或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年07月 ]
06 | 2013/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私を舞踏会に連れてって!

あああああああ・・・・・・orz

なんか去年も叫んだ気がするが、
腐人には、毎年、8月のお盆の頃に、
どうしても外せない会合がある。

で、それが、たまにぶつかるのだ、
海っぺりで行われる、
オタクの祭典・舞踏会(とかいてコミケを読む)と・・・。

ピロリーン♪とメールがやってきて、
「今年は、11日だからー」
という。

11?
11!?
11ってゆったー!?ヤダー!!

うおーん(ToT)!!!

よりにもよって、
なぜにオリジナルの日とガチなのだ・・・(/_;)

でもまー前回を思ったら、
なんとか昼過ぎぐらいには乗り込めるか?

とか思っていたら。

「あ、そうだ。
 今回は、ついでにアレとコレもやるから、
 終了時間、未定ってことで」

ウソやろーっっっっっ!!!!

・・・しくしくしく・・・(T_T)。

まー腐人の狙いどころは大抵通販してくれるんですけど、
いやーん、1日も早く読みたいのが、
オタクってもんなのよー!!

うえーん・・・(:_;)

それになにより、この舞踏会にかこつけて、
師匠と会って、腐臭ただよいまくった話をするのが、
年に数回のお楽しみなのにー!!!

くっすん・・・。


欠席はできんが、なんとかまくれないか、
悪あがきをしてみよう。

当日の前に片付けられる部分は先もってやっちゃえば・・・
あークソッ!
どこでもドアが欲しい(>_<)!!!
スポンサーサイト
[ 2013/07/31 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ありがたいけど、大丈夫?

腐人は、チャーシューがキライだ。
あのブニョーン脂が許せないし、
出汁でききった後のパサパサ肉も許せない。

なので、ラーメン屋にいくと、いつも
「チャーシュー抜きで!」
と頼む。

大抵のラーメン屋は、
通常の盛り付け-チャーシュー+なんもなし=通常料金
である。

まーこっちのわがままなんだから、
しゃーねぇっちゃしゃーねぇんだが、
なーんかすっきりしないもんがあった。

で、先日、
前から気になってたラーメン屋に行った。

いつも同様、
「チャーシュー抜きで!」というと、
「え?じゃぁ代わりに何か足しましょうか?」
とおっしゃる。

っても、初めてのラーメン屋なので、
どんなもんが乗っかってくるんだかわからんし、
野菜不足を補うために
(そう、ラーメンで嫌なのは、ここなんだよ。もっと野菜いれて!)
トッピングに野菜を頼んだので、
そういわれても、なんも思いつかない。

「えーっと・・・」
と言いよどんでいると、
「あ、じゃぁ、野菜多くしましょうか?」
とおっしゃるので、
んじゃ、ヨロシクと頼む。

しばらくすると別の店員がやってきて、
「タマゴはお嫌いですか?」
と聞いてくる。

いやいや、好きですよ?
っちゅーと、にっこりわらって、
「じゃぁ、それ乗せときますね」と。
もちろん、追加料金なんてナシざんす。

しかし、そうなると、
いったいどんなものがでてくるのやら?
と思っていたら、麺と同量ぐらいに野菜がどーん!
プラス、煮卵どーん!

うひょー!すげー(*^。^*)!
ホントにこれ、料金そのままでいいんすか?

「はい。
 あと、替え玉無料ですので、
 おっしゃってくださいね」
とおっしゃる。

・・・・・・あの、採算大丈夫っすか?
他人事ながら、ちと心配。

ってのも、スープもすごく凝ってんです、その店。

魚介からも動物系からもしっかり出汁がでてるのに、
よくある、ラーメン屋の前通るだけで、
うげーとなるような獣臭いのが
全部消えてる(=消すためにいろいろ入ってる)。

それだけじゃなくって、風味付けもいろいろしていて、
なによりゆずが効いてる。

うーん、これすげー好み。
あとはもうちっと全体が薄味だといいかなー。

でも、こんだけしっかりなら・・・
「すんませーん!替え玉1丁!!」

そう、腐人は麺食い女。
薄いスープんとこでは、替え玉を何度もやってっと、
味がねーってことになるんですよ。

しかし、替え玉しても薄まらないスープなら、
腹いっぱい麺をじゅるじゅるできるってもんで。

わはははははー
すするぜ、すするぜ、じゅるじゅるじゅるー!!

とはいえ、麺もかなり量があったので、
常識範囲で、ごちそうさまとなりましたが。

味もいいし、値段も悪くないし、
こんだけサービスいいなんて、
またこよーっとと思いはするものの。

ホントに採算大丈夫???

でもまーそのせいか、
いついっても混んでるお店です。

長く続いてくれますように・・・。

[ 2013/07/30 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

『図書館戦争 LOVE&WAR』について他

えーっと、予想通りぱっつんぱっつんで
キューッと首がしまっています・・・。

ので、溜めると便秘並に苦しくなる読書録だけ、
なるたけさくっとやりまする。

(706)一般本 『くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ』 熊本県庁チームくまモン
腐人はゆるキャラに興味がないので、
へーこんなことやってたんだ、という意味では
なかなかおもろかったです。

が、この文体は好き嫌いあるかもなー。

パラ見していた血族は、
「これは無理!」
とゆーてたし。

仕掛けに関しては、参考になるとこもあるかもだし、
よく頑張らはったなと思う。

しかし、個人的には、
『ローマ法王に米を食べさせた男』のが
事業として好き。

だって、収益的にロングスパンで
地域に金が落ちるかどうかってとこや、
なによりも、既成概念に凝り固まった人間の意識改革って点で、
くまモンの方は、「チームくまモン」に関係した人は確かに変わるが、
そうじゃない人は、
ただ便乗してるだけの他力本願思考が変わってないでしょ。

それに比べて、『ローマ法王』は、
作り手の、地方の住民そのものの思考が変わった。
自分で「どうすればもっとよくなるか」を考えるようになった。

だから、腐人は『ローマ法王』のが好き。

でもまー、どんな小さなことからでもはじめよう!って点では、
「チームくまモン」に関係したおかげで、
ただ待ってるだけ、内しか見ずに仕事する公務員さんの
一部の方だけでも、思考が変わった
そんだけでも素晴らしい!といわなきゃいかんのかもしれない。

ってか、こんだけいい試験場があるなら、
もっともっと県庁の人間を順々に関わらせて、
固定概念に凝り固まった頭をカチ割ってったほうがいいんでね?

そしたら「役所仕事」なんて言葉が、
熊本だけはなくなるかもよ?


(707-709)マンガ 『図書館戦争 LOVE&WAR 9-11』 有川浩、弓きいろ

さて。
読み終えました。

おもろいか、おもろくないかといわれれば、
おもろいとは思うんだけど。

なんか・・・そもそものところがひっかかってしょーがねぇの。

まぁ、これ原作読んだら、ちゃんと解明されてんのかもしれないが、
どーにもこーにも基本設定に疑問符だらけなんだよー(>_<)!!


1)なぜに対立軸が図書館??

まーちょい前に、
某都でクソジジィが検閲条例を施行いたしましたが、
基本的にね、こういう取り締まり執行機関がたつと、
その対立軸は、図書館ではないと思うの。

ってのも、本ってもんを考えたとき、
その源流は、まず著者だ。

そこから、アマの河とプロの河にわかれ、
アマの河は、イベント頒布→読者
という『同人誌』な流れになり、
プロの河は、出版社→印刷所→取次→本屋&図書館→読者
という『商業本』の流れになる。

そう。
この図式みたら一目瞭然だと思うが、
なんで川下の、入手窓口の1つに過ぎない図書館が対立軸になるんだか、
変でしょ、それって。

もし、腐人が良化委員会にいたら、
そんな末端の砦なんぞほっといて、
敵の本丸(著者および出版社)攻めるぞ?

末端つぶしなんぞ、もぐらたたきと同じだろう。
弾薬のムダ。

ここがなーなんか、???なので、
最初の一歩目で蹴躓く。



2)ネットはどないなっとんじゃ。

ケータイがあるのに、なんでネットが問題にならんの?

もし反骨精神旺盛な著者がいて、
良化委員会に目をつけられる発禁本だといわれれば、
それが腐人だったら、ネットでばらまくぞ?

本人なら著作権も関係ないしー♪

ネット流出は、エロ画像でよくいわれるように、
一度出たら、どうしようもない。

狩れるもんなら狩ってみろーケケケケケー

となると思うのよ。

なんでそこがサクッと無視されてるの??

著作権だって、年月が切れりゃ問題にもならん。
※正確に言うと、もちっとややこしいですが。

それこそ図書館が資料としてもってる古書領域は、
やりたい放題じゃん。

とか思うと、これまた???となって、
二歩目でも蹴躓く。


まーこれはフィクションなので、
その辺はうやむやむにゃにゃーとして、
「良化委員会+教育委員会vs図書館隊」なのよ!

として読むとしよう。

でもさ。
今度はここがひっかかる。


3)こんなに人死にやら暴行傷害が横行して、
誰も捕まらへんのんかい!


えーっと・・・法治国家だよね?
警察あるよね?

国家公務員と地方公務員だから、
殺し合いしても誰も犯罪と言われないのよー、なの?

それはあまりにも無茶でしょう・・・。

平和ボケした日本は、
命の価値は重くて重くて、
どんだけ苦しくても安楽死すら認めてくれない、
だったら自殺してね♪っちゅー、
何が何でも、どんな状況でも、
人は生きてることがスバラシーんだから生きろ!
っちゅー押し付けをしてくるおせっかいな国だぞ?

命をこんな軽薄な使い方するなんて、
許してもらえないと思うけどねぇ。


まぁ、この辺も、ごっくんと飲み込んで、
先を読んでみることにしよう。

ラブコメとして読めば、
非常にいいつくりにはなってると思うし、
前にちょこっと書いたが、
母娘関係とか、女子群とのうざってーつきあいとか
妙にリアルでおもしろい。

しかし、ところどころひっかかる。


1)批判的な本の評価について

これをね、図書館の公式サイトでやる、ってのは
アホか!と思う。

あのなぁ、図書館ってなんのためにあんねん!

本を広く皆様に読んでもらうためだろうが!

そこで「こんなもん読むな」評をだすってのは、
八百屋が、
「あ、そのニンジン、腐ってるから買わない方がいいよ」
とか、
肉屋が、
「あ、その豚肉、まずいから買わない方がいいよ」
とかゆってんのと同じだっての!

脳みそにカビが生えてるか、
お花が咲いてるとしか思えない言動だよ。

これをみて、新しい館長の方針が!なんてゆーとる連中も、
いっぺん脳みそ洗濯してこい!!

図書館の意義とは、いかなるものか、
まずそこから叩きなおして来い!!

※腐人は、ほぼ年齢とイコールなぐらいの図書館歴があり、
自慢じゃないが、そんじょそこらの図書館員よか
よほど図書館の使い方を知ってるヘビーユーザーだ。
(別名、すごく迷惑な利用者ともいう)

なので、「図書館について論」は、
朝まで議論ができるほど、いいたいことがある。

が、時間ないのでやめときますが、
図書館については、
前身ブログ『腐人日記 -腹を割いたら黒かった』で何度かやってますんで、
ご興味ある方はそちらで探してみてください。

図書館についてでは、『図書館の主』が、
次巻、公共図書館をテーマにしそうなので、
実は、すげー心待ちにしている。

ふふふ腐腐腐・・・かかってらっしゃ~い!←なにケンカ売ってんねん・・・。



とは思うが、だ。

この「批判的な本の評価」そのものについては、
ありでしょうと思っている。

まぁ、実際、自分も似たようなことしとるんだが。


ただし、だ。

ここに紹介されてるようなのは、カス。
これはただの単なる、感情の捌け口なだけのいちゃもんなので、
下痢便を拭いて、便所に流してしまいましょう。

でも、そうじゃなくてね、
「なぜ、どうして、この本がダメなのか」が、
誰もがごもっとも、と思う内容であり、
かつ、論理的にそれが書かれている批評は、
耳をかたむけるべきだと思うのよ。

お店へのクレーム同様、
見落としていた点の指摘かもしれないでしょ?
なのに、なぜに全部ダメな論調なわけ?

ちゃんと頷ける理由に基づいてかかれてるならば、
それこそ、イエスマンな迎合書評や、
広告に成り果ててる書評なんぞよか
よほど価値がある。

痛いかもしれないが。


っても、だ。
こないだ産経新聞の書評欄に、
最近の文学賞の選評が、なっとらーん!ってなコラムがあって、
腐人も大いに賛同したんだけど、
浅薄な知識しかもってないくせに、
それを振りかざしてるようなのは、
まるっと無視していいと思う。

なんつーか、評価を出すならね、
最低限、そのジャンルででてる本の半分、
その作家の入手できる著作全部は読んどけ!

でもって、テーマを区切っていちゃもんつけるなら、
そのテーマに関する世に出てる著書の
半分は目を通してから言え!

それをしてないなら、断言すんな!

と思うーーーーーー!!

ゆっちゃぁなんだが、
ホント、評者のレベルを疑いたくなるよーなのあるんだもん。

ってか、なんでそれを版元がとめないんだー!!

恥をさらすだけだよ?

まぁ、そういうことで、

・批判するなら、「なぜ、どうして」ダメなのかを書くこと。

・主観ではなく客観的視点でもって書くこと。
 もし、どうにも生理的にアウトなら、
 これは主観ですが、との断りを直前にいれること。

・そのジャンルの半分もしくはそのテーマの半分と、
 著作の8割を読んでから、書くこと。

であれば、腐人は「批判的な本の評価」はありだと思うし、
「おもねり評価」は励みになるかもしれないが、
こういう「批判的な本の評価」は、
「おもねり」より、よほど肥やしになる。

ちゃんと受け止められればね。


ちなみにその作品が好きな読者が読んだらショックじゃん、
って話は。

そこまで知ったことか。
だったら、三途の川の向こうのお花畑で一生暮らしてろ。

である。

世の中って、自分を許容してくれる人ばっかりの
あまーい砂糖菓子のような世界じゃない。

それでも、私は好き、
それがいえない好きなんぞ、たかがしれてる。


2)無抵抗主義について

まーこれはアホの見本で登場したわけですが、
無抵抗主義ってなぁ、
超高度な政治手腕と、突出したカリスマがいないと機能せんもんだ
と知らんのでしょうか・・・。

まぁ、こういう目ぇあけたまま寝言ほざく害獣は実際におるので、
そういう意味合いでの登場としてはアリなんでしょうが、
なんかなぁ・・・・・・。



なんどもゆーてますが、腐人はリバタリアン気質が強いので、
基本的に、どんな規制もいらないと思ってる。

自分の命・権利・全財産を含めた代償を払う覚悟で、
自己責任で生きればいいじゃんと思ってる。

のでなぁ・・・、正直、どっちにも加担したくねぇ。


だからこそ、もっときっちりと理論武装してほしいの。

まーしゃーねーのかもしれんが、
あきらかに「原則派」寄りで話つくってっから、
なんかなぁ・・・
他の「行政派」にしろ、「無抵抗主義」にしろ、「良化委員会」にしろ、
あまりにもお粗末なお題目しか唱えてない。

これな、本当に現実になったら、
武力を使うためには、仰々しい大義名分がいるの。

アホか、みたいな論でも、
もっともらしく聞こえるもんがいるの。

でもって、それに対して
賛同者が集まる=数という力になる、だけの要素がいるの。

なのに、そっちがバカぞろいになってて、
あまりにも原則派もちあげになってねぇ?

なんかなーその辺がなー腐人的には気に入らん。

思わず敵方に入れ知恵したくなる。

どーでっかー?
腐人をアドバイザーで雇いませんかー?
対価は、
BL新刊、早売り総ざらえで手を打ちまっせ。


あーなんかもー
言いたいことはもっといろいろあった気がするが
それらを全部追うだけの時間がないので、
この辺にしておくことにしよう。


総評としては、冒頭に書いたように

「おもろいか、おもろくないかといわれれば、
 おもろいとは思うんだけど」、

あっちこっちにひっかかりまくって、
そこらがすっきりせーん!!!

が結論かな。

ラブとか家族とかの、
ちんまい身近ネタはいいんだけどね。


すっげーどーでもいいんだが、
腐人はベースが関西人なので、
「きょういくいいんかい」とか
「りょうかいいんかい」とひらがな表記されると、

「きょういく ええんかい!」
「りょうか ええんかい!」

っちゅー関西弁ツッコミに見えてしゃーない・・・。

そうして読むと、緊張感がゼロになるので、
なるたけ漢字表記でお願いします。

とはいえ、続き読むかはわかりません。
巻数覚えてられっかな?


あ、そうだ。
これだけはゆっとこう。

書庫についてなんだけど、
アマ●ンや、ジャパ●ットた●たなどの
巨大流通倉庫の物流システムを見習ってくれ!と
常々思う・・・・・・。
なんでオンラインなのに、未だに探すの人手なの・・・?
せっかくICタグ導入してんのに・・・。
ぶちぶちぶち・・・。
  ↑
 こーゆーのがヘビーユーザーというか、
 「すごく迷惑な利用者」たるゆえんだ。
[ 2013/07/29 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

やはり、はじまっていたか・・・(-_-;)

実は、しばらく前から、夕方ぐらいになると、
目がかすんで、よく見えなくなってたりした。

字が滲んだり、読みづらくなったりするのだ。

腐人は超のつくド近眼で、
飛蚊症とかもあったりするし、
そういう人は、網膜はく離のリスクも高いときくし、
緑内障の検査も半年に1度はやりましょうと言われつつ
ずーるずーるなってたので、
重い腰をあげて眼科に行った。

前にも書いた気がするが、
腐人が行ってる眼科の先生は、非常にさっぱりした気性の方で、
かつ、すごく率直にわかりやすい説明をしてくださるので、
結構、気に入っている。

で、その先生に症状を説明したところ。

「前にも言ったかも知れないけど、
 今、使ってるメガネって、結構、強い矯正してるのね。
 (※それかけると1.0までみえる程度)

 近眼の人って、近いところをみるのは得意でね、 
 近いところは、むしろメガネがないほうがいいぐらいなの。

 でも、いちいち外さないでしょ?
 それは、目が調整してるってことなんだけど、
 若い頃は、それが巧く機能するのが、
 年とともにその能力が落ちてくわけ。

 すると、見えすぎの目で近いところをずっとみるから、
 目がかすんでくるの。

 だから、パソコンとか書類とか、
 机の上の近い辺りだけがみえる用の
 度数を落としたメガネを作ったほうがいいよ」


先生・・・
それはもしかして・・・

「うん。はっきり言わないけど、はじまっちゃったね」

うそー!!!
ううううう・・・近眼は老眼にならんとかきいてたのにー(ToT)!!


あと、セルフレームを使ってるのだが、
これは鼻あてがない分、ずれやすく、
黒目がレンズの中央に重ならない、
これもあまり目によろしくない話らしい。

なるほどー。


それに、若干乱視が入っており、
運転用メガネは、その矯正をしないほうがいいが、
手元用メガネは、逆にそれをしたほうがいいとのこと。

あー、今、してないレンズだから、
余計にしんどいわけか。


乱視かー・・・。
昔はなかったんですけど、
これってやっぱ、歩き読みとかが悪いんですかね?
ときいてみたら。

「歩き読み?…論外!」

・・・はい、すみません、
自重します・・・(-_-;)←止めるとは言わんのか


とりあえず、メガネ屋での度数決めより、
ここで出してもらったほうが丁寧だなと思ったので、
眼鏡処方箋を書いてもらった。

出費は痛いが、背に腹は変えられんからなぁ・・・。

ここでめがねまでは作れないので、
次は眼鏡屋だが、今度こそ安物買いはやめよう。

となると、店探しからかー…。
ああ、面倒くさい…(ーー;)

[ 2013/07/27 ] 健康&読書録 | TB(-) | CM(-)

溜めていいもの、悪いもの

読書録が溜まっている。

便秘にしても、ストレスにしても、
夏休みの宿題にしても、仕事にしても、
溜めるのは、よろしくない。

そう・・・溜めてる読書録の中に、
また改めてーとかいいながら、
書くのを放置して、そのままになってるものが
どんだけあるか。

もう思い出せなかったり、
本をコピーして満足しちゃってたり、
うまくまとまらなくて放棄してたりしてんだよなー。

たぶん、昨日の分を除き、今現在かかれてないやつは、
恐らく日の目をみないと思います・・・(-_-;)
すみません。

と、世の中には溜めない方がいいものが多いが、
お金は、溜めたほうがいい。

それで全てが解決できるわけではないが、
あるに越したことがないもんだからね。


だがしかし!

