或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年11月 ]
10 | 2013/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

乾燥果実

えーちょっと本日もあまり時間がないので、
簡単ネタで。

こないだ街をうろついていたら、
乾燥果実を売っていた。

要するに薄切りにした果物を
フリーズドライにしたやつなんだが、
どんな味なのか、いろいろ試したいなぁと思ったので、
いくつか購入したのだが。

…高い…。

1つ、大体35~40gの内容量なんだが、
単品(みかんのみ、とか、りんごのみ、というやつ)だと
700~800円。
3種類ミックスだと1000円!
たった35gでだ。

スーパーで売ってるドライフルーツの値段と
かなり開きがある。

そんでも味見がしたくて散々悩んで
・キウイ
・富有柿
・ふじりんご
・すもも
・種無柿
・ブルーベリー
・みかん
を購入。

買いすぎやろ!腐人!!

や、だってぇ…。


で、食べてみた。

どれも確かにいいもの、ではあった。

天然ものをそのままフリーズドライにしただけなのに
これだけ味がすごく抽出されてるってのは、
果物そのものがいいんだろう。

キウイやすももの酸味も、うまく残してあって
富有柿と種無柿も、
同じ柿ではあるんだがその味の違いが明確にでてる。

手間隙もかかってるんだろなーと思う。

でも、だ。

腐人家は部類の果物好きなので、
この味がすごいのはわかるんだが、
それぞれの果物がジューシィーなときも知ってるわけで…。


柿好きの血族に富有柿を食べさせたら、こう言った。

「しなびた果物」

………。
スポンサーサイト
[ 2013/11/30 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

取っ組み合う気力も体力も時間もない・・・

昨日に引き続き、
本日も仕事の締め切りからの逃亡者状態。

仕事の山がサミュエル・ジェラードにみえる・・・。

そゆことでくだらなーい日常話は今日もナシざんす。


ちょいと一休みしとるので、読書録だけやっちゃいたいんだが、
本当は、今日メインでとりあげようと予定してた
『アシュリー事件』は脳みそが白旗あげてるんで、
ちょいと先送り。

よって、これはカウントのみ。
(1119)一般本 『アシュリー事件 メディカル・コントロールと新・優生思想の時代』 児玉真美

テーマが興味深いし、ナーバスな題材なんで、
脳みそがクリアな状態で書きたいんです。
すみません。


ってことは、他のは適当なんかい!
と突っ込まれそうだが、適当ってこたぁないが、
使う脳みその場所が違うんだよなぁ。

ま、この辺は独り言なんで無視してください。


では、放置物件から。

(1118)BL/ルチル 『あでやかな愁情』 崎谷はるひ
  あとがきを拝見すると、
  体調は少しよくなられたんでしょうかね?

  ゆっくりでいいので、お大事になさってくださいね。
  無理と過信はいけませんぞよ?

  ・・・っちゅーて、
  腐人みたくサボりすぎってのも問題か。
  だから今、首絞まってんだが・・・(-_-;)

  ま、それはともかく。

  このじえーと臣のシリーズも長いなぁ・・・。
  そのわりに、時間というか時代のずれ?みたいのを
  あんまり感じさせないんだよな。

  そりゃ『ゴルゴ』とか『ガラかめ』とかもそうだけど、
  あれはなんつかマンガのほうが時代を超えてるっちゅー。

  時代の流れに溶け込みながらも、
  違和感なく、別の時間が流れてるってのは、
  ロングセラーになれる話だよなぁ。

  っつっても、作為的にできるもんでもなきゃ、
  そういう話のすべてがロングセラーになるわけでもないが。

  第2部の終わり、なだけあって、
  これまで広げてきた風呂敷を
  畳んで仕舞う流れではあるんですが。

  う・・・・・・ショタ臣が見られたのは嬉しいが、
  でもって、これまでの話で、十分覚悟はしてたんだが、
  やっぱ目の前にきっちり出されると、
  チビは、どんなチビでも、
  せめて10歳までは、心底愛されて育ってほしい
  と思ってる腐人としては、ちとつらい。

  首の辺りがのびたダボシャツなんて、
  超萌えポイントなんだけど、
  そこから出てる首や手足の細さが痛々しくて。

  『ラブレター 神様も知らない3』もそうでしたが、
  親になるってことをわかってない人には
  ホント、子供を産んでほしくないと思う。

  一時でもおとうさんといられてよかったね、臣。
  堺さんとあえてよかったな、臣。

   
  ああ!
  でもおとうさんのおひざなんか
  硬いでしょう?

  ほれ!おばちゃんのおひざにおいで!
  腹にも腿にもたっぷり脂肪がのっとるから、
  クッションたぷたぷやで!

  と、そこにおったらゆーたんねんけどなぁ。  

  ・・・ん?
  そうか。姫や王子が
  腐人のひざに乗りたがるんは、
  このたぷたぷ脂肪クッションのせいか!

  どっちもママ、ほっそいもんなぁ・・・(T_T)

  ま、それは置いといて。


  これでちったぁ臣も自重するようになるんやろか?
  
  逆になったときに、相手にどんな思いをさせるかとかも
  ちゃんとわかってんのやろか?

  うーん・・・・・・
  腐人はまだまだあぶなっかしい気がするなぁ。

  なんつーか臣のこの突っ走りの裏には、
  自分を大事にしようとせんとこあるやん。

  上で書いた
  せめて10歳までは、心底愛されて育ってほしいってのは、
  そうされると、人としてしっかり根が張れるから。
  
  親の顔色みながら行動しないとならなかったり、
  成長しながら価値観を形成してるとこやってのに、
  ダブルバインドなものを押し付けられたり、
  逆に、全く何も与えてもらえなければ、
  根っこは伸びない。

  愛情は人を育てるための水と肥料なんだがなぁ。  

  そんでも臣は、おとうさんや堺さんのおかげで
  細いなりに根っこがあるんで、
  じえーがそこにうまいこと
  やりすぎんように、でももっともっと根が伸びるように
  愛情そそいでってくれたらええねけどなぁ。

  でも、あいつも大概やからなぁ・・・(~_~;)。
  

  ところで。
  今回、やたらとケツケツケツケツいってましたが、
  じえーのケツはそんなにええんですか?
  ちょっとこれは興味ある。

  っつか、男のケツって重要やねんで!
  あまりに下品な話になるからここらでやめときますが。
  って、前に書いたかもしれん・・・(^_^;)
  
  腐人がケツに興味ある理由は
  そーゆーんじゃないんですが、
  男は前より後のが好きなんよなー。
  前の出来はどーでもええ。

  背中からケツのラインがええんです。

  指と同じぐらい、そのラインフェチなんだが、
  アインちゃんとお話あうかしら?

  質感みるのに、ホンマはもみたいとこやが、
  まぁ、それはやめとくとしても、
  なでるぐらいさしてくれてもええやん、臣ちゃん。
  減るもんじゃなしー。ケチー(~з~)。
  
●28日
(1120)BL/リンクス 『天使強奪』 六青みつみ
  ん?
  新しいシリーズなんですか?

  腐人はファンタジー音痴ですが、
  六青さんのは読めるんだよなー。

  個人的に、主人公(受)が可哀想で可哀想で可哀想な
  切ない系がすごく好きなんですが、
  最近のモフモフでは、溺愛されてるチビに
  メロメロになっとるんで
  今回はどっちやろ?と思ってたんですが。

  可哀想な事情はあるんだけど、
  いつもの胸が痛くてたまらない・・・となるほどでなかったのは
  なんでだろ?

  視点かな?
  
  ただ、そこをいつもどおりにすれば、
  展開もまぁいつもどおりになってきちゃうんだが。
  
  そだな、今、ざっくり骨格かいてたら、
  あら、あれだ、と思っちゃったんで、
  サクッと消しました。

  いやはや難しいですなぁ・・・。

  え?何を言ってるかわからん?

  知りたい方は、本書をおよみくださいませ~。  



とりあえず今日はこんなとこ。

どんどん脳内から吐き出していかんと、
頭が飽和して、意味不明な言葉を吐き出しそうや。

ま、まずは目の前の仕事を片付けるとしますか。
はぁ~・・・(-_-;)
[ 2013/11/29 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

今日はいろいろあっぷっぷーのぷー

ちょっと仕事が大噴火

た~まや~♪

じゃなくって。


マジでヤバいので、今日はカウントのみ。
ま、早売り商品なので、
明日コメントぐらいでちょうどいいやね。

●27日
(1118)BL/ルチル 『あでやかな愁情』 崎谷はるひ

これ、確かに表紙が表紙だなぁ。


・・・どーでもいいが、
最近、ホント、本が読めなくなっている・・・。

これでか?と言われそうだが、これでだ!
[ 2013/11/28 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

秋なのに~

そう、野菜も果物も美味しい秋なのに!

「8キロ減量したよー」
「5キロやせて、キープ中」
などというメールが来る!

なんで!どうして!秋なのに!!
なぜ、食欲をセーブするのぉぉぉぉぉっ!!

食べないと!
味覚の秋よ!食欲の秋よ!!!

サツマイモの甘太くんだって、まもなく出荷式だし!
有田みかんちゃんだって、そろそろ出回るし!
洋ナシも、最盛期をむかえるし!
りんごだって、紅玉が終わる前にジャム作らなきゃだし!
そろそろキウィも採れ頃だし!

どうして皆、ダイエットするのよぉぉぉぉぉっ!!!


ううううう・・・
姫もぷくぷくしてると思ってたのに、
最近はタテの成長がすごくて、
いつの間にかすっきりしとるし。

なんでぇなんでぇ!
横に成長しつづけとるのは腐人だけかい!

むかつくので、
デブの素を探して送ってやろうかと思案中。
ふふふふふ・・・・・・


そうね、いろんなセリフが思い出されるわ・・・

「どうせここまで堕ちてこられないだろ!」

「おいていかないよ。
 どこまでも一緒に堕ちよう」

「もう離れない。なにがあっても」

・・・ふふふふふ・・・
ラブできいたらうっとりなセリフも、
ここできいたらゾクゾクするセリフになるわね♪


っつかさ。
こーゆーの↓もろたら、食べちゃうでしょ?ね?

白にゃんこ

虎にゃんこ

って、こいつらは秋に全く関係ないんだが、
先日、血族が知り合いから、
「かわいいでしょー」ともらってきた。

確かにかわいい。
そこは否定せん。

それに旨そうでもある。


腐人は知らなかったんですが、
どうぶつドーナツといって、話題のお店らしい。

※詳しく知りたい方は、
 「どうぶつドーナツ」でググってもらうと、
 みつけられます。

白い方が、こねこのミケっちゅーらしく、
黄色の方が、タイガーくんというらしい。

ミケはメスか。
ちっ・・・・・・・・・
 
 おい


白と黄色で、味が違うんかと思ったら、
ベースのドーナツ部分は、同じように感じる。

砂糖コーティングのところが、
それぞれの色で味が違うけど。

耳は・・・ガブッとかじっちゃったから(躊躇なしかい!)
食感からの推測だが、ピスタチオかなぁ??
ボリボリって感じでした。


・・・・・・っつかね、これ、
揚げたドーナツに砂糖コーティングなんで
1個でもかなりのボリュームなんすよ。

なのに、こない並べられたら、
やっぱ食べ比べしてまうでしょ!
どない味が違うか、2つとも食べてまうでしょ!

うううう・・・・・・
腐人がデブ化してるのは腐人のせいだけじゃない~(ToT)。


嗚呼・・・・・・
「餌をあたえないでください」
っちゅー札を、首から下げて歩こうかしら・・・。

[ 2013/11/27 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

『消されたマンガ』について

結構、ドキッとするタイトルだよなぁ。

だからつい手に取っちゃう。
こういうのは、タイトルが巧いなと思う。

ぐだぐだ始める前に、カウントいっとくか。

(1115)一般本 『消されたマンガ』 赤田祐一、ばるぼら

まー端的にいえば、雑誌で発表された後、
クレームが入ったり、自主回収したりして、
現在読みたくても、
当時の状態で読めなくなってるマンガたちの紹介だ。

評価がよくなくて単行本にもなれなかった・・・とか、
もしくは単行本になったが売れなくて絶版・・・とかではない。

まぁ、この辺ゆーなら、まずタイトルが
『消えてったマンガ』だろうし、
数は『消されたマンガ』の比じゃなかろう。


本書では、時代で区切りながら、約60作品ほどをとりあげ
「どういう内容で、どうして消されたか」を
説明している。

みてると、ビックネームの多いこと多いこと。
なんたって、しょっぱなが、『のらくろ』だもん。
え!?って感じでしたね。

腐人が意外だったのが、
手塚さんと藤子不二雄さんが何度かでてきてるのに
赤塚さんや石ノ森さんがでてこなかったこと。

そうなのかー。

といっても、巻末に、もっと細かく拾っていった
「消されたマンガ史」があり、
それをみると、
「ええ!?あの人も?あの作品も?あのレーベルも??」
ってなのが連発でねぇ。

ただ単にここでとりあげる許可がでなかったり、
事件として、表に出てきてないだけで、
実際に消されたマンガはもっともっと多いんじゃないのかなぁ。

や、だってなんつーか、
この頃(1950~70ぐらい)は、
取り巻いてる周囲というか環境がおかしいんだもん。

そら確かに今も、表現弾圧はある。

でも、だ。
今の大人たちは、マンガを読んで育ってきてるから、
マンガに価値があることもわかってるんだよな。

だから、いいものはいいとしてくれる部分がある。

それに対し、
それこそ1950~70年代に親だった人たちってのは
マンガに対しての知識も免疫もない。

こんな絵のついてる本なんて!
っちゅー、そこの段階からの嫌悪だからねぇ。

マンガの存在そのものが許せないんじゃなかったのかな。

だからか、弾圧内容みてると、
たまに
「??これのどこが??」
と思うものもあった。


この消される理由ってのは、
大きく言うと4つあって、

1)政治
2)差別
3)エロ
4)トレース、盗作


なんだそうだが、
近年消されたものの多くは、著作権がらみだ。

はっきりいっちゃえば、トレース問題。

これは技術が進んだ今、
やろうと思えば簡単プーにできてしまう。

それを止めるのは、物理的な何かではなく、
精神的な自律だけである。

なるほど時代を映してるなぁと思う反面、
腐人は、これについて、一番ひっかかりを覚えた。

これちょっと長くなるんで後回しにして、
順番にいこう。



まず、1)政治

まー簡単にゆーてしまえば、
右や左の思想系に絡むアレコレや、
隣近所との歴史問題のアレコレ。

腐人なんかにしてみたら、
「触らぬ神に祟りなし」だと思うが、
表現者さんたちはそうではないようで。

戦後ほどない頃に比べれば、総数は減ってるものの、
やはり、アンタッチャブルな辺りを題材にして、
ちょっとドギツイ表現をすると、即問題になるみたいだ。

っても、巻末に、
消されたマンガたちの関係者数名のインタビューがあるんだが、
大手出版社ならまだしも、
小さい出版社が出した本に注目してもらおうとすると
どうしても、表現がギリギリにならざるをえない
ってな話があり。

なんとも難しいもんだなぁと思う。

ただ、個人的なところを言わせてもらえば、
100人が100人、納得することってありえない。

だから、そういうのを題材にする限り、
ある程度の反発は致し方ないもんである。

問題は、
その反発をくらう覚悟をもって発表してるかどうか、
じゃないのかな。

その覚悟がないなら、これを題材にしてはいかんだろう。



続いて、2)差別

これなぁ・・・・・・
言葉狩りというか、表現狩りというか。

はっきりいってしまえば、
人種や部落、障害者といったあたりの表現問題だ。

腐人はどっちかというと無神経で鈍感なので、
率直なところをいえば、
なんでこんなことで過剰に反応するんだか、
分からないことのが多かった。

だってさ、どんなに言葉をキレイゴトにかえたって
存在は、存在なわけで。

それをAといおうが、Bといおうが、
存在してること、してたこと、そのものを
なかったことにはできんじゃん。

黄色人種の肌が、黄色っぽいのも、
黒色人種の肌が、黒っぽいのも、
白色人種の肌が、白っぽいのも、
サルに毛があり、人に毛がないのも、
人の歴史には、差別がつきものであることも、
どうしようもないことだろうと思うんだがなぁ。

むしろ、どういったってひっかかるなら、
ソレが存在しない世界にしとこうってするほうが、
おかしくないか?

なので、腐人は上の政治に比べれば、
これは大いに取り上げてくべきだと思うんだけど。
そして、どんどん啓蒙してったほうがいいと思うんだけど。

っても、結果、誤解や誤りを生むような表現はいかんと思うが、
事実は人の数だけあるからねぇ。

たださ。
マンガはわかりやすく目立つから、摘発を食らう。
文字はそうでもない。

って図式が、腐人は存在してると思う。
それがね、マンガを愛するものとして、非常に腹立たしい。

叩くなら、目立つやつ1匹をみせしめにするんじゃなくて、
頭出してるモグラ全部を叩こうよ。

でないなら、ゆってることややってることの正当性に
腐人は疑問を感じるぞ?



そして、3)エロ

・・・これ、腐人に言わせりゃ、
「男を全部去勢すりゃ、いいだけの話。以上」
なんだがな。

上の「差別」同様、
現実に、女性器も男性器もセックスも存在する。
マンガでいくら描かなくたって、
今、この瞬間にも、
誰かと誰かがバッコンバッコンやっている。

だからね。
こんなのみせて教育上よろしくないっちゅーならよ、
ブツを物理的になくしちゃえばいい。
じゃね?

そんなことしたら困る?
おいおい、嘘いっちゃぁいかん。
困るのは射精産業ぐらいだろうが。

男にチン○ンなくなったって、
種さえ保存されてりゃ、無問題。
そもそもオスは生きてるムダである。

そんで、食糧とエネルギーから
必要数だけ人間を生産し、飼育する社会にかえたら、
社会としては、困るどころか、
今、抱えてる問題の8割は片付くぜ?

