或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年06月 ]
05 | 2013/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姫の迷言、王子の名言

ここ2週間ほど、
腐人が忙しくて姫と遊んでいなかった。

でまー、この週末、
腐人がいるなら遊びに行くー!となったのだが、
腐人家に来る前に、
ママにガッツリ叱られることがあったらしい。

叱られ原因は、
ママに「やる」と約束したことを守らなかった
というやつなんだが、
うっわーん!!と大泣きしながら腐人家にやってきましてね。

こーゆー母親が躾でガツンと叱るとき、
よく甘いパパのところに逃げてって・・・となりますが、
姫ん家のパパは、多忙でなかなかお家にいない。
この日もお仕事でねぇ。

なので、そういう場合の逃げ場が腐人家になっとるんだが、
うぇっぐうぇっぐと、泣きながら、
なんかをゆーとる。

それがなにをゆーとるのか聞き取れなかったんだが、
血族によると、
「ママ、こわいー」
とゆーてたらしい。

怖いって、姫、
そりゃあんたが怖くさせてんでしょうが・・・。


腐人家でひとしきり冷却時間を置いたあと、
「ママ、ごめんなさい」
ってやってましたけどね。


そんな姫ちゃまですが、最近、こまっしゃくれ度が加速化して、
よく相手をしている血族が
「片言だった頃がなつかしい・・・」
とか最近、言いよります。

のんきな腐人は、
「それが成長ってことでしょー?」
とかゆーてたんですけどね、
こないだ、こんなこと言いおったんですよ!

それは、いつものことだが、
腐人とおやつの争奪戦をやっていたときのこと。

「姫は、3歳だからー、3つー」
っちゅーたんで、
「腐人は、100歳だからー、100個ー」
とゆーたんだ。

・・・なんて大人気ない・・・。

したら、姫はこういった。

「そんなに食べたら、
 おすもうさんになるよ」



姫、あんたって子は、腹肉が気になるお年頃に、
ゆ、ゆーてはいかん、一言を・・・。

そりゃまわし巻いても遜色ない腹回りになっとるけど!
それはゆーてはいかんでしょー!!!

腐人の乙女心は、深く傷つくじゃないの!!

さすがに一瞬硬直し、
その隙におかしは見事にかっぱらわれました。

たくましく育ってくれて、嬉しいよ。

でも、お口だけは、
片言時代に戻してほしい・・・(T_T)



一方、王子は、ここ1週間ほど、
パパが出張とかあって、
ママの実家に帰省しておったんです。

で。
おじいちゃんおばあちゃんらと小旅行をしていて、
そのお土産をもって腐人家にきてくれたんですわ。

ちょうどそのとき、腐人家では手抜き夕飯である
お好み焼きを焼いてましてね。

玄関開けたら、匂いが充満、状態だったんです。

で、王子はというと、旅行から帰ってきた足で、
パパと近所の公園に遊びに行き、
遊び倒した後、シャワーで汚れだけを落として、
腐人家にきてくれたので、お腹がぺこぺこ。

匂いにくんくんやってるから、
お好み焼き食べてく?ときくと、
うん!といったので、出来立てを、皿に盛ってあげたんですね。

ママがお腹すいてるんです~、
というだけあって、
小食の王子にしては旺盛な食欲でバクバクと食べる。

「すごいねー、たくさん食べるねー」
っちゅーた後、
「こんなにたくさん食べたら、お母さんも喜ぶね」
っちゅーたんですよ。

したら、王子が、ふっと笑って言った。

「でも、お母さんがつくったご飯をたくさん食べるほうが、
 お母さんは喜ぶんだよ」



いや、確かにその通りでございますとも、王子様・・・。

なんちゅーか、子供と遊んでて、こういう瞬間、
ものすごくドキッとさせられる。

子供は大人が思ってる以上にわかってるんだよなー。

っつか、王子、あんたホントに5歳!?


でもま、その後、ムーミンみたいー!!
と駄々こねたところは、押しも押されぬ5歳児でした。

子供は、びっくり箱だなぁ。
スポンサーサイト
[ 2013/06/10 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。