或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年03月 ]
02 | 2014/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いまだソチが継続中

そういえば、昨日の読書録。

木原音瀬さんとこでいただいた
無料配布ペーパーのことを書くのを忘れていた。

タイトルも「…おい」なんですが、
でも、その通りな内容。

読みながら思わず

♪ビッチ ビッチ 
 惣ちゃん 
 らん らん らん♪

と歌いそうになるし。

…最後の一節は、
 にゃん にゃん にゃん♪か?


それにしても西村君。
君、ケツと足みてわからんか?

まぁ尻は、スカートの下に魔法をかけたら
どんな人でもファンタジーが成立するが、
足はひざから下みりゃわかるだろうに。
あと、ひじから下。

どんだけ顔見てわからんでも、
手足をみたら、わかるもんだと思うがなぁ。

あ、でも、マツコ・デラックスまで太ると無理。

あとわかりにくいのは、幼少期と中年以降。
幼少期は服みて判別ができるとこあるが、
中年以降は難易度高い。

おっちゃんのようなおばちゃんとか、
おばちゃんのようなおっちゃんって、
普通に道歩いてるよねぇ。

…って、かくゆー腐人も
そう見られてたりするんだろうか…。

話を戻そう。

西村君。
君、見る目育てとかんと、
バシタにするつもりでひっかけたら、
逆に乗られちゃったってことになりかねんぞ(~_~)。


ケツといえば、
こないだタモリ倶楽部をみてたら、
『男のお尻の描き方』なる本を出された方の指導で
「男の尻の正しい描き方」ってのをやっとった。

思わず見ちゃったが、どうせなら
××××くんとか、××××さんとかを
モデルにしてくれたらいいのに…。

腐人の好みは、
もちっとしてきゅっと締まってる軍人尻だ。

だから、個人的に
いい尻描くなぁ(もちろん男の、です)と思ってるのは
小川彌生さん。

背中からケツ、太ももへのラインが美しい。

ミケランジェロの作る尻もいいよねー。
さすが、ホンモノ!


ま、それはともかく西村君には
『男のお尻の描き方』なる本で
ぜひお勉強をしていただきたい。

それにしても、この二人は
ずっとこのままなのかしら。

ま、惣ちゃん幸せそーだからいいのかな?



そういえば、で続けちゃうが、
『HEAT A GOGO』『Bambino』の謎を
うんうんと考えてみた。

刀牙×永遠=未潮
光秀×刹那=竜

かなぁ…という気がしてるんだが、
これだと、未潮と竜は従兄弟になるわけで、
したら、もうちっとチビっ子な頃から
仲良しこよしのような気がするし。

なら、

曽我部×曜子=未潮??

でもそうすると、親の関係ブリザードってのが
どうも合致せん気がする。

むーしーろー。
刀牙の子が欲しい永遠ちゃんが、
在庫全部に穴を開けちゃった~♪うふ♪

で、バレて、刀牙が天岩戸になってる流れのが
ありえそうなんだよな。

命短し、素直になれよ
と思うけどねー。

にしても、この魔族って、
「今日は安全日なの」トラップが使えない
ってことだよなー。

『Sex Pistols』では、
重種なら孕むとすぐわかっちゃうみたいだが、
魔族はどうなんだろな。

あー謎が多すぎるぞ、魔族!!

この謎が謎を呼んで、また新たな謎を生む状態を
早くなんとかしてください!
桐嶋リッカさん!!



さて。
ソチではパラリンピックが始まり、
人間がもつ可能性をこれでもかと見せてくれておりますが、
腐人は未だオリンピックのソチが続いております。

え?
あんだけ散々フィギュアやっといて、
まだあんのか?

と言われそうですが、あるんです。

録りだめしていた男子アイスホッケーが!!

フィギュアのように、途中で切れないし、
早送り(演技と演技の間は、すっ飛ばす)もできないし、
見始めると、最低1時間はへばりつきになるため
なかなかタイミングがとれんのですよ。

やっと、決勝、3位決定戦、準決勝まで消化。

…なんでケツからやねん…(ーー)

えー…たぶん、ほぼ間違いなく、
皆様ご興味ない話だと思うので
以下、勝手に語ってますが、無視してください。




腐人の一番ごひいきチームはカナダなんだけど、
今回、フィンランドのセラニくんにやられまくり。

ベテランもベテランな43歳。

今回、五輪の最年長得点記録を塗り替えた御仁なんですが、
年齢を感じさせない動きと
ベテランならではの技巧をみせつけてくれ、
もう、うっとり

あと、19歳のマッタくんが可愛いかったー♪
パスでペアを組んでる相手が39歳ってのにも萌え…。

いいわ!いいわ!フィンランド!!

