或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年11月 ]
10 | 2013/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宿題やりましょかー

昨日見損ねたペアのフリーを録画してみた。

いやーすげぇよ、
タチアナ・ボロソジャールちゃんと
マキシム・トランコフくん。

女子がちっこいのが主流のペアカップルのなかで
タチアナちゃんは、
アイスダンスの選手なみの大きさなんだが、
そんでもガンガンリフトされるわ、
ツイストリフトで放り投げて空中キャッチされるわ、
飛ぶタチアナちゃんもすげーが、
受け止めるマキシムくんもすげー。

このカップルは確実にソチにでてくるだろうから、
みものだわぁ…。

どーでもいいけどフリーのあれは、
ジーザスとマグダラのマリアなのかなぁ??


では、宿題のお片づけをば。

(1069)BL/リンクス 『狂おしき夜に生まれ』 和泉桂
  なんだかんだいいながら、
  千年血脈が続いてるってのはすげぇよねぇー。
  こんだけゲイ多出してんのに。

  にしても、暁成の呼び名が微妙だなぁ(^_^メ)

  さすがにこのネタで、
  一般に使われてるやつは使いにくいわな。

  糖分っちゅーより、水分過多じゃないかと思ったのは
  腐人だけっすかね。

(1070)同人誌 『kids』 桐嶋リッカ
  た、たまらーん!!!
  カズアキさんの絵で、ひーちゃんを見たい!
  見たい!見たい!見たい!!!

  にーにに、あーんしてるのとか!
  べたぁとくっついてるのとか!
  
  ああ、超かわええやろに…。

  ってか!
  家族にしか見えないっても、
  こんな子やばいやん!!

  おじちゃんの家に
  とぉっても珍しくて美味しい果物があるんだ、
  ひーちゃん食べにこない?
 
  っちゅーたら、簡単に釣られそーじゃん!!!

  っつか、はぐれたらご飯のあるとこにって、
  それは正しい教えなのか…?
  
  まーこんなかわいい子が、
  積み上げられたフルーツの山みて、
  口あけてたら、いろいろもらえそうな気がするな。

  あ、でも見えないのか。
  うーむ…この技はいいのか悪いのか(~_~;)
  
  ま、ここん家は、
  一尉がやる気になりさえすりゃー
  計画通りに進むんだろうが、
  中目黒はどーなんかねぇ?

  あっちには計画はない気がする…。

  でも、にーにとひーちゃんの同級生ならいいなぁ。
  そんな保育園、ショッター腐人にとっては、
  天国だわ

(1071)BL/ディアプラス 『カモフラージュ ~十年目の初恋~』 いつき朔夜
  10年…すげぇねぇ。
  劣化せんのかね。

  ってか、個人的にはこの臭そうな舞台に萌えですが、
  (でも、ガラス張りの向こうから覗くがいい…)
  まーここと監獄生活の経験つんだら、
  汚部屋とは無縁になる生活習慣が
  いやでも身に付くよなぁ。

  防衛医大の奉公期間って
  どんくらいなのかが気になって
  調べてみると、9年なんだそうで。
  そーすっと朝倉は自由になるには
  まだまだかかるなぁ。

  にしても防衛医大に現役合格は
  かなり大変みたいで。
  試験が11月だから現役だと
  よほど優秀じゃないと…らしい。

  ふーん。

  たまたま先日、友人と、
  「恋は、遠い日の花火ではない」的な、
  いー歳になったおっちゃん、おばちゃんたちが
  子供も手を離れ、久しぶりにいった同窓会で
  初恋の君と出会って、不倫にゃならんが、
  自分もまだまだよねーな駆け引きを楽しむんだよー
  っちゅー話題で盛り上がった。

  こっちの再会までの年数は、
  この二人の10年どころじゃないんだが
  もし10年じゃなく、もっともっと年数たってても
  そんでももう一度火がついたんだろか。
  
(1072,1073)マンガ 『重版出来! 1、2』 松田奈緒子
  気にはなってたんだが、
  腐人の勘違いがあり、ちょっと手を出しあぐねていた。

  勘違いって何がかとゆーと
  松田奈緒子さんを、
  『ママゴト』の松田洋子さんだと
  思い込んでたんデス…(-_-;)

  どんだけ人様の名前を覚えないんだ!腐人!!
  スミマセン…。

  『ママゴト』は、
  負の連鎖がどーしても許せない腐人としては、
  どうにも前提が受け容れ難い内容だったんだよね。
  
  だから、この『重版』
  そっちかなぁ…とか勝手に思い込んでいたのだ。

  ただ、気にはなってて、見かけるたびに
  後ろ髪をひかれていた。

  で、先日、試し読み小冊子を読む機会がありまして、
  パラ見した瞬間、捕まった。

  これ、おもろいです。
  グッドです。
  本という存在を愛してるもんには、たまりません!!

