或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年09月 ]
08 | 2014/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『重版出来! 4』より、漫画家と下請法ほか

ちょーっと、せっぱつまっておりまして、
時間制限でやらせてもらうため、
本日、かけるとこまで書いてみる。

・・・っちゅぅ状況やのに、
なんでこんなややこいテーマ選ぶかね、腐人・・・(~_~;)

まず、カウント。

(857)マンガ 『重版出来! 4』 松田奈緒子

単なる素読みでいえば、
相変わらず熱いし、頑張ってるしで、おもろいなぁと思う、
新刊が待ち遠しい本。

ただ、ちょーっとひっかかってくるとこも
ないわけじゃないんだよなー。

ってのも、この本は、
出版社を主とした、本を出す側の論理、視点でできている。

残念ながら、そこはお話にあるような
キレイゴトだけの世界じゃない。

っちゅーのが、この4巻で、
腐人の目には見えちゃったんだよな。

あーあーあーどう書こう・・・・・・・・・・・・・・・・・。

柱がいくつかあるから、混乱するので、
「クール・ジャパン」評にならって、
まず問題点を列挙しようか。

これ、本書のキャラを使って書くと、混乱しそうだなぁ。

ってのも、この下請法の話をもってきた、
口ばっかりで
自分があがるんじゃなく、他人を引き落とすことを是とする
自意識過剰のアホダメ男を
キャラ名で書くと、血肉をもっちゃうから、腐人的には、
その腐った根性論まで派生したくなってくるのよ・・・。

なので、ちょっと記号化させてもらうね。

かなりえげつないけど。


(1)絵だけ作家が、原作をもらってマンガをかいたが、
編集が機能不全だったため、
ある程度まで仕上げたところで過酷なやり直しを迫られた。
これは下請法に反するのでは?と
世間知らずの自意識過剰男が言った。

(2)その話をきいた
出版社のセミナー(だっけ?)から情報をしいれている知人から
「マンガ家は下請法の対象外だ」ときいた

(3)この場合、絵だけ作家が、
やり直し原稿をあげられなかったらどうなるか
(やり直しでない原稿ならば、できている)


ざっくり言えば、こうかな?

まぁ、下請法が、
相打ち覚悟・・・いや、倒れるのは下請けだけだから
自爆覚悟のが正しいか、
そーゆー覚悟がないと行使できない、
実質は、絵に描いた餅のクソザル法である
って前提は置いといて。

まず、(2)からいこうか。

そこで知人が言った、
「漫画家は下請法の対象外」
ってのは、恐らく、こちらを根拠にしてるんだと思われる。

社団法人日本書籍出版協会と、
社団法人日本雑誌協会が、2004年3月に出した見解
「出版社における改正下請法の取扱いについて」
※ネットでググるとPDFがみられます。

その中にこういう一節がある。

「1.出版物の作成委託に関する法の対象となる取引について

 (1)適用範囲について
 ① 対象外となる取引
 製造委託(情報成果物の場合は作成委託)においては、
 汎用性がある規格品・標準品であって
 特定の仕様に基づいて
 親事業者から製造を委託されている
ではないもの
 製造委託に該当しないとされています。

 出版物の内容である著作物は、
 特定の出版社の出版物への掲載以外にも広く利用される等
 汎用性が高く、かつ、作成を委託する際に
 出版社が定める仕様に基づいて
 作成を委託している訳ではないものもあり、

 このような著作物は情報成果物の作成委託に該当せず、
 下請取引の対象外として取扱われます。

 ○作家(執筆者)が創作する小説、
 随筆、論文等、および美術、写真、漫画等の作品 」
※文字装飾は腐人による

ごめん。
すげー率直なところを言っていいならば、
腐人はこれを読んだ時、笑ってしまった。

あの、これで裁判で言い逃れられると思ってます?
甘いよ。

言い逃れポイントの1つめ、
汎用性が高く

汎用性が高いのは売れてる作品だけでしょ?
単行本にすらされない、雑誌にのったこっきりの作品だって
腐るほどあろうに。

それに著作物の汎用性については、
著作権法で著作者によって、高くも低くもできるでしょ?
そこを突くのは弱かろう。


そして、言い逃れポイントの2つめ、
 出版社が定める仕様に基づいて
 作成を委託している訳ではないものもあり、


ほほぅ。
確かに投稿作や、デビュー前の持ち込み原稿などは
別に定める仕様に基づいて作成を委託してねぇわなぁ。

でも、今回の「絵だけ作家」は?
原作ももらいもん、キャラクターも映像ありき。
編集者の意向(っちゅーか仕事のやり方)で、
「絵だけ作家」の意向を丸無視したやり直しを科せられる。

さぁて、ここのどこに
「定める仕様に基づいて作成を委託している訳ではない」
と言える部分があるのか、マーカーをひいてみよう


吾妻ひでおさんの『失踪日記』だったと思うが、
ご自身で、過去のある作品のことを
「あれは編集がいうままに書いたから
 編集の作品だ。自分の作品じゃない」
ってなことをおっしゃってたんだよね。

誰の何とは言いませんが、
そういう編集さんが強い場合ってあるし
「絵だけ作家」さんもいてはるわなぁ。

まぁだからこの文章で読み間違えてはいけないのが、
文末で、ちゃんと「ないものもあり」と
そっちの逃げ道も用意してある。

だからね、コレ読んで、
「漫画家はすべからく、下請法の対象外である」
っちゅー認識をしてはいかんと腐人は思うんです。

「対象の人もいれば、対象外の人もいる」
と書いてあるように読めるのは腐人だけかい?

ま、上の人らは、
この通達だしたから、これで安心や
と思ってはんのかもしれんけど、
「これは○、こっちは×なんて、
 そんなんいちいちかもてられるか!」
とゆーのが現場の本音で、
たぶん出版社の法務なんかがキリキリして
何度も通達だしてたとしても、
その区分けは、全然現場に浸透しとらん、ってのが
現状ちゃいまっか?

やから、今回の絵だけ作家みたいに、
グレーゾーンの中でも、
かなりクロにちかいとこにいてはる人
実際はいっぱいいてると思うで?

問題は、その本を作る側の人の腹の底に、
「訴えられるもんなら訴えてみぃ。
 あんたの替えなんていくらでもおんねんで」
っちゅー気持ちがあるんちゃうかということ。

その気持ち、ないと言い切れますか?



もう1発、本を出す側に爆弾投げとくと、
この法律を握ってる、
公正取引委員会のホームページの中の、
「よくある質問(下請法)」に、こんなのがある。

「Q8 放送番組に使用する
 脚本,オリジナルテーマ曲の楽譜の作成は
 情報成果物作成委託に該当する
とのことですが,
 これらについては,脚本家や作曲家が著作権を持つことから
 下請法の対象とはならないのではないですか。

 A. 脚本,オリジナルテーマ曲は,
 放送番組という情報成果物を構成する情報成果物であり,
 著作権の帰属先を問わず,
 下請法の対象となる情報成果物作成委託に該当します。

※文字装飾は腐人による

さて、ここで問題です。

「ドラマの脚本やオリジナルテーマ曲」が、
「放送番組という情報成果物を構成する情報成果物」だから
「下請法の対象となる情報成果物作成委託に該当」するならば。

「マンガ」は、
「マンガ雑誌という情報成果物を構成する情報成果物」なのに
「下請法の対象となる情報成果物作成委託に該当」しないんでしょうか?

まーこうなってくると、
じゃぁ「役者」は?「演奏家」は?
ってなってきて収拾つかなくなりそうやけど、
これ、かなりのグレーゾーンでっせ。

っちゅーことは、や。

なりふりかまわん、もう商業ではかかへん、
これからは同人でやってくから、業界がどないなってもかまわんわ!
っちゅー「無敵の漫画家」がでてきたとしたら、
下請法を武器に戦ってくる可能性はあるってことで。

そんでもって裁判の場にでたらば。

これは腐人の予測だが、恐らく個人有利だろう。

裁判官は中立とゆーが、
こーゆー系は弱者びいきの判決くだしやすい・・・と
司法不信の腐人はみてるもんで。


・・・あかん、やっぱタイムアップ・・・

とりあえず1つは結論がでた。

「漫画家は下請法の対象外」と本を出す側がゆってるから、
皆、鵜呑みにして、頭から信じてるはずやと、
たかをくくっとったら、いつか痛い目みると思うで。

今は、こうやって個人がメディアを持てる時代やし、
権利意識の強まりによって、
なにしでかすかわからん怖さは、昔より高まっている。

慣習のまま、惰性化しとらんと、
もっと考えてかんといかんのとちゃう?


続きは・・・・・・・また今度!
それがいつかは知らん!←おい
スポンサーサイト
[ 2014/09/30 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)

『重版出来! 4』を読んでもやもやしてるんですが

それは、明日(の予定)。

っても、興味がない方には読んどられへん・・・って
内容になりそうなんで
漫画家と下請法にご興味ある方はどうぞ。


そいや、昨日、服のいれかえしながら、
NHKスペシャル「老人漂流社会 "老後破産"の現実」
みるとはなく、流してたんだけど・・・・・・・はぁ・・・。

なに?
これみて、わぁ、かわいそー、と言えとでも?

悪いが、腐人は口が裂けても
「助けてあげて」
なんて言いません。

それよか、こういう人を救うためには、
自終死システムの制度を作ったほーが建設的では?
※「自終死」ってのは腐人の勝手な造語ですが
 どういうことかについては
  2014/07/29の本ブログ
 『「自終死」ってどうでしょう?
  -『人が死ぬということ…必ず起こる!弔いの「想定外」悲喜劇』
 をお読みください


大体さ、一人一人の今現在の状態(家族、金銭、環境など)ってのは、
その人がこれまでの人生の24時間365日の積み重ねの間に、
選択してきた結果でしょ?

「自業自得」って言葉を知らないの?
「アリとキリギリス」っちゅー寓話を知らないの?
両方とも、かなり昔からあるんだけど。

この番組の作り手さんに言いたいんだが、
「老人に優しい社会」と、
「老人に甘い社会」って、違うからね?
そこはき違えないでね。

ま、こんなこと言ってると、
あんたが老いたら云々と言われそうですが、
ご心配なく~。

今から「完全自終死計画」を練ってますんで

知力と体力あるうちに実行せんとなー。
そこが問題。



さて。
放置物件のお片付けが今日の精一杯だな。

(849、850)一般本 『少年舞妓・千代菊がゆく! ひと夏の冒険』『〃 両手に恋敵』 奈波はるか
(852)一般本 『少年舞妓・千代菊がゆく! その勝負、受けて立ちまひょ』 奈波はるか

●28日
(855、856)一般本 『少年舞妓・千代菊がゆく! 恋する三味線』『〃 恋する乙女と髪結師』 奈波はるか
  千代菊まとめ。

  えーっと・・・・・・
  10代がでてくると、やっぱ楡崎がおっさんにみえる。

  こんな20も歳はなれたんと話してておもろいんかな?
  と、以前は思っていたが、
  ここのところ、××も歳がはなれた姫と話をしていて
  少なからずぎゃふんと言わされてる感じからすっと、
  要は、歳やら性別やらではなく、
  人だよな、という気がする。

  そんな腐人と姫の、最近の最大の関心事は
  ヘーベルハウス提供 
  「ふるさと再生 日本の昔ばなし」だ。

  昨今の、ギャーギャー音と色がうるさいアニメなんぞより、
  ずっと、いい。
  こーゆーもんを輸出しようよ!

  っても、個人的には「まんが日本昔ばなし」のが好きなんだが。
  「3枚のおふだ」をもう一度みたい・・・。


順番前後ですが。

(853)絵本 『クレヨンからのおねがい!』 ドリュー・デイウォルト、オリヴァー・ジェファーズ、木坂涼
(854)絵本 『ぼくのおじいちゃん』 マルタ・アルテス、よしいかずみ

  実は、姫がらみで、ここに書いてる以上に
  絵本を読んでたりする。

  んだが、個人的に気に入ったもんだけを
  カウントすることにした。

  じゃなきゃ、すげー量になるんだもん・・・(-_-;)

  まず『クレヨンからのおねがい!』
  なんぞの賞の最終選考まで残ったとかゆー絵本なんですが、
  「こうきたか!」という切り口でね。
  思わず笑ってしまう。

  個人的には黄土色くんを励ましてやりたいが、
  ふと、「これって、実はとっても微妙なもんあるな」と思った。

  例えば日本人の子が人の絵をかくと、
  肌色や黒色はものすごく減るよね?
  
  でも黒人の子なら?白人の子なら?

  意外とそういう微妙なところを含んでるクレヨンですが
  うまく流してたなぁ。
   

  続いて、『ぼくのおじいちゃん』

  上で「老い」についてきついことゆってっけどさ、
  ホントはこうあれればいいんだよね。

  無理やり生かされることもなく、
  無理やり生き延びようとすることもなく、
  自分も周囲も、
  日に日に増えていく、
  できなくなることとつきあいながら終わりを迎える。

  なんでこういう流れにならなくなってんだろうなぁ。

  ものすごく素朴なお話なんだけど、
  ほんわかした気持ちになった。
  皆がこうなれたらいいのにね。


(851)一般本 『警視庁科学捜査最前線』 今井良
  えーっと。
  「最前線」となってるが、技術の世界は日進月歩。

  あっちゅー間に、新しい技術ができて
  これが「最前線」にならんくなるだろうなぁ。

  とはいえ、ほぼ現時点での最前線が書かれてる本で、
  お!あの事件か!と記憶に新しい事例が
  いくつも紹介されているので、なかなか楽しかった。

  ただ、だ。

  結局のところ、こないだの神戸の事件もそうだけど、
  技術(例えば防犯カメラの解析)だけではダメなんだよね。

  その技術を120%いかすために、「人」がいる。

  技術が出した結果と、
  「人」が経験から得た知恵や勘、執念の捜査、
  そういったものがあいまって、
  ようやく事件は解決する。

  この執念の捜査というところでは、
  本書内に鑑識のことが触れてあり、
  正直、この仕事はしたくねぇ・・・(-_-;)と思うほど大変。

  ここに載ってないけど、腐人としては忘れがたい事件としては、
  江東マンション神隠し殺人事件がある。
  ※ご興味ある方はご自身でお調べください

  八王子ホスト殺人事件は本書で紹介されてたが、
  こちらの江東マンションも警察の執念が証拠をあげた。
  っても、その前に見逃してるんだけども。
  どーでもいいが、こういうのの捜索に
  なんで犬を同行させんのだろなぁ(~_~;)??

  そういえば本書内には、
  イマドキの、都会の監視カメラ状況について書かれている。

  腐人としては、
  ニンゲン全部にチップうめこんじゃえば?
  と、前から思ってるので、別にかまわんのだが、
  ちょっと前にあった発言小町のトピを思い出した。

  お医者さんからのトピックで、
  
  診察(初診)が終わって、処置を頼んだ後、診察室に戻ると
  無断録音されていたことがわかった。
  これってアリ?
  
  ってな感じの中身だったんですが、
  腐人なんかだと、無断録音、無断撮影って
  もう今のご時世、やられてるのが前提と思った方がいいんじゃね?
  と思うんだけど、意外とそう思ってない人がいるのにびっくりした。

  ・・・でもさー
  京都などの観光地の方は勝手に撮られまくってますよね?
  皆すぐにスマホかざして、撮影したり動画とったりする現在、
  勝手に撮られてることって、ありまくりだと思うんだがなぁ。
  
  この防犯カメラだってそうでしょ?
  ただ道歩いてるだけで、勝手に撮られてる。
  Nシステムもそうだけど、断られた覚えないぞ。

  だから、今では
  それ(勝手に撮ること)をやめろ、じゃなく、
  それ(勝手に撮られること)を前提とした行動をとれ、
  に行動規範を変えたほうがええんではないのかね。

  それこそこれまで
  「お天道様がみとるで」
  「世間様に恥ずかしい真似しなさんな」
  とかゆーてたやつが、
  「監視カメラ様がみとるで」
  「監視カメラ様に恥ずかしい真似しなさんな」
  になって、マジで記録されてる話になるだけちゃうか?

  そもそも、その抑止効果を狙ってやっとるんだろうし。
  
  ただ、運用者は、結局、「人」。
  運用に暴走がないとは限らず、
  それをとめるために「法」があり、「令状主義」がある。
  運用側は、それは守らんといかんわな。

  比較的サラサラと、「へーふーほー」と読める本でした。
[ 2014/09/29 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

小説現代10月号「罪と罰」を読みました

ちょっとこれだけ、ふっふ~♪
※某昼のテレビ番組の音でどうぞ

毎度ながら、
木原音瀬さんの短編しか読まない腐人。

でもって、この週末は、
週明け一番で出さなきゃならん資料を
まとめねばならぬので、
とりあえずコレの話だけする。

小説現代でBLが展開されると思ってる人はおらんと思うが
そっち方向にはいっとりません。

ので、そっち方向を期待されてる方は
読むのをやめるのがよろしかろうて。

でも、腐人のように木原さんが書かれるものが好き
って人には、おもろいかもしれん。

が、正直言えば、もうちょっと長いの読みたーい!


ってことで、以下、ネタバレなど全く考慮せず
いかせてもらいます。

いやんな人は、回れ右して帰ってねー!
ゆったかんねー!


読後、一番に思ったのは。

「センセ・・・それ、あきまへんがな。
 持ってこられた警察も頭抱えるで」
だった。

ってのも、最近、手続きがうるさいんですよ。

腐人の覚えがあるだけでも数件、
警察が令状主義を無視して捜査し、
実際に覚せい剤がみつかった事件でも、
裁判までもってったら、
その手法が問題といって無罪になっちゃったりするんだ。

とはいえ、それが殺人、それもどうも複数くさい場合でも
裁判官が
「令状主義を無視した行為なので、無罪」
っちゅーて、野に離し、
結果、新たに誰か
(特に検査に割り込みした人あたり危ないよなぁ)が
犠牲になったら、
無罪判決くだした裁判官に罪はないんですかねぇ

っても、の令状主義が、
国家権力の暴走を食い止める為に必要なのはわかる。

でも、この世には「臨機応変」って言葉があろうに・・・
って気もするんだよな。

罪としては無罪、
でも社会的責任として薬がぬけるまで
頭がまともに戻るまで病院送り(もしくはロボトミー手術)、
ってできればいいのにねー

腐人は似非ヒューマニズムが大嫌いです。


ところで、腐人は犯罪者でないからわからんのだが、
なんで残そうとするんだろうなぁ。

犯罪心理学とかの本によれば、
回数を重ねることで、
「止めて欲しい」という思いから、証拠を残すようになる
だとか、
これだけやっても捕まらないというところから
優越感というか全能感のようなものが芽生え、
隙を作ってしまう、
などと言われる。

でも、「戦争」という理由ができれば
人殺しが出来る人は、
たぶん、ですが、
そもそも、そういう感覚が全くなくて、
魚をさばくように、人を殺せるんじゃないかなぁ。

そして、「戦争」という理由がなくなれば、
人殺しをやろうとも思わない。


逆に、「平時」にする人は、
何かしらその人なりの理由があるような気がする。

邪魔だとか、腹が立ったとか、好奇心だとか。

自己愛やら偏見まみれの「マイルール」にのっとれば、
それは当然の行為だったとか。

それこそ「周りの空気で」とか。

理解できるできないは置いといても、
なんかしらがあると思うんだよなー。

で、そういう感覚だから、客観的視点が欠落してて
「残す」ことのリスクを考えない。

なんなんだろな、この短絡性と直情感。

よくわからないソレが
最近、じわじわ増えてる気がして
なんかちょっと怖い。


それにしてもこのタイトル。

腐人はドストエフスキーもマンガも読んでないんで
単純に言葉だけをとりますが、
「罪」はわかった、では「罰」は?

