或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年04月 ]
03 | 2014/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

覚書

昨日は、ここに書けない薄い本を
いっぱい読んでたんだが、
そのうちの、おぢ組さんの本に腸よじれるぐらい笑ろた。

石加点って…た、たまらん…。

オリジナルだから書いてもいいっちゃいいんだが
題材が題材なので、やめておこう。
結構、関係者にみられてるからなぁ、このブログ。

でも、ぜひぜひこの続編をやって欲しい!
読みたいんでよろしくです!


で、ブログを書こうと思ってたら、
今から姫がやってくるという…。

っちゅーことで、
カウントできない本を除いたカウントのみ。

(321)一般本 『悪医』 久坂部羊

医者は神様じゃないのに
ゴクローさんなこって。

スポンサーサイト
[ 2014/04/29 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

白旗あげてもええですかー?

土曜日。
朝、姫の襲撃にあう。
夕方、王子の襲撃にあう。

よって、本が読めず。


日曜日。
昨日の分、読書しまくる。


月曜日。
仕事のメーラー開いたら、未開封が大量に届く。
その処理に追われ、気づいたらこんな時間…(T_T)


この1日おきのサイクルはなんだ!?
腐人が何をしたとゆーのー!!
(日曜になんもせんかったから
 そないなったんちゃうんかい…)


っちゅーことで。
今日は駆け足で読書録のみ。

あ、そういえば、ふらふら歩いていたら
塀内夏子さんの『おれたちの頂 復刻版』をみかける。

えええええ!?マジで!?

このマンガは、腐人にとって、
ベスト・オブ・山マンガ。

後にも先にもコレを超えるのはない。

マンガとしては荒削りなんだけど、
伝わってくるもんが半端ないの。

花丸印でオススメする逸品よ。

そこは展示だけだったんで、
今度本屋いったら買おうっと。


ところで。
版元が、ヤマケイさんだから、
こちらからは無理だと思うんだが、
個人的にはぜひ!『フィフティーン・ラブ』
復刻してほしいの!!!

ってかさ、今、思ったんだけど、
それこそ絶版スポーツマンガって、
各種スポーツ用品メーカーさんと組んで、
ラケットの隣で売るとか、
ボールの横で売るとか、
そーゆー販路、ありじゃねぇ?

もう既にあるのかな?
腐人はスポーツ用品店には一切足を踏み入れないから
よくわからんのですが、
ニーズとしてはマッチしてる気がするんだけど。
どうでしょう、版元営業さん。

ってか、神保町なんて、本の町として有名だけど、
スポーツ用品の町でもあるから、タッグ組んで、
町全体でイベントとかもできなかない気がするんだがねぇ。

ま、客層に乖離があるのはあるけど(^_^;)、
そこをクロスさせてこそ、
双方の売上げUPになるような気がするがな。



では、特急で、読書録いきましょう!

●27日
(313)マンガ 『図書館戦争 LOVE&WAR 13』 有川浩、弓きいろ
  亡命ねぇ。
  政治的迫害になるのかな、これは。

  命の危険があるっちゃあるのかなぁ??

  マスコミ巻き込んで、「亡命」って言わないと
  ただの「移住」になるような気もするが。

  一言でいえば、
  麻生みことさんの『そこをなんとか』であったが
  「善良、めんどくせぇ」。

(314)マンガ 『甘々と稲妻 2』 雨隠ギド
  こないだ王子が
  「ぼく、ピーマン食べられるよ!」
  と自慢気に言ってきたが、
  ガキの頃から、野菜と果物だけは大好きな腐人には
  ピーマンが旨いのは当然なので、
  この自慢も、ピーマンが食えない子供の心情もわからん。

  パンと牛乳と脂は大嫌いだけどね。

  たださ、野菜に関していえば、
  本当に畑で完熟した美味しい野菜を食べると、
  同じ野菜でも、自分が今まで食べてきたものは何だったのか…
  と思うぐらい味が違う。

  その辺、どーなんすかねぇ。

  どーでもいいが、新キャラの八木に萌え。
 
  でも、料理してるときはタバコをやめろ!

  っちゅーか個人的に、喫煙料理人はいやだ。
  味覚が鈍いし、本人は意識ないんだろうが
  指とかに染み付いてるの!

  健康のためにもやめましょうね、八木ちゃん。

  ってか、つむぎちゃんへの受動喫煙、考えろ!

(315)マンガ 『聲の形 3』 大今良時
  このお話、すごく今、楽しみなんだけど、
  どこに向かうんだろなぁ。

  耳が聞こえない人の発話の難しさは、
  どうしてそうなるかがわからないとこで、
  何よりも誰よりも、本人がつらいとこあるんだろなぁ。

  毎日きいてる家族とかなら、
  それこそ言葉覚えたて幼児と同じく
  「なぜわかる!?」ってな理解が得られるだろうけど。

  でも、あの一言はわかってやってほしかったよ、石田!!
  ニブチン残念男め。

(316)マンガ 『天地明察 6』 冲方丁、槇えびし
  あとがきにもありましたが、
  ホントこの巻は、
  原作にはないけど、そうだったろうなというエピソードが満載で。

  腐人は好きだなぁ、これ。

  マンガだからこそ、書き手さんが違うからこそ
  できることを見事にみせてくれている。

  そーゆー意味で、すげぇよかったのになんで…は
  佐藤大輔さん原作・伊藤悠さん著の『皇国の守護者』

  あれほど残念なもんはない。
  あのまま伊藤さんの『皇国』をやってくれたら、
  マンガ史に残る名作になったろうに…。

  ま、ゆっても詮無いけどさ。

  話を『天地』に戻しますが、
  こちらは冲方さんが、槇さんに任せてくださってる分、
  すげーいい交響曲になってるなぁ。

  原作は、春海ちゃんの業績を書くことがやはり主眼になってたから、
  ホント、今回描かれてたような、周囲の人の心情的な部分は
  カットされまくりだったんだよね。

  おことちゃんなんかホントちびっとだったし。
  
  伊藤様が天球儀抱いてるとこなんか
  思わず泣いちゃったよー

  ああ、建部様…(ToT)

  原作では、この先は、結構、駆け足だった気がするんだが、
  マンガはどこまでどう膨らませるのかなぁ。
  
  今までのほほーんとしてた春海が、
  強かになってく様を楽しみにしてまーす♪

(317)マンガ 『白暮のクロニクル 1』 ゆうきまさみ
  知り合いの知り合いのマンガ読みさんから薦められた。
 
  突然でてきた「オキナガ」に???
  であったが、いやいやいやいや、
  これはこれはなかなか奥深そうなお話だな。

  まだホント話の端緒だからどうなるんだか
  見通し、さっぱりぽんだけど。

  心臓かー。
  ねぇ、脳みそぶちまけるほど頭壊しても
  蘇生すんの??
  個人的には、心臓より脳な気がするんだけど…。
  

  腐人はゆうきさんといえば、
  『パトレイバー』『究極超人あ〜る』ぐらいしか
  読んだことがないのだが、
  『パトレイバー』が好きだった人なら
  好きかもなーこれ。

  どーでもいいが、『パトレイバー』といえば、
  腐人は黒崎の背中の傷が気になって気になって
  未だ気になってしゃーないんだが、
  あれは、今やってる実写版で解明されるんですかね?

  そしてもうひとつどーでもいいけど、
  これの編集されてる山内さんって、
  例の小学館の落書きの
  仕掛け人というか発起人?さんだよねぇ。

  ふふふ。
  そういう方が担当でいらっしゃるなら、
  この話は、この先、もっとおもろくなるだろな。

  期待してまーす♪

(318)マンガ 『少年ノート 7』 鎌谷悠希
  こちらは終盤。

  腐人は歌とか歌うことにそんな重きをおいてないんだが、
  それが、=生きることな人は、
  いろいろ大変なのね。

  どーでもいいけど、この兄ちゃん、
  この先どやって生きてくんだろ。

  まー本人と家族が、
  結果、それで野たれ死んでもそれはそれ、
  と思ってんならいいけどさ。
  
(319)マンガ 『パレス・メイヂ 1』 久世番子
  思っていたより面白かった。

  久世さんはエッセイは読んでたんですけど、
  腐人の経験からくる

  「エッセイがおもろい人の、フィクションは大抵おもろくない。
   逆もまた然りで、フィクションがおもろい人のエッセイは、
   残念ながらおもろくない」

  っちゅー思い込みがあり、  
  手をだしていなかった。

  しかし、読んで見ると、素直に「いいね!」。

  でも~
  腐人もおじさんがよかったな~。

  もしくは少年王!
  そして年上幼馴染、
  できれば身分違いの侍従職下克上がいい!!

  ってこれ少女マンガ。
  BLちゃうわ!

(320)一般本 『無痛』 久坂部羊
  困ったよ。
  おもろいじゃないか。

  すごーく率直なところをいうと(断らんでもいつでもそうやて)
  腐人は、お医者さんが書く小説を色眼鏡でみている。

  発想やネタはよくても、
  小説としてなっちょらんというか、
  小説以前やろ!という感じがあるのね。

  映像化されまくりで人気がある
  某Kさん(あえて名を伏す)のを読んだとき
  あまりの視点のとっちらかりっぷりと、
  ありきで進むストーリーに
  頭痛と吐き気がした。

  なので、あえて避けてたところがあるんだが、
  久坂部さんは、以前、『神の手』を読んだら
  むちゃくちゃおもろかったのだ。

  なんちゅーかな、非常にきわどいテーマを毎回扱われるんだが
  それを一方的な立場から書き連ねて、意見を押し付けるんじゃなく
  非常にいろんな立場からの意見や見方が書かれてるので、
  読みながらものすごく考えさせられるんだよね。

  ラストも、これが結論だ!みたいな押し付けがないから、
  すごく受け入れ安いし。

  なにより文章がいい。
  装飾過剰でもなく、視点がとっちらかってるのでもなく、
  淡々とした文章で、でも心情が伝わる言葉を選んである。

 
  っちゅーことで、この連休、ちょいとおでかけ予定があり、
  その移動時間の間に読もうかなーと思って借りたのに!

  読んじゃったじゃないか!!
  まだ連休始まったばっかなのに!!!

  うひーん…(ToT)

  同時に進めてる
  「過去読んで嫌いだった本をもう一度読み返してみようキャンペーン」
  は、遅々として進んでないってのに…。

  人の心理として、たぶんおもろくないんだよなーっちゅー本と、
  きっとおもろいんだよなーって本が並ぶと、
  どうしても後者から読んじゃうのよ!!!

  って、そこまでしておもろない本
  よまんでもええんちゃう?腐人ちゃん…。


  ってことで、本編ですが。

  いやいやいや、いろんなテーマがあって、
  どれから取り上げたらいいものか。

  今、手元に本がないので記憶だよりですが、
  例えば医療費の問題。

  よく巷間では、
  「経済格差が、受けられる治療の差になるなんて!」
  っていいますけど、
  ここに出てくる医者が言う。

  何にお金を使うのかは、それぞれの自由。
  私は医療に金をかけるという人に
  いい医療を提供することに何が悪い?

  腐人はこの意見に大賛成。

  美食や、着飾ること、遊ぶことに金かけて、
  万が一のための医療保険に入ることもせずに
  生きてきた人と、
  質素倹約、地味な暮らしをしながらも
  万が一のために準備してきた人と、
  区別をすることの何が悪いのか、腐人はわからん。

  自業自得だろ?
  世の中は、アリとキリギリスだろ?

  と、ネオリベな腐人は思う。


  また刑法39条。

  腐人は、罪は罪だと思うけどなぁ。

  なので、例外をつくることの意味がわからん。

  これは情状酌量についても思ってることで、
  どういう事情があれ、
  罪は罪として裁いたほうがすっきりする気がするけどね。  
  
  だって、いくら、たらればゆっても、
  死んだ人は生き返らないじゃん。

  だったら罪は罪じゃないのかなぁ?

  
  それ以外にも、ストーカーだの、犯因症だの、
  腐人なんぞにはおもろうてたまらんネタ満載で、
  なんてこったい!読みきっちゃったじゃないか!!

  ああ、この続きがあるらしいので、
  それを探しに行かねば…。

  でも、たぶん入手できたら即読みしそうな気がするが、
  おでかけ予定まで我慢できるかな。


  そうそう。
  この中に、停留睾丸(停留精巣ともいう)の話が
  でてきたんですよ。

  これは前に木原音瀬さんの『脱がない男』とこで
  ちょこっと触れた気がするが、
  (ん?六花チヨさんの『IS』か??)
  腐人は幼児期ぐらいまで自然下降があると思ってたが、
  実際は、出生時から6ヶ月ぐらいまでだそうで。

  まー確かにあまり長く体内にいるのはよろしくないわな。

  この辺もご興味ある方は本書をどうぞ。
  っても、ここはちょろっとだけですが。

  
  先天性無痛症については、昔、CBSドキュメントでみたが、
  子供が二人ともそうだったとゆーお家で、
  毎日寝る前に、全身の骨の確認をするんだといっていた。

  そうじゃないと折れてることに気づけないから
  ここでもあったように歪んでしまうんだそう。

  そいや、これ子供二人ともだったが、
  やっぱ遺伝疾患なんですかね?

  
  いかんいかん!
  こやって1個づつとりあげてったらキリねぇぞ。

  ま、こんな感じのことにご興味あるかたは
  ぜひどうぞ。

  ただ、途中でやめられなくなっても知らないよーん♪
[ 2014/04/28 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『9回裏無死1塁でバントはするな』なの!?

本日も、『BS』続きはお休み。

今日は野球のお話しだ。
あと、できたら恐竜の話。

まず、書誌情報から。

(310)一般本 『9回裏無死1塁でバントはするな 野球解説は“ウソ”だらけ』 鳥越規央

著者の鳥越さんは、今、『VISA』の会員誌で
コラムを連載されている。

このブログでもとりあげたが、
そのフィギュアの話を読んでおもろいなと思い、
テニスの話を読んでへーと思ったので、
読んでみた。

のーだーがー。

何度も書いてますが、腐人はリアル野球が好きじゃない。

メジャーもプロ野球も高校野球もシニアもリトルも
興味が無い。

昔はなぁ、高校野球をみれてたんだけど、
今は短期で決着がつかない競技って
みてられないんだよねぇ。

なので、腐人の興味は、
『おおきく振りかぶって』『ダイヤのA』といった
マンガの野球のみである。

よって。
この本を読み出してしばらくして、
「…失敗した…」と思った。

なんでだったら、この本は、
アメリカで広まっている、
統計学を応用して野球をデータ解析した
「セイバーメトリクス」
で、プロ野球を語ってる本なのよ…。

なので、これが書かれた
2010年当時のプロ野球選手のデータが
ガンガンでてくるんだけど…
「…あんた誰?」の世界。

ブタに真珠とはこのことか!

とはいえ、とりあえず読んでみた。

命題として、

(1)1点差の9回裏ノーアウト1塁でバントをすべきか
(2)「左打者には左投手」は本当に有効か
(3)「バッティングカウント」はあるか
(4)たたきつけるバッティングはヒットを生みやすいか
(5)先頭打者に四死球はヒットより悪いか
(6)2ストライク・ノーボールで本当に1球はずすべきか
(7)敬遠して次のバッターと勝負は良い作戦といえるか
(8)エースにエースをぶつけるのは得策か

ってな感じのが並ぶ。

腐人の知識なんか、
マンガから仕入れたもんばっかだが、
「え?全部イエスじゃないの?」
と思うんだけど、データは違う結果を示す。

例えば、(1)。
同点で9回裏ノーアウト2塁というとき以外は
普通に打ったほうが勝利確率が高いというのね。

また(3)のバッティングカウント。
じつはノーストライク・ノーボールを真ん中に、
ボールが先行したら打者有利、
ストライクが先行したらと投手有利で
ノーストライク・3ボールのときに1球見る行為は
自ら勝利確率を下げてることになるらしい。

この逆が(6)で、
2ストライクまで追い込んでから外す行為は
投手が自ら打者有利の状況を差し出すことだという。

(7)については、その打者特性と状況で
得策となる場合と、そうでない場合がわかれるのだが
そうじゃないケースのが多い。

ですってよ、落合コーチ(by『ダイヤのA』)。

具体的な数値は本書にあげてあるので、
ご興味あるかたは本書をどうぞ。

しかし、だ。
腐人には、なんか腑に落ちない、
もやもやしたもんが残った。

なんでかなーと考えてみると、
腐人の頭にある「野球」ってのは、
マンガの高校野球なのね。

基本がリーグ戦であり、
クライマックスシリーズですら勝ち越せばいい、
という1敗の重さが軽いプロではなく、
1回でも負けたらそこで終わりの高校野球では
戦い方が違うだろう。

また、誰しもが高いレベルでの技術をもってるプロと
エラー当然、何が起こるかわからん高校野球では
同じ確率論をいえるのか?

腐人は、高校野球は不確定要素が多いと思うんだよね。

いうなれば、元となるデータが
弱小野球部ばかりの山を勝ち抜いたのと
強豪校ばかりの山を勝ち抜いたのと、
同じ数式を導入していいのか、
そこから疑問があるわけ。

そこどうなんですかね?

前者で打率4割なのと、
後者で打率4割なのは、違わなくない??

という疑問に答えるわけじゃないけど、
第4章はこんなテーマだ。

高校野球は「スポーツ」か?「教育」か?


内容はご興味ある方は、本書をどうぞだけどさ、
例えば、上の(1)だってね、
確率論でいえば、打たせたほうがいいんだろう。

でも、打率が1割にもならない打者でも?
沢村(by『ダイヤのA』)みたいのでも?

うーん…。
正直、腐人はリアル野球を知らないので、
アマチュアのデータではどうなのかなと思うし、
このバント問題も、もしかしたら
もし打者が打率×以下なら、バント優位
ってなのがあるかもしれない気がしてる。

そこまで詳しくやったものを、
高校野球マンガに適用した話があったら
読んでみたいなぁ。

…ってか、もしそんなデータがあるなら、
それこそホントに
「弱くても勝てます」
だよな。

っちゅーても、まず
「1試合分、ストライクを入れられるピッチャー」
と、
「アウトを27個取れるチーム」
が、最低でも揃えわんといかん条件だけどな。


腐人自身が野球に興味ないので、
いろんなスポーツとりあげた
『VISA』のコラムのがおもろいわ。

恐竜の話は、また今度ー。

姫と王子のダブルパンチは疲れるわ…(-_-;)
[ 2014/04/26 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

たまってるアレコレ吐き出そう!

