或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年07月 ]
06 | 2014/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

また偉大なる叡智が喪われてしまった・・・

ちょっと今、いろいろたてこんでまして、
いつものようにだらだらブログはかけないんですが、
でも、これだけは記録しておきたい。


ネットニュースをみていたら、
現代の経営者の中で、腐人がもっとも尊敬している方、
未来工業株式会社の山田昭男さんがお亡くなりになられた、
という記事があった。

ご高齢であられたので、致し方ないことではあるけれど、
本当に残念でならない。

腐人はそのご著書を通じてしか、
その理念に触れられていないけれど、
世の中の経営者がすべて山田さんのようなお考えをお持ちになれれば
どんなにか違うだろうと、ご著書を読むたびに思っていた。

そして、その薫陶を受けられた方々が
うらやましくてたまらなかった。

あの山田さんの足跡すべてが、
人のもつ叡智だと腐人は思う。

それが永遠に喪われてしまったことは、
本当に残念でならないが、
山田さんはたくさんの著書を遺してくださった。

自分が迷うとき、行き詰ってしまったとき、
このご著書を読み返し、
未来イズムを自分に問いかけていきたいと思う。


山田昭男様、
すばらしい教えをありがとうございました。
深く感謝いたします。

どうぞ安らかにおやすみください。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
[ 2014/07/31 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

「自終死」ってどうでしょう?-『人が死ぬということ…必ず起こる!弔いの「想定外」悲喜劇』

前から言ってるが、
腐人は自殺・安楽死センターを作って欲しいと思っている。

ってのも、腐人には理想の死に方がありまして。
それは、こんな感じ。

自分で自分の最後の日を決め。

その日に向けて、賃貸借物を全部整理し。
クレカや、会員になってるものの解約など、始末をきれいにする。

そして、資産・負債を全部きれいにして、現金化する。
ここの段階で、ダーリンともバイバイだわ。
でも、あまりにボロっちくて、引き取り代請求されそうだけど・・・。

所有物についても、
副葬品として一緒に燃やしてもらいたいもの以外は
ホント、最小限の身の回りのものにする。

そうね、そのときにいくらあるかにもよるけど、
住んでるところを処分した後、死ぬまでの間は、
自分が行きたかったホテル泊まり歩きってのもいいわねぇ。

そしたらアメニティとかはいらんし~。

金がなければウィークリーか、ビジホになるが、
うーん、最後にそんくらいの贅沢はしたいなぁ。

人がさ、
モノとか、金とかに執着するのって、
結局、いつ死ぬかが、わかんないからだと思うんだよ。

それを逆手にとれば、
死ぬ日を決めちゃえば、その執着から解き放たれるでしょ?

まさに「あの世まではもってけない」んだから。

そしたら、その日までにいるものって
逆算できるじゃん。

腐人だって、そうなれば、心置きなく本を手放せる。

今、本が手放せないのは、
「また読みたくなったときに、読めなかったらどうしよう」
という不安からだ。

でも、その「また読みたくなったとき」が来ないとわかってれば
あっさり手放せます。はい。

とはいえ、どうしても最期まで一緒にいたい子もいる。

それは一緒にお棺にいれてもらう予定だが、
ホントはそういう副葬品にもせず、
読んでくれる人のところにいくほうが
本も幸せだと思うんだけど・・・・。

ごめん!
君たちだけはどうにも手放せないの!!
一緒に灰になってあっちまで連れて行きたいのよー!!

これだけは譲れないので、
葬式の事前手配をするにあたっては、
その子らと己の死体が入るサイズの棺おけにすること、
これがポイントだ。

でも、この葬儀の他の部分が問題でねぇ・・・。

心情としては、
棺おけに入って、じゃぁねーと言って死ぬ
でいいんだけど、まずどうやって?
そして、どこで?

どうやっては、あんまし変なことすると事件だと言われちゃうし。
見つけてもらえなければ迷惑かかるし。

個人的には、『星守る犬』のお父さんでいいんだけど、
あれも最終的には迷惑かけてたしねぇ・・・。

そーゆーのの解消のために、
自殺・安楽死センターを作ってくれればと思っているんだけど、
ダメですかね?

まぁ、この名称だとマイナスが強すぎるか。

腐人は別に自殺と言われようが、自死と言われようが
どうでもいいんだが、
世間一般的には、よろしくないイメージがしみついているからなぁ。

それに安楽死ってのは、それに対峙するものとして、
「病苦」やら、「末期の苦しみ」とかがあって成り立つ言葉だし。

ただ、安らかに楽に死にたいってのを、
認めてくれないんだよね、この国。

なので、いろいろ考えてみたんですが、
じゃぁ、「自終死」ってどうですか?

自ら終わる死。

そうやって、葬儀や墓の手配や火葬場の予約、
そんなのまで全部自分で決めた上で、
「じゃーねー。ばいばーい」と、
棺おけに入って死ねたらさ、すごくよくない??

費用も手間も誰にも迷惑をかけずに死ねるし。
お金も、本人の思うように配分できるし。

本人の死後、金でもめることだってなくなるよ?

相続のごたごた裁判がなくなったら
司法関係者だって仕事が減って楽にならん?

いいことづくめだと思うんだけどなぁ・・・(~_~)?


ああ、1つだけ悪いってか、よくないことがあるか。
書きませんけど。
※わかる方はわかってください


はっきりいって、姫や王子が成人する頃は、
もう死にたいのに、生きていたくないのに、
生きることを強いられる老人が
あふれかえる状態になると思うのね。

でもってその多くが、社会の負債として、負担として、
重くのしかかってくる。

病院も足らなければ、施設も足らない。
金がない老人が生活保護になだれ込めば、
社会のお金も足らなくなる。

もっと悲惨なのは、特養だろう。
今でさえ、足らないと言われてるのに、
右も左も老人だらけになったらどうなることやら。

そこに入れないとなれば、家族か社会に負荷がかかる。

老人の介護という非生産的な行為に、
労働人口が使われれば、社会は破綻する。

でも、入れる施設がなければそうならざるをえないし、
看る人がいなければ、
他害行動をとる老人が街中にあふれかえる可能性だってある。

だからこそ、
「自終死」が選べるようになればいいのに・・・
と腐人は思っている。

んだけど、この話をすると、
「まー、そんなことゆってるやつほど、
 ぽっくり突然死するんだよ」
と言われる・・・(-_-;)

それ、すげー困るんで、極力避けたいんだがなぁ・・・。


とまー、腐人はこんなことを常々思っておりまして。

なので、終活がらみの本とかはよく読むんだが、
なかなか腐人が言ってるレベルまで
踏みこんでるものはみかけない。

なんでだ!?
いい考えだと思うのにー・・・。


ま、そんな絡みの一環で、読んでみたのが、こちら。

(654)一般本 『人が死ぬということ…必ず起こる!弔いの「想定外」悲喜劇』 中山寒稀

サブタイトルが、「死者よ、遺りし者を煩わすなかれ」。

弔いに関するあれこれが書いてありますが、
腐人にとっては残念なことに、良識の範囲内なんだな。

ちぇー・・・つまらん・・・(~_~)

ただ、参考になりそうなことがいくつかあったので、
自分用アーカイブとしてかいておく。

●死亡診断書はコピーをとれ
死後の手続きをするにあたって、
コピーでもいいもんがあるんだそうで。

●白衣の葬儀屋は遺体運搬者と思え
これは、病院でなくなったときの話。

病院出入りの葬儀屋が
霊安室に白衣をきてやってこられますが、
だからといって、そこに決めなきゃならないもんじゃないよと。

●心付けは不要
ここらへんって、わからんですよね・・・。
なので、言われたらそういうもんかと払ってしまいがち。

そういや腐人は、どんな旅館に泊まっても、
これを払ったことがないんだが、
そこはどうなんだろう・・・。

でも、心付けとかチップって、基本的には
されたサービスへの感謝の気持ちを表す
ってことだから、ありき、はなんか違和感があるんだが
それは腐人だけでしょうか?

●訃報は管理しろ
これは葬儀の規模に関係してくる話。

家族葬にしたいなら、
自宅に遺体を運び込んだり、
不用意に訃報をもらしてはいけません。

全部終わってから知らせましょう。

●早朝・夕方は、火葬が狙い目
火葬の時間から逆算して、
告別式や通夜が決まるそうで、
やはりいい時間帯は早く埋まる。

なので、早く火葬したければ、時間にこだわるなってこと。

●供花は入り口に、供花ご芳名の札を
 五十音順or順不同でならべる

席順ならぬ、供花順でもめごとがおきやすいんだそうで。

その並べたとこの写真を忘れずに。

●一日葬という手
へーそんなのあるんだー。

たぶん腐人が葬式あげるころは、
順番待ちもえらいことになってると思うんだよなー。

腐人は一日葬どころか、直葬でええねんけどね・・・。

●エンディングノート
エンディングノートってのは、
死にかけてるときに、死ぬまでにやって欲しいこと、
伝えて起きたいことをかくもの。

一方の遺言書は、葬儀が終わった後、開かれるもの。

なので、葬儀にああしてほしい、こうしてほしいという要望は
エンディングノートにかかなければならないし、
終末期医療をどうするかもエンディングにかくべきこと。

これを間違えると、希望通りにならないことになる。

で、以下、必須記入事項。

(1)お金に関すること
  預貯金
  保険関係
  負債
  ローン
  年金
  財産
  ※ただし法定拘束力はない。そーゆーのをやりたいなら、遺言書に書く。

(2)医療に関すること
  かかりつけ医
  持病
  飲んでる薬
  アレルギー
  終末期医療 延命措置の要不要
  緩和ケアをどうするか
  病名・余命の告知希望
 
(3)介護に関すること

(4)認知症になったら

(5)いざというとき連絡して欲しい人

(6)お葬式に関すること
   頼みたい葬儀業者や生前予約してるところの情報
   お葬式の希望形態
   費用

(7)お墓に関すること

(8)必要な手続き
   クレジットカードの解約
   会員権の解約

(9)遺言書の有無、遺品の希望

書き足したいこと、削除したいことなどが
随時でてくるため、
ノートよりはルーズリーフバインダーがオススメ。


あーあと笑っちゃったのが、
葬儀にいちいち口出ししてくる人について。
そーゆー人がいたら、もうその人にまかせてしまいましょう。
そしたら一番文句がでませんってあって、笑っちゃった。

確かにね。


そういえば、遺言書を書こう書こうと思いつつ
放置しとるわー。

今年の誕生日にでも書きたいが、
あの頃、スケート観戦で忙しいんだよなぁ・・・・・・。


本書に話を戻しますが、非常にコンパクトにまとまっていて、
腐人なんぞは、上記に書いたような理想の死に方をしたいので、
書き出したもの以外、あまり参考になりませんでしたが、
ごくごく一般的に死を迎えたいと思ってるかたには
そうなのか!ってのがあるんじゃないかと思います。


ホント、真面目に、腐人は「自終死」システムを作って欲しいです!!

ま、できなきゃ、『星守る犬』のお父さんになるしかないが、
その場合、行旅死亡人としてみつけられた
地方自治体に迷惑かけちゃうじゃん。

それ、やなのよ。

そうすると、そこの自治体宛に、
配達日指定の現金書留で、
火葬費と一緒に、ここに死体あるからよろしくねって
手紙を送っておけばいいのかなぁ?

現金書留だと受け取ってくれない?

いや、ふるさと納税とか、
現金書留受付あるから大丈夫だと思うが、
定額小為替なら、
なんだろう??で開けてもらえるかなぁ?

本当に、この制度ができないままだと、
腐人は現金書留攻撃をやりかねんぞ。
まじで。

立法に関係してらっしゃる方、よろしくねー!
[ 2014/07/29 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

それが、本音でしょ

暑い・・・。
それが、最近、週末にブログをサボリがちの理由・・・。

でも、この暑さのおかげで、今年は果物が美味で美味で。

腐人は3食果物でもいい(健康に悪いからヤメロ!)
聖獣がうらやましい人ですが、
やはり年によっての当たり外れはあるもので。

今年はそういう意味では大当たりの年ですね~。
今晩も、ぷりっぷりのお尻のよーな桃(言葉の順序が違うとヤバいな・・・)に
かぶりつきたいと思います!


さて、本日の話。

土曜だったかな?
産経新聞のコラムで、出生前診断の話が書いてあった。

いつまで読めるかわかりませんが、URLを貼り付けておこう。
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140726/scn14072609220001-n1.htm

ま、ざくっといってしまえば、
細菌における「進化実験」のことを紹介し、
「「適者生存」の考えが完全に正しいとすれば、
 能力の高い大腸菌だけが生き残り、
 能力の低いグループは淘汰されていくはず」
だが、結果は、
「能力は低いのに、
 他者のおこぼれにあずかって生き残るグループが現れた」
とのことで、
「能力が高い個体ばかりの「エリート集団」よりも、
 能力が異なる個体が混在する「共生集団」の方が存続する力が強い」。

とゆーのを前置きに、出生前診断に話がうつり、
「113人は詳しい検査で胎児の染色体異常が確定し、
 その97%にあたる110人が人工妊娠中絶をした」
という。

で、その後に
「当事者の重い決断に対して第三者が口を挟むべきではない。」
と言いながらも、
「人類が生き残るために備えているはずの「共生」システムが、
 新しい技術によって損なわれるのだとしたら、
 どこかで歯止めをかけなければならない。」
とおっしゃる。


これなぁ・・・これのどこが
「第三者が口を挟むべきではない」
なんだ??
思いっきり口挟んでんじゃん。

本当に口を挟むつもりがないなら、
何も言わないこそが「金」だぜよ?


なによりね、「適者生存」ってさ、
それを「能力が高い者ばかりが生き残る」としてるとこが
まず間違ってるでしょう。

「適者生存」=「一様化」ではない。
これわかってらっしゃる?

大腸菌でさえ、それぞれの得意分野があるわけでしょ?

テストの点数はとれるが、対人能力ゼロ連中ばっか集めて
まともな社会ができるとでも?

それこそね、大変なハンディキャップがあっても、
それをものともしないフォロー集団が周囲にあり、
総合的にみて、プラスとなる一群になるなら、それは「適者」なの。

逆に、どんだけテストで点数がとれても、
対人関係に問題を起こすばかりで、自律も自制もできず、
社会に問題をもたらすものは「不適者」だ。

なので「適者生存」が「多様化」、「共生」となることに、
何も不思議はない。


ただ、障害児をもった家族にかかる負荷は、
こんなキレイゴトで片付けられるもんじゃない。

そりゃ、「多様化」や「共生」が必要なら、なさればいいわ、
でもうちはパス、
というのが、親になる人の本音でしょう。

それが今回の一連の経緯で、
数字として明らかにされただけで。

「何をいまさら・・・」と思うのは腐人だけですかねぇ?


腐人は、前からゆってるが、
「できるけど、やらない」のと
「したいけど、(規制などによって)させてもらえない」って
最終表現は、両方同じ「実現しない」なんだけど
その中身は、天と地ほどの開きがある、と思ってる。

だから、この件については、
「できるけど、やらない」
という状況になってくれているのだから、
あとは、直接関係してくる当事者が決めるべきことで、
意見を求められているのでないならば、
周囲があーだこーだいう資格も権利もないと思う。

そんでも何か言いたくて、
「どこかで歯止めをかけなければ」
とおっしゃるならば、
障害児を養子にしてご自分がお育てになればいいのでは?
嫁に、妻に、おしつけるのではなく。

でも、できればその前に、発言小町にある、
きょうだい児の叫び、親の本音を読んでほしいけどね。


産経新聞だけをあげつらってしまいましたが、
たぶん、似たような話は、いろんなマスコミがやってんでしょう。

この国のマスコミはいつになったら
本当のことを報道するのかな?
[ 2014/07/28 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『なぜ2人のトップは自死を選んだのか』について

まず、カウント。

(640)一般本 『なぜ2人のトップは自死を選んだのか JR北海道、腐食の系譜』 吉野次郎

腐人の鬼門である労働系がらみだというのは
漠然と知っていたので、
読むかどうしようか悩んだんだが、読んでみた。

幽霊の 正体みたり 枯れ尾花
っちゅーように、
中身わからないからこそ勝手に妄想して勝手に怯えるんであって
内容がはっきりわかれば、すっきりすることもあるからね。


腐人に鉄分要素は皆無なのだが、
知りたがりなので、鉄道の本を読むことはある。

それによって、国鉄から民営化され、分社化されたJR6社のうち
本州の3社は、問題なく経営できているが、
3島単独で採算をとるよう強いられた、
北海道、四国、九州は、どうにも黒字転換ができない、
ということは知っていた。
(この3つの会社をまとめて、「JR3島会社」っちゅーそうです)


ざっくり説明すると、
鉄道ってのは、
維持管理費にかなりのコストがかかるので
定期的な大量輸送の需要がある大都市圏を抱えてないと
そもそも採算がとれない交通手段なんだそうで。

だから、分社化の段階で、
稼ぐネタをもってる本州3社
(※東海は大都市はないが、ドル箱の東海道新幹線を握ってる)は
ともかく、
人口が集中する大都市がない(もしくは少ない)3島会社は
どうあがいても赤字にしかならないのが
みえてたらしいのね。

なので、解体されたときに、
国は、「経営安定化基金」ってのをこの3島会社にわりあて
そこの運用益で、赤字を補填しなはれ、っちゅーたそうなのだ。


ちなみに、この鉄道の高維持費問題を受け、
近年、諸外国で隆盛してきている都市は、
鉄道を敷くのではなく、BRTという
バス・ラピッド・トランジットシステムを採用している。

これは、日本語では、「バス高速輸送システム」といい、
イメージとしては、路面電車の巨大バス版、みたいな感じだろうか。

このシステムをスムーズに運用するため、
海外では、専用道の設置や、
停車駅位置を盛り上げ、
バスの床を、駅を同じ高さのフラットフロアにし、
入口を大きくとって、一度に大量の乗降を可能にした
BRT用のバス開発がかなり進んでおり、
この分野においては、
日本のバス開発はかなり遅れをとっている
という記事を読んだ覚えもある。


ま、そんなふうに、最初っからダメっ子決定でスタートした3島会社だが
どうしてJR北海道だけが、こんな問題児になってしまったのか。

それがこの本に書いてある。

まぁ、一番の癌は、労働問題なんだろうけど、
ここについては触れません。
腐人の鬼門なんで。

でも、一言だけ言うなら、
もったいない命の使い方してんなぁ・・・かな。

死者に鞭打つ気はないが、
腐人だったらこうするのにーってのはある。

これ以上はやめときますが。


ここではないところの話をすると、
まー・・・はっきりいって、
JR北海道ってかわいそうだわ、うん。


まず、路線の話。

北海道の鉄道は、
そもそもできた農作物や石炭などの輸送のために作られた。

なので、どこに路線をつくるかという点においても、
産業を重視して配線されたため、
首都圏の人口密集地における、
通勤通学の人の輸送とは全然違ってて、
ベッドタウンと商業地を結ぶとかではなく、
産地と出荷港を結ぶという線になっている。

つまり貨物主体なのだ。

そうすると、列車の重量が全然違うのね。

人をぎゅうぎゅうに押し込んでも、数トン。
でも、タマネギをぎゅうぎゅうに押し込むと、数十トン。

それだけレールに負荷がかかる。


さらにいえば、北海道はJR6社の中でもっとも電化割合が低い。
JR6社のなかで最も売上げがない四国にも負けている。

そうすると、ディーゼル機関車を主力にせざるを得ないんだが
これがまた重い。


そんでもって、せっかく電化路線にしたところも、
他のJR5社では直流が主体なんだけど、
北海道は、交流電化路線が多く、
これもまた、車体重量が重い。

と、レールを傷める要素がこれでもかと集まっているうえ、
寒冷地ならではの凍土問題がある。

だからまぁ、そもそも保線が大変なエリアではあるんだよね。
土地は広大だし。


もし自分が、こんな条件を抱えた
JR北海道の経営者だとしたらどうするかなぁ。

(1)貨物の輸送の単価をあげる
貨物輸送が多いなら、
そこから値上げを飲んでもらおうってことで
まぁ、妥当じゃない?


(2)全路線の収益を算出し、選択と集中で、
  黒字になるところだけを残して、
  残りを廃線もしくはBRTに変える。


(3)それによって余った土地を販売する
うーん・・・これは、利益でないか?
首都圏だと、この転売だけで
うっほっほなんだがね。

(4)長期スパンで考えて、
  交流車両のデメリットや採算性の悪化が考えられるなら、
  直流車両に徐々にでも切り替えていく

まぁこれはかなり中長期の設備投資だけど、
長い目でみる必要もあるからね。

そういう意味では、北海道は過疎地が多いだろうから
人口分布をみて、その増減予測も組み込みたいな。


ってあたりが、まぁオーソドックスにでてくる案だろう。

が。
JR北海道はこれができないのだ。
そこもまた、JR北海道がかわいそうなところでね。


まず(1)の単価だが、これ、国鉄解体のときに、
JR貨物がどうやっても経営が厳しいのがわかってたので、
国から、決められた数字を押し付けられてるんですよ。

今や、物流こそが商売の鍵を握る時代になってるのに、
自分で自由に価格を決められないって、
それで民営って言うの??


そんでもって次の赤字路線。
これもまた、国が解体のときに勝手に決めた条件に縛られている。

だから、本音では廃線にしたい路線があっても、
その条件のために廃線にできないんですと。

国のいい分としては、
「その代わりに『経営安定化基金』あげたじゃん」
らしい。

といってもだ。
解体当時はバブル景気だったので、運用益もかなりでたが
この低金利時代、運用益は激減し、
赤字の補填には程遠い数字になっている。

その結果、どうなるか。
経費を減らす、駅ビル開発など、鉄道じゃない事業に人をまわして稼ぐ、
そういうことしかなくなってきちゃってんのね。

そんで、修繕費、保線費が削られ、
人員が減らされ、補修技能の伝承が途切れていく。

まぁ、事故が多発して当然の土壌ができてるわけだ。

と、ここまで書いてて思ったが、
これ、国が課してきてるシバリを外してあげるだけで、
ちっと正常化しませんかね?

ここは政治の話になってくるが、
確かにJR北海道の内情・体質はろくでもないけど、
政府がその一因を作ってるのは否定できないんじゃない?

