或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年04月 ]
03 | 2013/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腐人家保育園 偶数にしてください編

昨日は、近くに牡丹がきれいなところがあるので、
姫と王子を誘ってみにいこうと、
お誘いメールを出してしばらくすると雨が降り出した。

なのでお花見は没になったのだが、
チビっこたちにしてみたら、
雨は雨だが、お誘いはお誘いで、約束は約束だ。

ってことで、にわか保育園と化す。

とはいえ、子供の成長は早く、
知恵もつき、体力もついてきてるので、
お家遊びもなかなか大変…。

それに、以前ならば、おかしでコントロールってのも使えたんだが、
現在、姫は厳しいおやつ制限令がでていて、
ちょいとそこがややこしい。

このおやつ制限令は、
別に、アレルギーとか、デブったとかではなくて、
姫は美味しいもんを食べるのが大好きで、
腐人家にやってきては、いろいろ食べてたら
当たり前だが、夕飯を食わなくなっちまったってのが理由。


まぁねぇ…
ママの気持ちもわからんでもないんだわ。

例えば、腐人家の面々も好物の、美味しい芋、甘太くん。

姫はその味を腐人家で知り、
先日、3本一緒に焼きだしたところ
(焼くのに時間かかるので、まとめ焼きするのだ)

「姫、3歳だから3本たべる!」

とか言いましてね。

…無理だろ。

芋は、結構、腹にくる。
Mサイズ1本ぐらいなら、大人のちょうどいいおやつになるけど、
Lサイズ1本だと、大人でもご飯が入らなくなるほどだ。

今回焼いたのはMサイズだが、
まだチビッこの姫は1本でもどうだろうってレベルだぜ?

自分の容量限界考えようね、姫。

とはいえ、この段階で
無理でしょ、とか、ダメでしょったって、
ききやしねぇので、
じゃ、とりあえず1本食べよう、それからね、
と総料理長が誘導した。

んで、一口食べた瞬間、すごい顔したので、
「熱かった!?出していいよ!」
と慌てて言うと、

「ちっがーう!美味しくて驚いたの!」

…だったらもっとわかりやすい表現してくれ…。

で、やっぱりっちゅーか案の定っちゅーか。
1本でおなかがぽんぷくりんになる。

そりゃ、大人だってそうだもんな。

「姫、ママのご飯ちゃんと食べてよ?」
「だいじょーぶ!」

と言って帰ったんだが、案の定、食べられなかったようで、
翌日以来、
「ここでは、なんにも食べちゃだめなのよ」
と言う羽目に。

芋だから、まだマシとはいえ、
やっぱ成長している今は、
栄養バランスのとれた食事を3食ちゃんと食べるほうがいい。

食が細くて、なんでもいいから食べて!っちゅー子
(王子はどっちかっちゅーとこっち)なら、
芋でもなんでも食べたいとゆーなら食べさせて!と思うんだろうが、
姫の場合は、食べすぎぐらい食べるから、
逆にダラダラ食べを制限したくなるんだろうなぁ。

ま、そーゆーことなんで、
チビたちが走り回ってエネルギーを使い、
おなかがすいたから、なんかちょーだい!といっても、
姫は食べられないのに、王子にだけあげるわけにもいかず、
じゃぁ、ジュース飲む?ぐらいにならざるをえん。

なかなか難しい。


そんなこんなで、
3時間もすると、家遊びのネタもつきてきた。

なので、近所の100円ショップにでかけ、
マグネットダーツを買ってきたのだが。

ダーツの矢が3つなのだ。


わかりますよね、もう、どういう事態になったかが…。

姫が2本になったら、王子が拗ね、
王子が2本になったら、姫が怒る。

最終的には、もう一度100円ショップにでかけ、
同じものをもう1個購入し、
各自、ご自宅にお持ち帰りあそばしたのだが、
嵐が去った後、腐人家の面々は言った。

「今度、業者に
 頼むからこーゆーのは偶数本入れてくれって
 手紙かこうかな…(-_-;)」


スポンサーサイト
[ 2013/04/21 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。