先日、こんなことがあった。

ちょいと大きな額を振り込む必要があり、
お金を動かした。

しかし、その日、バタバタしていたため、
すっこーんと振込みを忘れて、
口座にお金を置いたまま、数日が経過した。

したら、銀行から電話があり、
てっきり、最近流行りの「NISA」の勧誘か?
とか思ったら。

「このたびは高額のご入金ありがとうございます。
 こちらですが定期預金などはお考えですか?」

と言うではないか!

はっきりいって腐人は怖気がした。

みられてるのはわかっているが、
それは暗黙の了解で、伏せられるべき事実であり、
公権力の求めなどがあって初めて「見ている」ことが開示される
(それも、個人的には重大犯罪に関係しない限り令状出すな!と思う)、
そういうもんだと思ってたのよ。

でもって、それについて語る場合でも、
口座名義人から何かしらの依頼があって初めて、
「では、お口座内容の確認をしてもよろしいですか?」
と了解を得るのが、当然だと思っていたのよ!
だって、窓口で手続き頼んだらそうじゃん。

それが、ただ入金しただけで、
こんなこと言われるほど、
勝手に口座内容をみてるなんて・・・(~_~)

ここまで露骨にみられてると、
監視してるとしか、言いようがないと思うんだがなぁ・・・。


銀行さんの言い分によると、
こういう電話をすると喜ぶ人もいるんだそう。

はっきりいって腐人には、
電話されて喜ぶ人の心境は理解できんが、
自分だけは特別扱いされてるとか思うのかねぇ?

ブタもおだてりゃ木に登るって言葉を
ご存知ないのだろうか・・・。

まぁ、電話のおかげで
振り込み忘れてたの思い出したけど。


にしても。
口座作ったときとかに、
「入出金、監視してますんで」
って言われた覚えはあんまないんだがなぁ・・・。

あまりに古すぎて忘れたが、
口座つくったときになんかもらって、
そこになんか書いてあったのかなぁ・・・(~_~)?

でもこんな勝手が許されるなら、
勝手にお金を移されたりする可能性だって否定できねぇよなぁ。


なにはともあれ、
お金を溜めることは好きなんだが、
こーゆーことがあると、
銀行に預けてるのが、なんかすごーく気持ち悪い・・・(~з~)。
[ 2013/07/26 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

本日タイムアップのため

カウントのみ。

●24日
(692)マンガ 『亜人 2』 三浦追儺、桜井画門
(693)マンガ 『DEAR BOYS ACT3 13』 八神ひろき
(694,695)マンガ 『図書館戦争 LOVE&WAR 1-2』 有川浩、弓きいろ


マジ、時間ねぇ!

はい!
すぐ送りますってば!!
[ 2013/07/25 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『人種は存在しない 人種問題と遺伝学』について

腐人には、わからないことがいっぱいあるのだが、
その1つがこれだ。

ユダヤ人ってなに?


宗教でくくられてるのかな?と思っていたが、
どうもそんな感じでもないし、
民族的ななんかがあんのかな?ってのも、
どうもそんな感じじゃないし、
出身地ってのも、違うっぽい。

じゃぁ、何なの?
ってか、そもそも人種って何?

ってなのがありまして、
タイトルに惹かれてこの本をよんでみた。

先にカウントしましょうかね。

(690)一般本 『人種は存在しない 人種問題と遺伝学』 ベルトラン・ジョルダン、林昌宏、山本敏充


で、読み始めて気づいたのだが、
これ・・・・・・どうやら「理科」の本らしい。

そして、この「ユダヤ人」概念は、
「メキシコ系」や「ヒスパニック」同様、
「社会」の話。

※「メキシコ系」や「ヒスパニック」という分類は、
生物学ではなく、文化を参照しているため科学的にはナンセンスな区別、
なんですと。

でまーこの「社会」における「人種」って言葉は
ナチの記憶がある欧州では、ほとんど使われてないらしい。

この本の著者はフランスの方なんですが、
ナチって、ドイツだけの話じゃないんだなぁ・・・と、
端々に感じるものがあった。

なんていってたっけかな、
あの暴挙をとめなかった国民の黙認もまた罪だろう、
という感じがあるようなのだよな。

この辺、ご興味ある方は、すみませんがご自身でお調べください。

本書では、頭4章ぐらいが、
この偏見に満ち満ちた「人種」概念史および
間違った遺伝子論になってます。

腐人は何度ここで寝落ちしたことか・・・(-_-;)。


でも、ここを読むと、昨日もちょこっと書いたが、
結局のところ、
『人種の問題って、「社会」の問題?』
という気がする。

そう、「理科」の範疇では、
人種という概念は、科学的に立証できんらしいのだ。

しかし、だからといって「理科」が
「人間の遺伝子調べても、犬みたいな種別ってでないよ!
 王様も乞食も、一緒だよ!」
といわないと、人種差別主義者が、
「××人は、我々○○人より劣っている!
 だから劣悪遺伝子は排除すべし!」
とかやらかしだすので、
それを阻止するために「理科」で証明を続けてる、のかなぁ・・・
っちゅー気がした。

これは腐人の感想なので、そこらをちゃんと知りたい方は、
本書をお読みください。


腐人のアンポンチーな脳みそでは、

●アレル
あるヒトの集団において、
あるDNA領域に存在する複数種類の塩基配列のこと
どのアレルも1つの塩基の違いで別のアレルになる

●スニップス
1つのヌクレチオドにおいて、
他の塩基に置き換わったり、失われたり、入り込んだりする
変異に基づいた遺伝的多型性をさす。
DNAにおいて
2つの突然変異がまったく同じ部分で起こる確率はきわめて低く、
今は、大規模な研究調査においてもっともよく利用されるマーカー

をへーふーほーと読めても、
こどもにわかるよう解説しろといわれたら無理!なんで。

そこらは池上彰さんにお願いしてください。


で、以下、腐人のアンポンチーな脳が、
なぜとかはよくわからんが、おもろいなと思ったネタを
自分用アーカイブで。


●一卵性双生児
誕生時はまったく同じだが、
次第に再編が生じ(免疫系ができあがるとき)、
これが遺伝的および生理的に顕著な差異を引き起こすことがある


●テイ=サックス病
中欧および東欧系アシュケナージのユダヤ人にだけみられ、
3000人に一人の割合で発生する先天的遺伝病。

生後6ヶ月ぐらいから、精神・身体能力の著しい低下が起こり、
患児は盲、聾となり、嚥下もできなくなる。
次に全身の筋萎縮が始まって、麻痺し、5歳ごろまでに死亡する、
という、かなり重篤な病気。

そのため、正しき者の世代という組織が、
正統派ユダヤ教徒の集団検診をはじめた。
検査は、全員が受けるが、結果は知らされない。

しかし、ある人物が、集団内の誰かとの結婚を考えたとき、
その人は、組織に、この結婚が遺伝子データからみて適正かを
尋ねることができる。
といっても、詳しい結果については非公開。

集団検診、遺伝子に関するアドバイス、出生前診断ということを続けた結果、
テイ=サックス病は、ほぼ撲滅された。


・・・・・・・・・・・・・・(腐人の独り言)
ダウン症の出生前診断でもわーわー賛否が交わされていたが、
この「正しき者の世代」のやり方、
腐人は、キレイゴトをとっぱらった本音のところで、
ありでしょう、と思っている。

この差別に満ち満ちた世界において、
健常者に生まれますか?
それとも、障害をもって生まれますか?
と生まれる前に「自分が選択できるなら」
誰だって、前者を選ぶもんじゃないか?
それが本音じゃね?

・・・・・・・・・・・・・・


●長距離を早く走れる人
スポーツの、1000m走からマラソンの領域については、
東アフリカ、ケニア、リフトバレー州のカレンジン族が
群を抜いた強豪として存在する。

彼らは、繊細な筋肉と、
運動中の乳酸の蓄積が著しく遅いという代謝機能の特徴をもつ。
そして、筋肉エネルギー代謝に介入する酵素が通常より高い。

しかし、彼らの生活環境も特異なので
(学校に行くのに、5~10キロ近く毎日往復する)、
先天的要因なのか、後天的要因なのかわからない。


●HIVにかからない因子
ヨーロッパ系にのみ出現する。
CCR5という白血球の表面のタンパク質を暗号化する遺伝子の欠失。
このCCR5がないと、CD4リンパ球はウィルスに感染しないため、
HIVに罹患しない。

昔、何らかの要因があって、この因子が生じたのだろうが、
(マラリア多発地帯と、鎌状赤血球遺伝子のような関係)、
今はその要因がみあたらず、その欠失があっても健康体でいられるので、
CCR5はなくてもいきていけるもの、とされている。

なお、ヨーロッパ人の欠失頻度は、
ヘテロ接合型25%、ホモ接合型が6%

※ヘテロ接合というのは、親の一人が正常なアレルをもち、
 もう一人が異常なアレルをもってるケース。
 両親ともどもが異常なアレルをもってる場合が、
 ホモ接合。


●ヘモクロマトーシス
北ヨーロッパ出身のヒトがかかる遺伝病で、
簡単にいえば、体内に鉄がたまる病気。


・・・・・・・・・・・・・・(腐人の独り言)
これ自体がどうこうじゃなくて、
この病気の治療法が、「瀉血」っちゅーのがひっかかった。

『F&B』にでてきたが、
エリザベス朝なんかで、瀉血が治療の一番目とされてたあれは、
もしかして、この病気の人が、瀉血で回復した、
とかゆー事実がまずありき、で、
だから、なんでもかんでも瀉血せぇ!となった・・・
とかが、裏にあったりすんのかねぇ?

・・・・・・・・・・・・・・


●その他

あるヒト集団に特有のスニップスの形式は、
ほとんど存在しない。
これらの遺伝的マーカーの多様性は、
2つの地理的ヒト集団の間よりも、
1つの地理的ヒト集団内のほうが格段に大きい。

・・・・・・・・・・・・・・(腐人の独り言)
もうちとわかりやすくいえば、
A村の村民と、B村の村民の遺伝子の違いの多さより、
A村内の村民同士の遺伝子の違いのが格段に多い、
ってこと。

・・・・・・・・・・・・・・

無作為に選んだ2人の人物は、
遺伝的に99.5%~99.6%同じ。

犬の場合、同じ犬種内の差異はほとんどなく、
犬種が異なると、かなり違うという状態になる。

そのため、こういうスニップスは、××犬、といえるが、
人間の場合は、そもそものこの前提が言えないらしいのだ。

だから、両親が黒い瞳でも青い瞳の子がうまれることもあるし、
外見がみるからに、ヨーロッパ系でも
DNAを調べたら、アジアが検出されても不思議はない。

よって、人種は存在しない、と言える。

・・・・・・・・・・・・・・(腐人の独り言)
・・・と、腐人は理解したが、
あってるかどうかの自信はない・・・(-_-;)

でも、「両親が黒い瞳でも青い瞳の子」って、
吉原理恵子さんの『くされ縁の法則』じゃん!

・・・・・・・・・・・・・・


ヒトは全員アフリカ出身、アフリカが起源(7万年前)
そこから大陸を移動し、ヨーロッパ、アジア、オセアニアには、
6万年前に到達。
アメリカには2万年前。

※ヒトの変容は10万年単位で起こる
犬は1万年。
ちなみに犬と猫、ヒトに飼われるようになったのは、
犬のが先。
猫は「飼われる」ではなく、「一緒にいてやってる」らしい・・・。

元々がアフリカ(太陽光が強い)地域だったため、
その吸収を緩和するために肌は黒かったが、
高緯度に移動し、太陽光が弱くなったため、
くる病防止に太陽光をたくさん吸収する必要が生じ、
肌が白くなっていった。

そう、白人が黒人になったんでなく、
黒人が白人になったんです。


・大人の乳糖に対する耐性
酪農が主で、乳製品が主要タンパク質源のヨーロッパでは、
大人も、乳糖分解酵素が高い。
しかし、アフリカでは
ほとんどの大人が乳糖に耐えられない。

よって、食糧支援とかで粉ミルクをもってっても、
役に立たないケースがある。

・身長は幼少期の栄養状態できまる



・・・・・・・・・・・・・・(腐人の独り言)
腐人はアンポンチーなので、
ヒトは受精卵の段階でできた遺伝子が
死ぬまで継続するもんだと思っていたが、
(放射能とかの特別要因は除く)
そんなことはないし、
親からのコピーもかなりの頻度でエラーを起こし、
そんなエラーを持ちながらも、多くの人が平気に生きてるという
その事実に、「ヒト」ってすげー・・・と思った。

が、同時に、その「ヒト」達が、
自分の都合や主義にあわせて、
平気な顔して、
「××人は、我々○○人より劣っている!」とか
「知性は遺伝子で決まる!」
とかゆっちゃってるのも事実で。

ホントはもっとこういう本が広く読まれるべきなんだろなー
と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・
[ 2013/07/24 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

売り方と著作権

昨日のネタを、
もうちっと掘り下げたいなと思ったんだが、
その前にいくつか。

ここ数日、いろいろ書いていた
木原音瀬さんの『期限切れの初恋』

いつからか、腐人の中でタイトルから「初」が抜け落ちて、
『期限切れの恋』と認識されておりました。
すみません・・・。

なので、何箇所か、『期限切れの恋』と書いてたとこ、
こっそり修正しております。

「初恋」は「恋」のなかでも特別で、
これが「初恋」なのか「恋」なのかは、
ストーリーの要因としては大きいんですが、
つい、音(おん)のいい方で覚えちゃうもんで・・・。
大変失礼いたしました。


それからやっとこ生まれたロイヤルベビーの話。

性別不問で第1子継承という英王室だからか、
「チャールズ、ウィリアムと『王』が続くから、
 女の子のほうがよかったな」
ってな声もあるそうで。

どこぞの国とはえらい違いですなぁ。

そのどこぞの国での議論では、
y染色体の継続性の話もでてるそうですが、
今、読んでる本が
『人種は存在しない 人種問題と遺伝学』
っちゅーやつなんですけどね、
それによると、親から受け継いだ遺伝子も
コピーするときに変異が起こっていて、
実際のところ、無作為に選んだ人間二人の遺伝子の違いは、
プードルとシェパードの違いや、
2頭のゴリラの違い、
2頭のチンパンジーの違いよりも、
差異がないらしいんですわ。

でもって、遺伝子で追えるのは、
ミトコンドリアDNAから、母系における母の筋(母系の父の筋は×)
y染色体から、父系の父の筋
(父系の母の筋は×。またy染色体を持たない女性はどっちも×)
ってレベルなんですと。

そうなってくると、ちょい前に
「ウィリアム王子の子孫にインド人女性が!」
ってニュースがありましたが、
それも、どーなんだろなー(~_~)と。

どうもこの本読んでると、
どんな人でも、そういうのが出て当たり前、
みたいなんだな。

ま、この辺は、また読み終えての話といたしますが、
他者と、こんなに違いがなく、
親からのコピーエラーがこれだけあり、
かつ、免疫系ができる過程で変化するなら、
「血統」ってなぁ、結局、社会がうみだした幻想なのかなぁ?
っちゅー気がしてならん。

そう、「理科」の問題じゃなく、
「社会」の問題みたいなんだよなー。

「理科」、つまり科学的に解明すればするほど、
血統主義者がギャースカピーとゆってるあれこれが覆される。

っちゅー事実をどこまでわかって議論してんですかね、
あの方々は。


まぁいいや。
本日の本題にまいりましょう。

昨日、目標に対する提言としてあげられていた

「ディレクターやクリエーターの育成ではなく、
 プロデューサーの育成が必要」


って話の補足。

クリエーターはなんとなくわかっても、
ディレクターやプロデューサーって何?
と思われるかもしれないなと思いまして。

ぶっちゃけ腐人もいまいちよくわかってないかもしれませんが、
映画監督は、ディレクターで、
要は作品を創る、ってことをする人。

一方のプロデューサーは、
制作費を集め、どこにどれだけ配分するかを決め、
できた映画をどう売っていくか、どこに売っていくか
そのプロジェクト全体を見る人。

腐人はジブリ映画をほとんど見ないのでクレジットがわからんが、
宮﨑駿さんにしても、大友克洋さんにしても、
ディレクターであって、プロデューサーじゃないと思う。

売り方が上手くないってか、ヘタクソってのは、
なんとなくわかる。

それこそソニーの盛田さんが初めてアメリカにいった頃の状況が、
恐らく今のコンテンツ業界と近いんだろう。

だから、ソニーの盛田昭夫さんとか、
ホンダの藤沢武夫さんのような存在が、
今のコンテンツ業界に必要なんだ・・・ってのはわかる。

が!
こういう方ってのは、
育成してできるもんじゃないのよー!!

傑物だから、天才だから、
近代経営史に名前が残るんじゃん!

まーここまでいかなくても、もっと小粒でいいから、
マンガやアニメを作りたい、じゃなくて、
この素晴らしいマンガやアニメを、世に売り込み広く知らしめ、
かつ製作現場に、その才能に応じたお金をまわせるようにしたい、
って理想をもってる子を育てていきゃいいんだよな。

ってか、これ、今、書いてて思ったが、
穂積さんの『さよならソルシエ』
テオドルス・ファン・ゴッホそのものだよなぁ。

大学が、収入増を狙って定員数を増やしてますが、
それこそ、こういうプロデューサーになる人材を
生み出せる学部を作ればいいのにねぇ。

はっきりいって、こういう能力、
別にコンテンツ業界じゃなくたって、
どこの業界にいっても、重宝するよ?

