或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年08月 ]
07 | 2014/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小ネタ集・・・主に下の話

●トイレの話 その1

出先で、どーしても行きたくなってしまい、
がちがちセキュリティなピカピカビルのお手洗いを
お借りすることになった。

すると、多目的トイレっちゅーのしかなかったので、
そこに入ったのだが、謎のものがあったのだ。

かなり深いシンクで、水とお湯がでる蛇口が上部にある。

ぞうきん洗うのかなぁ?と思ってのぞくと、
いわゆる水洗トイレのように、底の方に水溜りがあった。

???

それによくみるとシンクの形がなんか変。
非常に独特のへこみやでっぱりがあるのだ。

ちなみに、いわゆる手をあらう洗面用のシンクは別にある。

身障者の方で、
こっちのシンクが使いにくい方(手があがらないとか)
のためなのかなぁ??
と思ったのだが、ふとみると、
トイレットペーパーが壁にくっついていた。
そして、その横には、水を流すボタンが。

ん?
これはもしかして、
おむつ利用者が外でぶりぶりっと盛大にやってしまった場合
ここで洗って流してね、ってスペースなんだろうか・・・。

正解はわからないままなのだが、
そうだとすると、これ、高さや大きさからすると、赤ん坊しか使えない。

大人のおむつ利用者がやっちゃった場合は
どうするんだ??
便器のウォッシュレットを使えってこと??

腐人は周囲に要介護者がいたことがないのでわかんないんですが
それで足りるもんなんですかね。

このまま多老社会が拡大していけば、
そーゆーのの大人用が備えられたトイレが
あっちゃこっちゃにできるようになるのかなぁ・・・と思った。


●タイの代理出産の話

あのニュースをきいたときから、
腐人は、その目的はアレかアレかなぁと思っている。

が、それとは別に、
「城戸光政か!」
と思ったのは、腐人だけではあるまい・・・。

※わかる方だけわかってください。


●トイレの話 その2

先日、雑居ビルのお手洗いにいくと、
個室が1つふさがっていた。

空いているところに入ってしばらくすると、
かぐわしい匂いがしてきた。

って、腐人はよく皮肉な比喩表現を用いるが、
今回は、そうではない。

文字通り、食欲をそそる美味しそうな匂いがしてきたのだ。

な、なんでトイレで!?
と思ったのだが、そこでふと気づく。

もしかして、これが「便所飯」なのか・・・?

腐人は、清掃のおばちゃんと世間話をしたりするんですが
(だって、おばちゃんだもん)
昔、こんな会話をしたことがある。

腐人
「テレビで便所飯とかゆーのやってましたけど、
 あんなのホントにあるんですかねぇ」

おばちゃん
「あるよ。
 弁当のカスとかが、おきっぱなしになってるもん。
 他にも、え?ってなものが捨てられてたりするし。
 ホント、ひどいよー」

そ、そうなのか・・・と、その時は思っただけだったが、
マジであるんだなぁ・・・。

腐人は、ゆったり読書ができるボッチ飯は大歓迎なんで、
よくわからんわぁ・・・ (~_~;)。

スポンサーサイト
[ 2014/08/29 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

忘れぬうちに「機会費用」の話

思うに、サンク・コストも、機会費用も、
どこに視点をもつか、ってことのよーな気がするんだよなぁ。

なんの話じゃ?という方(数日後の腐人の鳥頭も含む)のために
先に用語の話をしとこう。

「サンク・コスト」
日本語では埋没費用という。

ビジネスでは新しい市場を開拓しようと、
設備投資したり、人材を派遣したりしていたが、
いつまでたっても効果があがらない。
とか、
新製品開発に多額の開発費を費やしたが、
思ったほどの効果がでなかったり、
類似品が同業他社から先にでてしまった。
とかで、
とっとと撤退したほうがいいのに、
それまでかけた費用(サンク・コスト)のことが気になって
撤退する時期を誤って、大赤字になったりする。

プライベートでは、博打、恋愛、毒親子関係などで、
これまでこんなに費やしたという感覚にとらわれることで
関係を絶つことができず、
ずるずると損害を広げていく。

こーゆーのを「サンク・コストの呪縛」といい、
回収できないもんはとっとと諦めて、すっぱり忘れ、
新しい未来に眼を向けて、そっちを大事にするほうがいいって話。

次に、
「機会費用」。

Aか、Bかという場面で、一方を選択したことで、
諦めることになったり、失ったりした利益のこと。

って書いても、いまいちピンとこんので、
例を探してみた。

オリンピックをします。
経済効果は1兆円です。
ってな話はよくきく。

でも、だ。
実際オリンピックをするとすると、
いろんな設備を建てなきゃならなかったりする。
そんでもって、オリンピックの後、
それが赤字たれながしのハコモノとなり、
不良債権化する場合もあるわな。

だったら、せんかったらその赤字支出がおこらないわけで。

こーゆーんを「機会費用」っちゅーらしい。


もっと単純な話でいえば、
電車にするか、タクシーにするか。

電車だとタクシーより1000円安いが、
待ち時間を含め、時間が1時間ロスになる。

その場合、その人は1時間にどれだけ稼ぐ人なのか
ってのがポイントになり、
もし、1時間に2000円の収益をうみだす人だとすると、
電車だと交通費で1000円浮いたが、
その時間に稼げたはずの2000円が失われることになる。
(差し引き-1000円)

でも、その人が100円の収益しか生み出さない人なら
電車にすることで得られる利益のが高い。
(差し引き900円のプラス)

ただ、この「機会費用」ってのは、ちょっと曲者なのが、
単にお金のことだけを言うわけじゃないんだな。

時間とか、満足感とか、
そういうものも含めて「利益」というので、
飲みニケーションをくだらねぇと思ってる若手を誘って、
おごってやったぜ!俺の株は上がったに違いない!
とか思ってる人は、大間違い。

若手にとっちゃ、いい迷惑で、むしろ株は下がってる。

また、ハードワークに疲れ果て、高収入の地位を放り投げて、
収入は減ったけど、やりたかった仕事についた場合も、
満足度で機会費用としてはプラスとみる。


これ、「利益」基準が同じ人同士なら、よい結果がだせそうだが、
そうじゃないと、思ってる以上の溝になるよなぁ。

ただ、これ(相手の利益基準はなんなのか)を
気にしすぎると
身動きがとれなくなる気がする。

よって。

己ひとりに関わることなら、
自己責任で自分がしたいようにする。

他人が関わることなら・・・
そうだなぁ、腹の探りあいは面倒くせーんでぶっちゃけて、
自分がかめへんと思うところは、相手にあわせ、
ゆずれんと思うところは、お互い関知しあわない放牧で。

・・・って、いつもやっとるままやんけ・・・(-_-;)。


ほんでちょっと思い出したんですが、
思ってたのと違うかったんで、パラ見で終了した
『アルプス交番からのメッセージ』
っちゅー本がある。

腐人はてっきり、
事故実例を列挙し、
無謀な登山者にええかげんにせぇ!
っちゅーてくれる本かいなと思ったんだが、
そうじゃなくて、
中高年で山登りをされる方へのアドバイス本だったのだ。

・・・しないから。
腐人、中高年だけど。

山なんか、
マンガのネタか、箱根駅伝の5区6区以外、全く興味ねぇ!

ってことで、パラ見で終わったんだけど、
そこで、最近の登山者をみていると、
とても自己中心的な人が増えてきたとあった。

昔だと、グループで登る場合、
道中、体力のあるなしが影響し、
どうしても遅れる人が何人かでてくると、
遅い人にあわせてグループ全体が速度を落とし、
場合によっては、予定を変えて、途中でビバークしたりした。

でも今は、集団に速度差が生じ、
途中でちぎれるグループがでても
頭のグループは待つことなく、たったか進んでいく。

で、自分たちは予定通り、小屋に到着し、
「一緒に登った人たちが途中でちぎれた。
 捜索にいってくれ。
 自分たちは疲れたんで、無理」
と、ゆーんだそうな。

で、捜索にいくと、ちぎれた数人のうちのひとりが怪我をし
身動きがとれなくなってたらしい。

※ちぎれるというのは、集団から離れてしまうこと。
 もちをひっぱってちぎるっしょ?
 あれみたく、マラソンやらのレースで
 先頭集団から遅れてく様をいう。



これなんかも、それぞれの「利益」基準が違う、
っつー感じがするんだよねぇ。

ん?そうすると、なんだ?
これは一般的に「価値観」と言われてるもんなんかね。

なんかよくわかんなくなってきたので、
ちゃんと知りたい方は、経済学の本を読むか、
行動経済学(になるのかな?)のおべんきょーをしてくださいませ。


余談ですが、上記の途中でバラけた登山グループさん。

要救助者を保護して小屋に戻ると、
先についてた「疲れた」方々は、
いい気持ちに酔っ払ってたそーである。

捜索に行かれた方が
「やってらんねぇ・・・
と思ったかどうかは知らない。
[ 2014/08/28 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

思い出した・・・

が、今日はパツパツなので、さくっといこう。
長くなりそうなので、「機会費用」の話はまた後日。

で、何を忘れてたかっちゅーとさ。
いやね、昨日?いや一昨日か。
高校野球の決勝戦があったじゃん。

あれ見てて(ってもダイジェストニュースだ)思ったんだが、
あそこで野球やってる球児にさ、

「2位じゃダメですか?」

って聞いてみたらどーなのかなぁと。
懐かしい発言だ。

でも、無神経極まりない腐人でも、
この質問を彼らにぶつけられるほど恥知らずじゃないので
誰が訊くのかはわからん。

ただ、結局、そういうことだと思うんだけどね。


でもって、もう1つ思い出したのが、
『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』
荒川静香さんが、

金か、銀かでは、ジャッジへの批判などが起こったり、
選手もこだわるようだが、
銀か、銅かで、もめているのはきいたことがない。

ってなことをおっしゃってたこと。

ソチでも、金銀で世界的にギャースカやってましたが、
アシュリーちゃんが、ノーミスなのに!この順位はおかしい!
とゆってたのは、片隅に埋もれていたなぁ・・・。


腐人?
腐人は、何事も、みてるだけーでいいです、はい。
[ 2014/08/27 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

思い出せないものと思い出したもの

なんだっけ、なんだっけ・・・
昨日、寝る前にブログに書こうと思ったネタがあったんだが
一晩ねたら、キレイさっぱりデリートされてしまった。

うーん・・・なんだったかなぁ・・・。

大抵が、日常生活の何かに刺激されて、
そこからの派生なんだけど、わからん。

小ネタだったことだけは覚えてるんだが。

ま、いっかー。
必要なら、またなんかんときにでも思い出すだろう。


逆に、週末に発言小町を読んでいて、
うーん・・・これは、アレだな、アレ・・・と思ったんだが
その「アレ」が思い出せなくて、
うぎゅぎゅぎゅぎゅ・・・となっていたのだ。

それがわかった。

「サンク・コスト」、もしくは「サンク・コストの呪縛」だ。

心理学の話だとばっか思い込んでたが、
経済学の話でした。

日本語でいえば、埋没費用。

「事業に投下した資金のうち、
 事業の撤退・縮小を行ったとしても回収できない費用」
(by うぃきぺでいあ)

で、腐人がこれを思った発言小町のネタは、

「彼氏が会社の25歳年下の子と浮気してました」
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0820/675611.htm?g=04

ここに書いたことでその呪縛から逃れられたようですが、
まさに「サンク・コストの呪縛」。

これまでそのロクデナシの彼についやしてしまった
時間、労力、情熱、若さなどを、つい考えちゃうんですねぇ。

でも、考えたところで、このロスは取り戻せるもんじゃないので、
さっさと別れて、次の男をさがしたほうが合理的、って話。

なかなかそう簡単に割り切れないのが人間だけどさ。


そういやこの言葉を探していたら、
「機会費用」という言葉にぶちあたった。

で、この話をしようと思ったら、トラブルが発生したので
本日はここまで。
[ 2014/08/26 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

補足 『覆す力』

先に断っておきますが、
本日は、自分用アーカイブです。

昨日コメントをした『覆す力』

あれを書いてたときは、手元に本がなかったので、
記憶だよりに書いてしまったのだが、
不確かなところを確認するために、最終章を改めて読み直すと、
なかなかほほーと思うことが書いてあった。

適当に腐人編集はいってますが、こんな感じ。

●好調期と不調期

好調なときには、積極的に新しいことに挑戦し
いつかくる不調期に備える気持ちを忘れずにいること

不調期は、なにをやっても駄目でもともとと開き直り
いずれくる好調期に進化できるよう準備する

つまり、どっちのときにも縮こまることなく、チャレンジし続けること。
そして、そこでてくる結果に、へこたれず
常に、進化する気持ちを持つことが重要。

そうすることで、好調期と不調期のサイクルが短くなる。


●負けを糧に

なぜ負けたのかの検証が重要である。
負けは実力 勝ちは運

●反省するが、ひきずらない

●衰えとむきあう

総括すれば、

「強い自分に驕ることなく
 弱い自分に逃げることなかれ」


って感じですかねぇ。

こうやって自分を律することができなければ、
勝負の世界のトップ争いはできないのか・・・
ってな気もするが、
そうすると、囲碁の故藤沢秀行さんなんかはどうなるのか (^_^;)

あーゆー方はホントいらっしゃらなくなりましたなぁ・・・。

端から見てる分には、すごい好きなんですけども、
あーゆー方を、本当の天才というのかな?


ま、なんにせよ、この『覆す力』の最終章は、
将棋に限らない、人生訓として有効じゃないかなぁと思う。

ご自身が経験なさった上で、探し当てた言葉なので、
下手な啓蒙書よか、ずっと言葉に実があるので、おススメです。


最後にすっげぇどーでもいい話。

先日、夜中に帰宅し、部屋の電気をつけたところ、
でっかいゴキブリと目があった。

ここで目を逸らしたら、逃げられる!とお互い思ったので
にらみ合いをしつつ、
手近にあった紙をまるめて、パッシーンと
もぐら叩きならぬ、ゴキブリ叩き試合の結果、
腐人が勝った

が、よく確かめずに武器をつくったため、
ゴキブリの残骸がへばりついた紙をひろげると・・・

ぎゃーっ!!!
原画展でもらった、
山田画伯の書きおろしイラストコピーだ!!!

ううううう・・・
慰めにもならんが、
これが昔の絵のチビ泰麒や六太じゃなかったことを
感謝しよう。

昔の絵のチビ泰麒や六太だったら、
絶叫してる。


で、そのことをだ、翌朝、血族たちにゆーと。

「あーそういえば、こっちの寝室だけバル●ンたいたのよねぇ。」

な、なんで1部屋だけ!
そんなん、他の部屋に逃げるだけやないか!!

「だって、1個しかなかったんだもん」

・・・買いにいったらええやんか!
薬局、近いのに!!


「えー・・・台所とかバ●サンすると、
 あとで食器を洗いなおしたりせんならんくて
 面倒だから嫌」

その台所にこそ、いっぱい潜んどると思うで・・・

一言でいえば、「面倒」。
それですべてを片付けられてしまったところに、
なんか、ものすげぇ血の繋がりを感じた一件だった・・・(-_-;)。

ちなみに。
もう自衛しかないと思ったので、
さっそく自分の部屋用にゴキブリ駆除剤を購入しました。

※なぜ、他の部屋のを買わなかったかというと、
 「こんな駆除剤なんて、邪魔!
  出たら殺せばいいだけでしょ」
 と言われたからである・・・
[ 2014/08/25 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

むっちゃ効く~!!ネオパスタノーゲン

しょっちゅう、あっちが痛い、こっちが痛いをやっている。
ま、もうババアだからね。

・・・っちゅーと、
「ちゃうわ!
 あんたの場合、運動不足すぎやろが!!」
と、いろんなとこから言われるが、
ま、そんなところもあるかもね←それしかねぇだろ!