『ベイビーステップ』からのいろいろ話は
ちょっと今日お休みです。

だって…
木原音瀬さんのツイッターチェックにいったら、
思わず

「アル…」

とつぶやいちゃうよーな写真が
リツイートされてたんだもん!

ちなみに、こちらがその写真。

http://tr.twipple.jp/p/3e/6d8e74.html

そうか、水浴びだけじゃないんだ…。

というより、いいのか、この警戒心ゼロの状態…。
野生の誇りはどこいった!!!


しかし、コウモリといえば、
そんなことよりも、気になるのは、こっちだよね

『吸血鬼と愉快な仲間たち』の6巻はいつ出るのか。

そのんが100万倍、気になりますですよ、木原さん!

このフカフカ腹毛は、なでくりまわしたいけどさ。



えっと、今日は、こんな始まり方をしたので、
最近気になってることを吐き出したいと思います。


●本屋のポイントカード

腐人は本をこよなく愛しているので、
本に関係するビジネス環境ってのが、
すごく気になる命題なのだ。

ってのは、このブログ読んでるとわかりますわな。
たびたび取り上げてるし。

で、これ地方はどうなのかわからんのですが、
腐人の周囲では、とうとうここまできたかー
と思ったことがあるので、その話。

本ってのは建前上、再販制度に守られていて、
日本においては、いつ、どこで買っても同じ値段で購入できる、
っちゅーことになっている。

が、実際んとこ、
詳しくは書きませんが、やりようによっちゃぁ
本を安く買うことが、できなくはなかったんだよね。

とはいえ、知ってる人はやっている…
ぐらいな認知度だった。

しかし、ネットショップが、集客のためにポイント制度をはじめ
それが本にまで適用されることになり、
結果的に、ネット書店なら
実質、本を割り引いて買うことができるようになった。

腐人は、本の再販制度の崩壊は、
この段階で始まったと思っている。


新古書店の拡大のほうが影響あるのでは?
とおっしゃる人もいらっしゃるかもだが、
腐人の見解はちょっと違う。

従来の古書店も、新古書店も、
本屋と一番大きく違う点は、
「新刊が必ずしもあるわけじゃない」
ってことだと思う。

本ってさ、基本的には新刊のときが一番動くよな。

で、それを買う人は、
「早く××を、読みたい」
って人で、
そりゃ、新古書店で入手したら安くは入手できるかもだが、
それこそ、お百度参りをしても、入手できない可能性だってある。

と、そういう違いがあるので、
買いにくる客の層が、違う気がするんだよね。

本屋はさ、
「Aという本を買いにきた」
という、確実にその点を拾いたい客と、
「Xというテーマについて調べたいから、何か良い本ないかな」
という、幅を見たい客だと思うのね。

でも古書店の場合は、
「な~んかおもろい本ないかなぁ」
という漠然とした買うか買わないかわからない客と、
「絶版になったZという本を探しているの!!」
というすごい濃い、あったら金に糸目をつけずゲットするぜ!
っちゅー客な気がするのだ。

すると、それぞれの客が、
本というものに対して抱く価値が違ってるから
結果的には競合が起こらない。

※実際んとこは、かぶる層もあるけど
今は、大枠として捉えてください。


しかし、ネット書店は違うよね。
彼らの位置づけは、一般の本屋と同じだ。

にもかかわらず、ポイントという制度によって、
本が実質割引価格で購入できてしまうのだ。

それも、自宅まで届けてくれるし、
地方の本屋であれば、入荷数が少なくて争奪戦になることもあるのに
ネット書店ではそんなことは、ほぼ起こらない。

早売りをしたり、
書店購入特典などをつけて、
ネット書店との差別化を図れたところはまだしも、
そうでないところは
ネット書店に客をとられたんではなかろうか。

と、思っていた矢先、本屋のポイントカードというのを
あちこちで聞くようになった。

実質的な値引き合戦の始まりだ。

そしてついには、
腐人御用達のオタク向け早売りディープ書店でも
ポイントカードがスタートすることになり、
ありがたいなと思う反面、
大丈夫だろうか…という不安もわきあがる。

そもそも本屋って利幅が薄く、
1冊万引きされたら、3~40冊売らないと
損失が補填できない。

※ネットをみると、5冊でトントンという説

400円のマンガ1冊万引きされた←これが損失(▲)
マンガ1冊売れたときの、本屋の売上げ約80円(+)
よって、5冊(80×5冊)売れれば損失カバー

もありますが、
これは、経理をご存じない方のご意見ですな。

「売上」と「利益」ってのは、違うもんでね。

ざっくり言えば、
「売上」-「販売管理費/給料や家賃等」=「利益」。

(注)
これは書店のような委託販売の場合の式。
メーカーなどの場合は、
「売上」-(「製造原価」+販売管理費」)=「利益」。
なお、繰り返しますが、これは非常にざっくり論です。
厳密にいえば、利益というのは5種類あります。


大手書店の決算から仮算出しようとしたら、
すげー数字になったのでやめる…

なので、ある書店主さんがおっしゃってた
「1冊の損失を補填するには、3~40冊の売上がいる」
を正解としておこう。

間違いなく今はもっとひどいけど…
腐人には、算出したものを書く勇気がない…(;一_一)。

もっと詳しく知りたい方は、ご自身でどうぞ♪



腐人はその本屋も、本と同じくこよなく愛しているので、
ありがたいのはありがたいけど、
無理はしないでね、と思う。

早売りしてくれるだけで、
腐人は十分ありがたいので、
無理をして、
本屋さん自体が無くなられることのが、困るのよー!!!!
   ↑
  気にしとんのは、そこかい




●頑張ってください、ルチルさん!

腐人も大好きなシリーズ、
ひちわゆかさんの『TOKYOジャンク』の新装版であるが
しばらく刊行が止まっていたのだが、今月、久々に新しいのが出た。

自慢じゃないが、腐人はこのシリーズには
むちゃくちゃハマったので、
旧版全部はもちろん、同人もほぼほぼ網羅している。

ので、新装版を買う気はなかったのだが、
ふとみると、帯に
「文庫化記念 小冊子応募者全員サービス!」
とあるではないか!!

それも
「書き下ろし&商業誌未掲載作品を収録した小冊子」
だとぅ!?

…ホントに?
ホントに、ひちわさんから
書き下ろし原稿をもぎとってくれるの??ルチルさん!!


ゆっちゃぁなんだが、ひちわさんは、腐人の中で、

「菩薩の心で、新刊を待て」
「自分の忍耐力を育ててると思え」
「新刊がでるのは、奇跡として喜ぶべし」


枠にランクインしている。

ちなみに、他には、花郎藤子さん、津守時生さんがメンバーだ。


しかし、ジャンクの書き下ろしが本当に読めるのであれば
喉から手が出るほど欲しい。
金がいくらかかろうとかまわん。

っちゅーても、四方堂のよーな財閥じゃないし、
貴之のよーな金銭感覚ではないので、
常識範囲には納めていただきたいが。

ってことで、ただでさえ荒れ果てた汚部屋に、
また同じタイトルが鎮座することになるけど、
期待に胸を膨らませ、
でも、菩薩の心は忘れずに、よい子で待つことにしよう。

頼んだよ!頼んだからね!!!



どーでもいいくだらなーい日常話は、
まだまだいっぱいあるのだが、
オチはこれで締めますかね。

●ちっがーう!!!

某月某日、某所にて昼飯を食っていたところ、
お隣に、某関係者の集団がお座りになった。

大きな声で話されていたので、聞くとはなしに聞いていたら、
最近のアニメの話になった。

『進撃の巨人』がー」
『エリアの騎士』がー」
とやっていたので、
『ダイヤ』も出て来るかな?と思ってたら
確かに出てきた。

が、

「ほら、あれ、『ダイヤのエー』」


ちっがーう!!!
「エー」じゃなくて、あれは「エース」と読むのよ!!!
訂正しろー


と隣からツッコミいれたくてたまらんかった…。

ちゃんとお勉強してね♪
[ 2014/04/25 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『ベイビーステップ』からいろいろー 3

プロゴルファーの横峯さくらさんが
元サッカー選手のメンタルトレーナーさんとご結婚された
との報道がありましたな。

今、『ベイビーステップ』(以下、『BS』)を元に
メンタルの話してっけど、
本当にプロアスリート目指すなら、
こーゆー専門家のお話きくのが、ベストだよねぇ。

個人個人違うわけだしさ。

ってことで、ここではあくまでも、ド素人の腐人が
読み聞き、実体験した中から、
勝手気ままにほざいてる話ですので、
そこんとこはご了解くださいませね?

ゆったかんねー!


こないだは、メンタルのベースの話したんだっけか。

そこがしっかり構築されていること、
ってのは、いの一番に必要だと思うけど、
その上で、どういう性格かってのが、
メンタルの強い弱いにかなり影響があると思うんだよね。


ちょうどこないだウォール・ストリート・ジャーナルで
「性格を変えるには、まず行動を変えよー心理学が教える「幸せになる方法」」
っちゅー記事があった。

まだ読めるかなぁ?
ネット記事は、割とすぐ読めなくなるのだが、
一応URLを貼っておく。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303595604579517070642829090.html

正直、この記事の大半はどうでもいい。

見るべきはここ、

「米コルビー大学の心理学者クリストファー・ソトー氏によると、
 研究者が「性格」と言う場合、それは「時と場合に関わらず現れる、
 思考や感情、行動の特徴的なパターン」のことを指す。
 性格は50%が生来のもので、残りの50%は後天的なものだという。」

半分は後天的、つまり訓練で変えることができるってとこだ。


すごーく乱暴にいえば、
よく言われるけど、コップに水が半分はいってるのをみて
「半分もある」
と思うか
「半分しかない」
と思うか。

慎重さが足らない人は、
後者の考え方を取り入れたらいいし
外交的になりたい人は、
前者の考え方を取り入れたらいいってやつ。


でもまー、こーゆーの思うときにね、
一番肝心なのは、冷静な自己分析ができてるか、
なんだけど。

そこで、取り繕ったり、ええかっこしたり、
必要以上に卑下したら、
不足してるものを間違えてしまうんで、
な~んも意味ないからねぇ。


話がちょっと変わりますが、
腐人はヤなことあっても、一晩寝ると忘れるタイプなんですが、
これ、できない人いるよね。

うーん。
「忘れる」って言い方は、正しくないな。

記憶の沈殿が起こるんですよ。

もっといえば、
短期記憶として海馬の中に入ってたものが
長期記憶として側頭葉の連合野に移動する、
それが寝てる間に行われる感じなんだよね。

だから、自分の感覚としては、
一晩寝ると、その出来事と、ちょっと距離ができる。

そうすると、起こった出来事を、冷静に見られるんだよね。


腐人はこれ、皆そうなんだと思ってたんですよ。
でも、そうじゃない人もいる。

これは生来の部分なのか、
それとも後天的に、訓練でどうにかなる部分なのか、
どうなんだろなー…。

1つだけ言えるのは、
「睡眠の質」の影響がゼロじゃないってこと。

ちゃんと深く眠らないとダメなんだよね。
なので、腐人はたまに入眠剤を飲んでます。


規則正しく、きちんと食べて、ちゃんと寝る。

これやるだけでも、かなり違うんだけども。
(ちなみに腐人は「規則正しく食べる」はできてない)

それをやってても、ひきずる人はいる。

となると、
これを訓練で身につけられないかなぁと思うわけだ。


それに、この切り替え、
もしこれが訓練でどうにかなるもんであれば、
それこそ、ゲーム中のメンタル立て直しとかが
意図的にできそうじゃない?

といっても、
ゲーム中に寝るなんてことはできんだろうから、
それこそ、『BS』にあったみたいに、
座禅などで、短時間で脳の状態を作り出す訓練を続けて、
いずれは、パブロフの犬状態にまでもってければ、
試合中に、脳をスイッチングすることが
できるようになるんじゃないのかなぁ??

でもって、そうなるために重要なのが、
遮断と集中と制御だと思うんだよねー。


ってとこで、本日終了。

ホントにこの話、終わらせる気あるのか?
腐人…。
[ 2014/04/24 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

いとしの猫っ毛-っ!!!!!

今日も追われ追われて逃亡者。

いやーっ!!
腐人は、のんきに、ただただ読書のことだけ考えて
生きてたいのにーっ!!!

次から次へと……
うえーん…


こんなときに営業電話がかかってくると、
やつあたりの餌食になります

営業電話かけてる皆さん、
言葉の暴力で精神病みたくなかったら、
腐人のところに営業電話はかけてこないでください。

断ったかんねー


ま、そんな感じでかなり荒んでるので、
今日は、心の清涼剤
『いとしの猫っ毛』コメントのみにします。

なんかほっちらかし連載、
何がどんだけ、どうほっちらかしなのか、
よくわかんなくなってきてるな…(ーー;)

完結マンガの「Lala」編と、
『ベイビーステップ』の続きと、
世選女子フィギュア&荒川さんの『観戦術』以外
なんかあったっけ??

「これ忘れてるー!」ってのがあって、
その続きを読みたいとおっしゃってくださる奇特な方は、
すみませんがリクエストください。

公式入口ないですが。

で、思い出したんですが、
『まるごとねこっけ~雲田はるこ「いとしの猫っ毛」 トリビュートブック~』
にのってた河内遙さんとの対談で、ふーんと思ったことがある。

おっと。
このままコメント突入するする前に
カウントしとこうか。

(303)マンガ 『いとしの猫っ毛 3』 雲田はるこ
(304)マンガ 『まるごとねこっけ~雲田はるこ「いとしの猫っ毛」 トリビュートブック~』 雲田はるこ、いくえみ綾、金田淳子、会田薫、青木光恵、阿仁谷ユイジ、泉知佳(阿仁谷組) 、 糸井のぞ、宇野ジニア、えすとえむ、カシオ、雁須磨子、河内遙、草間さかえ、彩景でりこ、 紗久楽さわ、志村貴子、蛇龍どくろ、竹内佐千子、田中相、たなと、釣巻和 、ニイマリコ(HOMMヨ) 、依田沙江美、新田祐克、日高ショーコ、秀良子、福田里香、藤生、三浦しをん、桃山なおこ、もろづみすみとも、ヤマシタトモコ、山田参助、ふみふみこ、四宮しの、 青山十三、竹田昼、遠藤


…すごいよね、このトリビュートブックの面子…。

個人的に一番のけぞったのは、三浦しをんさん。
いろんな意味で、衝撃でした…。


で、対談に話を戻しますが、
そこでお二人が、作品を発表すると、
「脇キャラの××さんの話がよみたいですぅ」
ってのが読者さんから返ってきて
じゃぁ描こう!となるの、BLならではだ、
ってなことをおっしゃってたのね。

今、手元に本がないので、正確な表現じゃないですが
ニュアンスを汲み取っていただければ。


腐人としては、「え?え?そうなの!?」と。

腐人は基本的に読むだけの人。
って、ブログで言いたい放題、書いとるけども。

だからBLじゃないマンガや小説なんかと、
BLとで、そういう違いがあるとは思ってもみなかった。

へー…。


で、ふと思う。

今の若いBL作家さんはともかく、
ベテラン領域の方って、
同人誌から商業誌にいかはった方多いでしょ。

同人なんか全くしらず、
雑誌に投稿して賞とってという
王道路線じゃなくて。


そうすると、元々んとこで、
読者さんとの距離感が近いというか、
読者に対してのパーソナルスペースが
他の王道でデビューした作家さんより、
狭い気がするんだよね。

でもって、版元さんも、同人をよく知ってるから
既存マンガ出版社よりも、柔らか頭なのかもしれない。

だからニーズの読み方が違うのかな。

ま、会社規模や体制の問題などもあるだろうけどね。


書き手さんでいえば、
イベントで自分で自分の本売ったことがある人と、
本屋で他人に売られて、自分は数字しか見たことない人とでは
やっぱ感覚違うでしょ。

読み手←→書き手
 と
読み手←本屋←(中間いろいろ)←出版社→書き手

ね?
明らかに、お互いの存在の現実味が違うわけだ。


だからこそ、読者もキャラ宛に
バレンタインにチョコ贈ったり、
クリスマスにプレゼント贈ったりする。

でも、昔、田中芳樹さんが
『銀河英雄伝説』とか『創竜伝』
すげー人気があった頃(今はないかのようにゆーなよ…)、
やっぱりキャラ宛にすごくチョコがきて、
施設に寄付したってゆーてはった気がするけどね。


それに腐人のよーに年季が入ったBL読者だと、
昔のイベントでは、よく企画やってて、
それに参加してたんですよねー。

クリスマス企画本で、
どのカップルの本がよみたいですか?とかね。


そう、ITになって双方向とかゆってっけど、
同人の世界では、
昔から双方向が結構成立してた気がするのだ。


BLの成立背景が背景だから、
やっぱその流れが未だにあるんじゃないのかなぁ?
という気がしたんだが、どうだろな。


で、リクエストを叫んだら描いていただけるというならば、
ここで大声で叫ぼうではないか!

ゆっち出してー!!!!

いいじゃん、育ったゆっち(恵ちゃん)で、
と言われそうだが、違うのよ!
あのサイズがいいのよ!!!
あの無垢さがいいのよぉぉぉぉぉっ!!!

長期休暇になったら、
ぜひ、ぬいぐるみと一緒に東京へきてね♪
おばちゃん、待ってるわぁ~


そうそう。
このトリビュート本、半分ぐらいが再録だったんですが、
腐人としては、ゆっちが入ってたから、それでよし!
Good Jobだ

と思いましたが、その点で、
『SEX PISTOLS ファンブック 妊娠・同性婚マニュアル』
に比べると、高いな、と思う方がいらっしゃるやもしれない。

書き下ろしもあるけど、
価格をどう思うかは、その人その人だろなー。


で、3巻ですが。

ふふ、ふふふふふ…
いやーあの謝るハルくん、いいじゃ~ん♪

巻末収録の二人の話も、
この二人の関係はおもろいなぁと
ニヤニヤしてまいましたが。

この二人の力関係(ラブ度)は、複雑だね。

あと思ったんですが、あのプレゼント。
脱がんでもでけんのちゃうん?

確実に汚れるけど。

あそこをあーして、
いや、こうしたほうが萌えか?

いろいろ楽しめそうないいチョイスだわ、みぃくん。


そして、この3巻は。

腐人は好きだからいいけど、
意外とBLマジョリティは保守だときく。
これは大丈夫なのか??