まぁ、JR北海道の腐食は、
よくぞここまで寝腐れしたもんだと思うほど
いろいろな要因が絡まっているんだけども・・・。

到底、ここには書き切れないので、
ご興味あるかたは、本書をどうぞ。

難しい話のようにみえますが、
結構サラサラ読めます。



すごく率直なところを言わせてもらえばね、
これをなんとかしたいと本気で思うなら、
一度、全部リセットしたらどうかね?と思う。

ぜぇんぶなくしちゃうの。
そしたら、国鉄解体んときに一緒におしつけられた
負の遺産いろいろも、
自己破産の借金チャラと同じく、ゴミれるでしょ?

××な××××も、
むちゃな価格の押し付けも、
政治的配慮で交わされた約束も、
ぜぇんぶ、ポイ。

断捨離ですよ、ビジネスも。


でも、そんなのしたら困る利用者がいるじゃないかって?

いやいや、それがみたいんですがな!

その困る利用者の数と。
そこを復活させた場合にかかるコストを出せば。

おのずとビジネスとして成立するのはなんなのか、
わかってくるじゃん。

需要があるから供給をつくる、
これが正しいあり様でしょ?

需要がないのに供給作ってどうする!!


そんでもって、そんだけ規模を縮小できれば
権利の主張より、まずは義務を果たそうとしてくれる人材だけを
選りすぐることができるだろうし。

昨日の話もそうだけど、なんか昨今、
目的と手段を取り違えてる人が多いような気がして
ならんのよねー。


なんつーか、どうせ命を賭けるなら、
これらを敢行し、バッサリ見捨てられた人の恨みを買って
後ろから刺されて死ぬほうが、
よほどその命が活かされる気がするのだが、
賢い人はいろんなものに縛られてしまうのかなぁ・・・。


ま、なんにせよ、腐人はこの本を読んで思った。

北海道に行ったときは
できるだけ電車に乗らない様にしよう。

       ↑
     赤字解消のために乗ったれや!



最後、口直しに。

姫は幼稚園が夏休みに突入し、
暇をもてあましている。

よって、腐人家を臨時幼稚園と認定し、
ほぼ毎日、入りびたり状態だ。

そんな、先日のこと、
師匠から腐人家に電話があった。

とててててっと走っていって電話にでた姫。

師匠:「もしもし?」
姫:「もしもし」

※師匠は腐人家には大人しかいないことを知っている。

師匠:「(なぜ子供の声?(~_~;)?)
    腐人さんのお宅ですか?」

姫:「そーです。でも、腐人じゃないです」

そら、わかっとるがなー!

というツッコミを、師匠がいれられたかわかりませんが、
師匠だったから、大笑いで済ませてくださったものの、
そうじゃない電話だったらと思うと・・・チビは怖ろしい・・・。

その節は、すみませんでした、師匠・・・。
今度は、王子の声をきいてやってください。
       ↑
      謝ってへんがな!

[ 2014/07/25 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『モンスター』を読んだけど・・・

まず、カウントからいきますかねー。

(638)一般本 『モンスター』 百田尚樹

このブログを読んでくださっている方は、
おい、どうした、腐人、こんなメジャーなものを・・・
とお思いかと思いますが、まーいつもの話でんねん。

そう、発言小町だ。

ちょいと前にあがったトピなんだけど、
幸せって分け合うものですよね?」ってのがあった。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0602/661342.htm?o=0&p=4

まぁ、ざっくり言うと、結婚にあせってるトピ主が、
職場の年下同僚がかなり好条件の人と結婚していることを知り、
なんとか旦那さんの会社の人を紹介してくれないかと頼んだが
断られる。
そこをなんとかして紹介してもらえるいい方法は
ありませんかーっちゅー相談だった。

タイトルからして、あーあ・・・という感じなんだけど、
トピ文も、その後のトピ主レスも、読めば読むほど、
「腐人だったら、絶対紹介しないなぁ・・・」
という、なんといったらいいんだろ、
文章だけなのに、
ものすごいマイナス感情を他人に抱かせる人だったのね。

そもそも紹介って、
そんな安易にできるもんじゃないと思うんだがなぁ・・・?

特に結婚なんて絡んでくると、
その二人に、後でなにか問題が生じた場合は、
代わって全責任をとる覚悟の上でやるべきことでしょ。

腐人は、自分が対応できる範囲のことなら請けられても、
他人に迷惑をかけるかもしれないことは無理だなぁ。
そこまでよぉ責任とれんもん。

ま、それはどうでもいいや。

で、このトピ主さんなんだが、あとから出てきた情報をみると、
結局は、ものすごい外見コンプレックスがあり、
恐らくそこがなにもかもの根源なんだろうけど、
学歴にしても、職歴にしても、まず不満がたらたら。
私はなんてかわいそう・・・の塊になっちゃってて。

それに対してついたレスのなかに、
この『モンスター』を紹介してるのがありまして。

これ読んでみたら?とあったので、
読んでみた。

別に腐人はトピ主じゃないんだが。


未読の方のためにざっくりあらすじを言いますと、
こんな感じか?

ある田舎に、「バケモノ」と呼ばれるほど
ものごっつい不細工な女の子がいた。

幼稚園のときに小さな出来事を通し、
同い年の男の子に恋をする。

思春期になり、その子に再会するが
いろいろこじらし、
その土地にいられないような事件を起こしてしまい、
大学進学とともに東京に行く。

そして働き出してから美容整形をしり、傾倒し、
売春して金を稼ぎながら、どんどん容貌を変えていく。

そのうち身体を壊し、結婚に失敗し、
ふとその男の子のことを思い出して、
故郷にかえり、レストランを始める。

そして半年以上経過した頃、
待ちに待ってた成長した男の子がレストランにやってくる・・・。


本はもっと時系列をいじった構成になってますが、
順序だてて言うとこんな感じ。

オチは、ご興味あれば読んでください。
もしくはググったらでてくるんじゃないかな?


で、だ。
腐人の読後、第一声は、
「で?何がしたかったん?(~_~;)」

腐人にゃー
何がしたいんだかがさっぱりわからんかった。
それこそ横山医師がもうかっただけって話にみえる・・・。

例えば、崎村と一緒になるとかだったなら、
過去の自分を受け入れ、その上で、新しい人生を歩みなおす・・・
という図式になるので、
ああ、そのための整形だったのね、
とわからなくもないんだが・・・。

っつか、英介のどこに魅力があるんだ??
なぜに英介>崎村なの??

英介=過去の象徴なわけだから、
死ぬまでそこに囚われ、脱皮できませんでしたってこと?

ああ、そうか。
この主人公は、足を求めて脱皮を繰り返す蛇なのか。
※この意味が知りたい方は宮部みゆき『火車』をどうぞ

そうだとすれば、
結局、どんだけ外見が変わろうが、
中身が変わらない限り、
人はどーしよーもねぇんだよと言いたいのかしら??


ま、ここもどーでもいいや。
小説の解釈は、人の数だけあるからね。


この本は美容整形の実態が書いてあるって意味で、
興味深いなぁと思ってみてたんだが、
途中で美容整形外科医の横山が
「あなたは心を病んで整形する人と違う」
みたいなことをゆーてたでしょ。

いやいや、目的と手段がわかってへんところからして
この主人公、心が病んでる人そのものやん・・・
と思うんだけどな、腐人は。

むしろ、高級ソープにでてたAV出演もしてる女の子のが
よほど正常じゃない?

整形で顔をいじってAVに出て。
賞味期限が切れたら、顔を戻して田舎に帰る。

なんて目的を手段がはっきりしていることか!

っても、AV男優さん曰く、AVにでる女の子ってのは
どこか、何かしら病みとか欠落を抱えてる子だそうですが。
(これは現実の話)


実は、腐人。
美容整形を否定してるかのように
聞こえるかもしれませんが、
そんなこたぁ、微塵もない。

むしろ、コンプレックスを抱えて、卑屈の塊になって、
性格ねじまがるぐらいなら、とっとと整形して
コンプレックスの原因そのものをなくしなはれ
と思う推奨派なのだ。

『花より男子』で美容整形をした桜子がでてきますが
あれなんか天晴れよね。

ぐじぐじグダグダ文句垂れ流しで80年生きるくらいなら
とっとと整形して、自分に満足な60年を過ごすほうが
よほど清清しく、気持ちよくないか?

それに、こーゆーものごっつい卑屈族って、
ばりばりにマウンティング属性があって、
周囲にいられると迷惑極まりないんだよねぇ・・・。

だから金かけて整形して、その口が黙るなら、
腐人としてはとっとと整形してくれやと思う。


たださ、その前に自分と向き合わんとあかんのよ。

なぜ、なんのために、整形をするのか。
それについて自分の言葉で答えを持たないと、
延々整形し続けちゃうわけ。

目がお岩さんなのがコンプレックスだ、
ならば、目の手術をしましょう。

私は、アンジェリーナジョリーのような目になりたかったので、
そうしてください。
そうしましょう。

これならいいの。

自分のやりたいことが明確で、優先順位がつけられて、
整形はあくまでも手段だってわかっているならば。


そうじゃなく、キレイになりたい、美人になりたい
そうすればきっと私は変われるはず・・・
なんてのは、一番あかんと思うんだ。

だってこれ、一番の目的は、
「今の卑屈なくせにプライドだけはエベレストで
 周囲からいつも嫌われる私・・・
 他人から愛される人に変わりたい」
なのに、
まず認めなきゃいけない自分のダメさを、
認めてないんだもん。

キレイになる、は手段にすぎないのに、
そっち目的にしちゃってるでしょ。

そうすると、
整形したのに相変わらず他人から愛されないのは
まだ整形が足らないからだ、ってなっちゃうでしょ?

そりゃエンドレス整形道まっしぐらだわよ。

美容整形外科医にしてみりゃ、
カモ、鴨、カモーン!じゃん。

ホントに、自分の中に物差しがない人って、
どーしよーもねぇなぁ・・・。


それにしても、美容整形っていろいろあるのねぇ。

蒙古襞って初めてきいたよ。
思わず自分の目をみてしまったが、
どれなのかよくわからん・・・(~_~;)

口まわりが一番大変で、むちゃくちゃ変わるってのは、
別口で知っていた。

それは美容整形じゃなく、事故の話なんだけど、
バイク事故って、フルフェイスのメットでないと、
アゴやりがちなんだよね。

それで顎の関節やっちゃった人の話で、
やっぱり何ヶ月もの固定になったそうだが、
外したら、びっくりするほど美人になってて
まさに怪我の功名・・・とか言われたらしい。

同人作家さんの実録エッセイでもあったなぁ。

美容整形では自由診療でえらい金額になってたけど、
これ、上記の交通事故だとか、
たぶん顎関節症とかの病名ついたら、
保険適用で安くすむと思うがな。

っても、これは治療であって、美容のためじゃないので
エステティックラインにしてとか、
ハリウッドラインにしてとかは無理、
もしくはそれは美容整形いってくれ、だろうけどね。


あと腐人が本書の中で、注目したのは2つ。

1つが美人論。

未読なので、そうなのかな?レベルなんだが
これの元は、井上章一さんの『美人論』だろうか?

いつか読みたいなぁと思いながら放置されて幾星霜・・・
いい機会だから、読んでみよう。
なんかの折に・・・
   ↑
  これゆっちゃうと読まないだろが!


もう1つが風俗事情。

そのピラミッド構図は、
まぁそうだよね・・・って感じなんだが
個人的にスカ●ロはやだなぁ・・・(~_~;)。

作中で、女はすごいな(よく稼げるな)とゆーてたが、
いえいえ男だって、そんなことないでしょうよ。
耐えられるかどうかは知らんけど。
(言うまでもないが、ホストではない・・・)

ただ、これもさ、ダラダラやっとったらあかんよね。

例えば、高級ソープで愛人にしてくれる男を捕まえるだとか。
例えば、借金かえすまでとか。
例えば、いくら貯めるまでとか。

そういうゴールを自分で決めてやらんとあかん仕事やのに
その最終到達点を考えんとやってるところが
もう人生電卓壊れてるで、って話でさ。


そーゆーこと全部ひっくるめて、
「で?何がしたかったん?」

そんでもって、最近よく書くが、これを訊きたい。

「人って、そこまでして生きなきゃならないもんですか?」


この問い、もしこの『モンスター』の登場人物になげかけてみたら
どういう回答がくるのかね?

訊いてみたいもんである。
[ 2014/07/24 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『 知って感じるフィギュアスケート観戦術』と、もろもろ

昨日、スケート話を書いてて、
放置してるスケートネタが、
かなり記憶の中で薄れていることに気づく。

いかんなぁ・・・。

ってことで、ここで片付けてしまおう。

今年3月の世界選手権の女子について、
コメントしてなかったんだが、
録画をひっくりかえしたところ、
いつの間にかSPを消してしまった模様。
うきゃぁ!

かろうじてフリーだけ残っていたが、
これだけ間があくと、集中してみられない。

やっぱり宿題は早く片付けなきゃダメですな。

これは、今から夏休みが始まる学生諸君にむけて、
おばちゃんからの忠告だ。


そゆことで、記憶だよりの全体印象なんだけど、
今回の世界選手権、
男子は、意地とプライドのぶつかりあいだった気がするが
それ以外はどちらかというと、
シーズンの終わりに、自分の中で納得させたいものがある、
という演技が多かった気がする。

これを最後に引退されると決めてはった人も多かったからね。

まぁ、男子のなかでもジェレミー・アボットくんのように、
ここで滑ったがゆえに引退撤回となった方もいらっしゃるし。

でも、なんだろ、
例年の世界選手権とは
ちょっと違って見えたのは、
観ていた腐人の心境が影響したんだろうかねぇ?


ま。
そーゆーのをちょっと置いてみれば、
腐人にとって、
浅田真央ちゃんの2013-2014シーズのベスト演技は、
SPは、グランプリファイナル。
あの音との一体感がすごく好き。

フリーは言わずもがな、ソチですね。
泣きました。

鈴木明子ちゃんは、どっちも全日本かなぁ。

カロリーナ・コストナーちゃんは、どっちもソチ。

ユリヤ・リプニツカヤちゃんは、
個人的にはグランプリシリーズで滑ってたのが好き。


なんだろなぁ、こうやってみてると、
シーズンの最初はうーん?だが、滑れば滑るほどよくなってく人と、
最初から完成されてしまっていて(この時点でかなり満点)、
あとは当日にミスがあるかどうかで減点されてく人と
2つのパターンがあるような気がするんだよな。

腐人にとって前者の象徴的な人は、髙橋大輔くん。
・・・ってか、日本の選手ってこのタイプ多いよな・・・。

髙橋君は、正直なところをいえば、
2013-2014シーズンのフリープログラム
ビートルズ・メドレーをはじめてみたとき
「なんかのっぺらとして、盛り上がりに欠けるなぁ」
と思っていた。

SPが印象的だから余計に。

でも、荒川静香さんが
『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』
(以下、長いので『観戦術』に略)
でおっしゃってるように、髙橋君の演技って
シーズンのはじめに違和感があっても、
シーズンの終わりになると、ものすごくよくなるんだよね。

なので、ソチのフリーは、個人的に一番好き。

実は腐人はビートルズってあんま好きじゃなくて、
「ラヴ・アンド・ピース」とか言われても、
「ケッ」とか思ってる人なんだが、
あの髙橋君の演技でそれを訴えられたら、
素直に「はい」と言っちゃうね。

そんくらいの吸引力があって、
ものすごく包みこむような癒し・・・いや、違うな、赦し、
そんなものを感じたんだよなー。


一方の、最初から完璧は、
パトリック・チャンくんとユリア・リプニツカヤちゃんかなー。

だからシーズン当初の演技の方が衝撃で、
どんどんプレッシャーや疲労がたまってくる後半になると、
その時のメンタルや調子で、あれ?となることがある。


ま、これはどっちがいいとか悪いとかゆー話じゃなくて
選手それぞれの特性だと思うんだ。

これはいうなれば、
1シーズンという大きな流れでのピーキング。

でも、1試合、1大会ごとの小さなピーキングは、
それはそれとして別にある。

一発勝負の高校野球夏大会なんかと違って、
通年で結果を出す競技の場合、
こういう調整もいるから大変だよなぁ。

このピーキングについても、選手視点からの言及が
『観戦術』に載ってたが
大変なのねぇ・・・という感じ。

すんません、そういうのと無縁の世界に生息しとるもんで。

鬼畜ファンな腐人としては、そういう苦労がどーあれ、
美しい演技をみせてくれたらそれでいいのだ。
     ↑
    非道いな・・・


そういえば、『観戦術』で、
選手は大体自分の順位予測ができているとあった。

正しくは、表彰台を狙える位置にいるのか、
それとも入賞ライン上なのか、
そういうのが大体見えてて、
それによって気負いやプレッシャーが違うという文脈だったと思うが、
記憶が怪しい。

ただ、非常に納得はできるんだよね。
今の自分に何ができて、何ができないかってことから
出るであろう数字予測はつくだろうし。

また相手は何ができて、何ができないかってとこから
これまた数字予測がつく。

これこそ
「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」
に通じる話だよねぇ。

ただ、そこに当日の調子だとか
メンタルだとかピーキングの成否だとかがかかわってくるから、
やっぱりどんな状況でもベストに近い実力が出せる
メンタル強化は必要なんだろなー。

そういう意味で、『観戦術』では
キム・ヨナちゃんと羽生結弦くんを褒めてらしたが、
その強さが、どうやってできたのかが
腐人は、知りたいなぁ。



そうそう。
腐人はこの本を読んで初めて「そうだったのか!」と思ったのが、
リンクの大きさがまちまちという話。

氷の状態がまちまちだというのは
なんとなくわかっていたのだが、
リンクの大きさがまちまちだとは、知らなんだ!

だって、それってバスケコートとか、バレーコートとかが
それぞれ好き勝手に大小してるってのと一緒じゃないの?
それこそプールが、
実は、A国では25mだが、
C国では28mを25mとゆってるのと同じじゃね?

と思ったんだが、よくよく考えて見ると
サッカーや野球(外野)は、結構いい加減・・・。

The Ice2014で、パトリック・チャンくんが
もっと広いと思ってたらリンクが狭くて、
ジャンプのあとぶつかってたなぁ。

リンクの規格が同じであれば、
5コンポーネンツUPについて
戦略的プログラムが組めそうだと思ったんだがな・・・。

最小リンクにあわせて滑りを計算すれば、
確か演技が小さくなっちゃって、
5コンポーネンツで数字がでなかったと思うし、
じゃぁ・・・と大きくやりすぎれば、パトリックくんみたくなるわけで。

なるほどー。
本番までに、氷やリンクの状況を把握することが、
かなり大きく影響してくるんだなぁ。

素人なので、
氷の固さやリンクの大きさについて、統一基準作ればいいのに・・・
とか思うが
そっちが固まったとしても、
靴の微妙な違いってのもあるみたいだから、
結局、そーゆーのも全部ひっくるめて、
どんな状況にも臨機応変に対応できるようになれるかならないか、
そこも実力の内ってことなのかな。


ま、観客なんて、所詮、
水面上にみえる白鳥の優美な姿しかみてないもんでね。

その水面下でどれだけの努力や苦労をしてようと、
本番で美しい姿を披露できなきゃ、
まったくそこまでの道程を評価しない。

なんであれ、プロになるってことはそういうことで。

でもその分、すばらしいものを見せていただいたときは、
惜しみない拍手と喝采を送ろうと思う。

フィギュアスケーターの皆さ~ん
今年も腐人を唸らせてねぇ~♪
[ 2014/07/23 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

The Ice2014をみた

っちゅーてもテレビで、ですが。

そーいやスケートも世選女子がほっちらかしね・・・。
そんときに、荒川さんの本の話もしよーと思っていたが、
いかんなぁ・・・もうかなり忘れつつある。

早めでなんとかしよう。うん。

で、「The Ice 2014」。

なんつっても、浅田姉妹のアナ雪だろねぇ。

ただ、ジャンプなしの構成で、姉妹でやってくれるなら
個人的には、「ありのままで」より「雪だるまつくろう」のがよかったかなー。

ジャンプあり構成なら、
松たか子バージョンの「ありのままで」がいいんだが。

まぁ、あのキレイで可愛らしいコスプレがみられただけで
GOODとしよう。


そういえば今シーズンからボーカル曲が解禁だそうで、
グレーシー・ゴールドちゃんは、
ここで滑ってた「Let It Go」でやるのかな?

腐人は原曲を、姫と一緒にきくぐらいしか知らないんで、
グレーシーちゃんが滑ってた曲が、
編曲なしなのかありなのかがわからんのですが、
もしこれでやるなら、腐人だったらもうちょっと曲いじりたいなぁ。

だって、ヤマがわからんのだもの。

いれる要素と時間との戦いであるSPはともかく、
フリーの場合、4分をいかに魅了するかってのがポイントだと思うんだよ。

やっぱ魅入られれば審判だって、
思わずちょっと加点つけたくなるに違いない!

ってのが、ホントのとこどうなのかわからんけども、
その4分を長いと感じさせるプログラムにするか、
短いと感じさせるプログラムにするかは、
観てる腐人にとっては、かなりデカイ。

だから曲のヤマ場と、技のヤマ場をいかにあわせるかって
重要な要素だと思うんだが、
英語版だったからなのか、なんか・・・
メリハリのある大波小波みたいな曲調ではなく、
ずっとレリゴーレリゴーレリゴーの感じで、いつ終わんねんこれ・・・
と思ってしもたんですけどね、腐人は。

この曲は、苦悩や迷い、悲しみ、そういうのがあった上で
「だーもーうっとぉしい!
 もうええねん!私は私のままで生きたるー!!」
っちゅー開き直りに繋がる曲やろ?
      ↑
      おい・・・

その波をさ、あらわしてくんないと、
この曲はつまんねーと思うがなー。

そしてどうでもいいが、グレーシーちゃん。
太りました?


宮原知子ちゃんは、今季はミスサイゴンかー。
腐人はこれ観てないんですが、
そのどの感情を滑って表現しようとしてんのかなぁ。

技術的なところは上達してんのわかるんだけど、
表情や表現が硬くて、感情が伝わってこないんだよなぁ・・・。

今、ざっとミスサイゴンのあらすじみたけど、
ちょっと背伸びしすぎてませんか?
昨シーズンのリプニツカヤちゃんじゃないが、
年齢相応のキャラのがいいような気がするけどなぁ・・・。


そういう意味では、村上佳菜子ちゃんの今季プログラム
オペラ座の怪人は、あってるね。
クリスティーヌの無邪気さがすごくでてて。

個人的にはクリスティーヌの造形については、
黒だろ、こいつ・・・と思うとこあるんだが、
そうじゃない「陽」の部分を、うまくだしたなーと思う。
がんばってねー。


アデリナ・ソトニコワちゃんは、
今季フリーの後半だけってことだったんで
ちょっとよくわからない。

イメージとしては大人しめなのかなぁ?