彼を救ってしまったセンセの話としてみるなら、
今度は逆。

「罰」はわからんでもないんだが、
助けを求める人が罪人であった場合、
それを救うことは罪なのか?
という問いかけが生じるなぁ。

腐人は犯罪に興味がある人なので、
まぁいろいろ読むわけですが、
犯罪はどうやってもゼロにはならんと思ってる。

だから興味があるのは、
その「罪」に対する「罰」と「贖罪」。

「罰」は、イコール「贖罪」?

なんか最近、
それちゃうんちゃう?
という気がしてならん。


ちょっと話がそれましたけども、
個人的にはこの話、その後が知りたい。

最後に書誌情報。
●小説現代10月号掲載「罪と罰」 木原音瀬


でもって、タイムアップなので、カウントのみ。

●26日
(849、850)一般本 『少年舞妓・千代菊がゆく! ひと夏の冒険』『〃 両手に恋敵』 奈波はるか

●27日
(851)一般本 『警視庁科学捜査最前線』 今井良
(852)一般本 『少年舞妓・千代菊がゆく! その勝負、受けて立ちまひょ』 奈波はるか
(853)絵本 『クレヨンからのおねがい!』 ドリュー・デイウォルト、オリヴァー・ジェファーズ、木坂涼
(854)絵本 『ぼくのおじいちゃん』 マルタ・アルテス、よしいかずみ

 
[ 2014/09/28 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

本日は無理ー

パンパンです・・・。

ちょっとこすられたら、
なんかがでそうなぐらいヤバいです。

師匠からクール・ジャパンの話をきいたので、
検討したかったんだが、
んなことしてる余裕はゼロ。

よって、ざざざざざっと読書録のみ。

●25日
(846)BL/ルチル 『ウサギの国のナス』 松雪奈々
  この手のトンデモ話を読むたびに、
  作家さんの発想っちゅーか、脳みそを覗いてみたくなる。

  どーゆー頭の構造したら、
  こんな突拍子もないもんがでてくんのかねぇ。  

(847)BL/ルチル 『恋するウサギの育て方』 榛名悠
  ウサギつながりだが、
  こっちのウサギには耳もシッポもない。

  ・・・つまらん。

  おばちゃんからしたら、
  女なんか金かかって、面倒なだけやで?
  って気がするけどなぁ。

  腐人が男やったら、
  穴は欲しいが、女はいらん。←サイテーッ!

(848)一般本 『少年舞妓・千代菊がゆく! 別れのワルツ』 奈波はるか
  BLで合唱っちゅーたら、
  かわい有美子さんの清泉学院シリーズなんやけどな。

  かわいさーん!
  新刊はー!?
  堂本の兄ちゃん読みたいんですけどー!!!

  って、関係あらへんところで叫ばんように。

  どーでもええけど、無茶苦茶読みしとったら
  時系列がわけわからんくなってきた。
  
  ま、いっかー。

  そういえば、ここやったかで、
  32歳の楡崎の身長が183になっとった。
 
  そーかー。
  総帥ともなると、30超えても身長が伸びんねんね。
  それも1年で4センチ。

  すごおすなぁ。
  腐人は、横にやったら伸びられますけどな。
  

今日はこれまで!
[ 2014/09/26 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

『ヌカカの結婚』と『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』

樋口美沙緒さんの
『愛の罠にはまれ!』から派生して
虫の変わった生態紹介本を探していたら、
こんなのをみつけた。

(842)一般本 『ヌカカの結婚 虫たちの不思議な性戦略』 森川幸人
  虫たちの性行動をモデルにした13編の短編集とあったので
  読んでみたのだが、まず、その作りにおどろいた。

  これは・・・絵本といったほうがしっくりくるか?

  ページのほとんどが絵で占められ、
  淡々とした文章で、
  とても不可思議な生殖行動を紹介されている。

  タイトルになってる「ヌカカ」ってのは、蚊の一種。
  これまた変わった生殖行動をするので、
  本書内で紹介されている。

  そのどれもこれもを読んで腐人が思ったのは、
  生命体を限りなく単純化していった先に残るのは、
  「種の保存」という本能だけなんだな、ということ。

  そこには、好きだの嫌いだのゆー「個」の感情であったり、
  優秀なる「私」こそが生き残るべきだとかゆー
  「自意識」とか「自己愛」に相当するものは、カケラもない。

  「この種の遺伝子を遺す」、それだけだ。

  ってことは、だ。
  本能の根源にあるのは、「種の保存」ってことで、
  腐人のよーに、その欲求がない人ってのは、
  本能が壊れてるってことなんだろう。

  別にそれはいいんだけど、
  気になるのは、「なぜ、壊れたか」だ。

  腐人自身がそういう欲求を無くした理由ってのは、
  すげー簡単で、「考えてしまったから」だ。

  人が「種を保存」する場合、
  虫たちと違って、社会的責任を負わねばならない。

  「社会」ってもんを作っちゃったからね。

  確かに結婚をし、子供をもってこそ得られる
  「幸せ」だとか、「楽しさ」ってあるだろう。

  でも、それは同時に、それをしたからこそ発生する
  「不幸せ」だとか、「煩わしさ」がある。

  逆もまた然りで、
  結婚をせず、子供も持たなかった場合にも
  メリットとデメリットがある。

  腐人の場合、そのプラスマイナスを「考えちゃった」のだ。

  そうすると、だ。

  腐人の場合は、圧倒的に、
  「非婚・出産拒否」の道を選ぶほうが、メリットが大きかった。
  だから、そちらを選択した、それだけなんだよねぇ。

  まーこの辺は人それぞれだと思うんだが、
  虫は恐らくこういうことを考えないだろーなぁ・・・。

  ってことは、「思考する」ことが、「本能を壊す」のか。

  ってかそもそも、虫には「社会」がないから、
  どっちを選ぶ?の選択肢が成立せん。

  すると、「本能を壊す」諸悪の根源は、
  「社会」というものの存在そのものであり、
  理性で考える「思考」そのものであるわけか?

  どーなんだろうなぁ・・・
  腐人みたいな、
  自然に反する動きをする虫の存在はないんだろうか。

  虫自体に興味はないが、その生態は興味深い。
 
(843)一般本 『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』 マシュー・アムスター・バートン、関根光宏
  タイトルから、
  『英国一家、日本を食べる』の亜流か?
  と思われるかもしれないが、
  どちらも食に重きをおいた、比較文化論といえば同じだが
  視点が違う。

  『英国』は、あくまでもツーリスト視点だが、
  この『米国』は、生活者的な視点がはいる。

  また、『英国』は、
  コーディネーターによるセッティングがあり、
  第一人者に会ってインタビューし、
  それを読者に伝えるというマスメディア的な手法をとってるが、
  『米国』は、実際に暮らしてみて、
  その体験談を綴っている。

  ゆーなりゃ、ミシュランの三ツ星と、B級グルメぐらい違う。

  だからどっちがいいとか悪いとか、
  そーゆーのは言えない。

  ただ、どっちにも思うのが、
  「子供使いが巧いな・・・」。

  ってか、子供がやらかすことは、
  大人の筆の限界をはるかに凌ぐ。

  もし今後、こういった異文化紹介本を出そうと
  たくらんでおられる方がいらっしゃるなら、
  子連れでいくがよろしかろう。

  彼らの存在と行動は、
  あなたが書こうとおもってるものを
  100倍おもしろくしてくれるから。


  で、今回は、アイリスちゃん(8)が大活躍なわけですが、
  文中によくでてきたんだよ。
  東京は安全だ、
  子供を一人でおつかいにやっても
  犯罪を心配する必要はないって。

  ・・・まぁ、そりゃアメリカ基準で言われたら、そうかもだが
  折悪しく、神戸の事件が急展開迎えたときやったから
  個人的には、過信はあかんでと思う。

  それに、腐人会旅行んときに、
  最近の子供の話をきいたのだが、
  腐人たちなどは、昔、
  「知らない人についていってはいけません」
  でも、
  「困っている人をみかけたら助けてあげましょう」
  っちゅー教育をうけた。

  しかし、今はそうじゃないらしい。

  ってのも、知らない人が言うのだ。
  「犬が逃げて困っている」
  「道に迷って困っている」
  だから、
  「一緒に探してくれないか」と。

  その「知らない」「困っている人」が
  不審者なのか、無害な人かは、わからない。

  だから、全部を「助けない」にするらしい。

  ええええええ!?

  その理屈はわからんでもないけども、
  そやって危険かもしれないものすべてを遠ざけたら
  危険を察知する能力とか、
  危険をかぎわけて逃げる力とかが育たんことない??

  今回の件では、親や学校がどういう教育を
  常日頃からしてたんかはわからないが、
  もし、こういう教育をしていてああなったのであれば、
  さらに囲い込みが厳しくなるのかなぁ?

  でも、そんな真綿でくるまれて育ってしまうと、
  大人になって困りそうな気がするがなぁ・・・。

  
  ま、そんな世間一般の現在の事情はわからんが、
  一家が滞在した中野の街で、
  アイリスちゃんは、スーパー「ライフ」に、
  一人ではじめてのおつかいに行き。

  土用の丑の日には、うなぎやに蒲焼を買いに行って
  うなぎやのアイドルになり。

  近所の悪ガキ(と思われる)少年らと、
  言葉が通じないままに仲良くなり。

  ミスドのポイントを貯めて、
  ポン・デ・ライオンのてぬぐいをもらって、
  キッザニアをも満喫した。

  『英国』だと、
  これが相撲部屋だったり、
  京都の石庭になるんだよな。


  この本が日本でウケた理由の一つは、
  日本人ならば、誰でも経験しているような
  この身近な日常性が描かれているからではなかろうか。

  例えば、本書の中に、アイスクリームの描写がでてくるのだが、
  「ザクリッチ」「ブラックサンダー」「クーリッシュ」・・・。
  ジャンクアイス好きなら、うんうんとうなづいてしまう。

  あ、でもガリガリ君はなかったな。
  
  出てくる店も、スタバにミスド、
  はなまるうどんに青葉。

  中野界隈の様子を知る人にとっては、
  街のどこを歩いているかまで、目に浮かぶ。
  
  ああ、青葉のラーメン、くいてぇ・・・

  そーいや、本書内で気になったんだけど、
  なんでワケギとネギの違いをやたらと強調するんだろ・・・?
  
  腐人は関西育ちなので、
  確かにワケギは薬味ではなく、ヌタの材料だ。
  関西で、これを薬味にしようとは思わない。

  関西で薬味のネギといえば、青ネギ(葉ネギ)を刻んだもの。
  京都ならブランドネギの九条ネギとかもあるし、
  腐人の最近のお気に入りは、
  白と青のあいのこの岩津ネギ。

  岩津はいいよー。
  びっくりするほどネギ臭がないの。
  ああ、食いてぇ・・・。

  このブログでは、ネギについては結構言及しとるのだが、
  関西にいた頃は、
  白ネギは、すき焼きとかにしか使わなかったが、
  関東は白ネギ文化なので、
  薬味のネギ=白ネギなんだよね・・・。

  青ネギ育ちの腐人からすると、
  白ネギを生食するとネギ臭が気になる。
  青ネギはそんなでもないんだがなぁ・・・。

  でもって、関東のワケギは、関西のワケギと違って、
  実は、青ネギの太いやつ(正式名称はワケネギっちゅーらしい)
  だったりする。
 
  だからこれを薬味にしても別にかまわんのだが、
  厳密に、関西の「ワケギ」のことをゆーとるのだろうか・・・
  中野居住なのに・・・??

  それともアメリカにはネギがなくて、ワケギしかないから
  違うんだよ!と言いたいのか、
  なんかこの強調がよくわかんなかった(~_~;)。

  それこそ中野を居住にするなら、
  ブロードウェイのB1に、種類が豊富な八百屋があるから
  そこでネギをいろいろ買って食べ比べてみりゃいいのに。


  それにしても、こういう身近な描写だからこそ思うのが、
  いくら日本が好きという人でも、
  やはり日本人の感性と違うところがある、ということだ。

  えーっと、これ、インバウンドの話と絡んでくるんで、
  ちょっと別の機会にやります。

  ここでは簡単に、
  「なるほどー外国人は、こういうことをこう思うのか」
  って発見になります、とだけでまとめておこう。


  そういえば、意外におもしろかったのが、
  本書の参考文献となってる、
  外国語で書かれた日本文化紹介本。

  これもまた、
  「へーこうみるのかー」
  と思う。
  当たり前だが、元の基準が日本人と違うんだよね。

  それにしても、その本たちの中には
  すき焼きの東西の違いなんかまでは
  言及がなかったのかしら?

  今度こられるときは、そこまで調べて、
  アイリスちゃんに、再度、
  関西風のすき焼きにもチャレンジしていただきたいなぁ。

  ちょっとタイムアップになってきちゃったので、
  なかなか楽しい本でした、
  何が書いてあるか、もっと知りたい方は
  本書をどうぞ~
  で〆させていただきます。
[ 2014/09/25 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

望む!「俺のベジタブルandフルーツ」

先日、腐人会旅行があり、
「俺のフレンチ」に行った。

ちなみに腐人は「俺の」シリーズは3店目。

1店目も2店目もぼっちメシだったのだが、
今回は複数での来店。

料理を食べながら話をしていて、
同行者が口を揃えて言ったのは

「ここは、一人で来る店じゃない。
 あんたよく行ったねぇ・・・」。


ま、確かにな。
ここの系列は、コスパのいい
ボリュームのある料理が売りなため、
だいたい、一人1~2皿が限界なのね。

複数人でいくと、何種類もの皿を頼んで、シェアできるが、
一人で行くと、それができない。

となると、延々同じ味付けの料理を食べる羽目になるのだ。

それでも平気な方はいいが、
腐人はどっちかっちゅーと
「いろんな味付けのもんを、ちぃとづつ食べたい」派。

そりゃ、高級食材を使ってるのはわかるけど、
うん・・・しばらく、もうこの味はいいかな・・・
と言いたくなっちゃうんだよな。

それと今回もやはり、野菜不足に限界がくる。


今回は、各店にあるスペシャリテを中心に頼んだのだが、
まー見事なぐらい野菜がない。

途中でどうにもたまらず、野菜料理をオーダーしたくなったのだが、
メニューをみると、野菜がらみは3品だけ。

1つは、ピクルス。
1つは、フライドポテト。
残る1つは、サラダだが、ローストビーフがついてくる。

・・・・・・同行者から
「野菜頼んでもいいけど、
 ボリュームあるからポテトはやめて!」
と言われたので、3択が2択になったのだが、
ローストビーフはいらんとなると、消去法でピクルスに。

つい腐人がぶちぶちと、
もっと野菜メニューを充実させて欲しいわ!
とゆーと、
「そりゃ、「俺のベジタブル」やないとあかんのちゃうか?」
と言われる。

そしたら、「俺のフルーツ&スイーツ」はどや?
ってな話でひとしきり盛り上がる。

しかしながら、
このベジタブル・フルーツ・スイーツ系は、
「俺の」の形態のキモである、回転率が非常に悪いだろう、
そうなると、採算割れが確実なので、無理なのでは?
っちゅー結論になった。

実際んとこどーなんだろなー。


そういえば、「俺のやきとり」に夜遅く行った人によると、
目玉商品が軒並み売り切れてたから、遅い時間は避けた方がいいよ、
とのこと。

まぁ、今回、腐人たちはOPEN直後だったので、
スペシャリテは全部オーダーできましたが。

そういえば、こちらのスイーツ(デセールっちゅーんか)、
サイズにびっくり。

どれも350円となっていたので、
てっきりチビっコだと思ってたんですが
いやいやいやいや、デセールだって、コスパで勝負!

最後の最後までどどーん、でした。


腐人はもういいかなーという感じなんですが、
私は行きたいの!っちゅー方のために、
もし、行くならば、のお話を。


●子連れ、立ち食いは嫌な方

予約をとりましょう。
そうすると、チャージ(300円だったかな)はかかりますが、
椅子席が確保できます。

店にも時間までにいけばよく、
行列に並ぶ必要はありません。

(※今回はこの予約をとったのですが、
 その時間に店にいったら、最後尾が
 隣の、隣の、隣のビルぐらいの行列ができてました)


ただ、予約をとるのはかなり大変です。

例えば11月に行きたい場合、
前月の1日、つまり10/1が予約受付開始日になります。

その10時から電話もしくは店での予約受付をしますが、
今回、腐人は電話でチャレンジしたんですけども、
か、かからねぇ・・・(~_~;)

ちょいとフライング気味で1分前にかけたんですけど、
その時点で、通話中。

これ、よくサービスコールセンターなんかである、
通話状態で待ってたら、順番におつなぎします、とゆーのではないため
待っててはダメ。

一度切ってかけ直しをしますが、
出来たら2回線以上あるのが望ましいです。

1回線だけだと、切る→かけるを連発してると
混線しちゃうんですよ。

繋がるまで、この切る→かけるを繰り返すしかないんですが、
そのうち
「NT●です。この回線はただいま大変混雑しております」
ってなアナウンスをきく羽目になりますが、
そこで挫けちゃダメ!
これは店が与えたもうた試練なのよ!!

