或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年08月 ]
07 | 2014/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やばい・・・腰が痛い・・・(ダラダラ日記)

明日は灼熱の舞踏会本番なのに!!!

今回は日程のせーで、
引率してくれる師匠がおらず、
ただでさえ、押し出しが弱く、ガラスのハートな腐人ちゃんは←嘘をつけ
不安でおしつぶされそうなのに・・・。

それにしても、腰が痛い・・・。

分厚い本は読みたいが、
分厚い本を持ちたくない。

嗚呼、なんというジレンマ!!

でもカート引くほど買わないんだよなぁ。


さて。
木原音瀬さんがコミケで配布されるっちゅーペーパーが
今月発売の『COLD HEART in NEWYORK』
ネタバレになるもんだから、
先に本編読んでね、と告知されておられたので、
早売り本屋に行ってみた。

すると、なんだかいやーんな空きスペースが・・・。

同日発売の他のビーボーイノベルズはあるのに、
なんでここだけ空いてんの?

目の前の現実を認めたくなかったので、
店員さんにきいてみた。
奥からでてくることに一縷の望みを託して・・・。

「COLD HEART in NEWYORK」ですか?
 あれ?あそこに・・・ああっ!もうない!
 すいません、入荷したの完売しちゃって、
 あとは発売日に入荷してくるまで入りません」

・・・うそっ!うそよ!!誰か嘘だといってぇぇぇぇっ!!!

「まだ入荷してません」なら、まだ救いがあるんだが、
出遅れたってのは、痛恨の極み・・・orz。

とっさに、近隣にあるオタク本屋で
早売りBLをおいてそうなところを脳内サーチ。

なんで脳内?スマホじゃないの?というご質問には、
腐人のガラケーは、今日もお布団の中だとお答えしておこう。

そんなこんなで、脳内が出した結果は、
A店:確率8割
B店:確率5割
C店:確率2割。

とりあえず歩く方向から、C→B→Aでまわることにしたのだが、
BもCもアウト。

Aは、一見男性向けの店構えなんだけど、
実は奥のほうに女性ディープがあるので、
ダメ元でいってみたら、あったぁ!!!
やっぱりここか!
残り4冊!よっしゃ、1冊いただくぜ!!

ここでダメだったら、**の***か、**の**か、
いやリブレの流れからすると**か**の*****を
しらみつぶしにしたほうがいいかも・・・
とかまで思ってたんで、思わずレジで、こっそりガッツポーズ。

これで心置きなくコミケでペーパーをいただけるわ!

って、問題は、腐人が行く時間まで
ペーパーと本が残ってるかっちゅーとこだよなぁ・・・。

木原さん!お願いしまっす!
腐人の分のペーパー、おいといてくださーい!!!
たぶん、お昼に到着です・・・。


それにしても、普段はこんなことないのになぁ・・・と思って
はたと気づく。

そうか、今日はコミケの初日。
日本全国の腐女子が今、東京に集結してんだよね・・・。
そりゃ競争率あがるわ・・・。

その後、昼飯食いながら読もっとと、馴染みの店にいくと
隣から聞こえてくる会話がお仲間・・・。
ああ、隠語や略語が全部わかってしまう・・・(T_T)

耳に入れないように、
とりあえず「COLD HEART」まで読みましたが、
いやぁ、木原さんご自身が、
「攻めはクズです」とつぶやいておられたが、
確かに、クズキングと呼んでやりたいレベルだわ。

よく発言小町に、
ロクデナシにロックオンされた人からの相談があるが
「全力で逃げて!」「今すぐどこかへ避難を!」
ってレスがよくつくんだけど、まさに
「逃げろー楠田!
 なりふりかまわず逃げるんだー!!
 相手はまともじゃない!」

これから続きを読みますが、
ここからどうやってラブラブにまでもっていくのか。
その豪腕ぶりが楽しみだわ。


ところで。
ぽえーんとニュースをみていたら、衝撃のネタが。

シルヴィ・ギエムが、2015年年末で引退するとのこと。
マジでー!?

年末には日本で踊ってるそうで、それがラストになるのでは?
っちゅー話がでてたが、
こりゃプラチナチケットの争奪戦だな・・・。

まだ踊れるような気がするけど、
ご自身が納得できないところがでてきたのかな。

ダンサーとしてもすばらしいが、女優としてもすごいので
腐人はボレロもいいけど、マノンも観たい。

ギエムの踊りを観られたことは、
それこそニジンスキーの踊りを観られたぐらい幸せなことだと思うが、
同時に、もう観られないという喪失感も味わうわけで・・・。

ああ、でも生を観ることができない、
これから未来に生まれてくる方に比べれば、
同時代に生きて、その踊りを生で観られたことを幸せに思おう。

ああ・・・ラスト公演、観てぇっ!!
スポンサーサイト
[ 2014/08/15 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。