或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年11月 ]
10 | 2014/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GPシリーズ・カナダ大会を観たよん♪

どーでもええが、これタイトル長いよなぁ…。
スケートカナダとかスケカナに略したほうがええのか、
でも、スケートに興味ない人でもわかりやすいんは
この長ったらしいほうよなぁ…。

腐人のこのブログは別にスケートの話だけやなく、
テーマが闇鍋なので、なるたけタイトルみただけで
「あ、今日はええわ」
「ほぅ、今日は読もか」
と思えるようにしとるつもりやねんけどね。

ってもタイトルに偽りがアリアリなときもあるが。

ま、これで始めてしもたんでこのままいこう。

ところで、今年は、織田信成くんが解説しとるようなんですが
人柄がでてるというか、
あかんとこをダメダメ言うんやのうて、
ええとこみつけて褒めよう褒めようとする
このよかった探しが微笑ましい。

声質も音楽の邪魔せん感じでええわぁ。

っても、腐人は荒川静香さんの解説が好き。
声質も滑舌も、コメントの切れ味も
マイベストでござる。

では、まず男子から。
※ただし、FSは、地上波の超省略版しか
 現時点で観られてません。


SPはぶっちぎりで、
ハビエル・フェルナンデスくんがよかったねー。
滑ってるというより、踊ってるわ、これ。

4回転の切れ味もよかったし。
去年の不調がなんだったのかって感じにふっきれてて
とっても美しい4回転だった。

ただ、FSは・・・ジャンプが武器の人は
ジャンプで崩れるとすごく苦しくなるんだなぁ。
っても、ハビエルくんは
ファイブコンポーネンツでも点取れるけど。

ほんでも今季からはジャンプ評価が厳しいから痛い。

ただ、腐人としては、
その減点がどうこうよりも、ジャンプミスすると
全体がなんかあわあわなるのが嫌なのよ~(~o~)

まぁ、その分のリカバーをどこでするかとか
選手は滑りながらものすごく考えてるんだろうけどさ。


そいや、今回SPで、マックス・アーロンくんが
フットルースっちゅーノリノリの曲を選んでたんだけど
腐人的にはこの振り付け不満―っ!!

ノリノリ曲なのに、このもったり振り付けはなんじゃ!
ノリノリやるなら、ハビエルくんのぐらい動いてよ!!
観ててつまらーん!

でも、FSはよかったわ。


腐人は、ミハル・ブレジナくんの選曲がおもろくて
いつもプログラムに期待するんだが
完成品をみせてもらえないんだよなぁ…。
早くみせてよー!


ところで、外国人選手と日本人選手とを比べて
つくづく思うのが、表情。
圧倒的に、外国人選手の表情のが豊かなんだよなぁ。
この辺はどうにかならんのだろうか。

それと最近では、スピンのポジション。
あれが、外国人選手の間では、
とても独特で個性的なものが増えてるんだけど
日本人選手のポジションは教科書どおり。
腐人的にはつまらなーい!
日本人ももっと独創性にこだわろうよ!


で、その日本男子ですが。
無良崇人くん、優勝おめでとう!
腐人は無良くんの特長がいまいちよくわからないと
先日言ったとこですが、
FSのジャンプは美しかった!美事!

なるほど、これが強みなんだ。

あとカルメン観て思ったけど…
無良くんは、
王子じゃなくて騎士ができる人やねんね。

リヒャルト・ワーグナーの
「ワルキューレの騎行」あたりやってほしいなぁ。

ほんで、今回、SPのホセには、
隣でサマンサ・シザリオちゃんにカルメンを
滑って欲しいわ。


小塚崇彦くんは、うーん…。
SPは舞台に負けてる感じがしたなぁ。
ほんでもFSは、ジャンプ以外んとこは
腐人はよかったと思うよ。

たぶん、ここを生かすように魅せるプログラムに
したいんかな?

