或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年03月 ]
02 | 2014/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バレエ・リュス展に行きたいのら!

デパートや美術館、博物館といったとこの
展示や催しものなどのリリースをいただくことがある。

その1つで、
先日、国立新美術館(東京)から案内がきたのだが、
2014年6月18日(水)から9月1日(月)の間の企画展で 
「魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」
ってのをやるらしいのだ。

こ、これは・・・観たい!
観たい!観たいぞぉぉぉぉぉっ!!

といっても、バレエに興味がない方には
なんのこっちゃなお話かもしれない。

だったら、ニジンスキーという名前を
訊いたことないですかね?

バレエ・リュスは、彼がおったバレエ団ですねん。

この国立新美術館の案内をよんでもらったら
概要はわかるかと。

http://www.nact.jp/exhibition_special/2014/Ballets_Russes/index.html


腐人が説明してもいいんだけどさー、
間違いなく!
特定のある方向に偏りまくった説明になっちゃうんだよ。

でも、もしあなたに腐心の素養があるなら、
ぜひぜひ、調べてごらんなさぁ~い。
たまらんから!!


っちゅー、ヨコシマな視点は棚上げにして、
バレエ・リュスが残した功績ってもんを考えると
ホントにすげぇとしか言いようがないんだよなー。

そらね、パリのオペラ座だとか、
イギリスのロイヤルバレエとか、
ロシアのボリショイ、レニングラードなど
由緒正しきバレエ団はある。

それはそれですごいと思うの。

群舞の美しさなんかは、伝統があるからこその出来栄えだし、
そのトップとなるプリンシパルが背負ってるもんを考えれば
こちらも「すげぇ」としか言いようがない。

ただ、なんつったらいいのかなぁ・・・
バレエ・リュスがあったのは、
それら伝統のバレエ団にくらべたら
ほんの一瞬だったかもしれない。

でも、その間に
彼らが生み出したものってのは、
これまでにない、全く新しいものだったんだよな。

そんでなにより恐ろしいのが、
もうかれこれ100年近くたつけど、
それらが古びないってとこだ。


今回、ソチのフィギュアで、
このバレエ・リュスが生み出した作品が
数多く滑られていた。

そのいずれもが、斬新で、特徴的で、ドラマチックだった。

こーゆーのみるとさ、
本当の「オリジナル」ってもんは、
こういうことなんだろなーと思うんだよね。

時間や時代を超越しちゃうんだ。


ま、そゆことなので、この衣装展はぜひ観たい。

できれば、それぞれの衣装の隣で、
これを着て踊っていたバレエ映像を流してくれないかなぁ。

…そんなことしたら、
間違いなく腐人は居座りまくると思うけど。

せめて楽曲だけでも横で流して~!!
お願い~!!


いかんな、こーゆー話すると、
どうしてもフィギュアに思考が流れちゃうんだけど、
ソチでいろいろ演じられてたバレエ・リュス作品。

腐人が一番やられた!と思ったのが、
エフゲニー・プルシェンコくんのフリーだったりする。

2003-2004シーズンにやった「ニジンスキーに捧ぐ」からのようだが、
腐人には、この演技の記憶がない…。

10年前…なにしてたっけ?
今日の昼飯すら忘れつつあるのに、
10年前のことなんか、気に入った本じゃなきゃ覚えてないやい!

あ、でも浅田真央ちゃんのソチのフリーは
たぶん10年後も覚えてる。

話ずれたな。

そゆことなので、たぶん初見なんですけど、
演技の中で、ほんの短い時間だが、
牧神のポーズをとるとこがある。

たぶん10秒にもならないと思うんだが、
ちょうどジャッジの前あたりだったかな。

あの数秒にこめられたものはなんだったのか。


以下は、勝手な腐人の妄想であーる。

ニジンスキーが振付けた「牧神の午後」という演目は、
それまでのバレエの概念、様式、
それらを木っ端微塵に打ち破るものだった。

バンクーバーの後、
男子フィギュアはそれまでとは全く違う段階に入った。
プルシェンコくんという存在によって。

そして、その彼が現役最後のフリーで
牧神をみせてくれた。

これが何かを象徴してるような気がしたのは
うがちすぎだろうか?


バレエでは、この「牧神の午後」によって、
モダンの世界が始まる。

男子フィギュアは、これからどんな世界になるんだろう。



…妄想ついでに。

高橋大輔くんが牧神やったらエロいだろなー。
たまらんだろなー。

みたいなーみたいなーみたいなー。

町田樹くんには、ぜひ春の祭典。
あの中にある狂気をどう解釈するのか。

みたいなーみたいなーみたいなー。

羽生結弦くんには、薔薇の精を!
ニジンスキーが踊り、
本当に、空にむかって飛んでいったようにみえた
といわれた薔薇の精。

みたいなーみたいなーみたいなー。

小塚崇彦くんには、ペトルーシュカ。
あの悲哀を滑りでみせて欲しい。

パトリック・チャンくんもペトルーシュカは
ぴったりきそうだなぁ。

みたいなーみたいなーみたいなー。
  ↑
 うっさいよ!


ま、フィギュア話は妄想ですが、この企画展は本当の話。

うふふふ。
今から楽しみだわぁ(*^。^*)
スポンサーサイト
[ 2014/03/14 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。