或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年03月 ]
02 | 2014/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソチ フィギュア 女子シングル&エキシビション総括

呑み助には、「俺のフレンチ」がどういう店か
とても気になるらしい。

師匠に続き、Iちゃんからも
「続き楽しみにしてるー」
とメールがくる。

でも、ごめん…今日もフィギュアなの…。
だって観とかんと、吐き出しとかんと、
そして何よりもHDDの容量あけないと!
世界選手権始まっちゃうんだもん!!


ってことで、ぶっとーしで女子シングルをみた。

全体的にいえるのは、
男子よりも女子のほうがしなやかさがあるなぁ、だ。

男子の表現力がない技術型は、
腕をブンブン振り回してるなーだけど、
女子は技術型でも、そこそこ腕をきれいに使ってくる。

ただ、やっぱ下位の選手は
「一生懸命やってます」
は伝わってきても、それだけなんだよなー。
リンクがすごーく広くみえるし、
動きがさ、言われたからこうやってます、なんだよね。
その意味まで考えられてない。

ヘソから頭の線がずっと直線で、背中鉄板だしなぁ。
背中をもっと柔らかくしようよ。

だから滑ってんのみても、
次、何の振り付けをするかで頭がいっぱいになってんのが
よくわかるんだ。

もうちょっと音楽きこうよ。
もうちょっとその振り付けの感情をだそうよ。
もうちょっと全体の調和を考えようよ。

でも、一番いただけないのは、
その次にやる振り付けに気をとられて
スピードが落ちてること。
あれがなー、上位選手と一番の差な気がする。


ところで、衣装の修正とか新しいのとか、
どんくらいでできるもんなんだろ。

カナダのケイトリン・オズモンドちゃんは
団体のときヤバいよ!と思ったが、
シングルまでに修正してきてた。よかった。ホッ。

高橋大輔君も、全日本に比べるとキラキラ増えてたし、
浅田真央ちゃんもフリーのとき赤が入ってた。

ありゃ、自分でやるんだろうか?
ソチ入りしてから夜なべしたのかなぁ??


では、以下、腐人の目に留まった選手の話。


●アメリカ ポリーナ・エドモンズちゃん
15歳!?これで?
頭の小ささ、手足の長さといったスタイルが
羽生結弦君に通じるもんがあるな。
演技が映える。

次世代はロシアが席巻か?と思ってたが
いやいやいやいやアメリカも見逃せんわ、これは。

15歳でこの柔らかなスケーティングと手足の使い方、
うーん…コストナーちゃん路線を引き継いでくれそうな素材だな。

っても、今はこの棒のような手足が
これからどう変わるんだか、
それも難しいとこだよね、女子は特に。

でもむっちゃ楽しみやわ、この子。


●韓国 キム・ヨナちゃん
銀メダルおめでとう!

ただ、正直なとこいえば、
バンクーバーのプログラムのが好きだなぁ。
SPもフリーも。
あっちのがヨナちゃんの魅力がよく出てた。

あと、フリーのほうだが、
感覚的にすごく2回転が多い気がしたのは気のせい?
いちいち数えてないけども。

今回のプログラムは大人っぽくなったとか
円熟味が増したと、よく言えばそうなるのかもだが、
腐人としては、
昨日のアイスダンスとかでもゆってたように
ピークを超えた感のが伝わってきちゃったなぁ…。

それにしても韓国の子は皆、
腕の使い方がしなやかでキレイ。
ものすごく優雅で柔らかいの。

すごく独特な流れなんだが、
なんか共通する伝統の踊りみたいのがあるんだろうか?
日本でゆー盆踊りやラジオ体操みたいななんかが。

ところで、今回みてて思ったんだが
日本の大庭雅ちゃんは、
もしかしたら、キム・ヨナちゃんと
持ってる素質の方向が似てるような気がする。

雅ちゃんは、今はまだぶっきらぼうな感じが強いけど、
もしこのヨナちゃんがもってるような
しなやかな表現力がついたら、伸びるんじゃないかなぁ。


●ロシア ユリア・リプニツカヤちゃん
なるほどー、こーゆー演技だったのね。
うーん…今季、リプニツカヤちゃんのこのプログラムは
何度もみたが、ソチの演技は団体も個人もいまひとつ。

GPシリーズのがよかったなぁ。
プログラムそのものは、SPもフリーも好きなんだけどな。
GPシリーズの頃にあった伸びやかさがない。

これがオリンピックの怖さかね。

でも、まだまだこれからの人だから。
来季、どんなもん見せてくれるのか、期待してます。


●イタリア カロリーナ・コストナーちゃん

銅メダルおめでとう!