それはともかく。

そんな腐人の話を、笑いのネタにしてる血族が
知り合いから、
「これ効くから、よかったら使ってみて」
と、ある薬をもらってきた。

それが、北都製薬のネオパスタノーゲン。

使ってみると効果絶大で、翌朝さっそく血族に
「あれ、すんげーいい!!」
っちゅーと。

「もともと馬用やったらしいで」
と言われた。

え!?
馬、ずるい!!!
こんなええもん独り占めしとったなんて・・・

っちゅーと、
「そこかい・・・」
と突っ込まれる。

え?そーじゃないの?
ま、今は人間も使えるようになったからええけど
せやなかったら、
薬ゲットのために獣医の知り合いを探すところだったわ。


なんともおもろい流れでてきた薬のようなので、
調べてみると、こういう経緯があったらしい。

こちらの製薬会社は
昭和32年から製造販売してはるそうなんですが、
人体用はこの商品のみ、
あとは動物用と健康茶というラインナップだそう。

そもそもが動物用の薬からスタートしたそうな。

そして、昭和36年の第28回日本ダービーに
故障して不調だったハクショウ号が、
この薬(もちろん動物用)を使って回復し、
優勝したことで、一気に名前が広まった。

で、たぶんその周囲の人が人体に使ったんでしょうねぇ。
これ、ええで、ってな話が広まったそうで、
「馬の薬ちょーだい」という注文がきて、会社は困惑。

こりゃ人体用もつくらんと!となって、
成分調整し、昭和51年に人体用が販売された。

そんでもいまだに「馬の薬」といわれるそうで、
人体用が別にございますのでと
いちいち説明せなならんらしい。

ご本人らは大変だろうが、ちょっと笑ってしまった。

で、この商品ですが、
プロスポーツ選手などの間では
かなり知られてる商品らしいんですが、
トウガラシ成分がはいってるんで、
塗った後、しばらくひりひりします。

でも、その後、表皮から浸透していくと、
患部がじーんわりぽかぽかする感じになります。

そんでもうちょっと経つと、
そういう反応すらもなくなりますが
同時に、びっくりするほど、痛みや凝りのようなもんがひく。

1つ注意は、この薬効がかなり残るので、
その後、風呂にはいるときは、
湯船に入る前に薬を落としたほうがいいです。

塗るのの一番いいタイミングは入浴後、だそうで、
ほてりが冷めたぐらいに塗るのがよろしいかと。


これまで、腐人はいろんな湿布を使ってきましたが、
一度はると、皮膚がかぶれてかゆくなる、
同じところに連日貼れない、
塗った直後はいいんだけど、すぐ痛みがもどる、
アロマがすごくて、回りが迷惑・・・
など、結構デメリットが多いんだよね。

これはそういうのが一切ない。
匂いも気にならないし、
連日使ってても肌荒れしない。

こりゃええわってことで、ネットで買えるか探してみたら、
メーカー直販だと¥2000(税別)で販売されてるが
それより、安い価格でいっぱいでまわっている・・・。

え~(~_~;)
・・・その商売方法は正しいのか!?

といいながらも、やっぱり安いところで買ってしまう。

だって!
ポイントつくんだもん!!

ついまとめ買いしてしもたが、
まぁええか。
腐るもんでもないし。

肩こり、腰痛、神経痛、リューマチ、
打撲、捻挫、筋肉疲労などでお困りの方、
ぜひ一度お試しください。

きくで。

[ 2014/08/24 ] 健康&読書録 | TB(-) | CM(-)

なんでディストピアは否定されるのか?

「ディストピア小説の傑作」と紹介されてたので
『ボラード病』って本に手を出してみた。

こういう紹介文の多くがあてにならないことを
知っているのに、乗っかってしまったわけですな。

そもそも腐人はブンガクが大嫌いで相性が悪い。

なので、これも1ページ目から
合わない匂いがぷんぷんしてたんだが
我慢して1/3ぐらい頑張ってみた。

でも、いつまで読んでも言葉が上滑りしちゃって、
全然脳みそに入らないことがわかったので、
勇気ある撤退を決意(要するに途中放棄だ)。

オチだけ読んだんだけど、
うーん・・・・・・なんかなぁ・・・。

なんか違うんだよ、腐人が思うのと。
洗脳とかマインドコントロールでじゃないんだって!
そんで違う人たちを排除するってのは、
そもそものとこが違う気がする。

ただ、腐人はディストピア小説なるものを
まともに読んだことが無いので、
腐人が思ってる「ディストピア」の概念と、
世間一般が思ってるものとが乖離してるってことなのかなぁ。

・・・というテーマにとりつかれてしまったので、
他にやることも、読むもんもいっぱいあるんだが、
しばしディストピア分析をしてみたいと思う。

ここに書くのは、いつになるやらわからんが。

その前にクールジャパン片付けちまわないとな・・・。
[ 2014/08/23 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

言われてやる仕事は「仕事」じゃない

昨日のカンブリア宮殿は、辻調グループだった。

以前、『英国一家、日本を食べる』を読み、
ちょっと興味があったので観てみた。

本の中でも、そのカリキュラムが紹介されていたが、
今回の映像ほど理解できてなくて、
テレビを見て、なるほどこんななんだー
ってのがよくわかったんだが、
腐人としては、この一言に、うなってしまった。

「言われてやる仕事は、『仕事』じゃない」



最近、「やらされ仕事」って言葉をきく。

腐人はこの言葉、大っっっっっっ嫌いだ。

特に、専門的な職にいる若手が言ってるのをきくと、
張り倒してやりたくなる。

てめぇ、何様だよ!
どんだけ自己評価が高いうぬぼれやだ!

なりたくてついたんだろうが、その仕事に!
そしたら、そこでやることすべてが「やりたい仕事」なんだよ!
「やらされてる」仕事なんぞ、ひとっつもねぇんだよ!

それが例え、皿洗いだろうが、ゴミ拾いだろうが、どんな作業だろうと、
やりたい仕事に繋がっていくもんなの!

「やらされ仕事」なんてゆってねぇで、
その現場にいることがどれだけ幸せで、
間近で見て、携われるチャンスがあることが
どれだけ恵まれてるか、考えろ!

それらすべてから学んでいかんかい!
どこに目ぇつけとんじゃ!
首の上にのっかってんのは飾りか?
中身は空っぽか?

って、言いたいんだよねぇ。
実際には言わないけど。


この辻調の方のお言葉は、

「言われる前に、自ら考えて働く人になれ」

ってことだと、腐人は理解した。

そのためには、
先輩がどうしていたかを見聞きして覚え、
先輩ならどうするか、自分はどうすべきかを
考えなきゃいかん。

のだが。

「やらされ仕事」とかゆってる段階で、
もう責任転嫁してんだよね。
これ、俺の仕事じゃねーって。
逃げてるんだよね、現実から。

ふざけんな!
そんなレベルの意識しか持てへんのやったら、でてけ!
いらんわ!
と、言いとぉてたまらんわぁ・・・。


この辻調の学生だけを集めた就職説明会で、
会場にいた企業の人事の人が、
「皆、自分の目指すものがちゃんとわかっていて、
 ものすごく意識が高い」
とおっしゃってたが、すごいよね。

シューカツがたいへんでぇとかゆってるやつらに
ここまでの意識は絶対にない!
言い切ってやるぞ!

ほんま、ゆーたらなんやけど、
甘やかされて育ったボケボケの若造を
ここで一から鍛えなおして欲しいわ。


っても、それができてんのは、

●ちゃんと本人たちが自覚して、入学してきてること
●それに対して、教える側も本気でとりくんでること
●将来へのヴィジョンや筋道をちゃんと提示し、
その実現化についても具体的にみせてくれていること

そういった要素があるからやろなぁ。

こういう教育をしてくれる学校が、
もっと増えてってくれるといいんだがなぁ。


ちなみに素朴に疑問なんですが、
店の運営実務(経理とか、人を使うなど)についてのお勉強は
ここではどうなんやろ。

いくら美味しい料理がつくれても、
数字がアホやったら店つぶれるよ?

数字が読めて、運営ができることも、
料理人に必要な資質やと思うけどな。
[ 2014/08/22 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

死がいっぱい

『山賊ダイアリー』『鬼灯の冷徹』の早売りを買いに
ちょっと日が翳ったあたりを狙って出歩いた。

獲物は無事ゲットできたので、
メシでも食いながら読むかーと辺りを見回したが
日が翳るのを待ってたせいか、
へんな時間になってしまい、どこもここも閉まっている。

ようやく開いてる店をみつけ注文し、
料理が来るまで読書しようと、
いそいそとり出したのはいいが。

・・・しまった・・・
なんも考えずに、ハンバーグを注文してしまった・・・
それも、半生ぐらいのレアで食べてってのが売りの・・・(ーー;)

ここで『山賊ダイアリー』を読んだら
食えなくなるかも知れない・・・

腐人は繊細な乙女なので(←おい!)、
違う本を読んで、料理が来るのを待ちました。

あとでお茶しながら『山賊ダイアリー』を読んだが、
あのとき読まんでよかったと、心底思ったよ。
ヌーはやめぃ!


どーでもいいが、ここのところ読んでるものが繋がってるなぁ。

『山賊』『銀匙』&『百姓』
→「お命、ありがたく頂戴いたします」

『山賊』『鬼灯』
→「右も左も死がいっぱい」

ま、そういうのが腐人の興味の対象なんだろう。

で、そのつながりで、ある記事が気になった。

「スイスへの「自殺旅行者」が急増-死へのほう助求める」

WSJの記事なんですけど、いつまで読めるかわからんが
URLを貼っておこう。
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203403704580104652944676826?google_editors_picks=true

簡単に言ってしまえば、
「自殺ほう助を求めてスイスに行く人の数が
 2008年から12年の間に39.8%増加」
というデータがでたんだそうだ。

※ちなみに一番多い国はドイツ、次がイギリス

腐人が昔、調べたときは、末期症状の人に限っていたが
今ではもっと緩和されたようで
「利己的な理由でない限り、ほう助自殺を容認」
してるんだそう。

まぁそれが増加の理由かもと言われてるが、
研究者の一人は、

なんで自殺をしに、スイスまで遠出しないといけないのか
出身国がなんの規定もしてないことをスイスがどうぞといっていいのか
費用負担をどう考えるか


といった問題があるので、
もっとデータを精査すべきと言ってるそうだが
患者の死ぬ権利を支援してる非営利団体ディグニタス(Dignitas)は、

データを云々じゃなくて、
『自殺旅行者』にならずに済むように
もっと各国がこの問題に対処して、
その国で、市民があるべき選択ができるように
すべきじゃないの?


と言っているってな内容だ。

腐人はディグニタスさんのおっしゃることに
大賛成なんだがなぁ。

なかなか、荒川さんのお祖母様のようには旅立てないからね。
[ 2014/08/21 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ダラダラと。

放置物件は、あとクールジャパンの締めだけで
もう書くことも決まってんだが、
今、そっちに頭がむきません。

なので、ダラダラととりとめのない話をば。

●まんだらげの万引窃盗犯逮捕

ニュースをきいていたら、捜査第三課 まで投入されたとか。
ふぅ~ん・・・。

まぁ、これだけ話題になり、
ここで捕まえなければ、法治国家の根幹に関わることだから
そこまでしたんだろうが、
すべての万引窃盗犯罪にそこまではしてくれないってのが
問題じゃないのかねぇ。

それも今回は、窃盗品が特殊だったから絞れたが、
これが、ワンピの単行本だの、キャベツだのだったら
盗品と特定することができないだろうなぁ。
同じ物が山ほどあるので。

A案件は捜査するけど、B案件はしないとかなるなら、
腐人だったら、万引については、
被害者に任意捜査までの捜査権あげちゃうけどなぁ。

警察官という資源は、有限なんだから
どこに、どの犯罪に、それを配置すべきかって
重要度とか優先順位を考えたら
この件については、あまりに杓子定規に考えすぎな気がする。

で、

・犯人であるという証拠(窃盗の瞬間を撮った動画など)の収集
・それを店頭やネットでさらして情報を募る

ここまで店側の自由にやってもらい、
逮捕以降のところは警察がやる、と。

今回、すごい人数の警察官に、モザイクを外した画像が配られ、
それを持って捜査にあたったらしいが、
それを聞いたまんだらげの社長さんが
「だったら、ネット公開したほうが早かったんでは?」
と疑問を呈されていた。

ここの違いは、
捜査資料は聞きこみ先に残さずひきあげるが、
ネット公開だと、いくらでも拡散し、残る、
これだけではなかろうか。

それって大きな違いでは?と思われるかもしれないが、
今の世の中、聞き込み先の人が、
SNSでUPしないとも限らないから、
腐人はまんだらげの社長さんに軍配なんだがな。

ってかさ。
そもそもが、窃盗しなきゃいい話な気がするんで、
そこを私刑だなんだというのが、なんだかなー・・・。

こういう話をきくにつれ、
現実の進化スピードに対し、法整備が遅れてるなと思う。


●ヒッチハイクする自律型ロボット in CANADA

いや、コレ単体がどうこうって話じゃなくって、
ここまでできるなら、ドールにAIいれようよって話。

わかる人だけわかってください・・・。


●商売成り立ってるのかなぁ??

そういや、師匠とは、もう1つ「山田章博展 Exhibition&Cafe」っちゅー
『十二国記』の挿絵原画展をみにいった。

絵はすばらしくよかったんだが
(ホワイトハート版のが展示してあったのが
 最高に嬉しかった。ありがとう!
 あの頃の絵のほうが好きなのよー!!!)。

運営に疑問が・・・(~_~)。

まず、入口が非常にわかりにくく、会場が狭い。
バリアフリー?それナンデスカ?の感じです。

で、そこをパーテーションで区切って絵を飾っているのだが、
絵を飾るにしては強度に疑問があるパーテーションで、
お尻があたっちゃったら、向こうに倒れてしまいそうな怖さがあった。

極めつけは、
「「十二国記」画集第一集刊行を記念した展示会」
なのに、出口の販売所にて、
「画集は売り切れました」
とあるところ。

この会場で購入したら限定でもらえるものもあるのに、
肝心要の画集が品切れ。

・・・・・・すんません、
腐人には何がしたいのかがわからない・・・。

なんでこんな一番売れる確率が高い場所を
品切れにすんのー!?

