或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年12月 ]
11 | 2014/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

謎・・・

もう書かないってゆったのに、
狼少女の腐人です。

や、だって、昨日寝る前にパラ読み
(ちゃんとした再読ではないのでノーカン)
してたら、謎がでてきちゃったんだもん!

謎 その1
『ハイキュー!!』 古舘春一より
白鳥沢の応援歌がわからーん!


青葉城西の
押っせー押せ押せ
押せ押せ青城

タンタータタタタ
タタタタタンタ

伊達工の
ゴーゴーレッツゴー
レッツゴー伊達工
は言わいでもわかる

白鳥沢の
ガガンガンガガンしーらとりざわ
がさぁ、わからんの。

腐人の感覚だと
しーらとりざわ
ガガンガガンガン
なんだけどな。

もっかいアニメで音やってくれんかなぁ。


謎 その2
『なんにもいらない』 一穂ミチより
帰省土産はエシレバターですか?


あれ、たっけぇんだよねー


謎 その3
『winter's tale』 木原音瀬より
ソファって拾ってますよね?


15pで購入したってあるんすけど・・・
でも16pでは拾ったとある。
単なる間違いなんか、新たに買うたんか
どっちやろ??

そいや、こっちは誤変換だと思うんですが
27pの「カを覗き込む」

誤植や誤変換って大体前後から推測できるんですが
これはよくわからんかった。
顔??

謎を抱えて年を越す。

ま、これまた一興。
スポンサーサイト
[ 2014/12/31 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

あと何日だ?

もー!むりー!!!

『女脳男脳』の補足編と、全日本は年越し決定!
無理!むり!!ムリーッ!!!

ってか、どうして終わらないの、お仕事・・・(/_;)
インストールに何時間かかりよんじゃ
ダボッ無能役立たず

おかげで予定狂いまくり・・・

正直なとこいえば、カレンダーがどうであれ、
この片付いてない仕事を片付けたいんだが、
普段おつきあいなるものを、総ブッチしてるもんで、
さすがに大晦日と正月ぐれーはやらねばならぬ(ーー;)

ってことで、もう腐人の今年の残時間は
すべて売却されました。

取り急ぎ、読書録だけ片付けとこう。
次、いつかけるかわからんし、
それまでに覚えとるかもわからんので。

●29日
(1130)同人誌 『OFFICIAL 24』 谷崎泉
  腐人お待ちかねの 
  『しあわせ』『君好き』セット。

  やっぱ年末はこの組み合わせに限る!

  『しあわせ』
  とうとうあの方登場の舞台もできあがり
  さ、次なる業界小説いこーか!と言いたくなってる腐人。

  現実の飲食業界では、名前忘れたが、
  とてもおもしろい人がいるんだよな。
  むっちゃシビアやけど。

  腐人としてはこのままビジネス小説まい進してくださって
  全然かまわんどころか、大いに歓迎なので、
  長女誕生までといわず、延々やっていただきたいわ。

  それにしてもいーかげん
  久遠寺家の女性陣にバレてもおかしくなかろう
  って気がしとるんですがね?

  赤塚くんとかが情報操作して防御しとるんだろうか・・・?

  『君好き』はまいごのまいごのつぐみちゃん♪
  腐人もケータイ持ち歩かない人なんで
  昨今の公衆電話激減現象には困ってる。

  まぁ街中なんでなんとかなってますが。

  そいや知り合いの地図が読めない人は、
  地方の某所(巨大な施設)にいくのに、
  目の前にみえてるくせに、
  その周辺を1周まわってもたどりつけれなかったっちゅー
  信じがたい方向感覚をもっている。

  あそこまで迷えるのは、ある種の才能だと思うわー。

  浅井さんは、地図なくてもたどりつけそうなとこあるから
  まぁいいカプだよね。

(1131)BL/ディアプラス 『恋じゃないみたい』 砂原糖子
  ずーっと半笑いみたいな感じで読んでたが、
  最後の最後、あれ反則!!!

  思わずうるっときて、花水がたれてきたじゃないか!!

  ってか、なにこの不器用親子・・・。
  それぞれの背中をゲシッと蹴って、
  独房にふたりっきりで閉じ込めちゃえよ、とか思った。

  じゃなきゃ、まともに話できねぇんじゃねぇの?

  それにしても益本の位置っておもろいよねぇ。
  腐人もそこから鑑賞してたい。

(1131)一般本 『医療幻想 「思い込み」が患者を殺す』 久坂部羊
  実は今、周囲でガン発覚という話がいろいろでてる。
  まぁ、そういうお年頃なので。

  で、ぼへーっとテレビをみてたら、
  胃がんで手術し復帰したお笑い芸人がでてる
  がん保険のCMが流れていた。

  「医療保険ははいってたが、
   ガン保険ははいってなかった
   必要だよ」
  なんてことを言ってて、
  ふーんそうなのか、じゃぁ入ったほうがいいのか?
  と一瞬おもったものの、
  よくよく考えたら、
  腐人はガン宣告をうけたら治療する気がない。  

  前から何度もゆーてますが、
  腐人は、ガンといわれたら
  大喜びでディグニタスに申し込み、
  身の回りの始末がつき次第、
  スイスに逗留して順番待ちをしようと思ってる人なので
  必要なのはスイスまでの旅費と、
  順番がくるまでの滞在費だけだ。

  まーそれも金がつきたら死ねばいいんだし、
  スイスの人に迷惑かけちゃうかもだが、
  それは安楽死・尊厳死の法律つくってくんない
  日本政府が悪いから、そっちに文句いってねーって話で。

  やっぱ入るのや~めた。
  
  ま、腐人はそういう人なので、
  読んでる本も、どっちかっちゅーと
  医療否定というか、医療制度の非難本が多い。

  だから、正直、ここに書いてあることの多くは 
  「だよねー」だったりする。

  昨日のガナバンスの話じゃないけど、
  万人が満足する完全な制度なんてこの世にありゃしねぇんだし
  結局は、この制度(状況)のもと、
  その人自身がどないしたいねん、
  ということのような気がしている。

  なにをどうしたって、どっかの誰かがブーイング。
  したら、自分はこうしたいねんを通すしかないんちゃう?

  っても、本書中にあった、
  死ぬのは嫌、
  でも苦しいまま長生きするのも嫌、
  ってのは、「寝言は寝てからいえ」と思うよ、腐人も。

  日本人ってもっと潔い国民性じゃなかったっけ?
  仕事してても、たまにこーゆー人おるんよねぇ。
  いつからこんな優先順位をつけられん
  アホばっかになってしもたんかなぁ。

  腐人はこーゆーのに出会うと
  心のなかで銃乱射

  現場の皆様、心中お察しします。

  そいや寝たきり老人さんがおっしゃったという
  「意味もなく、生かされている」
  ってのは、まぁ、ご本人にとっては意味はないだろうが
  周りの人にとって意味があるから生かされてんだよね。

  尊重すべきは、本人か、周囲、どちらの「意味」か。

  老人問題に限らず、
  アシュリーちゃんにしても、
  『コウノドリ』のつぼみちゃんにしても、
  腐人はこの命題について、つい考えてしまう。

  まぁ腐人家の場合は、常日頃からこの手の話をしとるので
  本人の意思尊重(延命拒否)が決定事項なんだが、
  土壇場で、「死ぬのはいや!」と言うかな?

  たぶん言わない気がするが、
  言ったとしても、たぶん腐人は無視するだろな。
  
  だって、それまでの年月繰り返してきたことと、
  その瞬間の感情なら、尊重すべきは前者でしょ。

  人は感情の生き物であるがこそ、
  一時の感情に流されると、判断ミスをすると思うのだが、
  さーて、実際どうなるかは、訪れてみなくちゃわからない。

  ただま、久坂部さんもおっしゃってたらしたように
  選択肢はいろいろある。
  だからこそ、患者自身も勉強して、
  自分にとっていい選択をしてくしかないんだろうな。

  腐人はこの選択肢がいっぱいになった状況が
  ありがたいと思うけどね。
  だって、あとは自分の意思を強硬に貫きゃいいだけじゃん。

  っても、ボケてなければ・・・だが。

  だからやっぱり腐人にとって一番怖いのは
  死でもなければ病でもない。

  老いて、自分を貫けなくなることだ。
 
  この正月、先送りしてた遺言書でも書くかなぁ・・・。


ま、今年はたぶんこれ以上かけないんで。

ぐだぐだ毒盛りまくりの日記ですけど、
この1年、お読みくださいましてありがとうございました。

来年は・・・たぶんこのまま継続すると思います。

今、引越しして新規開設するだけの余力ないんで。

同じよーな感じで続けてますので、
ご興味あったらまた読んでやってくださいませ~。
ご興味なければ読まなくてもいいですからね~。

皆様、よいお年をお迎えください m(__)m
[ 2014/12/30 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

読書録を片付ける!

はぁ・・・
今年は何度、これに似たタイトルをつけたことか・・・

来年、改善されたらいいね(←他人事かい!)

28日はコミケいっとったんですが、
今回、一穂ミチさんが購入者に無料配布するSSが欲しくって
(だって!新聞の国会カプなんだもん!
 腐人は碧ちゃん大好きなんだい!)
「なくなったら御免」物件なので、
腐人にしては、がんばって行った。

が、これが、結果的にはすげー中途半端な時間でさ。

絶対に手にいれるぞ!!と
ボーボーに闘志を燃やしとる方々は
まぁ、始発で行きよりまんな。

コミケ達人の師匠に言わせると、
「中途半端な時間にいって、いつ入れるかわからないまま
 屋外に、長時間ならばせられるより
 始めから数時間行列覚悟で、身支度整えて行ったほうが
 むしろ楽」
っちゅーことらしい。

そして、バーゲン達人のIちゃんに言わせると、
「確実にゲットするために早く行くか、
 いいものがあったら気分で遅く行くかのどっちか」

そう・・・こーゆーのに行くのには、
やっぱ早く行くか、遅く覗き気分で行くかがよろしくて
腐人は、いっつも後者(遅出派)だった。

でも、今回、目の前のニンジンにつられて、
腐人なりにがんばったが、結果的には
駅から延々歩かんならんかったわ
(行列最後尾が遠方の青空駐車場だったんだい)
寒空の下で行列の一員にならんならんかったわで
日本最大の集客イベント、コミケの威力を痛感した。

まぁ、真夏の炎天下で、隣と密着より
冬だったから
おしくらまんじゅうか、南極のペンギン団子みたいになって
寒さはしのげたけど。

まぁ、昨日は寒いだけだったけど、
今日なんか氷雨状態だったから、
大変だったろうなぁ・・・。

ま、こういう場合、
時間や対策をもっと考えて行動すべきであると、
腐人は学んだ・・・(1つ賢くなったと思おう)。

でもなんとか無事に
目当ての品はゲットできました。ほっ(^_^;)

宿題はいろいろあるんですが
(なんか年内に片付けるの無理っぽい気がしてきた)
取り急ぎ、本日はここ数日ためてる読書録を。

っつか、どれもこれも読み応えがあるやつじゃけぇ
今日はこれを片付けるのが精一杯やねん・・・


(1123)BL/Shy 『家族になろうよ』 月村奎
  前も書きましたが、
  腐人は「家族モノ」に弱い。

  中でも月村さんの家族モノは
  初期作品の『もうひとつのドア』
  うおーんと号泣して以来、
  ダメなんですよ。

  それにしても、あれ、初版2001年だっけ。
  それから考えると、13年?
  LGBTをとりまく環境もかなり変わってきたんかなぁ。

  ちょいと話がずれますが、
  腐人が暇つぶしと世間一般のモノサシを知りに
  よく読んでる発言小町にこんなのがあった。

  『親へのカミングアウトについて』
  http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/1124/690428.htm?g=06
  『両親への、ゲイのカミングアウト』
  http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0710/668244.htm?g=06

  ついてるレスをみると、受け入れられてるのかなぁ?
  っちゅー気もするが、
  そもそもこーゆートピを開く人は、LGBTに対して関心があるわけで
  全く関心がない、嫌悪している人は見ないだろうから
  なんともいいがたい。

  むかーしむかし、栗本薫さんがご存命だった頃、
  何か(なんだったか忘れた)で、
  まぁ、これはその当時のBLの傾向の話だったんですが、
  カレシが出来た、親に言った、祝福された
  みたいなのが結構増えたことがありましてね。

  カミングアウトは自己満足、
  本当は、そこから親の葛藤が始まるのに
  そこを考えず、安易なハッピーエンドばかり書いている!

  と、結構怒ってられたんですよね。

  ま、現実的には、十人十色。
  受け入れられるご家族もあれば
  どうにもダメなご家族もあろう。  
  
  また言いたい人もいれば、そうでない人もいる。

  だからこれは一概に良し悪しで片付けられないもんだと思う。
  人によるよね。

  が、言えなかったらどうなのか。

  家族というものをものすごく感じさせられる年中行事は
  クリスマスとお正月だろう。

  ムスリムはわからないけど、
  キリスト教圏ではクリスマスの自殺者は1年で一番多いときくし
  日本でも、このクリスマスから年末年始の自殺者は多い。

  腐人は自殺を否定したくない人なので、
  その統計数字へのコメントはないが、
  言えない人はこーゆーときに一番いろいろ思うんだろな。
  
  で、本編ですが。

  もうなにこの人慣れしてないノラ猫、空ちゃん!
  全身で、大丈夫だから!構わないで!ってゆってっけど
  内心は、さみしくって構って欲しくってたまらない・・・
  ああ、たまらない・・・泣いちゃったじゃん、おばちゃん。

  ダメだよねぇ、こーゆーのは構い倒して
  暑苦しい愛情で窒息しそうになるからもうやめて!
  って本気で言いだすぐらいまで
  可愛がりまくって、愛情でべたべたにしてやんなきゃ。

  ひなたと佑太に、空ちゃんが実は・・・ってのは
  どうなるのかなぁ?

  二人がさ、おせっかいな木村が再婚すすめたとき
  冷徹に拒否したじゃん。
  それを思うとさ、世間一般常識でいう
  「家族のカタチ(お父さんがいて、お母さんがいて・・・)」
  つまり、外見や形式にこだわらない、とらわれない子らに
  みえるんで
  空ちゃんとずっと一緒にいられるというほうを喜びそうだが。

  あーむしろバレたとき一番うるさそうなのは
  木村さんだよねぇ。

  隼人の友達と思ってるからこそ
  なんかゆーてきそう・・・。
  
  ま、そんときゃかなえ姉さんが
  撃退してくれそうな気もする。
  それが家族ってもんだよね。

(1124)BL/Shy 『ヘブンノウズ 物語』 英田サキ
  残るは犯人探しーと思ってた腐人。

  でも、冒頭で、
  宇喜田さん、やめちゃうの!
  って台詞は、ミツルと一緒に叫んじゃったよ。
  やだー長生きしてー!!

  ってのもさ。
  いつか、ミツルが
  大事な大事なあっちゃんと先生の関係に気づくとき
  腐人としては宇喜田さんにいて欲しいのよ!!

  それが反抗期と重なったらさ、
  まぁ、ここはミツル大好きな大人がいっぱいいるとこだから
  皆が手をだしてくるとは思うけど、
  たぶん、一番素直に言葉がきけるのは
  宇喜田さんじゃないのかなぁ。

  そんでもって事件の方。

  犯罪の中でも、家族内で起こるものって
  その後がすごく難しいんだよね。

  だって、被害者も加害者も家族なんだもん。
  遺された人たちは、恨みのもっていきようがないでしょ?

  受け入れて許すには、憎しみや怒りにまさる量
  自分は愛されている、優しさを受けているという実感がいると思う。
  そういうことでは揺らがない
  しっかりした「自分」が構築され、
  人として強い根っこが張れてる必要があると思う。
  
  まぁ、このままいったら大丈夫かな。
  苦しくないとは思わないが、
  それは成長において必要な経験だと思うし。

  腐人はこの話、最初からミツルちゃーんなんだけど
  うーん・・・ミツルの反抗期がよみたい・・・。

  いや、その前にブラコンばりばり話か。
  ぜぇひ、先生と
  「あっちゃんはないちもんめ」をやってくれ(^_^メ)

  中学とかなってサッカー部はいってさ、
  部活帰りにどっかで食ってかえろーぜー
  とかなっても
  「わり、今日あっちゃんの誕生日なんだ!」
  とかゆって欲しいわぁ・・・。

  ああ、それ読みたい・・・
    
(1125)一般本 『こうして組織は腐敗する 日本一やさしいガバナンス入門書』  中島隆信
  ふむ。
  簡単にいやー、腐敗してない組織はねぇってこと?