そしたら、マンガでどんだけどぎついもんみせたって、
そこから性犯罪に走れんし。

勉強そっちのけで、
アホになるほどマスもかけんし。

いっそのこと視床下部に電極つっこんで、
性欲覚えたら、死なない程度の電気流すよーにしたらどう?

悪いのは表現でも、性欲でもない。

理性でコントロールすることができない
下半身じゃぁないのかい?



最後に、4)トレース、盗作

これなぁ・・・・・・
前身ブログの腐人日記で、
『あらゆる小説は模倣である。』
とりあげたときやらに何度も書いたとおり、
腐人は、今の世の中に、オリジナルはないと思ってる。

だから、トレースしてなくても、
どこか以前みた何かと似てるって、絶対に起こるのよ。

だって、人はそれを積み重ねて自分の知識や経験にしてんだもん。
そんでもって、今、この時代は情報があふれまくってるんで、
見たくなくても、聞きたくなくてもどんどん情報が襲ってくる。

人はもう、その影響から逃れることはできない。

なので、こんなことぐらい(と、言わせてもらう)で、
マンガが消されるなんて、バカも極まれり、だ。

コレ、簡単な話なのよ。

明らかにトレースするなら、する前に許諾取れ。
で、請求されたら、金払え。
そして、忘れずクレジットいれろ。


そんだけじゃん。

なぜ、その手間を惜しむ???
そんで、結果、回収騒ぎだ、絶版だって、
どー考えたって割りにあわんでしょう。

作家さん本人が許諾とってる時間がないなら、
それこそ、それは編集の仕事だ。

ネーム作ったときにでも、
ここにこんなカットいれたくて、
この写真をトレースするんで許諾とっといてください
って編集に頼めばいい話じゃねぇの?

っちゅーか、マンガじゃない編集部では、これ常識じゃね??
実は「引用」なら許諾いらんのに、
それすらも許諾とるぐらい、過敏になってるけどなぁ・・・。


作家さんも編集さんも、許諾とるのが面倒だというなら、
それこそ、さいとう・プロダクションを見習えばいい。

※さいとう・プロダクションでは、
 模型を使って、自ら構図をとったもので描いてる。


NHKの「探検バクモン」で、
さいとう・プロダクションに潜入した回をみたが
そのために、モデルガンとか武器類(もちろん模造品)が
大量蒐集されていた。

さいとう・プロダクションぐらい傾向が固まってる
長寿連載ができるなら、
こんだけの初期投資しても十分元がとれるだろうけど、
一般的なトコ言えば、そんな連載が出来る人のほうが少ない。

腐人はこっちのが大変だと思うがなぁ・・・。


たださ。
ちょっと今、どの作品だったか思い出せないんだが、
この回にだけ、ちょっと使わせてください、
っちゅーて許諾とって、
実際は、その回だけどころか、その後もバンバン使ってた
とかゆーのがあったが、それはあかんでしょ。

こーゆーたらなんやけど、
自分が逆の立場になったときのことを考えてみたら
許諾をきちんととって、使用範囲を守らないとならないっての、
すぐわかると思うんやけどねぇ。


ま、なんにせよ、はっきりいって
こんだけ巷に作品があふれかえってる状態だと
トレースやら類似アイデアやら、
するつもりがなくてもそうなってしまうことが、
今後、多発するのは間違いない。

この先、TPPで、著作権侵害が非親告罪化したら
ネットで炎上どころでは済まなくなる。

その前に、
これについては関係者の意識改革をしたほうがいいと思う。

あ、ちなみに、一言一句同じ盗作は別よ。
これはどんな言い訳も通用しない。



なんか寝た子を起こすようで、心苦しいんだが、
腐人としてはどーしてもひっかかっちゃったのが、
西原理恵子さんの『毎日かあさん』と、
末次由紀さんの『エデンの花』

どちらも腐人が好きで読んでる作家さんなんで、
え?え?と思って経緯を読んだんだが
(本書で読むまで知らなかった)。

まず『毎日かあさん』だが、
授業参観をネタにしたら、
学校からクレームが入ったという話だが、
ネットにあふれかえってる個人メディアはいいってどゆこと(~_~)?

そっちのがもっと露骨で悪質で、
いじめや犯罪を誘発する要因をもつのがあるでしょうに。

こーゆー姿勢、差別のとこでも書いたが、腐人は大嫌いだ。


それから『エデンの花』

まぁ、これは上で書いたとおり、
作家と編集の認識が甘かったっちゅー話なんだけど、
腐人は末次さんの存在を『ちはやふる』で知った。

読んで、とても面白いし、
マンガ表現がむちゃくちゃ巧いので、
他の作品が読みたくなったのだ。

※腐人は、おもろいなと思う人に出会うと、
 既出作品を読めるだけ読み漁る人である。
 そうすることによって、
 作家さんそのものがみえてくるとこがある。

そんで、いろいろ探したんだが、
『ハルコイ』と、
『クーベルチュール』ぐらいしか
みつからない。

なんかすごく不自然だなぁと思ってたら、
まぁ、この事件により、
過去のコミックスが回収・絶版になってるそうだ。

これって・・・そこまでされることかい?

確かに、当該物には問題がある。
でもそうじゃないのまで排除される必要があるのか?

腐人はそれは過剰対応な気がする。

罪は人にあるんであって、
モノにはないと腐人は思うんだがなぁ・・・。


それに、謝るべきは、読者にじゃないでしょ。

最初に謝罪をし、許しを乞わなきゃならない相手は、
無断借用した井上雄彦さんじゃない?

そして、謝罪と賠償金という形で(・・・っても、いらんだろうなぁ・・・)
謝意と誠意を表して、相手方が許して示談が成立すれば、
クレジットをいれるだとか、
その該当部分を修正するだとか、
了解を得られる形に変えて
再版することは可能になると思うんだが。

なんかなぁ・・・なんか違和感。

・・・まぁ、政治や差別のように、
ポリシーがあってやったことじゃないから
そこまでこだわらない、
黒歴史としてそこはフタして終わりでいいの、
なのかもしれないが。

なんだろなー・・・
なんか、ね、
腐人は、この一件、すっきりせんのよ。

なんというか、
「読者様は神様だ」
になってるのが、すごくおかしいと思うの。

そらまぁ、腐人は当時を知らないが、
恐らく、そのまま流通させてたら、
ひどいバッシングになっただろうから、
自衛した、ともいえるんだろうけど、
なんか論点がずれてる気がするんだよなぁ・・・。

そして、過剰に過敏な自主規制をしてる出版社の姿勢に
ものすごく疑問を感じる。

そのくせ、昔の編集者ほど覚悟がなかったり、
認識が甘く、手間を面倒がってるように見えるし。

腐人の気のせいですかねぇ?
この過剰反応の裏に、何かがあるような気がする。


ま、なにはともあれ、
ここで絶版扱いになってるあれこれも、
どうやら国会図書館には所蔵があるようなので、
リストアップして、腐人の老後の楽しみにすることにしよう。


男性向け作品に偏ってる感はありますが、
非常に得るものがたくさん詰まった、
興味深くおもしろい本でした。


本日はこんだけー。
[ 2013/11/26 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

小説現代11月号「虫食い」を読みました

木原さんが載ってるので、普段は無縁の一般誌を読んだ。

っちゅーても木原さんとこ以外は
相変わらず1文字も読まないので、カウントはしませんが
一応、書誌情報。

●小説現代11月号掲載「虫食い」 木原音瀬

木原さんいわく、「通常運転」で、
「扉絵が全てを物語っている」らしいが。

これの、どこが?
と思ったのは腐人だけだろうか?


や、まぁ、そりゃね、
相変わらず極北路線まっしぐらなのは
「通常運転」かもしれない。

でもって
自分の中にそういう感情があることを
自分でも気づかないふりしてたのに、
わしづかみにされて、目の前にポンッと置かれる感じも
「通常運転」かもしれない。

・・・しかし・・・・・・
木原さんのBLを読みなれてる身としては!
そりゃBLでもこういう展開あるけど!
BLなら、この後に、ラブがあるのよ!ラブが!

なんでこんな男がええの?
考え直したほうがええで?
と言いたくなるラブでも、ラブはラブ。
そーゆーラブがちゃんとある。

だから読者は、
「もぉ・・・そんな惚れてんねやったら、
 しゃぁないなぁ・・・」
っちゅー気になって読み終えられるのだ。


でも、一般誌は、それがない・・・。
ラブがないのよぉぉぉぉぉっ!!!

へ?
で?
この歪みまくりの愛情は最終的にどないなりますんで?
ってなるやんか!


腐人は一般誌や、いわゆる文芸小説を
ほぼ読まない人なんだが、
こんな消化不良で文句が出ないって、
一般誌読者や文芸小説読者って、マゾなのか?

こんなくすぶりまくりの、
もやもや状態で終わってもかめへんって、
読んでてストレス溜まらんのやろか?

本気でわからん・・・(~_~;)。



あと、「扉絵が全てを物語っている」かぁ??

腐人のアンポンチーな頭では、
これをみただけでは
お話の全容は全く読み取れませんでした。

なので未読の方も、そう恐れることなく
扉絵をご覧になられてよろしいかと思います。


っちゅーか。
もともと茶屋町勝呂さんは、
具体的な場面を描写のままお描きになるというより
お話の肝を吸い上げて、
その肝が言わんとしてることを象徴的に描かれるので
確かに、読み終わってから見れば
「物語っている」んだが、
読む前にみる分には、
「わからんちー(~_~)」なんですわ。


で、本編ですけども。

まぁ、一言でいえば、上に書いたとおり
「この歪みまくりの愛情は
 最終的にどないなりますんでしょう?」だ。

その奥にあるものに気づいて、成就すれば、
改善されるんかねぇ??
せめて活け造りぐらいに・・・。


表題の字面のままのことは、
遠からず水も食糧も不足するのが間違いない現実世界において
実際に、行われてくよーになるんだろうが、
腐人はその時代に生きていたくないなぁ。

っちゅーぐらい、腐人は食に対して保守的だ。

だが、これ、そう嫌悪もせずに読めたのは、
恐らく、いや間違いなく
『山賊ダイアリー』のおかげな気がする・・・。


っつかさ。
隼人はどーだかしりませんが、
一般的にはその口にチューってかなり抵抗があるからさ。

タコの踊り食いあたりで、早く妥協してくれるといいなぁ・・・。


昨日読んだのはこれだけ。

ってか、9割読めた本があるにはあるんだが、
ちょっと大物なんだよな・・・。
どうすっかな、アレ・・・。


[ 2013/11/25 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

ロシア大会FSをみたぞー

GPシリーズも
あとはファイナルだけになりましたなぁ。

個人的には、
ハビエル・フェルナンデスくんのFSと
村上佳菜子ちゃんのSPの完成形がみたい。

どちらも不本意な出来しか見れてないんで
完成形だったらどんなできばえなのか。

特に佳菜子ちゃんは、FSと曲調が正反対なので
もしSPが完成し、FSもロシア大会みたいな出来なら、
その対比がすごくおもしろいと思うんだけど。

そのGPファイナルも非常に興味深いが、
個人的には全日本。

どうなるのかなぁ。

皆、悔いのないよう、がんばれ!
[ 2013/11/24 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

ロシア大会SPとフランス大会FS

フィギュアのGPシリーズ、
フランス大会のFSとロシア大会のSPをみた。

これは…すげぇ…と思ったのが、
パトリック・チャンくんと、
ユリア・リプニツカヤちゃん。

腐人はなりきりプログラムが好きなので、
プログラムそのものとしては、
パトリック・チャンくんのより
羽生くんや高橋くんのが好きだ。

でも、パトリックくんのって…
この重箱の隅をつついては、粗を探し、
障子の桟に指を走らせては、嫌味をたれる腐人ですら、
ケチのつけどころがない…。

そもそもが全体のスピードがすごくあるのに
その上であんだけやるかー!ってのがもう…
「あの、実はサイボーグだったりします?」

普通の人は、例えば時速5キロ(例です。現実どんなもんか知りません)
それをベースに
曲調がゆったりしたら3キロ(例)に減速し、
アップテンポになると8キロ(例)にする。

でもパトリック君の場合は、減速がない気がするんだよなぁ。
で、ゆったりの表現は、上半身や全身の動きであらわし、
アップテンポになるとスピードと動きのキレをあげる。

だからか、全体の速度が最初から最後まで落ちず、
他の選手の4分半より、短く感じるんだよな。

でもそうすると、運動量が半端ないよなぁ。
たぶん、基礎的な体力や肺活量がすごいんじゃないかなぁ。


でもって、ユリア・リプニツカヤちゃん。

なんか…今、ロシアの10代の女子選手が
ものすごくでてきてるが、
腐人は、ユリアちゃんとエレーナ・ラジオノワちゃんに
かなり注目している。

あ、今、GPファイナルの女子選手決まったみたいで
6人中4人がロシア選手だそうだが、
腐人の注目は、ユリアちゃんとエレーナちゃんなの。

というか、残りの二人の演技がいまいち思い出せない…。

ユリアちゃんとエレーナちゃんは、
腐人は対照的だなぁと思ってみてる。

もってる雰囲気が、
ユリアちゃんは陰で、エレーナちゃんが陽。

それを二人ともよくわかってんだよなぁ。
っつか、その性質を見抜いて伸ばさせてる
コーチがすごいのか?

まさにロシアの凍てついた大地、白銀の雪景色
そんなのが、ユリアちゃんが演技してるとき
向こうにみえるんだよな。

一方のエレーナちゃんは、
火の鳥とか春の祭典に象徴されるような
ユリアちゃんと対照的なロシアの明るく強い雰囲気があって
それが、まだ14歳なのに表情や全身から発信されてるんだ。

まだ、トータルの世界観をつくるって部分が
弱い気がするが
この先、どう化けてくるかが楽しみでならん。

今、10代でスケートやってる子らは、
この二人にどう立ち向かうのかねぇ。


続いて、フランス大会の羽生くん。

よく引きずらなかったねぇ。

まぁ、前から度胸があるというか
肝が据わってるところがあるからなぁ。

話かわりますが、ロミオって、
腐人は思い込みの激しい直情バカだと思ってんだよな。

あの当時の16,7って、
平均寿命から逆算すれば今で言えば25,6だよなぁ。
いやもっとか?

一人前の大人として認められ始めたはずだが、
まだまだ青さが丸出しで、
惚れたーったら一直線、
むかつくーったら一直線、
うわぁ死んじゃったーと思ったら一直線。

変化球なんか知りません、全て直球勝負です、
って感じがしてんだよね。

2年前のがそれが強くでてたよーな感じがするなぁ。

そして、最近。
羽生くんに投げられるプレゼントといい、
リンクサイドのオーサーコーチのショットといい、
キス&クライでのカメラといい、
やったらプーがでばってる気がするのは
気のせいだろうか…。

あ、あの…今、腐人の脳内では
エキシビションで、
東京のディズニーランドで売ってる
プーのかぶり帽子をかぶったオーサーコーチと
クリストファー・ロビンになった羽生くんが、
手を繋いで、プーの曲にあわせてステップしてくんないかなぁ
っちゅー妄想がほとばしっている…。

プーのラストは腐人のバイブルなのよー!!

いろいろ無理があるのはわかってんだが
見たい……。



それからロシア大会の町田くん。

このエデンの東のプログラムは好きだなぁ。
曲のもりあがりやテーマが
ホント町田くんにあってる。

こういっては失礼なんだが、町田くんには
高橋くんや羽生くんのような華がない。

でもって、織田くんのような
コミカルさが似合う強い個性があるわけでもない。

それでここまで上ってきたってのは、
苦しいほどの努力と頑張りを
積み上げてきてるんだと思う。

それを今、このプログラムで表現してんじゃないのかな。

強いていうなら、その最後の最後にあるものは、
未来への希望だと思うんで、
その希望を感じさせる表情、ここがラストにほしいかなぁ。

それこそユリアちゃんのFS、
シンドラーのリストの冒頭とラストの表情、
あれ、すごいんだよ。

あーゆーの、ほしいなぁ。


あ、いかん。
もうすぐロシア大会のFSじゃん。

風呂はいってこんと!

ってことで今日はおしまい。

[ 2013/11/23 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

記憶に残る完結漫画 集英社その他編

最近、ブログを書くテンションが
下がり気味だのぅ・・・。
  ↑
 あんだけ書いておいてか!


ってことで、この「記憶に残る完結漫画」も
これまでに何を書いたかが、
どんどん怪しくなってってんので
さっさと片付けることにしよう。


前からよく言ってますが、
腐人は雑誌という形態が好きじゃない。

なので、正直、あんまり雑誌を読んでない。
『別マ』のあの時代ぐらいだな。

ただ、『別マ』カラーは腐人にあってるのか、
未だにコミックスになったもんは読んでいる。

その辺は今なお連載中だったりするので、
この主旨から反するため挙げませんが、
真っ向王道勝負をしてる感じがする。

なんというか白泉社のゾーンと、ホント対照的なんだよね。


集英社の、というか
『別マ』掲載作ってのは、
あくまでもベースは、この現実社会。

学校は6・3・3だし、受験はあるし。
年頃になりゃ、恋愛して。
人間関係や自分の将来について思い悩む。

その世界では、あったりまえだが、
魔法も使えなきゃ、王族貴族もおらん。

『ぶーけ』とかになってくると、
ちょっと違うとこあったりもしたが、
そんでも、この既存社会の概念というか枠からは
はみ出してない気がする。


一方。
白泉社の掲載作は、作者が法律。

魔法?もちろんOKさ!
王様?もちろんOKさ!
貴族?もちろんOKさ!

吸血鬼だって、妖だって、
なんでもござれ。

ベースは、作家が生み出した世界であり、
なんでもありーで、それこそ後出しだってOKさ♪
って感じ?