機会ロスだよなぁ・・・
もし自分だったら、手搬入で毎日持ち込むぞ!
と、師匠としみじみ語り合ってしまった。

ちなみにCafeも、せっかく連動メニューつくってるのに、
こちらもことごとく品切れ。

ありゃ売れるんだから、もっと商売っ気だせばいいのに・・・。
ああ、もったいない、もったいない。

なんかもうこれはボランティア展示なんだろうかって思っちゃったわ。

クリエイターと、その周辺の皆さん、
もっとコンテンツを大事にしましょうよ。
[ 2014/08/20 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

スケートの話

先日、先送りした『銀盤騎士 4』

一応、もう一度書誌情報、書いとくか。
(717)マンガ 『銀盤騎士 4』 小川彌生

この4巻で、PSC(セカンドマーク、ファイブコンポーネンツともいう)
演技構成点の話がちょっとでてきたんだよね。

「きれいな身振りや滑り以上に
 アピール力を重視するジャッジも多い」


「人形みたいな表情の硬さは不利」


ってなネームがあったんですが、
もうこれ、腐人大賛成。

で、そういや前に「The Ice 2014」のことを書いたら、
スケート関係者がご覧になられておられたようなので、
あそこで言い足らなかったところを足してやってしまえというのが
本日の主旨である。

ホントこのブログって、闇鍋だよなぁ・・・。
自分で言うのもなんですが。

まずマンガの話からいけば、
これは「ドン・ファン」を滑る雉子波が、4回転ジャンプを失敗し、
その焦りから、いつもの無表情になってしまって、
PSCが伸びずに2位になってしまったというシーンのネーム。

偏見かもしれないが、
日本人選手は、どちらかというと、
このPSCが苦手な方、多いような気がする。

フィギュアって、そもそもがバレエの延長にあるからさ、
黒鳥やキトリのように
にっこり笑いながら32回転できることを求められてるじゃん。

でも、そこを、ジャンプに憧れて
スポーツという認識で入ってきてしまった場合、
なかなかそっち方向は伸びないよね。

にこにこ愛想ふりまきながら
42.195kmを走るアスリートはおらんのと一緒で。

だから、まずそこんところを、
フィギュアとはどちらもいるのだって認識にせんといかんと思うねん。

っつっても、男子は今、4回転跳べることがまず大前提で、
そこの点数がとれないと、そもそも上位争いの土俵に乗れなくなってっけど
今は、PSCを少しでも伸ばすにはどうすりゃいいかって話なので、
ちょっとそれはおいておく。

ってか、そっちはもう練習あるのみ、だろうから、
腐人がいえることなんてないもん。

そこでの悩みはそれこそコーチに訊くべきことよ。


で、PSCに話を戻すけど、
腐人がみてる(ってか認識してる)なかで、
PSCに関して、ああ、なんてもったいない!と思うのは、
この二人、小塚崇彦くんと、宮原知子ちゃん。

あーあと、大庭雅ちゃんももったいないと思うが、
彼女については、まだそんなに演技の数をみてないので、
ちょっと今回は控えます。

小塚くんは、「The Ice 2014」からすると、
どうやら自分の持ち味がわかったような感じだったので、
あとは今季、どこまでそれを魅せられるかだろなー。

ってことで、こちらも割愛。

ただ、余計かもしれないが一言だけ言わせてもらえば、
「エキシビションでの滑りを、SP・フリーで忘れずに」。

全然違うんだよね。
もったいないことに。

それに気づいてなかったのか、
それともメンタルの問題なのか。

どっちかはわかりませんが、
今季、大化けしてくれることを楽しみにしております。


で、宮原知子ちゃんだ。

今の知子ちゃんの滑りは、
まさにこの『銀盤騎士』の雉子波と同じでさ。

身振りや滑りはきれい。
でも、お人形さんのように無表情、なの。

もしかしたら今、矯正してるから
口をあけて笑うことに抵抗があるのかもしれないけど、
それじゃPSCは伸びないし、演技しながら笑う癖がつかない。

この辺は、前も言ったが、
メリル・デイビスちゃんをぜひ見習ってほしい。
あの微笑みは脅威だよ。

で、今季プログラムのミスサイゴンに話をもっていきますが。

前も書いたが、腐人はミスサイゴンを観ていない。
なので、使われてる曲が、この劇中のどのシーンかがわからない。

ただ、ミスサイゴンのストーリーからすると、
まぁ、どのシーンであれ、
お腹かかえてわっはっはなシーンじゃないだろなーとは思う。

そんでもって前回、背伸びしてないか?と書いたのは、
ストーリーからして、このキムの心情を、
まだ10代半ばの知子ちゃんが演じきれるのか?
と思ってしまったので。

や、だってさー、
端的にいえばキムの一生ってこんなんじゃん。

「田舎ぐらしの10代の女の子が戦災孤児になり、
 さして格の高くない売春宿で、身売りをし、
 たまたま最初の客に惚れて、孕む。

 結局、その相手には捨てられ、
 一人で混血児を産んでひっそり育てていたが、
 昔のフィアンセがストーカー化したので、国を捨てて逃げ、
 なんとか水商売で生計をたてる。

 そこにのこのこと、自分を捨てた男が、
 子供に会いに、自国の嫁をつれてやってきて、 
 自分が邪魔だと気づいて自殺する。」

腐人なんぞにしてみたら、
ツッコミどころ満載のドアマット人生だなぁと思うけど、
まぁ、そこはおいておこう。

・・・でもどーにも気になるのが、
なんで父親はコレといい切れるのか・・・
他に客とらなかったの?
水揚げ代を競りにかけるような
格式のある店とも思えんのだが・・・。

だからそういうとこは置いとけって!


話をスケートのPSCに戻します。

腐人はただの素人の見物人なだけですが、
もしこのプログラムをするならば、
滑り手に、キムの感情分析をしてほしいと思う。

これ、以下に試しをやるけど、
腐人は言葉の人なので、すべて言語化しちゃうが、
それがダンスになる人もあれば、
ラララ~ってな音楽になる人もあると思う。
ぎゃーとか、ワーとかの擬音の人もいるかも知れない。

そのやりかたは、それぞれ自分にいいようにしてね♪

では、いきましょう。

実際使うのが、どの曲なんだかわからんが、
例えば、売春宿にはじめて顔をだすとき。

そこにはどんな感情があるか。

まず、キムは処女か、非処女か。
たぶん前者だと思うけど、
そうしたら性行為自体に不安や恐怖があるよね。
なにされるかわからんのだもん。

それから、怒り。
なんで自分はこんな目にあわないとならないのか。

戦時下だから、似たような境遇の子もいるかもしれないが、
親がいれば、家があれば、そんなちょっとした違いすらも、
そういう状況だからこそ、大きな違いになる。

そうなれば、なんで私だけが!って
どうしても思うわなぁ。

でも、同時に、「戦争なんだからしょうがない」という諦めもある。

そういうとき、人はどういう表情をする?
どういう姿勢をしてる?
どういう態度をとる?

ま、そんなところからスタートし、
最初の客、クリスに引き合わされる、と。

この辺、現物がわからんのですが、
たぶん、見目麗しく、変態ではない好青年なんでしょうね。

そうね、知子ちゃんの年でわかるようにいえば、
学校で男女のフォークダンスを踊らないとならなくて、
相手があの辺とか、あの辺とか、あの辺だったらやだなー
とか思ってたら、
学校一かっこいい男子がパートナーで、
そのエスコートぶりといい、少し話した感じといい、
どうしよう、練習のたびに胸がドキドキする・・・
って感じかしら?

では、その不安や怒りや諦めから、
今度は期待、ときめき、喜びとなるわけよ。

と、ゆーよーな感じに、そのプログラムにあわせて、
氷上で、キムの一人芝居のミスサイゴンを演じるつもりに
なって欲しいわけだ。

そうすれば、表情をどうつくるか、
指先のポーズ1つとっても、
どういうマイムで、感情をあらわすか、
振り付けに奥行きがでてくる。

今のきれいなだけの身振りと無表情だと、
いわれた通りのポーズを
順番にこなしているだけに見えちゃうのだ。

このあたり、キム・ヨナちゃんや鈴木明子ちゃんが
ものすごく表情やしぐさの作り方が巧かったので、
ぜひ参考にしてほしい。

あとさ、インパクトを残すことを心がけて欲しいなと
個人的に思う。

このプログラムの中で、
ジャンプじゃないところでどこか「決め」が欲しいのだ。

この辺は、
カロリーナ・コストナーちゃんやアシュリー・ワグナーちゃんの表情とか、
去年でいえば、羽生結弦くんのあのSPのポーズなんかもそう。

やっぱそのアピールがあるのとないのとでは
印象が全然違ってくる。

日本人はこういうところがとても苦手ですが、
表現者である限り、そういうところで恥ずかしがってちゃダメ!
自分さらしてナンボの世界やで。

ほんで、ジャッジも人の子なんで、
やっぱ強いアピールがあるもののほうが記憶に残るから、
5か6かで悩んでいたら、
強い印象がある演技に6をつけるもんです。

それがニンゲンなの。

腐人はこのミスサイゴンで、
ぜひ、知子ちゃんに一皮むけてほしいんで
シーズン始まるまでに、いっぱい映像みて、
キムという人について考えてみてください。

自分だったら、ここのときはこの台詞!
みたいのを作っちゃうのもいいかもよ。

楽しみにしてま~す(*^_^*)。
[ 2014/08/19 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

人造乙女に触ってきたよ

皆様は、オリエント工業という企業をご存知だろうか。

ラブドール、つまりダッチワイフを製造している会社さんなのだが、
37年の歴史があり、そのクオリティの高さによって
その名は、世界に轟いている。

現在、銀座の画廊で、「人造乙女博覧会Ⅳ」が催されており、
そのドールたちが展示されているので、
師匠とともにウキウキと観に行ったんでございます。

女の子は、Web画面でも、その肌質のよさがわかるほど。
現物はいったいどんなものかと
好奇心いっぱいで乗り込みました。

画廊の展示室は2部屋になってるんですが、
正直、どちらもかなり小さいです。

お触り禁止の女の子が5~6体いる部屋が
8畳ぐらいすかねぇ。

お触りは禁止ではあるんだが、
別にガラスケースに入ってるわけじゃないので、
人が増えると押されて、
触れるつもりないのに触ってしまいそうなぐらいの距離で観られます。

次から次へとお客さんがやってくるほど盛況なので、
すぐにぎゅうぎゅうになっちゃって、
じっくり字を読むことが難しいですが、
パンフに詳しい紹介があるので、そこは流してもいいかも。

よくわからんけど、
平日の夜とかのが空いてる狙い目の時間帯だったりするんだろうか。

恐らく地方からこられたんであろう方の
スーツケースが入口にゴロゴロしてたので
夏休み、特にお盆だから混んでただけなのか、
そこんところはわかりません。


で、もう一つの展示室には、お触りOKの子がいます。

ジュエルリアルテイスト136という型番の子らしい。

こちらは更に狭い部屋。
6畳あるかどうか。

そこに女の子製造の金型とかがあるんですが、
お触りOKの子は1体しかないので、
人が増えると、じっくり鑑賞・お触りはできません。

本当に購入を考えておられる方は、
ショールームにいったほうがいいかも。

特に男性は。

ってのもですね、
来ているお客さん、男女比3:7ぐらいで女性のが多かったんです。

で、女って図々しいから、
「いやーん、すべすべー!」
「かわいー」
「やわらかーい」
と、触りまくり。

なので、男性は圧されてしまって、
はしっこからそっと手を握るぐらいになってました。

チチのやわらかさの確認だって、
女は平気な顔して揉んでましたけど
男性が衆人環視の場で揉み揉みは、
よほど鋼鉄の神経してないと無理でしょう。

購入を考えて、チェックされたい場合は、
ショールームに行かれたほうがいいと思います。


余談ですが、この画廊。
奥にショップがあるんですが、
こーれーがー・・・なかなかにすごかったです。

腐人の語彙では、「エログロ」となるんだけど、
かなり特殊なものが売られてます。

腐人には、こっち方向の適性はないので、
ちょっとパス・・・(-_-;)

ご興味ある方は足を運んでみてください。


で、肝心の女の子の話にいきましょうか。

37年の歴史を振り返る展示があるんですが、
すごい進化ですよ。

それこそ最初は、空気人形。
材質はソフビだったそうですが、
体重をかけると破れちゃったりと、
満足いくものではなかったそうです。

それからラテックス製になったんですが、
こちらは手入れが難しいそうで。

また、原型師さんが、
最初はマネキン製造の方だったとのことで、
当時の写真が飾られてるんですが、
うーん・・・みるからにお人形・・・。
人間の顔、ではないな。

これ・・・腐人が男だったら、
ちょっと無理かもしれないと思った。

それからキャンディガールと呼ばれるソフビ製が
15~25万クラスで出るようになるんですが、
ここらで原型師さんが変わられたとのことで、
顔ががらりと変わってきます。

角度によっては、「生きてる人?」と思うほどに。

パンフにあった社長さんのインタビューによると、
この段階でも全く満足がいってなくて、
その頃、アメリカの リアルドールという
シリコンゴム製のラブドールをみて、
これだ!となったそうです。

その開発はとても大変だったそうで
1年以上かかったとおっしゃってたかな。

ちなみにこのリアルドールというのは、
60~80万価格のものが、
輸入すると諸々が上乗せされ、120万ぐらいになってたらしい。

ってことで、
現在、メイド・イン・ジャパンのシリコンゴム製のが
大体50~70万で販売されてます。


気になるサイズですが、ジュエルローザキャンディガール
というシリーズは、155cmで、27kgだそうで。

過去には日本人女性の平均サイズも販売されたそうですが、
今は大体、140~150cmサイズ。

さらに、骨格につかってるのの軽量化が更に進み、
これはソフビ製ですが、ララドールというシリーズは
なんと、4kgだそうで。

このララドールは、ラブドールの性能をつけることもできるし、
愛玩用として添い寝、着せ替えなどを楽しむ人形としても
活用されたらしい(現在は販売終了)。

最近の傾向としては、
好みに応じてバストサイズが変更できるようになったとのことで、
巨から貧まで、お好きに選べます。
(最貧は、トップ68とか)

パンフに女の子のサイズがあるんですが、
腐人的にはBよりWに目が・・・。

は!?なによ!このサイズ!!!!このくびれ!!
腹肉の苦労をしらないなんて、許しがたーい!!!


身体のラインは、直接型どりされたとかで、
ものすごくナチュラル。

ふくらはぎの張りぐあいとか、
お腹のあたりのしっかりした弾力など
何事においても、日本人はこだわるといいますが、
半端なかったです。

腐人は指フェチなので、
手のひらの柔らかさと、手の小ささが
ああ、なんかものすごく庇護欲をかきたてられる・・・と思いました。

師匠は足裏を気に入ってられましたね。
ここもぽよぽよしてました。
これはヒールなんか履いたことがない足裏だわ。

全身でいうと、ものすごく張りがありましてね
でも、押すと沈む感じもあり、若い子の肌そのもの。
シミとか皺とか垂れるとか知らないよね・・・(T_T)。

ちなみに、触っているうちに体温が移るんだそうで、
人形を抱いてる違和感はそれで消えると。
なるほどねー。

それにしても、
この透明感のある肌色とつるつるの手触りは、
チビっ子なみの美肌で、マジで心底うらやましい・・・。


で。
皆さん気になっておられるのは、
やはりアソコとアソコですよね。

ちなみに上は触れるっちゅーか、揉めますが、
下はシークレットゾーンでお触り禁止。

でも、1本づつニードルで植毛してるそうで
下着の上からだけですが、
リアル感はすごかったですよ。

で、上ですが、ここだけもっちもちのやわらかさ。
でもあまり力をいれてはいけません。
やさしーく触ってね♪

後の桃をなでるのはできます。
こちらは弾力仕上げだったなぁ。


興味の延長でいろいろ訊いてみた。

Q 関節はどこまで曲げられるんでしょう?

A ひじ、膝、股関節はもちろん、
  指や手首まで、お好きな形にできます。


Q どこまでマイカスタマイズができますか?