  いやいや、それはちょっと・・・言いすぎ・・・
  ではないんだよなぁ、残念ながら。

  ご興味ある方は本書をどうぞ。
  実例がいっぱい紹介されてます。
 
  理想をいえば、腐敗しないためには
  3すくみがいいんだろうね。

  Aは、Bの管理権限をもつが、
  Cに生殺与奪権を持たれてる。

  Bは、Cの管理権限をもつが、
  Aに生殺与奪権を持たれてる。

  Cは、Aの管理権限をもつが、
  Bに生殺与奪権を持たれてる。

  ってやつ。
  でも、現実はなかなかそうならんよねぇ。

  なぜなら人はどこかでサボるし、
  どこかで悪知恵を働かせるし、
  どこかで暴走するから。

  それにどんな組織だって、いい面があって悪い面がある。

  腐人の信条としては、
  いい面しかない組織はありえないし
  そのいい面も保ち続ける継続努力をしないと
  ダメになって、いずれ悪い面のが前面にでてくる。

  ま、だから常に悪いところがあるはずだと思って
  「改善」をしてかんといかんのだと思ってんだがなぁ。

  腐人の理想は、未来イズムなんだよね・・・。

(1126)マンガ 『ハイキュー!! 14』 古舘春一
  サブタイトルが上手いなぁといつも思う。

  今回でいえば「根性無しの戦い」。

  腐人はさ、
  「逃げる」って選択肢の1つにあっていいと思うんだ。
  今のいじめとか、大阪の体罰部活とかね。

  でも、なんでもすぐに逃げ続ける人生ってのは
  どうなのかな?と思う。

  どこかでは、自分自身と対峙せんといかんよね。
  弱く、逃げ癖がついた自分と。

  だって、人生いきてくのに、
  ぜったいに戦うことがいるんだもん。
  
  今巻は、縁下の回だったなぁとも思うし、
  山口の回への導入ともとれるが、
  監督が「むずかしい」っちゅーたのが、
  すげー印象的だったわ。

  そうだよねぇ、人を育てるって難しいよねぇ。
  一人一人ちがうんだもん。
  同じ指導してりゃ、皆が同じように育つなんてことありえない。
  ちゃんと一人一人をみて、
  それぞれにあった指導、きっかけを与えんといかんよね。

  山口は何がきっかけになるのかな?
  根本的には、バレーが好きだと思うんだけど
  あの自信のなさをなんとかせんならんのかなぁ・・・。
  メンタルを鍛えるって難しいよなぁ。

  
  そいや、今回、冒頭の始まりがアレで、
  腐人は一瞬、
  「へ?前回のおわりってお父さん大変!だったよなぁ?」
  と混乱した。

  いや、ちゃんと読むと話通じてるんですが、
  そのまま烏野の中だけで話が進むと思ってたから
  「・・・腐人、とうとう痴呆がはじまったか?」
  とか思っちゃった。

  で、ページめくると、あの激突シーン。
  まだボケてないと、ほっとしたわ。

  しかし・・・・・・・・・
  腐人はフィギュアバカなので・・・
  なんか、もう思い出しちゃったよ、中国大会・・・。

  や、あれで避けるは無理だから!

  それにしても、
  脳震盪の怖さを日本はわかってない!
  甘くみてる!
  と、あのとき散々言われたんだけど、
  やっぱフィジカルな衝突がよくあるスポーツだと
  ちゃんと浸透してんだなと
  及川たちの会話をみて思った。

  及川で思い出したが、ファン投票。
  うーん・・・・・・スガがここにいるなら、
  個人的には大地もいれたい・・・。
  
  腐人は『ハイキュー!!』
  原作だけ楽しんでる人ですが、
  やっぱ大地とスガでしょう。

  男前度でいえば、ノヤっさんだが。

  ってか、このファン投票、部門別でやっとくれんか?

  そりゃ、ジャンプの需要とは違うかもだが、
  
  カレシにするなら?(ごめん、該当無し。ムスコなら岩泉)
  男前ナンバー1は?(ノヤっさんに1票!)
  ダンナにするなら?(大地に1票!)
  
  そーゆー分類が欲しいわ。
  ってか、非公式でよきゃどこぞにありそうね。

  さて、午後の対戦相手はどうなるか。

  やっぱ、3年最後の試合だから、
  ここは7:3で青葉城西かね。

  そいや、年が明けたら春高バレーだなぁ。
  今年はどこが強いんだろ??
  
●28日  
(1127)同人誌 『なんにもいらない』+国会カプペーパー 一穂ミチ
  国会カプっちゅーか、碧ちゃんLOVE!の腐人。
  ペーパーがソレなら、もらわいでか!

  一穂さんが書かれるキャラの中で、
  もしかして腐人と似てるかも・・・と思うのは
  西口と、計だったりする。

  っても、腐人は西口ほど真面目じゃねぇし
  計ほど外面をとりつくろわねぇが。

  「油揚げをもっかい揚げるって、罪の味だよね」
  とか、
  「年賀状の準備(滅びろ、こんな悪習)」
  とか、
  超同意できるんだよねぇ・・・。
  
  西口といえばさ、
  すごく得してるってずっとゆってっけど、
  あのさー、あんた、今、死がむっちゃ怖いでしょ?
  
  係累もなくなり、一人で気楽に生きてた頃って、
  まぁ、なんかあって明日死んでもしょーがねっか
  とか思ってたとこあったろ?
 
  記者として、人の生き死にをみてきて、
  鈍感になってたとこあったろ?

  でも、今はどうよ? 

  そんでももう碧ちゃんがいなかった頃には戻りたくなかろう?
  もし、碧ちゃんに先立たれちゃったりしたら
  たぶん、だめだろなーこいつは。

  ま、愛想つかされないようがんばんなねー。

  碧ちゃん、見切りをつけたらいつでもいってね?
  まってるわぁ~♪

  っても、碧ちゃんのこったから、
  西口が病気しないように、
  健康管理をばっちりやっちゃうんだろな・・・。

  ちっ・・・うらやましいぜ、西口!!


  『なんにもいらない』は、
  『イエスかノーか半分か』なんですが
  例の言い間違えのところ、
  するっと読んじゃって、まさに計と同じく
  ん?で、戻って、大爆笑。

  やってくれるなー!国江田アナ。

  いや、ぜひその扮装でやっていただきたいですよ。はい。
  ぶわはははははは。
  
  どーでもいいけどマージャンは、
  4人いなくてもできるぞー。
  2人でやったときは、牌が揃いすぎて、
  役満でまくり、捨て牌に当たられたときは超痛い・・・。

  そんでもって最近、チビとの遊び道具に
  ボードゲームをいろいろ探して選んだ
  「ブロックス(Blokus)」が超おもろい。

  2000年発売のゲームなので、
  腐人は全く知らんかったんだが
  これ、正月やるなら、いいぞー。
  腐人家では、大人がハマってる。
  
  そして、計にすすめたい
  年末年始におこたにもぐってい読みたい完結漫画は
  『もやしもん』、『ラストイニング』だな。うん。
        ↑
       シュミまるだし

(1128)同人誌 『winter's tale』 木原音瀬
  秋沢と楠田とかけて
  ネパールととく。

  その心は
  「見渡す限り、山だらけ」
  ※わかる方だけわかってください
  8000m級がいっぱいよー(^_^メ)

  いやー・・・・・・・腐人はジェシカさんと
  「楠田と秋沢を引き離す会」を結成したいと
  思ってる人なので
  まぁ、流れとしてしょうがなかったとはいえ、
  どこか
  「ちっ!余計なことしやがって・・・」
  と思う気持ちがある。

  だって!!
  「秋沢-役者の才能=ロクデナシのクソカス」
  の数式ができると思ってるんだもん!

  その唯一の利点に
  楠田が惚れちゃってるのが痛いんだよ!
  (いや、BL的には、それがキーでしょ)

  くそぅ・・・それを楠田の視界にいれないようにすれば
  いずれ・・・と思っていたのに・・・
  
  でもさ、こーゆー人に惚れちゃった場合、
  もうその才能がゆえに、
  他のカス部分には目をつぶってすべてを受け入れる度量があるか
  他のクソカス部分を、
  せめてカスぐらいまで教育する忍耐力があるか
  そのどっちかしかないと思うんだよね。

  まぁ、前者は、こっちのが惚れている(恋愛敗者)図式で
  後者は、むこうが惚れてる(恋愛勝者)図式なんだろうが
  愛はどこまで人を変えさせられるのか。

  でもって。
  こーゆー特異な才能の場合、
  人間的部分がまともになったら
  才能も凡庸になっちゃったってこともあるんだよね。

  そーゆーのがどうなるのかなぁ?

  ま、とりあえず天保山ぐらいは超えた感じよね。

(1129)同人誌 『SICK』 桐嶋リッカ
  あらーフルキャストだわね。
  
  腐人はグロリアの同人を読み出したのは
  比較的最近なので(ここ1~2年?)
  黒豹がわかんないー!!!

  嬉しいことに2月に、
  ほーんとひっさびさの!!(強調させていただくぞ)
  グロリアの新刊がでるので、
  超楽しみにしとるんだが、
  それかしら?

  個人的にはケモミミしっぽのちびーがー
  みーたーいっす!(カズアキさんの挿絵つきで!!)

  ってか、
  妊娠出産ネタが読みたいんだが、
  これは同人じゃなきゃ無理かなぁ?
[ 2014/12/29 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

とりあえず

羽生結弦くん、宮原知子ちゃん
優勝おめでとう!

全日本は録画をもう一度みながらゆっくりやりたいんで
ちょっと後日。

っちゅーのも、年末、おばちゃんは忙しいの。

コミケにもいかんならんし、
年末仕事せんならんし、
姫と王子はやってくるし・・・(ーー;)

ってことで、いろいろ、先送りしとるが
落ち着いたらやります、
の予告。

とりあえず今日はコミケの戦利品を読ませてくれ!!

忘れそうなんで読んだもん列挙のみ。

ちょっともう日付がわからん・・・

(1125)一般本 『こうして組織は腐敗する 日本一やさしいガバナンス入門書』  中島隆信
(1126)マンガ 『ハイキュー!! 14』 古舘春一
[ 2014/12/28 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

予告のみ・・・

昨日の『共感する女脳、システム化する男脳』だが
わぁわぁしてる中、ざざざっと書いたため
腐人的に不満がある。

レイプのところも、テストステロンの話も
SQ>EQ男に、どうして女がいらつくのか、
EQ>>>>SQが専業主婦にしかなれない人では?
と腐人が思った理由も
もっと書ききりたい・・・。

じゃないと、脳内整理がでけん。

ってことで、補足をやりたいんだが、
ちょっと今日はもうぼろぼろ・・・orz

よって、
「補足やります!でも、いつか未定・・・」
って予告のみ出しておく。

口だけ女にならんようにせんとな・・・。

あと、読書録のカウントのみ。
●25日
(1123)BL/Shy 『家族になろうよ』 月村奎
(1124)BL/Shy 『ヘブンノウズ 物語』 英田サキ


この2冊・・・超楽しみにしとったので
なんとか時間をひねりだし、執念で早売りゲットしたんだが、
どれだけヘロヘロでも
どれだけ睡眠時間が削られようとも
上出来のBLを読むと、一瞬で疲れもストレスも吹っ飛ぶわ!!

ああ・・・しあわせ・・・(T_T)
[ 2014/12/26 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

やりますか、『共感する女脳、システム化する男脳』について

明日とか、絶対ブログかけなさそうな気がするんで
片付けておこう。

の前に。

世間では昨日や今日はクリスマスで、
ケーキやらチキンを食べたであろうが、
腐人にとっては、冬のお楽しみ、岩津ネギのネギ焼き!の日だった。

去年、師匠が教えてくれた岩津ネギ。
むっちゃ旨くて感動したんだが、
今年もでたよー!と送ってくださった。
ありがたや~

去年の経験からして、ネギ焼きをするならば、
コンニャクと牛肉を甘辛に炒めたものを
混ぜ込んだほうが旨いのはわかっていたので
別途それを準備する。

焼いて食ったら、もう・・・旨くてっ!!!
やっぱ岩津ネギ、最高!!!

食べた時間が、もうてっぺん近かったので
今日は1枚だけにしようと思ったのに思ったのに思ったのに・・・
とまらないの・・・・・・・(T_T)。

悪いのは腐人の弱い意思じゃない!
美味しすぎるネギ焼きが悪いのよーっ!!!

・・・岩津ネギ・・・恐ろしい子・・・

や、でもホント、ネギの常識を覆してくれるネギです。




さ、繰り延べしていた宿題を片付けまひょか-。

(1116)一般本 『共感する女脳、システム化する男脳』 サイモン・バロン=コーエン、三宅真砂子

この男脳、女脳というと有名な著書は
『話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く』
でしょうね。
※以下、タイトル長いんで、『話をきかない』に略

例に漏れず、腐人も読みました。

っても、この『話をきかない』は、
学術的に論じるというより
卑近な例からおおまかな傾向を語る、
といった内容だったので、
いわゆる血液型やら、星座なんかと同じように
捉えられちゃったとこがあるかもしれない。

腐人の印象に残ってるのが、
斎藤美奈子さんがどこかの著書で、やはりそういう捉え方をなさって、
血液型もバカらしいが、
人間が2種類にわけられるなんてナンセンス
といったような評を、お書きになってたことだ。

確かに、この『話をきかない』だけだと
そうなるかもしれないが、
この『共感する女脳、システム化する男脳』まで読むと
ちょっと違って見えてくると思うんだがなぁ。
※こっちも、タイトル長いんで、以下『女脳男脳』に略

ってのも、この『女脳男脳』を書かれた
サイモン・バロン=コーエンさんってのは、
もともと自閉症研究をなさっておられる方。

自閉症(本当は自閉症スペクトラム症候群って書くべきだろうけど略させて・・・)は
男性に顕著に現れる症例だ。

1970年代、自閉症というのは、すごく狭義にとられ
IQ70未満の知的障害もある人のことだけを指していた。
そのため、1万人に4人といわれていた。

しかし、1990年代に
アスペルガー症候群(以下、ASに略)という診断ができ、
それが自閉症に含まれるようになって
症例の幅が広まった。

結果、自閉症は、自閉症スペクトラム症候群といわれる
多岐にわたる症例を含むものとなり、
1万人に4人が、200人に1人の割合でみられるものになった。

その男女比は、男10に対し女1。
他の病気の出現率が、
多くても男2~3に対して女1という割合なので
明らかに男性発症率が高いことがみてとれる。

コーエンさんはそういったところから、
この『女脳男脳』というところに着目して
研究をされはじめ、
これはそれを一般人でもわかるように噛み砕いてかいてある本だ。

っても、発刊はずいぶん前なんだよねぇ。

一時、世間で「EQ」だの「心の知能指数」だのゆーて
流行ったっしょ。

腐人はあれ、アホクセーと思って眺めてただけなので、
この本書でとりあげてるEQと関係があるんだかどーなんだか
定かではない。

ただ、時期としてはかぶるのかな?
っても、世間でちやほやされてたやつとはズレを感じるけども。


だったら、なんで腐人が今頃興味を抱いたのかっちゅーと
話は単純でね。
ちょいと前に
「察して欲しい女と、察することができない男」
ってタイトルでブログを書いた(2014/12/05)。

そんときに
「自閉症スペクトラムとは、極端に発達した男性脳」
って文章が頭のどっかにひっかかったんだけど
出典がわかんなくてさぁ。

どうも『女脳男脳』にあるっぽいことはわかったんだが
読んだ記憶がない。

忘れちゃっただけ(よくあることだ)なのか、
別のものでみたのか、
確かめようではないか!となっただけである。

この結論からいえば、この本は初読で、
腐人の記憶にあるのはどうも別のもんらしい(が、思い出せない)。

まぁ、自閉症は腐人も関心があるテーマなので
いろいろ読み漁ってるから、その中のなんかにあったのかな?


ほんで
「自閉症スペクトラムとは、極端に発達した男性脳」
についての正しい話をすると、

1944年に、オーストリアのハンス・アスペルガーさんが、
「自閉症のパーソナリティは男性的知能が極端に表れたものである。
 標準的な変異の範囲内でも、知能には明らかな性差が見られる。
 (中略)自閉症の人には男性的な特徴が極端に表れている」

ってのを、ドイツ語で発表した。
そのため、英語圏では1991年まで知られておらず
翻訳されて紹介され、1997年からこの論に基づく研究が開始された

これが正解。

なるほどー。
こんな重要な論文が50年も放置されていたってことは
やはりこの世に「ほんやくコンニャク」がないってのは
大いなる損失だってことよね!
外国語に不勉強なのは、腐人だけじゃないし、
勉強しない腐人だけが悪いわけじゃないわっ!!!
    ↑
  なんか勝手に我田引水して、
  すげー暴論な自己正当化発言かましとるぞ・・・

ま、そんな腐人のたわごとはほっといて。

この説に基づいて、コーエンさんが研究を重ねた結果、

女性型の脳・・・その傾向が女性に多くみられる
共感に優れた脳
(Empathizing Quotient 略してEQ)

男性型の脳・・・その傾向が男性に多くみられる
システム化に優れた脳
(Systemizing Quotient 略してSQ)

こういうのが確かにある、という結論に達した。

ただ、本書内でも繰り返し述べられてるが、
この女性型の脳というのは、女ならばこうある、というもんじゃない、
男性型の脳についても同様。

ここは絶対に間違えないで!と強くおっしゃっておられた。

まー浅い理解なのか、耳障りのいい都合のいい解釈をくっつけて
ビジネス化して甘い汁を吸ったり、
性差別主義をまい進させたりする人は必ずいるからね。

なので、一応、腐人も繰り返しておこう。

女脳男脳とゆーとるが、便宜上のもんであって
あくまでも「多くみられる傾向」に過ぎないんだよー!
わかったねー!
ゆったかんねー!

さ、義務終わり。


ちなみに、世の中の人をテストしてみたら、
EQ>SQ
とか
SQ>EQ
とかもいるけど、多くは
EQ=SQ といったバランスのとれた脳をしてるそうだ。

ただ
SQ>>>>EQ
となってしまうと、ASや自閉症として出現する。

では、
EQ>>>>SQ
とはどういう人だろうか?

