或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年02月 ]
01 | 2014/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「俺のフレンチ」に行ってみた 2

昨日のブログを読んだ師匠から、
「飲まない人が行って、はたしてどうなの」
と言われたが、そうだよねぇ。

前に、この「俺の」シリーズ仕掛け人さんの本を読んだとき、
この店のコンセプトは、

「都心勤めの30代女性会社員が3名、
 会社帰りに寄って、ガンガン肉くって、
 ワインをガブガブ赤白それぞれ1本づつあけて、
 よっしゃー明日も頑張るかー!となる、
 立ち飲みとミシュランの星クラスのメシが合体したレストラン」

とあった。

・・・自慢じゃないが、
合致する条件がひとっつもねぇわ。

いつものよぉ~に本をお供のボッチ飯だしー
肉にはむちゃくちゃうるさいしー
酒、飲まないしー
店側にとっちゃ迷惑な客だよねー。

でも、居直ったオバハンに怖いものはない。

ちょっと余談になりますが、
先日、還暦超えた方と話をしてまして、

「結婚ですかー?
 そんな人生ドブに捨てるよーなことしないですよ。
 遊んでくれる友達もいますしね」

ってな話をしたらば、

「でもそれって女だからだよね。
 腐人さんぐらいの年齢の女性が友達と
 温泉とか、観光旅行とかいっても
 普通に見られるけど、
 もしそれが男性の集団だと思ったらどう?
 見てられないと思わない?」

と言われた。

「あーそうかもですねー」

と返しておいたが、内心では、

「や、全然いけるでしょ!
 BLでならバッチコイよ!
 嫁をおいてのW不倫とか!
 誰にもみられない旅先ならとか!
 個人的にはジジカプより、歳の差のが萌えるけど!!」

と思っていたことはナイショだ。

でも、リアルでも見た目がよきゃええんでは?

例えば、50代ではいまいち思いつかないが
(誰かいたっけ??)
40代の独身イケメンっちゅーたら
フクヤママサハルとタケノウチユタカ。

この二人連れとかなら、
全然オッケーじゃないの??

まーこーゆーのが男の閾値の高さなんかね。


さて、話を「俺のフレンチ」に戻そう。

コスパがいいと言われるここのメニュー。
腐人もそれを食うのが楽しみでやってきた。

のーだーがー。

はっきりいっていい?

メニューが不親切すぎ!

まーこれは非常に難しいとこなんだけどさ。

例えば、本当にミシュランの星クラスだとしたら、
そのメニューは、あたかも詩のようなもんになるでしょ?

ホタテ貝と根セロリ フレッシュトリュフのサラダ、
なめらかな根セロリのヴィネグレットを添えて


これはジョエル・ロブションのメニューの1つだが、
みただけで素材と調理法がわかる。

でもって、店の格からして、
お値段7600円なんだが、まーボリュームは期待できんのも
推測できる。

食べるのがもったいないぐらい美しいだろうけどさ。


一方、町の定食屋だったり、チェーン店だったりすると

焼き魚定食 850円

このサンプルが店頭にあったり、
メニューに写真があったり、
最悪、字だけでも、出てくるもの(白飯、魚、味噌汁、小鉢ぐらい?)や
そのボリュームの予想がつく。


それが、どっちもないんだよね、このお店。

BISTROだから、
どっちかっちゅーと定食屋なんだろうけど、
例えば腐人が悩んだ

「アンチョビポテト」

揚げてんのか、ふかしてんのか、
炒めてんのか、ゆでてんのか、
これだけじゃわからん(~_~;)

ポテトはボリューム読み間違えると
かなり苦しい素材なので、躊躇しちゃったんだよねー。

1人だと、食えない調理法とか、苦手食材がくっついてくると
そこでアウトになるんだよ。

メインをホホ肉と思ってたから、
ホントはポテト頼みたかったんだけど・・・。


ってことで、
腐人としては、ここは問題では?と思ったこと。

●メニューからどんな料理なのかの推測がつかない
 (食べ物の好き嫌いが多い人、アレルギー持ちの人は
  これだと困ると思うー
  アレルギー持ちは、この先どんどん増えるぞ)

●コスパ自慢の店の場合、
 写真がないと、値段からボリュームが推測できず、
 どんだけ出てくるかがわからないので、頼み控えになる



まー、海外で飯食うときなんかも、
予算感やボリューム感、
つけあわせの常識・・・これ頼んだら、
おしんこがついてくるのは当たり前、みたいな話のこと・・・
とかが、わかんない。

そーゆーときは周りを見回して、
あんな感じかーと予測をたてるんだが、
今回、案内された席が、ちょうど柱の影で、
他の客のテーブルが見えなかったんだよね。


もしかしたら、
携帯で調べたらわかるだろ?
という感覚があるのかもしれないが、
腐人、携帯不携帯ニンゲンなのよ。

世の中には、携帯持たない人だっているんだから!

せめて、メニューの文字の横にちっちゃい写真を
のっけてくれたらいいのになぁ。


と思った理由がもう1つある。

しかし、時間がなくなっちまったので、
続きはまた今度ー。

・・・いつまでひっぱるよ、このネタ・・・(~_~;)。

すんません・・・
スポンサーサイト
[ 2014/02/28 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

「俺のフレンチ」に行ってみた

巷で話題の「俺のフレンチ」。

たまたま街に出る用事があり、ふと見ると
珍しく一人も並んでいなかった。

じゃぁ入ってみるかーと入ってみた。

イス席は予約のみとのことで
スタンドに案内される。

ま、それがこの店の特性だもんね、
文句は言えん。

正直、足腰が弱く、体力がない腐人には
立ち食いはきついのだが、
回転率の高さをよしとしてる店、
きっと料理がでてくるのも早かろうと
我慢することにする。

メニューをみると、
おつまみ、前菜、温菜、魚、肉、デザートなどの
カテゴリーがあり、全部で20種類ぐらい並んでいた。

ぼへーっとそれをみてたら、フロアの人がきて
飲み物を選んでくれという。
ワンドリンクオーダー制らしいのだ。

みると、フードメニューよりも明らかに充実しまくった
ワインリストがずららと一緒にくっついている。

酒飲みな師匠やIちゃんなら、見たら一発で、
品ぞろえや、コストパフォーマンスの
良し悪しがわかるんだろうが、
いかんせん、腐人にはアルコール分解酵素がない。

ずらずら並ぶワインをみても、
謎の呪文にしか見えん・・・(~_~;)。

ブタに真珠とはこのことだ。

ちなみに、ボトル価格なのかな?と思われる数字
(三千いくらとか四千いくら)が、
酒の名前の横にいろいろ並んでたんだけど
そのリストの上に、990円とある。
ん?999だったっけ?

興味ないんで忘れちゃったがそんな感じが
一杯当たりの値段らしい。

悪コールじゃない、アルコールだめなんですがー
というと、
じゃぁ、ソフトドリンクからどうぞと言われる。

みると、オレンジジュースや、
ノンアルコールのブドウ飲み物(単なるブドウジュースか?)、
ウーロン茶など、5種類ぐらいある。

大体400円ぐらい。

どーでもいいが、こーゆーとき、
どうして緑茶がないんだろう・・・。

ウーロン茶も悪くないけど、
こんだけしっかりした(というか重い)飯の場合、
すっきりするのは、緑茶か黒茶。

なぜにそれがないのか!!!
お茶党の腐人としては、常々文句がいいたい。

自分でいれるから、
ポットと急須くれって感じよー!!
旅館にあるあれ、があるといいのになぁ。


そのソフトドリンクメニューとにらめっこをしてたら
下の方に
「アミューズ300円をいただきます」
とある。

ほう。つきだしってやつね。
一口パイとか、野菜だといいなーと思ったのだが、
出てきたのは、チーズが3欠片・・・。

・・・・・・腐人はミルクが嫌いなんだー!(>_<)!
獣くさいじゃん!!
    ↑
   暴言はきまくりだな


臭みのない、
モッツァレラとかマスカルポーネなら
ギリギリ食えるんですが
でてきたのは、ハイジのチーズみたいなやつ。

呼吸を止めて口にいれてみたが、
やっぱりクサい・・・(T_T)

ま、グルメな師匠やIちゃんに言わせたら
「何言ってんの!それがいいんじゃない!
 ああ、ワインと合うわぁ~」
ってことになるんだろう。

どうせお子ちゃま舌だわよ!


と、書いたあたりで、
ちょっとタイムアップが近づいております。

ってことで、続きは後日。
これはそんな待たせないと思います。・・・たぶん(;一_一)


[ 2014/02/27 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

なんだかなーを、3連発

●ミスマッチング

通りかかった遮断機に、
いのちの電話の看板があった。

それはいい。

でも、これはどうよ(~_~;)?

「いのちの電話(英語対応) ×××-××-×××」

・・・英語で書かなきゃ意味ねぇんでは?



●腐人には無理です

駅にある指名手配犯人のポスター。

それはいい。

でもさ、
3、40年も前、大学生だった頃の写真を載せても、
今、その人に会ったってわかりゃぁせんのでは?
と思うのは、腐人だけだろうか・・・。

だって、当時それなら、
今、5~60歳ってことでしょ?

ハゲて、デブって、縮んでたら、
まず、わからんと思うぞ。

たぶんこんな感じに老けてますーとゆーのを
隣に並べた方がいいんじゃなかろうか・・・。


●そこで粘ってもねぇ・・・

所用があって、午後の2時過ぎに
銀行の外為にいった。

すると、お隣の客のもめてる様子が
耳にはいってきた。


ご存知ない方のために補足しますと、
銀行さんというのは、新規で何かをしようとすると
すごーく時間がかかる。

いわゆるお役所の前例主義的なとこがあるんだな。

それに、最近、全世界的に取り締まりが厳しくなり、
顧客情報の守秘義務では、
絶対に客を守るといわれたスイス銀行ですらも
欧米の圧力にまけ、データ開示をするようになった。

そのため、
国際送金(海外銀行にお金を送ること)をしようとすると、
昔ほど、簡単に送れなくなっている。

特に、それが初回の取引ならば、
窓口訪問1回で送金できるなんてことは、
まずないと思っていたほうがいいぐらい、
うるさい。


で、その揉めてたお客さんってのがだ、
条件としてはまずいもんばっかりもっててねぇ。

まず、会社を立ち上げたばかりで、実績がない。
そのうえ、この銀行に、口座もない。
だけど、海外の企業と提携することがきまり、
今日中に送金したい。

耳ダンボできいてた腐人ですら、
「おきゃくさーん、それ無理ですってー」
と思った。

ってか、国際送金って、相手方の手元につくまで
1週間から10日かかるんですけど・・・。

まぁ、そこは送金の控えを
先方提示で納得してもらうとしても、
そんでも無理だわよ、それは。

もしね、その条件でどうしてもやりたい、
っちゅーならさ、
こんな大手にきちゃだめだって。

大手は、内規が厳しくなって、それこそ銀行によっては、
「支店では受付しかしません。
 それを本部に送って(よって、必然的に当日送金は無理)、
 本部でチェックした後、送金処理します」
とかもあるんだもん。

それこそ(ピー)あたりにある(ピー)なら
やってくれるかもだが。

それか、現ナマもって飛んだほうがいいよ。


ただ、話をきいてると、
その人が激昂してもしゃーないかなと思う点も
無きにしも非ずでねぇ。

銀行側とのコミュニケーションの行き違いが
あったようなんだな。


だから、そのお客さんが怒るのもわかる。
でも、銀行側が無理だというのもわかる。

そして、時間はもう2時半をまわっている。

ダメ元で、ここから5分ぐらいのところのA銀行か、
10分ぐらいのとこにB銀行があるから、
そこに駆け込んだほーが、
ここでケンカしてるよりずっといいんでは?
と思うんだがなぁ・・・。

腐人なら、
そのケースの場合、A銀行でもB銀行でも断られるのわかるんで
(ピー)までタクシー飛ばすけどね。

で、着金については、
(ピー)で確認の上、先方交渉。

そうするけどねぇ。


ってか、ここで、フロア中に響き渡る声でわめいてるのは、
一番、生産性がない気がする・・・。

それで状況が変わると思ってるんだろうか??


腐人の用事はサクサク終わったので、
この騒動がどう終結したのだかまでは
見届けてませんけど、なんだかなー。

世の中には、
いくらゴネても、喚いても、叫んでも
どうにも通らないもんってのが、確実にあって、
そこに対して、ゴネて、喚いて、叫んだって
どーしよーもないと思うんだよね。

それより自分の目的を果たすための
別の手を考えたほうが
ずっと有益だと思うんだがなぁ。
[ 2014/02/26 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ビバ!ふきのとう茶漬け!

先日、血族が姫ママに言った。

「腐人の友達って、
 うちが美味しいものを食べるのが
 大好きだと思ってるらしいのよ」

すると、姫ママが

「私もそう思ってます」


え?そ、そう?

腐人にしてみりゃ、腐人家なんぞ
まだまだ師匠ん家の足元にも及ばないと思うんだが。


ってことで、ずーっと引き伸ばしておりました
「ふきのとう」のお話ざんす。

いや、やっとみつけたのよ、
樋口美沙緒さんの同人誌
「恋する食卓 三月蕗のとう慕情」。

・・・そいや春のJ庭、出はるんかなぁ??

いかん、そっちに思考がいくと、
話がどんどこずれる。

元に戻そう。

腐人はちょっと前まで、
蕗のとうの食べ方のBestは、天麩羅だと思っていた。

で、この同人読むと、
「蕗みそ」が旨いとある。

血族にきいてみると、
「うーん・・・
 あれは好みがわかれるんじゃないかなぁ・・・。
 昔たべたけど、あんまりだった」
という。

いっぺん、ちょびっとだけ食べてみたいが、
ちょびっとだけって、なかなかないんだよなぁ。

1瓶単位でならみつけたんだけど、
口に合わなかった場合、
食べきれる自信がない・・・(-_-;)

朴葉味噌とか、「なめろう」は好きなんだが
あれも量は食べられない。

うーん・・・ちびっとだけでいいんで
味見がしたい・・・。

と、ぐらぐらゆれてたときに、
師匠から、「今、これがうちで流行ってるのー」と
「ふきのとう茶漬け」なるものをいただいた。

みると、細かく刻んだ蕗のとうに、
さっと味付けしてあるような感じ。

色も、もともとの緑色がちょっとくすんだ程度で、
いわゆる佃煮のよーな黒茶ではない。

腐人がおらぬ間に、血族が先に食したのだが、
「むちゃくちゃ美味しい!!」
と、大絶賛。

白飯にたまらなくあうよ!!とゆーてたので、
ご飯を炊き、食べてみる。

う・・・うーまーいーぞーっ!!!

なんつったらいいのか、
絶妙のバランス具合なんですよ、これ。

蕗のとうってさ、あの苦味が旨味でしょ?

だから、手をかけすぎると、逆に
「もっと引き算しろよ!
 せっかくの蕗のとうの味が死んでんじゃん!!」
といいたくなるものになっちゃうのね。


たまたま先日、
「蕗のとうのふりかけ」なるものを見つけ、
ちょっと買ってみた。

蕗のとう100%ではなく、
たけのこや、おかか、唐辛子なども入ったものだったんだが、
味が混ざりすぎて、どこが蕗のとう?になっててねぇ(~_~)。

腐人的には、あっかーん!!である。

特に唐辛子。
こいつが強すぎて、他の味を全部消しちゃっててさー。
むかついたので、混ざってた唐辛子を
全部取り除いてやった

そしたらまだマシになったが、
こーゆーの食うと思うね、
料理ってのは、手をかけなきゃかけないでダメだけど
かけすぎてもダメなんだなぁって。


で、「ふきのとう茶漬け」である。
波賀メイプル公社OMというところが出している。

名前からすると、
茶漬けで食べろということなのかもしれないが、
茶漬けにしたら、このせっかくの味が薄まってしまいそうで
つい炊き立て白飯の上に
てんこ盛りにしてガツガツ食っている。

茶漬けにしたらどうなんだろなー。
いつもしようしようと思ってるうちに
無くなっちゃうんだが。


味付けは・・・・・・
もう食っちゃって、
瓶はイチゴジャム用にもってかれちゃったのでわかんない。

たぶん、ほんのり程度の
しょうゆとみりんぐらいじゃないかなぁ。
単品で、それだけ食べてもしょっぱくないぐらいの。

一度、つみたての蕗のとう(生)をいただいたので、
総料理長につくってくれと頼んだところ、
あそこまで苦味を緩和させるには、
数日は水につけなきゃ無理、そんなの面倒
といわれた・・・。

しくしくしく・・・(/_;)


通販できんのかなぁと思って
サイトを見に行ったりもしたのだが、
残念ながら取り扱いがない模様。

師匠いわくは、
兵庫の山奥のJAで売ってるが、
ここ以外でみたことない、とのこと。

で、お値段をきいてびっくり。
アレでソレ!?マジで!?

・・・東京だったらその倍で売れるぞ・・・。

素朴、ってのともちょっと違って、
「邪魔なものをいれてません!の直球勝負!」
なんだよね。
それがいい。

素材の味が生きてます。

天麩羅は天麩羅でいいんだが、
最近、歳のせいか、天麩羅はたくさん食えなくなっていて
そーゆー点でもこっちの「ふきのとう茶漬け」のが
さっぱりしてていい。


・・・んだが、欠点が1つ。

こいつがあると、
ごはんが、
ごはんが進んじゃうのよーっ!!!!


でも、美味しいので、やめられーん・・・(T_T)

あ、あと販路に問題があるな。

はやく通販でけるようにならんかなぁ・・・。
腐人の分だけでいいんで、やってくんねかな。
  ↑
  おい


[ 2014/02/25 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

本日のメニューは闇鍋でござる

ようやく本業に目鼻がついたので、
ここしばらくあれこれ思ってたことを書く。

ってか、腐人にとって、
「本を読む気力もない・・・」
ってのは、
己のエネルギー残量の指標として、
一番やばい領域なんだけど、
ちょっとそういう状況だったもんで
今日は読書録はありません。

が、頭の中にいろいろ溜まりすぎちゃってるため
本日は、その吐き出しでござーる。


先にお断りしときますが、
腐人の脳内にあるものの垂れ流しなので、
ネタが、とんでもなく闇鍋で、ぽんぽん話題が変わります。

腐人的には、全部繋がってんだけど、
他人に言わせると、
「思考が飛躍しすぎて、なんでそうなるのかわからん」
らしいです。


●木原音瀬さんの『美しいこと』BLCD

他人様の脳はどうなのかわからないが、
腐人の場合、言葉を考えるときは、無音がいい。

ただ、そこに生活音が入ってくると気が散るので、
そういう作業は、引きこもって、電話線を抜いてからやる。

携帯?
それは最初から、一緒の部屋にいないもーん♪


ただ、数字と格闘する場合は、
ドラマCDとの相性がいい。

なんでなのかはよくわかんねぇ。

たぶん、なんもないと、左脳が
言葉を求めてうろうろいろんなことを考えだすんじゃないかなぁ。

だから、声だけで完結するドラマCDつっこむと、
左脳の機能がそっちにむかうから、
右脳が集中してくれる・・・のかな??