A メイクでの対応はできますが、別途お代がかかります。

 
Q すべてをオーダーメイドはできますか?

A そこまではちょっと・・・


個人的には、写真から、死んだ恋人や子供の再現とかできたら
すげーなぁと思ったんですが。


ちなみに購入者への取り扱いDVDが壁面に流れてるんですが、
そこではこんなQ&Aがありました。
(記憶頼りなので言い回しは違います)

Q 声はでますか?表情は変えられますか?

A 声も表情も対応していません。
  むしろイマジネーションを妨げてしまうと思われますので。


えーえーえー・・・やろうよ、AIいれようよ。
フィクションだとセクサノイドとかになりますが、
そこまでなくてもいいからさ。

ってのも、腐人が血族に
この博覧会いくんだーって話をしたら、
最初、材質にすごく興味をいだいてたんですけど、
それと同時に、
やはりこの発声と表情変化のことをゆってたんですよ。

腐人も、それは気になっていて、
もし、こんな可愛く、生身の女のような経年劣化が起こらない子が
「お帰りなさい、あなた」
とかゆって出迎えてくれるなら、
生身よか絶対いいと思う・・・。
(腐人の中身はおっさんだ)

特にオリエントさんの子は、
「癒される女の子」を目指してるので、
おっとりした依存型な感じなんだよな。

ゆっちゃぁなんですが、リアルで、こういう性質の人って、
結構、同性からは嫌われやすい。

NOが言えないので、何かにつけ、つけこまれ、
こういうのと結婚すると、
ご近所やらママ関係でトラブル起こしやすいんですよ。

でも、ラブドールならそんなことないし。
金遣いが粗い浪費家だということもないし。
義理親とのつきあいもないし。
浮気の心配もないし。
セックスを拒否られることもないし。
子育てに追われて劣化したり邪険にされることもないし。

・・・いいこと尽くめじゃねぇ?
腐人が男だったら、生の女より、こっちがいい・・・。


ってなことをゆってると、
「男性型は?」と言われた。

パンフによると、
「男性型のラブドールの予定はナシ」
ってことなんですが、
腐人もコレ最初、「男性型」=「成人男性」と思っちゃったんですよね。

すると、金を稼いでこない男は、腐人の中では不要物なので、
それはいらんな、と思ったんですよ。

※いる!と思われる方は、オリエントさんに要望を出してみよう!

ただ、師匠曰く、
金型って超高くて、
1パーツ分つくるのに100万単位でかかるから、
需要が少ないと、とんでもない金額になるよ、とのことですが


ただ、現物の女の子たちをみて、
またパンフにあった社長のインタビューを読んで、
考えが変わった。

これ、少年型ならアリでは?

ぶっちゃけた話をしてしまうと、
この女の子たちの中に、明らかに少女がいるんです。
リアルでは手を出してはいけない層の。

このラブドール、購入者の多くは、
大きな悩みを抱えておられる方なんだそうで。
あと、障害をもっておられる方。

なので、ショールームは、悩み相談室でもあり、
その声を反映して、女の子たちは進化した。

いろんな規制が厳しくなってる昨今、
その存在によって救われてる人はたくさんいると思う。

でも、腐人なんかからみると、
ゲイのペドフィリア性向の方のところが空白にみえるのだ。

恐らく、数としてはそう多くはないかもしれない。
しかし、悩み、苦しんでいる彼らにとっては、
少年型があれば救いになるんじゃないのかなぁ・・・。


でも、だからといって性犯罪がなくなるわけじゃないけどね。

一般的には、
そういう志向=性犯罪者とか思われてそうだが
実はそうでもないんだよ。

性犯罪者の既婚者は多いし、
真面目な普通の男性が、レイプやら強制わいせつやらをする。

一瞬、生きてる男すべてに
希望するドールを与えるようにすれば、性犯罪がなくなるか?
とか思ったけど、根本から違うんだよね。

先日読んだ『性犯罪者の頭の中』によれば
彼らは、別に性志向がペドではない。

ただ単に、
「子供ならば弱い存在なので成功する(捕まらない)」
という計算に基づいてやっただけ。

成人女性に反応しないとかじゃないのだ。

こういう人は、
例えドールをもらったとしても、
ドールを愛したり、ドールの存在で満たされることはないだろうね。
彼らの場合、問題はそこじゃないから。

性犯罪者に必要なのはむきだしの己との対峙であって、
それは、性志向で苦しんでる人とは違う。

だから、苦しみと向き合ってる人のために
作ってあげて欲しいけどな、腐人は。


この博覧会は23日までだったか、なんで、
行ける方はぜひどうぞ。
Q&Aとか、なるほどーってなもんがあります。

残念ながら行けない方は、
オリエント工業さんは、
東京・大阪・福岡にショールームをお持ちだそうなので
そちらをご訪問ください。


最後に。

腐人としては、これをみて、木原音瀬さんの
「愛する人は誰ですか」を猛烈に読み返したくなった。
※なんでかはわかる方だけわかってください。
あれ、続きは書かれないんだろうか・・・。


それと、師匠との会話。

「輸出はどうやってるんだろ」
「や、あれ、送ったら死体と思われるんじゃない?」

・・・でも、アメリカからの輸入ができたってことは
輸出もできるよなぁ・・・。
ただ、日本人金型だから、需要はどうなんだろなぁ・・・?

「もし、遺品であったら、どうするか」
「捨てる?どうやって?」
「メーカー回収とか、あるんだろうか・・・」

疑問は尽きません。

今度、ショールームにいってみたいなぁ・・・。
[ 2014/08/18 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

書けるとこまで読書録!

このあと遊びにいく予定があるので、
それまでに書けるトコまで書きましょう!

では、れっつらごー!
●15日
(719)マンガ 『ひるなかの流星 10』 やまもり三香
  あのちゅんちゅん家の帰り道。
  腐人は、心の底から、馬村に同情した・・・。
  少年、よく耐えたな、よしよし。

  と、のっけの馬村父のフレンチトーストといい、
  (やっぱ父子家庭はフレンチトーストよ!
   ※わかる人だけわかってください)
  馬村一家の株がストップ高まであがったのに対し。

  おいこら、ダメ男、獅子尾-っ!
  そこに直れ!
  根性たたきなおしたる!!
  
  ホント、どうしようもねぇな、こいつ・・・。
  ちゅんちゅん、これはあかんて。
  馬村のが100倍ええで。
  
(720)BL/ビーボーイ 『 COLD HEART in NEWYORK』 木原音瀬
  長くなるなーこれは・・・
  同人ともあわせて書かないと単品だと荒れそうだなぁ
  ってことで、後程。

●16日
(721)BL/リンクス 『花と夜叉』 高原いちか
  リンクスの似非中華というと、
  腐人のなかでは、『月と茉莉花』

  今、文庫復刻でてますが、あれはええよぉ。
  腐人はBLらしからぬラストも大好きだ。

  で、それとどうしても比べちゃうので申し訳ないのだが
  ちょーっとね・・・。
  身分がある世界観書くなら、
  やっぱそれにあわせた言動がつかないと、
  風呂敷から話がおっこちるよ。

  全体の流れは悪くないにしても、
  うーん・・・・・・皆、暇なのねって感じがしてしまう。
  
(722)マンガ 『おんなのいえ 4』 鳥飼茜
  あかんわあかんわあかんー!!!

  もう3巻あたりからわかっとったけど、無理。

  お母さん。
  あなた娘たちにどういう教育してきはったん?

  ゆーたらなんやけど、
  結婚ってもんをちゃんと考えずにし、
  親になるってことをちゃんと考えずに出産し、
  将来設計やらを考えずに離婚し、
  シンマになって生活保護っちゅー女をつくりだしてるのは
  こういう母親の存在なんじゃなかろうか。

(723)マンガ 『クロコーチ 5』 リチャード・ウー、コウノコウジ
  話が詰まってきたなぁ・・・。
  ってか、この巻で、一掃されたっちゅーか・・・。
  次巻がたのしみやわ。

(724)マンガ 『この音とまれ! 6』 アミュー
  巻末にびっくり。
  へーそうなんか。
  腐人は全く詳しくないので、ちょっとびっくりした。

  で、お話しは熱くなってきましたな。

  しかし、同じ音を描いてる『ましろのおと』もだけど、
  マンガで音を表現するのは難しい。
  どうやってやるのかが見ものだわ。


えータイムアップにより、
以下はまた今度。

(725)同人誌 『novels plus mini 2』+ペーパー、『SACRIFICE』 木原音瀬
(726)同人誌 『SWPNG』 桐嶋リッカ
[ 2014/08/17 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

灼熱の舞踏会

に行ったけど、早々に勇気ある撤退。

腐人お目当てのところの行列が少なくて
狩りが粛々とすすんだ、ってのもあるけど、
もう会場の熱気と蒸し暑さに負けました・・・。

あそこで踏ん張れる若さと情熱は、もうないわ。

初めは、せっかく少年漫画系と同日だし、東だし、
J系を冷やかしにいこうかとかも思ってましたが、無理・・・。

腐人には、木原さんのエルリのついで買いが精一杯。
欲しいものを買うだけでHPが尽きました・・・。

でも、なんとか目的の獲物はゲットしたので、
これから堪能しまーす♪

っちゅーことで、本日の読書録は、カウントのみ。
両方ともいろいろ言いたいわぁ!

●15日
(719)マンガ 『ひるなかの流星 10』 やまもり三香
(720)BL/ビーボーイ 『 COLD HEART in NEWYORK』 木原音瀬
[ 2014/08/16 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

やばい・・・腰が痛い・・・(ダラダラ日記)

明日は灼熱の舞踏会本番なのに!!!

今回は日程のせーで、
引率してくれる師匠がおらず、
ただでさえ、押し出しが弱く、ガラスのハートな腐人ちゃんは←嘘をつけ
不安でおしつぶされそうなのに・・・。

それにしても、腰が痛い・・・。

分厚い本は読みたいが、
分厚い本を持ちたくない。

嗚呼、なんというジレンマ!!

でもカート引くほど買わないんだよなぁ。


さて。
木原音瀬さんがコミケで配布されるっちゅーペーパーが
今月発売の『COLD HEART in NEWYORK』
ネタバレになるもんだから、
先に本編読んでね、と告知されておられたので、
早売り本屋に行ってみた。

すると、なんだかいやーんな空きスペースが・・・。

同日発売の他のビーボーイノベルズはあるのに、
なんでここだけ空いてんの?

目の前の現実を認めたくなかったので、
店員さんにきいてみた。
奥からでてくることに一縷の望みを託して・・・。

「COLD HEART in NEWYORK」ですか?
 あれ?あそこに・・・ああっ!もうない!
 すいません、入荷したの完売しちゃって、
 あとは発売日に入荷してくるまで入りません」

・・・うそっ!うそよ!!誰か嘘だといってぇぇぇぇっ!!!

「まだ入荷してません」なら、まだ救いがあるんだが、
出遅れたってのは、痛恨の極み・・・orz。

とっさに、近隣にあるオタク本屋で
早売りBLをおいてそうなところを脳内サーチ。

なんで脳内?スマホじゃないの?というご質問には、
腐人のガラケーは、今日もお布団の中だとお答えしておこう。

そんなこんなで、脳内が出した結果は、
A店:確率8割
B店:確率5割
C店:確率2割。

とりあえず歩く方向から、C→B→Aでまわることにしたのだが、
BもCもアウト。

Aは、一見男性向けの店構えなんだけど、
実は奥のほうに女性ディープがあるので、
ダメ元でいってみたら、あったぁ!!!
やっぱりここか!
残り4冊!よっしゃ、1冊いただくぜ!!

ここでダメだったら、**の***か、**の**か、
いやリブレの流れからすると**か**の*****を
しらみつぶしにしたほうがいいかも・・・
とかまで思ってたんで、思わずレジで、こっそりガッツポーズ。

これで心置きなくコミケでペーパーをいただけるわ!

って、問題は、腐人が行く時間まで
ペーパーと本が残ってるかっちゅーとこだよなぁ・・・。

木原さん!お願いしまっす!
腐人の分のペーパー、おいといてくださーい!!!
たぶん、お昼に到着です・・・。


それにしても、普段はこんなことないのになぁ・・・と思って
はたと気づく。

そうか、今日はコミケの初日。
日本全国の腐女子が今、東京に集結してんだよね・・・。
そりゃ競争率あがるわ・・・。

その後、昼飯食いながら読もっとと、馴染みの店にいくと
隣から聞こえてくる会話がお仲間・・・。
ああ、隠語や略語が全部わかってしまう・・・(T_T)

耳に入れないように、
とりあえず「COLD HEART」まで読みましたが、
いやぁ、木原さんご自身が、
「攻めはクズです」とつぶやいておられたが、
確かに、クズキングと呼んでやりたいレベルだわ。

よく発言小町に、
ロクデナシにロックオンされた人からの相談があるが
「全力で逃げて!」「今すぐどこかへ避難を!」
ってレスがよくつくんだけど、まさに
「逃げろー楠田!
 なりふりかまわず逃げるんだー!!
 相手はまともじゃない!」

これから続きを読みますが、
ここからどうやってラブラブにまでもっていくのか。
その豪腕ぶりが楽しみだわ。


ところで。
ぽえーんとニュースをみていたら、衝撃のネタが。

シルヴィ・ギエムが、2015年年末で引退するとのこと。
マジでー!?

年末には日本で踊ってるそうで、それがラストになるのでは?
っちゅー話がでてたが、
こりゃプラチナチケットの争奪戦だな・・・。

まだ踊れるような気がするけど、
ご自身が納得できないところがでてきたのかな。

ダンサーとしてもすばらしいが、女優としてもすごいので
腐人はボレロもいいけど、マノンも観たい。

ギエムの踊りを観られたことは、
それこそニジンスキーの踊りを観られたぐらい幸せなことだと思うが、
同時に、もう観られないという喪失感も味わうわけで・・・。

ああ、でも生を観ることができない、
これから未来に生まれてくる方に比べれば、
同時代に生きて、その踊りを生で観られたことを幸せに思おう。

ああ・・・ラスト公演、観てぇっ!!
[ 2014/08/15 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』について

の前に。

書こう書こうで忘れてたので、まず、これを。

『奈緒子』ですが、マンガ文庫22巻288ページ1コマ目
「壱岐」が「壱崎」になってます。

増刷かけるときは修正くださいな。

ああ、これですっきりしたわ。


では、本題。
まずカウントいきまひょか。

(710)一般本 『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』 佐々木健一

ものごっついざっくりいえば、こんな感じか?