ってのが、実は本書の1つのテーマであった。
これについては、EQ、SQの説明してから
腐人の見解を述べることにする。


腐人がこの本を読み始めてすぐに、
「OH!そうだったのか!」
と思ったことがある。

前の「察して欲しい女と、察することができない男」で
「「察する」ができている、「空気が読めている」と
 その人が思うかどうかは、
 相手が、察せられたその人の思うとおりに動いてくれないと
 成立しないってこと」
と書いた。

が、イマイチ、キレイに書けたと思ってなかったんだよね。

それがここですごくすっきり説明してあるんですよ。

EQ、つまり、共感に優れている、ってところで
人は誤解している、と。

相手がどう思ったか、どう感じて、どういう反応をして欲しいと思っているか
ってのを「読む」のは、
マインドリーディング(心の理論)ができる(わかる)であって
それは、「共感」とは違う。

「共感とは、意識することなく、
 自然に他人の気持ちや感じ方に
 じぶんを同調させることをいう」

「単に悲しみや痛みといった
 ひとつひとつの感情に反応することを指すのではない」

っちゅーんですね。

コーエンさんがおっしゃるには、
「共感」は2つの要素から構成されとるんだそうで。

(1)認知的要素
簡単にゆーと
他人の気持ちを理解し、相手の立場に立ってものを見る能力。

これが上記でいう「マインドリーディング」。
心がどういう理論で動いてるか、
それを理解し、認識するっちゅーことですな。

ちなみに、心の理論や、マインドリーディングと
呼ぶようになったのは最近らしく、
昔は、ジャン・ピアジェさんがこういう説を唱えてらした。

「これが使えるようになると、脱中心化ができる。
 いわゆる、
 自分の視点・立場からしか物事を考えない人でなくなる。
 そして、それを実際に使うと、非自己中心的な反応となってくる。」
※「」でくくってますが、引用じゃなく腐人が勝手にまとめたもんです


(2)感情的要素
これも簡単にゆーと
他の人の感情が動くのをみて、適切な感情を催す働き。

問題はここなんですよ、奥さん!(って誰のことや)

コレ読んで腐人が思ったのは、
「共感」 ノットイコール 「察する」だと。

「察する」ってのを言葉通りにうけとると、
(1)認知的要素な、
技術を教わったらなんとかなるかもしれない部分だと思うんだ。

でも世の女が、「察して欲しい」とかゆってんのって、
(2)感情的要素な、「心に寄り添って」ってやつっしょ?

こーれーはー・・・ゆっていいすか?
天性のもんとして、持ってるか持ってないか、
それに尽きると思う。

例えばね、
なぜレイプができるのか。

これは共感能力が低い現れといわれる。
もし共感能力の(2)感情的要素を強くもっててみ?

嫌だと嫌悪感を表されれば、
それに無意識のうちに同調して「嫌なことしてごめん!」となるわけ。

よくレイプ犯が言いますが、
イヤだといってる相手をみて、
「嫌がってるふりしてるだけ、実は喜んでると思った」
なんて思えない。

まぁ、レイプ犯は、(1)認知的要素も間違って認知してっから
共感能力(EQ)そのものが、ダメダメなんでしょうね。

ちなみにサイコパスは
共感の(1)認知的要素に問題はないが、
(2)感情的要素が備わってない。

うーん・・・腐人はサイコパス気質がある自覚があるので
これ、すげーよくわかります。はい。

ちなみに、詐欺師も間違いなくこれでしょうね。
そんで、そういう人は恐らく
(1)認知的要素はかなり高い。


もうひとつのSQ、システム化に優れた脳については、
これ、説明いるかね?

男って、すぐ優劣つけたがって、ルールつくりたがって、
仕切りたがるじゃん、あゆこと。

・・・腐人・・・愛が感じられんぞ、その説明・・・。

まぁ、これ以上知りたい方は本書をお読みください。
一般向けなのでかなり読みやすいです。

っても、これで終わってしまうのはなんなんで、
もうちょっと書くか。

この男性型脳をもつ傾向が多い「男」というものは、
往々にして、こういう存在になる。

共感傾向が低く、システム化スキルが高いため
集団になると序列を決めようとする。

そして、男が新しい集団にはいることは
女より起こりにくいので、あわせる適性が低い。
これ、結婚のこと考えてみてください。

嫁ぐという言葉があるように、
女は結婚によって、自分の血統集団・生育環境を離れて
男の血統集団・生育環境に入ることが多いでしょ?

群れをつくる動物の多くもそうなんだそうで、
オス(ボス)の群れに、メスが新たに加入する、
そういう形が多いんだそう。

そうなると必然的に女(メス)は新しい集団になじむために
共感能力を高めないとならなかった。

でも、男(オス)は自分のなじみの環境から
変わらないまま過ごすので、
共感能力を高める必要がない。
むしろ、その自分の環境をコントロールする能力のほうがいる。

そういう話。

ほんで、それぞれの利点をいうと、

★男性型脳の利点
・道具の製作と利用が得意
・狩猟と追跡より、気象予測、方角、空間記憶力が優れる
・商取引に強い
・権力への執着
  →どうすれば他人に先んじることができるかを常に考える
・支配→つまり暴力、恐怖が必要になり、
     共感能力が低い方が他者を攻撃しやすい
・専門技術→一点集中型
・攻撃性→生殖面での利益獲得
・リーダーシップ→生産性の悪い者を切り捨てられる

という部分は、なるほど、と思ったんだが、
本書では利点の1つに、あとこれをあげていた。

・孤独に耐える力

腐人としては、これ、そぉかぁ(~_~)?と思う。

はっきりいって、腐人の周囲の男女をみてると
圧倒的に、女のが図太い。
男のが弱い。

ただ、男は見栄を張る。
虚勢をはって、強がりをいう。
浅い底がみえてるけど。

その一環で、
「孤独なんてこわくないさ!」
とかゆーのはあるな、と思う。

が、妻に先立たれた男の残り人生と、
夫に先立たれた女の残り人生見比べたら、
これは違うだろうと思うんだがな。

まぁ、これは上で書いた新しい集団になじむ能力が
女のがある、って現れなのかもしれないが。
男はへたくそだからねぇ。


続いて

★女性型の脳の利点
・仲間を作る→状況が悪くなったときに助け合える
・子育て→共感能力がないと、なんで泣いてるか推測が難しい
     →子供を事故から守れる
・うわさ話→情報収集
・社会間の移動
・パートナーの気持ちを読む

ま、これは納得。

女の多くがこの傾向をもってることは確かだ。

っても、腐人は性別女だが、
この利点を持ってるかというのは・・・
ま、言わんでもわかりまんな。

これで、だいたいEQ(女性型の脳)、SQ(男性型の脳)って
わかりましたよね?
わかんなかったら、本書読んでください。
もっと丁寧に解説してあります。

で、頭に戻りますが、世の人の多くは
EQ>SQ
とか
SQ>EQ
とかもいるが、ほとんどが
EQ=SQ
なんだってのは、自分と照らし合わせるとわかりますわな。


でも、SQ>>>>EQとなる方がいて、
ここからその人たちのお話。

この形ででる方の多くは自閉症(略してます)という診断になるが
共通して、マインドリーディングが著しく困難という傾向がある。

そういえば自閉症スペクトラム症候群の中に、
高機能自閉症という表現があるんだが、
これ、すごく誤解をまねきやすいんだよね。

端的にいうと、IQ70以上の自閉症患者のことなんだが
IQ70というのは学習障害(精神遅滞)と平均知能の境界。

もっとわかりやすくいうと、
IQ70だったら、一般的中等教育修了レベルのテストに合格できない。
つまり高校への進学が難しい。
高機能というと、すごく優秀と思っちゃいがちだが
実は、そうじゃない自閉症とくらべて高機能、というだけの表現だ。

一般的な「高機能」をもってるのは、AS。
こちらは知能、IQに問題はないどころかすごく優秀だったりする。

ごっちゃになりそうだが、そこは要注意だね。

あと、自閉症によくみられる傾向は、
行為のプランニングが難しい。
もっと簡単にいうと、先を見越した行動や注意の切り替え、
衝動行動の抑制など「実行機能」に障害があるということ。

ただ、この障害の程度は、どうでるのかなぁ?
自閉症スペクトラム症候群というと、範囲も広いし
現れ方も一人一人違うので、これは診断がこうだからこう、と
一概にいえないだろうなぁ。

一人一人、ケースバイケースで捉えるしかないんだろうな。

それから、全体によくみられる特徴の1つとして、
全体像をとらえるより、細部にこだわるところがあるという点。

で、だ。

こうやってかくと、とても難しい人たちにように思われるが、

フィールズ賞をとったリチャード・ボーチャーズ
シリコンバレーの人々
アインシュタイン
ニュートン

といったように、
その長所、短所を「愛すべき個性」としてうけいれてくれる場、
理解のある周囲に恵まれれば
ASという診断なんかなんの意味もなくなる。

「ちょっと変わったところのある頭のいい人」
としか捉えられないからだ。

しかし、それらの条件に恵まれないと、
彼らは孤立し、失業やたびたびの転職をし、
周囲との齟齬からくる抑鬱、離婚などの問題をかかえがちになる。

コーエンさんは、この自閉症研究の専門家だから、
どうしてSQ>>>>EQの人たちばかりが割を食うのか・・・
と思われたんだろう。

じゃぁ、極端な女性脳(EQ>>>>SQ)を持った人は
どこにいるのか、
彼女たちは、どういう生涯を送るのか、ってのに
本書のテーマがうつっていく。

コーエンさんは、こういう人は
すばらしいカウンセラーになるのでは?
と推測し、
小学校教諭、看護師、介護師、セラピスト、
ソーシャルワーカー、仲裁役、グループのまとめ、
組織の人事担当、こういう職業に
ついているのではないかと書いておられる。

そして、社会は極端な女性型の脳を持つ人を
喜んで受け入れているのに、
極端な男性型の脳を持つ人には偏見を抱いてるのでは?
っちゅー仮説をたてるのだが。

えーゆってもいいですかー?

あのさ、
これ、間違ってると思いま~す。

極端な女性脳(EQ>>>>SQ)を持った人ってね、
はっきりいって、社会にでて働いたら、
超つかえねぇ、いたら迷惑人間だよ?

なぜならば。
社会というのは、システムでできてるから。

そのシステムを理解する能力(SQ)が劣ってるなら
社会にでたら「できないちゃん」だって。

「小学校教諭、看護師、介護師、セラピスト、
 ソーシャルワーカー、仲裁役、グループのまとめ、
 組織の人事担当」
ってあげてるけどさー、
これね、仕事ですから。

だから時と場合によっては、
その感情に共感はできるけど、
でも、社会の筋としてはあんた間違ってるよね?
ってことをはっきりつきつけなきゃならんわけ。

もしくは、そっちに話を誘導したり、説得せんといかん。
自分の感情をさておいて。

なによりも社会ってのは、利益至上主義だ。
儲けをださないと意味がない。
そのためには、非情になる必要があるんだが
極端な女性脳(EQ>>>>SQ)を持った人に
それができるか?

でけんやろ。

腐人の仮説ゆってもいい?

腐人が思う
極端な女性脳(EQ>>>>SQ)を持つ人ってのは
「専業主婦にしかなれない人」だ。

そこをわかっとらんで、社会にでると、
メンタル病んだり、
あわないことを無理にやって体調崩したりする。

そこはSQ>>>>EQの人と一緒。

でも女だからね、
じゃぁそれを機に結婚して・・・ってなって
その人にとって最適な職業
「専業主婦」に自然につくわけですよ。

だから、目に留まってないだけ。

ちなみにこれ、「専業主婦になりたい人」ではないからね。
「専業主婦にしかなれない人」だ。

さらにもう1つ。
スーパー主婦(言葉の意味がわからない方はググってください)は
EQ>>>>SQではないし、
「専業主婦にしかなれない人」でもない。

むしろかなりめにSQ値が高い方だと思う。
ってか、社会にでて働いたら超有能だと思うわ。

あーこの辺まで細かくかいてるとキリがないので
ざくっとまとめると、

例えば、
夫がしょっちゅう転勤する
それも転勤した先ではいつも社宅
かつ、仕事が多忙で家事育児は一切手伝ってもらえない
義理家族とのつきあいも夫の代わりにしなければならない
こういうの、EQ>>>>SQの人でなきゃ無理でしょ?
家事能力がどうとかこうとかじゃないの。

そゆこと。
あとはすみませんがお好きなように推測してください。

腐人、これあながち間違ってないとおもっちょるんだが
どーすかね?


ちなみに、本書の巻末に

目から心的状態を読み取るテスト
共感指数(Empathizing Quotient)
システム化指数(Systemizing Quotient)
自閉症スペクトラム指数(Autism-Spectrum Quotient)

のテストがあります。

「目から心的状態を読み取るテスト」は
マインドリーディング能力をみるもんだが、
残念ながら、これは英国人仕様。

だから腐人もやってみたが、
「うーん?」というとこがなきにしもあらず。

でもって、
自閉症スペクトラム指数(Autism-Spectrum Quotient)については
使用する場合は事前に了解をとってほしいことと
データ提供をお願いします、とあった。

ネット社会の今、
どこまで守られてるかわからんけどね(^_^;)

ご興味ある方は、本書でやってみてください。

腐人の結果は・・・いうのはやめておこう。
ま、女の平均とは違った値であったことは
ご推察のとおりでございます。

それにしても、いやー・・・
なかなかおもろい本でした。

ああ、これとペドを絡めたいとこがあったが、
今日はもう書いてられない・・・。
またいつか。
忘れなければ。


ちなみに昨日の読書録。
●24日
(1122)一般本 『日曜日には探偵を 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険』 橘香いくの
  なんであえて続けたかというと、
  このコラリーは、まさに典型的なEQ>>>>SQの人。

  でもって、フェリックスはSQ>>>>EQの人。

  ってことは、SQ>>>>EQのASの人が
  社会から「ちょっと変わったところのある頭のいい人」
  と捉えられて幸せな生活を送りたいなら、
  EQ>>>>SQの人と結婚するがよしってこと??

  どうせならここまで研究してほしいなぁ。

  SQ>>>>EQの人と結婚すると
  カサンドラ症候群になったりすることもあるそうなので、
  そうならない人ってのは
  EQ>>>>SQの人なんだろうか?

  素朴に疑問。

  全然本書の話になっとらんが、
  だってお話は、いつもの二人なんだもん・・・。
[ 2014/12/25 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

小説「すばる」2015/1月号を読んだでよ

の前に。

今年は24,25が平日のため、
23日にクリスマス会をおやりになったお家が
多かったんではなかろうか?

腐人家はイベント事には一切関心がない家なので
昨日はただの休日だったのだが、
チビーズの家の多くは、
夜、クリスマスパーチーをする予定になっていた。

すると・・・大人は忙しい。
とってもとっても忙しい。
サンタさんの代わりにプレゼント回収してこなきゃいけないし、
シェフの代わりにパーチー料理を作らねばならないし。

となれば・・・
「すみません!よろしくお願いします!」
とチビを置いていかれ、
必然的に腐人家保育園が臨時開園に・・・。

チビたちよ、
なぜに、あんたらは複数あつまるとグレムリン化するのだ?
別に12時過ぎにご飯たべさせてないのに!!!

チビたちよ、
なぜに、腐人のまるまった背中によじ登り、
頭の上まで到達しようとするのだ?
そこは山じゃない!!
腐人の頭だ!

ってことで、力いっぱい腐人家で遊んだチビたちは、
せっかくのパーチー料理を前に
コテンと寝てしまったらしい・・・。

腐人も疲れてはよ寝たよ・・・うん・・・。

ってことで、相変わらず
『共感する女脳、システム化する男脳』
が書けません。

ってか今日は先に、こっちをやっちゃいたいのだ。
小説すばる 2015年1月号  「僕のライフ」 木原音瀬

不定期に続いてるペド連作。

今回はタイトルのとーりの「僕」、森下のライフであった。

ホントに率直な感想をゆっていい?

「うわー・・・すげー被害者意識。
 『加害者臨床』思い出しちゃったよ」

である。

確かに、どうにもしようがない部分、だとは思う。

一緒にしたら怒られるかもしれないが、
自分ではどうにもしようがない、
性癖(異性愛者、同性愛者、両性愛者)や性別、年齢
そういったものと同じトコにあるもんだよね。

だからそれ自体に対しては、もう肯定するしかないじゃん、
と腐人は思ってんだ。

でも、それを受け入れたあと、
社会にあわせて制御した人生を送れるか
ってとこで
話は変わってくる。

そうである、ということと、
犯罪者・加害者になるということは
別次元の話だと思うんだ。

その超えてはいけない見えない一線、
それを超える人と、超えない人、
その違いはどこに、なにに、あるんだろうか?

腐人は、別に、ペドに限らないんだけど、
犯罪というもんにすごく興味があって
この「線」というか「違い」が
常々不思議なんだよねぇ・・・。

まぁ、これはどんどん話がひろがってっちゃうんで
もうやめますが。


あとさ、どうしてももやもやしちゃうところがさ。

需要と供給がつりあっていれば何が悪い?
ってのが、ビジネスや経済の論理だよね。

人間社会において、それを最優先させるとよろしくない
ってのは、
人は公害や、薬物汚染などで学んできた。
原発もその一種だ。

でも、話が公害ではなく、貧困や格差、教育となったら?
それは、社会でそれを与えるべきだろうってなるよねぇ。

でも社会がちゃんと機能してなければ?

