或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2013年11月 ]
10 | 2013/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロシア大会SPとフランス大会FS

フィギュアのGPシリーズ、
フランス大会のFSとロシア大会のSPをみた。

これは…すげぇ…と思ったのが、
パトリック・チャンくんと、
ユリア・リプニツカヤちゃん。

腐人はなりきりプログラムが好きなので、
プログラムそのものとしては、
パトリック・チャンくんのより
羽生くんや高橋くんのが好きだ。

でも、パトリックくんのって…
この重箱の隅をつついては、粗を探し、
障子の桟に指を走らせては、嫌味をたれる腐人ですら、
ケチのつけどころがない…。

そもそもが全体のスピードがすごくあるのに
その上であんだけやるかー!ってのがもう…
「あの、実はサイボーグだったりします?」

普通の人は、例えば時速5キロ(例です。現実どんなもんか知りません)
それをベースに
曲調がゆったりしたら3キロ(例)に減速し、
アップテンポになると8キロ(例)にする。

でもパトリック君の場合は、減速がない気がするんだよなぁ。
で、ゆったりの表現は、上半身や全身の動きであらわし、
アップテンポになるとスピードと動きのキレをあげる。

だからか、全体の速度が最初から最後まで落ちず、
他の選手の4分半より、短く感じるんだよな。

でもそうすると、運動量が半端ないよなぁ。
たぶん、基礎的な体力や肺活量がすごいんじゃないかなぁ。


でもって、ユリア・リプニツカヤちゃん。

なんか…今、ロシアの10代の女子選手が
ものすごくでてきてるが、
腐人は、ユリアちゃんとエレーナ・ラジオノワちゃんに
かなり注目している。

あ、今、GPファイナルの女子選手決まったみたいで
6人中4人がロシア選手だそうだが、
腐人の注目は、ユリアちゃんとエレーナちゃんなの。

というか、残りの二人の演技がいまいち思い出せない…。

ユリアちゃんとエレーナちゃんは、
腐人は対照的だなぁと思ってみてる。

もってる雰囲気が、
ユリアちゃんは陰で、エレーナちゃんが陽。

それを二人ともよくわかってんだよなぁ。
っつか、その性質を見抜いて伸ばさせてる
コーチがすごいのか?

まさにロシアの凍てついた大地、白銀の雪景色
そんなのが、ユリアちゃんが演技してるとき
向こうにみえるんだよな。

一方のエレーナちゃんは、
火の鳥とか春の祭典に象徴されるような
ユリアちゃんと対照的なロシアの明るく強い雰囲気があって
それが、まだ14歳なのに表情や全身から発信されてるんだ。

まだ、トータルの世界観をつくるって部分が
弱い気がするが
この先、どう化けてくるかが楽しみでならん。

今、10代でスケートやってる子らは、
この二人にどう立ち向かうのかねぇ。


続いて、フランス大会の羽生くん。

よく引きずらなかったねぇ。

まぁ、前から度胸があるというか
肝が据わってるところがあるからなぁ。

話かわりますが、ロミオって、
腐人は思い込みの激しい直情バカだと思ってんだよな。

あの当時の16,7って、
平均寿命から逆算すれば今で言えば25,6だよなぁ。
いやもっとか?

一人前の大人として認められ始めたはずだが、
まだまだ青さが丸出しで、
惚れたーったら一直線、
むかつくーったら一直線、
うわぁ死んじゃったーと思ったら一直線。

変化球なんか知りません、全て直球勝負です、
って感じがしてんだよね。

2年前のがそれが強くでてたよーな感じがするなぁ。

そして、最近。
羽生くんに投げられるプレゼントといい、
リンクサイドのオーサーコーチのショットといい、
キス&クライでのカメラといい、
やったらプーがでばってる気がするのは
気のせいだろうか…。

あ、あの…今、腐人の脳内では
エキシビションで、
東京のディズニーランドで売ってる
プーのかぶり帽子をかぶったオーサーコーチと
クリストファー・ロビンになった羽生くんが、
手を繋いで、プーの曲にあわせてステップしてくんないかなぁ
っちゅー妄想がほとばしっている…。

プーのラストは腐人のバイブルなのよー!!

いろいろ無理があるのはわかってんだが
見たい……。



それからロシア大会の町田くん。

このエデンの東のプログラムは好きだなぁ。
曲のもりあがりやテーマが
ホント町田くんにあってる。

こういっては失礼なんだが、町田くんには
高橋くんや羽生くんのような華がない。

でもって、織田くんのような
コミカルさが似合う強い個性があるわけでもない。

それでここまで上ってきたってのは、
苦しいほどの努力と頑張りを
積み上げてきてるんだと思う。

それを今、このプログラムで表現してんじゃないのかな。

強いていうなら、その最後の最後にあるものは、
未来への希望だと思うんで、
その希望を感じさせる表情、ここがラストにほしいかなぁ。

それこそユリアちゃんのFS、
シンドラーのリストの冒頭とラストの表情、
あれ、すごいんだよ。

あーゆーの、ほしいなぁ。


あ、いかん。
もうすぐロシア大会のFSじゃん。

風呂はいってこんと!

ってことで今日はおしまい。

スポンサーサイト
[ 2013/11/23 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。