※最近、雑誌読んでないんで、
『LaLa』『花とゆめ』の違いが
わからんため、そこは明記しないでおきます。


でも、そういうのがあるせいか、
集英社で、男を主役にしたものは見ん気がするが
『俺物語!!』ぐらいか?)、
白泉社は、そんなことない。


それがよいとか悪いとかじゃぁないんだが、
腐人自身を振り返ると、
若い頃・・・腐人の脳みそがまだピチピチして、柔軟だった頃は
白泉社のオールフリーなものの展開についてけたんだが、
劣化著しい昨今、
ちょっとしんどくなっている。

特に、自分世界マンガで、後出しされると、
一気に読む気がうせる。

だってさー、どうしよう、
どうやってこの問題を解決しようとかやってた後、
呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーんっちゅーて
出てきたのが、ちちんぷいぷいで片付けちゃうと、
人の努力って、なんなのさ?と言いたくならん?
腐人だけ??

・・・とはいえ、これを血族に力説したところ。

「プッ・・・『努力』?『努力』だって?
 あんたが『努力』って・・・ププププ。
 世界一似合わん言葉よなぁ」
と冷笑された・・・(/_;)


ま、それはともかく、そーゆーところがさ、
高年齢層枠の雑誌売上高における、
集英社と白泉社の部数差にでてるような気がするんだわ。

『pen』で書いてた理由以外にね。


で、だ。

集英社で、これまで書いてないやつでー、
記憶に残ってるもん、というと、なんだろう。

何度か書いてる気がするが、まずこれか。

●有吉京子さん
『SWAN』
『SWAN ー白鳥の祈りー』
『ニジンスキー寓話』
『ヴァルナ・コレクション』


腐人にとってバレエマンガといえば、
やっぱり有吉さんなんだよなぁ。

っても、最近の『Maia まいあ—SWAN actII』
あのキャラの性格が・・・・・・で、
『SWAN −白鳥− [モスクワ編]』は読みたいと思ってんだが
まだ読んでない。

こないだ読んだ『バレエ・マンガ ~永遠なる美しさ~』
あれは萩尾望都さんのインタビューだったかに
萩尾さんは観客の立場から、
山岸さんは踊り手の立場から、
バレエを描いているってなのがあったような気がする。

そういう意味で言うと、
腐人にとって有吉さんのバレエ・マンガは
ちょうどその中間なんだよな。

舞台裏もみたいが、綺麗な上澄みだけもみたい。
バレエの解説的なところも知りたいが、
ただただキレーねぇーでもいいじゃん。

そういう腐人の下世話で浮気っぽい興味を満たしてくれる
ちょうどいい視点なんだよなー。

そんで画面処理が半端なくうつくしい・・・。


そういえば、『pen』の元編集さんの座談会で
『ぶーけ』で描いてらした作家さんは
とんでもなく絵のクオリティが高かったので、
かなりいろんなことに挑戦できた・・・
ってな感じのことが書いてあった。

確かに、『ぶーけ』で連載してたやつは、
絵の巧さはすごかった気がするが、
腐人の好みではなかったなぁ。

なんというか・・・
文学少女志向だった感じがするんだよなー。


腐人の周囲には、その手の女子が多くいたため
水樹和佳さんの『イティハーサ』
吉野朔実さんの『少年は荒野をめざす』
まわっては来たんだ。

でも、腐人にはちんぷんかんぷんで。

あと、『ぶーけ』といえばの
松苗あけみさんの『純情クレイジーフルーツ』
読むは読んだが、あわずに終わる。

『ぶーけ』じゃないが、
逢坂みえこさんの『9時から5時半まで』は、
この層では、かなり例外的におもろいじゃーんと思いながら読めたクチ。

でも、ここにUPするにはちと不足かな?


もしこの層であげるとするならば、

水星茗さんの『エチエンヌシリーズ』なのだが、
これ・・・オチを読んだ覚えがない・・・。

オチた?
オチてないままじゃね??

好きだったんですがねぇ。

ちなみに腐人は腐ってる人なので、
もちろん、麗しいお師匠さんとそのご友人と弟子も読んでます。
金金キラキラ綺麗だったなぁ・・・。
   ↑
  わかる人だけわかってください。


そういえばこの『ぶーけ』執筆者を調べてて、
ものすごく懐かしさを覚える名前をみつけた。

清原なつのさん。

腐人はどちらかというと
『りぼん』で拝見した記憶があるが、
独特のものをお持ちだったなぁ。

特に忘れられないのが、あの当時に、
靴下を履いてるのはエロか、ってなのを
やってはったんだよ。

うーん・・・あの作品はなんだったっけ・・・。

たぶん、清原さんの作品は、
今読んでも、いつ読んでも、
古さを感じない不変性があると思うんで、
今度読んでみようかなぁ。


あとは。

●森本梢子さん
「わたしがママよ」
「研修医なな子」


リアルの延長路線を描かせたら巧い
(逆を言えば、そうじゃないのはちょっと・・・)。

だからこの2作品はいいんだけどなー。

もう、お子さんたちは大きくなってると思うんだが、
気になるのは、従兄弟の3兄弟たち。

どんなになってんだろなー。


●羽海野チカさん
「ハチミツとクローバー」


腐人はあんまし群像マンガ好きじゃないんだが、
これは、おもろかった。


そういえば、
榛野なな恵さんの「Papa told me」
まだ終わってない・・・よな??
っちゅーか、これは永遠に読んでたいマンガ。


そんなとこすかねー?

なんかいわれたら、
もっとポロポロでてきそうなんだが、
とりあえず。

なんかこの辺にあげたやつ、
すっごく読み返したくなってきた・・・。
[ 2013/11/22 ] 記憶に残る完結漫画 | TB(-) | CM(-)

ダメな大人が いるでござ~る

姫は今、文字を読むことに
むちゃくちゃ興味を持っている。

なので、読みやすい絵本を探してるのだが、
先日、『じゅっぴきでござる』ってのをみつけた。

「猿」と「さる」という言葉を
だじゃれのようにかけあわせた言葉遊び部分と、
10匹いたサルが徐々に減っていく算数部分とがあわさった
なかなかおもしろい本だった。

姫の遊び場であるリビングにおいてたら、
腐人の読みどおり、姫はそれにくいついてきた。

「読んでー」と持ってきたので、
最初は普通に読むつもりだったのだが、
つい、むくむくと遊び心がでてしまい。

♪おはなしを きいてくださ~る?

とか、

♪じゅっぴきでござ~る
 じゅっぴきでござ~る
 サルがじゅっぴき いるでござ~る

とかやっちまったのだ。


ってのも、腐人は大好きだったんだよぅ!

 ♪ばざ~るでござ~る

のCMが!!

そしたら、それを姫が覚えてしまいまして。

ははははは・・・(^_^;)
幼児の記憶は侮れん・・・。

ああ、ママの視線が痛い・・・(>_<)



王子は王子で、やっぱ5歳の男の子っちゅーと
ウ●コとか、シ●コとか、オ●ラとかが
好きなんですよね。

で、寝てるママの顔のうえで
プーッとやったとかゆー話をするので、
これまたつい・・・

「王子、王子。
 『にぎりっぺ』って知ってる?」

と。

したら、王子のみならず、
姫までも食いつきぷりが半端ないので、
ついつい丁寧に、
こうやって、こうしてと説明しちまった(-_-;)。


ああ、そう遠くない日に

「もう、腐人とは遊んじゃいけませーん

と言われそうな気がする・・・。

ってか、腐人。
あんた精神年齢いくつだよ・・・。

[ 2013/11/21 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

ヤバすぎる芋・・・

最近、浅草に立ち寄り先ができた血族が
大学芋を買ってくる。

これが・・・・・・たまらなく旨いのだ!!

腐人は知らなかったんですが、
大学いもの専門店としてすごく有名なお店なんだそうで、
浅草の「千葉屋」さんという。


この字だらけブログにしては珍しく
あまりの旨さに写真をとったのであげてみよう。

大学芋

こちらは、大学いも。

1個の厚みはかなりあります。
2~3センチくらい?

腐人は、他の大学いも専門店の大学いもも
食べたことがありますが、
往々にして、蜜が甘すぎる。

そして、外側は絡まった蜜でべとべとなんだが
(で、その蜜の味ばかりする)、
芋の内側は、ただの普通の火の通った芋なんだよね。

だから、1つ2つで口がぼそぼそするし、飽きてくる。


でも、ここのは違うのだ。

どう違うかっちゅーと、
どうも先に、芋に味をいれてるみたいなんだな。

だから、かなりしっとりしていて、
食べてて口の水分が奪われるようなボソボソ感がない。

・・・ので、
食が進むんだ、これが!!
そしてデブに進化するんだ、腐人が!!

あ・・・中割った写真をとっときゃよかった。
全部食っちゃったぜ・・・(~_~;)


でもって、この蜜がやばい。

通常の大学いもの蜜って、ゆーなりゃ水あめじゃん。
だから、くどくて、甘くて、食べてるとしんどくなる。

それが、ここの蜜は、全体的にサラリとしていて、
何より甘すぎないんだよ。

腐人は、たぶん、白だしを入れてると思うが違うかなぁ。

総料理長は、化学調味料が入ってる気がする・・・
と言い、
血族は、みりんとしょうゆの味がする・・・
と言ってました。

そこらの真偽はわかりませんが、
要するに、甘いだけじゃなく、ちょっと塩気があるんですね。

なので。

食が進むんだ、これが!!
そして横に成長するんだ、腐人が!!

ううううう・・・(/_;)


この「千葉屋」さん、
売ってる商品は、この大学いもの他に、
ふかし芋と、切揚ってのがある。

ふかし芋は、腐人家は、カンタくんLOVEなので、
血族も買ってこないが、
この切揚はいつもセットで買ってくる。

こやつもまた、罪なヤツでのぉ・・・。


もう、腐人デブ化の罪に問うてやりたいぞ!君ら2人(?)!!


っちゅー切揚はこちら
    ↓

チップタイプ

大学いもはね、かなりボリュームがあるんですよ。

だから、いくつでも食べれるぐらい美味しいんだけど、
口じゃなくて腹がくちくなっちゃって、
ある程度までいくと、自然と箸がとまる。

しかぁし!!
この切揚は、まさに、かっ●えびせん・・・。

♪やめられない、とまらない~
なのよ!!

できたてとか、その後しばらくは、
パリンパリンした食感が味わえるのだが、
それより置くと、
ふにょんになるんだが、噛み応えがある
それはそれでなんともたまらん食感になる。


あかん・・・あかんあかんあっかーん!!

ブドウを食べてるときに無我の境地に陥るんだが、
この切揚も、そないなんのよー!!!

なんつーの?
音で表現したら、こんな感じ。

ぽりぽりポリポリぽりぽりポリポリぽりぽり・・・


いかんがな!
やばいがな!!
どないしてくれんねんな!!!

うわーん、旨すぎるーっ!!!


腐人家では、こういう美味しいものをみつけたときは、
姫や王子ん家におすそわけをする。

なので、いつものように
総料理長がタッパーにひょいひょい入れだしたのだが。

「えええ!ちょっと!
 そんなにもっていかんといてーっ!!」

つい心の声が、口から出ました。


ああ、血族は、次、いつ浅草いくんかのぅ。
もぉないんやけどのぅ。
待ち遠しいのぅ。
[ 2013/11/20 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

♪あなたな~らどぉする~?

先日、スマホを拾った。

未だにガラケー、
それも目覚ましにしか使っておらず、
知り合いん家に忘れて1週間ほどケータイなし生活を送っても、
全く問題がなかったよーな腐人にゃー、
みただけでは、機種なんぞ、さっぱりわからん。

でも、かなりガチャガチャと
デコレーションしてあったんで
恐らく、スマホがないと
呼吸困難に陥るタイプの方だろうと思われた。


落としてからかなり時間が経過してるのか、
周囲を見回しても、それらしき若者がいない。

・・・ん?今気づいたが、
自分基準でスマホを持つのは若者・・・と考えちゃったが、
若者じゃなかったのかなぁ??

ま、実際んとこどーなのかは知りませんが、
落し物に気づいて、必死に探してるの、ワタシ!!
ってな感じの人は、
そん時、おらんかったんですよ。

しゃーないので、ハコ番に持ってくことにしたんですわ。


ところで。
皆さんはどんくらいの頻度で、落し物拾います?

腐人は年に数回ぐらい拾います。
鍵やサイフ、カバンなどを。
むきだし現金ってときもあったな。

そんで、その都度届けるのだが、
そのたびに思うのだ、
なんで善意の届出人が、
こんなに面倒な書類を書かされんといかんのだろうかと。

それも個人情報も思いっきり書かされまくるし。

なんかこっちが悪いことしとるかのようではないか?


そらまぁ、善意の第三者のふりして、
盗んだ財布を届ける悪い人がおらんわけじゃないってのは
腐人もよぉっくしっている。

知ってるからこそ、ぶーぶー文句たれながらも
ちゃんと手続き踏んでるだが、
でもなーなーんか納得しがたいもんを感じるんだよねぇ。

と、眉間にシワを寄せながら、
狭いハコ番の中で制服君と向き合って、
お互いに書類を書き書きしとったらですな、
ケータイがなり始めたんですわ。

恐らく、落とし主がようやく落としたことに気づき、
友達に借りてか、電話してきたんちゃうかなぁ・・・
と思われるものの、真偽の程は定かではない。


ってことで、腐人は無視して、書類書きをしとったんですが、
若い制服君が、困り顔をして、
「ご本人ですかねぇ。どうしましょう」
と訊いてきた。

しらんがな!!!

ってか、そういうときにどうするかマニュアルはないの??

そもそも、こっちは、
そういう面倒事にまきこまれんのが嫌やから、
ハコ番くんだりまで、えっちらおっちらやってきて、
面倒くさい書類書きをしとるんじゃないか!

そっちで対処してくれよ!

※拾わんかったらええんでは?
 というご意見もあるかもしれませんが、
 昔、自分が大事なもんを落としたことがありまして。
 そんときに、誰かが拾って届けてくれて
 すげぇ助かったことがあるので、
 見ないふりはできんのですよ・・・。


ま、そゆことで、書くものだけ書いたら、
じゃ、あとヨロシクーとトンズラした腐人ですが、
後日、この話を周囲にしたときに、

  ケータイを落とした
   ↓
  自分の番号にかけてみたら、
  見知らぬ人がでた
   ↓
  さて、どうする?

ってな話になった。


見知らぬ人と直接手渡しは嫌!
ってのがほとんどで、
手間かけて申し訳ないけど、
最寄の警察か交番に届けてください、じゃね?
となったのだが。

一般的なところもそうなんだろうか。

でも、拾った相手が
腐人のようなキヨラカな心を持つ善人(ゆってて恥ずかしくねぇか?)
ではなかった場合、
素直に届けてくれるとも思えないんだよねぇ。

それにカードのように、使用停止をするにしても、
その中にあるデータは見れちゃうわけで。

ケータイ落とすのは、
サイフ落とすのよりも怖いかもしれない。

あのスマホ、
無事に持ち主さんとこに返ってるといいなぁ・・・。
[ 2013/11/19 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ミレてナ~イ から読書録

見れてないって、何が?は、
フィギュアGPシリーズ・フランス大会・男女フリーである。

ニュースで、ちょこっと映像はみたんだが、
やっぱ全部の演技みないと、ジャンプだけじゃわからない。

ってか、昨日、あんだけ焦って、
ああ!始まるわ!!
とやってたんやから、
見たんちゃうん?と思われてそうなんですが、
実は・・・違ったんです・・・。

そう・・・
腐人はフリーをみてるつもりだったが、
放映してたのがSPだったという、
アホもええ加減にせぇ!なオチだったりする。

あうあうあうあう!!

途中、ミハル・ブレジナくんのあたりで、
「ん?これ見たぞ?」

あれは音楽が特徴的だから、わかったんだが、
思えばSPとフリーでは時間も構成も全然ちゃうんだが・・・
どんだけアホやねん、腐人!

ガーン・・・となりながらテレビ番組表をみると、
フリーの放送は夜中だという。

いやーっー・・・(>o<)
日曜の夜から1週間は、別んとこいくから、
BS放送のオンタイムも、録画したんも見られへんのじゃー!!
うおーん・・・(;O;)

ってなことで、
こんどこそ!は間違えずに録画してあるはずなのだが、
実際に、それが見られるのは、今度の土日・・・(/_;)

うわーん!
コーチとプーが、6分間練習のときに
リンクサイドから練習姿を見守るツーショットがみたかったのに!!
    ↑
   そこかい。


いや、でもSPんときのカメラワークをみてると、
カメラマンも、そこ意識したツーショット撮ってるんですよ。
ホントに。

だから、やっぱりその二人(?)に萌えてるのは、
腐人だけじゃないと思う。

ま、そんな不純な視線はおいといたとしても、
やっぱ、男子フリーがみたいー。


女子はなぁ・・・
なんとなく、ソチはこの辺の戦いになるのかなー
ってのがみえてきた気がする。

が、ロシア勢の隆盛が半端ないので、
ロシア大会が、本当に待ち遠しい。

ソチは、ここらが波乱を引き起こすんだろなー。



では、この辺で、本日の本題にまいりましょう。


まず、放置物件から。

(1094)マンガ 『奈落何処絵巻』 中村明日美子
  あら。
  元のなんかがあるんですね。

  腐人はこれっきゃ読んでないが、
  十分、おもろぅございました。
  まさに、すごろくみたく。

  個人的には、星の息子たちがツボ。
  いったい、何人(?)生んでたんや・・・っちゅー。  

  ってか、中村さんの守備範囲ってホント広いよなぁ。
  コメディからエロからスリラーまで。
  
  でもって、どこにいっても、
  高品質なものをたたき出してるのが恐ろしい。

(1095,1096)マンガ 『リボンの騎士 1、2』 手塚治虫
  かなり衝撃でした。

  腐人はアニメではみた覚えがあるんだが、
  マンガは初読。

  こないだ『pen』の「少女マンガ超入門」にあったんで
  すごく興味をひかれて手を出した。

  まさに時代を映す鏡というか、
  女性の王位継承から、婦人参政権までいっちゃうあたり
  すげー・・・の一言。

  ただ、あまりの内容のてんこ盛りっぷりと、
  ???なキャラがいっぱいでてきて、
  読後、大筋を理解するのに、しばらく時間を要した。

  マンガ読みを自認する腐人ですらこれなんだから、
  今の子は、これ、読めないんじゃなかろうか・・・。


  とりあげたいことは、いろいろあるが、
  腐人的に、一番ひっかかったのは、
  サファイアが持っていた男の心の処理である。

  正直、アニメはぼんやりしか覚えてないんだが、
  こんな展開はしなかった気がするんだよなぁ・・・。

  マンガでは、チンクのいたずらで、
  生まれる前に男の心と、女の心をもってしまったサファイアから、
  いろいろあれこれあって、男の心が抜かれ、
  それがジュラルミン大公の息子・プラスチックが飲み込むことで、
  プラスチックが急に名君になるっちゅー展開になる。

  でもって、譲位やら女性の王位継承やらが
  どんどんするする決まるのだが。

  えええええ!?
  ちょっとまってよ!
  
