロボロの三輪バイクを、どこにひっかけて停めとくか、
他人様の迷惑無視して物色してたっちゅーやつなんだが、
それは外見だけじゃわからない。


親切な方には、お礼をいって、大丈夫だからと返事をしましたが、
こういう一言をかけてもらえるだけで、
なんか嬉しくなりますね。


で、結局、あまり大きな声では言えない、
むにゃむにゃごにょごにょをし、
とりあえずあの強風をしのいだわけですが、
今まで見ない振り、気づかない振りをしてきたが、
やっぱあのロックをかけるストッパー、
やりなおさんといかんのかな・・・(-_-;)

くそぅ!ダーリン!
貴様が軟弱すぎなんじゃー!!!

   ↑
  これを一般的には「やつあたり」といふ・・・


ホ●ダさん、
お願いですから、ちょっとやそっとでは削れない、
超頑丈なストッパーを作ってください。

少々割高でも、腐人、それにするんで。

ぜひ、よろしくお願いいたします m(__)m


どーでもいいが、白木蓮が咲き出していて、
あと数日で、すげーイヤーンな桜開花が始まると気づく・・・。

腐人は、花見客に迷惑しかかけられた覚えがないので、
花見が大大大大大大っ嫌いなんだ!
掃除機で吸い取って、
ブラックホールに捨ててやりたいぐらい嫌い。

ああ、またこの季節がきたのかと思うと、
それだけで、超ブルー・・・(ーー゛)
[ 2013/03/14 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

駆け足読書録

ちょっといろんなもんに追われてるので、
駆け足で、読書録のみ。


そーろそろ『美しいこと』の予習をせにゃーと、
Holly NOVELS版を読む。

もう何度目だかは、かみのみそしる。

で、やっぱり、ゲイバーのママな気分になる・・・。

松岡ちゃん、あんたホントにコレでいいの?
あんたみたいないい子なら、もっといいのいるわよ?

この辺は、明日あたりには入手できるんじゃなかろーか
と思ってる、講談社文庫版との読み比べを交えて
また詳しくやりましょう。

昨日は、一旦、「美しいこと」まで読了。

続きを今晩いきたいが、
今日はルチルの早売りやら『ちはやふる』の新刊やらがあるので、
どこまでいけっかな??

レンタルマンガ屋にも新刊はいったから行きたいしなぁ・・・。

とりあえずカウント。

●12日
(236)BL/Holly 『美しいこと 上』 木原音瀬

あと、これも。

(237)一般本 『「俺は聞いてない!」と怒りだす人たち 』 榎本博明

  はっきり言っていいですか?

  チョー面倒くせー(>0<)!!

  こんな害獣、全部切って捨てたほうがいいと思う。
  いる意味ねーだろ。

  腐人ははっきりいって、仕事をなすために、
  あえて空気を読まず、ガンガンつっこむし、
  間違ってれば、場なんぞぶち壊して
  結論っちゅーか本音をひきだす。

  そう、初めから本音でやりとりしてくれりゃー
  話は簡単なんだって!

  そこで他人からなんと思われようが
  知ったことかと思ってる。

  だって、仕事の目的はなんやの?
  この目の前のものを完成させて、金を儲けることやろ!
  上司のメンツをたてることちゃうやん!

  それを考えたら、
  男のメンツなんて、
  下痢便ふいたあとのトイレットペーパーよりも価値がないと思ってる。

  っつかね、腐人は今の官僚や政治家がダボやと思うのは、
  まさにこの人たちが、どこみて仕事してんの?
  ってとこで、
  まさにこの「俺は聞いてない」人とか組織のことしかみてへんから。

  なんのためにやるのか、
  官僚も政治家も、民のため、ちゃうの?

  せやのに、「俺は聞いてない」にならないために動くって、  
  まさに糞。
  便所に流されちまえよ、こんなやつら。
  ペダル、腐人が踏んだろか?

  読んでて本当にげんなりし、本気でききたくなったんだが、
  こんなことしててなんになると思ってんのかねぇ?

  「足をひっぱる」以外の効能があるなら、ぜひききたい。

  っつかさ、現代の男性社会をつくりあげてきた皆さんにききたいんだけど、
  なんでこんな存在をつくっちゃうわけ?
  必要なの?
  本当に?

  腐人には、無駄な害悪にしかみえない。

  こーゆーどーしよーもねーのには、
  ぜひ、いまどき部下の「言われなかったんで」星人をくっつけて、
  使えない、無能クソったれ人間ランキングの争いを、
  地球の果てでやって欲しい。

  君たちの生息地は、ブラックホールが適してると思うよ

(238)一般本 『アイラ セイリアの剣姫』 吉田珠姫
  ふーん・・・パープルではなくグリーンか。

  ※ホワイトハートの背表紙がパープルラインだとBL、
   グリーンラインだと一般ラノベっちゅー区分があるのじゃ。  

  あんま違和感なかったなー。

  まぁ、ある意味、BLでもいっつもぶっ飛んでるから、
  チチが腫れてるか腫れてないかの違いだけ
  っちゃーそうだしな。
  
  なので、まーいつもの感じ?
  ってもエロないが。

  腐人は男女に全く興味がないし、
  ファンタジー音痴なので、
  この続きを読むかどうかは定かではない・・・。
[ 2013/03/13 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

大人と子供のメンタリティ

昨日も書いたが、姫は、腐人家にくると自由なので、
お腹がすいたらバクバクをお菓子を食べる。

すると、当然ながらご飯がはいらなくなる。

ママとしては、
3食ちゃんとご飯を食べる
規律正しい生活習慣をつけさせたいので、
姫が腐人家にいくにあたって、姫を約束をしてるらしい。

それが、
「お菓子は3時だけ」
っちゅーやつなのだが。

例えば腐人がノロノロ起きてきて、
変な時間にメシみたいなお菓子みたいなのを食ってるところに遭遇すると、
やっぱり、「お菓子は3時だけ」が、どっか彼方に飛んでいく。


姫:「姫もたべるー!」
腐人:「え?今、3時じゃないよ?ちゃんとご飯食べられるの?」
姫:「だいじょーぶ!」
     ↑
  当然のことながら、全然大丈夫じゃない、大丈夫。


姫:「姫もたべるー!」
腐人:「え?もう今日のお菓子食べたやん。」
姫:「1つだけ、1つだけ」
     ↑
  当然のことながら、全然1つじゃない、1つ。


最近は、ママに内緒にしとけばいいのだ、ってことを学んだらしく、

腐人:「いいの?ママに怒られるよ」
姫:「いいの、ナイショなの」

とかゆってるが、
家に帰ると、腐人家であったことを事細かにママに報告するので、
ちっともナイショじゃない。

ま、しょせん、3歳児だ。

だからまー笑い話で終わるんだが、
っつか、書いてて思ったが、諸悪の元凶は腐人の存在か!?

・・・・・・。
ま、それは、あっちにおいといて。

先日、血族がちょっとした手術をした。

この手術の後は、1週間アルコールが禁止される。

腐人なんぞはアルコール耐性ゼロの人なので、
禁酒1週間ちゅーていわれても全然平気。
1年でも10年でもやりまっせ、である。

しかし、酒好きに、これは厳しいらしく、
血族が待合室で順番を待っていると、
同じ手術の順番待ちをしていた、かなりの高齢男性が、
この注意を聞いた瞬間、

「え?1週間?無理です!」

っちゅーたらしい。


術後の予後に影響があるからやめろゆわれてんのに、
無理はなかろう、無理は。

便所いくな、とか、寝るな、とか、一切食うな、とかゆー
生死にかかわるよーな注文ちゃうぞ(~o~)?

大人やろ、我慢せぇ!

と、腐人は思うんだが、
その男性もそう思い至ったのかどーかはわからん。

しかし、こう続けたそうな。


「ノンアルコールビールならいいですか?」

・・・そこまでして飲みたいんか・・・(~_~;)。

男性にとっては、恐らく一縷の望みを託しての質問だったと思うが、
看護師さんからは、

「ノンアルコールと言っても微量のアルコールが・・・」

と言われちゃったらしい。

その男性が禁酒できたかどうだかはわかりませんが、
そのやりとりをきいてた血族は、
姫がお菓子を「1つだけ!」とせびる姿と
重なってみえて、笑いをこらえるのが大変やったとゆーていた。


好きなもんを前にすると、
大人も子供も大して変わらんメンタリティになるんやねぇ。


今度、のんべぇの師匠とIちゃんに
1週間の禁酒が耐えられるかきいてみたいところだ。


大人なのに、そんなのができないなんて、
聞き分けがいい、良い子の腐人ちゃんには、
よくわからない心境だわぁ~♪
   ↑
  嘘つけ。読書禁止1週間は耐えられへんくせに・・・。

[ 2013/03/12 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

『比較で読み解く中国人とインド人』について

3月11日ですね。

腐人もいい歳なんで、
人の死というのには何度か遭遇している。

人は必ず、死ぬ。
これは、実は「絶対」がほぼありえない現実の中で、
100%言い切れる「絶対」だ。

震災以降、なにかっちゃー
「絶対安全」や「絶対安心」という言葉を耳にするが、
そんなことをゆってる限り、話はなにも進まない。

だって、それこそ100%絶対に、言い切れないことだもん。

今の日本が不幸だなと思うのは、
「絶対安全とは言えません。
 それを言える人は、詐欺師か、狂信者か、ただのバカ。
 だけど、人が生きるのに必要だから、やります」
と言える人がいないこと。