自助努力でなんとかせんといかんくならん?

ただでさえ貧困、低教育となっとれば、
自助努力ったって、できることは限られる。
そうしたときに、
やっぱ選ばれるのは最古の職業だよね。

しかし、子供がそうすると悪になる。
大人は売買春してっけど。
その差はなに?と思うのは腐人だけだろうか?

まぁ、買う人がいい人ばかりではないのは確かだし、
何もわからない子供が大人に無理に使役されてそうなるのは
問題だと思う。

が、子供がそういったこともしっかりわかっていて、
それでも自発的にそれを選んだ場合でも
やっぱり悪なんだろうか。

でもさ、それと同時に、現実世界ではさ、
マララさんの話じゃないが
アフリカやインドやパキスタンの少女の中には
まだ初潮も始まってない頃に、
親によって、すごい年上の男に嫁がされ
14、5で出産させられてることあるよね?

昔、プーラン・デヴィさんの伝記を読んだけど、
彼女は確か年齢一桁ぐらいで嫁がされるんだが
その初体験の記述は悲惨だった。

これ、男性脳と繋がってく話なので
詳細は、後日に譲るが(忘れてなければ)、
そんなふうに本人の意思を全く無視して、
教育を与えず、世間知ブラインド状態で
一方的に搾取されるのに比べてしまうと
ちゃんとギブ&テイクで商談を成立させたなら、
何が悪い?と思ってしまうところが
やっぱどっかあるなぁ。

まぁ、知恵と力が足らないから、だまされたり、
商談時の約束を反故にされることもあるだろう。
でも、一方的に踏みつけにされてるより、ずっとよくない?
と思う腐人は恐らくゆがんでるんだろうね。

子供に性欲を抱くこと自体が信じられない!許せない!が
世間の意見だろうから。

まーかくゆー腐人は、この「僕」の選択、
もちろんベストじゃないと思ってるし
ベターだったとも思ってない。

そう・・・腐人としては、
「オリエント工業に相談し、そこで満足を覚えなさい!」
それがベストだと思うんだ。
今の世の中のシステムでは。

どうしてこーゆーとこで「満足」を覚えられないのか。
少欲知足っちゅー言葉があるんだけどなぁ・・・。

って腐人に言われたないわ!って言われそうだな。

それにしても、ペドで幸せになった人っておらんのですかね?
エドガー・アラン・ポーってそうじゃなかったっけ?
でもあれはペドといっていいのかどうか・・・
となれば、誰もいない?知られてないだけ??

うーん・・・なんか、素朴に疑問になってきた。


すっげーどーでもいいんですが(いいのか?)
例の教師をやめることになった問題児くん。
彼はその後どうなったんでしょうかねぇ・・・。


引き続き、読書録いきます。

●22日
(1118)マンガ 『おおきく振りかぶって 24』 ひぐちアサ
  うっわー・・・
  この展開、『おお振り』だわぁ。

  一球一球、
  ピッチャーとキャッチャーとバッターが何考えてるかって
  そーゆーもんなんやとこの漫画を読んで知ったが
  これ、1年の秋大やろ?
  この調子で延々やっとったら、
  この試合ですらいつ終わんねん・・・
  いったい、どこまで連載続ける気なんや・・・
  と、ちと思ってまうね。

  まぁ、だからこそ、コレ読んでる友人が
  「ホンモノの野球観戦と同じ感覚でみてる」
  とゆーのであろうが。

  腐人的にはもうちょっとコンパクトに話が進んで欲しいんだが。
  腐人、忍耐力ゼロなんで。

  ただ、こうやって丁寧に本当の野球のように描く
  (そこに関係する人間模様も含め)が、
  『おお振り』なんだよね。
  
  そーゆー意味で言えば、
  恐らく『ダイヤのA』は 
  選手に主眼をおいたドラマだろうし、
  『ラストイニング』は、
  戦略やそのとりまく政治的なものなど
  「高校野球」を大きくとらえ、
  1つのプロジェクトとして語ったもんになるのかな?

  今回は、お、三橋
  やっと自分の意見いえるよーになったじゃーん♪
  ってとこに思わずニヤリ。

  ってか、阿部が反省しとるとこみて、
  ちょっとびっくり。

  まぁ体育会系の素直さととればなるほどかもだが、
  意外とこーゆー「俺はすべてをわかってるんだぜ」と思ってる男って
  反省っちゅーか、自分の誤りを認められない
  ケツの穴のちぃせぇのが多いんだけど
  それを認められるってのは、
  阿部にもまだまだノビシロがあるってことだよねぇ。
  
  ホント、つくづく思うが、
  素直にあるがままをうけいれられる子ほど伸びる。

  個人的には、三橋母&祖父母話がかなりツボ。
  よかったね、孫につられる祖父母で。
  世の中には、自分しか愛せない親もいるからなぁ・・・。

  ってか、孫好きならね、
  個人的に、チビって
  1歳半から4歳ぐらいまでが一番かわいいので
  その頃みられないって、大損よ!!

  もっとはよぅに関係回復しとけ!

(1119)一般本 『盗まれた蜜月 後編 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険』 橘香いくの
  フェリックスくん、がんばる、の巻だよねぇ。

  それにしても、別れたら他人の夫婦と、
  死んでも親子の縁は切れないわ、の母息子。
  男としては、どっちがいいんでしょうねぇ。

  どーでもいいけど、コラリーって、究極の女性脳じゃなかろうか?
  でもって、フェリックスが究極の男性脳。
  
  その視点でみると、なかなかおもろい。
  ま、この辺の話も、また後日。

  ああ、宿題たまりまくり・・・(-_-;)


●23日
(1120)一般本 『芥川症』 久坂部羊
  個人的には長編が好きなんだけどなぁ。

  それでも、技巧の上手さと、
  久坂部さん作品におなじみの医療の毒がよくわかる。

  そやってみると、結局のところ、
  すべての現象は、ヒトがヒトであるがゆえに起こること
  って感じがするね。

  芥川が書いたヒトのどうしようもなさも、
  医療が引き起こすどうしようもなさも、
  すべてはヒトがヒトであるがゆえ。

  見事な逝き様をみせてくださったという
  久坂部さんのお父様の話、
  読みたいなぁ。

(1121)BL/ルビー 『俺の上司がベッドの中で』 栗城偲
  ごめん、なんかもうこの初期設定から
  「無理・・・」。

  いかんなぁ、最近、比較的デキのいいのしか
  読んでなかったから
  耐性がなくなってきてるかもしれない。

  カッ飛びすぎるぐらい荒唐無稽だと、
  それはそれでわっはっはで読めるんだが、
  中途半端だと、物語世界にはいる前に
  「ありえん」「それはない」とシャッター下りちゃうんだよねぇ。

  歳だわね。


とりあえず、今日はコレが限界・・・
[ 2014/12/24 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

ちょっとあっぷっぷっぷっぷー

この時期、仕事でバタつくのはいつものことなのだが、
そういうお年頃なのか、
最近、ちょっと身辺もいろいろあわただしい。

よって、長文ブログを書きたいのだが
書けんのじゃ・・・(/_;)

しかし、そーすっと読書録がたまりまくるので、
今日はちゃちゃちゃと済ませられるもののみを。

もう日付がわからんちーなので無視。

いいのだ、このブログでは腐人がルール!

(1115)一般本 『盗まれた蜜月 前編 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険』 橘香いくの
  すんません、前後編なんで、
  後編よんでからまとめます。

(1116)一般本 『共感する女脳、システム化する男脳』 サイモン・バロン=コーエン、三宅真砂子
  えーこれはがっつりしっかりやりたいんで
  後日。
  でも、現状、いつとはちょっと言えない・・・(-_-;)。
  
(1117)一般本 『親友は、エイズで死んだ 沙耶とわたしの2000日』 今井COCO
  今日はとりあえずこれだけちゃんと片付けとこう。
  じゃないと、埋もれる。

  ものすごく率直なところを言わせてもらえば、
  腐人はこのタイトルをみたとき、
  「へ?いまだにエイズ発症させるとこまでいってる人いるの?」
  という思いを抱いた。

  まー腐人はエイズに関心があるから
  世間一般よりも余計に知識をもってるのだとは思うが
  そこがひっかかって読んでみることにした。

  したらば。
  簡単に言うと、これ過去の話なのね。
  
  どこまでフェイクなく書いてるかわからないけど
  話に時間表記がまったくないので
  エピソードから推測するしかない。

  軸のひとつとなってる「X Japan」の活動記録と照らし合わせると
  HIDEの死後から始まってるから
  恐らく話の始まりは、2000年頃。

  その後、再結成コンサートにいったりもしているので、
  感染がわかった頃は、2007年前後か。
  で、数年前に逝去。

  やっぱり比較的最近の話だよねぇ。

  感染経路すら判明せず、
  患者が路上に放置されてた時代でもなきゃ
  治療薬がなくて、
  わらにでもすがる思いで、
  東奔西走して新薬探ししてた時代でもない。

  検査機関にいきゃ、無料で検査してもらえ、
  感染が判明して手続きとれば、
  医療費の軽減措置だって受けられる。

  となれば、直接の死因はエイズかもしれないが、
  そうなってしまった原因は無知だよなぁという気が
  どうにもぬぐえない。

  特に、リンパ節の腫れなどかなりの症状がでているのに
  病院にいかないあたりが、
  腐人なんかにしてみたら、
  エイズで死にたいんだとしか思えなかった。

  ま、腐人は人類不要説論者なので、
  別にそうしたいならそうすればいいと思うけど
  そうじゃない、死にたくないのに
  カクテル療法をしようとせんのがわからんわ・・・(~_~)
  
  読んでる最中、そんな思いがずーっとつきまとったのだが、
  あとがきを読んで、ようやく腑に落ちた。

  この本は、腐人みたいにエイズに興味があって、
  『エイズの起源』とか読んじゃったり、
  毎年公表される感染者数を
  逐一記録してるような人向けではなかったのだ。
  (ま、こんな人のが珍しいよな・・・)

  「エイズ?それってホモがなるやつでしょ?」
  とか思ってる人たちに、
  「そうじゃない!
   もっと身近な病気で、早く気づいて治療すれば
   私の友達みたいに死なずに済むんだよ!」
  ってことが言いたい本らしい。

  なるほどねぇ。
    
  まーそれでも、感情論が先走ってんので、
  役に立つかというと、どうだろう?という気がせんでもないんだが
  まぁ、現実処理より、感情優先、共感してほしいの!の方には
  いいのかもしれない。

  でも、それゆーなら、もっとどぎついとこゆっといて欲しいなぁ。


  ★経験人数一人だから、私は大丈夫 

   → ブ~。×です。
   あなたは一人でも、
   あなたにつっこんだブツが
   他の穴に突っ込んだ経歴が1回でもあれば
   HIVのみならぬ数十種類の性感染症にかかる可能性があります。

   だからセーフセックスが重要なの!
   避妊という理由だけじゃなくて。   

   ちなみにHIVの感染経路3つのうち、
   母子感染、血液感染は、現在、かなり珍しくなっていて
   性交渉による感染だけがぐんぐんのびてます。

   特に、気づいてないだけで、
   地方の高年齢男女(年齢目安は閉経後ぐらい)の罹患が
   実はかなりヤバい。

   どうしてそうなのかを書くときりがないのでやめますが
   日本では、ホントやばいんです、ここの層。   


  ★ゲイとか、アナルセックスする人がかかるんでしょ?
  
   → ブ~。×です。
   ここでエイズの歴史の講釈をたれる気はないので
   割愛しますが、
   伝播してくなかで、一部特殊な経路になったため
   そういう認識が一人歩きしてるだけ。

   基本的には、男女比に差はなく、
   どっちかっちゅーと女性のが感染しやすい。
   

  よって、セックス経験のある人は、
  一度、白か黒か、はっきりするまで検査しといたほうがいいし、
  その後も、セーフセックスばっかりしてるならいいが、
  そうじゃないことがあったときは、
  都度都度検査するぐらいでいたほうがいい。

  エイズで死にたいなら、話は別だが。

  と、ここまで書いて欲しかったな、個人的には。
  じゃなきゃ、啓蒙にならんもん。

  ま、文章的に読みやすいのは読みやすいですけど
  女のヒステリックな感情論話は苦手・・・という人には、
  ちょっとキツイかなぁ。

  俯瞰で読めばいいんだが、
  ま、そこまでしてでも読むのは
  腐人みたいな、死ななきゃなおらん活字中毒だけだろね。
[ 2014/12/22 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

ニュースいろいろ #忘れたが今年最後?

●STAP細胞
ニュース面をにぎわせているSTAP細胞会見。

2014年はSTAP細胞にはじまり、
STAP細胞で終わる感じだねぇ。

腐人はその効用からあってほしいなぁと思っていた一人だが
こうなってくると、
「なぜこうなったのか?」が知りたくなってくる。

作為があったのか、なかったのか。
作為があったならば、その動機は。
バレると思ってなかったのか、どうなのか。
作為がなかったならば、
では論文に書かれたものは一体なんだったのか。

これはいつか明確になるのだろうか?

一般的にビジネスで事故がおこったら、
その原因を徹底追究し、そこから再発防止策をたてる。

某カップ焼きそばのように。

理研もいろいろ改革をしているようだが、
結局、ここが明確にならなければ、
再発防止って不可能なんじゃないのかね?


そういえばこの理研の会見で
腐人が気になったのは、エライさんが
「検証実験を、モニターを置いたり、
 立会人を置いたりして行うのは、科学のやり方ではない」
とおっしゃったこと。

まぁ、立会人はコストからしてもやんなくていいと思うけど
モニターを置くのもいかんのか??
むしろ、これは今後、全部にやってったほうがええんじゃないの?

科学のやり方じゃないってゆっても、
違う意味合いで、今はもうそれをせんといかん時勢ではないかと
腐人は思うのだ。

ってのもさ、
今年、もう1つ大問題になった個人情報流出事件。

こいつのおかげで、実は腐人のとこにもとばっちりがきた。

あんたはどういう情報管理をしとるのか書面をだせとか
呼び出されて、漏洩防止講習みたいのを受けさせられたりとか
そーゆーのが当然のようにあったんですよ。

そして、世の仕組みとして、
そういう需要があれば、供給ができる。

確かあの事件は春先だったと思うが、夏頃には
「うちの××をつかってもらえば、
 **************など、
 ばっちり記録をとることができます!」
と、どれほどそっち関係の営業さんからきいたことか。

証明ができないと、
万が一何かがあったとき不利になりますよ、とか。

講習のときにも散々言われたなぁ。
昔は、この程度(ミスの中でも軽いもの)なら、
「すみません」だけで
「ああいいですよ」と言ってもらえたが
今はそうではなくなった。
どんどん厳しくなってるのを痛感する、と。
だから危機意識をしっかりもってくれ、と。

そゆこと考えると、抑止としてだけじゃなく、
何かあった時の自己防衛の手段としても
記録をとることが必須になってきてる気がするのだ。

人の良心、良識といった漠然としたものに頼れた時代は
もう終焉をむかえているのではなかろうか。

なんとなく、このSTAP細胞の一件は、
それを象徴しているような気がしてならない。



●♪もしも~ネットが~なかったら~

ウォールストリートジャーナルによると、
欧州では5人に1人がネット経験がないそうだ。

http://jp.wsj.com/articles/SB11501383225136704765104580343913635065110
※いつまで読めるかわかりませんが
 一応はっつけときます


ってもこれ、数字のマジックで、
ほぼ0の国(ルーマニア)や
あまり使わない国(ギリシャ、イタリア)が混ざってこうなってるので
アイスランド(未使用者1%)やルクセンブルク(同5%)ってのもある。

まぁ、北国とか、金融立国なんかは思いっきり使ってるよねぇ。
ってか、今、これないと仕事にならんと思う。

ただ、それ均すとそうなるからか、
欧州の人とやりとりをしているとたまに
「ケーブル工事でネット関係一切アウトです。
 いつ再開するかって?
 それはわからん・・・」
と言われることがある。

工事の納期を守ることより、
家族とのバカンスの約束を守ることのが
優先されるお国柄なのでそれが通るのかもしれないが
日本だったらパニックだよなぁ・・・。

ただ、最近、ネットというものの存在が、
『モモ』の時間泥棒にみえてくることがある。

っつっても、モノはあくまでもモノ。
それが良きモノとなるか、悪きモノとなるかは
使う人次第。

そう・・・今日も今日とて発言小町を読みふけってしまったのは
小町が悪いんじゃなくて、腐人が悪いのよねぇ・・・。



●働きすぎはアメリカ人?

これはCNNから。
「休まない米国人」に休暇取得のススメ

こちらもいつまで読めるかわからないがURLはっときます。
http://www.cnn.co.jp/business/35054204.html

えええ?