反響が気になるわぁ。

そして、それ以上に、
ゆっちの再登場がいつなのかが
すっげーすっげー気になる。

よろしくー!!!
リクエストしたから、頼んだよー!!

ケンちゃんだって、待ってるよ!!
[ 2014/04/23 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

きょおは無理!たぶん無理!きっと無理!絶対、無理!

朝から打ち合わせがたてこみ、
何かを考えられる状態じゃない…。

脳みそがオカラ…。

ってことで、忘れそうなのでカウントのみで、終了。

●21日
(298~301)マンガ 『虹色デイズ 2~5』 水野美波
(302)BL/ディアプラス 『恋をひとかじり』 桜木知沙子
[ 2014/04/22 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『ベイビーステップ』からいろいろー 2

土曜は、バタバタして完読本がゼロ。
なので、昨日はブログお休みして、
ずーっと本を読んでました。

ああ、し・あ・わ・せ~


そーいや、昨日は晩飯の支度が
自分の分だけでよかったんで、
『ハイキュー!!』アニメ第3話を
オンタイムでじーっくり見たんですよ。

そんで思い出したことが。

1話んとこで、入学式のバックに桜が舞ってたんですが、
宮城県って、そんな4月の初旬頃に、
桜が散るまでいくんですかね?

昔、ミラー○ュにハマってた頃、
ちょうどGWシーズンに
某お祭りを観に、東北某所に行ったことがある。
※わかる人だけわかってください

すると、ちょど桜が満開過ぎたときで、
ワーワー模擬合戦やってるバックに桜が舞い散ってて
すごーくキレイだった記憶があるんですよ。

ただ、むっちゃ寒くて、防寒用意しとらんかったから
大風邪ひきましたけど…。
懐かしい思い出だ…

じゃなくって!

新潟出身の斎藤美奈子さんの著作の、あれは何だったっけかなぁ…
『読者は踊る - タレント本から聖書まで。話題の本253冊の読み方』
の「裏日本」本の記述だったと思いますが、
卒業式や入学式のバックで、桜が舞い散ってる場面に
ずっと違和感があったって書いてはったんですよ。

腐人は引越し転々としてますが、
主に関西圏内をウロウロだったので、
「え?だって、卒業式や入学式のバックで
 桜散るの、普通ちゃうん??
 まぁ、卒業式では散るまでいかへんかもしれんけど…」
と思ったんですよ。

でも、考えてみりゃ日本ってのは南北に長い。

東海道では3末4頭に、桜が散ってるかもしれんが、
南端ではもう葉桜だろうし、
北端ではまだ雪が降ってるかもしれん。

3末4頭だから、桜が咲いてて当然ってのは、
中央の押し付けだと言われて、なるほどーと思ったのね。

ってなのが、頭のどっかにあったので、
1話みたときに、なんか「ん?」と思って、
でもそれがなんだかわかんなくって、
3話目にしてよーやく思いだす。

大丈夫か、腐人の頭…。

ま、それはともかく、実際んとこどーなんでしょ?
宮城県、行ったことないんだよなー。


どーでもいいけど、腐人の評価は、
マンガとしては、
『ダイヤのA』>『ハイキュー!!』だが
アニメとしては、
『ハイキュー!!』>『ダイヤのA』だ。

そいや『ベイビーステップ』もアニメになってんだよなぁ。
あれはどうなんだろ…?
覚えていたら、今度みてみよう。



っちゅーことで、
話が『ベイビーステップ』(以下、『BS』)に
無事いってくれたので、
こないだの続き書きましょうかね。

こないだ、プロへのルートのことを書いたが、
一口にプロといってもいろいろだ。

それこそ競技によっては、プロといっても
専業で食えないプロもたくさんある。

だからまーこれもまた、
「自分は、どうしたいか」
になってくる気はするのよね。

それと、環境だな。

テニスで、世界のトッププロになるべく最短距離でなりたいなら、
やっぱ『BS』の池くんみたいに、
あーゆー世界の精鋭を集めたアカデミーに行ったほうがいい。

でも、それは本人の意思だけでできることじゃなく、
金銭的な問題や、本人の資質、
なによりメンタルが強くなきゃ続かない。

ってか、その状況で踏ん張れないなら、
テニスなんてプロになった後、
転戦転戦また転戦だから、
いずれプツンといっちゃうんだろなー。

だから「プロになる」にしても、
なりたい、なりたい!って気持ちも大事なんだけど、
まず、自分自身について、客観的にどういう条件があるか、
それを考えたほうがいいと思うんだよね。

その上で、自分にあった道を選ぶ。

周りがこういうからこうするとか、
そうするのが定石だから、ってのは、
これだけ多様性がでてきた社会においては
違う気がするんだよね、腐人は。



で、本日の本題にまいりますが、
このメンタルの強さだけど、どっからくるんでしょうねぇ。

なんとなくだけど、腐人は、これ、
「ほどよい余裕」と、「拠り所」
この2本柱がある、ってことが、
心の持ちようにおいて、でかいんじゃないかと思うんだ。


カウンセリング的なところでいえば、
生育において、人としての根っこがはれてる人、愛されて育った人ってのは
逆境にも強いという気がしてる。

そこから見えるものは、「ほどよい余裕」な気がするのね。

「余裕」がありすぎれば、
「傲慢」とか「怠惰」にいくんだろうし。

「余裕」がなさ過ぎれば、
絶えず「不安」と「焦燥」に追われ、視野狭窄になる。

「貧すれば鈍する」なんて、その最たるもんだし、
あまりにその状況が続くと、
「卑屈」とか「過度な自己卑下」になる。

心配事がなかったり、
あっても絶対味方してくれる人がいて、
自分は、どっかと在ることができるならば、
自然と、
「あわてない、あわてない。ひとやすみ、ひとやすみ」
っちゅー一休さんの心境になれる気がするのね。

それとさ、
『BS』において、えーちゃんが
あれだけブレないメンタルを維持できてんのは、
根底には家庭環境のよさ、周囲の理解ってのがあるだろうけど、
あのノートを使って、
インプットされたものをアウトプットする行為が
思考の整理と感情の制御になってるっちゅー気がするのね。

ある意味、あれって、復習と予習じゃん。

復習することで、シナプスは強化されるし、
予習して備えることで、精神的に余裕がうまれる。

ノートに書くって作業によって、
自分で「余裕」を生み出してるように、腐人にはみえるのだ。

そいや羽生結弦くんも、ノートつけてたな。


とはいえ、実際んとこ、
あのコートチェンジの時間でノートが書けるかったら
ほとんどの人がかけないだろなー。
体力回復に努めるのが精一杯じゃない(^_^;)?

それに、1球1球を覚えてられるかといえば、
どうなんだろ。

もしかしたら、囲碁や将棋の棋士さんたちが、
それこそ対局の1手1手を全部覚えてるよーに、
覚えてられるのかもなー。

逆に言えば、それができるってことが
テニスの才能があるってことなのかもしれない。

…っても、どの競技でも
それが出来る人=トッププロになれる
ってわけじゃないから、
これは、プロ目指すなら
持ってて当然レベルぐらいなのかもしれんけど。


たださ、これ、訓練というか、
努力と経験によって、
結論到達がショートカットされる部分もあると思うんだよね。

これは一般的な話にもなるんだけど、
この道××年なんて職人さんだと、
NGになったモノをみただけで、
機械のどこの具合が悪いのかがすぐわかったりするでしょ?

腐人レベルでも、昔はなんで間違ってるのか、
一から書類をひっくり返して検証してかないと
みつけられなかったミスが、
今だと、ミスみただけで
「あの辺に間違いがあるはずだ」ってのがわかる。

それは積み重ねてきた経験から、
自然と脳でショートカットが起こってるってことなんだよね。

ありゃ、NHKのプロフェッショナルだったかなぁ、
将棋の羽生善治さんが、
年齢とともに、先の手をよむ力が衰えてきたけれど
(二十歳ぐらいがピークったかな?)、
その分、経験から直感でぱっとでてくる手が
最善手であるようになった、
みたいなことをゆーてはったんよね。


なんか話がどこにいこうとしてるのか、
書いてる本人もわかんなくなってきたけど、
この「経験」がね、「自分が最後に頼れる拠り所」な気がするの。


えーちゃんはさ、絶対的に経験がたらんやん。

ホント、1試合1試合が貴重な経験でさ、
それでも不足している経験数を、
ノートによって記憶を強化することで鮮明にし、
補ってる気がするんよね。

で、そーゆー特例じゃない、通常の場合は、
ただひたすら経験を、努力を、積み重ねてさ、
反復することで、シナプスを鍛えるしかない。

でもって、その「やってきたという事実」が、
鍛えられたシナプスが、
心が不安や焦燥に揺らいだとき、
自分が根拠にできる拠り所になって、
「大丈夫、どう対応すればいいか、わかってる」という安心に繋がり
「ほどよい余裕」が生まれるんじゃないのかね?


っても、これはメンタルの根っこの辺の話。

どんだけ大丈夫と自分に言い聞かせてても、
どうしよう!ってなることはあるし、
そのパニックになりやすい人となりにくい人があるわなぁ。

ってな話は、また今度。

さーていつだ?(^_^;)

[ 2014/04/21 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『ベイビーステップ』からいろいろー

さーて、どこまで書けるかな。

放置しておりました
勝木光さんの『ベイビーステップ』の話「ほか」。

そう、重要なのは「ほか」をつけること。

ボール以上に、話がどこに飛んでくか、
腐人もさっぱりわかりません。


ちょうどいいタイミングで、
前にフィギュアスケートの浅田真央ちゃんの話を書いた
『VISA』の会員誌に連載している
「数字でスポーツ観戦」という記事が
テニスだったので、そこから入ろうか。

これによると、数学的にいえば、
テニスという競技は番狂わせが起きにくいんだそう。

どうしてなのかはご興味ある方は、
なんとかしてこの記事を読んでくださいだが
(数学的な話なので腐人に説明は無理ー!)、
簡単にいうと、
ラリー1本分の実力差が、≒勝率になる競技だ
ってこと。

仮に、そのラリー1本の実力差、A君:B君が、
 0.49:0.51
という僅差で、ちょびっとB君優位だったとしても、
B君の勝率が、60%なんだそう。

だから、大体、上位を占める選手で
2強時代、3強時代みたいなのが続くらしい。

実際、2003年から2014年の
グランドスラム全45大会の優勝は、
フェデラーとナダルとジョコビッチで80%を占めている。

なるほどー。


確かに腐人がリアルでみてたころも
4強に出てくるのは大抵同じ人たちばっかりだった。

だからこそベッカーが優勝したときは
びっくりしたんだよなー。


というのが前置き。
長っ!

『ベイビーステップ』(以下、『BS』に略)は、
腐人にはいろんな点で、おもろいな、
と思えるところがあった。

「プロになる」を終着点として、その過程を描く場合、
まー大抵は、部活からなんだよね。
(マンガの話ね)

それは日本の制度というのか風土というのか、
それが一番オーソドックスなルートで、
そのレールに乗ってなる、ってのが
現実例としてもあるからなんだろう。

でも、本当に現実をみてみたら?

それも視点を
地球というとでかすぎか、世界においてみたら?

日本の部活で過ごす時間は、
本当に有効なんだろうか?


って、別に部活を批判するつもりはない。

だって、別に皆が皆
世界のトップを目指してるわけじゃないからさー。

なので、部活は部活でいいと思うのよ。

甲子園とか春高とか国立なんて、
部活じゃなきゃ味わえないもんだしさ。



そうじゃなくって、
自分は世界ランカーになって活躍するんだ、
ってことを最終目的にしてるんだとすると、
あなたのスタート地点は部活でいいの?ってこと。

アスリートの身体は、
武器でもあるが、消耗品でもある。

それも踏まえて、
そのゴールに向かうのに、どのルートをとるか。

その点で、部活ではなくテニスクラブから
としたとこが、腐人の興味をひいたんだ。


…とゆーとこで、本日は終わり。

いかん…このペースで進むと、
どんだけ連載になるんだろう…
[ 2014/04/19 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

キレイでよかった

腐人のビボーの話じゃ、ございません。
そんなものは、そもそもこの世にねぇし。


いやね、このブログの前身のに書いたかと思うが、
腐人はたまに、強烈な腹痛と下痢・嘔吐・脱力に襲われ
1時間ほど身動きができなくなることがあるんですよ。

たぶん原因は婦人科系だと思うんだが、
断定できないのが、これが起こるのが突然だからだ。

例えば、生理の2日目が、すごく重いの…
とかだったら、
今日はヤバいなってのが予測できる。

ところが腐人のコレは、生理と無関係にやってくるのだな。

ただ、痛む場所だとかモロモロを考えると、
悪さをしてるのは婦人科だと思われるのよ。

なので、薬も飲んでんだけど、
未だに不意打ちが続いとるんです。


とはいえ、これまではそれが起こるのが、
ほとんどホームグラウンドだったんで、
しんどいのはしんどいが、
トイレで行き倒れてても、まぁなんとかなってたんです。

血族たちも慣れたし。


が。
昨日、とーとー出先で起こる。

こんな100%アウェイな空間でやられるとは!!!

なんとかトイレにこもることには成功し、
衆目に、醜態をさらさずに済みましたが、
トイレの中で、30分は行き倒れてたな。

清掃が行き届いたピカピカで広いトイレでよかった…(ToT)


なんとか動けるようになり、ドアをあけると
心配気な顔をされた皆様がお待ちになられてて
恐縮することしきり。

その節は、ご迷惑とご心配をおかけしてすみませんでした
関係者の皆様。

読んでないと思うけど、この場をお借りしてお詫びします。


ただ、こいつ、
この嵐のような時間が過ぎた後、
しばらく横になってると、ケロリと直る。

正味1時間ぐらいの話なんだよねぇ。


だから、生理の重たいので1日うんうん唸るよーなのより
全然いいのだが、
せめて…くる前に連絡をくれよ!
突然、くるんじゃない!!

これだと、嫌な姑みたいじゃないか!!



どーでもいいんですが、今回新しい発見があった。

腐人は、わりとよくリバースする。

ってか、気持ち悪いーってのを我慢するのが嫌いなので、
気持ち悪くなったら、我慢せずにカエルの歌を歌うのだ。

なので、指をつっこまなくたってリバースできるんだ~
へへーん♪
って、別に自慢にもなりゃせんがな。


しかし、リバースって、痛いんだよね。
胃までいっちゃったやつだと。

胃液で食道やら喉やらがやけて、
さらにいえば、口の中が超不味い…(-_-;)


それが今回、食べてからさして時間がたたないぐらいで起こったので
カエルの歌を歌っていても、

あれ?全然痛くない…
それに、ゴハンの味がする…
あ、君はさっき食べたアレね…

っちゅーなんとも不思議な経験をしました。

今度から吐くときは早めで吐こーっと。


ちなみに今日は元気です。

ケロッと直るから、
ホントよくわかんねぇんだよなーアレ…(~_~)
なんなんだかなぁ…。
[ 2014/04/18 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

脳内たれながし・・・観戦の話

こないだの世界選手権フィギュアの男子SPで、
羽生君の演技直前に、ファンが声援をおくり、
マナー違反では?ってな話があった。

まーこれは声援の内容が、
アイドルのコンサートじゃねぇんだから…
っちゅーよーなもんだったので
より顰蹙かったとこもあったんだが、
腐人は、ソチのときに、
なんとかならんかなと思ったんだよなー。

ソチでは観客のロシアびいきな応援が如実にでてて、
ロシア選手が滑り終えた後
かなり長くざわざわしてたんだよね。


腐人がこのとき思ったのが、
「ウィンブルドンの主審さん呼びたいなぁ…」
である。

テニスという競技自体、
ゴルフ同様、あまりうるさいと注意がはいる。

なかでもウィンブルドンは別格で。

例えばすばらしいショットがきまって、
選手もガッツポーズ、
客席も沸きに沸いたとする。

しばらくは許してくれるんだけど、
あまり続くようだと、主審から

「Quiet please」

っちゅー一言がでる。

それも怒鳴るでもなく、大音量でもなく、
やたら流すわけでもなく、
ここぞというときだけ、すごく静かな声で。

それですぐ収まるわけじゃないんだが、
次第に客のざわめきが小さくなって静かになると

「Thank you」

そうするともう、次のプレイのために
会場中がシーンとなるのね。

6月下旬から始まるので、
ぜひこのシーンを観ていただきたいところだが、
お見事としかいいようがないくらい、
主審と観客の統制がとれててねぇ。

腐人はあの雰囲気すきなんですよ。

そこから派生して、
どうしてこんなに違いがあるのかな
っちゅー疑問にかられまして、
今日はだらだらと、その話。


ついでに、読書録を放置していた
『ベイビーステップ』
『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』
ここらもチョビチョビいれていきまーす。

※タイトル長いので、それぞれ
『ベイビーステップ』『BS』
『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』『観戦術』
に略させてもらいます。


『観戦術』で、
この競技直前の声援について触れられている。

その時その時で状態が違うそうで、
すごく聞こえるときもあれば、
全く聞こえないとこもあるとのこと。

考えてみりゃ、そうだよねぇ。

そういや前に村主章枝さんが、
ゾーンに入ったときのことを話ておられて
客席の声がすごく聞こえたってなことをおっしゃっていた。

ゾーンといえば、『BS』
試合中にいかにゾーンに近い精神状態をつくるか、
そんな話が載ってましたねぇ。

ただ、そういう風に考えていくと、
腐人には、

サイコパスが行ってる
「遮断」と「集中」こそが、
「ゾーンに入る」じゃねぇの?

って気がする。


いかん。
話をこっちにもってくと、
観戦の話からずれてっちゃう。

なので、いったんちょっと封印して、
観戦に話を戻す。


選手にきこえてる、きこえてないは別として、
スポーツによって、やかましいぐらいの声援があるものと、
それこそ、しわぶき1つ聞こえないぐらいの静寂のものがある。

この違いはいったいどこからくるのかねぇ、
ってことで、まず思ったのが、


●一人か、それとも大勢か

個人競技か、団体競技かってこと。

団体競技だと、そもそも選手同士が声かけあうもんね。

例えば、野球、バレー、サッカー。

ひっじょーにうるさい。
ってか、あれがあってのスポーツだわなぁ。

鳴り物もガンガンするし、野次もとぶし。

どんだけピンチで、集中がいるようなときでも
平気で、チャララ~とやっている。


しかし、個人競技といえば陸上だが、
マラソンなんかは沿道の客の声援とかすごいよねー。

トラックのハイジャンなんかだと、
客に手拍子を強要する選手もいる。

自転車も、ツールの応援なんか、
たまに邪魔してるよーにしかみえん(~_~)の
あるもんなぁ。


うむ。
するってぇと、この線は没だな。


なら、次。

●屋内か、屋外か


自転車競技でも、ツールのようなロードレースじゃなく
オリンピックでもやってる
屋内のトラックレースだと、
一瞬でも気を抜くと、やられちゃうよーな駆け引きがいる。

そんときは、客もシーンとなるらしい。


ってことは、囲いがあるかないかの違い?
とか思ったが、これはバレーやバスケのことを思い出し、
即、没。

なにより屋内の個人競技で、超うるさいのがあった。

それはボクシングだ…(-_-;)。


●ならば発祥の地?