なので、実現するわけない「絶対安全」や「絶対安心」を求めて、
いつまでもいつまでも、ぐだぐだぐだぐだやっている。

まさに小田原評定。

ま、そやってるうちに日本が沈没することになっても、
腐人にゃ子孫はないし、長生きするつもりもないから
いっけどね。

おっと話がずれちゃった。
人の死、だ。

どういう形であれ、人が死ぬと、
遺された人はいろんな思いに囚われる。

そりゃ当然だ。
今までいて当然だった人の喪失ってのは、
それだけ重たいもんだから。
人一人の人生は、そんな軽いもんじゃない。

しかし、遺された人は、死んだ人と違って
生きていかねばならない。
そこで背負わなきゃならんもんが、どんだけ重くても。

なので、どう悼むのかってのは、
腐人は人それぞれ納得いくようにしたらいいと思う。

そこにはどんな言葉も余計なお世話だと思う。

なので、腐人は今日、この日について、何も言わない。

すべては、その人自身が
折り合いをつけなければいけないことだから。



さて。
昨日は腐人、読了本がゼロでした。

なので、宿題やりましょか。
ちょうどタイムリーに、なんだかなー・・・(-_-;)っちゅー
それぞれの国のニュースが入ってきたことだし。

まず、書誌情報を再度。

(60)一般本 『比較で読み解く中国人とインド人』 富坂聡・中島岳志

この本は、中国の専門家とインドの専門家が、
出されたお題に対し、各国事情を紹介している本。
『クーリエ・ジャポン』で連載されてたらしい。

で、だ。

いつものごとく、こーゆー本は自分用アーカイブとして、
気になった点だけ書き散らす。

なので、もっとちゃんと知りたい方は、
本書をお読みください。

いわゆる大マスコミの報道だけでは見えない姿が書かれているので、
これから先、印中とビジネスをやろうと思われてる方は、
一度読んでおいたほうがいいかもしれない。


●若者

〔中国〕
そのキーワードは、
蟻、蝸牛、2つの「奴」』なんだそう。

その意味はコチラ↓

蟻族:大学をでたのに就職できない若者が地下の部屋に集団で暮らしてる様

蝸居:不動産価格の高騰で若者が小さな家しか入手できないこと

車奴、房奴:車のローン、家のローンにおわれて生活が苦しい人たちのこと
※元は、タイガー・ウッズの離婚報道で、彼が性依存症であるっちゅー話から、
中国語で性依存症を性奴というらしいんだが、
なんかに依存し、振り回されてる人を、ナントカ奴っちゅー言い方が
流行語になったそう。


中国の団塊世代(社会的上昇期とマッチし一緒に成長した世代)ってのは、
奔奔族と呼ばれ、1975~85年生まれを指し、
この世代が一番恩恵を受けてるとみられてる。
対して、今の若者たちは、負の遺産の継承者と中国ではみられてる、とのこと。

・・・なんか日本の縮図みたいだな。

この状況は、後で人口をテーマにした回にあった一言
 「日本は金持ちになってから老人になった。
  だが、中国は金持ちになる前に老人になる」

これに尽きるかもしれない。


〔インド〕
インドの超エリート校(IIT:インド工科大学、IIM:インド経営大学)をでた若者による
「ロマンス小説」がベストセラーになる風潮があるんだそうで。

へー・・・。

紹介されてたのをちろっとみたが、
ハーレクインか、エロありのラノベっぽい感じ。

でも、書き手は、男ばっかのようにみえる。
ハーレは、世界どこでも、女による女の妄想、と
相場がきまっとるんだがなぁ・・・。

新しいインド文学になる?
とか言われてるらしいが、
これもまた、日本同様、読書が消費になってきただけだろう。
心配せんでも、残らんよ。

ただ、こーゆー虚業が金を稼げるのは、
国が豊かになってきた証拠なんだと思うが、
皆が皆、虚業で稼ぐことばかりを目指していたら、
空腹を満たしてくれるものは、実らない。

この人口の胃袋を、どー養うんですかね?

本来、IITやIIMの卒業生は、それを考えるための人材だろうて・・・。


●住宅バブル

〔中国〕
日本のバブルとは構造が違うそうで。

日本ではダメージを受けたのは、主に銀行だが、
一方の中国は、大金を稼いだ個人の投資、地下マネーの流入、
国有企業が政府からの金を裏で流した結果のバブルなので、
地下が暴落にすると、
本来不動産とは関係のない多くの企業、少なくとも55の業界が
直接で深刻なダメージをくらい、特に地方財政が大打撃をくらうとのこと。

その破壊力は強烈だろうとの見通しとある。

ちょうどニュースに、
中国南部・広東省東莞市にある
店舗賃貸面積では世界最大規模のショッピングモール
「ニュー・サウスチャイナ・モール」が、ゴーストタウンと化している
っちゅーのがあった。

入居店舗はほとんどなく、客もまばら。
みるからにすさんだ雰囲気になってるそーだが、
そもそもその街は、どちらかというと生活カツカツ層が主体。

マーケティングリサーチという言葉は
中国にはないんですかね?

ま、それはおいといても、かつての日本のように
ある日パチンといっちゃったら、
アベノミクスどころじゃない事態になるのは間違いない。


〔インド〕
インドでも高齢化が問題になってるらしい。

こちらも、老人が死ななくなって、高齢者人口が増加。
ま、当たり前だわな。

そして、核家族化の進行で、高齢者の孤立化が社会問題化してるらしい。
なんかどこでも似たような話ばかり・・・。

そんなインドでは、その対策として、
高齢者向け総合居住区化がすすんでるとのこと。

へー。

日本もこれから10年、いやもうあと8年ぐらいか?
その間になんとかしやんと、えらいことになるのは目に見えてる。

っても、
好きなように生きるからほっといてー、
野垂れ死に、孤独死ばんざいやー!
と、年寄り全員が思えば、話は簡単やねんけどな。


●中国の美食

実は日本は食品輸出大国で、
中国でも、日本の食材は高級品として人気なのだが、
これを喜んでるのは、中産階級だそう。

この中産階級がどんくらいかっちゅーと
日本の「中産階級」イメージより金持ち、とのこと。

わかるよーな、わからんよーな・・・。

で、中国の本当の金持ちが喜ぶのは、なんと、稀少野生動物だそうで。

どーゆーもんかっちゅーと、
シベリアトラ、チンチラ、シロハラヒメハヤブサ、
スナメリ、ボア、クジャク、モモンガ、レッサーバンダなど。

これを総じて「野味」というらしーが・・・
食って問題はないんだろうか・・・。

ウィルスとか、寄生虫とか、未知なる病気とか
とんでもないしっぺ返しがきそうな気がしてならんがな。


食といえば。
今、中国では、1000匹以上の豚の屍骸が上海のある川を流れてるそうで。
ぎょえーっ!!!

この川の上流の養豚が盛んな地域らしいんだが、
病気が流行り、ここ2ヶ月で万を超える豚が死んだとある。

・・・どー考えても、病死した豚の屍骸の廃棄だろう、これ・・・。

でもって、この川ってのが、上海市民の水源らしいんだが、
当局にきくと、答えはいつでも「大丈夫」。

姫がゆー「大丈夫」並の信頼度だろ、それ・・・。

※姫は、ママからご飯の前にお菓子を食べてはいけません!
と厳命されてるんだが、
腐人家で遊んで、お腹がすくと、「あれ食べるー」とやる。
そのたびに
「いいの?ママからダメって言われてるでしょ?
 食べてもいいけど、お家帰ってから、ちゃんとご飯食べる?」
ときくと、
「大丈夫!」
っちゅーんだが、もちろんご飯は食べられない。
で、ママにガツンと怒られる・・・を繰り返している。


豚ってさ、臓器移植でも人と近い動物として研究されてるように、
ブリオンやインフルの変異を媒介するものとして、
ものすごいキーになる動物なんだけど・・・。

偶蹄目だから、口蹄疫の悪夢再び・・・の予感がするのは腐人だけ?

そんなん生活用水にほかしたら、あかんのちゃうん!
なぁ!

でも「大丈夫」。

恐ろしすぎるぜ、中国・・・。


●インドの教育
大学の授業は英語なんだそうで、
日本が日本語で授業やってるときいて驚かれるんだって。

でも、インドは公用語が多数あり、
自国語での教育制度をつくりたいが、混在する言語が難しくしてるとのこと。

標準語と関西弁どころやないからねぇ。

ただ、日本だってその統一には、
明治期にものすごい苦労した人がいてはるわけで。
そーゆーのなしには無理だろう。

もし今、ガンジーがいてはったら、できるのか・・・なぁ???


●チャイナマネー
世界のあちこちで話題になってるチャイナマネー。

中国の世論で、
政府がためこんだ外貨を国民に配れという話があるんだそう。

といってもだ。

仮に、1兆ドル(日本円に換算すると、今日なら96兆円?
日本の実質国家予算が約220兆らしいんで、その4割強)
これを中国国民に配布したとすると、
一人いくらになると思います?

わずか、5000元(約65000円)なんですってよ。

今まで溜め込んだものの吐き出しだから、
ナントカ手当みたいに、ずーっとって訳にはいかんだろう、
おそらく一回こっきりのお話。

そこから見えてくるものは、
中国が、日本のような社会保障や福利厚生を整備することに対する限界。

そのまま超高齢化社会に突入したら、
どんな地獄になるんだろう・・・。


●インドのEPAの影響
インドはジェネリック医薬品製造の先進国なんだそうで、
途上国の薬屋との異名あり。

へー・・・知らんかった。

そのインドが、EPA合意によって、
知財関係の整備化と、M&Aがすすみ、薬価があがるのでは?
という懸念があるんだそう。

まーこの辺はTPPでも言われてる話だが、
もしそうなったら、間違いなくHIV抑制剤に大きな影響がでるだろなー。


●領土問題に対する両国の強かさ
腐人はこの手の話は苦手なので、
詳しく知りたい方は本書をどうぞ。

まー、両国とも、文明の古さじゃ日本は足元にも及ばない。
そりゃ培われてる強かさは半端じゃなかろう・・・
っちゅー予想どおり、日本は見事に手玉にとられてます。

もともと日本は、外交ヘタだしねー。


●核および原発
これに関しては両国ともに、
おそろしすぎる状態・・・です・・・。

万一なんかあったら、PM2.5どころの話じゃないぞ!