それが正解かはわかりませんが、
なにはともあれ、
数字やってるときはドラマCDきくと、
集中度合いが違うんだよなー。

で、今回のドツボは数字問題だったので、
ずーっとBLCDを流していた。

っつっても、BLCDは目が弱った老後の楽しみと思って
実はあまり所蔵してねぇんですよ。
添付ブックレットの書き下ろしがどーしても読みたい作品だけ
手を出してる。

その中の1つが、
木原音瀬さんの『美しいこと』なんだが、
これの「愛しいこと」版、これが問題なんだ。

問題っつっても、個人的にひっかかってるだけなんだが、
終わりの方で、寛末がゆー
「前にって、誰と?」
っちゅー、あれだ、あれ。

活字で読んでたときも、
本をバリンッをやりそうになるぐらい
この無神経極まりない一言に噴火したが、
音で聞くと、その度合いが半端なくて。

「裁判長ー!!!
 この一言をもって、被告に死刑を宣告したいと思います!!」


と、叫びたくなるのは、腐人だけ?


●祝!『SEX PISTOLS 8巻』+ファンブック発売

新刊チェックを怠っていたため、今頃知る。

発売日をみると、
なんと、J庭の前日ではないか!
(・・・でも、29日とかって情報もある・・・)

J庭の会場となる池袋には早売り本屋があるので、
ぐるりんちょんと回れば、一挙両得コースが望めるやもしれぬ。

ただ、問題がないわけではない。
前日となる「その日」が日曜日ってことだ。

日曜は搬入がないんだよねぇ・・・。

ま、腐人のような欲しいものには一直線!な、お嬢様で、
『SEX PISTOLS』新刊、待ってましたぁ!な、お嬢様が、
もしJ庭にいかれるならば、
会場近所のAと、駅前のJ書店ぐらい、
ダメ元で、覗いてみられてはいかがでしょう。

腐人はそのもうちょい前から
別の所で、お百度踏むけどね。


腐ネタ流れで、フィギュアにGO!


●ショタの定義が間違ってる!!

いやね、ソチ金メダルの羽生結弦君の争奪戦が
もう水面下で始まってるってな記事を読んだ。

それは当然だろうねぇ。

普段の、それこそプーが似合う柔和な甘さと、
競技中の、猛々しい厳しさとを併せ持つキャラ。
そのどちらにも逆らいがたい魅力があり、
かつ、とてもフォトジェニックなスタイルといい、
オファーが殺到するのは、目に見えている。

その殺到するオファーに疲れちゃったよーにみえた
キム・ヨナちゃんの二の舞にならないよう
誰かマネジメントと防御をしっかりしてくれる人が
いるといいなぁ・・・。

とゆー「おばちゃん、心配だなぁ・・・(~_~;)」な個人的意見とは別に、
はぁ!?と思ったのが、
「羽生ショタブーム」とかゆーとる、その言葉だ!

ちっがーう!!!!
羽生君はもう大人!
ショタじゃねぇよ!


・・・ひっかかるのは、そこかい・・・。
うん。


や、だってさー
腐人は自覚のあるショタなの。
小さきものを心の底から愛してるの。

エロは感じませんが、
ちっちゃくって、ぷにぷにしてるのが
コロコロしてんのがたまらん人なのよ!

なーのーでー。
許せんのだーっ
間違った使い方を嬉しげにしてんじゃねぇよ!
この、(※以下、自主規制 )!!!


あのね、ショタとかロリとかゆーのはね、
条例にひっかかる年齢が対象なんだよ!!

仮に、羽生君を押し倒したとしても(・・・おい)、
むりやりにでも合意とれば(・・・おい)、
問題ないでしょ?(ないのか・・・?あるだろ・・・)

それは、もはやショタじゃねぇ!
単なる年下好きだ!!!


ショタというのは、他人から
「理解できん・・・」
とか
「犯罪だろ、それ」
と言われる領域なの!
腐人的には、10歳未満のことだ!!

一桁じゃなきゃ、ショタっていわねぇんだよ!!
(一般的にはもうちょっとゆるく、
 小学生ぐらいまでかねぇ?)

ヘンタイといわれようが、
ハンザイといわれようが、
それでも愛でたいっちゅー
そのジレンマがわかんねぇよーなレベルが、
寝ぼけたこと抜かしてんじゃねぇよ!

だから嫌いなんだよ、マジョリティって・・・


と、書いててふと思う。

これはさ、腐人がオタクだから、
間違ったオタク用語を使われると、ムカつく!!となる話だが、
これって、
腐人が書いてるフィギュア話にも、
逆の立場で相当するんじゃないか?

フィギュアをやってる人にとっては、
「知らないくせに、なにほざいてんだよ!」
って思われてるかもしれないなぁ・・・。

と、より思ったのが、
荒川静香さんが
『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』
っちゅー本。

昨年末に出されてて、
そこで、浅田真央ちゃんとキム・ヨナちゃんの評価について
ジャンプの真央ちゃん、芸術性のヨナちゃんといわれてるが
むしろ逆、と書かれてるらしいのだ。

未読なので、又聞き状態なんだけど、
もしそうであれば、
腐人のように知ったかで語ってるのとかみたら
「何言ってるんだか・・・」
と思われてるかもしれない。

だとしたら、すんません・・・。

一応、ただただ感情的批判にならないよう、
「こうだからこう思う」と理由や背景を書くようには
してるんですけどね。

なので、的外れなことゆーてたら、
「アホやのぉ・・・」
で片付けていただいていいんですが、
後で気づいたら直すようにはしてんだがなー。

っちゅーても、この「知らないのに、何ほざく!!」はさ、
個人個人がメディア化して、
世界にむけて、いくらでも好きに言えるようになった今、
ネット言論における言葉の無責任さってのは、
ゆゆしき問題だよね。
ここでもたまに書いてるけどさ。

書いていいこと悪いこと、
書くには根拠を提示しろ、
そういったネットリテラシーを、
子供の頃から教育したほうがいいと思うんだがなー。

そいえば、産経新聞で石原千秋さんがやってる
今月の【文芸時評】が、小説における言葉の問題に触れていた。

非常にわかる。
おっしゃるとおりで、
腐人もこんな抗議、無視すりゃいいと思う。

っても、ブンガク嫌いなんで、
そもそも、読まないからどーでもいいんだが。

ただなんだろなー・・・
昔、抗議が手紙でしか出来なかった頃と違い、
書き手側がくらうダメージ度合いがすごいんだろな。
たぶん。

便乗も含めて。

だからこそ、過剰自衛と過剰自主規制が先走るんだろう。
しかし、アマならともかく、
プロがそんなことしてどうする!

それこそ『ハレンチ学園』でPTAから総攻撃をうけた
永井豪さんの戦いぶりを見習って欲しい。

つまらん世の中になったもんだなぁ・・・。


話をフィギュアに戻そう。

まだ女子フィギュアの演技を全部みてないので、
なんともいえないんだが、
確かにヨナちゃんのが真央ちゃんより
明らかに、柔軟性に欠け、体力で劣り、
1人のアスリートとしてみたとき、
単純に、もって生まれた身体能力だけを比較したら、
真央ちゃんのが上なんだろうと思う。

だからその条件下でよくぞ!と思うよ、腐人は。

それこそ逃げたくなるぐらい自分とむきあい、
自分の強み弱みを見極め、
その弱みがわからなくなるほど、
強みを磨きに磨いたんだろうなぁ・・・。

ま、この辺は演技をみてから、また改めて。
いつになるんだかはわかりませんが、
世界選手権までにはなんとかみたい・・・(^_^;)


そういえば、真央ちゃんのフリーで、
演技開始のためにセンターにたったとき、
「真央ちゃん、がんばれー」
という男性の声援がはっきり聞こえるんだ。

あれ、真央ちゃんは聞こえてたのかな?
腐人にゃ聞こえましたが。

で、あのときの会場をうつした映像を
今朝、ワイドショーがやってて、
日本の男子選手3名がうつったんだが、
羽生君の映像が、まさにその
「真央ちゃん、がんばれー」
とゆーていて、あの声は羽生君なの??というのが、
ものすごーくひっかかっている・・・。
      ↑
   どーでもええやん・・・(~_~;)


でも、声のトーンからすると、
もうちょい低くて太い感じなんだがなぁ・・・。
誰の声なんだろう・・・。
すげー気になる・・・。
     ↑
    しつこい!



えっと、身体能力流れで。


●ローザンヌをみました

NHKが超ダイジェストっちゅーか、
ローザンヌの日本人だけをとりあげた番組やってて
それ、みたんですよ。

で、そこからいくつか。

あれは新国立劇場の芸術監督さんだったかな?が
バレエにおけるコンクールとは、
他のものと違い、それが出発点になるっちゅーてたんです。

バレエだけはと力説されてたが、
これは芸術の領域すべてにいえるんじゃないかな?
音楽家だって、そうでしょ?

コンクールでの1位ってのは、
あくまでも箔付けであり、宣伝であり、
それをとることで知名度をあげ、オファーが舞い込むことを待つ。

いくら素晴らしい才能があっても、
オファーや後援者がついて、舞台にでて、それを成功させなきゃ、
ただの人。

いくら1位をとろうが、
プロの舞踏家として、プロの演奏家として食ってけない。

フィギュアも「美」を競うものだけど、
結果がでたら、そこが1つの終着点。
スポーツと芸術の違いは、そこかもしんないねぇ。


コンテンポラリーは、別の方が評してられたのだが、
優勝した二山治雄君のところで、
持ってる身体能力は抜群だけど、
まだこれからたくさんの作品や他者の踊りをみて、
身体の動かし方などもってる知識や見聞を
ひろげてくことが課題、
ってなことをゆってはったんです。

腐人の目には、それこそかの有名な
シルヴィ・ギエムの「6時のポーズ(シックスオクロック)」
今だと、ユリヤ・リプニツカヤちゃんのキャンドル・スピンのポーズ
っちゅーたほうが通りがいいか?
ってなのに
近いものをみて、すげーと思ったんで、
コンテンポラリーのが向いてんじゃないの?
とか思ってたんですよ、この時点では。

だが、その後に、コンテンポラリー部門での優勝者という
プレシャス・アダムスちゃんの演技があったんだが、
もう・・・・・・絶句。

こ、これで18歳なの!?
演技時間ってホント短くって、
最後、フレームから見切れて舞台袖に飛び込んで終わりなんだが、
「え!これでおしまい!?
 やだ!もっと観たい!!」
と、率直に思った。

もし観られるなら、
ぜひ一度ご覧になられることをオススメします。
ホント、すごいんで。

もしこれフィギュア関係者がご覧になられてたら、
バレエの話かーで片付けないで、
ちょっと一度観てみて欲しいな。

あの腕の動きの残像とか、
それこそアスリートタイプで、上半身の動きが悪く
腕をぶんぶんさせてるだけの子らに、
みせてやりたい。

人の腕ってこんなに動くし、饒舌なんだよって。

表現という部分では、同じ話だし、
振付家がどうしてここでこういう振り付けをつけたか
ということを考えるのは、
フィギュアにとってマイナスではないと思う。


で、これを観ると、
二山君が、まだまだ見聞がたらないというのがよくわかる。

コンテンポラリーの身体の動かし方、使い方って
クラシックとたぶん全然違うんだろう。

なので、こういう動かし方があるんだ、
人の身体ってここまで動くんだっちゅーことを
まず学ばないとならない。

二山君は、今はまだそこまでできてないから、
あそこまでの身体能力があっても、
使いこなしきれてなくみえるんだろなー。

でも、腐人はコンテンポラリー向きじゃないかと思うんで
ぜひ、いろんなものをいっぱい見て、いっぱい経験して、
自分の中に、たくさんの引き出しを作って欲しいな。


最後に、ちょっと毛色が違う話。


●日本もやったらどうですか?

連日、ソチが大きく報道されてた中で、
ひっそりとこんなニュースが流れていた。

「ドイツ検察当局は20日、第2次大戦中に
 ナチスによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)が行われた
 ポーランド南部アウシュビッツ強制収容所で
 虐殺に加担した容疑で、
 元ナチス親衛隊員の疑いがある3人を
 19日に逮捕したことを明らかにした。

 3人はドイツ南西部バーデン・ビュルテンベルク州に住む
 88歳と92歳、94歳の男で、
 健康診断を受けた上、警察病院に収容された。
 このうち88歳の男はアウシュビッツの看守だったと認めているが、
 容疑は否認している。(2014/02/21 時事通信より)」


このブログですね、
いろんな検索用語でたどり着かれるんですが、
『コリーニ事件』からこられる方が
少なからずいらっしゃる。

『コリーニ事件』ってなにさ?
という方は、すんませんが、過去ブログ
「『コリーニ事件』について」2013/05/12
をお読みください。

ブログ内検索で出てくるかな?
この子、あまり賢くないので保証はしません。


軍隊における個人責任の追及は、
「お前の責任の追及をしないから、
 上官命令に従って人殺しをしろ、
 殺してこそ英雄だ」
という、軍の成立そのものが
おかしくなってくる話。

でも、ドイツにおいては、
どうやらナチだけは別、になってる気がする。
そしてそれは、
その実際にやった当事者が追うべき責任だ、ってのも
しっかり確立している気がする。

だからこそ、それこそ祖父同士は、
敵として対立し、殺しあってたような子らが
机を並べて同じ教室で、他の同級生と同じようにいる、
という図が、可能になってるんだろう。
(著者のシーラッハさんがまさにそうなんですが)


そして、その立証ができれば、
例え、棺おけにもう足を半分つっこんでるような人でさえ
収監し、裁判をし、刑事罰をくだす。

腐人は、これ、日本でもやったらどうだ?と思う。

歴史認識の違いだなんだと、
ことあるごとに揉めるなら、
はっきりさせりゃぁいいじゃん。

きっちり証拠を集めてさ。

大虐殺があったのならば、
そのあった場所をひっくりかえせば、
白骨死体がでてくるだろ?

今は、骨からいつの時代の人かってのの測定も
確かできるはずだから、
第二次世界大戦での死者なのかは
ブンカクやらでの死者なのか、
調べればわかるはず。

そして、生き残ってる人に、
その指揮をした人が誰だったのかを
証言させればいい。

同時に、日本軍の過去の資料をひっくり返し、
その証言に該当する人がいるのかどうか、
いるなら、その人を被告に立たせて言い分を言わせればいい。

なんでそうやってはっきりさせないんだろ。
しないから、いつまでたっても、もめるんだろ?

責任の所在をうやむやにするのは
日本人の悪い癖だが、
それが通るのは日本国内だけ。

そこでトカゲの尻尾きりで納得する民は
日本国民だけ。

これは国内の問題じゃない。
そんな、曖昧が通用する話じゃない。

だからこそ、80、90のおじいさんになってようが、
ドイツでは裁く。

なんで日本はそうしないんだ?
なんで何にも知らない政治家に勝手に話をさせて、
余計混乱した事態をひきおこしてるんだ?

司法を独立させろよ。

大虐殺があった、
強制連行があった、
そういわれたなら、

「では、証拠をそろえ、
 実際にやった人の名前を特定し、
 告発文書をだしてください」

って言えばいいじゃん。

で、実際に告発されたら、
通常の法的手続きに従って、
起訴か不起訴か、
起訴になったら裁判して無罪か有罪か、
有罪なら刑罰はどのくらいか、
それを粛々と決めていけばいい。

そして、被告が80だろうが90だろうが100だろうが
ブタ箱ほりこみゃいいじゃんよ。

なんでそれをしないんだ(~_~)?


腐人がこれをしたら?と思う理由は、
過去の歴史をすっきりさせるという以外に
もう1つ理由がある。

それをしたらね、
もうアホらしくって、
「戦争だ!武器を手に取れ!人を殺せ!」
といわれても、
「やりたきゃ、あんたが勝手にやれよ。
 なんで俺が人殺しをしなきゃならん?
 仮にやったとしたら、その責任をこっちに押し付けるんだろ?
 やってられっかよ!」
と、思わないか?

そうやって、兵隊が1人残らず人を殺すことを拒否したとしたら、
戦争を唆すだけ唆し、
これまでは手を汚さないできた人が、
自分で人殺しをしなきゃ戦争は起こらなくなるでしょ?
それこそ真の戦争放棄に繋がらないか?と思うからだ。

なんでそれができないのか、
誰か腐人に教えてくれー。

・・・その前にブログの入り口開けろよな・・・。

追記)
腐人が上記で、また『コリーニ事件』のときに書いたことは
民事(金銭的賠償)の話じゃない。
刑事(刑罰)の話です。

前にも書いたが、国家間の賠償は終わってるし、
賠償請求権ってのは、時効がある。

腐人がゆってんのは、
戦争犯罪に対しての刑事罰だ。

怒りがあるなら、証拠集めて、相手を告発し、
法で裁いて、代わりに罰を与えてもらえばいい。

そうすればすべてが片付くんじゃないの?
と思うのは、
腐人の考えが浅いからだろうか・・・。
[ 2014/02/24 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

読書録のみ

本業がですね、
この週末が勝負なもんで、
読書録のみ。

っても、雑なもんしか書けない・・・(T_T)。

腐人は読書に活力をもらってるんで、
コメントはなるたけちゃんと書きたいと思ってるんだが、
・・・自分が情けないよぉ・・・orz。

ってか、最近どっちかっちゅーとフィギュアコメントのが
力はいってるよなぁ・・・ははははは(^_^;)


●21日
(117)BL/シャレード 『落椿』 四ノ宮慶
  たまにゃー新人発掘するかと、
  読んでみた。

  見事なBLファンタジー。

  あとがきにエロ満載とあるが、ちがう。
  エロしかねぇ。
  エロじゃないページはいったいどんだけだ?

  若い頃なら、こーゆーのも読めたが、
  枯れ切った今、もうしんどい・・・(-_-;)。

  中身があるとか、文章がいいとかがないと、
  読めなくなってきてるわ・・・。
  いかんなぁ、情熱の磨耗だ。

  っても、ある中身が、ここまでBLファンタジーだと、
  笑いを狙ってすべってるようにしか見えんのだがね。

(118)マンガ 『鬼灯の冷徹 13』 江口夏実
  座敷わらしに大笑い。
  
  ありがとう!心身の疲れがふっとんだわ!!

