或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年10月 ]
09 | 2014/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続)『重版出来! 4』より、漫画家と下請法ほか

連日、ニュースは、御嶽山一色だ。

最近、警察と消防と自衛隊による救助活動のニュースを
よく見聞きする気がするが、その大変さには頭がさがる。

今日はあちこちの番組で、
恐らく今後の救助活動の資料として撮影された映像が
流れていたのだが、それをみていて、ふと、
『トッキュー!!』(小森陽一、久保ミツロウ)の
ある言葉を思い出した。

「苦しい つかれた もうやめた では
 人の命は救えない」


海上保安庁の羽田特殊救難基地に
この言葉が、額に入って飾られてるそうだが、
そういや作中で、
実は東京消防庁にあるやつが元とあったな。

っつか、こういう救助活動をする方、すべてが
この言葉を胸に抱きながら
やってはるんじゃないかと思いますが。

ただ、なによりも最優先すべきは、
救助する人が命を落とすようなことにならないこと、
だと思う。

だから、どなたかがインタビューで答えてはりましたが、
「自分の命を守ることが第一」で、
救助活動していただきたいなと思います。

それにしても、震災もそうだったが、
あと何人みつけたら終わり、というような
指標が見えない状況って、精神的にしんどいだろうなぁ。

この「終わり」は誰がくだすんだろうなぁ。


さて、本日、『ハイキュー!! 13』の早売りを読んだ。

な、ななな、なんてことー!!!
親分が!!!

※ここ、「お父ちゃんが!」でも「兄貴が!」でもOKだと思う

ま、それは明日。


ってことで、ひっぱってる『重版出来! 4』
片付けることにしよう。

最近、すぐ書こうと思とったこと、忘れるしな。

えーと、何をどこまで話ししたんやったっけな・・・・・。

(1)絵だけ作家が、原作をもらってマンガをかいたが、
編集が機能不全だったため、
ある程度まで仕上げたところで過酷なやり直しを迫られた。
これは下請法に反するのでは?と
世間知らずの自意識過剰男が言った。

(2)その話をきいた
出版社のセミナー(だっけ?)から情報をしいれている知人から
「マンガ家は下請法の対象外だ」ときいた

(3)この場合、絵だけ作家が、
やり直し原稿をあげられなかったらどうなるか
(やり直しでない原稿ならば、できている)



これの(2)は書いたとこやったな。

(1)と(3)は連動するところなので、
一緒に書いてしまいますが、
そもそも下請法ってのを、皆さんどこまでご存知なんだろうなぁ。

これね、例えば訴えたとする。
それを取り上げてもらったとして、
調査はいって是正言われて、公開されて。

さぁ、その後、どうなるでしょう?