しかし、SPのときのアップをみたが、
これ、寝れてないなぁ…。
涙袋へこんじゃってるじゃん。

でも、正直、今回のソチで
好きなプログラムといわれたら
腐人は、このコストナーちゃんのSPもフリーもあげるわー。

っつか、真央ちゃんのフリーは別格として、
「美」だけで審査したら、
このコストナーちゃんがダントツだろう。

でも、これはSPもフリーもコストナーちゃん以外には
滑って欲しくないなぁ…。

ここまでのスケーティング技術がないまま
この曲すべったら、下手さが浮き彫りになると思う。


●フランス マエ=ベレニス・メイテちゃん

潜在的にもってる身体能力の高さと音感のよさは
すごいもんがあると思うんだ。

だから点数が伸びないのがなんでなのか、
それがどうにもなぁ…ひっかかる。

でも、ヨナちゃんのバンクーバーのときのコーチであり、
羽生君の今回のコーチでもあるブライアン・オーサーさんが
羽生君のNHKの特番で、
勝てるプログラム構成のシナリオの話をしてて
なるほどなと思ったんだ。

まぁそのシナリオをいくら上手に書いても、
それを演じられる役者がいなきゃ成立はせんのだが、
この、ここまで冷徹に今のルールを分析し、
「勝つ」を突出させる手腕ってのは、すごいと思う。

ここまで徹底してるからこそ、
多少のことではメンタルがブレないんだな。
外見はプーさんに良く似てるのに、
中身は鬼灯様なのか…。

で、その視点でメイテちゃんのプログラムをみると、
本人の体力的なとことかあるのかもだが、
確かにもうちょっとできることがあるような気がする。

腐人が気になってる手の動きも、
SPはいかったんだが、フリーの後半は雑さがでてたしなぁ。
ここは最後まで意識するよう注意して欲しいな。


●ロシア アデリナ・ソトニコワちゃん
金メダルおめでとう!

ただ、正直なとこいえば、
ジャンプ高いなぁ…と思うんだが、
プログラムとして好きかといわれたら、
腐人の好みじゃないんだわ。
SPもフリーも。
前も言ったけど。

だから、技術は高いなと思うんだけど、
観てておもろくない。

っつっても、まだまだこれからの人だから
来季以降、どういう滑りをしてくるかを楽しみにしたい。


●中国の選手二人
二人とも技術はすごかったが
つなぎとかが「うーん…(~_~;)」。

もしかしてやる気ない?とたまにいいたくなるぐらい、
途中、意識が切れてる感じがあるんだよなー。
その結果、全体の調和を崩してる。

ペアの二人は、この表現部分がものすごい秀逸なのに。
ペアの二人はソチで引退だそうだから、
そこらへん、教わったらどうだろう。

エン・カンくんもだけど、この若手の技術に
あの表現力がついたら、すごい選手になる気がするけどね。


●日本 浅田真央ちゃん
何度みても、あのフリーは泣ける!