マエ=ベレニス・メイテちゃんは、
まだまだ滑り込みが足らない感じだったが
これ、もしばっちり決まったら、すごい迫力だろなぁ・・・。

世選のとき、崩れたあとの立て直しができなかった印象があるが、
そういうメンタルの弱さを克服してほしいな。



個人的に萌えたのが、
パトリック・チャンくんとジェフリー・バトルくんの「エレジー」。

な、なんで男子ペアの競技枠がないの!!!
こんなのやってくれんなら、
腐人、かぶりつきで観るわよ!!!

すばらしすぎるー(T_T)


そんなパトリックくんは、
今季のグランプリシリーズは欠場だそうで
うううううう・・・・今季の楽しみが1つ減った・・・。
そんなに腐人をいじめて楽しいですかぁぁぁぁぁ(ToT)。


欠場といえば、今季、真央ちゃん同様、休養宣言をした
メリル・デイヴィスちゃんとチャーリー・ホワイトくん。

うえーん!!
アイスダンスで一番楽しみにしてるのにー!!

あの、実は見えない糸で繋がってんじゃねぇか?
と思うほどぴったりなツイズルが観られないなんて・・・
ううううう。

メリルちゃんの表現力は、
日本の若手女子にぜひ観てもらいたいんだけどなぁ・・・。


メリルちゃんといえば、
今回女の子ばっかりで滑ったのがあるんだが
その振り付けをしてはったんですよね。

腐人はこれ、メリルちゃんが観たかったのに、
テレビで映るのは日本女子ばかり・・・なんでー!!

ま、それはともかく。
そのときの衣装が、
キャミソール+ショートパンツだったんですが
ここまで身体の線がでてくるもん着ると、
体幹の鍛えっぷりがよくわかりまして。

腐人はスポーツを一切しない人なので、
スポーツをしてる血族にそれをゆーと、
そりゃあのひねるジャンプをするなら、
体幹鍛えないと回れないよと言われた。

そうなのか。

そんでもって。

こういう人たちは、腹いっぱい食べたとしても
腹筋が膨らむのを抑えるから、
あんたみたいに、タヌキ腹にはならんよ
とも言われた。

ほっとけ!


他は・・・印象に残ってるのだけですが、
小塚崇彦くんのタンゴ。

おもろいチョイスをしたなぁ。

正直、あんま詳しくないんですが、
個人的には、一番いるのは気迫かなぁと思う。

もっとぶっちゃけをいえば、
「男のやせ我慢」的な印象があるんだよね。

元がラテン系だからというのもあるが、あっちの人って激情じゃん。
泣いたり喚いたり。
そういう、本当は外に出したい感情を、踊りにぶつけてる、
タンゴってそんな感じがあるんだよなー。

どういうのを出してくるか、
たぶん今回は抜粋だったと思うんで
早く全部がみたいなぁ。

心配なのは、足の具合。
結構負荷がかかりそうだけど、お加減はいいのかな?


あと、浅田真央ちゃんとジェフリー・バトルくんの「ボレロ」。

「ボレロ」といえば、
今はカロリーナ・コストナーちゃんのプログラムが印象強いけど、
あれはまさにモーリス・ベジャール的な感じで。

それが今回、こうきたかーと。
個人的にはこーゆー鑑賞重点のジャンルを
作ってくんねぇかなぁと思う。

競技会とショーは違うんやと言われてしもたらそこまでなんだが、
もうちょいフリースタイルな枠つくってくれたら、
もっとおもろなるような気がすんねけどな。


グランプリシリーズは10月からかー。
ううう・・・待ち遠しい!!
シーズン始まったら、仕事そっちのけになるから、
それまでにアドバンテージ作っとかんと!

皆さん怪我せず、がんばってねー♪
楽しみにしてまーす (*^_^*)
[ 2014/07/22 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

うーまーいーわー西湖

『先生のおとりよせ』にあった、
紫野和久傳 れんこん菓子「西湖(せいこ)」。

昨日、血族からピロローンとメールがきた。
「出先でデパートいったら、あったから買うといたー」

よっしゃぁ!!!

ふっ・・・それを期待して、わざわざ見えるところに、
本を放置しとった甲斐があったっちゅーもんよ。
      ↑
    自分で買えや!!


ついでに、こちらは紹介されていなかった
「希水(きすい)」
ってのも買ってきてくれたので、
並べて食べてみた。

まず、「希水(きすい)」。

ぺろりと皮をむくと、
なんかみるからに品のよろしいお嬢様。

笹の葉の上に、清らかなる朝露がのりましてよ・・・おほほほほ
っちゅー感じ。
それを品のない腐人が食うってのがたまりませんのぅ。

さしずめ、美女と野獣か?

で、野獣が遠慮なく、ばくりといくと。

な、なんなの、
この超上品な甘さ、そしてこの食感!!

原料はオオバコらしいのだが、オオバコ??

調べてみると生薬の一種だそうで。
へー。

つるーんというか、しゅるーんというか、
のどごしがすごくいい。

りんごの香がほのかーにするんだが、
安いゼリーだと、あとで口の中に甘ったるさが残るが
そーゆーのが全然ない。

さすが、和久傳。
高級な、のどごしがいいゼリーといった感じ。


続いて「西湖」。

こちらはむいてみると、
ぬとーんとした黒いものが。

よく山にいく血族は、この段階で、
「なんかちょっと、葉っぱについた虫を思い出してもた・・・」
とゆーていた。

腐人は山に行かないから平気。

っちゅーか、これ
自然の素材だけだからこそでる色だよなぁ。

で、これまた遠慮なくばくりといくと。

一瞬、黒糖?とかおもうぐらい、
ちょっとあくを感じるんだが、
甘さの加減が、これは黒糖じゃない。
和三盆糖さまだ。

でも、これは味よりも、食感こそが秀逸!!

な、なにこの、ぬるりんちょんとした感じ・・・。

ぷりぷりじゃないの(それはどっちかというと希水)。
赤子の肌というより、ふにふにした幼児のほっぺ?
それも超すべらかな肌の!!

本では、チチ星人が、こんなチチがあれば・・・っちゅーてたが
それなんかわかる!

って、腐人は女のチチに興味はないので、
別にチチじゃなくていいんだけど、
なんつーのかなぁ・・・、
肌と肉質がいい、
すべすべで、ふにふにで、ぶよんぶよんなもんがあると
やっぱ人って、でへーっとなるでしょ!!!

あ、今思いついたが、落ちもののパズルゲームに
ぷにぷにってあったじゃん。
あれを食べたら、こんなかなぁ?
ぷにぷに食べたことないけど・・・。

※ブログUP後、師匠よりツッコミが入る。
「ゲームはぷにぷに、じゃなくて、ぷよぷよ。」

そ、そうだったのか!
ならこっそり修正しようかなと思ったんだが、
「ぷにぷにの方がわかる気もする」
と言われたので、これを付け足すだけにする。


これじゃわからない?
・・・じゃぁ、そうね、

もし、この西湖のプールがあれば、
腐人は、そこで、西湖にまみれて溺れたいの!

ああ、想像するだけで、たまらん・・・。

そんな感じ。
  ↑
 わかるかい!と言われそうなので、
 わかる人だけわかってください。


食感の話をしていると、どんどん危ない方向にいくので、
もうやめとこう。

この西湖もまた、甘ったるさが全然残らないもんだからさー、
「ああ、あの至福の食感が終わってしまった・・・
 もう1個食お・・・」
っちゅーエンドレス状態になるの(>_<)!!

やばいよ、このお菓子・・・。

賞味期限が短くて、要冷蔵っちゅーのが、
お使い物にするにはどうにも難点なんだが、
腐人はもろたら嬉しいぞ、うん。
     ↑
    誰に向かってアピールしとんじゃ・・・


海外向けに、水を足してネルネルして、
葉っぱにつつんで冷蔵庫で冷やしたら、
あーら不思議、西湖ができたわ♪

なんつーのを販売してくれんじゃろうか・・・。
そしたら、海外土産にでけんねけどなぁ・・・。

ちなみにこの葉っぱもいいんだ。
見た目の清涼感といい、食べやすさといい、
爽やかな青い香りが移るし。

今の時期でまわってる竹筒いり水羊羹といい、
京都の和菓子って、演出まで凝ってるよねぇ。

ああ、うまかった・・・(T_T)。

こーゆーの食べると、
日本人に生まれてよかったと思うわ。

また食いたいなぁ・・・←自分で買え!

[ 2014/07/19 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

いっぱいなのー

っちゅーと、BLのエロならアレね・・・な感じの言葉だが、
なんちゅーことはない、
今日は腐人がいっぱいいっぱいだってだけ。

気になることはあるんだよ。

今朝、撃墜のニュースがあったマレーシア航空機。
乗客の1/3が、国際エイズ会議に出席する予定だった研究者という。

うわ・・・多大なる損失だよ、それ。
それこそエイズ研究の最先端をいってた人たちの叡智が
一気になくなるってのは、
この後、リカバリーできるまでにかなりかかるぞ。

先日、ようやくHIV-1Mの新規感染者数に
減少傾向がみえたとあったのに
あーあ・・・。

やっぱりニンゲンがニンゲンを滅亡においやるんだなぁ・・・。


そゆことで、駆け足で読書録を片付ける。

●17日
(622)マンガ 『超人ロック 刻の子供達 1』 聖悠紀
  腐人にとって『超人ロック』は、
  『こちら葛飾区亀有公園前派出所』と同じところに
  仕舞われている。

  要するに、あったら読むが、追いかけない。
  どこまでかは読んだが、どこまで読んだかわからない。

  そういうマンガだ。

  ってことで、これオチてないんだけど、
  続きを読むかはわからない・・・。

  ぶっちゃけ、狂言回しなんだろうけど、
  ロック本人は、何がしたいんやろなぁ・・・。

  なんぼ読んでも、それがわからん・・・(~_~;)

(623)マンガ 『クローバー trefle 3』 稚野鳥子
  細谷の部屋は危険だねー。

  翠のような神経質さでキレイにしてるのとは違って
  汚部屋住人と同じぐらいの闇があるなぁ。

  ま、そこらを、「愛」で解決してくマンガなんだろうけど。

  それにしてもリベンジポルノがここでもでたか。
  女王様、脇があまいぞ。

  でも、これでプリンスとは近くなったから
  人間万事塞翁が馬か?

  腐人はてっきり、引き取られた先のおじちゃんに
  しつけられたのかと思ってたんだがな。
  さすがにそこまで描かないか。
  ちぇー。

(624)BL/Shy 『神花異聞』 夜光花
  ん?1冊飛んでる?

  ま、いっかー読めるし。

  たいちゃんって、
  半分そっちだとすると、寿命はどないなっとんやろ?
  よぉ今まで不具合なく成長したなぁ。
  
  それにしても賢こぶるんがよぉないんはわかるけど、
  アホやったら愛される??
  そうかなぁ・・・?

  まぁ、親子でも相性みたいなのはあるけどさ、
  それこそいま流行りの「ありのままの~自分になるの~」でしょ。
  喜怒哀楽にしろ、感謝にしろ、謝罪にしろ、
  人に対して素直で誠実であること、
  それが一番やと思うけどなー。
   
(625)BL/ディアプラス 『恋で花実は咲くのです』 久我有加
  やー『君が笑えば世界も笑う』を読んでから
  これが読み返したかってんけど、
  なかなか発掘できんでなぁ・・・。

  ああ、和章よ、うちの汚部屋整理もしてくれんか?
  (よそ様のキャラを出張させるでねぇ!)

 
  で、読みかえしてて気づく。
  ん?腐人、「オレンジグミ」と「グライダー」を混同しとる??

  腐人の頭ん中では、
  オコがいっぺんぷいっとなって、
  ツルがオコを叱り飛ばして、シバのネタやるになっててんけど、
  なんかいろんなもんが混ざりすぎてたことが判明。

  そうやったんか!
  この二人は最初から、ええ子やったんか。
  記憶を修正しておこう。

  漫才にかぎらんと、時代も含め、いろいろ派生しとる
  このシリーズですが、
  やっぱ、漫才師のが好きやなぁ。

  コレ読んでたら、
  『何でやねん!』からの一連の漫才師のやつ
  読みたなってきた。
  
  問題は、毎度ながら、
  どこにあるかがわからないっちゅーこっちゃね・・・(;一_一)。

  『君が笑えば世界も笑う』の続きが出るまでに
  なんとかみつけたいのぅ・・・。
[ 2014/07/18 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

ひきこもりやニートって、社会的弱者なの??

いやね。
夜更かしして読書にふけっていたため、
今朝は、なかなか起きられなかった。

・・・っちゅーと、姫から
「腐人は、いっつもそうじゃん!
 起こしても起きない!」
とゆークレームがつきそうだが、それは秘密。

ただ、仕事をせにゃいかんので、
二度寝防止にテレビをつけていたら、
「死ね」というツイッターの暴言で辞職した
中野区議のニュースをやっていた。

半分寝ぼけながら、実際にどういうやりとりがあったか、
二人のアナウンサーが読みあげるのをきいてたんだが、
(ちなみに画面はみてません。目があいてなかった・・・)
それが終わった後、司会者が

「区議の気持ちがわかる。
 社会的弱者に対してなんてこと」

的なことをゆーたんです。
※主旨はあってるが、文言は不正確

腐人はその瞬間、目が覚めた。

へ?
ひきこもりやニートって、社会的弱者なの??

いや、この言い方は正しくないか。

先日の『 「うつ」は病気か甘えか。』にもあるように、
この「ヒキニート」もよくよくみたら、
本当に精神疾患を患っている「病気」の人の周囲に、
たくさんの「甘え」の人がいませんかい?

確かに、病気によって、
部屋から一歩も出られなくなってる人がいるのは
腐人も知っている。

ただ、そういう人って、ホントに違うのよ。
腐人がみたのは統合失調症の人だったかな。
アメリカの話だけど。

その人はバスルームに何十年もこもってる人だったんだが、
扉をあけることもできないの。
そんなことをしたら、自分は死ぬと思ってるのね。

その人の中では、疾患からくる幻覚や幻聴で、
すごい物語が展開されてて、
そのことについていろいろゆーてはったんですが
全く理解できんかった・・・。

だって、毒ガスがとか、宇宙人がって言うんだもん。

親御さんもそういう状況なので、
本当は医者につれていきたいがそれもできず、
どうしていいやらわからないが、
ほっとくわけにもいかないから、
扉の下のすきまで物のやりとりをしたり、
食事は壁に穴を開けてやりとりができるようにしたりしていた。

確かにこういう人たちは、「社会的弱者」だろう。

でも、今、この恵まれた日本で、
ひきこもりやニートの状態を許されてる「ヒキニート」のうち、
こういう本当の社会的弱者と、そうじゃないのったら、
そうじゃないほうが多いんじゃないのかねぇ。
よくわからんが。

ただ、こういう議論をするならば、
まずは、何をもって「ひきこもり」といい、
何をもって「ニート」というのか。

そこの定義づけをしてから議論をはじめないと、
お互いが言葉から想定している層が違って、
議論に収拾がつかなくね?

例えばさ、

「心身になんの問題ないのに無職。
 家のこともなにもせず、全面的に家族に寄生し、おんぶにだっこ。
 ただ日がな一日、家の中をふらふらしているだけのいい大人」

これもニートといえばニートでしょ。
日本の定義だと。
昔は、「定職にもつかず、ぶらぶらと」と非難され
ろくでなしとか、ごくつぶしと言ったような気がするが。

そういう人を「社会的弱者」と言われて、何人が納得するのかなぁ?

ちなみに、これが更に進んで、
「そうだよ、こっちは、社会的弱者なんだよ」
と居直り、福祉からお金もらってる人もいるでしょう?

そういう側面は?
まるっと無視なの??

なんかこう・・・釈然としない・・・
そう思うのは、腐人だけ?


ただ、この話。
発端は集団的自衛権ときいた。

腐人は、集団的自衛権に興味がないので、
その中身について詳しくは知らないのだが、
これって、イラクに派兵したときだかに、
自衛隊の人たちは軍事力を使えないからと、
救援活動をしにきた軍人なのに、他の国の派遣兵士たちに護衛してもらったり、
なんかあっても見てるだけという状況に、他国からクレームがついた、
そういうのを見直しましょうって話じゃないの?

あと、震災んときだったか、戦車が車道を走れず、
ただ、サーチライト代わりにだけしか使われてないとかゆー
へんな制限をとっぱらいましょう、って話だと思っていた。

っちゅーか。
法がどうでもさ、
「無抵抗な民間人を殺せ」
とか命令されたら、
「いやです。やりたいならあんたやれよ」
と言えば言いだけじゃねぇの?
とか思ってる腐人は甘いんだろうか・・・。

腐人は、もしそれで上官から命令不服従で殺されても
人を殺す前に死ねてラッキーと思うだけなんだけどなぁ。


ま、そんな腐人の感慨はともかく、
この元区議との議論ででてきた、
「“ひきこもりニート”が戦場に送られればいい」については、
いやー・・・・・・
そんなのされても、現場は迷惑の一言かと。

戦場に、なんの技術もない人がいっても
足手まといなだけじゃん。

何十キロもの背嚢かついで、
それこそ不眠不休の100キロ行軍とかできないでしょ?

もちろん、腐人もでけまへんが。

軍人ってのは、そういうことができるように
日々訓練してるわけで。

逆に、ヒキニートがその訓練できるようなら、
ヒキニートやってないと思うんだけどなぁ・・・。

となればね。
ぶっちゃけ、もしヒキニートさんたちが戦場に行ったとして。
使えるのは、人間の壁、ぐらいでしょ。

というのが、とても現実的な話だと思うんだけど。

なんだか最近、おかしな話が多い気がするのは
腐人の気のせいだったらいいのになー。
[ 2014/07/17 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

きょっおっはっ!

喉から手が出るほど待ちに待ってた新刊を
お百度踏んで(・・・もないか、最近、確実なラインでしかいかねぇからなぁ・・・)、
早売りでゲットしたので。

頑張って仕事を終わらすのー!
ほんで、読書の海におぼれるのー!!

っちゅーことで。

サクサク読書録を済ませましょう。

●15日
(618)BL/ルチル 『水曜日の嘘つき』 かわい有美子
  このマザーグースの詩は
  腐人も好きで覚えてる。

  腐人のマザーグースは、
  谷川俊太郎さんの訳なので、
  「ん?泣き虫じゃなかったっけ??」
  と思って読んだら、そういうことなのね。
  
   
  それにしても、かわいさんってたまに
  どこからどうみても見事なろくでなしとか鬼畜なSをお書きになるが、
  これまた、いつ刺されてもおかしくないようなヤリ●ンで。

  腐人は大体、受びいきな、
  近所の出歯亀おばちゃん(もしくは馴染みのゲイバーのママ)視点で
  読むので、読みながら
  「ちょっと、まひろちゃん、こんなクズやめときなさいよ。
   おばちゃんが代わりに生ゴミで捨ててあげるから!」
  と、どんだけ言いたかったか!!

  そうよ、ニンゲンなんて解体したら、ただの生ゴミ。
  今じゃネットで、 
  手術用のディスポーザブルのメス買えるからね~
      ↑
    不穏な発言はヤメナサイ!
  
  
  それにしても、絵本を読むって、結構大変だよなぁ・・・。

  以前、姫が、30冊ぐらい
  おススメ絵本カタログに○つけてもってきて、
  「図書館でかりてきてー!」
  とゆったので、
  一気に全冊借りてやったら(面倒だったんだもん・・・)
  それ読んで!つぎはこれ!と、
  立て続けに5冊ぐらい読まされたことがあるが、
  超つかれた・・・(-_-;)

  声色変えたりとかせなんだらええんやろうけど、
  やっぱやりたなんねんもん・・・。

  絵本といえば、
  先日、『うんこしりとり』っちゅーのを
  王子がたぶん好きだろうなと思って借りてきたんだが、
  それをみた血族が、「王子、好きそう・・・」。

  そして、王子ん家にもっていくと(王子はお昼寝中)
  タイトルをみた王子ママが、
  「王子、好きだと思います、こいういうの」。
  
  そして、王子ん家より返却されてきたのをみた姫が、
  「これ、王子好きだよね」

  王子・・・あんたって周囲からどんな認識されてんの!
  なんて残念・・・。

  ちなみにこの本、「こいぬのうんこ」というように、
  「こ」ではじまり、「うんこ」で終わる言葉がしりとりになってる
  言葉遊びの本。

  なかには、「こまのうんこ」とかもあるんだが、
  一人で読んだ姫がぼそっと言った。

  「こまは、うんこしないじゃない」

  ああ、女の子ってなんて成長が早いんでしょうねぇ。

  椎名は、「下手くそ」から格上げされたんですかね?
  比較対象がまひろだから、まー・・・・・・
  「前よりマシ」が精一杯かと。

  や、でも、ホントに。
  まひろちゃん、今からでも間に合うで。
  考え直しー!!!
[ 2014/07/16 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

書き漏れ拾い

あーあれ書き忘れてたなぁ・・・というもんのうち
思い出したもんを書き散らす。


その前に。
どーでもいいんですけどね、
腐人ごときのブログを、
お偉い学校や行政府関係の人が読みに来てはいかんと思うの。

こんなとこの読書ブログなんぞみてるぐらいなら
ちゃんと原書をあたりなさい。
そして、自分がどう思い、そこから何を得たか、
きちんと考えて、自分の言葉を捜さんとあかんよ。

読んで考えて。
その上で、他の少数派はどない考えとるんかを知りたくて・・・なら別だが、
腐人の意見は、ほぼほぼ極北。
マジョリティ意見ではない。

世の中にこんな意見の人もおるんか・・・というネタにはなっても、
その考えを皆に理解しろってのは、まず無理よ。

地球にやさしくしたいなら、
ニンゲンなんか一匹のこらずとっとと駆除されちまえー
ニンゲンなんて、殺しても殺してもいなくならない、
地球にとっては害獣以外のナニモンでもねー

という考えに、
共感してもらおうとはこれっぽっちも思ってないし、
こんなのがマジョリティになったら社会は崩壊するよ。

なので。
こんなところでこんなクソ駄文を読んどらんと、原書読みなはれ。
そんで、自分が苦労して努力して得た言葉で表現せんと、
言葉は力を持たへんで。



ほな、いきまひょかー。

●『ちはやふる 25』

ちゃうかもしれんけど、真島家御用達ホテル、
グランヴィアに見えんねけど・・・ちゃうかね。

ダブルは確かあんな感じの部屋やったと思うが。

グランヴィアもそうやが、京都のホテルって、
ホテルの風呂が日本式なのがいいよねー。

なんでこの様式が全国区にならんのか・・・のぅ・・・。


●『クローバー trefle』

これのプリンスとお泊まりしたホテルは、
グランドハイアットやと思うんやけどちゃうかなぁ・・・?