腐人は、働きすぎは日本人だとばかり思っていた。
ま、腐人の周囲は、働きすぎニンゲンだらけなんだけども。

記事の中で一番びっくりしたのがココ
「労働者の有給休暇を取る権利が保障されていない唯一の先進国」

へーそうなんだ。

政府やマスコミや、なんちゃら委員会とかがゆってるのきいてたら
日本が一番ダメっ子かと思ってたよ。

今日、この後コメントかく『美しい彼』
上みて生きるか、下みて生きるかってのがあるんだが
「長時間労働?
 だいじょーぶだいじょーぶ
 アメリカさんに比べたらまだまださ」
ってゆっちゃぁいかんのだろうな。

ゆってるけど。

腐人は一人で仕事してる人なので
話をきくだけだけど、
日本は「労働の仕方」が悪いんだろなとは思う。

全部が悪いと言う気はないが
慣例とか序列、面子とかにこだわるあまり
非効率で無駄な仕事してるなぁと思うこと多々あるし、
なにより法律がなぁ・・・。

現実ありきで法をつくってるんじゃなく、
法ありきで現実におしつけてるから
歪みが生じて当たり前、と腐人は思ってしまう。

まぁ、法とはなんぞやということ言い出すと
法ありきでなければならない、なのかもしれないが
それは理想論だと思うんだよね。

まぁ、法が理想を語らなくなったらいかんのかもしれんが
腐人は、そりゃ政治や治安は理想掲げていいと思うんだ。

でも労働も含む現実の経済活動まで理想で縛るのは
なんか違わんか?と思うんだけど。

上で書いた研修のときに言われたことがある。

ルールを作ったから、それでいいというものではない。
それが守られないならば、意味がない。
それはルールがおかしい。
運用を始めてからも、現場の意見をきいて、何度でも見直しをし、
誰もが守れるルールを作ってください。


今の法律に、これが欠けてるような気がするのは
腐人だけかね?
[ 2014/12/19 ] ニュース&読書録 | TB(-) | CM(-)

是日常

ショック・・・Σ(ToT)

久しぶりに木原音瀬さんのブログを覗きに行ったら
「クリスマス企画 応募受付は終了しました」
というのがあるのに気づく・・・。

マ、マ、マ、マジかーっ!!!
うぉーん!!
そんなのやっとったのすら知らんかったぁぁぁっ!
うぇーん・・・

応募できないのは己の不注意が原因だからいいんですが、
何をやってはったのかが知りたい。
どっかにキャッシュ残ってへんかのぅ・・・。


と、ショックな出来事があったため、
今日はダラダラととりとめなく日常話をすることにする。


●すばらしきかな、カンタくん

今年も待ちに待ってた甘太くんが解禁となった。

甘太くん・・・過去のブログでも書いてますが、
むちゃくちゃ美味しい、焼き芋に適してるサツマイモのこと。
品種としては、紅はるか。
それを40日以上熟成させたもののブランド名だ。

出始め時期が一番いい形が多いので、大量購入し、
状態のいいうちに焼き芋にして、冷凍することにした。

※過去ブログに書いてますが、
これすごくじっくり焼かないと美味しくないので
焼くのに時間がかかるのだ
(大きさにもよるが最低1時間)。

で、それを1個1個ラップにくるんで冷凍し、
食べたくなったらチン解凍
(大きさにもよるが1~2分)。

それをだ、ここ数日、毎朝のご飯にしていた。

ちょいと話がビロウな方向へいきますが、
冬場の乾燥シーズンになると、
腸との交渉がなかなかうまくいかず、
勝負がつかなくなることありません?

腐人はちょっとその傾向がある。

それがですねぇ
毎朝1本、甘太くん!をすると、
「え?腸さん、またですか?
 今日はもう既に1度結果を出されてますよ?
 え?ちょっと待ってくださいよ、そんなに!?」
っちゅーぐらい、勝負強くなる。
 
たまたまかなぁ?とか思っていたのだが、
数日前、仕事が押して、てっぺん越えしてしまい
晩御飯に食べようと思ってた食糧を朝食にまわし
毎朝甘太くんをやめたときがあった。

すると、とたんに、腸さんがダンマリを決め込む。

やはり甘太くんでないと
腸さんのお気に召してもらえないらしい。

ただこの甘太くん。
姫ん家一家も大好きで。

おかげで、ここのところ、
甘太くん争奪の仁義なき戦いが繰り広げられている・・・。


●金メダルのつくり方

ここ最近、ちょいといろいろありまして。

そんな中で、姫がよくがんばってたので、
褒めてあげたくなった。

そうすっと、表彰状?
小学生ならまだしも、幼稚園児には
表彰状の意味はまだわからんだろう。

すると・・・やはりこの時季ならば金メダルよねぇ~。
※いわずもがなですが、腐人はフィギュアバカだ。

と思ったはいいが、どうするか。

むかーしむかしの記憶を掘り起こしてみると
そいやなんか手のひらぐらいのコインだかメダルだかゆー
丸い金のアルミホイルにくるまったチョコあったよなぁ?
あれにリボンつけりゃええんでね?
たぶん駄菓子屋いきゃーあるだろう、たぶん。

という、むちゃくちゃ安直な計画をたてる。

で、さっそく駄菓子屋にいってみた。

すると、ないのである。
メダル型チョコレートが。

【1軒目】
「これならありますが」と、
500円玉ぐらいの大きさのコインチョコが
複数はいったものを出される。

うーん・・・この大きさはちょっと違う。
それに、紐にこれぶらさげたら、
金メダルじゃなくてコインペンダント。
それは、大人になってホンモノを
カレシからもらうもんだよな、うん。


【2軒目】
「前は扱ってたんですよ、金メダルチョコレート」
腐人は知らなんだが、その名のとおりの商品があるらしい。

まーソチたけなわだったころは入荷しとったろうが
今じゃねぇ・・・。


そいやノーベル賞チョコレートたらゆーもんが
この世にはあるそうではないか!
ありゃ、なんとか入手でけんのか?
と思ったのだが、
どうやらスウェーデンまでいかんと買えん模様。ちっ!

どーっすっかのぅ・・・と思いながら、
3軒目の菓子屋をうろうろしていたら、
とあるものが目に留まった。

それは、フルタ製菓のわなげチョコ。

これを金色のなんかでまいてリボンつけりゃいいじゃーん♪
よっしゃ、完璧!(どこが?)
と思ったのだが、その「金のなんか」で詰まってしまった。

ないことはないのだが、あったのは紙製。
紙だから恐らくキレイな円にはならないと思われる上、
製作者は超不器用な腐人。

賭けてもいいが、間違いなく、汚い代物になる。

アルミホイルのようなやつだと
ぶきっちょの腐人でもなんとかなりそうだが、
市販のアルミホイルは、基本、銀。

銀じゃダメなんですよ、金じゃなきゃ。

だーもー面倒くせぇ!
いいよ、チョコ2つ買って表面同士をくっつけて
裏面を金のマジックで塗ってやれ!

と、最も雑な案で妥協することにした。

そう・・・腐人は昔っから図画工作とか手芸的なもん、
苦手なのーっ!!!

未だに言われるのが、絵の背景。

腐人の場合、大抵、何をどう描くかまでは楽しいのだが
実際描きはじめると飽きてくる。
堪え性が全くといっていいほどないのだ。

で、ついつい楽なほー楽なほーにいってしまい、
最後の背景を塗る段階になると
「いかに楽に後片付けをするか」
しか頭の中に残ってない状態になるので、
背景の色は、いつも
「そのときパレットの上にでてた絵の具を
 全部混ぜた色」
になる。

腐人としては、満足(後片付けが楽になった!)なのだが
大抵の人がそれみて、
「なんで背景、この色・・・?」
っちゅーんだよねぇ。

別に画家じゃないんだからいいじゃん。

ホント、ものづくりとか、こつこつ努力するってのに
むいてないのだ。
だから、それができる人は純粋に尊敬します。はい。


話を金メダルにもどそう。

腐人は、方針を決めたら、猪突な人なので、
まずチョコをもってレジにいく。
マジックはあとだ。

すると、バーコードを読み取るのにひっくり返され、
腐人はそこで、このわなげチョコの裏面が
金ぴかであることに気づいた。

OH!ワンダホー!
これならマジックで塗らなくていいじゃーん♪

え?そこに書いてある原材料とかの文字はどうするんだって?

それは
みえなかったことにするのよ!!

よっしゃ、これで完璧~♪(どこが?)と
鼻歌交じりに巣にもどり、
血族に、なんかリボンくれ、と頼む。

リボンって、なにすんの(~_~)?
と訊かれたので、
買ってきたブツをみせ、
これで姫に金メダルをつくりたいのだと説明する。

じゃぁこの辺か、この辺か?といくつか出してくれたので
一番手近にあったやつを手に取り、
「あーこれでいいや、セロテープどこ?」
と言った瞬間。

「おいこらちょっと待て!
 そのリボンをテープでべたべた貼って
 終わりにするつもりちゃうやろな?」

?するつもり満々ですが、なにか問題でも?

ふぅ・・・(-_-;)と血族は大きくため息をつき
手を出してきてきたので、
「よろしくー♪」と残りの制作を頼む。

ちなみにこの血族は
ビーズ制作やら編み物やら手芸が好き。

そして腐人の過去の図画工作作品で、
いつも背景がドドメ色になることを知っている。

餅は餅屋。
物事は、得意な人がやるが良し!

腐人は人生をこのスタンスで生きてきております。はい。

で、最終的には、表面同士をくっつけた2つのわなげチョコは
2本のリボンをよりあわせたものでクルクル巻かれ
てっぺんできれいなボウをつけた上で
首からぶらさげられるようになった。

おおお!すごい!
リボンはありもの使ったから、
制作費税込み118円とは思えないできばえじゃ!


夕方、姫が遊びにきたので、

「姫、金メダルって知ってる?」
ときくと、
「知ってる!」
っちゅーたので、
「金メダルは、
 一番がんばったひとがもらえるメダルだよね。
 今回、姫はよくがんばったから、
 これ腐人から金メダルー」
と首にかけてやった。

ホントはBGMに君が代を流したかったのだが・・・。

姫ママがすごい!手作りでこんなに!と感心してくれたので、
「いや、つくったのは血族なんですけどね」
と正直に申告しておく。
こういう誤解は早めに解いておいたほうがいいからな。


ちなみに、もらった姫はというと、
金メダルをじーっくり眺め、一言。

「ねぇ、どうして金メダルなのに
 「チョコレート」ってかいてあるの?」


やはり隠しきれるものではなかったか・・・。

「皆がもらってる金メダルは、
 実はチョコレートでできてるんだよ
 皆、おうちに帰って食べてるんだよ」
ってゆったら信じたかなぁ?
ゆってみりゃよかったな。
     ↑
    ヤメロ!
[ 2014/12/18 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

タイムアップ・・・

先日、近所を徘徊していて、ある角をまがったら、
辺り一面に、大量の羽根が散乱していた。

その色と質は、
近所の神社で「クルッポークルッポー」といっているやつに
酷似している。

しかし、持ち主の影も形もない。

・・・きっと、一気に冬毛に生え変わったのよ・・・
と思うことにした。

その数日前に盗まれた除草ヤギが
実は食べられていたとゆーニュースをきいたことも
某民族料理店の勝手口前の羽根の量が
一番多かったことも、
ただの気のせい。世は平和。


・・・だが師走は腐人も走る月。
そんな風景に逃避してるときもありますが、
やらねばならぬことに追われております。

よって、本日もちゃちゃちゃと読書録のみ。

●16日
(1110)BL/ルチル 『近すぎて、遠い』 椎崎夕
  個人的な印象なのだが、
  椎崎さんの小説読んでると、暗い水族館・・・
  そうだな・・・クラゲの展示室にいるような感覚になる。

  なんつーか、すごく静かで、閉塞感があって、
  ちょっとさみしくて、怖い。
  でも、どこかほわんとやわらかく明るい光がある感じ。

  腐人はこの感覚が好きで、椎崎さんの小説が読みたくなる。

  で、本書ですが。
  まさにタイトルどおりで。ええ。

  このもどかしさがいいんだよねぇ。

  とりもち和ちゃんもいいんだが
  腐人はショッター。

  ああ、ルチルさん、挿絵指定がすばらしすぎる!!!
  なにこの可愛い生き物!!!
  頭なでなでぐしゃぐしゃしたいわっ!!!

  っつか、こんなの前にして、よく耐えたなぁ・・・理史。
  君の忍耐力には感心する。
  
(1111)BL/ルビー 『今夜も先生が眠らせてくれない』 鳥谷しず
  ちょーちょーちょー久しぶりのルビーだわ。

  なんつーか、ルビー作品って、
  どれ読んでも同じ味がするんで(編集部しばりがきついのか?)
  ちょっと食傷してしばらく離れていた。
  
  でも、腐人のなかで、カテゴリー「ヘンタイ」に属する鳥谷さんが
  ルビーに挑戦したってことで、読んでみた。

  ・・・・・・うーむ・・・鳥谷さんぐらいアクが強くても
  やっぱルビーになると、こうなるのか・・・。
  
  や、まぁ、それがいいって方もいるわけだから
  腐人がとやかくゆーこっちゃないんだろうけど、
  正直、スカッた気分・・・(-_-;)。

  もう1冊用意があるのだが、どうだろなぁ・・・。

  これじゃわからん、もっとはっきり言え!と
  言われそうなんだけど
  なんつったらいいんだろう、
  あの同類感というかお約束感。

  過去エピソードがでてきたら、
  ああこれはこうなるんだろうなと思うとおりに繋がり、
  絡んでくる人が出てきたら、
  ああこれはこうなるんだろうなと思うとおりに動き、
  いい意味での裏切られ感が全くないの!

  テンプレ文章・・・というか、
  テンプレ展開といえばいいのか?

  ああでも文章の面でもなぁ・・・
  過去にいた本当に個性があって上手い方は別だが
  ハーレクインを読んでたときに感じた印象と同じ
  どれ読んでも一緒的な没個性さのほうが
  目に留まる。

  鳥谷さんでいえば、あるんですよ、他のでは。
  いくら隠しても漂ってくるヘンタイさ、みたいのが。
  読んでて思わずぷぷぷぷ・・・となるものが。

  それが薄まっちゃってる。
  ここでいうなら辛うじて、「ちんちら」表現ぐらいかね。

  もっと自由に弾けて書いてもらえば
  なんでそーなんねん、どーゆー思考回路や
  わははははは
  となれるのに。

  あとがきであった、書くのをやめてしまったのとか、
  あれをね、どうぞどうぞと言えればねぇ・・・。

  ま、それがルビーだと言われたら、
  もうあとは腐人が判断すべきこと。

  内容に触れておくと、
  個人的には、攻はフリーより六尺。
  ヨコ取り出しでいい。
  むしろ受こそフリーだよなぁ・・・と思った。

  って、どこが内容やねん!!!

  ま、わかる方だけわかってください。
[ 2014/12/17 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

ザクザク読書録

ちょっと溜めまくりなので、片付けます。


(1071)BL/プラチナ 『愛しのいばら姫』 凪良ゆう
  『365+1』を読んだとき、
  なんかバランス悪そうで気になってた美山の話。

  カメリアとか、マリエが似合う20代男子・・・
  今、某君が頭をよぎったが、ここでは書くまい。

  久保田は日向で育った感じがするよなー。

  美山は、なんかの拍子に
  また棘の殻にこもっちゃいそうなとこあるが
  久保田が思った以上に世話焼きで図太そうなので
  いってぇなぁとか言いながらその殻破ってくれることでしょう。

  どうでもいいが、スイカの種ってそういうことゆってた?

  腐人の周囲では、
  「間違って飲み込むと、おなかの中で芽が出るんだぞー」
  ってのが脅しだった。

  それを信じてたガキの頃、
  トイレで己の生産物をみて安心した覚えがあるわ。

  あの頃は、トイレといえば和式だったなぁ。
      ↑
     なんの話や!

(1104-1105)一般本 『影の姉妹 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険』『踊る王宮の午後 〃』 橘香いくの

  昨日読んだのも足しちゃえ!
(1108,1109)一般本 『緋色の檻 前編 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険』『〃後編 〃』 橘香いくの

  コラフェリは、明るい話と暗い話がごちゃ混ぜにあるんだが
  個人的には明るい話のが好き。

  特に『踊る王宮の午後』は、
  テランスとクソババアもとい王太后の攻防が楽しくて♪
 
  それにしてもテランスって勤勉だよなぁ。
  王様業、好きなのかね?

(1106)BL/ルチル 『猫の国へようこそ』 杉原理生
  た、たまらん・・・
  なにこの可愛いチビ猫たちはっ!!!

  ルチルさんで、杉原さんの最強タッグなので、
  挿絵もばっちりだし!
  すばらしいお仕事ですわ

  自分のことは自分でできる
  永遠にかわいいチビって理想だわ!
  
  可愛くても、自分のことが自分でできなかったり
  自分のことが自分でできても、可愛げがなくなってたり
  愛らしいチビって、本当に一瞬なんだよなぁ・・・。

  ああ、かいぐりかいぐりしたいーっ!!!

  ただ、その反面、トワとの話に思わず涙・・・。
  あかんて!
  すべての子供は愛される存在でなきゃ、いかんて!
  せやなかったら産むなよ!!
  ううううう・・・(/_;)

  ま、これから虎さんに目いっぱい可愛がられて
  幸せになってくれそーなので、
  そんでよしとしよう。

  ところで、もちろん、
  虎と猫とヒトのチビ話、あるんですよね?

  うーむ・・・どういう形態なんだろ・・・
  
  くしゃみとかするたびに、
  あっちがでたりこっちがでたら可愛いなぁ。
 
  その場合、挿絵必須でお願いしまーっす! 
 
(1107)BL/リンクス 『魅惑の恋泥棒』 かわい有美子
  あのー・・・
  13代目にツッコミいれていいですかね?

