或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年07月 ]
06 | 2014/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Ice2014をみた

っちゅーてもテレビで、ですが。

そーいやスケートも世選女子がほっちらかしね・・・。
そんときに、荒川さんの本の話もしよーと思っていたが、
いかんなぁ・・・もうかなり忘れつつある。

早めでなんとかしよう。うん。

で、「The Ice 2014」。

なんつっても、浅田姉妹のアナ雪だろねぇ。

ただ、ジャンプなしの構成で、姉妹でやってくれるなら
個人的には、「ありのままで」より「雪だるまつくろう」のがよかったかなー。

ジャンプあり構成なら、
松たか子バージョンの「ありのままで」がいいんだが。

まぁ、あのキレイで可愛らしいコスプレがみられただけで
GOODとしよう。


そういえば今シーズンからボーカル曲が解禁だそうで、
グレーシー・ゴールドちゃんは、
ここで滑ってた「Let It Go」でやるのかな?

腐人は原曲を、姫と一緒にきくぐらいしか知らないんで、
グレーシーちゃんが滑ってた曲が、
編曲なしなのかありなのかがわからんのですが、
もしこれでやるなら、腐人だったらもうちょっと曲いじりたいなぁ。

だって、ヤマがわからんのだもの。

いれる要素と時間との戦いであるSPはともかく、
フリーの場合、4分をいかに魅了するかってのがポイントだと思うんだよ。

やっぱ魅入られれば審判だって、
思わずちょっと加点つけたくなるに違いない!

ってのが、ホントのとこどうなのかわからんけども、
その4分を長いと感じさせるプログラムにするか、
短いと感じさせるプログラムにするかは、
観てる腐人にとっては、かなりデカイ。

だから曲のヤマ場と、技のヤマ場をいかにあわせるかって
重要な要素だと思うんだが、
英語版だったからなのか、なんか・・・
メリハリのある大波小波みたいな曲調ではなく、
ずっとレリゴーレリゴーレリゴーの感じで、いつ終わんねんこれ・・・
と思ってしもたんですけどね、腐人は。

この曲は、苦悩や迷い、悲しみ、そういうのがあった上で
「だーもーうっとぉしい!
 もうええねん!私は私のままで生きたるー!!」
っちゅー開き直りに繋がる曲やろ?
      ↑
      おい・・・

その波をさ、あらわしてくんないと、
この曲はつまんねーと思うがなー。

そしてどうでもいいが、グレーシーちゃん。
太りました?


宮原知子ちゃんは、今季はミスサイゴンかー。
腐人はこれ観てないんですが、
そのどの感情を滑って表現しようとしてんのかなぁ。

技術的なところは上達してんのわかるんだけど、
表情や表現が硬くて、感情が伝わってこないんだよなぁ・・・。

今、ざっとミスサイゴンのあらすじみたけど、
ちょっと背伸びしすぎてませんか?
昨シーズンのリプニツカヤちゃんじゃないが、
年齢相応のキャラのがいいような気がするけどなぁ・・・。


そういう意味では、村上佳菜子ちゃんの今季プログラム
オペラ座の怪人は、あってるね。
クリスティーヌの無邪気さがすごくでてて。

個人的にはクリスティーヌの造形については、
黒だろ、こいつ・・・と思うとこあるんだが、
そうじゃない「陽」の部分を、うまくだしたなーと思う。
がんばってねー。


アデリナ・ソトニコワちゃんは、
今季フリーの後半だけってことだったんで
ちょっとよくわからない。

イメージとしては大人しめなのかなぁ?


マエ=ベレニス・メイテちゃんは、
まだまだ滑り込みが足らない感じだったが
これ、もしばっちり決まったら、すごい迫力だろなぁ・・・。

世選のとき、崩れたあとの立て直しができなかった印象があるが、
そういうメンタルの弱さを克服してほしいな。



個人的に萌えたのが、
パトリック・チャンくんとジェフリー・バトルくんの「エレジー」。

な、なんで男子ペアの競技枠がないの!!!
こんなのやってくれんなら、
腐人、かぶりつきで観るわよ!!!

すばらしすぎるー(T_T)


そんなパトリックくんは、
今季のグランプリシリーズは欠場だそうで
うううううう・・・・今季の楽しみが1つ減った・・・。
そんなに腐人をいじめて楽しいですかぁぁぁぁぁ(ToT)。


欠場といえば、今季、真央ちゃん同様、休養宣言をした
メリル・デイヴィスちゃんとチャーリー・ホワイトくん。

うえーん!!
アイスダンスで一番楽しみにしてるのにー!!

あの、実は見えない糸で繋がってんじゃねぇか?
と思うほどぴったりなツイズルが観られないなんて・・・
ううううう。

メリルちゃんの表現力は、
日本の若手女子にぜひ観てもらいたいんだけどなぁ・・・。


メリルちゃんといえば、
今回女の子ばっかりで滑ったのがあるんだが
その振り付けをしてはったんですよね。

腐人はこれ、メリルちゃんが観たかったのに、
テレビで映るのは日本女子ばかり・・・なんでー!!

ま、それはともかく。
そのときの衣装が、
キャミソール+ショートパンツだったんですが
ここまで身体の線がでてくるもん着ると、
体幹の鍛えっぷりがよくわかりまして。

腐人はスポーツを一切しない人なので、
スポーツをしてる血族にそれをゆーと、
そりゃあのひねるジャンプをするなら、
体幹鍛えないと回れないよと言われた。

そうなのか。

そんでもって。

こういう人たちは、腹いっぱい食べたとしても
腹筋が膨らむのを抑えるから、
あんたみたいに、タヌキ腹にはならんよ
とも言われた。

ほっとけ!


他は・・・印象に残ってるのだけですが、
小塚崇彦くんのタンゴ。

おもろいチョイスをしたなぁ。

正直、あんま詳しくないんですが、
個人的には、一番いるのは気迫かなぁと思う。

もっとぶっちゃけをいえば、
「男のやせ我慢」的な印象があるんだよね。

元がラテン系だからというのもあるが、あっちの人って激情じゃん。
泣いたり喚いたり。
そういう、本当は外に出したい感情を、踊りにぶつけてる、
タンゴってそんな感じがあるんだよなー。

どういうのを出してくるか、
たぶん今回は抜粋だったと思うんで
早く全部がみたいなぁ。

心配なのは、足の具合。
結構負荷がかかりそうだけど、お加減はいいのかな?


あと、浅田真央ちゃんとジェフリー・バトルくんの「ボレロ」。

「ボレロ」といえば、
今はカロリーナ・コストナーちゃんのプログラムが印象強いけど、
あれはまさにモーリス・ベジャール的な感じで。

それが今回、こうきたかーと。
個人的にはこーゆー鑑賞重点のジャンルを
作ってくんねぇかなぁと思う。

競技会とショーは違うんやと言われてしもたらそこまでなんだが、
もうちょいフリースタイルな枠つくってくれたら、
もっとおもろなるような気がすんねけどな。


グランプリシリーズは10月からかー。
ううう・・・待ち遠しい!!
シーズン始まったら、仕事そっちのけになるから、
それまでにアドバンテージ作っとかんと!

皆さん怪我せず、がんばってねー♪
楽しみにしてまーす (*^_^*)
スポンサーサイト
[ 2014/07/22 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。