  と思うのは、腐人だけだろうか。  

  や、だってさ、それまでのプラスチックは、
  知的障害というのか、精神遅滞というのか、
  そういう状態としてかかれてたのが、
  サファイアの男の心を飲み込んだら、
  一気に頭脳明晰な名君に・・・って、どゆことよ、それ。

  じゃ、なにか?
  プラスチックは、男の心が弱かったからそうだったとでも??

  なんだろう・・・そら、巻末に注が入ってるように、
  こういう部分は時代の考え方が写しだされるから、
  差別意識がどうこうと読むな、ってのは、
  腐人もわかってる。

  でも、なーんかひっかかるんだよなぁ・・・。

  だって、そしたら
  プラスチックが生まれ持ってた「心」はどこに?
  って思うじゃん。

  うーん・・・この辺、誰もなんとも思わないんだろうか。

 
  そして。
  個人的には、フランツ・チャーミング王子より、
  絶対ウーロン侯やろ!!なんだが。

  ってか、こんな顔だけ男のどこがええ?
  こんだけみてながら、亜麻色とサファイアが繋がらへんし。
  脳みそ筋肉の短絡男やん、フランツってば。

  それこそサファイアのために命かけた
  ブラッド兄ちゃんのがよほどかっちょええぞ?

  サファイア・・・あんた見る目ないのぅ。

  先入観があるせいかもしれないが、
  アニメのが出来がいい気がする。

  姫にみせたいなぁ・・・。
  
(1097)マンガ 『となりの怪物くん 12』 ろびこ
  うーん?
  腐人の読み方が雑なのか、
  なんか、たったかたったったーと終わったな。

  ヤマケンのがお買い得じゃねぇの?
  とかのちっさいことはあるんだが、
  正直、「で?」である。

  腐人には、いったい何が言いたかったマンガなのか、
  さっぱりわからんまま、終わったマンガだなぁ。

(1098)マンガ 『ヒストリエ 8』 岩明均
  うひぃ!
  己の脳劣化のせいで、ついてけなくなりつつある・・・。
  
  オチたら、一気読みで再読しよう。
  そのんが、新しい発見がありそうだ。
  
  ま、そういう俯瞰視点は、後日にゆずることにして、
  この単巻を近視眼的にみると、
  まず、騎兵の優位性が、ここから始まってるってこと。

  それは最終的にダイナマイトができ、
  それが新兵器として出現して、戦い方がコロッと一変する
  第一次世界大戦まで続く。

  なーるほーどなぁ・・・。
  それこそ、その変動を
  今、『軍靴のバルツァー』が描いてるが
  ここまで長きにわたって
  「騎兵は無敵」っちゅーことが「常識」になってっと、
  そら、意識改革は大変だろう。


  それから、いつの世でも、戦いにおいては
  情報がいかに大事であるか。

  重要といえば、兵站もなんだが、
  そこらはかかれてないなぁ。
  どーしたんだろ?

  でも、軍における勝手な行動は、
  軍法会議もんだと思う・・・。

  つい、それで死人が減るならば、って思うけど、
  殺人集団である、軍だからこそ、
  規律や指揮系統は、守らなきゃいかんのだよね・・・。

  確実に、9巻がでるまで覚えてなさそうだが、
  早く9巻が読めますように。


●17日
(1099,1100)マンガ 『大東京トイボックス 10』『〃 SP』 うめ
  マンガは終わっても、やるこた同じ、で
  ゲーム業界では同じよーな日々が続いてるんだろな
  と思いたいが!

  業界そのものが大変なんだよねぇ・・・。
  一人勝ちと思われてたネトゲにも暗雲たれこめてるし。

  ああ、そういえば、コンテンツ論、
  途中でほっぽらかしたままだが、
  どういう展開してたんだか、本人すっぱり忘れてます。

  再読してから論の締めをしてーどっかでーまとめてー
  とかいろいろ思ってるんだが、全然実行にうつせてない。

  でもなーそろそろなー
  『腐人日記-腹を割いたら黒かった』
  閉じたい。

  ああ、いかん!
  話が己のどーでもいい方にいっちまった。

  10巻の話をしよう。

  腐人自身は、
  ゲームやマンガ、小説などに力がないとは思わない。

  腐人なんか、本を読むことで、
  現実逃避とストレス解消してるもん。
  それを「無力」という?
 
  まーその「力」を、どう捉えるかは
  それぞれ違いがあろうかとは思うが。

  それに、その「力」というか「影響」を
  どう処理するかも、人それぞれで。

  なので、どんだけ規制したって、犯罪するやつはするし。
  どんだけ無法地帯になっても、犯罪せんやつはせん。
  ゼロになることはない。

  それが、その多様性こそが、「ニンゲン」ってもんで。

  だからその辺は、腐人としては、あんましなぁ・・・。
  んなことゆったって、結論でんだろ、なんだよ。

  むしろ、それよりも、
  「加害者の親はどうあるべきか」
  のが、腐人は気になるがな。

  っちゅーか、腐人は、これを思うと、
  「そんな責任とりきれんこと
   (犯罪者になるかもしれん人間をこの世に生み出すこと)
   よーせんわ」

  となるんだ。

  子供をポコポコ作っちゃ生んでる人は、
  そういうことを考えないんだろうか?

  それとも考えた上で、
  仮にそうなっても自分は責任がとれると思うんだろうか?
  
  でも、子供が殺した相手に責任をとるって、どーゆーこと?
  
  腐人には、その贖罪方法がわからない。

  なのでね、この10巻で、腐人が一番わかんなかったのが、
  それでも「子供をつくれ」と他人に言うアデさんの思考だ。

  アデさんは、自分の子供が殺した相手に、
  どう謝ったんだろう。
  どう贖罪したんだろう。
  
  自分が殺人鬼を生み出し、育てたのに。

  その自分が他人に「子供をつくれ」といって出来た子が、
  もっと凶悪な犯罪者になるかもしれないのに。

  なんで、そんなことが言えるんだろう。
  腐人にはわからん心理だわ。


  ちなみにこれ、加害者側だけじゃないからね。

  被害者側になるリスクも、
  そこで重篤な後遺障害が残ったら?ってのも含めての話なんで。

  マンガのセリフ、物語の流れとしては、アリだと思うが
  腐人としては、まったくもって納得いかんわー。

  ま、これは子供をポコポコつくれる側にいる方が描いてるので
  恐らく腐人とは永遠に平行線な議論。

  
  話を一般読者視点に戻しますが。

  まぁ、お話としては、一件落着なあと、
  腹さされるって、『振り返れば奴がいる』か!
  と突っ込んだのは腐人だけだろうか。

  ま、あのドラマは超おもろかったですが。

  で、ちゃんとその後まで描いてくれて・・・
  ちっ、同人遊びの楽しみを奪うなよ!!
  妄想の余地、残しといてくれんと!

  腐人は読むだけですけども。

  
  その流れでSPに行きますが、
  この系だと、腐人としてはどーしても腐ったとこがひっかかる。
  一般男女はどーでもええのよ。

  七海とアベマリの会話を読むにつけ、
  1つ腑に落ちないのは、
  なんで仙水いれへんねん!だ。

  七海のカレシ(なのか?セフレ?)だから?

  ゆっちゃーなんだが、
  ここに出てくる中で一番BLくさいんは
  仙×太だろうよ。

  仙の下半身は、ニョタイ100%かもしれんが、
  頭は、太陽100%だろう。
  
  っつかこいつら、リアルでブロマンスじゃん。
  あーくっせー!ぷんぷん匂うぜ。
  なんでスルーなんだかなぁ・・・。

  あ、そうか。
  マジラブだから、やってらんねーのか。
  ナマモノ相手は面倒だなぁ。


  七海の、BLの受は女性の代替じゃないっての
  わからんでもないが、
  1/2~1/3にそれが残ってるのは事実だね。

  なんでだったら、それが入り口としては入りやすいから。

  腐人はもう、この辺は、
  読むのは無理っす、勘弁してください・・・(-_-;)で、
  パスしてるが、(だって、テンプレばっかで、中身ないんだもん)
  初心者が一番受け入れやすいし、
  新人作家が書きやすいから、
  商業的必要部分として、一定数は残ると思う。

  でも、ここからもう傑作はでないと思うけどねー。

  
  それと、この「受=女性投影」の
  本当にディープなとこ(耽美)にいくと、
  フェミニズムが絡んでくるぞ?

  そこは、ちょっと
  腐人も軽々に足を踏み入れたくないとこだ。


  でも、アベマリがゆってた、
  華麗臭が本当にすきなのか?
  違うんだ感を持ちたいがゆえにゆってるだけじゃないのか?
  も、わからんでもない。

  ・・・あ、なんか。
  それこそこの、「個人個人違う」とか「多様性」って、
  オタクにとってみりゃ、今更なにゆーてんねんじゃね?

  私はこれが好き。だから何?
  
  それが言えなきゃオタクじゃなかろう。
   
  だから。
  むしろ、それがわかってないのは、マジョリティなんだよ。
  
  だから。
  法で縛ったり、囲ったり、ルールきめて、
  はみだしたものを排除しようとするの。

  なーるほーどねぇ。

  でもま、七海の好みは、
  かなりホンモノ寄りじゃないかなぁ?


  ところで。
  これよんで、腐人、自分の属性を考えてみた。

  美少年・・・っていくつのこと?
  4歳?5歳?

  腐人、10代20代30代ってキライなんだよねぇ。
  思春期とかバカ者じゃなくて若者といわれてるあたり、
  ゴミって捨てたいぐらいキライ。
  受けとか攻めとかなく、愛でる対象としてチビ万歳だ。

  熊は熊でも、プータイプのポテンとしたプクプク熊はOKだが、
  モジャとかマッチョは×。
  毛を沿って、解体してまえと思っている。

  中高年は、枯れてたらOK、哀愁漂う背中とかベリグー
  ギラギラはきっらーい!
  熱湯風呂で、3日ぐらい
  ぐつぐつ煮込んで脂ぬきしてもらってから来い、だ。
  
  そんな腐人だが、
  ヒゲ熊ベテラン医師と、若いボランティア青年なら、
  リバっちゃえ!と思う。

  以上、七海とアベマリの会話に対する腐人の意見でした。

  
  アベマリといえば、ほーらほらほら、
  あなたの将来の旦那とマサ、イケるっしょー?
  腐人はG3内でカプつくるなら、これだと思うのよー♪
  むふふふふ。

  
  そういえば、エゴサーチして、disられたツイートみつけて
  これは売れる・・・ってエピソード。

  ホント、クリエーターって業病っちゅーか、
  心が強くないとやってらんない職業だよなぁ。

  腐人自身は、disってるつもりないですが、
  たまに厳しいことゆってっかもしれない。

  でも、それは読んでも、
  何も情動を覚えなかったものより
  いいと思ってる評価なんですけどね。

  プラスでもマイナスでも、
  何かを感じさせられたら、
  人の心にさざ波でもたてられたら、
  ものすごいことだと思うんだが。
   

  これで終わってしまうのが、惜しいぐらい
  おもろいマンガだったが、
  きれいに終わっているので、ダラダラやるよか、
  次、またおもしろい新作読ませてもらうほうがいいなぁ。

  期待して楽しみにまってまーす♪
  
[ 2013/11/18 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

録画失敗・・・(ToT)

起きて、
さー録画してたGPシリーズ・フランス大会
フリーをみるか!
とポチッとやったら、録れてなかった…orz

おー!!のー!!!

ってことで、これから始まるBSバージョンを見ることに。

「え?今からテレビ番?
 なら、ギンナンむいといてー」

と、かぐわしき銀杏の大袋とペンチを渡される。

…ええ、いいっすよ。
昨日のSPは、鶏肉のしごうしながらでしたしね…。

※鶏肉のしごうとは、皮と脂の除去のこと。
 とらないとまずくて臭いんで、
 腐人家では徹底除去されるんだが、これが面倒なのよ(-_-;)
 腐人家で鶏肉料理が少ない理由の1つ。


そういえばこの鳥の脂とりやりながら思ったんだが、
出刃包丁使うんだが、胸肉1枚ぐらいで、もうダメ。

一度洗って、脂肪の膜をとらなきゃ鈍くて鈍くて。
脂って刃物の切れをものすごく悪くするのねぇ。

包丁で殺人とか、刀で人を斬るとか、
あれ、そんな数できないと思うんだよねぇ。
だって、こんだけすぐ膜できちゃうんだもん…
だからやっぱ数やりたいときは、刃物より…
と、ろくでもないことを考えてたのは秘密だ。


話をぶっそうな方からスケートに戻しますが、
GPシリーズみてて、つくづく思うのは、
日本って、スケートファンが多いなぁってこと。

だって、日本以外の国、客席ガラ隙きなんだもん。

でもって、日本の場合は、観戦といっても、
国を問わず、選手がいい演技ができるように
もりあげようとする客が多い。

NHK杯みてたら、参加国すべての国旗もって観戦してんの!?
っちゅーぐらい、どの国の選手がでても
拍手喝采、旗ふって応援と、なんか会場全部が一体になって
すばらしい演技ができるように舞台をつくってる感じがしたんだよねー。

他の大会だと、自国選手と、そうじゃないのと、
拍手量が、明らかに違うんだけど…。

なので、恐らく、選手も日本で滑るのは
すべりやすいんじゃないのかなぁ?
ノリやすいというか。

一度、どう思ってるか
他国の選手にきいてみたいとこである。


で、フランス大会ですが。
女子は、うーん……。

フランスの黒人選手(名前わすれた…)は、
いつも思うが、
つなぎのところの末端(手とか指先)の雑さが気になる。

ダメよ!そういうとこまで気遣わないと!

リズム感もいいし、キレもあるし、
身体能力も高いんで、
動きがあるとこはいいの。

でもそうじゃないときに、そこを気遣わないと。
じゃないと、全体の印象が「雑」になる。


男子は、見ごたえありましたなぁ。

特に、羽生結弦くんとパトリック・チャンくんのは、
プライドのぶつかりあいで。

でもま、ホント、このレベルまでいくと、
他人とじゃなく、自分との戦いなんだよね。

だって、技術的にできることできないことがもう明確だし
(成功率じゃなくて、
 たとえば真央ちゃん以外の女子は
 だれも3アクセル飛べないとかそゆこと)
あとは、この瞬間の4分半に、
どれだけ完璧に近いパフォーマンスを、自分ができるか、
どれだけ自分の能力の限界値に近いとこまで出し切れるか、
言ってしまえば、それだけの話。

タンマ!もっかい!とか
さっきのナシ!が通る世界じゃないもん。

そうなってくると、他人とがどうとかじゃなく、
自分がどんだけその瞬間にできるかだもん。


なので、今回の二人は、心底自分の世界に没頭してて、
見てるこっちが引っ張り込まれた。

結果はしってるが、どんな演技をしてくれたのか
見るの、すっげー楽しみ。

さ、ブログはこの辺で終わりにして、見るぞ!!


と思ったが、今回これは書かねば!

羽生くんのお迎えをした
ブライアン・オーサーコーチの小脇に!!

プーがいなーい!!!
なんでー!!!
うわーん

あの姿を見るのが、腐人の楽しみなのに…(ToT)

それにしても、プレゼントの山にいる
プーの多いこと多いこと…。
でも羽生くんのおひざに乗れるのは、
あの子だけなのねぇ。


あ、そうだ、もう1つ。

こないだのNHK杯のアイスダンスのフリーを録画でみたが
優勝したカップルのシェヘラザード、
宮原知子ちゃんには、
この女性の表情をぜひ見てほしい。

大概の選手は、確かに入りと終わりの決め部分とか、
ステップのとことか、
表情の見せ場では、ガッツリ表情つくってるんだが
(宮原ちゃんは、今、ここも不足しちょるよ)
このアイスダンスの優勝カプの女性は、
そうじゃない全部において、表情ができてんの。

まさに演じきってる。

あの踏ん張りリフト状態で、
あの表情ができるのは、正直恐ろしいが、
だからこそ、とんでもないプログラムになってる。

ぜひご参考にしてほしいな。

いかん、このままずらずらやっちまいそうだ。

今日はこの辺でー。
[ 2013/11/17 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

元気なんですが疲れてます。。。

ほぼ日刊になってるブログなので、
休みがあると、体調不良か!?と
思われそうですが、
そんなことはござーません。

昨日はただ単に、読んだ本が「…」で
書く気が起こらんかっただけで。

今日は……
朝から姫と王子の接待準備にかけずりまくり、
昼過ぎに帰って、ジュースを1杯飲んだとこに
「きたよー!」「きたよー!」

……そして8時ごろ、
ようやくお帰りくださいました…。

晩飯食べたはずなのに、
どこに入ったんだかわからねぇ…。

といって、ついスイーツに走る。

あああああっ!!