辞書界の老舗である三省堂が出している
小型国語辞典、
『三省堂国語辞典』(以下、「三国」)と
『新明解国語辞典』(以下、「新解」)。

これらの2種類の国語辞典をそれぞれ編纂したのが
見坊豪紀さん(三国)と、山田忠雄さん(新解)のお二人で、
彼らと辞書のお話をまとめた本だ。

元々は、テレビのドキュメンタリーなんだそうで、
その取材であつめた素材で本をお書きになった。

前も書いたが、テレビマンの文章はパキパキしてるなぁ。


話がちょっと逸れますが、
腐人は、三省堂の辞書って、意識して使ったことがない。
※ネットでググったときに偶然みることはあるが。

腐人は岩波っ子なんだよなぁ。

そこに深い意味はなく、
ただ単に、腐人に辞書を買い与えた人が、
『広辞苑』の信奉者だったっちゅーだけなんだけど。

ただ、最初の一手がそうなると、
なんとなくそのまま浮気をせずに使っちゃうとこあって、
未だにこの辞書を使っている。

時代によって変わる語釈のことを考えれば
買い換えたほうがいいんだろうけど
なんか愛着みたいのがあるんだよなー。

ところで。
腐人が「辞書の本よんでるの」というと
『舟を編む』か?」ときかれた。

うーん・・・やっぱその印象が強いんだな。

申し訳ないが、腐人は三浦しをんさんはエッセイは読めるが
小説は読めない人なの。
どーもあわなくて。

佐藤愛子さんもそうだったな。

また逆に小説は読めるが、エッセイがだめという人も
たまーにいる。

いかん、このままいくとすごく脱線してしまう。
話を辞書に戻そう。

腐人は未読だが、本書によると、三浦さんの『舟を編む』
岩波の辞書編纂をモデルにされたそうなので、
出版社の編集部の人が辞書を作る形になってるそうだが、
この形は、辞書業界においては、とても珍しいんだそうだ。

通常は、外部の国語学の大学教授や研究所の講師などに
辞書編纂を頼むのが普通。

なので、このお二人、見坊さんも山田さんも外の方だった。


腐人は、上記にあるよう岩波っ子だったので、
三省堂の三国と新解、つまり見坊さんと山田さんに
確執があったということは、これを読んで初めて知った。

どーゆーことかというと、まぁ、簡単にいえば
両雄並び立たずってことだろなぁ。

でもそこに会社の思惑だとか、
言葉の問題とか、
辞書がもつ問題などいろいろ混じって、
すごく話がややこしくこじれてしまい、
二人は和解することなくお亡くなりになった。

この辺の経緯を書くと長くなるので、
ご興味ある方は本書をどうぞ。


その経緯を読んだ腐人の感想としては、
これ起こるべくして起こったことのように思える。

自負心の強い、でも全く個性の違う男が二人いて。
それぞれが違う信念とこだわりをもって、
それぞれの理想にむかって同じ仕事をしたら
そら、ぶつかって当然でしょ。

人として角が取れて丸くなる晩年はともかく、
若いうちは、二律背反する気持ちに囚われて
素直になれないって、よくある話ではないのかね。

しかし、こう書くと、腐女子である腐人にとっては
ものごっつい美味しい素材のはずなのだが、
なんだろ、なぜかわからんのだが、
このお二方にそういう感覚を感じなかった。

っつーか、お二人ともすごい偉業をなしえた方なので
そこに畏敬以外を感じるな!といわれそうなんだが
言葉を変えれば、「共感」とか「同調」ができなかったのよ。

なんでだろなぁ・・・。

見坊さんのエピソードで笑っちゃったのが
打ち上げパーティーに出席された写真が残ってるんだけど、
他の人がわいわいやってる中、
人生を言葉の用例採集に捧げた見坊さんだけが、一人、
飲み物の瓶に貼られたラベルを凝視しててね。

お子さんたちによると
「これが父の普通の姿です。
 字のあるものの前に置いちゃダメですよ」
だそうで。


一方の山田さんの方はといえば、
皆さんは、『新解さんの謎』って本、読まれました?

あれにあるんですが、
ものすごく主観的な語釈をされるんですよ。

例えば、
「【マンション】
 スラムの感じが比較的少ないように作った高級アパート。
 (賃貸しのものと分譲する方式のものとが有る)」

「【宿舎】
 ②公務員などに不当に安い家賃で提供される住宅」
※どちらも「新解」初版より

周囲の人に、やりすぎだろうといわれても直さない。

このそれぞれがもっておられた
言葉が悪いが、虚仮の一念みたいな妄執、
それが、恐らく腐人を引かせたんじゃないだろうか。

わかりやすく言えば、
「どっちもパス!」


ま、そういう主観的なところはおいといて、
お二人がそれぞれおっしゃる。

見坊さん
「辞書は"かがみ"である。
 言葉を写す鏡であり、言葉を正す鑑である」

山田さん
「辞書は"文明批評"だ」


見坊さん
「ことばは、音もなく変わる」

山田さん
「ことばは、不自由な伝達手段である」

どちらも正しく、でも、それですべてじゃない。

これを読んで改めて、言葉というものの難しさについて
考えてしまった。

まーだから腐人のブログも、
こうやってダラダラ長くなっちゃうんだろな。

少しでも誤解なく伝えたいと思うと、
これでもかというほど言葉を費やしちゃうし。
でも、それでも自分が思ったことそのままを
伝えることはできない。

ただ、それ以外に方法がないから、
いろんな思いをしながら、人は今日も言葉を使うんだろね。


どーでもいいが、
腐人自身は問題となった「事故有り」のあの一文、
あの文体なら山田さんの意図したとおりの「差し障り」というか
「故ある事があり」と読む。

ただそれは、今じゃ、ああいう文章を見かけること自体が
希になってしまっているから、
ああいう文体を書かれた段階で、自分の中で
この文で使われている言葉については、
語釈を現代語の訳じゃなく
古語の訳をあてはめるべき文章だ、という切り替えが起こるから。

だから、もしあの文が、全体的にもっとくだけた口語文体だったなら、
「事故=自動車事故などによって私生活に問題が生じてる状態」と思う。

でも、あの世代の方々にとっては、まだ文語体が身近だったから
だから、ああいう結果になっちゃったんじゃないかなぁ。


たださ。
こんなふうに、読んだ他人がどう思うかが問題じゃなくって、
いわれた当人に正しく伝わらないなら、
その文章は書き直すべきだったってことじゃないのかね?

ま、だから「不自由」なのか。


男のプライドとプライドのガチ勝負が読みたい人には
おすすめです。

ただ、もうちょっと構成を整理して書いてほしかったかなぁ・・・。
ちょっととっちらかり感を感じなくもない。

[ 2014/08/14 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

オタク話

本日は、オタクな話で終始します。
ネタはいろいろ飛ぶと思います。

一部の人しかわからない専門用語もでてくるかと思いますが
わかる人だけわかってくださいのスタンスですので
一切説明は行いません。

では、まいりましょう。


●夏コミ

今回、なぜか創作(少女)と創作(JUNE/BL)が
創作日から追い出された・・・なんで!?

まぁ、2日目ジャンルと客層が似てるっちゃ似てるけどさー
腐人、西館のんが好きなのにー!!!

ううう・・・ルビコン川を渡らねばならぬのか・・・。
東館、迷わずたどり着けるんだろうか・・・。

まぁ、運営側には運営側のご事情があるのだろうと思うが、
できれば、冬はいつもの通りに戻していただきたい!
お願いしまっす!!


で。
そーろそろ情報でてるよなとチェックしにいくと、
木原音瀬さんとこで、うわっな情報が。

・・・これ・・・長蛇行列必至じゃん・・・(-_-;)
腐人は大概時間はずしていくんですが、
前にそれでもとぐろな状態にぶちあたったことがある・・・。
今回はそれ覚悟でこい、ということか・・・。

よりにもよって、1番人気のカプ・・・。
リヴァ受は、万人が認めるところだと思いますが、
王道いきますか・・・腐人は茨道が好きなんですが。

※実は、これ書いたあと、師匠から鋭いチェックが入りました。
「ちっがーう!
 エルリは3番人気!
 1番人気は、リヴァエレで、2番がエレリ!
 客層人気は高年齢」

えええ!?
なんで!?リヴァ受は総意じゃないの!?
あれは受でしょ!!

なにはともあれ、3番人気の高年齢ターゲットなら
列のはけもよかろう。
それを期待しよう。

ま、それはともかく、
これでオリジナル目的以外の方がどれだけ増えるのか。
タイバニ旋風が起こった時は、
えらいことになってましたからなぁ・・・。

はたして腐人は生きて帰れるのだろうか・・・。

翌日は師匠と遊ぶ約束してるのに!!
    ↑
   関係ねぇだろ


●まんだらげの万引きの話

静観してニュースをみていたんだけど、
「店の宣伝になったのでは?」というコメントをみて、
ああ、オタク・マニア業界がわかってないなぁと思ってしまった。

オタク・マニア業界の客って、マジョリティと違うんだよ。

マジョリティ相手の商売だったら、これは売名行為の宣伝にもなろうが、
オタク・マニア向けの店に、こんなのを「宣伝」と思ってくるやつは
冷やかし目的で、買う気はゼロ。

こんなヤツらにこられたら、かえって迷惑極まりない。

店も、本来のお客さんもね。

そんでもって、本当にこの商品に興味がある客ってのは、
こんなのされんでも来てます。
もうすでに。

それがオタク・マニアというものよ。


だから、これをやった店の意図は、腐人のみるところでは2つ。

1つは、万引きに対する怒りと、動いてくれない警察に対する怒り。

腐人的には、こうなった結果、
警視庁がこの犯人を捕まえられなかったり、
検察が窃盗罪で起訴できなかったときこそが見物だと思っている。

私刑禁止の大前提は、法が代わって罰してくれるから、でしょ?
じゃぁ、その機能が働かなかったら?
大前提が崩壊しません?

ふふふふふ・・・
いつになるかはわかりませんが、
その日が来るのが待ち遠しいな


そして2つめは、牽制とでもいえばいいのかな。

こういってはなんですが、
同じまんだらげでも、この「変や」までなると、かなりディープでね。
美術品や骨董同様、関係する業者も客層も絞られてくるんだよね。

だからこの万引き犯が、自分のコレクションのためにやったのならば、
確実に、同類他店に出没している。
なので、このモザイク状態ででも、
「あ、あれは・・・」
とわかっている人がいるはずだ。

そんくらい狭いんだよ。

でまー、価値がわかって転売目的でやったならば、
売る先だって限定される。
価値がわからない人には、ただのゴミだからさー、これ。

美術品なんかでもそうですが、
あまりに特殊なものは、逆に買い取ってもらえなくなるんだよね。

結局、こういうとこに出てくるものって
そもそも数が限られてるから
同じものがぐるぐるしてるとこあるし。
だから業者同士のお付き合いもある。

まぁ、そういうのを乗り越えちゃう人もいますけども (^。^)y-.。o○

それに、そーゆーのに縛られないネットオークションでも、
ここまで大々的にやられりゃ、
UPされた瞬間、「盗品では?」となるから、
出せなくなるだろうと、先手を打った感じかな。

そんでね、上でも書いたけど、
本当にこの商品を愛してるオタク客なら
店と共存共栄してかないといけないこともわかってるの。

だから、これは、
「情報求む」「買い取る前に教えて」「この客に注意しろ」
そういったメッセージがこめられてるんじゃないかな?


最後に、やり方について。

これ、もし公開したらどうなるか、というところで、
「名誉毀損罪」と「脅迫罪」に該当するのでは?と
よく言われていた。

んじゃぁ、そうならないようにすりゃいいんだよね?

まず「名誉毀損罪」。
腐人はこれ、クリアできるんじゃない?と思うんだけど。

ってのも、名誉毀損罪には、
「刑法230条の2
 前条第一項(刑法230条名誉毀損罪)の行為が
 公共の利害に関する事実に係り、
 かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、
 事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、
 これを罰しない。」
ってのがあるからだ。

まずこれの「公共の利害に関する事実」だが、この後にこうある。

「公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、
 公共の利害に関する事実とみなされる」

つまり、この万引き犯の事実は、これにあたるわけだ。

でもって、「その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合」。
ここがポイントかな。

要するに「公益を図るため」ならいいわけだ。

残念ながら「返さなければ」は、私益だろうなぁ。

だったらば、
「窃盗犯という犯罪者が、逮捕されることもなく、社会に野放しにされ、
 善良なる日本国民の安全、安心な生活を脅かし破壊される危険があることは
 国民の幸せを、公益を、削ぐものと思われるため」
ならば、どう?
自分のためじゃないよ、「みんな」のためよ?
そんでもアウトとおっしゃるかい?

ほんでもって、最後の
「事実の真否を判断し、真実であることの証明」は
まぁ、防犯カメラでばっちりあるんでしょうからスルーする。

ほーらほらほら、言い方ひとつでできちゃわねぇか?

※腐人はあくまでも素人ですので、
実際に行動にうつされる場合は自己責任にてお願いします。
ちなみに弁護士に相談しても、法廷で結論出すのは裁判官なので、
大丈夫が大丈夫じゃないこともありますからねー


もうひとつ、「脅迫罪」。

条文をみると、こうある。

「第222条  生命、身体、自由、名誉又は財産に対し
 害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、
 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

2  親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し
 害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。」

ふーん。
要するに、
「本人もしくは親族」の
「生命、身体、自由、名誉、財産」に害を加えたらダメってことね。

だったら、これならどうだろう?

「探しています

 2014年×月×日×時×分、
 鉄人28号くんが、不審人物に不法に連れ去られました。
 その行方を探しています。

 カメラに残っていた不審人物の映像は下記のとおりです。

 連れ去られた鉄人28号くん
 もしくは、この不審者に関する情報をお持ちの方は
 ぜひとも、**-****-****まで、情報をお寄せください。

 鉄人28号くんをとりもどす有益な情報を下さった方には
 謝礼として、
 ご希望する商品をありとあらゆる手をつかって入手に努め、
 入手したときに、最優先で譲渡する権利をさしあげます」


そんで、つれさられた鉄人28号くんの写真とデータ、
(サイズや、そのとき入れられていた箱とか、
 その商品特有の傷とかか?)
それから連れ去った不審者の画像をくっつけると。

防犯カメラに連れ去りの事実がばっちり映っているならば、
モザイク処理する必要もなく、
はっきりわかるのはちょっと・・・と思うなら
解像度を落とした粗い画像をくっつけてもいいんじゃない?

駅や交番に張られてるもんみる限り、
このくらいならOKな気がするけどなー。

ちなみにこの謝礼の重み、一般人にはわからんだろう。


法治国家の前提が前提になってないなら、
こんくらいしてもいいんじゃないのと思うがね。

繰り返しますが、腐人はあくまでも素人ですので、
実際に行動にうつされる場合は自己責任にてお願いします。
[ 2014/08/13 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『奈緒子』を読んだ

が、その前に。

血族からまわってきた情報によると、
「ハイキューピー」なるもんがでるそうで。

要するにキューピー人形に髪とか服とかつけて
ハイキューのキャラにしてる根付なんだけど、
みんなおんなじ顔なんだけど(元はQPなんだから当たり前)
か、かわいいじゃねぇか、このやろう!!!

企画をもちこまれた担当さんが爆笑しちゃって通った話らしいが
つけるあてもなく、
おばちゃんがもっててどうする!なもんだが
・・・ちょっと欲しい・・・。
特に山口と研磨が・・・かわゆい・・・。

ちなみに身長差がまるっと無視されとるんだが
ま、かわいいからいいやね。

かわいいは最強なのよん!

画像がみたい方は、
「ハイキューピー」でググってもらえるとみられます。


さて、本題。

結局、昨晩、睡眠時間を削って完読してしまった。
まず、カウントからいきますか。

(698-706)マンガ文庫 『奈緒子 17-25』 坂田信弘、中原裕

悪くはないんだけどなぁ・・・。

腐人より先に読んでた血族が言った。

「あんたに釣られて、
 いろいろスポーツマンガよんだからわかるんだが
 陸上って、マンガにするの、難しいわ。
 だから結局、同じパターンの繰り返しになっちゃってる」

未読だった段階できいたので、
ふーんと思いながら読み出したんだが、
た、確かに・・・
死→怪我→病気→死→怪我→病気のエンドレスループ。

特に最後の兄ちゃん、ありゃなんじゃ(~_~)??