  ル・レクチェとシャインマスカットは旬が違うから
  一緒に皿に並ばないんじゃないかなぁ?
  無理に並べた場合は、どっちかが旨くないはずだ。

  ※ル・レクチェは、追熟込みで
    12月初旬ぐらいからが食べごろ。
    一方のシャインは、岡山産は7~8月だし、
    長野・山梨・山形でもせいぜい9~10月が限界だろう。

  すんませんね、果物うるさくて。

  美術品の窃盗かぁ・・・。

  腐人は美術的価値がわからない豚なので、
  美術品にとって保存するにいい状態であれば、
  どこにあってもいいと思うのだ。

  っても、美術品って、観られてこそ価値があるわけで。
  なので、金庫にしまわれたり、
  一部の人しか観ることができない美術品って
  どうなんだろ?という気持ちもある。

  そして同時に、ある人にとっては命に等しく、
  でも別の人にとっては使用済みのトイレットペーパーより
  価値がなかったりもするから
  美術品の価値ってなんなのかな?とも。

  ただまぁ、美術品のみならず景観とかにもいえることだが
  一度壊してしまったら、それで終わり。

  南禅寺の別荘群じゃないが、
  所有者は、それを後世に残すために今、預かっているだけ、
  そう思ってくれたらいいんだが・・・。
  これは切実に思うね。

  あるべき姿をあるべきままに。
  変なダイヤなんか埋め込むんじゃない!
[ 2014/12/16 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

GPシリーズ・ファイナル FS総括

一言でいえば、
「羽生くん、つえぇ・・・」。

これに尽きた、今年のGPファイナル。

SPもFSも、ルッツジャンプのミスはあったが、
それ以外はほぼ完璧で。

だからこそ、これはすごいと思ったところがある。
それは音楽表現。

演技構成点の中では、
音楽解釈(Interpretation)になるのかなぁ?
個人的には、Skating Skillsとの合体な気がするが、
専門家じゃないので、よくわからん(~_~)。

SPの時も思ったんだけど、
スケーティングと音が、見事なぐらい合致してたんだよ。

氷を蹴ったり、エッジをチェンジしたり、
それがメロディの一音一音のタイミングと
ぴったり重なってたんだ。

途中から、その動きと音との一致ぶりに気づき、
思わず注目してみちゃったんだが、
恐らくラルゴのところでは、
イーグルでゆったりと大きな円を描き、
たぶんイナクティーレのとこでは、
鋭いターンをいれる、などして、
音と動きをあわせてた。

譜面みてるわけじゃないから
勝手な思い込みもあるだろうけど
スケーティングで音楽を表現する、という点で
腐人としては「お見事!」と言いたい。

これは、去年のNHK杯の浅田真央ちゃんの
SPのラストのスピンのとき以来かも。

あのラストのスピンは回転速度と
ポジションチェンジと
音楽のメロディが、恐ろしいほど合致して、
本当に美しかった。


観てると、その日の体調だとか、メンタルの状態だとかで、
今日は音がつかめず、動きが流れてるなぁとか、
ちょっとずれてる?とか思うことがある。

だからものすごくいい状態じゃないと
なかなかここまで合致しないのかな?とか思ってたんだが
あれ、意識してやったのか、それとも無意識だったのか
きいてみたい・・・。

ってか、意識したからといって、
あそこまで合わせるのって、できるもんなのか・・・?


ああ、でもバレエにしても舞台にしても
コンサートにしてもスポーツにしても、
生が勝負ってのは、皆、その瞬間しか許されてなくて
やり直しはさせてもらえないんだよなぁ。

だから何度も何度も練習して、身体に覚えこませて、
それでもその瞬間に起こる予期しないことに
瞬時に対応して。

その結果、積み重ねた練習で成功したのと同じぐらい
ばっちりできたときは
記憶に残る名演技となるわけか。


そういえば今回、おや?と思ったのが、
もう1つある。

去年より体力がついたのか、
それとも力の使い方が上手くなったのか、
蓄積疲労の問題なのかはわからないけど、
羽生くんって、いつもFSの最後の方って
かなり体力との戦いになってる感があるのだが
昨日のFSは、あれ?まだ余力あり?という感じがした。

であれば、あのFSはもっと伸びるのか?

うむぅ末恐ろしい・・・。


ただ、こうなってくると、腐人としては、
他の皆さんにもがんばって欲しいの!

や、だって、スポ根は、ライバルがいてこそ盛り上がる!!

山田太郎だって、不知火守がいてこそ!
大空翼だって、日向小次郎が!
矢吹丈だって、力石徹がいたから、
あそこまで強くなったんじゃん。

どんなスポーツも、競ってこそいい記録がでるんであって
ずっと一人旅だと、競技を続けること自体に
しんどくなったり、迷いがおきたり。
孤高の王様が、
いつしか裸の王様になっちゃったりするんだよね。

ま、腐人のそんな心配なんぞいらん感じに
下からどんどんきてるから、期待しよー。


それにしても、今の日本の男子選手は
幸せかもしれない。

だって、全日本選手権にでたら、
この羽生くんと勝負ができるんだよ?
まぁ、それはロシア女子にもいえるけど。
そういう意味ではキム・ヨナちゃんって
しんどかったろうね。

日本男子に話もどしますが、
「ファイナルでは、力を出しきれなくて負けたけど
 でも、全日本ではみてろよ!
 今度は完璧なすべりをみせて、勝ってやる!」
そう思ってくれたらいいなぁ。

って、全日本には、ファイナルにはでてないけど
力のある小塚くんや、村上くんといった選手が
他にもいるから、
どっから何が飛んでくるかわかんないよね。

復調した羽生くんと、どこまでガチな勝負をしてくれるのか、
腐人的には、ちょーーーーーー楽しみだ。


それにしても男女とも、表彰台にのってきた方々をみて
腐人の頭には、
ユニコーンの「レベル」という歌が流れた。

順当っちゅーか、貫禄っちゅーか、
キャリアが違うぜってのを見せつけられた結果だねぇ。

まぁ、パゴリラヤちゃんと町田くんは体調不良?って感じがあったが
試合にあわせてベストな体調をもってくるというのも
大事な要因だしなぁ。

それがライブの怖さ。


本郷理華ちゃんは、ちょっと緊張しちゃったかなぁ?
SPのときより硬さが伺えたが、これもまた経験。

個人的には、全日本選手権、
女子も注目してんだよねー。

ゆーなりゃ、これまで真央ちゃんが
頭ひとつ抜けたところにいて
ゆーなりゃ、今の男子の状況だった。

それが群雄割拠となった今、誰が天下をとるのか。
腐人としては見物なんだよねぇ。


なにはともあれ、ファイナルに出場された皆さん
お疲れ様でございました。

年内はまだ全日本がありますが、ゆっくり疲れをとってください。

そして、最後になりましたが、
羽生結弦くん、優勝そして連覇、おめでとう


えーっとタイムアップのため、
読書録コメントはまた今度。
[ 2014/12/15 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

GPシリーズ・ファイナル SP総括

その前に、ジュニアから。

●宇野昌磨くん
いやーびっくりした。
なにこのスピードと切れのいいスケーティング。
今までにみたことがないタイプだなぁ。

スピードがあるせいか、
背が低い(ごめん!)のにジャンプが大きい。
GOEが取れるジャンプができるって
今、すごく有利だよねぇ。

スピンの回転スピードもいいし(でもちょっと軸ブレ…)
これで16かー。
できれば、もうちょい身長が欲しいので
背が伸びきるまで筋肉つけすぎないで欲しいが
遺伝的な要素もあるからな。

表現とかは、ま、これから頑張れ。
羽生先輩も、目指す課題があるほうが伸びるとゆーておる。

それにしても、これからが超楽しみだわぁ(^。^)。


続いて、女子。

正直、この点差だと、1位から6位まで
ほぼ差はないといっていいぐらいな気がする。
FSの出来で下克上、出来ちゃう範囲でしょう。

★その中でよかったのが、
本郷理華ちゃんと、
ユリア・リプニツカヤちゃん
この二人は尻上がりによくなってきてるなぁ。

理華ちゃん、いやー今シーズン初戦からみてきたけど
ホント、すべるたびによくなるね。
表情といい、音のとりかたといい、
技もどんどん磨かれて、今季はどこまで伸びるんだろう。

ユリアちゃんのメガポリスの冒頭と最後のアレは
凧だったのか。
腐人はデカい風船だと思ってたよ。
ここにきてより技を難しいものに変更して、
それを成功させちゃうメンタルの強さがすごいよな。

★若干のミスはあっても、まぁ想定範囲と思ったのが
エリザベータ・トゥクタミシュワちゃん
アシュリー・ワグナーちゃん
この二人の安定感はすごい。
自分というものがよくわかってるんだよなぁ。

★へ?どうしちゃったの??というのが
アンナ・パゴリラヤちゃん
エレーナ・ラジオノワちゃん

まぁ、パゴリラヤちゃんは前から
いいときと悪いときが結構はっきりしてて
シーズン初めのほうが調子がいいような気がする。
パトリック・チャンくんもそんな感じだよなぁ。

エレーナちゃんは、なにがあっても本番は決める子
だと思ってたんで、ちょっとびっくり。
彼女も生身のヒトだったか…。


続いて、男子。

こちらはずいぶん点差がでたなぁ。
まぁFSは点数が大きいから、
逆転は不可能じゃないと思うが
今のSP1位の羽生くんの状態はかなりいい気がするから
さーてどうなるんだかな。
うふふふふ~♪

では、一人づつ。

●羽生結弦くん
転倒はあったけど、今季、このSPの完成形に
一番近い演技ができたねー。
あの4Tと3Aは、美しかった!
羽生くんのジャンプだわぁ。
3Lzは、踏ん張ったけど…
ま、これまた新たな課題(笑)?

個人的には美しさというとこで
ドーナツのときの手に
もうちょい工夫が欲しいかな。

このSPの曲は緩急のメリハリがくっきりして
それがスケーティングにすごくあってて、
うむぅ、これはいい曲を選んだなぁと思う。
というか、それすらも
演技構成点を伸ばせるのはどれかという点から
選択したんだろか?

●セルゲイ・ボロノフくん
セルゲイくんは4回転を失敗すること
あるんだろうか?
といいたくなるなぁ。

得点にブーイングがでたが、
腐人もこれはちょっと低くね?
特に演技構成点…とちょっと思った。
まぁ、羽生くんの後ってので
辛目にでちゃったのかなぁ。

●無良崇人くん
こちらもかなり辛目に点数がでた気がする。
でも、なんだろ、つなぎやステップのところが、
音とあってないわけじゃないが流れてた感じがするなぁ。
つかまないといかん音ってあると思うんだけど
そこらが点に出たのかなぁ。

●町田樹くん
インタビューによれば、
体調がよろしくないみたいだが
大丈夫?

そんでもこのSPは最初のコンビネーション以外は
町田くんの世界ができてたと思うけど。
フランス大会よか、いいと腐人は思ったが。

体調整えて、感動のFSみせてね♪
腐人はこのFSのプログラム、好きなんだ。

●ハビエル・フェルナンデスくん
ホント、ジャンプが決まるか決まらないかで
精彩欠いちゃうんだなぁ。
ステップも今回はお客さんに助けられた感じがする。
これ、ノリノリで決まったら
すごくいいSPなんだがな。

スペインではスケートの大会が
ほとんど開かれないというから
母国開催が却ってプレッシャーになったのかな?

●マキシム・コフトゥンくん
へ?兵役!?
ケガしたらどうすんのっ!!!
とか思っちゃう腐人は平和ボケしとるんだろうか?

ただ、その経験のせいか、去年より
しっかりした感じあるよなぁ。
去年は、心身ともに繊弱な感じだったもん。

FSでは4回転、どこまで決めてくるかねぇ。


男子は4回転が決まるか決まらないかで、
10点なんかあっちゅー間にひっくり返るから、
これもまだまだわからない。


残念ながら明日は諸事情あって、
たぶんブログがかけないので、
フリーの感想は、月曜日・・・かなぁ??


どーでもいいんですが、腐人
羽生くんにきいてみたいことがある。

そのつるつるお肌、いったいどんな手入れをしてるの!?
なにか化粧品つかってるなら、商品名教えてっ!!!


それと・・・これは思春期の青年には禁句なのかもしれないが。

あの・・・ヒゲって生えてる?
[ 2014/12/13 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

SUWADAの爪切り

ちょいと前に、血族がケガをした。

ケガそのものはたいしたことなかったのだが、
加齢で骨が弱くなっていたため、
手の骨の微妙なところにヒビが入ってしまった。

そのため、ギプスで固定されてしまったのだが、
これが右手だったのだ。

指の先は使えるので、
食事はフォークとスプーンでなんとかしたのだが
手を丸められないというのは、思った以上に力が入らないらしく、
ギプスが外れるまでの1ヶ月ほどの間で
一番難儀したのが、爪切りだった。

腐人も爪まわりが弱いのでよくわかるのだが、
爪が弱い人は、マメに切って、常に短くしてないと、
日常生活の行為で、すぐに爪が、曲がるし、割れるし、折れる。

サカムケはしょっちゅうだし、
爪と肉の間から、爪なのか皮膚なのかよくわからない
妙なものが生えてきたりする。
これが、痛いんだ。

だから血族がものすごく、キモチワルイ・・・(~_~)
となってるのがすごくわかる。

のだが、その当時、腐人家には
平型の爪きり(一番オーソドックスな形のやつ)しかなく
切ってと言われても、
血族が希望する深さまでなかなかキレイに切れなかった。

かといって、自分で爪きりを握られないし、
左手ではうまくできない。

すごーくフラストレーションがたまってたようで、
ギプスが外れて一番に、
プチンプチンと爪きりをやっていた。


たまたま今回は、一過性の出来事であったが、
その間、ずーっと他人にやってもらっては
納得できずに毎回ブーブー文句を言ってたので
これから介護とかになってったら、これがずっと続くの?
面倒じゃのぅ・・・(ーー;)と、内心で腐人は思っていた。

そんなある日のこと。

腐人は物産展を覗くのが大好きなのだが、
とあるところで、
燕三条の金物の物産展をやっとったんですよ。

フラフラと誘われるがままにそこを覗くと、
さすが燕三条、いろんな爪きりをおいてましてねぇ。

ほうほう・・・と片っ端から試してみたんですが、
圧倒的に使い心地がよく、切れ味のいいやつがあった。

それが、「諏訪田製作所」の
「SUWADAつめ切りCLASSIC」だ。

形でいうと、ニッパー型というのになるのだが、
これは平型にくらべて、握力が弱くても切りやすい。

刃の反り具合や切れ味なども、
爪への負荷がすくなく切れる。

※腐人の場合、爪がよろしくないので
 平型だと切るときの圧力で爪が割れることがある


先端はかなりとんがったつくりになってるので
爪の回りで生じるサカムケや
はみ出しブツの成長が起こっても、
その先端でかなり深く除去することができる。

あれ、平型だとそこまで深く除去できないので
根っこのところが残って
結局、またむけたり、痛みが続いたりするんだ。

コリャええわ、と購入をきめたのだが、
その値段をみてぶっ飛んだ。

は?
爪切りが6000円以上すんの!?

※細かな数字は忘れましたが
  六千いくらかだった。

さすがに躊躇しましたが、
これをみてしまうと、他のを買う気にならない。

切れ味が悪くなったら研ぎもしてくれるとあったので、
えーい!とキヨブタ覚悟で購入した。

・・・ん?
もしかして、この「キヨブタ」って、今じゃもう通じないのか?
「清水の舞台から飛び降りる」の略なんだけど、
死語の世界入りしてんのかなぁ・・・???


で、購入後の話ですが。

その前に、皆様、「レンズ付爪切り」ってご存知です?

平型の爪きりに拡大鏡のレンズがついてて、
目が悪くなったお年寄りでも、よく見えるという代物。

実は腐人、以前これを購入して血族にあげたことがある。

ってのも、平型は価格が安いのはいいんだが、
すぐに切れ味が悪くなるんだよね。
そうなると、すごく切るのに力がいるようになる。

ちょうどその頃、爪きりの切れ味が悪くなってきていて
新しいのが欲しいなぁと思っていたところ、
たまたま拡大鏡つきのをみつけたのだ。

で、買ってみたのだが、正直、使いにくい。
一見、ほぅ!と思うんだけど、
思ってるほど使い勝手がよくないのだ。

レンズの位置だなんだが、思ったようにならなくて、
正直、イラッとすることのほうが多い。

血族も2~3回使ったが使いにくいといって
しまいこんでしまった。

だから、今回もどーなるかなぁ・・・と思いつつ、
「いいやつだから!つかってみて!」
と押し付けてみた。

っちゅーても、一番に使ったのは腐人だが。
だって、何事もふでおろしは
他人には譲れないわきゃっ

それからしばらくして、爪きりをしている場に遭遇したが、
かなり気に入った模様。

サカムケなんかもキレイに落とせるので、
今では皆がこれを使っている。



爪きりなんて、日常の小さなものだけど、
人は生きてる限り、爪が伸びるから、
死ぬまで必要とされるもの。

上手く爪が切れない!とかの日常のストレスって
1つ1つは小さいことなんだけど、
気づくと、すごく積みあがって、しんどくなってるんだよね。

これ、ちょうど1年ぐらい前にやった
風呂の改装でつくづく思うもん。

改装前はカビとの戦いに負け続け、
いくらがんばって洗っても、
キレイになりきらないことが小さなストレスになっていた。

でも改装後は、それがきれいさっぱりなくなって、
風呂洗いの楽なこと楽なこと。

楽なのに、キレイ。
それがものすごく心を軽くしてくれる。

日々の小さなストレスって、
バカにしちゃいかんなぁとつくづく思った。

風呂場の改装だって、この爪きりだって安いもんじゃない。

でも、それがもたらしてくれた効果を考えると、
これらのお値段は、決して高くはないような気がする。

日本品質、万歳だヽ(^。^)ノ

爪きりにお悩みの方、
ぜひ一度、SUWADAの爪きりを試してみてくださいなー。

※宣伝みたいだが、
  腐人の懐には、1円も入りませんのでご安心を。
[ 2014/12/11 ] 健康&読書録 | TB(-) | CM(-)

選挙のことをダラダラと

今週末は、グランプリファイナル!でもあるが、
選挙権をもつ日本国民としては
衆議院選挙に関心をもつべきなんだろう。

・・・が・・・本当にどうしようもないぐらい、
投票に行く気が起こらない。

前に選挙についてとりあげ、
ぜひマイナス1票制度をやってくれと書いたが
今回は本気でこれをやりたい。

っちゅーぐらい、不作というか不毛というか、
これなら当選0でいいよ、別のところに議席あげたら?
と思うほどだ。

白票投じようかなぁ・・・。

公職選挙法によれば
衆議院小選挙区では法廷得票が
有効得票総数÷6だそうだから、
皆がずーっと白票を投じ続けて、
永遠に当選人が決まらなかったらどうなるのかね?