とか思ったんだが、
発祥が不確かなもんが多いんだよね。

以下、Wikipediaより(一部、腐人編集あり)

★野球
 →イギリスの球技「タウンボール」が
  アメリカ合衆国に持ち込まれ変化、野球に

★テニス
 →8世紀ごろにフランスで発生

★ゴルフ
 →スコットランド、オランダ、中国など
  世界各地に発祥説があり、定説がない

★ラグビー

 →「1823年、イングランドの有名なパブリックスクールである
   ラグビー校でのフットボールの試合中、
   ウィリアム・ウェッブ・エリスがボールを抱えたまま
   相手のゴール目指して走り出した」ことだとされている。
   が、エリス君が第1号かは、諸説ある。

★サッカー
 →パタゴニアやアンデスのインディオ文明からは、
  様々なボールや、ボールを蹴る競技の証拠が見つかっている
  (年代は、紀元前1500年)

★ボクシング
 →そもそも握った拳で殴るという行為は、
  人類が二足歩行を始めてから既に会得していた攻撃手段。
  紀元前4000年ごろの古代エジプトの象形文字からも
  軍隊で使われていたのが判読されている。

★バスケ
 →アメリカで体育部教官を務めていた
  カナダ人のジェームズ・ネイスミスが
  1891年に考え出した


うーむ、いかんな。
目的そっちのけで、
由来調べが楽しくなってきてしまった。

ただ、目的についていえば、
ここまでやっただけでも、結論は明白。
この線もない。


なんだけど、せっかくここまで調べたので、
最後に1つだけやって終わりにしよう。


★フィギュアスケート
 →スケートの起源は旧石器時代にまで遡る。

  中世以降、沼沢地帯で行われたが、
  目的地に向かって早く到着することを重視した農民階級に対し、
  貴族階級では優雅さや芸術性を重んじた。

  貴族階級の人々は、
  両腕を組み背筋を伸ばして滑走する独特の滑走術を生み出し
  ここにスピードスケートとフィギュアスケートの
  分岐を見ることが出来る 



うむむむむ。
最後のフィギュアに、
すごくおもしろいことが書いてある。


●もしかして、階級なのか?

腐人はポロだのクリケットだの、
お貴族様のスポーツは存じ上げないのだが、
あれらは、静かに観るもんなんだろうか?

それともピーヒャラどんどんパッパラパーと、
鳴り物ならして、大声あげて応援するもんなんだろうか?

それはわからんのだが、
映画『マイ・フェア・レディ』の競馬場のシーンを思い出すと
この推測がもしかしたら合ってるのかもしれんと思う。

ただ、あの頃に比べれば、
今は、ヒエラルキーが崩壊してるから、
観客の状態も崩れてきてるのかもしれない。


他にも、

「ゲームに主審がいるかどうか」

→テニスは静かだが、
 サッカー・バレー・ボクシングと
 いてもうるさいものがあるので、これもなし。

「競技時間の長短か」
→フィギュアとボクシング、
 どっちも1回3~4分だが…
 全然違うから、これもねぇなぁ。

など、いろいろ考えたが、
やっぱ「階級」説がアタリな気がする!


と、血族にいったらば。


「で?それが何?」


と、冷ややかな一言が返ってきた…

…いや、ただの自己満足です…。




※余談だが、いわゆる武道。
あれらも、最初と最後の礼では
静寂であることが求められるよなぁ。

それもまた階級なんだろうか。


どーでもいいが、
ちっとも『観戦術』『BS』の話に
いかなかった。

まー『観戦術』
世界選手権の女子まだ見てないから
そんときくっけるかー。

『BS』はそれこそゾーンの掘下げやりたいし、
テニスについてもやりたいから、
うーんいつになるかしら…(^_^;)

これらが片付いたら、
脳内も整理されてすっきりする
…はずだ、たぶん…(-_-;)。

[ 2014/04/16 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『日本人は中国人・韓国人と根本的に違う』について

なんかちょっとローテンション。
刺激がないと、
基本、ぐーたら寝たろう・ナマケモノなんだよねぇ。

ってことで、今日はおとなしく、読書録のみ。

まず、カウントからしとこーかね。

(271)一般本 『日本人は中国人・韓国人と根本的に違う』 黄文雄、呉善花、石平

サブタイトルが
「黄文雄(台湾)が呉善花(韓国)、石平(中国)に直撃」。

これ、前にやった
『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」』
と同じシリーズで、
黄文雄さん、呉善花さん、石平さんの鼎談の第一弾。


これ、2008年の本をベースに、改訂したもののためか、
なんかちょっと違和感。

特に第2弾、これは時事ネタからしても去年の鼎談?というものを
先に読んじゃったせーかもしれないが。

感じた違和感というのは、
第2弾では、3人のバランスが
キレイな三角形だったんですけど、
この第1弾では、
「黄さん」と「呉さん&石さん」という感じがしたの。

視点?
感覚?

なんだろ、なんか「線」みたいのを感じたんだよなー。

それでいえば、
黄さんは、1938年のお生まれ
呉さんは、1956年のお生まれ
石さんは、1962年のお生まれ。

なので、世代が違うといえばそうだが、
世代論がまかりとおるのは、
同一社会で育ったら、だと思うんだよね。

社会が違うと、価値観にしても時代背景にしても
全部違ってくるから、世代論って成り立たないと思うんだよ。


となれば、戦争経験や、その後の貧富経験の違いか?とか思ったが、
黄さんは、第二次世界大戦を、
呉さんは、朝鮮戦争を、
石さんは、文化大革命を、
それぞれ経験されている。

だから、戦争がもたらす
ひどいものもたくさんご覧になられてきたし、
飢えや貧困、思想教育など、
条件的にはあまり違わない。


また、教育のテーマであったけど、
黄さんは、日本語で教育をうけてたところに戦争が終わり、
一転して、日本語を使うな!という経験をされている。

呉さんは、漢語がまだ残っていた頃、教育がはじまり
途中で、ハングルしか使うな!という経験をされている。


うーん…(~_~)
なんだったんだろう、腐人が感じた違和感の正体は。

それを特に感じたのが、
道徳のテーマのところと、
マスコミのテーマのところ。

どなたか、わかったら教えてください。
このブログ、入り口ないけど。



このシリーズを読んでてつくづく思うのが、
自分の無知さだ。

ものしらずだなぁと、いかんなぁと思うんだけど、
それぞれの国のマスコミについての話など読むと、

「……この報道状態で、
 この3国の正しい理解をしろと言われても
 無理だろう!!!」

という気もする。

中国や韓国や台湾の方々は、
偏っててもいいから
(でも、その場合は右と左、両方読ませてね)
なんの加工もされてない、素の情報をくれ、
と、思わないのかなぁ…(~_~)???

そゆことで、
目からウロコをポロポロ落としながら読んでたんですが、
腐人が一番興味深かったのは、道徳をテーマにした章。

皆さん、口をそろえて道徳教育にNOをおっしゃる。

まーそれも無理はないよねぇと
その後に続く理由を読めば納得できる。

だって、道徳っちゅー名前の
価値観のマインドコントロールなんだもん。


なので、皆さんこぞって否定し、
そしてそれよりは、日本の伝統文化を学ばせたほうがいい、
となったんですが、
そこで、呉さんと石さんが、
日本人の「美意識」のことをおっしゃるんですね。

でも、黄さんは、「美」といわれると理解できなくなると。


これ、日本人の腐人から一言ゆっていいですか?

この「美意識」という言葉を、
「美しい」と考えちゃダメなんです。
この言葉の底には、「恥」があるんです。

「見られて恥ずかしくないことをする」
これが「美意識」。

まず、最初に「恥」がないとダメな理由は、
「恥」を抜きに「美意識」を言った場合、
ただの、気にしぃな見栄っ張りになるのだ。

ただのポーズ、中身のない形式になっちゃうのね。

と、こんな感じに、
「美意識」を「恥」の対極として捉えたら、
理解できませんかね?


ま、これは腐人個人の意見だけど、
たぶん、そう間違ってないと思うんだー。



お三方は、なぜか江戸時代がお好きなんですが、
武士だって、町民だって、美意識の根源にもってたのは
「恥ずかしいことはしたくない」だろう。

まーこれが高じると、見栄っ張りになって、
「武士は食わねど高楊枝」
となってくんだけども。


呉さんがなるほどと思うことをおっしゃってたんだが、

「悪い人、といわれるのと、
 みっともない人、といわれるの、
 どちらがイヤか」

と学生さんにきくと、
日本人は「みっともない」がイヤな人が多く
他の国の人は「悪い」がイヤな人が多いんだそう。

これ、すごーくわかる。
腐人ですら、やっぱり「みっともない」がイヤだもん。



日本文化は「恥」の文化ってのは、よく言われる。
…それが崩壊しつつあるとかは、
今、ちょっと置いといてね。

もしかしたら、これまた宗教に繋がってくのかもしれないが、
日本人の多くには絶対神ってのがおらん。

いると、

「神様がしてはダメといったから」→しない

の論理が成立すんのかもだが、これは逆に

「神様がしろといったから」→する

が成立するがゆえに、
神の名のもとで人を殺しちゃったりする。
判断基準が、「神がどう言ったか」なんだよね。


一方、腐人なんか典型的日本人なので、
別に神道を信仰してる気持ちはさらさらないが、
便所にも、貧乏にも、
どこにもかしこにも神様がいると思ってる。

だからこそ、どこにもかしもにも「目」があって、
それらに見られてる、というのが、
常に考えのベースにある。

なので、
「見られて恥ずかしい行いはしてはいけない」
というのが成立するんだよね。

ただ、「見られて恥ずかしい」は、
「誰に?」という対象があいまいだと言えばあいまいだし、
「恥」の範囲もまたあいまい。

だから今、「恥の文化」が崩壊しはじめている。

…腐人も他人のこと言えないけどね…(^_^;)


そう考えると、今、子供たちに教え、考えさすべきは、
どういうことが「恥ずかしい」ことで、「みっともない」ことか
ってことなのかもしれない。

それができたら、
必然的に「美意識」ができあがると思うな、腐人は。


あと、「夢」の考え方も、へーと思ったが、
今の中国や韓国の若者の閉塞した状況をニュースなどできくと、
これ、今でもそうなの?という疑問はある。

大学はでたけど、蟻族、鼠族といわれるような状況で、
それでも天下国家な夢を、彼らは語れるんだろうか…?


どーでもいいけど、
腐人も食は和食がベストだと思う。

中華は、野菜を油通しするせーか、
すごくもたれるんだよ…(-_-;)

味付け濃いし。

ふきのとうとか、タケノコとか、
素材の味をいかした料理食べると、
和食ばんざい!って叫びたくなる。


と、いろんな分野にわたって、
異文化、および異文化からきた人たちがみた日本の話を
幅広くされてます。

ご興味ある方はどうぞ。


それにしても、この本を読んで総合的にみると、
腐人は苦労知らず時代の日本人になるんですが、
その時、この場所に生まれてよかったなと、
つくづく思う。

あまちゃんだけどね~
[ 2014/04/15 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

素朴な疑問

腐人が友人に
「ねーねー素朴な疑問があるのー」
とゆーと、大概の友人はイヤーな顔をする。

なぜなら、それはちっとも「素朴じゃない」らしいので。

今日はその話。


の前に。
どーでもいいんだが、今、腐人は雨を待っている。

できればその前に洗剤入りの雨が降って、
ついでにタワシ入りの雨が降って、
最後に普通の雨が降ってくれんかのぅ

と思っていて、それを血族にゆーと。

「降るかい!自分で洗車せぇ!」

とゆった・・・。

しくしくしく・・・
悪いのは腐人じゃないのに。


いやね、こないだバイクに乗ろうと
ダーリンをとめてる駐輪場にいったらば。

カラスの糞まみれになってたのよー(T_T)!

見た瞬間、
「猟銃免許とろうかな・・・」
と思った。

しかし、ここらは住宅密集地なので
当然、狩猟禁止地域。ちっ!


それになー。
なにより、手元に銃があったなら、
これまで心の中でとどめてた銃乱射を実行しかねない。

だってホントにイラつくんだもん!

有料駐輪場の入り口だってのに、
たむろって、全く退こうとせず、
ベラベラおしゃべりし続ける
幼稚園バス待ちのママ連中とか!

ゴミまきちらすだけの、全然動かない花見客とか!

車道にふらふらでてくる酔っぱらいとか!

銃乱射して全排除するか、
巨大バキュームで吸い上げて、
宇宙の果てに捨ててやりたいわ


そいや、こないだ、
朝まで飲んでたんだろー男性が
タクシーから下車したあと、
植え込みにむかってジョボジョボたちションをし。

終わったあと、
ふーらふーらあっちいきこっち行きしつつ
一応、歩道を歩いてたんだ。

で、しばらくしてみると、
歩道の植え込みが切れたとこから車道にでちゃったらしく
右に~左に~のフラフラ歩きが、
今度は車道で行われていた。

そのまま無事に帰宅できたのかは知らな~い。

酒と大麻なら、医療効果がある分、
大麻のが有益なんじゃないかと思うわ。



さて、今日の本題。

例の小保方さんの騒動の件。

すごく素朴に疑問なんですけど、
なんで未だに論文なんだろう?

確かに、宇宙の予測とか、中間子の予測なんかは、
実証なんかできんから、
論文にせんといかんと思うが、
こーゆー新しいもんみつけました~っちゅー内容なら、
文字と写真とデータからなる論文形式より、
動画のがずっとずっとわかりやすくないか?

その200回以上作ったとかゆーうちの1回の、
最初から最後(といってどこを指すのかわからんが)まで
録画して、論文代わりに公表したらええんちゃうの?

研究室の四方および中央部の360度を写す定点カメラ、
手元作業をヨリで写す、手元カメラ、
それぞれを録画し、8分割ぐらいの動画構成にしたら、
ねつ造も改竄もなくなるんちゃうん?

教授かて、
論文がコピペされてへんかゆーて、ソフト解析せんですむし、
不正が行われてないかって見張るアホらしい無駄も
せんでよくなるわけやし。

追試、再現性についても、映像みりゃ真似ができるようになるから、
英語の得手不得手とか関係なくチャレンジできるようになるし。

それこそ皆が喜ぶ万々歳状態にならんか?

と、バリバリ文系人間の腐人は思うのだ。


わかりやすい、発表しやすい形にどんどん変わってっていいじゃん。
なんでダメなの?と。

素朴に疑問を抱いたので、理系の血族にきいてみた。

すると、ものすごーくイヤそうな顔をされた。
が、こうじゃないかなという答えをくれた。


●動画だと観られない人がいる

→一般の人ならともかく、
 研究者なら見られる環境あるでしょう
 皆、論文やデータはPCで管理してんだろうし。


●先達のこれまでの実績などの引用が書けない

→すべての論文をそうしろと言ってるわけではなく
 今回のようなケースだと、動画のが適してるという話で、
 そういうのも論文にしろ、というのが
 なんかおかしいのではっちゅーこと。

 引用なんかは、そーゆーのがいるなら、
 動画にテキストくっつけりゃいいじゃん。
 もしくは最後に引用元を写すとか。


●動画だと、データの変化が記録できないのでは

→それこそ動画画面に連動させて、
 移り変わりを記録すりゃいいじゃん。
 不正防止にもなろうよ。


●学術雑誌に掲載されるまでのレフェリーとのやりとりは

→別に全部公開でやったらええんでは?
 っつか、今回のだっておかしい言い出したの、
 ネットの人じゃん。


と、血族があげた論文でなければダメな理由に
反論を申し立ててみると、むっつりと黙ってしまった。


腐人は理系の世界をよくしらんので、
勝手なことをゆーとるだけですが、
なぜダメなのかが、ホントよくわからない。

ただの単なる権威主義、伝統主義なだけではないの?

後は、既得権者が、自分の権利に固執して、
イノベーションを嫌っているか。

もしそうだとすると、
科学者がそんな固い頭でいいんだろうか?


『完全なる証明―100万ドルを拒否した天才数学者』にあるが、
確か数学の世界でも、専門誌への投稿が正統とされてる。

でも、100年解けなかった
「ポアンカレ予想」を解いたペレルマンくんは、
その証明をネットにあげ、専門誌には投稿しなかった。


理科の世界でも、そうやったっていいじゃん。

正しいものは、どんな形でも正しいし、
間違ってるものは、どんな形でも間違ってる。

これこそが自然科学の世界ちゃうの?


ってなことゆーと、いかにもすばらしーことゆってそうだが、
すごく単純な話、腐人は英語が嫌いなの。

なんで論文は英語なわけ!?
どーして母国語じゃダメなのよ!

英語が母国語じゃない人は、そうするだけ時間とられるじゃん!
不公平よ!

そこが気にいらんのー!!!

ってとこから、
じゃぁ、誰でもわかる動画にすりゃいいんでは?
と思ったの。

と、本音を言うと、血族がぼそりと言った。

「英語ができないようなやつに
 研究についてあーだこーだ言われたくない」


ひ、ひどい…
どーして日本語が世界共通語じゃないのー!!!
そしたら、こんなこと言われなくてすむのにー!!

しくしくしく…

あ。
関西弁でもいいよ。←関西弁も日本語やって



ところで、この騒動から、こんな英語がうまれたらしい。

「Don't RIKEN edit」

捏造じゃないよ、という意味らしいんだけど、
理系の血族にとって、理化学研究所の存在ってのは大きいらしく、
こんな風につかわれるなんて…と
強いショックをうけていた。

確かに腐人も
『「科学者の楽園」をつくった男―大河内正敏と理化学研究所』
って本読んで、成り立ちを知ったが、
理想と理念を貫く、熱い男たちのドラマで、超おもろかったので、
その気持ちはわからんでもない。


が、結局そういうことなのよ。

どんなシステムも、どんな組織にも欠点はある。

だからこそ、時代にあわせて、変化にあわせて
正しい方向に変わり続ける努力を怠ると、
その欠点によって、崩壊するの。


なーのーで、論文形式にこだわるの、やめません?