まず、中国。
賄賂横行、ずさん管理のもと、2050年までに原発を400基、
それも新幹線同様、他国の技術をみてまねて、自国開発するという。

それも秘密秘密秘密の下、進行してきて、
最近、情報開示せよ!とゆー風潮になってきたのはいいんだが、
結果、
「これまで年に13回事故があったのが4回になった、すごいじゃないか!」
という国で運用されていいものなの?原発って・・・。

続いて、インド。
こちらは先日書いたが、
核問題とのからみで、原料となるウランがないため
これまではすすんでこなかったが、
将来的にはやっぱり大量の電気がいるってことで、
原発推進方向にすすんでる。

けども・・・こちらだって品質管理、生産管理って点では、
どうなんだろう・・・。


昔あったアニメソングを思い出す。

♪ちきゅうはひーとーつー

すべて繋がってんだよなぁ・・・。


そーいや腐人らは、この後

♪われたら ふたつー

と替え歌にして歌っていたが、
ホント、割ったほーがいいような事態だけはやめて欲しい・・・。


●チベット問題の複雑さ
これについて、腐人は、
いわゆるメジャー報道しかしらなかったんだが、
思ってた以上に、根深く、複雑な問題。

中東のイスラエルとか、
そんくらい難しい話かもしれない。

ってことで、腐人は、よぉ要約せんので、
ご興味ある方は、本書をどーぞ。

ニンゲンの業の深さを垣間見れます。


●宗教
中国はともかく、意外にもインドにおいても、
かなり混乱しつつあるとはびっくり。

皆が皆ヒンドゥーだとは思っちゃおらんが、
無神論者がほとんどの日本人と違って、
何かしら信じる宗教を保持してると思っていたが、
どうやらそうでもないらしい。

へー。

中国は、過去の歴史をふりかえると、
国家に大きな影響を与える乱は、往々にして宗教と絡んでるんだそうで、
当局もぴりぴりしてるらしい。

そんな感じに、一種の規範となるような宗教が揺らいでるせいで、
両国ともに「心の帰属問題」が生じてるんだそう。

ふぅーん・・・。

中国には、
「貧すれば民 乱を好む」
っちゅー言葉があるそうだが、
隣人としては、その前に
両国民の皆様に無気力症候群になっていただきたいところだ。

なるほど・・・
イギリスがかつてアヘンを持ち込んだ意図がなんかわかった気がする・・・。


●人口
これまたちょっと驚いたのだが、
両国ともに男女不均衡(男・過多)なんだそう。

え?
中国だけじゃないんだ・・・。

なんでインドもそうなっちゃってるかっちゅーと、
インドの悪しき習慣
「ダウリー」が影響してるらしい。

「ダウリー」とは、
結婚にあたり、両家の家族で話あわれる花嫁の持参金のこと。

もともと上位カーストだけにみられた風習が
下位カーストが自らの地位向上を図って、
上位カーストを模倣する「サンスクリット化」で拡大したらしい。

結果、ダウリー目的で結婚し、その後、妻を殺すダウリー殺人や
ダウリーが少ないといって、結婚後、虐待されたり、
ダウリーに悩む親をみかねて自殺する娘が続出。

また、中国もインドも、
女児の出生が異様に少ない地域や階級ってのが存在する。

それっちゅーのは、胎児の段階で、エコーによって性別を確認し、
女児なら中絶するんだそう。

それができないところでは、産むは産むけど
女児なら育児放棄をする、といったことするんで
嫁不足は深刻化してるらしい。

考え方とか風習を改めたらええだけの話ちゃうの・・・
と思う腐人は恵まれてるんだろな。


昨今、インドのニュースったら、レイプ事件ばっかな気がするが、
それも、こーゆーのが影響してんだろうか。

そーいや、このレイプ事件多発に対して、
早く(16歳までに)結婚すりゃいいんだよ、
そしたらそっちで発散してレイプ事件なんか起こさなくなる、
と言ってる長老がいるとかいないとか。

おいおい。
本当に根絶したいなら、やるべきは、オスの去勢だろ。

タネさえ採取しちまえば、生きてる無駄なんだからさ。ケケケケケ


ま、そんな腐人の毒はともかく、
なかなか読みごたえのある、おもろい本でした。

最後にもっかい書誌情報。

(60)一般本 『比較で読み解く中国人とインド人』 富坂聡・中島岳志
[ 2013/03/11 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『名作うしろ読み』について

あー今日もかーゆーいー!!

そーいや昨日、姫がきてたときに、
目がかゆいー!!と愚痴愚痴いうと。

「目薬させば?」

と言われた。

いや、言ってることは正しいし、
そのとーりでございます以外の何モンでもないんだが、
3歳児に言われると、なんだろう、この敗北感…(-_-;)。


そーいや、最近、師匠と合意にいたった案件がある。

恐らく今、日本で一番有名な黒い動物、××モン。
あれは攻めだということで、意見が一致した。

しかし、その場合、受けは誰っつか、何なんだろう…。

夏の某会場で探したら、
目張りいれたやつがあったりするのかな?


さて、『名作うしろ読み』である。

腐人は斎藤美奈子さんの著書を読むのが大好きだ。

視点のおきどころ、筆のキレっぷり、構成の妙と、
どれをとっても秀逸なので、新作がでるといつも読む。

ま、その機会がとぉっても少ないのが悲しいんだが。
腐人の忍耐力は、こーゆーところで鍛えられるからいいのか??


今回の『名作うしろ読み』は、

「本は読んでいなくても、なぜかみんな知っている名作文学の書き出し、
 すなわち「頭」の部分である。
 では同じ作品のラストの一文、すなわち「お尻」はご存知だろうか。
 ご存じない?ですよね。
 だったら調べてみようじゃないの。」

っちゅーコンセプトだ。

相変わらず、変わったこと考えるなぁ…。
って、腐人に言われたかない??

ただ、腐人にとって衝撃だったのは、その後に書かれたことだ。

なんでお尻が迫害されてきたかというと、
ネタバレを嫌がる傾向があったからでは?と分析し、
それに対し、

「あえていいたい。それがなんぼのもんじゃい、と。」

そして、バッサリとおっしゃる。

「お尻がわかったぐらいで興味が半減する本など、
 最初からたいした価値はないのである。
 っていうか、そもそも、お尻を知らない「未読の人」「非読の人」に
 必要以上に遠慮するのは批評の自殺行為。
 読書が消費に、評論が宣伝に成り下がった証拠だろう。

う…今、バッサリとやられた腐人の胸から血が吹き出ました…。

この最後の一文の鋭さ。
やはり凄い方だなぁ、斎藤美奈子さんって。

だって、これ、評論を生業にされてるご本人の言だよ?
なかなか言えるこっちゃなかろうて。

で、本書であるが、

青春の群像(21作)
女子の選択(17作)
男子の生き方(21作)
不思議な物語(18作)
子供の時間(15作)
風土の研究(19作)
家族の行方(21作)

と分類されて紹介されている。

本書を読んで思ったのだが、
腐人…全く文学少女じゃねぇわ…(;一_一)

だって、前半の文学系、ほっとんど未読&非読だもん。

へーふーほーと思いながら読んだが、

(野菊の墓)
「生き延びた男が語る心だ女との恋。
 「1日も民子の上を去らぬ」なんて……
 本気のわけないじゃん

(伊豆の踊り子)
「途中まではロリコン小説、最後はボーイズラブ小説!?
 大丈夫かな、この一高生」

(細雪)
「大腸に自己主張させるって、やっぱ谷崎は変態だわ。」

(赤毛のアン)
「「世はすべてよし」とはいってるが、ほんとかな。
 負け惜しみのニュアンスを感じるなぁ。

(あしながおじさん)
「最初から下心込みだったのかも。あやしいっ!」

(風と共に去りぬ)
「永遠のタカビー女に反省は似合わない。」

(時刻表2万キロ)
「真性のマニアは自分の趣味を吹聴しない。
 そのヤセ我慢ぶりがまたおもしろいのである。」

※太字は腐人の装飾です。

とまーバッサバッサと切ってくその様がおもしろく、
本編はどーあれ、
もし本書を、少女時代に読んでたら、
「ブンガク?…けっ(一_一)」
とかゆってた腐人ですら、
この評が気になって、
いくつか読んでみようかなーと思ったかもしれない。

今からは読めないと思うけど。


一方、後半のテーマはぽつぽつと読んでるものがあり、
特に、子供の時間や風土の研究あたりは、
一番比率が高かったかなー。

しかしだ!
すんません、クリストファー・ロビンとプーは、
腐人の中のキング・オブ・ブロマンスなんで、
ここでは、『クマのプーさん』ではなく
『プー横丁にたった家』をとりあげて欲しかった!

あのラストは、もう超感動なのー!!!!

おまえ100まで、わしゃ99まで、
ともに白髪の生えるまで、
なのよー!!!

これもまた、腐人のバイブルです。
って、何冊あんねん!


ところで思わずニヤリとしてしまった
『十五少年漂流記』『蝿の王』の順番。

そうだよね、これは並べないとね。
本書では「蝿の王はなにか」ってのが、割愛されてるが、
腐人はあれ、映画でみたんだよな。

ブタだったっけ??
最後は少年らの間の弱いものを殺してたと思うが、
それじゃないんだっけ??

うーむ…でも映画も本も見直そうという気にはなれない。
重くて、結構、クルんだもん…(;一_一)


『紀州―木の国・根の国物語』は未読だし、
たぶんこれからも非読だが、ふと思い出したことがある。
これ前に書いたっけ?