  この『鬼灯』のおもしろさって、
  ここなんだろなー。

  もしこれ、舞台が現代日本だとしたら、
  なんかもっともやもやしちゃうと思うのね。

  でも、それを「地獄」という舞台、
  鬼や妖怪というキャラにしてるから、
  わかる!そうなの!!という共感と、
  でも、現実はそこまでなかなか言えないんだよね・・・
  ってのが、すごくうまく処理されてる。

  だから、シュールさと皮肉がピリリと効いた
  おもろい風刺漫画になってんだよねー。


  前に『暗殺教室』で、
  テレビの力が弱まって・・・ってゆってたって
  書いたけどさ、
  この『鬼灯』も、
  路線としては同じ方向をむいている。

  でも、題材にしてるのが日常のあるあるなので、
  テレビがどうこうって関係ないんだよね。

  それこそ、よくある出来事から、
  どれだけネタをひっぱりだせるか、
  その江口さんの観察眼の秀逸さこそが、
  このマンガのキーなんだろな。
  
  
[ 2014/02/22 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

みぃちゃったぁ~!ちょびっとだけ女子フィギュア

昨夜、もー脳みそが働かなくなったので、
今日はここまで!として、
テレビをポチッとつけたら、
ちょうど村上佳菜子ちゃんのフリーが始まるとこだった。

今季の佳菜子ちゃんのフリーは
腐人の好きなプログラムなので、
明日のために寝なきゃならんのに!
まだまだ目処すらみえないのに
締め切りだけが刻々と迫ってきてる仕事のためには
寝なきゃならんのに!
・・・・・・つい、観る。

ひとつ!
ひとっつだけ。
ね?ひとつだけだからぁ!

と、姫のような言い訳を己にする。

1コじゃすまないくせに。


今季みたなかでは出来がいい方だと思うけど、
ベストではなかったね。

このプログラム、佳菜子ちゃんの気持ちが乗ると、
本当に心に響くんだよ。

腐人は題材になった映画をみてませんが、
なんつーのかなぁ・・・
女の子って、思春期ぐらいから父親と
あんまししっくりこなくなるじゃん。

ま、これ父親でなくてもいいんだけどさ、
ちょっとしたきっかけで、関係がうまくいかなくなって
歩み寄ることも、
謝ることも、
相手にわかってもらうことも、
相手をわかることも、
仲直りすることもできないまま時がすぎ。

なんかずーっと、
靴の中に入った取れない小石みたいなものを抱えてるのに、
ある日、突然、相手と永遠に会えなくなった
そんときに、心の中に錯綜するさまざまな思い。

それをね、すごく伝えてくる感じがするんだよねー。

怒りとも悲しみとも後悔ともつかないような
あの佳菜子ちゃんの表情が、
ステップのとことかについてくると、
観ててたまらなくなるんだが、
ちょっとそこまでは足らなかったかなぁ。


で、やっぱり1コじゃ終わらなくて
(だって!次の次が真央ちゃんなら観るでしょ!)、
中国の選手(名前わすれた・・・)を観る。

エン・カン君を観たときも思ったんだけど、
中国はペアには、ものすごい情感を感じるが、
シングルの選手は、圧倒的に技術寄りなんだよなー。

選曲にしても、振り付けにしても、
もうちょっと自分の強みを考えればいいのに・・・
とか思ってしまう。


で、浅田真央ちゃん。

センターで1フレーズ終わったあと、
ゆっくり回りながらリンクの一番外側にいくとこで、
ものすごくスケーティングがのびてるなぁと思った。

余分な力が入ってない感じ。

ま、もうね、はっきりいってね、
素晴らしい!!!

観てて、泣けて泣けて。

技術の高さもすごいんだけど、
その美しさに心が震えて、涙が止まらなかった。

そこで観るのをやめちゃったんで、
他の選手のはわからんけど、
この真央ちゃんの演技は、記録には残らないかもしれない。

でも、腐人の記憶には、しっかりと刻み付けられた。

真央ちゃん。
美しいものをみせてくれて、ありがとう!
感動をくれて、ありがとう!!


・・・っつかさ、これ、もし腐人がスケートの先生なら、
初心者へのスケート解説用教材にしたい演技だよ。

「いいですか?
 スケートのジャンプは、今のところ6種類あります。
 そのすべてをやったビデオがあるので、
 今からそれをみせます。
 皆さん、しっかりよくみて、
 この中の1つでもできるように頑張ってください。

 まず最初のジャンプは、一番難しいアクセルです・・・」

ってさ。



今のルールでいえばさ、
真央ちゃんのジャンプは、
加点があまりつかないのかもしれない。

でもさ、腐人は、
「美」の基準って、1つじゃないと思うの。

すべてを照らすような
晴れ渡った青空が美しいと思う人もいれば、
光のない暗闇こそが美しいと思う人もいるだろう。

確かに大きく幅のあるジャンプは、
優雅にみえる。

でも、同時に、
のたーと間延びしてるとも見えるんだ。

腐人はどちらかというと後者の印象があって、
流れがあるとよく言うが、
ジャンプ単体だけを浮き上がらせてどうよ!
と言ってる感じがして
実はあまり好きじゃないんだよなー。

といっても、
全部がスローテンポで、優雅な美しさをみせるプログラム
それこそカロリーナ・コストナーちゃんのようなやつなら、
そこに、「きびきび」ジャンプはあわない。

こういう場合は、
あの「のたー」ジャンプで正解だと思うんだけど。

でも、アップテンポの曲調だった場合、
正直「のたー」ジャンプは似合わんでしょ。
ジャンプのとこだけ間延びする。

この「のたー」を「美」と評価し、
そこに加点をするなら、
どうしても、「ゆったり」曲調が一番あってくる。

まーだから今回、プログラムをみると、
どっちかっちゅーと
「ゆったり」曲調が多かった気がするんだよね。


でもさー、こーいっちゃなんだが
「ゆったり」くんは
コストナーちゃんほどのスケーティング技術があれば
すんばらしー完成度になるけど、
そうじゃない「ゆったり」くんは、
観てて、「退屈」以外のなにもんでもないんだよなー・・・(-_-;)

「ゆったり」だからこそ、
1つ1つの動きが観やすいんで
素人目にも、「あーあーあー・・・」ってのがわかる。



だからさ、
ジャッジとしての、ルールとしての、
加点の正しいあり方は、
「曲調に一致したジャンプであるかどうか」
を基準にすべきじゃねぇの?
と思うんだけどなぁ・・・。


ってのもね、
これダンスの話になるんだけど、
人種によって、潜在的身体能力の特徴みたいのがあるんだよ。

白色人種は、長い手足を優雅につかう
ゆったりと踊るダンスノーブルが似合う。

黄色人種は、小柄な体格を生かし、
キビキビとしながらも細やかな技を駆使できる
キャラクテール向き。

黒色人種は、優れた運動能力がうみだす高い跳躍や
ダイナミックな動きでスピードのあるダンスが巧い。

ってな傾向がある。
大まかに言ってね。

これは逆に言えば、

白色人種は、
細かい動きやアップテンポが苦手。
手足がもつれてみえる。

黄色人種は、
手足が短いから、どうしてもセコセコして
優雅さに欠けてみえる。

黒色人種は、
遅い曲調やゆったりした細やかな動きが苦手。
雑で、もたもたとしてみえる。

となる。


だから、今の加点基準でいえば、白人有利なんだよね。

っても、キム・ヨナちゃんは「ゆったり」向きだし、
アデリナ・ソトニコワちゃんは「きびきび」向きなので、
人種は必ずしもあてはまるわけじゃないが。



で、何が言いたいかっちゅーとだ。

上で書いたとおり、
「美」って1つじゃないじゃない。

だからこそ、それぞれの「美」を認め、
「曲調に一致した美しいジャンプであるかどうか」を
「美」の基準にしませんかね?

どーせ、そもそもここら辺、
基準があいまいな超グレーゾーンなんだし。

なんかなー・・・
このルールだと、
自分たちが「美」と認めるもの以外は認めませーん!!
っちゅー、すごく差別的なものを感じるんだよなぁ・・・。


そんななか、誰がなんと言おうと!僕はこれを滑るんだ!と、
あの曲調をもってきたミーシャ・ジー君の姿勢には
敬意を払いたい。

どんな「美」であれ、
いいもんは、いい。
それを認める柔らか頭になりませんかね?

じゃないと、老後、誰にも構ってもらえない
さびしい老人になりますよ?


と、もし腐人がルールをつくる側にいるなら、
そう主張するぞ!

え?老後は関係ない?

や、でも実際そうなんだけどね・・・。
頭の固い老人は、始末に困る・・・。

いかん、話がずれちゃった。


元に戻しますが、
腐人がこれゆーのは、もう1つ理由がある。

皆が同じよーなジャンプ飛んでたら、
競技として進化せんでしょ。
つまらんでしょ。
っちゅーこと。

バレエだって、クラシックだけじゃなく、
モダンやコンテンポラリーがでてきたでしょ?

そういう変化がない古典芸能は今、どうなってる?

ニンゲンがこんだけ増えたのも、
多様性を認めたからだ。

変化のないものは廃れる。

競技に限らず、これは普遍的にいえる真理。

フィギュアは、冬の競技の華だから大丈夫なんてゆってっと、
足元すくわれるぞ~。
夏のレスリングの二の舞になりたくなかろうて。

レスリングは頑張って復帰したけど、
そうなるために変化したろ?

フィギュアの世界も変わりなさいよ。


と、ゆってる一番の根っこにあるのは、
腐人は、マエ=ベレニス・メイテちゃんのSPの点数だ。

なんか納得がいかないのー!!
手の動きもすごくよくなってんのに!!

不愉快だなと思ったのは、腐人だけ?



・・・ちなみにこのブログ、
読書録ブログのはずで!

本を1冊も読んでない日はかかないはずなのに、
今日はつい書いてしまいました・・・。

だって・・・
真央ちゃんの演技に叫ばずにいられなかったんだもん・・・。

ちなみに本は、全く読めてません。
もうもうもう、
仕事の書類以外の文章がよみたいよぉ!(>_<)!


っちゅーことで、
今、ホントやばい事態になっとるため、
たぶん録画した女子フィギュアの他の選手のは
観られない状況のため、総括は、忘れた頃にやると思います・・・。
[ 2014/02/21 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

昼飯を食いにでかけたら

っても、夕方の4時前なんだけど。

入ったカフェにデカいTVがあって、
そこで、打ちひしがれた様子の
ユリヤ・リプニツカヤちゃんが映っていた。

女子ショートの再放送やっとったんですね。

なので、飯を食いながらその後をみたんだけど、
明暗がわかれたねぇ。

真央ちゃんの順位だけは知ってたんだが、
なんでそんなに悪かったの??と思ったら、
コンビネーションが入れられなかったんだ。
なるほど。

男子のフローラン・アモディオくんもフリーでそうだったね。
キスクラで泣いてた。


それにしても、
男子はもう、芸術性だけでは勝てない領域にいっちゃったが
女子は、まだ芸術性が上位の順位に影響できる領域なんだなぁ。

個人的見解ですが、
SP暫定1位のキム・ヨナちゃんにしろ
暫定3位のカロリーナ・コストナーちゃんにしろ、
腐人は、こないだ男子んとこで分類した
芸術性優位の人だとみてる。

上位3人の中で、アデリナ・ソトニコワちゃんだけが
技術優位、アスリート性がある、タイプじゃないかな。

ソトニコワちゃんといえば、かなり身体、絞ったね。

GPシリーズんときは、もっと丸くて重い感じがしたが、
オリンピックにあわせて絞ったようにみえた。

逆がリプニツカヤちゃん。

まーこのぐらいの年齢は、調整がむずかしいよね。

だって、生物的には、
一番女性らしい丸みをつけて変化したい歳なんだもん。
そこを無理やり抑えてるんだもんね。


録画しとるんで総括は、また改めてやりたいが、
もうね、腐人は、
フリーは、好きなようにのびのび滑りなよ
と思う。

こうなったら気にしなくていいよ。な~んにも。

点数も、ジャッジも、外野も。

アイスショーと同じ感覚で、
金払って(そうだよな・・・)
観に来てくれてる人に、
幸せな気持ちで帰ってもらうことだけ考えたらいい。

なんかそう思うと、高橋大輔くんのフリーを思い出した。

ものすごくいい顔してたよねー
最後のステップんとこ。


腐人は男子のフリーは、録画ミスったこともあって
あっちゃこっちゃの再放送を取り直してみたため
同じ人のを何度もみる羽目になった。

そうすると、観るの2回目の人は、
「あ、この人のもうみたからいいや」
で、早送りですっ飛ばすんだけど、
高橋君のフリーだけは、
「これは観たい・・・」
と、通常に戻して、何度も何度もみた。

そしてその度に魅入られた。


腐人は、今晩の女子フリーでは、
皆さんにこういう演技をしてもらいたいと思う。

・・・っても、確実にライブ無理そうなんだけどさ・・・(-_-;)

ああ!
この時期、毎年思うけど、
自分のクローンが欲しい!!!


・・・どーでもいいけど、
木原音瀬さんのツイッターで
世界のスケーターたちが
真央ちゃんにエールを送ってることを知ったんだが、
その彼らに比べて、日本のジジイ・・・。

呆れて言葉にならない。

それゆって、どーなんの?
ってことをなんで言うんだろ。

こんな言葉、きかなくていいからねー!

こーゆーのみると、日本人やってんのイヤになる。
[ 2014/02/20 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

カチカチや~まのタヌキだよ~♪

仕事のお尻に火がついてます。
かなりヤバいです。

なのに!!!
女子フィギュアが始まるーっ(>0<)。

血族たちが
「怖くて見られない~」
とゆーてたが、
腐人は
「(仕事が)ヤバくて見られない~」
になりそうだ。

なら、ブログ書いてんなよ・・・といわれそうだが、
今、ちょっとあまりにもやりたくない仕事しか残ってない状況で!

そうなっちゃってるのは、ヤなこと先送りしまくったからで!

自業自得っちゃーそれ以外言いようがないんだけど!!

いいじゃん!ちょっとぐらい現実逃避したって!!!
うえーん


一昨日は、なんとか
羅川真里茂さんの『ましろのおと 10』
読んだけど、
昨日は、本を読むこともできんかったぐらいなのよ・・・(T_T)

本は腐人の精神安定剤なのにー!!!

今日は、愚痴かくのが精一杯なので、
『ましろ』のコメントはまた後日。


あ、愚痴じゃないんだけど、笑っちゃったことが。

今朝、ポチッとテレビをつけたら、
NHKで女子フィギュアの滑走順の紹介をしとったんですよ。

したら、解説員のええ歳したおっちゃんが、
グレイシー・ゴールドちゃんのとこで
「すごい美人なんで、見逃さないでくださいっ!!」
とむちゃくちゃ力説していた。

他のどの選手に対するよりも、
力が入っていた。

素直すぎるぞ、おっちゃん・・・。


でも、ゴールドちゃんは、顔だけじゃないんだけどなー。
滑りもいいんだよ。
おっちゃん、そっちも見てね♪

ちなみに腐人は、ゴールドちゃんは、
沢口靖子さんに似てると思うんだがどうだろう。



あと、ユリヤ・リプニツカヤちゃんが
各国メディアに追い掛け回されてるそうで、
たまたま見たとき、韓国メディアが突撃してたんだけど、

インタビュアー
「調整はどうでしたか?」

リプニツカヤちゃん
「良い練習ができました。
 メディアが邪魔でしたけど」

今まで、アイス・ドールだと思っていたが、
氷の女王と呼んでもいいですか・・・。

その冷ややかな視線は、
まさにダイヤモンド・ダスト。

ロシアだしなー(分かる人は分かってください)。


でもさ、ロシア選手権での優勝は
アデリナ・ソトニコワちゃんなんだよ。

それを思うと、女子フィギュアは、
男子以上に大荒れしそうな気がする。


男子といえば、木原音瀬さんがブログに
男子の感想をかかれてて、
思わず、PCにむかって
「うん、うん、そーだよねー!
 で、そうそう!私もそう思った!!」
と語りかけてしまった。

いかんな。
独り言の多いおばちゃんは。

端から見たら、危ない人以外の何者でもない。


さてと。
いつまでもブログに逃げてらんねぇので
仕事すっかぁ・・・うひぃーん・・・(>_<)
[ 2014/02/19 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ソチいろいろ

ちょっと本業に黄色信号点灯中のため
フィギュアは封印。

っても恐らく超簡単に解けそうな気がするが・・・。


半分くらい終わったソチで思う諸々。

●カメラワーク悪すぎ!

男子のスノボ・ハーフパイプみてたとき、
肝心のエア部分がフレームアウトして
「は?」と思った。

それが1人ぐらいなら
思った以上に跳んだから事故ったのかな、だが、
その後の選手でも連発して切れる。

・・・シロウトかー!!!!


ただ、腐人の場合、ハーフパイプは主眼じゃない。

だから、「あーあーあー」で終わったんだが、
問題は、腐人お楽しみのフィギュア。

正直ゆーと、
GPシリーズの中国大会のカメラワークも
実は嫌いだったりする。

演技途中で勝手にロングショットしやがるし、
スピンのたびに天井カメラに切り替えるのはやめとくれ。

天井カメラは、ドーナツスピンだけは美しくとれるが、
それ以外では、見づらいことこの上ないんだ!

あのね、スケートはね
一番肝心なのは、足元なの。

なので、スケートの場合、
腐人的には、ヨリの真横から全身撮影ショットを
ずっと続けてくれるのが、一番のベスト。

もちろん決めポーズんときは正面よ?

そうすることで足元のエッジはもちろん、
全身の動きやバランス、表情や指先までの表現がみえる。

腐人はナナメ俯瞰もあんま好きじゃないぐらいなのだ。


とはいえ、テレビ観戦しかする気がない腐人は、
選手を追いかけるカメラマンの腕と
どのカメラの映像を流すかを瞬時に判断する編集マンに
頼らざるをえんのだが・・・。

そんでもだ!!
フィギュアを撮るカメラマンなら、
各選手が、プログラムの中で、
決めとしてるポーズがどこかぐらいは、
最低限、押さえとけ!!!


もーショックだったのが、高橋大輔君のフリー。

高橋君は、見せ場がいくつもあるプログラムなので、
ここではこのショットを抑えてほしい!ってのが
個人的にすごくあるのだ。

そ、それが・・・もう・・・(T_T)

一番ダメージくらったのが、全日本のときに
流血した指をすっと伸ばして
ぐっとカメラを睨んだポーズあるでしょ、
あそこだ!

ソチのカメラは、そこをバックから撮りやがったのだ!!
この××××野郎!!!

そりゃ腐人も高橋君のお尻は、すごく魅力的だと思うけど、
それは個人カメラで撮れ!!

