或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年04月 ]
03 | 2013/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

部活話でぐーるぐる

いつも使ってるネット本屋が、
明日が発売日だっちゅーのに、
『おおきく振りかぶって』の21巻の予約を
今朝になっても受け付けてくれない。

なんでや!

ここまできたら、早売り本屋にいったほうがええんで、
ネット利用を断念する。

ポイントで買いたかったのにー!!!


昼飯食いながら、ざっと読みをしてたんだが、
今ちょうど、
『弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー』
っちゅー、とんでもない本を読んでるもんで、
なんか素直に読めない・・・。

この辺は、『弱くても』を読み終えたあと、
総括しますが、『砂の栄冠』と三つ巴で
「高校野球とは」を考えると、頭がこんがらがってくる。

まー、こんなの、
自分の目的は何なのか、
それを達成するためには、どうすりゃいいか、
によって、それぞれ正解が違うんだろな。



腐人は学校嫌いだったし、
学校なんか行かなくてもいいんじゃね?
とか思ってる人だが、
学校のいいところをあげるとすると、
例えば、
「机にむかって長時間、勉強をする」とか、
「放課後ごとに、身体を動かす」とか、
そういった習慣を、日々の訓練によって、
身につけさせる=身体に覚えさせる、ってことができる、
という点だろうか。

結局のところ、人生において、
学生である時間と、そうでない時間では、
後者のほうが、ずっとずっと長い。

学生であれば、なんだかんだと強制されて、
運動きらいでも、体育の時間があったりするし、
授業時間は机にへばりついていないとならない。

しかし、学生じゃなくなれば、そんな束縛はなくなる。

なので、したくないならしなくてよくなるのだが、
実際んとこは、
人がつくりだした社会で生きるうえにおいては、
適度な運動や、長時間に及ぶ机仕事ってのは、
どうしても必要になってくる。

強制はされないけどさ、
それを自主的にできないと
体調不良になったり、仕事がもらえなかったりして、
生きてけなくなるのだよねぇ。

って、わかってても、
腐人の運動は、永遠に「明日から」の予定なんだがさ。
運動キライなんだもん!(>_<)


ま、そやって考えてくと、
甲子園とかインターハイとかのニンジンはさておき、
時間に余裕があって、強制される環境がある学生のうちに
身体に運動癖をつけるため、運動部に入っとくってのは、
やっといたほうがええんかなぁ、と思った。

今頃思っても、手遅れバリバリですけどさ・・・。
スポンサーサイト
[ 2013/04/22 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。