或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年10月 ]
09 | 2013/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嫌う理由を考えてみた

昨日かいた木原音瀬さんの「ラブセメタリー」で、
久瀬が
「ゲイを嫌う人の理由はビジュアルだと思う」
ってのがあったんだよな。

そうなんだろうか。

まー、こーゆーゲイ嫌いな人がよくゆー言葉として
「気色悪い」
ってあるけどさ、
それって、男女カプでも、
この人たちの絡みは想像したくねぇ…(-_-;)
って取り合わせだったら、同じ感情じゃないの?

例えば、
かなーりいい年齢になった父ちゃん母ちゃんの合体図とか、
ビジュアル的にうーん…なカプとか。

そのとき抱く感情に、
どんだけ違いがあるんだろう。

たぶん、そーゆー人は、
そーゆーことを考えもしないんだろうが、
いっぺん考えてみてほしいなぁ。

たぶん、根源いっしょだぞ?

要は、その人の中にある無意識の差別、
それにすぎない。


っても、これはあくまでも腐人の想像だけどね。

っちゅーのもさぁ…
ホモフォビアの思考をトレースしてみようとしても、
腐人自身は、スカ●ロじゃないならOKでしょうな人なので、
わからんのよ、その気持ちが……。

いや、そりゃ細かいこと言えば、
腐人は「NO・毛・宣言」批准してるから、
ボーボーとモジャモジャが絡んでたら、
「待て!!」
っちゅーて、かみそりもって乗り込んで、
全部ジョリジョリした後、
「始め!」
ってやりたいけど、それだけなんだよねぇ。

むしろ、「双眼鏡と集音マイクもってきて!」って感じ?



でもさー、単に同性が絡みあうビジュアルったら、
よくよくみたら、
実は日常生活にありふれてたりするよね?

外国人なんかは、へーきで男男で、
ハグしたり、チューしたりしてるし。

服きてるじゃん!というご意見に対しては、
じゃぁ、相撲は?プロレスは?
ボクシングだって、水泳だって、
半裸以上の男男が、よく抱きつきあってんぜ??
と言わせていただきたい。

「スポーツがホモを生む」
by那州雪絵『ここはグリーン・ウッド』

中には、スポーツをそんな目でみるな!
とおっしゃる方もいそうだが(ってか、それが大半?)
腐人にしてみりゃ、
そりゃ自分をごまかしてるだけでしょ、
エロビデオの前戯と、どんだけ違うんだかさっぱわからん…
違いは、場所か?雰囲気か?それとも最後の一枚の有無か!?
ぐらいっきゃないぞ(~_~)?
っちゅーとこだ。


なので、個人的には、どっちかっちゅーと、
ゲイだと告白した後によく言われる
「俺は無理だから」
とかに表れてる、
「性的対象者とみられることに対する、恐怖と嫌悪」
じゃないかなぁと思うんだが、どうだろう。

要は、自分が今まで、
道で通りすがりにゆさゆさ揺れる若い姉ちゃんのチチみて、
もみてぇーーとか思ってた感情がそのまま
自分のコカンやケツに向けられてるという怯え。

自分のケツが狙われてるなんて
生まれてこの方、1秒たりとも思ってもみなかったのに、
欲望の対象になってるという恐怖。

その怯えや恐怖を隠そうとして、
威嚇、嫌悪といった形で出るのかなと思っていた。

まーゆーなりゃ、
弱い犬ほどよく吠える
ってやつ?


男って、基本的には、生まれてこの方、
自分が狙われる対象だっちゅー危機意識ないでしょ。

そいやふと思い出したが、
日本にある某外資系の有名どころには
そちらの方が多くいらっしゃって、
トイレなんかで一緒になると、
かなりレッドゾーンな事態になるんだそうだ。

でも、そういうことなんだって理解が先にあれば、
なんかゆってるが、訳さない、聞かない、わからないふりをする、
で逃げる、っちゅー防衛意識が働く。

この危機意識とか防衛意識、
つまり、自分が性欲の対象として値踏みされる感覚ってのは、
女だったら、人生のどっかで経験してることなんだよな。

それが男は経験しないまま、ぼへーっと生きてきて、
で、突然、目の前につきつけられる。

そんで、ビビって恐慌きたして、そーなるのかなぁと。


っても、もっとぶっちゃけたこといえば、
男だって、値踏みされとんですがね。

ただ、現代社会が男性社会なので、
スケコマシを稼業とするヤクザやホストやヒモでもない限り、
値段をつけられてるのは、ソッチじゃない。
端的にいえば、金だろう。

もっといえば、金やら地位さえあれば、
どんだけ貧相で役立たずなチン●ンだろうと、
エロテクがなかろうと、
ブサメンのダサ男でも、
そこは、今は目をつぶろう、となってるだけだ。

これも、いずれ女が経済力をつけてくれば、
話が変わってくるだろうが。


ちょっと話がずれちゃったな。

要は、嫌う理由の根源にあるのは、

自分は、頂点捕食者だと思ってたのに、
巨人がでてきて、さぁ大変♪


って感じじゃないのかな、ってことだ。



あと、親とかが否定するのは、またちょっと違う。

これは、

自分の人生を否定する存在として
目の前に出現されるから、


じゃないかなぁ。



これは、腐人も似たような経験がある。

親戚一同が集まる場なんかでは、
やっぱり言われるのよ。
「結婚せぇ、子供産め、
 いつまでフラフラしとるんや」って。

ま、言われて黙ってる人ではないので、
倍返しどころか、百倍返しをかますけど。

ただ、そういうことを口にしてしまう根底には、
「結婚こそが、女の幸せ」だとか、
「子供を生んで、初めて一人前」だとか、
っちゅーお題目を信じこまされ、
どんな苦労も耐えてきたのに、
なんで、それを無視した生き方をしとる
こいつのが楽しそうな人生送ってんねや!!
っちゅー怒りや妬みがあるんじゃないのかなぁ…
とみてる。

それによって、
自分の人生が否定された気になるんじゃないだろか?

まぁ、そこには、時代がそうで逃げ場がなかったという
同情すべき点もあるので、
面と向かってそこまでは言わないが、
たまに、
「なに言ってるの!
 こんな少子化社会なんだから、
 子供を生んで、社会貢献しなきゃダメでしょ!」
と、がんばる人には容赦しない。

やるなら相手になったるが、
そんかし人格崩壊起こしてもしらんで?
    ↑
  いらんケンカを売るんじゃない!腐人!!


話を戻しますけど、
そんくらいね、
客観的に現実をみたら、
実は無根拠な、既成概念にとらわれてるだけの判断ってのは、
とても、愚かなことが多い。

でも、そこを理性的に考えてれば、
ニンゲンはここまで増えなかったわけだから、
良し悪し。

そんでもって、その鈍感力のおかげで、
99%の人が1%の人のドアマットになってるっちゅー、
このねずみ講社会のことを深く悩まず、
日々生きてけるんだろな。



いかん。
話がぼわーんと広がりすぎちゃったが、
ゲイを嫌う理由がどうあれ、
久瀬が救われる道は、ないに等しいぐらい厳しいってのは
どうしようもない事実だ。

つらいね。

実際んとこ、開き直れない人は
どうしてるんだろうなぁ…。
スポンサーサイト
[ 2013/10/10 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。