ひどすぎるよ、カメラ・・・。



●報道とプレッシャー

ワイドショーをみていたら、
男子フィギュアを海外メディアがどう伝えたか
ってのをやっていた。

ロシアは、
「羽生は芸術性とアスリート性を兼ね備えた
 すごい選手だ」
と褒めたあと、
「でも、金メダルをとった演技は
 期待してたもんじゃなかった」
とゆってたらしい。

「もし、我らがエフゲニー・プルシェンコ様がでてたら
 パーフェクトな演技してたやい!」
ってな、言葉がその裏に透けてみえたのは
腐人だけだろうか。

っても、ホント、もしでてたら、
も一つおもしろくなったろうなとは、
腐人も思う。


気になったのがカナダの報道。

パトリック・チャン君に対して、
結構きびしくてねぇ。

まーブライアンコーチが2回連続で
金メダルメーカーになってんのに、
それが両方、自国選手じゃないってのとか、
団体で金が獲れなかったとか、
もやもやしてるところもあるんだろう。


ただ、それ以上に思ったのが、重圧だ。

カナダの場合、日本同様、男子は3選手でてたが
メダル圏内にいたのは、パトリック君のみ。

女子も芳しい状況ではないため、
恐らく、パトリック君が国の期待を一身に背負ってたことは
想像に難くない。

韓国のキム・ヨナちゃんもそうだわね。

でもってロシアも、プルシェンコ君が棄権しちゃったので
たぶんリプニツカヤちゃんへ、
ものすごいプレッシャーがいってるだろう。

日本も、真央ちゃんに若干その傾向があったが、
今回、男子がそれこそ全日本から熾烈な状況だったから
ちょっと分散されてんじゃないかなぁ。

どっちかっちゅーと、
分散先がなく、1人重圧がかかってたってのは
ジャンプの高梨沙羅ちゃんだったねー。

でもって、羽生結弦君には、
さらに高橋君という存在があったので
そりゃそれなりに重圧も期待も感じてたとは思うが
真央ちゃんや高橋君といった分散先があったので、
パトリック君の両肩に
ずっしり乗ってたほどではなかったんじゃなかろうか。

でも、これで実績つくっちゃったから、
銅メダルのデニス・テン君や羽生君は、
次のオリンピックは、ものすごい重圧との戦いだろうなぁ。

で、その結果が今回のパトリック君だったとすると、
そーゆーの考えるとさー、

うっせぇぞ、外野!
そんなにゆーなら、あんた、でけんのか?
でけへんねやろが!
せやったら、黙っとれ!××!


と、思うねー。

言いたいけど言えない選手の代わりに
腐人が言ってあげよう。
ヒヒヒヒヒ

って、かくゆー腐人自身が「うっせぇ外野」なんだが。

ごめんねぇ。←気持ち入ってねぇぞ!


でもって、むしろいい演技がみたいっちゅー
腐人みたいのは、
とんでもない重圧のために
100%の力がだせなくなるオリンピックじゃなく、
GPシリーズやら
世界選手権を見るべきなんかなぁ。

ただ、GPシリーズやら世界選手権は、
ホント世界の上位ランクの人しかみられないので、
今回のフィリピンのマイケル君みたいのは
見られないんだよ。

その点では、オリンピックも捨てがたいんだよなぁ。


●消えたレジェンド、残ったレジェンド

世代交代オリンピックだなー
とゆってた矢先に、
葛西紀明くんがメダルを獲った。

おめでとー!!

四十路を超えても競技続けてるってことが
もうすでにすごいのに、
その上、メダルとるなんて、まさに偉業。

それもスポンサーがつきやすいスポーツじゃないのに、
よく頑張ってるよねぇ。

個人的には、フィンランドのセラニくん(43歳)の
ゴールも、超褒め称えたいんですけど!!

まだまだいけるわ!
頑張れ、ベテラン!!


さ、マジでヤバいので、この辺で。

あ、今晩のNHKスペシャル見なくっちゃだわ!
    ↑
   仕事しろよ


[ 2014/02/17 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ソチ フィギュア 男子シングル総括

恨むぞ~雪~

いやね、こんだけコメントが遅れた理由は、
雪のせーである。

フリー、ライブでの観戦を頑張ったが、
やっぱり途中でギブアップしたのだ。

ちょうどブレジナ君までだったかな?

BSを録画してるし
(民放はCMはいるし、
 地上波はいらんしゃべりが入るのが嫌いなの)、
じゃぁ、あと頼んだよ!
とか思って寝たんだ。

で、起きて録画みてみたらさ。

このブレジナ君の直後から、
雪のために、またBSの電波状況が悪くなり
モザイクになって画面が死んでいた…。

オーノーッ!!!!


ってことで、再放送をくまなく網羅し、
なんとか全員分の演技をみてからー!とやってたら
昨日かけなかったんですわ。

さきほど、よーやく全選手のSPとフリーを観終わりました。




さて、酷評込みでガンガンいきましょうか。

腐人の目にとまり、
記憶に残った選手へのコメント。

思ったままかいてますので、
それが選手にとって
いいんだか、悪いんだかはわかんねぇや。


●エストニアのヴィクトル・ロマネンコフ君

ちょいと君には小言を言いたい。

ジャンプがうまくかみ合わなくて
飛べなくて焦って
いやになってんのはわかるが
最後まで一生懸命滑りなさい!

こうなると4分半が長いんだろうけど、
投げたら、あかん。

その姿勢が気に入らない。

どんだけ無様で不出来であっても、
気持ちだけは挫くんじゃない。

それは、その舞台で滑りたいのに涙を飲んだ
他の選手に対して失礼だ。

これからも競技を続けるなら、
そこだけは反省して欲しいな。


●ウズベキスタンのミーシャ・ジー君

全日本でもいたなぁ、こーゆータイプ。
名前がでてこん…
明治かどっかの大学4年だったけど。

お客さんに人気がある、
すごくアグレッシブな演技をする。

ちょっとこれ、後述するが、
ステップの全身バランスがいいので、
とてもよく体が動いてる。

んだけど!
技術が…(~_~;)

自分なりのこだわりとか、
目を惹く派手さで客受けすんのはわかるんだが
表現したいことに、技術が伴ってないから
正直、腐人はいい印象が残らない。

なんつーか独りよがりにみえるんだな。

これで技術が伴えば、
高橋大輔君の領域までいけるんだが、
そうなるにはもうちょい引き算を覚えて欲しい。


●フィリピンのマイケル・マルチネス君

正直、あのバランス感覚に驚いた。
よほどボディコントロールが長けてるんだな。

腐人は運動能力がゼロだからよくわかるんだけど
頭で考えてるとおりに
必ずしも身体は動かない。

アスリートたちは
その距離を日々の努力で、近くしてくんだけど、
稀に、生まれつきその距離がむっちゃ近い人がいる。

腐人には彼はその素質があるように見えたよ。

どこまで金かけられるのかわからんけど、
もし環境が整って、優れた指導が受けられるなら
むちゃくちゃ化けそうな素材だと思う。

ただ、思春期、成長期だからなぁ…。


●チェコのミハル・ブレジナ君

解説がSPで
「うまくまとめてきました」
っちゅーてたが、
まぁ、そうだね。

でもなぁ……
腐人はこの人には
もう一化けして欲しいんだが。

選曲センスとか、プログラム意図に
面白さを感じるんだけど、
それを100%体現できてるかというと
「もうちょっと頑張りましょう」
なんだよなー。

早く注目馬から上にあがってきてくれぃ!


●アメリカのジェレミー・アボット君

やっぱりダメージ残ったなぁ。

ってか、打撲の翌日のつらさを
知ってる身としては
よくぞここまで動けたな!という驚きのほうが。

その状態でよくやったと思うよ。

どーでもいいが、
リンクサイドやキスクラで寄り添う
佐藤ゆかコーチが、
お母んのようにみえるのは腐人だけだろうか…。


●アメリカのジェイソン・ブラウン君

たぶん高橋君はこれで引退するだろうな。
そんくらいやりきった滑りだったから。

その高橋君のスケート魂を引き継ぐのは、
腐人はこのジェイソン君だと思ってんだよな。

音の句読点の掴み方といい、
全身で表現する感性といい、
もし、ここに4回転が入ってきたら
恐ろしい存在になると思うよ。


●町田樹君

正直なところをいえば、
腐人は町田くんの強みがわからん。

技術も表現も世界観も、
全部そつないんだよ。

でも、そのうちのどれかが
ものすごく突出してるともいえないんで
例えば、
真央ちゃん=3アクセル
明子ちゃん=表現力
みたいなのがあげられない。

なんだろう…
その突出した個性を作るってのが
一番いるんじゃないだろうか。


●高橋大輔君

今の状態でできることを
やりきったという感じがしたなぁ。

全日本のときは、
この状態で引退はできないって感じがしたし、
観てるこっちも
これがラストなのはイヤだと思ったが
今回は、ああやりきったね、お疲れ様、
と思う。

ただ、ホント思うけど、
高橋君のような、時間を忘れて
魅せてくれる演技してくれる選手が
今、他にいないのよぉぉぉ!!

高橋君の演技がみたい!
今年はどんなプログラムを滑るんだろ?
むっちゃ楽しみー
って思わせてくれる選手がいなくなるのは
フィギュアファンとしては
もう惜しくて惜しくて…(/_;)。

その技術と魂を継いでくれる後継者を
ぜひ育てて欲しい。

※ニュースをザッピングしていたら、
 休養後、復帰ってなのをみかけた。
 
 どうするかはご本人が決めることではあるが、
 高橋君の演技がこれからもみられることは
 腐人にとってはうれしい。

 ただ、身体あってのものだから、
 まず今は、怪我を完全に治すことに専念して欲しいなぁ。



●羽生結弦君

金メダルおめでとう!

でも、口うるさいおばちゃんなんで
4回転サルコウは来季持ち越しの宿題だねー
ってのと、
あの3回転フリップはいただけないじょー
と小言をゆっとこう。

ま、プログラムの出来とかさ、
腐人がチクチク言わなくても
自分が一番わかってるだろうし。

来季はぜひ、4サルコウを成功させて
腐人に300点の世界を見せてちょーだいな。

あとさー
足への負荷を考えたら、
あんまし無理は言えんのだが、
腐人としては前人未到の地に進んで欲しい。

それは、
7種類目のジャンプの開発だ!

無茶いいすぎ?

うん、それはわかってんの。

でもさ、サルコウさんにしたって
アクセルさんにしたって
いまだに名前を連呼されてんだよ?

やっぱ狙いたくね?

「おお!ダブルゆづがでた!
 次は、トリプルゆづだー!
 トリプルゆづがでたー」
ってカワイイじゃん。


ちなみに腐人は技術的なこと
全くわかってないです。

5回転よりありえない話なのかもしれないが
羽生君なら、
しゅっとやってくんないかなぁ…。

※実際、もし実現したとしても、
 名称は「ゆづ」ではなく、
 「ダブルハニュー」
 「トリプルハニュー」
 なんだろうけど。

たぶん、トゥーループやサルコウじゃない
他の種類の4回転やるほうが
可能性高いんだろう。

できると思うってゆってたしねー。

なにはともあれ、
お祝いに、大好物の「萩の月」を
山ほど食べてくださいな。


●パトリック・チャン君

銀メダルおめでとう!

でも(以下同文)、
正直、今季みたなかで、
一番出来が悪いフリーだったよー?

特にジャンプミスで生じた遅れが
ステップとかに影響して、
一音一音に細かく振り付けがあるから余計に
それが目立っちゃって。

2アクセルの後が、
どうした!パトリック君!!
観てられない~(ToT)
と言いたくなるほどだった…。



ホント、魔物がいるね、オリンピックには。

言ってもせん無いことではあるが、
もし!もしプルシェンコが滑っていたら。

その延長にある未来もみたかったなぁ…。



ところでさ。

前もちょろっと書いて
(小塚くんときだったかな?)
今回観てて、すごく思ったんだけど、
大きくわけると、スケーターって
3種類にわけられる気がするんだよね。


(1)技術突出型

簡単にゆっちゃえば、
ジャンプが得意な選手。

あとスケーティングが優雅で
難しいエッジワークなんかもひょいとやっちゃう。

んだが、ファイブコンポーネンツが
伸びにくい傾向あって
ジャンプが崩れると、点数が大コケする。

それと、ジャンプ以外んとこが
観ててつまらん。
特につなぎ。

 ※腐人の勝手な分類
  パトリック・チャン君
  小塚崇彦君
  ケビン・レイノルズ君
  エン・カン君


(2)表現突出型

高橋君みたいなタイプ、
というのが一番簡単な説明だな。

氷上のダンサーとか、役者といっていいほど
スピンやステップが長けていて、
滑ってる時間が短く感じられる。

毎年、今年はどんなプログラムをしてくれるのか
楽しみでならない。

んだが、ジャンプ苦手な人が多く、
技術点が伸びないんだよなー。

 ※腐人の勝手な分類
  高橋大輔君
  フローラン・アモディオ君
  ハビエル・フェルナンデス君
  ジェイソン・ブラウン君


(3)オールマイティ型

基本、技術というかジャンプは
若いほどよく、
表現は、年くうほどよくなるので、
このタイプはあんましいない。

要するに両方とも上手いって選手。

 ※腐人の勝手な分類
  羽生結弦君
  そして、もう引退なのであげるのはなんだが、
  エフゲニー・プルシェンコ君

  まだ小粒だが
  デニス・テン君が(1)だと思ってたが、
  ここに入ってくるかもしれない。
  あと、町田君もかなぁ。
  
  …ただ、このタイプの小粒は、
  下手すると器用貧乏にみえる…。

あ、この勝手な分類は、現時点の評価です。
ってのも、技術も表現も、
年齢や怪我などの条件で変わってくるんで。


それにパトリック君は、(3)では?
といわれそうなんだけど、
腐人はそうじゃないと思うんだ。

なんでだったら、
この(1)と、(2)および(3)の選手の
ものすごく大きな違いは腕だと思う。

ん?腕?腕なのかな??

自分でゆーてておい!な感じですが、
観てるとわかるんですが、
(1)の選手は、腕がブラブラしてるだけ、
という印象なんですよ。

なんちゅーか、腰から上が硬いんだな。

全身バランスというか、
ボディコントロールといえばいいのか、
そこが違うんだ。

(1)の選手はね、
上半身というか頭とヘソを繋いだ線が
ほぼほぼ直線なんだよ。

でもって、それが
氷に対して垂直であることが多い。

だから上半身を動かしましょう
っていわれたら、じゃぁとばかりに
腕をぶんぶんする。

そうじゃないときは、
ただ腕をバランスとるためだけに
まるでタケコプターのよーに伸ばしてるだけ。

なので、前にもゆーたが
言葉の無い表現において
腕とか手の動きって、
言葉の代わりなんだけどなぁ…。

だから、そこがすごく雑なので
情感とか、曲の表現とかが伝わってこないんだ。

あと、そのせいで
下半身と上半身の動きが
分断されてる感じがするんだよねー
腐人は。

うまく力が伝わってないというか。


それに対して(2)や(3)の選手は、へそというか、
下丹田の点を中心に、
滑らかに上半身全部が動く。

力が無理なく全身伝わって
全身が、ものすごく動いてます!
って感じがする。

高橋くんレベルになると、腕や指のみならず
クビの動きや頭の位置、目線まで使って
音を表現するから、まさに全身。
インパクトが違うんで、
ものすごく記憶と印象に残るんだよね。


たださ、男子の場合、
今は、4回転が勝敗を分けてるとこあるから
今後、(2)の選手が勝つのは
厳しくなってくるだろなー。

でも、スケートに美を求める腐人としては、
(2)、(3)のタイプが観てて楽しいので、
もしこの先、
男子シングルが技術の戦場となってくなら
アイスダンスのシングルバージョンを
新競技にしてほしい。

マジで。

そして、そこで、
腐人の好きな、なりきりプログラムを
みせてー!!!
堪能させてー!!!

誰に言ったらいいのかわからんが、
是非!お願いします。
   
[ 2014/02/16 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

ちゃちゃちゃと読書録のみ

いろいろありまして、
タイムリミットもあるので
とりあえず本日は読書録のみ。

この後、録画を見て、
延々だらだらフィギュア話をやりまする。


●14日
(107)BL/シャレード 『極道幼稚園』 海野幸
  ページめくって1枚目で、
  「は?」。

  あのー…幼稚園ってわかって使ってます?
  
  幼稚園ってのは、
  学校教育法に定められた要件を満たした
  文科省管轄下の幼児教育を行う学校のことで
  満3歳から小学校就学までの子供がいくところ。

  要するに、
  認可されてない「幼稚園」って
  ありえんのですが。
 
  これは私立といいたいの??

  そんでも夜間預かりは、
  幼稚園の預かり保育の範疇超えてると思うがなぁ。

  
  たぶん音の響きで「幼稚園」としちゃったんだろうが
  間違いは間違い。

  これは編集さんがちゃんと止めないと!
  機能してへんぞ!編集!!

  
  で、中身ですけども。

  前から思ってたんですが、
  ストーリーのためにキャラがいるなぁ…。

  これこれこういう筋の話がかきたい、が
  まず存在しちゃって、
  その予定調和にむけて推し進めてくもんだから
  「そんなやつおるか!」
  というキャラクターになってくるんだよね…。

  でもって、会話も予測がつくもんだから、
  届いてこない。
  言葉が上っ面というか、
  あーはいはい、になっちゃうんだよなー。

  まぁ、小説の書き方なんて人それぞれだから
  他人と過去は変えられないが
  自分と未来は変えられる、
  ってことで
  腐人が決断すべきなんでしょね。

  
  そいや昔、小学生の塾で働いてたとき、
  ギャーギャーうるさいから
  「静かにしなさい!」
  って怒鳴ったらさ、
  「一番うるさいの、あんたやろ」
  って言われたよ?

  これがリアル。

  それがねぇのよねぇ…。
[ 2014/02/15 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

時差が憎い・・・

ああ、また雪が降っている・・・

どーせ降るなら東京マラソンんときに
ドカッと降って、ぶわっと積もって、
びゅーびゅーに吹雪けばいいのに。
一寸先も見えないぐらいによー

腐人は東京マラソンが大嫌いなんだ


さて。
さてさてさてさて!!!
男子フィギュアよ!!!!

いやーおもろいわぁ。

といっても、ライブでは
腐人は2組目が終わったところでブラックアウト。

はっと気づいて、テレビをつけたら午前5時で
すべてがもう終わっていた・・・(T_T)

とはいえ、そのあとのニュースで
日本人選手のものはガンガン流れたんで
そこはみたんですけどね。

細かいところは、
録画をみてからにしたいが、
羽生結弦君のすばらしい滑りをみた腐人の第一声は。

「あ、プー」

だった。

わかるかたはわかるかと思いますが、
投げ入れてくれた方、ありがとう!!!

やっぱり羽生君のキスクラには、
プーが必須よね!

おひざの上にあの黄色がないと落ち着かない。

個人的には、プーを彷彿とさせるブライアンコーチとの
3ショットがみたかったんだが
次の滑走がハビエル・フェルナンデス君だったから、
ブライアンコーチ、リンクサイドだったんだよねー。

フリーの滑走順をみると、
今度こそ、3ショットを拝めそうなんで、
見に行かれている方、
どうかプーを投げ入れてくださぁい!!
お願いしますっ!!

・・・にしても、こんだけ毎回もらうとなると、
羽生君ん家には、プーが何頭いるんだろ?


それにしても100点超えはすごいですねー。

いつかやるとは思ってたが、
それをここでやりますか!

こうなったら、ぜひトータル300点超えの美の世界を
腐人にみせてくださいな (*^。^*)


経験は人を強くするというけれど、
腐人は羽生君のこのメンタルの強さは、
やはりあの震災の経験があったからではないかなと思う。

それまで当たり前だった日常が突然なくなるという経験で
「今、ここで滑れる」ということの重みや喜び、
そういったことを改めて感じさせられたんじゃないかなぁ。

その結果、滑れるということの意味が、
これまでと違ってきて、
その瞬間、瞬間に、集中して全力を出し切る、
それが自然にできてきたんじゃないかなぁ?

