或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年01月 ]
12 | 2014/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お話宝玉選の代わりになるか?

以前、姫がいるときに図書館にいこうとしたら
「姫が読む本、かりてきてねー」
と言われたので、児童コーナーをぷらぷらしてみた。

すると、こんな本をみつけた。

『新版 母と子のおやすみまえの小さなお話365』

パラパラとみてみると、
日本の昔話や、アンデルセンやイソップの童話などが
1ページないし2ページにまとめられて、1日分、
となってるお話が365話載っていた。

他に、手遊び歌や、昔話にでてくる、
今の都会暮らしの子には「?」な古民具の説明
などのページがある。

季節季節の前に、ちなむお話が設定されてたりして、
なかなかにくい構成だ。

難点を言うとすると、2つ。

1つは、ちょっとざっくりまとめすぎ。

「フランダースの犬」が、
たった2pってのはちょっと・・・(~_~;)。


2つめは、ルビが多い。
正直、読みづらいっす・・・(-_-;)。

子供自身が読むわけじゃない、
子供への読み聞かせ設定なら、
ルビぬいてもいいんでは?
とか思ったが、
標準母親のレベルが、こういうルビがなきゃ読めない時代に
なっちゃってるんだろうか・・・。

まぁ、順当に考えたら、
長く読んでもらう本として、
ひらがなが読めるようになった子が、
今度は1人で読み出したときのために、
ルビうっとこう・・・ってことかなと思うけど。


ま、それはともかく。

腐人は、人生で今まで読んだ本の中で、
もう1度読みたいものをあげろといわれたら、
いの一番に、
『お話宝玉選』!」
というほど、
『お話宝玉選』が好きで、
もし、今、一般売りされてれば、
友人の子供らに、嫌がられようが、
押し付けプレゼントしたいと思ってるぐらいなのだ。

なんでかっちゅーと、この本を読むだけで、
古今東西の押さえておくべき教養基礎知識が
手に入るから。


そらね、論語だって、韓非子だって、
聖書だって、イソップだって、
宇治拾遺物語だって、
原本を読んだ方がいいのはいい。

っても、それをするのは、正直ハードルが高いでしょ?

でもって、そーゆーのしかなかった時代とは違い、
今では読んでも読んでも追いつかないぐらい
たくさんの本がある。

だからこそ、こういう要点を押さえた
おもしろく、楽しく、とてもためになる本の存在が
たまらなくありがたいんだわ。

しかぁし、とっても残念なことに
『お話宝玉選』は、
今、中古品を、超高値で買うしか入手方法がない。


マジで買おうかなと思ったりもしてんだが、
この『お話宝玉選』
編纂が何度か変わってるんですわ。

腐人は、腐人が読んだ、
ジャンルがむちゃくちゃバージョンを読みたいんだが、
中には、ジャンル別に編集されてるもんもある。

それは一度、図書館で入手して読んだが、
おもろくないのー!
やなのー!
むちゃくちゃバージョンがいいのー!

となると、いくつか出品されてる中古本の
どれが腐人の望みどおりなのかが、わからんのよねぇ・・・。

質問メールだしてみたらいいのか?

でも、価格が諭吉・・・(-_-;)

本代は惜しまない腐人だが、
これはちょっと躊躇する・・・。


そういう意味では、この
『新版 母と子のおやすみまえの小さなお話365』
2000円というお手ごろ価格。

姫のために、借りて帰るか、
それとも、今度、
誕生日かクリスマスかお年玉であげるべきか?
と、しばし悩んだんだが、
まぁ、借りるはタダなんだから、
いっぺん借りて帰って、姫ママにみせてみようと
借りることにしてみた。


で、腐人の部屋に転がしてたんだが、
なぜか血族たちが手を出してくる。

血族らは『お話宝玉選』を知ってるので、
物足りないってのが多数意見だったが、
まぁ、あらすじを知っとくってレベルなら
これでいいんじゃね?
という結論だった。

姫ママにみせたところ、
買おうかどうしようか悩んでたとこらしく、
じゃぁまぁいっぺん読んでみて考えたら?
ってことになった。


腐人としては、これも悪くないけど、
やっぱ、『お話宝玉選』
復刻してほしいなぁ・・・。
ジャンルむちゃくちゃバージョンで。

でも、望み薄だしなぁ・・・。

諭吉が1人でていくが、
古本は、出会った時がお買い時。

あれを押さえてしまおうか。
でも、あれ、当時の価格、
2000円ぐらいだったんだよ・・・(;O;)。

引越しがなければ!
ああ・・・なぜ手放してしまったのか・・・(T_T)

うーん、どうしよう・・・。
悩める乙女、腐人ちゃんである。

スポンサーサイト
[ 2014/01/27 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。