日本のどこが「陸の孤島」か、ってテーマを、
某銀行のおエライさんとはなしたとき、
その結論が、和歌山だった。

なんでだったら、全国支店長会議ってのがあるそーなんだが、
一番早く出発しないと会場の東京にたどりつけないのが、
和歌山なんですと。

和歌山は地形的に道路や線路を通しにくいんだが、
それ以上に、「半島」というもんがもってるもんが
なんかしら、あるのかねぇ?


『菊と刀』は読んだはずなんだが、
すっこーんと中身は抜けている。

確かに「恥の文化」ってキーワードはあったのは憶えてる。
でも、これって敵国分析の本だったから、
相手の文化の賞賛なんてわきゃねぇのだ。

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」 の本なんだもん。

ただ、この末尾にあった
古典とは読まれずにその名だけが流布する段階に至った著作
 (船曳健夫『「日本人論」再考』)」
っちゅー引用の一言は、
ここに紹介されてる本の、ほとんどに該当するんじゃなかろーか…
と思った腐人である。

っても、最近、ここに紹介されてるような古典文学を
マンガにして、あわよくば…と狙ってるのをよくみかける気がするが、
気のせいですかねー


そんな感じに、全部で132作、
読んでねぇのに読んだ気になれる、非常にお得感のある本でした。


さ、次、新作読めるのは、2年後か?それとも3年後なのか。

また忍耐の日々が始まるのね…(T_T)

(234)一般本 『名作うしろ読み』 斎藤美奈子
[ 2013/03/10 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

腐人家保育園の1日

昨夜、巣に戻ると、
リビングにでっかいおもちゃの家ができていた。

「なにこれ?」
と聞くと。

「明日、あんたと遊ぶんだって、姫がおいてった。
 あ、ちなみに明日は姫ママが仕事なんで、
 朝8時半に来るからヨロシク」

…あの、予定もきかれてないし、アポとられてませんが、
もう決定なんですね…(-_-;)。


姫の感覚では、パパのお部屋は書斎、ママのお部屋はキッチン、
姫のお部屋は、リビングダイニングの全域!
となってるとはきいてたが、
どーも最近、腐人家のリビングも、
自分の部屋と思ってるよーな気がしてならん…。

で、予告どーり、朝8時半に
「腐人ー!おきてー!!」
と姫の襲撃にあう…。


まー考えてみたら、2月は腐人も血族も姫もいろいろ忙しく、
すれ違いが多くて、遊ぶはおろか会うことも少なかったから、
腐人が、スフィンクスじゃねぇ
ツタンカーメンなめこ並のレアキャラになってたんだろう。

それはわかるが、腐人は朝寝が大好物なのー!
早起きは大嫌いなのー!!

ううううう…(/_;)

とはいえ、チビッ子の攻撃をうけて寝てられる大物ではないので、
しぶしぶ起床し、ぐだぐだと姫と遊びだしたところで、
血族が、ちょっとでてくると出かけていった。

しばらくすると、ピンポーンとチャイムがなり、いってみると、
若をつれた血族がいた。

どうやらどこかで若と遭遇し、ナンパしてきたらしい。

じゃぁ、皆でしゃぼん玉すっかー!となったはいいが、
外は、花粉に黄砂にPM2.5…。

そんでも遊ぶんですかい…(~_~;)?

腐人はイヤだなぁ…(ーー;)
なんて意見は全く相手にされず、
チビーズは元気に駆け出していく。

…ふぅ…(;一_一)


結局、しゃぼん玉をひとしきりやったあと、
チョークで落書き、けんけんぱ、
なわとびは、まだうまいことできなかったが、
最後は、じょうろと水鉄砲で、
じゃーじゃーじゃーじゃー水遊び。

延々遊びたがったものの、気温があがってきたので、
ジュースで釣って家にいれる。

その後、若を送っていった足で、
街までおでかけしたのだが。

メシを食いだしたあたりから、
なーんか不穏だなと思っていたら、
見事、帰り道で16キロ超の荷物と化した…。

お、おもいーっ(>_<)

結局、夕方までたーっぷりお昼寝して、
花粉と姫の攻撃で、ヘロヘロのヨロヨロになった腐人家の面々と違い、
姫はご機嫌で帰っていった。

ママ、今晩はなかなか寝ないと思います…。


そんな姫の、今日の名言をご紹介。


お昼寝から起きた後、
突然寝られて、チッチを済ませてなかったから、
そろそろヤバかろうと、チッチいこー?と声をかけた。

すると、「いかない」とゆー。

こーゆーときは、腐人がネタになって、
対抗心を燃やさせることで、行動させてきたんで、
姫のトイレ用に用意している
トム&●ェリーのトイレットペーパーをもちだし、

「姫がいかないんなら、
 腐人がいって、このトイレットペーパー
 ぜぇんぶつかっちゃうよー?げへへへへ」


とゆーたらば。

姫は、冷静にこういった。


「もったいないよ」


いやま、そーなんだけどさ…。



昨日の続きは、無事思い出せたので、また次回のコンテンツ論で。


あと、どーでもいいこと1個、叫ばせて。

腐人のテリトリー内にあるレンタルマンガ屋にお願い!

日暮キノコさんの
『喰う寝るふたり 住むふたり』をいれてー(>0<)!!!

読みたいんだよぅ!

よろしくお願いいたします m(__)m

[ 2013/03/09 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

壁の打破が必要か?

久々のコンテンツ論。

とはいえ、これまでどーゆーことを書き散らしたか、
また、その後、ぽんぽこぽんぽこ目につき次第、
種種雑多な情報をインプットしたせーで、
脳内汚部屋状態です。

なので今日は情報をお片づけしながらダラダラと。

でも、そやっていろいろ集めて、整理もせずにぼやーんと眺めていると、
なにもかもをひっくるめて「コンテンツ」と言ってるが、
いっしょくたに語れるところと、
そうでないところがあるような気がしてきた。

考えてみりゃ当たり前の話で、
その性質が、ストックなのか、フローなのか、
エンドユーザーの手元にいく段階で
完成度が100じゃなきゃいけないのか、20でいいのか、
情報精度はどうなのか、
それぞれ違うわけで、それによってどうあるべきかの姿は異なり、
アプローチだって変わってくる。

となってくると、
腐人は、いったいその中の何に関心があるのか、
まず的を絞り、余計なもんは削いじゃったほーがいいのかな?
っちゅー気がしてきた。

でも、それぞれのメディアが試行錯誤してきた道からは、
参考になるものも多いんだよなー・・・。

うーん・・・。


ま、とりあえず、腐人が一番関心がある、本
・・・といっても、小説・マンガといったいわゆる読み物系と、
リアルに即した実用や検証系を分けて、ですが、
それを中心に考えることにしょう。


どうしてこう思ったかっちゅーと、
『ソーシャルゲームだけがなぜ儲かるのか』にあった一文が、
ものすごく衝撃だったんですわ。

腐人は、本や新聞はもちろんだが、
基本的に、対外的に発信するものについては、
間違った情報を載せてはいけないもんだ、
と思ってる。

まー見るからに異世界なファンタジーは別にして、
リアル生活が書かれてるものならば、取材をし、裏取りした上で、
書かれてるはずだと思ってんのね。

前提が、そこに書かれていることは正しい、だから。

っても、物語の筋を重視するがゆえの誇張すらない
とは思わんけどね。


でも、だ。
この本読んだらさ、
ソーシャルゲームとは、2割ぐらいの完成度
その後はユーザーの動向をリアルマーケティングしながら作る、
これからのコミュニティにおいては、
運営側の人手をできるだけ使わずにすむ方法を考えるべきだ、
ユーザー同士がやりあうことで、勝手に情報提供されてくようにし、
流れてる情報が正しいかどうかのために多くの人をつぎこんではいけない、
ってあって、なんか脳天カチ割られた気分がした。

それがネット、といわれたらそうなのかもしれないが、
製造元すら、品質を保証しないってことが、
腐人にとっては、衝撃だったんだ。

ただ、精度について関知しない、=手間かけない、とするならば。

DRMなんて関係ないわな。
コピーされまくってもかまわんわな。

っつか、オンラインゲームの場合、
数ヵ月後に類似品がでる、が、もう前提らしい。

なら、そこの管理に時間と労力と金を費やすのは、
あほらしい・・・と思って当然か。


ってのは、わかるんだけど。
頭ではわかるんだけど。

これまで、コンテンツ論を考えてく上において、
どうしても著作権の保護、制作側利益の保護ってのが壁になってた。

しかし、ここまでスコーンと突き抜けた考えを出されると、
なんか言葉を失っちゃうんですよね・・・。


でも・・・もしかしたら・・・
そのくらい頭をリセットしないといけないのかもしれない。


『出版・新聞 絶望未来』にだったと思うが、
『99%対1% アメリカ格差ウォーズ』だったか?

すんません、読んでから日が経ちすぎて、
ちょっと出典が怪しくなってますが、
そのどっちかに、アメリカの新聞の現状が、いかに悲惨かとあった。

アメリカって土地が広いから、
新聞って基本、地方紙らしいんですわ。

なので、記者が足でネタをとってくるわけですけども、
日本同様、部数の落ち込み、広告の激減で、
記者を養えなくなり、どんどんつぶれていっている。

となってくると、必然的に監視の目がなくなるので、
腐敗が進み、確かカリフォルニアのある町の公務員が、
自分の給料を勝手につりあげまくってたってことも
見過ごされてしまったらしい。

確か、大統領よかもらってたんじゃなかったかな?

すんません、ご興味ある方はご自身で調べてください・・・。


腐人自身は、これ、
別に新聞の機能がなくなったから、
だけじゃないと思うんだわ。

だって、いわゆる三すくみ
(民が議員を選び、議員が行政を監視し、行政が民を管理する)
がちゃんとできてれば、暴走は起こらないはずでしょ?