もしそうだとしたら、その強さは、
自分であの経験を糧にして得たものだから
心から誇りに思っていい。


ま、なにはともあれ、
心身ともに充実してる19歳のオリンピック、
男子フリーは、その瞬間しかないんだから、
思い切り楽しんで、
悔いのないよう、力を出し切ってくださいな。


暫定2位のパトリック・チャン君は、
ちょびっとニュース映像で流れたのをみただけなんだが、
団体んときと同じ感じにみえたなぁ・・・。

フリーまでに気持ちを切り替えられるかどうか。

頼むよ!
腐人はいいものが見たいんだ!

それにしても、ものごっつい勝手な想像ですが、
パトリック君、血液型A型?


暫定3位のハビエル君。
こちらもざっとみただけなんだけど、
まだ完全復調には見えなかったなぁ・・・。
ステップやスピンでも、
ん?おやぁ??と思ったんだけど?

今季、腐人はハビエル君のSPは
確かに今回と同レベルのをみた覚えがある。

でも、フリーのいい出来はみてないんだよ。
そんときもフリーは不出来だった。

いいもん、みせてくれるといいなぁ。


暫定4位の高橋大輔君。

よく戻してきたねぇ。
あの全日本のときの状態を思うと、
その努力に涙がでてくる。

フリーもこの調子で、
腐人の記憶を、ぜひ書き換えてください。

それにしても、いろいろ言われてるこの曲、
高橋君が滑ってるせーかもしれんが
すごく情感豊かないい曲だと思うんだがなぁ。
誰がどーとか、関係なくさ。

あの件はさー、こーゆーてはなんだが
いくらいい曲でも、
あーゆー付加をつけなきゃ、聞いてさえもらえない
っちゅー
日本の土壌の貧しさを憂うべきなんじゃなかろうか?

ま、かくゆー腐人も、フィギュアの曲でもなきゃ
音楽をきくことがないぐらい芸術面が貧しいので
あんま、えらそうなこと言えんのだが。

これだって、高橋君が滑らなきゃ知らないままだったと
断言できるからなぁ。




町田樹君は、ノーカット版が見られなかったんだよな。

腐人は、あのSP大好きなので、ちょっと残念。
団体でのフリーの演技には、
おそらく本人も納得いってないと思うんで、
ぜひリベンジを。


あと書くべきは、
ジェレミー・アボット君と、エフゲニー・プルシェンコ君か。

アボット君の演技は泣けた・・・。
よくあそこで投げ出さなかったね。

その心意気に腐人は心から拍手を送りたい

でも、筋を痛めてなきゃいいけどなぁ。
腐人のみた感じだと、
そんなすぐには復調せん気がする(~_~;)。

スケートでのスピードがどんなもんかわかんないけど、
腐人はバイクで10キロちょっと程度で自爆事故して
コンクリにたたきつけられたことがある。

そんとき、完治まで、かなり引きずったんだ。

その瞬間とかは、
アドレナリンがでてるから普通に動けるんだけど
半日ぐらいすぎたとこから、
打ちつけたところが腫れてくるわ、痛いわで、
寝てることもできなくなった。

肩だったときは、翌朝、腕があがらなくなって、
無理にあげたら、貧血起こした。

それプラス周辺の打撲も
翌日ぐらいが痛みと腫れのピークで
寝返りうつのすらできず、
ただただ、ベッドの上でうめくしかできなかったんだよなぁ。

まーアボット君はアスリートだから、
腐人のような華奢な作り(←×段腹ラードテックのくせに!)
ではないと思うんで、
でてる症状は違うかもしれん。

でも、あれだけ色の濃い衣装の
あそこ部分が目に見えて色が変わってたってことは、
わき腹というか、背筋を痛めてると思うんだがなぁ。

まだ若いんだから、無理はせんでね?



とゆった後になんですが、プルシェンコ君。

ショーン・ホワイト君ときも思ったけど、
今回のオリンピックは
世代交代オリンピックなのかもなぁ。

いかん・・・
腐人の発言って、結構実現するので、
不用意な発言は控えよう。
    ↑
  って、ゆってんじゃん。


正直なとこいえば、プルシェンコ君の演技は
腐人の好みじゃない。

でも、いいか悪いかといわれたら、
いいとしか言いようがないし、
なにより、今の男子フィギュアが
これだけおもしろい状況になってるのは、
プルシェンコ君の存在があったからに他ならない。

彼がいたからこそ、男子は4回転の時代に突入し、
高橋君が
「飛ばなくても勝てるなら飛びたくないけど、
 飛ばなきゃ勝てないから飛ぶ」
というほど、
4回転ジャンプの成否が勝負を決めるようになった。

だからこそ、今回のオリンピックに出たかったんだろう。
あの様子だと、恐らく日常生活レベルでも痛みがあるだろに、
それでも出たかったんだろう。

そして、採点基準までもを変えたその滑りで、
表彰台の真ん中にたちたかったんだろう。

その望みは叶えられなかったかもしれないが、
プルシェンコ君の魂を引き継いだ選手が、
今の男子フィギュア界をもり立てている。

団体での演技が公式戦のラストとなったわけだが、
悔しくて、腹が立つくらい、いいものを見せてもらった。

本当に、ありがとう。
本当に、お疲れさまでした。


さ!
寝不足で、お肌ぼろぼろだが、
フリーはがんばってライブで!

みたいんだけど、なぁ・・・。
    ↑
  自分のことがよくわかってるじゃねぇか
[ 2014/02/14 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

模写は権利の侵害か?

フィギュア話が続きすぎなので、
今日はちょっと毛色の違ったお話をするべ。

著作権の話っす。

…毛色変わりすぎやろ!ってのは、
それがこのブログなんで。


あ、その前に、
モリエサトシさんの『星空のカラス』の1巻で
鷺坂がパピコ食べてるシーンがあるんだけど、
そこに物申したい!!

パピコの取っ手は、頭とっちゃうと本体に残りません!
でもって、頭取る前のパピコの頭は台形!

よって、頭が台形じゃないシルエットで、
パピコ本体に取っ手がついてるのはおかしい!!

byパピコを心から愛する者より


むっちゃどーでもええことなんすけど、
パピコ愛好者としては、黙ってられなかったの…。
   ↑
  あんた、いくつや…。



さて、本題にまいりましょう。

先日、著作権に詳しい方と話をする機会があったので、
前からずっと疑問に思ってたことをきいてみた。

2013/11/26 の或るアホの一日で書いた
『消されたマンガ』について」。

ざっくりもう一度言うと、発表されたものの
その存在を無かったことにされてるマンガってのが
過去何作もあって、その理由は大別すると、

1)政治
2)差別
3)エロ
4)トレース、盗作


の4つがあげられるとのこと。

詳しくは2013/11/26のブログを読んでくださいだけど、
そのなかの「4)トレース、盗作」これがね
腐人としては納得いかんかったんですわ。

納得いかなかった点の1つが、

「複製権を侵害してる」
といわれてること。


腐人は専門家じゃないから、
間違った解釈をしてる可能性は高いのだが、
著作権法で言うところの「複製権」ってのは、
俗に言う「版権」のことだと解釈していた。

一般的に「複製」っちゅーたら、
すなわち「コピー」ってなふうに思っちゃうんですが、
確かにそれも含むは含む。

図書館でコピーしようとしたら
うんたら言われることあるっしょ?
あれです、あれ。

でも、そーゆーののほとんどは
「権利制限規定」内に収まって、
著作権のもつ禁止権が制限=自由にコピーしてよし、
となっている。
※これはむちゃくちゃ大雑把な話。
 ちゃんと「権利制限規定」というのが法で定められてるので
 それ超えた使用は、禁止権がはたらきます。


でも、そんな小さい範疇じゃなくて、
もっとでっかい「印刷」のことなんだと思っててね
だから「複製権の侵害」ってのは、
「許可した覚えのない出版社から
 勝手に作品が発売されてる」

ぐらいの話のことだと思ってたんですよ。

だから、トレースだの、盗作だのが
「複製権の侵害」といわれることに
なんか違和感があったんだよな…。


まずその点についてきいてみた。

すると、複製権でいう「複製」ってところから
教えてくださったのだが、
著作権ってのは、いわゆる本だけじゃない映画や音楽、公演など
ものすごく幅広いところを網羅するものなので、
法でいう「複製」ってのはこういうことなんだそう。

「複製とは
 印刷、写真、複写、録音、録画、その他の方法により
 有形的に再製すること」

…よくわかんねぇ…(~_~;)

といったらば、この判例がわかりやすいですよと
1つの事件を教えてくれた。


●「雪月花」事件 東京地裁1999/10/27

照明器具会社がつくった商品カタログで、
ある和室の内観を撮影したものがあった。

そこの床の間に、「雪月花」の書の掛け軸が飾られていて
それが写りこんでいたのだが、
それに対して書家側が「複製権の侵害」だと訴えた事件。


余談になるが、
例えば、ある書のコンクールで、
他人が書いた俳句を題材にしたものが
入選したとする。

それを書展として展示しましょうとなった場合、
俳句を詠んだ人に、許諾を得てないと、
「複製権の侵害」になるとのこと。


ってなことを踏まえて、
どんな判決が下ったのかというと。

セーフ(侵害してない)だったんだ。

っても、その中身というか理由が重要なので、
長いんで勝手に要約すると、

★「書」が複製かの判断基準は、
 「書の創作的な表現部分(濃淡やかすれ、筆勢など)が
  再現されてるかどうか」

★侵害したとされるカタログをみると、
 そこまでわかるほどのもんじゃない。

★だから、複製物だということはできない


っちゅーことなんだそうです。


それからすると、
『消されたマンガ』
4)トレース、盗作を理由として
「消された」ものに、どーゆー事例があったか、
正直はっきり覚えてないんですけども、

Aさんのマンガに、
Bさんが描いたと明らかにわかる特徴がよく出た絵を
そっくりそのまま、切り張りするとか、
スキャンで取り込んではりつけるとか、
写真にとってとりこむとか、


ってなことをして、

それを本として販売したら
「複製権の侵害」でアウト


ってことなんでしょう。



そしたら、
『消されたマンガ』
4)トレース、盗作の例で
腐人が覚えてる、

「他者が撮影した写真から、絵をおこした」
「他者が描いた絵を参考に、絵をおこした」


これはどうなんだろう。

すると、
これは著作権のなかの別の権利の話にあたるとのこと。

なんですが、この続きは、また今度。

久しぶりに難しい話をしたら疲れちゃった…(-_-;)

ちなみにここの連載は、
不定期もええ加減にせぇ!レベルなので、
たぶんいつかはこの続きを書きますが、
いつになるんだかは、かみのみそしる。

本格的にフィギュア個人戦も開幕だしねぇ。

ってか、他の放置連載は
いつ続きがかかれるんだ!
誰も待ってないと思うけど!!

はっはっはっはっはー。
※BGMは水戸黄門で。
[ 2014/02/13 ] 著作権&読書録 | TB(-) | CM(-)

団体男女・アイスダンスフリーの続き

の続きの前に。

ソチネタばっかで申し訳ないが、
腐人にとっては衝撃だったのよー!!

スノボ・ハーフパイプで、
ショーン・ホワイト君が負けるなんてー!!!

うわーん!ショックー!!
ううううう・・・(T_T)


個人的な意見ですが、
腐人はアメリカ人ってのは、
スポーツにエンターテインメント性をとりいれるのが
巧い人たちだと思うんですよ。

だから、バスケやホッケーといった一般スポーツでも
国際ルールでやるより、
アメリカのプロスポーツとなったもののルールのが
スピード感があって観てておもろい。

でも、それをさらに進化させるためには、
そのエンターテインメント部分を体現できる選手がでてこないと
結局、そもそもその競技に興味をもってる人にしか広まらず、
一般大衆人気がとれない。

すなわち広告がとれず、スポンサーがつかず、
マイナースポーツで終わっちゃう。
そうすると、選手は資金集めに
四苦八苦せにゃいかんわけですよ。

そーゆー意味で、ショーン・ホワイト君の存在ってのは、
スノボをショービズにした立役者で、
バスケにおける、マイケル・ジョーダンであり、
ゴルフにおける、タイガー・ウッズなんだよな。

なので・・・・・・
勝った選手の演技がいいのは、確かにいいんだけど、
腐人としては、「オーマイガッ!!」。

うわーん(ToT)!!!


それにしても、ここも12歳差だなぁ。

歳をとらない人はいないのはわかっちゃいるんだが
現実は、残酷・・・。






さて、時間切れになった女子のお話しざんす。

あ、昨日、あとから書き足しましたが、
腐人予想ってのは、

「腐人が気に入る演技をしてくれるであろう予想」

なので、メダル予想とはちと違いますんで、
そこはご留意くださいね。

演技みてね、思わず
「うぉぉぉぉぉ~っ!!
 やってくれるぜ!!」
と叫んじゃう演技を誰がするか、ってことっす。


それで、ふと思ったんだけど、
これ、滑走順位が後ろのが得じゃね?

ってのもさー、確かトリノんときなんか、
女子のフリーで、まさかこの人が!って人まで
ポテンポテンこけたでしょ?

そうすっと、狙いがメダルならさ、
何点出せばいいなって目安が見えてくるやん。

したら、無理に成功率の低い、高難度のもんに挑むより
無難にまとめて、このへんでどや?ってな計算が
でけたりせんのやろか?

腐人としては、まわりがどうあれ、
自分はこのプログラムの最高難度のものを
この会場で完璧にやったるわ!!
っちゅー心意気のが好きやけど。

でも、それは外野の話。

といっても、往々にして、
そんな小賢しい計算というか、色気?みたいなのが
逆に演技から緊張感を奪ったり、油断を生むこともあるので、
周りの雑音をすべて遮断して、自分の演技にだけ集中し、
ベストを尽くすってのが一番なんだろけどなー。

実際んとこ、どーなんでしょうねぇ?



そういえば、オリンピックで疑問が。

あの滞在費って、どないなってんの?

ってのもさ、早くからソチ入りする人もおれば、
ギリギリで入ってくる人もいてはるやろ?

それに、自分の競技が終わった後、
さっさと帰らはる人もいてはれば、
閉会式まで、他のん観ますねん、実はそれが楽しみでー
ってな人もいてはるでしょう。
中には。

すると、滞在費にえらい差が出る気がするねんけど、
この滞在費って、JOC負担らしいが、
他のん観たいねんーとか、
緊張しぃやから、はよ入りたいねん!!
ってとこまでも、
「よっしゃ、JOCにまかしとき!」なんやろか…。

それとも、
「1人何日までは出したるけど、
 それ以上は自己負担してなー」
なんやろか…?

もっと言えば、
「え?このついでにちょっと足伸ばして、
 エルミタージュみて帰りたいねんけどあかん?
 ストップオーバー使われへんの?」
は、○?それとも×?

サンクトペテルブルク泊のみ自己負担ならOKと
腐人ならいいたいが、あかんのかなぁ・・・。

腐人はどんなものについても、
どこまでセーフで、どこからアウトか、
っちゅーラインがものごっつい気になる人なので、
むちゃくちゃ知りたい・・・。


そう…例えばだ、
日本人選手はそうでもないかもだが、
NHLのスター選手とか、それこそショーン・ホワイト君とかは、
プロでがんがん稼いでる億万長者。

自家用ジェットだって
自家用ヘリだってもってたりするクラスだろうから
「えーこんな安っぽい宿やだー。
 5つ星クラス手配してよ」
とか、ゆわんのだろうか・・・。

あかん、気になるー!!
誰かその辺、暴露してー!!


って、どこが女子の話や!っちゅー前振りになりましたが、
女子の話にいきましょう。

寝ちゃって、翌朝、ワイドショーで
日本選手のフリーの順位しかわかんなかったとき、
鈴木明子ちゃんが4位ときいて、
一番に思ったのは、3位は誰?だった。

残った5カ国から考えたら、
1位はユリヤ・リプニツカヤちゃんでロシア、
2位はグレーシー・ゴールドちゃんでアメリカ、
ってのは予想できたんだけど、
3位のイタリアが、気になってね。

コストナーちゃん?とも思ったが、
コストナーちゃんも年齢的にはベテラン領域。

このスパンでは体力的に難しかろうと思ったんだよ。

したら、ヴァレンティーナ・マルケイちゃんとある。

演技というか、顔をみたら、「ああ!」だったんですが、
彼女でてたのか。

ってか、名前覚えなさいよ、腐人・・・。

で、女子の方も、男子同様、予想をたててみよう!
としたんだが、
正直、女子はわかりません!

なんでだったら、
男子の場合は、技術部分できっぱり明暗でてるので、
はっきりいえば4回転次第なんだよな。

もっというと、非常に基準が曖昧な、
演技構成点部分の評定が影響しないとこまで
技術点の差がでるから、
有利不利っちゅーか、勝ち負けが
腐人のよーな素人目にも明白なのだ。

一方の女子は、残念ながら、
腐人のような素人目にでもわかるほどの技術差がない。

ミス1つが命取りになる試合になりそう、
中野友加里さんが産経新聞にコメントだしてたんだけど、
見える方でも、そうなら、
目の無い腐人なんぞが言えることはなんもねぇ。


なので!
開き直って、
腐人の好きなプログラムを滑る選手
っちゅーことにしよう。


あ、そういえば、男子で、
有力馬・・・じゃない有力選手ばっかあげちゃって
注目馬・・・じゃない、
腐人が注目してる選手をあげるの忘れてた。


●注目:ハビエル・ロペス君、ミハル・ブレジナ君。

※どっちもGPシリーズでは、
完成度が低いのしか観れてないのだが、
なんとなく、腐人好みのプログラムな気がするのー!
ノーミスのをみせてー!!!



で、女子ですが。

正直、日本女子3名、
★浅田真央ちゃん、鈴木明子ちゃん、村上佳菜子ちゃん

3人とも、今季のプログラムはどれも好き。

基本的に腐人は、
世界をつくってのなりきりプログラムのが好きなんだけど、
3人とも音楽捉えるのが巧いから、
なりきりじゃなくてもいいもんはいい。

真央ちゃんのスピンが音楽とぴったりきたときは
震えがくるし、
明子ちゃんのあの表情は、見てるこっちまで幸せになってくる。

中でも、佳菜子ちゃんの今季のフリー、
腐人はすごく好きだったりする。

ん?これなりきりか?
映画みてないからわかんないや。

そんでも伝わってくるもんがあるので、
ぜひぜひ、また泣かせてほしいなぁ。



★ユリヤ・リプニツカヤちゃん

SPもフリーも、
今の自分ってもんをよくわかったプログラム作ったなぁ
ってのが一番の感想。

ぶっちゃけ、そのどちらも
演技の最初と最後の表情にやられた。

これ、今だからこそできる演技だよなー。

正直いえば、その掴まれた表情に対し、
中盤は、普通に滑ってる感が強いんだけど、
そこは技でみせてくれるからさぁ…。

この先どうなるのかがとても楽しみな選手だよねー。



★カロリーナ・コストナーちゃん

正直言えば、コストナーちゃんは、
今季、腐人の圏外でした。

が!
あの団体でみたSPが忘れられん…。
飲まれたもん。

もしあれを今季の頭からやってりゃ、
GPシリーズの結果、変わってた気がする。


あとは、
★キム・ヨナちゃん

は、今季、1回も演技みてないんで、
どんなプログラムを滑るのか、見たい。


それ以外は思いつかんなぁ…。

観たら「ああ!」ってのはあるかもなんだけど、
なんつーか、フリーの4分を、
4分と感じさせないぐらい引き込まれるプログラムとしては、
思いつかない。

そーゆー意味では、今、アイスダンスとかペアのが
観てて楽しいかなぁ。



ってことで、続いてアイスダンスにいきますが、
はっきりいって、この団体戦、
アイスダンスが一番おもろかった!