腐人はある人とこの話をしたことがあるが、
「んなん、なんか理由つけて、
 もう二度と発注せん、で終わりやんねぇ」

「下請法で訴えたから」ではない言い訳理由なんて
なんぼでも生み出せる。

だから。
下請法なんて、
自爆覚悟でないと行使できない、
実質は、絵に描いた餅のクソザル法である
とゆーてるの。


前に書いたかもしれんけど、美容師さんと話しててでてきた
最近、こんなんがおるんよーって事例。

当たり前だが、学校でただけの美容師のタマゴに
すぐ客のカットなんか任せることができない。

だから、店が終わった後、練習や講習をする。

そうやっていたある日のこと、
若い女の子がローキショに訴えた。

残業代が支払われないと。

訴えられたローキショも、店側も正直困惑。

それは本人にとって必要な勉強で、
教えてる側の方がお金もらいたいぐらいだってのに・・・。

どうもその女の子の彼氏とゆーのが、
全く門外漢なんだが、
それは不当だ!売ったエロ・・・じゃない、訴えろ!
とやったらしい。

似てるよねぇ。


ただ、こういう考え方、どうも最近蔓延してる気がするんだよね。

腐人はこういう話をきくたびに、
昔、学校時代に先生から言われた言葉を思い出す。

「おまえらは、すぐに権利ばっかり主張する。
 それは義務を果たしてから言えることや!
 権利を主張する前に、やることやってから言え!」


腐人は勉強が嫌いな人で、学生時代は全く勉強せんかった。

でも社会人になったら、それは通らない。
むしろ、社会人になってからこそ、
毎日が勉強で、
それこそ本当に、「自分の必要ために学習する」勉強をしている。

それをして初めて、対価をもらえる仕事ができるのだ。

せやのに、その「勉強をする」ことに金をくれやて?
何、ねぼけたことゆーとんじゃ!
ここは学校ちゃうねんぞ!
役にたたへん使えないもんはいらんのじゃ!

役に立つようになってから初めて金をくれと言う権利ができる。
そのことをわかってない。

なんでこんなになってもたんかなぁ・・・。


ただね。
こういうアホみたいな話じゃなくて、
(3)のような、

「きちんと納品できるものはできている、
 なのに、理不尽な要求をつきつけられた」


という場合は、これ別に下請法にこだわらんでええねんて。
普通に、民法で訴えたらええねん。

それの非常にわかりやすい事例が、
この下請法の「下請かけこみ寺」の紛争事例で
紹介されている。


★平成23年 経産省/中小企業庁より委託された
下請かけこみ寺相談概要 2011/11付

※ネットでググるとPDFがみられます。

《相談事例》
 Aはアニメーションの制作を行っています。
 B社(建築設計)より、平成○年9月1日に
 建築関係の企画作成のうち、
 フラッシュアニメーションの制作を金20万円、
 納期10月3日で請負いました。

 打合せを行い、9月28日に完成イメージを示し、
 OKをもらいました。
 10月1日夕方
 「イメージがあわない、取引中止、代金5万円を支払う」
 といってきました。

 完成間近で中止され、代金5万円というのは納得できません。

 《下請かけこみ寺アドバイス内容》
 契約の解除ができる場合については、
 契約書や民法等の法律で決まっています。

 また、契約の解除ができる場合には、
 請負者はこれまでに要した費用について、
 発注者に損害賠償を求めることができます。

 すなわち、Aは、仕事を進行し、
 完成間近(納期日の2日前)で
 取引中止(契約解除)になっては、
 これまでに費やした手間賃、材料費等が発生しています。
 これらを計算して損害賠償請求したらよいでしょう。

 その際、B社が示している代金5万円が
 妥当なのかも検討して下さい。
 損害賠償請求は、書面ですることが適当であり、
 できたら内容証明郵便がよいでしょう。

 《原因・留意》
 損害については、請負者が、
 損害項目、損害額を主張し、立証することになります。

 そのためには、製作に要した費用、
 たとえば、材料費、手間賃、行程表など
 作業実績のわかる資料を
 日ごろから作成しておくことが肝要です。
 支出に関しては、
 領収証などをきちんと保管しておくことも必要です。

 当たり前のことですが、契約を締結するにあたり、
 契約相手が信用できる相手か、調査しておくことも重要です。」

そう。
こやってできなくはないのよ。
損害賠償請求訴訟が。

っても、腐人の感想を言わせてもらえば、
これ裁判までいったら、費用と手間のほうがかかりすぎる。

ただ、賠償額がMAXの20万狙いなら
少額訴訟(60万以下のもの限定の訴訟)という
簡単な方法もあるから
そんくらいまではやってもええかも。
腐人もやったことありますが、そんな難しいもんじゃないです。

といっても、今後二度とBからの発注はなくなるだろうし、
Bの知り合いからも仕事がなくなる覚悟はいるが。


ま、これらの問題に対する、腐人の希望というか、
目指してほしい形は、昨日書いたとおり。

裁判も戦争と同じでね。
一時の感情でやりはじめたら、収拾つかんくなったりするの。
ものすごい手間暇かかるし。

そうなってくると、ホンマに自分がしたいことはなんなん?
ってことになってくる。

出版社も、作家も、
ええ作品、ヒットする作品を作りたい、
それだけちゃうの?