でもそうするためには、
腐人がゆーまでもなく
課題はジャンプだよね・・・。

そのジャンプが今季から
ミスに厳しくなってるのがきつい・・・。

なんだろなぁ、
腐人はスケートで氷上に立つことすらできん人ですが
気持ちと体がずれてるのかなぁ。
なんとなくだが、
気持ちがすごく先走ってるようにみえる。

まぁ、今の日本男子は正直、焦るよね。
でもさ、ちょっとひとまずそれ置いといて。

小塚くんは、すごく悩んで
現役続行を決めたわけじゃん?
そんときにさ、続けることで
何をしたい、何を叶えたいと思ったのか。

もし気持ちが焦ってるんやったら、
そこをもう一度思い出してほしいかな。



続いて、女子。
いやいや、男子は日本勢が世界を席巻しとるが
女子はロシアがぶっちぎりだねぇ。

そんでもってかなり世代交代になったのか、
新しい子が増えててなかなかおもしろい。
が。
やっぱロシアの10代が頭抜けとるな…。

そのロシア勢ですが、
個人的にはアンナ・パゴリラヤちゃんのSPより
アリーナ・レオノワちゃんのSPのプログラムのが
好きなんだけどなぁ。

この豊かな表情とか魅せ方とか、
腐人は技術的なとこはよくわからんのですが
観てて魅了されるのはレオノワちゃん。
若手に負けるな!
腐人はあなたを応援してるわ!

本郷理華ちゃんは、
SPもFSも、
こないだのフィンランディア杯より良かった!
場慣れした?

カルメンも、すごく表情がでてきたねぇ。
ぐっと目に力が入って、カルメンらしい顔になってたし、
いつも気になる首から肩へのライン。
腐人も猫背なのでよくわかるが、
癖だろうからなかなかとり切れないもんだが
あそこも徐々によくなってきてる。

首が伸びたら、理華ちゃんは身長があるぶん、
どのポーズも、ものすごく映えて綺麗になるよ。

ただ、FSすべるには、ちょっと体力不足?
後半息切れしてるかな?ってな感じが見受けられたが。
まージュニアよりきっついわなぁ。

それにしても、こうなってくると、
どうやったら表彰台に近づけられるのか、
今乗ってる人たちとの違いは
どこやって思うよね。

羽生結弦くんのコーチのブライアン・オーサーさんが
ゆってたんだよね、
このプログラムなら、もし、ここで4回転を失敗しても、
後半のジャンプ加算で充分リカバーできると。

腐人はド素人ですけども、
そういう戦略的プログラムにしてくと
伸びてくるんじゃないのかなぁと思うが。

あと加点のレベルUP?

上位の選手のスコアと比べて
何が足らないのか、
どこで点数を取りこぼしてるのか、
その中で取れる点数はどこか、
それを徹底的に洗いなおして、
0.1点でも多く、取れる点数を取るしかないよね。

こうならレベル3、こうだとレベル4
と規定にあるなら、それを1つでもあげるようにしてく。

ファイブコンポーネンツのような
感覚的なところであれば、
まずそこのトップ点数をとった人の演技から
ジャッジの傾向と対策を読み取るか。
入試みたいやな。

その上で、自分より上の点数の人の演技、
できれば自分と似た傾向のある人、
つまり自分が伸びてったとき延長線上におる人のをみて
盗めるもんはいただきましょう。

と、貪欲に点数を獲っていく、
目指すところが表彰台なら、そうなるんやろなー。



それから宮原知子ちゃん。
3位おめでとう!

表情がよくなったねぇ。
それに、指先まですごくきれいに伸びてて
体が小さい分、腕だけ、脚だけブンブン振るんじゃなく
ホント全身をつかって上から下まで動こうとしてるから
すごく動いてみえるし(実際動いてるんだが)、
演技が大きくみえるわ。
リンクに負けてへん。

音もよぉつかめてたと思うし、
金メダルに足らんもんは、
あと何なんやろ。

SP、FSで、そのあと滑った
アシュリー・ワグナーちゃんと比べると
迫力不足?
いや、でもあの貫禄というか迫力は
アシュリーちゃんだからこそのもんだよ・・・。

アシュリー・ワグナーちゃんは、
あのメンタルのタフさは、
ちょっと見習いたいとこあるね。

だからこそあれだけ会場を自分色に染めちゃうほどの
パワーが発揮できるんだろうけど。

女子は特に若手ばかりが注目されとる感じがあるので
ベテランの意地を見せてもらった気がする。

さ!来週は中国大会だー!

中国大会はさ、
なんかしらんけど天井カメラがあって
それで写したがるとこあんねけど、
上からって、ドーナツスピン以外は
あんま観てておもろないねんけどなぁ・・・。

あれ、今年もあんねやろか・・・(~_~;)
スポンサーサイト
[ 2014/11/03 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。