いや、でも、汐留のんにも似てる気がする・・・。

壁の文字がハイアットと読めるし
この独特の車寄せは、そうやと思うんやが
うーん・・・わからんが気になるー(>_<)!


っちゅーのも。
今ちょっと、諸事情により、ホテルに興味があるもんで、
これまでスルーしてた背景が
むっちゃ気になりだしてまんねん・・・。

ああ、皆様、どこなんかもうちっとヒント散らばしてー!!


ところで。
腐人が、今までで一番寝心地がよかったホテルのベッドは、
北海道のホテル名忘れたけど、
厚さ30センチだかのテンピュールマットレスのベッドだ。
あれはむちゃくちゃ寝心地がよかった。

思わず自費購入をしてもたが(でも厚みはもっともっと薄いやつ)、
テンピュールって寿命があるのね・・・。
×年使ったあたりからヘタレ具合が半端なくなってきて、
そうなるとかえって身体に悪くなってくる。

結局、自分の巣にあるウォーターベッドが、
今のところ、寝るのに一番快適な寝具だな。


『クローバー』ついでに。

この『クローバー』の村岡ん家とか
発言小町とか読んでて、素朴に疑問なんだけど、
親が仮面夫婦になっても、子供は離婚して欲しくないものなの???

大変申し訳ないぐらい、腐人は家族に恵まれて育ったので
この気持ちが、よくわからんのです。

でもさ、
「あんたがいなかったら、あんなダメ人間と別れられたのに」
「あんたのために、我慢して結婚生活続けてるんだ」
「あんなろくでなしでも、子供にとっては親だからね」
なんて言われ続けるのって、しんどくない?

どっからどうみても、嫌いあってる両親の姿を毎日見せ続けられるって
「私を言い訳にしないで!」
って思わないんだろうか。

この歳だからかもしれないが、
腐人ならそう思ってしまうような気がする。

×がついてる人がそう珍しくもなくなってきている今、
昔ほど人生の節目で不利になるようなことは減ってるのでは?
と思うのは、
恵まれた人間ならではの無神経発言ですかね。

でも、もし腐人なら、
日々積もっていく借金の利息のような負の感情に耐え続けるより、
とっととかたつけて、その後の人生はその後の人生で、
なんか新たに難関がでてきたら
そんときはそんとき悩めばいいんじゃね?と思ってしまうんだが。

白黒はっきりしないのを続けてくほうが
腐人はストレスなので、
なんで別れちゃわないのかがよくわかんないんだよなぁ・・・。

あーでも、腐人がこう思う理由の1つに、
腐人は、根ナシ草の流浪の民だから、
というのはあるかもしれない。

「生まれ育った土地」や「家」というものの
呪縛がないんだよね。

だから世間体ってもんは、全く持って気にならない。
その環境がイヤならとっとと引っ越せばいいだけだもん。

ってか、そんな見えないお化けに振り回される人生なんて
まっぴら御免だ。


とはいっても、だ。
子供が小さいうちはってのはわからなくもない。
姫や王子みてると、あの状態からパパなりママなりが欠けるって
それは耐えられないだろうなとは思う。

たださ。
昔、腐人家では、ネグレクト状態だった子を
しばらく預かってたことがある。

最初はなかなか言葉がでてこなかったんだけど、
しゃべられるようになってから
ぽつんと言った言葉が忘れられない。

それはこんな言葉だった。

「このお家は、誰も怒鳴ったり、ケンカしたりしないんだね」


子供は、大人が思っているより敏感で。
どうしても傷をつくってしまうならば、
前向きな傷のがいいような気がするんだけどな。



●『君が笑えば世界も笑う』

コレを読んでたとき、
ずーっと頭にひっかかってたことがあった。

それは・・・
「こいつら、ティラノシリーズじゃん・・・」
だ。

宮西達也さんのティラノサウルスシリーズ、ご存知です?
『おまえ うまそうだな』が1作目で、
映画にもなりましたな。

未読の方はぜひ一度読みなはれと言いたい、
『あらしのよるに』と同じぐらい腐のツボにくる絵本です。

っちゅーても、
『恋で花実は咲くのです』にでてきたオレンジグミの様子みると
どっちもティラノはヘタレやが、
こっちのアンキロサウルスは、天然なだけやのうて、なかなか強いけどな。

あわせて読むとおもろいんではなかろうか。


さて、書ききったかな?

ああそういえば『ハイキュー!!』のアニメ。

なんだかんだいいながらも、結局1話からずっとみている。

なかなかよろしい出来だと思うんだが、
最近、制作のアドバンテージがなくなってきたのか、
ヒキのシーンの絵が崩れてることが増えた気がする。

11話ぐらいからか。
まぁ、大変だもんね、現場。

そして、先週だか先々週だかから、OPとEDが変わった。
前のやつ、結構、イメージとあってて好きだったんだがな。

若々しさとか荒削りっぽい感じが、
まさに日向たち烏野のメンバーとあっててさー。

たぶん、今のがビッグネームなんだと思うけど、
すんません、腐人は疎くてよく知りません。

お話がちょうど次のステップに入ったとこだから、
歌も変えましょうだったのかな?

個人的に、『ハイキュー!!』は20話がお気に入りなので、
そこをどう調理してくれるのかが楽しみで。

そういえば、『ハイキュー!!』観てたら、
今年の春高バレー男子決勝がみたくなって、
思わず録画を見直して気づいたんだが、
『ハイキュー!!』では最高到達点の話でてこないなぁと思って。

今年の春高で優勝した星城の石川君は340センチを超えてて
フリーでスパイク打つと、ブロックが全然届かない上のほうから
バシーンと打ち下ろしてんだよね。

まぁ、大学に行き、実業団に行き、世界と戦うようになれば
340センチ超えがザラなのかもしれないが。

少しづつバレーのことがわかるようになって試合をみると
今まで見逃してたこと、聞き逃してたことがわかるようになって
おもしろいすね。


もうこれ以上は何も出ないな、うん。

ってことで、あとは昨日の読書録で終わり。

●14日
(617)BL/フルール 『ナイトガーデン』 一穂ミチ
  おお!和章救済作か!!
  待ってたよ!

  なんか・・・この和章にしろ、柊にしろ、
  人慣れしてない半ノラみたい・・・。

  唯一受け入れてる人間は、
  先生&じっちゃんだけっちゅー。

  そのじっちゃんの最期を読んでて思ったんだけど、
  人の死というものを、終わりと捉えられる人と、
  そうじゃなく、いつまでも死者に囚われる人がいるんだなぁ。

  柊は前者で、和章は後者。

  そんでもって腐人も前者なので、
  和章のように囚われ続ける人をみると、
  しんどくない?と思ってしまう。

  なんか寓話でなかったっけ?
  天が落ちてくるかもしれないって心配してる人の話。

  ああ、ググったら「杞憂」の故事だった。
  ※ご興味ある人はご自分で調べてね

  和章はそんな感じがするなぁ・・・。
  
  だから柊ぐらい健やかな感覚してる子がいいんだろな。

  そんでもってこの柊の健やかさは、
  あんた、周りの大人たちに恵まれたな。

  特に宗像さんなんて、
  他人やのに、こないに心配してくれる人ってなかなかおらんで。

  大事にしぃや。


  ところで!
  原チャリライダーから一言言っていい?

  台風ん中、バイクって、ありえねぇー!!!
  そりゃ、どーにもこーにもしゃーなければ乗るが、
  基本的に、それ、コケに行くようなもんだべ。

  特にこないだの8号のような、
  強風の台風では下手すれば死にます。
  流されてまともにまっすぐ走れないんだって。
  
  じゃぁ雨台風ならいいのかったら、そうするとすべるの。
  何度、後輪とられて、コンクリに激突したことか・・・。

  バイクって、ハンドルをきって曲がるんじゃなく、
  体重移動で曲がる乗り物なので、
  路面に水の膜ができはじめたら、もうアウト。

  曲がろうとか避けようとかの、ちょっとした体重移動で
  簡単プーに、ずるりんちょんと後輪が滑って、
  コンクリに熱烈ダイブとなるんです。

  それも山道でしょ?
  腐人だったら、どんだけ鈍足でも自分の足でいくわー。
  
  
  それとさ、交通量多いから23区で原付やめろゆー話。

  いやいやいや、和章くん、
  それ違うって。
  23区こそ原付やって。

  23区の都心部を車乗ったら、
  道路は大きな駐車場になっとるわ
  停めるところはないわ、
  なにかっちゃー金はかかるわで、ええことなんもない。

  それに比べて原付は、すり抜けで走れるし、
  停めるところも車ほど大変やない。
  あのおしくらまんじゅう状態の不快な電車に乗るより
  よほどこっちのが快適やで。

  まぁ、いつ天が落ちてくるかと思てる心配性やから、
  事故の心配しとるんやろうけどさ。

  ゆーたらなんやが、
  腐人が街にでて、都心部を原付で走ってるときなどは、
  原付に対してひどい運転仕掛けてくる車は
  大概が、近隣県のナンバーやで。

  要するに田舎やったら、
  自転車やバイクに先に行かせることなんかないんやろ。

  せやから前を走られるんが
  むかついてしゃーないんやと思うんやが
  だからってスレスレの無理な追い越しをしかけてくるのは
  どうなんかなぁ・・・(~_~;)。

  東京のナンバーの車は、
  しょせん抜かしたところで次の信号になったら
  バイクに抜かれるんわかっとうから、無理に抜いてきぃひんし、
  抜くときも、自分がひっかけたらイヤやからか、
  ちゃんと隣の車線に移ってから抜いてくる。
  
  だから、東京ナンバーがほとんどのホントのド都心を
  原付で走ってると、
  宿敵は、タクシーとチャリンコになんねんて。

  まぁ、そこで事故がゼロとは言わんけどな・・・。
  
  でも、腐人は最近、街中走ってても
  パクられても、事故ってもいないよ!
        ↑
      ってか、ええ歳なんやから、ええ加減にせぇよ・・・
  
[ 2014/07/15 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『クローバー』より、恋愛と結婚

干物どころか、
ニンゲンであることも半分ぐらい放棄してる腐人が
なにを言いよんねん・・・って話なんだけど、
『クローバー』を読んで、思わず考えちゃったのよ。

ってことで、まずカウント。

(605-616)マンガ 『クローバー 15-24』クローバー trèfle 1,2』 稚野鳥子

腐人にとっては、こういうOL世界って、ものすごーく遠い世界なんだが
実は、昔々、そこにいたことがある。

すぐに、これはあわねぇ!と気づいて脱出したんですけどね。

その結果に対して今思うのは、
己の決断力の正しさだけで、微塵も後悔はない。
あそこにあのままいたら、どっかおかしくしてたね。

で。
脱出してしばらくは、その世界ともつながってたんだが
今じゃ疎遠も疎遠。

だから、あのまま居続けたら、これと同じことに遭遇してたのか、
それともこのマンガの世界が変わってるのかがわからないが、
読んでて一番驚いたのが、義理ごとの精算という話。

未読の方のために説明すると、
同期が30人いるとする。
そのうち27人は結婚し、3人が未婚のままだとする。

そうすると、この未婚の3人は
27人×一人2万(仮)のご祝儀がでていくばっかりで、
戻ってこないと。

なので、年齢30になるところを機に、この3人に
一人54万づつ渡す、というもの。

これを、この『クローバー』の舞台になった
ホテルの会社ではやってるっちゅーんです。


えええええー?
義理ごとで包んだお金って、精算するもんなの!?

非婚主義の腐人は持ち出しばっかで、
今のところ1円も回収しとらんけど、
気持ちとして差し上げるもんだと腐人は思っていたぞ。

そんで自分の葬式も、
簡素に燃やして終了にするつもりなので、
香典をもらうつもりがないんだけど・・・。


ってか、精算なんていいだせば、2万じゃ全然足らんのちゃう?

腐人の場合、友人はほぼ関西。
なので、当然のことながら挙式披露宴は関西。

よって交通費に数万円。

それに第一礼装で出るから、着付け、ヘアメイクを頼んで数万。
これは主催者側が出してくれることが多いが、
そうなればなったで、その分、包むのを上乗せするから、
プラマイ0。

かつ、着崩れを避けるために、
ほとんどが式場ホテルでの着付けになるから
前日インは必須。
足すこと、宿泊費1万か。

そこにお祝い包むと、結婚式1回当たり10万弱じゃない?

腐人の場合、こんくらい義理ごとなんだから当然だし、
久しぶりに友達に会える特典を思えば、
そんなもんだろ、なんだけど。

うーむ・・・腐人が変なのか、精算が変なのか。
周囲にきいてみようっと。


あーでも、そういう考えがベースなら、
発言小町でたまにみかける
友人のお祝いが少なく、もやもやします・・・
っちゅー相談がでてくることがわからんでもないなぁ・・・。



さて、この『クローバー』

群像マンガなので、いろんな恋愛、結婚パターンがでてくる。

腐人は非婚主義者なので、結婚する気はさらさらないが、
一番わかるなと思ったのは、柘植の考えかもしれない。

逆にわかんねぇのが村岡で。

こーゆーのは絶対イヤ!なのが、央太と里李香。


順に語ろう。

まず、柘植だが、自分がプライドが高いという自覚がある。

要するに、弱ってるとこがなかなかさらけだせない。
また、誰かに「あなたが頼り」って言われて、
自分を立ててくれる相手じゃなきゃダメ。

昭和のオヤジに近いかもなぁ。

ただ、そういう自分がわかっているので、
家庭に求めるものは、癒し。

帰ってきたときに、ほっとくつろげる場を作ってくれる相手こそが
理想の結婚相手なんだよな。

なので、選ぶ相手が
莢花(常務の娘・社長の姪)でもなく、
栞(社長の娘)でもなく、
沙耶(元部下)なのはわかる。

ただ、腐人なら、
もうちょっと頭がよくてしっかりしてるほうがいいなぁ。
沙耶は、家内をコントロールするにはちょっと頼りない。

そう、腐人が男なら一葉がいい。
ただ、一葉だと、頭がよすぎて、柘植はダメなんだろうけど。
その点は、腐人は柘植ほどプライドないなー。

って、なんで男の立場で考えとんねん!!

あと、腐人はいらんなと思うとこが、
「柘植さんすごい」って、
子供みたいな純真さでゆってくれる相手じゃないと
ダメなんだろなーってとこ。

その前に、自分で習得してくれやと、腐人なら思ってしまう・・・。
ああホント、書けば書くほど結婚に向いてない・・・。


腐人がこのカップルがいいなと思うとこは、
柘植にしろサヤにしろ、ちゃんと自分の中で優先順位とか
大事にしないといけないことがわかってるとこ。

柘植は、恐らく、こいつと結婚したらどんな家庭になるかってのを
ものすごーくシミュレーションしたと思うんだよね。

莢花ならこんな家庭、
栞ならこんな家庭、
沙耶ならこんな家庭って。

その上で、自分は結婚生活に何を一番に求めるかってのがあって、
ああ、ならば、自分の結婚する相手は沙耶だなとなったような気がする。

そう決めたなら、沙耶が悲しむことはしないって
ちゃんと自分をコントロールできてるのがいいんだよなー。

お互い、お金の感覚もちゃんとしてるし、まぁ鉄板夫婦だなぁ。

腐人は、結婚っちゅー契約をするなら、
ここまで見極めてやれと思うんだよ。


なので。
本当にわからんのが村岡。

あんた、なにがしたいんや?

ホント、ただ流れのままに流されてるだけの
流され侍だよなぁ・・・。

そもそも腐人は、浮気する人の感覚がよくわからない。

するなら、最初から全ての人とヤルだけ関係にしとけばいいのに
なんで本命なり結婚相手なりっちゅー
責任とらんといかん人をつくるの(~_~)??
そこがわからんの。

そんなの作って、よそでつまみ食いしたら、トラブるだけじゃん。
わかんねぇ・・・(~_~;)。

あっちこっち食べたいなら、
最初から本命作らないヤリ●ンで通せばええのに・・・。
わかんねぇ・・・(>_<)。

そう。
なので、逆に腐人は、細谷ならわかるんだよ。
すげーわかる。
ってか、たぶん腐人が男だったら細谷だと思う・・・。

それもきっとパイプカット手術受けてる細谷。
でもゴムはするよー、病気やだからさーっての。

・・・自分でゆっときながらなんだが、サイテーだな。

まぁ、腐人の話はおいといて。
この細谷くんも、先の展開では年貢を納めるようですけど
腐人は、死ぬまで逃亡したいなぁ・・・。
      ↑
  結局、自分のことゆーとるやんけ!


で、絶対イヤな央太と里李香。

二人とも、本命つくっても別の誘いにフラフラする性質の上、
金銭面での計画性がゼロ。
将来設計図なんて全く書いてなさそう。

腐人は自分がキリギリスだという自覚があるが、
ここまで後先考えずには生きられない・・・。

悪いが、腐人の近くにこんなのいたら、
きっと疎遠にする。

思わず、今のこの家の家計をソロバンはじきたくなったが、
こういうのをみると、学校はもっと家政学に力を入れるべきでは?
と思う。

学校は、試験の点数をとることばかりじゃなくて、
生きていく知恵を、人生の設計図の書き方を、人生計算の仕方を
もっとしっかり教えてくべきじゃないか?

そのんが後々の人生によほど有益だと思うんだけど・・・。



それにしても杳生は幸せになれるんだろうか。

この、柘植と沙耶と杳生をみて思ったことが2つ。

1つは、恋愛をする相手と、
結婚をする相手は違うということ。

たぶん沙耶と杳生は恋愛ならできたかもしれない。
兄妹のような家族にもなれたかもしれない。

でも、結婚をして、夫と妻にはなれなかった気がする。

なんつーか、たまに思うんだけど、
生育環境において、どこか欠けてるものがある人って、
沙耶のような、愛されて、恵まれて、満たされた家庭に育った人に
ものすごく憧れ、
無意識的にそういう人を選ぶとこがあるような気がするんだ。

まぁわからんでもないんだが。

でも、そういうパターンって、結局、対等な愛情ではなく
依存とか、代償のようなとこがあって、
なかなかうまくいかないことが多い気がするんだがな。

結局は、まず自分自身をむきあって、そこを乗り越えないと
いかんのではないかなぁ・・・杳生は。


そういうネガ側面ではなくポジ側面の話がもう1つの方。

腐人は、大和和紀さんの『N.Y.小町』が好きなんですが
この3人の関係みてて、ふと、これを思い出した。

腐人はあの話の三郎が好きでねぇ。
杳生が抱いてる感情は、三郎の気持ちとかなり近い気がするんだ。

杳生もいつか、
ポーラスターをみあげるようになるんだろうか。


正直、カケラも恋愛体質がない腐人としては、
まぁ、皆さん大変ねぇって感じなんだけど、
1つだけ言わせてもらっていい?

たかが恋愛がゴタついたぐらいで、
仕事に影響出してんじゃねぇよ!!

それだけは社会人としてなんとかして欲しい。

・・・まぁ、プライベートがごたつくと、仕事に影響がでるってのは
わからなくもないのよ。
腐人も、家に、チューが出現したときは、
仕事が手につかなくなったから。

でも、大きなミスはしなかったわ!!
(小さいのは、
 どんだけ気をつけててもなかなか0にはならんよね)

思っていたより、おもろかったので、
他のも読んでみよーかなー。



以下は、昨日先送りしたコメント。

(592-594)小説+マンガ 『リバーズエンド』『キャッスルマンゴー1、2』 木原音瀬
  こないだAV男優の本を読んでから、
  読み返したいなぁと思っていた。

  は、いいんだが、これ、ここまでいくと、
  『HOLLY MIX』までいって、すっきりしたくなるんだが
  今、布教活動中なんだよな・・・。

  で、読んでて思い出したのが、
  男優さんの演じ方だが、
  相手の女の子が気持ちよくあるようにすることが
  自分の役割だという方もいれば、
  観ている男性が、どうやれば満足するか
  ということを考えて演じられる方もいるって話。

  なーるほーどねぇ。

  そんでもって皆さんに共通してることは、
  やはりお子さんへの影響だそうで。

  ある男優さんが、娘さんと一緒にいたときに
  見知らぬ人から揶揄されたことを語ってらしたが、
  そのときのお嬢さんの対応がすばらしくてね。

  初読のときは、どちらかというと『デラシネマ』視点で
  皆で映画を作ることに注目してみてたが、
  亀はまぁいいにしても、
  吉田くんなんか、この先どうなるのかなぁ?
  とか思ってしまった。

  そんでもって。
  亀が、自分は不運だったが不幸じゃないといえるのが
  やっぱり腐人にはわからない。

  映画の『スリングブレイド』で、
  どうしてそう思えるのかわからなかったように。
  
  だって、親父がまともだったら違ってたじゃん!
  ギャンブルに依存した親父の弱さを
  どうして責めずにいられるのかなぁ・・・。


  こないだ発言小町の過去の名作を読んでいて、

  義母の将来について、夫と話ができません。
  http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0526/412342.htm

  ってのがあった。
   
  初めは、トピ主さんが何がしたいのかがわからず、
  自己保身に走ってるのかなぁ?とか思っていたが、
  親の虐待を受けて、機能不全家庭で育つと、
  ここまで乖離するものなのかと、絶句した。

  虐待の本とか読むと、よくでてくるけど、
  それがここまで根深いものだとわかってなかった。

  そういうことを思えば、そこまでならなかった亀が
  「不運だったけど不幸じゃなかった」
  といいたくなる気持ちはわからなくはないが。

  それでもやっぱり・・・
  どこか自分に言い聞かせてるような気がするんだよな。
  死者に鞭打ってもしょうがないだろ、という諦観からというか。
  うーん・・・難しいなぁ。

  はやく万ちゃんと、いやっちゅーほど幸せになってくれ!

