或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年08月 ]
07 | 2013/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黒ニンニクの誘い

あるところをぷらっと通りかかったら、
とある地方の物産展をやっていた。

朝採れの野菜や果物、名産品なんかを売っていて、
こーゆーのが好きな腐人としては、
うっきっき~♪と買い込み始めたのだが、
ある一角だけが、ぽっかりと客がいなかった。

何を売ってんだかな?と覗いてみたら、
そこにあったのは、「黒にんにく」。

ご存知です?黒ニンニク。

ニンニクを収穫したあと、3~4週間ほどじっくりと熟成させ、
その栄養分をすごく高めたもので、
腐人は前から食べてみたかったのだ。

ってことで、ふらふら誘われて、
その売り場に行ったのだが、
そんだけ手間がかかってるだけあって、いいお値段。

1個じゃなく、1片が100円ぐらいしてました。

販売されてたのは、大中小ぐらいの袋で、
一番小さいのでも、10欠片弱入ってるため、
試しで買うにはちょっと躊躇がある。

だって、どーしよーもなく不味かったら、
後、困るじゃん!

味を試したいだけなんで、
2~3欠片で、2~300円なら買いやすいんだがなぁ
と、うんうんやってると、
「試食どうですか?」と薦められた。

おー!ラッキー♪
とばかりに、1欠片もらったのだ。

まず薄皮をむくと、
一回りぐらい小さく縮んだ真っ黒のニンニクが
コロンっとでてくる。

白いころのように固くはなく、ちょっとぐにゅっとした見た目。
食欲はそそらない。
が、スープなんかにいれると、味が深まりそうな気がする。

これを口にいれるのかー・・・と躊躇してると、
においませんから、そのままパクッとどうぞ、
といわれたので、パクッといったのだが。

・・・うまくはない。
全くもって、うまくない。

まずくて吐き出したいとか、
うげーっってほどではないのだが、
決してうまいもんではない。

確かに栄養価が高そうな感じがあるし、
あの周囲に迷惑をかけそうなニンニク臭はせんのだが、
味蕾にずぶっとくる刺激がある。

これが結構あとひいて、
最終的に、自宅に帰って、
アイスクリーム食べるまで残ってました。

食感としては、
ドライフルーツの中の柔らかいとこみたいな感じ。

端的にいえば、「薬と思って食うがよし」?


でも、これは本当に純な感じで、
雑味がなく、
腐人家では、肉料理なんかにニンニクの醤油漬
(もちろん醤油だけじゃなく昆布も一緒に漬け込む)を、
刻んで混ぜこんで臭み消しにするのだが、
もしかしたらそういう用い方をするといいのかもしれない。

そのまま食すのではなく。

ああ、原価無視していいなら、
餃子とかミートソースにいいかもなー。


が、そのまま食べる、は、
もぐもぐごっくんとやった後でも、
ずーっと、なんともいえない味が口に残った。

まさに、(~_~)←こんな顔になる。

最小単位でも持て余しそうな気がひしひししたので、
ありがとうございました、で撤退し、
野菜と果物をしこたま買い込んで帰りました。

2~3片単位での販売なら、お試しに~とか、
もしくは、
料理の隠し味にガンガン使えるほど安ければ、
購入もアリかなと思いますが、
今の売り方だと、どうにも中途半端だなぁ。


まぁ、ホント、農家の方が直売しにきてる感じだったので、
売り方とかまで考えが至ってないのかもしれない。

モノはいいのに、もったいない。

たぶん、日本の製品って、
こーゆーパターン多いんだろなーと思った。


余談ですが、その後買い込んだ野菜と果物は、
マジでその値段でええの!?っちゅーぐらい安かったが、
むちゃくちゃ旨かった(>0<)!!!

また、会えますように。
スポンサーサイト
[ 2013/08/14 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。