大学はもっと実際的に使える人材を育成する機関に
なってほしいなぁ。




それからもう一つ、「知財管理」のお話。

これなぁ・・・・・・。
基本、この本はアメリカを市場とみてるから、
アメリカという郷に入れば郷に従え論で言ってるが、
腐人の乏しい知識からすると、
この「知的財産」に関する考え方、
日本とアメリカにおいては、
文学芸術分野の「コンテンツ」と、
工業製造分野の「パテント」が、
テレコになってる気がするんだよな。


『アメリカにおける「コンテンツ」の状態が、
 日本における「パテント」の状態に近く、

 アメリカにおける「パテント」の状態が、
 日本における「コンテンツ」の状態に近い』

そんな気がする。

これは腐人の直感なので、間違ってる可能性は高いですが、
どうしてそう思うか、を一応説明しとこう。

マーベルコミックスの例が紹介されてたが、
マーベルにおいて、この作品の作家は?というと、
誰しもが、僕じゃない、という。

読者をリサーチし、プロデューサーのクロスメディア展開を見越した
マーケティングに基づくコミックなので、
そこに作家という「個」がないのだ。


この形をみて、腐人が似てるなぁと思ったのが、
日本の工業製造企業が、会社に属する研究者が、
すごい発明をして、その商品がバカ売れしても、
その研究者には、それは「職務発明」だから、として
金一封程度しか譲渡しないというやつ。


この2つの共通点は、
「全体がもうけること」が主眼
ということだろう。

一方、有名な知財裁判、
「青色LEDの発明対価をめぐる訴訟」が示すよう、
アメリカでもしこういう発明があり、パテントをとると、
発明者である「個」に対し、莫大なお金がいく。

この形は、日本の、作家への印税と類似する、
つまり、「個」の才能に対しての評価、と、
腐人には見えるのね。

この辺は、パテントの主義が、お国によって違うから、
ホントはそこらまで含めて検証せにゃいかんのだろうが、
「知財」って一言でゆっても、
その範疇ってむちゃくちゃ広いから、
むしろ大きな形が類似してるシステムを近づけるほうが
いいような気がするんだよなー。

コンテンツだからコンテンツの業態を同じようにしろ、
パテントだからパテントの業態を同じようにしろ、
じゃなく、ね。

だって、それぞれにいいとこ悪いとこがあるわけでしょ?
だから、世界全部で同じ土壌展開するんじゃなく、

A国では、発明すれば大金がもらえますが、
結果が出せなければ×年でクビです

B国では、発明しても些少しか金はもらえませんが、
結果がでなくても好きな研究をいくらでもできます

の二種類があっていいじゃん。

人間だって植物だって、多様性があるからこそ、
新しいものができつつも、古いものが生き残れてるんだし。

そんで、研究者が、自分はどっちがあってるかを判断し、
じゃぁ、こっちで、って選べばええんちゃうの(~_~)?
と思うんだがなぁ・・・。



・・・とすると、グローバルでの儲けにならんとか、
ガラパゴスだって言われ、
公式で流通しない国において、勝手に翻訳した違法コピーが出回るんだな。

なんかなぁ・・・。

腐人ははっきりいって、
アメリカのコンテンツがいいとは、ちょびーっとしか思わないので
(1万の駄作と1つの秀作ぐらいの比率だと思ってる)、
「アメリカで売るためには、しょうがねぇ」
は仕方なくても、
「それを日本に持ち込まないで!!
 作品のクオリティが下がる!!」
と思うのだ。


なのでね、いっそのこと
アメリカ輸出用にだけ割り切って、
実は、今の日本では、版元と作家が反目して、
もうその編集部とやりませんとなってても、
版元の海外事業部に海外プロデュース部門を別にたて、
渉外窓口を1個とし、
収益は最初に定めた%できっぱりかっきり割りましょう、
このアメリカ進出は、金を稼ぐためだけの行為なので、
来た話は、プロデュース部門判断で儲かると見込めば請け、
そうでなれけば断る。

ただし、クオリティの維持と金の回収だけは
プロデュース部門の全責任でもって目を光らせて、
あとはもー現地に好きにやらせましょう、
とかになればいいのかなぁ。

実際のところ、現場に裁量権を与えるほうが、
海賊版や違法コピーの駆除を、率先的にする。
そりゃ自分の市場が荒らされて、儲けが減るとなれば、
害虫駆除をせっせとやるだろう。


なんかこの辺は直感で書いてるから、
もっときちんと裏取りしたほうがいいんだろうけど、
なんかね、その「きちんと」をきちんとやってるほど、
今のビジネスって、猶予がない気がするの。

腐人が好きな未来工業の山田昭男さんじゃないけどさ、

「なんでもやってみろ」
「やってみてダメならやめればいい」

やってみてダメでやめたときのロスと、
あーでもねーこーでもねーとぐじぐじやってる間のロス、
経験が積める分、腐人は前者のほうが
得るものがある、意味のある損失だと思うけどね。
[ 2013/07/23 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)

『結局、日本のアニメ、マンガは儲かっているのか?』とコンテンツ論

えー昨日は本を1冊も完読しちょらんので、
先送りしておりました、
(684)一般本 『結局、日本のアニメ、マンガは儲かっているのか?』 板越ジョージ
に絡めて、久々のコンテンツ論をやりましょう。

といっても、
この本自体に、腐人がコンテンツ論をしたい!
と思えるほどのネタはないのよねぇ・・・。
ディスカバーさんとこの本は大抵そうなんだよな・・・(-_-;)。

ま、いっか。



さて。

こういう本を読むとき、
腐人の中には2つの視点がある。

1つは、ビジネス視点で、
これから先のコンテンツ市場をどうしていくべきか
コンテンツ産業で金をもうけるビジネスモデルの模索をする
っちゅーもの。

もう1つは、完璧なる消費者視点。
この類稀なる高品質を保持した日本のコンテンツを
こよなく愛するオタクとして、
拝金商業主義によって、中身のない劣悪な製品に変容されないよう
厳しく監視しよう、っちゅーもの。


はっきりいえば、この2つは並び立たない。

クオリティをよくしようとすればするほど、
経費が、商品提供までのリードタイムが、かさんでくる。

一方、もうけというものを考えると、
経費やリードタイムはかからなければかからないほどいい。

また、市場を大きくとりたいならば、
オタク(ヘビーユーザー)受けはするが、一般(ライトユーザー)受けしないもの、
ではなく、
一般受けはするが、オタク受けはするかどうかわからないもの、
となってくる。

ただ、ソーシャルゲームにみられるよう、
ヘビーユーザーの投資額と興味の継続度と、
ライトユーザーの投資額と興味の維持度は、
かなりの開きがある。

ここを読み間違えると、とんでもない打撃を食らう。


そーゆーのを含めて、この本を読んだのだが、
この両視点があるから、内容的には腐人の中で、
同じ章に対し賛否両論が渦巻いてしまう結果となった。

頭のところで、このタイトルにもなった問いに対しての検証が行われ、
一つの結論
「世界的に認知度はあがっているが、
 ビジネスとして成功してるとはいえない」
に達しているのだが、
これはまぁ、腐人のどちらの視点でも同意できるものだ。

どうしてか、というとこは、ご興味ある方は本書をどうぞ。


で、後半で、ではビジネスとして成功させるためには
どうすればいいかって提言があるんだが、
ここらのとこで、上記に書いた2つの視点が
ガチンコにぶつかってくるんですわ。


この提言ってのは、
「アニメ・マンガで外貨を稼ぐ」というゴールにむけて掲げた、
VOPSOT7段階戦略ってもの。

まず、VOP
O(目的:オブジェクト)
 「コンテンツ産業」として確立させる
    ↓
P(政策:ポリシー)
 「ものづくり」から「知財」の国へ。文化平和外交
    ↓
V(構想:ビジョン)
 「もの」中心から「人間」中心の社会へ

そして、SOT
●S(戦略:ストラテジィ)
 資金戦略・人的資源戦略・知財戦略・グローバルマーケティング戦略
    ↓
●O(作戦:オペレーション)
 キャラクターグッズ展開、映画化展開、プラットフォーム構築
    ↓
●T(戦術:タクティクス)
 海賊版対策、投稿動画対策、ローカライゼーション対策

この方針でやってきましょうってことなんだけど。


まー理論としては、わからんでもないんだけどさー、
例えば、本書では、グローバル化して外貨を稼ぐためには、
マーケティングを強化しろという。

腐人の中のビジネス視点は、これを是とするが、
オタク視点は、これは絶対に非である。

そもそも、創作をマーケティングでやるとこからして
気に入らない。

これゆったらヤバいかもしれんが、
カミがテンチ創造するときにマーケティングしたのかよ!
と言いたくなるのー(>_<)!

ちゃうやろ。

信じてる人にききたいが、
自分がマーケティングの上で創られたって思いたいか?

創造とか創作って、
自分の裡から湧き上がるものありき、なんちゃうん?


だっから、腐人は×××××の映画とか大嫌いなんだ。
あれ、中身パクリじゃん。

あー・・・これって、以前、この前身ブログの腐人日記でブチ切れた
『あらゆる小説は模倣である。』の後半にあった
第3章の模倣実践創作講座、まさにアレの産物かもしれない。

これは、マーケティングに基づいての創作に近いものなんだが、
はっきりいって腐人は、
そんなもんで書いた「小説」とやらは、
大学ノートにこっそりしたためて、
自分の黒歴史として机の中にしまっとけ!
世に出して、
印刷代や廃棄処分代のムダを生み出すような真似
すんじゃねぇ
と思っている。


でもさ。
これ、ビジネス視点ならわからんでもないのよ。

本書の中で、たびたびでてくるんだが、
日本では、
「使ってもらったら、そのよさがわかります」
ってゆーでしょ?

アメリカでは、
「使わないとわからないなんて、話にならん」
のだそうで。

腐人の中のオタク部分では、××かと思う、この意見だが、
アメリカ人の感覚としては、
CMなどで、
「OH!この洗剤は、なんてきれいに汚れが落ちるんだ!」
って洗脳され、
周囲が
「これいいわよ!私も使ってるの!」
といったものが、
「買うべきもの」らしいのだ。

アメリカ人ってのは、
自分の価値判断で買い物すらできん
商業主義に踊らされる××しかおらんのか?
と素朴に疑問なんだけど、どうもそうみたい。

ここについての是非はビジネス論ではゆってもしゃーない。

母集団の性質がそういうものだ、として戦略を練るのが
正しいありようなのだ。

なので、そういう前提に立てば、
アメリカの大衆に受けるためには、
大衆が喜びそうなストーリーとはなんぞや、
彼らのレベルにあわせたストーリーはどういうものか、
ってなマーケティングが必要になる。

つまりは、『るろ剣』はチャンバラものとして受け入れられても、
歴史物としては、素養がないからダメ、
だから、チャンバラをみせる売り方をする必要がある、ってこと。


あー・・・今、ふと思い出した。

途中で放棄した
マーティン・リンストロームさんの
『なぜ、それを買わずにはいられないのか-ブランド仕掛け人の告白』

あれ読んでて、
ライトユーザーというか、いわゆる大衆といわれる層って
これほど何もないのかと愕然として覚えがある。

が、彼らは、中身が何もないがゆえに、
マーケッターの仕掛けに流されるんだよなー。


オタクは、そこが違う。

彼らは、こだわりがあってこそオタクなのであり、
こだわりのないオタクはありえない。
そう、この「こだわり」とは
オタクの存在意義に等しいのだ。

なので、この両者に対する戦略は、
全く違うものになる気がするんだよなぁ・・・。



他にも、必要だとおっしゃることは、

●ディレクターやクリエーターの育成ではなく、プロデューサーの育成

●知財管理の専門家(弁護士)などの育成
→ここには、今の日本の強固で複雑な権利形態から
権利処理が簡便にできるようシステム変更すべきってとこも含む

●契約力をつける
→各国の商習慣に対応ができる契約交渉ができるようにする

●プロダクト・プレイスメントの強化
※プロダクト・プレイスメントとは、
映画の本編の中に、製品などを実際に使っているシーンを盛り込み
消費者に訴求する方法。

●クラウドファンディングによる資金集め


これら全てがね、
ビジネス視点では、ああ、なるほどね、と思う。

が、オタク視点では、そのほとんどが、
いや、その方法をとったら、むしろオタクは離れるぞ、
と思うの。


クラウドファンディングぐらいかな、
オタクが喜ぶかもしれないのは。

※クラウドファンディングとは、ウィキによると、
「不特定多数の人が通常インターネット経由で
 他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うこと」。
有名どころでは、Kickstarter。


青田刈りというか、
自分が一番にみつけた!が好きだからね、オタクは。

そーいや、これは、日本のマンガ家さんでは、
うめさんが、類似したものを取り入れてましたね。

あれ、ビジネスとしては、おもろいと思ったが、
同時に作品の永続性はどうなのかが心配になった。


そう。
腐人はさー、
ビジネスとして、コンテンツ産業に興味はあるが、
やっぱそれ以前に、コンテンツを愛するオタクなの。

だからね、売らんかな、ありきで進むことは、
粗悪品製造の乱発になりそうで、すごく嫌なのだ。

その前例は掃いて捨てるほどあるからさー。

なんつーか。
このビジネス論として正しい方針で、
コンテンツを創っていくと、
できあがるものは、アントニオ・サリエリの楽曲と同じものにならんか?
と思うの。

腐人としては、すべての創作物は、
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの楽曲を目指して欲しいのよ。

全員が全員、モーツァルトにはなれないだろうけど、
なろうとはして欲しいのよ。

※この意味がわからない方は、映画『アマデウス』を観ましょう。

なんかその辺に、
どうにもアンビバレンツな思いが残ってしまった本だった。


そうそう。

実は、この本で一番驚いたのは、
あとがきで明かされた著者の板越ジョージさんが
元ジャニーズっちゅー事実であった・・・。

元ジャニーズってもいろいろいるんだなぁ・・・。
[ 2013/07/22 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)

自分の弱さを認めましょ

さて、こないだ書かなかった
「人でなしの恋」の暗くて重くてしんどそうなとこ、
いきましょうか。

外はカンカン照りだけど。


逆説的かもしれないが、腐人は、
自分の弱いとこ、ダメなとこを認められてこそ、
初めて人は強くなれるんではないかと思う。

覚えのあるとこでいえば、
どうにも苦手な科目があり、
それが行きたい学校の入試科目の必須の1つの場合、
まず、自分はこれが苦手だってことを認めないと、
どうにもならんでしょ?

それと同じ。

まず、それを認めたうえで、
苦手を克服するのか、そうではなく
得手を伸ばしてそっちで苦手の低い点数をカバーするのか、
って戦略をたてることになるじゃん。

だから一番大事なことは、
現実に存在するネガティブポイントを正しく認識すること、
だと思うんだよ。

そこをごまかすと、
戦時中にあったよーな鍋釜供出っちゅー
意味のないアホなことをやるんだな。


はっきりいえば、
そんな見え見えの弱さ、ダメさをごまかそうとする行為自体が
腐人には、アホにしか見えないんだが、
世の中、意外と自分の弱さを認められない人が多い。

そして、そういう人にそれを指摘すると、
烈火のごとく怒るのだ。

どん底にいたころの村上のように。


なんだっけ。
最近読んだ本(たぶんBLかマンガ)に
「怒りとは、怯えの表れ。
 怯えていることを悟られたくないから、怒る」
ってなのがあった気がする。

ん?スマナサーラ師の本だっけ?

あと、認められないのには、
「恥ずかしい」という気があるんだろうか?
その辺、それがどーしたと思ってる腐人にはよくわからん。


ま、そーゆー意味で、村上の裡にある怯えを
ものすごく的確に描いてるなぁと思ったのが、
マンガの『期限切れの初恋』の描き下ろし「phytoncide」。

この、人から否定されたり、嫌われたりすることが
ものすごく怖いってのは、
生まれてこの方、
なんも考えずにマジョリティ路線歩けたやつに多い傾向。

どんな集団からも浮いてしまう人生を歩んでる腐人にしてみたら、
なんでこんなことを怖がるのか、
価値観なんぞいろいろあるんだから、
世の中に否定する人嫌う人がいて当然だろうが、と思うんだけど、
常に真ん中人生歩んできたやつには、
それがわからんらしいんだなぁ。

だから、怖い。
だから、そうしようとする人に圧力をかけ、力で脅し、
排除しようとする。

パワハラやってるやつなんて、ほとんどがそう。

そのメンタリティは、
ギャーギャーわめいて駄々こねれば
自分の言い分が通ると思ってる3歳児と同じだ。


「人でなしの恋」の最後で、
リボーン村上は、よーやくそれを認められ、
かつこの人になら弱い自分をみせてもいい
っちゅー安住の地をみつけたわけだから、
まーあとは、腹見せても安心とばかりに
図々しくなり過ぎないようにな。


で、もうひとつの「トクシュ案件」。

自殺というキーワードは、
腐人もどうしてもひっかかってしまう。

ので、まーいろいろそういう本も読むのだが、
読んで、経験して、考えて、到達したところとしては、
やっぱり「手段として否定したくない」かなぁ。

自分がその苦しみから助けてあげられないのに、
変わってあげられないのに、頭からそれはダメって、
腐人はいえない。

だから、甘えというより、
腐人は逃げる手段の1つとみてるので、
同情というより、これで楽になれたかい?と思うんだよな。

だって、端的にいえば、
生きてることが苦しいから死ぬんでしょ?

まぁ、抗議の意味の人もいるかとは思うが。


実際、腐人もそう思うよ。
生きるって、すげーしんどい。

でもまーいろんな義理だのしがらみだの責任だのを思うと、
ああ、生きなきゃな、そこまで無責任ができんな、
と思うし、
そこをもうどうでもいいと思えるほどの苦しみもないので、
たぶん今、死んでないんだろう。

ただまー、そういう「逃げ」に対して厳しい姿勢になれば、
またそうやって無責任に放棄された結果、
その後始末を押し付けられ、すごく苦労した経験とかあれば、
志摩のような心境になるのかもしれない。

さらにそこから逃げる方法ってのもないわけじゃないけど、
それはずるい知恵や金や実行力をもった大人じゃないと、
できない部分があるからねぇ。

志摩の言葉をひろっていくと、
ああ、もしかしたら志摩って
そういう経験をしたのかなとか考えてしまう。


でもね、近しい人が死んだとき、後悔がないことってないと思う。
これは自殺に限らず、どんな死に方でも。

まぁ、自殺はその度合いが強烈なだけで、
亡くなった方とのつきあいが深く、
いろんな感情とともに、
たくさんの思い出があればあるだけ、
いろいろ思うことが自然。

むしろ、それを抑えたり、考えないようにしたり、否定すると、
たぶん、その喪失の事実が受け入れられず、
自分の歯車が狂ってくるんじゃないかなぁ。

なんとなく、その後悔や苦しみも含めた
「いろいろ思うこと」を昇華する過程が、
「供養」ってやつなのかなぁと、最近思う。


自分を取り巻く環境条件からすると、
最後はトクシュ案件になって、
どなかたの手を煩わせそうな気がするので、
その場合は、コト切れたらすぐわかるよう、
チップ埋め込みでぜんぜんかまわないので、
生体反応が消えたら即、
葬儀屋か近隣病院にアラームが鳴るようなシステムを
腐人がヨボヨボになるまでに作ってくれたらいいなぁ
と思っている。

別に全老人にチップしこむを義務化するじゃなくて、
希望者にそうしてもよし、って社会にならんかなぁ。


ってか、孤独死自体、腐人は大歓迎で、
なんでそれが悲惨とかいわれないかんねん!
と思ってるから、
今の孤独死に対する政治家や報道のありようって
もんのすごく嫌い!

人は絶対死ぬねんから、
死んだときにすぐ発見してもらえさえすりゃ、
そんでええんちゃうん。

死ぬまでは好きに生きてもらい、
死体になったら早く回収してもらえりゃいい。
問題は、早く回収されるシステムができてないことだ。

こないだの『94歳。寄りかからず。前向きにおおらかに』
吉沢さんを読んでいて思ったが、
はっきりいって、
自分でたてる人に余計な手出しをすることは
むしろその人から生きる支えを奪い、老いを促進させる。

だから、チップ埋め込みだとか、
それが嫌なら、たとえば、毎日、
生きてますよを知らせるボタンを押すとかをして、
自分でどうしようもなくなった死体の始末んとこだけ
手を出してもらう、ってのができりゃええのになぁ。

したら、BCコーポレーションの皆様も、
そんなに大変やなくなると思うんやがな。

その実現ためには、選挙いかんとなー。
暑いけど。
[ 2013/07/21 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

死後を思おう

いやね、前からゆーてた本棚が、
今月末にやってくることが決まり、
本日は、ずーっと先送っていた
その整理をやっとったんですわ。

よくよく1冊1冊をみていくと、
とっときたいもんばっかなんですけど、
考えてみたら、そのほとんどがここ数年、
ページを開いたこともない。

・・・よく服の整理で言うじゃないですか、
「ワンシーズン出番がなかったものは、
 この先着ない。捨てろ」って。

分別してくと、それこそワンシーズンどころじゃなく
読んでないもんがぞろぞろぞろ。

え?ちょっと待って!
これ、ここにあったん!?

