或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年09月 ]
08 | 2014/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

結論)クゥゥゥゥゥゥゥゥゥ~ル じゃ パーン!

この先、ちょいとワタワタしそうな予感があり、
その前に片付けてしまうことにする。

これまでの話の流れは、
このふざけたタイトルで過去記事検索してもらえばヒットするので
ご興味ある方はそちらをどうぞ。

ちなみにカテゴリー[コンテンツ&読書録 ]でくくってますが、
他の話も混じってます。


結論は、簡単にいってしまえば、

行政は、「恒久的な場」をつくることだけをしたら?

かな。

ちなみに腐人は行政関連の知識や法がわかってないので
それができるんだかどうだかは知りません。

自分らででけんから、金だけ業者や外郭団体に丸投げし
間をたんまり抜かれて、結果がクソカスになる図ってのは
よく報道できく。

だから、実際やったらそーゆー話になるのかもしれん。

ただ、そーゆーことゆってっと、
目指す理想形すら話ができなくなるので
まずは、その絵を描いてみたい。

その上で、何ができて、何ができないのかを全部出し、
できることはやり、
できないことは、なにをどうしたら、この形に近いことができるかを
検討してったらいいんじゃね?

ちなみに金についても、全く考えてません。

だって、予算とるときって、そうじゃねぇの


目指す形はものごっつい単純。
2つだけ。

1つは、
1日中、日本のコンテンツや日本製品CMを垂れ流す
クールジャパンチャンネルをつくる。

もう1つは、その日本のコンテンツや日本製品を買える
クールジャパン・アンテナショップをつくる。

こんだけである。

※以下、名称が長いんで、
ジャパンチャンネル、ジャパンショップとさせてもらいます


具体的にいうと、こんな感じ。

前から書いてるが、コンテンツを作ってる会社ってのは
大体が、ちっぽけだ。

日本のいいもの、と言われてるものだって、
小さな会社や工場が多かったりする。

そういうところは、金も人もギリギリでまわしてる。
ちょっと無理したら、すぐグラつくような自転車操業状態だ。

こないだ誰だったかアニメの監督が、
映画の制作の仕事が入り、
毎週放映してるテレビの制作に人手が足らなくなってしまい、
誰か助けて!とツイッターで叫んでいた。

ホント、コンテンツ制作の現場は、
好きでなきゃやってらんないという水準で、
余力なんてカケラもない。

だから、コンテンツを輸出しろとかいわれても、
そりゃやったら金が入るだろうが、誰がやんの?
今、やれる人なんていないよ?
目の前の仕事片付けるので精一杯、
むしろそんなのやる暇あったら、こっち手伝って!という話でさ。

それも9時5時で、精一杯っちゅーてんのとちゃう。
ほぼ会社に住んでるような状態で、精一杯とゆっとるんだ。

『大東京トイボックス』
ミカパンとかイツパンってゆってたけど、
あれ、全然誇張じゃない。

※ミカパンとは、3日間はき続けたパンツ
イツパンとは、5日はき続けたパンツのこと


よって、加工(翻訳など)をして売れば
金になるとわかっていても
それができないんだよね。

仮にそこを頑張ったとしても、
じゃぁ全く開拓されてない海外市場にのりこんで
拠点つくって営業かけてなんてことをする金はない。

だから、せめてそこのとこだけでも助けたって、
とゆっとるんだな。

これが向こうで売れるブツです、というのを納めさえすれば
ジャパンチャンネルで流しますよ、
ジャパンショップで売りますよ、
としてくれりゃー、
供給側は、もうちょっと頑張るだけで済まないか?