ま、そゆことなんで、
これから録画していた
GPシリーズのフィギュアを見ねばなりませぬ。

よって、本日は、あとカウントと簡単コメントで終了。

●14日
(1089、1090)マンガ 『わがツン -わが家の長男ツンデレ社長- 1、2』 住吉文子
  長男だから兄弟もの=チビがいるはず!
  と思ったのだが…(-_-;)

  すいません、ハートフル・家族愛ストーリーと
  勘違いした腐人が間違っていました…。

●15日
(1091)マンガ 『ひるなかの流星 7』 やまもり三香
  おお!やっぱり嫌われていたか!25歳!!

  腐人もダメ大人だと思うー。
  って、腐人にゃー言われたないよな。

  さ!ここがつけ込みどころだぞ!17歳!(16?)
  ガンバレー!

  でも腐人はやっぱり馬村父がイチオシー!!
  
(1092)マンガ 『これは恋のはなし 9』 チカ
  いっきに飛んでどびっくり。

  ま、飛んでくんなきゃ真ちゃんきついよねぇ。
  その間、右手だけだったのか、
  ちときいてみたい。

  ところで、ガッキーの子供はどっちなんだろ。

(1093)マンガ 『S-最後の警官- 11』 小森陽一、藤堂裕
  あっらーカッシー大丈夫?

  にしても
  服の下に何かしらいれときゃいいのに。
  ミートとかラードとかラードとか。
  腐人のやるよ?

  個人的には、ゆってることに理があろうとも
  その主張するのに、
  こーゆー手法をとるってのがやだなぁ。

  それと、こーゆーデモをしたからって
  じゃぁ、国民がホントに考えて行動したかって、
  腐人は違うと思うんだ。

  自分の考えの上での行動じゃないでしょ、これ。

  扇動されて、その瞬間の情動だけでの行動って、
  腐人はヤバい感じがするがなぁ…。
  それこそ「革命」ってそーでしょ?
  戦争が起こる前だって、そうじゃん。

  で、アドレナリンがどばどばなって、
  人殺しまくって、あれ?みたいな。

  そういう行動、腐人は嫌いだ。

  なのでまぁ、いっちゃんがんばれー!
  
  …にしてもポテチってそーゆー食いモノだったのか…。
  潜らない腐人が、食ったらブタになってるの、
  当たり前だわね…(;一_一)

  もっとはよゆーてくれー!!
[ 2013/11/16 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

おうどんを食べに

行きました。

ら、衝撃の出来事があったので、その話。


腐人は、超のつく麺食いなので、
糖質制限やって、米やパンはいくらでも我慢できるんだが、
麺だけは無理・・・。
そして果物も無理・・・。

ひーちゃん、あなたの気持ち、すっごくわかるわ!!!

あ、ひーちゃんついでにちょっと大きく余談。

最近、つい寝物語に、
桐嶋リッカさんの『Kids』
ひーちゃんとこを読み返しては、ニタニタするっちゅー、
好みのチビ話に出会うとやってしまうパターンになっとるのだが、
腐人の妄想の中に、中目黒の仮の子がでてくるようになりました。

えっとねぇー、にーにとひーちゃんが、
『赤僕』でいう、拓也とミノなわけ。
なので、
中目黒には、ぜひ、藤井一家ぐらい頑張ってほしいんだよねぇ。

まー6人は無理でも、下3人ぐらいどうでしょう。
個人的には友也兄もいれたいが、
アレいれるとなると上に姉ちゃんがほしい。

いかん、どこまでも妄想が広がるので、
話をチビに戻そう。

ひーちゃんとにーにのお膝を争う仮・一加。
最終的に、にーにとくっついたらどーなるんだか、わっはっは。
いい縁戚関係じゃないか、ケケケケケ
誰が一番嫌がるんだろうなぁ・・・。

ま、それはさておき、
仮・一加の下にはもちろん
仮・マー坊がおるわけで。

仮・マー坊には!
ぜひとも下克上を狙っていただきたい。
腐人は、イ●ラちゃん×タ●ちゃん押しなんで、
まぁグロリア保育園の最中にでも、
初チューは奪っとこうや、うんうん。

ピピピピピーッ!
そこ暴走しすぎ!とまりなさーい!!

あかん・・・
こんなかわええチビネタ振られたら、
妄想とまらんがな・・・。

桐嶋さーん!チビ本ぷリーず、です!!!切実に!


おい、うどんの話はどこいきよったんや、腐人・・・。

あいすみません。
いや、なんちゅーか、大した話じゃぁないんすよ。


腐人は麺食いで、特にうどん好きなので、
己のテリトリー内に新しいうどん屋ができると
必ずマーキングに行くんですわ。

で、先日、その新しいうどん屋にいって、
頼んだんですな、冷たいぶっかけ大盛でって。

うどんと出汁の味みるのに、
一番なんがこれなんですよ。

あったかいんにしたら、
うどんの味とか、コシの具合がわからんし。
ざるにすると、出汁の味がわからんし。

で、セルフ方式やったんで、
うどんがでてくるんを待っとりましたんですわ。


したら、おばちゃん、
おもむろにしゃがんで冷凍庫から冷凍うどんをとりだしましてな、
お湯ん中にぼとん、といれたんですよ・・・。

お、おばちゃん・・・
それって、腐人が家でよぉ食うてる
テーブル●ークとかのんちゃうん・・・?

問いただすこともできぬまま、
湯がいてほぐされたうどんに
じゃばーっとボトルから出汁をかけられ
はいよっ!と出された。

・・・なんだろう・・・
舞台裏をみてしまったせいか、
うちで食べる、「冷凍うどん+メーカー既成出汁ぶっかけ」と
同じ味がする気がする・・・(;O;)


そらさー。
ゆでうどんよか、冷凍うどんのがうまいから、
ええっちゃええんやけど・・・
立ち食いそば屋で、
うどんの死体以外のなにもんでもない
ゆでうどん食べるとき以上に、
もやもやとした納得のいかなさを感じてしまった・・・。

もう二度とここには来るまい・・・(-_-;)。

[ 2013/11/14 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

20へぇ

最近ネットで読んで、
へぇと思ったもん、あれこれご紹介。


「求む執事:年収は2000万円 」
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304218104579188714083947306.html


たぶん、しばらくすると記事が読めなくなりますんで、
概略書くと、英国の大邸宅を舞台にしたテレビドラマが人気なんだそうで、
その影響で、執事がほしー!っちゅー人が増えてるんですと。

※テレビドラマのタイトルは、「ダウントン・アビー」

でも現実問題、優秀な家事スタッフだと6~900万、
女性専任メイドで750万、
執事だと8~2000万なんだそうで。

そのスタッフサービス業をやっとる人いわく、
280㎡に一人雇いましょうってよ。

ふっ・・・その平米数きいて鼻でわらっちゃったよ・・・。
腐人にはルンバでいい・・・。

※うちのルンバは、相変わらず故障中。
 修理もってったらんといかんのですが・・・(;一_一)
 にゃんちゃんみたいに
 自力で塩んとこ修理にいってくれんかなぁ・・・。


それにしても、執事に2000万払う人って、
いったいいくら稼いでいるのだか。

それで思い出したのが、
むちゃくちゃ有名な映画監督ん家で家政婦してる人の本。

ドアノブをピカピカに磨きたてるためだけに
一人雇ってるんだそうで。

・・・金もありすぎると、使い道に困るのかしら?

それはともかく、知り合いの金持ちをみてると、
金がありゃ幸せってわけでもねぇなぁと思う。

足るを知ってりゃ、身の丈のほどほどで十分幸せになれるが、
足るを知らないと、どんだけ持ってても満たされん。


●「自分で新興宗教を作って教祖になってひと儲けしたいのですが」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1428548384


回答がすげぇ・・・。

そうまでしても、何かにすがりたいと思う人の存在が、
腐人にゃー理解できんから恐ろしい。

が、素朴に疑問。

ここまでなってくると、
新興宗教ではなく詐欺なんではないのか??



●「やまなしワインタクシー」の運行
http://www.yomiuri.co.jp/otona/tamatebako/05/yamanashi/20131112-OYT8T00336.htm?from=os4


日本ワインのメッカ、勝沼の
ワイナリーめぐりをしてくれるタクシーだそうで
ワイナリーめぐりはしたい!
でも、飲んだら乗るなだよな・・・
って方にはぴったりかもなぁ。

腐人も大いに心当たりがあるが。

ただ、気になるのが、
それぞれのワイナリー滞在時間の自由度と
コースが1種類しかないこと。

それこそ勝沼の全ワイナリー巡回マイクロバス
(乗車1回につき一人100円)みたいの、
ぐるぐる回したらいいのに。

したら、長くいたいとこには長く滞在し、
短くていいとこはとっとと次にいける。

でもって、1日券みたいのも作ってさ、
(ネーミングとしては、
 江ノ電の「のりおりくん」が腐人は好きだ)
ワインができるシーズン
(ってのはあるのか??)の土日祝だけでも走らせたら
繁盛しそうな気がするがなぁ・・・。

なんか・・・帯に短し襷に長しな気がするのは気のせいかね?



●発言小町から

なんか読売新聞が続くが、
別になんの関係もごじゃりません。

ただ、発言小町は現実逃避するのに愛読しとるだけである。

最近のトピの中に、古いトピのオススメ紹介があり、
その中でも、これは・・・と思ったものをご紹介。


★「人事よ、何故やつらを採用した。」
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0808/432998.htm


いやー・・・腐人は一人で仕事をしとるんで、
こんな直接被害はないんだが、
そんでも、仕事絡みで、最近の若いのと会うと、
「は?」と言いたくなることがある。

っつっても、別に一時我慢すりゃー
ぐっばいあでゅーふぉーえばーなんで、
必要最低限以上関わらなきゃ済む話。

しかし・・・
こんなのの教育係になった日にゃぁ、どんな目にあうか、
それがリアルタイムに書かれたトピックでございます。

なんとも恐ろしく、とっても参考になることか!

※レスを全部読むとしんどいので、
 トピ主のみだけピックアップできるボタンがあるから、
 そこポチッとやって、全体経緯をみるだけでも
 十分わかります。
 ってか、それもすごい量あるんだが。

出来ない君や出来ないちゃんに、
頭抱えてる方は、ぜひご一読を。



にしても、この人、えらいわぁ。
よくぞまぁ投げ出すことなく、
ここまでもってったな。

腐人は無理。
忍耐とか努力とかできん。
尊敬するわ。

でもさ、このやってる教育のレベル、
これ、会社でせんならんことなん??

ここまで会社がしたらんとならんのが、今の現実なん??



ゆっちゃぁなんだが、
腐人は、大学入って早々に、
このままでは自分は社会に出て役立たずにしかなれん!
と自覚したので、
大学4年間は、自分が興味をもったアルバイトを片っ端からやりまくり
自分の職業適性の探しと、
スキルアップに努めまくったが、
今の子はそんなことせんのか??

※この場合、経験をつむことが重要なので、
時給にこだわってはいけない。


そら、学生の本分は勉強だって建前は腐人もしっとるが、
その先の人生を象牙の塔にこもる覚悟があるなら、
勉強する意味あるけど、
実社会に出つもりなら、学校で学ぶことなんて
人生のほとんどの場面において、役に立たない。

しょせん、虚学。
あんだけ必死に頑張った微分積分なんて、
働き出して××年たつけど、いっぺんも使ったことないぞ。

なので、象牙の塔と無縁なら、
小学生でも中学生でも高校生でも大学生でも
その期間ってのは、
「次の人生のステージ」のための試行錯誤をする時期だと
腐人は思ってんの。

「今」しかみてなくても許されるのは幼児だけ。

「先」を見越して必要なことを先読みし、
それに対して動かないのは、
ただの人生電卓がぶっ壊れたバカでしょう。



ちなみにさー。
腐人の周囲には最高学府を出た人が、
いろいろいてんねけど、
そこ出たからって、必ずしも仕事ができる人ではないし、
必ずしも人生成功するわけではない。

その実例を、腐人は知っている。

人事は、学歴で、人を採用してはいかん。
人で、人を採用せんといかん。

仕事のできるできないは、学歴とは無関係だ。

特に今、私大は規制緩和で人数増がすごいから、
Yとか、Kとかの私学の雄でも、
数年前とはレベルが格段に落ちてます。
※これホントの話よ。


それこそ、『重版出来!』にあった、
勉強や「試験」だけはできるバカを採ると
どんだけ苦労するかが、ここの4番君かねぇ。

本人が心底改心せんと一番始末が悪いのが、
このタイプだ。

往々にして、
このエベレストなプライドを曲げることができず、
仕事やらせても、口ばっかりで、
どんどん周囲から浮きまくり、
「こんな会社、やってらんねぇ!
 俺の方からやめてやらぁ!」
となり、転職。

学歴や筆記試験などはすばらしいので
すぐ次の採用先はみつかるが、同じことを繰り返して辞め・・・
を延々繰り返し、気づくと、
年齢だけを重ねた、
どうしようもない不良債権に成り果てる。

自分のあかんとこがわかってんのに、
なんで直せへんのかねぇ?

こーゆーの見るたびに思うが、
素直で、
人の言うことをきく耳をもってるかどうか。

採用のときに見るべき一番のポイントはここだよ。

これがない人は、
どんだけ肥料や水や手間をかけても伸びない。


レスの中にあったように
「だから、非正規雇用が増えるんだ」
って話にも絡んでくるが、
プライドだけは高いが
使えねぇバカ者な若者が悪いのか。

そんな若者ばっかトコロテン式に育成してる
学校や家庭が悪いのか。

でもって、
そんなのばっかだから
正社員採用なんぞやっとれっかとなる企業が悪いのか。


まー生まれて20年、
ダメ人間になるようになるようにと育てられてきた子らも
ある意味、かわいそうではあるんだが、
でも、
これではあかん!自分はダメ人間になってる!
と自覚して、次の自分のために考えて動けよ!とも思うのよ。

腐人自身がそうだったから。

そこがなぁ・・・そのまま甘えて流されてんのが
多すぎる気がする。


特に、↓にでてくる彼をみると、ね。



★「子供を引き取りたい」
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0912/147034.htm

★「子供を引き取りたい~感謝の報告~」
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2008/0227/171395.htm


これ、2部作なんですが
(掲示板のルールがあって、
 ある程度になるとトピが閉まってかけなくなるのだ)、
読みながら、ウルウルしちまったでよ・・・(/_;)。


世の中、こういうお話ばっかだといいのになぁ・・・。

[ 2013/11/13 ] ニュース&読書録 | TB(-) | CM(-)

ナナメ読み『XY染色体の科学』

ニュートンムックの
Newton別冊『XY染色体の科学 男性か女性かを決める』
手にとってみた。

テーマが腐人好みだったんで。

でーもーさー・・・・・・(-_-;)

腐人が気になるのは、ニンゲンの性であって、
ドウブツじゃないの。

これ、半分くらいが
昆虫やら魚やら鳥やら動物じゃね?

・・・・・・ゆっちゃぁなんだが、腐人は
ニンゲンのオス同士の交尾は、
とても興味があるんだが、
オスメス交尾は、
どんな生物でもどーでもいいんだよなぁ・・・(~_~;)


ま、それはともかく、
細胞がーゲノムがー染色体がー
ってな生物学な話がたらたらありましてね。

実は腐人、こっちもどーでもいい・・・。

腐人が知りたいのは、
染色体異常だとか、
ISがどうして生じるかとかなんだが、
半分ぐらい読んでも、全然でてこん。

半分を超えたとこでやっとこでてきたが、
こんだけかー!!って内容で。

ことここに至り、
気づかない振りをしていた
「己の選本ミス」からどーにも逃げられない。

ふっ・・・認めたくないものだな、
己のバカさゆえの過ちといふものを・・・


ま、そゆことで、
もうこれ以上この本読んでもしゃーねぇやと
放棄するにいたりました。


ただ、腐人が知りたかった中で、
ISがどうして生じるか、については、
へーと思う収穫があり。

そこだけ自分用アーカイブ。

精子を生成するための減数分裂過程において、
本来Y染色体にあるべきSRY遺伝子が、
染色体の一部が入れ替わる乗換えのときに、
X染色体に残ってしまった遺伝子をもつ精子が受精すると、
外性器が男性形の女性が誕生する。

同様に本来Y染色体にあるべきSRY遺伝子が、同じく乗換えのときに、
Y染色体からなくなってしまった遺伝子をもつ精子が受精すると
女性形の外性器を持つ男性が誕生する。

・・・ん?
ってこたぁ、なんだ?
血友病が、母系が原因の遺伝病であるように
ISは、父系が原因で生じる性分化疾患ってこと??

ここではそこまで言い切ってなかったので、
こう言っていいんだかわかりませんが、
読むと、そう読めるんだがなぁ・・・。


そいやゲノム解読んとこにありましたが、
自閉症(と書いてたが、これも名称どうなんだろなぁ・・・)や
知的障害を生じさせる部分ってのが、
もう既にいくつか、判明してるんですね。

といっても、上記に書いたとおり、
どの因子をもった精子が受精するかは
神のみぞ知る領域のため、
わかったからどうってのは
なんともならん気がするが・・・。

ああ、そうか。
出生前診断でゲノム調べりゃわかるようになるのかな。

まーこの辺になってくっと、
だったら性欲と、子作りは別に切り分けて、
受精させる精子を選別した体外受精したらどやねん
と言いたなってくるし、
それ以上に、生まれてから死ぬまでの間に、
無事故、無病気、無いじめによる外傷、が
保証されとるわけやないのに、
ここにこだわることにどういう意味があるのか
っちゅー気にもなる。

ただ、前も書いたとおり、
仮病や擬態を排除するために
ゲノムでわかるならいいなぁと思うとこもあるし。


今、読みたいんだが時間がとれずにいるある本が、
ここら(優生学)をテーマにしたやつなんですけど
そのなかでも、これは結論がでない問題だ、とゆーとるな。


解明することがいいことなのか、悪いことなのか。

なんか最近、それこそ原始の時代のほうが
ニンゲン、幸せだったんじゃねぇのかなーと思う。


腐人には合いませんでしたが、
イラストや写真を多用し、
できるだけわかりやすく噛み砕いて書いてある
(が、その分、ちょっと浅い?)と思った本でした。

ご興味ある方はどうぞ~。
[ 2013/11/12 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

今日はこんだけ

携帯を、某所に忘れた。

っちゅーことに気づいたのが、半日以上経過して。

でもって、未だに取りに行ってないんだが、
全く支障がない。


うーん・・・腐人、あんたホントに現代人??