ってことで、
腐人は粘りに粘って、なんとか繋がりましたが、
どの店か、にこだわりがないなら、
第2候補、第3候補を同行者と
先に決めといたほうがいいかもしれません。

椅子席、そもそも少ないから。


●立ち食いでもいいよ、な方

大人だけだといいんですけど、
子連れはおススメしません。

スタンディング用なのでテーブル高いし、
ぎゅうぎゅうなので。

何時から並べばいいかは・・・すんません、わかりません。

腐人は平日に2店舗、休日に1店舗いきましたが、
平日はふらりといったら、
全然並ばずに入れちゃったんだよなー。


●オーダーにあたって

ここは、ある意味、ファストフードかもしれない。

時間制限があるため、ここまで食べて、
お腹具合をみながら次オーダーします
ってのが、できなくはないが、難しいと思っておいたほうがいい。

ってのも、店にいられる時間が限られてるのに、
もし、席について1時間たったところで
メインを追加したら、皿がでてくるまで30分かかるから、
最後はかきこむ感じになっちゃうのよ。

だから、できれば事前にメニューの盛りをネットで下調べするか
分量をフロアの人にきいて、
オーダーは早目にガンガンやったほうがいい。

ただし、料理は出来た順にくる。
前菜→サラダ→スープ→パン→魚→ソルベ→
肉→チーズ→フルーツ→デセール→コーヒー→
プチフール・・・
なんてコース料理の流れはない。

どんどんどん、どどんがどん!だ。
ま、ビストロだもんね。

そして、テーブルはすごく狭いので、
お先にどうぞ、いえいえあなたからどうぞ・・・なんてやってっと、
はい、次の皿きましたー場所あけてくださーい
ってな感じになるのだ。

腐人が途中で頼んだピクルスとかなら、
すぐでてくるし、皿小さいからいいんだけど。
ただ、これ、ちょっと酢がききすぎ・・・(T_T)

そんなもんかなぁ・・・。


「俺のフレンチ」に行ったよ、っちゅーと
よく聞かれることが
「美味しかった?」
なんだけど、
これ、答えに窮するんだよね。

不味くはないの。
単品で食べたとき、十分美味しい料理と感じるし、
満足なボリュームだ。

でも、そこに
例えば、これは何を使っているんだろう
どうやって調理したんだろう・・・と思わせるような
複雑さとか、繊細さがない。

いろんな要素が複合的にからみあって生まれる
掛け算的な味ではなく、
足し算だけの料理という感じがしたんだよなー。

2時間は2時間でも、
おしゃべりをだらだらしながら、
順にサーブされてくる、いろんな皿の味をゆったり味わう
って雰囲気じゃなく、
食べて、食べて、食べて!
飲んで、飲んで、飲んで!
って感じなんだよ。

だから、ビストロ、大衆食堂なんだって。

ちなみに飲みの方も、今回酒飲みをつれてったのだが、
グラスそれぞれ1杯と、ボトル1本ぐらいあけるのが精一杯。

このメンバー、本格的なフレンチのコースなら、
アペリティフ+赤・白1本づつ空けちゃうぐらいなんで
飲むほうも、ゆったり飲むって感じではないのかも。


ゆったり食を楽しみ、酒を味わう、ってなら、
その日のお昼に食べにいった、
江戸前寿司のとこのがそういう食事だった。

すげー長居したし、
すげーワガママ言ったし、
すげー旨かったんだ。
でも、その分、
お値段も「俺の」の倍以上で・・・ははははは(^_^;)

そう。
「俺の」系列は、本当にコスパがいい。

だから、結論として、
そういうのを楽しめる相手(理想は3人以上?)と行くのが
ベストな店だと思う。

なにはともあれ、どうもごちそうさまでした。

「俺のベジタブル」か、「俺のフルーツ」ができたら
また寄らせてもらいます。
    ↑
   懲りてない・・・
[ 2014/09/24 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

ハイキューアニメ終わってもた!他、高校スポーツもろもろ

ものすごく原作を大事に作ってくれていた
『ハイキュー!!』のアニメ。

腐人は『ハイキュー!!』のネームが好きなので
そこを大きくいじられてなかったのが
原作ファンとしては、嬉しかったですね。

まぁ原作のアドバンテージがないから
ここで終わりはしょうがないのかもだが、
出来が良かったので惜しい・・・(/_;)

またやってくんないかなぁ。

続く『七つの大罪』はアニメ向きだし、
グッズも広げやすいだろうから、ウケるだろう。
冬コミメインはこいつか?

ただ、腐人向きじゃなく、
イマイチ萌え要素がなぁ・・・(-_-;)。

ま、それはどうでもいい。

今日は、アニメが終わっちまった
『ハイキュー!!』に絡み、
ちょっと高校のスポーツについて
だらだら書いてみよう。

雑誌嫌いな腐人にしては珍しいことに、
今、毎月楽しみにしている記事がある。

前にここにちょこっと書いたことがあるけど、
『VISA』の会報誌(会員じゃなくても購入できる)に、
「鳥越規央の数字でスポーツ観戦」
っちゅー記事がある。

早く単行本にならんかなーと心待ちにしとるのだが
(たまに読み損ねたりするもんで)
こないだ夏の甲子園前に、
高校野球をとりあげてたのね。

記事タイトルにあるように、
過去の高校野球のデータから
一番よく優勝した都道府県はどこかとか、
逆転劇がおこる確率だとかが紹介されてたんだ。

で、この逆転劇がおこる確率を
プロを比較してたんだけど
高校野球の場合、9回に近づくと、この確率があがるが
プロは1回から9回までそんなに数字に差がでない。

なんでかっちゅーと、プロの場合は、
先発、中継ぎ、抑えと、それこそ一級品が揃うが、
高校野球の場合、
1校にこの3枚が高品質で揃うことはまずない。

そりゃそうだ。
プロはたったの12球団だが、
高校は全国にいくつあるか。
玉0の石しかないチームだって、
腐るほどあるだろう。

ってなことを考えるとだ。

いっそのこと、高校スポーツは
都道府県選抜メンバーで1チーム作って、
IHだの、国体だのやったほーがええんでねぇのか?
なんちゅー気がしてくる。

今年の春高の星城のよーな
キセキの世代が集結することは珍しいから、
それをあえて県単位でやっちまえっちゅー。

それで、都道府県別勝率データとるほうが
正解な気がするが、
それ以上にそのんが観戦が楽しそうなんで、
腐人のために、やってくんねかなぁ。←しねぇよ!


ただ、腐人は、高校時代に挫折を経験しとけー
そんでもって、その後悔を糧に、
逆境から立ち上がる力を身につけろ、
と思ってるので、
「人間教育」という意味においては、
対学校でやったほーがええんでしょうが。

腐人が『ハイキュー!!』で好きとこは
いわゆる強いチームが(もしくは「に」)
どう勝つかばかりじゃなく、
ただなんとなくおもしろそーとかで始めて、
自分の能力はプロになれるようなもんじゃないと知りつつ、
でも、バレーが好きだし、負けたら悔しい!
っちゅー、スポーツをするほとんどの人が感じる気持ちを
すげー大事に書いてくれてるとこなんだよなぁ。

っても、腐人はスポーツ一切せぇへんけどな。

で、そーゆー中から、
プロになって世界で活躍する子らがでてくるってのは
同じスポーツをやるもんとしては、
嬉しいことなんやろう。

ただ、そゆこと考えると、やっぱテニスがなー・・・
高校部活と世界が
あまりにもかけ離れとる気がするんだよなぁ・・・。

まぁ、それ以外の競技でも、
実際んとこ、個人技の領域は
学校活動ではなく、
個人が自主的に動いて世界で活躍しとるだけで
個人負担におんぶに抱っこなんだろうけど。

そーゆーことつらつら考えとると、
『ラストイニング』にあった
「高校野球とは、教育か?それとも勝負事か?」
って命題は、別に野球に限ったことではなく、
すべてのスポーツにいえるよーな気がすんのよね。


「部活スポーツは、教育か?それともプロ養成か?」

とね。

最短ルートでいくことが必ずしもいいこととは限らないが
スポーツ選手の花の盛りは限られている。

イチローは、例外中の例外だろう。
それに、最短ルートで目指してて故障し、
違う道を選ばなきゃならなくなることもあるだろし。

そんときに、学校の勉強をしてきてへんかったら
そこからの道が大変よなぁ・・・。

ま、こゆことをつらつら考えてると、
結局のところは、
「自分は何がしたいか」
なんやろなーっちゅー気がする。

都大路を走りたい
目指せ!甲子園
オレンジコートにいくぞ

そーゆー気持ちがあんねやったら、
それはもう高校の部活でしかでけへんことやし。

腐人なんぞ、外野から
おらー、もっとええ仕事せんかい!
っちゅー野次とばして、
ゴロ寝しながらテレビみとるだけやから、
少年らがやりたいことやったらええと思うが、
身近にいてる大人さんらは、
ホンマにその子がやりたい方向にいけるよう
目先にまどわされず、
広い視野で、適切な助言と援助を
したって欲しいなと思う。

あーなんかテンション落ちてもたから、
はよスケートシーズン始まらんかなぁ・・・。

ん?
そいや、その前に、29日から朝ドラの「マッサン」がスタートや!
「あまちゃん」の後、ちょっと路線が趣味にあわず
しばらく離れとったが、あれは観んと!

お、起きられるかな・・・(^_^;)
[ 2014/09/23 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

姫の決意

金曜の夜、22時近くのこと。

腐人が巣に戻ると、
1階のエントランスのところで姫パパと遭遇した。

最近、よーやく姫がいなくても
パパを見分けられるようになったのだ!
(基本、腐人はチビの顔は覚えるが
 親の顔は覚えない・・・)

あら、こんばんはー
と、いつもの調子で腐人が挨拶すると
パパがこわばった顔をして言った。

「さっき入ったメールによると、
 姫がまだ御宅にお邪魔しているようなんですが」

へ?
また「かえらないのー!」をやっとるんか?
と腐人は思ったんで、
「まぁ、姫はよそで寝るのはまだ抵抗あるみたいだし
 パパが帰ってきたときいたら
 すっとんでくるんじゃないですか?
 ははははは」
とお気楽な返事をしたのだが、
パパはもやもやしてる模様。

エレベータが到着するなり、
「状況を確認してきます!
 失礼します!」
と、ダッシュで家にむかっていった。

ほへーと思いながら、腐人は腐人で
「たらいまー」
とやったら、
「しーっ!!!」と返ってきた。

玄関には姫様のお履物があり、
なるほど、パパの情報どおり、うちで寝ちまったらしい。

それにしても、
もしこういうお泊まりなんてイベントをする場合、
パパに事前許諾なくやるとは思えんのだが・・・??
と、事情をきいてみると、こうだった。

ちょいと前のある日、姫が、突然、
「ここでお泊まりがしたい!」
とゆーたらしいのだ。

しかし、その日は平日。

周囲の大人たちに
「明日も朝から幼稚園があるでしょ?
 お泊まりは次の日がお休みの日にしようね」
と説得され、しぶしぶ了承。

大人たちはそんなことがあったのを
ケロリンパと忘れてたらしいのだが、
金曜の夕方になって、姫様がおもむろに宣言をなさった。

「明日はお休み。
 だから、今日はここにお泊まりするの!」

大人たちにしてみれば、前のいきさつがあるから、
そこでダメとはいえず
(教育上、一度口にした子供との約束は守らないとならん)、
ま、途中でギャン泣きしたとしても、
同じ集合住宅内だから、おぶってきゃいいやね、
ってことになったらしい。

いったい、どんな様子なのか寝室を覗くと、
芸術的な寝相技をご披露してくださっていた・・・。

そういや前に王子が、腐人家に泊まったとき、
「ベッドで寝る?それともお布団で寝る?」
ときいたら、
「ベッドは落ちるから、お布団がいい!」
っちゅーてたなぁ。

でもそれ、ベッドが悪いんじゃないと思うな。


それにしても大人たちにとっては、
なんで急に姫がこんな行動をとったのかが、
全くわからんかったのだが、それは翌朝判明した。


いつものよーに深夜読書にふけり、
朝寝を堪能していた腐人のもとに、
姫がダイブしてきたのは、翌朝の7時半頃か。

頼むよー寝かせてくれよー・・・(T_T)
ってな腐人の苦情は、するっと無視され、
ちょっとききなさい!と命じられる。

「はいはい、なんですか、姫様。」

「あのね!
 姉姫様(※)は5歳の時に、
 姫の家に一人でお泊まりしたの!

 (※姉姫様:
  近所の姫の1個上の子なのだが、
  お互いベビー時代からのつきあい。
  今はいいライバルであるが、
  二人揃うと結託してグレムリンになる・・・

 それでね!
 王子もね、5歳のときに
 一人で腐人家にお泊まりしたの!

 だからね!
 姫も5歳だから、お泊まりしたの!」


「な、なるほど・・・
 そういう事情っちゅーか、
 姫とっては、5歳になったときから、
 そのような決意を胸に秘めておられ、
 昨夜、その乗り越えねばならぬ試練を
 やっとクリアなされたんですな。
 ご立派、ご立派・・・ってことで、
もっかい寝てもよろしゅうおすか?」

「だめーっ!!!」

と、結局、朝も早よから、文字通り叩き起こされ、
リビングでゾンビ状態になってたら、
姫ママからメールがくる。

「パパが今から出勤なんですが、
 昨夜、姫に会えなくて(※といっても、いつも寝顔らしいんだが)
 すごくさみしかったらしく、寄らせてもらいたいそうなんですが、
 今からいってもいいですか?」

姫はケロリとしていたが、
パパママは、突然のことで、心配だわ、寂しいわな夜だったらしい。


こーゆー姫や王子との話を周囲の人にすると、
「それ、本当の話?それもこの都会で??」
と、よくきかれるのだが、
都会でおきてる本当の話。

ま、登場人物が変わってるんだろな。



さて、全く別の話なんだが、
ちょっと読みかけ放棄した本のことを自分用アーカイブで。

『ハンナ・アーレント-「戦争の世紀」を生きた政治哲学者』

2012年だかに、映画になったらしいんだが、
腐人がこの本を手に取ったきっかけは、それではない。
映画みないからなー。

なんだったか、いまいち思い出せないんだが、
それこそドイツで迫害にあったユダヤ人ながら、
ナチのアイヒマンの裁判で、擁護するような発言があったとか
なんとかゆー記事を読み、興味を抱いたような気がする。

で、手にとってみたのだが
・・・忘れていました。
腐人、哲学ってのが大嫌いなんだった・・・(-_-;)

や、だって、
「で?」と言いたくなるようなことを
こねこねぐちゃぐちゃこねくりまわし、
「・・・で・・・(~_~;)?」と言いたくなるような結論を出すって、
腐人には、時間と労力の無駄にしか思えないんだもん!

ってことに、第1章を読み終えたあたりで気づき、
こりゃ、無理だわ、ってことで、
興味ありそうなとこだけ拾い読みすることにした。

ハンナ・アーレントさんの著書で有名なのは、
『全体主義の起原』というのと、
『人間の条件』
それから『イェルサレムのアイヒマン―悪の陳腐さについての報告』

腐人としては、ディストピアがらみで、
『全体主義の起原』
『イェルサレムのアイヒマン―悪の陳腐さについての報告』
気になったのだが、
原本を読んだわけではないので、ここでの言及は控えよう。

ただ、『イェルサレムのアイヒマン』を書いた後、
アーレントさんは、ユダヤ人の友人たちから絶縁される。

ユダヤ人なのに!ってことらしいんだが、
ある意味、腐人もそういう帰属体意識に欠けるところがあるので
正直言えば、ものすごく客観的視点から
アイヒマンについて語ったアーレントさんの言い分のがわかる。

人は、自分が「いつ」「誰」で、「どういう状態」で生まれるかを
選ぶことができないのに、
そーゆーこと言われてもなぁ・・・と腐人は思うんだがな。

そんでもって、「死」についての考えが、どーにもわかりえない。
それは、こないだ読んだ
『夫夫円満』の最後に紹介されてた詩でも思った。

なんで、
「『死』こそ、個人が持つ、最大の切り札である」
と思わないのかなぁ・・・
「死んだ私の尊厳」は、誰も侵害できないのになぁ・・・。
・・うーん・・・わからん・・・(~_~;)。

とりあえずこの本は
これ以上手元に置いてても読まないと思うので
とっとと返却することにしよう。

もっと読みたいと思う人の手に早く渡ったほうが、
本も幸せだもんね。
[ 2014/09/22 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

『愛の罠にはまれ!』にはまりました

待ってたよ~(>0<)!!
のムシシリーズ新刊ざんす。

まず、カウントから。

(825)BL/花丸 『愛の罠にはまれ!』 樋口美沙緒

あ、ネタバレとか全く考慮せずに書き散らすんで、
ヤな人は回れ右して帰ってねー

ゆったかんねー!


ところで、腐人が花丸文庫で
新刊を心待ちにしてるシリーズが3つあるのだが、
その1つはこのムシシリーズで、
ついでなので、残りの2つを紹介しよう。

1つは言わずもがなの『黒羽と鵙目』

・・・花郎藤子さーん、新刊はいつ出しはるんでしょう?
ここに待ってる読者がおるんで、よろしゅうたのんますー!


んでもう1つは、1冊こっきりしか出てへんから
シリーズゆーたらあかんのやろけど、
腐人的には続編をまっとるんで、
勝手にシリーズといわせてもらう!の
小林典雅さんの『美男の達人』

美男塾シリーズと勝手に名づけているのだが、
なんでこの続編が出ぇへんのやろ・・・。

ちなみにこれ、そっち関係の
(どっち関係かはご想像におまかせします)
仕事についてる友人に、参考図書として読ませたところ、

「これでちったぁ、女心を勉強せぇ!と
 男どもに読ませたいっ!!!」

 
と力説しちょったんよねぇ。

曰く。
男どもがよかれと思ってやってることの多くが
まとはずれ!

なんで・・・
と言いたくなることばっかりすんのよ!

あんたがええと思ってやるんじゃなくて!
こっちがどう思うかを考えてやれ!

なんですと。

本書はBLですが、
モテたい、そのためには
自分を変える努力を惜しまない!っちゅー男性は
ぜひご一読を。


さ、そーろそろ、本題いってもよかんべさ。

ほな、いきまひょかー。

今度は何?
ハイ×ハイか、ロー×ローか、
それともまさかのロー×ハイ?

と思って読み出したらば。

おやおや、兜の兄さんやないの。
それにお相手は、あのあっちゃん?

うーん?これででけんの??と思って読み出したんですが。

あ、あの・・・腐人の中では、兜とマヤマヤは、
ハイクラスでもまとも(っぽい)、
って枠に入っとったんやけど、訂正してええでっか?

兜・・・あんた、これまでの歴代ムシシリーズの攻に
負けず劣らずのクソカスやで!!

ハイクラスの攻にはロクデナシしかおらんのか!?

(注)腐人はマヤマヤは誘い受とみております。
   ぜひ、てんちゃんあたりとロー×ハイやって!

あっちゃんにビンタくらってたけど、
兜・・・あんた、あれはゆーたあかんやろ・・・
万死に値する一言やで。

ってか、腐人的には、即射殺

と、一番言いたかったところを吐き出したんで、
ちょいと頭を冷やしましょう。


なんとなく、このお話は、人によってどう読むかが
分かれそうな感じがするなぁ。

ってのも、いろいろ柱があるんだよ。


腐人が↑で書いた、クソカブト評ってのは、
二人のラブに視点を置いた場合の評。

でも、お相手があっちゃんだから、
これまでのお話の流れをうけて、
贖罪や愛する者の喪失というところでも読める。

郁ちゃんがでてきたとこなんか、腐人は号泣したもんね。
外出先で読んでなくてよかった・・・。

あ、郁ちゃんがでてきたから、忘れんうちに言わせてもらうが、
なんで!なんでチビっ子郁ちゃんと、チビっ子あっちゃんが
お部屋できゃっきゃ、いちゃいちゃやっとる挿絵がないねん!!

あかんやん!
せっかく街子マドカさんの挿絵やのにーっ!!!

挿絵指定が間違っとーる!!!

いかん、話がずれた。
元に戻そう。


今回、ものすごく大きかったんが
「お母さん」っちゅーキーワードやと思うんよね。

そこから派生して、家族とは、家庭とはってなところも
すごーく読み取れてくるんだよな。

最後のほーで兜が語る、あっちゃんと作りたい家庭像。

わかるーわかるわー、兜。
腐人もお家大好きっ子なんで、
すっげぇわかる!

