或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年07月 ]
06 | 2014/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

別邸 洛邑に行ってみた

某月某日、知人から連絡があった。
「暇?」

暇っちゃー暇だし、
暇じゃねーったら暇じゃねー。
読まねばならない本は、いつでも山積みだ。
(仕事は?)

何さ?ときくと、
「いや、実は今度、会員制のホテルに行くんだけど」
「行く!」

即答で便乗を決定し、詳細をきくと、
伊豆・下田にある「別邸 洛邑」という会員制ホテルだという。

全室スイートで、全8室。

よしよし。
腐人の好きな小箱タイプの隠れ宿ね。

下田駅までは、到着時間を言っておくと
お迎えにきてくれる。
ここ××年、ハンドルっちゅーたら
原付のしか握ったことが無い腐人にとってはありがたい。

ホテルまでは15分ぐらいだったか、
その間にきいてみると、どこか行きたいとこあれば
車出しますよ、とのこと。

さすが会員制。
至れり尽くせりじゃの。

入口はホテルの屋上になるのかな。
そこが駐車場になっていて、
そこからエレベーターで降りてフロントに。

ロビーには、文学全集などがならんでいて
ご自由にとなってるが、
・・・できればもう少しエンタメ系があるといいな・・・。

こういう図書室があるホテルといえば
腐人は俵屋旅館と、望楼NOGUCHIを思い出すが
そのどちらも、かなり硬軟あわせた蔵書だったな。


ロビーではエスプレッソが飲み放題だったので、
後で、荷物に持ち込んでいた本をもって、
ロビーの寝椅子に寝転がって、
コーヒー飲みのみ読書にふけったんだが、
この寝椅子がヤバイ!!

ふと気付くと寝落ちしそうになっていた・・・。

この寝椅子、部屋にあったら
一日そこから動かないわ、きっと・・・。


お部屋のほうはというと、
各部屋に、大人が2~3人入れる
かけ流しの露天風呂がついてて、
基本、ツインタイプに和室という感じ。
和洋室ってやつになるのかな。

たぶん最大一部屋4人までいける感じ。

腐人はとびいりだったので、
和室に布団をしいていただいたが、
恐らくもう一人ぐらい大丈夫じゃないかなぁ。

あとパソコンできそうなデスクと、応接セットがあり、
内風呂ではDVDがみられるようになっていた。


ちょっと驚いたのが、部屋にテレビがないこと。
あーだから静かなんだ。

きくと、頼めばテレビはもってきてくれるようだが、
静かにくつろいでもらうことをテーマにしてるそうなので
わざと置いてないんだそうだ。

確かに、ないと、こんなに快適なのかってのは
新しい発見だった。

大浴場はないんだけど、
同じオーナーさんがやってる大箱ホテルが近くにあり、
もし、大浴場にはいりたいなら、送ってくれるという。

そっちに興味はなかったのでパスしたが、
部屋のお風呂はすごくよかったなぁ。

湯量が多く、温度も最適。
思わず本を持ち込んで長湯したくなったわ。


そんな、このホテルのウリは
なんといってもビーチとメシ。

ホテルの目の前がビーチになってるんですよ。

そのビーチは、
環境省の快水浴場百選たらゆーのにも選ばれた
外浦海岸っちゅーやつで、すげー綺麗だった。

腐人が行った日は、天気がいまいちで、肌寒かったんだが
そんでも海入ってる人いたなぁ。

湾になってるせいか、波もそう高くなく、
かなり広範囲に砂浜が続いてるから親子連れも多く、
こりゃシーズンになったらえらい人になるやろなー
という感じ。

このホテルは、その海岸に歩いていけて、
かつ、戻ってきたらすぐシャワーが浴びられ、
ジャグジーにも入れる。

・・・でも、海で泳いだ水着のままジャグジーはいったら
塩まじりになるのか??
海に入るつもりはなかったから、
よくきかなかったけど、いいんだろうか・・・??

ちなみにすぐ横に、プールとフィンランド式サウナもある。
このフィンランド式サウナが、すげーよかったのよ・・・・。
根性なくて長居を断念しちゃったけれど・・・。

宿泊すると、部屋から水着+バスローブでいってもいいし
更衣室もあるので、そこで着替えてもいい。

1階のロッカーに荷物がいれられるので
手ぶらでビーチにいけるのがラクチンでいい。


そして、メシが絶品で!!!
素材もいいんだけど、なんつっても旨い!

腐人がいったときは、こんなメニューだったが
シェフさんがそのときそのときの旬の素材を使って
毎日どうするか考えてはるそうだ。

●大蛤の冷製ゼリー キャビア添え
●コーンスープ
●紅姫あまごのカルパッチョ 香草サラダ
●鮑のフリット トマトソース
●豆腐のステーキと伊勢えびのソテー 海老のコンソメ餡
●金目鯛のポッシェ 雲丹のクリームソース
●あしたか牛のグリル ソイソルトとレモンオイル
●パン3種(バケット、バジルバケット、フォッカチャ)
●フロマージュ(2種類)
●デセール(ティラミス)+カフェ

どの皿もホントに美味しくて、
あっちゅーまにぴかぴかに平らげてしまったが、
野菜好きの腐人にとってすごく嬉しかったのが、
添えてある野菜のどれもこれもが
すげー味が濃くて旨いのよー!!

ああ、この野菜を餌にできるウサギになりたい・・・。

そうそう。
ここでソイソルトってのを初めて食べたんだけど、
要するにしょうゆを顆粒にしてるもので、
これがお肉につけると旨くてさぁ。

一皿一皿はそんなに量がないんだけど、
皿数が多いから、かなり満腹になってしまい、
フロマージュは部屋にもってきてもらった。

後で聞くと、食べきれない場合は、
タッパーを持参していったら、
お持ち帰りOKだそう。

朝食は、アフタヌーンティーっぽい3段ででてきたんだが
これもうまかったー!!!

この料理を食べにだけでも、来る価値があるわ!


エステもいいみたいだが、事前予約しないとならず、
今回は未体験。
やってみたかったなぁ・・・。


大人向けの隠れ宿が好きな方なら気に入るんじゃないかなー。

なにより、あの料理は、ホント、素晴らしい!
たぶん都内であれだけ食べたら軽く3万ぐらいすると思う・・・。
いや、もっとか??

近所の方は、食べるだけもOKみたいなんで羨ましいのぅ。


ちなみに、会員になるには・・・の具体的な数字は、
便乗しただけの腐人にはわからんので、
もしご興味あるかたは、直接お問い合わせくださいませ~。

「The SPA Resort 別邸 洛邑」
スポンサーサイト
[ 2014/07/13 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。