こんな腐人がスマホを持つ日は、
永遠にこない気がする・・・。


昨日は忙しくって完読できた本が1冊もないんで、
コレで終わりー。
[ 2013/11/11 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

宿題やりましょかー

昨日見損ねたペアのフリーを録画してみた。

いやーすげぇよ、
タチアナ・ボロソジャールちゃんと
マキシム・トランコフくん。

女子がちっこいのが主流のペアカップルのなかで
タチアナちゃんは、
アイスダンスの選手なみの大きさなんだが、
そんでもガンガンリフトされるわ、
ツイストリフトで放り投げて空中キャッチされるわ、
飛ぶタチアナちゃんもすげーが、
受け止めるマキシムくんもすげー。

このカップルは確実にソチにでてくるだろうから、
みものだわぁ…。

どーでもいいけどフリーのあれは、
ジーザスとマグダラのマリアなのかなぁ??


では、宿題のお片づけをば。

(1069)BL/リンクス 『狂おしき夜に生まれ』 和泉桂
  なんだかんだいいながら、
  千年血脈が続いてるってのはすげぇよねぇー。
  こんだけゲイ多出してんのに。

  にしても、暁成の呼び名が微妙だなぁ(^_^メ)

  さすがにこのネタで、
  一般に使われてるやつは使いにくいわな。

  糖分っちゅーより、水分過多じゃないかと思ったのは
  腐人だけっすかね。

(1070)同人誌 『kids』 桐嶋リッカ
  た、たまらーん!!!
  カズアキさんの絵で、ひーちゃんを見たい!
  見たい!見たい!見たい!!!

  にーにに、あーんしてるのとか!
  べたぁとくっついてるのとか!
  
  ああ、超かわええやろに…。

  ってか!
  家族にしか見えないっても、
  こんな子やばいやん!!

  おじちゃんの家に
  とぉっても珍しくて美味しい果物があるんだ、
  ひーちゃん食べにこない?
 
  っちゅーたら、簡単に釣られそーじゃん!!!

  っつか、はぐれたらご飯のあるとこにって、
  それは正しい教えなのか…?
  
  まーこんなかわいい子が、
  積み上げられたフルーツの山みて、
  口あけてたら、いろいろもらえそうな気がするな。

  あ、でも見えないのか。
  うーむ…この技はいいのか悪いのか(~_~;)
  
  ま、ここん家は、
  一尉がやる気になりさえすりゃー
  計画通りに進むんだろうが、
  中目黒はどーなんかねぇ?

  あっちには計画はない気がする…。

  でも、にーにとひーちゃんの同級生ならいいなぁ。
  そんな保育園、ショッター腐人にとっては、
  天国だわ

(1071)BL/ディアプラス 『カモフラージュ ~十年目の初恋~』 いつき朔夜
  10年…すげぇねぇ。
  劣化せんのかね。

  ってか、個人的にはこの臭そうな舞台に萌えですが、
  (でも、ガラス張りの向こうから覗くがいい…)
  まーここと監獄生活の経験つんだら、
  汚部屋とは無縁になる生活習慣が
  いやでも身に付くよなぁ。

  防衛医大の奉公期間って
  どんくらいなのかが気になって
  調べてみると、9年なんだそうで。
  そーすっと朝倉は自由になるには
  まだまだかかるなぁ。

  にしても防衛医大に現役合格は
  かなり大変みたいで。
  試験が11月だから現役だと
  よほど優秀じゃないと…らしい。

  ふーん。

  たまたま先日、友人と、
  「恋は、遠い日の花火ではない」的な、
  いー歳になったおっちゃん、おばちゃんたちが
  子供も手を離れ、久しぶりにいった同窓会で
  初恋の君と出会って、不倫にゃならんが、
  自分もまだまだよねーな駆け引きを楽しむんだよー
  っちゅー話題で盛り上がった。

  こっちの再会までの年数は、
  この二人の10年どころじゃないんだが
  もし10年じゃなく、もっともっと年数たってても
  そんでももう一度火がついたんだろか。
  
(1072,1073)マンガ 『重版出来! 1、2』 松田奈緒子
  気にはなってたんだが、
  腐人の勘違いがあり、ちょっと手を出しあぐねていた。

  勘違いって何がかとゆーと
  松田奈緒子さんを、
  『ママゴト』の松田洋子さんだと
  思い込んでたんデス…(-_-;)

  どんだけ人様の名前を覚えないんだ!腐人!!
  スミマセン…。

  『ママゴト』は、
  負の連鎖がどーしても許せない腐人としては、
  どうにも前提が受け容れ難い内容だったんだよね。
  
  だから、この『重版』
  そっちかなぁ…とか勝手に思い込んでいたのだ。

  ただ、気にはなってて、見かけるたびに
  後ろ髪をひかれていた。

  で、先日、試し読み小冊子を読む機会がありまして、
  パラ見した瞬間、捕まった。

  これ、おもろいです。
  グッドです。
  本という存在を愛してるもんには、たまりません!!

  ってか、超リアル…。

  1話目の面接にいた小島くん。
  そう、まさにそのとおり。
  これは一番採ってはいかんタイプ。

  ダメだこの会社は、俺の能力を生かしてくれないぜ!
  と勘違いをして、転職をくりかえしてくれたらまだいいが、
  ぶら下がり社員になって不良債権化すんね。

  採らないがベストな正解、
  採っても試用期間でグッバイアデューがベターだね。

  4話目の母ちゃんの台詞は
  恐らく担当のヤマウチさんが
  実際言われたんでないですか?

  いわゆる普通の人としての生活捨てなきゃ
  やってらんねぇ仕事だよねー。
  だから心底好きじゃないなら
  この仕事やらないでほしい。
  
  岡さんと和田さんの部数会議のガチ勝負だって、
  お互いが本当にこの仕事を
  大事におもってるからこそなわけで。

  いいねぇ、熱いねぇ!
  こうじゃなきゃいかんよ、本をつくる現場は!

  あとさ、できたらここに入れてほしいのは、
  重版のタイミングに悩む流通部門さんの苦悩。

  以前、『リストラなう!』を発端とし、
  『どすこい 出版流通』など書籍流通の類を読んだことがあるが、
  こちらはこちらの苦労がある。

  売り逃されることはしたくないが、
  客の波はいつ引くかわからない。
  この駆け引きの難しさと、
  結局、どれだけIT化が進もうと、
  読者の手元に届くには「物流」が必要で、
  そこをいかに縮めるかってことにどれだけ腐心しているか。

  そーゆーとこまでやってほしいっすねぇ。

  2巻で電子書籍の話がでてたが、
  腐人も電子嫌いなんだよな。

  ビジネスで、どんだけペーパーレス、ペーパーレスゆっても
  仕事の現場からペーパーがなくなってないように、
  本の現場からも紙がなくなることはないと
  腐人も思う。

  ただ、同時に、日本は恐ろしいほどの出版点数が
  あるのもわかってるので、
  電子書籍の必要性ってのもわかる。

  ここをどう共存していくのか。

  あかん…3巻がはよ読みたい…。
  
(1074)マンガ 『フットボールネーション 5』 大武ユキ
  『おおきく振りかぶって』が、
  スポーツ理論でやる野球だとすると、
  そのサッカー版がこれだよな。

  ただ、そんだけのことを言うならば、
  それを違えず絵にせにゃならんわけで。

  そこが大武さんのすごいとこだよなぁ。

  そいや、この選手一人ひとりが
  それぞれの場面でどう考えてるか、
  それを文字化するってのは、
  恐らく女性作家だからではなかろーか。

  その辺、男性は具体的に文字化するの
  あんま巧くないんだよなー。

  でも、女性が感覚だけでそれやっちゃうと
  感性に頼るところが大きくなって、
  男性が読むと、感覚的過ぎてわからん…となる。

  これがおもろい理由の1つは、
  その男性感覚と、女性感覚が
  すごくいい按分に混ざってるから。

  『おおきく振りかぶって』もそうだよね。
  ただま、あっちは絵がここまでじゃないが、
  マンガは絵も重要だけど、絵ではない、からねー。


  そう…これは、顔の美醜が
  なんかすごいことになってきてんのよ…。
  このジャイ●ン鼻、少女マンガじゃ無理だよ…。

  本当は、これだけの指導を、
  部活だのやってるレベルからしてほしいんだが
  恐らく指導者側がそこまで育ってないだろなー。
  
  指導者こそ、勉強が必要なんだがな。
  これ読んでほしいっす。


続いて昨日の読書録。

●9日 
(1075)マンガ 『食戟のソーマ 1』 附田祐斗、佐伯俊、森崎友紀
  あと1冊ーと探してて、
  あら、少年漫画でよく読まれてるの?
  じゃぁと借りてみたんだが……。

  なぜにエロ?
  まぁ視床下部で隣り合わせの欲だがさ。
  
  王道だなとは思うが、
  おもろいなとは思わないし、
  得るもんあるなとも思えないんで、
  以上、終了。
  
(1076)マンガ 『ボールルームへようこそ 5』 竹内友
  おーやっと素人配慮がでてきたな。

  誰しもが競技ダンスの知識あるわけじゃないんで、
  そこ、教えてくれる構成にしてくんないと、
  魔球パターンのスポーツマンガなんだよねー。
  腐人が嫌いな。

  っても、対象が少年だと、
  あまり薀蓄ばっかでも読んでもらえんのかな?

  『ハイキュー!!』とか、
  『ヒカルの碁』とかは、
  その辺の処理、絶妙に巧いんだよなー。

(1077)マンガ 『JADE』 びっけ
  うむ。
  『あめのちはれ』がおもろかったので
  読んでみたんだが、
  うーん……。

  悪くはないが、うーん……。
  これを1冊目にしなくてよかったわ。
[ 2013/11/10 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

今日は1日フィギュア漬け-NHK杯フィギュア-

いやー圧巻でしたなぁ、
高橋大輔くんと浅田真央ちゃん。

高橋くんはあのスケートアメリカから
よくぞここまでもってった

よほど悔しかったんだろなー。
自分自身に。

それにしても今回みていて思ったんだが、
音にも句読点があり、
それをうまく掴えられてるかどうかってのが
ものすごく表現力んとこで違いがみえる気がする。

男子のあれ、誰だっけな、
前に高橋くんがやったのと同じ
ラテン系の曲やった子がいたが、
その句読点をことごとく外していて、
うーん?な感じだった。

なんで、ここで決めない!と、
演技中に何度突っ込んだか。

ホントその読点のとこで、
ピタッ、ピシッと振りが決まると、
曲に乗ってる感がでるし、
何より、キレがでてくるんだけど、
それはSP、フリー通して、
高橋くんと真央ちゃんがまぁ見事に外さない。

これ、一度でも転倒やステップアウトしたり、
スケーティングスピードが遅くなったり、
スピンの回転速度が遅れるだけでずれてくる。

そうすると、その後の句読点部分がなかなかあわなくなり、
なんか全体がでれーんとして締まらない、
ビミョーなズレを連発するんだが、
見てて気持ち悪くなるのは腐人だけだろうか。

メリハリがないのに、ひきこまれないフリーは
みてて4分30秒が長いんだよなー。

SPでは、ハビエル・フェルナンデスくんも、
鈴木明子ちゃんも
この句読点が高橋くんと真央ちゃんに次いで
すごくよかったのだが、フリーは残念。

まだまだこれからよ!


そういえば、この句読点のよさは、もう一人、
エレーナ・ラディオノワちゃんが
恐ろしいほど掴んでた。

高橋くんと真央ちゃん、エレーナちゃんに共通すんのが、
まさに指先や首の振りなどで、
1音1音をもらさず表現してるとこ。

そこがことごとくピシッピシッとあうと、
多少ずれてるときが他であっても、
決めが決まってるから、演技が締まる。

ホント、末恐ろしいよ…。

エレーナちゃんといえば、
恐らくこの先、ずっとぶつかることになるであろう
宮原知子ちゃんが出てたが、表情が硬いよー!
もったいない。

なんつーか、知子ちゃん、
この曲で何を表現しようとしてる?

まぁ、ここらはこれからの課題なんだろうけど、
フィギュアは残念ながら運動だけのスポーツじゃないから
正確に滑るだけじゃダメなんだよな。

一度、日本のポップスでも韓流でもなんでもいいから
自分が大好きだと思う曲で、
その気持ちをスケートで表してみるっての
やってみたらどうだろう。

個人的には、このぐらいの年齢の子らに、
映画やオペラ、バレエなどを見せて、
演技する、なりきる勉強させてほしいけどなー。

空気を読んでばっかりの日本人は
基本的に自分の感情を表に出すって
苦手なんだろうけど、
それだと、いつまでたっても表現力が身につかない。

素晴らしい技術があるだけに、
そこ、がんばってほしいんだがなー。


それにしても自国開催だと、
普段はカットされまくる
日本人以外の選手のフル演技が見られるのがうれしい。

なのにペアのフリー見逃しちゃったんだよなー。
明日だ、明日!

…で、また明日も一日
テレビの番人になるのね、腐人ちゃん…。
[ 2013/11/09 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

記憶に残る完結漫画 別マ編

の前に。

昨日の、一穂ミチさん『秋雨前線』の書き忘れ。

冒頭の足立の話を読んだとき、
『トンネル抜けたら三宅坂』
「人生を変える0.02mm」を思い出した。

確かに人生変わったよねぇ、足立。

っつか、それ、一番成功率低い方法なんだから、
それオンリーにしてんなよな・・・
ダブルで阻止しろ!!と思うが、
こーゆー何も考えてねーで、
ただただ流されて生きるのがいたからこそ、
人類がここまで増えたんだよなー。

そいや、生まれた子供が明らかにハーフで、
産院から速攻で役所いって離婚届だした人の話、
きいたことあるぞ。

確か胎児段階でもDNA鑑定って
でけるんちゃうかったっけねぇ?

あ、あとさ。
マグロの食べ方ですが、
マグロ納豆っていけまっせ。

ただ単に適当に小さく切ったマグロを
納豆にまぜるだけやねんけど、
そこに卵とかいれてもグッドです。


 

さて。
ブチン、と途中で切れてた
「記憶に残る完結漫画」の続きでごんす。

くらもちふさこさん、槇村さとるさんっちゅー
腐人の中では、別マ二大巨頭をやったので、
じゃぁ、それ以外・・・のとこをやろう。

っても、今日は、NHK杯なので!
サクッといこう。

こちらのお二方以外で記憶に残るもんといえば、
腐人世代は、まずこれか。

●亜月裕さん
『伊賀野カバ丸』


もう衝撃でした。

だって、「別マ」といえば、
限りなくリアルに近い恋愛マンガが主流だったんだもん。

それが・・・あの、やきそば・・・。
あの擬態した才蔵・・・。
忘れられんわぁ・・・。

ちなみに腐人はもちろん、
疾風ラブである。

特にあのチビぃのがたまらん・・・



それから、ここらか?

●多田かおるさん
『愛してナイト』
『イタズラなKiss』


厳密にいえば、
『イタKiss』は完結しとらんのだが、
続きは永遠に描かれることないからさ・・・(/_;)。

これは完結するまで読みたかった。

あの個性的な独特のタッチと、
すばらしいまでの緩急の間は、
間違いなくこの先も、真似られる人はいまい。

享年38歳って、本当に惜しすぎる・・・(>_<)

もっともっと読みたかった作家さんです。


あと、この時期の別マだと、
腐人の印象で申し訳ないが、
聖千秋さんとか、宮川匡代さんが中堅、
いくえみ綾さんとか、紡木たくさんが気鋭の若手、
って感じだったんだよなー。

腐人も読んではいたんですが、
作品として残ってるかと言われると、
うーん・・・・・・すみません・・・だな。

紡木たくさんの『ホットロード』は!
といわれるやもしれないが、
紡木作品だったら、腐人は
「みんなで卒業をうたおう」
「机をステージに」

のが好き。

ってか、この当時の、
「バイク」「ヤンキー」「マンガ」と
腐人の脳内検索に突っ込むと、

吉田聡さんの『湘南爆走族』とか
五十嵐浩一さんの『ペリカンロード』
なんだよねぇ・・・。

ホントに昔っから、非主流派だな。


ってなところで、本日は終了ー!
だって、スケート見なくっちゃだもん!

また気が向いたら、続きやります。
いつになるやらですが。
[ 2013/11/08 ] 記憶に残る完結漫画 | TB(-) | CM(-)

たいめいけんのガーリックスープ

普段、仕事でのつきあいにおいて、
ちょこちょこ、
いや、たびたび、
いや、しょっちゅー
イライラカリカリさせられる人がいる。

このたび、またその人がしでかした(-_-;)

はぁ!?マジか?どないすんのよ、これ
って部分もあるはあるのだが、
怪我の功名というのか、
棚からぼたもちとでも言えばいいのか、
それがコロコロ転がって、
え?マジですか?やったぁ!ラッキー♪
っちゅー事態が、ひきおこった。


腐人としては、

  ラッキー事態 >>>> どないすんのよ事態

なので、今回は「よくやった!」評価である。
本人は大変なんだが。

ただ、かなりのところ自業自得なので
同情はせん。

それにしても、つくづく、
禍福は糾える縄の如し、
人間万事塞翁が馬だなぁ…と思う。


っちゅーわけで、
追われていた仕事をやる気がばっさり失せた。
   ↑
  おい!



