或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年10月 ]
09 | 2013/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

途中放棄 『世界が認めたニッポンの居眠り』

『世界が認めたニッポンの居眠り
 通勤電車のウトウトにも意味があった!』

ブリギッテ・シテーガ、畔上司 著

っちゅー本がある。

ほほー、どんな意味がござるんで?
と、タイトルをみて興味を持ち、
入手した。

のはいいんだが、
それより読みたい本がわさわさ積もってたし、
なんだかんだで忙しかったしで、
部屋に放置しとったのだ。


すると、ある日、血族がゆった。

「なぁ、あの部屋に転がしてた、
 居眠りの本、なんじゃありゃ。 
 時間つぶしで読んでみたが、
 「…で?」としか言えんぞ (~_~)」

ホント、この顔文字みたいな顔してゆった。


腐人は読んでなかったので、
へーそうなん?と思って、読み出したのだが…
確かに「なんじゃこりゃ?(~_~;)?」。

なんちゅーか、自分で調べた薀蓄を、
ただただ延々語ってるだけなのだ。

そんで何が言いたいんだか、
結論がさっぱりみえない。


血族は

「お喋りな自称グルメなおばちゃんが、
 イタリアン食べながら
 たまたま同じ食材使ってた
 中華やコンビニフードの味がどーのこーの
 言うみたいな本」

と評したが、すごく的確…。

ホントこの文章、
おばちゃんのおしゃべりなんだよ。
とりとめがなく、次から次へと話題が変わる。

そーゆーおばちゃんのしゃべりきいてて、

で、あんたは何が言いたいねん!!!

って、言いたくなったことありません?

まさにそんな感じ。


腐人は、最後まで読みきる前に、
おばちゃんしゃべりに白旗あげましたが

腐人の評は、こんな感じ。

この本は、
レストランの分厚いメニューを繰りながら
そこに書いてあることに、いちいち
これはあーで、それはこーでとゆー客のうんちく垂れを
じっと我慢して聞けるかたに適した本です。

そして、読み終えた後はこう言いたくなります。

「それで?ご注文は?」



ホントつくづく思うんだが、
なんで外人が書いた文章って、
こんなまわりくどいんだろ…。

なんなんだろ、この違いは。
言語感覚??

最近、それがすごく気になる。
誰か研究してねぇかなぁ…。

スポンサーサイト
[ 2013/10/30 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。