まーアメリカのシステムはよく知らないが。

要は、民と議員がさぼってただけじゃね?


でも、その部分をこれまで新聞記者が代行してたんだというならば、
でもって、それが新聞の衰退でダメになってってるというならば、
そこに代わる機能をつくりだせばいいだけだろう。

人事院みたいなさ。

っても、そこの運営に金はいるから、
地域住民全員が金を負担して、だがな。



こないだ、何を読んでたときだったかなぁ・・・。
新聞?

ちょっとはっきり覚えてないが、たぶん新聞のコラムだ。

その書き手さん自身も、ネットニュースの便利さを認めていて、
こんなのが無料で読めるなら、
新聞がペイウォール(課金の壁)を乗り越えられず、
ダメになってくのは、わからなくはない、
っておっしゃってたんだわ。

でも、だ。

ネットにある情報と、新聞との違いは、情報の精度だと。

だからこそ、「正しいことを知りたければ新聞を読め」としてあれば、
新聞も生き残れるのではないか・・・?

ってな感じのことを書かれてたよーな気がする。


すげー正直なところを言えば、
腐人の心情としては、この意見に賛同したい。
腐人は紙を愛しているからね。


でもね、腐人の冷徹なところは、この意見を
「変化することを避けて、現実から目をそむけ、
 耳障りのいいことを並べてるだけだな」

とみる。

なぜならば。
これから先は、一度でも対外的にでたものは、
即、コピーされる、
これが前提だからだ。


それが例え紙であっても、DRMの縛られたデータであっても、
防ぐことは無理だろう。

もはや、コピーとの戦いは、ただの消耗戦。

一生懸命労力を費やし、金をかけ、裏取りしてできた記事も、
一度外にだしてしまえば、コピーされ放題、
残念ながら、これが未来図だと、もう認めないといけないのかもしれない。


ならば、どうしたらいいのか。
どうしたら、ペイウォールを打ち破り、
コンテンツ制作の労力に見合った対価を得ることができるのか。


そのヒントの1つになるかもしれないのが、
上記に書いたソーシャルゲームの形。

ただ、この形を、今現在の出版新聞に慣れてる人が受け入れるのは、
非常に困難かもしれない。

もし、この方向を模索する気があるならば、
全く染まっていない人の発想をきいてみるのがいいかもな。


そして、もう一つ。
アメリカでいくつかの新聞が電子版をはじめた結果、
唯一伸びてるのが、
ウォール・ストリート・ジャーナルとフィナンシャル・タイムズだということ。

これは、専門に特化したものであれば、
既存の形の延長線上に生き残れるかもしれないっちゅー光明かもしれない。


うー・・・さっき、ここまで書いてたときに、
昔、電子書籍関係の本を読み漁っていたときに読んだ文章が
ピカッと頭で光ったんだが、
それについて書こうとした瞬間、電話が入り、
終わったときには、何が光ったかわからんくなってしまった・・・(T_T)

なんかそれがつながりそうだったんだけど・・・
うわーん!わからんー!!

すんません、たぶん、またすぐ思い出すと思うんで、
今日はここまでにさせてください。

どこまで続くよ、コンテンツ論・・・。
[ 2013/03/08 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)

途中放棄 『刑罰はなぜ必要か』

の前に。

師匠に、樋口美沙緒さんのムシシリーズを読ませたところ、
思惑通りムシに捕まってくれた。
へっへっへ。

しかし!
ムシ、いいよねー♪ってな話の後、
師匠が言った一言に、腐人はまだまだだなと思ったよ・・・(-_-;)

その一言ってのが。
「ロウクラス×ハイクラスって面白そう」

はい?なんですと??

あの・・・ロウ×ハイってことは、
ジュウニマダラテントウムシがオオスズメバチをやっちゃう・・・
っちゅーことっすかぁ!?

最初っから、考えもせんかったですよ、それ・・・。

樋口さんは、次はハイ×ハイかな、
なんておっしゃっておられましたが、
こーなってくると、ロウ×ハイに
ぜひチャレンジしていただきたいところだ。

どんなになるんだ!?
想像がつかん・・・。

でも、意外にマヤマヤなんて、女王様受になるかもなぁ・・・。


そーいやムシで思い出したが、先日、べランダに出ると、
王子がパパと庭でなにやらやってる姿がみえたので、
血族が「王子、なにしてるのー?」と声をかけた。

すると、何かを握った両手をつきあげ、
「みてー!イモムシとミミズー!」

・・・いや、見せんでええから・・・。

パパにきくと、冬枯れした芝生の植え替えをしていたそうで、
めくった芝生の下に、イモムシ君とミミズ君が寝ていたらしい・・・。

啓蟄をむかえ、カエルも遊びにきてるらしく、
ムシ好き王子にとっては、幸せの春の訪れのようである。

でも、イモムシとミミズは見せにこんでええからね!



さて、途中で放棄した本の話。
『刑罰はなぜ必要か  最終弁論』
っちゅータイトルに惹かれて、
手にしてみたこの本だが。

著者は、ヴィンフリート・ハッセマーさんというお方。

この段階でおかしいと思えばよかったんだが、
『腐人日記』時代から、
刑罰のありようにすごく疑問と関心がある身としては、
その「なぜ」が知りたかったのだ。

ちなみにもちろん翻訳されております。
腐人は標準語と関西弁しか読み書きでけへんねんて!

で、いざ本を開いてみると・・・これが超難解・・・。

そりゃそーだ。
ドイツの憲法裁判所元副長官さんが、ドイツの法や判例を踏まえて、
刑罰について書いてるもんだから、ちんぷんかんぷんで当たり前。

一般論的なところは読めるんだが、第何条がうんたらりん・・・と言われても、
しらんがな!って感じで、
ざーっとページを飛ばしながら、興味をひいたとこだけ読んでみた。


腐人の興味をひいたのは2点。

一つは、拷問。

もちろん、ドイツでも拷問はダメとされている。
ナチの歴史があるから、もしかしたら日本以上に、神経質かもしれない。

でも、だ。
ある事件がきっかけで、
被害者を救助するための拷問も許されないことのなのか?
という疑問が生じる。

これは実際にドイツであった誘拐事件だそうなんだが、
幼い男の子が誘拐され、警察は捜査の末、犯人を捕まえたのだが、
肝心の男の子の居場所がわからない。

そのため犯人を拷問し、ききだしたのだが、
そこにいってみると、残念ながら男の子の亡骸があった。

実は、犯人が監禁場所を離れる前に既に殺していたという。

で、この拷問をした警察さんなんですが、
そこそこお偉いさんだったと思うが、
男の子が殺されてたことがわかった後、
自分は犯人を拷問したと自首し、
同じくその場にいたもう一人も自ら名乗り出た。

犯人およびこの二人の警官は、法廷で裁かれることとなり、
犯人には終身刑、二人の警官には罰金刑がくだった。


本書では、それ自体の是非をはっきり書いてなかった気がするが、
正直あんましよく覚えてない。

だって、司法関係者の文は、霞ヶ関文学並みに独特なんだけど、
そーゆー元裁判官さんが原文書いてんのよ?

かつ、この翻訳、結構、分担でやられたみたいんなんですが、
どうも法学者の方なのかなぁ・・・?