…っちゅーか、これまであまりにも
アイスダンスを見られてないから、新鮮だったのかもしれないが。

リフトって、担ぎ上げるだけかと思ってたら、
こんなのもリフト!?
っちゅー技なんかもでてくるし。

パートナーがいるってだけで、
こんなに表現世界が広がるのかってのが、
すんごくおもろくて。

イタリアカプがロミジュリやったんだけど、
ロミジュリは、シングルでもよく演じられる曲だが、
全く違う感じでねぇ。

衣装も、これぞ、ロミジュリ!だし。
さすが本家本元。


本家本元といえば、ロシアカプの白鳥の湖。
若いせいか、リフトで男性がプルプルしてたのが印象的だが、
みなぎる若さが生み出した勢いが半端なく、
静謐な表現力がいる白鳥じゃなくて
「動」を体現する黒鳥を選んだのもよかった。


カナダカプは、亡き師に贈る曲とかで
観てるこっちまでもらい泣きしそうになるし。


大トリ登場の世界チャンプは、
文句のつけようがないし。

モノを持ち上げるとき、一番正しい場所で持ち上げると、
変なバランスで持つよりずっと軽く持ち上げられる
ってな話をきいたことがあるのだが、
このデイビス & ホワイト組は、
それをマスターしとるとしか思えない。

何よりもリフトの担ぎ上げるまでと、
下ろすまでの流れが、よどみないんだよね、この二人。

そーゆー点は、
ロシアの二人なんかは、まだまだ頑張れ!と思ったが。

アイスダンスは絶対みるぞー!!!


と、今日もフィギュアで終始しましたが、
生温かい目で見ていただけると嬉しいです。


あ、ちなみに昨日はスノボ・ハーフパイプみてて、
本は1冊も読んじゃおりません。

[ 2014/02/12 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

みたぞ、団体男女・アイスダンスフリー

いやーこれ、個人戦、目が離せんぞ。

まず男子。

正直、町田樹くん、悪くはなかったのに、
でも3位。

たぶん、個人戦本戦で、
無難にまとめたらこうなるってことだと思う。

ってか、その1位、2位がすごすぎなんだな。

2位のケヴィン・レイノルズ君は、正直、びっくりした。
カナダ=パトリック君なイメージがあったんだが、
こんな伏兵がいたとは!

ってか、顔は覚えてたんだが
演技の印象がなかったんだよなー。
技術がすごい選手なんで。

腐人はプログラム内容が好きじゃないと
覚えないんだよ…。

どーでもいいですが、ケビン君をみるたびに
腐人は、『大どろぼうホッツェンプロッツ』
カスパール君を思い出してならん…。


1位のエフゲニー・プルシェンコ君はー……

好きか、嫌いかといわれれば嫌いなんだが、
いいか、悪いかと訊かれたら、

いいと答えるしかねぇじゃんよー!この演技!!

く、くやしい…


そんでもやっぱ演技終盤まで魅せきれないのは
年齢的なものか、体力的なものか。

今、2002年放映の
ロシアのペアのドキュメンタリーみてんだが
そこに19歳のプルシェンコ君がいた。

明らかに、ジャンプが違う。
高さといい、回転といい。
この頃は、負けそうな感じがカケラもないな。

そこから12年かぁ…。

腰の調子が悪いともきくので、
個人戦はどうなるのか。


腐人予想)
《注》これは
「腐人が気に入る演技をしてくれるであろう予想」です。
メダル予想とはちと違いますんで、そこはご留意ください。



●本命:パトリック・チャン君、羽生結弦君

※羽生君のノーミスでいったときの点数がわからんので
 お互い完璧に滑ったら鼻差で羽生君か?
 1.1倍ぐらい。

●対抗:高橋大輔君

※怪我からの復帰状態と、公式戦ブランクが
 どう影響するか。
 NHK杯再びを期待したい。
 1.5~1.7倍ぐらいか?

●穴馬:プルシェンコ君

※プログラムを1回しか観てないから
 正直わかんない。
 あと腰の状態も気になる。
 ただ、過去の実績と経験からすると、
 油断できないので、1.8倍か。

●大穴:ケビン君

※こんだけ4回転を決められたら
 もーどーしよーもない。
 決められるか、決められないか。
 そんで一発逆転大ホームランがでるかもしれん。
 2.0倍。


町田くんも4回転2発決めたらわからんなぁ…。

「やってくれるぜ!○○君!!」と叫ばしてねー♪



続いて、女子。

すんません、
すごい余計なエロオヤジ視点で申し訳ないが
腐人はケイトリン・オズモンドちゃんの衣装が
気になって気になってたまらん。

ふくよかな体型なので
余計に目をひく。

確か肌の露出率とかが
かなり厳しく決まってると思うんだが、
ありゃ大丈夫なのかなぁ…。

今から間に合うのかどうかわからんけど
本番までになんとかしてあげて欲しい。


えっとちょっとタイムアップになったので、
続きはまた今度。


[ 2014/02/11 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

・・・ねちゃった・・・(T_T)

フィギュアを観るぞ~!
と頑張ってたはずなのだが!!

雪かきなぞという、
ちょっと歩くのも嫌がってバイクに乗ってるよーな人が
珍しく身体を使った労働なんてもんをしたせーで、
不健全な肉体が、健全な睡眠を求めてしまい

「あと1時間かー。
 ちょっとだけ、ちょっとだけ寝よう」

で、布団にもぐりこんだら、ブラックアウト。

はっと気づいて起きたら、
窓の外は明るく、ちゅんちゅんという
夜明けを告げるひばりの声が・・・(一部脚色してます)。

しゃーないので、朝のワイドショーをみてたんですが、
腐人の知りたいところをやってくれなーい!!


そう。
腐人がフリーで気になっていたのは、
他の国が、誰を出して、どんな演技をして、何位になったか、
なのだ。

それによって、本戦レースの予測がたてられるのに、
どこのチャンネルめくっても、
「日本は5位でした」ばっかでよぉ!

あのな!
予想をたてるのには、確かなデータが必要なの!!

レース間隔とか!
馬場、もといリンクとの相性とか!
過去の着順とか実績とか!
当日の毛ツヤとか!

すごく重要なのにー!!

・・・腐人ちゃん、
さっきからなんか別の競技の表現が混じってませんか?


個人的に、今、
イギリスのブックメーカーがどんなオッズをだしてるのか
むっちゃ興味あんねんけどなぁ・・・。

なんでそゆとこをテレビでやらんのや!


一応、保険かけて録画しとるんで、
団体男女のフリーと、アイスダンスのフリーについては
観てからまたわーわーゆーと思います。




で、その影と、雪の話で隠れてしもてますが、
腐人が観察してたのは、都知事選。

っちゅーか、最近の選挙動向がなぁ・・・。

前にどっかの新聞が記事にしてたけど、
今年に入って各地で行われてる選挙の多くが、
「無投票当選」で決まっちゃってるんですと。

要するに、立候補者が1人しかたたへんかったから、
自動的にその人が当選、というやつですね。

これ、ゆゆしき問題だと思うんだよねぇ・・・。


ご近所のK国やC国ほどではないにしろ、
今、日本の若い人には、不満が溜まってると思う。

今日、読書録でコメントする
浅田次郎さんの
『世の中それほど不公平じゃない』でもあったが、
国が!社会が!企業が!制度が!
よーするに、自分じゃないもんすべてが悪い!!
っちゅーて不満があって、文句言うなら
自分が偉くなって変えてくしかないんだが。

なのに、出馬しようとするわけじゃないんだよなぁ。

腐人の考えでは、
「だったら文句たれるなよ」
なんだが、文句は言うんだよねー。

なにがしたいねん・・・(~_~)
と思うのは、腐人だけだろうか。

文句があるなら、
出馬して権力握って、
自分で変えてけばいいのに。


ちなみに腐人は
「男を全員種を絞ったあと去勢し、生存人口を管理する」
に賛同が得られるなら、
社会システムを根底から変えてみたいが、
まぁ、まず無理だわなぁ。

確実に、有権者の半数からNO言われるわ。

とすると、
供託金を取り上げられるだけなので、やんない。
その分、本、買うー。


で、今回の都知事選ですが、
45年ぶりの大雪が降りましたが、
低投票率は、それが原因じゃないと思うー。

はっきりいって、もしピーカン(晴天のこと)でも、
投票率は同じぐらいだったはずだ。

ってのが、如実に表れてたのが、
無効票にみられた、候補者じゃない人の名前。

これ、抗議の票だと、ちゃんと理解してくれ。
ついでにいえば、この低投票率も、そうだ。

無関心での低投票だけじゃないと思うぞ、今回は。


腐人がゆーのもなんですが、
ビジネスやテクノロジー、文化芸術、スポーツなんかでは
若く才能がある優秀な人材が、どんどん表れてると思う。

10代も20代も30代も、
日本の若者、まだまだ捨てたもんじゃないと思う。

でも、政治はどうだ?
今、名前をあげることができる若い政治家で、
2世3世らを除外したら、誰がいる?

腐人は1人も思いつきません。


「経済一流、政治三流」とは、
バブルの頃の日本の評だが、
今、もっともっとそれがひどくなってる気がしてならんなぁ・・・。

なんでこうなっちゃったんだか。

政治ってもんの大切さ、
K国やC国のような歪んだ洗脳愛国心ではなく、
国家とは、どうして国が必要なのか、
そのためには、どういう視点で物事を動かし、
考えてかなきゃいかんのか、
ってな教育しとらんでしょ。

腐人は受けた覚えが無いぞ。
まーだから国が滅んでもかめへんのちゃう?
とか思うんでしょうが。

でも、腐人の世代では
腐人みたいな考えは極少数派だったの。


戦争?
したい人が勝手にしなよ。
私はいやだ。

責任のある仕事?
そんなのいらん。
自分がしたいことをしたいようにできる額だけ
稼げりゃいい。

こんなふーなのは少数派でね、
みな、もっと、金だの、力だの、異性だの、恋愛だの、
いろんな欲望にギラギラして、
その欲求を満たすために、精力的に動いてたんだよ。

それが今、
欲望を大きくすると、
それを満たすために働かなきゃならないなら、
欲望を小さくすりゃいんじゃん、っちゅー
腐人と同じ、怠け者思考が増えてる気がするんだよね・・・。

怠け者思考の先達者から言わせてもらえば、
この怠け者思考、少数派ならいいんです。

社会は、多数の働き者たちが牽引して、
いろんな新しい産業を生み出したり、
人づきあいならぬ、国づきあいも代わりにやってくれるから。

でも怠け者が主流になると、そこにあるのは停滞のみ。

国づきあいの面倒くさいことも
「えー、好きにいわせてれば?
 ケンカすんの面倒くさい」
なんてやっちゃうと、相手をどんどん増長させることになる。

いじめと一緒。
放置は問題を悪化させる。


そゆこと考えると、
欲深な働きアリを多く生み出す教育を
してこなかったとこに問題がある、
という気がすんだけどねー。


まぁ、日本の未来はどーでもいいが、
頼むから、
この都知事選の低投票率の理由を
天気におしつけるのだけはやめてくれ。

どんだけ目を背けたくなるような痛い事実でも、
本当の原因はなんなのかをちゃんと見ないと、
病気は悪化するばかりだぞ。


[ 2014/02/10 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

雪国は大変だなぁ・・・

腕が疲れております。
雪かき労働をしたもんで。

いやさ、
今日はちょっと街中にいかんならん用事があって
朝からでかけてたんだけど、
腐人は元々、なんもない平地でコケることが出来る人。

シャーベット状態になった道路なんて、
ヨロヨロずるりずるりと、
超危ない足取りで出かけたわけですよ。

それも電車に乗って。

いくら腐人が無謀でも
この状態でバイクに乗る度胸はない。
もう散々コケて、やっと学習したからね。

で、電車乗って街にいくと、
地下街があったりするわけですよ。

…す、すばらしいわ!地下!!!!
なんてすいすい歩けるの…(T_T)
人類の未来は地下にありー!!!

といいたいが、世の中、全部地下なわけじゃないんで、
ヨロヨロずるりずるりとすべりながら
シャーベット道路を歩かんといかんのですよ。

すると、ところどころで、雪かきをしてある部分がある。
当然だが、そこは滑らず歩けるわけで。

ああ、なんて親切な方々なんだ…(/_;)

と、ちょっと感動しまして、
自分の巣までの帰路についたんですが、
うちの目の前の道路は、誰も雪かきしとらんので
相変わらずシャーベットでねぇ。

人にやれやれゆー前に、自分がせんといかんよね
と珍しく一念発起し、せっせこ雪かきしとったんです。

ってか、もっと本音を言えば、
このままシャーベットがアイスバーンになったら、
バイク乗られへんやんけ!!

なんだが。

しんどくても、今、雪かきをやっとくのが
後々のために一番いいんだよ
ってことは××年生きてると経験で知っている。

で、シャーコシャーコ、シャベルで雪をかいてたら、
通りすがりの全く見知らぬおじさんに
お礼とともに、
ほっとレモンの缶ジュースをいただいてしまった。

まぁ!ありがとうございます。
自分のためにやっとることやのに
すんませんなぁ…。

で、やりだしたら、ちゃんと雪かきがでけて
道路が見えてるところ同士を
開通させんと気がすまん気がしてきてねぇ。

ついつい向こう三軒両隣の道路を雪かきし、
近所のスーパーまでの歩行者用の道も
ついつい作ってしまう…。

や、だって、なんかさ、
「おほほほほ~
 そちは、妾が作ったその道を通るがいい!
 他を通ることは許すまいぞ~」
っちゅーぐらい、
道つくったら、
おもろいように人の動線を支配できるんだもん。

したら、スーパーの店長にお礼言われたわ。
や、えーっとぉ…。


ところで、
一般車道の雪かきしててわかったことがある。

むかつくのは、
お礼も言わずにかいたところを歩く人ではない。
お礼も言わずにかいたところを通るチャリでもない。

…ってか、お礼が欲しくてやっとるわけじゃないんで、
言われると、逆に恐縮しちゃうんだが。

ま、それは別の話。

じゃなくてねぇ、
人がせっかく雪を端っこに寄せて、
雪だまりを作ってるっちゅーのに、
その雪だまりの上を!わざわざ!!
ベベベベベ(チェーンつきのタイヤ音)と
乗りあがって通ってって、
かいたばっかりの車道中央に、
積んだ雪をまきちらしやがる車!!!

こいつほどむかつくもんはねぇのよ!!!!

ってかさ、
腐人としては、車道の真ん中に雪があると、
自分がバイクで走るときにずりっとなって困るから
端っこ寄せとんじゃー!!!!
なにしょんじゃ、おらぁ!!

雪かいた後に、マキビシまいたろか…
と思ったわよ。


ほんでもさー、
腐人なんぞは、雪だ雪だっても、
困るのいいとこ今週ぐらいだろうが、
雪国の人たちって、これが冬の間続くんだもんねぇ。

うーん…雪国暮らしはできんかもしれん…。


さて。
そちでござる。

こちらも昨日の雪野郎がろくでもないことしやがった。

最初、BSで観てたんですよ。

したら、途中からモザイク状態がはじまり
「降雨のため、電波状態がよくありません。
 アンテナを確認してください」
とかでてきやがりましてねぇ。

そんでもなんとか!と思ってたら、
ついにはブラックアウト…。

ひ、ひどすぎるー!!!

ってことで、CMと、ゲストがイヤだったんだが
民放に切替。

なんとか女子のSPまで見たところで撃沈…。

ペアのフリーは録画を今朝みました。


総括すると。

●アイスダンスのショートダンス

文句なく、デイビス&ホワイト組が圧倒。
二人の間に、見えない紐だかなんかが
あるんじゃないかっちゅーぐらい
動きが揃うのは、なんなんだ…いったい。

ツイズルなんて、お手本になるよねー。
どうやってあわせてるんだろう…。
テレパシー?

ステップなんかも、
どうしても二人の距離がひらいてっちゃうのが
他のカプなんだが、この二人は、見事に離れない。

磁石でもしこんでます?



でも個人的に衣装で気に入ってるのは、
イタリアカップルの女の子のスカート。

デイビスちゃんも下に濃いピンクもってきて、
ドレープの動きがわかるようにしてんだけど、
イタリアの女の子は、
紺に白いラインというお嬢様の定番。

「ローマの休日」のヘップバーンみたいなんだよ。

で、その白いラインがきれいな波形をかくので、
ドレープの動きのわかりやすさが
ピンクの比じゃないんだな。

で、たぶんあれは裁ち方と縫製技術でなしえると思うんだが、
回転したときが、ほんとかわいくて。

そもそもここ、女の子が超かわいいのだ。
男性無視で見入っちゃうわぁ…。

こーゆっちゃなんだが、衣装で楽しいのは、
やっぱアイスダンスだよねぇ。


●女子SP


リプニツカヤちゃんは、
あの状況でよく自分を保てたねぇ。

GPシリーズのロシア大会では
雰囲気に飲まれてた感じがあったけど、
やっぱ団体戦だから?

どーでもいいけど、
リプニツカヤちゃん太ったね。

木原音瀬さんが、女子の体型変化のことを書いてらして
今、かなりのダイエットをしてるとおっしゃってたが、
そんでも、腐人の目にも今シーズンの初めより
丸みを帯びてきたのがわかるぞ。

ま、避けられない道だ。


この団体戦、疲労の問題があるかもしれないが、
個人戦の前に滑るチャンスがあるってのは
すごく大きいかもしれんと
パトリックくんと、真央ちゃんみて思ったわ。

ってか、男子SPの結果と女子SPの結果って、
見事にその背景がかぶったよねぇ。



まず3位のパトリック君と真央ちゃん。

どっちも1位をとって当たり前的プレッシャーが
ものすごくあるでしょ。

その緊張がすごくでてて。
演技が縮こまってた。



そして2位のプルシェンコ君とコストナーちゃん。

一言でいえば、貫禄。
伊達に経験つんでないわよ!って感じ?
ベテランの意地をみせてもらいました。

ってか、コストナーちゃんは、
SPのプログラム変えてきたけど
自分ってもんがよくわかってて、
その強みを生かしたもんを
よくぞこの短期間で作り上げたねぇ。

正直、個人戦でコストナーちゃんは
今期の状況からしたら圏外かなぁと思ってたが、
とんでもない。
こりゃ荒れるぞー…。



そして1位の羽生君とリプニツカヤちゃん。

若い力と、そのメンタルの強さをみせてくれた。
それが個人戦でどうでるか。

すっげー楽しみ♪


っちゅーかですね、これでわかるように、
今回3位だった二人は、絶対、個人戦でのリカバーを狙ってくると。

ってか、逆に、個人戦が始まるまでに
調整すべきところが見えたように思えるんだわ。

だからこそ、個人戦を期待したく!!

