或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年02月 ]
01 | 2014/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

模写は権利の侵害か?

フィギュア話が続きすぎなので、
今日はちょっと毛色の違ったお話をするべ。

著作権の話っす。

…毛色変わりすぎやろ!ってのは、
それがこのブログなんで。


あ、その前に、
モリエサトシさんの『星空のカラス』の1巻で
鷺坂がパピコ食べてるシーンがあるんだけど、
そこに物申したい!!

パピコの取っ手は、頭とっちゃうと本体に残りません!
でもって、頭取る前のパピコの頭は台形!

よって、頭が台形じゃないシルエットで、
パピコ本体に取っ手がついてるのはおかしい!!

byパピコを心から愛する者より


むっちゃどーでもええことなんすけど、
パピコ愛好者としては、黙ってられなかったの…。
   ↑
  あんた、いくつや…。



さて、本題にまいりましょう。

先日、著作権に詳しい方と話をする機会があったので、
前からずっと疑問に思ってたことをきいてみた。

2013/11/26 の或るアホの一日で書いた
『消されたマンガ』について」。

ざっくりもう一度言うと、発表されたものの
その存在を無かったことにされてるマンガってのが
過去何作もあって、その理由は大別すると、

1)政治
2)差別
3)エロ
4)トレース、盗作


の4つがあげられるとのこと。

詳しくは2013/11/26のブログを読んでくださいだけど、
そのなかの「4)トレース、盗作」これがね
腐人としては納得いかんかったんですわ。

納得いかなかった点の1つが、

「複製権を侵害してる」
といわれてること。


腐人は専門家じゃないから、
間違った解釈をしてる可能性は高いのだが、
著作権法で言うところの「複製権」ってのは、
俗に言う「版権」のことだと解釈していた。

一般的に「複製」っちゅーたら、
すなわち「コピー」ってなふうに思っちゃうんですが、
確かにそれも含むは含む。

図書館でコピーしようとしたら
うんたら言われることあるっしょ?
あれです、あれ。

でも、そーゆーののほとんどは
「権利制限規定」内に収まって、
著作権のもつ禁止権が制限=自由にコピーしてよし、
となっている。
※これはむちゃくちゃ大雑把な話。
 ちゃんと「権利制限規定」というのが法で定められてるので
 それ超えた使用は、禁止権がはたらきます。


でも、そんな小さい範疇じゃなくて、
もっとでっかい「印刷」のことなんだと思っててね
だから「複製権の侵害」ってのは、
「許可した覚えのない出版社から
 勝手に作品が発売されてる」

ぐらいの話のことだと思ってたんですよ。

だから、トレースだの、盗作だのが
「複製権の侵害」といわれることに
なんか違和感があったんだよな…。


まずその点についてきいてみた。

すると、複製権でいう「複製」ってところから
教えてくださったのだが、
著作権ってのは、いわゆる本だけじゃない映画や音楽、公演など
ものすごく幅広いところを網羅するものなので、
法でいう「複製」ってのはこういうことなんだそう。

「複製とは
 印刷、写真、複写、録音、録画、その他の方法により
 有形的に再製すること」

…よくわかんねぇ…(~_~;)

といったらば、この判例がわかりやすいですよと
1つの事件を教えてくれた。


●「雪月花」事件 東京地裁1999/10/27

照明器具会社がつくった商品カタログで、
ある和室の内観を撮影したものがあった。

そこの床の間に、「雪月花」の書の掛け軸が飾られていて
それが写りこんでいたのだが、
それに対して書家側が「複製権の侵害」だと訴えた事件。


余談になるが、
例えば、ある書のコンクールで、
他人が書いた俳句を題材にしたものが
入選したとする。

それを書展として展示しましょうとなった場合、
俳句を詠んだ人に、許諾を得てないと、
「複製権の侵害」になるとのこと。


ってなことを踏まえて、
どんな判決が下ったのかというと。

セーフ(侵害してない)だったんだ。

っても、その中身というか理由が重要なので、
長いんで勝手に要約すると、

★「書」が複製かの判断基準は、
 「書の創作的な表現部分(濃淡やかすれ、筆勢など)が
  再現されてるかどうか」

★侵害したとされるカタログをみると、
 そこまでわかるほどのもんじゃない。

★だから、複製物だということはできない


っちゅーことなんだそうです。


それからすると、
『消されたマンガ』
4)トレース、盗作を理由として
「消された」ものに、どーゆー事例があったか、
正直はっきり覚えてないんですけども、

Aさんのマンガに、
Bさんが描いたと明らかにわかる特徴がよく出た絵を
そっくりそのまま、切り張りするとか、
スキャンで取り込んではりつけるとか、
写真にとってとりこむとか、


ってなことをして、

それを本として販売したら
「複製権の侵害」でアウト


ってことなんでしょう。



そしたら、
『消されたマンガ』
4)トレース、盗作の例で
腐人が覚えてる、

「他者が撮影した写真から、絵をおこした」
「他者が描いた絵を参考に、絵をおこした」


これはどうなんだろう。

すると、
これは著作権のなかの別の権利の話にあたるとのこと。

なんですが、この続きは、また今度。

久しぶりに難しい話をしたら疲れちゃった…(-_-;)

ちなみにここの連載は、
不定期もええ加減にせぇ!レベルなので、
たぶんいつかはこの続きを書きますが、
いつになるんだかは、かみのみそしる。

本格的にフィギュア個人戦も開幕だしねぇ。

ってか、他の放置連載は
いつ続きがかかれるんだ!
誰も待ってないと思うけど!!

はっはっはっはっはー。
※BGMは水戸黄門で。
スポンサーサイト
[ 2014/02/13 ] 著作権&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。