みたいのが、まー出てくる出てくる。

というか、それに今気づいたってことは、
その存在すら忘れていたということで。

いつか読み返すかもと思っておいていたが、
たぶん、そんな「いつか」はこんのだろうな・・・。

でもって、もう黄ばみまくって、
背割れを起こし(ページを開きすぎて、本が割れてる状態)、
ページがポロポロはずれたり、
背中がボロッてがたがただったりするようなもの、
もし、腐人の死後、誰かに整理してもらうとしたら、
見向きもされずに廃棄、なんだろうなぁ・・・。

腐人は独り者だから、
それこそ『期限切れの初恋』の橘社長とかに
お世話になるわけで。

だったら、もうここで、
「今まで、ありがとう」
っちゅーて、さよならするほうがええんやろなー・・・。

ああ、でも、これとこれとこれとこれとこれとこれとこれは
まださよならできーん!!!
あ、これも。

・・・って、片付かんやないかー!!


とまー、そんなこんなをしていて、
ちょっと疲れてしまったし、
時間もないので、以下、すっとばし読書録。


●19日
(684)一般本 『結局、日本のアニメ、マンガは儲かっているのか?』 板越ジョージ
  コンテンツ論でやりたいので、
  また今度。

(685)マンガ 『アラベスク 第1部1』 山岸凉子
  バレエマンガの二大巨頭の1つですが、
  実は未読で。

  しかし、今よむと、ちょっと厳しいか。
  ただ、表現はこの頃から変わられてないんだなぁ・・・。

(686)マンガ+α 『ドラえもん科学ワールド地球の不思議』 藤子・F・不二雄、小学館ドラえもんルーム、藤子プロ、日本科学未来館
  ドラちゃん話のなかから、
  地球に関係したものを抜粋したやつ。

  いやー・・・こやって改めて読むと、
  ドラえもんって、すごいわ。
[ 2013/07/20 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

解禁。『期限切れの初恋』より「人でなしの恋」

さー、いこーか。

まずは、小松っちゃん。

あんたさー、余計なことお言いでないよ!
「義務感」とか、「相手に失礼」とか!

あんな、このアホたれ村上は、やなぁ、
空っぽやった自分をやっとこほかして、
今、生まれ変わったばっかやねんて。

今まで、なーも考えることなく
他人の言葉に乗っかってただけの状態から、
ようやく自分でもがき苦しんで、
自分が選んだ実のある言葉を掴もうとしとるとこやねん。

まさに幼児が、言語習得しとるのと同じやねんて。

そんな真っ白な状態んときに、こんな言葉ゆーたら、
あ、そーなんかな?っちゅーて、
刷り込まれるやろが!!

このバカちんが!!余計なことすんな!



っつーかさぁ、村上よ。

ちょぉ訊きたいねんけどさ、
あんた、加々美たちとつきあい復活するつもりなん?

そら、借りた金は返すべきや。

でもな、気の置けない距離感になった気になってもさ、
現実は違うやろ。

自分の仕事の話、でけんやろ?
男同士やのに。

男ってな、みとるとわかるが、
基本、猿山思考なんで、
今自分のバックがどこか、どこに属してるか、
どんだけ、何をもってるかっちゅー、
ものごっついスノッブな物差しで、常に優劣はかってんねん。

加々美なんかな、嫁の未来が馬鹿と言い放ってたが、
まさにそのとーりでよぉ、
こいつと、このままつきあってったら、
近い将来、
サークルの皆を集めようぜ!とかゆーぜ?

あんたそれに耐えれんの?



昔な、腐人の友人が精神疾患を患ったんですわ。

腐人は、いつでもなんでも、
自分にできることはするが、できひんことはせん、
というスタンスだったので、
寄り添うこともなければ、離れることもなかった。

親身になっとらんと言われりゃそーだが、
無理は続かないもん。
腐人には、自分の人生を守る義務と権利がある。

それから数年して、友人が言った。

あのとき、ほとんどの人が去っていった。
今つきあってるのは、
あんなときでも友達でいようとしてくれた人だけだと。


腐人は、加々美とか武知とかを責めるつもりはないが、
村上にききたい。

あんたは、彼らに対して、大学時代と、本当に、変わらずにいられるの?
その、今の関係を、前と同じ「友達」といえんのか?
今の仕事の内容も言われへんのに?


そんだけやない。

あーちょぉ、話長なるから、ここ座り。
あ、すんませ~ん、ブレンド1つ追加で。

あのな、それはそれとしても、
あんた自身は、この先のこと、どない考えとんの?

とりあえず加々美に借金返すまでは、
橘さんとこに世話になるつもりなんやろうけどさ、
その先は?

このご時世で、その空白だらけの職歴で、その年齢で、
正社員にしてくれるありがたい会社って、そんなないで?

それに、橘さんとこの仕事は、業種としては、
恐らくこれからどんどん需要が広がる分野やと思うけど、
自分の5年後、10年後を、どう考えてるわけ?

そんな先まで考えられへんって?
あんなぁ・・・あんたいくつや。

橘さんも志摩さんも、信頼できる人たちやし、
ここにずっとお世話になるってゆーならね、
ゆっちゃぁなんだが、腐人は村上のためには、
加々美たちとは、距離をおいたほうがええと思うで。

生まれ変わったんだから、
新しい人間関係を一から作った方がいいと思う。

腐人は、人間関係ぶったぎって生きてきた人だから、
そのんが、ブレんと、早ぉ立ち直れると思うがなぁ。

絶対、心のどっかで、過去を引きずるで?
そんでもって、どっか比較してもぉてさ、
心の中に、くすぶりがたまってく。
で、ちょっとしたきっかけで、揺らいでくんねんて。

そう思うけどねぇ。


あ、そうだ、宇野。

あんた、あの彼女、須磨の友達でしょ?
あのストッパーの壊れた感じからすっと、
うーん・・・たぶん、明日会社にいったら、
皆、知ってるんじゃないかな?

まー須磨は、
「宇野さんってぇ、ホモだったんですかぁ?
 だったら先にゆってくださいよぉ、
 そっちの友達紹介したのにぃ。
 もーゆうべ、私あの子にすっごい責められたんですよぉ」
とか言いそうだし、
川崎女史は、
「え?そっちだったの?
 あーでもあんたなら、彼女連れより、そっちのがしっくりくるわ。
 ってか、それならそうと、もっと早く言いなさいよ。
 うちの旦那のツレ、紹介してやったのに」
で片づけそうやけどなぁ。

一人うろたえてるのが水木かな(^_^;)。


というとこが、軽い話。(どこが?)


あーでもさ、この加々美たちとのつきあいで思ったが、
雛乃とより戻すんだけはやめときや。

絶対、ぶり返すぞ。

今は、あの女、悲劇な自分に酔っ払ってるだけ。

村上くんが元に戻ってくれた・・・
やっぱり、あのとき逃げ出さずに、
ずっと一緒にいればよかった・・・そしたら・・・

とかってさ、目ぇあけたまま自分に都合のいい夢みて
育児と妊娠のしんどい現実から逃避しとるだけやて。

一番キツイとこはつきあいきれんと思ったのに、
都合よく忘れてるな、これは。

で、村上は村上で、もしより戻したら、
弱いとこみせられんと、ええ格好しようしようとして、
無理に無理して、結局、またバーンアウトするパターンやで。

下半身やのうて、頭で考えたら、
すぐわかることやねんけどねぇ。



では重いとこいきましょかーと思ったんやけど、
ちょっと時間がない。

キーは「トクシュ案件」と、「弱い自分」でしょうか。


この「人でなしの恋」を読んで、
腐人が一番気になったのが、志摩である。

「基本、自殺した仏さんに同情しない」
「自殺は取り返しのつかない甘えの極地」
「残された者が後悔して苦しむなら、
 それはやっぱり間違ってる」

この言葉にたどり着くなんて、
志摩はいったいどんな経験をしたんですかねぇ。

すっごく気になる。

読みたいな。


ここらへん、自分的には書きたくて書きたくてたまらんねんけど、
かなり暗くて重くてしんどそうな気がするので、
できたらやります。

ちょっとね、本棚入れ替えが本格化したり、
仕事のほうもヤバさを増してきたりしてまして、
いつとはちょっといえましぇん・・・。



あ、小ネタでもう一つ。

よくでてきた、Rカフェ。
場面を追って追って追っていくと、
おそらくあの駅の近辺ですよね。

で、オレンジ看板と2階・・・ってことは、
元トンカツ屋のやつですか?

でもそーしたら、コーヒーは130円じゃないと思う・・・。

ってか、今、130円のコーヒーってないんじゃないかなぁ?
マクドが100円だっけ。

その次は、この4月以降、どこのセルフカフェも
こっそり10円20円の値上げやって、
200円前後になってると思うけどなー。

むしろ自家焙煎店のが、
うまくて安かったりするんだよなぁ。

そんでも150円はする。
[ 2013/07/19 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

♪どぉしてBL読むのかな?

さて、と。

もちろん、昨日、早売り本屋に押しかけ
木原音瀬『期限切れの初恋』(小説)
木原音瀬、糸井のぞ『『期限切れの初恋』(コミックス)

の両方を捕獲している腐人です。

なので、いろいろしゃべりたいとこなんだが、
発売日、明日なんだよねぇ・・・。
どうしよう。

ま、それはさておき、今回、これを読んでて、
なーんとなく、
「なぜ、腐人がBLだけは飽きずに読み続けられるのか」
がわかったような気がした。

これはもっと正しくいえば、
「飽きっぽくて、なんでもかんでもすぐ放り出して、
 シリーズものもすぐ投げ出す腐人が、
 なんで、BLだけは飽きずに読み続けられるのか」

だな。

だから、これ、最初に断っときますが、世間一般論ではないです。
あくまでも腐人個人の話。

よくある、「なぜ男同士の恋愛話が受けるのか」
とかの話じゃぁありません。

はっきりいって、その辺は腐人、どーでもよござんす。
ってか、そんなもん分析したって意味ねぇよ。
個人個人で求める理由は違うんだから・・・と思いますけどね。

ゆったかんねー!



さて。

ブログ読んでらっしゃる方は、
うすうす感じておられるかと思いますが、
腐人は、分析魔だ。

興味を抱いたものが、
どういう構造、どういう内容になってるか、
それをこねくり回して、分解(破壊?)しまくることが好きで、
でも、その中身がわかった途端、
一気に冷めるという性質をしている。

※ちなみに、冷めた後には、バラバラに分解・破壊されたブツが
放置され、廃墟のように散乱する図となります・・・。


そう、前にオタクの話をしたが、
腐人は、あの深度まで
ずーっと興味を抱き続けることができないんですわ。

そういう意味では、オタク失格なのだ。


余談になりますが、
この中身がわかったら興味をなくすっちゅー迷惑な性質は、
なんつーか腐人の根幹にあるもののようで、
趣味の領域に限らず、
仕事や生活なんかでも如実に表われている。

だから、いろんなことを手広く、手離れよく、
かつ、そう引っ張ることない期間でやってる
今の仕事は、ストレス過少な天職なんだろなぁ・・・。
 
仕事探してるとかの方、
ご自身をとりまく要因とかで、
どうしてもこの条件でなければならないってのが、
(例えば場所とか金額とかね)
ある場合もあるかもしれません。

でも、つくづく思うけど、××がしたい!ではなく、
自分ってもんの性質を見極めて、
それに性質にマッチした仕事をするのが、一番いいと思う。

ゆっちゃぁなんだが、
働いて生きなきゃならない時間ってさ、
学生やってる時間の何倍もあるんだよ。

自分の根源的性質にあわないことをやり続けるには
長すぎる。

だからストレスに負けて
バーンアウトするのがでてくるんだ。


話を元に戻しましょう。

そんな分析魔の腐人ですが、
なぜかBLにだけはハマりつづけている。

っても、かなり浅くはなってきましたが。


それに、本を再読するってこと自体、
腐人はあんましないんですが、
BLだけは、気に入ったものを繰り返し読むことがある。

なんでだろー?ってのは、
自分でもちょっと疑問だったんだよなぁ。


例えばね、腐人は警察小説とか犯罪小説読むのが好きだ。

でも、こいつらを二度読みたいとは思わない。

例外は、『聖なる黒夜』ぐらいだろうか。
まーこれは腐人の中では、BL分類なんだがな。


実用書系といっていいのかわからんが、
ネタ本みたいのを読むのも好きだ。

でもこれも一読でお腹いっぱい。


男女の恋愛小説にいたっては、
一読すらももうええわ・・・(-_-;)
ってな気になっている。


これは、なぜか。

それは
「一読でわかっちゃうから」
だと思う。


それに比べてさ、
BL、特に木原音瀬さんの作品なんかだと、
「好きって、愛してるって、どういうことなんだろう」
と思うんだ。

この『期限切れの恋』なんて、
ホントわかりません。

なんで宇野が、こんな村上を嫌いになれないのか。
腐人なら、即、生ゴミ集積所にもってく!

それに、村上。
この、やることやってるくせに、
ぐっだらぐっだらゆってるノンケってかバイは、
腐人の中では、即、死刑なんだけど。

でも、こいつら、「好き」なんだよなぁ・・・。

となるので、
「好き」って、「愛してる」ってどういうこと(~_~)?
と、すごくすごーく考えてしまう。


ぶっちゃけ腐人は、実生活において、
「『好き』とは、これこれこういう感情である」
とか、
「『愛してる』とは、これこれこういう状態である」
って、言語化できません。

できます?
もしできる人いたら、ぜひその答えをきいてみたい。

でも、男女の恋愛を踏まえて、とか、
家族の情としての話なら、いらん。

なぜなら、男女や家族の場合、
はっきりいって利害関係、損得勘定、地位保全など、
情動以外のところが、非常に大きくなってくるから、
人生電卓を叩けるようになるんでね。

感情だけのものを「純粋」というならば、
ここには単なる感情だけじゃない、
打算だの、社会的責任だの「不純物」といえるようなものが
たくさん混じってくるからさー。

そーゆーのが混じれば混じるほど、
腐人には、計算ができてしまうのだ。

だから、ここを含めた「好き」や「愛してる」の説明なら、
いらねぇんです。
わかってるから。


で、ここで上に戻りますが、
腐人は中身がわかったら、途端に興味をなくす人なので、
読む以前に答えがわかってるよーなことに対し、
なんで、時間と労力と金を費やさねばならんのだ(~_~)??
ってことになるわけ。

あー、なんか『トオチカ』以降、
ずっと引きずってたもんがみえた気がする。



これが「好き」?
これが「愛してる」?

だったら、「好き」ってどういうこと?
「愛してる」ってどういうこと?

BLの良品になってくると、
この答えがみえない問いかけを
延々ぐるぐるやり続けることになるので、
腐人は、BLを読み続けてるんだと思う。

なるほどなぁ・・・。


では、お待たせしました。

以下の「続きを読む」にて、
本書コメントにいかせていただきます。

自分が読む前に読みたくなーい!
って方は、ここで回れ右してお帰りくださいねー。

ゆったかんねー!

[ 2013/07/18 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

「海の館のひらめ」から子育てを考える

ってタイトルにしても、
「海の館のひらめ」ってなんじゃ?
っちゅー方のが多いと思うので、
ざっくり説明するとこから始めましょうか。

これは、
『安房直子コレクション 2 見知らぬ町ふしぎな村』
に収録されてる短編で、

実直で、勤勉さがとりえの少年が、
一流レストランで働いているのですが、
口も立ち回りもうまくないので、
ずーっと下働きをさせられている。

ある日、食材としてやってきた「海の館のひらめ」が
その少年の一途に働く姿をよしとして、
力になるといい、少年にアドバイスして、
自分の店をもたせ、料理を教え、お嫁さんまで手配してあげる、
っちゅー感じかのぅ。

なんか腐人があらすじ書いたら、
安房さんのもつ、不思議な感じが丸つぶれになっている・・・。

まぁ、今回問題にしたいのは筋だからいいや。

あの独特の世界観を読みたい方は、
下記にカウントした本書をお読みください。
あれは安房さんの本文読んでこそ伝わるものだ。


で、ですね。

このコレクションは、安房さん没後にまとめられたので、
巻末に、収録作品に対して
安房さんがエッセイとして書かれたものを
あとがき代わりに収録してあるんですわ。

ほんで、そのエッセイの中に、
この「海の館のひらめ」に対してのものがあり、
そこにこうあったんです。

ちょっと長いけど、そのまま引用します。
()は腐人補足。

『(子どもの世界は)弱肉強食
 「正直者が馬鹿をみる」というようなことが、
 いくらでもおきている世界です。
 
 そういうところで、
 傷ついて帰ってくることの多かったわが子に、
 私は、どうしても、
 「もっとしたたかになりなさい。
  やられたらやりかえして、
  取られたら取りかえしなさい」と、
 教えることができませんでした。

 どんなに損をしても、正直で、まじめなのが一番いいのだと、
 今、つらい思いをしていても、
 神様がちゃんと見ているよと、教えたかったのです。』


という思いから、この「海の館のひらめ」が生まれたそうですが、
それ自体はいいのだ。
フィクションだからね。

でも、こう教えることはどうなのだろうか・・・と、
腐人は思っちゃったんですわ。


確かにね、安房さんのおっしゃることが通る世界は理想だ。

ウソつきが、バカをみて、損をして。
正直者が報われれば、そりゃそれに越したこたぁないが、
ま、現実世界は逆だ。

強かじゃないと、食い物にされるだけ。
嫌だといえないと、利用されるだけ。
自分の権利を守れないと、踏みつけにされるだけ。

生きることは、戦いだ。

これが現実だわなぁ。


だから、安房さんご自身がおっしゃってるように、
安房さんの理想を教えた子どもさんは、
現実世界で、傷つくわけだ。


とはいえ、腐人は傷つくことって、
実はいいことだと思ってる。

これ以上ない勉強だと思ってる。

なぜなら、傷つくことで、傷つけられる痛みがわかるし、
自分に経験と耐性がつく。
傷つけられたくなければ、どうしたらいいかの知恵もつく。

ね、悪いことばっかでもないでしょ?

むしろ、これを経験して乗り越えて、
心が古傷だらけにならないと、
強いメンタルってできないと思ってる。

あ、でもこれ、ちゃんとその裏に、
「私は愛されてる」
ってことが自覚できなきゃダメだよ?


それと、これとは別に、
「親から教わったとおりに生きたら、
 石つぶてを投げられた」
とすると、
「親だからってその言うことの100%が正しいわけじゃない」
ということを学んじゃうわな。

まぁ、実際そーゆーもんだから、それもアリかと思うが、
姫とか王子みてっと、
親は100%絶対的な存在なんだよなぁ・・・。
それが世界、というか。

なので、それが崩壊するってのを、
果たしていくつぐらいで経験すべきなのか、うーん・・・(~_~)
とか思ってしまったのですわ。


腐人なんぞ、保育園の段階で、
この世界の崩壊、心の重傷、強かさを持たねば人は負ける、
ってな哲学を学んじゃったから、
こんだけヒネてるわけで。


腐人に子どもはおらんので、
はっきりいってどーでもいいのだが、
安房さんの理想は理想として、
それを否定する気はないけれど、
やっぱりある程度の段階で、
現実の厳しさを家庭で教えておいてもらわんと、
打たれ弱い、人としての根っこが貧弱な、
メンタルぼろぼろ人間が製造されちゃう気がするんだよなぁ・・・。


ヨハネス・フリードリヒ・レオポルト・フォン・ゼークトさんによれば
「無能な働き者。これは処刑するしかない。」
らしいしね。

それにしても、いろいろ考えてしまう童話だなぁ。

(680)一般本 『安房直子コレクション 2 見知らぬ町ふしぎな村』 安房直子
[ 2013/07/17 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術』について

うむぅ・・・これは読んだといっていいものか。
ちゃんと理解したとは言い切れないのだが・・・
ま、いっかー。

まずカウントいきましょう。

(679)一般本 『金融機関がぜったい教えたくない年利15%でふやす資産運用術』 竹川美奈子
サブタイトルが、
「会社員でも、自営業・フリーランスでもできる!」

とありますが、先にゆっときます、
企業年金がガッチリあるような優良企業にお勤めの方、
公務員の方などは、できない話です。

また、サラリーマンの被扶養配偶者の人、
国民年金の第3号被保険者もアウトです。

なので、正しくは、
「企業年金制度、企業型確定拠出年金のない会社員でも、
 自営業者やフリーランスなどの第1号被保険者でもできる!」
ですね。

長ったらしいからタイトルにはふさわしくないけど。

端的に言えば、
個人型確定拠出年金のお話です。

自己責任において、自分で毎月積み立てをし、
預金や保険、投資信託などで運用して、
60歳から70歳になって受け取れる年金をつくりましょーって話。

「401k」って聞いたことあるでしょ?
あれです、あれ。

ただ、「401k」っちゅーと、
リーマンショックのときに、ひどい元本割れがおこり、
本家本元のアメリカでは、自己破産する人が続出したって
聞いたことがあるので、うーん・・・(~_~)と思っていたのだが、
違う視点を提示され、目がキラリーん
となった腐人です。

違う視点って?