腐人は非婚主義者なんですが、
昔、既婚の友人から言われたことがある。

「結婚する、母親になる、といっても、
 別に自分の親のようにやらんでええんやで」と。

自覚はなかったんですが、
どっかでそう思ってるのをたぶん見抜かれたんでしょうねぇ。

別に腐人の母親が完璧だとか言うつもりはないんですが、
その許されてる、守られてると思える、心地いい空間は
間違いなく母親が作り出したもの。

他人である姫や姫ママまでもが、腐人家にきて
「ここ居心地いー、くつろぐー」
というような場所だ。

それは、なによりも親であることを最優先し、
家族が安心してくつろげる場所をつくること、
家族の健康を守ることを一番に考えて努力した結果なわけで。

腐人はその努力する姿を目の当たりにしてきたから、
ああ、自分にはそれは無理だなと思って、
無意識に家庭をもつことを避けたのかもしれない。

っても、そう指摘されて気づいても、
自分を変えよう、そっち方向に努力しようと思わなかったから
腐人は、ただの単なるワガママ自己中女
なんだろうと思うけどね(^_^;)。

こういうお母さん像を書けるってことは、
樋口さんのお母様も、とってもいい「お母さん」なんだろなー。


さて、と、そろそろお話の中核に触れてもよかろう。

今回の影の主役、ボルバキア。

腐人は全く知らんかったんで、
思わず調べてしまいました。

本書内では、性感染設定になってましたが、
自然界では、卵巣に感染し、
成熟卵を通じて、母子間継承する模様。

っつか、このムシシリーズ世界でも、
性感染以外のルートがありそうな気がするなぁ。

で、宿主に対していろいろしかけるわけですが、
個人的には、単為生殖に萌え。

ねーねーマヤマヤ、
ちょっと産んでみねぇ?

って、ぶっ刺されそうな発言をしてまいましたが、
今回大活躍のマヤマヤの啖呵は、気持ちよかったねぇ!
腐人も言ってみてぇ!
     ↑
    似たようなことはゆーとるだろが・・・


それにしても、このボルバキアで、ふと思ったんですが
このムシシリーズ、
もしかしていつかはゴッキーも登場するんでしょうか?

考えてみたらあれもムシ。
立派な節足動物だ。

でもって、そうなると
絵が『テラフォーマーズ』のようだったとしても
おかしくは・・・・ないかもしれんが、やだーっ!!!

街子さんのあの色気と可愛らしさが同居した絵だからこそ!
ムシでも許せるのよー!!!

話を戻そう。

個人的には、このボルバキア。
このシリーズの中でどうなってくのかが、
すごく興味があります。

ってのもさ、
現時点で思いつくだけでもいろいろあるわけ。

まず、一人でいいの?

まぁ、帝王切開になるってことは、限界があるわけだが
利己的遺伝因子ってことは、その欲望は無限大・・・。

できるなら何人でも産ませたいところだろう。

ウィルス感染者は、恐らく死ぬまでキャリアなんだろうから
定期健診で再発!二人目頑張らないと!
ってなのがあったらおもろいよなぁ。


あとさー、これ誰でもいいの?ってとこをいじりたいよね。
変異ボルバキアとかゆって、
母体、いや男体??の心もOKを出した人じゃないと受精せんとか。

心のOKってのは、
バイオリズムのなんちゃらとかで出ると思うんだよねー。

あっちゃんもこの図に近いけど、
身体は汚れているけれど・・・心は誰にも渡してないわ!
ってなのも、よろしかろうて。


そいや今回は、テーマがテーマだったせいもあって、
どーにも、寿たらこさんの『SEX PISTOLS』
大将とシマが超カブる。

まぁ、そもそもの世界観が似とるんでしゃーないんやけど、
せやったらいっそのこと、
『ムシシリーズ ファンブック 妊娠・同性婚マニュアル』
やってもーたらどうやろか?

監修:七雲澄也 、でさ(^_^メ)

ついでに言えば、昆虫図鑑ならぬ、ハイクラス図鑑とか。
その際には、ぜひ街子さんのイラストばりばりで、
写真集なみの出来栄えを希望!

もっちろん、ビフォーアフターで
チビ図をいれるのよ!!


新作で読みたいんは、マヤマヤかしら。

といっても、このシリーズは、
裏テーマ的なところに「短命」がある。

マヤマヤを主役にもってくると、
ちょっとそこがずれてくるけど、
まぁ、これもお相手次第。


読みたいような読みたくないようなのは、
ゴッキー起源の主。
うーん・・・
その人は、わけもなく嫌われてしまうんだろうか?

腐人的には、チューのが許せんのだが。


せっかくやから、
おもろい生態の虫を起源にしたもんも
読んでみたいなぁ。

ただ、それをおねだりするには
己の知識がなさすぎる・・・(-_-;)。
ちょっと勉強しよう。


そーいやさ、このラスト読んで、ふと疑問に思ったんだけど、
この後は、あっちゃんどこで過ごすの?

兜実家か、兜マンション?
いやいや、パパラッチがいそうな環境は
身体によろしくなかろうて。

蜂須賀実家?
いやいや、お父さんとの軋轢はまだ解消してねぇから
こちらも身体によろしくなかろうて。

じゃぁ、郁んとこ?
いやいや、こちらも陶也との関係が
(以下同文)

やっぱり、マヤマヤん家よねぇ~
と腐人は思うんだけど、
この、あっちゃんが欲しいの花いちもんめ
勝者は誰になるのやら。

ぜひそのSSが読みたいっす!
来月の、J庭ででも!!


なにはともあれ、このムシシリーズは
いくらでも新作が読みたいシリーズなんで
次作、いい子で待ってまーす(*^。^*)♪
[ 2014/09/19 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

スッタカタッタと読書録

昨日、『マギ 22』読んでたら、
なんだかディストピアをかぶってきちゃってさー。

ってことで、その辺も含め、つらつらダラダラ読書録。
でも、あんまし時間がないんで
スッタカタッタッターとまいります。

●17日
(820)マンガ 『マギ 22』 大高忍
  あかんわー
  人が多すぎて、見分けがつかん・・・。

  あんさん、どなたはんどしたかいのぅ・・・
  の世界やわ。

  ま、それはともかく、
  練紅炎やっけか、
  せーかいはーひーとつー思想の兄ちゃんは。

  ゆーてもええ?
  
  それができると思ってるとは、
  おぬし、まだまだ甘いのぅ・・・。

  ニンゲンのろくでもなさからゆーてな、
  一つは無理。
  それができれば学校のセンセも、親も、上司も
  子育てや人材育成で苦労しとらんわ。

  不満を封じ込めるとか、
  よそに気をそらせるとかの恐怖政治もな
  結局、1000年は続かんわけ。
  歴史みたらわかるやん。

  せやからそんなんするんは、ムダムダムダーッ!

  でも、かといって、アリババの理想論も、
  ごめーん、おばちゃんには青すぎてまぶしいわ。

  そーゆー意味でゆーたら、
  見えない檻で囲ってる腹黒シンドバッドのやり方が
  マシっちゅーか現実的?

  ただ、個人的には、以上のどれもパス。

  国?
  別になくてもええやん。
  国破れても、人はあり、だと思うけど?

  自分とあわない人を消していったら
  一人もおらんくなる?
  それの何が悪いの?
  ニンゲンなんかとっとと駆除されるべき害獣やろ?

  とか思う腐人は、
  ニンゲンをある程度維持してかんといかんねやったら
  徹底的な個の世界を目指すけどな。

  地縁をぶったぎり、血縁を喪失させ、
  ニンゲンを、「群れない『個』の動物」にしたてあげる。
  
  猛獣のような鋭い牙や爪をもたず、
  蛇や蜘蛛のような猛毒をもつわけでもないニンゲンは
  群れさせさえしなけりゃ、単体としては弱っちぃもんだ。

  まーだからC国は、徹底的に宗教排除しとるんだが。

  そういう思想的なところを排除したいなら、
  赤子の頃に、声帯きりとっちゃえば?
  そして、教育、つまり文字・言語を与えない。

  そーすりゃ統一的な思想ができないから
  群れなくなるよ

  わー腐人ちゃん、人非人なことゆーてるー。
  でもこれ、バベルの塔なんだけどね。

  ってことは、カミサマって人非人?
  ん?そもそも人じゃねぇか。
  
  ま、それはどうでもいいや。
  腐人としては、これが答えだと思うがなぁ。
  
  アラジンはともかく、
  紅炎とシンドバッドと腐人の3人で
  この手の話をしたら、まちがいなく暗黒話になるねぇ。

  そういえば、昨日書いた
  ジョージ・オーウェルの『動物農場』 って
  開高健さんが翻訳してはったんやけど、
  後半は、オーウェルの評論とエッセイやったんよね。

  腐人は開高健さんは好きなので、
  その後半の評論を読んでみた。

  すると、オーウェルは欧米ではすごく高い評価をうけてるが
  日本ではあまり評価が高くない点を、
  政治的土壌の差ではないかとゆーてはるの。

  確かに、日本と欧米では政治的複雑さは雲泥の差があり
  実際に、独裁政治を経験した中欧の方々などが
  オーウェルのディストピア小説に深く共感するところがあった
  ってくだりは、
  まーぬるま湯育ちの日本では、
  共感を得るのは難しいのはわかる。

  で、その流れで、政治をテーマにした小説が
  なかなか成功作とならないのはなぜかと考察されてんですけど
  考えてみると、マンガでは結構あるような気がする。

  例えば、この『マギ』だって、
  そりゃとっかかりのフックは、ダンジョン攻略だったけど、
  今では、王とは、国とは、
  どうあるべきかってな話になってってる。

  まぁ、オチがつかなきゃ、成功か失敗かは語れないが、
  『デモクラティア』だって、
  あれも一種の政治がテーマのマンガだろう。

  もっと直接的に『加治隆介の議』だの、
  『サンクチュアリ』だの
  『総理の椅子』、『クニミツの政』・・・
  これらは腐人は1作も読んでないが、
  それでもあるのは知っている。

  まぁ、開高さんがマンガを語ることはなかったけれど、
  ご存命ならこれをどうみたのかなぁ。
  
(821)マンガ 『少年ノート 8』 鎌谷悠希
  あら、終わっちゃったかー。

  音をマンガで表現するって難しいなと思うけど、
  この巻末にあったポポちゃんの話。
  あれはちょっと興味深かった。

  ってのも、ポポちゃんが持ってるという共感覚、
  腐人は、前からソレに興味がありましてな。
  
  ご存知ない方のためにざっくりいうと、
  普通の人は、五感のどれかを感じたとき、
  その1つしか感じないもんなんだけど、
  (例えば、味覚は味覚だけ、視覚は視覚だけってこと)
  この共感覚を持ってる人ってのは、
  脳の回路がちょっと変わっていて
  複数の感覚が起動するんだよね。

  例えば、「見」たら、「味」を感じたり、
  「味」見をしたら、「形」が浮かんできたりする。

  なんでかっちゅーと、脳の気質的な問題といわれてるが
  そのせいで、往々にして、すごく記憶力がよかったり、
  感覚が鋭敏だったりする。

  その辺をもっと知りたくて、
  共感覚に関する脳関係の本を昔読んで、
  途中で挫折し、続きをいつか!と思ったまま
  10年以上が経過しちゃったな・・・。

  うーん・・・あの本、タイトルなんだったっけ??

  ま、それはどうでもいい。

  とりあえず魂の兄弟といえるよーな
  ゆたに会えたのは、恐らく二人ともにとってよかった話。
  
  じゃなきゃ、二人ともつぶれてたんじゃない?

(822)マンガ 『ライアー×ライアー 6』 金田一蓮十郎
  なんかもう・・・
  モテ期とかゆーとる場合ちゃうやろ!
  ってな気がするんは、腐人だけかね。

  よーまぁ、こんな面倒い事態を長々ひっぱるわ。
  腐人ならやっとれん。

  たださ。
  まーこれは大学生には酷かもしれんけど、
  そこで寝技にもっていこうと思ってんなら、烏丸くんよ、
  もっとええホテルとらんかーい!!!

  雰囲気ってのも、すげー加点なんだよ!
  それに流されちゃう乙女心ってのがあるんだよ!!
  こんな壁が薄そうなビジホはあかんでしょ・・・
  
  と思ってしもた。

  っても、あんま若いうちから
  贅沢覚えんほーがええねんけどね。
  
(823)マンガ 『ダイヤのA 43』 寺嶋裕二
  えー内表紙、えんぴつやないやんけー
  腐人、あれ好っきゃのにー!
  ぶーぶーぶー

  今巻は、ノリの巻ですなぁ。
  
  気持ちはわからんでもないねんけどさ、
  厳しいこと言わせてもろたら、
  自分が持ってないことわかってんねやったら、
  それこそ余計に、
  自分の身の丈をしっかり知っとかんといかんわ。

  この試合で、ノリに一番求められてることはなんや?
  打者として点をとることか?
  ちゃうやろ。
  
  あんたにしかできひん、
  ピッチャーとして、点をとらせんことちゃうん?

  大谷くんとか、ベーブ・ルースみたいな例外もおるけど、
  ありゃ特別。
  人ができることには限りがあるねん。

  あんまり好きやないっちゅー個人的な感情はさておき、
  佐々木常夫さんという方をしってるか?

  3人のお子さんの一人が自閉症で、
  奥さんが肝臓病を患ったあと鬱を発症して入退院と
  自殺未遂を繰り返すようなご家庭やってん。

  そんな中で、仕事もバリバリやって、
  社長にまでならはってんけどね、
  ご家庭がそういう状況だったから、
  当たり前だが家のことをせんならん。
  でも、一家の稼ぎ手として、仕事もやらんならん。

  ほんでどうしたかっちゅーと、
  仕事に優先順位を明確につけ、
  やったほうがええけど、やらんでもなんとかなる仕事を
  バッサリ切り捨てたの。

  自分でなければならない仕事、そこに重きをおいて、
  9時5時で仕事を切り上げた。

  今回のノリに必要やったんは、
  この潔さと強さやったんちゃうんかなぁ。

  なんか・・・
  チームのために、を取り違えてもたような気がする。

  でもま、ノリよ、君はまだ若い。
  経験は人を強くするからさ。
  その悔しさの糧に成長しなはれ、な。
  
  っつか、その成長の結果をみせてくれるんが、
  次にマウンドをまかされた沢村かねぇ。
  ふっふふっふふ~♪

  嗚呼!どっちも勝たせたい!!


  どーでもええねんけど、
  なんで鳴ちゃんは、一也よばわりなんだろう・・・
  他の大勢は御幸やのに・・・。

(824)BL/ガッシュ 『壁の中の嘘と秘密』 高遠琉加
  ああ、こちらも高校生・・・
  やめよう、比較するのは!!

  展開は恐らくそーやろなーって感じやねんけど
  萌えポイントが山積みで!

  山奥の全寮制!
  夜の天体観測!
  ひと気のない夏休み!

  なんかこのシチュだけで、丼3杯もってきてー!!
  って感じだわ。
[ 2014/09/18 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

挫折・・・ディストピア

頑張ってみたんだよ、一応。

ジョージ・オーウェルの『1984年』
同じく、『動物農場』
それから、
オルダス・ハクスリーの『すばらしい新世界』

どれも名著と呼ばれる作品だが、
腐人には徹底的にあわなかった・・・(-_-;)

腐人は読書が好きな、活字中毒患者だが、
クスリ・・・じゃない、本なら
なんでもええんかっちゅーとそんなことないのよ!

むしろ、自分に合わないものへの拒絶は、
本を読まない人よりひどいかもしれない・・・。

ジャンキーにも好みがあるように!
活字中毒にも好みがあるのよ!!!

ってことで。
『1984年』
『すばらしい新世界』は、半分まで、
『動物農場』は15ページぐらいまで、
頑張ってみた!

が・・・もう白旗あげていいですか・・・(T_T)/□

ジョージ・オーウェルの2作は、彼自身が大戦を経験し、
ファシズムの台頭を目の当たりにして、
全体主義はいけない!って気持ちが根底にあるのはわかる。

わかるんだけど・・・・・・・・・

なんといえばいいんだろ、
全体主義は絶対悪で、民主主義は絶対善なわけ(~_~)?

腐人はそう言いたいとこがあるんだよ。

腐人自身は、どんなええと思われたシステムでも、
あかんところがないもんはない、
と思ってんの。

だから全体主義にもええとこも悪いとこもあって、
民主主義にもええとこと悪いとこがある。

せやから、システムとは、常にええとこを活かし、悪いとこを直していく
流動性と、可逆性のあるもんにせんといかんと思うねんけど。

まぁ、オーウェルの時代は、
この民主主義がいずれ衆愚政治になりはてることまで
見通せなかったのかもしれない。

でも、もう衆愚政治となりつつある今からすると、
全体主義がいいとは思わないけど
やっぱこのオーウェルのスタンスに疑問がでちゃうんだよなー。


そんでもって、オーウェルの2作品よりは、
その世界観に入りやすかったハクスリー。

でも。
なんか違う。

最終的にこれもオチを放棄したので
中途半端な理解のまま語ってはいかんだろうって気がするが
もうこの先を読む気になれないの・・・orz


彼らの作品を読んでて、ホント痛感したのが、
ニンゲン愛の差異。

だって・・・・・・彼らは、ニンゲンを愛してるのよ!

ニンゲンなんぞクソカス、一匹残らずとっとと駆除されちまえ!
と思ってる腐人とは、ここにすげー大きな断然があるの!

腐人のスタンスで考えるとね、

ディストピアを語るのに、
ニンゲンに人間性なんて認めたあかんて!
A子だろうが、B子だろうが、命の数は同じ1!
その1がA子かB子か、
優良物件か、ポンコツかはどーでもええねんて!
スヴァールバル世界種子貯蔵庫にある種と一緒。
種の維持に必要なだけ残っとったらヨシなんよ!

・・・となるの。

なので。
人間性を「よし」とする人が描くディストピアは、
腐人にとっては、全くディストピアではない。

だから、ディストピア小説と言われるものを読めば読むほど
違和感がでちゃうんだ。

ってのがわかったから、もう読むのやめる。


と、自分の中での折り合いはついたから、
話はこれで終わってもええねんけど、
もうちょい言わせてもらうことにしよう。

せっかく我慢してあそこまで読んだので。


上記に書いたように、
腐人の視点と彼らの視点にはすごく大きな断絶がある。

そのため、腐人の視点で彼らの前提(ディストピアの世界観)をみると
そもそもが綻びだらけのザル状態に見えるのだ・・・。

例えば。

ニンゲンを管理する場合な、
犬猫を飼うように管理するのはあかんがな。

これは支配構造の話になるが、
少数が多数を管理するのに大事なことは、
表現がアレだが、抑えるべきは、キンタマだけってこと。

なんでもかんでも、逐一全てを支配するのはアホのやることやで?

って、アホゆーたらあかんのか。

この構図、同数が同数を管理するっちゅーのはさ、
要するに、夫婦のモラハラを思えばわかりやすいと思う。
または、親子の抑圧とか、教師と生徒とか。

1ON1で、押さえつけるって感じになるのよね。

まぁ、最近は文明の利器が発達したから、
一人の王様が、数人の奴隷を管理ぐらいまでは
できるかもしれんけどね。
某事件とか某事件のように。


でも、ディストピアでやりたいんは、
そんなちっぽけな話ちゃうやろ?
一国単位、一惑星単位でしょ?

そうなったら、キモだけ抑える方式にせんと。

ちなみに、ニンゲン管理の「キンタマ」は生殖だ。

その点、『すばらしい新世界』
途中まではええねんけど、
なんで希望者にしてまんかなぁ・・・(~_~;)??

管理っちゅーのはさ、
一度あげたアメをとりあげるんは大変やけど、
最初からアメをやらんかったら簡単なんやで?

