或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年01月 ]
12 | 2014/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フィギュアの話をだらだらと

仕事関係の若い子らが言う。

「ソチ興味ないけど、フィギュアはみるー」

ま、そうだよねー。
腐人はあと、男子アイスホッケーがちとみたい。

NHKもその準備なのか、NHKスペシャルで
いろいろ特集をしてくれるので、
見落とさないよーにせにゃいかんが、
気づくと終わってんだよ・・・(-_-;)

2/2は男子の二人なので!
なんとか!忘れんと見んと!!


で、日中に古いやつとかやってたりなんかして、
こないだ荒川静香さんのをみた。

トリノの頃って、
ちょうど新採点方式が導入されたばかりとかで、
浅田真央ちゃんが、いとも簡単なよーにとってる
スピンのレベル4をとるのが
どんだけ大変だったかってのをやっていた。

ってのも、身体に前の採点方式の感覚がしみついてて、
そこからの脱却が大変だったみたいなんだな。

そして、今の採点方式だと、
ほんとにきっちり決まってるので、
感覚で、あ、回れたと思っても、
「1回たりませーん、ブー、レベル3-」
とかになるようで。


腐人もええ歳なので、
もう自分の頭の中で出来上がっちゃってるもんを
「ここはきっちり90度にせんと、
 できたと認めません!」
なんて今更言われてもねぇ。

「無理!直らんがな!
 ええやん、テキトーで」
と言い返したくなる。

浅田真央ちゃんなんかは、
この新ルールになったのと同時期に
シニアで滑り出したので、
たぶん、荒川さんより、
すんなり導入でけたんちゃうんかなぁ。


それにしても、今、木原音瀬さんがブログで
フィギュアの観どころ解説をやってくれてはんねけど、
あれを読めば読むほどわかんなくなるとこがある。

あれみてると、真央ちゃんが圧倒的に高得点ゾーンなのに。

なんで、たまに負けてるんだろ?


まぁそこには、素人目には跳べてるじゃん!と思っても、
エッジエラーだの、
回転不足だの(どんぐりこってゆってたな、真央ちゃん)、
技術採点員さんの目には
「跳べてなーい」
となるとこがあるんだろうけどさ。

そこが、出来映え点たらゆーのに関係してくんのかな??

それと、
こないだ紹介した『トップスケーターの流儀』
鈴木明子ちゃんは、昔から、
ファイブ・コンポーネンツが高くでる選手だった
ってのが書いてあったが
(同世代の中野友加里さんはジャンプで高得点をとるタイプ)
やっぱり、そこのところだろうか。


ただ、荒川さんのNHKスペシャルでゆーてたのが、

技術要素を大きくわけると、4つ

●ジャンプ
●スピン
●スパイラル
●ステップ

で、基礎点をみると、
スピン、スパイラル、ステップより
圧倒的にジャンプが大きいんだが、
荒川さんはそんなにジャンプがお得意じゃないってことで、
スピンをレベル4にすることを目指された、
っちゅーんだったかと思う。


いかんわー、
ネギ焼きを焼きながら見とったから、
なんかポロポロポロポロ、記憶に穴があいとる。

ただ、大筋は間違ってないと思うんだが、
そのNHKの解説によれば、
やっぱジャンプの強い選手が有利・・・な気がするんだが、
どうなんだろ。


そういや木原さんは女子しか解説してくれてはらへんが、
男子もして欲しいですー!木原さーん!!

腐人は、最近、男子のが好きなんだい!
やっぱ、スケーティングスピードが違うんだもん。

でも、スピンは女子のが
美しいし、ポジションにバリエーションがあって好きー。


そいや、今日?か昨日かの、
コンビネーションジャンプのとこで、
「3-1-3」の話をしてはったが、
この「3-1-3」は、男子ではよくみるんだよなー。

やっぱ筋力差ですかねぇ?


男子といえば、
今、すっげー気になってるのが、
ミハル・ブレジナくんがソチに出るのか出ないのか。

GPシリーズでは、不完全演技しか見られてないのが
腐人は、すごぉぉぉぉく不満なんだー!

ってのも、あの選曲っちゅーか、
編曲が、すごく気になってんですよ。

なんか、やったら耳につくー!!と思ったら、
ボレロと同じく、
メロディラインは同じものの繰り返しで。

まさにサビなし状態だから、どう表現するのか
すごーく興味深くて、注意してみてたんだが、
いざ滑ると、いつもぽてんぽてんコケまくってたので、
頼むから、完成形を腐人にみせて!!と
ずーっと思ってたんだよなぁ・・・。

じゃないと、何がしたいのかがわからんのだもの。

見られるかなぁ、見られるといいなぁ。

・・・すんません、
腐人は誰が金メダルかはかなりどーでもよく、
全員の、ノーミス完璧演技の競演が見たいのだ。

腐人は、美しいものがみたいのよぉぉぉぉ!!!


美の追求といえば、ルールがどう変わろうが、
うつくしい体操にこだわって、
結果、ジャッジをねじ伏せたよーに腐人には見える、
内村航平くん。

フィギュアの皆さんにも、
彼のように自分の絶対譲れないところは断固として守って、
なんだかんだっちゅーて、すぐに
いちゃもんつけてくるジャッジをやっつけて欲しいなぁ。
    ↑
   これこれ、ケンカを売ってはいけません


得点より、
どんだけ感動させてくれる演技をみせてくれるか。
どれだけ記憶に残る滑りをしてくれるか。

ゆっちゃーなんだが、
トリノの荒川さんの、あのイナバウアー。

あれに匹敵するものを、腐人は求めてるのー!

ってことで。
皆さん、よろしく!
   ↑
  いやな観客やなぁ・・・
 

スポンサーサイト
[ 2014/01/28 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。