或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年04月 ]
03 | 2013/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

部活話のつもりが・・・

いとこが、この春から東国にやってきた。

なので、じゃぁ、お祝いの席をもうけましょうとなり、
ブログを書く時間がなくなってしまった…。
今日は、部活話を延々やるつもりだったのに…。

いや、だって、家の物件探しをしててーとかきくと、
いろいろ言いたくなるんだもん!

※ちなみに、腐人の家に関する持論は、
『腐人日記-腹を割いたら黒かった-』の
「もしも~おうちを~えら~ぶ~なら~(2012/11/15)」と
「おうち話の補足(2012/11/23)」
にあります。


今いる仮の住まいも、1ヶ月後には出ないとならないとゆーし、
ならば、と、寿司屋で地図を広げ、間取り図を広げ、
紙にいるものリストを書き上げと、
「ここは会議室じゃないー!」と怒られそうな状況で
延々やっちゃった。

ごめんね、大将。

でも、今日のカツオも、絶品だったよ!
蒸しあわびも、煮はまぐりも、鯛のかぶら蒸しも、
超超超うまかったよ!

ちゃんと味わいましたから。


ま、そゆことでタイムアップになってるので、
駆け足で、できる読書録だけ済ませましょう。

まず、昨日の放置物件。

(322)BL/ルチル 『片思いドロップワート』 榊花月
  こう言ってはなんですが、庶民芸能人…。

  まーいまや、食えないグラドルが
  キャバ嬢兼任してるっちゅーからねぇ。
  
  銀幕の大スター、手に届かない存在…じゃなくなってんでしょね。

  個人的にはどっちかっちゅーと、
  このメインの二人よか、
  ぐるぐるぐるぐるまどろっこしすぎるんじゃー!な二人のが
  興味あるな。

  っちゅーか、昔の榊さんなら、そっち書いてません?

  どーでもいいが、そんな視力の状態で、
  人を殺せる乗り物には乗ってはいかんと思うぞ。
  たとえ近所でも。

  腐人は裸眼だと、0.0いくつのレベルの超ド近眼ですが、
  昔、それでも無謀に裸眼で自転車に乗っていた。

  で、白いコンビニレジ袋が落ちてるな、
  ま、いっかーそのまま上とおっちゃえと思って、直進したら、
  それがすごい勢いでドビュッと動いて、
  びっくりしてよくよくみたら、白猫だったことがある。
  
  やっぱそういう人は、矯正で視力がでない限り、
  乗り物運転はやっちゃいかんですよ、うん。

(323)マンガ 『この音とまれ! 2』 アミュー
  『ハイキュー!!』とあわせて、
  部活論は別でやりたいんで、筝の話だけ。  

  今回、すごく簡単な筝の説明がありましたが、
  疑問があります。

  左手、どーすんの?
  琴柱って、どーゆー意味があるの?
  筝の糸ってなんでできてる?

  オマケ漫画もいいんですが、できたらこーゆー無知なる読者に
  基本の基本を教えてくれるページがあるといいなぁ。

  あの意味不明楽譜の見方とか。

  今回へーと思ったのが、
  演奏方法にトレモロとかピチカートとか
  西洋音楽の技法が使われてること。

  なんかもっとバリバリ和製なのかと思ってた。

  腐人はそーゆーうんちく教えて欲しいなぁ。

(324)マンガ 『ハイキュー!! 5』 古舘春一
  もうこの40話が、腐人のハートを貫いた!
  これよ!これよ!これなのよー(>0<)!!!

  なので、改めてやります。


●12日
(325)マンガ 『図書館の主 4』 篠原ウミハル
  くぉら…
  児童書をバカにすんじゃねぇ!!!!

  児童書ほど深いもんはねぇぞ!?

  バカにするよーなやつほど、
  実は読んでねぇんだよ!
 
  んなことほざくやつぁ、
  トルストイの『イワンのばか』
  大人になった今、読んでみろ!
  背筋が寒くなるから!

  というかね、児童書から何も感じられなくなったら、
  腐人はその人、やばいと思う。
  
  人はロボットじゃない。
  計算できないものをもってるもんだ。

  児童書はそれだと、腐人は思ってる。


  どーでもいいんですが、
  なんでトルストイ扱ってくんないのかな?
  腐人はトルストイの少年少女のための民話集に、
  ものすごいショックをうけたんだがなー。

  まーその結果がこーゆー人になるわけだから、
  あまり読まないほうがいいってことなのか??
  いやいやいやいや、身の程を知るためにも、
  あれは読んでたほうがいいって。

  「人は何で生きるか」とか
  「人にはどれほどの土地がいるか」とかは
  ためになると思うんだがなー。


  賢治が好きな人って、
  往々にして『星の王子様』好きだよな。
  ちなみに腐人はどっちも苦手。

  あんましゆーと身近に怒る人がいるので控えますが。

  
  そーいや今回、御子柴に、「本を読む理由」をきいてましたが、
  腐人なら、その答えは、「生きてる意味」かな。
  
  腐人は、人がなんで生きるのか、が、ずっと疑問だ。

  だって、地球視点でみりゃ、いらないもん。
  人がいると思ってるのは、人だけだ。
  
  本当はいらないものなのに、存在しつづけるためには、
  その理由が欲しくなる。
 
  腐人にとっては、それは読書。
  本があるから、腐人は生きる。

  そーゆーことだ。

  でも、ムラカミハルキの新刊には1ミクロンも興味はない。
   
(326、327)マンガ 『雨柳堂夢咄 1、2』 波津彬子
  こないだ14巻がでたとゆーのをみて、
  ふと読みたくなって、読み返し。

  どれがどうってのはないけど、
  どれも巧いんだよなー。

  個人的には、唐子の話とか大好き
スポンサーサイト
[ 2013/04/13 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。