生まれたばかりの赤子ほど無力なもんはないのに、
なんでそこで権利を完全剥奪しとかへんの!
アホちゃうか??
と思ったのは・・・腐人だけでしょうね(^_^メ)

そーいや、一つの受精卵から何人もの同じ人を作るって話があったが、
あれは・・・まぁ、机上の空論だなぁ。

一卵性双生児でも、障害や精神疾患になる子とならん子がおる。
全部同じやったら、子育てで苦労なんてせぇへんがな。


話を元に戻しますが、
少数で多数を管理する場合は、アメと鞭の使い分けが重要になる。


囲いの中にいる間は、安全と安心と、衣食住を保障する。
でも、外にでたら、しらんで?
全部自分でなんとかしなはれや。

そんでも、囲いの中におるのが嫌やというならば、
好きにでていかはったらええ。

ただし。
一度出たら、戻れまへんえ?

別にこっちは頭数さえあえばええんで、
ここにおるんがあんたである必要あらへんねんから。

っちゅー世界にせんといかんでしょ。


あとな、『動物農場』がわかりやすい気がするが、
種はわけんといかん。

ニンゲンにも「種」がある。

皮膚の色やら国籍やら宗教とかではなく、
性質と価値観の「種」が。

つくづく思うんだけど、教室でいじめとかある場合、
いじめっ子、いじめられっ子、傍観者だよな?

なんでそこでクラス替えをせん?

いじめっ子クラス
いじめられっ子クラス
傍観者クラスにさ。

そんでもって、その中でまた、
いじめっ子、いじめられっ子、傍観者になるなら、
また細分化してきゃいいじゃん。

全体を同質化すんのは大変だが、
どんどん細分化して、同質のものばかりを集めるようにすりゃ
管理は楽になる。

羊の中にオオカミを混ぜるからややこしなるねんて。

革命や!戦争だ!っちゅーやつは、
自分一人でやりゃええねん。
やりたないやつを巻きこむんやない!

とね。

異質が悪いとは言わない。
別に異質は異質でええねん。

ただ、同類は同類でかたまってね?ってなだけだ。

で、いじめっ子の中の、いじめっ子の中の・・・いじめっ子。
たぶん、それは、
いじめられっ子の中の、いじめられっ子の中の・・・いじめられっ子と
かなり近しい存在になるんじゃなかろうか。

極右と極左が似てくるように。

ま、そんな感じに両端が
どないもしようがないのの吹き溜まりになってもたら
それは切り落とされてもしゃーないんちゃう?

これまた
別にこっちは頭数さえあえばええんで、
ここにおるんがあんたである必要あらへんねんから。


と、ニンゲンを数で考えたら、
ディストピアの何があかんのかがわからんくなってくる。


それもさ、
「ニンゲンを数で考えたら」とゆーちゃおるが、
別に囲いの中でルールを守って生きたらええだけやん?

棲家の区分はするけど、種の多様性は維持されるわけやし。

そんなんすらも嫌やと、アウトローで生きるなら、
一人で勝手にやっとくれ、っちゅーだけで。

そない思うと、種を維持・保存していく上で
ディストピアほど理に適ったもんはないと思うけどなぁ (~_~;)。

なんでディストピアはあかんのか。

この腐人の疑問を氷解するようなディストピア話がでたら
ディストピア話を読むことにする。

それまでグッバイ、あでゅー、ディストピア!
[ 2014/09/17 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

朝日問題で思うこと、いろいろ

といっても、
熱心にこの問題を追っているわけではない。

ってか、どっちかっちゅーと、
そのもの自体はどうでもいいのだ。

捏造報道することも、
偏向報道することも、
都合の悪い記事を隠すことも、
昔っからやってんじゃん。

朝日に限らず。

それをわかって、
報道されてることは必ずしも正しいことばかりじゃない、
と自覚して、報道をみなければならない、
ってことをわかってりゃ、いい。

そしたら、流されるニュースのなかで、
知りたいことについては、多角的に検討し、
他人の言うことを無批判に受け入れるんじゃなく、
自分なりに調べるようになるからさ。

そうじゃなくて、腐人が気になっているところは
こーゆーところだ。

まず、慰安婦問題。
なぜ「今」なのか。

その8/5の記事とやらを読んでないのでわからんが、
ずーいぶん前からおかしくね?って話はでてた。

それが、なんで、「今」なの?

海外で取りざたされ、
慰安婦像なんてもんが建てられるようになり、
国連でまで性奴隷と報告されちまったから?

国内で、アジアぐらいで収まってるなら
黙っとこうとか思ってたけど
ここまで話がでかくなるとは思わなくて、
ウソだよ~んって、言い出せなくなっちゃった?

ガキの自慢話じゃないが、
ちょっとのつもりで誇張しただけ、
皆の注目を集めたかっただけなのに・・・ってこと?

内部の体制が変わり、
裸の王様に裸だといえるようになった?

・・・最後の可能性はなさそうだが、
検証するなら、腐人としては、そこの「なぜ」も追求して欲しい。


それから、この世界中に広まって、
一人歩きを始めてしまった評価を、
どうやって収拾つけるのか。

物事をエスカレートさせるのはそう難しくない。
煽ればいい。

でもその収拾をつけるのは、困難だ。

腐人はあの会見をちろっとしかみてないが
「ごめんで済んだら、警察いらん」
という言葉が脳裏に浮かんだ。

朝日は、この罪について、どう贖罪するのか。

そして、再び繰り返さない体制とは、
どういったものになるのかね。



原発の吉田調書については、
ウィキリークスのアサンジさんの言葉を思い出す。

「「秘密主義」は国家の最高権力の犯罪行為を
 可能にさせるためのものではありません。

 秘密主義が必要な時もありますが、
 健康的な国家においては
 それはあくまで「例外的」なものであり、
 ルールとして定められる行為ではありません。

 「国家の安全のため」という決まり文句が
 権力機関によってよく用いられていますが、
 その正当性が認められることはほとんどありません。

 秘密主義が権力による犯罪を覆い隠すものであるとすれば、
 ジャーナリストの存在意義はそこにある」(※一部、腐人編集あり)

腐人もこーゆーもんは、
最初から公開すべきだと思うけどね。


最後に池上彰さんの掲載拒否について。

なんで他の方が取りざたされないのかな?


腐人は朝日のこれからの動向がすごく気になる。

でも、新聞とる気にはなれんけど。
[ 2014/09/13 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

大変だ、時間がない!

諸事情ありまして、ちょっと急いでおりまする。

お茶会はないけど、
ハートの女王のように怖い方を待たせているので
急がねば!

よって、雑い読書録のみ。

●11日
(801,802)一般本 『緑と金の祝祭 英国妖異譚 9』『竹の花~赫夜姫伝説-〃10』 篠原美季
  ようやく欠けたピースが埋まり、
  全体がつながった!やた!

  ・・・って、最初から巻数どおりに読んでおけばよかったんでは?
  ってツッコミは、聞こえないことにしよう。

  『緑と金』に総長選挙が出てくるけど、
  ん?今の総長って誰だっけ?セイヤーズ??

  まぁ、個人的には「誰か」より気になるのが
  現執行部の会議日程がどうなったかだな。

  オニール・ベルジュ体制で、建前上は
  無駄な会議の削減っちゅー合理主義が採られたわけだが、
  本音は、ユウリとの時間の確保だったわけで。

  すると、セイヤーズになったら、
  建前主義のグレイ体制に戻ったか?

  いやーいやーいやー・・・
  セイヤーズもどっちかっちゅーと現実主義だし、
  オスカーもシリトーも意味のないことは嫌いそうだしなぁ。

  ま、この辺は読みたくても書いてもらえんだろな・・・(-_-;)

  『竹の花』にある、噴火と地震はどっちが怖い?は
  初読のときには、ふーんとしか思わなかったが、
  今読むと、なんとも意味深。

  っても、怖いのは津波なわけで。
  でも、その津波は地震がなきゃ起こらないわけで。

  ああ、でも山津波を思うと、
  もっとも怖いのは、「水」ってことになるのか?

  ただ、西之島の噴火は、あれが無人地域だから
  おー新しい領土ができたー♪とのんきなことを言ってられるんで
  あれが町のど真ん中で起こったら、とんでもないわなぁ。

  でも、ここ数年の実害を、噴火と地震で比べると、
  噴火は、アイスランドの噴火で欧州の空の便が混乱したぐらい。
  そうすると、やっぱり地震の被害歴のが多いし、大きい。

  ところで、これを読んでて、ん?と思ったんだが、
  隆聖とユウリって、従兄弟??再従兄弟(はとこ)じゃないの??

  ってのも、隆聖の祖母ちゃんと、
  ユウリの祖母ちゃんが姉妹なんでしょ?

  ってことは、隆聖の父か母と、ユウリの母は、従兄妹なわけで。

  従兄弟の子同士ってのは、再従兄弟じゃない?

  でも、若い巻のどっかで、母の姉妹とあったような気もする・・・(~_~;)。
  正解はどっちだ!?

(803,804)マンガ 『『7SEEDS 26』『〃 27』 田村由美
  ちょっと26巻読んでて、びっくりした。

  だって、まつりちゃんって、あの状況下においても、
  「つきあう」とかの思考になるんだよ!?
  どういう思考回路なの???

  平時ならともかく、
  その感覚って、持ち続けられるもんかねぇ・・・
  だって、毎日生きるか死ぬかでしょ?  

  ああなっても物差しを変えられない人って、いるのか・・・?
  環境や文化レベルに合わせて、
  人って変わらんの?

  腐人は流浪の民なので、郷に入れば郷に従えで、
  そういうもんだと思って生きてきたため
  なんか、びっくりっちゅーか、新鮮っちゅーか、
  ちょっと信じられんかった。
[ 2014/09/12 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

♪腐人ちゃんがもっている~ レインボーラムネ

むっちゃどーでもええねんけど、
メルモちゃんのキャンディーって、どっから入手したんやったっけ?

ほんでもって、メルモちゃんの最終回が思い出せん・・・(~_~;)

今度、師匠にきいてみよう。


さて。
本日の本題は、レインボーラムネである。

皆さんは奈良県生駒市にあるイコマ製菓の
「レインボーラムネ」をご存知でしょうか?

腐人は、今年の6月だったかに、
ふるさと納税のプレゼント品になったというニュースで
初めて知りました。

そのニュースによれば、そもそもが完全手作りのため
1日に400袋(1袋は750g入り)しか生産ができないとかで、
販売は、抽選になってるという。

今年は3500個の募集に14万通の応募があり、
その入手の困難さから、
「幻のラムネ」といわれるようになったとか。

といっても、ネットで探すと、入手できないこともない。

ただ、本来750gが500円のところが、
60gで1900円とかになるだけだが・・・。

それに奈良県までいけば、
土産物店で売ってたりもするらしい。

・・・でも交通費考えるとどうなんだろう・・・(~_~;)??
近けりゃいいが、遠いと、1粒いくら?の世界だよ。

ま、そんな希少価値の高いラムネが、
ふるさと納税のプレゼント品になったんですな。

腐人は、現在住んでるトコロが、
ろくでもねぇ条例を作りやがったんで、
それ以来、ここに税金を納めたくない!!
っちゅー気持ちになっており、
毎年、ふるさと納税をやっておる。

これからも、あのクソ条例を廃止せんかぎり、
控除枠の上限までやったんねん!
ぷんぷん

ま。
そんな裏事情もあり、
今年もどこにすっかなぁ・・・と思っていたところだったので、
ふるさと納税するだけで、入手困難なもんがもらえるなんて
超ラッキー♪とばかりに、早々に申し込みをした。

ちなみに1万円以上やったら、2袋(1000円相当)いただける。
金額的なとこだけいえば、
もっと割のいいふるさと納税はあるだろう。

でもこれの価値は、その稀少性。
生駒市はいいとこに目をつけたと思うよ。


で、その翌日だったか、翌々日だったかに、サイトをみると、
もう限定数量に達しましたので、
終了させていただきます、とある。

ほへー・・・。

あとでネットでしらべてみたら、
このラムネをアップした数日だけで
昨年のふるさと納税額に匹敵するほどの申し込みがあり、
最終的には、今年のふるさと納税額は、
昨年の5倍近くなったそうだ。

やるじゃん、生駒市。


で、そのレインボーラムネだが、
1日に生産できる量が限られているので
いつくるのかは、イコマ製菓のみぞ知る・・・というやつで。

あ、発送は生駒市だから、生駒市のみぞ知る、か。

今度、腐人会旅行をするので、
そんときまでに間に合うといいなぁと思っていたら、
常日頃の行いのよさのおかげで(←嘘をつけ)、
先日、腐人家にやってきたんですよ、
レインボーラムネ様が。

それで、荷物を受け取って、うっほっほ~♪と
小躍りしながら巣に戻って、
「たっだいま~♪」
っちゅーと、
「おっかえりー」と姫が出迎えてくれた・・・。

は?な、なんで姫がいるの!?
ついさっきおうちに帰ったじゃん!!!
※その日、姫は朝から腐人家にいりびたっておったのだ。

・・・さては匂いをかぎつけてきたか・・・。

さっそく、腐人が小脇に抱えたダンボールを見つける姫。

姫:「それなあに?」
腐人:「いいもの」
姫:「姫があけたい!」

あけると、可愛らしい水玉模様のパッケージが。

そして、それを開けると、
直径2センチぐらいのまんまるラムネがざっくざく。

「かわいいー!
 姫、たべるー!!
 おうち持って帰るー!!」

そう言うと思ったよ・・・(-_-;)


このイコマ製菓のレインボーラムネは、
白と、ピンクと、ブルーと、イエローの、全部で4色なんですが、
お味は全部ピーチ味となっている。

パッケージといい、中身といい、超かわいい。
もし人からもらったら、これだけでテンションがあがりそうな感じ。

っても、ラムネが入ってる袋はただのビニール袋。
750gが、どかっと1つに入ってるので、ちょっと迫力。

中身を映えさせるためにあえてそうしてるのかな?
腐人は素朴でいいなと思うけど。


色の配分は、白地に色がところどころ混ざる、という
ビジュアルを重視して量を考えられたと思われるので、
白:色つきの比率は、だいたい4:1ぐらいか?

食べる分には同じ味だからどれでもいいんだが、
小袋にわけてお裾分けする場合は、色の配分を考えたい。

のに!!

こら!姫!
あんた、自分の持ち帰り分に色ばっかいれてんじゃない!
そのピンク、よこしなさいよ!

やだ!

と、5歳と××歳の、仁義なき争奪戦が繰り広げられた・・・。


で、肝心のお味なんですけども、
興味をしめしてやってきた総料理長と姫と腐人の3人で、
あじみーと、1粒づつ食べてみた。

まず、姫が言う。
「おいしい!」

続いて総料理長の意見は、
「不純物が入ってない、すごく純な味がする」

確かに、これは普通のラムネを想定して食べると、
全然違うもの、だ。

腐人は駄菓子が好きなので、ラムネもよく食べるのだが、
一般品は、はっきりいえば、粉っぽい。

たぶんコーンスターチかねぇ、
それをぎゅっと成型しただけなので、
どこ食べても食感は同じで、
口の中がぱほぱほする。

簡単にいえば、
ラムネに口の中の水分を吸い取られる感じだな。

当然ながら、生ラムネはそういうのがないが、
でも、味が、合成バリバリだよね。
あれはあれで、ジャンクで好きなんだが・・・。

で、このレインボーラムネ様はというと、
まず食感がおもしろい。

外側は、硬いといっていいぐらいカチカチなんだけど、
くるみ割り人形のように歯を立てて割ってみると、
パカッと割れる。

すると、中は外側のカリカリと違い、
ホロホロしていて、あっちゅーまに口の中で溶ける。
しゅっって感じ。

そのためなのか、わからんが、
口にざらざら感が全然残らんのだ。

食感がおもしろいだけではなく、味もいい。

パカッと割れた瞬間に
すげー爽やかなピーチの味がぶわっと口に広がる。

一般に、ピーチ味のお菓子って、
まったりとした甘さが強すぎたり、
後味に甘ったるさが残ったりすることがあるが、
これはそんなことがない。

確かに後を引くは後を引くんだけど、
「後を引く旨さ」の方なのだ。

とても品のいい甘さで、
さっぱりとしたピーチの後味が、かなり長く残る。

賞味期限は10ヶ月ほどあるから、
ゆっくり食べんともったいないのに、とまらーんっ(>_<)!

いかんわーこれ、抱えて食べてまうわぁ・・・・・・。



と、腐人がうっとり酔いしれていたら、
姫が持ち帰り袋2つめに突入しておった・・・こら!

姫によれば、
「だって、パパがラムネ、大好きなんだもん!」
ってことらしーが、そうなのか・・・
あのパパが、あのお顔でラムネ好き・・・。

チビっ子がいると、家の中の秘密がダダ漏れだわね。

でもさ。
だったら姫ちゃんよ。

ちょうど今月の22日から27日まで、
レインボーラムネの次回抽選の受付やりよるけぇ
そっちで応募しんさい。

受付はハガキ応募のみらしいが、ひらがな書けたよね?

っても、100枚書いてもあたらなかった!という声もあるので、
あたるかどうかはわからんが。

ご興味ある方は、頑張ってみてください。

味は腐人が保証します。
[ 2014/09/11 ] 食い物&読書録 | TB(-) | CM(-)

『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』について

腐人は町山智浩さんのコラムを読むのが好きだが、
雑誌は嫌いなので、ほぼ読まない。

そのためどうしてもこうやって
連載コラムが本になるまで待たないとならん。

早く読みたい。
でも雑誌は読みたくない。

嗚呼、なんといふジレンマ・・・←勝手にゆーとれ


ま。
そんなわけで、今日はこの話をば。
まず、カウントからいきますかね。

(796)一般本 『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』 町山智浩

この本は、簡単にゆーてしまうと、
町山さんがアメリカで過ごされた15年の間に
「これはすごい・・・」と思った、
アメリカの女性たち55人を紹介した本。

ジョディ・フォスターや、
アンジェリーナ・ジョリーっちゅー
腐人ですら知ってる人もいるが、
ほとんどが、アメリカ人なら知ってるが、
他国の人は知らないかもという方。

皆さん、すげーバイタリティで、
腐人のようなオクユカシイ者は尻込みしそうな勢いがある。
        ↑
      ウソをつけ

この人たちを突き動かすパワーの源ってなんなんだろ?

ぶっちゃけ、腐人はもし宝くじがあたって、
残りの人生、働かなくても生きていけるなら、
大喜びで引退生活に入る人。

毎日、おむすびとお茶もって、
図書館と裁判所傍聴に通って、
それがない日は、変な展示でも見に行くか、読書するか。

ああ、そんな日々を早く送りたい!!

と、思ってる人は、この55人の中にはいない。


なんなんだろなぁ、このエネルギーは。
どこからくるんだろうなぁ・・・。


ま、それはともかく、読んでて腐人が
「ほー」と思ったものをいくつかご紹介しましょう。


町山さん!
1個だけ指摘していい?

キャスリン・ビグローさんの紹介でさ、
『ハート・ロッカー』をボーイズラブっちゅーてましたけど、
ちっがーう!!!
あれはブロマンス!

どーみても、無自覚精神的ゲイの兄ちゃんたちが
半裸でいちゃいちゃしてる(ように見える)のは、ブロマンス!
ヘテロと言い張ってる男どもが
ナチュラルにホモってるのは、ブロマンス!