  ってか、超リアル…。

  1話目の面接にいた小島くん。
  そう、まさにそのとおり。
  これは一番採ってはいかんタイプ。

  ダメだこの会社は、俺の能力を生かしてくれないぜ!
  と勘違いをして、転職をくりかえしてくれたらまだいいが、
  ぶら下がり社員になって不良債権化すんね。

  採らないがベストな正解、
  採っても試用期間でグッバイアデューがベターだね。

  4話目の母ちゃんの台詞は
  恐らく担当のヤマウチさんが
  実際言われたんでないですか?

  いわゆる普通の人としての生活捨てなきゃ
  やってらんねぇ仕事だよねー。
  だから心底好きじゃないなら
  この仕事やらないでほしい。
  
  岡さんと和田さんの部数会議のガチ勝負だって、
  お互いが本当にこの仕事を
  大事におもってるからこそなわけで。

  いいねぇ、熱いねぇ!
  こうじゃなきゃいかんよ、本をつくる現場は!

  あとさ、できたらここに入れてほしいのは、
  重版のタイミングに悩む流通部門さんの苦悩。

  以前、『リストラなう!』を発端とし、
  『どすこい 出版流通』など書籍流通の類を読んだことがあるが、
  こちらはこちらの苦労がある。

  売り逃されることはしたくないが、
  客の波はいつ引くかわからない。
  この駆け引きの難しさと、
  結局、どれだけIT化が進もうと、
  読者の手元に届くには「物流」が必要で、
  そこをいかに縮めるかってことにどれだけ腐心しているか。

  そーゆーとこまでやってほしいっすねぇ。

  2巻で電子書籍の話がでてたが、
  腐人も電子嫌いなんだよな。

  ビジネスで、どんだけペーパーレス、ペーパーレスゆっても
  仕事の現場からペーパーがなくなってないように、
  本の現場からも紙がなくなることはないと
  腐人も思う。

  ただ、同時に、日本は恐ろしいほどの出版点数が
  あるのもわかってるので、
  電子書籍の必要性ってのもわかる。

  ここをどう共存していくのか。

  あかん…3巻がはよ読みたい…。
  
(1074)マンガ 『フットボールネーション 5』 大武ユキ
  『おおきく振りかぶって』が、
  スポーツ理論でやる野球だとすると、
  そのサッカー版がこれだよな。

  ただ、そんだけのことを言うならば、
  それを違えず絵にせにゃならんわけで。

  そこが大武さんのすごいとこだよなぁ。

  そいや、この選手一人ひとりが
  それぞれの場面でどう考えてるか、
  それを文字化するってのは、
  恐らく女性作家だからではなかろーか。

  その辺、男性は具体的に文字化するの
  あんま巧くないんだよなー。

  でも、女性が感覚だけでそれやっちゃうと
  感性に頼るところが大きくなって、
  男性が読むと、感覚的過ぎてわからん…となる。

  これがおもろい理由の1つは、
  その男性感覚と、女性感覚が
  すごくいい按分に混ざってるから。

  『おおきく振りかぶって』もそうだよね。
  ただま、あっちは絵がここまでじゃないが、
  マンガは絵も重要だけど、絵ではない、からねー。


  そう…これは、顔の美醜が
  なんかすごいことになってきてんのよ…。
  このジャイ●ン鼻、少女マンガじゃ無理だよ…。

  本当は、これだけの指導を、
  部活だのやってるレベルからしてほしいんだが
  恐らく指導者側がそこまで育ってないだろなー。
  
  指導者こそ、勉強が必要なんだがな。
  これ読んでほしいっす。


続いて昨日の読書録。

●9日 
(1075)マンガ 『食戟のソーマ 1』 附田祐斗、佐伯俊、森崎友紀
  あと1冊ーと探してて、
  あら、少年漫画でよく読まれてるの?
  じゃぁと借りてみたんだが……。

  なぜにエロ?
  まぁ視床下部で隣り合わせの欲だがさ。
  
  王道だなとは思うが、
  おもろいなとは思わないし、
  得るもんあるなとも思えないんで、
  以上、終了。
  
(1076)マンガ 『ボールルームへようこそ 5』 竹内友
  おーやっと素人配慮がでてきたな。

  誰しもが競技ダンスの知識あるわけじゃないんで、
  そこ、教えてくれる構成にしてくんないと、
  魔球パターンのスポーツマンガなんだよねー。
  腐人が嫌いな。

  っても、対象が少年だと、
  あまり薀蓄ばっかでも読んでもらえんのかな?

  『ハイキュー!!』とか、
  『ヒカルの碁』とかは、
  その辺の処理、絶妙に巧いんだよなー。

(1077)マンガ 『JADE』 びっけ
  うむ。
  『あめのちはれ』がおもろかったので
  読んでみたんだが、
  うーん……。

  悪くはないが、うーん……。
  これを1冊目にしなくてよかったわ。
スポンサーサイト
[ 2013/11/10 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。