それは「節税」。

可処分所得を増やすには、
入を増やすか、出を減らすかしかない。

腐人は圧倒的に後者が好き。
だってナマケモノなんだもん・・・。
入を増やす努力なんかしたくない。

※こういう人は不動産運用とかの不労所得狙いがありますが、
 社会情勢からして、これから不動産に投資する場合、
 老人向け住宅とかじゃないとあかんと
 腐人はみているし、
 不動産運用って、思われてるほど楽じゃないぞ。うん。
 


ま、そんな腐人が、この「出」の中で
一番憎たらしいと思っているのが税金だ。

だって自分の節制でどうこうできるもんじゃないんだもん。

とはいえ、節税の本とか読み漁り、
まぁ、一通りのことはやってきた。

が、まだこんな手段があったのかー!!
ってな、目から鱗のお話が、本書である。


表紙にもなってるのだが、
個人型確定拠出年金を使える対象者のうち、
実際に使ってるのは、たったの0.4%なんだそう。

なんてもったいない!

しかし、本書の中にもあるが、
「国や金融機関が積極的にPRしていないものほど、
 「金融機関が儲からない=私たち消費者にとってお得である」」
とあるように、
この「個人型」確定拠出年金は、実際に銀行へいっても
パンフレットが見当たらない。

今なんかだと、NISAばっかである。

腐人が個人型確定拠出年金のパンフを頼むと、
奥の奥の奥のほーから、もってきてくれた。

でもって、手続きするとしたらどのくらい時間がかかるかきくと、
「ご説明できる者が限られておりますので、
 できましたら事前にご来店時間をお伝えいただければ、
 すぐに対応するようにいたします」
とのこと。

なるほどー
説明できる人があんまいない、
すなわち積極的に売ってない商品なんだ。

ってことは、腐人らにとってお得ってことよね。


そんでもって、本書の第2章に、
買ってはいけない「年金」商品の紹介があるのだが。

げっ!もう買っちゃったよ・・・(ToT)
ってのがあった・・・ショック・・・(-_-;)

なぜ買ってはいけないか、
についても丁寧に説明してくださってるのだが、
確かにおっしゃるとおりだわ。

でもなー、もう解約できない(ロスがでる)し(T_T)。

腐人は基本、超がつく面倒くさがりで、
毎日指数をみたりだのの手間のかかる運用はやりたくないため
ローリスクローリターンでいいから手間のないもの・・・
としていたが、それだけで判断してはいかんようだ。

なるほどなー。


で、第3章以降、
具体的な話がいーっぱいでてくるのだが、
はっきりいって腐人がすべて理解できたとは思えない・・・。
増やすっちゅー、投資についてはバカチンなのよ・・・(-_-;)。

が、一つはっきりわかったのは、
これはかなりの節税になるということだ。

腐人的には、もうこれだけで「よし」である。

この税金のところは、普段から情報収集しとるので、
なるほど、なるほどと即理解した。

これは確かに合法的にがっつり節税できますな。

とはいえ、そこから先、
どこにお願いしたらいいの?とかになると、
よくわからんちんで、これまた弱気に・・・

でも、ご心配なく。
本書で、ちゃんとオススメパターンを紹介してくれておりまする。

ほほう。
ではこのオススメにしたがってやりますかいの、
・・・といっても、ここはやっぱり自己責任。

いろんな商品があるなかで、
いくらをどこにどうするか、ってのは、
自分の年齢(60歳までしか掛けられず、何年かけたかでいろいろ変わる)、
状況(リーマンか、自営かで、上限が違う)、
リスクについてどう考えるか、などなど
自分の手札と性格と将来設計とよくよく相談する必要がある。

そして、ここにあるのは、あくまでもアドバイス。
最終判断は自分である。

それを忘れてはいけない。


まー腐人のお粗末な脳みそでは、
これを全部理解するのは無理っぽい気がするが、
自分に必要なとこは抑えられた気がするから、
あとは窓口になるところに訊くベー。


えー!こんなんじゃわからんじゃん!
もっとちゃんと書けよ!腐人!!
っちゅーご意見もあろうかとは思いますが、
こういう制度とか商品ってのは、
ほんとにコロコロ変わるものだし、
腐人のこの甘い理解で誤解を招いても困るので、
興味をもたれた方は、ぜひ本書をお読みください。

もしくは、手数料としてオススメとされたところを
あげておきますので(ただし、2012年10月現在情報とのこと)、
ご興味ある方は、ご自身で運営管理機関にお問い合わせください。

●継続的なコストが安い金融機関例
スルガ銀行
SBI証券(ただし、資産残高によって変動あり)
三井住友海上火災保険
鹿児島銀行

●低コストな投資信託の品揃えがいい金融機関例
琉球銀行
岩手銀行

なお、ネットと郵送でやりとりできるそうなので、
立地は考慮しなくていいとのことです。


以下、自分用アーカイブ

・受け取り方は3通り
 ①一時金としてまとめて受け取る(退職所得控除)
 ②年金形式で何年かにわたって受け取る(公的年金控除)
 ③一部を一時金として受取、残りを年金形式で受け取る

・掛け金は全損

・金融機関を選んだら
→①掛け金額の決定、
 ②どの商品をどのぐらいの割合で購入するかの決定

・世界に丸ごと積み立て投資することが重要
[ 2013/07/16 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

上期決算いきまひょかー

あーつーいー(~o~)
暑くて暑くて、なんもする気がおきねぇ!!

のですが、そろそろやりましょう、上期決算。

ってもだ、評価するって難しいよな。

純粋に、お話としておもしろかったです!
は、逆にそこから深く潜れないともいえるし。

お話としては、普通なんだけど、
そこに書かれたテーマやあれこれについて、
思索がひろがりまくって、
ずーっとずーっと頭に残るのは、名著ともいえるし。

個人的には、その両方を兼ね備えたものが、
一番だと思ってるんですけどね。


マンガ部門では、

『ハイキュー!!』
『山賊ダイアリー』

ですかねぇ。

お待たせされましたで賞は、
いわずもがなの
『Sex Pistols 7巻』

謎ふりまきまくりで終わってるので、
8巻は早く読めるといいなぁ。

完結ものでは、
『ニコイチ』

わっはっはっはっはと
一気に読んじゃったなぁ。


続いて、一般本部門。

経営系では、

『ホウレンソウ禁止で1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる』
『世界の経営学者はいま何を考えているのか』



プロフェッショナル系では、
『将棋の天才たち』
『弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー』
『加害者臨床』
『サルファ剤、忘れられた奇跡-世界を変えたナチスの薬と医師ゲルハルト・ドーマクの物語』


その他では、
『怒りのおさめ方』
『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』


そんなとこか?
小説系は、正直、どれもぱっとしなかった。
っつか、そもそも読んでる量が少ないわ。


で、BL部門。

『光の雨 ―原罪―』・『光の雨 ―贖罪―』
『アイズオンリー』
『愛の裁きを受けろ!』
『ナゲキのカナリヤ―ウタエ―』
『片思い』
『奪還の代償 ~約束の絆~』


っすかねぇ。


今年になって別途データベースをつけてるので、
上半期を集計しましたらですね、
こんな感じでした。

総数641冊(再読重複あり)

一般本59冊
マンガ446冊
BL・小冊子・同人誌136冊

まー冊数で何が測れるってもんでもないんだが、
明らかにBL読書数は減ってるなぁ…。

作家の皆さん!
腐人が飛びついてやまないような本を
もっともっとご提供くださいませ!!

下半期、期待してまーす♪

※各本の書誌情報および腐人のコメントは、
ブログ本体のどこかにおりますので、
お読みになりたい方は、検索してみてください。

※ただし、このブログ内検索は、
かなりバカボンになっておりますので、
グーグルなどの検索で
「或るアホの一日 (本のタイトル)」
をしていただくほうが早いかと思います。
[ 2013/07/15 ] 決算&読書録 | TB(-) | CM(-)

昨日は大戦争・・・

朝の9時。
腐人はまだ夢の世界をたゆたっていた。

そこに、ピンポーンという
戦闘開始の合図が響く。

ママに連れられた王子が、
レゴで作ったロボットと、
家来3匹をつれてのご登場であった。

1日保母の指名をうけた腐人がのそのそおきだし、
寝ぼけた頭で、王子から家来の説明をきく。

ミヤマクワガタと、
アオドウガネと、
キなんとかかんとかコガネムシ
(王子に数回きいたが、名前が長すぎて覚えられん…)

あーでね、こーでねと説明をうけていると、
またピンポン。

早速、家来を両手に玄関にむかう王子だが、
扉を開けた先にいたのは、
虫だいっきらいな姫。

「おは、ぎゃーっ!!!!」
うわーんと姫の大泣きが始まったのだが、
王子は、まったく気にせず、とうとうと説明を始める。

えーっと…(^_^;)

そこから始まった保育園ですが、
いやー大変でした。

王子がスイカを食べてるときに、
姫が王子のレゴに興味をしめし、
さわったら駄目といわれてたとこまで手を出したもんで、
そこから王子の
「どうして、僕が駄目っていったとこまで触るの」
っちゅー理詰め説教がはじまり。

どんどんどんどん追い込まれてくもんだから、
姫は次第に聞こえないふりをしはじめたんだが、
今度は、その姫の態度への注意となる。

その論理展開ぶりは、
はたで聞いてる腐人にしても、
ごもっともと言えるもんで。

ってか、姫、もうここは
「ごめんなさい」
しかないって!

っちゅーのに、姫はごめんが言いたくない。

だって、その前に姫がもってきた風船を
姫の許可なく遊んでたの王子じゃん…ってとこか?

その場は、なんとか王子が絶対さわられたくない
ロボの顔と主張する部分(腐人にはどこが顔だかわからんかった…)を
王子の手元におき、
姫に貸してもいいと王子が思う部分は、
姫が「貸して」ということで収まった。

のだが、じゃぁその後レゴやんのかと思えば、
お絵かきが始まり。

…なんだったんだ、さっきの一幕は…
と腐人が思う間もなく、
「水遊びしよー」。

わ、わからん!
わからんぞ、この切り替えの早さ!!

とはいえ、水遊びグッズが奇数しかないので、
まずそれを買いにいこうとなったのだが。

姫「いくー!」
王子「いかなーい!」

……幼稚園とか保育園の先生、尊敬します…。


結局、二手にわかれて、
こんな暑い日にでかけたくない腐人と、
ただ買い物には行きたくない王子が
留守番になったはずだったのだが!

王子「虫取りいきたい」

……あんた、腐人にでかけろってか!?

泣く泣く外出することになったが、
道中みつけたアオドウガネ2匹では、
まったく満足しなかった王子。

もっと探しにいくー!と言い張るではないか。

やめてー!!
日焼け止め塗ってないのー!!!

という腐人の心の叫びが
聞こえたのかどうかはわかりませんが、
ほんのちょい先に大きな山椒の木がありまして。

そこをみると、丸々超え太ったアオムシが。
王子によるとアゲハの幼虫だそうで。

どーりでこの辺の山椒の葉っぱがハゲてると思った。

は、いいのだが、その山椒の木、かなり大きくてですね、
王子の身長では届かない。

よって、腐人の方をくるりと向くと、
「抱っこ」。

ま、代わりにアオムシを捕まえろ
っちゅーよかいいけどさ…。

しかし、敵もそうやすやすと捕まってはいやだと、
王子がぶにゅっと本体をつかんだ瞬間に、
オレンジの角をだして、
鼻がひんまがるぐらいの刺激臭をぶしゅっとだしやがったのだ。

「うげっくさっ!!」

ってことで、王子&腐人組は、一時撤退。

王子いわく、吸盤があって枝にくっついてるから、
そう簡単には取れないらしい。

うーん…とやってると、通りすがりのおじさんが、
「なにやってるの?」
と声をかけてくださった。

実はこれこれこうで、というと、
ああ、あれね、ちょっと待って、
っちゅーて、ひょいとつまんでとってくれるではないか!

おおおおお!!
おじさんありがとう!!

とやってたら、もう1匹みつけてしまった。

「あ、もう一匹いるよ、王子」

っちゅーと、
そっちもほしい!!となり、
おじさんに、もう一匹もとってもらうことに。

いやー、本当にありがたい。
だって、この調子でそのままいってたら、
「腐人、とってよ!」
と王子にいいかねられず、それは絶対無理だったんで!

割り箸使っていいなら別だが、
その場合は、力加減がわからず潰しちゃいそうだ。

どこのどなたか存じませんが、
本当にありがとうございました m(__)m

ちなみにアオドウガネはこの騒ぎの最中、
どっか飛んでいっちゃいました。

新たな家来を二匹も捕まえた王子はご機嫌で、
虫取り散歩はここで終了にしてくれた。

ああ、よかった…(ToT)


で、腐人と王子が帰宅して、
箱の中に新たな家来をいれて
腐人家にある山椒をちぎっていれてみて…
とやってたら、姫たち買い物ご一行が帰宅した。

これで水鉄砲が2つそろったし、
じゃぁ、風呂水遊び!となったのだが。

姫は顔に水がかかるのが大嫌い。
一方の王子は、最近、顔を水につけられるようになり、
それが自慢したくてたまらない。

でまた、水鉄砲の掛け合いとなると、
姫の顔に水がかかって、ギャー!となるので、
監視員として腐人がお風呂場に乗り込んだのだ。

すると…ええ、もう案の定っちゅーか、
全身水ぶっ掛けられまくりですよ…(-_-;)
水鉄砲の標的にされてね…。
(腐人は着衣のままでした)


で、しばらく遊んでると、暑いー。
じゃぁ水いれてとやってると、寒いー。

そのたびそのたびに、
シャワーで温水や水をいれて調整してたら、
姫の顔にかかったりしましてね。

すると、今度は、「やめてって言ったでしょ!」と、
風呂場で姫の説教タイムが始まる。

さきほどの王子の理詰めで相手を追い込むのとは違い、
こちらはどちらかというと感情優先。

そのうち、王子がむっつり黙り込みはじめ、
ぼそりと一言、「もうやめる」。


いやー……笑っちゃ悪いが
おかしい、おかしすぎる!

こんな幼児なのに、社会の縮図がここにある!!


その後は、昼ごはんを食べ、
王子のお昼寝タイムになったので、
王子は帰宅し、姫はそのまま夕方まで
心ゆくまで思いっきり遊んで帰りました。

そして、残されたのは、
つかれきった腐人と血族…。

「かわいいんだけど、疲れるよね…」

恐らくこれは子供とかかわる人の
ほとんどのご意見ではなかろうか。

後ほどママたちからの報告によると、
二人とも、楽しかったと大喜びだったそうで。

ま、こやって腐人と遊んでくれるのも、
ほんのちょっとの間だけだからねぇ。

ただ、ちょっと、王子の将来が心配に。
本当にむちゃくちゃかわいい顔をしとるのだが、
そのままいったら優秀な虫博士の研究者にはなれても、
モテ男にはなれそうもない気がするよー!!
[ 2013/07/14 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

いろいろコボレを拾いましょう

●『テンペスト』の理科と社会

そーいえば、腐人がこの話で
どうにも腑に落ちなかったとこが、
理科部分である、遺伝子については語られてるわりに、
社会部分である、性自認と性指向についてスルーだなー
ってのがあったんだった。

まーこの辺まで入れ込むと、
混沌がひろがっちゃって収拾つかなくなってくんだけど、
皇の性自認はメス、染色体がXX、性指向がホモ、
だよな。

すると、

姫の性自認がメス、染色体がXY、性指向がホモ、

だったら、体改造したらなんとか受け入れてもらえるか??
とても微妙な五分五分ってとこかと思うが、

姫の性自認がメス、染色体がXY、性指向がヘテロ、
とか、
姫の性自認がオス、染色体がXY、性指向がヘテロ、
もしくは
姫の性自認がオス、染色体がXY、性指向がホモ、

これらなら、永久に交わらない。

この辺はどない考えとんのかねぇ?

ま、性指向がホモかヘテロじゃなく、バイもいれれば、
もうちっと可能性があがるか。

その関係絵図は、より複雑化するけどな・・・。



●「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」話

ブログを読んだ師匠からコメントをいただいた。

師匠はワインも美味しいものも大好きで、
ガッツリお肉もいけちゃうため、
まさにターゲット層。

だから、そのご意見は、まさに顧客視点からで、
かつ、地方でも都会でもいろんな店で
飲み歩かれてるからこそでてくるもの。

ちょっとここでは控えさせていただきますが、
なるほど!と思わずうなっちゃいました。

ブックオフをひっぱってのお話では、
逆に都会のブックオフがメインの腐人は、
地方のブックオフに行くと、逆の違和感を感じるので、
なんかこう明言しにくいギャップがあるのは
その通りだと思う。

なるほどねぇ。



●自転車窃盗事件

ちょいと前、自分の自転車が
勝手にネットオークションに出され、
その後、盗難にあうっちゅー事件があった。

世間は、その容疑者について盛り上がっていたようだが、
腐人は違うところが気になった。

まず1つ。

テレビに出た持ち主さんの体格をみると、
小柄に見えた。

まーテレビレポーターの大きさもあるけど、
たぶん日本の平均男性より若干小さめじゃないかなぁ?

とすると、確実に自転車のサイズは特注。

あのラインのチャリになると、
ママチャリみたく、26インチ、24インチなんちゅー
超雑なくくりでまとめられるもんじゃない、
職人の知恵と技術と汗の結晶なので、
サイズがあわなきゃ、豚に真珠。

ま、臓器や宝飾品同様、バラしてしまえばわからんが。

そうやって売りさばかれる前に
お手元に戻ってくるといいけど、
もう全部戻ってきたのかな??


で、もう1つ。

盗まれた9台で220万円と報道されてた件。

えー(~_~)?
それ、ホント?
本当のところ、もっとしてないか?

購入時の本体価格は、そのくらいだったかもしれないが、
その後、いろいろつぎ込んでなぁい?

パーツやホイール変えたりして、さ。

ホンマは、もっともっといっとるやろ?ちゃうか?

奥さんには黙っとくから、正直に言ってごらん?

と、思ったのは腐人だけでしょーか。


ま、その子に貢いだ高級パーツは
家の中においてたのかもしれませんが。

でも、腐人が電卓叩いた感じだと、
かなりの値引き価格をゆーとるように思われるんだが。


なんにせよ。
他人の物は、盗んではいけない。



●すごいよ!バブルくん!!

前から、ジョンソンの
「スクラビングバブル トイレスタンプクリーナー」が
お気に入りだった腐人。

だってこれ、超便利なんだもん。

週に1回、ペタンってやるだけで、
いつもピカピカってすばらしい!!