(595)マンガ 『いとしの猫っ毛 小樽篇』 雲田はるこ
  腐人家の蔵書は、
  ほとんどが表紙が見えないカバーがついている。
 
  理由は言わずもがな。

  だもんで、読みたい本を探すのに一苦労なのだ。
  分類整理されてねぇし。

  ってことで、『キャッスルマンゴー』を探していたら
  あら、こんなところに『小樽編』が・・・ってことで、
  ついつい再読。

  うーん・・・けえちゃんは全然変わってない気がするが、
  みぃくんは・・・・・・小樽時代のほうが身綺麗ね。

  北海道の暴風雪の怖さは、
  北海道とは縁遠い腐人は最近の冬の報道でようやく知ったが
  あの怖さは、地元の人なら心底わかってるだろう。

  そう考えると、言っても詮無いことなれど、
  「どうして?」と思っちゃうなぁ・・・。

  まぁ、それを一番問いたいのはみぃくんなんだろうけど。

  けえちゃんがいればその傷が再び開くことはない気がするけど
  ちゃんと向き合ったのかな?
  逃げてるだけなら、いつか雪崩れが起きそうで怖いなぁ・・・。

(596,597)マンガ 『恋する暴君 9』『きみが恋に乱れる 2』 高永ひなこ
  なんかもう『暴君』は、
  勝手にやっとれバカップル!
  の領域に達してきたっちゅーかなんちゅーか・・・。

  ツンデレってどういうの?ともし誰かから聞かれたら、
  『恋する暴君』読んだらわかる、とゆーとこーっと。


  どーでもいいけど、兄さんの長髪って、
  たぶん不精からなってると思うんだけど、
  そーゆー場合、前髪も一緒に伸ばすもんだが
  あの前髪は誰が作ってるんだろう・・・自分?

  だったら後ろももうちっと短くしてもいいような気がする。
  
  っちゅーか、自分でぱっつんやってるよーなとこ
  エンゼルがみたら・・・ああ、うるさそうだ・・・(-.-)


  『きみが』は、この関連作を読んでないので
  よくわからんまま読んでるんだが、話は通じるからいっか。
  
  呉服業界の現状ってのは、かなり大変ときいとるので、
  盛況だのいわれても、どこか腑に落ちない・・・。

  腐人は着物にアレルギーがでてしまう体質になってしまったので
  すべてを手放したんだけど、
  そんときに現状をきいて、言葉を失ったぞ。

  まぁ、確かに街に出て見渡しても
  着物着てる人、減ってるもんねぇ。

  テリトリー内に茶道関係のとこがあるので、
  そこに向かう人たちは着てるけど、
  他ではみかけなさすぎる。

  今じゃ、結婚式でも洋装多いし、
  子供の学校関係の式でも着物着てる人はほぼ皆無と聞く。

  昨今、お葬式でも着物の喪服きてはらへんもんねぇ。

  成人式と大学の卒業式のぞいたら、
  ホント、着る機会がなくなっちゃってるんじゃないかな。  

  だからといって失うのは、
  あまりにもったいなさすぎる技術だと思うから
  着物にばかり縛られずに、
  この「美」の作品と技術を残してく道を
  模索すべきだと思うんだけどな。

  って、これはBLであって、ビジネスマンガじゃないよね・・・。
  ついそっちに考えてまうねんけど・・・。

本日は、以上!
[ 2014/07/14 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

別邸 洛邑に行ってみた

某月某日、知人から連絡があった。
「暇?」

暇っちゃー暇だし、
暇じゃねーったら暇じゃねー。
読まねばならない本は、いつでも山積みだ。
(仕事は?)

何さ?ときくと、
「いや、実は今度、会員制のホテルに行くんだけど」
「行く!」

即答で便乗を決定し、詳細をきくと、
伊豆・下田にある「別邸 洛邑」という会員制ホテルだという。

全室スイートで、全8室。

よしよし。
腐人の好きな小箱タイプの隠れ宿ね。

下田駅までは、到着時間を言っておくと
お迎えにきてくれる。
ここ××年、ハンドルっちゅーたら
原付のしか握ったことが無い腐人にとってはありがたい。

ホテルまでは15分ぐらいだったか、
その間にきいてみると、どこか行きたいとこあれば
車出しますよ、とのこと。

さすが会員制。
至れり尽くせりじゃの。

入口はホテルの屋上になるのかな。
そこが駐車場になっていて、
そこからエレベーターで降りてフロントに。

ロビーには、文学全集などがならんでいて
ご自由にとなってるが、
・・・できればもう少しエンタメ系があるといいな・・・。

こういう図書室があるホテルといえば
腐人は俵屋旅館と、望楼NOGUCHIを思い出すが
そのどちらも、かなり硬軟あわせた蔵書だったな。


ロビーではエスプレッソが飲み放題だったので、
後で、荷物に持ち込んでいた本をもって、
ロビーの寝椅子に寝転がって、
コーヒー飲みのみ読書にふけったんだが、
この寝椅子がヤバイ!!

ふと気付くと寝落ちしそうになっていた・・・。

この寝椅子、部屋にあったら
一日そこから動かないわ、きっと・・・。


お部屋のほうはというと、
各部屋に、大人が2~3人入れる
かけ流しの露天風呂がついてて、
基本、ツインタイプに和室という感じ。
和洋室ってやつになるのかな。

たぶん最大一部屋4人までいける感じ。

腐人はとびいりだったので、
和室に布団をしいていただいたが、
恐らくもう一人ぐらい大丈夫じゃないかなぁ。

あとパソコンできそうなデスクと、応接セットがあり、
内風呂ではDVDがみられるようになっていた。


ちょっと驚いたのが、部屋にテレビがないこと。
あーだから静かなんだ。

きくと、頼めばテレビはもってきてくれるようだが、
静かにくつろいでもらうことをテーマにしてるそうなので
わざと置いてないんだそうだ。

確かに、ないと、こんなに快適なのかってのは
新しい発見だった。

大浴場はないんだけど、
同じオーナーさんがやってる大箱ホテルが近くにあり、
もし、大浴場にはいりたいなら、送ってくれるという。

そっちに興味はなかったのでパスしたが、
部屋のお風呂はすごくよかったなぁ。

湯量が多く、温度も最適。
思わず本を持ち込んで長湯したくなったわ。


そんな、このホテルのウリは
なんといってもビーチとメシ。

ホテルの目の前がビーチになってるんですよ。

そのビーチは、
環境省の快水浴場百選たらゆーのにも選ばれた
外浦海岸っちゅーやつで、すげー綺麗だった。

腐人が行った日は、天気がいまいちで、肌寒かったんだが
そんでも海入ってる人いたなぁ。

湾になってるせいか、波もそう高くなく、
かなり広範囲に砂浜が続いてるから親子連れも多く、
こりゃシーズンになったらえらい人になるやろなー
という感じ。

このホテルは、その海岸に歩いていけて、
かつ、戻ってきたらすぐシャワーが浴びられ、
ジャグジーにも入れる。

・・・でも、海で泳いだ水着のままジャグジーはいったら
塩まじりになるのか??
海に入るつもりはなかったから、
よくきかなかったけど、いいんだろうか・・・??

ちなみにすぐ横に、プールとフィンランド式サウナもある。
このフィンランド式サウナが、すげーよかったのよ・・・・。
根性なくて長居を断念しちゃったけれど・・・。

宿泊すると、部屋から水着+バスローブでいってもいいし
更衣室もあるので、そこで着替えてもいい。

1階のロッカーに荷物がいれられるので
手ぶらでビーチにいけるのがラクチンでいい。


そして、メシが絶品で!!!
素材もいいんだけど、なんつっても旨い!

腐人がいったときは、こんなメニューだったが
シェフさんがそのときそのときの旬の素材を使って
毎日どうするか考えてはるそうだ。

●大蛤の冷製ゼリー キャビア添え
●コーンスープ
●紅姫あまごのカルパッチョ 香草サラダ
●鮑のフリット トマトソース
●豆腐のステーキと伊勢えびのソテー 海老のコンソメ餡
●金目鯛のポッシェ 雲丹のクリームソース
●あしたか牛のグリル ソイソルトとレモンオイル
●パン3種(バケット、バジルバケット、フォッカチャ)
●フロマージュ(2種類)
●デセール(ティラミス)+カフェ

どの皿もホントに美味しくて、
あっちゅーまにぴかぴかに平らげてしまったが、
野菜好きの腐人にとってすごく嬉しかったのが、
添えてある野菜のどれもこれもが
すげー味が濃くて旨いのよー!!

ああ、この野菜を餌にできるウサギになりたい・・・。

そうそう。
ここでソイソルトってのを初めて食べたんだけど、
要するにしょうゆを顆粒にしてるもので、
これがお肉につけると旨くてさぁ。

一皿一皿はそんなに量がないんだけど、
皿数が多いから、かなり満腹になってしまい、
フロマージュは部屋にもってきてもらった。

後で聞くと、食べきれない場合は、
タッパーを持参していったら、
お持ち帰りOKだそう。

朝食は、アフタヌーンティーっぽい3段ででてきたんだが
これもうまかったー!!!

この料理を食べにだけでも、来る価値があるわ!


エステもいいみたいだが、事前予約しないとならず、
今回は未体験。
やってみたかったなぁ・・・。


大人向けの隠れ宿が好きな方なら気に入るんじゃないかなー。

なにより、あの料理は、ホント、素晴らしい!
たぶん都内であれだけ食べたら軽く3万ぐらいすると思う・・・。
いや、もっとか??

近所の方は、食べるだけもOKみたいなんで羨ましいのぅ。


ちなみに、会員になるには・・・の具体的な数字は、
便乗しただけの腐人にはわからんので、
もしご興味あるかたは、直接お問い合わせくださいませ~。

「The SPA Resort 別邸 洛邑」
[ 2014/07/13 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

やりたくないので、やる気ナシ・・・でもやらネバダ

自分でゆーのもなんだが、
寒っ!

某リーダーを思い出してしまった・・・。


いやさー。
すげー憂鬱×3乗ぐらいの仕事があって、
ずっと見ない振りをしてきた。

が、腐人の仕事は、
今の腐人がやらなかったら
単に未来の腐人が困るだけのこと。

そして今、その未来がやってきてしまったんだべさ・・・(-_-;)

ので。
今日はサクサク読書録で終わる。

そういや、テスト販売を入手したがゆえに、
コメント先送りしてたのも、正式発売日きたから
書きましょうかね。

(545)BL/プラチナ 『365+1』 凪良ゆう
  若い頃にはありがちな、底の浅い見栄。

  人にもよるだろうが、
  この馬鹿みたいな取り繕いをやめて、
  素直なアホになって生きたほうが楽やねんけどね。

  それにしてもこれ、おもろいねぇ。
  「-1」読んだとき、どんだけサイテーな攻め・・・
  と思ったが。
  「365」を読むと、ただの見栄っ張りなアホか、
  ここまでバカちんやと同情するな・・・
  となり。
  「+1」で、ま、結果オーライ?と。
  
  それにしても、こういうの読むと思うねんけど、
  親はどこまで子のためにするもので、
  子はどこまで親のためにするものなのか。

  正解がある問いではないと思うけど、
  腐人は孤独死バンザイ主義なので、
  もしこのお母ちゃんやったとしたら、
  私を理由に残らんといて、と思うなぁ。

  人は絶対に死ぬもんなんやし、
  そばにおるから、死に目にあえるとも
  そばにおったら、何かあったら何か出来るとも限らんし。
 
  ってのも、現実、腐人の周囲は突然死が多いんですが、
  同じ家の中におったのに、気づかんかったよ。
  なので、人の最期ってそんなもんやと思うねん。
  来る時は、どんだけ逃げても来る。
  ちゃうかね?

  せやからこそ、
  生きてる間、なんかしよと思たら
  後で自分が後悔することが少ない道を選べ、
  自分の無能と怠慢以外の言い訳を作るな!
  と思うんよねぇ。

  こないだ、「ほんまでっか」をみてたら、
  「子供が父親を尊敬するのは、ニンゲンとゴリラだけ、
   他の動物は、子供は大きくなったら親を捨てるもの」
  っちゅーてたんですよね。

  それがホンマかどうかは
  腐人は無知なのでわからんのですが、
  ニンゲンの親子の関係がこんなになってんのは、
  やっぱ「社会」ってもんが関係してんだろなーと思う。

  甘い世界ではないから、
  この先二人がどないなるんかはわかりませんが、
  やれることを、やれるときに、やりきっとかんと、
  愚痴愚痴いってしまう人生になると思うんよねぇ。

  ま、おきばりやす。

●10日
(588)マンガ 『ちはやふる 25』 末次由紀
  あら、名人ってこんな過去があったのー。
  よかったね、早いうちに保護してもらえて。

  でも、かっこええのは、原田先生!!!
  いやーたまらん!
  前から惚れてるけど、惚れ直したよ!!

  キョコたんの台詞は、こないだ書いた、
  400年後の清水寺の舞台修復のために樹を植えるんと
  近いんかなぁ。

  どうしても余裕がないと
  近視眼的にしか物事見れなくなってくるが
  何事も、決め付けてしまわないで、
  自然のなりゆきにまかせたらええんちゃうんかのぅ。

  っても、男の子3人の母になる覚悟は
  そうとういると腐人も思うけどな・・・。

(589)マンガ 『海街diary6 四月になれば彼女は』 吉田秋生
  いやーおもろい!

  今の吉田さんだから描けるお話だなぁと思うが
  腐人もかなりいい年なので、
  「あーわかるわかる、うんうんあるよねー」
  と言いながら読んでしまう。

  まーおばちゃんからすずちゃんに言えることは

  ありがたいことに、
  お金の制限や、家が押し付けてくるとかあらへんねからな、
  こーやったらどーやろ、
  あーやったらどうなる?
  と、いろんな状況を考えて考えて考えて。
  その上で、
  自分が一番後悔することが少ないと思う道を選び。

  それが一番やと思うで。
    
(590)BL/ディアプラス 『君が笑えば世界も笑う』 久我有加
  やた!オレンジグミや!

  むっちゃどーでもええんですけどね、
  この芸人シリーズ(と腐人が勝手に呼んでいる)、
  絵師さんとか、タイトルの音とか韻とか、
  なんか、みたら一発でわかるような共通項が
  なんであらへんのやろ。

  腐人はタイトルと著者名で選別するもんやから
  開けてみるまで中身がわからんのよ・・・。

  なんか目印つけませんか?

  で、本編ですが。
  前にちょびっとだけ出てきたときに、
  すっごい印象強かったんよねーこのコンビ。
  ホンマちょびっとやったのに。

  せやから、読みたかったんで、すげー嬉しい。
  
  ただ・・・こ、これで終わりかい!!
  こっからやろー!!!

  という感じなので、秋にでるっちゅー続編が
  今からもー楽しみでたまらん。

  ゆーたらなんやが、
  ツッコミは後付けや計算でも出来んことないような気がするが
  ボケは天性やと思うんよねぇ・・・。

  ってことで、相方としては最高やと思うが、
  恋人としては、苦労しそうな気がするで、オコ・・・。

  そして、オコをみてると
  賢いのにアホな犬を思い出してならんのは
  腐人だけやろか・・・。

(591)マンガ 『トウキョウ・D 2』 祀木円
  そういえば、本屋でレジに出して、
  カバーを頼むと、
  「こちらは出版社さんのほうでシュリンクされてるので
   カバーはおつけするだけになります」
  と言われた。

  5月に『ダイヤのA』を買うたときには
  そんなん言われんかった気がするんやが・・・
  と思い、書店の方にきいてみると、
  最近、講談社さんは、そういう方針になったみたいです
  と言われた。

  ほー・・・手間ちゃうんかなぁ?コストもかかるし・・・
  と思って、あとでよくよくみると謎がとけた。

  なるほど、そういうことか!

  消費税がUPし、総額表示の値札の書き換えに
  小売業者さんたちが大変だったのは記憶に新しい。

  本の場合、裏面に書籍JANコードっちゅー
  書かなきゃいけない決められたいくつかの事項がある。

  結構幅をとり、たぶん装丁される方の悩みの種だろうなぁと思うんだが
  それがすっきり消えていたのだ。

  たぶん、腐人が気づいてなかっただけで
  もっと前から徐々に移行してってんだろな。

  その代わり、印刷・製本と同時にシュリンクして
  その上に、書籍JANコードシールを貼っている。

  なるほど。
  これなら返本されてきたとしても、傷みはすくなかろうし
  (でも焼けはふせげないよなぁ・・・)
  ルール変更があっても、シールを貼りかえればいい。

  長い目で見て、そのんがいいという経営判断だろなー。

  立ち読み防止にシュリンクかけてる本屋さんにとっては
  手間が減って助かるだろうし。

  個人的には、本屋で買うときは自分の眼で
  本の状態が確認できるからいいんだけど、
  ネット書店で買うと、たまに状態が悪いのが送られてきたり
  輸送途中にヨレやヤレや汚れが生じて、
  いやーんな気持ちになったりすることあるので、
  出荷段階からこうなってると、ちょっと安心。

  でもま、それは出版点数が多い大企業だからできることで
  小さな版元さんなら、事情が違うからねぇ。


  と、長々、本編とは違う話をしてきましたが、
  ってもの・・・腐人、『しゅんにゃん』がすごく好きで。
  
  なのでとこちらを読んでみたが、
  率直なところを言わせてもらうと、
  話がわからん(~_~;)。

  『しゅんにゃん』だからこそ、
  あの描き方でよかったんだけど、
  こういうストーリーを描くには、
  まだ足らないのか、向いてないのか、
  そんな気がした。

  よくわからないなりに読んでみたが
  D班とY班とドール、それぞれの思惑、筋がある。
  
  そしてその中でも個々の考えがあるわけだが、
  それを描くには、あまりに説明が足らない。

  言葉でかけないなら
  絵やマンガ表現で補足するものだが
  うーんと・・・・・・そもそも、そっち方向じゃないよね。

  となれば、ネームをもっと作らないと。

  マンガの場合、吹き出し以外にも書けるのに
  そこらが全然生きてないんだよねぇ。

  この辺が巧みなのは、羽海野チカさんとかだろなー。

  なので。
  なんかよくわかんねぇままに話が進んで終わってる。

  よって、ただ、SHIMAが可愛いだけしか印象に残らん・・・。

  どーせなら、
  『にゃんペット誘拐事件』
  とかのが萌えたかも・・・。

  経験積むのも勉強だと思うので、
  がんばって!
[ 2014/07/11 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『先生のおとりよせ』と、腐人のおとりよせ

台風が大荒れで、
収穫前の夏の果物がとても心配な腐人です。
    ↑
   人の心配せぇよ!!


さて、本日はお取り寄せの話。

先日、本屋をウロウロしていて
ついお試し読みから購入してしまった

(586)マンガ&小説 『先生のおとりよせ』 中村明日美子、榎田ユウリ

帯に、即購入できる、とあるように、
確かに、比較的入手が容易なものが多い。

腐人は、食にこだわりがあるほうではないと思うが
(や、だって、食については上のほーみるとすごいじゃん・・・
 それと比べるとさ・・・)
どうせ食べるなら、美味しいものがいいと思っている。

なので、つい、こういう本とか、
「絶品!おとりよせ!」とかゆータイトルとか、
手土産本とかは、覗いてしまうのよねぇ・・・・・・。

ただ、何を、どんな味を、「美味しい」と思うかって
かなり主観が混ざってくるところもあるため、
1冊のうち、数個でも、
「お、これいいな」と思うものがあれば
めっけもんだと思ってる。


今回のでいえば、永楽屋の琥珀。
あれ、温度変化に耐えられて軽量なら、
海外の人への土産にいいかもしれない。

寒いところにいくならまだいいんだけど、
暑いところにいくときは、
溶けるってのが結構ネックになるんだよね・・・。

あと日持ちと重量。
羊羹とか、甘いもの好きな人にあげるのにいいんだが、
あれ、重いんだよ・・・。

最近、飛行機は重量が厳しくなってきてるし、
そもそも仕事で行くため、
お土産に避けるスペースはわずか・・・。

それで、どれだけのものを、涙を呑んで諦めたことか・・・。


その限られた条件の中で、
これなら!と選んでもっていくと、
皆さんよくおっしゃられるのが、
「こういう繊細な味は、日本じゃないとー!(T。T)」
である。

確かになぁ・・・。

イギリスで食べた、
レモンパイと言う名前の、どこがレモン?なパイとか。

フランスで食べた、
彩りは超美しいんだけど、
ひたすらすっぱいだけだったフルーツの乗っかったケーキとか。

腐人はフルーツ好きなので、
どこに行ってもついフルーツに目がくらむんだが、
一番美味しいのは日本のフルーツだと断言できる!

そう・・・今、まさにこの時期、
腐人のイチオシおとりよせは、
樹になるルビー、さくらんぼ様だ!!!

ああ、佐藤錦ね、と言われたら、
ちっがーう!!!とゴリ化させてもらうわ。

腐人のおススメは、紅秀峰。
佐藤錦は、6月ごろからでまわるが、
紅秀峰は、7月上旬。
今、まさに出荷最盛期なのだ!

特に今年は出来がよく、味がいいのに、価格も安い。
あああああ・・・しあわせ・・・・。

ちなみに紅秀峰は佐藤錦より酸味が少なく、甘みが強い。

大将錦や月山錦も食べてみたが、
やっぱ腐人は紅秀峰が一番だなぁ・・・。

そういえば紅姫とかゆーのもあるらしく、
そいつを一度食ってみたい・・・。


ただ、生鮮食品のお取り寄せは、
どちらかというとハズレ率のが高い。

いや、ハズレといっては悪いのか。

「これなら、近所で買えるのと、
 あまり変わらないんじゃない?」
というのも、ハズレと言ってしまってるからなぁ・・・。

そもそも生鮮食品は、消費寿命が短いので、
一度に大量にこられても困る。
なので、期待値が高いんだよね。

・近所では買えない美味しさがある
・大量にきても、嬉しいと思いこそすれ、困ったと思わない

それをクリアする生鮮品となると、なかなか・・・。
それも、商品を自分の目で見て買うわけじゃないし。

でも、そういう難点をクリアして、うめぇ!ってのにあたると、
ホント、嬉しくなるよねー。

ちなみに腐人家で、その基準をクリアし、毎年購入となったのは、

・さくらんぼより、紅秀峰様
・さつまいもより、甘太(かんた)くん様
 ※甘太くんは、くんまでが名称なのだ

この2つは、本を買うのと同じぐらいやめられない・・・。


いかん。
己の話ばかりしてしまったので、本の話に戻そう。

ポタジエは店に行ったことがありますが、
まぁ、すごい人。

個人的には、日本の野菜はそのままで十分美味しいんだから
ここまで手をかけなくても・・・という気がせんでもない。

トマトジュースは飲んでみたいが、
これも、トマトそのまま丸かじりでいいかも。
個人的には、今の時期、北海道・砂川のトマトがお気に入り。

くさやは・・・・・・食べたことがない。食べる勇気がない。
『英国一家、ますます日本を食べる』で、
豆腐ようがでてきて、これは無理!とゆってはったが、
たぶん、腐人も無理・・・。

お子様舌と言わば言え!
無理なもんは無理なのよ!