前もって入院がわかってる危篤になるよーな病気って、
なんやねん。
それもそのあとケロッって・・・。

雄介が、年とって、身体もぼろぼろで、
もうこのマラソンが最後ってなら別だが、
そうじゃないなら、この話の流れ、おかしくね?

なんか・・・お話のたたみ方が、雑に思う (~_~;)。

『北斗の拳』は、
ホントはここで終わりにしたかったのを
人気があるから延ばせといわれ、
後半は延ばすこと第一にしてたから、
しっちゃかめっちゃかになっていた。

ただ、この話、恐らく、当初予定してた方向から、
どんどんかわってっちゃったんだろうって感じはある。

タイトルからしてもね。
ホントはもっとこの女を絡ませたかったんだろう。
腐人にいわせりゃ、余計だよ、こいつ。

だから、どんどん主眼がずれちゃった。

こういう、やってる最中にお話が変わってくのって、
ないわけじゃなく、
例えば原作者の交代や、
アンケートで読者が読みたいほうに、とか
編集部の方針で、とか、
キャラクターが勝手に動き出してとか、
いろいろあるにはある。

これがそのうちのどれだったのかはわからんが、
このお話のピークは、やはり雄介が1年の都大路なんだろと思うよ。

ここで終わってりゃよかったのに。

なんか途中途中に、
とってつけたような奈緒子のモノローグがはいるが、
はっきりいって超邪魔。

あれ、ないほうがいいよ。

自分の酔ってる女の寝言にしか見えない。

ホント、これタイトルをミスったのが、
ものすごく祟ってる気がする。


ところで。

陸上って超シンプルな競技。

対戦スポーツと違って、
結局は、自分の能力をどこまで伸ばせるか、で
勝敗が決まっちゃうから、
ライバルに、こんなやつを出したら!とかの
スポーツマンガの王道手法が使えない。

ちなみに、腐人はそういう理由があるから、
リアル陸上競技って、観戦するの嫌いなんだ。

なんつーかナルシシズムとマゾヒズムの極地にみえるんだよね。
勝手にやってろって感じがする。

エンタメのショーとなるようなプロスポーツは、
それこそ遊戯としての価値がわかるんだ。
そのために、選手は、
試合で最大のパフォーマンスをあげるように努力する。

これはすごく納得できるのね。

でも、100mを10秒足らずで走ることに
42.195kmを2時間ちょいで走ることに、
どういう意義と価値があるのかがよくわからんのだ・・・。

それでいえばF1も無駄だなと思うが、
あれはそのあと民生転用技術となるとこあるじゃん。

でも、ある人が100mを10秒足らずで走れたからといって、
それがなんになるのか。

急いでるなら、チャリンコやバイクで100m進めばいいんだし、
10秒と20秒って、たった10秒の違いでしょ?
10秒でなにができる?
ぼへーっとしてたら、10秒たたないか?

そんでその10秒にどんなドラマがあるのかといえば、
まぁ、そこに至るまでの努力はすごいもんがあるんだろうが、
「・・・で?それがなに?」。

だから、夏のオリンピックは嫌いなのだ・・・・・・・。


ただ、陸上競技で、唯一の例外が、駅伝。

これはドラマがあるので、観るの大好き♪
なかでも箱根がお気に入り。

それ以外の駅伝はなぁ・・・、
一応、箱根の前哨戦として、都大路の高校駅伝もみますが、
残念ながら、箱根ほどのドラマはおこらない。

大学の3大大会といわれる他の2つも、
そこまでのおもしろさがないんだよなぁ・・・。

実業団や、都道府県別にいたっては、全く見ない。
なんでだろ?


やっぱり、箱根は楽しめる仕掛けが随所にあるからだろうな。

距離や地形からしてもドラマが起こりやすいし、
繰上げやら、シード校など、つくづく思うが、設定が巧いのよ。
エンタメとは何か、がよくわかっている。

実業団や都道府県をみないのは、
やっぱあの学生である3年間とか4年間という
期間に制限があること、
(どんな才能もそれ過ぎると出られないというポイント)、
先輩後輩の関係性、
そーゆーのが萌えなんだろうし、
都大路や、他の学生駅伝は、箱根ほどの仕掛けがないんだよ。

だから、リアル観戦をしてきた身としては、
あの雄介1年のときの都大路については、
「1チームでこんなにトラブルが続出することはありえんだろ・・・」
と思う。

都大路は、そもそもそんな無理な距離じゃないでしょ。
トラブルは起こっても、一大会でいいとこ1個2個。
そういう設定でつくられている。

ドラマをやりたいなら、それこそ箱根なんだがなぁ・・・。
なんで箱根にしなかったんだろ。

あれは、連発するときは連発する。
往路でも復路でもトラブルがおきる学校ってあるにはあるが、
ほんでも走者全員にってのはやりすぎじゃね(^_^;)?


最後のマラソンにいたっては、選手にスポットがあたるたび
「ああ、次はコイツが落ちるのね・・・」
ってわかっちゃうし、なんだかなぁ・・・。

悪くないのに、もったいない。

それに黒田はどこいった??

へーふーほーと思う理論がないわけじゃないが、
トータルの感想として、なんか読後感がすっきりせん。

なにをされたかったんでしょうねぇ・・・。


表現力がないわけじゃないし、
お話がつくれないわけでもないので、
ただ一言、
「まずい構成がダメにしちゃった、もったいないお話」
だと思う。

悪くはないんだけどなぁ・・・。

本日は以上!
[ 2014/08/12 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

♪読んで~読んで~ひたすら~読んで~

そんでも尽きない未読本の山。

ああ、ぼかぁ、幸せだなぁ・・・。

と言いたいところだが、
老体なのでずーっと本を読んでると
身体のあちこちが痛み出し、
かつ、
昔は、飲み食い我慢してでも読書にふけられたが、
今は、エネルギー切れをおこすとダウンする。

年をとるのはかまわんが、
こういう弊害が嫌だわぁ。

フィクションでよくでてくる
脳みそだけ生体のサイバノイドになったら、
こんなこともなくなるのかしらん??
    ↑
  もっと人類に有効な活動に使え!


ってことで、いろいろ読んだ本のコメントをば。

●8日
(678)マンガ 『ラストイニング 44』 神尾龍、加藤潔、中原裕
  やっぱりなぁ。

  44巻で終わりってのが先にわかってたから、
  43巻でこの状態ってことは、
  決勝戦はないなってのがみえてしまった。

  先に情報しいれなきゃいいんだけど、
  新刊リストに(完結)って入っちゃってんだもん・・・。
  これもまた、ネット社会の弊害か?

  ま、それはともかく、盛り上げ方が巧いねー。
  あの八潮の打席。

  でも、腐人の中に一番残った台詞は、
  打ち上げの3年生の姿をみたときにでたやつ。

  今、本が手元にないから記憶頼りなんだが、
  やりきったからこそ、ああやっていられる、ってやつ。

  ここの「ああやって」ってのは、
  打ち上げではしゃいでる姿を指してんだけど、
  確かに、負けはしても、
  自分はあのときの自分にできることをやりきった
  と思えば、負けを受け入れて、肯定できる気がする。

  ま、そんでも
  「勝ちたかったな」
  「楽しかったな」
  「もっとやりたかったな」
  ってな気持ちがあるから、
  この先もずっと野球をするんだろうが。

  エースがいないサイガクが、このあとどうなるのか、
  腐人としてはもっとみたいけど、
  お話としては、ここで終わるのが正解だろう。

  どーでもいいが、今は高校野球の監督に、
  元プロ選手もOKとなった。

  っちゅーことは、
  ポッポがまた高校野球の監督ができる日、
  っちゅーか可能性はどんなもんなんだろ。

  もひとつ、どーでもいい話。
  ネコの集団って、
  統率とれない気がするんだが、
  どうやって野球するんだかな・・・。

(679)マンガ 『神様のバレー 4』 渡辺ツルヤ、西崎泰正
  悪くないんだけど、なんでだか、全然覚えられない。
  なんでだろう・・・。

  形としては、『ラストイニング』と似てて、
  キャラというより、理論を描くことが主眼。
  このタイプの話は、どうしてもキャラクターが薄くなるし、
  試合はその理論を表現することが軸になっちゃうから
  印象的なシーンってのがないんだよなぁ。

  だからかね?

  ドンドンドンと試合ばかりにせず、
  幕間に、選手たちそれぞれの個性がわかるような
  小ネタをいれてくれんかな。

  今、正直、2頭身みたいのと、モジャモジャ以外
  区別がつかん・・・。
  
  着眼点も悪くないと思うので、もう一化けして欲しいなぁ・・・。
  
●9日
(680-683)マンガ文庫 『奈緒子 1-4』 坂田信弘、中原裕
  『ラストイニング』がおもろかったので、
  手を出してみた。
  コメントは全部読んでからやります。

  が、このタイトル・・・
  なんで?なんでこんなのつけちゃったの?(~_~;)?

(684)BL/ディアプラス 『あなたの好きな人について聞かせて』 小林典雅
  イラストは、超美麗なおおやかずみさんなんだけど、
  小林さんのキャラだからなぁ・・・。
  中身は変。←言い切るな!

  でも、泉野がゆってる評などは、かなり的を射てると思うがな。
  腐人としては、(後略)とせず、全文読みたかったです。
  
  このままバックを守りきっておわりか?っちゅーほど
  エロ気に乏しいお話だったが、
  最後の最後に若さが押し切りましたな。

  どーでもいいが、将来は公認会計士って
  現状みたら、やめといたほうがええんじゃないか?
  今、供給過剰で、食えるの一部の世界だよ?

●10日
(685)マンガ 『言ノ葉ノ使い』 砂原糖子
  言ノ葉シリーズ第3弾。

  思うに、この能力がある場合、
  一番の適職は、ホスト(orホステス)じゃなかろうか?
  もうちょい広くとると、
  お客様に満足してもらうのが一番の接客業。

  かゆいところに手が届きまくります、って感じ?

  っても、前に『三千世界の鴉を殺し』で、
  テレパシストは、精神科医にむいてるようでむかない、
  もしなったら、同調しちゃって、自分がおかしくなる
  ってあったな。

  うろおぼえですが、その通りだと思う。

  だから、もし接客業やっても、
  相手を手足のはえたサイフを割り切れなきゃ
  しんどいだろねー。

  腐人は、今の世の中をわたっていくのに必要なのは、
  洞察力と鈍感力、
  わかっているけどわからないふりをしてスルーする力だと思うんで
  こういう人は、大変だなぁと思うよ。

  ってことで、今回、メインの2人よりも気になったのが、
  シュウとカズヨ。

  前作がらみなのはわかるが、思い出せない・・・。
  
  でもって、勝手な想像としては、
  このカンナとあったときに聞こえたもんがあったんだろな・・・
  とか思ってるんだが、どうなんだろ?

  うーん・・・前作ほっくりかえしてみっか。
  
(686-697)マンガ文庫 『奈緒子 5-16』 坂田信弘、中原裕
  上に同じ。


あと、発売日がきたんで解禁してもよかろうを、1本。
(660)BL/プラチナ 『愛犬調教』 宮緒葵
  腐人はこのシリーズ、好きです。

  この変態駄犬っぷりが、
  あらゆるストレスを押し流してくれるんで、
  ぜひ腐人にも鞭を1本、貸していただきたいところだ。

  とはいえ。

  ・・・あの、犬神の皆さんにお伺いしたいんですが、
  自分たちの上位にいる方々が、
  揃いも揃って、この変態駄犬であるという事実は、
  種族として、どうお思いなんでしょう?

  恥ずかしくって、とっとと交代してくれ、と
  某国の政治家たちに、
  某国国民が思うように思ったりするんでしょうか?

  なんかさー一番まともなのが、行光にみえる・・・。

  物の怪なんだから、その物の怪度が高いほど
  ニンゲンが作った社会性に欠けるのは道理っちゃ道理なのか・・・。


  本編はといえば、一言でいっちゃえば、
  前に書いた通り、
  「紅雪、おまえもか!!」
  に尽きるんだが。

  腐人はコレを読んで一番気になったのが、
  紅雪が安綱に約束した愛玩犬への変身。

  どうなったんすか?
  これ、むっちゃ読みたい。

  まーオチは見えとんですけど、
  安綱の暴走しまくりのアホっぷりを堪能しとうございます。

  なんとなく、特定の極一部だけ
  全然愛玩犬サイズじゃない愛玩犬に
  なってそうな気がするんだが。

  うーん、どっかで読めんかなぁ・・・?
[ 2014/08/11 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

書きたいことはあるのだが

クールジャパンの結論と、スケート。

でも、それやると、
今日のこの後の予定が便秘になりそうなので
サクサクっと読書録のみにすっか。

かきかけで放置されてる「勝手に不定期連載ネタ」は
ほとんど片付けたはず・・・ですが、
これ、忘れてるよ!途中でほっぽりになっとるがな!!
ってなのがあれば、腐人会までお知らせを。

腐人の耳まで届いて、かつ、
腐人がそのネタで書こうとしてたことを
まだ覚えていたら、書きましょう。

・・・忘れてるほうに、1億点。


●7日
(675)マンガ 『1/11(じゅういちぶんのいち) 9』 中村尚儁
  終わっちゃったかぁ。
  なんかね、コレ読むと、
  読んでるうちに泣いちゃうんだよなぁ。

  なにがどうってことないし、
  正直、絵が達者だ!とか、
  マンガ表現が秀逸なの!ってわけでもない。
  発想がすごくて、ストーリーがかっとんでて、やられたー!って感じもなく、
  ただ、淡々とお話が進むだけなんだけど、
  な~んかじんわりくるのよ!

  このよさは、言葉では伝えがたく、
  読んだらわかるから!読んで!
  なんだよなぁ・・・。


  これは、サッカーを用いたマンガだけど、
  サッカーマンガじゃない、人を描いた作品。

  とても楽しみにしていたので、
  もう読めなくなってしまうのがさみしいが、
  他にどんな作品をみせてくれるのか、
  その興味はすごくあるので、
  新作、楽しみにしています。

  連載、お疲れ様でした。
  いい作品を読ませてくれて、ありがとう。

(676)マンガ 『ラストゲーム 6』 天乃忍
  なんか・・・もうこのまま
  茶飲み友達・共白髪をめざせば?
  っちゅー気がしてくるね。

  とはいえ、できあがっちゃってるっちゃーそうなので、
  いったいどういうエピソードが、
  これを今の生殺し状態から、普通の恋愛に変化させられるのか、
  腐人としてはそこがすげー気になる。

  まぁ、今回、よーやくみこっちゃんに、
  この世には、男と女がいてね、恋愛ってできごとがあるんだよ
  っちゅー小学生むけ性教育・第一回目的なことがでてきたので
  ちっとはかわるかな?

  そのとき報われるのが、柳だといいねぇ~
  
(677)マンガ 『セキセイインコ 2』 和久井健
  正直、びっくりした。
  まさか、話が満州になるとは思わなかったんだもん!

  これ、どうなるんだ???

  あの画面の不思議さにひかれて手にとってみたのだが
  いい意味ですごく裏切られてるなぁ。

  こういうの、師匠好きそう・・・。

  それにしてもセキセイインコが、
  そういう意味だというならば、
  政治まで入ってくるのかしらん??

