或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年07月 ]
06 | 2013/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

俺のスシネタ

ある日、総料理長が言った。

「手抜きがしたい」

そういわれると、腐人家では、
必然的に、メニューが以下の三択になる。

1)フライ
2)お好み焼き
3)手巻き寿司


ちなみに外食という手もあるが、
「出かけるのが面倒」だと却下になる。

で、どれにするか。

1)のフライは、ちょっと前、
姫が珍しく熱を出し、お外遊び禁止令がでたとき、
じゃぁ、パン粉屋さんすっかーで、やったとこなので却下。

姫にとってパン粉屋さんは、お砂場遊びと同義なのだ。

ちなみに、労働の対価として、
揚げたてエビフライをもってったら、
パクパク食べてたとゆー。

ま、だから元気で丈夫なんだよな。


2)のお好み焼きも、王子が来るということで
数日前にやったとこ。

っても、王子は当日朝に熱を出し、
予定変更となりましたが。

王子はその後、3日たってもお熱下がらず。
食、細いからなぁ・・・。


ま、そゆことで、3)の手巻き寿司となったわけですが、
先日の腐人会慰安旅行の折に、
家の手巻きのネタにどういうものがあるか、
ってのが話題になった。

そのときに、師匠ん家でやるという薬味が
おいしそうだったのを思い出し、レシピを聞く。

「ちり」というものらしく、
大根おろしの水気を軽く切り、
そこにポン酢で味付けして、小口ネギを混ぜる。

・・・・・・常々思うのだが、なぜ料理ができる人に、
どーやってつくるの?と聞くと、
「分量?目分量よ、目分量」
とか
「どのくらい水切るかって?テキトー」
となるのだろう・・・。

その、「目分」とか「テキトー」がわからないのに!!

ま、分量きいても量らないでつくっちゃうんですけどね。
    ↑
   ほな、一緒やないけ!



話を「ちり」に戻しますが、
ポン酢、といわれましたが、腐人家にはポン酢がない。
使わないんだよねー。

なので、ノンオイルの青じそドレッシングで代用しました。

師匠いわくは、
子供がいる場合は、砂糖が入った味●ンを使うとのこと。
大人オンリーだと、辛目に味付けるらしい。


使い方は、生魚や貝類、納豆などの上に、乗せる。

ネギトロなんかだと、ネギトロをのせた上に敷いて、
くるくるっと巻いたら、さっぱりした味わいになるよ、とのこと。

やってみると、確かにさっぱりする。

お寿司は、どうしても野菜不足になりがちなので、
これはいいわ。
つくるの簡単だし。


でも、腐人家では生魚は1種類ぐらいしかしないんだよねー
ってなことを師匠に言うと、
えええええ!と驚かれた。

だったら、師匠ん家ではどんなんです?
っちゅーてきくと・・・

●長芋短冊の梅肉和え、カイワレ、きゅうりなどの野菜と、
納豆、玉子焼きなど定番品が7~8種類。
ただし、ツナはしないそうで。
へー。

●針ショウガ、ちり、梅肉など薬味や調味料類が10種類程度
・・・自家製紅しょうがとか、自家製ガリって、
その辺は普通買って済ましちゃうのでは?
ってか、そこまでやったら手抜きじゃないと思う・・・・・・。

●生魚や貝類が10種類以上

こんなのよ、と写真をみせてもらったが、
あの、これのどこが手抜きなんでしょうか、
この映像は、世間一般的には
「ごちそう」ってゆーと思いマス・・・。


一方の腐人家は、こんな感じ。

★定番
・納豆
・玉子焼き
・ツナマヨ
・かいわれ
・きゅうり
・なんか生魚1種類
・ゆで海老

★あれば
・みょうが
・アボカド
・大葉
・漬物
・明太子
・自家製いくらのしょうゆ漬け
・いかなごのくぎに
・焼きアナゴ

★腐人がする気があれば
・カニカマ使ったサラダまきみたいなもの
・・・があるときは、レタスとかもアリですな。


この違いは地域性ですかねー?

師匠んとこは、ついさっきまで生きてたような
新鮮で美味しい魚が入手しやすいってのがある。

写真みても、
どこの料亭じゃ!といいたくなるような盛りになっていた。

やっぱ、お節を全部手作りしてはる家は違いますな。



一方の腐人家ですが、
海の近くに住んでたときは、魚の種類はもうちっとやっていた。

でも、今いるとこで、美味しい新鮮な魚を食べようとすると、
高い金払っても、寿司屋で食べるほどのものが
入手できないんだよねー。

だったら、寿司屋にいくほうがいいやね、となり、
どんどん生魚が減っていった。

しかし、そういう魚が旨い寿司屋に行っちゃうと
サラダ巻きとかツナマヨとかのチープネタがないので、
反動で、そーゆーのを家で食べるって感じになってますね。


ちなみに腐人家で寿司をやるときに、
一番のポイントになるのは、
焼きアナゴの有無だ。

すし飯のあわせ酢に、アナゴの頭としっぽを使うので、
これがあるとないでは、すし飯に雲泥の差がでるのだ。

具材としても、あるとやっぱりウキウキするし。


ああ、どうして関東では焼きアナゴって
あんま売ってないのー!!!

今回で使っちゃったから、
しばらくは手巻き食えないなぁ・・・(T_T)。
スポンサーサイト
[ 2013/07/05 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。