[ 2014/04/14 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『お母さんに手紙をください』について

今日はちとバタバタしとるので、
読書録のみさくっといこう。

(269)一般本 『お母さんに手紙をください』 大手小町編集部

  このブログでも、たまにひいてる大手小町。

  ただ、あの掲示板は正しくは「発言小町」というのデスね。
  
  散々「大手小町」で書いてきちゃって、
  いまさら直すのも面倒…(ーー;)。
  
  ま、いっか。

  で、この本は、2011年だったかな、
  この本のタイトルになってるそのままのトピがあがりまして、
  非常に涙をさそうトピだと
  年間で選ばれて、本になったんです。

  過去のトピをぴょんぴょんしていてみつけ、
  本になってんなら、そっちのが読みやすいやと読んでみた。

  いいものばっかり抜粋してあるのだが、
  ホントのトピだと、
  トピ主さんとのやりとりが1つのおもしろさなので
  それが少ない構成なのが残念。


  ちなみにこちらがホントのトピ。

  http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0602/320043.htm

  
  これはなー
  腐人があーだこーだゆーもんじゃないよな。

  ただ、読んで、それぞれがいろいろ感じてください、
  って本だと思う。

  母の日にプレゼントしてもいいんじゃないかな。
  書けるなら、自分からお母さんへの手紙を同封して。
[ 2014/04/13 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

脳内たれながし・・・ごちゃごちゃ編

えっと、今日は、思いつくままに書くので、
本当にたれながしです。

話題もコロコロ変わると思う。
ご興味ないとこはすっ飛ばして下さい。

『妊娠♥同性婚マニュアル SEX PISTOLS ファンブック』の書き忘れ。

まず、忘れないうちにやっとこう。

斑類のヒエラルキーに増えてた矢印は
「力の大きさの強弱」だった。

で、昔、腐人がこれじゃわかんねー!
ったのが、強さの優劣でぇぇぇぇぇぇぇ…

ははははは、これ、お読みになられました?(^_^;)

単純な話、
ヨシュアと国政がケンカしたらどっちが勝つの?
って疑問なんですよ。

このヒエラルキーの矢印によれば、ヨシュアのが上だよな。

でも、だ。

国政や米国と、巻尾だと、
二人のが上なのに、弱いよね。

デイビットとマクシミリアンだって、
デイビットのが上だけど、
たぶんこの二人がケンカしたら
マクシミリアンのが強いと思う…。

これは、あれか?

自分のが力も体格も上になってるのに、
昔、パシリに使われまくったお姉ちゃんには、
一生反抗できない弟。

刷り込みか、刷り込みなのか…。

したら、このヒエラルキー、
やりようによっては内部崩壊できんじゃないのかなぁ。

いかん、これ以上の話は
黒くなりすぎるからやめとこう。


あと、このファンブックで、一番、
「ちょっと待ったぁぁぁ!!!」
と言いたくなったのが、犬飼太郎くん。

え?君、愛美のこと憎からずじゃないの??

…ってか、糞チビって…
外面如菩薩内心如夜叉という言葉を知ってるかい?
親子そろって、やっぱり環境が悪いのかしら。

ま、それはともかく。
誰?君の心に住まう人ってのは。
出てきたっけ???

…ああ、こーやって無限ループにはまるんだよなぁ…。


●サクサク終わらす読書録
(266,267)マンガ 『ぎんぎつね 1,2』 落合さより
  昔、立ち読み雑感で
  1話だけ読んだんだっけかな。

  で、そん時の印象が、
  あんまピンとこんかったんで
  そのまま放置してたんだが、
  ちょっと2巻まで読んでみた。

  うむぅ。
  悪くはない。
  が、なんか足らないなぁ。

  こーゆー神様系は、少女マンガのほーで
  ホラー要素ありが、
  今市子さんの『百鬼夜行抄』
  恋愛要素ありが、
  鈴木ジュリエッタさんの『神様はじめました』
  で、人気でちゃってるから、
  ついついそれと比べてしまうんだが、
  悪くないけど、もうちょっとなんか欲しい。

  しっぽのモフモフはいいんだけど。
  
  ゆーなりゃ、この話、どこいきたいの?
  って感じかなー。

(268)一般本 『あれは錯覚か!?超人気グルメのぶっちゃけ解剖学』 笠岡誠一、都筑馨介、横川潤
  視点はおもろいなと思う。

  でも、こーゆーのは知らずに食べたいなぁ。
 
  だって、カップ麺の成分なんかみちゃったら、
  もう食べられないじゃん!!

  本書の内容をざっくり言うと、
  栄養学の先生と、生理学の先生と、外食評論家が

   ラーメン二郎
   パンケーキ(エッグスンシングスとビルズ)
   俺のフレンチ
   ノンアルコールビール4種
   ハンバーガー4種
   丸の内タニタ食堂
   コンビにスイーツ4店舗
   トクホ炭酸飲料4種
   食べ放題(すたみな太郎)
   カップ麺10数種類
   回転寿司3店舗

  これらをそれぞれの専門から分析して鼎談する
  っちゅー本です。

  提灯記事じゃないから、
  誰はばかることなく思ったことを発言していて
  読んでておもろいんだが
  反面、知りたくなかった事実をつきつけられる…。

  わかってる…わかってる、けど!!
  やめられないんだって!!!
    
  ビジネス的な視点も入ってるので、
  こういうこと書かれても、
  自分は、食べたいものを食べるだけよ!
  と思える方にはおもろい本だと思います。

  でも、本当は、
  これで理想的な食生活を学び、
  食生活の崩壊を少しでも食い止めるべきなんだろなー。


  どーでもいいけど、酒が飲めない腐人には、
  ノンアルコールビールのコーナーは
  なんでそこまでして飲まなきゃならんのか、
  さっぱり理解できませんでした。


●『ハイキュー!!』アニメ

あのね、おばちゃんはね、
日曜の夕方なんて時間、
晩飯のしたくで忙しくって観てられないのよ!!

ってことで、録画してたのを今朝みました。

ま、1回目だからなー。
絵が綺麗なのは当たり前。

問題は、この後もそのクオリティを
維持しつづけられるかでしょうさ。

このブログを読んでる方はご承知でしょうが、
腐人は今、『ダイヤのA』にハマってる。

そのために、どーしてもそっちと比べちゃうんだけど、
『ダイヤ』は、
もともとマンガの絵がかなり高品質。

この場合の「品質」ってのは、
美麗とかとゆーより、
デッサン的に正しいととってください。
「美」の基準は人それぞれなんでね。

野球をする形としてとても正しいものを
きちんと描けてるから、
あのクオリティを
アニメで維持しろってほうが難しいのは
頭ではわかる。

でも、なんか観るたびに
「違う…違う…ちっがーう!」
という気がし続けちゃうの。

マンガが正しいが故に…。


しかし、『ハイキュー!!』は、
「個性が強い絵」なんだよね。

ゆっちゃえば、そもそもが微妙。
そのときの感性がすごく影響されるんで、
「正しい形」みたいのが
あるようなないような感じなの。

なので、アニメで多少歪んでも
「ちっがーう!」
という気にならない。

むしろ、ありかもなーという感じで、
それよりも、あの勢いをどれだけ表現できるか、かなぁ。


個人的に気になったのはテンポかな。

『ハイキュー!!』のマンガは、
隅から隅までよくみると、
あっちゃこっちゃに遊びがある。

あれをどこまで拾って、どれを捨てるか、
そこらで変わってくるんだろなー。

腐人としては、
『ハイキュー!!』のおもろさの1つは
皆がいりみだれて動く雑多な勢いだと思うんで
一人づつの発表会みたいなテンポになるのだけは
やめて欲しいなぁ。


ちなみに、今、一番気になってるのが、
武田先生の「RACCO●ITE」。

この●んとこにある文字が読めないの!

ラコステのもじりか?と思ったんだが、わからん…。

運動をしてる血族にきくと、
それぞれのスポーツ毎に有名なメーカーってあるから
バレーでそーゆーのあんじゃねぇの?
と言われる。

うーん…
そこまでバレーは詳しくねぇんだよなー。

あ、あと言葉のセンスがいいので、
それ生かしてね♪

10巻のタイトルみて思わず
にやりとしちゃったもん。


流れついでで、10巻の話しとくかー。

成長の巻、って感じだから
ここからどう変わってくのかねぇ。

そして、ツッキーに
「その瞬間」がくるのか。

どーせ時間と労力と金かけてやるなら、
そーゆーもんがなきゃやってらんねぇことね?

早く素直になんなさい。


えーなんか他にもいろいろ書きたいことあるんですがー
今日はこの辺で。

[ 2014/04/12 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ファンブックなるもの

『妊娠♥同性婚マニュアル SEX PISTOLS ファンブック』
読みまして、だな。

そいや、『ダイヤのA 公式ガイドブック 表』
これのコメントも先送りしとったなってことで、
昨日に引き続き、まとめてドン!といくことにする。

相変わらず無謀なことしよんなぁ…(^_^;)。


まず、書誌情報ついでにカウント。

(246)マンガ? 『ダイヤのA ダイヤのA 公式ガイドブック 表』 寺嶋裕二、週刊少年マガジン編集部
(265)マンガ? 『妊娠♥同性婚マニュアル SEX PISTOLS ファンブック』 寿 たらこ


本筋に人気がでると、こういう
ファンブックやガイドブック、キャラクターブック、
なんちゃら読本、画集など、
いわゆる編集企画本が出る。

ぶっちゃけたところを言えば、
腐人は、筋、つまりストーリー以外に興味がないんで、
実はあんましこの類を買わないんですよ。

筋がおもろいか、おもろくないか、
それだけしか興味ないからさー。

よほどその世界が好きか、
新しい話が何かしら収録されていれば、
ちょっと心が揺れる。

たぶん、こーゆー人多いんだろね。

だから、恐らく、ほぼ間違いないと思うけど、
新刊の部数より、発行部数が少ないと思うよ。

そーゆー要素があるので、
編集企画本ってのは、
通常のコミックスや小説よりえてして高い。

他にも、高い理由がちゃんとあるんだが、
それを書こうかなーと思ってたが、
ちょっと仕事で疲れてしもたんで、
知りたい方は、自力で調べてみてください。

ポイントは、

●奥付をみる

一番後ろの発行者とかがのってるとこね。
そこにどれだけの名前がのってるか。

●編集という仕事について調べる

中に文字がいっぱいありますが、
これらは、著者ご本人ではないです(ほぼ間違いなく)。
奥付に名前がある方が、マンガを隅々までひっくり返し
著者にきいたりして作ってるんですよ。

ってとこから
本はどうやってできるか、を調べてみたら
価格がこうなるの、わかりますですよ。

物価ってもんは、いくらの人がどんだけかかわったかで
決まるよーなもんだからねー。


余談ですが、
それがわかった上で『重版出来!!』読むと、
非常におもろいです。



で、今回、
『ダイヤ』が本体価格800円
『セクピス』が本体価格1200円
やったわけですが、
上記の事情をわかった上で、これが高いか安いかは、
自分が知りたい情報が載ってたかどうか、
おもろいと思ったかどうか、
で、違うんだろなと思います。


腐人自身は、どっちも
読みたい、欲しいと思ったページがあったので
高いとは思わなかった。

『ダイヤ』は安い、
『セクピス』はこんなもんじゃない?
かな。

同人のページ単価考えたら、
どっちも安いと思うけど、
これは比較対象が例外だよなぁ。


『ダイヤ』が安いと思ったのは、
かなり細かく作ってあったこと、
それと、寺嶋さんのインタビューがすごくおもろかったこと、
これがかなりプラスになった。

倉持の番外編を読めるだけでもいいやと思ってたぐらいだから。

作りの細かさは、あのキャラ名鑑は
「うひーお疲れ様ー(^_^;)」
と、言いたくなるよーなもんでねぇ。

いやーこんだけの人数のサイズやら趣味特技考えるだけで
うんざりしたろうに。

どーでもいいけど、
御幸の趣味「料理」は、どうなんだろう…。

まぁ、イマドキ、モテ男になるには、料理は必須条件だが、
なんか、美味という方向じゃなく、
栄養管理の方向にいってそうで、ちょっとヤだ。

そいや、先日、ISUのウェブサイトにある
スケーターの個人データをみてたら、
アボット君が趣味:料理ってしてたんだよね。

で、血族に

「なーなー。
 アメリカ人の趣味は料理って、どー思う?」

と訊いてみた。

すると、

「イギリス人の趣味は料理と、
 どっちか選べゆわれたら、むっちゃ微妙…(~_~)」

偏見家族で、すんませんねぇ。

でも、生まれて××年になりますが、 
美味なアメリカ料理や、旨いイギリス料理って
食ったことないんだもん。


個人的には家族構成入れて欲しかったかなー。

第一子か、末っ子か、一人っ子か、真ん中っ子か、
兄弟が同性か異性ありか、とかで
かなりみえてくるもんあるからさ。


それ考えると、『おおきく振りかぶって』
事細かに考えてるよねぇ。

確か『テニスの王子様』
すげー細かく設定してた気がする。


サイズの話でいうと、
野球ってあんまし大きくないなぁという印象。

比較対象が、バレーやバスケ、アイスホッケー
それも世界と比較しとるからあかんのかもですが、
そんでもええとこ180ぐらいが平均値でしょ?

中くらいというとこかなぁ。

俊敏な動きとか、走れないとってのがあるから
あんまし大型になれんのかもしれないな。


どーでもいいけど、
前園と哲さんが同サイズ、
それも御幸と1センチ&4キロ違いって…。

計測器を見直したほうがいいと思います。


前園で思い出したが、最近よくバッターボックスでやってる
あの顔、あれ阿修羅じゃないでしょ、仁王像の阿吽でしょ。

あーゆー遊び部分をみると、
男性作家だなぁと思いますね。


昔、ネットの海をちゃぷちゃぷしてたとき、

「少年誌や青年誌で描いてる女性作家のギャグが
 おもしろくない」

っちゅー文をみつけたことがある。
(男性発信)

腐人としては、そのとき、「え?そう?」と思ったんだけど、
それは腐人が「女」だから(そうなのよ!)。

性差といっちゃっていいのかわからんけど、
笑いについていえば、
男女で感じる差ってのが確実にあると思う。

「男の感覚」の最右翼までいっちゃったものってのは
逆に、腐人なんかにゃー理解不能になるんだよね。

そこらのバランスが、寺嶋さんは巧い。



個人的におもろかったインタビューは、
御幸のキャラクター造形のところ。

アンポンチーな腐人は

『バッテリー』『おおきく振りかぶって』など
女性作家がかく野球(云々)

のところを読んだ時、

『バッテリー』
『バツ&テリー』じゃなくて?
でもあれ、女性作家じゃないよね…(~_~)

とか思ってしまった…。

注釈がついてたので、ぺろぺろめくって、

「あ!あさのあつこさんのか!!」

と気づく。
アホか。

散々読んだのにねぇ、このトリ頭。

でも、腐人の周囲では、
どっちかというと不評だったんだよなーあれ。


え?それがどう関係するの!?
ってなところが知りたい方は、本書をどうぞ。


ゆっときますが、腐人の経験上、
こーゆーコアなファン向けの解説書みたいのは、
大体、初版売り切りが多く、
増刷がなかなかかかりません。
本屋もなかなか追加入荷しないんだよねぇ。

でもって、買う層は、コアなファンが多いので
通常コミックスよりなかなか手放さない。

そして、プロパー購入は高いと思うが
古本ならいいやと思ってる層が狙ってるので、
古本屋での入手難易度は、高レベルになります。

ま、がんばって~。


あと、うんうんうなづいちゃったのが、
絵を描く上での注意点。

重心と重力。
それ、ちゃんと伝わってるから!

なので、アニメみてると涙がでるの…(ToT)


どーでもいいですが、腐人は寺嶋さんの絵って、
唇よりも口角がおもろいなと思ってみてます。


倉持の番外編は、まぁ、うん。
こんな感じかなぁとは思ってた。

ってか、本編の、
あれは降谷のじいちゃんの話んときだったかな。

野球留学と家族のよーな方向に話がいったとき、
倉持と前園と御幸のそれぞれのカットがあったんだよね。

まぁ前園は言葉からして関西出身なのわかるし、
倉持も今回出身がわかったから、
あのコマの意味がわかるんだけど、
じゃぁ、御幸はなんなの?

そいや君、東京だったよな。
なんで通いじゃねぇの??

腐的な妄想と、順当な想像があるんだが、
さて、どっちだろう。

裏は、小湊兄の番外らしーので、
今から楽しみだわぁ♪



う、いかん…
『ダイヤ』を語りすぎてしまった…。


でも、『セクピス』はそこまでないので
ついでに片付けとこう。

今、宿題山積だから…。


あれ?斑類のピラミッドに矢印が1個増えてる。

そいや7巻でたときに、
腐人なんかゆってたよね…。
これだとなんかがわからねぇって。

なんだったっけ…(きれいさっぱり忘れてます)。

タイトルにあるように
「妊娠・出産」にポイントが置かれてて
「OH!そうなのか!」と思ったのと、
「ん?ちょっとまって?」と思ったのがポロポロ。

帝王切開のため出産制限2回まで、はわかるんだ。
ただ、アンドロジーナスも??

サラームは帝王切開だろうけど、
若葉ちゃんなんかだと、普通分娩できそうだけどなぁ。

あの年齢から作ってるなら、
骨盤も対応しとるじゃろ、きっと。

なので、セスくん、ガンガンいってくれたまへ。

腐人は、すずめくんのシンデレラストーリー
(結婚で成り上がりって意味じゃなく、
 継母と異母姉にいじめられるとこね。
 他が重種で自分だけ軽種って、個人的には萌え。
 よいではないの~(*^。^*))
が読みたいのだ。

ま、リアルな話、
帝王切開でも4回までOKみたいですけど
斑類はあかんのかしら??


キャラクターへのインタビューでは、
クマカップルに大笑い。

あんたたち、ぴったりだよ。
ミュージカルでもなんでもやっとくれ。


っちゅーかですね、テルのインタビューページ見た瞬間、
腐人は噴いてしまったよ。

な、なにこの大量のハートマーク…。


そんでもってちょっと同情しちゃったのは
男ママの二人。

……そうか、そんなサークルあるのか。

旦那、蛇の目じゃないけど、
若葉ちゃんもいれたってぇや。
吐き出したいもんがいっぱいあるみたいやねん、この子。


っつかですね、大将は
一応、開始時間を考えてくれとるようですが、
(終了時間のことは言わない)、
セスに時計はないらしい。

すると、その間、すずめクンは?
長持んとこ?
それとも護衛と遊んでるの?