そんで、そのコンテンツをテレビで垂れ流す。

そりゃ費用のこと考えれば、ネットにしたほうが安いだろう。

でも、いくら可処分時間のとりあいになってて
テレビを見る人が減ったとはいえ、
まだ、テレビの威力というのは大きい。

それも無料視聴のものは。

100円を110円にするのと、
0円を10円にするのとでは、
同じ10円であっても、後者のほうが大変だ。

それは逆をいえば、タダなら見る、という人がいるということで。

さらにいえば、
有料でも見る人は、何があっても見たい人(元々、想定されてる市場枠)。

でも、儲けを出すためには、
見る気がなかった、興味がなかった人たちを客にしなきゃいけない。

だからこそ、ここの初手は、「フリー」でいたい。
回線料もかからず、速度の心配もない「フリー」で。

そう・・・非常に聞こえの悪い言葉でいえば、
「フリー」での垂れ流しによって、
日本のコンテンツに無関心な層をマインドコントロールする


これを狙いたいの。

チビをみてるとね、その効果ってすげーわかるのよ。

大きなお友達たちは、ほっててもいいの。
ハマるやつは、勝手にハマるし、
ハマらないやつの頭をカチ割るのは、
真っ白な頭をもってるチビを染めるより難しい。

だから、そこの開拓に労力つぎ込むのは、
労力&費用対効果でみりゃ薄いから
無視したらいいんだよ。

でも、チビをマインドコントロールしたら、
それは息が長いマーケットをうみだすわけよ。

で、いずれ世界の先進国は少子化となり、多老社会になる。
そうすっと、一人のチビのバックには、たくさんのサイフが存在する。

そして、10代の少女が欲しいものを手に入れるには
余所のオジサンにギブアンドテイクで援助してもらわなならんが
チビなら、「これほしー」の4文字でOK。

なんて簡単!

その際たる例が、ディ●ニーだよねぇ。

で、その一度染まった子が
どれだけ息の長い客になるかってのは、
ガン●ムみてりゃわかるわな。

ものすごいこといってしまえば、質はそこそこあればいい。
たまに石が混じってもいいから、垂れ流す。

そう、ポイントは「垂れ流す」こと。
大宅壮一さんがおっしゃった「一億総白痴化」を実行するの。

もし埋まらないなら、
昔のアニメの使いまわしでもよかろう。
世界名作劇場でも、日本昔話でも。

需要?視聴率?スポンサー?

そんなのを気にせんでええがために、
行政が恒久的な場を提供しろとゆーてますのや。

人の記憶は、繰り返されることで強くなる。

繰り返し繰り返しテレビで流され、
それをぼーっと眺めてただけでも、
いつしか、記憶に刷り込まれる。

それやれば?ってお話。


で、そーゆーので刷り込まれたら、
人はそれが欲しくなるもんなんだ。

だから、思い立ったら買いにいけるような
ジャパンショップを作んなせぇとゆっとるんです。

ほんでここは、できたらいろんなものがあるといい。

定番であるものと、
期間限定であるものが一緒にあれば、
リピーターは増えるだろう。

専門店ではなく、総合小売か。

そこに現地語で、実演販売するような人がいたら
さらにおもろいだろね。

まぁこの辺は、メーカー側が人を出すか、
いっそのこと販売専門スタッフ
何がきても売りまっせっちゅー販売のプロがいてもいいなぁ。

それこそ雇用だなんだっちゅーなら、
そういうのの育成システムやりゃいいじゃん、行政でさ。

でもって、このショップね。
別に、一等地じゃなくていいのだ。

とりつくろって装うことが重要な店なんじゃない。
中の質が重要な店。
だから、環境と利便性は重視されるべきだが、
立地はさして重要じゃない。

アキバが男オタクの聖地に勝手になっていったように、
銀座がアンテナショップの集合地になってったように、
勝手になっていくからさ。


とね。
ビジネスの工程の中で、
クールジャパンに関係するような中小企業が弱いのは、
営業(売る)部分であり、
固定費の負担部分である。

その2ヶ所を、行政が代わりに背負ってやって、
「場」の提供だけやったったら、どうやねん


っちゅーのが、
腐人のクールジャパンに対しての結論だ。

金は分散してつかうんやない。
集中して落とせ!


と腐人は思うんやけどねぇ。
せやないと、効果ないで。

ホントは業種別にああしたら?的なことはあるけど、
それやっとったらいつまでたっても終わらんので、これで終わり。

やた!
9月になってもうたけど、これで宿題終了やー!!!

・・・たぶん。
スポンサーサイト
[ 2014/09/03 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。