或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年04月 ]
03 | 2014/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脳内たれながし・・・サイズの話

『ハイキュー!!』10巻は、
とても楽しかったの。

ほんでもって、今、脳内の扉を開けたら、
過去のテニスの引き出しや、野球の引き出し、
フィギュアの引き出しに、バレーの引き出し、
あとなんでかサッカーの引き出しも開いてて、
もうぐちゃぐちゃもええとこでねぇ。

まるで泥棒が入った後のよう…。


そうなってる理由の1つは、
1個1個、本を読むたびに吐き出して整理をしとらんからで、
でも、それをやっとる余裕がない…。

っちゅーことで、これから20分だけ、
とりあえず思いつくまま書き垂らすことにする。

ちなみに昨日の読書録カウントは、

(257)マンガ 『ハイキュー!! 10』 古舘春一


こないだ、フィギュアのISUの選手データをみてたら、
フィギュアの選手って小さいと思ったんだよね。

テレビに映ってる図ではスケート靴の加算もあるんだろうし、
スタイルいい人が多いから、背が高くみえるけど、
実際は、思ってるのよりマイナス10センチぐらいかもしれない。

180ぐらいあるのかと思ってた
パトリック・チャンくんが、実は171だし
(ちなみに、171は羽生君と一緒)、
更に高いと思ってた、ジェレミー・アボットくんも180ない。

190ぐらいにみえたトマシュ・ベルネルくんが、
180の大台に乗ってるぐらいだ。

感覚だが、男子でも平均身長が168ぐらいかもしれない。


体操選手も小さい人が多いけど、
そうなるのは、たぶん筋肉をつけないとできない競技だから
じゃないのかなぁ。

あ、ちなみにこれからダラダラやる話は
すべて男子の話。
腐人は、女子スポーツはフィギュアぐらいしかみないし、
マンガも女子スポーツは読まないんで。


で、話を筋肉と身長に戻しますが、
俗に言われることだが、
成長期において、先に筋肉をつけてしまうと身長が伸びなくなる。

でも、体操やスケートは筋肉がないと
競技そのものができないから
どうしても選手のサイズが小さくなる…んではなかろうかと
腐人はみている。

また、タテに大きくなりすぎると、
たぶん回転が難しくなると思うんだよね。

そーゆー意味で、ふとバレエダンサーってどうなんだろうと思った。

こないだバレエ・リュスの話をかいたとき、
むらむらとルドルフ・ヌレエフ画像がみたくなって
さんざんネットを探したんですよ。

そのほとんどが著作権の壁にはばまれて見られなかったんだけど、
唯一、マーゴ・フォンテインとの「ロミオとジュリエット」が
超粗い画像でみれまして。

書かれてなきゃヌレエフともマーゴとも見えないぐらい
ひどい映像でしたが、動きは見えたし、
この二人でロミ・ジュリやると、貫禄あるなぁ
って感じだったんですけど、
一番思ったのは、ヌレエフ、小さい、だった。
(ヌレエフは173センチ)

まぁ、バレリーナがトウでたったら、
いくらあの当時のバレリーナが今より小粒でも、
20センチとかプラスになるからしょうがないんだけど、
今、バレリーナも大型化してきてるから、
男性舞踏家、特にダンスノーブル踊る人は
バランスの問題で、身長が必須になってくるんだろうなぁ。


そうなると、
身長がそこそこ伸びきるまで、どういうトレーニングをするかが
ものすごく重要になってくる気がするんだよね。

ってことで、バレエじゃなくてバレーの話にいきたいんだけど、
タイムアップ。

今日はここまで。


スポンサーサイト
[ 2014/04/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。