或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年06月 ]
05 | 2013/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なんでこうなる!

以前、
「仕事ができない人はなぜできないか」
っちゅー記事を読んだ。

なかなかおもろかったので、どっかにメモったのだが、
いつものことだがメモが見当たらない・・・。

しょーがねぇので、頼りない記憶に頼ると、
3つぐらいのポイント(例えば優先順位がつけられないとか)があり、
総括すれば、結局、
「相手のことを考えられない」
のが原因だ、となってた気がする。

これはまたメモがみつかったとき、
覚書でやりたいと思います(が、それがいつになるかはわからない)。


なんでこんな話をしたかっちゅーと、
こないだ、それをふと思い出したことがあったからだ。


腐人は一人で仕事をしているといっても、
それはあくまでも、
「ピラミッドな組織の一部に属し、
 上司や部下がいて、決裁や教育指導が必要で、ってなのじゃない」

っちゅー話であって、
「離れ小島にて、自給自足をする、ロビンソン・クルーソー状態である」
ってんじゃない。

だから、腐人の仕事の周辺には、
腐人が仕上げたものに金を払ってくれる人があり、
腐人が足らないところを助けてくれる人がいる。

その中に、
「できればこの人とは仕事したくねぇなぁ・・・(ーー;)」
という人がいる。


わかりやすく説明してみよう。

例えば、腐人がAというところから、××までに、という期限で
ある仕事を頼まれたとする。

ただ、この仕事は、腐人だけでフィニッシュまでもってけず、
腐人が仕上げたものをBに持ち込み、
Bが最後の仕上げをして、Aに引き渡せるもんだとする。

その場合、腐人だったら、まずBに、
××までに、これこれの仕事をお願いしたいんだが、
いつまでに一式を渡せばいい?と訊く。

そしたらBは、今の自分の手持ちの仕事と、今回の仕事とを並べて、
じゃぁ、**までにくれ、と返事してくるわな。

したら、
「じゃぁ、**までにBに渡すから、××までに仕上げてね」
と、ここでもう、Bのスケジュールを抑えちまう。

でもって、
「**までに渡したのにできあがらんかったら
 B、あんたの責任やからな・・・」
ってことを、暗に匂わせて
「遅れたら賠償請求すっぞ・・・」
ってなこともさりげなくゆーておく。

あとは、自分の整理だ。

今抱えてる仕事と、このAからの仕事を並べ、
優先順位の高いものから手をつける。

これがきれいに順位付けができればいいが、
ガチンコにぶつかるときもある。

その場合、いつもを100とすると、
自分が120や200頑張ればできることなのか
(要は読書の時間をやめればいいだけか)。

それとも、それぞれの仕事をもっと細分化して、
急ぎとそうでないところに分け、
急がないやつは後回しにし、
全体ボリュームを減らして、100のまま(読書時間をキープしながら)、
進められるか、検討する。

そんでもダメ(細分化して200まで頑張っても無理)なら、
誰かHelpを頼めるか考える。

で、特に今回のように自分の作業の先に他人が絡む仕事は、
それだけは予定より1日ぐらい前に渡せるぐらいで段取りを組む。

途中、何があるかわからんけぇね。


まー要するに、
風船爆弾リレーみたいなもんで、
いつか割れる風船(仕事)をとっとと別の人に押し付けて、
割れる前にゴール(Aさんに引き渡す)しよう!
っちゅー感じに考えている。

超自分本位に、周囲の人の都合を考えつつ思いきり使う、
これが腐人の仕事のやり方だ。


※仕事を渡す先の相手が遊んでる時間を作らせないってのも
ポイントだな。

今なら空いてるけど後になると厳しいなったら、
渡せるものから随時渡していく五月雨方式をとったり、
仕事の順序を変えてできないか検討したりする。

その辺は臨機応変に、だな。



で、だ。
腐人がヤだなぁ・・・と思う人のやり方なんだが、
その人の場合はこうなる。


Aから仕事がきたとしても、
今、自分がもっている仕事から片付けていく。

あと、自分が気になってることから、とかね。

そんで、それが終わったら、Aからの仕事に手をつけ、
期限の前日とか、ひどいときは当日に、
こっちの都合を一切きかずに渡してきて、
これ、いつまでだから、とかゆー。



この行為に殺意を覚えるのは、腐人だけだろうか?


なぜなら、期日を遅らせるってのは、人の信用を簡単になくすもんだから、
腐人としては、今抱えてるアレコレをとりあえず棚上げしてでも、
そっちをやることになるわけよ。

そんな予定外の割り込みをされると、
当たり前だが、本来の腐人の予定は、むちゃくちゃになる。


たまに、いくら腐人が頑張っても、
腐人以外の要素が理由で、
どうしても××に間に合わないときがある。

銀行は3時すぎると、窓口しめちゃうでしょ?
あーゆー理由だ。

こればっかりはどうにもしようがないので、
そっくりそのままそいつに返すとだ、
そいつはAに言うわけよ。

「自分はやりました。
 でも、腐人がやらないんで間に合いません」


・・・ぶち殺してもいいと思わん?


腐人が不思議なのが、こーゆー人に限って、
じゃぁ次はそうならないようにすんのかったら、しないってことだ。

いつまでたっても、このやり方で仕事をする。

なんなんすかねぇ?


まーこないだ、そいつと話をしたら、
今度変わるんだっちゅーてたから、
もう少しの辛抱だ。
がんばれ、腐人ちゃん。

っても、変わった先で
腐人と同じ思いをする人が出るかもしれないことを思うと、
この人こそ、風船爆弾だなぁ・・・と思う。

よい子の皆、こうならないように気をつけようね
スポンサーサイト
[ 2013/06/05 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。