ふふふふふ…
腐人は順当なレースより、
万馬券がでるよーなのが好きなのよ。

って、コラ、競馬と一緒にすんじゃねぇ!


●ペアフリー

訂正をすべきか。

いやさー、男子SPみて、
おらおら、プルシェンコ様に拍手をいたせ!愚民ども!!
ってなしぐさにカチンときた腐人だが、
これ、ロシアの全選手がやりよるねんもん…。

あ、リプニツカヤちゃんはしてへんかった。

でも、それ以外のアイスダンスでもペアでも、
拍手の要求が振りの中にはいってて、
なーんか腐人的には、ムカッとする。

ただ先に生まれたっちゅーだけで、
年長者を尊敬しろと強要する
尊敬できるところがカケラもねぇおっさんに
ムカッとするのと同じ感じ。

あのな、拍手なんてもんは、強制されてするんじゃねぇの。
心から応援したい気になったらするんだよ!!

頼むから君ら、もっとストイックにやっとくれ。


そいや、フリーでは
ロシアはボロソジャル&トランコフ組じゃない
別のカプがでてて、初めて観ましたが、
層が厚いとはこういうことかと。

でも、ボロソジャル&トランコフ組は一目で釘付けになったが、
そこまでないかなぁ…。




観るまでは、団体って、うーん?とか思ってたけど、
おもろいですね。

誰を出すかって頭脳戦なとこが特に。

ロシア、カナダぐらい手札が多いと、
個人戦のメダル争いを念頭に、
選手の疲労状態なんかも加味して、
決勝にどこが残るかも、
次の一手を考えるときに考慮せんといかん。

今回、ペアが強い中国と
アイスダンスがロシアより上のフランスが
ちょうどボーダーラインで、
決勝にどこが残るかで、
たぶんどの選手で切ってくるかが変わってくると思うんだよねぇ。

この団体が、これからも種目として残るなら
(たぶん、残るんだろな。おもろいもん)
日本が解決してかんといかん課題は、
ペアとアイスダンスの強化だろう。

強い国はどうやって選手を育ててるのか、
すごく興味があるなぁ…。


さ、今晩もフィギュア。
寝られない夜が続きます…。


どーでもいいけど!
出場選手の稼ぎではダントツの男子アイスホッケーの
テレビ放映がなんで決勝だけなのか!!!

こんなの、観たくても観られるもんじゃない
スーパースターの勢ぞろいなのに!

腐人はそれが不満ー!!
ブーブーブー(~З~)
[ 2014/02/09 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

♪チ~ビは喜び 庭かけまわり~

腐人はこれから寝溜めする~♪

だって、今晩、フィギュア放映だもん!

それに外は大雪。
って、このくらいで大雪というと、
雪国の方に「はぁ?」と言われそうだが、
雪が1年に1度降るかどうかの土地でばかり
育ってきた腐人にとっては、大雪の感覚だ。

さっきちょっとでかけたんだが、
ずぶぶぶぶと足が沈み込むぐらいの積雪だ。

こりゃしばらくバイク乗れないなぁ…。

そんな状態ですが、ぽてぽて歩いていると、
ちびっちゃいのは、完全装備でわーわー走り回ってる。
元気だねぇ…。


腐人も、普段なら姫や王子につきあわされてるところだが、
今回は、静かです。

ってのも、もろもろ事情がありまして、
二人とも、今、腐人家にきたくても来れないんだな。

おかげで腐人は静かにフィギュアを見られるし、
深夜放映に備えて、寝溜めもできる。


フィギュアといえば、団体戦のペア・SPをみました。

腐人のイチオシは、ダントツでロシアなんだが、
今回、イタリアペアとカナダペアもよいなと思った。

滑ってるプログラムは好対照で、
イタリアは明るく軽ろやかなんだが、
カナダはしっとり叙情的。

それが超絶技巧と、豊かな表現でやられるもんだから
ペアの個人戦がすっげー楽しみになってきた。

GPシリーズ、
日本は日本で開催した試合しか
ペアやアイスダンス放映してくんないからねー。

二人で滑る分、世界の作り方とかが半端じゃなくって、
もっとこれを放映したらいいのに、
そしたら選手層が厚くなるんじゃないのかなぁ?
とか思ってしまった。

無理かね?

まぁ、体型的に、ペアの男子は
日本人男性には厳しいとこがあるかもしれない。

特にペアスピンは、男性の足が長くないとね…。
いろいろね…。

あと力技なんかも、ありゃかなりの膂力がいるもんねぇ…。


そーゆー意味ではまだアイスダンスのが入門しやすい??
こっちもリフトの問題があるけどさ。


この外国のペアやカップルをみてて、
つくづく思うのが表情の豊かさ。

今回、イタリアのペアの女性が
むちゃくちゃ美人なんですが(腐人好みー)、
この人が、アイスダンスの王者、デイヴィス&ホワイト組の
メリル・デイビスちゃん並に、
ずーっと白い歯をみせて滑ってる。

実際に笑ってるわけじゃないんだけど、
あの技を繰り広げながら、
あの表情を保ち続けることのすごさ…。

腐人的にはこの辺、
日本のこれからの若いスケーターたちに
ぜひ見てもらいたい。


そういや衣装の色の話ですが、
ウクライナのペアだったかで、
男性が、蛍光色きてたんですよ。

黄緑の。

したら、まー見事にどこいっても映える映える。
白バックでも黒バックでも。

でも、一方で、重みはない。
ケバケバしい印象になっちゃうんだよな。


そういえばペアではピンクが目を惹いた。

バックが白でも黒でも青でも、
蛍光ほど自己主張強くなく、映えるようになってるし、
かわいらしさと、軽やかさが出るし、
悪くないなーと思うけど、
本人に、似合うかどうかも忘れちゃいかん。

悪いけど、どんだけ中身が乙女でも、
むきむきマッチョな熊に、
ピンクは着て欲しくないの…。


ああ、誰かが表で雪かきしてるなー。

腐人は明日、買い物に出かけねばならんのだが、
無事、出かけられるんだろうか…。

[ 2014/02/08 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

・・・みちゃった(小首傾げて上目遣いに言いましょう)

バックは、嵐(アイドルの、ではなく、天候の、だ)。
※わかる人だけわかってください。

ああ、クソッ!眠ぃ・・・(-_-)
と思ってる日本人がどんだけいることか。
地球が丸いのが恨めしい・・・

いかん、このままだと目を開けたまま寝こけそうだ。
ドーピングしよう、ドーピング。
※ヤバい薬ではありません。

このままフィギュアの話に突入したいとこだが、
ちょいとその前に。


昨日、師匠から、
「ちくしょう!やられたー!」
とメールがきた。

凪良ゆうさんの『おやすみなさい、また明日』
読んで涙腺が決壊したーと。

だしょ?だしょー!

特に『めぞん一刻』オンタイム世代には、
あの「長生き」がツボなのよ!

と、ひとしきり語ったところで、ふと気づく。

「ん?もしかしてこれ、
 『めぞん一刻』のオマージュ作品か?」

考えてみたら、住人も、ああ、なるほどだし。
なんてったって、「管理人さん」だし。
エプロンはピヨだったりするんだろか・・・。

と書いても、なんの話?な人もいてはるかもなぁ・・・。
だって、1話の初出から計算したら
もう30年以上たってんねんもん・・・。

ざっくりいうと『めぞん一刻』とは、
巨匠・高橋留美子さんのコメディタッチな恋愛マンガ。

未読の人は、ええ機会やから、読んどけ。
以上。←おい!

や、だってさー、
マンガ好きと言うなら
一般教養レベルで知ってなきゃな名作だもん。
腐人のヘタクソな解説するよか、読むがいいに決まってる。

そしたら、あの「長生き」が持つ意味がわかるぜよ。

師匠が、
「まだこういうのが読めて本当に嬉しい」
っちゅーてたけど、そのとおり!

だからこそ、
毎日大量に発売されてる新刊という砂場の中の
どこかにあるはずのダイヤモンドを探して、
日々、本を読み続けるのよ~!!

期待しとるんで、またいいの出してねー!



さ、これで心残りはなくなった!
思い切り、フィギュアの話にまいりましょう。

昨日も書いたが、時間が時間だったので、
見るつもりはなかったのだ・・・なのに・・・(T_T)

これ、フリーだったら最初からあきらめてた。
だって、一人当たりの演技時間が長いから、
朝までのコース確実なんだもん。

演技時間が短いSPだったこと。
録画ではなく、ライブであったこと。
途中でCMが入る民放じゃなかったこと。

これら諸々の要素と。

なによりも、
「エフゲニー・プルシェンコくんが4番滑走」

これに心が揺れた。

・・・4番目なら起きてられるかも・・・?
と思っちゃったんだよねぇ・・・。


で、みてると、さすがプルシェンコくん。
90点台をたたきだしてくるから、
つーいついつい、じゃぁじゃぁ!
パトリック・チャンくんと羽生結弦くんがどうなのか!
が気になっちゃって・・・。

似たような人多いんだろなー。


総括でいえば。

男子は4回転の時代になった、とは思ってたが、
そんな甘いもんじゃないね。

4回転が当然、それを決めないと入賞も無理、
になっちゃってるね。

昔々は、クワドラブルってだけで、
すげー!!だったのに。


このフィギュア放映の前の「MUSIC JAPAN」で、
浅田舞ちゃんがフィギュア観戦のポイントを
解説してくれてたんだけど、
これがめっちゃよかってん。

ジャンプも、実際に、
このポーズで飛ぶのがルッツで、
と、1つ1つやってくれはったので、
「なるほどー!!」と、目からポロポロ鱗が落ちた。

っても6つのジャンプ名が覚えられない腐人・・・。

そして、実際の演技では、早すぎて
やっぱアクセル以外はわからねぇ・・・(~_~;)。

にしても、舞ちゃん、
脚、むっちゃきれいやん・・・。
見惚れるわ

ま、それはともかく。
木原音瀬さんがブログで、エッジエラーの話をしてはったが、
舞ちゃんの実演で、なるほど、そゆことか!と
やっと腑に落ちました。

でもこれ・・・こんな違いなら、
選手にしてみたらエラーとられて不本意ってこと
結構あるんじゃないのかなぁ・・・。

あたし、ちゃんとやってたのにー!!
っての。

ジャッジは覆らないってのが
スポーツの常識ではありますけどね。


そいやこの舞ちゃん解説で、
美しいスピンの見分け方ってのやってて、
美しいスピンだと、回り始めと回り終わりで
後ろの看板の見えてる位置がズレないって
ゆーてはったんですよ。

で、そこ注目しながらみてると、
確かに、パトリックくんと羽生君のスピン、
見事にピタリ。
根っこでも生えてます?っちゅーぐらい不動明王でござったよ。

今まで軸足の伸びや
回転スピードとバランスばっかみてたけど、
もう1個見所が増えたわ。


で、個人の話にいきますが、
ごめん、正直、下位の選手は記憶にない・・・。

でもイタリアの人は、別の意味で記憶した。

・・・こんなこと言っちゃいけないと思うんだけど、
「え!?」と思うぐらい、(ピー)が(ピー)で。

バレエも理不尽で厳しい世界だと思ったが、
スケートも「美」を競うスポーツだから
影響あるんだなぁ・・・。


ま、それはさておき、プルシェンコくん。

率直なところを言えば、

31歳でよくぞ!
ではあるんですが、
腐人の好みじゃなーい・・・(-з-)

よく言えば、「荒々しい、力強い」んだろうが、
優美じゃないの!美しくないの!

腐人は、フィギュアに美しさを求めているのー!!!


例えばスケーティング。

なんか遠心力でぶんぶん振り回してる感じなんだよなー。
端的にいえば、力技。
コサックダンスを思い起こさせると
言えばいいんでしょうか・・・。

特に、この後に、パトリックくんの
流れるような優美極まりないスケーティングをみると
余計に、ぶんぶん手足を振り回してる感じが・・・。

ああ、川原泉さんの
『銀のロマンティック…わはは』であったな。
あんな感じに感じたのだ。


あとねー・・・これはもう、100%好みの問題なんだが、
やっぱね、演技なので、演じて欲しいんですわ。

でも、プルシェンコくんのは、
仮にロミオを演じてたとしても、
それはロミオ様じゃなくって、プルシェンコ様にみえるの。

リンクインした瞬間から、
俺様、プルシェンコ様な感が強くて、
おらおら、下郎ども、プルシェンコ様を褒め称えよ!
ってなオーラに、カチンときた・・・。

すんません、腐人もどっちかっちゅーと、
そのタイプなので、合わないんだ・・・。

っても、そうできるだけの実績があり、
かつ、自国開催だから、
自信モリモリの姿が正しいんだろうけどね。

しかし、それと腐人の感情は別問題。

ゴーマン自信家男は、一番嫌いなタイプなんだ。
あのリンクインしたときのしぐさで、
応援する気が、一気に失せた (-_-)。


でもさー、羽生君と比べたら、12歳違い。

12歳違いといっても、ぴんとこんでも、
これなら衝撃がわかるだろう。

干支が!一回り違うんだよ!!

この重み、日本人ならわかるよな・・・。

その点では、がんばれーと、ちょっと思う。



続いて、パトリック君。

これ、腐人の勘違いかもしれんが、
もしかしてパトリック君って、神経細い?神経質?

繊細って言ってやれよ・・・。

まー腐人と比べりゃ、
大抵の人はデリケートってことになるんだろうが、
ソチ入りもむちゃくちゃ早かったとかきくと、
枕が変わると寝られなくなるタイプかなぁとか思っちゃった。

単に、状態のよい悪いってのが
あるだけなのかもしれんが。

ただ、パトリック君が乗ってるときって、
リンクに降り立った瞬間から、
会場全部を掌握しちゃうよーなオーラがあるんだよな。

それが今回、不安感みたいのが伝わってきたんだよなー。

そこらがアクセルにでちゃった感じがするが、
ほんでもあの流れるような美しいスケーティングや
見惚れるようなスピンは別格。

滑らかな旋律を奏でてるかのようなんだよねぇ。



そういえば、リンクみてて気になったことがある。

このリンク、映える色が難しい気がした。

バンクーバーの時は、青だらけだったんだけど、
このソチのリンクは、大きくいって、青と白と黒がある。

ありゃなんなのかわからんがリンクの壁が一部途切れて
真っ黒バックのところがあるんだよね。

そーすっと、今回のパトリック君のような
前身黒メインだと、その黒バックんとこいくと、
よく見えないんだわ。

それはプルシェンコ君も同じね。

じゃぁ白っぽいほうがいいのかというと、
それもまたそうでもなくて。

壁にも部分部分白があるせいか、
青の部分もバンクーバーより明度が高い青を使ってるせいか、
全体的にリンク上は、明度が高い、
どっちかっちゅーと白が強い明るいリンクだと思うのね。

すると長身の選手、
パトリック君やジェレミー・アボット君、羽生君だと
全身を引きで撮ると、
上半身ぐらいは明度が暗い客席バック、
下半身は、明度が高いリンクバックになるんだよ。


それがそれよりも小さい選手、
プルシェンコ君以下といえばいいかな、
日本人選手でいえば、高橋大輔くんや町田樹くん、
そんくらい小柄だと、全身を引きで撮っても、
この明度が高いリンクに収まっちゃうの。

すると、白バックに白衣装となって、
なんかボケるんだよねぇ・・・。


赤ならいいのかなぁと思ったんだが、
ジェレミー君が、臙脂色着てたんだけど、
客席バックになったり、その黒いトコになったりすると、
やっぱ埋もれちゃって。

ドイツの選手(すんません、名前わからん)が
襟と袖んとこだけ明るめのグラデーションだったんだけど
それだと、手の動きのようなポイントがみえるから
ああ、なるほど、って感じだった。


腐人は、自分のお気に入り衣装しか覚えてないから
例が偏って申し訳ないんだが、
たぶん、このリンクで映える衣装は、

・町田樹くんのフリー
・浅田真央ちゃんのSP(藤色のやつね)
・ユリア・リプニツカヤちゃんのフリー

あと出てないが、エレーナ・ラジオノワちゃんの衣装なら
どっちでも映えただろうなぁ。

で、羽生君のSPの衣装のシャツが、
このソチリンクの壁と色味も模様もよく似てて、
これは不利では?とか思ったんだ。

・・・で、わかった。


演技がよけりゃ、
衣装の色とバックの色なんて、
じぇぇんじぇぇん気にならん!!


そうか、腐人が今まで衣装やバックが気になってたのは、
気が散ってた、ってことなのねぇ・・・。


っちゅー流れのまま、羽生君の話にいきましょうか。

腐人はこの羽生君のSPプログラム、
演技冒頭んとこで、髪をかきあげるしぐさをしながら、
ジャッジに流し目くれるとこあるやん。

あっこをみて、
「おー、今日はリラックスしてノリノリだねぇ」
とか
「ん?ちょっと固いな。緊張してる?」
とかを、勝手に判断している。

そーゆー意味では、昨日じゃない今朝は、
かなりガチガチで
余裕なかったように見えたがどうだろう?

前半にあるスピンも、
すごく感覚が冴えてノリノリのときは、
にょろっとあげた手が、
ポイントとなる句読点のような音にくると、
それを掴むかのような細かな振り付けがあるんだけど、
昨日は、音きけてました?

腐人には「掴めてる」とこまでは、
もうちょっと…のように見えたんだがな。

でも、ジャンプが決まったあたりから、
落ち着いてきて、見事にまとめあげましたなぁ。
すごい!としか言いようがない。
パチパチパチ


そういえば、やっぱりプーの持ち込みはダメだったようだが、
大丈夫よ、羽生君!
君には、プーによく似たブライアンコーチがついてるわ!

いつか、二人でくまのプーさんの曲で
ぜひステップを踏んで欲しい・・・。

そのときの羽生君の衣装は、
もちろん、クリストファー・ロビンで!!!


ってな、アホな妄想はさておき。

・・・こーゆーとき、コーチの心境は複雑だろねぇ。

自国を応援したいけど、座っているのは日本ブースだし。
教え子に勝って欲しいが、
自国代表にも負けて欲しくない。

どーゆー葛藤があるのか、きいてみたいなぁ。



さ、週末は、たぶん録画できてるだろー
ペアの演技を見る予定。

ってか、腐人としては、
各国のペア、誰がでたのか、
どういう得点だったのか、
結果がしりたいんだけど、
ネットでググってもみつからーん!

なんでだー!こらー!
ブーブーブー。

ま、いいや。
録画があるから。

・・・これで録れてなかったら、
奈落の底まで落ち込むな・・・。



ところで、ふと思ったんですが、
新しいジャンプの飛び方って、開発できないんですかね?