っつっても、先送りされただけだから、
いずれはやらんにゃならんのだが。

まぁ、1日ぐらいは喜びと開放感に浸らせてくれ。



さて。
今日のお話。

最近、食い物づいてるが、
しょーがねぇじゃん、
「天高く 腐人肥ゆる秋」
なんだもん!

そういや、そろそろカンタくんも出現するのぉ…
うほほほほ(*^。^*)

もういいの。
冬服は、すべてウエストゴムだから。


っちゅーデブ化が促進してる中、
「たいめいけん」に行った。

そう、洋食の雄である、あの店だ。

行ったことなくても、聞いたことはあるって人、
多いでしょう?

腐人も、普段行くにはちょっとお値段が気になり。
(例えば、腐人が普段いきつけてる店のオムライスは、
 だいたい7~800円だが、
 たいめいけんの1Fだと、1650円、
 2Fだと、2100円なのだ)

※たいめいけんは、階数があがると値段があがる。

かといって、ちょっとオシャレしていくか!
っちゅーには、ちょっとカジュアルすぎるんだよねぇ。

やっぱ、そゆときは、
こじゃれたフレンチだのイタリアンだの、
回らない寿司だの、
値段のかいてない天麩羅だのに行きたくなる。

とまー、
行くシュチュエーションが、なかなか整わなくて、
行きたいなと思いながらも、行けずにいた店だ。


で、先日、誕生日だし、どっか食べにいくかーとなり、
なら、この際、たいめいけん行ってみよう!となったのだ。


注文したアレコレを書くと、
腐人が特定されてしまうので、そこは省きますが、
その食べたものの中で、ちょっとびっくりしたものがある。

それが、「ガーリックスープ」。

あれはなんと言ったらいいんだろなぁ…。

スープのベースはコンソメ(らしい)。
そこに、刻んだ野菜いろいろと、
溶き卵が入ってて、
ものすごく食欲をそそるガーリックの香りが
ぷぅ~んとするの。

でも、そのガーリック臭は、口に残らない。

和でもなく、洋でもなく、中華でもない、
すごーく不思議なスープだった。


メニューをみたときから気になってたので、
耐え切れずに注文したのだが、
そのときに「これはどういう料理?」ときいたんだ。

すると、なんとも説明しづらそうに、
こんな感じで、あんな感じでと並べられた後、
「とにかく、おいしいです!」
と言われたのだが、
ホント、そうしか言い様がないスープだった。

常連さんの中には、これだけ頼む人もいるそうなのだが、
確かに、もしまたたいめいけんにきたら、
コレを頼もうと思う。

なんつーか味の迷路にハマって、
出口どこ?と探してるうちに
スープが空になってしまい、
「もう1杯!」
ってなるんだよ。

腐人に、「まほうをかけられた舌」があったらなぁ・・・と
心底思った。
※わからない方は、
 安房直子さん『まほうをかけられた舌』をどうぞ




そいや、行った面子のなかで意見が割れたのが、
コールスロー。

血族の一人は、この甘さがいい!と言い。
一人は、もうちょっと甘くない方がいいと言う。

腐人は、単品で食べるなら、もうちょい甘さ控えめで、
でも、フライなんかのつけあわせなら、
ソースの辛味を考えると、こんくらいがいい、である。

これはたいめいけんのウェブサイトに作り方が載ってるので、
よろしければお試しください。

うまいっす。

ちなみに腐人はこれまでコールスローとは、
キャベツなどの野菜を細い千切りにせにゃいかん!
そしてマヨをいれなきゃいかん!
と思っていたのだが、
ここででてきたキャベツは、ザク切り。
でもって、マヨはなし。

え?マジ?
これでいいの!?
と、ちょっとびっくりしましたが、
逆にこんくらいのザクザク加減で、マヨなしのが
さっぱりして美味しい。


他のメニューは真似しようとか思いませんでしたが、
これはちょっと試してみようっと。
ちょうど、えごま油があるしな。

こーゆー風に、普段の料理でやってみよう!とか思えるのが
洋食屋さんのいいとこだよねー。



最後に、新しい『黒バス』ネタ。

腐ってない一般の人と、ニュース話をしていて、
『黒バス』ネタになって言われた。

「あの食べられない
 どーしよーもない魚のこと
 今はそう言うの?」


いや…ブラックバスは
相変わらずブラックバスです・・・。

[ 2013/11/07 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

書き忘れ いろいろー

腐人の頭は、あんぽんちーなので、
こんだけだらだらとブログを書いていても、
書き忘れてることが多々ある。

ってか、これでも本読みながら考えてることの
半分くらいしか書いてないんだがなぁ…。

ま、今日はそんな落ちネタ拾い。


●日本のワインの実力は?

いやね、『英国一家、日本を食べる』の中に、
チーズやワインといった、向こうからきたものについても
マイケルさんが、山椒のようなご意見を述べておられたんですよ。

日本のワインについてね、
「もう僕が試したから飲まなくていいよ」
ってなことが書いてあったんですわ。

腐人はアルコールが一切ダメな人だが、
これにはちょっとまったぁ!!が言いたい。

ってのも、マイケルさんの旅程には山梨が入ってないんだよ。

拠点にしてはったんは、
東京と北海道と京都と大阪と福岡に沖縄。

そこで、どこの日本ワインを飲まはったんかわかりませんが、
山梨を抜きにして、
日本のワインのすべてをわかったよーなご意見は
いただけないぞ!!と思うんだがな。


…と、なんで飲めないくせにここまで言うかというと、
以前、腐人会の慰安旅行で
山梨のんべぇツアーをやったからだ。

ちなみに呑み助たちがワインをがぶがぶやってる間、
腐人はブドウジュースを飲んでましたけども。

ま、詳しくは、前身ブログの
「腐人日記 -腹を割いたら黒かった-」のどこかに
書いたと思うが、
そのときの呑み助たちの様子をみてる限り、
日本のワインが、そんな出来の悪い子だとは思えないんだよなぁ。

特に師匠が狂喜乱舞して買い漁ってた銘柄は
関西じゃ飲めないのよ、これ!!
とかゆってたんで、
そんなレアなら、マイケルさんが飲んだとはあんま思えんし。

マイケルさんがそう判断した中に、
これまで入ってて、それでもなお、
「君たちは飲まなくてもいいよ」
とおっしゃるならば、
ここは潔く、負けを認めようではないかと思うけどさー…(~з~)

そらね、何飲んでも旨い!とか、
ワインといえば日本だね、ってな領域には、
まだまだ達してないとは思うんだけど、
1みて10を語らないでほしいなぁ…。

ま、これは自戒も込めての言葉ですけども。

とにかく!
うどんとワインのことがあるので、
『英国一家、日本を食べる』は、
ぜひとも地方巡業の第2弾を
お願いしたいと腐人は思っている。



●京都弁がひっかかる…

これは、びっけさんの『あめのちはれ』の話。

真城ちゃんと、
ああ、名前がでてこん…京都の彼女との会話が
京都弁なんですけど、なんか読んでてぞわぞわするんよなぁ…。

腐人は関西地方を転々としましたが、
基本、瀬戸内周辺やったんです。

すると、「~してはる」っちゅー言葉は、
そこらでは敬語として使われるんですわ。

地域によって「~しやる」とか
「~したぁる」(したはるの音便なまり)とかに
微妙に変化すんねけど、
基本的に敬語やから、
目上の人に使うけど、目下(年下)には使わんのです。

それが、この京都の彼女はんが、
年下の真城ちゃんに使いよりましてな。

それが、むっちゃ気持ち悪うて。

だって、京都の彼女はん、兄ちゃんの許婚やろ?
したら、それこそ義姉さんになる人なら、
真城ちゃんが敬語使うんやったらわかるが、
なんで京都の彼女はんが敬語使いよんねん!おかしいがな!

と、思うんですが、
これ、京都やら滋賀の方では、
別に敬語やないらしいんですな。

もぉそれが読んでて、気になって気になって。

『あめのちはれ』は、おもろいなと思ってるんで
これからも続きを読みたい作品ではあるんだが、
真城ちゃんエピソードがでてくるたびに
このかぃーなるような気持ち悪さと
闘わんといかんねんなぁ…はぁ…(-_-;)


●50人?いや、もっとおるでしょ

産経新聞に月に1度の割合で掲載される
文芸時評ってのがある。

書いてはんのが、
早稲田大学の石原千秋さんという方なのだが、
最近、これが腐人のお気に入りになっている。

で、11月号では、文芸系の新人賞について触れてるのだが、
まー見事なハバネロで。

選考委員を名指しでコキ下ろしてるのは、
腹黒腐人としては、気持ちいいったらありゃしない。

っても、腐人、これら新人さんはもちろんのこと
選考委員に名を連ねてらっしゃる方の作品は、
恐らく1冊も読んだことないんだけどさ。

ごめん、時間がもったいなくて
    ↑
  ひどいぞ、腐人…


ま、その辺はおいといても。

この評の何が一番おもろかったかって、
この新人賞に対する結論につきる。

引用させていただきますと、こういう中身。

「林真理子によると、
 現在日本で小説家としての収入だけで
 食べていける人は50人程度だとか。
 緩やかに「定員」があるわけだ。
 逆立ちをしてもその50人に入れそうもない人たちに
 賞を出す新人賞も罪深いものだと、改めて思った。」


まー林さんが、何を根拠に50人と
言わはったんかはわかりませんが、
まー「文芸の小説家」に限定すりゃそうかもしれんが、
「ジャンル問わずの小説家」まで「小説家」の範囲を広げたら、
もちっと専業で食える人おるとおもうがなぁ?

ま、「食べていける」とは、どのレベルをさすか、ってのも
明確にせんならん点ではあるけれど。

「文芸の小説家」にとってみりゃー、
ラノベの小説家だの、BLの小説家だの、同人作家は、
「小説家じゃない」のかしらねぇ


いつまで読めるかわかりませんが、
原文読みたいという方のために、URLはっときます。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/131027/bks13102710220000-n1.htm


…にしても、この錬金術師ブームは、
某マンガの影響ちゃうんか?と思うのは、腐人だけ?


さて、そんなとこかなぁ?


どーでもいいが、
最近、姫がひらがなを読めるようになり、
腐人が部屋に転がしている、
あーゆー大人の絵本だとか、
こーゆー絵のついた本だとかのタイトルを
読み上げるようになってきた…。

やめてーっ(>0<)!!
そんなん、読まんでええって!!!


[ 2013/11/06 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

美味の競演 3種のアナゴ

の前に。

隣室でニュースをみていた血族が、
ぶちぶち文句をいいながらリビングにやってきた。

「どしたん?」
ときくと、
「最近のニュースは略語ばかりで、
 何を言ってるんだか、さっぱりわからない」
という。

なんかネットスラングでも言われたのかと思い、
何の話かきくと。

「くろばす脅迫状のため
 上智大学の学祭に警官配備」

とゆーニュースだったらしく、

「『くろばす』ってなんだ?
 なんで上智に警官なんだ??」

この後、『くろばす』が何かを知ってる腐人が
いらんとこまで丁寧に説明したんですけど、
この『黒バス』脅迫事件、
なんかもう脅迫というより、
販促になってんじゃないかと思うのは
腐人だけだろうか。

実際、腐人家において『黒子のバスケ』
一度でも読んだことがあるのは腐人だけなのだが、
全く未読の他の面々ですら、これらニュースのおかげで
『黒バス』とはどーゆーもんかを知ったしさぁ。

ツタヤからも撤去ときくが、
都会在住の腐人にとってみたらこれは
「じゃぁ、読みたければ借りずに買えっってこと?」
にみえる。

※地方の中には、ツタヤしか本屋がなく、
 そこから撤去されたらネットショップ購入に頼るしかない
 ってとこがあるのはわかってますが、
 都会の場合、ツタヤ=レンタル屋なんだよね。


まー週刊連載かかえながら
(でもって、単行本もあのペースで出しながら)
自作自演はありえんなと思ってますが、
すごくいい宣伝になってるのは歴然たる事実だ。

動機というより、
これで何がしたかったんかの「目的」が、
本当によくわからん事件なので、
犯人逮捕の折には、
ぜひ、そこんとこ解明してくださいねー。

…どーでもいいが、これどこが捜査してんだろ?
そっちが気になる…。



さて。
アナゴくんの話です(サザ●さんのアナゴ君ではありません)。

先日、腐人は誕生日を迎え、
お祝いにIちゃんから
どどーん!と下村のアナゴ様が送られてきた。

うひょぉ~(*^。^*)♪
おおお!!!
下村様のアナゴ様ーだぜぇっ!!

ブログで、ことあるごとに
アナゴがねぇ、エビがねぇ、なんで関東は貧弱なんだと
わめいていた甲斐があったわ!←おい


ご存じない方のために補足説明いたしますと、
焼あなごといえば下村、
下村といえば焼あなご、
っちゅーぐらい、瀬戸内で有名なお店でして、
創業明治8年の宮内庁御用達の老舗です。

味の良さは保証つきなんですが、
お値段もおよろしく……
ええ、大変およろしく……
関東にきてからは縁遠くなっていた逸品でございます。



え?
腐人がいくつになったのかって?

姫いわく、
「腐人もおたんじょうびがきたから、
 姫とおんなじ4歳だねー」
だそーっす。

この件に関しては
これ以上の言及を差し控えさせていただきます。


ちょうど、師匠に送ってもらった絶品アナゴを
超貴重品!大事に食べよう!!と冷凍してるのがまだあったので、
じゃぁ、さっそく寿司にして、食べ比べしよっかー
ということになった、まさにそのとき。

ピンポーンとチャイムがなった。

誰だろうと思ったら、
以前関西にいたこともあるというご近所さんで
関西の知人から送ってもらったんですーと、
アナゴのおすそわけをもってきてくださったのだ。

その方も関西にいたから
下村をよく知ってらっしゃるのだが、
「ここのは下村に負けずおいしいので」
とわざわざうちにわけてくださった。

ありがたやー。


にしても。
こういうことを言われても、
普段ならば、そんな都合よく下村のアナゴが
隣に並ぶわけがなく、
「横に並べてくれなきゃ、違いわかんないよねぇ」
となるが、
ふふ…ふふふ…ふふふふ…
今回はあるのだー!下村がー!!

それに、ここ最近、コスパを考えれば下村以上じゃないか?
と腐人家で言われている、
師匠オススメのアナゴくんもおるんじゃー!

まいったかー!←誰にゆーてんねん…


ま、そゆことで、
うきうきルンルンなアナゴ食べ比べ競演寿司
と相成ったわけにござります。

ただ1つ残念なことが。

中身に夢中になるあまり、
お店の名前の書いてある包装紙を
ベリベリベリッ、くしゃくしゃ、ポイッ
とやっちまったんですね…あああああ。


なので、

Aコース、アナゴ君、出身、本焼アナゴ下村ー
Bコース、アナゴ君、出身、師匠いきつけの店ー
Cコース、アナゴ君、出身、明石魚の棚、店名わからずー


という羽目に…(-_-;)。

ああああ、
なんでくしゃっとやってもたんじゃ、腐人のアホ!!


せっかくなので、蒸し器を出し、
それぞれを蒸して温めることにいたしました。

普段は手抜きでレンジでチンなんですけどね。
そうすると、どうしても身が固くなっちゃうんですよ。

あと、魚焼き器で温めるも、
どうにもふんわり仕上がらない。

手間かけるだけあって、
やっぱり蒸すのが一番ウマいんですよねぇ。



冷凍状態だったときは、3種とも
あんまし違いがないように見えたんですが、
蒸しあがりをみたら、
いやいやいやいや、これが全然違いましてねぇ。


まず身の食感。

脂の乗りが断然違ったのは、下村。

蒸しあがりの状態をみたら、
一人(?)じゅうじゅう脂が滴ってました。

そのせいか、
焼きアナゴはどっちかっちゅーと
うなぎに比べて、しっかりした食感になるんですが、
むちゃくちゃ柔らかく、
アナゴというよりうなぎか、これ!?

さすがは、王様下村様。

これは握りで食べたい感じ。

上にすだちか、ゆずの皮を
ちょっと摩り下ろしたの乗せたら
絶品だと思うの~っ!!!

師匠からもらったすだちもあったのに、
目の前のものを食うことに夢中になって、
ケロレンパと忘れておったなと今気づいた…。

ああ、目の前に旨いもんをぶら下げられると
理性をなくす、この習性をなんとかしたい…(-_-;)


さすが…と下村様に感服したが、
他の2つも黙っちゃぁおらん!

身の食感って点では、一番固めだったのは、
明石魚の棚、店名わからずー君。

というか、焼き穴子で、イメージされるものに
一番近いのがこれで、
他の2つが特別、ってほうが正しい言い方な気がする。

ただ、これは焼きが絶品で。

焦げ部分に炭の風味がうつってて、
なにこの香ばしさはっ!!

いやーん♪
君のこのこげたところを
かじり倒したいっ!!!

それにすごくアナゴの味がする…
っちゅーより、
あれ?これ、タレついてないんでは?
と総料理長に確認すると、

「うん。
 一緒に入ってたんだけど、
 みた感じ、いらないかなーと思って」

……ま、確かにこれで十分旨いんだが……。

あ!
あとでタレの味、確認しようと思ってたのに
忘れてた(>_<)!!

総料理長いわくは、
「たぶん、これは関東人が好きな味」
とのこと。

腐人は、これはアナゴ丼で食べたい。

うーん返す返すも店名がわからんのが惜しい!!