ホント、育児ってこと考えてねぇ男だな。



個人的にこのインタビューよんでて、

「…腐人の思考は、
 国政+大将÷2ってとこか?」

と思った。

チャートでは一応、猫又になったけど、
面倒見よくねぇんだよねー。


それにしてもやっぱりよくわからない。

何と何が結びついて、新しい生命ができるのか。

魂元?

それに懐虫は、男性は説明つくけど、女性は??


これ、BLなんで、そっちは論じません、と言われたら
ああそうですか、なんだけど。

気になるもんは気になるんだい!!


で、こちらもおまけマンガがありまして。
主役はウメちゃんです。

なんちゅーか、もう最初から合コンの人数で
女子枠に入ってるとこが、えっとぉ…。

し、しあわせになれるといいね。
義父、難しそうだけど…。


すっごくすっごくどーでもいいですが、
しまこちゃんの人型は、いつ見られるんでしょうか!

そんときの大将のデレ顔がみたい。


個人的に裏表紙がむちゃくちゃお気に入りです♪

[ 2014/04/11 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『SEX PISTOLS』と『いのちの器』にみるヒエラルキー

は?
なんでこの2つが併記になるんじゃー!!

と、突っ込まれそうな気がひしひししてるが
ま、それは、このブログだからさー。


読者層がかけ離れてそうなので、
書誌情報記載もかねて、まずカウントしときましょう。

(262)マンガ 『SEX PISTOLS 8』 寿たらこ
(263)マンガ 『いのちの器 1』 上原きみ子



このブログを読んくださってる方は、
『SEX PISTOLS』に馴染みはあっても、
『いのちの器』には馴染みがないような気がする。

※この後、タイトルが頻出しそーな気がするので、
『SEX PISTOLS』『セクピス』
『いのちの器』『いのち』
に略させてもらいますねー。



なので、まず、『いのち』について
ざっくり説明しましょうか。

地方で実家の産婦人科を継いだ女医さんが
患者の出産や自身のエピソードで、
結婚や出産を、肯定・賞賛・奨励する話、と思われる。

なんで、「思われる」なのかとゆーと、
これ、60巻超えてでとるんですが、
腐人が読んだのは1巻だけだから。

腐人自身は、結婚・出産を全否定、完全拒否してる人なので、
『いのち』は、読む前から確実にあわないと思い、
今まで手をだしてこなかったんですよ。

ただ今回、たまたま図書館でみかけ、
タダだしなー
読まずに否定するのもポリシーに反するしなー
ってことで読んでみた。

結論としては、
やっぱり思ったとおりあわない…(-_-;)
なんですが、ま、それは後に回して、
ちょうど『セクピス』で、
ヒエラルキーがでてきたので
いっしょに語ってしまおうとゆー暴挙にでることにした。

なんで、『いのち』でヒエラルキー?
と思われるやもしれませんが、
結婚・出産なんて、
ヒエラルキーと超密接にむすびついてるでしょ?

ってことで、以下、
結婚や出産に夢をみたい人は読まないほうがいいと思います。

ゆったかんねー!



寿たらこさんが『GARDEN』でゆーてたように、
資本主義社会ってのは、ネズミ講だよねー。

っても、この「ネズミ講」という言葉、
厳密にいいだすと厄介なので、
ピラミッド型のヒエラルキー構造と金の流れ
この仕組みのことをゆーてるのだと
捉えていただければ。

個人的には国民年金こそは
国が主宰のネズミ講と思ってますけどね


で、結婚・出産ってのは、
このピラミッドを維持していく上で、
やってくんなきゃ困ること、だ。

そうじゃなくなると、今の日本のようにピラミッドが崩れ、
上は下からの献上が減って困るし、
下は下で、いつまでも踏みつけに耐えられるもんじゃないのに
更に下が増えないから、どんどん負担が増えていき、
ついにはお手上げになっていく。

そう。
このピラミッドな仕組みがうまく回って、
新たな「下」を作ってくれるからこそ、
「下みて生きれば宝船」
が成立するのだ。

まー、腐人なんか、まさにその崩壊の一因を担ってる。

義務を放棄するかわりに、権利も主張せんからさ、
勝手に生きて、勝手に死ぬからほっといてー
ってなことを皆がいいだしたらどうなる?
ピラミッドが崩壊するよね。

腐人自身は、
今の人間社会というピラミッドなんぞ
とっとと崩壊しちまえよと思ってる人間不要論者なので、
別にそんでいいんじゃね?
そのほうが地球にとっても優しいよ?
とか思うんだけど。

でも、この社会を、このピラミッド型ヒエラルキーを
保持し、継続していきたいと思っているならば、
なーも考えず、結婚し、出産し、
新たな踏みつけにされるニンゲンを
次から次へと生み出してくれる層が
ある一定数必要なんだよねー。

ま、だから。

その一定数を確保するために、
こういう『いのち』のような本も、
「必要悪」なのかなぁと思う。


あの本に対し、
「必要悪」なんちゅー言葉使うと、
動物的本能に勝るマジョリティから
ギャースカピーを反論くらうんでしょうが、
腐人に言わせたら、
「啓蒙」どころか「思考停止」を推奨し、
マインドコントロールしてるようにしかみえないんで、
そういう言葉になるだけなんだけど、
別にわかって欲しいとは思わない。


っちゅーことで、
個人的考えとしては、
結婚や出産をしたがる人を理解できないけど、
概念としては、
結婚やら出産やらが必要という理由がわからんでもない。


で、『セクピス』だ。

今回、8巻にて、
『セクピス』を形成する世界がちろっと見えた。

ものごっつい、乱暴にざっくり言えば、
このピラミッドの上のほーの人たちだって、大変なんだよ!
ってことなんだろうけども、
ま、それは日本や英国で、
一番身分の高い方々みてると十分わかる。

お金があろうとも、不自由極まりないよねぇ。

え?公務?
今日、××の早売りがでてるかもしれないから!
本屋いきたいの!!!
公務はその後にして!
なんてこと、到底許してもらえそうにない生活なんて、
腐人はごめんだわぁ。

庶民万歳ヽ(^。^)ノ


ま、それはともかくとしても、
「形而上」の話をするとちょっとややこしなるんで、おいとくが、
現在のピラミッド型ヒエラルキーがもうグラグラなのは
周知の事実。

でも、この人間の集団妄想が生み出した「社会」という名の
ピラミッド型ヒエラルキーがグラグラしてんのは、
結局、自分らがつくったもんじゃない?
っちゅー気がしてる。

そもそもがさ、
ニンゲンがニンゲンっちゅー動物であることを認め、
その本能だけで生きてたら、
たぶん、ここまで歪まなかったと思うのね。

弱肉強食、適者生存、その原理原則に従ってたなら、
自然が個数や種を調整してくれてたはずだ。

しかし、
「社会」をつくっちゃったがゆえに、
弱者や不適者をも生存させるよう、人為的に操作したがゆえに、
「愛」やら「いのち」やらを尊いとかゆっちゃったがゆえに。

結婚で、それこそ躾がなってない下位が上位に属したり
能力がないのが多数生存しちゃったり
そーゆーことが起こりだしたわけだよねー。


よい面でいえば、
その多様性こそがニンゲンのしぶとい生命力につながり
こんだけはびこりまくる繁殖力につながった。


悪い面でいえば、
俗に、Win-Winっちゅーけどさ、
その影には、絶対に不利益を蒙ったり、
これまでなかった負担を背負わされてる人が生じてる。

そういう人たちの発生と、
蓄積された歪みによって、いまや土台がグラグラだ。


どんな仕組みだって、どんなものだって、
マイナス面を持ってないものは存在せんのになぁ。

ま、そのマイナスをマイナスととらえてるかどうかは
それぞれの立場次第だろうけれど。

ってことで、今の結果は、自業自得。
ニンゲン自らが招いた結果だと腐人は思う。


で、こうなってくるとだね、
それこそ腐人は、
その先は、本人がどうしたいか、じゃないの?
と思うんだよね。

だって、全体の利害が一致するわけないんだもん。

上のほーの人は上のほーの人の論理があるだろうし、
下のほーの人は下のほーの人の論理があるでしょ。

んなもん、小田原評定になるに決まってんじゃん。

もしくは、皆を満足させようとして、
結果、全員に不満を抱かすっちゅーやつ。


だからこそ、各人がどうしたいか、
自分で決めろって思うのだ。


っちゅーと、
「ほら、そうやって、すぐ突き放す!」
とか、
「ネオリベだー」
とか言われるんだろな。
ま、いっけど。

だって、そんなこと言われてもねぇ、
あなたの人生はあなたのもんであって
腐人のもんじゃないからさー。

なんも責任とれないし。


自分がしたいこと、
自分ができること、
残された人生の時間や、
費やせる労力と金の見通し、

そういういろんな要素を並べて、自分で選ぶ。
そうじゃないの?


『いのち』にでてきた
妻を仕事にとられて、浮気したら相手が孕んだ、にしても、
10代の学生が孕んだ、にしても、
仕事が大事なときに孕んだ、にしても。

『セクピス』にでてきた
自分に課せられる重荷を、愛する人と背負おうとする、にしても、
愛してるからこそ、相手から離れようとする、にしても。

どれもこれもが「自分で選んだこと」だろ。



たださ、これら見てて、腐人がはがゆく思うのは、
そのどこにも破壊者がおらんところだ。

今の日本なんかもそうだけど、
これまで作ってきた「社会」を進行させながら
悪くなったところを直してくってのは、すっごく難しい。

いっぺんまっさらにしちゃって
ゼロから作るほうが、ずっと楽なのに…。


ヒトが要るのは、ダレですか?
ヒトが要るのは、ヒトでしょう。

世界が要るのは、ダレですか?
世界が要るのも、ヒトでしょう。

だったら世界を壊せばいい。
ついでにヒトも壊せばいい。

そんで一からつくっちゃえ!


マキヲが、こんくらいになってくれればいいのにー
それこそ尾張修治くんに期待したいねぇ、腐人は。

怖い人たちが何を守ろうとしとんだかは知りませんが、
すべての人が「価値がある」と認める「守らないとならないもの」、
なんてもんは、実は存在しない、
と腐人は思うけどねー



さて、以下、それぞれのマンガに対する個別コメント。

『いのち』

正直、でてきたエピソードのアレコレは
あまりに先のこと考えてなさすぎてて、めまいがした。

あの、ニンゲンの子供って
生んだら勝手に育ってくれるもんじゃないんですが…。
産むまでより、むしろ産んでからのが大変でしょ?

手間も暇も金も、想像してるよりかかる。

そのアウトラインだけでも設計せずに産んでどうする!

自分のエゴで子を産んだ親が不幸になるのは
自業自得でかまわんと思うが、
そのあなたのエゴによって
無理やりこの世に産み出された子供には
全く罪がないのに、まきこんで不幸にするの??

腐人は、自覚のある人非人だが、
そこまでの所業は、よーせん。

なので、産まない選択をしたんだが、
こーゆー選択してくれる人もいなくちゃ
ピラミッドは崩壊するんだけど…(~_~)

トンデモな親に育てられてる子とか、
虐待されてるニュースとかみると、釈然とせん。

安易に出産を奨励すんな!と言いたくなる。


個人的に上原さんといえば、
『ロリィの青春』以来なんですが、
あの頃は、確か目の中に豆腐が2つあった気がする。

あれがものごっつい特徴的で。

それはなくなってたが、男性の顔の区別がつきません…。




『セクピス』

1作だけ、絵が昔のがあって、あれ?と。
時系列でいえばどこになるのかは問わずにおこう。

個人的には大きくなったすずめちゃんが見られてハッピー♪
ああ、かわええ…。

にしても、セスちゃんって、すずめちゃん…
パパと呼んでおやりなさいよ~。

まぁ、セスは若葉がいればいいんだろうが。
早く二人目みせてよー
(ああ、口うるさい親戚のおばはんのよーだ)


上記の『いのち』に比べて、
こちらの出産にはゆるいコメントだしてるのは、
話の性質と読者層の違いからだからね。
いわずもがなですが、一応。

もし『いのち』が同性婚の出産話なら、
腐人だって楽しくコメントしたですよ。

でも、そうじゃないリアルに近い話だからこそ、
安易な話を広めることに疑問がある。


ただ、『セクピス』でも
斑目の家とかにあるよーな、
「負の連鎖」といっちゃっていいのか
「重荷のバケツリレー」みたいのは、どうかと思うんだけどね。

なんで断ち切ろうとする人が出てこないんだかなぁ…。


話を『セクピス』の現連載に戻そう。

プライドファーストって
一応、ヒエラルキーの頂点にいるんだよね??

その割に、不自由そう…じゃないのか、
だから、不自由そう、なのかな。

他に人魚がいて、投げだせるなら投げ出したいとこだよねー。

欧州のどこだったかの国の王子様は、
結婚したい相手が相手だったから
王位継承権を放棄したことあったよな。

イギリスと、こないだスキー事故でお亡くなりになられた方も
確かそうだったかと思うが。


なんかそう考えると、ホント、
ヒエラルキーなんか、ぶっ壊しちまえよ
っちゅー気になるなぁ。

腐人は破壊者気質なんで。


それに志信さん。

うーん…あんまし使いたくない言葉なんだが、
まさにアダチル。

なんでこうなるんだかなぁ。


どーでもいいけど、ここでもでたか、
「愛してくれて ありがとう」。

正しい語順は逆だけど、今これゆーと「エース!」だよねぇ。
でも、この言葉、宮西達也さんのほうが先だよな。


そういや口絵カラーの裏にあった
マザーグースみたいなやつ。

あれは誰の話なんだろう。


そういや今回、
意外とかわいいじゃんと思ったのがマキヲ。

でもって、
意外とええ性格しとるやんけと思ったのが犬飼父。

特に犬飼父には惚れそうだ…
あの外見とのギャップがたまらん!!

ただ、腐人の本質は猫科なんだよねぇ…。


同時発売のキャラブックは
実は配達してもらったので、今日この後読むんだーい♪

これで、疑問だった表紙の主の正体もわかるわ。



昨日はあと、
(264)一般本 『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』 荒川静香
を読み終えてるんですが、
ちょっと今日はもうこれ以上かけないので、
また今度。

脳内たれながしの続きとあわせてやるかなー。
[ 2014/04/10 ] 熱く語るぜ!読書録 | TB(-) | CM(-)

『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」-』について

ネット復調。
これか?と怪しいところを直したら、すぐ直りました。
簡単に直って、よかった。

長期戦になるなら、
それはそれで別の対策練る必要があるからさー。

それにしても、こういう事態になると、
いかに現代ビジネスが、ネットに依存してるか、よくわかる。

腐人なんぞは、
ネットがなかった頃の仕事のやり方を知ってる世代だから
なきゃないで、昔に戻って仕事すりゃぁいいのね、となるが、
それを知らない世代は、
「ネットダウン?
 データ送れない?
 どーしたらいいんですか!!!」
とまー、プチパニック起こしてました。

あるじゃんねぇ、方法いろいろ。
日ごろから、柔軟性と応用力を鍛えとかんといかんぞ。

いつまた、インフラ大崩壊な災害が
起こらないとも限らないんだから。


で、昨日やりそびれた読書録ですが。

えっと、本日、腐人は
待ちに待ってた某早売りを入手したもので、
読書にふけりたいの!

よって、サクサクまいりましょう。


(259)一般本 『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」-呉善花(韓国)が黄文雄(台湾)、石平(中国)に直撃』 呉善花、石平、黄文雄


これは、呉善花さん、石平さん、黄文雄さんが、
韓国・中国・台湾について対談された・三部作の1つ。

実は、2作目で、腐人は1作目を読んでない。

なんでって?

それは図書館に聞いておくれ。
一緒に頼んだのに、2作目が先にきたんだよ。

でも、読む上で問題は全くありませんでした。


他の2冊がわからんのですが、
これはどうも韓国がベースなのかな。

っちゅーても、対談の流れで、テーマが広がっていくんですけど
それについて、それぞれのお立場で回答してってくから
中国の話でもあり、台湾の話でもあったので
正直、よくわらかんです。


非常に読みやすく、わかりやすい。

日本滞在がかなりになられる方々とはいえ、
日本語力に脱帽。
すごいなぁ…。

腐人もこのぐらいの年月外国にいたら、
外国語でこれだけ言えるようになるんだろうか?

…試すまでもなく、無理だと思う…(;一_一)


この本を読んで、一番、目からウロコだったのが
ハングルと歴史の話。

韓国は昔、漢字の国だった。
しかし、近代になってハングル文字を使うようになった。

ってことぐらいは腐人も知っていた。

しかし、それがどういう意味を持つか、
歴史の途中で文字が変わるということはどういうことか、
全くといっていいほどわかってなかったことを
この本を読んで知る。


どういうことかというと、今の大統領の世代は、
ハングルしか知らない世代なんだそう。

そうすると、ハングル文字に訳されていれば
日本で言う、古事記や日本書紀、源氏物語などが読めるが、
訳されていなければ、昔の歴史書って読めないのだ。

言われてみれば当然なんだけど、
例えば、腐人だって、古典の原書を読めといわれたら無理。
あの文字は、昔、勉強したけど、今はもう解読できん。

でも、もしそれが、印刷された古文だったら、というレベルなら、
たぶん、読める。
英文よりは確実に読める。

しかし、ハングルと漢字という違いは、
この、日本語の古語と現代語ではなく、
日本語と英語のような違いになる。

とすれば、腐人でいえば、
英語で書かれた古事記を読めってことになるので、
逆立ちしたって無理!の領域になる。


それで、ふと思い出したが、昔、電車に乗ってたら、
九州から青春18切符で日本縦断しとんねん、
っちゅー、韓国の兵役を終えた兄ちゃんたちと
一緒になったことがある。

4人がけの席のうちの3人に囲まれてしまい、
やりたくないのに国際交流を強いられ
拙い英語でなんとか会話していたのだが、
腐人の英語力では、早々に行き詰まってしまった。

「そうよ!
 アジア圏なら筆談があるわ!!」
と思って、漢字を並べて書いてみせたところ
「わからん」
と言われたのよねぇ…(-_-;)

中国、台湾だとこれでかなり通じるのになぁ。


ま、そういうことを考えると、本書で、

歴史認識、歴史認識と言ってるが、
ハングルしか読めないのに、
どこまで自国の歴史を正しく知ってるのか、疑問がある、

ってなことが書いてあったんだが、
確かにな、と思う。


それこそ、
「お前は伊藤悠さんの『シュトヘル』
 これまでどない読んどったんじゃ!!」
とお叱りの言葉をいただきそうだが、
そういうことなんだよねぇ。

なので、あの大統領があっちゃこっちゃで言ってる言葉は、
韓国の学校の先生が言ってる言葉そのままなんだそうで。

ふぅぅぅん。


そういや、本書で、それぞれで反日とやってるが、
その本質は全然違うんだって解説があり、
これまたなるほどー。

と思うと同時に、
腐人は自分とあわない人とのつきあいは、
ドシャットする人なので、
なんで日本は、
こんな国々とつきあおうとしてるのかが解せなくなってきた(~_~)。


前も書いたが、これ近所づきあいに例えてみたら、
話が通じない、迷惑な人AとBとCでしょ?