ま、水流が関係しないとこは、
お掃除しなくちゃいかんですけど、
この画期的商品以降、
腐人はジョンソン製品に注目をしている。


で、夏になると、すごく気になってくる網戸むけに
商品があるというので、買ってみた。

「スクラビングバブル 網戸ワイパー」という。

網戸掃除の難しさは、力を入れすぎると破れ、
入れなさすぎると汚れが落ちないという点。

でもって、戸建の方なら
取り外してジャバジャバ的な洗いができても、
集合住宅の場合は、それができんのだよねー。

第一に洗える場所がございません。

だから、どーしてもハメたまま拭くとかになって、
拭けたとことそうじゃないとこのマダラ模様になったり、
汚れがとれたというより広げただけ??になったり、
こう、すっきりできた!という感じにならんのですよ!


で、これを試してみたところ、
いやー、びっくりするほど落ちる。
ピカピカになる。

それが網戸にも、シートにも、
くっきりはっきり目に見えてさー。

ふ・・・なんか爽快ーっ!!!
掃除キライなんだけどなー。

でも、これはすごく簡単。
上から下になでおろすだけでとれる。
それに、始末もラクチンで、
丸めてポイッで済むからいい。

おー!これは便利!!

買ったとき一緒にいた血族が、
「使ってみてよかったら貸して」
とゆーてたんで、貸してやろう。

ってか、その前にシートを買いに行かねば。

あまりに簡単にピカピカになってくのが楽しくって、
買い置き全部使っちゃったんだもん。

というと聞こえがいいが、
本当のところは、普段の掃除をしなさすぎだったので、
1回ぐらいじゃ落ちきらなかったのだ・・・(-_-;)

で、シートに汚れがつかなくなるまでやってたら、
気づいたら空っぽになってたってのが正解。

どんだけ汚のぉしとったんや!


あ!
これ、明日、姫と王子がくるっちゅーから、
遊びのネタにしたろかな?

したら、一石二鳥やん!!

ん?でも、あかんわ。あかん!

だって、これ1個しかないもん!!
         ↑
      これ、とっても重要。
      偶数ないと、地獄絵図になるんだよ・・・(-_-;)
[ 2013/07/12 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

一つ目国に生まれた二つ目人~『テンペスト』~

早朝、左足に走った激痛で目覚める。

なんのこたぁない、足がつったんである。

この時期の早朝、一度ぐっと気温が冷えこむときに
なりやすいんだよねぇ・・・(-_-;)

筋肉の緊張だから、温めて緩めるがよし、
とオステの先生からきいてるが・・・・・・面倒くさい。

とりあえず、ストレッチで伸ばし、ひきつりだけ解消して
二度寝したが、しばらくすると暑くて目が覚めた。

もー!!
だから夏ってキライなのよー!!!


さて、本日のお題だが、
上期総決算にするかと思ったが、
己の駄ブログを見直す気になれなかったので、
昨日まとまらなかった『テンペスト』
再チャレンジしてみましょう。

(659-661)マンガ 『テンペスト1-3』 阿仁谷ユイジ

えっと先にゆっときます。
腐人に遺伝子の知識はない。
ただ、興味があるだけの人です。

うーん・・・嫌いなテーマではない、
どころか、むしろ好きなテーマといっていいほどなのに
なんか、なにが言いたいんだかわからない。

まー、ご本人もおっしゃってるように、
とてもナイーブなテーマなので、
あっちに気遣い、こっちに考慮し、としながらも、
ご自身が描きたい愛やエロや美をてんこもりしたら
味が複雑すぎて、うまいともまずいとも言えない料理に
なっちゃってるような気がする。

もっとシンプルにすればいいのに。

一番、なにが言いたいの?

でもって。
はっきりいって、このジェンダー論ってのは、
どこにも角を立てずに話をしようってのは、
絶対に無理。100%不可能。

あちらを立てれば、こちらが立たず。
すべてにいい顔をしようとしたら、
意味のないちゃんちゃん総会にするしかない。

なので、やりたいなら、開き直るしかないの。
この世界では私が法だが、それで何?と。

腐人は、そーゆー突き抜け方のすばらしいお手本は、
TONOさんだと思ってる。
あの強靱なしなやかさは、本当に見事。
見習いたい。

そのTONOさんの姿勢に比べると、
阿仁谷さんは、どうもはっきりせんのだよなー
腐人の感覚では。

で、それが作品にでちゃってる気がするのね。


このお話、ものすごい言い方したら、
一つ目国に生まれちゃった二つ目ちゃんの話でしょ?

そうなったらどうするかったら、
一生追い回されるか、
それがイヤなら、目をつぶすしかないわけじゃん。

これで言えば、ちょんぎりました。
じゃぁ、終わり、だ。

でも、それで終わりにさせないためにって、
たぶん、短命とSRY遺伝子ってのを
振りかけたんだと思うのね。


ちょっと話ずれるが、
ここでリアル社会のことをいうと、
個人的にはSRY遺伝子は、
寿命の阻害因子になれこそすれ、
助長因子にはならんのでは?と思う・・・。

だって、今、歴然と結果がでてるじゃん。

男と女どっちが長寿?
女でしょ?

まーこれは
「社会的役割として、男の負担が大きく、
 そのストレスによって短命になってんだ、
 SRY遺伝子によるものではない」
って反論があるかもしれない。

じゃぁさ、社会的役割をまだ負担してない子供では?

男児と女児とでは、男児のが多く生まれるってのは常識だ。

それはなんでだったら、男のが生物として弱いから。

成人するまでにある程度死ぬので、
(だから成人比では1:1)
それを見越した上で、大目に誕生するようになっている。

ま、だから、昔ほど子供が死ななくなった今、
男が余ってんだけどさー。


そーゆー要素をあれこれ考えると、
個別では、男のほうが長生きする例があっても、
トータルでみると、
やはり生物的には男のほうが弱い個体な気がするんだよなぁ。


でもま、これは1巻巻末にもあったように、フィクションだ。
阿仁谷さんの頭が生み出すものが、
法であり、すべてだ。

だから、この世界が、
SRY遺伝子の欠損によって、短命化してるのよ!
ってなら、そうなのね、でうなづくしかない。


ただ、だ。
今度は別なことが気になってくる。


えーっと、先に謝っておこう。

腐人はこのお話、ざーっと一読しかしてない。

なんかもやもやしてしまい、
再読ができなかったのだ。

だから、この世界から男がいなくなった理由ってのが、
今、うまく思い出せない。

なので、トンチンカンなことをゆーてるかもしれないのだが、
その理由が、
「チン●ン生えてるやつを、片っ端から抹殺していった」
ってんじゃないならば、
ここまで見事に男だけが除去されたってのは、
例えばSRY遺伝子にだけ結びつく致死性ウイルスがある、
だとかの、何かしら、男だけが選別される理由がいる。

それが、幼児か、大人かってなら、
テロメアの長さとかが関係すんのかな?
ってな気になるが、
男か、女か、ってんなら、
やっぱ、Y染色体の存在、すなわちSRY遺伝子なわけで。

今(3巻までの段階ですが)、一生懸命、
SRY遺伝子をこの世にうみだそうとしとるけども、
この世界に、何かしらSRY遺伝子を排除するものがあるならば、
そこの原因を先に取り除かないといかんのでは?

それをせずに生み出したとするなら、
結局、原因があるから、せっかく産んでも
すぐ死んじゃうと思うんだがなー。

ってことで、
旧世界でみつけた冷凍精子で受胎ができなかったのは、
こーゆーことかいのぅ・・・とか勝手におもっている。

とすれば。
いくら、どんな人使ったって無駄ってことじゃね?

むしろ、それでも存在しえてる姫を考えると、
恐らく姫のSRY遺伝子は、その中の塩基配列なりがなんか変容し、
排除される運命から逃れられたってことじゃね?

ったら、姫のもつものと、冷凍精子との違いを比べ、
今、阻害となってる因子を排除すれば、
冷凍精子を使っての受胎ができるようになる・・・んではないのかな?


うーむ・・・勝手に想像でゆーとるので、
あってんだか間違ってんだかもわからん。

ってか、4巻での展開がどないなっとんかも無視して、
こんなことゆーてもええんでしょうか・・・。

ま、いっか。
しょせん、腐人の妄想だ。



ところでさ。

腐人がすごく気になってんのが、
姫って一応、研究者なわけでしょ?

なのに、自分が抗体もってるかもしれないのに、
それ黙って、どんどん人が死んでくの、
眺めてられるもんなの?

ここになんだかなぁ・・・と思うのは、腐人だけ?


あとさ、上でも書いたが、
これは二つ目人が目を潰せばいいだけなのに、
「大人になるまでやらないで」とかゆー
親のいいつけ守って、
どんどん男性化してんの放置してるって、
どんだけ自己確立できてない依存型墓守娘なの?
と思うのは、腐人だけだろうか。

ま、ここで、じゃぁと、サックリちょんぎっちゃえば
お話にならんのじゃが・・・。

え?墓守娘じゃなくて、息子?
そこは、どっちでもええわ。

なんつーか、10代の男の性ホルモンを
甘くみすぎてないかと思うんだがなぁ・・・。

ごく一部の例外を除くと、性別不明は15,6が限界だぞ?

この辺をごまかすとすると、
「実は、表面化してないだけのY染色体保有者が
 この世界にある程度います」
なら話は別なんだけどなー。

したら男性化してく姫も、ああそうか、で済まされるから。
でも、そーじゃないっしょ??

よくわからない(~_~)?と思われる方もいらっしゃるかもしれないが、
ここらなぁ・・・阿仁谷さんもおっしゃってたが、
その特徴をはっきり書くと、
心を痛める方もいらっしゃるので割愛するが、
遺伝子は正直なのだ。

※このあたり、
なぜ腐人がもごもごしてるかを知りたい方は
『IS 〜男でも女でもない性〜』など
入門書としてよろしいかと。

前身ブログ『腐人日記 -腹を割いたら黒かった』で、
この『IS』を題材に、
結構長々やってるので、ご興味ある方はそちらをどうぞ。

ジェンダーの話って、ホント複雑なんだよなぁ・・・。


なーんつかなぁ・・・
たぶん、女しかいない世界の唯一の男が、
なにがあろうと、ずっと好きだった彼女を選び・・・
♪愛~それは甘く~
ってなことがやりたいんじゃないのかなぁ・・・?

だからなんかこう、理科とか社会とか国語そっちのけで
愛と美学がありさえすれば、どんな矛盾も疑問も無問題ー!!と
すべてを押し流してしまってる・・・
そんな感じがしてならん・・・(~_~)。

え?そんな底が浅い話じゃない?

でも、阿仁谷さんは
そっちが描きたいよーな気がするよ?

腐人の気のせいかなぁ???


まーまだオチてない話だし、
腐人もざっと読みしかしてないから、
結論は出せないけど、
なんかちょっといろいろモヤモヤする。


そーいや、これ読んでふと思い出したが、
この世から男がいなくなったって、
女は細胞分裂で子孫を残すわよ!
ってな話を、腐人が初めて目にしたのは、
新井素子さんだった。

あれは、何に書いてあったんだっけ??

そーいや、最近、全く読んでないなぁ・・・。


えっと別の方の話に流れそうになってますが、
腐人としては、こんな腐人のもやもやを、
スッコーンと場外ホームランにして、
「うわ!こーきたかー!やられたー!!」
となる物語展開になってくれたら、
オチてから、全部通しで読もうかと思います。
[ 2013/07/11 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

挫折したので、これのみで

いやさー、『テンペスト』コメントを書いてみたんだが、
自分が気になるとこがあるだけに、
収拾つかなくなっちゃって。

かといって違うテーマ書くほど時間に余裕がないので、
読書録のみで済ませることにする。

●9日
(667-670)一般本 『お釈迦様もみてる 紅か白か』『〃 学院のおもちゃ』『〃 ウェットorドライ』『〃 自分応援団』 今野緒雪
  こないだひっかかったので、
  田中芳樹さんの『創竜伝』を読み返そうかなと、
  図書館のYAコーナーにいったらば。

  見つからなかったんですわ。

  でも、検索かけてまでやる気もなく、ふらふらしてたら、
  『マリア様がみてる』とこの『お釈迦様』
  ずららららーっと並んだコーナーに出くわしまして。

  両方とも、どっかまで読んだが、
  どこまで読んだかわかんなくなってやめちまった、
  よくあるパターンでね。

  どーでもいいが、
  「巻数をいれると売れなくなるからしない」
  ってのがコバルトの方針らしーが、
  このサブタイトルパターン、順番がわかんねぇんだよ!

  だから、腐人は大嫌いー!
  昔、『なんて素敵にジャパネスク』なんかは、
  ちゃんと巻数にしてくれてたぞ!


  でまー、さすがにこんだけ冊数いってると
  いまから『マリみて』復習する気にはならず。

  背表紙に巻数ねぇから、サブタイトルをいちいち裏で確認して、
  順番に借りるってのもねぇ、
  考えるだけで、億劫だ。
  
  それになにより、ユリよりバラのが好きなんで。

  って、いうまでもなくこの「バラ」は
  薔薇様じゃねぇよ?

  ま、そんなこんなで、あるだけ借りてみた。

  で、読み始めて思い出す。

  ああ、腐人はこのはっきり書かない文体が
  苦手なんでした・・・(-_-;)
      ↑
     読む前に思い出せよ。
  
  この文体とまともに取っ組み合うとイライラするので、
  あまり深入りせず、表面を流し読み。
  これなら読めるわ。

  おもろいか、おもろくないかといわれると、
  うーん・・・読めなくはない。

  でも、これで何が書きたいんだろ?と思ってしまう。

  男子校生の日常生活?
  
  なんか正しい意味の
  「山ナシ、オチなし、意味なし」な気がするんだが、
  多感な少年たちがいろいろ思うアレコレを
  お釈迦様のよーに見守るってのが
  この話のあり方なのかもしれない。

  ただ、見てるだけ、ともいうが、
  所詮「神」ってそんなもの。

  とりあえず借り切ったとこまでは読みます。
[ 2013/07/10 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

オタクの「好き」をなめんなよ!

昨日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」が
海洋堂の宮脇社長だったので、みてみた。

腐人は腐女子である自覚はあるが、
ここまでの筋金入りのオタクと自分が同類項か?
と問われると、答えはNoだ。

捕まえようのないお化けである「流行」だとか「世間」だとかに
くるくるくるくる振り回されてる価値観の人からしたら、
どっちも同じじゃん、といわれるかもしれないが、
オタクの中でも、ここまでくるとレベルが違うのだ。

どっちかっちゅーと、この一点集中掘り下げ型は、
研究者とか、数学者、棋士、プロアスリート、トレーダー
そーゆーのと同じなのよ。

気が狂う1歩手前まで、そのことだけを突き詰められる、
その資質がなきゃダメなんだが、
どっちかっちゅーとこれは男性に多い気質だと思う。

っつか、男はそれやってもゆるされる
社会的役割になってるのか。

んー・・・これはどっちが先か、わからんな。

そんなことない、女だって!!
っちゅーご意見もあろうかと思うが、
女の場合、いくら自分の「好き」があって、それで稼げても、
孕んで、産んだら、そっちが優先でしょ。

精神がいくら「好き」にむいてても、
身体は現実に従うよね?

そゆこと。

女には嫌でも、自分の世界に没頭しきれない、
メシのしたくだの、介護だの、育児だの、
現実がくっついてくる。

腐人は別に、男女同権!男も女も同じ仕事をしろ!なんて
欠片も思ってなくて、
むしろ、そう言ってる人に疑問がある。

男が妊娠できない限り、同じなんて無理でしょ?
そもそも男が女がじゃなくって、
一人の人としての向き不向きで、仕事をすりゃいいだけじゃねぇの?

まぁ、その評価として、全く同じ成果で、同じだけの仕事のしやすさで、
賃金差があるのは問題だと思うけどね。

ああいかん、話がずれてったな。

ってか、何の話してたんだっけ??


腐人はBLが「好き」だが、
この宮脇さんのいう「好き」に比べると、
全然、足元にも及ばないのよね。

なんつーのか、深さと継続性が違う。

そらね、腐人も一番読んでたときは、
ほぼ全レーベルの新刊総ざらえ+過去の未読本潰しで、
BLだけで年間1000冊以上読んでたよ?

でも、続かない。
っつか、続けられない。
もう飽きるの。

だって、クオリティの低いのになると、
レーベルと作家名とタイトルと裏のあらすじ読んだら
オチまでわかっちゃうんだもん。

ちょっとでも読みと違う筋であることを祈りつつ読んでも、
99.99%予測が裏切られたことはない。

となれば、またか・・・(-_-;)ってなるって。

それに、中にはどーしても口に合わないものもある。

数年ほどそういうなんでも食べる悪食生活やってたが、
ある日ふと、何やってんだかな・・・と
我に返っちゃうわけですよ、女は。

なんでこんなまずいもんガマンして食べてるんだろ・・・って。

恋愛が一気にさめて、
優秀なイケメンだと思ってた彼氏が、
そこらにゴロゴロいる、ペラい生きてるムダ男に
すぎないことに気づく感じ?

で、そうなると、
スパッと脳みそが切り替わっちゃう。
なんでこんな男に、自分の時間と若さと金を使ってんだろ、
アホらしって。

うわーひどいことゆってんなー腐人・・・。


しかし、この宮脇さんぐらいになると、
恐らくそういうものでも、フィギュアに模型に関するものであれば、
食べ続けて、ここがいかん、あそこを直せと、
死ぬまで言い続けられるんだよな。

腐人なんざ、以前は、市場に出回ってるBLの
6~7割は読んだと豪語できてたが、
こないだ上半期の決算するのに
上期に出たラインナップを見直してると、
1割(もしかしたら1割以下?)ぐらいしか
読んでないことに気づいた。

うーん、名乗りを変えねばならぬかも?


ま、腐人の名乗りはどうでもいいんだが、
要は、そこまで継続的に没頭できるってのが、
そんでもってそうしても許される環境をつくってるってのが、
すげぇなぁと思ったんだわ。

もうここまでなると恐れ入るしかない。


ただ、本当にこれ、すごく自分を追い込んだ選択だと思うよ。

だってさぁ、「好き」を仕事にしちゃうと、
逃げ場がなくなるんだって。

やりたい放題やってる腐人だって、
そら、それなりに日々、ストレスだのムカつくことだのある。

その発散に、BLが必要不可欠なの。
逃げ場であり、憩いであり、癒しなの。

宮脇さんは心の栄養っちゅーて、
大好きな模型を大人買いしてましたが、
腐人にとって待ってた新刊をゲットして読むのが、
心のデトックス。

あの、「よっしゃぁ!」な感じが、
すべてのイライラもやもやを吹き飛ばしてくれるんですよ。

でもね、それを仕事にしちゃって、
それがうまくいかなくなったり、
そこでトラブルが起こったら、
どこで発散すりゃいいの?

模型のストレスは模型で晴らす、かなんか
ナレーションがゆってた気がするが、
なかなかそうはいきませんてー。


それにね、
フィギュアの世界が関係してくるかはわからんが、
今、世界では3Dプリンタってのがある。

それこそ3D画像で、美少女だの昆虫だのを描いて、
それを3Dプリンタでベベベベベッとやれる状況になってくれば、
もしかしたら、原型師という職業がなくなるかもしれない。

そうじゃないんだ、手作りのうんたらかんたら・・・となってくると、
芸術の世界でしか残らなくなるかもしれない。

まーこの辺の生命力の薄さは、コンテンツ業界も一緒か。

タニマチの存在がなければ生き残れないのが
どっちもの未来像なのかなー・・・。



あーでも、インタビューでおもろいなと思ったところがある。

フィギュアの世界の顧客は、端的にいえばマニアだ。
つまり、ディープでヘビーなユーザーさん。

この層の方は、自分が認めると、金に糸目をつけないが、
自分とあわないと思った瞬間、ばっさり切る。

それがこの世界の顧客だ。

世間一般的に、新商品をつくるにあたって、
最も大事にすべきは、顧客の声だという。

ユーザーからのクレームこそが新商品のヒントの山だとか、
顧客の声を丁寧に拾った結果が、この売り上げですとか、
よく聞くでしょ?