素朴に疑問。

たださ、そうなって、それでもなんとかまわったりしたら、
政治家っているの?
っちゅー根源的疑問がわいてくるよね・・・



そういえば、よく楽しい失言をしてくれはる某大臣ですが
社会保障費問題で「子供を産まない方が問題」というのは、
まちがってはおらんよねぇ。

民主主義も、社会保障も、しょせん巨大なネズミ講。

ネズミ講とは、新しく犠牲になってくれる存在が
いてくれるからこそ成立する。

だから、
「そいつらがいなくなったら、
 おれら上の方の人は甘い汁を吸えなくなるじゃん
 だから数増やしてよ」
というのは、むしろ真理じゃない?
そういう意味で言ったんだよね?某大臣。

ぶっちゃけすぎとも言うが。

ただまーここまで急激に悪化した理由としては、
役人が試算した以上に、
新たな犠牲者を増やしてもらえなかったってのもあるだろうが
役人が試算した以上に、人が回転してくれなかった
ってのもあると思うけどな。

腐人は未婚・未出産女なので、
この論法で言えば極悪人。

っつっても、腐人的には
「別に、それがどーした?」
というところなんだけど、
でも、もし犠牲者を産めよ増やせよというならば、
安楽死や尊厳死が気軽にできるように、
いっそ自終死までシステム整えてくれることを
交換条件に出すわね

それができないなら産まなーい。

や、だってさ、
今の子供たちに生き地獄を歩ませるにしてもさ、
背負わせる負荷を少しでも減らしてやることこそが
今の大人の責任じゃねぇの?

目先の生活がどうこうじゃなくて。



そういえば、ちょっと前に
ドイツでは来年の予算を無借金で行う
っちゅーニュースをみた。

すごいよねぇ
支出を税収内でおさめられてんだよ!
※厳密に言えば、歳入は税収のみじゃないが

これ家計に置きかえて考えれば、
ものごっつい簡単なんだけど、
「今」の生活をよくするために、借金しまくって暮らしてると、
いずれ首が回らなくなる。

典型的な、自己破産する多重債務者だよね。

今の日本はまさにコレ。


一方のドイツは、「今」の生活をよくしたい欲望に負けることなく
自分の収入で暮らせる生活に欲望を抑えることに成功した。
少欲知足だねぇ。

その理由は、
まっとうな生活を孫子の代までずっと続けていきたいから
だろうね。

「今」じゃなくて、「未来」を見通して
国家が動けてるってことだよなぁ。


未来への見通しがたたない、こんな国に
子供を産めといわれても産まなくなるのは、
当然の帰結じゃねぇのかねぇ?

腐人は、目先じゃなく、そこまでのヴィジョンを出してくれる人に
一票を投じたい。

どっかおらんかね?
[ 2014/12/10 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

あっかーん!ちゃちゃちゃと読書録

なぜに~こないに~バタバタやねん~
と歌いたくなる・・・。

っちゅーことで、かっとばし読書録のみ。

●8日
(1097)一般本 『革命はお茶会のあとで 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険』 橘香いくの
  ここに出てきた
  「コラリーなんだから仕方ない」。
  もうこれにつきるよね、このシリーズ。

  ってか、同様に
  「ユウリなんだから仕方ない」→ 英国・欧州妖異譚
  「リゾレットちゃんなんだから仕方ない」→『花冠の竜の国』

  抗うより、受け入れるが良、だね。

(1098)BL/ディアプラス 『恋する臆病者』 月村奎
  チキンというか・・・暴走系というか・・・
  玲ちゃんに、アクセルとブレーキの使い方、
  教習所で習ってこい、といいたくなるね。

  それにしても本の感想述べてるシーン。

  月村さんの本を買ったつもりだが、
  小林典雅さんの本だったか・・・?
  と思うほどの長台詞。

  そういえば小林さんのキャラも暴走系多いよなぁ・・・。

  頭でぐるぐるなる前に、書き出して整理しろ!!
  と玲にいいたくなったわ。

  ところで、腐人は小椋ムクさんの
  かわいいキャラが好きなんですが
  あのストラップいいなぁ。

  でも、今回一番の挿絵は、紙袋から出た物を
  椎名くんが真剣にながめてるやつでしょうか。

  見るなよ、そんなにまじまじと!

  玲は泣いてるとこはかわいいんだけどね・・・。
  腐人が先生なら、
  「もうちょっと落ち着きを持ちましょう」
  って通知表に書きそうだ。
[ 2014/12/09 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

読書録のお片付け

この週末も、姫のダイブで起こされ、
昨日は、妖怪ウォッチの立体迷路作りを手伝わされた・・・
工作、大の苦手なのに・・・

それにしても、つくっててふと思ったのだが、
「たにおり」「やまおり」というもの、
表面Aからみた「たにおり」は、
裏面Bからみると、「やまおり」になる。

って、
「なに当たり前のことをゆーとんだ?」
と思われるだろうけど
姫に、
「それは『たにおり』して」
とゆったら
「『たにおり』ってなに?」
ときかれ、
これこれでねと説明して、
次のパーツを渡し、これも同じく「たにおり」にしてというと、
逆に「たにおり」
(表面Aに対して「たにおり」すべきところを
 裏面Bに対して「たにおり」)
したんですわ。

ほんで、なるほどーと思っちゃって。

これ、日常でもよくある、
言葉足らずによる誤解の状況なんだが、
ある意味、モノの見方という点で、
Aからしたら谷だけど、同じモノでもBからすると山になる、
ってところで、「深いな・・・」と思ってしまった。

それにしても、腐人も「妖怪ウォッチ」が
いかなるものかがよくわかっとらんが
この出来上がった迷路をみた血族は、こういった

「ピカチュウは?」
   ↑
  おるか!!



さて、週末おサボりしてた関係でたまった読書録。
それを片付けましょうか。

●5日
(1089)一般本 『ふたりで泥棒を 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険』 橘香いくの
  やだわ、
  トイレの穴を伝ってやってきたワインなんて。

  この巻ぐらいになると、
  かわいそうなのはフェリックスなのか、
  それともシュシナックなのか、
  わかんなくなってくるね。

  惚れたが負けなんだろなぁ・・・。

(1090)一般本 『神従の獣-ジェヴォーダン異聞 欧州妖異譚 9』  篠原美季
  初読からも、10巻からもさして日が経ってないがゆえに
  細かいところに気づく。

  ・・・こんな細すぎる10巻に続く伏線、
  おぼえてへんわー!!

  ま、それはともかく、今年のミシュラン東京には
  ラーメン屋が載るそうで。へー。

  なら、行列に並び、かつあの狭苦しいカウンターで
  シモンがずるずる麺をすすっててもおかしくないのか。
  いや、シモンは絶対にずるずるできない気がするが。

  そいや、今度からしばらくは
  セント・ラファエロの話になるとゆーことだが
  あそこの入学式やら卒業式ってどーなっとんだろなぁ。

  ユウリは途中編入だったから
  あそこの「式」っぽいもんの話ないんだよね。

  あと、セント・ラファエロは、イートンほど歴史がないから
  そーでもないのかもだが、
  日本もだけどあーゆー名門校って、
  同窓会つながりがすごいんだよね。

  東大閥よりも、灘校閥がすごいと聞いたことがある。

  年食うほど思うけど、
  そういう使える人脈をどれだけもってるかで
  ずいぶん変わってくるんだよねぇ・・・。

  ま、アシュレイあたりは鼻で笑い飛ばしそうだけど。

(1091)マンガ 『BLUE GIANT 1-3』 石塚真一
  兄ちゃんが、51万のサックスを
  36回ローンで買ったシーンには泣いた!!

  だって、あの残高からいったら、
  恐らく手取り15万ぐらいでしょ?

  それなのに、弟に一番いいサックスを!って・・・(/_;)
  ああ、こんな兄ちゃん、欲しい・・・。

  でも、腐人のジャズの知識は
  映画『グレン・ミラー物語』ぐらいでさ。
  
  なんかいろいろでてきても・・・・・・
  茶色の小瓶ぐらいしかわかんないんだよぅ!

  そもそもサックスの違いすらわからん・・・(~_~)。
  いつかどこかで説明お願いします。

  マンガで音楽を描いて伝えるって、
  ホントむずかしいよねぇ。
 
●6日
(1092)一般本 『グリーン・グリーン』 あさのあつこ
  最近、農業高校の著作が熱い
  だかなんだかゆー記事で、
  あら、あさのさんも出してるのかと知り、読んでみた。

  が。
  なんだか・・・デジャヴュ・・・。
  農高あらしのおばちゃん話などは、
  正直、『もやしもん』が最も迫力があるかと。うん。

  全体のふみこみも、正直、
  『もやしもん』
  『銀の匙 Silver Spoon』のが深い。
 
  途中、ユキヤナギの話があったけど、
  じゃぁ、その田舎のその辺で咲いてるものを
  都会までもってく輸送費、販売コスト、競合、
  そーゆーとこまで考えなきゃあかんでしょ。

  まぁ、これが文芸書の限界なのかなぁ。

  それはさておき、酪農の話。

  廃業しはる人のことがあってんけど、
  それでふと、最近、
  給食の「ごはんに牛乳」はおかしい、やめろ論が
  でてるときく。
  
  腐人は牛乳大嫌いだから、もし現役なら万々歳だが、
  今は遠い世界なので、正直どうでもいい。

  が、確か、給食関係の本だったか、農業関係の本だったかで、
  給食の「ごはんに牛乳」は酪農家保護のためだと
  読んだような気がする。

  でも、今、バター不足とかゆってて、
  それは海外から農産物を輸入しなきゃならない農政の絡みで
  すごく変な状態になってるんだって、
  あれは、『日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率』
  読んだんだっけなぁ。

  この辺、いろんな著書を読めば読むほど、
  農家が直接、最終消費者に自己責任で売る、
  最終消費者は自己責任でそれを購入し消費する、
  そうなりゃいいんじゃないの?
  っちゅー暴論をいいたくなる。

  株式会社大潟村あきたこまち生産者協会のテレビを、
  以前みたけども、
  腐人は、農業は、お上のゆーまま流されるのではなく
  本当はこういうやり方を目指すべきなんじゃなかろうか
  と思ってしまうがな。

●7日
(1093)マンガ 『DEAR BOYS ACT 3 17』 八神ひろき
  エース争いというより、
  「新しい姫はあなたよ!」
  と読めてしまうのは、
  腐人の脳みそが腐ってるからでしょうね。

  どーでもいいけど、こないだ久しぶりにNBAの試合をみたら、
  皆さん足が真っ黒になっていて、
  「なぜ、この黒人さんは、足だけ他より真っ黒なんだろうか・・・」
  とかアホなことを思ってしまった。
  色も質感もちがうやろが!
  
  運動をしている血族にきくと、
  レッグスリーブという、
  しめつけることで疲労を減少させることができる
  機能サポーターらしいのだが
  プロスポーツではあまりの機能性の高さに
  試合では使用禁止にしてることが多いと思うけど
  NBAはOKなのかーへーと言っていた。

  メディキュットみたいなもんか?とゆーと
  微妙な顔していたが、
  あれは、「美容とスポーツを一緒にすな!」
  ということやろな、たぶん。
 
  で、何が言いたいかっちゅーと。

  なんでこのマンガでは、誰も履いてへんのやろ・・・?
  っちゅーことだ。
  負傷者だらけなのに。

(1094)マンガ 『あさひなぐ 13』 こざき亜衣
  もし腐人が勧誘するならば。

  「やってる人数が少ないんで、
   運動神経なくても、腕力なくても
   ちょっとがんばったら、勝てたりします。

   そんで、もうちょっとがんばって勝ち続けたら、
   すぐにインターハイに出場できたりします。
   
   そして、さらにもうちょっとがんばって勝てば
   一生、「インターハイで何位でした」と
   履歴書に書けて、自分のウリにできます。
   
   そしたら、受験にも、就職にも有利ですよ~」

  かなぁ。
  
  実際は、それを有利にできるかは、自分次第なんだが、
  いいのよ、これは新たな犠牲者を釣り上げるための
  セールストークなのだから・・・

(1095)マンガ 『聲の形 6』 大今良時
  うーん・・・・・・
  あそこまで落ちてる人間を
  自分がひきあげた反動で落ちるようにもってくのは
  本当にできるのかどうか・・・(~_~)

  逆にその落下の重力で、西宮まで引っ張られそうな気も・・・
  ってのはさておき。

  なんかな、コレ読むたびに思うのが、
  虚勢ではなく、本心から、
  「それがどうかした?」
  と言える子がなんでおらんのかなぁと。

  まぁ、それが10代なのかな。

  腐人の歳になると、
  自分が生きていくのに問題ないニンゲン関係だけありゃ
  いいんじゃね?
  あとはばっさり切り捨てたって、とか思うけど。
  
  ってか、こんなつながり、本当に必要なの??
  なくても全然かめへんのちゃう?

  今回、なおちゃんだっけ、あの子が殴ってたけど
  腐人にしてみりゃ、
  あんたに何の権利があるわけ?
  と思う。
  嫁でもなかろうに。

  腐人があの場にいれば、そればっさりゆってやるんだが。

  なに、自分が選ばれなかったからって
  ひがんで八つ当たりしてんの?
  全く関係ねぇのに、嫁面して西宮さんなぐるって、
  妬むんも、たいがいにすれば?
  みっともなくて、みてらんな~い
  って。

  こーゆー自意識過剰なバカ女、キライなんで
  口撃させたら、マシンガンぶっぱなせるぞ。

  っつか、この件について、
  硝子に対して殴る権利をもってるのは、
  石田の母だけだと思うがなぁ。

(1096)BL/プラチナ 『悪夢のように幸せな』 宮緒葵
  ふむ。
  これ、今書いたら、3Pになりそうな気がするんだが
  どうでしょう?

  ってかさー、腹黒さで一般人に負けてどうする!
  前戯9割が伝統の技だろうに!
  嫉妬にかられてそれ忘れたらあかんやろ!  

  なんつか・・・役者の格が違ったねって感じ。

  まー死ぬ目にあったら、刷り込みとけるかもしれないから
  そこ期待しましょ。
[ 2014/12/08 ] 腹黒読書録 | TB(-) | CM(-)

察して欲しい女と、察することができない男

の前に。

現実逃避でツイッターをみにいったら、
木原音瀬さんが
本郷理華ちゃんファイナル出場おめでとう!
とつぶやいてらして、ビックリ\(◎o◎)/

ってことは、誰が欠場になったんだ!?

あわててググってみると、
グレーシー・ゴールドちゃんが疲労骨折とあった。

現時点では程度がわかんないけど、
大丈夫だろうか・・・大事ないといいが・・・。

ただ、それはそれとして、理華ちゃんおめでとう!
ロシア大会で、本当にいい滑りしてたもんね。

いきなりで驚いただろうし、緊張もあるだろうと思うけど、
腐人としては、なにより楽しんで滑ってきて欲しいなぁ。

かわいらしいメドゥーラと、勝気なカルメン
楽しみにしてまーす(*^_^*)♪


さて。
きっかけはなんだったかイマイチ定かじゃないんだが、
友人との会話のなかで、
「なんで男ってあんなに察することができないんだろう」
っちゅーネタになった。

ちょうど発言小町で、
「ずばり、何故男性は「察する」ことができないのか?(駄)」
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0904/678142.htm
っちゅートピがあって。

友人にも読ませたのだが、
なかなかおもろいご意見がでてるので、
その問いにご興味がある方はどうぞ。


ただ、腐人としては、それとちょっとズレたところに興味がある。
毎度のことだが。

本日は、そのことについて、だらだらと。

なんだっけなぁ・・・いろんなもんを読み散らかしてるから
どこでみた文なのかがいまいち思い出せないんだけど、
「自閉症スペクトラムとは、極端に発達した男性脳」
って説があるんだよね。

これ言い換えたら、
男性脳資質が強ければ強いほど、
情緒的共感(察すること含む)は欠落する、
ってことで。

これを読んだ時、なんかすごーく腑に落ちた記憶がある。


ただ、発言小町にあった男性レスによれば、

たぶんこうだろうと思ってやったら、
たいてい外れてて女は怒る。
だから、もう察しようとすることをしなくなるし、
あとで文句言うんだったら、最初からはっきり言ってよ、と思う

ちゅー感じのがあってね。

要するに、男性は、察することができないわけではなく、
ただ、的が外れてるだけ、らしい。

で、よかれと思ってやったのにそう言われるから
余計やる気がなくなると。
ああ、これ家事ハラの典型。

ただ、この「的外れ」は、
実は察することができてると思ってる女性も起こしてて
男性は内心で「そうじゃないんだけど」と思ってるが
家庭の平和のために言わないだけ、
ともある。

ほほぅ・・・とても興味深い。

ってのは、結局のところ、
「察する」ができている、「空気が読めている」と
その人が思うかどうかは、
相手が、察せられたその人の思うとおりに動いてくれないと
成立しないってことだよね?