読んでてキーッ!となるぐらいわかりづらいんすよ、
日本語自体も。

どなたか本書を読んで、腐人に解説してくださいませ(-_-;)
腐人はもうあきらめた。


ただ、だ。
それはそれとして、自分はこれについてどう思うか、と訊かれたならば、
やっぱモゴモゴ、口幅ったくなるのは事実。

救助のため、というなら、いいんじゃね?と思うが、
こーゆーもんは、ちょっとでも緩まると、すぐに大きくとられ、
拡大解釈されないとは限らない・・・のだ。

そうなったとき、未然に止められるか?というと、
たぶん無理。

む、むずかしいなぁ・・・。



もう一つは、犯罪者の再社会化。

腐人は、どうしても被害者寄りに考えてしまうため、
犯罪者の再社会化ってのは、加害者に甘い部分があるんじゃね?
と思うところはある。

でも、再社会化によって、
一度罪を犯したものが非社会化することを防止する、
といわれれば、そうかな、という気にもなる。

ただなー・・・死人に口なしというか、
死んだ人がどうか、というより、生きてる人をどうするか、
にやっぱ比重をかけて考えてる気がするんだよね。

生きてる人は、文句も言うし、また犯罪を犯すかもしれないし、
これからの社会に貢献するような人間になるかもしれない。

でも死んだ人間は、もうなにももたらさない。

だから生きてる人間を主体に考えましょう・・・ってなってない?
っちゅー気がどーしてもしちゃうんだよな・・・。


あと少年についても気になったが、
やっぱ裁判官って、考え方が性善説というか人は更正できるもの、
という方向なんかなぁ・・・という気がした。

でもさ、六本木の事件とかみるとね、
腐人はどうしてもそう思えない。

ナイフではなく、包丁でもなく、金属バッドだから、
目的は、傷害であって殺害じゃなかったって、
どうして言えるのかな。

これまでにそれで実際に死んでる人がいて、
かつ、それを持った人が、一人ではなく、複数一緒にいるというのに。

撲殺、という言葉は、概念は、そこにはないのかな。

腐人には、十分、殺意があったと
言える気がしてならんのだが。


ま、そゆこと考えてくと、
人が人を裁くということ事態が難しい・・・となる。

となってくっと、
腐人としては、いつもの結論になっちまうんだよなー。


確かに刑罰は必要です。
でも、それ以前に、ニンゲンという動物を管理することが必要です。

なので、地球上で得られる食料から逆算し、生殖機能を剥奪して、
ニンゲンという動物の生存をコントロールします。

まずは、環境を壊さず飼育できる頭数を決定し、
その数だけ生産するようにする。

そして、生産されたものには、すべてチップを埋め込み、
その行動言動をすべて記録する。

欠けた場合は、その分、増産し、
同類を欠かせるようなことをした場合は、
そいつを屠殺して、別のものを生産する。

別に頭数そろってりゃ、どれでもいいからねー


ま、こんな意見は、荒唐無稽で片付けられちゃうんだろうけど、
こーゆーのに対し、どう思うのか、
いっぺん聞いてみたいなぁ。


一応、ご興味のある方のために書誌情報のせときますね。

『刑罰はなぜ必要か  最終弁論』
ヴィンフリート・ハッセマー著
中央大学出版部

[ 2013/03/07 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

幼児のタラシ方 イチゴジャム編

腐人は、チビどもに直感で同類とみなされ、
敬意もへったくれもなく、寄り付かれる性質をしている。

一方。
総料理長は、その料理の腕で、人見知りのチビー'sを
次から次へと狙い撃ちして落としまくる、胃袋掴みの達人だ。

特に、この季節は、ナンパがたけなわ。

なんてこたぁない、
いちごジャムの季節なのだ。


腐人家のいちごジャムは、砂糖が極少量の超甘さ控えめである。

っつかね。
昔々のすっぱいイチゴだった時代なら別だが、
今の、高糖度に品種改良されたイチゴで作るなら、
砂糖なんて極力いれないぐらいでいいと思うのー。

ってことで、よく、イチゴと砂糖は、2:1なんていわれますが、
腐人家では、イチゴ1キロに砂糖は300~350gぐらいで作ってしまう。

っても、しょせん腐人家製。
分量は、むちゃくちゃ適当で、
「こないだ甘かったねー」「じゃ、もうちっと減らすかー」
ってな感じにどんどん目減りし、
シーズン初めとシーズン終わりでは、砂糖の量はかなり違う。

ま、腐人家ですから。


この低糖ジャムの欠点は、
「あまり日持ちがしない」。

だが、作る端から、配りまくり、いつも足らないぐらいだから、
それは心配無用である。

それに、腐人なんぞが食べてるやつは、
腐人の好みもあって、1時間ぐらいしか煮詰めない、
ジャムというよりソース状態の、さらに日持ちがしないやつだが、
今、作成後、2週間目に突入してるが、
毎日食ってても、ぜんぜん平気だぞ??

なんでそんなの食ってるかっちゅーと、
腐人はあのぶにょぶにょイチゴが好きなのよ。
煮詰めると、それの形状もなくなっちゃうでしょ?

ぶにょぶにょイチゴがゴロゴロとしつつ、
その周囲にイチゴソースがとろとろしてるのが
腐人の好みなのー!

これをヨーグルトにかけると絶品なんだもん!


ま、そーゆージャムなので、老若男女の万人受けするようで、
他にも、季節のたびにいろんなジャムをつくるが、
これが一番配りやすく、受けがいいらしい。



で、だ。

本日は、若の陥落話である。

腐人家保育園にたまーにやってくる若と小若だが、
人見知りがすごい。

エレベーターで会って、「こんにちはー」とやっても、
すぐパパの足にコアラとなってしがみつき、
警戒心もあらわな様子で見上げてくる。

お土産もってったり、おすそわけをもってったりしても、
パパやママの服を握って離さない。

「ちょっと遊んでかない?」
とナンパしても、
扇風機のように首をふられて終わるのがオチで、
たまーにバイバイをしてくれると、
おおおおおーっ!若にバイバイされたぞー!!!
となるよーなツンである。
       ↑
      なんかちょっと違う・・・

パパママに聞くと、パパママ以外の誰に対してもこうらしく、
春からママは仕事に本格復帰らしいのだが、
どうしようかと・・・と悩んでおられた。



で。
こうなってくると、
落としたくてたまらなくなるのが人情ってもんで。

腐人は会うたびに、ナンパを続け、
総料理長はせっせと貢ぎものを献上し、
先日は、できたてイチゴジャムを持ってったらしい。


すると、その翌日のこと。

ホールでばったり、若と小若とママに出会い、
そういえば、若にあげたいおもちゃがあるのよ、寄ってかない?
と訊いたところ。

「うん。いく」と。

これにはママが仰天した。
そんくらい画期的なことだったそうで、
ママは内心、無理じゃないかと思ってたようだ。

でも、大丈夫?ときくと、大丈夫!というし、
珍しく若がやる気になってるので、
「じゃぁ、ママはお家で待ってるからね」
といって、若と総料理長は腐人家に、
ママと小若は、自宅へと戻っていった。

腐人家にやってきた若は、約束のおもちゃをもらい、
ニコニコしながら自宅に戻ったのだが、
どうもママは本当に大丈夫かどうか心配で心配で、
小若を抱っこしながら、ずっと玄関で待ってたらしい。

すごいねー大冒険だったねーと大喜びしていたが、
子供はそやって大きくなってくもんなんですな。


にしても。

あの若の態度の変わりようは、
間違いなくイチゴジャムマジックだよな・・・
あれは美味しいものをくれる人
っちゅー認識ができたんだぜ、きっと・・・
とは腐人家での見解。

ま、そんなに外れちゃおらんだろう。

ってことで、
今日も総料理長は、
ジャムおじさんならぬ、ジャムおばさんと化して、
せっせとイチゴジャムづくりに励んでいる。

おかげで、現在の腐人家は
あまったるい匂いがしみつきまくりである・・・(-_-;)
[ 2013/03/06 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

自然と人とウィルスと

一気にきましたな、花粉。

腐人がいる関東圏は、いわゆる花粉予報がまっかっか状態で、
防毒マスクが欲しくてたまらん・・・。

その一方で。
北のほうでは、この週末、
暴風雪で何人もの方が亡くなったとのニュースが。

今の日本は、春と冬が同居中なんだな。

大変だなぁ・・・と思う反面、
もし自分がそういう状況に遭遇した場合、
どーすりゃいいのだ??という疑問がわく。

車の中にいつづけたら、
寒くはないが、一酸化炭素中毒死する可能性がある。

かといって、車の外にいったら、右も左もわからなくなって、
そのまま凍死する可能性がある。

出るも地獄、出ないも地獄ってやつじゃん。


そういえば、よく雪山で遭難しそうになったら、
積もった雪に穴掘って、ビバークするという。

なら、そうすればいいのか??


こーゆーことは、なんでも知ってる血族に聞くに限ると、
疑問をぶつけてみたところ。

「スキー用、冬山登山用のような、
 完全防寒装備をしてたら、それで助かる可能性はあるが、
 普通の防寒程度なら、それやっても死ぬ」

・・・そ、そうなのか・・・。

なら、どーすりゃいいの?
と重ねて訊くと。

「でかけなきゃいい」

・・・ま、そらそーなんだがさー・・・。

アメリカのマサチューセッツ州では
「吹雪の日に運転した者には罰金か禁固刑を科す」
っちゅー法案があるらしいですけどね。


新聞にあった記事によれば、出ては駄目と。
それは遭難するリスクが高すぎなのでやめましょうとのこと。

かといって、車内に残ってエンジンまわして暖をとるのも×。
やっぱり一酸化炭素中毒の可能性があるから、
立ち往生したらエンジンは切るようにとのこと。

そんかし、常日頃から、そういう事態になってもしのげるよう、
車に毛布などの防寒具を用意しておくべし、ですと。

で、早急にレスキューへSOSを出せ、とあった。


でもさ、今、雪はもう5メートルとかゆーとこもあるわけで、
車内で我慢してるうちに積もり積もってつぶされちゃうとか、
雪がやんだから出たいとなっても出られなくなることだって
あるんじゃねぇのかねぇ?

なにはともあれ、
自然を前にすると、ホント、人間ってちっぽけだよなー。


でも、そんな小さな人間でも、根気強い研究によって、
ウィルスに打ち勝つこともあるのねぇと思ったのが、
母子感染した新生児のHIVウィルス完治のニュース。

完治そのものは、骨髄移植で完治した症例がすでにあるが、
これはありえない確率で成立した極めて稀な例だから、
あんま他に使えるもんじゃない。

でも今回の例は、母胎内間での感染による新生児って症例だから、
今後の患者抑制に光明がさした感があるよなー。

特に感染男女比がほぼ等しく、
母子感染も多いアフリカ圏なんかでは。


とはいえ。
ウィルスと抑制剤や抗生物質との関係ってイタチゴッコなので、
いつ、現在のHIV治療薬の耐性菌が発生するかは
わかったもんじゃない。

っちゅー点で、先日、ほっほーと思ったことがあった。

現在、アメリカに入国するとき、
ビザ免除プログラムに参加している日本国民は、
渡航前にESTAを申請せにゃいかんことになっている。

これには有効期限があり、申請してから2年、
もしくは申請者のパスポートの有効期限間、っちゅー関係で、
ずーいぶん昔、
それこそこれがスタートしてほどないころ手続きしたやつを
先日、更新したんですわ。

スタートしてほどない頃ってのは、
名前やパスポート番号などなどの他、
犯罪したことない?とかゆー程度で、
質問内容がわりとゆるかったの。

それが今になると、
伝染病にかかってないか?
薬物やテロ行為をしてないか?
強制送還されたことないか?
子供の奪取で問題おこしたことないか?
と、かなり突っ込んだ質問になっている。

まー、ハーグ条約がらみは、最近、
世界規模で問題化してるからなぁ・・・。


でもって、伝染病にいたっては、

軟性下疳
淋病
鼠径部肉芽腫
感染性ハンセン病
鼠径リンパ肉芽腫
伝染段階梅毒
活動性結核
その他保健社会福祉省が定めたもの

となっとるんですが、
「感染性ハンセン病」と「活動性結核」以外、
全部性病じゃん・・・(~_~)。

特に淋病なんかはちょい前までは治るもんと思われてたが、
耐性淋菌がみつかったからねー。
それもどうも日本が発生地らしーとゆーやつですが、
そんなん撒き散らされたら、えらいこっちゃよねぇ。
中世ヨーロッパの梅毒蔓延の悪夢ふたたびって感じ?
カカカカカ

にしても、申告に嘘がないかどうかは、
パンツ脱がせて、ナニを調べるんだろうか??
これは全身スキャンでもわからんと思うんだが・・・。
素朴に疑問。


ドイツで上海ガニが異常繁殖しちゃうほど、
世界の距離ってのは縮まり、
あるべき自然の形が狂ってきている。

ま、それもすべて人間がやってきたことの結果だから、
しょーがねぇのかねー。
[ 2013/03/05 ] ニュース&読書録 | TB(-) | CM(-)

映画『テルマエ・ロマエ』と、マンガ『北斗の拳』

の前に。

昨夜、ニヘニヘと、J庭戦利品のペーパーを読んでいて、
「ペーパーラリー」なる企画があったことを知る。
ペーパーを10枚集めたら、なんかもらえたらしい。

どーりで。
なんかいつもよりペーパー配布しとるとこ多いと思った・・・。
   ↑
  気づくん遅いわ!