切り捨ててかまわないのは絶縁。
切り捨てるには
ちょっと問題がある(ビジネス上でとか)のは疎遠。
お互い様ぐらいなら顔見知りづきあいで留めとく。

それがセオリーじゃない?

付かず離れず、利用できるところは利用して、
でも自分の権利と立場は、
侵略されないよう、しっかり守る。

相手が話の通じないモンスターだなと思ったら、
まともにとりあっちゃダメだよねぇ。

引っ越せれば一番いいんだろうけども。



大体さ、この本書のタイトルで言われてる「恩」。

今、各国のインフラが整っているのは
日本の支援による。
っちゅーても、これが戦争の賠償なんだよね。

…じゃ、終わってるじゃん、民事部分…。
今、またなんかやってるけどさ。


ま、それはともかく、
その支援によって、各国は今の状態になってったと。

しかし、そんなことはすっかりさっぱり忘れてんのか、
忘れたふりをされてるのかになっている、
っちゅー話なの。

で、後のほうに、歴史の話があって、
韓国については上記に書いたとおりなんだけど、
中国については、それこそ4000年の歴史において、
「革命(命を革める)」をするたびに、
前王朝の全否定からやる、を繰り替えしてきたため、
歴史ってのは、
「そうあってほしい」もの
「そうあってはならない」もの
で創りあげられてきたもんだっちゅーのね。

…なんか…
彼らに対し、一所懸命に反論するのがバカらしくなる
と思うのは腐人だけだろうか。


他にもいろいろ、「は?」と思うようなことや
何がしたいんだかよくわからん…(~_~;)
と思ってた彼らの行為の意味は、こういうことだよと解説があり、
「そうだったのか!」と
目からウロコが落ちまくり。

それにしても読めば読むほど、
もし腐人が、
「日本」から「どうしたらいいと思う?」と訊かれたとすると

「引っ越せるなら引っ越せば?」

と言いたくなるね。

国土ごと、別の海域にいけませんかね?

正直、この3国の指導者クラスには、
李登輝さん以外にまともな人はおらんのか?
と思う本だった。


[ 2014/04/09 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」-』のつもりが

『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」-呉善花(韓国)が黄文雄(台湾)、石平(中国)に直撃』
っちゅー本を読んだんで、
脳内たれながしをいったんとめて、
この話をしよーと思っていたのだ。

が!

朝からネットが絶不調…。

な、なんで!?

ルーターのOFFONをすると、一時的には繋がるのだが
しばらくすると、ブチン。

しょーがねぇので、
またOFFONすると繋がるのだが、
しばらくするとブチン。

…おめーは、女心か、秋の空か!!!


修理を頼んだが、早くても明日の午前中っちゅーので、
ただいま、繋がってるこの隙間を縫って、
仕事をするのが精一杯。
この文、送るのが精一杯。

ってことで、今日はカウントで終わり。

●7日
(259)一般本 『日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」-呉善花(韓国)が黄文雄(台湾)、石平(中国)に直撃』 呉善花、石平、黄文雄
(260)BL/キャラ 『七歳年下の先輩』 榊花月

[ 2014/04/08 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

世界選手権 アイスダンスみたぞー

昨日は、今日の明け方まで仕事してたんで
読書録はなし。

今日は、休養日ってことで、
世界選手権のアイスダンスのフリーダンスみてんですが、
すんごい接戦だったんですねぇ。

ロシアのイリニフ・カツァラポフ組の
ショートダンスがもったいないっちゅーか、
あんなミスするんだ…って感じだった。

その反動か、フリーはすごかった!
いい出来~。

アイスダンスをみてると、スケーティングのうまさが
すげーわかるんだよね。

なんで、重心移動だけで
このスピードと滑らかさがでるのか。
シングルで、たまにカッカッと氷を蹴ってることあるが
あれがない。
それが不思議で不思議で。

そのくせして、こんだけ大きく回れるって、
どういう遠心力の使い方してんのかなぁ。

今回、感嘆しちゃったのが、
フランスのフェビアン・ブレザくんと、
カナダのアンドリュー・ポジェくん。

フリーレッグ(氷に足をつけてないブラブラしてるほう)の
使い方が、すっげーきれいで、
思わずそっちばっかみちゃった。

個人的な印象だけど、
カツァラポフくんは
ブレザくんの技術の後継にならんかなぁ。

今回のフリーはテーマがテーマだったせいかもしれんが
あのパートナーへの位置とか足使いが
近いなと思ったんだけど。


そーいや
ペシャラ・ブレザ組の衣装の色使いが綺麗だなーと
ぼへーっとみてたんですよ。

で、曲がシルク・ドゥ・ソレイユだから
サーカス(とゆーなよ…)をイメージしてんのかしら?
と思って、曲名をよくよくみると、
「星の王子さまと彼のバラ」とある。

前も書いたが
腐人は『星の王子様』が好きじゃない。
しかし、血族は大好きなので、
横で新聞読みながらドーナツを食ってた血族に

「ねーねー
 「星の王子さまと彼のバラ」なんちゅー曲があんの?」

と聞く。

すると、顔をあげて、
二人の演技が流れるテレビをみた血族が

「曲があるかどーかはしらんが、
 この衣装は、王子様じゃん。
 スカーフといい、パンタロンといい、この色といい」

へ?そーだっけぇ???

っちゅーと、アホと罵られたが、
好きやないねんもん!王子様!!


腐人は基本的にスケートの知識がなく、
この観戦コメントはすべて直感で書いてるんだけど、
アイスダンスをみてると、北米と欧州とでは、
なんか傾向が違う気がする。


北米は、男女同権で、シンクロ重視な気がする。
なので、ツイズルのそろい方が半端ない。

ウィーバー・ポジェ組のツイズルをみてると、
明らかにポジェくんがウィーバーちゃんの回転速度に
あわせてセーブしてまわってるのがよくわかる。

ただ、リフトポジションが
わりとオーソドックスなんだよねぇ。



一方の欧州は、男性は女性のサポート的な位置
いわゆる姫に従う騎士、という図が
ベースになってる感がある。

だからツイズルの揃い方よりも、
リフトで、ステップで、いかに女性を引き立てるか
そーゆー見せ方になってる気がするんだよなー。

そのせいか、リフトポジションに
ほへーとさせられるのは
大体欧州のカップルに多い。

ペシャラ・ブレザ組なんて、どこに重心おいてんだ?
っちゅーか、どういう組み方してる???
ってなパズルのよーなリフトをしてくれる。

これ、もう観られなくなっちゃうのかなぁ…
やだなぁ…。


デイビス・ホワイト組が出てないのが残念だが、
今回でてた上位組は、皆、ソチよりよかった気がする。

アイスダンス、もっと観たいなぁ。
[ 2014/04/06 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

脳内たれながし・・・トレーニングの話

朝から仕事にかかるつもりだったのに、
昨夜、巣に戻ると血族に言われる。

「明日午後、よろしくー」

へ??何が??ときくと、
姫様がおなりだとゆー
(っても、ほぼ毎日きとるんだが)。

でまー。
先触れのとおり、昼過ぎにお越しになられ、
さきほど、湯浴みをお済ませになられ、
よーやくお帰りになられましたゆえ、
腐人は、これから仕事でござる…(-_-;)

よって、本日も時間を区切って、
ブログは30分のみとしよう。
書き終わったら、遊ばないよう、ネット遮断せんとな。


では、スタート。


えっと、昨日どこまで書いたっけ??

そうそう、身長と筋肉について、バレーの話だ。

今年の春高バレーにでていた秋田の雄物川高校に
1年生ながら201センチの身長をもつ子がいた。

名前は、鈴木君っちゅーたかな?

解説の川合俊一さんがゆーてはったんですが、
彼は、将来の日本を背負ってたつ人材だと
中学の頃から言われてたらしいんですわ。

そこで周囲の大人が目先の勝敗に惑わされることなく
将来を見越した指導をしてくれたんでしょうね、
この時期は背を伸ばすことが重要だといって、
余計な筋肉をつけないようにしてたそうなのだ。

だから、試合をみたが、確かに厚みがない。

でも、厚みはこの先、トレーニング次第でつけることができるが
タテの成長は、伸ばせる時期が限られてるから、
高さがいるスポーツの場合、この方針を守ることはすごく重要で、
周りの大人がよく我慢したなぁと思った。

まぁ、まだ彼がどうなるかはわかんないけど。
怪我だけはしないでね。


そういう視点で見た場合、
腐人は『ベイビーステップ』
荒谷のトレーニングはどうなんだろう…と思っちゃったのね。

って、急にマンガの話もってくんなよ!
それも、競技がテニスに変わっとるし!!

…これ、脳内たれながしなんで、
その辺は、なんとなくわかって!!!
(今、そこらを筋道たてて書ける余裕がございません)



腐人がリアルでテニスをみてたのは、
ステファン・エドバーグが活躍していた時代なので
サーブ&ボレーが最強といわれていた。

その後、たぶんビッグサーバー時代になったんだと思うが
(その頃はほぼ見てない)
サーブ&ボレーの頃は、そこまで選手が大型じゃなかったんだよなぁ。

そりゃ180後半ぐらいは欲しかっただろうが、
70台とかもいた気がするんだよなー。

リーチの長さはあったほうがいいけど、
それよりいかに俊敏に動けるか、
そっちが重要視されてた気がする。

でも、軽く200キロを超えるサーブがガンガン打たれる
ビッグサーバー時代になると、
やっぱ打点が高いほうが有利ってことで
選手がどんどん大型化してったように思う。


ところで。
テニスとゆースポーツは、むちゃくちゃ走る力がいる。

5セットマッチをフルセットで、
かつ最後のゲームはタイブレークなしなんかだと
軽く7時間とかいくので、マラソンの比じゃない。

それもダッシュ・ストップ・ダッシュ・ストップの繰り返しだから
走るという部分については、バスケと似てるかもしれないなぁ。

そーゆー意味で言えば、
たぶん長距離走とサッカーが近くて、
バレーは、ハイジャンとかかしら??


いかん、話が迷走しはじめた。

まとめるとだ。

フィギュアやバレエは、
そこそこの身長があったほうがいいけど、
跳躍や回転のために筋肉をつける必要があるから、
身長を伸ばすことより、
やわらかくしなやかで強靭な筋肉をつける
トレーニングが優先されると思うのね。

っちゅーても、見た目の美しさがいるので、
不細工な筋肉をつけてはいけないが。


で、バレーの場合は、
なんといっても高さがいるから
身長が伸びてる間は、パワーが欲しくても、
むきむきになるような筋トレをせんほうが
ええんではなかろうかと思うのだ。

ただ、腱を痛めることは怖いので、
それをカバーする筋肉はいるのかなと。

特にあんだけガンガン着地してると、
絶対にひざに悪いだろうから、
そこが特に、要注意だよねぇ。


難しいのが、
高さと筋力が同時に欲しいバスケとテニス。

試合そのものが走れなきゃ成り立たないから、
バレーのように身長を伸ばすことを優先とばかりも
言ってられない気がするんだよね。

なので、身長の成長を妨げない程度に
筋肉(走力)をつけてかなきゃならん。

それを考えると、
荒谷くんとこや鹿梅工業のトレーニング方法は
腐人には疑問に思えちゃうんだよねぇ。


ってか、まぁ、これは
『ベイビーステップ』の作中で、
神田が途中で気づいてたけど、

「どこを見据えて、何を目的とするか」

そこなんだと思う。


さーてと、タイムアップ。

今日はこの辺で。
[ 2014/04/05 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

脳内たれながし・・・サイズの話

『ハイキュー!!』10巻は、
とても楽しかったの。

ほんでもって、今、脳内の扉を開けたら、
過去のテニスの引き出しや、野球の引き出し、
フィギュアの引き出しに、バレーの引き出し、
あとなんでかサッカーの引き出しも開いてて、
もうぐちゃぐちゃもええとこでねぇ。

まるで泥棒が入った後のよう…。


そうなってる理由の1つは、
1個1個、本を読むたびに吐き出して整理をしとらんからで、
でも、それをやっとる余裕がない…。

っちゅーことで、これから20分だけ、
とりあえず思いつくまま書き垂らすことにする。

ちなみに昨日の読書録カウントは、

(257)マンガ 『ハイキュー!! 10』 古舘春一


こないだ、フィギュアのISUの選手データをみてたら、
フィギュアの選手って小さいと思ったんだよね。

テレビに映ってる図ではスケート靴の加算もあるんだろうし、
スタイルいい人が多いから、背が高くみえるけど、
実際は、思ってるのよりマイナス10センチぐらいかもしれない。

180ぐらいあるのかと思ってた
パトリック・チャンくんが、実は171だし
(ちなみに、171は羽生君と一緒)、
更に高いと思ってた、ジェレミー・アボットくんも180ない。

190ぐらいにみえたトマシュ・ベルネルくんが、
180の大台に乗ってるぐらいだ。

感覚だが、男子でも平均身長が168ぐらいかもしれない。


体操選手も小さい人が多いけど、
そうなるのは、たぶん筋肉をつけないとできない競技だから
じゃないのかなぁ。

あ、ちなみにこれからダラダラやる話は
すべて男子の話。
腐人は、女子スポーツはフィギュアぐらいしかみないし、
マンガも女子スポーツは読まないんで。


で、話を筋肉と身長に戻しますが、
俗に言われることだが、
成長期において、先に筋肉をつけてしまうと身長が伸びなくなる。

でも、体操やスケートは筋肉がないと
競技そのものができないから
どうしても選手のサイズが小さくなる…んではなかろうかと
腐人はみている。

また、タテに大きくなりすぎると、
たぶん回転が難しくなると思うんだよね。

そーゆー意味で、ふとバレエダンサーってどうなんだろうと思った。

こないだバレエ・リュスの話をかいたとき、
むらむらとルドルフ・ヌレエフ画像がみたくなって
さんざんネットを探したんですよ。

そのほとんどが著作権の壁にはばまれて見られなかったんだけど、
唯一、マーゴ・フォンテインとの「ロミオとジュリエット」が
超粗い画像でみれまして。

書かれてなきゃヌレエフともマーゴとも見えないぐらい
ひどい映像でしたが、動きは見えたし、
この二人でロミ・ジュリやると、貫禄あるなぁ
って感じだったんですけど、
一番思ったのは、ヌレエフ、小さい、だった。
(ヌレエフは173センチ)

まぁ、バレリーナがトウでたったら、
いくらあの当時のバレリーナが今より小粒でも、
20センチとかプラスになるからしょうがないんだけど、
今、バレリーナも大型化してきてるから、
男性舞踏家、特にダンスノーブル踊る人は
バランスの問題で、身長が必須になってくるんだろうなぁ。


そうなると、
身長がそこそこ伸びきるまで、どういうトレーニングをするかが
ものすごく重要になってくる気がするんだよね。

ってことで、バレエじゃなくてバレーの話にいきたいんだけど、
タイムアップ。

今日はここまで。


[ 2014/04/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ここは日本よね・・・(~_~)

桜と仕事のせーで、
腐人のストレスゲージは日々上昇しまくりだ。

ああ、桜という桜が一本残らず枯れて根こそぎ倒れるよーな
そんな病気が蔓延すればいいのに…。

ダメよ!腐人ちゃん!
ストレスがたまってるからって、そんな黒い発想をしちゃ!
桜に罪はないわ!

いつの世も、どこの場所でも悪いのは、ニンゲン。
花見に浮かれ、酔っ払い、
道路を占拠して、ゴミを垂れ流すのは、ニンゲンよ!!