にしても、どーして皆、ヘルメットをとると
もっさいヒゲ熊が多いのか…。
それが残念だ。

剃ろうよ!ひげ!!



ま、それはさておき。
アイスホッケーはスピードがすごい。

選手もころころ変わるし(大体40~50秒ごとに交代)、
相手のアタッキングゾーンから、
攻守交替となり、攻めあがるぞ!
ってなときでも、あっちゅー間に自陣に到達する。

なので、観戦中は、目が離せないんだよ。

そしてなによりパックの速さ。
160km/hにもなるらしい。

なので、腐人のポンコツ動体視力では、
「ゴーッル!!!」
となっても、パックの行方がまったく追えない。

ゴール周辺でわーっとスティックを持ち上げてくれてはじめて
「あ、入ったんだ」
レベルなんだよねー。

10本に1本ぐらいかな、
まともに見えるの。

あのゴーリー
(「goalie」アイスホッケーのゴールキーパーのことをこう呼ぶ)
彼らの動体視力ってどんくらいまで見えるんでしょうかね。

いっぺん通過する新幹線にプラカード掲げて
どんだけ見えるか試してみたい。


話変わりますが、
ゴーリーって、見事な180度開脚してくれるんですよ。

股抜け防止のため、柔軟性がいるんでしょうが、
あのプロテクター姿でやってくれると
思わず拍手したくなる。



個人的にこれまでみたゴールの中では、

・決勝戦  2ピリのクロスビーくんのゴール
・3位決定戦 これまた2ピリのセラニくんのゴール

この2つが好きだなぁ。

選手の名前忘れちゃったが、
ミドル位置からディフェンスとゴーリーをすり抜けたシュートも
どこまで狙って打ってんだか、きいてみたいとこだ。


ゲームとしては、
3位決定戦と、準決勝のフィンランド×スウェーデンが
それぞれ違う意味で楽しかった。

まず、3位決定戦だが、
へーこんなことあるんだーってのがあってね。

スティックが折れる折れる。

セラニのあれは、2ゴール目だっけか、
アメリカのディフェンスが、
シュートしようとするセラニを
スティックで止めようとするんだが、
パックなのか、セラニのスティックなのかが当たり、
すんげー音たてて折れて空中飛んでった。


また別のとき。

試合途中で折れたスティックが
氷上に転がってたのね。

アウトオブバーンズ(パックがリンクの外にいっちゃうこと)とか
ペナルティとかで、
ゲームがとまると、レフェリーが拾うんだけど、
そのときはなかなかとまらなくて。

ずーっと氷上に転がってて、
あるとき選手が、邪魔だからと、えいっと蹴ったら、
相手選手の進路前にいっちゃってね。

したら、進路妨害でペナルティゴールになってん。

意図してたのか、そうじゃないのかは
なんとも微妙だが、こんなんでペナルティゴールなんだーと
ルールを知らない腐人は感心してしまった。


そしてその後、似たようなシュチュ
(そのときはヘルメットとスティックが転がっていた)になり、
そーすっと両者とも、下手なことしたくないから、
まるで道端に落ちた×ン×のよーに、
避けて通ってんのが、ちょっと笑えた。



準決勝のフィンランド×スウェーデンは、
一触即発ってやつでさー。
沸点低い低い。

隣国ということもあってか、
選手たちはジュニア時代から
結構やりあってるらしいんだな。

アメリカとカナダなんかも
こんな感じなんだろか。
試合、見られませんでしたが。


そゆわけで、他の国との試合なら、
きついチェック
(パックもってる選手に体当たりかましてつぶすこと)
これやったとしても、プレイの一環だから、と流されるんだが
どうも、この2国だとつかみ合いになる。

この試合中、なんどレフェリーの仲裁が入ったことか。


乱闘といえば、アイスホッケーで見てて楽しいのが、
ゴーリーへの愛
   ↑
  言わずもがなですが歪んで見えてます

ゴール前で混戦になったとき、
相手選手がついゴーリーにスティックあてちゃった
なんてことをすると、
「なんてことしやがる!てめぇ!!」
とばかりにヒートアップするの。

もうそれが萌えで。

そのときに腐人の脳内でどんな妄想がほとばしっているかは
皆様のご想像におまかせします。


今回、ソチで一番おもしろかったのは、
アメリカ×ロシアだったらしいのだが、
残りの録画の中にあるかなぁ…。

そーいやロシアの監督は、
準決勝にも残れないことが確定したとき

「食い物にされる覚悟はできている。
 それでも私は生きていく!」

っちゅーたらしい。

まーロシアにとって冬季オリンピックって、
男子アイスホッケーと、その他、らしいしねー。

そういやパラリンピックでも
アイスホッケーは種目であるんだよな。

ちょっと見てみたい。


スポンサーサイト
[ 2014/03/11 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。