或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年01月 ]
12 | 2014/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テレビウォッチャー・ツー

●STAP(スタップ)細胞と温泉

腐人は今朝のワイドショーで知ったのだが、
なんか大騒ぎになってますなぁ。

正直、その内容の詳細を読んだが・・・・・・
腐人の貧弱脳では大筋しか理解できん。

大筋、それは
「弱酸性のお風呂にはいったら、
 細胞が若返って初期化する」。

ああ、なんていい加減・・・。

ま、それはともかく、この大筋をきいて思ったのが
「これって、日本じゃ、昔から
 美肌温泉とか、湯治ってゆって、実践してね?」

である。

理解が間違ってる可能性は非常に高いのだが、
そう遠くもない話じゃないかと思うのだ。

もしそうだとすれば、腐人はこれを機に、
日本のお風呂の素晴らしさを
ぜーひぜひぜひ喧伝していただきたいんだがな。

あー…でも、
そんでマナー知らずの客が増えるのはヤだ・・・(~_~)

日本人でも、風呂マナーがなっとらんひどいのおるからなぁ。


●利他の心と、自己陶酔


自己満足にすべきか、自己陶酔にすべきかと
一瞬悩んだんだが、たちの悪そーなほーにした。

だって、迷惑なんだもん!

「未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~」をみていたら、
今、中国では稲盛式経営が流行ってるとあった。

要は、蝗害営業とでもいえばいいのか、
何でもいいから売らんかなで、
強引に顧客の都合を無視してやってきた結果、
当然のことながら、客離れがおこり、
ようやく自らの行為を省みようとなったらしい。

で、その指針として、稲盛和夫さんの経営哲学を導入しよう
っちゅー流れが起きてるって話なんだ。

京セラ名誉会長の稲盛さんといえば、
現代日本の名経営者として有名な方だが
実は、腐人、稲盛さんの著書って、
1冊も読んだことがなかったりする。

なんでだったら、
なーんか直感的にあわない気がしてるから。

実際んとこは、どーなんだろなー・・・。
ホントは、1冊でも読んでから、
あーだのこーだの言うべきなんだろう。


ただ、稲盛さんが提唱する「利他の心」、
これがなぁ・・・腐人の腑に落ちないんですよ。

「利他の心」ってのは、テレビでやってたのによれば、
「他人のためになるかを考えて行動する」ことらしい。

「他人のため」ねぇ・・・(~_~)。

そーいや、番組で、SHELLYさんが稲盛さんに会って
インタビューするってのがあったんだが、
なかなか「お!」ってな質問をぶつけたんですよ。

稲盛さんのおっしゃることが
「きれいごとに聞こえる」ってね。

腐人としては、そのときの稲盛さんの表情、
あれを見られただけでも、あの質問は意味があったと思う。


で、話を「利他の心」に戻しますが、腐人はこれ、
もしあのSHELLYさんのように直接インタビューできるなら
「『利他の心』とおっしゃいますが、それは、
 自己満足とか自己陶酔と、どう違うんでしょう?」

をぶつけてみたい。

っちゅーのもね、
腐人はこの「利他の心」ってのを聞くたびに、
2つのことがひっかかんねん。

まず1つめは、
「利他」ったって、結局は、自分のモノサシで
「ああ、これは他人のためになることだ」
って判断してるわけやん。

それって、ありがた迷惑、いわゆる善意のおしつけ、押し売り
そーゆー場合もあるわけで。

その人は、それをやって「俺はやったぞ!」とか思ってても、
やられた側には、
「いらねぇんだよ、こんなもん。
 余計なことしやがって」
と思ってる人がおらんとも限らんやろ?

そう思う人と、そう思わない人が両方いるような場合、
自分に都合のええ一面だけしかみてないことあらへんか?
結局は、やったっちゅー自分に満足してるだけじゃね?
と腐人は思うのね。

そら、そう思わない人がいるなら、
やらんよりやったほうがええと思うの。

でも、それを自己満足とか自己陶酔といわないで、
「利他の心」っちゅーのが気に入らんねん!

「これは所詮、自己満足ですから。
 それでこんなに喜んでくれるなんて、ありがたいことですね」
っちゅーてくれたら、
ふんふんと聞けんねやけど、
そこで「利他」とか言われっと、腐人はカチンとくる。

謙遜っちゅー日本語はご存じない?

どんだけ、自分が鼻についとるんかを認めろや!
と思っちゃうのー・・・。



それから2つめ。

「利他」っても、結局は自分がそのんが落ち着くから、
そういうことないか?と思うの。

例えば、マザー・テレサ。
あれほど利他な人はおらんと世間的にはなっとるんだろう。

でもさ、うがった見方をすりゃね、
飢えたニンゲンの横で、
自分が分厚いステーキを食うのは居心地が悪かった、
もしかしたら、ただそんだけだったかもしれないじゃん。

それって、「利他」なん?
自分の心の平穏のため、ちゃうのん?
と、腐人は思うのねー。

って、前にも書いたっけ?

まぁ、これも、
結果的に喜ぶ人がいりゃ、そんでいいんじゃね
とは思うんだけど、それを「利他の心」とか言われると、
腐人はひねくれもんだから、
上に書いたように反発したくなんのよねぇ・・・。

自分に酔うとるだけちゃうのん、と。


昔、座禅を組んだときに、
その後の説話で
「下見て生きれば、宝船」
と言われたことのが、よほど腑に落ちるんだわ。

あと、十二国記の『図南の翼』
腐人は、この珠晶の言い分に
ものすごく納得がいくの。

ニンゲンの本質って、こっちじゃねぇの?


ま、なにはともあれ、中国人に
「他人のためになるかを考えて行動する」っちゅー
「利他の心」が育って、周辺諸国や国内他民族への態度を
変えてくれるとええが、
果たして、そんな日がくるんだろうか???


●ドラマから全スポンサーが撤退するということ


その内容で物議を醸してる「明日、ママがいない」。

腐人はまったく見てませんが、スポンサーが次々に降り、
とうとうCMを見合わせるってな話をきいた。

したら、CMなしで、ぶっとおしで放映すんのかな?
と思ってたんだが
昨日、たまたまテレビをポチッとつけたら
ちょうど放映中のCMのところで、
一応流れてんじゃん・・・と思ったら、ACだった。

なるほどー、全スポンサーが撤退すると、
こーなるわけか。

そういや震災直後もそうでしたな。
なるほどね。

にしても、降りられちゃった場合、
ギャラやら制作費やらは、別のとこから
持ってこんならんわけだが、
でかい会社の、それもテレビだからできるわけだよねぇ。

ああ、羨ましい・・・

スポンサーサイト
[ 2014/01/30 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。