ラブやらエロまで至ってないでしょ!
ラブやらエロに至ったら、ボーイズラブだけど、
未遂、じゃない、未満の場合は、
ボーイズラブとはいわなーい!!!

増刷かかりまくってますが、
できれば次回、修正してください。

ブロマンスは日常でも転がってるが、
BLは稀少品の貴重品なの!

あ、すっきりした。


手腕としてはすごいんだけど、それはどうなの?と思ったのが
ホーリーランドエクスペリエンスを作ったおばちゃん。
ああ、名前を控えるのを忘れてしまった。
まぁいいや、おばちゃん自身はどうでもいいから。

その何が「どうなの?」なのかっちゅーとですね、
この「ホーリーランドエクスペリエンス」ってのは、
聖書の世界をテーマにしたテーマパークなんですと。

要するにディ●ニーランドの聖書版。
なので、いるのはミッ●ーじゃなくて、キリストという。

で、そこのパレードってのが、
キリストに扮した人が十字架を背負って
園内をひきまされるそうなんだそうだが、
その後ろからローマ兵になった人が鞭でビシバシやって
血をたらたら流しながら歩くっちゅーパフォーマンスなんだそう。

あの・・・公開SMショーですか?
と思ったのは、腐人だけだろうか。

ってか、そんなの子供にみせていいのか!?なぁ!


かっちょいいなぁ・・・と思ったのが、マリー・コルヴィンさん。

ネットでググってもらうと画像がみられますので、
ご存じない方は、ぜひ、ググってみてください。

そして、その生き様もすごい。

戦場を中心に活躍された女性ジャーナリストなんだけど、
そのテーマが、戦争についてとかじゃなく、
戦場で生きなければならなくなってしまった一般の人、なのだ。

彼女の信念は、
「これから私がどんな戦場に取材に行こうと、
 そこで黙って耐え忍んでいる普通の住民以上に
 勇敢であるはずがありません」

というもの。

腐人的には、
耐え忍んじゃうから、ロクデナシがのさばる、
という気も若干しなくはないんだが
まぁ、世の大半は、こう考えない。

だから耐え忍んでしまい、ロクデナシが権力を握ってのさばり
いつまでたっても戦争が終わることがない。

そういう繰り返しなんだよね、人間の歴史って。

それをしょうがないと片付けずに、
立ち向かったのがコルヴィンさん。

個人的にはどう育てたら、こういう人ができあがるのか、
その過程が知りたいなぁ。


昨日の話にもかぶってくるんだけど、
天文学者のジェーン・ルーさんって方がいるのね。

ベトナム生まれで、ベトナム戦争から逃れてアメリカにやってきた。
そして、ものすごく努力して、
天文学者になられたんですが、
その方が、オフタイムになると、
ネパールの山村に行き、子供に英語を教えているという。

なんでかというと、
「私が国を超えて生きられたのは
 英語をマスターしたおかげだから」

とゆー思いからなのね。

要は、英語は必須だということで。

ええ、そうですよね、わかっちゃいるんだけど!

ほんやくコンニャクの登場を待ちたいの・・・
腐人は・・・(;一_一)


今、コンピューターがない状況で
仕事をしろといわれたら、ほとんどの人が困るんじゃなかろうか。

そんくらいなくてはならないものになってるが、
考えてみたら、100年前にはなかったもの。

腐人は鳥頭なので、自分の発言を
言った瞬間から忘れているところがあるのだが、
代わりに周囲の人が覚えていてくれることがある。

先日、血族が、

「便利な物ってのは、言い換えると別になくてもいいものだ」

と言い、
「ほほーええことゆーやん」
っちゅーたら、
「あんたがゆーたんじゃ!」
と言われた。

そんなこと言いましたっけねぇ(~_~;)??

ま、それはともかく、確かにコンピューターは便利で、
別になくてもなんとかはなる。
ただし、70年か80年ぐらい前の状態になるけれど。

そんなコンピューターの生みの母といわれているのが、
グレース・ホッパーさん。

もうお亡くなりになられたそうですが、
アメリカ海軍でコンピュータ言語を開発した方。

腐人はパープーなので、詳しいことはわからないが、
いいなと思ったのが、このホッパーさんのお言葉。

「やりたいことがあるなら、くよくよ迷わず実行しなさい。
やっていいかどうか許しを得るよりは、
やっちゃってから赦してもらうほうが簡単だから。」


好きだわ、こういう姿勢。



あとは、このへんか。

ブッシュ政権でスキャンダル処理をやってた女性が、
スキャンダルの処理をするにあたって言った言葉。

「守りたいものは仕事、家庭、財産、名誉などがあるが、
 すべてを守ろうとしたら何も守れない。
 最終的に絶対に守りたいものを一つだけ選び、
 それ以外は犠牲を惜しまないこと。」




それと、映画にもなった話で、
親がわりに育ててくれた兄が冤罪をきせられ、
ウェイトレスから弁護士になり、兄の無実を勝ち取った女性が
弁護士になるまでの生活は、
まさに「寝ないで勉強」だったとゆーとこ。

コレを読んだとき、
『百姓貴族』を思い出した。

荒川弘さんが漫画家になるまで
どうやってマンガを描く時間を捻出したかという話で

「寝なきゃいい」

とおっしゃった、そのまま。

その根性は・・・腐人にゃーないわ。



他にはどんなのがあるの!?と思われた方は
本書をどうぞ。

非常に軽妙で読みやすいんで、するりと入れますよ。


ところで。
本書の中で、アメリカでは今、
妻の収入の方が夫の収入を超えているカップルというのが
4割近くなっているらしい。

現に町山さんも、奥様はIT企業に勤められ、
町山さんは、在宅で執筆と家事をされてらっしゃる。

ご近所さんにもそういうご家庭が多いとのこと。

ここで腐人は女性の社会進出が~うんたらり~
とか言う気はサラサラない。

そうじゃなくて、最近、発言小町をみてて、
アレ?と思ったことがあるので
それについて語りたい。

発言小町にある既婚者を大きくわけるとこんな感じになる。

(A)高収入旦那&専業主婦or低収入妻

(B)低収入旦那&専業主婦or低収入妻

(C)高収入旦那&高収入妻

(D)低収入旦那&高収入妻


(A)のパターンでよくある相談は

(1)旦那がモラハラ、妻が隷従・・・妻側からの相談
(2)旦那は誠実、妻がハズレ嫁・・・夫側からの相談

あと、結婚前に、お金の管理でもめてるなぁ、ここは。


(B)のパターンでよくある相談は

主に妻側からの相談で、先が見えなくて苦しい。
詳細をきくと、大抵、すぐに絶縁ができない
親兄弟レベルでタカリ体質の毒持ちがいる。


(C)のパターンでよくある相談は

ここはあまり相談がないんだが、あるとすると子供から。
親が機能不全になってたりする。
あとは、マウンティストなご近所によるトラブル。


(D)のパターンでよくある相談は

夫側からの相談で、
妻から家事負担の話をされたり、
離婚の話をされたりしている。


町山さんが書かれたアメリカの4割は、
この(D)パターンになるわけだけど、
この(D)パターンで相談してくる男性ってのが、
ホントにもうどうしようもないのが多いんだよなぁ。

男としてのプライドだけはエベレストで。
だから、家事は一切しない。

休日はといえば、自分の趣味を優先させ
家族をほっぽって一人で遊びにいってしまう。

お金についても自分の趣味優先で使ってしまう。

こうなると、経済力がある妻ならば、
自分一人の稼ぎで十分やっていけるし、
離婚した方が、図体がでかいだけの××の世話がなくなって
むしろ楽・・・ということになってしまうんだが、
それに気づかず、
「離婚したいなら、お前がでていけ!」
とかやっちまうんだよねぇ。

読んでる分にはおもろいんだけど、
人は自分の見たいものを見たいようにしか見ないし、聞かない
ってのはわかっているが、
その思考回路は理解不能。
なぜ、己の身の丈を測り間違えられるのか。

彼らが、自分のありのままを素直に認めて
アメリカの4割の男性のようになれないのは、
肥大した自我のせいだとは思うが、
この日米の差は、どうして生じるのか。

ゆっちゃぁなんだが、そこんとこを考えて変えてかないと
男は種しか用がない、ってことになってくよ?

腐人はそれでもいいけどね



余談ですが、本書の中に、
円形脱毛症がひどくなってハゲた女性の話がある。

そこで、円形脱毛症が自己免疫疾患だと初めて知った。

へーそうなんだー。
ストレスが原因かと思ってた。

そうすると、治療法とかが別にあるのかもしんないなぁ。
※残念ながら、男性のハゲは、これとはまた違う話。
[ 2014/09/10 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

錦織くんのインタビューに思うこと

起きてテレビをパチリンコとやったら、
USオープンの決勝戦が終わっていた。

そのあと流れたダイジェストをみたが、
ありゃ、チリッチくんがすばらしかったとしか
言い様がない試合だね。

つけいる隙がないんだもん。

個人的には試合内容よりも、
その後の錦織くんの英語のインタビューに感心した。

まぁ、散々インタビューされてきた経験値もあろうが、
あの内容は、100点満点花丸印をあげたいね。

欧米でのあーゆーインタビューで肝要なのは、
まず、相手を褒め称えること。

アメリカではそれがない選手って、
それだけでメディアの評価が下がるんだけど、
この辺はさすが。

アメリカの超一流アスリートには、
このインタビューの受け答えを指導する人
(メディアやファンに好感度を与える応対ができるよう指導をする)
そういう人をあえて雇うと、きいたことがあるが、
錦織くんにもいるのかな?

ちょいと話がそれるが、
腐人が日本人のインタビューで好かんのが、
まず第一声を「そうですね」で答えるところ。

まぁ、相手の質問を肯定するところから入り、
その間に、次の言葉を考える、って方式なんだろうけど、
皆が皆、そろって、「そうですね」ばっかゆってっと、
「そうですね」はもういいよ、と思うんですけど、
それ、腐人だけ??

その点、今回の錦織くんのインタビューは、
むちゃくちゃすんなり言葉が繋がってったので、
すげぇと思ってみてました。

そう。
一番、いいなぁと思ったのが、
チームの皆に
「トロフィー持って帰れなくてごめんなさい」
ってゆったっしょ。

あれ、日本人だなぁと思ったんだ。
日本人じゃなきゃいわんでしょ、Sorry (^_^メ)。

そういうところを甘いといわれるかも知れんけど、
その素直さが、彼が伸びてる理由だろうなと思う。

チャンコーチにもそれがきちんと伝わってたなぁ。

そんで、そのあとに、
これを糧に来年また!と、言い切ってるし。
今回、負けた理由もよくわかってるし。

これは来年が楽しみだわん。

錦織くん。
叶わないと思っていた夢の試合をみせてくれてありがとう!
今度はトロフィーを掲げる姿をみせてくれると信じてる。

長い戦い、お疲れ様。
準優勝、おめでとう!



ってのが内容についてで、
あのインタビューをみてもう一つ感じたことがある。

それは言語。

昔、伊達さんが世界のトップクラスにいたとき、
彼女は英語でのインタビューができず、
日本語でやっていたら、
世界のトップクラスならば英語でやるべきと
クレームがついたことがある。

そこらは、英語至上主義の傲慢さを感じて、
「うっさいわ!××!!」
と思った腐人であるが、
実際のところ、もし錦織くんが日本語しか話せなかったとしたら
恐らく、マイケル・チャン氏がコーチになることはなかったと思う。

野球にしろ、サッカーにしろ、フィギュアスケートにしろ、
世界で戦うには、どうしてもこの言葉の壁を乗り越えないとならない。

コーチや監督、チームメイトとのやりとりにおいて
母語と同じぐらいのやりとりができないと、
ベストなパフォーマンスはできない。

相手に何をさせたいか、自分は何をしたいのか、
ノンバーバールのバレエですら、
演出家の意図や観客に伝えたい思い、
共演者とのタイミングの調整など、
共通言語が必要になってくる。

腐人は英語が大嫌いで、全く勉強してこなかったんだが
その姿をみた血族に言われたことがある。

「お前がいくら嫌いだからといって避けてもな、
 英語が世界の共通語であることは歴然とした事実で、
 この先、英語がしゃべれないってことは
 世界にでていけないってことだ」

いいの!日本から出ないから!
と言い張った腐人だが、
日本から出てないけど、今、英語で苦しんでいる・・・(-_-;)

ホントにさ、そう言うのがあるからこそいうんだが、
スポーツにしろ、勉強にしろ、ビジネスにしろ、なんにしろ、
もしあなたやあなたの子供が、世界レベルを目指すなら、
英語は必須です。

コーチとケンカというか、議論ができるぐらい話せること、
これが求める技能以外に必要だ。

もしナントカ協会とかが、強化選手とかゆープログラムをやるんならね、
語学も必修にしたりや。

今の世の中、純国産で戦うには、限界がある。


・・・でも、個人的には、1日も早く、
ほんやくコンニャクを誰か開発して!!!と思っているが。


最後にすげー下世話な話。

錦織くんの優勝に37ドル賭けた人がいるそうだ。
もし優勝してたら、その人には、12万ドルが入ったらしいが、
じゃぁ、チリッチは?
チリッチ優勝に賭けてた人はおらんのか??

オッズはどっちも250対1だったらしいから
同じぐらいだろうとは思うんだが、
賭けてた人がいたかどうかが、すげー知りたい・・・。
[ 2014/09/09 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

ニュースいろいろ #忘れた

4か?
まぁいいや。

最近のニュースで思うことをダラダラ書く。

●錦織くん あと1つ!
いやーすごい!
生きてる間に、グランドスラムの決勝戦で戦う日本人選手を
見られると思わなかった。

腐人家は、昔からWOWOWに加入しとるので、
準決勝放送をみようとしたんだが、第1セットで撃沈・・・。
時差がにくい・・・(T_T)

ただ、他の民放よかは、
長いダイジェストやリピート放送してくれるんで
そっちで概要をみました。

でも、こーゆーのはオンタイムでみてこそだよなぁ・・・。

そういう理由で、決勝戦も録画する気はないんだが、
ここまできたら、ホント優勝して欲しいなぁ。

それにしても、このおかげで一番ウホウホなのは、
独占放送してるWOWOWだろう。

たぶん来シーズンは、
テニスの放映権の獲得争いが激しくなるんだろうなぁ。
個人的には、うざいしゃべりがあまりない
WOWOW放送、好きなんですが。

そしてもう1つ思うこと。
日本の教育制度はこれでいいんですかね、だ。

そら、本人の資質ってのが最大の要因ではあろうが、
環境に恵まれたことが、
今の彼をなしえているのは否定できまい。

いわゆる日本の学校制度(部活でテニス、インターハイ)
といった道から外れ、テニスの英才教育を受けてるわけで。
そのおかげで彼は早くから、
世界のレベル、世界の最先端の指導に触れることができている。

腐人は、持って生まれた条件も、運も、才能のうちと思うので
それはそれでいいじゃんと思っている。

だって、いくら環境に恵まれてても、本人が努力せんかったら
ここまではこれんと思うし、
例え家に金があっても、親の理解と応援が、
子供の才能を認めて育成する方向にむかなきゃ意味ないし。

子供がやりたいことじゃなく、
親がやらせたいことを押し付ける、金のある親っているっしょ。
それでこじれまくってる親子を、腐人はよく知っている。

まぁ、そっちはいいんだ。
そうじゃなくて、学校制度のこと。

今の日本の学校制度って、
あまりにも選択肢がなさ過ぎる気がするんだよね。

逆に言えば、そこから外れたら、
それだけで、その先の人生がものごっついしんどくなることが
確定しすぎてる。

そして、そうやって「外れる」場合、
そういうしんどさだけでなく、
個人が自己責任で背負う負担と費用が
あまりに大きい気がするのだ。

錦織くんが、
早くから世界レベルでもまれたからこそ強くなった部分って
否定できないと思うんだよね。
でも、そーゆーことを日本で体験させられるんだろうか。

させられないなら、いくら日本で一番といっても、
ガラパゴス島で、一番を叫ぶ、という事態に
過ぎないんじゃなかろうか。

インターハイが悪いとは言わない。
伊達公子さんは、その道を歩んで世界のトップクラスまでいった。
ただ、当時と今とでは時代も背景も違う。

いつまでもガラパゴスでいることが、
いいことばかりとも思えないんだがなぁ。


●デング熱 狂騒

正直、ニュースが流れるたびに、アホかと思う。

エボラじゃないのに、
なにをここまで騒ぐ必要がある?

エボラの脅威にさらされてる人にくらべたら、
恥ずかしくって情けないと思わないんだろうか。

わーわー殺虫剤まいてるが、
そんなもんまいたところで、ひょいと逃げるだけ。
1部屋だけバルサン焚くのと一緒じゃね?

本当に蚊を駆除したいなら、世界中で日時をあわせて
人がガスマスクしないと歩けないぐらいの濃度の殺虫剤を
長時間一斉配布せんかぎり意味なかろうて。

ま、そんなことしても、ウィルス保菌者をゼロにせん限り
いくらでも拡散する。

そんなにデング熱が怖いなら、ニンゲンを全滅させちゃえば
それが一番効果的。


●これってどーなんだろなぁ・・・

岐阜で、キャンプ場に車を置いたまま、沢登りをしていたグループが
夜になっても帰ってこなかったので、
キャンプ場の管理人さんが警察に届けた。

そして警察が捜索して、県警のヘリが彼らをみつけたが
「遭難してないんで、救助はいりません」といって自力下山し、
キャンプ場にとめてた車にのって帰っていったという話。

個人的に殺人事件とかよりも、ものすごくひっかかった。

県警ヘリはタダと何かで読んだ覚えがあるが、
でも0円で飛ぶわけじゃないから、
それは税金が負担してるってことで。

また、彼ら自身は遭難してないつもりでも、
実際に捜索にあたった人たちはいたわけで。
その人たちの時間と労力は?

腐人は前から必要な救助(生きたいと思っている人の救助)と
必要じゃない救助(死にたいと思ってる人の救助)は、
わけられるべきじゃないのかなぁと思っているので、
なーんかこのニュースがものすごくもやもやする。

思うに、こういう人たちは、もうほっといていいんじゃないのかなぁ。

助けてと、周囲ではなく、本人自身が訴えてくる救助以外は、
やめてもいいんじゃないのかなぁ・・・。

ってなことは、公では言えないんだろうけど、
この先、義務より権利意識が強い人がどんどん増えてくだろうから
ちゃんとルールをきめとかないと、
こんなの連発することになるよ。 

そんなとこー。

余談ですが、錦織くん関係のニュースでは、
朝のワイドショー「スッキリ!!」がやってた
下世話な話部分が一番おもろかったわ。

腐人は下世話な人なんで。
[ 2014/09/08 ] ニュース&読書録 | TB(-) | CM(-)

今日は無理ジャー

ちょっとパツパツなので。

超雑読書録のみ。

●4日
(782,783)マンガ 『花冠の竜の国2nd 3』、『〃 4』 中山星香
  腐人はファンタジーをほとんど読まないので
  比較ができないけど、確かに妊娠出産ってみないですね。

  個人的には双子ときくと、DD双胎か、MD双胎か、MM双胎か
  が気になるようになってもたけどなー。
  ※これについて知りたい人は『コウノドリ 5』がおススメです。

(784,785)一般本 『囚われの一角獣 英国妖異譚3』『終わりなきドルイドの誓約 〃4』 篠原美季
  いやー・・・シモンが青い。

  ってか、これ、何をやらかすかわからん嫁をもらってしまい
  多事多端な結婚生活を続けていくにあたって
  忍耐力と寛容さと、
  多少のことでは動じないしぶとさと対応力
  嫁がやらかしそうなことを察知して先回りする力などなどを
  身につけていく旦那って感じだよなー。
  
  ん?なんか何かに似てる・・・

  そうか!!
  ユウリがリゾレットちゃんで
  シモンがエスターだ!

