或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年07月 ]
06 | 2014/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひきこもりやニートって、社会的弱者なの??

いやね。
夜更かしして読書にふけっていたため、
今朝は、なかなか起きられなかった。

・・・っちゅーと、姫から
「腐人は、いっつもそうじゃん!
 起こしても起きない!」
とゆークレームがつきそうだが、それは秘密。

ただ、仕事をせにゃいかんので、
二度寝防止にテレビをつけていたら、
「死ね」というツイッターの暴言で辞職した
中野区議のニュースをやっていた。

半分寝ぼけながら、実際にどういうやりとりがあったか、
二人のアナウンサーが読みあげるのをきいてたんだが、
(ちなみに画面はみてません。目があいてなかった・・・)
それが終わった後、司会者が

「区議の気持ちがわかる。
 社会的弱者に対してなんてこと」

的なことをゆーたんです。
※主旨はあってるが、文言は不正確

腐人はその瞬間、目が覚めた。

へ?
ひきこもりやニートって、社会的弱者なの??

いや、この言い方は正しくないか。

先日の『 「うつ」は病気か甘えか。』にもあるように、
この「ヒキニート」もよくよくみたら、
本当に精神疾患を患っている「病気」の人の周囲に、
たくさんの「甘え」の人がいませんかい?

確かに、病気によって、
部屋から一歩も出られなくなってる人がいるのは
腐人も知っている。

ただ、そういう人って、ホントに違うのよ。
腐人がみたのは統合失調症の人だったかな。
アメリカの話だけど。

その人はバスルームに何十年もこもってる人だったんだが、
扉をあけることもできないの。
そんなことをしたら、自分は死ぬと思ってるのね。

その人の中では、疾患からくる幻覚や幻聴で、
すごい物語が展開されてて、
そのことについていろいろゆーてはったんですが
全く理解できんかった・・・。

だって、毒ガスがとか、宇宙人がって言うんだもん。

親御さんもそういう状況なので、
本当は医者につれていきたいがそれもできず、
どうしていいやらわからないが、
ほっとくわけにもいかないから、
扉の下のすきまで物のやりとりをしたり、
食事は壁に穴を開けてやりとりができるようにしたりしていた。

確かにこういう人たちは、「社会的弱者」だろう。

でも、今、この恵まれた日本で、
ひきこもりやニートの状態を許されてる「ヒキニート」のうち、
こういう本当の社会的弱者と、そうじゃないのったら、
そうじゃないほうが多いんじゃないのかねぇ。
よくわからんが。

ただ、こういう議論をするならば、
まずは、何をもって「ひきこもり」といい、
何をもって「ニート」というのか。

そこの定義づけをしてから議論をはじめないと、
お互いが言葉から想定している層が違って、
議論に収拾がつかなくね?

例えばさ、

「心身になんの問題ないのに無職。
 家のこともなにもせず、全面的に家族に寄生し、おんぶにだっこ。
 ただ日がな一日、家の中をふらふらしているだけのいい大人」

これもニートといえばニートでしょ。
日本の定義だと。
昔は、「定職にもつかず、ぶらぶらと」と非難され
ろくでなしとか、ごくつぶしと言ったような気がするが。

そういう人を「社会的弱者」と言われて、何人が納得するのかなぁ?

ちなみに、これが更に進んで、
「そうだよ、こっちは、社会的弱者なんだよ」
と居直り、福祉からお金もらってる人もいるでしょう?

そういう側面は?
まるっと無視なの??

なんかこう・・・釈然としない・・・
そう思うのは、腐人だけ?


ただ、この話。
発端は集団的自衛権ときいた。

腐人は、集団的自衛権に興味がないので、
その中身について詳しくは知らないのだが、
これって、イラクに派兵したときだかに、
自衛隊の人たちは軍事力を使えないからと、
救援活動をしにきた軍人なのに、他の国の派遣兵士たちに護衛してもらったり、
なんかあっても見てるだけという状況に、他国からクレームがついた、
そういうのを見直しましょうって話じゃないの?

あと、震災んときだったか、戦車が車道を走れず、
ただ、サーチライト代わりにだけしか使われてないとかゆー
へんな制限をとっぱらいましょう、って話だと思っていた。

っちゅーか。
法がどうでもさ、
「無抵抗な民間人を殺せ」
とか命令されたら、
「いやです。やりたいならあんたやれよ」
と言えば言いだけじゃねぇの?
とか思ってる腐人は甘いんだろうか・・・。

腐人は、もしそれで上官から命令不服従で殺されても
人を殺す前に死ねてラッキーと思うだけなんだけどなぁ。


ま、そんな腐人の感慨はともかく、
この元区議との議論ででてきた、
「“ひきこもりニート”が戦場に送られればいい」については、
いやー・・・・・・
そんなのされても、現場は迷惑の一言かと。

戦場に、なんの技術もない人がいっても
足手まといなだけじゃん。

何十キロもの背嚢かついで、
それこそ不眠不休の100キロ行軍とかできないでしょ?

もちろん、腐人もでけまへんが。

軍人ってのは、そういうことができるように
日々訓練してるわけで。

逆に、ヒキニートがその訓練できるようなら、
ヒキニートやってないと思うんだけどなぁ・・・。

となればね。
ぶっちゃけ、もしヒキニートさんたちが戦場に行ったとして。
使えるのは、人間の壁、ぐらいでしょ。

というのが、とても現実的な話だと思うんだけど。

なんだか最近、おかしな話が多い気がするのは
腐人の気のせいだったらいいのになー。
スポンサーサイト
[ 2014/07/17 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。