或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年10月 ]
09 | 2013/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なんかテンションあがらない・・・

いやね、例のデビルキングがらみで、
エネルギーを吸い取られちまっとるのですよ。

なので、今いる腐人は抜け殻なのさ…。

この話、まだまだこれからなんだが、
姫みたく、やだやだゆってたら
じゃぁもういいよとか、ならんもんかなぁ…。
   ↑
  無理です



ま、そろそろ月末刊行が始まってるんで、
そこらの本たちに、
腐人にエナジー注入をしていただきましょう!


ってことで、
今日の『FLESH&BLOOD』のツイッターSS。

1と四で、アロンソとキット。

最後のつぶやきからして、
四がアロンソ決定なので、
1がキット。

うーん…そうすると、
七か八がキットで、
2か3が和哉のはずなんだが、
ありゃ?全然出てきてない人、一人いてません??

誰だろ…。


えーもう続いてダラダラ読書録いっちゃえ。

●22日
(1016)マンガ 『死化粧師 7』 三原ミツカズ
  羽尾をみてると、
  『ヒカルの碁』にいた倉田を
  思い出してならんのは、腐人だけだろうか…。

  ま、中身違うけど。

  これで最後ってことなんですが、
  うーん…お話としてはいいんだけどね、
  腐人は最後まで、
  エンバーミングが必要なもんだとは思えなかった。

  まぁ、これは腐人の特異な死生観のせいだろな。

  腐人は、自分で、したいことが、したいときに、
  したいようにできなくなったら、
  死んでるのと同じだと思ってて、
  死は救いだと思ってんの。
  
  たぶん、これはある種のかたがたに、
  傲慢だと思われると思うんだが、
  そこんとこは、
  それでも生きたいと思う方がいらっしゃるように
  それなら死にたいと思う人間の存在も認めてくださいな。

  でもって、そういう考えなので、
  そうできなくなった肉体は、
  ただの腐る生物としか認識できない。
  
  なので、死体に手をいれることへの拒絶じゃなくて、
  手を加える意味がわからないんだよなぁ。

  例えば冷蔵庫で腐らせてしまった魚を
  それなのに3枚におろします?
  しないでしょ。

  あえて言うなら、腐人の感覚はこういう感じなんだ。

  お別れという意味でいえば、
  それは普段から、
  「死」の存在をどう考えてるかじゃないのかなぁ
  と思う。

  それを恐れ、忌避し、遠いものだと思っているなら、
  別れは、訪れて欲しくない悲しいできごとだろうが、
  救いだと思って、待ち望み、近しく感じていれば、
  別れに対して、ほっとする喜びこそあれ、苦痛はない。

  むしろ、大変なのは、別れのそのときではなく、
  その後に訪れる、
  遺された孤独と寂寥感との戦いじゃないのかなぁ。

  くしくも、本編で、生きてる間に話をしておく、って、
  羽尾がゆってたが、腐人もそれが一番大事だと思う。

  いくらエンバーミングしてもらって、
  よかった頃の思い出をよみがえらせたとしても、
  死体は死体。

  そこに謝っても、怒っても、
  なんも返事はかえってこない。

  言いたいことがあるならば、
  お互い生きてるうちにゆっとくべし。

  ってか、いくらよかったころを
  思い出させる様子になったとしても、
  人はやったことは忘れても、
  やられたことを忘れないドウブツだと思うけどな。

  だから、酒乱の父ちゃんに殴られたことや、
  毒親に愛されなかったことは、
  死ぬまで忘れない。
  お隣みてると一目瞭然だが。

  …とか何とか思うと、
  ホント、エンバーミングの必要性が
  わかんなくなってくる。

  まー木原音瀬さんの『吸血鬼と愉快な仲間たち』
  暁のママのような場合は、
  エンバーミングが必要だっての、
  わかるんだけどなぁ…。

(1017)マンガ 『図書館戦争 12』 有川浩、弓きいろ
  あーよかった。
  まだ忘れてないわ。

  とはいえ、この話読むたびに思うのが、
  良化委員会側が、まだまだ弱いなぁ…と。
     ↑
    おい!どっちの味方じゃ!

  ま、こゆのは、作用反作用があるもんだから、
  つけた火がぼうぼう燃え盛れば、
  消す方も大量の水をじゃーじゃーかけてくるもんで、
  ラ・フォンティーヌの「熊の敷石」じゃないが、
  味方に無能なバカがおらず、計算できる敵ならば、
  歌舞伎町のような状態になるんだよね。

  …って、わかる人にしかわからん表現だな。

  原作読んだら、もっと書いてあるのかもしれんが、
  うーん…原作読んでみたい!と思うには、ちと足らん。

(1018)マンガ 『きみが心に棲みついた 3』 天堂きりん
  えーはっきりいって、不快。

  読んでて、もーキョド子のいちいちが
  むかついてむかついて、堪らんかった。

  こーゆー人みると、ぶん殴りたくなるのは
  腐人だけでしょうか?

  2巻はまだマシだったんだがなぁ…。

  誰か病院つれてったって。
  もうこれ、精神的におかしいから。
  これ以上、周囲に迷惑かける前にさ。
スポンサーサイト
[ 2013/10/23 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。