或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年04月 ]
03 | 2014/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脳内たれながし・・・トレーニングの話

朝から仕事にかかるつもりだったのに、
昨夜、巣に戻ると血族に言われる。

「明日午後、よろしくー」

へ??何が??ときくと、
姫様がおなりだとゆー
(っても、ほぼ毎日きとるんだが)。

でまー。
先触れのとおり、昼過ぎにお越しになられ、
さきほど、湯浴みをお済ませになられ、
よーやくお帰りになられましたゆえ、
腐人は、これから仕事でござる…(-_-;)

よって、本日も時間を区切って、
ブログは30分のみとしよう。
書き終わったら、遊ばないよう、ネット遮断せんとな。


では、スタート。


えっと、昨日どこまで書いたっけ??

そうそう、身長と筋肉について、バレーの話だ。

今年の春高バレーにでていた秋田の雄物川高校に
1年生ながら201センチの身長をもつ子がいた。

名前は、鈴木君っちゅーたかな?

解説の川合俊一さんがゆーてはったんですが、
彼は、将来の日本を背負ってたつ人材だと
中学の頃から言われてたらしいんですわ。

そこで周囲の大人が目先の勝敗に惑わされることなく
将来を見越した指導をしてくれたんでしょうね、
この時期は背を伸ばすことが重要だといって、
余計な筋肉をつけないようにしてたそうなのだ。

だから、試合をみたが、確かに厚みがない。

でも、厚みはこの先、トレーニング次第でつけることができるが
タテの成長は、伸ばせる時期が限られてるから、
高さがいるスポーツの場合、この方針を守ることはすごく重要で、
周りの大人がよく我慢したなぁと思った。

まぁ、まだ彼がどうなるかはわかんないけど。
怪我だけはしないでね。


そういう視点で見た場合、
腐人は『ベイビーステップ』
荒谷のトレーニングはどうなんだろう…と思っちゃったのね。

って、急にマンガの話もってくんなよ!
それも、競技がテニスに変わっとるし!!

…これ、脳内たれながしなんで、
その辺は、なんとなくわかって!!!
(今、そこらを筋道たてて書ける余裕がございません)



腐人がリアルでテニスをみてたのは、
ステファン・エドバーグが活躍していた時代なので
サーブ&ボレーが最強といわれていた。

その後、たぶんビッグサーバー時代になったんだと思うが
(その頃はほぼ見てない)
サーブ&ボレーの頃は、そこまで選手が大型じゃなかったんだよなぁ。

そりゃ180後半ぐらいは欲しかっただろうが、
70台とかもいた気がするんだよなー。

リーチの長さはあったほうがいいけど、
それよりいかに俊敏に動けるか、
そっちが重要視されてた気がする。

でも、軽く200キロを超えるサーブがガンガン打たれる
ビッグサーバー時代になると、
やっぱ打点が高いほうが有利ってことで
選手がどんどん大型化してったように思う。


ところで。
テニスとゆースポーツは、むちゃくちゃ走る力がいる。

5セットマッチをフルセットで、
かつ最後のゲームはタイブレークなしなんかだと
軽く7時間とかいくので、マラソンの比じゃない。

それもダッシュ・ストップ・ダッシュ・ストップの繰り返しだから
走るという部分については、バスケと似てるかもしれないなぁ。

そーゆー意味で言えば、
たぶん長距離走とサッカーが近くて、
バレーは、ハイジャンとかかしら??


いかん、話が迷走しはじめた。

まとめるとだ。

フィギュアやバレエは、
そこそこの身長があったほうがいいけど、
跳躍や回転のために筋肉をつける必要があるから、
身長を伸ばすことより、
やわらかくしなやかで強靭な筋肉をつける
トレーニングが優先されると思うのね。

っちゅーても、見た目の美しさがいるので、
不細工な筋肉をつけてはいけないが。


で、バレーの場合は、
なんといっても高さがいるから
身長が伸びてる間は、パワーが欲しくても、
むきむきになるような筋トレをせんほうが
ええんではなかろうかと思うのだ。

ただ、腱を痛めることは怖いので、
それをカバーする筋肉はいるのかなと。

特にあんだけガンガン着地してると、
絶対にひざに悪いだろうから、
そこが特に、要注意だよねぇ。


難しいのが、
高さと筋力が同時に欲しいバスケとテニス。

試合そのものが走れなきゃ成り立たないから、
バレーのように身長を伸ばすことを優先とばかりも
言ってられない気がするんだよね。

なので、身長の成長を妨げない程度に
筋肉(走力)をつけてかなきゃならん。

それを考えると、
荒谷くんとこや鹿梅工業のトレーニング方法は
腐人には疑問に思えちゃうんだよねぇ。


ってか、まぁ、これは
『ベイビーステップ』の作中で、
神田が途中で気づいてたけど、

「どこを見据えて、何を目的とするか」

そこなんだと思う。


さーてと、タイムアップ。

今日はこの辺で。
スポンサーサイト
[ 2014/04/05 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。