でも、この海洋堂における商品開発は、
まず、自分が欲しいと思うか。

「"客が欲しがる物"ではなく、"自分が欲しい物"を作る」
だそうだ。

すごいなー怖いなー・・・。

これ、大衆向け商品でもできるだろうか?

腐人の身近で見られる例としては、
自分がいいと思ったものを大衆にむけて売り出すと、
その独善さが嫌われて、失敗に終わってんだけど。

うーん・・・これは、
「自分がいいと思うもの」と
「自分が欲しいもの」の違いか?

誰だったか忘れたが、
「マーケティングなんてやったってムダ。
 もしそれが本当に正しいなら、世の中ヒット商品であふれてる」
っちゅーてましたが、
「自分が欲しいもの」と、
「売れるもの」が必ずしもイコールじゃないよなぁ・・・。


いや、違うか。

宮脇さんは、海洋堂の社長であること以前に、
社会的存在として「宮脇修一」さんであること以前に、
存在の最優先命題が、「フィギュアオタクであること」なのかもしれない。

だから
「自分(=フィギュアオタク)が欲しい」=「フィギュアオタクに売れる」
なのか。

ああ、なるほど。

それならば、自分がいいと思って売ってたやつなんか、
仕事がぬるいわ。

そこまでそれに惚れ込んでるわけじゃなく、
「××が好きなオレ」に酔っ払ってるだけだもん。

なーるほーどなぁ・・・・・・。

この生き方ができるのは、本当に一握りの人だと思うけど、
しんどいけど、すごく幸せな人生かもしれない。




・・・どーでもいいですが、昨日読んでた人生相談に、

「旦那から離婚を切り出されました。
 
 というのも、旦那がフィギュアにハマって、
 そのオマケが欲しいからと、お小遣いを1万円近く使って
 飲料をダース買いしてきたんです。

 お小遣いをそんなものに使うなんて!
 
 腹が立ったので、旦那の分だけ食事をつくらないでいたら、
 給料振込先口座を変えられたので、
 不在のときに、集めていたフィギュアを全部捨ててやったんです。

 すると、離婚だって。
 
 幼稚な趣味から卒業さしてあげて感謝されこそすれ、
 なんで私が追い出されるの!」

ってなのがありました。

適当に腐人編集してますんで、ご興味あるかたは、
読売新聞、発言小町をどうぞ。

今ならアクセス数で並べ替えたら、上位にあるかと
(ここは掲示板のため、数日で流れますんで、その旨ご了承ください)。


え?
これに対する腐人の意見?

そんなもん、
腐人が法なら、即、死刑。

人の命よりフィギュアのが重いのかー!とかおっしゃるかもしれませんが、
その重さは、命と同じなのが、オタクというものですよ。

それが理解できないなら
どんだけ金持ちでも、
どんだけカッコいいイケメンでも、
どんだけ操縦しやすそうなやつでも、
どんだけアナタを満足させてくれるブツとテクをもっていても、
オタクと、結婚なんぞしてはいけない。



・・・あ。
『テンペスト』
コメント忘れてた・・・。
ま、いっか。
また今度。
[ 2013/07/09 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

燃え尽きてます・・・

ショック!!

夕立に気を取られ、ポチッとやったら、
それまでやってた仕事のデータが飛んだ!!!

OH-!!NOー!!!
あああああ・・・orz。

腐人は灰になった・・・。


ってことで。
やろうと思っていた『テンペスト』は先送り。
上期決算も先送り。

とりあえず、昨日の読書録で終わる。

あああああ・・・(T_T)


●7日
(662-665)マンガ 『ウロボロス -警察ヲ裁クハ我ニアリ- 1-4』 神崎裕也
  悪くはない。

  んだが、
  イクオが警察内で出世できると思えない。
  人選配置間違ってないか?

  かといって、たっちゃんと交代できるんかったら、
  それもなぁ・・・・・・。
  まだこっちの配置のがマシか。

  要は内側から内部事情にアクセスできて、
  鍵を開ける存在があればいい、ってことなんだろうが、
  そうすっとイクオの立ち位置が、
  これだと、目をつけられるだけな気がする。

  たっちゃんなんかは、目立ってナンボの世界で、
  本人の性とあっとるからええけど、
  警察組織で出世するってのは、ちゃうでしょ。
  
  試験に、ごますり、同化があって、ようやく実績ちゃう?
  捜査1課にいきたい、んやのうて、
  上にあがりたい、なんやろ?

  あの超保守社会においては、
  こういう突出した異物は、
  逆にはじき出されると思うけどな。

  
  まーコナン同様、
  大きな軸(コナンでいえば黒の組織、これなら15年前の事件)に
  関わらない単体話も、それなりに読めるので、
  なんか読むモノないかいなーで読むのはいいんだが、
  おもろいかといわれると、微妙・・・。

  腐人は警察モノ好きやからええんですけど。

  でもさー、あまりに銃殺しすぎ。
  これはいくらなんでもないでしょう。

  事件化せんかったら事件はなかったことになる、
  っちゅーならね、
  それこそ死体をちゃんと始末しましょう。
  あれほどの証拠はないぞ?

  (ピー)に(ピー)するとか、
  (ピー)で(ピー)するとかしてさ。

  そこをきっちりできてこそ、プロだよなぁ。

  ・・・って、腐人ちゃん、何の話をしとるのだ?

  なんかの折に「あと×冊!」となったら、
  続き読むかもなー、というところ。

  1つお願いしていいのなら(って、散々ゆーとるがな)、
  たっちゃんの後姿、もうちっと筋肉質にして!

  あれだと、肉のたるんだ中年の背中にみえるー!!
  『北斗の拳』ほどマッチョにせぇとはいわんが、
  男の背中に対する美学がないわ!!

  腐人は、指と背中フェチなのよ!
[ 2013/07/08 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

暑くてやる気が起こらんので

座ってるだけで、滂沱の汗って、ここはどこじゃー!!

ってことで、ざざざーっと、読書録。

●6日
(649-655)マンガ 『スプラウト 1-7』 南波あつこ
  すんません。

  これね、みゆがミクより圧倒的にかわいくって、
  でも同性には毛嫌いされるよーなキャラでって、
  前提がさ、この絵じゃ違いがわかんねぇよ!

  髪くくってなきゃおなじにみえる…。

  なんとなく家族だの人とのつながりだの、
  書きたいことはわからんでもないんだが、
  まず、ご自身の中で消化しきってないなぁって感じ。

  なので、腐人には、筋にあわせて
  キャラが乗ってるだけにしかみえない。
  キャラクターの掘り下げから、まずいるんでね?
  その上で、筋をたたきなおして、
  再言語化の必要あり、とみた。

  ま、終わってっから、もういいんだけど。

(656)マンガ 『となりの関くん 4』 森繁拓真
  いいかげん、このパターンに飽きつつあるのは事実だが、
  なんか読んでしまう。

  でもって、感想は特になし。

(657)マンガ 『亜人 1』 三浦追儺、桜井画門
  これはアタリをひいたな。

  ってか、すんません、カイも人間じゃなくね?
  なんでバッドで頭殴られてんのに、
  バイク事故でふっとばされてんのに、
  こんなに動けたりするわけ??

  ま、それはともかく、この世界観といい、
  いやーいいもんみっけたな。
  続きが楽しみじゃ。

(658)マンガ 『あるみちゃんの学習帳 1』 金田一 蓮十郎
  相変わらず、なんか妙なものを。

  でもひっかかっちゃったので、
  これもオチまで追っかけるんだろな…。

  どーでもええけど、このマフモフ、
  『チキン・パーティ』のトリを思い出す。
  巨大化して、ストレス発散グッズに販売しませんか?

(659-661)マンガ 『テンペスト1-3』 阿仁谷ユイジ

  すんません、これは、コメント改めます。

[ 2013/07/07 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

書けない願い事

玄関あけたら、笹飾りがあった。

きくと、姫が短冊とともにもってきて、
願い事かいてね、ってことらしい。

これ、あんたの分だからと渡されたのだが、
さて、何を書くか。

宝くじも馬券も買ってないから、
大金が当たりますようにってなのは、
遺産ぐらいしかありえない。
が、そんなアテはない。

それに、金があっても作家さんが新刊書いてくれなきゃ、
腐人としては、まさに豚に真珠。

あ、今日みたいな
殺人光線がギラギラ天から降ってくるよーな日、
地球、いや腐人の移動範囲でいいから、
そこを覆うカバーは欲しい。

え?日傘で我慢しろって?
でも、バイク乗りながらは無理よ…。

じゃぁ、やっぱり読みたい新刊の続きの列挙か、
と思っていると、血族が言った。

「他人にみられても
 かまわんもんにしとけよ」


…………(-_-;)
見ても判る人じゃなきゃわからん気はするが、
姫や王子のパパママがみて、ネットでググられたら困る。

もう大概見られてる気はするが
(姫も王子も本が散乱してる腐人の部屋に
 自由に入りまくりなんで)、
一応、BL系にはカバーしとるからな。


うーんうーんうーん…。
ならば無難なところで、これか。

「ドラちゃんグッズが欲しい」

…………それが無難か。

でもって、書けない願い事はここに書こう。

まー寿たらこさんの『SEX PISTOLS』
吉原理恵子さんの『二重螺旋』
松岡なつきさんの『FLESH & BLOOD』
こないだ新刊でたとこだから、叫ぶのはやめるか。
1年ぐらいは。

1年以上経過してもでてないあたりといえば。
コホン。

花郎藤子さんの『黒羽と鵙目』の新刊がよみたーい!

木原音瀬さんの『吸血鬼と愉快な仲間たち』の新刊がよみたーい!
…しつこいようですが、
『黄色いダイアモンド』収録の「歯が痛い」の続きもよみたいでしゅ…。

吉原理恵子さんの『子供の領分』のお食事会がよみたーい!

松岡なつきさんの同人でやってる『F&B ex』の寄宿版の続きがよみたーい!

石原理さんの『インディゴ・ブルー』の続きがよみたーい!

樹生かなめさんの『黄昏に花』の続きと、
『限りなく』シリーズの海都が大きくなった話もよみたーい!!
そう、腐人は海都がいいのよ、海都が。

一穂ミチさんの『ステノグラフィカ』国会カプの話がよみたい!

凪良ゆうさんの『恋愛前夜』のヤコちゃんの話もよみたいし、
桐嶋リッカさんの『グロリア学院シリーズ』だって、新作よみたい。

それゆーと、六青みつみさんのモフモフシリーズだって新作よみたいし、
かわい有美子さんの北嶋の新作も、
樋口美沙緒さんのムシシリーズの新作もよみたい…。


なんかもう最後のほうは、希望なんだか欲望なんだか。

あ、でも杉原理生さんの『羊とオオカミの理由』の続き?は
刊行予定にあがってたから、それはイイコで待ってます。

あとは、松岡なつきさんのツイッターで思ったんですが、
『F&B』って、あちこちに
こういう小さい話をあちこちに書いてますよね?

これ!
最終巻でた後でいいですから、1冊にまとめてくださいー!!
お願いします!!

絶対いくつか読み落としてると思うが、
何を落としてるのかすら、もうわからんのだもん!

本で無理なら、同人でもいいんで
よろしくお願いします m(__)m


ってか、前からゆーてますが、作家の皆様。
こういう小さい、1冊では出せないぐらいのお仕事、
同人でいいので、まとめてください。

あれば読みたいんですって!
でもあまりにも小さいのがあちこちに散らばっていて、
これをいちいち回収できないのが現実なのだ…。

なので、よろしく!
ぜひ前向きにご検討くださいませ!


んなとこかなー。

じゃ、頼んだよ、織姫さんたちと彦星くん
[ 2013/07/06 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

俺のスシネタ

ある日、総料理長が言った。

「手抜きがしたい」

そういわれると、腐人家では、
必然的に、メニューが以下の三択になる。

1)フライ
2)お好み焼き
3)手巻き寿司


ちなみに外食という手もあるが、
「出かけるのが面倒」だと却下になる。

で、どれにするか。

1)のフライは、ちょっと前、
姫が珍しく熱を出し、お外遊び禁止令がでたとき、
じゃぁ、パン粉屋さんすっかーで、やったとこなので却下。

姫にとってパン粉屋さんは、お砂場遊びと同義なのだ。

ちなみに、労働の対価として、
揚げたてエビフライをもってったら、
パクパク食べてたとゆー。

ま、だから元気で丈夫なんだよな。


2)のお好み焼きも、王子が来るということで
数日前にやったとこ。

っても、王子は当日朝に熱を出し、
予定変更となりましたが。

王子はその後、3日たってもお熱下がらず。
食、細いからなぁ・・・。


ま、そゆことで、3)の手巻き寿司となったわけですが、
先日の腐人会慰安旅行の折に、
家の手巻きのネタにどういうものがあるか、
ってのが話題になった。

そのときに、師匠ん家でやるという薬味が
おいしそうだったのを思い出し、レシピを聞く。

「ちり」というものらしく、
大根おろしの水気を軽く切り、
そこにポン酢で味付けして、小口ネギを混ぜる。

・・・・・・常々思うのだが、なぜ料理ができる人に、
どーやってつくるの?と聞くと、
「分量?目分量よ、目分量」
とか
「どのくらい水切るかって?テキトー」
となるのだろう・・・。

その、「目分」とか「テキトー」がわからないのに!!

ま、分量きいても量らないでつくっちゃうんですけどね。
    ↑
   ほな、一緒やないけ!



話を「ちり」に戻しますが、
ポン酢、といわれましたが、腐人家にはポン酢がない。
使わないんだよねー。

なので、ノンオイルの青じそドレッシングで代用しました。

師匠いわくは、
子供がいる場合は、砂糖が入った味●ンを使うとのこと。
大人オンリーだと、辛目に味付けるらしい。


使い方は、生魚や貝類、納豆などの上に、乗せる。

ネギトロなんかだと、ネギトロをのせた上に敷いて、
くるくるっと巻いたら、さっぱりした味わいになるよ、とのこと。

やってみると、確かにさっぱりする。

お寿司は、どうしても野菜不足になりがちなので、
これはいいわ。
つくるの簡単だし。


でも、腐人家では生魚は1種類ぐらいしかしないんだよねー
ってなことを師匠に言うと、
えええええ!と驚かれた。

だったら、師匠ん家ではどんなんです?
っちゅーてきくと・・・

●長芋短冊の梅肉和え、カイワレ、きゅうりなどの野菜と、
納豆、玉子焼きなど定番品が7~8種類。
ただし、ツナはしないそうで。
へー。

●針ショウガ、ちり、梅肉など薬味や調味料類が10種類程度
・・・自家製紅しょうがとか、自家製ガリって、
その辺は普通買って済ましちゃうのでは?
ってか、そこまでやったら手抜きじゃないと思う・・・・・・。

●生魚や貝類が10種類以上

こんなのよ、と写真をみせてもらったが、
あの、これのどこが手抜きなんでしょうか、
この映像は、世間一般的には
「ごちそう」ってゆーと思いマス・・・。


一方の腐人家は、こんな感じ。

★定番
・納豆
・玉子焼き
・ツナマヨ
・かいわれ
・きゅうり
・なんか生魚1種類
・ゆで海老

★あれば
・みょうが
・アボカド
・大葉
・漬物
・明太子
・自家製いくらのしょうゆ漬け
・いかなごのくぎに
・焼きアナゴ

★腐人がする気があれば
・カニカマ使ったサラダまきみたいなもの
・・・があるときは、レタスとかもアリですな。


この違いは地域性ですかねー?

師匠んとこは、ついさっきまで生きてたような
新鮮で美味しい魚が入手しやすいってのがある。

写真みても、
どこの料亭じゃ!といいたくなるような盛りになっていた。

やっぱ、お節を全部手作りしてはる家は違いますな。



一方の腐人家ですが、
海の近くに住んでたときは、魚の種類はもうちっとやっていた。

でも、今いるとこで、美味しい新鮮な魚を食べようとすると、
高い金払っても、寿司屋で食べるほどのものが
入手できないんだよねー。

だったら、寿司屋にいくほうがいいやね、となり、
どんどん生魚が減っていった。

しかし、そういう魚が旨い寿司屋に行っちゃうと
サラダ巻きとかツナマヨとかのチープネタがないので、
反動で、そーゆーのを家で食べるって感じになってますね。


ちなみに腐人家で寿司をやるときに、
一番のポイントになるのは、
焼きアナゴの有無だ。

すし飯のあわせ酢に、アナゴの頭としっぽを使うので、
これがあるとないでは、すし飯に雲泥の差がでるのだ。

具材としても、あるとやっぱりウキウキするし。


ああ、どうして関東では焼きアナゴって
あんま売ってないのー!!!

今回で使っちゃったから、
しばらくは手巻き食えないなぁ・・・(T_T)。
[ 2013/07/05 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

ニュースいろいろ 3

気になるニュースがあったので、
忘れないよう覚書。


●骨髄移植でHIVが消滅か?2例確認

以前、HIVに感染しない遺伝子配列(CCR5デルタ32)を持っている人から
白血病のため、骨髄移植をうけたHIV患者が、
その後、HIVが検出されなくなったという事例があることは
知っていた。

ただ、これでエイズ治療の確立だ!といえないってのも
知っていた。

ってのも、HIVに感染しない遺伝子配列を持っている人は白人の1%で、
かつ、HLA型が同じ人の確率となれば、かなり低いからだ。

でも、今回は、CCR5変異をもってないドナーからの移植で、
移植後、それぞれ2.9年と4.5年、HIV治療を行い、
血液や細胞からHIVが検出されなかったので、
今年になって、治療をやめて経過観察していた事例が報告された。

「移植から約4カ月後の時点では
 血液中からHIVが検出されていた。
 しかし6~9カ月後には検出されなくなった」というから、
その辺りで、
「ドナーの細胞が患者自身の細胞を攻撃する、
 いわゆる移植片対宿主病(GVHD)が
 何らかの役割を果たした」のか???

で、抗レトロウイルス薬の投薬をやめて、
8週ないし15週たった今も、
HIVは検出されてないという。

ただ、この先も継続するかはわからないし、
HIV患者が骨髄移植を受けた場合の死亡率は20%というから、
これが確実な治療方法、とはいえないらしい。

とはいえ、母子感染で生まれた子が
誕生直後から抗レトロウイルス薬の投与で
治癒した事例もあるので、
ウィルスの無効化という方針に
一つ明かりが灯ったってとこでしょうか。

なんにせよ、今後の経過が気になります。


●日本の「パン粉」が大人気 :アメリカ

元々揚げ物が好きなアメリカ人は、
「丸みがあり密度が高い米国スタイルのブレッドクラム」
ってのを使ってたんだそうで。

でも、これだと、ものすごく油を吸うし、
時間が経つとへにょっとなるんですと。

腐人はブレッドクラムってのを知らないんで
それをよく使うという「チキンフィンガー」ってのの
画像検索したところ、
から揚げ粉、ベーキングパウダー、片栗粉・・・あたりが
イメージに近いのか??という気がする。

確かにこの辺は、時間が経つとへにょっとなるな。

腐人にしてみれば、このグローバル化がすすんだ現代において、
今まであまり普及してなかったってほうが疑問なんだけど、
ヘスリーで食感がいいってことで、
テレビの料理番組で使うようになり、
パッケージをアメリカ人好みに変えたため、
すごく普及しはじめたらしい。

ということは、これでヤマザキマリさんも、
サクサクで美味しいトンカツを、
パン粉を送ってもらわなくても食べられるようにならはったんかな?