  ああ、なんかすげーぴったり・・・。

  ・・・んじゃアシュレイと隆聖はだれじゃろなぁ・・・

(786)マンガ 『コーラル 5 -手のひらの海-』 TONO
  なんというか・・・
  こういうお話を考えられる人って
  どういう脳みそしてんのかなぁと思ってしまう。

  腐人は現実の延長でしか物事を考えられないので。

  でも、どの作品も、
  死だけが、ものすごく明確なんだよなぁ・・・。
[ 2014/09/05 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

『夫夫円満 HUSBANDS』について

の前に、ちょろっと。

昨日書いた『ファンタジウム』の教師の言葉だけど
教師や親ってどうあるべきなんかなぁ・・・とつらつら思ってしまう。

その子の適性や才能を早くからみつけてあげて、
それを育てるようにしてあげるべきなのか。

それとも、子供がわかってる世界なんて狭いんだから
今は、先んじた長年の経験のある年長者の
「こうしたほうがいい」
という助言に従わせるべきなのか。

あの高校の先生なんかは後者だよね。

学歴をつけ、肩書きをつけ、就職に有利に働くようにし、
安定した大企業に勤め、結婚し、家庭を持ち、
よき家庭人、よき社会人たれ、っちゅー道を歩むつもりなら
たぶん後者のがいいんだろなぁ・・・。

前者の成功例は、それこそ錦織選手だったりするんだろな。

でも、上手く才能が開花すればいいけど
テニスをやってる子の全員が
そこまでの才能があるわけじゃないし。
途中でつぶれる子もいるだろう。

そのときに後者の道をとってれば、保険が働く。

しかし、人生の途中で、
「あのとき、もっとがむしゃらにやってれば、
 違っていたのではないか?」
とか思うこともあるんじゃねぇのかねぇ?

あら、これって、機会費用?

となってくれば、そのどちらを選ぶかは、
本人がどの利益を一番重視するか、
になってくるような気がする。

なるほどなぁ・・・。

錦織選手の話がちょびっとでたので、ついでに言及するが、
いやー、すごいですね。

フィジカルもメンタルも、ものすごく強くなった気がする。

ぶっちゃけ、体格的には
そんなに恵まれてる方でないと思うんだ。

なのにあれだけのショットを打てるってことは、
身体のひねりのキレがすごくいいんだろう。

っちゅーことは、腰への負担が大きいだろうに、
あれだけ長時間の試合を連続してできるようになったってことは
かなり肉体改造したんじゃないのかしらん??

今年からコーチに、マイケル・チャンさんを迎えたときくから、
彼もそんな身体が大きな選手じゃなかったし、
いい助言をもらってるんだろうなぁ。

そこらがメンタルの安定に繋がってるんだろうか。

いやーここまできたら、
フラッシング・メドウのセンターコートで優勝する姿をみたいねぇ。

がんばれー!



さて、本日の本題にまいりましょうか。

まず、カウントから。
(777)一般本 『夫夫円満 HUSBANDS』 パトリック・ジョセフ・リネハン、エマーソン・カネグスケ

著者の一人、パトリック・ジョセフ・リネハンさんは、
今年の8月まで駐大阪・神戸米国総領事であられた方。

タイトルからしてわかるように、
共著者のエマーソン・カネグスケさんと同性婚をされ、
ゲイの外交官として赴任し、
公務においてカネグスケ氏をパートナーとして同伴するなど
関西ではさまざまなLGBTの活動に携わっておられた。

新聞やテレビなどのメディアにもとりあげられたそうなので
ご存知の方もいらっしゃるやもしれない。

腐人はこの本で初めて知りましたが。

本書は、そのお二人の半生と活動を
まとめたものなんだが
えーっと、最初に謝っておこう。

腐人はこの本と図書館で出会った。

タイトルをみて、おや同性婚のお話ね、と思って
興味をひかれたのだが、
本書の表紙は、ツーショット写真だったりするんだけど、
それみたとき、
「レズビアンカップルかー」
と思ったのだ。

ご、ごめんなさーいっ!!!!

言い訳してもいいのなら
・・・そう見えたんだよぅ・・・。
おばちゃん二人に・・・。

前から思ってるんだけど、
よくさ、中性的な子供にむかって
「男か女かわからん」
とかゆーけど、
それ、子供だけじゃないと思うの。

中年以降、性別があやしくなる
おっちゃんやおばちゃんいてるやろ!?

特に太っ・・・もとい、ふくよかな人だとわからんやん!
マ●コ・デラックスとか!!
確実に腐人よりチチあるぞ、あの人・・・。

やせてる人でも、ヒゲはやしたおばちゃんとかおるやん!

見苦しいだけだから、言い訳はこの辺でやめておこう。

ま、あとは皆様が本書を手に取られてどう思われるか
そこにゆだねます。


話を真面目な方向に戻しますが、
本書は上記に書いたとおり、
お二人がそれぞれ、ゲイであることを隠して生きてきた前半生と
出会ってから、今に至るまで、どういうことをしてこられたかが
かかれてある。

腐人は腐女子だし、
ゲイの何が悪いんだかさっぱりわからんので
当事者だとこういう困難があるんだなぁと思って読んだ。

ってか、腐人的には、ゲイカップルであるってことよりも、
この二人が、年齢19歳差のカップルであることのが
衝撃なんだけど・・・。

19・・・19・・・19・・・
大学はいったときに、相手はおんぎゃーってことで・・・

ああ、そいや一穂ミチさんの
『ステノグラフィカ』の西口と碧ちゃんも
こんくらい離れてるよな・・・。

ってことは、あと15年ぐらいたったときのツーショットは
こんな感じなのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


同じ日本人だとゼネレーションギャップがありそうだが、
お二人の場合は、リネハンさんがアメリカ人で、
カネグスケさんがブラジル人(日系3世)。

ゼネレーションギャップというより、
カルチャーショックの方がいろいろあったらしい。

この本書の一番のキモは、昨日書いちゃいましたが、
彼らが、ゲイカップルとして「見える存在」であることで、
少しづつなりとも、人や社会の変化を生じさせていること。

ただ、巻末にあった、よくある質問のようなところでは
いかに無神経な質問をされつづけてるのか・・・
ってのがよくわかりますけどね。

女性の社会進出だってさ、
そうやって権利を得るために
表に出て戦ってくれる人がいたからこそ、
今、昔に比べたら格段に楽に歩ける道が開けてるわけで。

たぶん・・・いや間違いなく、
心ない言葉もかけられてきたでしょうに
そうして、在ってくださることは、とてもありがたいと思います。

まぁ、ご家族との葛藤とか、職場での変遷、
どうやってありのままの自分を受け入れられるようになったかとか
二人の出会いなど、
詳しい話を知りたい方は
本書をどうぞ。


以下、腐人が気になったところだけ。

リネハンさんが書かれたところを読んだとき、
あまりの達者な日本語使いにびっくりした。

しかしカネグスケさんのところを読んだとき、
すごい違和感があったの。
一人の同じ人の文と思えなかったんだよね。

で、後ろ見たら、翻訳協力とあって、納得。

なるほど、原文は外国語か。

でもって、腐人がみるにリネハンさんのところは
リネハンさんご自身がかなり文章をみたか、
一人の人が訳したんだろう。

しかしカネグスケさんのところは、
少なくとも3人格の文章が混ざってる。

この辺、もうちょっと水準統一はかって欲しかったなぁ。
率直にいって、かなりのレベル差を感じます。

編集はいってないの???



そのカネグスケさんによれば、
ブラジルとは、マッチョ社会なんだそうで、
日本にきたとき、皆、ゲイなのか!?と思ったそうです。

草食男子なんていないのね、ブラジルには。

二人とも、日本は隠している人が多いけど、
ホモフォビアのような同性愛に攻撃的なものを感じない
寛容な国だと思ったとおっしゃる。

まー日本では、男色は
明治より前は、おおっぴらにありましたからね。
ってか、明治以降、そちらの文化がはいってきて
ダメとされるよーになったんですが。

ちょいと話がずれますが、学生だった頃、
江戸の青本だったかなぁ、そういう資料を漁ってたとき、
江戸時代の長屋の話がありましてね。

壁をたたいて、おとなりさん(男)を呼び、
抜きたいから尻かしてーっちゅーんですよ。

すると、隣から、
ぢの調子が悪いから今日は無理ー
っちゅー返事があったと。

そんくらいのあっけらかんさで、
日常に存在してたんですよね。

その象徴が、宗教で、
リネハンさんはカトリックなんですが、
最近でこそ寛容さがうかがえるようになりましたが、
ゲイであるがゆえに、教会にいきたくてもいけないことがあったそうで。

でも、日本の場合、どこの神社もお寺も、
ゲイであることは全く問題にされない。

この宗教的寛容さに、信心深いお二人はすごく救われたそう。

まー・・・過去の歴史をひもとけば、
寺社がゲイ排除なんてしたら、
まず自分らが問題になるもんなぁ。

念者、念弟、色子、陰間・・・
それこそ、古い日本語たどっていけば、
日本のゲイの歴史ができる。



そういやリネハンさんは韓国にも赴任されてらして、
その当時、独身の外交官だったので、
お嫁さんを紹介されそうになったそうだ。
(これは日本でもそうだったとのこと)

で、あるとき、そうされそうになったところに、
韓国人の領事館のスタッフさんが、
すごく韓国人らしい直接的表現で断りをいれた
って話があるんですよ。

ちょいと話がずれるけど、
韓国語って、昔は漢字交じり文だったんだよね。

それが、日本語でいうひらがなに相当する
ハングル文字だけを使うことが
徹底されるようになったのが、1970年ごろ。

先日、呉善花さんの本を読んでいて、
この漢字がなくなり、ハングルのみとなった弊害について、
漢字によって表現されていた同音異義語がなくなってしまい、
表現が限定的となって、結果、言葉が荒れているってのがあった。

要するに、日本語から漢字とカタカナがなくなり
ひらがなだけでやりとりしたら、そうなるって話で。

そんときはふーんと思ってたんですが、
今、実は、姫と交換日記してんですけど、
使っていいのは、ひらがなだけだと、
こんなに表現がせばまるものかと、すげー痛感している。

やってみるとわかりますが、文を単純化せざるをえない。

で、すごく脱線しちゃったけど、リネハンさんに言いたいのは、
その韓国人さんに、たぶん悪気はなく、
韓国語という言語の限界だったので、許してあげてください、
ってことだ。

まぁ、リネハンさんは数ヶ国語を話されるので、
こんなこと、腐人が言わずともわかってらっしゃるとは思うけど。


こやって書いてくときりないんで、これで終わりにしよう。

本書、最後のよくある質問部分で、こんなのがあった。

「同性愛の恋人同士に対して、
 どちらが「男役」でどちらが「女役」なのかを尋ねるのは、
 「この箸のなかで、フォークはどれですか?」と尋ねるようなもの」

腐人は無神経だが、面と向かってこれを聞く気はないな。

ただ、前からゲイの方にききたいなと思ってることはある。

お二人の出会いのところで、
一目見て彼はゲイだとわかったとあるところは
なんとなくわかるんだ。

っても、腐人の見極めは、ゲイか、ゲイじゃないかじゃなくて、
オタクか、オタクじゃないかだけど。

同類はなんかわかるんだよね。

だから、そこの説明はいらんのです。

ってか、そこは説明を求められても、
「直感」とか、「なんとなく」としか
答えられないのもわかるから。

じゃなくて、
「タチかネコかは、見てわかるもんですか?」

ってのが。聞きたかったんですよ。

オタクに置き換えて話をさせてもらうが、
腐人も、同類(オタク)はわかるけど、
その人のジャンルまではわからない。

さらにいえば、リヴァエレか、エレリか、エルリかなんて
話をきかなきゃわからん!
※この例はわかる人だけわかってください
 わからない人はそのままにしても何の問題もございません



ただ、この回答を読んで、なんか、すとんと、腑に落ちた。

もし、
「この箸のなかで、フォークはどれですか?」
ときかれたら
「フォークはないです。
 箸しかありません。
 でも箸は、必要に応じてフォークの役目を果たしますよ。
 からめとるのも、つきさすのも」
と腐人は答える。

そういうことなんだよね。

男女だって、そうでしょ。
合コンで知り合ったとかゆー組み合わせで
いざ鎌倉となったとき、

「ボクは、ドMなので、縛られたいんですが、
 あなたは女王様ですか?」

なんて、よほどじゃなきゃ言わんわなぁ・・・。
とりあえず、普通にやるだろう。

出会いがSMクラブとかなら別だが。

そんでつきあいを続けるうちに不満がたまって
性の不一致で別れたりする。

そういうことなんだろなー。

ああ、なんか長年の疑問が、今、氷解した気がする。

それにしても、そうやって考えると、
やっぱBLは乙女のファンタジーなんだなぁ・・・。

って、何の結論に達してんねん!!!


ま、そんな感じにですね、
腐人としては、いろいろ考えさせられながらも
とても楽しく読ませていただいた本でした。

いつまでも仲良く、末永くお幸せに。


あ、そうだ。
なんで、「ハズバンド」表現にこだわるのか、
そこがちょっとわかんなかった。

日本語だと、「連れ合い」とか、「相方」とか
夫と妻にこだわらなくても、
いろんな表現あるのになぁ・・・。
[ 2014/09/04 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

結論)クゥゥゥゥゥゥゥゥゥ~ル じゃ パーン!

この先、ちょいとワタワタしそうな予感があり、
その前に片付けてしまうことにする。

これまでの話の流れは、
このふざけたタイトルで過去記事検索してもらえばヒットするので
ご興味ある方はそちらをどうぞ。

ちなみにカテゴリー[コンテンツ&読書録 ]でくくってますが、
他の話も混じってます。


結論は、簡単にいってしまえば、

行政は、「恒久的な場」をつくることだけをしたら?

かな。

ちなみに腐人は行政関連の知識や法がわかってないので
それができるんだかどうだかは知りません。

自分らででけんから、金だけ業者や外郭団体に丸投げし
間をたんまり抜かれて、結果がクソカスになる図ってのは
よく報道できく。

だから、実際やったらそーゆー話になるのかもしれん。

ただ、そーゆーことゆってっと、
目指す理想形すら話ができなくなるので
まずは、その絵を描いてみたい。

その上で、何ができて、何ができないのかを全部出し、
できることはやり、
できないことは、なにをどうしたら、この形に近いことができるかを
検討してったらいいんじゃね?

ちなみに金についても、全く考えてません。

だって、予算とるときって、そうじゃねぇの


目指す形はものごっつい単純。
2つだけ。

1つは、
1日中、日本のコンテンツや日本製品CMを垂れ流す
クールジャパンチャンネルをつくる。

もう1つは、その日本のコンテンツや日本製品を買える
クールジャパン・アンテナショップをつくる。

こんだけである。

※以下、名称が長いんで、
ジャパンチャンネル、ジャパンショップとさせてもらいます


具体的にいうと、こんな感じ。

前から書いてるが、コンテンツを作ってる会社ってのは
大体が、ちっぽけだ。

日本のいいもの、と言われてるものだって、
小さな会社や工場が多かったりする。

そういうところは、金も人もギリギリでまわしてる。
ちょっと無理したら、すぐグラつくような自転車操業状態だ。

こないだ誰だったかアニメの監督が、
映画の制作の仕事が入り、
毎週放映してるテレビの制作に人手が足らなくなってしまい、
誰か助けて!とツイッターで叫んでいた。

ホント、コンテンツ制作の現場は、
好きでなきゃやってらんないという水準で、
余力なんてカケラもない。

だから、コンテンツを輸出しろとかいわれても、
そりゃやったら金が入るだろうが、誰がやんの?
今、やれる人なんていないよ?
目の前の仕事片付けるので精一杯、
むしろそんなのやる暇あったら、こっち手伝って!という話でさ。

それも9時5時で、精一杯っちゅーてんのとちゃう。
ほぼ会社に住んでるような状態で、精一杯とゆっとるんだ。

『大東京トイボックス』
ミカパンとかイツパンってゆってたけど、
あれ、全然誇張じゃない。

※ミカパンとは、3日間はき続けたパンツ
イツパンとは、5日はき続けたパンツのこと


よって、加工(翻訳など)をして売れば
金になるとわかっていても
それができないんだよね。

仮にそこを頑張ったとしても、
じゃぁ全く開拓されてない海外市場にのりこんで
拠点つくって営業かけてなんてことをする金はない。

だから、せめてそこのとこだけでも助けたって、
とゆっとるんだな。

これが向こうで売れるブツです、というのを納めさえすれば
ジャパンチャンネルで流しますよ、
ジャパンショップで売りますよ、
としてくれりゃー、
供給側は、もうちょっと頑張るだけで済まないか?

そんで、そのコンテンツをテレビで垂れ流す。

そりゃ費用のこと考えれば、ネットにしたほうが安いだろう。

でも、いくら可処分時間のとりあいになってて
テレビを見る人が減ったとはいえ、
まだ、テレビの威力というのは大きい。

それも無料視聴のものは。

100円を110円にするのと、
0円を10円にするのとでは、
同じ10円であっても、後者のほうが大変だ。

それは逆をいえば、タダなら見る、という人がいるということで。

さらにいえば、
有料でも見る人は、何があっても見たい人(元々、想定されてる市場枠)。

でも、儲けを出すためには、
見る気がなかった、興味がなかった人たちを客にしなきゃいけない。

だからこそ、ここの初手は、「フリー」でいたい。
回線料もかからず、速度の心配もない「フリー」で。

そう・・・非常に聞こえの悪い言葉でいえば、
「フリー」での垂れ流しによって、
日本のコンテンツに無関心な層をマインドコントロールする


これを狙いたいの。

チビをみてるとね、その効果ってすげーわかるのよ。

大きなお友達たちは、ほっててもいいの。
ハマるやつは、勝手にハマるし、
ハマらないやつの頭をカチ割るのは、
真っ白な頭をもってるチビを染めるより難しい。

だから、そこの開拓に労力つぎ込むのは、
労力&費用対効果でみりゃ薄いから
無視したらいいんだよ。

でも、チビをマインドコントロールしたら、
それは息が長いマーケットをうみだすわけよ。

で、いずれ世界の先進国は少子化となり、多老社会になる。
そうすっと、一人のチビのバックには、たくさんのサイフが存在する。

そして、10代の少女が欲しいものを手に入れるには
余所のオジサンにギブアンドテイクで援助してもらわなならんが
チビなら、「これほしー」の4文字でOK。

なんて簡単!

その際たる例が、ディ●ニーだよねぇ。

で、その一度染まった子が
どれだけ息の長い客になるかってのは、
ガン●ムみてりゃわかるわな。

ものすごいこといってしまえば、質はそこそこあればいい。
たまに石が混じってもいいから、垂れ流す。

そう、ポイントは「垂れ流す」こと。
大宅壮一さんがおっしゃった「一億総白痴化」を実行するの。

もし埋まらないなら、
昔のアニメの使いまわしでもよかろう。
世界名作劇場でも、日本昔話でも。

需要?視聴率?スポンサー?