そのために、自分はどこまでできるのか。
周囲がどうこう、法律がどうこうではなく、
自分自身がどう思うのか。

こーゆーことゆーとなんやが、
売れっ子の漫画家さんで、週刊誌やってるような人は
はっきりいって、過重労働もええとこやろう。

たぶん、世間一般で過労死ラインといわれてるんを
軽く凌駕してるほど働いてると思う。

むっちゃしんどいし、苦しいし、大変やけど、
でも、やりたいことやから、皆さん腹をくくって頑張ってはる。
すべてを犠牲にして、命削ってやってはる。

腐人は、それがでけんねやったら、
こういう仕事に就くな!と思う。

才能よりも何よりも、そこが一番ちゃうんかね。



さて、重たい話はこんくらいにして、
腐人が『重版出来! 4』で気になったのは
あと2つ。

1つは、雑誌がコケたときの話で、
コケた後、フリー編集になった兄ちゃん(名前忘れた)が
あの時、自分は文句を言っていただけだった、
もっとできたことがあったはずなのに
ってなことを言うシーンがある。

彼はだからこそ、これからはそういう後悔をせんよう
自分ができることをすべてやりつくして臨みたい
ってなことを言う。

そうそうそう。
兄ちゃん、経験からええ勉強したな。

そこからどういう選択をするかは、人それぞれやけど、
「ホンマに自分がしたいことはなんなのか?」
その問いかけを忘れんで欲しいなと思う。


最後。
作中にでてきた、「I'M FREE」の話。

このあらすじをきいたとき、
腐人は別に恋愛とかなんとかには行かなかったが、
中田伯のいうことにも
「え?キモそこ?」
と思った。

ちなみに以下が、腐人だったらツッコむところ。

(1)
 そういう研究者なら、
 「研究開発をもっとすすめるためにつくったアンドロイドなのに
  (※要するに2倍働ける目的)
  恋して役たたずになるなんて本末転倒。
  間違ったものをつくってしまった。
  こいつのどこが「間違い」だったか解体して分析し、
  次こそは、研究に没頭するアンドロイドをつくろう」
 となるんじゃないの?


(2)
 生体アンドロイドとやらの仕組みがわからんが、
 結婚すんのはかめへんけど、チン●ン勃つの?
 ちゃんと老けるの?
 ってか、娘は正体しってんの?

 その理解を得てないと、
 うちは、永遠の処女かい!とか。

 自分だけどんどんババアになるわけ!?
 なんであんた老けへんのよ!とか。

 人間ちゃう?そんなん聞いてへんがな!
 結婚白紙!これまでの年数分、慰謝料よこせ!
 になるんちゃうん?


(3)
 仮に、セックスできたとしても、子供は??
 検査しましょう、不妊治療に通いましょう、って言われたら
 どーすんの?

 正体しって結婚したとしたら、娘はずーっと言われんねんで?
 「あんた、子供まだなん?
  年齢のこともあんねから、はよし」
 って。
 ちくちくちくちく。
 毎日のよーに毒を盛られつづけんねん。

 そこ、どない責任とってくれはるんですかねぇ?

(4)
 ってか、生きた人間と、生体アンドロイドのIDが
 かんたんに交換できちゃうところで、
 もしかして自分もアンドロイドじゃねぇ?ってことに
 気づかない知性は、優れた知性といえるのか?

 っつーか、そこ同位の世界なん?
 したら、優秀な生体アンドロイドを量産するだけで世界まわるから
 恋愛で仕事でけんようになるようなカス、
 ただの生きてるムダちゃうか? 

こんなとこすかね。

・・・腐人ちゃん・・・もうちょっと言葉慎しんだり・・・。


結構いろいろ、いいたい放題いいましたが、
お話としては、『重版出来!』すごく好きです。

5巻、楽しみにしてます。

スポンサーサイト
[ 2014/10/02 ] コンテンツ&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。