或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年07月 ]
06 | 2013/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

♪どぉしてBL読むのかな?

さて、と。

もちろん、昨日、早売り本屋に押しかけ
木原音瀬『期限切れの初恋』(小説)
木原音瀬、糸井のぞ『『期限切れの初恋』(コミックス)

の両方を捕獲している腐人です。

なので、いろいろしゃべりたいとこなんだが、
発売日、明日なんだよねぇ・・・。
どうしよう。

ま、それはさておき、今回、これを読んでて、
なーんとなく、
「なぜ、腐人がBLだけは飽きずに読み続けられるのか」
がわかったような気がした。

これはもっと正しくいえば、
「飽きっぽくて、なんでもかんでもすぐ放り出して、
 シリーズものもすぐ投げ出す腐人が、
 なんで、BLだけは飽きずに読み続けられるのか」

だな。

だから、これ、最初に断っときますが、世間一般論ではないです。
あくまでも腐人個人の話。

よくある、「なぜ男同士の恋愛話が受けるのか」
とかの話じゃぁありません。

はっきりいって、その辺は腐人、どーでもよござんす。
ってか、そんなもん分析したって意味ねぇよ。
個人個人で求める理由は違うんだから・・・と思いますけどね。

ゆったかんねー!



さて。

ブログ読んでらっしゃる方は、
うすうす感じておられるかと思いますが、
腐人は、分析魔だ。

興味を抱いたものが、
どういう構造、どういう内容になってるか、
それをこねくり回して、分解(破壊?)しまくることが好きで、
でも、その中身がわかった途端、
一気に冷めるという性質をしている。

※ちなみに、冷めた後には、バラバラに分解・破壊されたブツが
放置され、廃墟のように散乱する図となります・・・。


そう、前にオタクの話をしたが、
腐人は、あの深度まで
ずーっと興味を抱き続けることができないんですわ。

そういう意味では、オタク失格なのだ。


余談になりますが、
この中身がわかったら興味をなくすっちゅー迷惑な性質は、
なんつーか腐人の根幹にあるもののようで、
趣味の領域に限らず、
仕事や生活なんかでも如実に表われている。

だから、いろんなことを手広く、手離れよく、
かつ、そう引っ張ることない期間でやってる
今の仕事は、ストレス過少な天職なんだろなぁ・・・。
 
仕事探してるとかの方、
ご自身をとりまく要因とかで、
どうしてもこの条件でなければならないってのが、
(例えば場所とか金額とかね)
ある場合もあるかもしれません。

でも、つくづく思うけど、××がしたい!ではなく、
自分ってもんの性質を見極めて、
それに性質にマッチした仕事をするのが、一番いいと思う。

ゆっちゃぁなんだが、
働いて生きなきゃならない時間ってさ、
学生やってる時間の何倍もあるんだよ。

自分の根源的性質にあわないことをやり続けるには
長すぎる。

だからストレスに負けて
バーンアウトするのがでてくるんだ。


話を元に戻しましょう。

そんな分析魔の腐人ですが、
なぜかBLにだけはハマりつづけている。

っても、かなり浅くはなってきましたが。


それに、本を再読するってこと自体、
腐人はあんましないんですが、
BLだけは、気に入ったものを繰り返し読むことがある。

なんでだろー?ってのは、
自分でもちょっと疑問だったんだよなぁ。


例えばね、腐人は警察小説とか犯罪小説読むのが好きだ。

でも、こいつらを二度読みたいとは思わない。

例外は、『聖なる黒夜』ぐらいだろうか。
まーこれは腐人の中では、BL分類なんだがな。


実用書系といっていいのかわからんが、
ネタ本みたいのを読むのも好きだ。

でもこれも一読でお腹いっぱい。


男女の恋愛小説にいたっては、
一読すらももうええわ・・・(-_-;)
ってな気になっている。


これは、なぜか。

それは
「一読でわかっちゃうから」
だと思う。


それに比べてさ、
BL、特に木原音瀬さんの作品なんかだと、
「好きって、愛してるって、どういうことなんだろう」
と思うんだ。

この『期限切れの恋』なんて、
ホントわかりません。

なんで宇野が、こんな村上を嫌いになれないのか。
腐人なら、即、生ゴミ集積所にもってく!

それに、村上。
この、やることやってるくせに、
ぐっだらぐっだらゆってるノンケってかバイは、
腐人の中では、即、死刑なんだけど。

でも、こいつら、「好き」なんだよなぁ・・・。

となるので、
「好き」って、「愛してる」ってどういうこと(~_~)?
と、すごくすごーく考えてしまう。


ぶっちゃけ腐人は、実生活において、
「『好き』とは、これこれこういう感情である」
とか、
「『愛してる』とは、これこれこういう状態である」
って、言語化できません。

できます?
もしできる人いたら、ぜひその答えをきいてみたい。

でも、男女の恋愛を踏まえて、とか、
家族の情としての話なら、いらん。

なぜなら、男女や家族の場合、
はっきりいって利害関係、損得勘定、地位保全など、
情動以外のところが、非常に大きくなってくるから、
人生電卓を叩けるようになるんでね。

感情だけのものを「純粋」というならば、
ここには単なる感情だけじゃない、
打算だの、社会的責任だの「不純物」といえるようなものが
たくさん混じってくるからさー。

そーゆーのが混じれば混じるほど、
腐人には、計算ができてしまうのだ。

だから、ここを含めた「好き」や「愛してる」の説明なら、
いらねぇんです。
わかってるから。


で、ここで上に戻りますが、
腐人は中身がわかったら、途端に興味をなくす人なので、
読む以前に答えがわかってるよーなことに対し、
なんで、時間と労力と金を費やさねばならんのだ(~_~)??
ってことになるわけ。

あー、なんか『トオチカ』以降、
ずっと引きずってたもんがみえた気がする。



これが「好き」?
これが「愛してる」?

だったら、「好き」ってどういうこと?
「愛してる」ってどういうこと?

BLの良品になってくると、
この答えがみえない問いかけを
延々ぐるぐるやり続けることになるので、
腐人は、BLを読み続けてるんだと思う。

なるほどなぁ・・・。


では、お待たせしました。

以下の「続きを読む」にて、
本書コメントにいかせていただきます。

自分が読む前に読みたくなーい!
って方は、ここで回れ右してお帰りくださいねー。

ゆったかんねー!

スポンサーサイト
[ 2013/07/18 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。