そんなのを気にせんでええがために、
行政が恒久的な場を提供しろとゆーてますのや。

人の記憶は、繰り返されることで強くなる。

繰り返し繰り返しテレビで流され、
それをぼーっと眺めてただけでも、
いつしか、記憶に刷り込まれる。

それやれば?ってお話。


で、そーゆーので刷り込まれたら、
人はそれが欲しくなるもんなんだ。

だから、思い立ったら買いにいけるような
ジャパンショップを作んなせぇとゆっとるんです。

ほんでここは、できたらいろんなものがあるといい。

定番であるものと、
期間限定であるものが一緒にあれば、
リピーターは増えるだろう。

専門店ではなく、総合小売か。

そこに現地語で、実演販売するような人がいたら
さらにおもろいだろね。

まぁこの辺は、メーカー側が人を出すか、
いっそのこと販売専門スタッフ
何がきても売りまっせっちゅー販売のプロがいてもいいなぁ。

それこそ雇用だなんだっちゅーなら、
そういうのの育成システムやりゃいいじゃん、行政でさ。

でもって、このショップね。
別に、一等地じゃなくていいのだ。

とりつくろって装うことが重要な店なんじゃない。
中の質が重要な店。
だから、環境と利便性は重視されるべきだが、
立地はさして重要じゃない。

アキバが男オタクの聖地に勝手になっていったように、
銀座がアンテナショップの集合地になってったように、
勝手になっていくからさ。


とね。
ビジネスの工程の中で、
クールジャパンに関係するような中小企業が弱いのは、
営業(売る)部分であり、
固定費の負担部分である。

その2ヶ所を、行政が代わりに背負ってやって、
「場」の提供だけやったったら、どうやねん


っちゅーのが、
腐人のクールジャパンに対しての結論だ。

金は分散してつかうんやない。
集中して落とせ!


と腐人は思うんやけどねぇ。
せやないと、効果ないで。

ホントは業種別にああしたら?的なことはあるけど、
それやっとったらいつまでたっても終わらんので、これで終わり。

やた!
9月になってもうたけど、これで宿題終了やー!!!

・・・たぶん。
[ 2014/09/03 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)

『自閉症遺伝子 見つからない遺伝子をめぐって』について

腐人は、フィクションは作家で読むことが多いが、
ノンフィクションはネタで読む。

ただ、興味ある分野ってのは、やっぱ偏っちゃうので、
今回も、読み終えるまで気づかなかったのだが、
この著者さんは、以前、ここで取り上げた
『人種は存在しない 人種問題と遺伝学』を書かれた方だった。

まず、書誌情報の再掲載からいきますか。

(772)一般本 『自閉症遺伝子 見つからない遺伝子をめぐって』 ベルトラン・ジョルダン、林昌宏

腐人自身は、自閉症とは、

遺伝が原因で生ずる病気であり
脳の器質的なところが問題であるがゆえに
脳がまだ固定化されてない幼少期に療育によって
若干の改善ができるかもしれない、
というぐらいしか、残念ながら対処法法がない疾患


という認識だ。

ちなみに

その遺伝要因を持っているのは恐らく男性。
高齢になればなるほど、その出現率があがることは事実だが
なぜなのかは、まだわかっていない


という認識もある。


この辺は、本やニュースの
読みかじり、聞きかじりで集めたものなので
まぁ、今の一般認知はこんな感じなんだろな、
と思っていた。

だから、この本を読んで、すごくびっくりしたのだ。

フランスでは、いまだに自閉症の原因として、
親子関係(特に母親)の愛情不足
っちゅー説が語られてるってことに。

あと、グルテンやカゼインの摂取をやめればよくなるとかの
食餌療法とかも、未だにあるということに。
※後で、ちょっと補足します

へ、へぇぇぇぇぇ・・・
溺れる者は藁をも掴む という心境なのか。
何かにすがりたい気持ちがそうさせちゃうのかねぇ。

発言小町で、よく子供がそうだといわれた、という
お母さんの相談が載ってるが
レスには、すこしでもはやく療育を、というのがつくから、
日本のほうがまだマシなのかもしれないなぁ。


ちなみに、この病気についてもうちょっと補足すると、
男女比は、圧倒的に男が多く、4:1。

診断がつきだすのは、4歳頃からだそうだが、
できれば、療育は2歳から始めたほうがいい、
と言われている。

しかし、4歳の時点ですら、診断するのが難しい病気なので、
2歳で診断するのは、現時点では、ほぼ不可能。

そのため、この大事な2年を無駄にロスさせないためにも
遺伝子マーカーで、
自閉症であるかどうかを判明させられないか?
という研究が進められている。

この本は、その現状について書いてあるものだ。

ただ、残念ながら、結論を先に言うと、
本のタイトルにあるとおり、まだみつかっていない。


とはいえ、潜在需要としては、
ハイリスクグループ(兄弟姉妹に自閉症患者がいる)だけでも
十分、市場が見込めるし、
もし製品化できれば、ほぼ間違いなく大きな市場になる。

ってことで、ベンチャー企業が頑張っているらしいのだが、
今のところ、うまくいってない。

なぜか。

まず、この疾患が、単一遺伝子疾患(※)ではないから。
※メンデル型疾患、メンデル遺伝病ともいう

この単一遺伝子疾患ってのは、
ある 1 個の遺伝子(単一遺伝子)が原因で起こる病気のこと。

遺伝性疾患は3000種類ぐらいあって、
この単一遺伝子で起こるものと、
複数の原因遺伝子をもつものがあり、
単一遺伝子疾患の場合だと、
その遺伝子が特定ができれば、患者数を抑えることができる。

その代表例が、テイ - サックス病 だ。

どういうやり方をしたかとかを知りたい人は、
『人種は存在しない 人種問題と遺伝学』を読んでもらうか、
このブログの過去にあるこの本のコメント読んでくらさい。

他にも単一遺伝子疾患は、
ハンチントン病(ハンチントン舞踏病)、
嚢胞性線維症、鎌状赤血球貧血、
筋硬直性ジストロフィー症などがある。

自閉症は単一遺伝子疾患ではないので、
いくつか、これではないか?と思われる候補はあがっているが、
現時点で、確定されたものはない。



続いて、理由の2つめ。

発現症状が複雑であること。

上記に書いた病気の場合、
この症状がでればこの病気、という明確な病態があるが
自閉症の場合、病態が複雑なので、
偽陽性~陽性~偽陰性と、グレーゾーンが大きくなってしまう。

そうすると、当然ながら、
遺伝子比較がしにくくなる。

例えば、
自閉症と診断されたAさんと、そうじゃないBさんは
ココが違っているが、
自閉症の疑いがあるCさんと、そうじゃないBさんだと、
ココは同じだけど、アッチが違う。

問題はココ?それともアッチ??

と、そーゆー話が頻発するんだそう。
※一般の人でも遺伝子のコピーエラーは結構な頻度で出現する


その上、この比較は、発現率の高さからして、
できれば自閉症患者の兄弟姉妹がいるといいらしいのだが、
現実的には、第一子が自閉症児だった場合、
きょうだい児を産まない方が多いので、
症例数が思うように集まらないという。

そりゃそーだわなぁ
研究のために子供産むんじゃないもんねぇ。


ちなみに
「だったら、自閉症が遺伝性疾患だと言えないんじゃないの!?」
とおっしゃりたいかたもいらっしゃるかもだが、
これは双子の研究により、ほぼ間違いないとされてます。

どういう根拠なのか、ご興味ある方は本書をどうぞ。

・・・とまぁ、そういう事情があって、
研究者さんたちが努力してますが、
自閉症をひきおこす遺伝子は、まだみつけられてない。

とはいえ、まさに日進月歩の世界なので
今この時点でも変動してると思いますし、
いくつもの遺伝子が候補にあがっちゃ消え、あがっちゃ消えしてる中、

PITX1

脳下垂体ホルモンに介入する遺伝子だそうですが、
これは、統計学的に自閉症とつながりが強い
といえるだけの根拠がみつかったとのこと。


他にも

H2AFY


もしかしたらこの遺伝子によって
自閉症が主に男性に発病する理由が説明できるかもしれないと
著者のジョルダンさんは、おっしゃっている。

そういや、自閉症の個体と、そうでない個体の比較より、
男女比が4:1であることに注目して、
そっちの差異を探したほうがいいんじゃないか?
と、おっしゃってたなぁ。

研究者さんが腐人のブログごときを読んでるとは思わないが
もしお読みであれば、
そういう切り口を試してみられるのもよろしいかもしれない。


最後に食餌療法の補足。

ジョルダンさんは、
これ(食餌療法)によって「治る」ことはない、
とおっしゃっている。

この疾患が、
映画『ロレンツォのオイル』のような原因によって
発症するならば、効果があるのかもしれないが、
残念ながらそうじゃないからなぁ・・・と腐人も思う。

ただ、症状の緩和という点においては、
頭から否定しちゃわなくてもいいんじゃないかな?
っちゅー気持ちもあるのだ。

なんでかというと、
ダニエル・タメットさんという方がおりましてですね。

この方は、サヴァンで、共感覚をもち、
アスペルガー症候群を抱えてはるのだが、
自閉症の研究者にとって、
ものすごく貴重な存在といわれてる。

なんでかっちゅーと、
自閉症患者の多くは、
どうしてそういう行動をとるのかを説明できないんだけど、
タメットさんは、説明できるから。

なので、研究者にとって「なぞ」なところが
「どうしてか」わかってくるからだ。

実際、腐人は著作を読んだが、
ものすごくわかりやすく書いてある。

で、この方がその著作の中で、
電動歯ブラシを使えない理由ってのを書いてはるんですな。

聴覚がとても過敏なため、
通常、気にならないような音域の音が聞こえてしまい、
それが耐えられないんだそうだ。
※今は、耐えられる周波数のものがでたから平気とのこと

だから、彼は小さい頃、
歯磨きを嫌がり、逃げまくったらしい。

でも、親にとっては、
「歯を磨きなさいといっても、暴れて歯磨きをさせない子」
としか見えない。

歯ブラシさえ別のものにしたら収まる、
たったそれだけの、とても簡単なことなのに、
その意思疎通ができない、
これが自閉症のやっかいなところなんだと思う。

なので、もしかしたら
グルテンやらカゼインやらにアレルギーがあって
拒絶を示しているだけなのに、
そのあらわし方が、言葉ではなく、癇癪やら暴れる、
という形で、でているのかもしれない。

ちなみに、腐人はグルテンくさいの大嫌いで、
アレルギーは起こさないが、飲み込めない。
リバースします。

だからさ、余計に思うのかもしれないが、
それらを除去する食餌にすることで、
子供がおとなしくなるというなら、
それはそれで効果があるといえるんじゃない?
と思うんだよなぁ。

実際、腐人は赤ん坊の頃、
癇癪は起こさなかったが、
食わされるたびにリバースする、
という対抗手段にでたからね。

なので、
根治治療ではなく、対症療法だけど、
それでよくなることが1つでもあるなら、
やる意味はあるんじゃないかなぁ。

でも、勘違いして
「治った」と思ってはいかんけどさ。


決して読みやすい本ではないし、
もしかしたら関係者にとっては、
希望を打ち砕かれることのが多いのかもしれないが
現状を冷静に分析してる、いい本だと思います。

ご興味ある方はどうぞ。
[ 2014/09/02 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

主に読書録

この週末は、
軟式高校野球が気になって気になって。

だって・・・
長髪ですよ!!!←そこかい

腐人は働かなくてもよくなったら
即、坊主にしようと思っている人だが、
坊主にすると、ガードするものがなくなるので温度調節が大変だと、
天然坊主の方に言われた。

でも、それ考えたら、
球児は長髪こそが正しいような気がする・・・。

あ、でも、長髪だと臭いはどうなんだろなぁ・・・。


さて、週末、ブログをサボっていたので、
今日はサクサクッと、読書録のおかたづけ。

●29日
(762)BL/リンクス 『ウサギ系男子の受難』 桐嶋リッカ
  オオカミとライオンはいいんだけど、
  ウサギとヒツジは、こっちがでてる間、
  本来の耳はどうなってんの??
  
  ひっこむのか、ダブルのか。
  そこが気になる。

  でもって、腐人的には、
  ミミもいいけど、シッポなのよ!シッポ!!

  バニーだってそうだが、これはセットだからこそ
  かわいさ倍増するんであって、
  単品だと、激減よ!!!

  ってことで、薬を乱用してたら、シッポが生えてきた・・・
  ってことにならんかなぁ。

  そして、チビがいないのが不満。

  っちゅーことで、いい加減、グロリアの新刊で、
  もふもふチビライカンが読みたいです。

(763)BL/リンクス 『微睡の月の皇子』 かわい有美子
  この時代といえば、腐人的には山岸涼子さん。
  それこそ、『月読』ってありましたね。

  それを思うと、
  「懐かし少女マンガへのオマージュシリーズなのか?」
  とか思ってしまうんですが、どうなんだろう・・・。

  そんでもって気になるのが、この方々の寿命。
  神様だとどうなるんだ???
  
  個人的には最後の因幡の黒兎が好きだわ。
  やりすぎて皮むかれんようにな。

(764,765)一般本 『水晶球を抱く女 英国妖異譚 12』『ハロウィーン狂想曲 〃 13』 篠原美季
  まとめて読むと、単品で読んでる時にはみえにくい
  大きな流れがみえるなぁ。
  
  ってことで、腹をくくって再読することにする。
  
●30日
(766,767)一般本 『万聖節にさす光 英国妖異譚 14』『アンギヌムの壷 〃 15』 篠原美季
  このシリーズ読むことで、
  キリスト教関係の節句っちゅーか、イベント?の知識を得たが、
  ユウリ以上にアンポンチーなので、
  再読してみると、過去に読んだはずなのに、
  その知識がちっとも己の中に残っていないことに気づく。

  ・・・ま、いっか。
  新作読んだ気分になれるからよしとしよう。

(768、769)マンガ 『お前はまだグンマを知らない 1』『〃 2』 井田ヒロト
  えっと、関東に住んで××年になりますが
  「まだ」どころか、「まったく」知りません、グンマ。

  毎日、天気予報でみてるはずだが、
  正直にいいます、栃木とどっちがどっちかわからん。

  ちなみに富岡製糸場も、
  『ああ野麦峠』とか『女工哀史』のイメージで
  てっきり長野にあるんだと思ってました。

  ああ、グンマ人に殺されそうだわ・・・。

  でも、言い訳させてもらえばだね、
  腐人は関西生まれの関西育ちなのよ!

  なので、遠足も合宿もデートも、京阪神+奈良なんだって!

  ・・・と考えると、グンマって関西でいうと
  ××とか、×××とか、××?

  ・・・確かにあの辺は、めったなことがなければ
  わざわざいかんな・・・うん。
  超、足の便わるいし、車ないと動きつかんし。
 
  そもそも腐人は出不精で、
  釣られるとすると、温泉と旨いメシぐらいしか餌にならんのだが  
  草津いくなら、箱根でいい。

  足の便いいし、近いし、美味しいし。
  大箱ホテルがキライな腐人にとっては、
  箱根は好みの宿がいっぱいあるんだよなー。
  高いけど。

  こないだの機会費用の話じゃないが、
  往復にかかるロスとか考慮すると、やっぱ箱根を選ぶぞ。 
  もしくは鬼怒川とか。

  鬼怒川もなー
  そりゃ京都のゆばのが好みだが、
  鬼怒川のゆばと、グンマのみそまんじゅうだと
  ごめん、ゆば選ぶ。

  ・・・と、本当に悪いんだが、
  わざわざグンマに行きたい!と思わせてくれるもんが
  なさすぎなのよ、グンマ!

  ま、そーゆーことを外部の人にいわれなくても十分わかってる!
  って感じのマンガだよね、これ。

  自虐と愛に満ち満ちてます。

  グンマの知識がまったくない腐人には
  「ふーん」だったけど、
  たまにグンマにいってる血族にはとてもウケてました。

  そういや、仕事仲間でグンマ出張がたまに入る人がいるんだが
  「・・・明日、グンマだよ・・・あそこ遠いんだよ・・・」
  と、こぼしていた。

  往復に時間がかかりすぎて、1日つぶれちゃうらしい。


  ちょいと話がずれますが、
  腐人は引越しを転々としてきた結果、
  大都市圏に通うのに片道2時間以上かかる人ってのが
  進学にしろ、就職にしろ、一番かわいそうかもしれないなぁと思う。

  2時間だと通おうと思えば通えなくはないが、やっぱしんどいし、
  激務の仕事を希望するなら、その時点でNGだ。

  でも、じゃぁ職場に近いところに引っ越すかとなれば
  お金がかかるし、就職で自宅者がいいとされちゃうと不利になる。

  ものすごーいジレンマだと思うんだよね。

  まぁ、血族にきくと、
  「グンマから都心へは通勤無理だと思うよ。
   電車の本数がなさすぎて」
  ってことではあったが。

  通ってる方、いてはるんやろか・・・?
  
  どうでもいいが、先日、発言小町で
  「茨城からでも「上京」と言うのですか?」
  ってのがありましたが、
  その気持ち、グンマ人ならわかるんでしょうか?

  腐人なんぞは、電車の上り下りを考えればわかるじゃん
  とか思っちゃうんですが、
  そういうことじゃないみたいなんだよなー。

  その辺、流浪の民で、故郷をもたない腐人なんぞには
  土地対して執着やらコンプレックスやらを感じる気持ちは
  さっぱりわからんのですが。

  執着もつと、面倒なのねってのがよくわかるマンガです。

●31日
(770、771)一般本 『十二夜に始まる悪夢 英国妖異譚 16』『誰がための探求 〃 17』 篠原美季
  タンキュー・・・・・・
  どーでもええやんといったらいかんのやろか。

  それゆーたら聖地のとりあいなんかも
  腐人には理解不能の範疇なんだよねぇ。
  そこから黄金や石油がザクザクとかゆーならともかく。

  好きでやりよる人がどーなろーと知ったことかと思いますが
  毎回毎回みごとにユウリが巻き込まれてるのをみると
  巻き込まれんよう、もっと自衛せぇ!といいたくなりますな。

  ま、これは周囲の皆が思ってることなんだろうけども。

  どうでもいいが、腐人がシモンのパパならば、
  パスカルだけじゃなく、
  ウラジーミルもルパートもいい人材だと思うがなぁ。  

  トップになればなるほど、
  本当に信頼できて使える人材というか駒をいくつもってるか  
  ってのが重要になるしさ、
  耳に痛いことでもちゃんと伝えてくれる情報ルートをもつことって
  ものすごく重要だと思うので。

  権力をもつと、イエスマンばっかり集めたがるのが一般的で、
  そうなると、情報疎外者になっちゃってることもあるんだよね。
  知らぬは本人ばかりなりって。

  テイラーはオニールと同じ位置づけで、
  スポーツ界における広報担当になってもらうとよかろうて。

  そんで、家に帰るとユウリが迎えてくれたら、
  最高じゃろう?シモン君。

(772)一般本 『自閉症遺伝子 見つからない遺伝子をめぐって』 ベルトラン・ジョルダン、林昌宏
  えーっとこれはちょっと別途やります。
[ 2014/09/01 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。