養々麺は、これは以前、師匠からいただいたことがある。
この妙なお店の名前が異様に記憶に残って覚えてる。
ホントあっさり淡白で、これでインスタントってのが驚きだった。

養々麺・・・
なんてお腹に優しい子・・・
っちゅー感じかね。

焼きまんじゅうは・・・・・・・・・
これではないですが、別のとこのものを食べたことがありますけど
この食感がダメなのー(T_T)

そう。フカフカパンが食べられないんです、腐人・・・。
中華のマントウもダメ。
五平餅なら大好物なんだがなぁ・・・。


と、出てきた商品はそれとして、
中村さんと榎田さんがとても楽しんで書いてはるので
フェミオサとチチクラのお話が、とても楽しかった。

でも、チチクラのいい分、
チチは絵で描かれないとっての、
編集長みてたらすげーよくわかりました。

確かに中村さんところで編集長がでてきたら、
鼻血フラッシュがわかるけど
榎田さんところで編集長がでてきても、
鼻血ビームにはならない。

あれはあれで
ない人にはわからない大変な苦労があるようですけどね。

ま、読むと、
「おいしそー
 たのしそー
 しあわせそー
 いいなぁ・・・」
という気分が味わえるので、
近頃クサクサしているの!!という人には
おススメの本かと思います。

結果、お太りになられても、腐人は責任をもちません。
あしからず。
[ 2014/07/10 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『火車』と『「うつ」は病気か甘えか。-今どきの「うつ」を読み解くミステリ』

よくわからないタイトルだなと思われたと思うので、
先にカウント。

(584)一般本 『火車』 宮部みゆき
(585)一般本 『「うつ」は病気か甘えか。-今どきの「うつ」を読み解くミステリ』  村松太郎


そう。
ただ単に同じ日に読んだだけ、ではあるんだが、
腐人の目には、
こないだのウィンブルドンと『フットボールネーション』
「尻」で結びついたように、
この2作品が、俯瞰的視点、主観的視点のそれぞれで、
ある言葉で結びついたんですよ。


では、まず、各作品の話からしましょうかね。

『火車』は、よく売れてる本のようなので、
腐人がいまさらなんちゃらゆーことはない気がするが、
ざっといえばこんな感じ?

天涯孤独なんだという女と結婚するつもりだったが逃げられた。
調べて見ると、
身の丈を知らず、かつ無知で、マウンティング要素をもっているがゆえ
ローンやキャッシングで多重債務者となって自己破産した人だとわかった。

が、更に調べると、別人がなりすましをしており、
その別人のことを調べたら、やはり似たような借金によって
自分の人生から逃げてる人で、
どうやらなりすますために、その人を殺したと思われる。

と、腐人主観で書くと、「は?」みたいな内容になるので、
情感たっぷりなあらすじを知りたい人は
ご自身で本書読むか、調べてください。

もしくは、周囲に恐らくいると思う、
ベストセラーが好きで、月に1冊本を読むんだ!
とゆーよーなことをよくおっしゃる方に聞くのがいいかと。

うわー・・・言葉が棘だらけだよ、腐人・・・。

や、だってさー・・・
「蛇は蛇じゃん。
 足なんて生えるわけないのに、
 なにもがいて痛い思いして脱皮してんの?
 アホちゃうか?」
と思う腐人には、自業自得話以外の何物にもみえないんだもん・・・。

っつーか、読む前からたぶん合わないなーってのは
わかっていたのよ・・・・・・(-_-;)。

ずーいぶん昔、経緯は忘れたけど、
知り合いから宮部さんの本をいただいたことがある。

で、一応読んだ。

文章が読みにくいとかはないんだが、
腐人にとっては、キャラがのっぺらぼうに感じられてね。

かつ、話のリズムに緩急がなく単調で、
いうなればラヴェルのボレロのような話を書くんだなぁと思った。

今ではそのタイトルも筋も思い出せず、
ただ、「トンネルの中ではラジオをつけなきゃいけない」って話が
でてきたことしか残っていない。

何の話だったんだろ??
ま、いいや。

と、そこまでいい印象がないのになんで読んだのかというと、
いつものパターン、発言小町だ。

話それますが、
それこそ発言小町に書いたり書かれたりしてるよーな人に
『火車』ってどういう話?と聞くのが一番いいんだと思う。

腐人が上記に書いたのとは
180度違うあらすじを教えてくれることでしょう。


で、話を元に戻しますが、
発言小町の何がきっかけになったかというと、
まさにこの『火車』の始まりと
似たようなトピがあがったんですわ。

っちゅーても、過去の名作ですけども。

息子が結婚したい相手としてつれてきた人が
天涯孤独だという。
じゃぁ墓に報告にいかなきゃねというと、
すごい拒絶にあったりして、
どこかひっかかるものがある・・・というトピでね。

結局は、ご主人が調査会社に依頼をし調べたら
ここには書けないことがわかったので、
これでトピを閉めます・・・と、
「えー!ここで終わりー!?続きみせてー!」
と野次馬根性丸出しにしたくなるようなのがあるんです。

で、このトピに対してついたレスの中に、
「まるで『火車』のようなお話ですね」
ってのがあって、
ではこのすっきりしない思いを、読書で晴らそうと思い立ったわけです。


ほんで読んでみて、やはり第一印象は変わらず、
キャラが記号で、ハノンのようなストーリーだなぁと思った。

誰一人として登場人物の人相風体が思い浮かばない・・・。

さらに、題材が、腐人の嫌いな、
すべては自己責任だろうに、何言ってんの?
であった・・・。

と、主観視点では、
「もう、お腹いっぱいノーサンキュー!」
なんだけど、
これ、俯瞰視点で読むと、ちょっと違ったものが見えてくる。


と、したところで、次の本に移ります。

『「うつ」は病気か甘えか。』
これ、困ったチャンに悩んでる人は、
切実に問いたい質問だよねー。

この本は、精神科医の著者が、
現在の、「うつ」と診断される人の増大を憂い、
どうしてそうなったかというのと丁寧に紐解いた書。

丁寧すぎて、
「もうちょっと説明飛ばしていいよ?」
と言いたくなったが、患者にそんなことしたら
「インフォームドコンセントがなってない!!」
とか言われたりするから習い性になってんですかね?

ま、それはともかく、この問いに対しての答えは巻末に書いてある。

それをここに書いてはいかんのだろうなぁ・・・
ってことで、思わせぶりに切って書くと

「うつ病」は病気。
しかし、診断書に書かれている「うつ病」という記号は

(以下を知りたい方は、本書をお読みください)


たださ、これ、腐人に言わせれば、
例えば、
「血中なんちゃら濃度が、××なので、
 あなたは「うつ病」です」
とか
「MRIをとったところ、この××に萎縮がみられるので、
 あなたは「うつ病」です」
ゆー、客観的事実、客観的数値として、でてくるようにならないかぎり
この命題は解消せんのとちゃう?、だ。
今のSTAP細胞と同じでしょ。

ほんでもって、今の日本の状況ってのは、
結局んところ、皆が皆、
「自分が責任とるのは、イヤやねん!」
とした結果やないの(~_~)?

ちょっと腐人の鬼門にも触れてくる部分があるから、
細かいツッコミはいれませんが、
この本の各所で持ち出されているいろいろなことに対し、
「仮にその人が自殺したとき、
 自分が責任とるの、イヤなだけやろ?」

というツッコミをあてこんでみて?

見事にはまるで。間違いなく。


著者の村松さんは、
「うつ病」とされる人をもっと厳密に診断すべきだと
おっしゃってんだけど、
じゃぁその具体的方法は?というと書いてない。

が、本書の中にとても大きなヒントがある。
それはアメリカの話だ。

アメリカでも、「うつ病」と訴える人が年々増えていて、
その中には、ネット情報を集めて年金の不正受給をたくらむ
詐病の人たちがいる。

医師が、その詐病患者の訴えに騙され、診断書を書いてしまい、
結果、年金が不正に支給されてしまった場合、
アメリカでは、診断書を書いた医師が訴えられるんだそうだ。

なので、アメリカでは、
詐病警報(Malingering Red Flags)というのが存在する。

以下が、本書より引用した詐病警報。

(1)大げさな訴え
(2)症状の経過が医学的常識に一致しない
(3)治療に対する医学的に不合理な反応

(4)普通なら休むほどではない病気で、
   休むことを希望する。偏頭痛や気分変調など
(5)職場での特定の出来事に直接関連した症状
   たとえば上司からの叱責直後の症状発生
(6)仕事以外の場面では元気

(7)治療方針に従わない
   または診断書だけ要求して治療は受けない
(8)これまで医師の方針に従わなかったという経歴がある
   ところが、休職延長の必要があるときや、
   障害年金の診断書が必要になるときは、必ず受診する
(9)職場での意にそぐわない処置の直後に具合が悪くなる

(10)詳しい診断や検査を受けようとしない
(11)就職直後の不調
(12)職場を転々としている



あらあらあらあら。
新型うつって、これのことじゃないのぉ~
と思ったのは腐人だけだろうか?

ま、それはともかく、ここに答えがあるじゃんと
腐人は思うんだがな。
具体的には書かないけれど。


もしね、お医者さんが訴えられるのがイヤならさ、
第三者がみても
「この数値はうつ病ですね」
とか
「この画像はうつ病ですね」
といえるものを見つけましょうよ。

それこそ、医師の本分じゃない?


ま、それは未来に託するお話で、
現実としては、そういう、白黒はっきりするものがないから、
「反精神医学」というのが出てくるそうだ。

どういうものかというと・・・

「精神障害というレッテルは、
 医者や家族や社会が自分の都合で貼ったものにすぎない」

「病んでいるのは本人ではない。周囲である」

「精神科医は、貪欲にも領土を無限に拡大しようとしている」

「無軌道な医療化を止めよ」

「精神障害は、病気ではない」

といった主張だそう。

腐人の意見としては、間違ってるとこもあるし
正しいところもあるなと思う。

何度も言うが、客観的なものを出せない限り
いつまでたっても、万人が納得のいく答えはでない。


で、だ。
この2冊を俯瞰視点読んで、ものすごく思ったのが、
本日、冒頭で書いた「ネット情報」。

『火車』が書かれたのは、平成4年。
舞台になってるのはそのちょい前ぐらいなので、
作中にはポケベルがでてくる。

その時代を生きてた人はわかると思いますが、
つまり、まだネットがこれほど普及してなかった時代だ。

情報とは、本や雑誌、テレビや新聞といったものからしか入手できず、
自己破産についても、カードやローンのリスクについても、
意識して調べようとしない限り、知識が手に入りにくかった。


一方の『「うつ」は病気か甘えか。』

猫も杓子もネットから情報を得る時代。

本の中で、偽患者になることも、偽医者になることも、
どちらも簡単だと書いてあるのだが、
欲しい情報が瞬時に手に入るようになったがゆえに
深く考えることをしなくなってきてしまったニンゲンは、
ネットで偽患者になる方法を学んで、簡単プーになりすます。

その結果、働かなくても身分保証はされるかもしれないが、
まったくスキルが身につかず、
自分はいつまでたっても使えない人間のまま
歳だけとっていく・・・。

それで、その先どうやって生きるんだろうねぇ?


とまー最後のは大きなお世話かもしれないが、
「ネット情報」が、いかに大衆の動きに影響するか、
すごくわかるでしょ?

たぶん、今では『火車』のような借金地獄になったら
どうやって逃げたらいいかという指南も
ネットを探せばあるだろう。
腐人は無関係なのでググる気ないけど。

よって、今ならば、『火車』を成立させるのは
いささか難しいと思われる。

まーそれは、作中にでてきた
いろんな情報入手においても言えるけど。
今じゃ、これらの手は無理じゃない?
腐人は警察の人が、
手帳だけじゃ役所で書類をもらえず
苦労してるのみたことあるよ。



で、最後に主観的視点から、この2作に言いたいことは。

「人って、そこまでして生きなきゃならないもんですか?」

ま、これを言ったらおしまいか(^_^メ)


あーあとさ。
ヒポクラテスの誓いに縛られ、
基本、善意の人が多いお医者さんは、
ぜひ、『エイズの起源』を読まれたほうがいいかもしれない。

ニンゲンが、善意でやった行為により、
眠れるウィルスを進化させ、
結果的にパンデミックを引き起こした。

ヒポクラテスもいいけれど、
腐人は、
人はなにもしないことこそがBESTだと思うな。
[ 2014/07/09 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

考えてみた(連載白紙の件)

先日、師匠からまわってきたネタ。

http://blog.livedoor.jp/isayamahazime/archives/8436506.html

まぁ、ざっくり言うと、こんな感じ?

これは『進撃の巨人』の諫山さんのブログ。

そして書いてある内容は、
諫山さんのアシさんが、連載の話をもらい、
アシ仕事を休んで原稿描きに専念していたが、
掲載2日前に、とりやめになった。

その理由が、発売元が
「この内容だと、条例(改正東京都青少年健全育成条例)に
 ひっかかる可能性があるから」
といったからというもの。

このブログ内に
そのアシさんご本人のブログへ飛べるリンクがはられているので、
そこをポチクリすると詳細がわかります。

何話分か、もうすでに描かれてたみたいです。

ま、詳しく知りたい方は、ご自身で読んでください。


これについて、腐人なりに考えてみました。

っても、いろんな面を含んでるから、
どっから切りゃいいのか・・・(~_~;)。

まぁ一番、大上段に構えれば、
「規制なんつー余計なことを、してんじゃねぇ!」
になるんだけど。

ただ、このブログでよくゆってますけど、
「社会」というものの権化である役所ってところは
「自然」をねじまげるために存在してるもんだからねぇ。

自然にそうなる流れとかルールを、「規制」で堰きとめ、
無理やり別の方向の向かせる、
それが役所の役割だ。

なので、役所にしてみりゃ
「ダメと言われたものを規制しただけ」
っちゃーそうなので、
そもそも論をするならば、
「役所にその役割(っちゅーか口実)を与えたのが悪い」
になる。

与えたのは誰か?
そりゃ、都民だな。

規制が悪いという前に、
そんな条例を成立させた議員を選んだこと、
そんな条例を機能させるような権限を役所に与えたこと、
そこから改善してかんとなるめぇ。


と、言ってしまうと、あまりに問題が遠いところにいっちゃって
じゃぁもういいよ・・・となって同じことが繰り返される。

この「もういいよ」という諦めもまた、
この規制を成立させた要因なんだけど、
そう思うよーに、仕組んであるんだよね、法律が。

日本の法律を読んでると、
民のような無能な者たちに判断はまかせられない!
って思ってるんだね、法を作ってる人たちは・・・
と、つくづく思う。

いかん、話が逸れた。


この規制そのものをなんとかするってのは、
一朝一夕にどうにかなるもんじゃないので、
これはありき、で話を進めさせてもらう。

どんくらいの方がご存知かわからないが、
5月に、この条例が、2010年に新しい基準になって初めての摘発
じゃない、指定があったんですよ。

※詳しく知りたい方は、
 「妹ぱらだいす2 不健全図書指定」でググってもらったら
 いろいろ情報が得られます。


で、その本はどうなったかというと、自主回収。
たぶん、回収後は断裁されたんだろなぁ・・・。

発行元の負担を考えると、
発行前にストップするのと、発行後にストップするのとでは
えらい違いがある。

前にも書いたが本の利益ってとても薄い。

最初から成年指定で出すならまだしも、
こうなってしまったら恐らく赤字だろう。

そうなりゃ、版元が二の足踏むのもわからんでもない。


ところで。
今回、この諫山さんのブログを読んだだけだと、

「なぜ、編集部がOKを出したものが
 掲載直前にひっくりかえったのか」

ってのがすごく疑問だったんだよね。

『重版出来!!』『バクマン。』をお読みの方は、
連載を決定するまでって、かなり内部で検討するの、
ご存知ですよね?

まぁ、『重版出来!! 3』では、
悪質な編集者が、使い捨てやってるけど・・・。


それはともかく。
なんで、その会議段階でストップにならなかったんだ?
と思って、ご本人のを読んだら、謎が解けた。

発行元と発売元が違ってたのね。

話がややこしくなるから端折るけど、
発行元(中身をつくる)と、
発売元(販売を担当する)が別会社な場合、
発行元は発売元に、販売を委託するんですよ。

で、そのとき交わされる契約書の中に大抵、
「内容に問題がある場合、契約を拒否するからね」
ってなのが書いてある。

たぶん、それに該当するとみなされちゃったんだろなー。

で、改正条例がでてから大きな動きがなかったときなら
そんな過敏にならなかったろうが、
ついこないだ出たとこだからねぇ。

恐らく、発売する側の自主チェックのハードルがあがり、
これまでなら通ってたもんが通らなくなってんじゃないかな?


で。
そうなると、発行元は新たな発売元を探さねばならない。
そいつを売る気ならね。

でも、それだけ別のところとなれば、
同じ棚に並ぶかどうかも定かじゃない。

だから、どうしてもコレを出したい!とかってんじゃないなら
そこまでするかどうか・・・。
たぶん、めったにせんだろなー・・・。


と、順々に考えていくと、
やっぱり、発行元の編集部がもっとしっかり機能せんといかんのちゃう?
と思う。

この内容で、読者に受けるか受けないかも大事だが
売ることができるかできないか、
そこまで考えないといけなかった、
その上で描き手にGOをいうべきだったんでは?
っちゅー気がするなぁ。


ただ、まぁ、もう言ってしまった。
そして描き手さんが描いてしまった。

そうなるとだ。
通常のビジネスで考えれば、

「発注がありました、
 受注しました、
 製品をつくりました、
 でも、途中で中止になりました」

なら、その作ったところまで金をもらうのが
普通。当然。当たり前。

ここはどうなんだろう?
契約書、交わしてます?

ゆっときますが、契約書なくて口頭のみでも裁判できるし、
メールとかあれば、なおよし。

マンガの世界がどうなのかはわかりませんが、
その、途中まで作った部分までも、0円というならば、
それはちょっとおかしいだろう。

それは変えるべき業界の風習だと思う。


相手さんの会社規模がわからないけど、
もし親会社がない会社で、資本金5000万超なら
下請け法で、公取にチクれるし、
たぶん、訴訟やっても勝てるんじゃないかなぁ。



そうじゃないんだ、金じゃないんだ、
連載がとりやめになったことが問題なんだ、
というならば。


最初のところに戻るけどさ。
もうこの規制は、アルモノ、になっちゃったんだよ。

だったら、その上で、そこをかいくぐる方法を探してかないと
問題解決にならない。

つまり、そのシバリありきで、
それをクリアしつつも面白いお話を
最初から考えんといかんということ。

自由な発想というより、巧みさが求められるのかな。
これが、目先の話。


そして、遠大な話としては、
「こいつのせいで私は表現の自由を奪われた!」
っちゅーて、対東京都の訴訟やってもいいと思う。

もうそういうので突き動かさないと無理な領域になってるもん。

ただ、それは
結論でるまでにものすごい労力と時間と金がかかる。

それこそ、そういう目にあった作家や漫画家さんたちが団結して
集団訴訟やれば、一人当たりの労力は多少軽くなるだろうが、
えてして、そういう目にあってるのは、
駆け出しのまだ売れてない方だろうし、
お金がある方は忙しくて労力や時間を割けられないんだろうなぁ・・・。


腐人はこのお話に限って言えば、
あかんのは、やっぱ編集さんだろうと思う。
違うかね?

なので、そこは猛省と、
できるだけの補償はしたらんといかんと思う。

相手がそこをせんのなら、それは戦ったほうがいいと思うが、
そうすることで、もうそこから二度と仕事がこなくなる・・・と思うのかな?

でもさ、そんなドタキャンして、補償もしてくれんところと
また仕事したいもんですかねぇ?


そして、だ。

こんなことで挫けずに!

それこそ、
「掲載前にアウトになるほどの話ってどんな話!?と思いませんか?
 読みたくないですか?
 夏コミ限定で発売しまーす!」
とかなんとかやって、
転んでもタダで起きてたまるかい!
という根性をみせてみませんか?

コミケは条例規制の対象外ですよん♪

そのくらいの強さがないと、たぶんこの先の世の中、
生き残っていけないと思う。

負けずに、前を向いていきまっしょい!


※補足
上記で書いた中で誤解があってはいかんので
一応書いておきますが、

編集部から作成済み部分の
著作権譲渡を含む原稿料をもらった場合は
コミケで出すというのは、無理ですね。

ただ、編集部から作成済み部分の
労力に対する慰謝料をもらった場合は
今度のコミケで出すというのは、できると思います。
妙な付帯条件がなければ。

要は、なんという名目の、どういう内容のお金をもらったか、で
自分が自由にしていい権利が残るか残らないか違ってきます。

この辺りはお間違えなきよう、ご注意ください。

[ 2014/07/08 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)

ウィンブルドンと『フットボールネーション』

なぜ、テニスのウィンブルドンと、
サッカーの『フットボールネーション』がつながるのか
不思議に思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
キーワードは、「尻」なんでございます。


日本時間で昨夜10時から始まった
ウィンブルドン・男子シングルス決勝。

ジョコビッチとフェデラーというカードも魅力的ではあったんですが、
個人的には、そのコーチがそれぞれ
ベッカーとエドベリっちゅー因縁のが見所で、
ついポチッとテレビをつけてしまった。

それにしても流石は男子決勝のセンターコート。
観客がすごかったっすねー。

恐らく見えないところにガードがいるんだろうが、
ウィリアム王子夫妻が
周りと大差ない椅子に普通に座ってる光景がすごい・・・。
日本じゃありえない気がする・・・。

そして、フェデラーの関係者席で
××年ぶりに拝見したエドベリ様。
お懐かしゅうございます~。

その外見に、××年の歳月は如実に表れてましたが、
いいの、腐人の脳内映像は××年前のままだから。


さて、『ベイビーステップ』のとこで
書いたんだったか忘れたが、
腐人のテニス観戦歴は、
ベッカーとエドベリがシニアに出始めた頃に始まり、
彼らが辞めるとともに、終わった。

なので、アガシやサンプラスは、
名前を知っててもプレーは知らない。

現在のビッグ4(ジョコビッチ、ナダル、マレー、フェデラー)も
ジョコビッチの試合ぐらいかなぁ、まともに観たことあるの・・・
という程度だ。

そのジョコビッチは、メトロノームというあだ名がつくぐらい、
ベースラインから精緻なショットをうって
相手を左右に振るというスタイル。

恐らく予測に優れ、多種多様なボールを打てて
精密なショットができるんだろうなぁというのはわかるが
腐人的には観ていてあんましおもろくないんだよな。

だから今回のカードも、テニスの内容的にはあまり期待してなかった。

が!
フェデラーのプレーは、今回初めてみたのだが
エドベリの超美麗なハイバックボレーに惚れてた腐人としては
「もっと前から観とけばよかったー!!(>0<)」というほど
あのプレースタイル好きだわ!