どっかの海外の放送局が、
「これが金メダル」
とゆーてたが、腐人もそう思う。
腐人がジャッジなら、問答無用であげてるわ。

前に、VISAカードの会員誌に載ってたフィギュアの話をしたが、
そこで、その記事を書いた人が、
「真央ちゃんは記憶に残る演技をしてくれるだろう」
って書いてはったんだが、
ホントその通りになったなぁ。

4年に1回しかないオリンピック。
だからそこで金メダルを取ることって
ものすごく価値があるんだろうし、
取ったことが記録に残ってくんだろうが、
そのうち、どれだけの演技や試合が人の記憶に残ってるんだろう。

ぶっちゃけ、記憶に残るのってさ、
順位とか関係ないんだよね。
ものすごく印象に残ったもんだけなんだよね。

例えばアルベールビルでは伊藤みどりさんの3アクセルだし。
長野では「ふ~なきぃ~」だし。
トリノでは荒川静香さんのイナバウアーだし。
リレハンメルは、
最後のサドンデスPKで外して呆然としてるカリヤ君だし。
※これはわからない人のが多いだろう…男子アイスホッケーです。
最後のアマOnlyの試合。


金メダルをとった羽生君には申し訳ないが、
腐人にとって今回のソチは、真央ちゃんのこのフリーだわ。
たぶん世界の多くの人がそうだと思うが。
これは語り継がれる演技だよ。

この時代に生きて、
これを生で観られたことは幸せだとつくづく思う。
ありがとう、真央ちゃん。

世界選手権でも、期待してまーす!



続いて、エキシビション。

一番気に入ったのは、後半始まってすぐんとき
ありゃ4歳かなぁ、そんくらいの女の子が二人でてきて、
えいっえいって、気持ちだけは真央ちゃんの3アクセルよ!
みたいなのをやる演出。

…ちょっと!金メダルもってきて!
ちょっとこっちおいで~
おねえちゃんが金メダルあげるから!
  ↑
 図々しい…


とやりたいぐらい萌えた!!!
ああ、たまらん…。

男子シングル総括で、町田樹君の強みがわからんと
書きましたけど、このエキシビションみてわかったぞ!

町田君は演出力がすごいんだ。
自分で自分を演出する力がある。

ってこと考えると、
ぜひなりきりプログラムやって欲しいなぁ。
ハマったらおもろいもんができる気がするんだが。


町田君の他に、観てて楽しかったのは、
カナダのペアとハビエル・フェルナンデス君。
個人的にはエキシビションはこんくらい遊んで欲しい。

そーいやさー
エキシビションだからこそ、
衣装で注意して欲しいことがあるのー!
黒は、やーめーてー!!

照明が競技会と違って、スポットライトになるから
黒い衣装はバックと同化しちゃうのよ。

だから、今回ゴールドちゃんがほとんど見えなかったなぁ。
羽生君のも、袖口の紫でなんとかだったが、
もし今後もエキシビションであれ着るなら
もうちょい改善して欲しいざんす。


こんなもんかなぁ?

そーいや、腐人はアイスダンスでも女子シングルでも、
カメラワークに文句がいいたかったんだった。

だって、論外だよ!
ツイズルを立て並びで撮るなんて!!

ありゃ横並びカットじゃなきゃ、揃ってるかどうかの
最大のポイントがわかんねぇんだよ!

で、女子シングルでは、真央ちゃんのステップで
初めの頃に、足を高くあげるとこあるでしょ?
なんであれを正面から撮らーん!!!

ホント、ソチで何が一番むかついたって、
カメラワークだわよ!!!
フィギュアを撮るプロを雇え!!!


たぶん、これでしばらくフィギュアの話をせんと思うんで、
あ、世界選手権があるが、まぁ、それはそれとして、
余談な話を(って、全部が余談みたいなもんやんけ!)。

今回、SPの上位3人をみたとき、
腐人は、1つよかったなと思ったことがある。

それは女子フィギュアにおける
ブルーの呪縛からの解放がみえたから。

女子フィギュアは長らく、
ブルーの衣装を着た子が金をとってきた。

そのためブルーの衣装がラッキーカラーとなってきたんだが、
腐人としては、そーゆー縛りがない、
キャラクターの表現や、会場栄えするのは何かってことに
重点を置いて欲しかったんだよね。

この3人のフリーの衣装は、どれも黒・グレーがベースだ。
なので、3人のうちの誰が金でも
このブルーの呪縛が解けてくれるわと思ったんだ。

なので、これからの女子シングルの衣装に
とぉっても期待してます!
    ↑
  期待するんは、演技ちゃうんかい…
スポンサーサイト
[ 2014/03/02 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。