或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年10月 ]
09 | 2013/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カニカマ・コールスロー

最近、こいつにハマっている。

といっても、腐人作なので超適当なのだが、
元にしたのは某回転寿司屋のサラダ巻きの具。

昔、よく行ってたとこに
腐人好みのサラダ巻きがあったんだが、
店がなくなっちゃって、食べられなくなったのだ。

しょーがないので、
いろいろ食べ歩いてみたのだが
いまいちピンとくるもんがない。

じゃぁ自分で作ってみるかと
いろいろ試してみたところ、
なんかこんな感じ?みたいのとこに行き着いた。

でも、絶対、あの店のサラダ巻きの具とは違う…。


●用意するもの

・カニカマ
・やさい ※いれたいもの
・マヨネーズ
・酸系のもの(お酢とか柑橘の絞り汁とか)
・ジェノベーゼソース

量はすべて適当。

…レシピじゃねぇよ、これ…。


●作り方。

1)野菜を切る。

最終的にカニカマを裂いたのと混ぜるので、
それにあわせて千切りっぽい感じかなぁ。

キャベツ、きゅうり、セロリなどは
塩もみして水洗い。

たまねぎはスライスで水にさらしとく。

最近、たまねぎ氷をつくることがあるので、
それを使ってもよし。

だが、野菜からの水気が残ると
最終的にべしょべしょになるので、
そこんとこだけ注意。

特に寿司ネタにするつもりなら、
かなりぎゅぎゅっと絞りたい。

にんじんはまだ入れたことないが、
もしいれるなら、ちょっと火をいれるかなぁ…。


2)そこに、裂いたカニカマを混ぜる。

3)そして、マヨをにょろにょろし、
酸系のものをぼたぼたっと散らし、
ジェノベーゼソースをボトン。

で、混ぜたらおわり。


で、ご飯の友だとか、寿司ネタだとか、
サラダ代わりの副菜にするんだが、
ジェノベーゼは、日がたつと香りも味も飛んじゃうので、
そこがいやな方は、少量づつつくりましょう。

腐人は面倒だから大量に作ってしまうが。

生パセリを買ってきたので、
それを混ぜたらまた違うかなぁ?

※生パセリはみじん切りが面倒なので、
洗った後、ジップロックにいれて冷凍し、
袋ごとぐしゃぐしゃっとやったら、
簡単にミジン状態ができる。
腐人はこれを、つぶしたゆで卵と混ぜるのが好きだ。

バジルとケンカすっかな??


それにしても、これ、悪くはないんだが、
これは腐人が目指した
某回転寿司屋のサラダ巻きの具とは違うんだよなぁ…。

うーん…あれはどやって作ってたんだろう。
どんどん記憶が薄まってしまって、
一生たどり着けない気がしてきた。



そいや、『FLESH&BLOOD』のツイッターSS。

本日は、『オレンジ・セレナーデ』だったが、
これは簡単だな。
カイトとビセンテだ。

でも、どっちが6で、どっちが2なんだろ。

昨日が1と5だから、
最後までいったら、誰が何番かわかるかな?


そういや今日の話の中にトマトがでてきたが
この当時なら、ほぼほぼ原種に近いんじゃないのかな?

美味いってゆってっけど、どんな味なんだろ。
腐人のお気に入り、
北海道・砂川のトマトほどじゃなかろうなぁ。
スポンサーサイト
[ 2013/10/19 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。