或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年07月 ]
06 | 2013/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自主・自律・自尊 だったっけ?

久しく読んでないので忘れてしまった
『創竜伝』にでてくる共和学院が
学院理念として当初掲げてたのが
これだった気がする。

今、思うと、含蓄のある言葉だよなー。

ってのもですね、昨日、衝撃のニュースといえば、
やっぱフィギュアの安藤選手の出産だと思うんですが、
腐人はその前、「プロフェッショナル 仕事の流儀」で
本田選手のやつをみてたんですわ。

で、その後、ザッピングしてたら、
安藤選手の独占インタビューになって、
なんとなくそのまま見てしまった。


全然違う話だから、一緒に語ることはできないので、
まずは本田選手から。


腐人はスポーツ観戦が好きだが、
実は、サッカー観戦は苦手だったりする。

だって・・・たるいんだもん・・・(;一_一)
     ↑
  これで100万人ぐらい敵に回したな。

だってぇ・・・フィールドがでかすぎて、人の動きがよくわからんし、
90分走り回って、一ケタ得点って、
飽きっぽい腐人には無理なのよー!!

テニスとかバスケとか、ガンガン点取りまくるゲームじゃないと
見てて飽きるんだもん・・・。

あ、でもラグビーは点取り以外のとこも楽しいので
観るの好きですが。


ま、そーゆーことで、
本田選手といえば、かなり率直な物言いの日本のエース、
ぐらいしか認識がない。

ただ、そのビックマウスの裏には、強靭なメンタルがあるな
とは思ってたんで、
昨日のブログテーマからして、ちょっと興味があってみてみた。


そうすっと、関西大学での講演会だったかな、
そこで、本田選手が考える強さとは何か
という質問があったのだ。

すごく言葉を探してらしたのだが、
最終的に、
「自分と向き合い、自分に打ち克つこと」だと
ゆーてはったんですわ。

なーるほーどねぇ。

ひざの故障で、なかなか思うように試合にも出られず、
リハビリトレーニングも大変だった背景を考えると、
簡単には出ない言葉だわなぁ。

弱い自分、
逃げたがる自分、
言い訳を探す自分、
卑怯な自分、
そーゆー自分と向き合って、流されることなく、
次のステップを目指しつづける。

そら、こんな自律ができるなら、メンタルも強なるわ。

誘惑や逃げに惑わされないのは、
自分が目指してる目標が、
それを達成するために何が必要であるかが、
自分で明確にわかってるからだろうなぁ。

腐人も新刊ゲットに関しては、
強靭な精神力を発揮しまくり、
なにがあろうと猪突猛進で目的に向かって突っ走りますが、
それ以外は、自分に負けまくりだな・・・(^_^;)。

っつか、克己心がない。
いかんなぁ・・・。

自分を甘やかしまくりのぬるい人生歩みすぎ。
ちと反省・・・(-_-;)



それにしても、もし腐人がその場にいたら、
ぜひ、これがききたかった。

「本田選手ほどになれば、
 あることないこと外野がうるさいと思いますが、
 それらに、挫けそうに負けそうになったときの、
 メンタルの立て直し方を教えてください」

「本田選手は、ご自身の経験から、
 どうやれば、あなたのようなメンタルの強い人になれる
 と思いますか?」


それこそ、大学で講演会やるなら、
そこに集う打たれ弱い現代っ子たちに、
その辺レクチャーしてあげてほしい。

っても、ただ聞くだけじゃダメか。
本田選手みたいになれたらいいなーで終わりそうだな。



一方の安藤選手。

これまた自分を貫いたって点で、すごい 

このインタビューをきいて、腐人が思い出したのが、
マイヤ・プリセツカヤさん。

言うまでもない現代最高のバレリーナだが、
彼女が自伝『闘う白鳥』で、
自身の妊娠・中絶について書いている。

ずーいぶん前に読んだやつの記憶だよりなのだが、
確か、20代になり、
主役級の役がもらえるようになった頃のことだった。

彼女は迷わず中絶を選ぶ。

相手は、後に結婚したバレエ団の関係者だったから、
結婚して、家庭におさまるという選択もあったろう。

周囲では、プリマの道をあきらめ、出産を選ぶ人もいたそうだから、
時代がそういうものだったわけでもない。

ただ、彼女にとってプリマであることが、
人生の最優先課題だったというだけだ。


出産を選ぼうと、中絶を選ぼうと、
ソチに行けようと、行けまいと、
ソチで結果が出せようと、出せまいと、
何かしら、思いは残る。

選ぶとは、同時に捨てることでもあり、
それは思いも同様。

そのすべてを内包して、人は選択する。

そやって選んでいった中で、
自分にとって、絶対に譲れないもの、一番大事なものが、
それぞれ、そうだったっちゅーことなんだろなー。

にしても。
そんだけ考えて選んだからか、
まー安藤選手の表情の晴れやかなこと。

っつか、前よりお肌ぴかぴかじゃね?

思わずまじまじ見ちゃったよ・・・。
うらやましい・・・・・・。


今朝のワイドショーでは、なんだかんだとやってたが、
これについて、
外野はとやかく言う資格はないよねーと腐人は思う。

どういう結果になっても、
そこまで受け止める覚悟で選んだんだろうからさ。



っちゅーか、むしろ。

腐人が気になって仕方ないのは、
なぜに独占インタビューが、テレ朝だったのか、ってこと。

なんで?

それがすげー気になるわ・・・・・・。
スポンサーサイト
[ 2013/07/02 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。