或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年04月 ]
03 | 2014/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界選手権 アイスダンスみたぞー

昨日は、今日の明け方まで仕事してたんで
読書録はなし。

今日は、休養日ってことで、
世界選手権のアイスダンスのフリーダンスみてんですが、
すんごい接戦だったんですねぇ。

ロシアのイリニフ・カツァラポフ組の
ショートダンスがもったいないっちゅーか、
あんなミスするんだ…って感じだった。

その反動か、フリーはすごかった!
いい出来~。

アイスダンスをみてると、スケーティングのうまさが
すげーわかるんだよね。

なんで、重心移動だけで
このスピードと滑らかさがでるのか。
シングルで、たまにカッカッと氷を蹴ってることあるが
あれがない。
それが不思議で不思議で。

そのくせして、こんだけ大きく回れるって、
どういう遠心力の使い方してんのかなぁ。

今回、感嘆しちゃったのが、
フランスのフェビアン・ブレザくんと、
カナダのアンドリュー・ポジェくん。

フリーレッグ(氷に足をつけてないブラブラしてるほう)の
使い方が、すっげーきれいで、
思わずそっちばっかみちゃった。

個人的な印象だけど、
カツァラポフくんは
ブレザくんの技術の後継にならんかなぁ。

今回のフリーはテーマがテーマだったせいかもしれんが
あのパートナーへの位置とか足使いが
近いなと思ったんだけど。


そーいや
ペシャラ・ブレザ組の衣装の色使いが綺麗だなーと
ぼへーっとみてたんですよ。

で、曲がシルク・ドゥ・ソレイユだから
サーカス(とゆーなよ…)をイメージしてんのかしら?
と思って、曲名をよくよくみると、
「星の王子さまと彼のバラ」とある。

前も書いたが
腐人は『星の王子様』が好きじゃない。
しかし、血族は大好きなので、
横で新聞読みながらドーナツを食ってた血族に

「ねーねー
 「星の王子さまと彼のバラ」なんちゅー曲があんの?」

と聞く。

すると、顔をあげて、
二人の演技が流れるテレビをみた血族が

「曲があるかどーかはしらんが、
 この衣装は、王子様じゃん。
 スカーフといい、パンタロンといい、この色といい」

へ?そーだっけぇ???

っちゅーと、アホと罵られたが、
好きやないねんもん!王子様!!


腐人は基本的にスケートの知識がなく、
この観戦コメントはすべて直感で書いてるんだけど、
アイスダンスをみてると、北米と欧州とでは、
なんか傾向が違う気がする。


北米は、男女同権で、シンクロ重視な気がする。
なので、ツイズルのそろい方が半端ない。

ウィーバー・ポジェ組のツイズルをみてると、
明らかにポジェくんがウィーバーちゃんの回転速度に
あわせてセーブしてまわってるのがよくわかる。

ただ、リフトポジションが
わりとオーソドックスなんだよねぇ。



一方の欧州は、男性は女性のサポート的な位置
いわゆる姫に従う騎士、という図が
ベースになってる感がある。

だからツイズルの揃い方よりも、
リフトで、ステップで、いかに女性を引き立てるか
そーゆー見せ方になってる気がするんだよなー。

そのせいか、リフトポジションに
ほへーとさせられるのは
大体欧州のカップルに多い。

ペシャラ・ブレザ組なんて、どこに重心おいてんだ?
っちゅーか、どういう組み方してる???
ってなパズルのよーなリフトをしてくれる。

これ、もう観られなくなっちゃうのかなぁ…
やだなぁ…。


デイビス・ホワイト組が出てないのが残念だが、
今回でてた上位組は、皆、ソチよりよかった気がする。

アイスダンス、もっと観たいなぁ。
スポンサーサイト
[ 2014/04/06 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。