・・・ん?
でもヤマザキさん、イタリアに戻るとかゆってた気が・・・。

ま、なんにせよ、
パン粉が「PANKO」で売られてるのをみるのは、
なかなか楽しい。

[ 2013/07/04 ] ニュース&読書録 | TB(-) | CM(-)

ナナメ読み『終身旅行者PT 』

PTという概念を、ご存知です?

このPとTが、何の略かってのは、まー山ほどあるんですが、
簡単にウィキペディアに頼ることにしましょうか。

「パーペチュアル・トラベラー(Perpetual Traveler)とは、
 「永遠の旅行者」を意味し、
 各国で、非居住者とみなされる滞在期間の間だけ滞在し、
 税金を国家へ合法的に払わない、
 もしくは納税する税金を最小にするライフスタイルのこと」

他の言い方も、
ウィキペディアのパーペチュアル・トラベラーをみていただいたら、
ぎょうさん載ってます。

端的にゆーてしまえば、地球規模のスナフキン。

っても、スナフキンが納税してたかはわかりません。
たぶん、払ってねぇだろな・・・。
ってか、どこに払うんだ??


ウィキペディアの文章では、
税金にばかり重点が置かれてますが、
実はそればっかりでもないんだよなー。

例えば、自然災害からの回避、兵役の忌避、
教育の選択、事業目的、老後生活、スポーツ枠など、
PTになる目的はいろいろ。

ただ共通するのは、これ。
「個人が国家を選ぶ」

帯にあったコピーなんだけどね、
「国家の運命と、個人(家族)の運命を切り離そう!」

愛国心?
国に命をささげる?
アホくさー(-_-)
とまで、現在PTやってる方々が
思ってるかどうかはわかりませんが、
自分の人生を
「お上がなんとかしてくれる」
ではなく、
「自分の力でなんとかしよう。頼れるものは己だけ」
という考えかな。

「自分のことは自分でなんとかするから、
 アホみたいな規制や法で、縛らんといて」
ってのもあるのかもしれない。


基本的に、腐人はこれに共感できるんだよねぇ。

前から何度もゆーてますが、
「人なくしては、国はないが、
 国なくしても、人はある」

と思ってるんで。

どっちかっちゅーとリバタリアンなとこあるし、
どんなことゆーてんのかなーと、
興味があって、この本を手にとってみたんですわ。

しーかーしー。

ゆっていい?
これ、資産と語学力がないと、やれへんわー


すごくざっくり言いますと、上で書いたように、
租税回避だの、兵役忌避だので、
税金が高く、兵役がある国に生まれちゃったけど、
税金が安く、兵役がない国の市民になれば、
節税かつ兵役につかなくてすむよね?
じゃぁ、そっちに移住しちゃえ!
ってなことをやるので、
はっきりいって、他国のいろんな法に精通してなきゃダメなのよ。

でもって、その各国それぞれ違う法を理解する語学力と、
じゃぁそれならこうしようああしようとできる資金がなきゃ、
やりたくったってやれねぇってのー!!!


提唱者であるW.G.ヒル博士によれば、
目的別に、利用する国を考えろってことで、
こんなことを言っている。

(1)国籍のある国
(2)居住する国
(3)ビジネスを行う国
(4)資産運用を行う国
(5)余暇を過ごす国

これをね、自分にとってどこがいいか、
それぞれの国の特性や法、政治経済状況などを鑑みて、
運用しようってんですが、
この本をお書きになった木村さんは、
この5つだと、あまりにも利己的すぎるので、もう一つ

(6)寄付を行う国

を足そうとおっしゃっている。


すんません・・・・・・
そんな5カ国も6カ国もってぇと、
英語は必須で、
そこにスペイン語とか中国語とかいいます(:_;)?

腐人は日本語しかしゃべられへんのんじゃー!!!


それに、この本に、主なタックスへイブンはもちろん、
市民権や永住権がとりやすい国などが
いろいろ紹介されてんですけどね、
そのいずれにも「××万ドルの資産があること」だの、
「国のプロジェクトに××万ドル投資すること」だの、
権利取得の条件が、カネカネカネカネカネーッ!!なのよ。

もしくは、その能力で国に貢献ができるような人。

・・・・・・しくしくしく・・・(/_;)
阿呆なビンボー人はお呼びじゃないってことよね・・・・・・。


腐人もどっちかっちゅーと税金払うのキライな人だから、
非居住者になれば、こうなってこうなってこうだよな、
って絵は、わかる。


ただ、これを本当にやろうと思ったら、
日々、自分が関わってる国の情勢を監視せんならんよね。
それこそ、裁判の判決に至るまで。


どういうことかというと、
このPTである非居住者への課税ってのは、
ちょくちょく裁判沙汰になるのね。

有名どころでは、ハリポタの訳者さんとか、武富士とか。

裁判なんて、裁判官で判決変わるから、
こうしておけば絶対大丈夫なんていえないけど、
でも、それぞれの判例で、
なにがダメとみなされ、なにはヨシだったのかってのを
随時研究し、都度都度自分の状況を修正してかねばならない。

わかる方は、これでわかるような気がしますが、
この辺、これ以上は書きませんので、
ご興味ある方は、ご自分で調べるか、本書をお読みください。


それに、自然災害からの回避なんてぇと、
こないだの震災で、危険地域の世界地図がガラリと書き換わった。

地震、津波、そして原発事故のリスク。

それこそ新興国といわれる国々は、成長に必要な電力を補うため、
原発の建設計画が次から次へとなされている状況だ。

もしPTの目的がこれならば、
各国の自然災害発生リスクと原発建設計画にあわせて、
自分のフラッグ(上記に書いた5ないし6の国のこと)の見直しが迫られる。


法の面でもそうだ。

腐人もこの本読んで初めて知ったが、
スイス銀行といえば、厳格な守秘の代名詞だったが、
今、それがもう崩壊してるという。

かねてより外圧はあったのだが、
2009年にとうとうOECDやG20の圧力に負け、
スイス連邦銀行法第47条および刑法273条、
民法27、28条でがっちり守られていた秘密保持が喪失した。

結果、他国同様、税務当局からの調査に応じて
情報開示するようになってしまい、
また、元銀行員からの情報漏えい事件などもあって、
スイス銀行がもっていた競争優位性は消え、
その他大勢となんら違いのない銀行となりはてた。
過去の栄光は、見る影もない。

って、言い方すると、
脱税を奨励すんのか!今ある姿こそがあるべき姿だろう!
と言われそうだが、
腐人としては、この話はかなりショックだった。

別にスイス銀行に口座をもってるわけではないんですが、
犯罪小説とか警察小説ではね、
スイス銀行ってのは、特別な存在だったの!

夢っちゅーか、ロマンっちゅーか、憧れっちゅーか、
腐人にとっては、萌えの対象だったのよー!!!

しくしくしく・・・(/_;)
あのどんな情報も漏らさぬ鉄壁が崩れたら、
これからの犯罪小説はどうなるのかしら?

・・・って、腐人の心配はそっちかい。


と、ちょっと話はずれちゃいましたが、
このPTという生き方を選んだら、のほほーんとしていける、
わけではないのだ。

むしろ、これまでは
自分が生まれた国のことだけ気にしてりゃーよかったのが、
地球規模で情報収集し、どうなってるのか、
常に追われまくることになる。


うーん・・・腐人はそこまで勤勉じゃないなぁ・・・。


そういった苦労は厭いません、
むしろ、国なんてもんに振り回されるほうが我慢ならん!
っちゅー方は、この本読んで頑張ってください。

腐人は、読んでるつもりがグーグーグー
の連発だったんで、
途中からナナメ読みに切り替えましたが、
PTに興味があって、知りたいという方には、
とても参考になるし、おもしろい本だと思います。

最後に参考までに書誌情報。

『終身旅行者PT 資産運用、ビジネス、居住国分散-国家の歩き方徹底ガイド』 木村昭二


追記

たまたまNHKで「アクロス ザ ボーダー」という
国境の番組をやっていて、
「ジブラルタル」が取り上げられていた。

タックスヘイブンとしても有名なので、
興味をもってみていたのだが、
今でも英国とスペインの間で話し合いがもたれており、
40年程前には、突然、欧州側の国境封鎖にあったりしたそうだ。
※16年継続

そんでも人はたくましく生きてたわけだが、
安穏な地ってのはないんだなーと思ったデス。
[ 2013/07/03 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

自主・自律・自尊 だったっけ?

久しく読んでないので忘れてしまった
『創竜伝』にでてくる共和学院が
学院理念として当初掲げてたのが
これだった気がする。

今、思うと、含蓄のある言葉だよなー。

ってのもですね、昨日、衝撃のニュースといえば、
やっぱフィギュアの安藤選手の出産だと思うんですが、
腐人はその前、「プロフェッショナル 仕事の流儀」で
本田選手のやつをみてたんですわ。

で、その後、ザッピングしてたら、
安藤選手の独占インタビューになって、
なんとなくそのまま見てしまった。


全然違う話だから、一緒に語ることはできないので、
まずは本田選手から。


腐人はスポーツ観戦が好きだが、
実は、サッカー観戦は苦手だったりする。

だって・・・たるいんだもん・・・(;一_一)
     ↑
  これで100万人ぐらい敵に回したな。

だってぇ・・・フィールドがでかすぎて、人の動きがよくわからんし、
90分走り回って、一ケタ得点って、
飽きっぽい腐人には無理なのよー!!

テニスとかバスケとか、ガンガン点取りまくるゲームじゃないと
見てて飽きるんだもん・・・。

あ、でもラグビーは点取り以外のとこも楽しいので
観るの好きですが。


ま、そーゆーことで、
本田選手といえば、かなり率直な物言いの日本のエース、
ぐらいしか認識がない。

ただ、そのビックマウスの裏には、強靭なメンタルがあるな
とは思ってたんで、
昨日のブログテーマからして、ちょっと興味があってみてみた。


そうすっと、関西大学での講演会だったかな、
そこで、本田選手が考える強さとは何か
という質問があったのだ。

すごく言葉を探してらしたのだが、
最終的に、
「自分と向き合い、自分に打ち克つこと」だと
ゆーてはったんですわ。

なーるほーどねぇ。

ひざの故障で、なかなか思うように試合にも出られず、
リハビリトレーニングも大変だった背景を考えると、
簡単には出ない言葉だわなぁ。

弱い自分、
逃げたがる自分、
言い訳を探す自分、
卑怯な自分、
そーゆー自分と向き合って、流されることなく、
次のステップを目指しつづける。

そら、こんな自律ができるなら、メンタルも強なるわ。

誘惑や逃げに惑わされないのは、
自分が目指してる目標が、
それを達成するために何が必要であるかが、
自分で明確にわかってるからだろうなぁ。

腐人も新刊ゲットに関しては、
強靭な精神力を発揮しまくり、
なにがあろうと猪突猛進で目的に向かって突っ走りますが、
それ以外は、自分に負けまくりだな・・・(^_^;)。

っつか、克己心がない。
いかんなぁ・・・。

自分を甘やかしまくりのぬるい人生歩みすぎ。
ちと反省・・・(-_-;)



それにしても、もし腐人がその場にいたら、
ぜひ、これがききたかった。

「本田選手ほどになれば、
 あることないこと外野がうるさいと思いますが、
 それらに、挫けそうに負けそうになったときの、
 メンタルの立て直し方を教えてください」

「本田選手は、ご自身の経験から、
 どうやれば、あなたのようなメンタルの強い人になれる
 と思いますか?」


それこそ、大学で講演会やるなら、
そこに集う打たれ弱い現代っ子たちに、
その辺レクチャーしてあげてほしい。

っても、ただ聞くだけじゃダメか。
本田選手みたいになれたらいいなーで終わりそうだな。



一方の安藤選手。

これまた自分を貫いたって点で、すごい 

このインタビューをきいて、腐人が思い出したのが、
マイヤ・プリセツカヤさん。

言うまでもない現代最高のバレリーナだが、
彼女が自伝『闘う白鳥』で、
自身の妊娠・中絶について書いている。

ずーいぶん前に読んだやつの記憶だよりなのだが、
確か、20代になり、
主役級の役がもらえるようになった頃のことだった。

彼女は迷わず中絶を選ぶ。

相手は、後に結婚したバレエ団の関係者だったから、
結婚して、家庭におさまるという選択もあったろう。

周囲では、プリマの道をあきらめ、出産を選ぶ人もいたそうだから、
時代がそういうものだったわけでもない。

ただ、彼女にとってプリマであることが、
人生の最優先課題だったというだけだ。


出産を選ぼうと、中絶を選ぼうと、
ソチに行けようと、行けまいと、
ソチで結果が出せようと、出せまいと、
何かしら、思いは残る。

選ぶとは、同時に捨てることでもあり、
それは思いも同様。

そのすべてを内包して、人は選択する。

そやって選んでいった中で、
自分にとって、絶対に譲れないもの、一番大事なものが、
それぞれ、そうだったっちゅーことなんだろなー。

にしても。
そんだけ考えて選んだからか、
まー安藤選手の表情の晴れやかなこと。

っつか、前よりお肌ぴかぴかじゃね?

思わずまじまじ見ちゃったよ・・・。
うらやましい・・・・・・。


今朝のワイドショーでは、なんだかんだとやってたが、
これについて、
外野はとやかく言う資格はないよねーと腐人は思う。

どういう結果になっても、
そこまで受け止める覚悟で選んだんだろうからさ。



っちゅーか、むしろ。

腐人が気になって仕方ないのは、
なぜに独占インタビューが、テレ朝だったのか、ってこと。

なんで?

それがすげー気になるわ・・・・・・。
[ 2013/07/02 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

メンタルの強い弱いは、なぜできる?

なんか最近、これについてすごく思うのだ。

メンタルが強いとか弱いってのは、
腐人は、人としての根っこが張れてるか張れてないか、
な気がしてるのね。


たまたま、こないだテレビをみてたら
山椒の話をやってたんですけど、
山椒ってのは、日本に古来からあり、
寿命はおよそ10年、しかし実がなるまでに数年かかるため、
実質、収穫できる期間が短く、量産は難しい
といわれてた植物なんですって。

しかし4年ぐらい前から、その「常識」がひっくりかえった。

お名前忘れちゃったが、それをひっくりかえした方ってのが、
なんでこんなに早く枯れるのかと、
枯れはじめた山椒の樹を調べてたら、
ちょっとひっぱっただけで、スポッと抜けちゃうぐらい
根っこが張れてなかったらしい。

そのため、土から養分を取り込めず、寿命が早く尽きていた。

なので、その方は、山椒の根が張るように、
いろいろ工夫され、研究すること30年ったかな?

やっと数年前に、
ちょっとやそっとでは枯れない山椒の大木ができ、
以来、春の木の芽に始まって、秋に実となるまで、
大量収穫ができるようになったという。


腐人は人のメンタルってのは、
まさにこの根っこだと思ってて、
ちょっとやそっとのストレスだの出来事だので
すぐ挫折してしまうのは、
人としての根っこが張れてないということ、
逆に、どんな逆境になっても、立ち上がって踏ん張れるのは、
人としての根っこが張れてるということ、だと思っている。

のだが。

これの、どうやったら根っこが張れるのか、が、
よくわからんのですよ。

生育環境や、経験、
そういったものが関係してくるのはわかるんだけど、
じゃぁ、どういう環境、どういう経験なら良くて、
どういう環境、どういう経験なら悪いのかがわからない。


ただまーこれ、ちょっと怖い面がある話ではある。

ってのも、メンタルが弱い=ウツを発症しやすいとして、
ウツ病患者の生育環境データや経験を集約して分析したら、
恐らく、何かしらの傾向がでてくるとは思うんだ。

で、それが世に出回ったとする。

すると、就職活動などで、その傾向に合致率が高い人は、
就職後、ウツを発症する可能性が高いから不可、
なんて選別がなされないとも限らない。

ま、表向きは求める人材と違っていた、
という理由になるのだろうが、
恐らくあの辺とかあの辺は、ぎゃーすかぴーとゆーんだろうな。


でも、だ。
これを、そういう悲観的に捉えるのではなく、
楽観的に捉えるならば、
そういう条件を社会が潰していけばいいってことにならん?

ま、こっちも正しさの押しつけになりそうだが。


人という種の多様性を守るべきというスタンスにおいては、
メンタルの弱いのも強いのも、共にあるべし、
なんだろなぁ。

強い者はどんどん強くなって弱者を踏みにじり、
さらに強いものにくじかれるか、くじかれないまま終わるか。

弱い者はひたすら踏みにじられ搾取され、
そこでダメになるものと、
そこからなにくそと立ち上がるものが生まれる。

この混沌とした様こそが、「社会」なんでしょう。


ただ、一昨日、昨日と読んだものがあまりに対照的でさー、
かつ、人生相談読んでて、ものごっつい不思議に思うこともあって、
この命題が気になった。

まず読んだ本でいうと、
一昨日読んだのが、
『外資系はつらいよ OLずんずんが見た資本主義帝国♪の全貌』
昨日読んだのが、
『トオチカ』

ノンフィクションマンガと小説の違いはあるが、
それはこっちに置いといて。

無能は不要!がルールな外資系。

そこでは優秀な能力は当然で、
結果を出せなければ、ある朝突然解雇される。
※っても、日本は労働者の権利が強い国なので、
とりあえずは別室に、らしいが。


それにプラスして、
始発から終電どころか、
NYやロンドンにあわせて深夜も働き続けられるほどの
頑健な心身が求められる。

なので、50代以上はなかなかおらん世界らしいが、
いまでも外資系会社が存在し続けているってことは、
この激務に耐えられる
強靭なメンタルを持ってる人が
一定数、存在するわけだ。


の反面。
『トオチカ』の里葎子は、
腐人にしてみりゃ、イライラするよーな脆弱メンタルの主。

過去のトラブルから、他人に壁をつくってるとあるが、
どこが鉄壁?
腐人にしてみりゃ、こんなの象避けの網戸。

網そのものは頑丈かもしれんが、
人なんか、簡単にくぐれて入れてしまうぐらいの穴が、
ボコボコあきまくっている。

対人をドシャットするってのは、もっとレベルが違うと思うし、
もしそれができる人なら、最初からそんなダメ男にひっかからない。

それこそ比奈ちゃんや、名前のない店の店長は、
絶対にひっかからんだろうし、
彼らが壁つくったら、
恐らく蟻んコすら入れないもの作るだろう。

それを鉄壁というのだ。


でもま、世の中は、里葎子みたいのが多いんだよねー。

人生相談読んでるとね、
家族や他人に対して嫌なことを嫌といえず、
つけこまれて、どうしましょーってなのがあるの。

当たり前だが、そういうのの回答は、
「嫌なことは嫌といえ!」
「なに利用されてんの?」
「はっきりいわないあなたが悪い」だ。

でも、それに対して、たいていが、
「わかってるんですけど、
 メンタルが弱くって・・・」。

腐人にしてみりゃ、メンタルが弱いのに、
なんでこんな匿名掲示板に相談のせるのか、
そこからがわかんないんだけど、
なんなんかなぁ、この違いは、と思ったの。


で、そこから派生して、もしこういう条件が揃うと
メンタルが強く(または弱く)なるってわかれば、
まさに教育分野に反映できねぇのかな、
とか思ったんだが、
そーゆーのが導入されたとしても、
結局、2-6-2の法則は生きる。

となれば、
サル山のボスは一匹でいい、
ってことになるだけかなぁ。


腐人自身、はっきりいって、
「メンタルを強くするには!」的な本を、
全く必要としとらんので、見かけても読んだことないんだが、
そーゆーの読めば、なんか出てくんのかな?

でも・・・あんまり読みたいと思わんし、
何より読まねば本がまた山積みになってきたんで、
気が向いたら、手をだすかなぁ??

個人的には、時雨沢恵一さんの
『答えが運ばれてくるまでに~A Book without Answers~』
にある「すべきこと」
これが強いメンタルをつくる答えだと思うけどさ。
[ 2013/07/01 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。