師匠いきつけの店ー君は、
食感でいえば、この両者のちょうど中間。

朝獲れをさばいて焼いてくれるとこだからか、
身の柔らかさと、
焼きによる締りがちょうどいい感じなんだよなー。

なにより、腐人はここのタレの味が大好きなのだ。
これ以上甘いとくどいし、
これ以上しょっぱいときつすぎる。

このでしゃばりすぎない程よさ加減がたまらなく好きで、
ほっとくと延々くっちゃうんだよねぇ…。

これは手巻き寿司に最高ざんす。


とまー、あーでもないこーでもないといいながら
山と詰まれたアナゴを食べてたんですが、
結論は。

甲乙つけがたい!!!
ってか、つけられーん!!

もうね、好みっす。


と、
夜に!
たらふく!
寿司飯とアナゴを食べまくった結果!!!

腹肉が邪魔して
靴下履くのが一苦労状態になってしまいました…(T_T)

おうおうおうおう…(;O;)


たぷんたぷんと波打つ腹を眺めていたら
「すごい、ミートテックだねぇ」
なんて血族がいいやがるし!!

っつか、横を通りすぎながら、人の腹肉つまんで
「うわぁ…」
とかゆーのやめて!!!

自称4歳のガラスのハートが傷つくじゃないのよ!!!

ダイエットせねばな…
でも、それは、アナゴ食べきってからね…
       ↑
    こーゆーやつは、なにかっちゃー理由つけて
    いつまでたってもやらんのよねー

[ 2013/11/05 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

J庭にいってき~たぞっと

最近、姫に朝襲撃をうけてるせいか、
今日は珍しく開場前にご到着。

どうしたんだ!
重役出勤の常連なのに!

でも、そんなことをしたせいか、
屋外並びだったんですが、
雨がポチポチ降ってきた。

土砂降りならともかく、
こういう場合だと、
下手に傘をさすと、周囲の迷惑になることもある。

傘をさしてもええもんか、
今度、師匠にきいてみようっと。

それにしても早く行くと、
この入場行列に並ばねばならず。

でも、ゆっくり行くと、
そこはするっと入れるんだが、
ペーパーなんかが入手できないことがある。

本を買うことが目的なんだから、
やっぱ並んでも早くいくべきか…。

とはいえ、入場直後ぐらいは、
腐人お目当ての壁サークルさんは
軒並み長い行列ができてるから、結局そこでまた並び。

でも開場から1時間ぐらい経過したら、
全く並ばないわけじゃないが、
行列がむちゃくちゃ短くなることがほとんどなんだよなー。

※たまにそれを過ぎても大行列ってのがありますが。

うーん…どっちが得か。
怠惰な腐人としてはゆっくりがいいんだが、
でもやっぱペーパーが欲しい。

ああ、なんて悩ましい…。


ま、そゆことで
「げへげへ…この子はいくらだい?」
と、かわいい子たちをいっぱい買いあさってきたので、
これから腐海の漂流に旅立ちたいと思います!


どーでもいいけど、
この会場に行く途中のサンシャイン60展望台で、
『進撃の巨人 調査兵団 資料館 in サンシャイン60展望台』
ってのをやっていた。

期間が、今日までで、
このサンシャイン60展望台でやってるってのは、
AGFとかJ庭にくる客を吸い上げようとしている?
と思ったのは、腐人だけ?

でも腐人なら、
その先でオンリーやってる日と場所を狙うけどなー。

オタクはオタクであるほど細分化され、
釣る餌の選別に難儀するのじゃよ。

だから、
J庭で、BL出してる会社が企業ブースだすのは正解でも、
ここでJ庭帰りをひっかけられたかっちゅーと
あんま釣れなかったんじゃないすかね?と思うんだが、
どうだったんだろうか。

好奇心の充足として、知りたいところだ。
   ↑
  おい!
[ 2013/11/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ああ、どうしよう・・・

「記憶に残る完結漫画」を書いていて、
弓月光さんのが読みたいなぁと思って、
レンタルマンガから『ボクの初体験』
借りてみた。

…すると…
えええ!?この話が『ボクの初体験』!?

そう。
腐人はこの脳移植の話は、
『ナオミあ・ら・かると』だと思ってた…。

すみません…。

こちらは二重人格話なんだが(いわれたら思い出したが)
キャラの名前が丸かぶりなんだよね。

あかん…自分の記憶に自信がなくなってきた…(-_-;)

もともと劣化がひどい自覚はあったが、
『変人クラブ』
『エリート狂奏曲』
『おたすけ人走る!』
自信あるが、
その他はタイトルと記憶の内容が一致してるか
わかんなくなってきた…。

うわーん!
記憶の修正上書きのために、
もっかい読み直したいよぅ!

ツ●ヤさん!!
入れて!!!
古い「りぼん」時代のやつ!!

表現は古さを感じるかもしれませんが、
おもしろさの点では、太鼓判押せますから!

映像化したら、一発で入るんだがなぁ…。


ま、そゆことで、これまで
この前身ブログの『腐人日記-腹を割いたら黒かった』や
ここでも何度か弓月光さんの古い作品に触れてますが、
内容に誤りがある可能性が高いです。

この場を借りてお詫びします。
誤った情報を書いてしまい、申し訳ございません。

直そうかと思ったんだけど、
もうどこに書いたやらわからんので、
そのままとなっております。

よって、正しい知識を入れたい方は、
ぜひ!古い作品を読んでみてください!!

…ってか、版元に、復刻お願いして~っ!!
マジで『エリート狂奏曲』なんて、
ホント、今の時代に読んでほしい!


ま、そーゆー流れなので、
そのままカウントとコメントいっちゃおう。

(1042、1043)マンガ文庫 『ボクの初体験 1-2』 弓月光
  今の知識からいえば、
  免疫抑制剤飲まなきゃ無理でしょ!
  とか思っちゃうが、まぁそれはおいといて。

  考えてみたら、臓器移植は現実化してるが
  脳移植って、まだやってないわなぁ。

  たぶん、理論上はできるけど
  倫理上でアウトっちゅーケースなのかな?
  
  といっても脳は繊細だから、
  どんだけうまく繋がるかは
  やっぱりこれはマンガだと思うが。

  それはそれとしても、
  この濃度の濃さはすごいなぁ。
  今のマンガってここまで詰め込まない気がする。
  もっと薄いよな。

  ただ腐人はこの濃さのものをずっと読んできたから
  最近の読むと、やっぱ物足りなさを感じる。

  とはいえ、ちょっと詰め込みすぎな感は否めず、
  もうちょっと丁寧に進めても…とも思ったが、
  このスピード、勢いだったからこそ、
  これはよかったのかな。
  
  丁寧に、としてたら、間延びしてたかもしんないな。

  それにしてもこの着眼点と発想力がすごいよなぁ…。




最後にちょびっとスケートの話。

中国大会をみました。

アメリカ大会から3つみてるが、
10代若手のロシア選手の台頭が、
恐ろしい状況になってますな。

ソチもてっきり、
真央ちゃんとヨナちゃんが主役かと思ってたが
とんでもない。

地の利もあるしで、
これら若手がぐいぐいきそうな感がある。

腐人は、ファンではなく、
美しく、完成度の高いすばらしい演技がみたいだけの
超無責任な観客なので、
ソチのフィギュアを見るのが、今から楽しみでならん。

たぶんまだ現段階では滑り込みが足らない人も、
シーズン終盤だから、完成度があがってるだろうし、
何度もすべることで表現力もついてくるだろうし、
どんな競演になるのか。

ホント、皆様、怪我だけはせんように、
ソチにベストをもってってくださいませ~。


個人的には、ここまで見た限り、
ユリアちゃんの「シンドラーのリスト」と、
鈴木明子ちゃんの「オペラ座の怪人」が
好きだなー。

前からわかってたが、
腐人はなりきりプログラムがどうも好きらしい。

さぁ、来週はNHK杯!
皆、がんばれー!
でもって、腐人にいい演技みせてね~♪


…って、その前に明日よ!
がんばって早起きして、園遊会にいくのよ!
そしてそこでかわいい子をゲットするのよ、腐人!!

…と思ってるが、
出てくれるのかなぁ、かわいい子…。
[ 2013/11/03 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

本 いろいろ

腐人はアホほど本を読んでるが、
数行~数ページ読むと、
大体、自分の中でどこのカテゴリーに入るかがわかる。
大きくわけたら4つかな?


まず、めったにないが、まさにビンゴの大当たり。
それこそトイレだけは我慢できんが、
それ以外の欲求すべてを後回しにしたくなるほど
その世界にハマってしまう本。


そして、ほとんどがここになるのだが、
そこそこあう、そこそこおもろい、
でも、腹が減ったら読むの中断できるし、
歩き読みなら、目的地につけば、そこで終われる本。
電車での読みに適してますね。

ハマり本を電車で読むと、
乗り遅れ、乗り過ごしの前科が
山ほどある…(;一_一)


次に該当が多いのが、
あわないこともないし、おもろくないこともないが、
読みながら、頭の中ではブログの文章考えてたりする本。

こーゆーのは大抵、
展開や主張が読めちゃって、
ただ確認だけしてる場合が多い。


そんで最後、本を手に取るまでの段階で
ある程度選別してるから、これも稀ではあるのだが、
どーにもこーにもあわない本。

文体なのか、テーマなのかはそれぞれ違うんだけど、
まー見事に頭に入らない。
字面が追えるのは、まだマシなほうで、
本当にダメなもんになると、
同じ行を何度も何度も読んでることにすら
気づかないぐらいだ。

ってか、なんでそこまでして読む…って感じなんだが、
なんででしょうね?


と、なんでこんな前振りしたかっちゅーと、
ホント久々に、
この「どーにもこーにもあわない本」にあったからだ。

『図説 近代魔術』っちゅー本なんすけどね、
え?腐人ってオカルト興味あんの?
と言われたら、
「ううん。1ミクロンも興味ない」
んだよねぇ。

じゃぁ、なんで読むねん…(~_~)と思うよねぇ。
腐人もそう思う。うん。

いやさ、オカルトに興味はカケラもないが、
篠原美季さんの『妖異譚』シリーズが好きなんで、
なんか参考になるかな、とか思って。

で、読み出したんだが…いや、数ページどころか、
頭の3行読んだだけで、
こりゃあかん…(-_-;)
とはわかったんだが、がんばってみた。

が…それこそキリスト教以前の古代からどう近代に繋がるか
滔々と解説してあんだが、

「…あの、これ、日本の文字に見えるんですが、
 日本語がわかりません…」

まー『マギ』の発想元はこれか?
とか、
あーセフィロトとか、カバラとか、なんかで見たぞー
ってのは、じゃんじゃんじゃかじゃかあんねけど、
全くもって頭のなかに入ってこん…。

薔薇十字団までがんばってみたが、
これ以上の苦行は無理…(T_T)

ってことで、「ありません」。
※「ありません」ってのは囲碁で負けを認めたときに
 ゆーギブアップ宣言です。



あと、これも途中放棄しちゃった
『切り裂きジャック』

こっちはおもろくないわけでも、
あわなかったわけでもないんだが、
この過密読書スケジュールに
割り込んでくるほどではなかったんだよな。

ただ、切り裂きジャックの正体ってのは
すごく気になることではあるんだがなー。


さーてと。
そろそろあさってのJ庭の情報もでとるやろ。

さぁてと、どんな新刊をみしてもらえるんやろか。
うひひひひ~たのしみ~♪
[ 2013/11/02 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『英国一家、日本を食べる』について

いやーおもろかった。

かなり分厚い本なんですが、
ページ繰るのが楽しくて、読みふけってしまった。

ざっくり言えば、イギリスのフードジャーナリスト
(どーでもいいが、フードライターと、
 フードジャーナリストの違いは何なんだろう…)
マイケルさんが、ご家族をひきつれて、
「日本料理ってどんなもの?」と食べた旅行記?食べ歩記?
である。

相撲部屋いったり、京都の町家に泊まったり、
日本人からしてもうらやましいような旅行なんだが、
出てくる人も、すごい。

そしてその人脈から繋がっていく先がまた、すごい。

ゆっちゃーなんだが、この本がおもろくなった要因は、
これだけのセッティングをした、
マイケルさんとコーディネーターさんの手腕が、
確実にあげられると思う。

それから、著者さんや訳者さんのあとがきにもあったように、
もう1つ、この旅行を、ご家族でやった、ってのがある。

奥さんに、やんちゃ盛りの6歳と4歳の息子たち。

…腐人的には、
この金髪幼年の存在だけで50点差し上げたいとこよ!

ヤキトリやタコヤキに感心してくれたとこからすりゃ、
おとなしく食べるは、
間違いなくできなかったであろうが、
この豊かな子供の感性で、
絵画のような和食の八寸を見たらなんというか、
ちょっと読みたかったなぁ…。

ま、連れてったら、店も大変だし、
パパママも落ち着いて食べられないんだろうが。

菊乃井さんならお弁当もやってはんねんし、
マイケルさんが懐石食べるだけやのうて、
ご家族にお弁当をお土産にしはったらよかったのに。

そんで、その感想聞かせてほしかったなー。


いかん。
これはチビの「はじめてのにっぽん」旅行記ではないのだ。

ついシュミに走ってしまって…といいながらなんだが、
この本の中で、腐人の記憶に一番残っているのは、
京都のハルキくんのエピソードだ。

京都のハルキくんってのは、
マイケルさんが、鯖寿司を食べたくて
『いづう』を探すんだが、みつからず、
京都の町をうろうろしてたときに出会った青年なんすけどね。

キティちゃんのバッグを持つホストの兄ちゃんなんだが、
非常にスキンシップが激しく、
また、マイケルさんのイギリス人データによれば、
キティちゃんを好んで持つイギリス人は、
女の子とゲイ…ってことで、
身の危険を感じたマイケルさんは、
ハルキくんに嘘をついて、置いて逃げるのだ。

なんてひどい!!!

でもって、一人で奥丹にいって湯豆腐を食い、
余は満足じゃーと、店をでたとこで、
置き去りにしたはずのハルキくんと
ばったり会うんすよ。

もう、運命だって思えよ!
と思ったのは腐人だけだろうか…。

オチがどうなったか知りたい方は、
本書をどーぞ。


そういえば、原書でどうなってんのかがわからんので、
これは訳文の妙といえばいいのかなぁ。
これがまたすばらしいのだ。

服部栄養専門学校の服部幸應さん、
辻調理師専門学校の辻芳樹さん、
料亭「菊乃井」の村田吉弘さんなどが
出てらっしゃるのだが、
その話しっぷりが、見事に文章にでてて。

テレビでよく拝見する、服部さんや村田さんなどは
文字を追ってると、
音が聞こえてくるかのような文になっていて、
「あー確かにこない言わはるわー!」
と感心してしまった。


まーこれはもしかしたら訳者さんが、
アレンジされはったんかもしれん。

でも、そうじゃないところも、
「さすがイギリス人…(^_^;)」
と言いたくなるようなウィットに富んだ文章で。

まぁ、ガイジンの文章の特徴っちゅーか、癖みたいな、
文が長い、ってのは、やっぱりあるんだけど、
このところどころで効いてるスパイスが、
その長さを苦とせずに読ませてしまう。

っても、普段からそこそこ翻訳文をよみつけてないと
ちょっとしんどいか?

腐人は、本バカの中毒患者だから、
自分基準にするとこの辺がわからん(~_~;)。

でも、P.G. ウッドハウス級になると、
さすがの活字バカな腐人ですら、
おもしろいけど、しんどい…と思うが、
そこまでじゃなかったから、
普通に読めると思うんだがなぁ。


ところで、ここに出てきた店の中で、
できたら行きたいなーと思ったとこが2つある。

1つは、壬生。

でも、ここは、行ってみたいけど、
腐人ごときが及ぶとこじゃないのはわかってる。

もうこの領域までいったら、
まさにおかみさんがおっしゃってたように、
「客」じゃなくて、「パトロン」だよね。


もう1つは、店名が書いてなかった
東京のうまい天麩羅や。

師匠に江戸前天麩羅の旨いトコ、
ってのは、前から言われておるのだが、
寿司屋ほど、「ここ!」って店が見つかってないんだよぅ!

なので、ついいつも串揚げになっとるんだが…。

くそぅ!たぶんあの辺だと思うんだが、
あの辺って、ホントわかんないんだよぅ!!
うえーん



そういえば、訳者さんがゆってはったとおり、
ところどころ、外国人特有の勘違いがある。

あえてニヤリとしてもらうためか、
そのままにしてあるので、
それもまた楽しめる要素ではある。

でも、ちょっと心配なのが、それを読んだ外国の人が、
「そうなのかぁ!」
と、間違ったまま納得されたらどーすんだろってことだ。

カッコで注として、
正しい知識を入れて欲しいけどな、腐人は(~_~)。

だって!

タコヤキのことを、
タコ入りの小さなドーナツとか!!

お好み焼きのことを、
いろんな具がはいってるパンケーキとかゆってんだもん!!

ちっがーう!!
どっちも生地は甘くない!!


あと、腐人は麺食いなんだが、
そのなかでもこよなく「うどん」を愛しているの!

なので、栄養価がないってだけで、
こんな糾弾を受けるのが許せん!!!

マイケルさん!
もし今度、日本にくることあったら、
讃岐にいって!

食べるってのは、
栄養摂取だけが目的じゃないんだってのを
わかってくれ!!

うどん食べたら、幸せになるのよ!!



最後にちょっと真面目な話。

血族がよく言うのだが、
海外の料理と日本の料理の最大の違いは、
食感に対するこだわりだと。

マイケルさんも、日本にきていろいろ食べて、
食感のバリエーションの広さに驚いていたが、
言われてみたら、確かに日本食ってのは、
味だけじゃなく、食感についても幅広い。

できればそこらもあわせて日本食ってもんを
世界に知らしめて欲しいんだがなー。

そう…それがわかれば、
うどんののどごしのすばらしさがわかるはずよー!!!
   ↑
  よほどうどんを褒めてもらえなかったことが
  悔しかったんだな、腐人…。


ま、なんにせよ、
非常に楽しい一冊でした。

(1037)一般本 『英国一家、日本を食べる』 マイケル・ブース、寺西 のぶ子
[ 2013/11/01 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。