或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年01月 ]
12 | 2014/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

♪こ・れ・は コイ~?

久々にチャリンコに乗ろうと駐輪場にいった。
するとタイヤがぺしゃんこになっていた。

まー、長い間乗ってへんかったから、
空気が抜けたんかいのぅ・・・と、
空気入れを取りに戻り、空気をいれようとしたところ、
なんかが変なのだ。

そう、タイヤのチューブからののびてるバルブの先っちょにある
口金部分がスコンとなくなっとるのである。

それも前輪も、後輪も。


名称がわからんので、説明がわかりにくくて申し訳ないが、
タイヤの空気入れんとこって、
黒いゴムキャップでフタしてあるやないですか。

実はあの黒ゴムキャップ、
別に空気が抜けないようにっちゅー
フタでもなんでもないんですよね。

どっちかっちゅーと防護カバー。

で、何を防護しとるかというと、
その下にある、
くるくるまわして取り付ける口金の防護なんですよ。

その口金が締まっとることで、
バルブから空気がもれることなく
タイヤがパンパンのまま走れる
っちゅー構造になっとるんですね。


ほんで、今回、腐人のチャリは、
この大事な大事な口金がのうなっとったんです。

だからバルブを閉じるもんがないから、
空気がぬけてぺしゃんこになるのも当然なんですが。


これ・・・・・・故意ちゃうの?

ってのも、自然に、なんかの反動とかで、
その口金だけがどぴゅーん!と、お空を飛んでった・・・
なんてこと、考えにくいんですわ。

なんでかといえば、
ここって、ゆーてみたら、
風船の空気が漏れんように括ってる部分やから、
そこがもし、突然なくなってしもたとしたら、
すぐに風船はぷしゅるるるる~としぼむでしょ?

せやから、もし、腐人が前に乗ってたときに
どっかで自然に落としたとしたならば。

そこから数mもいかんうちに、
タイヤがベコベコになって走れんくなるはずやねん。

でも、そんな覚えはからきしだ。

ってことは、この外から入りたい放題に入れる駐輪場に
停めてた間に、誰ぞによって、口金だけもってかれたとしか
考えられんのである。


ただ、根拠もなく人を疑ってはいかんだろーと、
チャリンコに詳しい血族にきくと。

「そら、故意やで」

・・・やっぱりそうか・・・。


ちなみにベコベコタイヤを押しながら
チャリンコ屋にいってみせると

「あらー悪質な悪戯ねぇ。
 前輪も後輪も?」

と即、言われた。

一応、人の善意を信じてる心キヨラカ乙女なんで
(この文章のどこが間違ってるか答えなくてよろしい)、

「自然にポロリとか外れませんかね?」

ときいてみたらば。

「や、それは無理。
 ここは、回さないと外れないところ。
 どうみても意図的に外してるよ、これ」



・・・・・・ひどい!ひどすぎるわ!!!

幸い、タイヤや、中のチューブは無事だったようですが、

「じゃ、1600円です」


・・・・・・ぶ、文庫が2~3冊買えるやないかーっ!!!
マンガなら4冊!!!
ノベルズでも2冊買えるわーっ!!!

どこの誰じゃ!
でてきやがれ!!!
手討ちにしたるわー


  
スポンサーサイト
[ 2014/01/21 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。