ビッグサーバーのパワーテニスが主流になって、
ぶんぶんばっかでおもろくねーとか思っててすみません・・・。

エドベリを彷彿とさせるサーブ&ボレーが決まった瞬間なんぞ
拍手しちゃったよ。


しかし、寄る年波には勝てず、
1セット目が終わる頃には眠気に耐えられなくなり沈没・・・。

夜中にふと目が覚めて、もう終わってるかなぁとポチッとやったら
なんと、第4セット、ジョコビッチのチャンピオンシップポイントだった。

※ご存じない方のために説明すると、
 あと1ポイントで、優勝するポイントを
 チャンピオンシップポイントと言います


うおおおお!これは観ねば!
とそこからまた観始めたんだが、
負けてるフェデラーが、5ゲーム連取でひっくりかえし、
セットをとって、セットカウント2-2のタイまでもってきたのにはびっくり。

まだまだいけるわ!ロジャー!
と、思ってたのは腐人だけじゃないようで、
センターコートでロジャーコールが始まった。

観客味方につけると強いんだよなぁ・・・。

ファイナルセットが始まってすぐも、
どちらかというとフェデラーに波がきてる感じだったんだが、
また眠くなって寝てしまい、
起きて調べると、ジョコビッチ優勝となっていた。

やはり32歳にフルセットはきつかったか・・・。


そして思う。
『ベイビーステップ』でもあったけど、
観ていて楽しいプレーをしてくれる選手が
必ずしも勝つわけではなく、
テニスにおいては、欠点となるような穴がなく、
「苦手」がない選手こそが強い。

でも、観ててつまんないんだがな、それ・・・。

ま、なにはともあれ、お疲れ様でございました。
ジョコビッチくん、優勝おめでとう!


で、これで終わってしまうと、
何が「尻」だとなっちまうので、続けます。

昨日、コメントを先送りした『フットボールネーション』

まず、カウントをもう一度
(581)マンガ 『フットボールネーション 6』 大武ユキ

相変わらずリアルで使えるお話を描いてくださるマンガだが、
今巻では、尻の話がでてきた。

詳しくはマンガを読んでくれ、としておくが、
これ、すげーわかる!

人の前より後が気になる腐人としては、
尻にはいろいろいいたいことがあるのよ!

今回、モモ裏を使えてる人の尻と、
モモ前を使う人の尻の比較があったんだけど、
腐人はこの2つ、こう呼びわけている。

●モモ裏を使えている人の尻→ハート尻
※尻のトップ位置が、上の方にあり、
 両脇にあるえくぼのような凹みが強いので、
 輪郭とると、ハート型になる


●モモ前を使っている人の尻→モモ尻(または軍人尻)
※尻のトップ位置が、真ん中にあり、
 尻周りの筋肉が全体的に太ってるので、
 輪郭とると、全体に丸い桃のような型になる


あと、たまに女性でみかけるのが、ナス尻(もしくは洋ナシ尻)
これは尻のトップ位置が、下の方にあり、
輪郭とると、ナスもしくは洋ナシのような型になる。
これは余談。

で、その尻に注目してウィンブルドンをみてたら、
二人とも、見事なハート型でね。

ただ、テニス選手は前後だけでなく、
左右、ナナメへのダッシュも多いんだが
走り方そのものが変わってきたのかなぁ。

昔のベッカーやエドベリは
どちらかというとモモ尻だったが。

あーでもジョコビッチとかは背が高く、脚が長いから
ハートに見えてるんで、実は脱いだらモモなんです・・・かもしれない。

これ、人種差ってのはあるんだろうか?

でもフィギュアの選手は、モモ尻多いな。
バレエダンサーもモモ尻だと思う。
そうするとやはり人種差より、
どの筋肉を使うスポーツかというとこのが大きいのかなぁ。


ただ、だ。
今回『フットボールネーション』の絵をみて、
ウィンブルドンをみて、思ったが、
サッカー選手って、胴長に見えるのは気のせいですかね?

腐人はワールドカップには微塵も興味がないのでみてないんですが
バスケやテニスでも、昔よりズボン丈が伸びたけど、
一番、サッカーが短足にみえる・・・。

足の筋肉のつき方も、
あんま美しいと思えないんだよなぁ・・・サッカーだけは。

テニスなんかあのひざ下から足首にかけてのラインは
究極の曲線だと腐人は思ってるんだが。

ちなみにハム部分はバスケ選手のがいい

バレーは、リアルでみるのが春高のみなので、
皆、体ができきってないんだよ・・・
なので評価の対象外。

そして野球は・・・・・・どちらかというと
彼らは太りすぎではないかと思うのは腐人だけだろうか。
(特にプロ)
むちむちもっちり感があって、
腐人の美意識とはそぐわないの!


鍛えてるといえば、レスキューの方々だが、
尻は、モモなのか、ハートなのか、
たぶんモモだと思うんだけどどうなのか、すげぇ興味がある・・・。

『トッキュー!!』で、海保のプールが水漏れして
改修費用に8億とあったけど
それこそ、卒業生ならびに現役生で
ヌードカレンダー作ったら(もちろん裏側オンリー!)、
8億は無理でも、1億ぐらいは集まるんじゃなかろうか・・・。←ヤメロ!

話がイケナイ方向に脱線したので修正しますが、
筋肉がモモ裏につけば、
サッカー選手の足は美しくなるんでしょうか?

ならぜひやっていただきたい!
腐人は美しいものがみたいのだ!
   ↑
  それ、暗にサッカーは美しくないとゆーとるか?


さて、この6巻で、もう1つ気になったのが、視野の話。

腐人は速読を習得した覚えはないので、
なにをもって速読とゆーのかよくわからんのだが、
これだけ本を読んでるうちに、たぶん周辺視野が鍛えられ
速読と似たような感じのことが自然にできるようになってると思う。

ってのも、仕事で説明資料とかもらうでしょ。

腐人の場合、パッとみたら、大体中身がわかるんだ。

でも、同席した人をみると、
「え?まだ読んでるの??」
ってことが、よくある。

腐人にしてみたら、
なんでそんなに時間がかかるのかなぁと思ってたんだが、
そういうことなのね。

ちなみに、腐人がどういう見方をしてるかというと、
いちいち文字をひとつづつ「見る」わけではない。

例えば、
「ございます」なのか、
「ございません」なのかは重要だ。

これ、末尾の「す」か「せん」かだけ見りゃわかる話じゃん。

なので、腐人の脳内では、
「ございま」までの文字って認知されないんだよね。

そんな感じに、ぱっとその用紙を見た瞬間、
ポイントとなる文字(「す」か「せん」か、要するに一番重要な部分)が
パパパパパッと浮いてくるので、
そこだけ拾い読みする感じかなぁ。

っつっても、契約書とかの重要な文書になれば、
この周辺視野で読むだけではなく、
中心視野で読むことを意識して文書をみる。

行政の文書だの、あの手の文書は、
トリックがちりばめられまくりなので、周辺視野で読んだあと
中心視野でも読み、罠にかかってないか確認せんと
やばいことになるからね。

そんな感じに、
腐人の場合、周辺視野でものをみることのが「自然」で、
中心視野でものをみるのは
意識しないとできないことになっちゃってんだよね。

だから、この6巻の視野のところを読んでたら
(一般の人はできないという意味で)
やたら「一般の人は云々」がでてきたんだが、
これ、そんなに習得が難しいもんじゃないから、
出来る人、わりといると思うがなぁ(~_~)?

腐人の友人のやはり活字中毒なNちゃんは、
腐人同様、これができる人なので、
二人で話をすると大抵が、
「なんで他の人(主に図書館で、なかなか返却してくれない前の借主をさす)
 読むのあんなに遅いんだろう・・・。
 あの程度の本なら、2時間ありゃ読み切れるよねー」
「ねー」
となる(わぁ、なんて暴言)。


ただ、腐人は文字(好き)と虫(キライ)に対して
むちゃくちゃ過敏に周辺視野がつかえますが
これ、逆を言えば自分が興味のないものについては、
ただの「柄」とか「色」の認識になっちゃうんだよね。
(それが人でも、モノでも、だ)

それと、腐人は立体感覚がないので(深視力ってやつなのかな?)、
平面のショットは脳裏に描けても、
俯瞰の図(特に奥行)が描けない。

なので、遠近がわからず、よくぶつけたりする。
大型免許は絶対にとれません。

と、今回も、サッカーの試合じゃないところが
とても面白く、いろいろ考えてしまった
『フットボールネーション』でした。

読み物としておもろいんだよね、これ。
[ 2014/07/07 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ざざざっと読書録

書きかけてたブログがとんだ・・・orz

なんか一気にやる気がうせたので、
読書録のみすませる。

(576)一般本 『英国一家、ますます日本を食べる』 マイケル・ブース、寺西のぶ子
  『英国一家、日本を食べる』の続編。

  といっても、前巻書ききれなかったネタと
  たぶんお一人できたときのネタで構成されてるみたいだ。

  前作に比べてあんまし食べるはなかったかなぁ。

  腐人の興味はチビなので、
  アスガー君とエミル君にご注目なのだが。

  いや・・・子連れ旅行って大変なんだね・・・。
  
  京都の石庭にブーブークッションをほうりなげ
  あの!流水形にかたどられた白砂に降りてとりにいくっちゅー
  暴挙は、腐人が同行してた親なら卒倒しそうだ・・・。

  でも、4歳のやんちゃな男の子に
  それをしてはいけないんだってことを
  言い聞かせられる自信はないので、
  これのベストな選択は、
  「わかるようになるまで連れてこない」
  じゃなかろうか。

  小さいときからそれが身近にあって
  大人たちがどれだけ心血注いで
  庭の美を維持しようとしてるか横で見続けてれば
  違うんだろうがさ。

  もひとつおもろかったのが高野山。

  肝試しじゃあるまいに、
  夜中に奥の院に家族でいったんだそうな。
  酔狂だなぁ・・・。

  で、案の定、子供が一人はぐれちゃって、
  残りの面子で探したところ、
  小さな地蔵の前に居たと。

  何をしてたのかをきくと、
  「女の子とおしゃべりをしてた。寂しいんだって」

  ・・・ま、イギリス人はオカルト好きだから
  いい経験ができたんでね?

  そういや鰹節を買ったはいいが、
  削り器が無いとゆーてた件。

  出版社さんはぜひ、『美味しんぼ』の翻訳本を
  さしあげたらいいんじゃないかな?
  あっこの中に、割れたコップの破片で、
  シャッシャシャッシャと削る話があるよ。

  笑ったのは、MSG。
  誤解が解けてよかったわ。

  
  すっげーどうでもいいが、
  城崎温泉で温泉大絶賛してるとこがあるんだけど、
  自分は何にも関係しないのに、
  「ほらほらほら!温泉すごいのわかる!?
   お風呂ってすごいのよ!!」
  と、お鼻た~かだかに自慢したくなるのは
  なぜだろう・・・。

  世界に広げよう温泉の和!
  とか言いたくなるなー。

  でもマナーは守ってね♪

  そして、温泉にカラ出張して
  税金を無駄遣いするのもやめようね 

  ・・・昔、兵庫県にも住んだことがある身としては
  あの映像、正視に堪えかねるんですが・・・。
  ゴルゴ、パシュッとやってくんないかなぁ・・・。

(577)マンガ 『おにぎり通信~ダメママ日記~2』 二ノ宮知子
  上の本のエミルもだが、
  4~5歳のやんちゃな男の子って、
  リモートコントロール装置を植え込みたいよね・・・。

  恐らく姫が同い年なんだけど、
  姫・・・あんたっていい子だったのね・・・。

  ※姫とは、うちの近所の子だが
   血縁関係は1滴もない。
   が、ほぼ毎日、遊びに来ている・・・。


  それにしてもクリエーターの子供に生まれると、
  プライベートが赤裸々に描かれてしまう定めなのねぇ。

  どうでもいいけど、『87CLOCKERS』が連載してた
  『ジャンプ改』、秋で休刊ときいたが、
  どうなるんだろ。
  大黒柱、がんばって!

●5日
(578)マンガ 『S -最後の警官- 14』 小森陽一、藤堂裕
  マンガの描き手が変わると変わるんだねぇ
  とは、ようやくこの原作者が『トッキュー!!』の人と
  同じと気付いた血族の言。

  腐人はそもそもから伊織の意見は賛成だが
  神御蔵の考えは×なので、
  ごくろうさんだの、と思う。

  どーでもいいけど飛行機ハイジャックする人って
  機長が、自分の命も他人の命も
  どうでもいいと思ってる腐人みたいな人だったら
  「あ、そう。
   じゃぁ、今から墜落するね」
  とやるかもしれないことは想定してないんだろうか?

  腐人なら面倒くさくて、それ選ぶわ。

(579-580)マンガ 『クローバー 6~7』 稚野鳥子
  オチまで頑張ろうと思っていたが、
  腐人、何が嫌いって、
  ・・・無能な社会人ほど嫌いなもんはないの。
  続きよめるだろうか・・・。  

(581)マンガ 『フットボールネーション 6』 大武ユキ
  タイムアップ。
  これ、こんどー。
[ 2014/07/06 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『ラストイニング』から野球マンガを軸に思考の流れゆくままに・・・

『ベイビーステップ』からいろいろが、
途中でほっちらかしになっていることは覚えているのだが、
そこで何を書こうと思っていたかを忘れてしもた・・・。

ってか『ベイビーステップ』読んでから、
かなり日が経っちゃって
かつ、その間にいろいろ読みまくってしまった関係で
『ベイビーステップ』の記憶も薄まりまくっている・・・
やばい・・・(~_~;)

新刊読んだらなんか思い出すかな・・・
キーワードは、「遮断と集中」だったんだよな。うん。

今いくらかんがえても、阿呆な脳からはなんもでてこないので
昨日先送りした『ラストイニング』含め、
だーらだーらスポーツ(マンガ)関係の話をいたしましょう。


まず、昨日ほっちらかした
(570)マンガ 『ラストイニング 43』 神尾龍、加藤潔、中原裕

もう連載が終了したという情報があるので、
ここでこれなら、こう終わり?という予測がつくが、
もしタイムリーに雑誌連載読んでたら、やきもきしたろうなぁ。

それにしても、今回、なるほどーと思ったのが、
日高がもう投げられる球が限られてきたとき
藤村に対してどう配球するかっちゅーシーン。

日本ではキャッチャーが考えることが多い「配球」だが、
メジャーではピッチャーが考えるんだそうで。

だから、セイバーメトリクスにおけるキャッチャー評価の中に
配球(頭)は含まれないと、
『9回裏無死1塁でバントはするな 野球解説は“ウソ”だらけ』
にあったな。

へーそうなのか。
バスケの頭脳は、PG、
バレーの頭脳は、セッター、
野球の頭脳は、キャッチャー。
これはお約束だと思ってたんだがな。

でもま、これはメジャーの話なので、
配球に悩むのはピッチャーの日高ではなく
キャッチャーの八潮。

で、腐人は何をなるほどと思ったかっちゅーと、
この配球に悩む時間のことだ。

野球って、このシンキングタイムに制限ないんすか?

んだら、ピッチャーがヘロヘロになってるとき、
キャッチャーがサインだしてるようなジェスチャーして、
ピッチャーがいやいやと首振ってれば、
延々とやっててもペナルティないの??

助言ももらえず、20秒で切り替えなきゃならないテニスや
やはりいろいろ時間制限があるバスケに比べれば
悠長なスポーツだなぁ・・・という気がするがどうなんだろう。

そしてそういうことを思うと、
何のスポーツをやっていたかによって、
例えば、瞬時の判断力だとか、思考力だとか、洞察力なんかの
深度と広さが微妙に違うんじゃないのかな?という気がするが
スポーツ別傾向、だれか調べてくれんだろうか。

腐人の好奇心を満たすためだけの研究だが・・・。


話がちょっとずれるが、『ラストイニング』では
ポッポがDCMで人を分類していた。

要するにD(犬型)、C(猫型)、M(猿型)だが、
別にそれじゃなくてもいい、エニアグラムとかでもいいんだが
そういうので、向いてるスポーツってのがでたりするんだろうか?

まぁ、性格的に向いてても
技術的に向いてないこともあるけども・・・・・・。


ああ、でもそういえば、視力なんかでも、
今じゃいろんな種類がわかってるわけじゃん。

すると、どの視力が強い子がどういうスポーツにむいてるかという
身体的適性みたいのも測ろうと思えば測れるんじゃないのかね。

まぁ・・・そーゆーこといいだすと、
某国のバレエ学校は、
本人のみならず父母・祖父母にいたるまでの骨格検査に
合格せねば入校を認めない
とか、あるんだよねぇ・・・。

そこまでいくとちょっとアレだが、
向いてないものに時間と労力費やすより
適性あるものに導いてやるってのも一案な気がする。

っても、それ以前に本人の「やる気」が一番だけどさ。
「やらされ」は、なんであっても、楽しめないから
伸びるものも伸びない気がするんだよねー。


そういや、先月久々に『おおきく振りかぶって』の新刊がでたが、
『ダイヤのA』
『おおきく振りかぶって』
『ラストイニング』
読み比べると、三者三様でとてもおもしろい。

例えばさ、
サイガクは、強豪校としてスポーツ用品の提供うけてたけど
たぶん、青道は、確実に提供うけてるよなぁ。
そういう表現、でてこんけど。
そして、西浦は、確実になんももろてないと思われる・・・。

そうすると用具代もバカにならんのちゃうやろか?
その金って、父母会?部費で集めるの??
親も大変だなぁ・・・。


ふと思い出したが、
血族が、御幸(『ダイヤ』)がかけてるメガネみて
「これ、******(なんかブランド名ゆーたが腐人には宇宙語にきこえた)やん。
 こいつ、ええしの坊(関西弁で、ええ家の子のこと)か?」
っちゅーてたなぁ。

そうなんやろか??

まぁこういう金の話をやりだすと、『砂の栄冠』も読んどけ
って気になってくるが、うーん・・・
あれ毒が強いんだよな・・・(~_~;)。


ま、それはさておき。

『ダイヤのA』とか『ラストイニング』をみてると、
野球マンガのマンガ表現は
もう行きつくとこまで行っちゃったな、という気がする。


そういう意味では、バレーマンガはまだ余地があるなぁ。
個人的には『ハイキュー!!』が、
バスケ表現における『スラムダンク』と同じ位置づけに
なりそうな気がしてるが、まだ発展途上だし。


テニスはどうだろ、
『ベイビーステップ』がそうなるの?
腐人の中では、『フィフティーンラブ』なんだがな。

そういやそろそろウィンブルドンも大詰め。
週末みようかなぁ・・・。

こないだみたとき、
「ベッカーにみえるけど、ベッカーと思いたくないおっさん」
が画面に映ってて、かなりショックでした・・・Σ(゜o゜;)。

確かフェデラーのコーチが、エドベリだから
映るかもしれない・・・見たいような見たくないような・・・
美青年が年食って必ずしも美中年や美老年になっとるとは限らんし
記憶は美しいままにしておいたほうがいいのか・・・
複雑な乙女心
     ↑
    どこに乙女がおんねん!



なんかホントにだーらだら書き流しになっちゃったけど、
ま、いっか、こんな日があってもさー。

人生、気楽にいこう!
    ↑
   気楽すぎだろ・・・


もひとつ、昨日コメントを先送りした『クローバー』ですが、

●3日
(573-575)マンガ 『クローバー 3-5』 稚野鳥子

なんですけど、コメントは完結してからやりまーす。
[ 2014/07/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『エイズの起源』について

実は、師匠から、非常に興味深いネタがまわってきてるのだが
まだよく消化できとらんので、今日はこっち。

(569)一般本 『エイズの起源』 ジャック・ペパン、山本太郎

やーっと読めた!ってのが第一声かねぇ。

おもろくないとか、文章が難解というんではなく
ここに詰め込まれてる情報量が専門的でかつ多量だったため
腐人の劣化したCPUでは処理に時間がかかった・・・
って話なんだが。

ま、それ以上に、他の本を優先し、口の悪い血族に
「読む気なくて飾ってるんだと思ってたー」
とか言われる状態が長かったんだよね・・・ははは。


そーゆーどーでもいいことはともかく。

非常に興味深い内容で、
久々に自分用アーカイブとして残しておきたいものだった。

よって、以下は、そのつもりで書いてますんで
ご興味ない方はすっとばしてください。

ゆったかんねー!