回転数は、もう人類能力的に限界じゃないかと思うんで、
じゃぁ、種類をもっと増やしたらどうよ?
ってな単純思考なんだが。

今もし、新しい飛び方発明(?)したら、
きっと名前が残るだろうし、
それこそ他の誰にもできない技!ってなるんじゃないのかなー。

ただ、その得点はいくらなんだ?

それと、そこに特許はあるんだろうか・・・。
実用新案ぐらいあかん?

腐人は、美しいものが好きだが、
お金も大好きなの~♪

[ 2014/02/07 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

だらだらーとフィギュア話

ソチが始まりますなぁ・・・。

皆!
腐人にとっておきの最高のパフォーマンスをみせてね!
国とか、メダルとかどーでもいいんで。
    ↑
   おい・・・


フィギュア団体の男子SPが羽生君ときいて、
見るなら何時?と調べたところ、
・・・・・・真夜中じゃん・・・(~_~;)。

翌朝に仕事がなければ見るのにー!!!

そう、夜起きとくは得意なんだけど、
朝起きるのがヘタクソなのだ。
だから、3時まで見たとしたら、
確実に朝、起きられない・・・。

睡眠不足でも大丈夫っちゅーほど若くもねぇし。


でも、カナダはパトリック君でしょ?
うひーん・・・見たいなぁ・・・
頭で二人やってくんねかな?
無理だろな・・・(-_-;)


そういや木原音瀬さんのブログのフィギュア連載。
スケーティングとスピンの話でしたが、
スピンといえば、
腐人は村主章枝さんと中野友加里さんのスピンが好きだ。

でも、こないだの浅田真央ちゃんのスピンはよかったなぁ。

腐人にとってスピンのよしあしは、
音楽とあってるかどうかなんだが、
先日の荒川静香さんのNHKスペシャルでは、
軸足の重心位置を変えるほうが難しいので高得点
と、ゆってはって、
へー・・・と思った。

知らんかったなぁ。
ってか、むしろ、
ぐらぐらしてるほうが悪いとか思ってた。


男子では、やっぱ羽生君とパトリック君のスピンかなぁ。

羽生君は、女子並みの柔軟性がすごいよね。
普通、男性はあっこまで脚あがらんと思うんだが、
どんな関節しとるんですか??

パトリック君は、軸足がきれいなの。
彼はたぶん体幹がすごいんだろなー・・・。


キム・ヨナちゃんの演技は
これまで上半身や表情ばかり目がいってたんで
木原さんが指摘されてたスケーティングの下半身のことは
目からウロコ。

そうなのか・・・
GPシリーズでてくれないと
腐人は見る機会がないので、
ソチでは下半身に注目してみてみようっと。


それにしても各選手、
トップスピードはどんくらいでてるのかなぁ?

背後の看板の流れ具合からスピード予測をするんだが、
やっぱパトリックくんが断然早い気がする。
ってか、彼は、いつ減速しとんだか、わかんねぇ・・・。

でも早けりゃいいってもんじゃなく、
高橋大輔くんの緩急や静止、あれ、腐人好きです。

そういうところも「魅せる」ってのは、
やっぱ高橋君はダンサーだなぁと思う。


さーてと。
ソチでフィギュアを心ゆくまで楽しむためには、
目の前の仕事を片付けねばならぬ・・・。

ってことで、今日はちゃっちゃと片付けよー。


以下、読書録。

●5日
(84)BL/ルチル 『二度目の恋なら』 高岡ミズミ
  ふむぅ・・・。
  なんか、よくわかんない思考回路だな。

  でも、こういう人いるよね。
  自己評価が低く、刹那的にしか考えられないの。

  それがどんどん悪循環になってくんだけどねぇ・・・。

  こーゆーのみると、
  子供は愛されて育ってほしいなぁと思う。
[ 2014/02/06 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ど・ち・ら・に・す・べ・き・か・な?

最初にお断りしておきます。

知人の話です。
腐人の話ではありません。

ただ、バレるといろいろ支障があるので、
若干脚色してあります。


●チェーンはすべきか、やめるべき?

1人暮らしのAさんが寝込んだ。

最初はなんとか自分で面倒をみていたが、
次第にヤバくなり、近くに住む、
合鍵を預けているBさんにSOSをだした。

Bさんは飛んできてくれたのだが、
問題が。

実は、Aさん、数年前に泥棒に入られたこともあって、
いつも、家中の施錠をしっかりする。

今回も、玄関の鍵はもちろん
チェーンロックまでばっちりだ!

・・・そう、そうなると合鍵だけでは家に入れないのだ。

鍵をあけても入れないことに気づいたBさんは、
ドアをたたいたり、Aさんに電話したりし、
なんとかAさんをたたき起こし、
ロックを外すように進言。

Aさんは高熱でもうろうとしながら、
床をはいずり、ロックをはずしたところでダウン。

Bさんの呼んだ救急車で運ばれ、即入院となった。


その後、退院してきたAさんと話をしたところ

「今回で懲りたから、
 この先、絶対チェーンはしない!
 都会で1人暮らしをしている知人にもするなと言った」

という。

でも、世の中には、チェーンカッターとかあるし?
戸建なら、窓ガラス割ればいい話。

むしろ、チェーンをせんことで、空き巣や強盗、
女の1人暮らしならストーカーや強姦の心配もあるんだが・・・。

ま、これは自分にとって何が怖くて、何が嫌かの話。

孤独死が怖い。
誰かに自分の物を壊されるのが嫌。

そしたらチェーンをやめればいい。

窃盗にあうのが嫌。
身の危険を感じるのが怖い。

そしたらチェーンをすればいい。

そーゆーこっちゃろね。

腐人は、孤独死万歳と思ってるし、
己が死んだ後のことなんぞ
どーだっていいので、チェーンをします。これからも。




●データは保存?それとも、消去?

こないだ偶然きこえてきてしまった会話。
※2014/1/10「技術の進化と、股ゆる男女」

以来、この話のついでに
ラインやメールの際どいやりとりは
残すべきか、消すべきかってな話を
周囲とやることがある。

ちょっとそことはズレるのだが、
士業のセンセとお話をしているときにも、
際どい話になることがある。

・・・っても、こちらの「際どい」はエロではないですが。

某・士業 Cさん
「見られたらヤバそうなもんは、全部捨てておくべし。
 ブツがないなら、見られることはない」

某・士業 Dさん
「裁判は、証拠できまる。
 裁判官は、客観的資料として出せるものでないと
 信用しない。
 (※口頭での言った言わないは、
   とりあってくれません)

 そのために、すべての記録を残しておくべし」


さーてどっちが正解か。

そいや、吉田秋生さんの『BANANA FISH』で、
裏帳簿の証拠残してて殺されたおっさんのエピソードで

こんなの手元に残しとくなんて
切れ者(自信家だったっけ?)か、
バカのどっちかだ

みたいなネームがあった気がする。

うーん、うろ覚え・・・。


そうだよねぇ・・・
うまく使いこなせないなら、捨てとく方が無難か?

でも、こないだの姉ちゃんみたいな話になったとき、
それは自分を守る盾にもなる。

っちゅーても、その記録の中で自分が失言してたら、
そこで足とられることもあるわけだが。

身奇麗に、キヨラカに。
煩悩を捨て去って、仏の心で生きるのが一番だわね。
腐人のように。
  ↑
 ウソをつけ!!


[ 2014/02/05 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

書き忘れいろいろ

●フリルを着た阿修羅

木原音瀬さんがリツイートしてはった

「ゆづるくんを形容した
 『フリルを着た阿修羅』という言葉」

に大笑い。
なんて的を得た表現なんだ!

腐人の持つ阿修羅像のイメージは、
「中性的外見をもつ闘神」なので、
確かに羽生君にぴったりだわー。

顔は1つで、腕は2本しかないけど、
滑ってるときと、そうじゃないときの顔が
全然ちゃうもんねぇ。


開幕まで、あと数日に迫った今、
なんか不穏なニュースも飛び込んできちゃおりますが、
皆が皆、持ってるものを
すべて出し切れる大会として、
無事に開幕し、終了してくれるといいな。

ホント、病気や怪我だけはしないでねー!


●大会といえば、ローザンヌ。

昔は、NHKの地上波でずっとやってたんだよな。
で、名物審査員さんがいてはってねぇ。

激辛なの。批評が。

バレリーナって、
身体能力があればいいってもんじゃなく、
その上に、美貌とスタイルのよさがないと
アウトなんだよね。

いくら踊れても、ブスなチンチクリンはダメっちゅー
超過酷で理不尽な世界・・・。

で、その審査員さんは、
それをオブラートに包むことなく
バッサバッサやりまくるんだよ。

「下品」
「足が短い」
「汚い」

でも、それが外れてないの。
超図星なので、ダンサーの踊りも気になるが、
それ以上に、なんと評されるかが気になって気になって。

ネットでググってみたら、腐人と同様、
この方の評を楽しみにされてた方がいらっしゃるようで、
お名前が判明しました。

元オペラ座バレエ学校長のクロード・ベッシー女史。

あの比類なき、的確かつ、辛らつな批評は、
ローザンヌを盛り上げてくれるとともに、
見る側の鑑賞眼を鍛えてくれるものだったので、
ぜひとも復活していただきたいもんだなぁ・・・。


そういや、今回はニュース映像しかみてないけど、
今まで気づかなかった舞台傾斜。

ただ単に奥行きがよく見えるよう、
カメラ位置が斜俯瞰なのかと思ってた。

が、よくよくみると、たぶん正面撮り。
で、あんだけ奥行きがでるってことは、傾斜がすごい。
舞台袖みると、どんだけ斜めになってるかがよくわかる。

あんな坂状態で、よくくるくる回れるもんだなぁ・・・。


●対義語は正しく使いましょう

海野つなみさんの『逃げるは恥だが役に立つ』
気になってた点、その1。

沼田さんが、風見と津崎をみて、
「タチとウケ」っちゅーんですが、
ブブー。その使い方は間違ってます。

「タチ」の対義語は、「ネコ」。
これはホンモノさんが使います。

でもって、
「ウケ」の対義語は、「攻め」。
これは腐女子が使います。

よって、「タチとウケ」は
相容れない業界の用語がまざっちゃった
間違った使い方なんですよ。


この場合、沼田さんがホンモノだったら
「タチとネコ」というべきで。

沼田さんが腐男子だったら
「攻めと受け」というべきなんですなー。

ついでにゆーと「リバ」も腐女子用語じゃねぇかなぁ?

って、どーでもええ話よね・・・。



●白い詰め物だが保険適用

海野つなみさんの『逃げるは恥だが役に立つ』
気になってた点、その2。

歯科治療で、保険適用のパラジウム合金にすべきか、
自由診療のセラミックにすべきかっちゅーて、
迷ってた件。

腐人はガキの頃に、奥歯の神経をやっちゃって、
むかーしむかしに、銀を被せたんですよ。

その当時は、パラジウム合金しかなかった。

したら、数年前、経年劣化でとれちゃいましてね。

で、医者いったら、

「今は、パラジウム合金はほとんど使われなくなってます。
 審美としても、パラジウムが体に与える悪影響からしても
 やめるべきだってのが、昨今の主流。
 なので、こっちにしますね」

っちゅーて、白い詰めモンに変えられた。

セラミックなのかなんなのかは、
もう忘れた。

でも、歯と同じ色してるやつですけど、
保険適用だったよ?

医者変えたらどーすかねぇ・・・。
今、歯医者さん、過剰供給状態だよ?


そんなとこかね。

最近、拾う端からボロボロ取りこぼしてるから、
言い忘れが、たぶん、きっと、もっともっとあるんだろなー。

でも、生きてくのに必要なことじゃないから、
ま、いっかー。

[ 2014/02/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

姫の算数

腐人は、ジャンクアイスが好きだ。

ジャンクアイスってのは、
腐人の勝手な命名だが、
要するに、乳固形分が低く、果汁割合が低く、
100円未満で買えるやつのことである。

なかでもパピコは、本と一緒にお風呂に持ち込むと
至福の一時を味わえるのよ・・・。

ちょっとお湯につけて溶かして、
じゅるるるるーって最高なの!
ああ、考えただけで、たまらない・・・。

お行儀悪いけどね。

ただ、パピコが通年販売してる定番味、
チョココーヒーと、バナナオーレは、
実は腐人、あまり好きな味じゃない。

よって、期間限定で出る味を
ものすごーく楽しみにしてて、
みつけるとこっそり買い置きをしてたりする。

で、先日、それを姫に見つけられてしまった。

姫は、アイスといえばハーゲンダッツと思ってる
世の中舐めてんじゃねぇぞ!!な口の持ち主。

以前、腐人がパピコではない
別のジャンクアイスを食べてたときに
一口あげたら、
「これ、姫の好きな味じゃない」
とかいいおったのだ!

そんな口しとったら、将来苦労するぞ!!

なので、今回も姫はスルーだと思ってたんだが、
外装のイチゴの写真に惹かれてしまい、
「食べてみるー」
という。

どうせ一口でアウトやろ、と思ってやったら、
一口どころかペロリンチョと1本食った。

な、なんてこと・・・
自らの手でライバルを生み出してしまったわ・・・。

とまーそんな経緯がありまして、
残る1本を、大人気なく、75%ぐらい本気で取り合いをし、
姫に奪われた腐人。

だって、懐に抱え込んで机の下にもぐるのよ!あやつめ!!
腰痛の腐人は、机の下には潜れない・・・。

姫がじゅーじゅーパピコを吸い上げ、
それを腐人が指をくわえて眺めていると、
血族が買い物に行くとゆーので、
じゃぁ、パピコの期間限定イチゴ味を買ってきて!
っちゅーことになったのだが。

腐人
「あ。ねぇ姫、
 もし王子もパピコ食べたいって言ったらどうする?」

※ご存知ない方のために説明すると、パピコは1つの袋に2本入っとるんです。

姫 :「2つ買ったらいいんじゃない?」
腐人:「そしたらパピコ4つだよ?
    じゃぁ、姫が1つで、王子が1つで、腐人が2つー!
    それでいいよね?」

っちゅーたら、

姫 :「だめー!!!」

と、本気で怒る。


腐人:「じゃぁ、パピコ1つ買ってー、
    王子が1つ、腐人が1つ、姫はなしー」
姫 :「だめー!!!」

ってなのを、延々ループでやっとったんですよ。

姫は、腐人が多く取るのがどーにも許せんので、
うんうん一所懸命考えることしばし。

姫:「3つ!パピコ、3つ買ったらいい」

と、大正解を導いた。

すごいぞ、齢4歳にして、最小公倍数を知る!

いつの世も、必要は発明の母なんだねぇ。


で、これを聞いた血族が一言。
「要は、1人1個買って来いってことよね」

ま、せやねんけどさ。


姫といえば、こないだ本屋にいったら、
MOEの絵本屋さん大賞とやらのコーナーができていた。

ってことで、いくつかみてみた。
(78)絵本 『りんごかもしれない』 ヨシタケシンスケ
(79)絵本 『しろくまのパンツ』 tupera tupera
(80)絵本 『ちょっとだけまいご』 クリス・ホートン


悪くはないのだが・・・・・・腐人の好みじゃないなぁ。

『りんごかもしれない』は、
「このままおいてたらどうなるんだろう?」
って言われても、
「腐るだけじゃね?」
だし。

『しろくまのパンツ』は、
『パンダ銭湯』もそうなんだが、
あの岡田よしたかさんほどの破壊力がないんだよなー。

この辺は、腐人はベースが関西人だからか?
笑い感覚の違いだろうか?
でも、姫は、岡田よしたかさんの本が好きで、
「これ、おもしろいよね」
っちゅーてたんで、
笑いの感覚って地域差や年齢差ないのかなぁ?という気も。

『ちょっとだけまいご』は、
絵とか色使いがいい、まさにヴィジュアル刺激。

・・・すんません、腐人、ストーリーの人なの・・・。

ってか、やっぱ、腐人はナントカ大賞とかと、
どうも合わない体質のようである。

要は、マジョリティ感覚がねぇってこと。

いいもーん(~o~)!
[ 2014/02/03 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

ちょっとタイムアップになったので

ホントは、「姫の算数」をしよーと思ったんだが
また今度。

ちょっとタイムアップのため、
カウントのみ。

●1日
(71)一般本 『カブキブ! 1』 榎田ユウリ
(72-75)マンガ 『RiN 1-4』 ハロルド作石
(76)マンガ 『青空エール 14』 河原和音
(77)マンガ 『ひるなかの流星 8』 やまもり三香
[ 2014/02/02 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

ジャングルジムじゃありませーん!!

なぜだ?
なぜチビどもは、
腐人によじ登るのが好きなのだ?

真央ちゃんのNHKスペシャルをみとったら
よじよじと、肩やら頭に登られた。

やめんかー!
20キロまではいかないが、
17、18キロはあるのよ!君ら!

そんなのに乗っかられたら、腐人の背が縮むやんか!
ただでさえ、カレイで軟骨が減って、
どんどん小そぉなっとるっちゅーのに!


とまー、
今日は姫と王子が交代してやってきて、
それぞれ腐人家にマーキングしまくって帰っていった。

そして、二人に遊び相手だと思われてる腐人は、
一緒に遊べと命ぜられる。

まぁ、今、血族たちが、体調不良連発してるから
そっちに元気すぎる子羊が行かないように
牧羊犬は見張らねばならぬ。

ああ、ヨーゼフ、
君の気持ちがわかるよ…(T_T)。


っちゅーか、君たちね、
ピンポンと同時にドアを開けようとしなさんな!!
待て!を覚えろ!!


ただ、最近、オセロを覚えたので、
それをやりたがってくれるのはありがたい。

鬼ごっこやら、かくれんぼにつき合わされるのは
老体にはしんどいんじゃ。
手加減ないからねー。

っても、腐人は大人気ないので、
チビどもに勝ちは譲らない。
容赦なくやっつける。

ま、世の中厳しいもんだと、
世間には、自分よりもっとずっと
できるやつがいるってことを、
こんくらいから学んどいたほうがいい。


ただ、このオセロ。
腐人も久しくやってなかった。

ガキの頃は、ご近所、親戚レベルでは、
向かうところ敵なしだったんだが、
今じゃ、確実に衰えてる。

とはいえ、はじめたばかりの4、5歳児に
負けるほどまでにはなってないが、
自分がどんなレベルなのかと、
ネットに転がってる無料ゲームで試してみた。

すると、やさしいレベルだと勝てるが、
難しいレベルになると、
完膚なきまでに負ける。

それに、腐人の戦法は、
相手のミスを誘発させて、自滅させるっちゅー
超性格が悪いやり方なので、
コンピューター相手では分が悪い。

だって、あいつら、ミスしないんだもん!!

いかん…
鍛えねば、チビに負けてしまう日がくるかもしれん…。


というか、オセロやチェスは、
コンピューターには勝てないゲームなんだよね。
打つ手が読みきれるから。

でも、囲碁、将棋は、
指せる手の数がとんでもない数になるので
ちょっと前までは、
コンピューターは人に勝てない
と言われていた。

が、どうも最近、人間の旗色が悪いみたいですなぁ。

がんばろう!人間!!

…腐人もな。
[ 2014/02/01 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。