  劣化著しいババア脳なので、
  そんな脳でもついていけるレベルでお願いします。
[ 2014/08/08 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

女とは・・・『プライド』と『昭和元禄落語心中』より

昨日は、『プライド』をラストまでと、
『昭和元禄落語心中』の最新刊をよみ、
「女」ってもんについて考えてしまった。

ってことで、まずカウントからいきますかね。

●6日
(668-673)マンガ 『プライド 7-12』 一条ゆかり
(674)マンガ 『昭和元禄落語心中 6』 雲田はるこ

ちょいとあっちの方から話はじめますけど、
「女」って辞書でひいたことあります?

昨日も書いた、今、読みかけの
『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』の中のエピソードに
戦前の、学士様が珍しかった時代の東大(確実に今より優秀・・・)で
国語学を修めた俊英たちが集まって、
中学生向けの辞書をつくるにあたり、
「女」という言葉の語釈について、侃々諤々やりあうくだりがある。

で、その結果できた「女」の語釈がこちら。

おんな 【女】①人のうちで、やさしくて、子供を生みそだてる人。女子。女性。
(三省堂国語辞典 初版)


ちなみに、「男」はというと。

おとこ 【男】①人のうちで、力が強く、主として外で働く人。男子。男性。
(同上)


腐人はこれを読んで笑ってしまった。

こりゃ今じゃアウトだね。
下手すりゃ性差別だの、ハラスメントといわれる語釈だろうなぁ。

っつか、国語的な意味としてはともかく、
「女」とは、について、
誰もが納得する説明が出来る人なんているのだろうか?

腐人だったらもう投げちゃって、
Y染色体をもたないホモサピエンス
にするね。

ちなみに、今、ネットの辞書をみると、こんなだ。

㋐人間の性別で、子を産む機能のあるほう。女性。女子。
(大辞泉)

(1) (対)男 (2) 一人前の女性. (3) 情婦
(三省堂国語辞典)


すんません 大辞泉さん。
余計なことかも知れませんが、この語釈、ヤバイと思う。

だって、これを「女」と定義しちゃったら、
子供を生めない人は「女」じゃない、ってことになっちゃうよ?
ああ、おそろしや、おそろしや・・・。

で、何がいいたいかっちゅーと、
そんくらい「女」というものは、
言葉で定義づけられないもんだってこと。

でも、言葉じゃなくていいなら、腐人はこう付け加えたい。

「女のもつ『業(ごう)』について知りたいなら、
 山岸涼子さんの作品を、
 女のもつ『本質』について知りたいなら、
 一条ゆかりさんの作品を読むべし」


本当はもう一人、萩尾望都さんもいれたいんだが、
あれはなんと言えばいいのかなぁ・・・。
言葉がみつからない。

ま、なにはともあれ、腐人にとって、
その「女」の表現の的確さに、背筋が寒くなるお三方だ。
 

で、今回、そのお一人である
一条さんの『プライド』を読んだわけですが。

細かいところはおいといて、総括でいえば、
さすが、お上手。

神野がヘタうったとこらから、
まぁそうだろなってのはみえてたが
そんでも一気読みさせる力があるお話だ。

なにより、あの、史緒の、「品のあるゴージャス」を
絵で納得させられるってのは、
一条さんならではだよなぁ・・・。


このお話のテーマは、コミックス1巻の見返しにある
「人としてのプライド」だそうで、
「本物のプライド探し」が物語の本筋となる。

最終巻には、描き続けてこられた一条さんが
「人が成長するためには何が必要なのか」
っちゅー問いに
「地味に努力し続けて苦労するしかないのか」
という結論に至ったとあるが、「プライド」ねぇ・・・。

和語に直せば、矜持?誇り?

今度は、ネットの大辞林 第三版でみてみると、
「誇り。自尊心。自負心。」とある。

こーいっちゃぁなんだが、
そんなの、人それぞれ違うんじゃね?
と腐人は思うぞ。

ボロは着てても心は錦~♪な人もいりゃ、
武士は食わねど高楊枝、な人もいるだろうし。

「人が成長するためには何が必要なのか」は、
一言でいえば、「経験」でしょう。

ま、これ、そのあとにこれをつけくわえたいが。

「賢い人は、経験せずとも、みたらわかる、
 普通の人は、経験して、ようやくわかる、
 愚かな人は、経験しても、わからない」
 
by鉄血宰相ビスマルク(編集あり)

そんでその上で、
「他人と過去は変えられないが
 自分と未来は変えられる」

を実行するかどうかじゃない?

なので、テーマについては、まぁいいや。←おい!

腐人としては、それよりも、
男の存在がかすむほど
エゴイスティックな女の性(さが)が、すげぇなぁと。

だってそうじゃん。

周囲への迷惑かえりみず、
感情と本能だけでガキを産もうとする女。
シンマで生活保護か?
結末がああなったけど、
どんな将来設計図を描いてたんだかなぁ。
腐人にはこんな暴挙はできません。

一方。
流されつつも、自分の欲しいもの、やりたいことは
がっちりつかんでいく女。
そして、最終的に自分にとって、
一番都合がいい状況を整えてるところは、
女が本質的にもってるもんとはいえ、
ここまでやりとげると、押しも押されもせぬ勝ち組だよね。


ただ、これみてて思うのが、
女の一生において、妊娠出産ってのは、
得るものも、失うものも大きいんだなぁってこと。

ちょっといちゃもんつけさせてもらうが、
最後のあの萌の状態、あれ、おかしくね?

恐らく現実なら、
いきんでるうちに脳内出血がひどくなり昏睡。
即時、カイザーじゃない?

で、血を入れても血圧が下がって、
あれおかしい、こりゃ頭から出血してんでは?
となるような。

ついでに言うなら、もし設備が整った病院ならば、
カイザーと開頭手術の同時進行もありか?

物語的にああならないとなんだろうけど、
なんだかなぁ・・・。

ま、それはさておいてもさ、
バレリーナに比べりゃそうでもないにしても、
出産による体型変化は、ダメージでかいよね。

それに、ちょうど才能が開花しつつあるとこだったり、
まさにチャンスの女神がやってきたとこだったとしても、
休養を強要される。
それがもたらすロスって、トータルでみたときどうなんだろね。

そりゃ子供をもつことで
初めて得られるものはあるけど・・・。

ここで急に『昭和元禄落語心中』に話をうつすが、
今回の6巻、小夏の思考が腐人にゃーわかんねぇ・・・(~_~;)
萌もこのパターンだが、本能で生きられたら、こうなるのかぁ?

でも、他の動物と違って、ニンゲンって種は、
手離れできるほど大きくなるまで、
すげー時間かかるし、金くうし、労力つかうし。

その上、確実に独り立ちしてくれるとも限らんし。
途中で何があるかもわからんし。

どう考えても、ハイリスクローリターンな博打じゃない?
と、本能がぶっ壊れた腐人は思う。

生物学上、一応、女に分類される腐人ですが、
女って・・・わからん。


それにしても、どっちもさ、
子供に対してはどう話をするんだろ。

まず、『プライド』だが、
SRMのメンバーが、子供を残して亡くなったため、
引き取って育てています・・・
これは、美談でいいよ。

ここまでは、この状況だと
さんざんっぱら周囲が喧伝しまくるだろうから
早いうちに子供の耳に入るだろう。

でもさ、父親が神野だってのは
どういう説明をつけるわけ?

ママ(萌)のことを愛していたの?
→いや、同情。
 たんにほだされてやっちゃって。
 で、避妊に失敗してできちゃった。
 おろしてくれと頼んだが、拒否られた、
 それだけ。

なんて本音いえないでしょ。

じゃぁ「愛していたよ」となれば、
ママ(史緒)のことは?
→もちろん、愛しているさ。

ま、これは素直にいえるだろうが、それってさ、
「なんだよ、二股かよ
 シモはゆるいは、ヘタうつは、最悪男じゃん、パパ」
じゃない?

腐人としては、そこをどういうんだか、
ぜひ読みたい


一方の『昭和元禄落語心中』は、
まだ話が簡単だわな。

ただ単に、母親が不倫して子供つくっただけだから。
全部バレたところで、
それこそ与太の器がでかいといわれるだけだ。

跡目問題とかに巻き込まれなければね。


うーむ・・・こうやって考えると、
子供ってのは、女のエゴの最大の犠牲者なんだなぁ。

この結論に異論がある方は多かろうけど、
ここで昨日書き忘れた話をするね。

性犯罪者にみられる傾向のひとつに、
「認知のゆがみ」ってのがある。

これは強姦されたり、強制わいせつされたりする女の人が
いやだと抵抗するのを、「実は喜んでいる」と思いこむ、
ということだ。

これを昨日紹介した本では、
これを性犯罪者に特有のものと書いてたが
そぉかぁ?

人って、そうでしょ。
自分の都合のいいように、
認知をひんまげるのがニンゲンじゃない?

ある場面をみても、
自分の見たいようにしか見ないし、
人の話も、
自分の聞きたいようにしか聞かない。

そんで他人が自分が思うように動いてくれなければ、
「あの人、間違ってる!私は間違ってない」という。

身近にごろごろしとるだろ、こんな話。
そんなことないというなら、発言小町を覗いてみたら?
山のようにあるぜ。

ちなみに腐人は歪んでる自覚がありまっせ。
性犯罪者じゃないけど。

ま、だから反論されても、
「はぁ、さいでっか」
なんだけどね。



さて、生臭い話はこんくらいにして。

純粋なマンガの話を最後にしよう。

まず、『プライド』だが、
腐人はりぼんで、『有閑倶楽部』の1話を
読んでたぐらいの人だが、
確かにその頃からモブシーンはアシスタントさんが描かれていた。

が、この『プライド』では、かなり主要キャラまで
アシさんの手によっていたので、ちょっとびっくり。

特にマレーネをアシさんに描かせてるのが意外で。

ってのも、彼女の役割は大きく、
重要なキャラだと腐人は思うんですわ。

作品テーマである、プライドをもって成長するには、
ライバルの存在は欠かせない。

マレーネはその象徴なわけですけど、
その象徴をそこそこ巧いけど、
一条さんには及ばないアシさんの絵でやられちゃったら、
こういう人たちが持ってなきゃダメな「華」という点で、
一条さんが描いてる史緒のライバルには、役者不足にならん?

どんだけいい、いいと、話で言われても、
はぁ、そうなんですか?ふーん・・・という思いが
どうしても浮かんでしまう。

それは、説得力の欠如に結びついてしまうんだが、
どうして一条さんが描かれなかったのかなぁ?

腐人のイメージでは、一条さんって、
原稿の完成度のむちゃくちゃこだわりのある完全主義者
なので、なんかすごくこの点については違和感があった。

まぁ、ここでマレーネを強くすると、
バランスが崩れるから止めたのか・・・?

っても、これだと、
マンガで唯一表現できない「音楽」の部分だけが、
史緒よりマレーネが優れてるのね、
って気になっちゃうけどなぁ・・・。


続いて、『昭和元禄落語心中』

次の巻、アニメがつくそうですが、
落語シーンがどうなのか。

八雲師匠の「死神」を通しでやってくれるなら欲しい。
じゃないなら、本だけでいいんだが、どっちだろ。

まぁ、まずないだろな。

と、腐人の興味は八雲師匠なの。

なので、今回のお気に入りシーンは、1も2もなく、
チビが師匠んとこに、とことこやってきた場面だ。

師匠・・・
それは考えてるんじゃなくて、キバってるんです・・・。
超危険シグナルだよ!!

おまるにGO!だ!!



それにしても、どっちのマンガも、
この子供の両肩に、これだけの大人の老後がのしかかるのねぇ・・・。

不憫だと思うのは、腐人だけだろうか。
[ 2014/08/07 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

忘れぬうちに片付けましょう、読書録

昨日、『ハイキュー!! 12』をパラ読み返ししていたら、
己の昨日書いたブログにミスを発見。

こっそり直す・・・。
気になる方は、直したところを探してみてください。
なんもでませんけど。

そんでもって、カバー見返しの後のほーで、
こんなことやっとったんかい!を発見。

小ネタちりばめすぎです、古舘さん・・・。
拾えども拾えども 新ネタみつけて 楽にならざり。

最後にでてきた兄ちゃんの正体よりも
Tシャツロゴの意味が気になるー!!!←正体を気にしろ
なにこのバンド・・・。


で、昨日は、またドツボにはまっちゃいまして。

●5日
(662-667)マンガ 『プライド 1-6』 一条ゆかり
  完結してるもんなので、
  コメントはケツまでいってからしますが、
  やっぱすげぇなぁ・・・。

  6巻でむりやり断ち切りましたが、
  寝て体力を回復せんといかん状態なのに、
  話にひきこまれて朝までコースになりかけました。

  おそるべし・・・。


そんでもって今日は、だ。
放置物件かたづけますね。

もうかなり記憶がヤバイ・・・。

(660)BL/プラチナ 『愛犬調教』 宮緒葵
こっちは、もうちょい待ちで。
一応、正式が11日なんで。

で、これだ、これ。
(659)一般本 『性犯罪者の頭の中』 鈴木伸元

読み始めて、気づく。
あら、『加害者家族』の人か!

視点がおもろいなと思ったので、珍しくタイトルを覚えてる。

っても、中身は薄めだった気がするが、
ご興味ある方は、このブログか、
前身ブログの『腐人日記-腹を割いたら黒かった-』内にありますので
探してみてください。

で、本書ですが、実は今、
『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』
っちゅー本を読んでいる。

この本も、本書も、どちらも本職がテレビマン。

以前、「探偵ナイトスクープ」を作った人の本を読んだときも思ったが、
テレビマンの書く本って、文章がパキパキしてんだよなぁ。

でもって、ものすごくサラサラ流れる。
そのため、浅いとか、薄い、もっとここを追求すればいいのに
と思ってしまうとこが、どうにもあるんだよなぁ・・・。


対極的なのが、研究者の本。
文章がくどくどしく、底が見えないぐらい深くゆっくり話が進むので
たまに、何の話をしてたんだっけ?となってくる。


なのでですね、個人的に思ったのは、
これ、研究者や現場の人との共著とかだったらよかったのに・・・かな。

ご本人も書かれているが、
このタイトルの切り口で話を集めてみたけれど
これでわかったとはいえないっちゅー内容なのね。

そりゃそうだろ。
1つとして同じ犯罪はないもん。

ただ、これまで信じられてきた仮説
(性欲過多だからやる、スリルを味わいたくてやる、など)は
実は違うんだということなど、
いろいろ集めたなぁという感はある。

だから、ごった煮みたいな内容・・・
もっといえばまとまりがなく、
「で?」ってな感じになってる気がしたな。

以上が、本全体の感想。


続いて、もすこし個別にいきますが、
そもそも腐人は三面記事が大好物。

だから、このテーマ自体が興味の対象の1つになってるので
軽いのから重いのまで、いろいろ読み散らかしてたりする。

そういうのを踏まえて言わせてもらえば、

「ここでもでたか!
 この一言ですべてが片付いてしまう便利な言葉、
 『ストレス』くん!!」

なんか、最近読んだ本で、
この4文字をみかけなかったことはない気がする・・・。

腐人としては、もうさ、この「ストレス」を言い訳に使う人、
みんな、ロボトミー手術しちゃったらどうかしら
別人格になれるよ?
とか言いたくなるなぁ・・・←やめなさい!