エイズの原因が、HIVウィルスと言われるものだというのは
周知の事実。

1981年にCDC発行の「疫学週報」に、
ゲイの間でカリニ肺炎がはやっていると紹介されたとき、
エイズが世界に公式に認知された。

この本は、それから30年が経過し、
当時よりもいろいろとわかってきたこと、
まだわからないことを含めて、
現時点でいえる「エイズの起源」についてまとめてある。


俗に、HIVといわれてるウィルスですが、
実は1つじゃなかったりする。

遺伝子配列の違いで、HIV-1とHIV-2というのがあり、
この2つは50%以上文字配列が違っている。

世界の主流は、HIV-1。

HIV-2は西アフリカに限定され、感染性が低いため、
死んでいく感染者の方が、新規感染者より多いので
静かに消えていこうとしているウィルスだ。

なので、人が余計なことをしなければ
何にも心配することはない。
余計なことをしなければ・・・。


一方のHIV-1であるが、
さらに、M、N、O、Pにわけられる。

Mというのは、メインの意味。
このHIV-1Mが、ほとんどを占める。

ちなみに他の記号は、
N=MでもOでもない「ノン」か、「新しい」のN
O=「外れ」という意味の「アウトライヤー」のO
Pは、なんだっけ?
説明してたところがみつけられんかったのでよくわからないが、
ほとんど症例がみつかってないけど、
MでもOでもNでもないもの。

このHIV-1NもHIV-1OもHIV-1Pも、
カメルーン近辺で極少数みつかっただけで、
遺伝子をみると、ゴリラのサル免疫不全ウィルスと近縁だそう。

よって、おそらくHIV-1Mとは違う
感染経路をたどったものと思われる。


問題の、HIV-1Mだが、
これは恐らく中央アフリカにいる
ツェゴチンパンジーのサル免疫不全ウィルスが
元だろうと言われてる。
(この根拠を知りたい人は、本書読んでね♪)

ところで。
このHIV-1の遺伝子は、動物の遺伝子変化
(例:サルと人が1000万年かけて分化した)
にくらべると、100万倍という恐ろしいほどの速度で進化する。

つまり、1000万年かかった進化を10年でやっちゃうのだ。

なので、このHIV-1Mは、
さらにサブタイブA、B、C、D、G、H、J、Kにわかれ、
感染者の中で2つのサブタイプに感した人がいると、
そこで組み替えがおこり、CRF01-AEやCRF02-AGといったものをつくる。

このサブタイプによる症状の違いというのは、
Dを除いて、ほとんど変わらない。

ただ、Dだけは、病気の進行が早く、早期に死亡することが多い。

あーでも、Cもおそらく、他とちょっと違うんだろな。

というのも、世界の感染者の半数の人が
このHIV-1M-Cに感染してるのだ。

なぜかというと、サブタイプCには、
「女性が感染すると、膣内へのウィルス放出量が
 他のサブタイプより多い」
という特性があるので、
女性から男性への感染を容易にするんだそう。

HIVへの感染経路は、3つ。
性行為と、血液と、母子。

血液においてもCは感染しやすい特性がみられてるので、
世界の多くの人がコレに感染してるんだろう。

ウィルスの説明が続いてるので、ついでにいえば、
各サブタイプは、こんな感じに分布している。

●サブタイブA
東アフリカ、中部アフリカ、東ヨーロッパ、パキスタン

●サブタイプB
北米、西ヨーロッパ、オーストラリア、タイ、中国、中部アフリカでは稀

●サブタイプC
南部アフリカ、中部アフリカ、インド、中国、世界中のHIV-1の半数

●サブタイプD
東アフリカ、中部アフリカ

●サブタイプCRF01-AE
タイ、その他のアジア、中部アフリカ

●サブタイプCRF02-AG
西アフリカ、中部アフリカの一部


みておわかりのように、
アフリカは、非常に多様なサブタイプを有している。

それは、発祥の地であるから。
※といっても、最終的に現時点でいえるのは
 中央アフリカだろうと言う程度で、
 ××国のこの町!といえるほどの精度はない



では、他地域においては、
どうしてこのような偏りが生じているのか。

それを歴史、疫学、ウイルス学など包括的視点から
解明しとるんです。

歴史・・・は言わなくてもなんとなくわかるよね。
それぞれの国にどういう社会的変化があったのか。

疫学・・・古い標本や、血清といったものを調べて、
いつ、どこの時点でHIVの感染があったのか。

ウィルス学・・・分子時計という分子生物学の手法によって、
このウィルスがいつ生じたものか。

こーゆーのを融合して、
エイズがどうやって発生し、どうやって伝播していったのか
ってのを書いてるんですね。

・・・腐人はアッパラパー子なので、
だから読むのに時間かかったの
わかってくれる!?

ちなみに。
分子時計とはとか、
もっと詳しいウィルスの話を知りたい人は
本書を読むか、ご自分で調べてください・・・。

腐人にこれ以上の説明を期待しても無理!
なんもでません!


で、以下、ざーっとした流れを、
文系の腐人が一番なじみやすい歴史を軸に書く。

まず、サル免疫不全ウィルスをもった
ツェゴチンパンジーから、人への感染は、
1920年ごろに起こった。

ちょっと、「え・・・」と思ってしまいますが、
サルを狩猟し、食べるって、
あの地域の方には普通のことなんですよね。

その過程のどこかで、おそらく血液感染で、
サル免疫不全ウィルスに人が感染した。

この1920年以前にはなかったの?
と思われる方がいらっしゃると思いますが、
その理由はコチラ。

この時代、欧米列強が、アフリカの植民地支配を強め、
火器がアフリカ大陸に流入し、
土地開拓が行われたため、
これまでなかなか捕まえられなかった俊敏なサルが
容易に捕獲できるようになった。

結果、食卓にサルがのる機会が増えたんですね。
それはすなわち、感染確率が格段にあがることを意味する。

そんでもだ。
アフリカ大陸全般にひろがるのに、
そこから50年ほどかかるんです。

ってのも、このサルから人への感染は、
やっぱ、めったにないことなんだ。

なので、HIV-2なんかは、
そこからさらに人に感染させるウィルスに進化できず、
どんどん消えてってんのね。

でも、HIV-1Mは、人のある行為により、
ヒト=ヒト感染を容易にするウィルスに変化した。

その行為ってなんだというと、医原性感染。
わかりやすくいえば、
注射針の使いまわしによる感染だ。


植民地にやってきたヨーロッパの人たちは、
そこにある風土病をなくそうと、
いろいろ努力するんですよ。

血清つくったり、予防に注射したり。

でも、それが、結果的にはウィルスを進化させ、
HIVを広めてしまった。


そこにプラスして、アフリカの旧来の社会を
ヨーロッパ近代社会に変化させようと
街と制度づくりをはじめる。

労働者として、現地の男手を集めるようになり、
女子供は地方に残される。
一時は、男女比が、5:1という不均衡な状態になったそうだ。

そうなると、どうなるかは、まーわかりますよね。
人類最古の職業が繁盛し、倍々ゲームで感染が広まっていく。

っても、はじめのうちは、固定的な相手としかしなかったが
(家政婦というのは、
 家のこととそっちのことの面倒をみてくれる人のことだったらしい)
都市化とともに、職業として手広くやる人がでてきて
加速度的に広まった模様。

・・・これ、ものごっつい端折って書いてますが、
本書においては、各国がアフリカでどういうことをしたかが
かなり詳しく書いてあり、
歴史的読み物としても、とても興味深い。

繰り返しになりますが、ご興味ある方は本書をどうぞ。


さて、そんなアフリカだが、1960年代になると、
各地で独立運動が起こり、人の行き来が活発化する。

アフリカの中でも、サブタイプの広がり方に違いがあるのは、
その行き来の結果によるところが大きい。


そして、ここから、HIV-1Mウイルスが、
アフリカ大陸から世界各地に広がり始めるんですな。

それを読み解くにあたって、ポイントになるのが、
コンゴとハイチだ。

コンゴは中央アフリカにある地域だが、
植民地時代、宗主国はベルギーだった。

ベルギーは、行政関係をベルギー人で支配しており、
コンゴ人を育成しようとしなかった。

その結果、独立運動でベルギーがひきあげたあと、
国の運営ができなくなり、
コンゴのトップはハイチにSOSをだした。

そのため、ハイチから人が派遣され、
国の基礎づくりができるまで、ハイチ人が手助けしてたんですね。

で、その中の一人のハイチ人が、
そのときにサブタイプBのHIV-1Mウィルスに感染し、
ハイチに持ち帰った。

これが、北米、西ヨーロッパに広まったサブタイプBの大元だ。

このハイチから先に広まってったスピードは、
アフリカにゆっくり拡散されたのとは大きく異なる。

その理由は、大きくいえば2つ。

1つは、その頃、アメリカのゲイの間で
ハイチが買春天国とされていたため。

この辺のくだりは、腐人にはたまらなくおもしろいのだが、
書くの控えます。
ご興味ある方は、本書読んで~。

ひとつ言えるのは、何事も過ぎたるは及ばざるが如し。
やりすぎたら、取り締まられるんです。


そして、もう1つが、カリブ海の吸血鬼といわれた
ヘモカリビアンという血漿分離センターが作られ
血液貿易が行われたため。

もうかる事業ってことで、国をあげて血液産業をバックアップし、
「赤い金」と呼んでたらしい。

貧しい人たちから3~5ドルで血を買うのだが、
何度も採血できるように、
血漿のみ分離して、残りの血液は戻す
ってなことをしたため、
他人の血がまざって、HIVや肝炎ウィルスがひろまった。

また、取り出された血漿は、
血友病患者に投与される濃縮第Ⅷ因子製剤や
アルブミンや免疫グロブリンに使われた。

アルブミンや免疫グロブリンは、
生産過程でウィルスが不活性化したため
新たな感染者を生まなかったが、
濃縮第Ⅷ因子製剤は、違った。

1つのロットをつくるのに
2,000~25,000人の血漿が必要で、
その1ロットを12人に投与する。

その血漿提供者の中に
たった一人でもHIV-1M感染者がいたら?

その先は書かなくてもわかるだろう。
本書を読むと、ニンゲンの本質が垣間見られます。

このヘモカリビアンは、
その後、政変によって閉鎖される。

そこで行われていたことの詳細については、
もし、2010年のハイチ地震がなければ
残されたデータや血を調べ、解明することができたろう。

でも、今、すべては失われ、
この先、この部分が判明することはまずない。

ただ、その結果として、世界各地にHIVがばらまかれ、
この売血・血液貿易は、
ハイチだけでなく他国でも行われていたため、
幾何級数的に世界中に広まることとなり・・・・・・
冒頭の1981年がやってくる・・・。


と。
ここまでたどってきた結論として、著者のジャック・ペパンさんは、
「人類の生存に対して長期的に最も脅威となるのは
 人類そのものである」

という教訓を思い出したと書いている。

そして、これは「自明な話」だと。

よって、このエイズの話から
「善意の下に行われた介入が、良い結果だけでなく
 微生物レベルでの危機的な状況の出現を
 思いがけずもたらした」
ということを学び、
「人類の資源と創意をこうした科学的冒険(注:宇宙開発のこと)に
 使うことは賢いことではない。
 それはむしろ、この地球を守るために
 使われるべきものれはないだろうか」
とおっしゃっている。

ま、ニンゲンがいらんことせんかったら、
起こらんかったよなぁ・・・
とは、腐人も思う。


そういえば、最後の最後に、
とても興味深いことが書いてあった。

人に感染したサル免疫不全ウィルス(SIV)だが、
大半のサルや類人猿に寛容で、
実験的に自然宿主でない宿主に感染させない限り、
免疫不全を起こすことはないんだそうだ。

なるほどねぇ。

腐人は戦争というのは、
天敵がいなくなったニンゲンの自浄作用として必要悪なものでは?
と思っているところがある。

しかし、その戦争も、ようやく歴史から学び始めた人類により
世界大戦レベルの大きなものが回避されるようになった。

その結果、自浄作用が働かなくなり、
ニンゲンが増殖する・・・。

なんとなく。
HIVや多剤耐性菌といったウィルスの進化や
最近あちこちで起こっている自然災害って、
機能しなくなった自浄作用の代わりだろうかという気がしてならない
[ 2014/07/03 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

続×4)クゥゥゥゥゥゥゥゥゥ~ル じゃ パーン!

えーっとどこまで書いたっけ・・・。

そういえば、
《2》異文化を受け入れさせる難しさ
ここで書き忘れていたことを思い出した。

先日、腐人は、
黄文雄さんと呉善花さんと石平さんの鼎談を読んだ。

そんときに、韓国ご出身の呉善花さんが、
「韓国の人は、「ありがとう」や「ごめんなさい」を言わない」
ってことをおっしゃってたんですよ。

※詳しくは、徳間書店からでてるこのお三方の鼎談本3作の
 どれかに載ってます(一番新しいやつだったかなぁ・・・)。
 ご興味ある人は、読んでください。


腐人はこの一節を読んだとき、
かねてよりひっかかってたことがすこーんと腑に落ち、
思わず、「そうだったのか!」と言いたくなった。

それは何かといいますと。

韓流ブームの火付け役、
『冬のソナタ』ってご覧になりました?

腐人は韓国ドラマの中で、アレだけみたんですけど、
実はその中で、ものすごーくひっかかったシーンがあったんですわ。

それは、役名わすれたんで役者名でいかせてもらいますが、
チェ・ジウが、ペ・ヨンジュンと並んで歩いてたとき
手帳だかなんだかを落とすんですね。

で、ヨン様がそれを拾って、チェ・ジウに渡す。

ここで、日本人なら、日本のドラマなら、

女:「ありがとう。
   全然気がつかなかった。
   拾ってもらわなかったら失くすところだったわ」

男:「どういたしまして」

ぐらいの会話があるのが普通だわな。
腐人もそう思って観てたんだ。

しかし、実際のドラマでは、チェ・ジウは、
「ありがとう」の「あ」の字もなく、
拾ってもらった行為は、さも当然のように流し、
それまでの会話(コンペの見積もりの話だったかなぁ?)を
平然と続けたんだよ。

で、ヨン様の方も、
「なんだよ、この女。
 拾ってもらってお礼のひとつもいわねぇの?」
となることもなく、それまでの会話の続きを話し出す。

へ?お礼なし??
どゆこと??聞き逃したか?(吹き替え版だった)

そう思って、何度か巻き戻して見直したが、
何回観ても、お礼はないままだった。

腐人としては、これがものごっつい違和感でねぇ。

韓国人ってそーゆー人なの???
という疑問がぬぐえず、
しばらくして、仕事の後に飲みに行きましょうって流れになったとき
飲みの場で、そういえば・・・とこれを持ち出したんですよ。

すると、その場にいた人が皆、口をそろえて
「それはないでしょ」
「聞き逃したか、実際はお礼いってるのに
 尺の関係でとばしたんじゃない?」
と、言う。

しかし、腐人はそこを何度も繰り返しみたが、
あれは本当に言ってないって!
相手にお礼を言うような態度が、
チェ・ジウの演技に、カケラもみられないんだって!

と反論したんだが、結局、
「あんたの見間違いよ」
となった。
悔しい・・・

でも、あの本の裏づけをとった今なら、
断言できる。

あれは、お礼を言ってない!
腐人は見間違えてないわ!!!

と、あのときゲイバーにいた人たちに
本を片手に主張したくてたまらなひ・・・
    ↑
  どこで何の話をしとるんや・・・

 
って、なんか話がズレた感があるが、
このちょっとしたお礼の一言の感覚の違いとかさ、
ワールドカップのゴミ拾いも文化感覚の差といえばそうだが、
日常生活においてなら、たいしたことがない話なのかもしれない。

しかし、コンテンツにおいては、
これ、ものすごく重要な要素だと思うんだわ。

例えばね、
落とし物を拾ってくれた男子に
胸キュンする少女マンガなんて
腐るほどあるわな。

そのお礼がちゃんといえなかった・・・から
気になる・・・になって始まる恋とか
あげろと言われりゃ、腐人は両手に余るほどあげられるぞ?

でも、それ、韓国では成立せんってこっちゃろ、
ゆっちゃえば。

日本のマンガが読みたい、
日本の文化を知りたい、
そういう動機(つまり、種)がそもそもある人は、
わからない文化的表現があれば、
そこからその文化について学ぼうとするだろうが、
そういう要素が、からきしない人ならば?

わけわかんねー、ナニコレ・・・となるのがオチだろう。

でも、このクール・ジャパン政策みてるとね、
そーゆー、そもそもの種がないとこに
ジャバジャバと、
肥料や水(金と労力)をばらまいてるように見えるの。

そんなことしたって、芽はでないんじゃない?

そーゆーことが言いたかったんだ。
あ、すっきりした。


では、残ってる命題の4つめ、いくか!
《4》「反」自然存在である「国」

前から何度もゆってますが、
腐人は、ニンゲンは、毛のない猿だと思ってんのね。

だから自然の法則(弱肉強食、適者生存)にしたがってたら
狂わずに済んだのに、
社会っちゅー集団妄想を始めて、
その法則にしたがって生きろとしたので、
歪みが生じ、どんどんそれがひどくなっていて、
遠からず自滅・崩壊するだろう
とみている。

という考えからすると、
「社会」の最たるもんである「国」ってのは、
自然の法則を、一番ねじまげる存在なわけですよ。

だから、「反」自然存在だと、腐人はゆっとるのです。

まずここが1つポイント。


で、次にコンテンツについてだけど、
クール・ジャパンが内包してるもんはいろいろあるが、
必要、から生まれる工業製品なんかと違い、
マンガやアニメは、なくても十分生きていけるものだ。

しかし、それらは生まれてくる。
なんでだったら、
それは止められない自然な欲求、欲望が根源だからだ。

なんか、話がマズローの欲求階層説までいきそうだが、
そこいくとややこしいので、もっと単純にするけど、
要するに、これら止めることができない創造する力って、
自然の法則のさらに上に乗っかってるようなもんだと思うのね。

そしてそれらは、
自然になってく方向を無理やり力でねじまげる
国家や社会のような「反」自然存在とは、
対照的な位置づけにあると思うんですよ。

だって、この「反」自然存在は、
人の欲求・欲望、自然な動きに規制をかけ、
コントロールすることを使命にしてるんだもん。

この違いが、2つめのポイント。


で、だ。

この1つめのポイントと2つめのポイントみてると、
みえてくるものがある。

それは、創造する力ってのは、
アンチ「反」自然存在、
つまり「超自然」(チョー自然のがわかりやすいか?)である
ってことで。

要するに、
「反」自然であるお上の保護をうけた
「超自然」の創造生産物なんて、
客からそっぽむかれるだけじゃね?ってこと。

すべてがそう、とは言えないのは、腐人もわかってる。

国の保護下におかれたからこそ、
安心して、安定した発展をとげたものもあるだろう。

でも、それって大衆文化から離れてない?

目指すところが、美術・骨董・歴史的なんちゃらならいいよ。
アニメやマンガのなかに、いつかそれになってくもんもあるだろう。

でも、大半はそうじゃないわなぁ。
日用品と同じレベルで使い捨てられていく。

この残るものと消えるもの、
それは誰が見極めるか。

これねー、腐人は特定の人じゃないと思うんだよなー。

なんつーんだろ、大きな流れ?
歴史をみてると、そーゆーなんとも言えないものが
自然に、残るものと消えるものを選別し、淘汰してってないか?

なんかね、そういうことをつらつらうだうだだらだら考えてると、
果たして、国がバックアップすることが正しいのか、
それによって、逆に評価や価値を下げてることもあるんじゃないか?
なんてことを思っちゃうんだよね。

特に腐人なんぞ、
マイノリティ上等!マジョリティは入ってくんな!
っちゅー、逆差別意識があるから、
国がバックアップしますとかいわれると、
その作品を放り投げたくなってたまらない。

だって、ゆがめるでしょ?
規制するでしょ?
ダメだしするでしょ?

そんな気がするんだ。

まぁ、これは腐人だけが思ってることかもしれないが、
オタクといわれる人たちが、
国ってもんが体現してるものを好いているとは
あまり思えないんだがなー。

笑いのネタにはしてもね。

ふぅ、これで残すは、結論だけになったかな。

それがいつになるかは、わっかりっませーん!

[ 2014/07/02 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)

思わず考えてしまった

現実逃避で、発言小町の過去ログをみていたら、

「男性に質問!同性に嫌われる男性のタイプって?」
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0209/118428.htm

ってのがあり、なかなかおもしろく読みふけってしまった。

簡単にいえば、女性の場合、
異性の前では態度が豹変するような子は
女性から嫌われることが多いんだが、男性にそういうのはないのか、
って感じなんだ。

男性のご意見としては、
もし同性が合コンで、女子を前に、普段と違う態度をとっても
「張り切ってるな、頑張れ」
と思う程度で、それを嫌いとは思わない、ってのが多かったんですわ。

むしろ、上役に媚びる態度をとるようなのはイヤ、
でもそれは、男だからとかじゃなく、人としてイヤ、
という感じの流れでね。

他にも、ケチだとか、自分と似たやつとか、
社会性がないのとか、いろいろでてきたんですが、
この「異性の前では態度が豹変する」のところが、
ものすごく男女差がでていて、おもろかった。


のだが。

これ、もっと率直に、
「男性に質問!
 嫌いな男性の有名人はいませんか?
 その理由を教えてください」
とか、
「男性に質問!
 過去に嫌いだなと思った男はいませんか?
 その理由を教えてください」
にしたら、わかりやすかったような気がする。

そしたら、どんな意見がでたんだろ?

興味深いが、自分がトピをたてるつもりはねぇな・・・
めんどうくさい・・・。


ただ、この男女それぞれから出た意見だが、
「異性の前では態度が豹変するような子」を
「媚を売る人」
「手柄を横取りしようとする人」
と捉えれるならば、
別に性別不問でイヤな人じゃないのかなぁ?

ああ、でも、男はおだてりゃ木に登るブーなとこあって、
イエスマンを周囲にはべらせるの好きだから、
「媚を売ってくる人」を、もしかしたら好意的にとって
鼻の下のばすのかもしれん。

飲み屋とか、そうだよなぁ・・・。

で、基本、ヘタレだから、
真実をずばずばついてくる人は嫌。
自分をいい気分にさせてくれる人は好き。
そういうとこ、あるような気がする。


続いて思うに、
「異性の前では態度が豹変するような男子」を
女子は好きなんだろうか?

はっきりいって、腐人は底が浅いと思う。

そんなのは、牛のまねして腹を破裂させた蛙と同じじゃね?

っつか、男って、見栄っ張り傾向強い気がするんだよなー。
腐人はあれ、大嫌いなの。

見栄で腹は膨れないし、問題も片付かない。
とっとと「できません」って本音いって、ヘルプだせよ、
ギリギリになってバンザイすんじゃねぇ!
とよく仕事で思うんだよねぇ・・・。


が、腐人は一般女性とはかなり乖離してると
一応自覚があるので、
むしろ、一般女性はこれをどう思うのかをきいてみたいところだなぁ。

一般女子は、男のやせ我慢を
「かっこいー」とか
思うのかもしれないし。


ちなみにそんな腐人は、
異性の前で態度を変える女をどう思うかというと
べつにー、だ。
ごくろーさんだなぁというぐらい?

だって自分ですすんでホステスやってくれるんでしょ?
結果、男からケツなでられようが、チチもまれようが
やりたくてやってるなら、セクハラにもならんし、無問題。

女にしてみりゃ、
種泥棒できりゃ、責任とらせることもできるだろうし、
お互いWin-Winの肉食関係でいいんじゃないの?
と思うんだが。

違うのかしら??


まぁ、こうやって考えてくと、
別に男だから、女だから、という限定は
腐人もあんまりないかもしれない。

人として、こういう人は嫌い、というのはあるけど。

はっきりいえば。

他人なんざ、直接的利害関係が及んでこない限り、
その辺に転がってる犬のウ○コと同じにしか思えないので、
どーでもいい。

・・・って、似たようなご意見が男性からあったな・・・。

犬のウン○とはおっしゃってなかったですが、
利害関係のない他人には、
自分から進んで近寄りたくないという意味で、
犬の○ンコ。

やっぱり腐人は、おっさん脳なんだなぁ・・・。

・・・犬のウ○コ表現の段階で、おっさんたちから
「一緒にせんといて!」とクレームくるかもしれんですね。
わはははは
[ 2014/07/01 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。