或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年09月 ]
08 | 2014/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姫の決意

金曜の夜、22時近くのこと。

腐人が巣に戻ると、
1階のエントランスのところで姫パパと遭遇した。

最近、よーやく姫がいなくても
パパを見分けられるようになったのだ!
(基本、腐人はチビの顔は覚えるが
 親の顔は覚えない・・・)

あら、こんばんはー
と、いつもの調子で腐人が挨拶すると
パパがこわばった顔をして言った。

「さっき入ったメールによると、
 姫がまだ御宅にお邪魔しているようなんですが」

へ?
また「かえらないのー!」をやっとるんか?
と腐人は思ったんで、
「まぁ、姫はよそで寝るのはまだ抵抗あるみたいだし
 パパが帰ってきたときいたら
 すっとんでくるんじゃないですか?
 ははははは」
とお気楽な返事をしたのだが、
パパはもやもやしてる模様。

エレベータが到着するなり、
「状況を確認してきます!
 失礼します!」
と、ダッシュで家にむかっていった。

ほへーと思いながら、腐人は腐人で
「たらいまー」
とやったら、
「しーっ!!!」と返ってきた。

玄関には姫様のお履物があり、
なるほど、パパの情報どおり、うちで寝ちまったらしい。

それにしても、
もしこういうお泊まりなんてイベントをする場合、
パパに事前許諾なくやるとは思えんのだが・・・??
と、事情をきいてみると、こうだった。

ちょいと前のある日、姫が、突然、
「ここでお泊まりがしたい!」
とゆーたらしいのだ。

しかし、その日は平日。

周囲の大人たちに
「明日も朝から幼稚園があるでしょ?
 お泊まりは次の日がお休みの日にしようね」
と説得され、しぶしぶ了承。

大人たちはそんなことがあったのを
ケロリンパと忘れてたらしいのだが、
金曜の夕方になって、姫様がおもむろに宣言をなさった。

「明日はお休み。
 だから、今日はここにお泊まりするの!」

大人たちにしてみれば、前のいきさつがあるから、
そこでダメとはいえず
(教育上、一度口にした子供との約束は守らないとならん)、
ま、途中でギャン泣きしたとしても、
同じ集合住宅内だから、おぶってきゃいいやね、
ってことになったらしい。

いったい、どんな様子なのか寝室を覗くと、
芸術的な寝相技をご披露してくださっていた・・・。

そういや前に王子が、腐人家に泊まったとき、
「ベッドで寝る?それともお布団で寝る?」
ときいたら、
「ベッドは落ちるから、お布団がいい!」
っちゅーてたなぁ。

でもそれ、ベッドが悪いんじゃないと思うな。


それにしても大人たちにとっては、
なんで急に姫がこんな行動をとったのかが、
全くわからんかったのだが、それは翌朝判明した。


いつものよーに深夜読書にふけり、
朝寝を堪能していた腐人のもとに、
姫がダイブしてきたのは、翌朝の7時半頃か。

頼むよー寝かせてくれよー・・・(T_T)
ってな腐人の苦情は、するっと無視され、
ちょっとききなさい!と命じられる。

「はいはい、なんですか、姫様。」

「あのね!
 姉姫様(※)は5歳の時に、
 姫の家に一人でお泊まりしたの!

 (※姉姫様:
  近所の姫の1個上の子なのだが、
  お互いベビー時代からのつきあい。
  今はいいライバルであるが、
  二人揃うと結託してグレムリンになる・・・

 それでね!
 王子もね、5歳のときに
 一人で腐人家にお泊まりしたの!

 だからね!
 姫も5歳だから、お泊まりしたの!」


「な、なるほど・・・
 そういう事情っちゅーか、
 姫とっては、5歳になったときから、
 そのような決意を胸に秘めておられ、
 昨夜、その乗り越えねばならぬ試練を
 やっとクリアなされたんですな。
 ご立派、ご立派・・・ってことで、
もっかい寝てもよろしゅうおすか?」

「だめーっ!!!」

と、結局、朝も早よから、文字通り叩き起こされ、
リビングでゾンビ状態になってたら、
姫ママからメールがくる。

「パパが今から出勤なんですが、
 昨夜、姫に会えなくて(※といっても、いつも寝顔らしいんだが)
 すごくさみしかったらしく、寄らせてもらいたいそうなんですが、
 今からいってもいいですか?」

姫はケロリとしていたが、
パパママは、突然のことで、心配だわ、寂しいわな夜だったらしい。


こーゆー姫や王子との話を周囲の人にすると、
「それ、本当の話?それもこの都会で??」
と、よくきかれるのだが、
都会でおきてる本当の話。

ま、登場人物が変わってるんだろな。



さて、全く別の話なんだが、
ちょっと読みかけ放棄した本のことを自分用アーカイブで。

『ハンナ・アーレント-「戦争の世紀」を生きた政治哲学者』

2012年だかに、映画になったらしいんだが、
腐人がこの本を手に取ったきっかけは、それではない。
映画みないからなー。

なんだったか、いまいち思い出せないんだが、
それこそドイツで迫害にあったユダヤ人ながら、
ナチのアイヒマンの裁判で、擁護するような発言があったとか
なんとかゆー記事を読み、興味を抱いたような気がする。

で、手にとってみたのだが
・・・忘れていました。
腐人、哲学ってのが大嫌いなんだった・・・(-_-;)

や、だって、
「で?」と言いたくなるようなことを
こねこねぐちゃぐちゃこねくりまわし、
「・・・で・・・(~_~;)?」と言いたくなるような結論を出すって、
腐人には、時間と労力の無駄にしか思えないんだもん!

ってことに、第1章を読み終えたあたりで気づき、
こりゃ、無理だわ、ってことで、
興味ありそうなとこだけ拾い読みすることにした。

ハンナ・アーレントさんの著書で有名なのは、
『全体主義の起原』というのと、
『人間の条件』
それから『イェルサレムのアイヒマン―悪の陳腐さについての報告』

腐人としては、ディストピアがらみで、
『全体主義の起原』
『イェルサレムのアイヒマン―悪の陳腐さについての報告』
気になったのだが、
原本を読んだわけではないので、ここでの言及は控えよう。

ただ、『イェルサレムのアイヒマン』を書いた後、
アーレントさんは、ユダヤ人の友人たちから絶縁される。

ユダヤ人なのに!ってことらしいんだが、
ある意味、腐人もそういう帰属体意識に欠けるところがあるので
正直言えば、ものすごく客観的視点から
アイヒマンについて語ったアーレントさんの言い分のがわかる。

人は、自分が「いつ」「誰」で、「どういう状態」で生まれるかを
選ぶことができないのに、
そーゆーこと言われてもなぁ・・・と腐人は思うんだがな。

そんでもって、「死」についての考えが、どーにもわかりえない。
それは、こないだ読んだ
『夫夫円満』の最後に紹介されてた詩でも思った。

なんで、
「『死』こそ、個人が持つ、最大の切り札である」
と思わないのかなぁ・・・
「死んだ私の尊厳」は、誰も侵害できないのになぁ・・・。
・・うーん・・・わからん・・・(~_~;)。

とりあえずこの本は
これ以上手元に置いてても読まないと思うので
とっとと返却することにしよう。

もっと読みたいと思う人の手に早く渡ったほうが、
本も幸せだもんね。
スポンサーサイト
[ 2014/09/22 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。