まぁ、それはジンケンガーというやつで阻止されちゃうんだろうが
なんつーんだろ、
ここに紹介された犯罪者の思考回路をみてて思ったのが
「なんてガス抜きが下手くそなんだ」
ってこと。

ストレスがない現代人って、まぁおらんわな。
そうすると、それとどうやってつきあっていくかが問題で、
酒を飲んだり、遊びに行ったりして、
小出しに発散する方法をみつけるってのが、一般的だろう。

それは本能的に溜めるとよくないってわかってるからだし、
その発散方法が、常識的範囲で収まってるのは、
無意識の抑止が働いてるからだと思う。

犯罪を犯せばどうなるか、
ものすごく自己中視点でいわせてもらうが、
被害者への贖罪、賠償をしなければならなくなる、
大切な人の心を傷つけ、
自分と彼らの社会的価値に傷をつける。

そーゆーこと思えば、
犯罪って、割にあわないこと甚だしい、
と普通は思うと思うのよ。

まぁ、もっと潔癖に思う人もいるだろうし、
そういうことを思いつかない人もいるだろう。
こっちが大半か?

でもこういう犯罪をする人は、
それを凌駕する「もの」に囚われてるわけじゃん。

失敗する(=捕まる)と思ってないってとこからして
現実認識に歪みがはいるぐらい、
その「もの」に支配されてるわけ。

普通はそうじゃない。

だったら、その違いはなんなの?
それはどこにあるの?

ここをさ、もっとつっこんであげなきゃいけない気がする。

もっとも、答えは1個じゃない。
一人一人違うはずだ。

一人一人が、
自分の心の奥に隠してるもんをひきずりださなきゃ、
たぶん解決しない。

が、性犯罪者は「毛穴が詰まってる感じ」らしい。

腐人はこの表現、いまいちよくわかんなかったんだけど、
あえて解釈するなら、毎日毎日、
小出しに毛穴を掃除(=ストレス発散)できず、
結果、穴という穴に、
ほじくりだせないぐらいぎゅうぎゅうに余分なものが詰まってしまって、
その奥に膿(=本当の原因)を溜め込んでる、
っちゅー感じだろうか。

なら、捕まえて懲役にしても、
なんの根本解決にもならない。
だって、膿は残ったままなんだもん。

本書の中で、捕まって、収監されて、
性犯罪をやったらどういう目にあうかがわかってるのに
再犯しそうになる自分をとめられず、苦しんで苦しんで
結局、自殺した人が紹介されていた。

これね、
腐人は自殺を手段として否定したくない人なので
ここまで苦しんでたんなら、
なんでそこまで苦しい思いを味わわせつづける前に、
死なせてあげないのかと思う。

よく、
「死にたかったが、自殺ができず、人を殺せば死刑になると思った」
ってあるよね。

なんでこういう人たちに、
死を選べる手段を提供してあげないの?
自殺・安楽死センターをつくって、
死にたい人は、人を殺したり犯罪を犯す前に
ここにきてって言えばいいじゃん。

そのんがよほど犯罪なくすのに有効だと思うけど。

腐人には、それがなんでいけないのかがわからない。
こういう人たちにとっては、死こそが、一番楽で唯一の救いなのに。



まーなー、腐人はなー、
そもそもオスの機能っていらんでしょ、と思ってる。

種の保存のためには、種さえありゃいいじゃん。

本当に性犯罪をゼロにしたければ、
全員絞ったうえで、ちょんぎりゃいいだけで、
それをしないとこからして、
この社会は、最初から、一定数、
性犯罪犠牲者を出すことを容認してるんだと思うけど?
違う? 



ただ、前も言ったが、
ちょんぎったところで、ゼロにはならんだろうね。

その人を動かしてしまう「何か」が、
理性や抑止、そういったものを全部ふっとばしてしまうほどならば、
機能やシンボルをちょんぎったところで止まるわけがない。

やろうと思えば、いくらでもやりようはあるからね。

となれば、残るはロボトミー?
話がまたそこまで戻るのか。


世界の話では、断種や去勢の他、
位置情報のリングをつけるとかもあったな。

でも、そんななってまで、
人って生きなきゃなんないものなのか??
と、最近、結局この問いに戻ってきてしまう気がする。


そういや、本書で、ちょびっとだけスーパーフリー事件から
輪姦する人と、単一犯との違いが書いてあり、
この輪姦する人たちの心理研究が足りてないとかあった。

でも、輪姦するひとの心理なんて、
戦争の兵士の心理と同じでしょ。

第二次世界大戦で
戦場で人殺しをしてきた元兵士たちの多くは
もどってきたら普通人やってたじゃん。
そうじゃない人もいたけど、それと一緒じゃね?

今でいえば、いじめを傍観してる人。
そんな大層に研究だのゆーまでもない
よくある集団心理だと思うが。


だから何?って感じの本ですが、
いろいろ載ってはいるので、
このテーマにご興味ある方はどうぞー。
[ 2014/08/06 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

ありがとう!!『ハイキュー!! 12』!

おかげで復活したよ!

気力は。

体力はババアなので、
エンプティから、ようやく半分ぐらいまで戻ったところ。
まーこれはしゃーないよね。

で、『ハイキュー!! 12』ですが。

始まりましたなぁ、春高予選。
っちゅーても、腐人はリアルでは、
毎年正月明けの全国大会しかみないので、
代表選考が行われてる過程は、これで初めて知る。

結構長いスパンでやるんだなぁ・・・。

マー君がらみで、高校野球の酷使状態について
賛否両論がでてるけど、
春高だって、全国大会になると
かなりタイトなスケジュールでやっとるな。

まぁ、学生の本分は勉強なんだから、
その隙間でやれとせざるをえんのだろうが、
その子の人生という、長い目でみたらどーなんかね?

せっかくの有望株をそこで疲労させて潰してる
ともいえる気がする。

っても、そのスポーツで食える才能があるのは、
ほんの一握り。
食えるか食えないかもわからないのまで
勉強よりスポーツとしちゃって、
知力がつかないまま社会に放りだされたら
これまた別の意味で、その子の未来を潰してることになるもんね。

なにがいいのやら、腐人にゃーわからん(~_~;)。

でも・・・腐人、「あなたのためだから」って言葉、
大嫌いなんだよね・・・。

ま、これは別の話。


で、今回は試合が多かったんで、
腐人的には目に楽しい巻でした(^_^)

どーゆーことかというと、これこそマンガならではなんだけど、
普通の試合では撮影不可能なアングルが描かれるんだよな、
『ハイキュー!!』は。

こーゆーっちゃなんだが、他のバレーボールマンガは、
いわゆるテレビ画像と同じアングルばかりなので、
画面がつまんないんだ。

迫力と説得力がないんだよなー。

って言葉で言ってるだけだとわかりにくいので、
この巻でいいますと、
まず、扇南との試合での、大地のレシーブ。

左足元の地面視点からの見上げるアングルで描かれてるんだが、
フェイントを見抜いてのレシーブなのね。

そうすると、スパイカーの「よまれた!」ってのと、
大地が「ここだ」とよみきって一歩踏み出して拾ってるのが、
この角度と「トン」って擬音に、凝縮されてんですよ。

こーゆーのが、その1コマ、その絵だけで伝わってくるわけ。


そいから、角川との試合での、日向の1本目のフェイント。
なるほど、ネットをはさんでこういう動きをしあってるのね。

これは、日向が最後に決めたワンタッチも、
同じ、相手ネットのちょい上からアングルであるので、
見比べるとおもしろい。

まさにネット越しの空中戦の一瞬が切り取られてる。

腐人はリアルのバレーといえば、春高しか観ない人だが、
こんなアングルからの映像なんかみたことないよ。
(物理的に不可能ですな)

だから、こーゆーのこそ、マンガで表現して欲しいわけ。
まぁ、アニメもか。

いいなぁいいなぁいいなぁ。

ま、これは腐人がそもそも
アングルにこだわってマンガを読む人だからではあるんだが、
平たい絵ばかりで進行されると、
紙芝居みてる気になっちゃうんだよなぁ。

マンガってさ、その表現方法を工夫すれば、
映画のような臨場感あふれる画面をつくれるツール。

だからこそ、マンガならではのもの、がみたいんですよ。

腐人の好きな作家さんは、この点にこだわっておられる方が多い。
っつか、だから好きとも言うんですが・・・。

スポーツじゃないけど、
くらもちふさこさんとか、石原理さんなどは、
ものすごくアングルや、ショットにこだわった
映画的な画面づくりをなされるので、
腐人としては絵だけみててもおもしろい。

他のスポーツマンガでいえば、
やっぱ『ダイヤのA』かなぁ。

『ONE PIECE』もおもろいですね。
最近、あまり多用しなくなりましたが、
魚眼レンズのような画面がものすごーく印象的だった。


と、ほっといたらどんどん脱線するんで、
話を『ハイキュー!! 12』に戻そう。

『ハイキュー!!』もまた、
悪い人がいないマンガだよなー。

そんでもってなんつーか、バレー愛にあふれてるんだよねー。
ツッキー兄なんか、その典型。
じじいになってもバレーやってるタイプだよね(^。^)y-.。o○

それとはちょっと違うけど、
バレー愛をひしひし感じたのが、今回の扇南戦。

ってか、角川もだけど、
負けから、失敗から学ぶ姿勢っての、すごくいいよなぁ。

なんか勝つより、すごく重みをもって描いてある気がする。

それに、こーゆーとこを
丁寧に、ちゃんと言葉にして書いてくれるので、
腐人は『ハイキュー!!』が好きなんだ。

性別がどちらなのかわからんのですが、
言語能力が高いなぁと思う。

・・・それからすると女性作家さんなんだろか・・・???
(男性が言語能力が低いとゆってるわけでは・・・
 いや、ゆっとるな、うん・・・←暴言)


話を変えよう。

そいや、こないだアニメでマンガの20話やってたが、
保存用フォルダに移しちゃったよ・・・。
やっぱあの回、好きだわ。


ついでに少し話が逸れますが、
こないだテレビでやってたんだけど、
引きこもり=学生(もしくは不登校から低学歴)とか思われてたが、
実際調べてみると
高学歴の引きこもりがかなりいることがわかったと。

要するに、挫折を知らないまま、学生を終えた人が、
就活やら、社会に出てから、初めて挫折を覚えると、
そこで「心が折れた」とかゆって引きこもってしまう、
これはなんでだというと、
蝶よ花よと、子供に危ないことをさせないまま育てた結果だろう
とかゆっていた。

なにをいまさら・・・と腐人は思ってんだけど、
そーゆー意味で、こーゆー体育会で育って、
悔しいとか、なにくそ!次こそは!ってのを知ってる子は、
そーゆーとき挫けないんだよね。

負けとか挫折とかを味わって、
傷をいっぱいつくってさ、
自分の実寸大の身の丈を
学生のうちに学んどいてほしいわよ、
社会で働く先達としては。


そーいやさ、今回でてきた
落としていい1点の話なんだけど、
これ、スポーツによって違う気がする。

何点取ったら勝ち、なのか、
点を多く取ったら勝ちなのか、
個人なのか、チームなのか。

例えばテニスはバレーと同じく何点取ったら勝ち、のスポーツだが、
チームではなく、個人だ。

なので、ウィンブルドンのファイナルのように、
タイブレークがない試合なんかだと、
体力配分も考えないとならない。

そうすると、落としていい1点ってある気がするんだよな。

っても、それは即時に、
「でも、次はキープするぞ!」とか、
自分で自分を律しないとぐずぐずになるが。

でも、チームの場合、一人でも
「誰かがやるだろう」
とか、
「これは落としていいよな」
とか思ってしまうと、全体がダメになる気がするのよ。

無責任主義が蔓延するっちゅーか、
皆がゆでがえるになっちゃうっちゅーか。

そんでもって、扇南のインターハイんときみたく、
大差がついてても追っかけていく仲間がいたら、
それは他のメンバーに伝染し、俺もやらなきゃってなるじゃん。

そゆこと考えるとさ、
チームプレーでは、
絶対に逃げちゃ、投げちゃダメなんだと思うんだ。

個人だったら、自分が立ち直ればいいけど、
「2年だしー」
「こんだけ差がついてるしー」
っちゅー、ほんのちょっとだけでも誰かが逃げれば、
それだけで、もう全体の統制がとれなくなるよーな気がするんだよな。

うーむ。
だから腐人はチーム競技のスポーツマンガが好きなのか。

現実では絶対に自分ではできんからね。
(腐人は集団行動ができない)

でもって、こーゆー逃げゆーやつって、
プライド高いんだよねぇー。
人としてはちっせーんだけど。
まさにすっぱいブドウ。


それにしても百沢がおもろいね。
これは、来年が楽しみだわ。

とすると、来年の春高は、雄物川が化けるかな?


どーでもいいけど、日向 対 百沢って4:5だよな?
(162:201なので)

絵をみると、日向が2/3に見えるのは、
腐人の目が老眼だからでしょうか・・・。

そんでもって、百沢がさ、
自分のことは201っちゅーのに、
日向のことは160に切り捨てなのに笑った。

そうか、そうなのか・・・。
自分の1センチにはこだわるけど、
他人の2センチはどうでもいいのか・・・。

これが10代の青少年の心境ってやつですかね。


あーあと、なんだっけ。
『ハイキュー!!』は小ネタが満載なので、
それ全部ひろってったらキリがないんだよな。

ああ!そう!
この巻はこれ忘れちゃダメじゃん!!

山口ー!!!!!!!!
おめでとう!!!!

おばちゃん、赤飯炊いてやりたいぐらい、嬉しいよ!

あのページ、ネームがないのがいいですねぇ。
その演出がにくい!


あーあかんわ。
このままいったら、キリがないので、ここで終わる。

うむぅ。
放置物件処理する体力がなくなっちゃった・・・。
ってことで、放置物件は、また今度。
いつだ!?


最後にカウント。
(661)マンガ 『ハイキュー!! 12』 古舘春一
[ 2014/08/05 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

生きてますが、半死です・・・orz

過酷な仕事がようやく終わった・・・。

情報社会から隔絶されての缶詰だったので、
今朝テレビをみると、四国がえらいことになっていてびっくり。

え?
四国って、いつもこの時期は、渇水問題が起こってるのでは・・・?

早く水がひいてくれるといいですね。
水害は後始末が大変なんだよなぁ・・・。


さて。
放置物件のお片付けをしたいとこだが、
すんません、HPが0に近く、回復魔法をかけてもらわないと
行き倒れそうなんです・・・。

今日届く『ハイキュー!!』の新刊が
腐人のエネルギーゲージをMAXにしてくれるはず!!


どーでもいいが、
メシ屋で料理がくるまで起きていられず、
ぐーこら寝てしまう客って、どんくらいいるんだろ。

ある、ある!よくみかけるよ!
だったらいいなぁ・・・。

ちなみにそんな状態だったので、
昨日までの間、本は1行も読めてません・・・(T_T)
[ 2014/08/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ちょっとアウト!

カチカチ山のタヌキさんです。
しばらく潜伏します・・・ぶくぶくぶく・・・

よってカウントのみ!

●31日
(659)一般本 『性犯罪者の頭の中』 鈴木伸元
  これは改めて。

(660)BL/プラチナ 『愛犬調教』 宮緒葵
  これはテスト販売ゲットなので、
  発売日近くなってコメントします。

  でも一言だけ言わせて!!
  江雪・・・お前もか!!
[ 2014/08/01 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。