でもま、腐人は同人誌に関しては、かなりセーブしてるんで、
MAX集めても、10枚いかんかったやろなー。

お休みしとるとこもあったし。


腐人の見落としうっかりぽんはともかく、
個人的には、こういうイベントで、
出展者も参加者も一緒になって楽しめる遊びを企画していただけることは
とてもありがたいなと思ってます。

っつかですね、
このネット化、非対面ビジネスが進む世の中での
ビジネスモデルを考えるにあたって、
ライブでこそ、現場でこそ得られる「付加価値」の位置づけって、
すごく重要になってくると思うんですよねぇ・・・。

あ、いかん、コンテンツ論になってきたぞ。

今日のテーマはコンテンツ論じゃないので、
これ以上の掘り下げはやめますが、
腐人は、同人誌&イベントと、商業誌&一般売りの最大の違いは、
書き手と読み手の距離感だと思ってるんで、
その特性を生かす何かがあればいいなと思います。

っても、作家さんのサインとかやりだしたら、
会場大混乱になるのは間違いないし、
せっかく企画をしていただいても、
腐人みたいなボケまで認知できるよう告知を広めるってのは、
も一つ手間のいる話だし、
簡単な話ではないですけどねー。



さて。
映画『テルマエ・ロマエ』と、
マンガ『北斗の拳』である。

偶然、同じ日に、両方目にしたわけですが、
であるがゆえに、余計になー・・・(-_-;)


ぶっちゃけ訊いてみたいんだが、
『テルマエ・ロマエ』の原作ファンで、
あの映画をみておもしろかったという人はいるのだろうか。

そら、あの古代ローマのモブシーンは見事!としかいいようがないが、
ありゃ、『テルマエ・ロマエ』が凄いんじゃなくって、
あのセットとエキストラを集めた、
HBOとBBCの『ROME』が凄いって話だし。

あとは、よくぞあそこまで、ヤマザキマリさんが描く
平たい顔族に酷似したエキストラさんを選んだものよ・・・
って点は感嘆に値するが、
他は、正直、マンガのがよほどおもろい。

先日、テレビにヤマザキマリさんが出演されていて、
映画で58億の興行収入があっても原作使用料は100万円だったと
おっしゃっておられたが、
まー映画って関係する人多いからなー。
一人頭の取り分は、減るわな。

っつか、こーゆーメディアミックスの場合、
それ単体でいくら入るか、よりも、
それによって、普段マンガを読まない層にマンガ購入をさせる、
ってことのが、目的だと思うんだが。

あと、今は映画って、映画上映で収益あげるってより、
DVDでいくら稼ぐかが主体じゃないの?

・・・それ込みで58億なんだろか??
でも、そうした場合、DVD売り上げに対する
印税主張ができんじゃないのかねぇ…。


そーいや、その番組で、税金のことにも触れてらしたが、
確かに海外居住の場合、税率は高くなる。

租税条約を結んでない国ならば、基本、20.42%だ。

でも、今、ヤマザキさんアメリカでしょ?
したら、租税条約の特典条項があるから、
著作権の使用料は、免税、すなわち0%でいけると思うんだけど?

書類さえ用意して、手続き踏めば、だが。


なんか金の話ばっかになったが、
原作を読んで、それをおもろいと思ってる腐人には、
あの映画は、つまんなかった。

映画にすることで、漫画では不可能だが、可能になる何かがあれば、
また違ってた気がするんだが。

ああでも、マンガ原稿の原画がみられたのは、プラスかな。



で、『北斗の拳』である。

「どういう最終回だったか言える?」
「ラオウがどうやって死んだか言える?」

マンガ好きに、この2つの問いを投げかけた場合、
おそらく、前者をきちんと答えられる人より、
後者を答えられる人のが圧倒的に多いよーな気がするのは、
腐人の気のせいだろうか・・・。


全巻読み終えた今、率直なところを言えば、
ラオウの死後は蛇足だなぁと思う。

だってさ。
『北斗の拳』の名台詞といわれて思いつくの、
ラオウの死以前ばっかでしょ?

ゆっちゃぁなんだが、
台詞に力、入ってないのがありありだ。

ストーリーにも?が多く、
個人的に一番ききたいのは、
カイオウとラオウとトキを産んだ母ちゃんは、
いったいいつサヤカを産んだのかってこった。

もうこの辺のつじつまあわせは放棄してたとしか思えん。

そんな感じの実は!実は!な、後だしジャンケンの継ぎ足しで、
これ、最後のほうのアンケートはどうだったんだろ。
ひどかったんじゃないかと思うのは気のせいか?


そこでふと思ったんだが、人気がでたから、引き伸ばし、
っちゅーよくみられるアレは、
いったいいつ頃からあるものなんだろう。

有名なのは『ドラゴン●ール』だが、『北斗』のが先なんだよなー。
たぶん『聖闘●星矢』も同様の運命をたどったが、
これもまた『北斗』の後。

ってことは、『北斗』が皮切りか??

しばし、血族と検討したんだが、いや待て、
それを言えば、『キン肉●ン』はどうよ、
となり、
その後、一人で熟考してみたが、たぶんそれこそ
『鉄腕ア●ム』『0●9』の頃から、
そういう風潮はあったような気がする。

そーゆー意味では、人気があっても、ドラマとしての筋を重んじる
少女漫画のが、完成度が高くなるのかなぁ・・・。

でもって、この引き伸ばしに伴い、
どーしても、「史上最強の敵」を倒したはずなのに、
すぐまた新たな「史上最強の敵」がでてくるっちゅー
「史上」の漢字は、「市場」ちゃうんかい!
と突っ込みたくなる現象が現れてくる。

ホンマに。
その「史上」って、相場並の信頼性だよなー。


あと、フェミの観点からこれみたら、
たぶんボロクソ言われそうな気がする。

あの『銀河英雄伝説』も、女が書けてないといわれていたが、
これなんぞ、もっとひどかろうて。

女は、子を産む道具じゃねぇんだよ!


そーいえば、腐人は穢れた大人なので、
カイオウがリンに迫ったシーンだったかな、
その遠近というか、肉体比をみて、
「これ、もしガタイのデカさに比例しとったら、
 経産婦じゃなきゃ、相手無理やろ・・・」
と思ったんだが、比例してるとは必ずしも限らんからなぁ・・・。

実際んとこどーなんですかね??

っつか、遠近へんだよな、たまに。


ん?
なんか貶しの羅列みたいになってきたが、
これ、すべてがあまりに堂々とやられてるから、
読んでると、笑えてくるのよ。


血族などは、オチだけ知りたいからと終わりから読み出したら、
「誰?これ??」
になって、後ろからさかのぼるっちゅー邪道も邪道な読み方したもんで、
「キャラの見分けがつかなすぎて、途中で笑えてきた・・・」
とゆーておった。

そう・・・この『北斗の拳』は、
絵も表現も後世に多大な影響を与えた作品だが、
「顔の描き分けがでけん場合は、顔に傷をつくれ!」
っちゅーのも、これが始祖ではなかろうかと思うほどで、
ラオウとカイオウなんかは、間違い探しをしたくなる。


なにはともあれ、これは漫画史に残るマンガであることは事実で、
読んでてとても楽しかった。

しかし、
「どういう最終回だったか言える?」
という問いかけを、1年後にされたとしたら、
おそらく答えられない気がする。

もう終わったことに、「たられば」を言ってもしかたないが、
ラオウの死できっぱりやめておいたならば、
もっと、記録にも、記憶にも残ったんじゃなかろうかと思う。

そこが残念でならない。

物語の終わりって大事だねぇ・・・。
[ 2013/03/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

我が生涯に一片の悔いなし!! J庭探訪記

と言いたいところだが、そうでもない。

だって、やっぱり
木原音瀬さんとこペーパーがなく、
谷崎泉さんに新刊がなく、
六青みつみさんがお休みで、
松岡なつきさんも不参加だったんだもん(-_-)。

まー同人はシュミの領域だから、
お話が途中でもなんでも我慢せにゃいかんかと思うが、
商業誌が途中のまま、もし臨終を迎えそうになったら、
絶対、最期の言葉は、未練たらたらな呪詛だろな。

あ、ちなみになんで急にラオウ?ってのは、
昨日の読書録が、『北斗の拳』だったから。

いやー、ぶっとぶぐらいおもろかった。

ま、その話はまた後で。


で、J庭ですが。
一応、目的物はいただいてまいりました。

今回は、師匠からの厳しい指導もあり、
珍しく開場前に会場に到着。

腐人は、ダーリンの関係もあって、
いつも裏から入るんですよ。

で、いつもならお昼にご到着だから、
裏から入っても、はいどーぞでスルスルいけるんだが、
今回は開場前だったもんで、裏から入ったら、
「あーすいません、最後尾は表なんで、
 このまままっすぐ外まで抜けてください」
と言われる。

