FC2ブログ
或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年09月 ]
08 | 2013/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -




違うと思うけどねぇ・・・晩婚の歯止め策

「記憶に残る完結漫画」にしようかと思ったが、
どの出版社を選んでも、
ずららららっとなりそうで、
ちょっとどう書いたらいいのか模索中。

よって、今日は別ネタです。

この連休、日本のどちらの地域の方も、
だいたい、台風のせいで
家に閉じ込められてたんではないかと思います。

ま、腐人は台風がこようがこまいが、
未読本があれば、巣籠もり君だが。

そゆことで、腐人家も、いつもより人口密度が高かった。

で、そんな家の中で、腐人が新聞を読んでたら、
ちょっと気になる記事があった。

それは産経新聞の日曜講座で、
テーマが、「少子高齢時代」というもの。

しばらくは読めるんじゃないかと思うので、
ご参考にURLをつけときます。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130915/trd13091514450005-n1.htm

少子高齢がすすんだのは晩婚が問題だ、
その問題を解決するための結論は、

「家庭を築く楽しさ」を社会全体で再確認すること(中略)
 結婚や出産の体験者である“大人”たちが、
 「子供のいる家庭」の楽しさや充実感を
 若い世代にしっかり伝えることこそ、
 いまの日本に最も求められている


っちゅーてたんです。

これ、どー思います?

腐人の意見は、「違うと思う」だ。

その場に血族たちもいたので、記事を読み上げ、
これ、違うと思うんだよねーとゆーたのだ。

や、だってさ、こないだの婚外子違憲判決みても、

結婚しました、
子どもができました、
でも、旦那に浮気され、外に子どもも作られました、
耐えに耐えながら結婚生活を続け、
旦那がようやく死んでくれましたが、
金を半分もってかれることになりました、

となるわけでしょ?

アホらしーて、
結婚なんかするメリットないやん

と言うと、

血族A(女)
「皆が皆、結婚しても目移りするわけじゃないでしょ」

血族B(男)
「いや、でも男の本性として、
 絶対しないとは言い切れない」


ほーれほれほれ、そーじゃんねぇ。

最近では、超大手企業でもリストラされることあるし、
ギャンブルや、アルコール、暴力なんて可能性まで考えたら
リスクヘッジとして、
自分の人生を守るために仕事第一になって当然じゃん。


っちゅーたら、血族A(女)が
「でも、家庭をつくってくって楽しいよ?」
とゆーたんですが。


でも、それは、男に甲斐性があるってのが前提じゃね?

今の世の中、男の稼ぎだけで暮らせる専業主婦は少数派だし、
その男が、浮気もギャンブルもアルコールも暴力もせず、
リストラにもあわない可能性となると、
超貴重種になると思うんだが。

要は、男がしっかりしとらんのが
一番いかんのじゃないか?

と、腐人が結論づけると、
血族Aも、血族Bも、黙り込んでしまいました。

実際んとこ、どーなんすかねぇ?



ちなみに、こーゆーことゆーと、
「そんなことゆーなら、
 あなたは少子高齢社会を打破する
 いい案があるとでもいうの!?」
と言われるんだろう。

ありますよー?すばらしい案が

ふふふふふ・・・
このブログを読んでる方なら毎度の話になりますが、
こーすりゃ、世の問題の8割が片付くぜ?


男は種を絞って、全員去勢し、
単なる働き蜂とする。

無能女は、縛り付けて自由に行動できなくし、
人工的に栄養をいれ、
子宮の状態が悪化するまで、
生きてる子宮として使う。
子育ては、絶対にさせない。

状態のいい卵子と精子を使って、
食糧とエネルギーから生存していい数を算出し、
死んだ数をみながら、
ニンゲンの製造数をきめていく。

子育ては、教育プログラムを入れたロボットにさせたいが、
それができるまでは、
碧ちゃんの祖父母のよーな育て方をしてくれる人にだけさせる。
(ここが一番の問題だな)

あとは自殺・安楽死センター
(自殺や安楽死希望者の相談にのり、
 したくないが、するしかないと思ってる場合は、
 社会的に、医療的に救える方法がないかを探して助言し、
 それでもする、とか
 いや、もうしたくてたまらないんです、という人には、
 遺される人の傷をできるだけ軽減する手段を講じた上で、
 苦しまずに迷惑かけずに死ねる方法と場所を提供するセンター)を
各都道府県に最低1箇所つくるかな。

製造するときにテロメアいじれたら、
より良いんですけどねー


何十年か計画になるけど、
これなら確実に、少子高齢社会を打破できまっせ?


ま、これの実現は不可能でしょうが、
「子供のいる家庭」の楽しさや充実感を伝えるだけで
デメリットだらけの選択をするほど、
今の若い子はバカじゃないと思うけどねー
スポンサーサイト



[ 2013/09/17 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)