FC2ブログ
或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年09月 ]
08 | 2013/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -




記憶に残る完結漫画 その2

昨日のあの年代の方だと、

あしべゆうほさん
一条ゆかりさん
細川智栄子さん
美内すずえさん

ここらを忘れてるんじゃないか?
と言われそーですが、
ちゃんと、書いてない理由があるんじゃよ。


この「記憶に残る完結漫画」っちゅーテーマだが、

「腐人がこれまでに読んだ、
 完結している、
 おもろいな、と記憶に残ってる作品」


っちゅー条件付けをしとるのだ。
   ↑
  って、今頃ゆーな!


や・・・文脈から、
なんとなくわかるかなーと思ってぇ…
えへへへへ


で、そういうことで、ゆーと、
それぞれの皆様に、
腐人がこれまで読んで、おもろいなと思う作品はあるのだが、
それ、ことごとく、完結してねぇんですよ!

ただ、それだけ。

腐人の寿命が尽きる前か、
作家さんが描けなくなる前までに、
なんとか「完」をみたいもんですが。

ちなみに、それぞれの方の作品で、
腐人がおもろいなと思ってるのは、
ま、王道。

●あしべゆうほさん
『悪魔の花嫁』原作:池田悦子さん


正直、昔の方が好きなんですが、
まーここまできたら、
オチ読まない限り、あの世にいけない・・・。


●一条ゆかりさん
『有閑倶楽部』


これはもうライフワークだよねぇ。
友人が
「私はストレスが溜まると、コレ読むの。必需品」
とゆっていた。


●細川智栄子さん
『王家の紋章』


これも著者クレジットを
「細川智栄子あんど芙〜みん」に
せんといかんのだよな。
オチをどーすんのかが知りたいが、
その前に、自分がどこで読むのやめてるかを
確認せねばならない・・・(-_-;)。

で、いっつも、その確認作業をやりかけて、
いっつも、途中で投げ出すから、
巻数の若いやつばっかの記憶が強化されて
新しい巻の内容がうろ覚えになり、
また、気になって、確認作業・・・っちゅー
エンドレスリピートになるんだよねぇ。


●美内すずえさん
『ガラスの仮面』


そういえば、腐人、『妖鬼妃伝』
かなりハマった記憶がある。
この辺、うろ覚えだなー。
なんかの機会に、再読してみよう。

にしても、ここに列挙したやつ、
ホントにいつか「完」が読めるんだろうか・・・。


それから、昨日書いてたときは、
無意識のうちに「女性作家」が頭にあったようで、
男性作家で少女マンガをお描きになられた人を
除外してしまっていた。

ダメじゃん!腐人!!

ってことで、
男性作家による記憶に残る完結少女マンガ。

●弓月光さん
『エリート狂走曲』
『ナオミあ・ら・かると』
『ボクの初体験』
『変人クラブ』
『おたすけ人走る!!』


いやーなんでこんなに列挙が多いかというと、
どれもおもろいってのも、もちろんあるが、
一時、集中的に読んだのだ。

どゆことかというと、
マンガ読みの子らと、己の読書遍歴を披露しあうと、
大抵、身近に、マンガ好きがいて、
そこで早期教育っちゅーか、洗脳っちゅーかを
うけてんだよね。

腐人の場合もそういう心当たりがある人が
何人かおりまして。

そのうちの一人が、
すごい弓月さんのファンだったため、
ばばばばばーっと山ほど借りて読んだんだ。

どれもおもろいんだけど、
イチオシは、『エリート狂走曲』かなぁ。

かなり古い作品なんだけど、
今にも通じるもんがある。

っつーか、これこそ学校の教科書の本棚において欲しい。

ああああ、いかーん!
読み返したくなってきたー!!


●和田慎二さん
『スケバン刑事』


男性作家ならではの大風呂敷っぷりでは、
やはり外せない。

ってか、腐人はコレ読んで、
ミミズハンバーグの存在を知ったが、
遠からず昆虫食に
違和感を感じない時代がきそうで怖い・・・。

いやー!腐人は食べたくないのー(>0<)!!


なんつーか、最近思うのが、
男性作家は、普遍性に富んだ作品をかき、
女性作家は、時代を汲み取るのに長けた作品を書くなぁ・・・
ってこと。

ま、全部にあてはまるわけじゃないが、
例えば、服装や髪型なんかみるとだ、
男性作家のものには、
たまに「・・・」と思うもんがあるでしょ?

でも、そのマンガを10年後、20年後に読むと、
別に、そんときも「・・・」とは思うけど、
「古い」とは思わない。

なんつーか、もう、
この世界では、そういうもんなんだ、と思う。

しかし、女性作家は、いちはやく流行を取り入れる人が多いので
当時はすごい!オシャレ!と思っても、
そのマンガを10年後、20年後に読むと、
「うわ、古っ」と、すごく時代を感じてしまう。

なんかね、こーゆーのが
服装とかだけじゃなく、
作品全体にあるような気がするんだわ。

特に女性作家は人間関係を描くことが多いので、
その時代時代の価値観が反映される。

でもって、主役が女の子となれば、
その社会における位置づけは、
ここ半世紀で、むちゃくちゃ変化しているし、
それは今なお継続中だ。

そのため歴史物となれば、話が別になるけれど、
当時の「現代」を描いた場合、
やはり年数がたつと、理解しがたいところがでてくる。

これは少女小説なんかもそうで、
どうしてもその時代を映す鏡になっちゃうのだ。

だからこそ、その瞬間にいあわせると、
ものすごく深く共感するんだけどね。

ちょっと長々となっちゃったが、
そういう意味で、これは普遍性をもつ少女マンガだと思う。


あーあと、記憶には残ってんだが、
腐人がオチまで読んでないから、
ここに書いていいのかどうなのか。

なので、これだけ、
「腐人が気になってる完結少女マンガ」
にさせてください。


●柴田昌弘さん
『紅い牙』


一番印象に残ってんのは、
『紅い牙 ブルー・ソネット』
ソネットがソネットで・・・・・・(/_;)。

スケールのデカさ(ただし、そこに穴がないとはいわない)は
やっぱし男性優位だねぇ。

ってか、男って組織とか好きだよな(^_^;)。


本日は、この辺で。

この先は書き方考えないと、
収拾つかなくなること間違いなし。
どーしましょうかね・・・(-_-;)
スポンサーサイト



[ 2013/09/06 ] 記憶に残る完結漫画 | TB(-) | CM(-)