こんなことなら、表から入ればよかった…(-_-;)

でもまースカイツリーやらネズミーランドやらコミケと違い、
列はサクサクと進む。
妙齢の女性がほとんどってのも、行儀がよくっていいよな。

10分かそこいらで会場入りできたと思うが、
時計みてないんでよくわかりません。

いつもなら木原音瀬さんとこ突進だが、
今回は新刊もペーパーも無理との事前情報を得ていたので、
別のとこからまわる。

それにしてもこの事前情報って便利っすよねー。
これみて、どっから攻めるか、攻略方法がたてられるし。

ネットがない時代は、現地行かないとわからんかったわけで。

今日も、念のため最後、退出直前に木原さんとこいって、
本当にペーパーがないか確認してきたんですが、
その時間帯でも行列してて、
もし事前情報がなければ、この列に並んでたんだろうな…
とか思うと、
ネットってやっぱ便利だよなぁと改めて思う。

腐人なんぞ、ほとんど使いこなせてないけどね。


そいや今回、桐嶋リッカさんとこで、
ノベルティでめがね拭きもろたんですよ。

それもイカニモ!な絵がついてるよーなんじゃない、
オシャレな感じのを。

おー!これはマジでありがたい!

腐人は超ド近眼で、最近はローガンも入ってきて、
メガネなくしては生きてけない
(文字通りの意味だって!メガネ萌えの意味じゃないぞ!
 腐人はショッターだが、メガネ属性はない)。

こないだ、あまりに目が疲れて、裸眼で仕事しようと、
机の上においた書類に目をやったら、
その文字が読めないぐらいのド近ちゃんなのよ。

だから、こーゆー実用的で、
かつ、ぱっと見、腐とばれにくいブツ←ココ重要
ってのは、非常にありがたいですね。

ありがたく使わせていただこう。
最近、花粉の付着も困りもんだからな。


そーいや気のせいかもしれないが、
J庭はコミケと違って、雰囲気が柔らかい。

接客にもその余裕みたいのが感じられて、
そのせいか、ペーパーをいただくことが多い。

は、とっても嬉しいことなのだが、
持参エコバッグに本とペーパーをぼんぼんいれてると、
どーしてもペーパーが折れてくる。

腐人はあんましそーゆーの気にせん人だが、
破れるのは困る。
読めなくなるじゃん!

うーん…これはどうしたもんかと、毎回思ってたんだが、
思うだけで何も対処をしてこなんだのだ。

すると今回、周囲をみまわすと、
用意のいいお嬢様たちは、クリアファイルをそれぞれ手にして、
ペーパーをもらうたびにそこに挟み込んでいるではないか!

おお!!
そうか!
そうすればいいのか!!!←気付くの遅ぇよ

っつか、なんで今まで気付かんかったかっちゅーと、
単純に、これまでは出足が遅く、
他のお客さんがほとんどいなくなったぐらいに
ノコノコでかけていたから。

早起きは3文の得。
    ↑
    なんか違う…


そーいや奥で、琥珀茶房さんが原画展やってたんですよねー。

うわー、師匠いたら喜びそーと思いつつ、
駐輪場の時間が気になって、早々に撤収。

だって、1時間単位でアップするんだもん!

ふと思ったんだが。

よくある、
×××円以上お買い上げの方、駐車料金1時間無料!
っての、やってくれたら、
簡単プーに2~3時間ぐらいの無料券がゲットできそうな気がする…。

金銭感覚磁場、狂うからな、イベント会場って…。

さ!今から読むぞー!
[ 2013/03/03 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

野望達成!

あららら。

明日のJ庭、
木原音瀬さんと谷崎泉さんは新刊なしで
六青みつみさんは欠席らしい。

くっすん…(/_;)
モフモフの3でないのかー(T_T)

でもいいもん!

樋口美沙緒さんがムシシリーズの書き下ろしつき再録本だしてくれるし、
桐嶋リッカさんがグロリア本だしてくれるし、
一穂ミチさんのアイズオンリーペーパーは欲しいが、
まだ買ってない新聞屋の本あるっけか??

うーん…己がこれまで何を読んで、何を読んでないか、
そこをしっかりおさえることが今晩必要かもしれない。

でも、もうちっとしたら
テルマエ・ロマエの映画みたいんだがなー。


そう…腐人はよーやく気付いた。

あとで見ようと録画した映画は、
観られないまま放置されるということを…。

HDDの邪魔だからみろ!と散々いわれてるんだが、
映画って、3倍速でみても(←おい!)、
1時間ぐらいは、べったりテレビとむきあわねばならんじゃん。

今、細切れの時間はあっても、
まとまった時間がなかなかとれなくて、
集中できないなら、
また今度…の先送りばっかなんだよなー…(;一_一)

で、つい読書を優先させてしまう。
読書は時間細切れでもできっからねー。

どんだけ録画をためてっかっちゅーと、
インファナル・アフェアも、結局2までで止まってるし、
ブロークバック・マウンテンは何年ものだ?
英国王のスピーチも、録画したまま軽く1年は経過したな。

なので!
今回はオンタイムで観ようと思ってるんだ、一応…。


さて。
先日、血族が、でかけた先で、春野菜の天麩羅を食い、
「うまかったぞー」
と散々自慢されて以来、
春野菜の天麩羅がしたくてたまらなかった腐人。

なので、今日は、朝から品揃え豊富な八百屋まででかけ、
山ほど野菜を買い込んだ。

ここは品揃えもいいんだが、モノも新鮮で、
かつ、非常に良心的な価格なので、
ガンガン買える。

ああ…恍惚…(*^。^*)

腐人は本屋と八百屋にいくと
ドーパミンがじゃぶじゃぶ出まくる人なので、
品物選んで、買ってる間は、もう幸せでございました。

この重たい物品を持ってかえるっちゅー
現実がなければ、だが(-_-;)。


野菜山ほどの上に、
イチゴジャム用のブサイクいちごを
これまたしこたま仕入れたため、
家にたどりつくころにはヨロヨロ…。

つい手がすべって
イチゴをひっくりかえしたのはナイショだ。

ま、ジャムだからいいよな、少々潰れててもさ。


んで、夕方からどんどこどんどこ揚げまくり。
どんだけ揚げたっけ?

・ふきのとう
・たらの芽
・山うど(の先っちょ)
・こごみ
・菜の花
・カリフラワー
・ソラマメ
・いんげん
・新ごぼうとニンジンのかきあげ
・えびと三つ葉のかきあげ
・アスパラガス
・うるい
・あわび茸
・新たまねぎ

あと、以前、師匠からいただいた
アカシタヒラメの干したやつは、揚げると超旨いんで、
こいつもー。

と、延々2時間近く天麩羅油の前で、
揚げ職人やってますとですね、
食えないんですよ…匂いにやられて…。

うわーん!
自分が食べたくてやったのにー!!!

いいもん!
映画観ながらつまむから。
    ↑
   だから太るんだろうが!



え?糖質制限?

それは、明日のためのエネルギー補填だから、
今日は解除なの!

そう…お財布の補充も、エネルギーの補充もOKなのだが、
問題は、姫が今、旅行中なので、明日の朝、
腐人は早起きできるんでしょーかってとこだな…。

が、がんばりまーしゅ…(;一_一)。


あ、そういえば。

木原音瀬さんの『美しいこと』が講談社文庫で
3/15に発売されるそーなんだが、
また、『美しいこと』までなのかな?

腐人としては、
あれは『愛しいこと』まで入れて欲しいなぁ。

じゃないと、腐人的には寛末が赦せん…。


[ 2013/03/02 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

J庭情報収集中

なのだが。

でーてーなーいー!!!
キーッ!!!

出てるものは、早々に
「新刊ないざんす」
となってるもんとか、
「予定ざます」
となってるもんばっか!

うわーん!
1日でも早く、夢みさせてくれよー!!

トラブルは相変わらず収まらないし、
腐人の壊れやすいガラスのハートは、ぼろぼろなのよー!

この傷を治せるのは、GoodなBLだけなのにー!!
うえーん(ToT)


どんくらいぼろぼろのヨロヨロなのかとゆーと、
昨日も、よろよろと出かけて、本屋の前を通りかかったら、
『俺物語!!』3巻 大好評発売中!」
っちゅーのを見つけ、愕然・・・。

なんてこと!
腐人としたことが!!
『俺物語!!』の発売日を見落とすなんて!!!

っちゅーて、慌てて本屋に入ったのはいいんだが。

巣に財布を忘れていた・・・

うおーーん

ま、よくあることなんだけどさ。
あと、財布もってても、中身3円とか(^_^;)

レジまでいって、財布ひらいて、
「すんません!金ないんで、出直します!」
ってよくやるんだよな、腐人は。
うっかりもんなんで。


なので、図書館カードとかいれてるカードケースに
念のため用のお札をいれてるんだが、
このときは、それすらも持ってなかった。

携帯?
んなもんは言わずもがなで、もってまへんがな。

じゃぁ、何を持ってたかって?
持っとったんのは、読みかけBLのみだ!
すごいだろー!←なにがや。

あーなんかどっかから、
「くいあらためよー」
って聞こえてくるわー・・・。


でも、明日はできれば八百屋いって、
春野菜を山ほどかって、
春野菜のてんぷらしたいのー!!!!

他人からうまかった話きいてるだけだと、
むらむらじゃない、ムカムカがたまりまくるんだって!

そーいや樋口美沙緒さんの同人にあった、
ふきのとうの続きはどうなったんだかなー・・・。
[ 2013/03/01 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。