ならば。
ニンゲンが一匹残らず駆除されてしまうよーな
そんな病気が蔓延すればいいのに…

…余計、黒いがな。


正直な話、
外国の方なども、OH!とかいいながら見に来てんですよ。
日本の方も、地方から来られてるんだろなってのが
ありありな方もいてはるんですよ。

その旅先での記憶をよいものにしてあげたいとは思うものの、
道をふさいで、いつまでもいつまでもいつまでも写真をとってたり
のたくたのたくた横に広がりまくって歩かれると、
ブチ切れそうにもなるってもんで。

頼むから、
分速1ミリで歩く観光客の道はこっち、
仕事や居住者のための道はこっちと、別に分けてくれんかのぅ。

それだけでもかなり心情が違うんだけどなぁ…。



と、そんなささくれだった精神を落ち着かせるためにも
腐人は、今日、
『ハイキュー!!』の10巻が欲しかった。

なので、雨の中、早売り本屋にかけこんだ。

そして、無事ゲットした後、寒かったので、
いきつけのラーメン屋に行った。

ここは麺食いの腐人にはありがたい、
「替え玉いくつでも無料」
というサービスがある。

しかし、以前、日本人がシェフをやってたときは、
「チャーシュー抜きで」
というと
「じゃぁ、代わりに味付け卵いれときますね」
というサービスがあったのだが、
ちょいと前にシェフが外国なまりのある人に代わり、
以来、このサービスがなくなった。

でもって、味も落ちた気がする。

そろそろ別のいきつけを探したほうがええかいのぅと
思っていたが、探すのが面倒で先送りしていた。


しかし、今日、遭遇したとある風景により、
腐人の心は決まった…。


何があったかっちゅーとですね、
花粉シーズンだから、ところかまわず
ヘッグションとくしゃみがでちゃうのは、わかる。
我慢できないよね。

それはマスクをしてるから、気にはなるけど、よしとしよう。

しかし、だ。
それだけじゃなかったの…。


調理が終わって手があいたんだろう、
シェフはおもむろにマスクをずりさげた。

そして、床に向かって、カーッペッ!!と痰を吐いた…。


そらね、調理場の床は、
水を流して床排水できるようなもんだとはわかってる。

わかってはいるんだけど……
目の前で、カーッペッ!!と床に痰を吐かれるのは
腐人的には許しがたいもんがある…。

せめて、客席から見えない聞こえない
バックヤードにひっこんでからやってほしいと思うのは
望みすぎだろうか。

昔、神戸から鑑真号で中国にいった友人が、
雑魚寝の部屋なのに、C国の方々が、
ところかまわずカーッペッ!!をやりまくり、
かつ、揺れる船内だというのに、
食べ終えて汁の残ったカップラーメンを
そのまま放置するもんだから、
こぼれた汁や、誰かが吐いた痰がでれーっと流れてきて、
寝るに寝られなかった…
といっていたのを思い出した。


大盛りも替え玉も、どれだけやっても無料っちゅー
麺食いにはいい店だったんだけどなー。
はぁ…。


どーでもいいけど、『ハイキュー!!』10巻を読んで、
これまで溜めてるテニスと野球の話も含め、
超超超超超超スポーツマンガの話がしたくてたまらない。

しかし、来週の頭に重要会議がはいってしまい、
しばらく超超超マジメに仕事をしないとまずい事態になってきた…。

よって、しばらくブログは雑になり、
解禁したら、語り爆発垂れ流しをしたいと思います。

一応、大人なんで、遊びより仕事を優先せんとね…。
[ 2014/04/03 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

読書録の続き+α

昨日ちょこっと書いた
『「仕事が終わらない」を抜け出す200のアイデア
 パンク寸前の自分を守る超仕事削減術』


ぱらぱらぱらぱらーっとナナメ読んだんですが、
はっきりいえば、
「生真面目な人向け」な本だと思う。

腐人のよーにもともとサボりまくりで、
いかに手を抜くかしか考えてないよーな人の場合、
仕事を削れといわれても、そもそも仕事してないんだよ。

う…と思ったのは、昨日も書いた、
ネットやSNSで時間の無駄をするな!
ってとこぐらいで。

サボりをやめて、仕事にだけ集中して、
ちゃっちゃかやりさえすれば
腐人の場合、全然パンク寸前じゃないんだよねー。

自分じゃなきゃダメなとこ以外は、
人におしつけまくってるし。

その上で、サボりまくって、仕事以外のことに熱中して、
ケツに火がつくまでだーらだらしかしねぇから、
締め切り迫ると、パンクしそうになるだけ。

そう、いつになったら
8/31に
「宿題できてないのー」
と泣く小学生のレベルを卒業できるんだ
って話なのよね、腐人の場合。

ただ、この小学生時代から計算すると××年、
一夜漬けで、とりあえず帳尻があいさえすりゃいいのよ!
っちゅー生き方をしてきて、
それでなんとかなってきちゃってるから、
その尻あわせ技術ばかりがプロ化してきちゃってねぇ。

なので、読むべき本は、これではなく、
「追い込まれないとやらないを改善するには!」
っちゅーテーマの本を読むべきなんだろな。


ま、そゆことで、

 他人にNOといえず、押し付けられる人
 切り捨てることができず、いつもあわあわしてる人
 優先順位のつけかたがわからない人

そーゆー人が読んだらいい本じゃないかな。


では、昨日、先送りしたやつを片付けるか。
でもなーこれなー長くなりそうだなぁ…どうしよう(~_~;)。

簡単なもんからいこう。

●1日
(250-254)マンガ 『シドニアの騎士 2-6』 弐瓶勉
  白旗あげていいですか…(-_-;)

  腐人は、ノーセンスオブワンダーな人なので、
  ぶっちゃけSFに向いてない。

  でも、そんでも、大友克洋さんや星野之宣さんなどは
  もうちょっとわかった気がする。

  このどうにもわからない感じは、
  『ファイブスター物語』と近しいが
  そんでも、まだ『FSS』のほーが
  最低限の人間関係とかが、理解できた。


  なんつったらいいのかなぁ…。

  まず、世界観がわからん。
  そして、なにしてんだかわからんし、
  こいつらがこの世界で、なにがしたいんだかもわからん。
  さらにキャラの見分けがつかん。

  もっといえば、「嫌ーっ!!」と叫びながら
  全然嫌そうにみえない表情をしてるから、
  どっちがホンマやねん!と突っ込みたくなる。

  
  事細かに世界設定してんのが必ずしもいいとは思わないけど、
  『進撃の巨人』にしろ、これにしろ、
  この世界の第一次産業はどないなっとんのかとか、
  こんな重力だと筋力弱まりまくりだろうに
  どないしとるのかとか、
  糞尿の処理は?とか、
  インフラはどない供給されとるのかとか、
  とてもこだわってる部分と、ぼかされてる部分のバランスが
  なんかあってない気がするんだよね。

  だからいちいち疑問符が浮かんで、引っかかる。
  

  人が生きるって、
  実はすんごく醜く汚いもんだと思うんだよね。

  野グソが自然で、本来あるべき姿なのに、
  いつしかウォッシュレットになっている。

  そこには、野グソがぼっとん便所になり、
  水洗トイレに変わり、ウォッシュレットに至る
  便利という名の進化の裏づけがあるわけだが、
  このマンガは、最初っからウォッシュレットになってる感じがあって
  その嘘くさい匂いがすごく気になるの。

  例えば、戦いにいくときのスーツ(なんつーんだっけ?生体ナントカ)
  あれ、チッチの処理はこと細かくされてるが、
  じゃぁ、カッカは?
  出撃したときカッカしたくなったらスーツの中に垂れ流し?

  それともケツの穴にもバキュームコードがつっこまれて
  全部吸い出してくれるわけ??

  2週間、宇宙を放浪したら、どんだけ便秘でも
  カッカの1回や2回はしとろうに。
  
  
  なんというか、夢物語のSFだとね、
  腐人もこーゆーとこ気にならないんだがなぁ。
  
  と、いろいろ書いたが、とても簡単な話、

  すみません、選本ミスりました。
  腐人には、合いません、この漫画。

  っちゅーだけである。

(255)BL/ルチル 『ひまわり荘の貧乏神』 安曇ひかる
  腐人は安曇さんのこの感覚
  すきなんだがなー。

  今度はなにやらかしてくれんねやろと思うので。
  
  それにしてもニブチンなもんで、
  なんで貧乏神なんやろ…と
  英会話の話がでてくるまでわからんかった。

  なるほど!

  浅田次郎さんの『オーマイガッ』
  そんなネタあったなぁ。

  どーでもいいけど、白ブは、
  ホンモノさんに大人気だと聞いたことがある。

  そして『帰ってきた海馬が耳から駆けてゆく 3』
  に続いて、ここでもでてきた鼻フック。

  腐人、清純派だから、よくわかんな~い(^_^メ)♪


続いて、テニスと野球マンガの話をしたいとこだが……
今日はちょっとやめときます。
時間に追われてるもんで。

いつかけるんだかなぁ…。
[ 2014/04/02 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

片付けましょう!読書録

今、パラパラと斜め読みをしている
『「仕事が終わらない」を抜け出す200のアイデア』
っちゅー本に、
「やらないことリストをつくれ」
ってのがあり、
その一例として、
「仕事中に、ネットやSNSをして時間を無駄にしない」
ってのがあった…。

そうね、そうよね、
わかっちゃいるけど…やめられんのよぉぅ!(>_<)!


特に今、頭がフィギュア状態だから、
相場の今日の終値を見にいったはずなのに、
「フィギュア」とか「スケート」っちゅー文字みたら
ついクリックして記事を読んでいる…
ああああああああ…


そして、頭は使わないけど、
手を使うような仕事をしているときは、
つい大手小町をポチクリ、ポチクリ…。

いかん、いかん、いっかーん!!!

でも、おもろいねんもん…。


例えば、今日みつけたのでは、

「低所得のおばさんが上品だと滑稽ですか?」
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0329/650722.htm?g=01

図書館で本を借りたり、弁当を持参したりと
節約した生活をしているが、
同僚に「上品だよねー」と笑われる、なぜ?

っちゅートピやったんですが、
その中のレスで、

「図書館の本読んでる方とは話したくないです。
 貧乏くさいと言うか、インテリぶってると言うか。
 本ぐらい自分で買いましょうよ。
 高価でないでしょ。」

ってのがあったんすよ…。

思わず、「は?」。

幼児期より図書館をこよなく愛し、
使い倒しまくってる腐人としては、
他人から、貧乏くさいと思われようが
インテリぶってると思われようが、
それは別にかまわない。

他人は他人、自分は自分だからねー。

じゃなくて、
「本を読んでる=インテリぶってる」
「本=高価でない」
と言い切ってしまうとこが、すごいなぁと。


本にはいろんな種類があるんですけど…
エロ本読んでてもインテリですか?

高価でないって、希覯本のお値段ご存じない?
14億の本とかあるんですけど、これがお安いと?
すごいなぁ。
もしかして、あなたはビル・ゲイツさんですか?


腐人もかなりめに己の無知をさらけだして生きてますが、
この方と腐人の違いは、自覚の有無。

自覚なく、自分の無知さを自慢できるって
すごすぎて、足元にも近寄りたくないわぁ


ま、このレスへは、その後、反論がでてきてたりしてんですが、
トピックそのものについては、
言ったほうも言われたほうも、奥底にある妬みと僻みだわな。

また、いつか書こうと思ってるのだが、
最近、妬みや僻みが生じるのは、
自分の中にモノサシがないからではなかろうか
っちゅー気がしている。

まわりがどう言おうが
「それがどーした。
 私はこれが幸せなんだ」
と思えりゃ、違う気がするんだけどねぇ。

意外でもないかもだが、
おたくは、ちゃんとモノサシもってる人
多いんだよね。

むしろ周囲の価値観に流されて生きてきた人は
自分のうちにモノサシをもたず、
相対評価が気になってしゃーない気がする。

ああああああ…
いかん、いかんと言いながら
こやってダラダラ書くから
「時間の無駄」を生み出してるのよね…(-_-;)


今日は溜めに溜めてる読書録をサクサクすませる「だけ」
のつもりだったのに…。

初心にたちかえり、今からそうします。
脱線せんよう気をつけつつ…。



(231)BL/キャラ 『FLESH&BLOOD 20』 松岡なつき
  紅茶のシーンが読みたくなって読み返し。

  ありゃ?
  これじゃなかったっけ?

  …ま、いっかー。

  ふむふむ、で、こーなってああなると。
  22巻はいつ出るんだろなー。  

(232)BL/キャラ 『恋を綴るひと』 杉原理生
  この霞を食って生きてるよーな雰囲気ってのは、
  杉原さん独特だよなぁ。

  個人的に、Pearlをテーマにした合同誌の話が好きなんですが
  あれは書き足されて、商業にならんのですかね?

(233)BL/リンクス 『オオカミの言い分』 かわい有美子
  な、なんて隙だらけな天然赤ずきん…。
  
  こんな子、一人でおつかいにやっちゃいけませーん!!

  ところで、腐人は、
  佐々木には三和先生がいいかと思うんですが
  あきまへんかのぅ…。

  ちなみにどっちがどっちかは…どうだろう。

  個人的には両方ありだと思うけど、
  リバは若いお嬢様にウケが悪いみたいなんだよねぇ。
   
(234)マンガ 『重版出来! 3』 松田奈緒子
  やっぱおもろいわーこれ。

  今回、3つ柱があったと思うんだよね。

  (1)無理だと思った4コマが売れた。

  (2)発想はいいが絵も技術も×な作家と
  絵も技術も持ってるが話に魅力がない作家と。

  (3)作家をつかい潰す編集と、
  育てようとする編集と。


  (1)の4コマに関していえば、雑誌のテイストがどうあれ、
  これは別モンで考えなきゃいかんでしょ、小熊ちゃん。
  マンガ読んでないなぁ。

  ギャグや4コマは、
  そのものがおもろいかどうかだけでしょ、判断基準は。
  
  もし腐人が小熊ちゃんの立場なら、
  パラパラっとみたときに、一度もクスリとならなかったら
  これは預かるかなぁ。

  で、他の人の意見をきいてみる。
  腐人にはギャグや4コマを見極めるセンスがないんでね。

  でも、一度でもクスリとなったら
  それは押さえたいかも。
  4コマのセンスがない腐人ですら笑えたとなれば
  そこには何かがあると思うんで。


  (2)の作家さんだけど、腐人のマンガ読み歴からすると、
  話はかけるが、絵が下手な人と
  絵は巧いけど、話が描けない人の場合、
  どっちが売れるやったら、前者だよねぇ。

  これは小学館の本だけど、
  これみたとき、「×山×さんのこと?」とか思っちゃった。

  あれはどうなるんかねぇ…。
  腐人はオチがちゃんとついたら読もうとおもっとるのだが、
  そんな日はくるんだろうか…。

  ま、それはともかく。

  創作物全般にいえると思うんだが、
  作品をみて、皆がBとつけるものは
  つまるところ、ダメなんだよね。

  それは、
  「悪くはない、でもよくもない、以上」
  ってことなのだ。

  むしろ、AとDの両極に評価わかれるものほどいい。
  このDは、単なる「D」じゃなく、
  無視してはいけない「D」だ。

  腐人もよくあるけど、作品を読んで、
  すごく反発を感じることがある。
  
  でもそれは何も感じなかったことよりも、いいの。

  創作物にとっては、0が最も悪い。
  +1でも-1でもいいから、何かを感じさせないと。
  何も感じさせられない創作物は「無」に等しい。

  絵が巧いだけの人は、とっとと割り切って、
  原作もらったほうがいいと思うけどねー。

  実際、それで売れてる人いるじゃん。
  どなたとは言いませんが。


  で、ラストの(3)。
  これはなんとも難しい命題だよね。

  個人的にはどっちの思考もありだと思うが
  間違えてはいかんのは、
  相手も「人」だということだよね。

  「機械」じゃなくて「人」だからこそ、
  時間にも能力にも労力にも限界がある。
  そして、感情も知恵も行動力もある。

  となれば、ただ自分の都合だけ押し付けてると
  いつか反動がくるわなぁ。
  
  でも、「あなたのため」「あなたのため」っても
  その根拠が提示できないなら、
  その人の人生食いつぶしてるのと同意語だ。
  
  なので、腐人としては
  編集ってのは、立ち位置がどっちでも、
  常に主観的視点と客観的視点を同じぐらいもってさえいりゃ、
  そんでいいんでね?
  と思う。

  でもって、編集として、人として悩む場合は、
  売れるもんをつくらにゃいかん一企業人としての意見と、
  主観バリバリの一個人としての意見を伝えた上で
  作家本人にどーするか選ばせればいいじゃん。

  作家だって、考える力をもってる人間なんだし、
  なにより自分の人生に責任とれるのは自分だけでしょ?

  編集ができるのはあくまでも助言。
  人生をどう生きるか決めるのは作家本人だ。

  だからこそ、片方だけしか、
  自分に都合のいいことだけしか伝えない編集、
  それが一番あかんのちゃうん?

  腐人はそう思うけどね。
  
(235)マンガ 『ダイヤのA 40』 寺嶋裕二
  レンタル解禁まで辛抱たまらず購入…。
  あああああああああ…。

  でもいいの。
  後悔はないから。
  ほんでもって、これで満足して
  1~39を買わないようにだけ理性が働いてくれさせすれば!!

  …怪しいなぁ。

  で、40巻の感想は。

  「見せてやりたいって…
   御幸…あんたはお父んか!」


  片岡監督と同じ感慨やで、それ。

  ちりばめられた小ネタを拾いたいねんけど、
  いかん…時間がのぅなってきた。


(236-245)マンガ 『ベイビーステップ 20-29』 勝木光
  これ後日!


●31日
(246)マンガ? 『ダイヤのA ダイヤのA 公式ガイドブック 表』 寺嶋裕二、週刊少年マガジン編集部
  これも後日!
  でも、1個だけ。

  真田んとこの、趣味・特技:ウイイレって何??
  ウクレレのミスじゃねえの??

  ※追記
  これ調べたら、
  ウイイレって、「ウイニングイレブン」っちゅー
  サッカーゲームの略なんですね。

  そんなのあるんだー。  
  腐人はサッカーもゲームも縁遠い人なので
  全く知りませんでした。

  全部削除しよーかなーとも思ったんですが、
  ま、己のアホさをさらすブログなんで、このままで。

  個人的にはウクレレ弾いてくれてるほうが
  楽しいんだけどな。

  しかし、これがミスじゃないとすると、
  このガイドブック、少年少女には高く思えるかもしれないが、
  むしろ安いです。

  この細かさで、よくぞこの値段!と思う。
  
  部数刷ってるからこそできる業だろうけど、
  えー…この本の「作り」にまで及ぶ話は、
  また後日やりましょう。

  今やりたいけど、
  やりだしたら軽く1時間ぐらい使っちゃいそうなんで。
  
(247)一般本 『帰ってきた海馬が耳から駆けてゆく 3』 菅野彰
  すんません、超簡潔。

  エンバーミングしはりました?
  せやないなら、別れがたい気持ちはわからんではないですが、
  感染症に注意せんといかんですよ。  


  ※あまりに簡潔すぎたとちょっと反省。
   
  とはいえ、大往生だったと思うんですよ。
  お祖母様。

  近しい人が亡くなる悲しみというのは、
  その亡くなり方がどうあれ、ついてくるもんだけど、
  90超えて、闘病で苦しむことなく、
  介護だって、親族が押し付けあったり、放置されることもなく
  ケアされたわけでしょ?
  そして、最期は、孫子ひ孫にまで見守れられつつの旅立ち。

  人は永遠に生きるわけではないのだから、
  今の世の中では、かなり恵まれた亡くなられ方だと思うけどなぁ。

  と思ってしまったもので、乱暴な言い分となってしまいました。
  すみません。
  悲しみが早く癒えますように。

(248)マンガ 『女王の花 9』 和泉かねよし
  あ、絵が戻った。

  ノリがよろしくていいが、
  うーん…権力が強大な絶対王政じゃないなら、
  無能が王をやっとれんと思うんだがな。

  すぐ排除されると思う。

(249)マンガ 『シドニアの騎士 1』 弐瓶勉
  …なんじゃこりゃ…(~_~)

  わかんないです…。
  とりあえずもうちょい借りてるから読むけど
  あまりにも説明がなさすぎで、
  世界と話が理解できん。 

[ 2014/04/01 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。