腐人の場合なんかはさー
「たぶんこう思って、こう動いて欲しいんだろなー」
ってのがわかったとしても、
それが自分のやりたい方向じゃないなら、
「たぶんこう思って、こう動いて欲しいんだろーけど、ヤダ」
と言う。

これは、「察せられてる」ことになるのかね(^_^メ)

上記の発言小町のトピの中で、
「女は察することができるというならば、
 じゃぁなんで女同士のいさかいはなくならないわけ?」
という男性の反論があり、ちょっと笑っちゃったんだが、
それは、結局、
この「相手が、察せられた当人の思うとおりに動いてくれない」から
ではないのかな?

察したところで
必ずしも皆が同じ方向むいてるわけじゃないし、
嫁姑なんか、結婚してからこっちずっと相手をたてて
相手の望むように譲り続けたけど、もう爆発!って話
腐るほどあるもんなぁ。

だから「察すること」と「相手を思い通りに動かすこと」は
ちょっと違うんだろうね。

腐人は後者にはすごく興味があるが
これさー詐欺師とかカルトの教祖なんかがそうでしょ?
ホストやホステスもそうか。

ってことは、男が一概に察せられないわけじゃなく、
察した後、それを叶えるように行動する気があるかも
ポイントな気がする。



あと、思ったのが、
己を省みてみたところ、女子成分が少ないせいか
「察して欲しい」と思ったことが、あんまりない気がする。

ロマンチック系の話(ここでキスしてほしい、ハグしてほしい)なんかも
自分がやりたきゃ乗っかればいいんでは?とか思うんだが、
女子としてかなり間違ってますかね(^_^;)?

なんでだろ?と思って考えてみたら、
なんちゅーこたぁない、
腐人は自分のやりたいことをやりたいときに
やりたいほうだいにやっとるので
「察して欲しい」とか思う前に、ド直球で要求したり自分から動いちゃうんだな。

「的外れ」についても、
即その場でクレームつけてるから
こーゆーひっぱってぐずぐず思うことがない。

ああ、なんかこうやって書いてると、
腐人って、まわりを振りまわしまくってる?
だからストレスがたまらないんだな・・・。


でも、なんでこうなるかと一応言い訳させてもらうと、
そもそもが相手への期待値を
ゼロもしくはマイナスでスタートしてるので、
自分が思ってることを明確に言わないと、相手はわからない
と思ってるんだよな。

だから、なんかあっても、
「こっちの指示の仕方が悪かった」
と思うんだ。


ってことはだ。
「察してちゃん」ってのは、

●相手への潜在的期待値が高い(期待過剰)
●自発的行動が苦手

そゆこと?

そういや、この話をしていた友人の知り合いの「察してちゃん」は
自分で判断するのが苦手なところがあるとゆってたな。

えー・・・
腐人なんぞは、他人に判断ゆだねるほうが怖い。
だって、その結果、
自分の想定外の最悪事態になったらどうすんだ(~_~)?


と、書き並べてて、ふと思ったんだけど、
「察してちゃん」は共学出身者に多いんだろうか?

以前読んだ『女子校育ち』に、
「共学育ちは、一般社会の縮図(男が率先し、女が従う)の中で育つので
 社会に出ても、そのまますんなりその図になじむが、
 女子校育ちは、まわりに女子しかいないので、
 社会で男がやってる役割を、自然とやるようになり、
 社会に出てもその癖がぬけない」
ってな感じのことが書いてあったんだ。

その論に拠るならば、
腐人は女子校育ちなんだが、
「社会で男がやってる役割をやってきた」
がゆえに、他人の判断に物事をゆだねるのが苦手で、
つまり察して欲しいと思う前に、
自分で自分のしたいように動いちゃう、ってことなのかね?

・・・なんかもうこういう思考回路自体が
男性脳なのかな?という気がしてきた。

まー己が、
おばちゃんの皮かぶった中身オッサンな自覚はあったけど
結局、それは正しかったってことなのかな。

結論らしー結論がでないまま、終わる。

[ 2014/12/05 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

久々に脳内整理

★クリスマスと年末年始
腐人家は基本、イベントごとに無関心なのだが
ここ最近、チビの出入りがあるので、
それなりに~気を使うようになった。

とはいえ。

こーゆーのってやりだすとやり続けなきゃならんくなるので
そこんとこは要注意。

先日姫が、
「ねぇねぇ、去年クリスマスプレゼントもらったっけ?」
ときいてきたので
「やっとらん!」
と即答しておいた。

そもそもクリスマス当日のチビたちは、
お友達とのクリスマス会に忙しいし、
その頃の腐人家の中高年者たちは、
公私ともどもに及ぶ年末仕事に追われている。

なので、その前に楽しめること、ってことで、
ここ最近、クリスマスの「前」に、
「アドヴェントカレンダー」「シュトーレン(シュトレン)」
楽しむことにしている。

っちゅーても、パンが食えない腐人は
シュトーレンは買うだけの人なんですが。
消費している血族によると、
「店ごとの違いがくっきりしてて、おもしろい」らしい。

でも、店によっては、
たかがパンのくせに、なんじゃこの値段!!
といいたくなるものもある・・・・・・。
だって、1個5000円とかあるんだよ!(>0<)!

・・・腐人なら図書カードのほうがいい・・・。



アドヴェントカレンダーもあげるだけだな。
だって、太る元だもん!!!

腐人は、「英国妖異譚」シリーズで
アドヴェントカレンダーの存在を知ったのだが
日本ではまだそんなに知られてないのか、
ゆーたらなんだが、ピンとキリの両極端なんだよなぁ。

でもま、チビにとっては
毎日、おねだりせずとも、チョコレートが1個
無条件に食べれりゃそんでいいので
深くはこだわらない。

ただ、大人も楽しむとなると、
ちょっと物足らないんだよなぁ。
高い方は、あまり選択の余地がないんだ。

はっきりいって今の日本のスイーツレベルは
世界最高峰といっていいぐらいだから、
クリスマスケーキに注力するのもいいが、
その前に、アドヴェントカレンダーを
もっといろいろつくってくんないかなぁ。

12~3月はケーキ屋のかきいれどきだが、
これやってくれれば、
11月から売り上げ増大が狙えると思うんですが、
いかがでしょう?

製造から1ヶ月、常温でもつもの、という条件が
難しいのかもしれないが、
なんでもとりこむ日本文化。
ぜひぜひチャレンジしていただきたいな。

来年はもっと種類が増えてるといいなぁ。


で、それが終わると年末年始。

田舎をもたない腐人家には、
年末年始に帰省しない主義のチビたちが遊びにやってくる。

チビたちも大きくなって、
トランプなどの遊び方がわかってきたので、
その要員に借り出されるのだが、
高度なゲームはまだ難しくて。

そいや腐人も、この年末年始の遊びの一環で
マージャンのてほどきをうけたもんだ・・・。

去年の暮れは、
じゃぁスゴロクでも用意するかと思い立ったのが遅くて
探しにいったら見事に全滅。

今年はそろそろ
人生ゲームあたりができないか?と思ってるんだが
モノポリーとどっちがいいだろう・・・?

長く遊べるもんがいいのだが(いつまで遊ぶつもりだ?)。

でも、12月のおもちゃ売り場なんて、
行くこと考えただけでげんなりしそうだ・・・(-_-;)



★HIV関連神経認知障害(HAND(ハンド))
最初に断っておきますが、
上記のネタと、これは全く関連性はありません。

ただ、これらが同じレベルで同居しとるのが、
腐人の脳みそだってだけ。


本題にいきますが、
こちらは、今、世界的で問題になっているんだそう。

略してHAND(ハンド)とよばれてますが、
正式名称は、HIV‐Associated Neurocognitive Disorders。

具体的にいうと、HIVの長期感染者の間で、
下記のような症状がでてくることをいう。

 (1)物忘れがひどくなる ※薬の飲み忘れなど
 (2)怒りっぽくなるなど性格が変化する
 (3)転びやすくなるなど運動障害が起きる

アメリカでの調査では、症状の程度差はあるが
感染者の約半分に認知障害がみられたとのこと。

日本はこれから調査するんだそうですが、
最も怖いのが(1)で、
HIVは現在、早期に発見して薬を飲み続けると、
エイズを発症することなく、普通の生活が送れる状況になってるが
飲み忘れが続くと、ウィルスに耐性がついてしまい、
薬がきかなくなって、エイズを発症してしまうことになる。


腐人はこの記事を読んだとき、エイズ発症で生じる
日和見感染症のことを思い出した。

エイズがパンデミックを起こした初期のころ、
対処のしようがなくて放置された患者さんの末期には、
トキソプラズマ脳症がよくみられた。

あと、進行性多巣性白質脳症
これもHIV感染の増加で発症頻度が増大した病気。

だからてっきり、今のカクテル療法(HAART療法)では
抑えきれないものがでたのかと思ったのだが、
どうなんだろなぁ・・・。

今後の行方を注視したい。
[ 2014/12/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)

チビズネタ-『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか』をからめつつ

モフモフシリーズの新刊を読むと、
チビネタブームが起こる。

特に今回は、あのレオとアルが、
腐人と姫にかぶってきて・・・
ちょっと、どんな感じか、やってみましょうか。

※ネタに尾篭なものが混じりますので、
 食事中の方は読むのをおやめください。
 ゆったかんねー!

レオ=腐人
アル=姫
場所=腐人家
時=休日の朝

アル:「レオー!おきろー!朝だよ!
    早く起きなきゃ朝ごはんたべちゃうぞ!」
レオ:「・・・アル・・・レオは明け方まで本を読んでたんだ
    もうすこし寝かせてくれ・・・」
アル:「だめーっ!!!」

(何度もダイビングされ、布団もめくられ、
 しぶしぶ起きて、一緒に朝食の席につく)

レオ:「アル、その果物うまそう。ちょーだい」
アル:「だめっ!牛乳ならあげる」
レオ:「いらんわ!」←レオは牛乳大嫌い、ということをアルは知っている

レオ:「朝ご飯たべちゃうって、自分のしかないじゃんよ・・・
    しょーがねぇ、昨日のカレーでも食べるか」

(残りカレーをチンして席につき、食べはじめてしばらくすると)

アル:「レオー」
レオ:「なに?」
アル:「カッカ」 ※カッカとは、大のことです

レオ:「(カレー食ってんだが・・・と思いつつ)はいはい、一人でいけるよね?」
アル:「出たらよぶから、おしりふきにきて!」
レオ:「なんでよ、食事中なんだから、モルトンかソレルに頼んでよ」
アル:「やだ!」

アル:「レオー、カッカでたー!おしりふいてー」
(別の人が拭こうとすると、「だめ!」「やだ!」「レオがいいの」)

以下は詳しく書きませんが、
ダダをこねる聖獣の雛に勝てるものは誰もおらず。

結局、食事を中断し、
つきだされたオシリをふきとらされる腐人。

体内時計がしっかりできてるせいか、
ホント毎回、朝食のたびにこれやられるんですよ・・・(-_-;)

姫いわく
「パパなら、どんなときでも手を止めてきてくれるもん」

腐人はパパじゃねぇ!!!


ちなみに、姫も、聖獣の雛の1歳手前の頃(人齢2歳)はね・・・
腐人を起こすのも、もみじのような手で腐人の肩をゆすって
「おちて、おちて」
※「おきて」とまだ言えない
っちゅー、超かわいらしい起こし方だったのよー!!!

それがいつの間にやらプロレス技・・・。
腐人は騎士たちのよーな親バカではないので、
「あの頃はかわいかった!今は・・・(/_;)」
とゆってやる!!



最近ではこんな名言(迷言)をはいた。

「アルはね、レオの家族じゃないの!
 ただ、遊びに来てるだけ!」

そうだね、そのとおり。
間違ってはいない。

でも、イングラムとエディン、ハルトとロシィの皆で、
お髭のラドニア公とグラディスのところにいこうという日の朝、
いつものよーに寝巻きのままやってきて、
朝ご飯をもってこさせ、ここで食べ、
着替えをもってこさせ、ここで着替え、
洗顔も歯磨きもぜぇんぶここで済ませて、
すべての仕度を整えてやってきたママといっしょに
「いってきまーす」って出てったね。

でも、家族じゃないのは間違ってない。

そしてラドニア公とグラディスのところからの帰り、
自宅に帰る前にやってきて「ただいまー」と言って、
そのままあがって、
ご飯の仕度ができたママが呼びに来るまで
ここでテレビみてたよね。
レオがスケートみてるの止めさせて・・・(T_T)。

でもま、家族じゃないのは間違ってない。

そんでもってこないだは、ご飯をおうちで食べた後
大人の用事があったママについてやってきて
玄関開けたとたん
「おいしいおにくのにおいがするー」
といって上がり、
レオん家の晩御飯のおかずだったカルビ焼肉を
全部、ぺろりんちょんと平らげて帰ったよね。

それでもま、家族じゃないのは間違ってない。

2歳の雛(人齢6歳)ってこんな感じなんすかねぇ。


と思っていたところ、なんともカワイイ本を読んだ。
まず、書誌情報から。

(1082)一般本 『ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか』 てぃ先生

現役保育士である、20代後半のてぃ先生(男性)が、
日常で遭遇した園児たちとの楽しい会話を
ツイッターであげていたのが本にまとめたもの。
これがそれ。

ツイッターでは、タイムラインで流れてるらしいですが、
こちらは書籍なので、
園児の中でも個性が豊かな8人

はるくん、なつくん、あきくん、ふゆくん
さくらちゃん、ひまわりちゃん、もみじちゃん、うめちゃん

こちらのエピソードを抜粋してまとめてある。

どれもこれもかわいくて、素直に笑わせてもらえるんですが、
いくつかザクッと抜いてみよう。


(前日、アマゾンでいろんなものが買えることを知り)
「せんせい、かのじょかったら!?」

(かわいいの嫌い、かっこいいのが好きという男子に)
「わたしかわいいから、どうしよう」

(しばらくお休みが続いたあとの登園で)
「ほぉ・・・ここがちきゅうの ほいくえんか」

(弱いから戦いごっこはイヤという子に)
「みんながじぶんよりつよいだけで、
 ほんとうによわいやつなんていねーよ」


(生まれついてのモテ男くんより、
 モテない先生のマクドのハッピーセットの買い方)
「『おもちゃいらないんで、あなたがほしいです』
 っていえば、かのじょできるかもよ」

(不思議ちゃんより)
「せんせいくらいのひとは
 みんなけっこんしてるとおもうんだけど、
 せんせいはどういうきもちでいきてるの?」


(一緒に遊んでた好きな女の子を別の子にとられそうになって)
「ぼくがあそんでた!(涙つき)

(5歳って)
「わたしさ、5さいだからなんでもいってごらん
 5さいだから。
 どうしたの?
 5さいのおねえさんにいってみな?」



本書内では、この言葉がでた前後状況の説明もあるので
もっと詳しく知りたい方は、ぜひ本書をどうぞ。

ここに書いてないのも、どれも秀逸で、
ちょっとドキッとするところあり。

そう、純粋な分、たまにものすごい核心ついてくるんですよねぇ
チビっ子って。

個人的には、
「みんながじぶんよりつよいだけで、
 ほんとうによわいやつなんていねーよ」

これ、いいなぁと思います。


保育士さんとして、チビっ子と接していて
てぃ先生が思うことも書いてあるんですが、
なるほどなーと思ったところを、自分用アーカイブ。

●寝かしつけ
身体を疲れさすと寝る子と、
頭を疲れさすと寝る子がある。

なかなか寝ない場合、
背中を心拍数にあわせてトントンする。
おでこの真ん中から眉間にかけてなでる(最終手段)。


●トイレトレーニング
赤ちゃんの頃からオムツ替えをトイレでし、
排泄は、ここでするもの、ということを覚えさせる。


●読み書き
おしつけでさせるのではなく、自発で。
その子が自発的にやりたくなるような
興味をもてるものを探すのがいい。


●怒る、叱る
怒るはいらない、
叱るは必要

なぜダメなのかをきちんと説明して教え、
子供の「なぜ」にとことんつきあう
同じことでも毎回初めて叱るように言う


●生活リズム
食事、お風呂、寝る、起きる
この4つの時間は毎日同じにする


子供産む予定も、雛を育てる予定もないんですけど、
チビネタは癒されるんで、つい読んでしまいますねぇ。

ほんわか癒されたい人にオススメの1冊です。
[ 2014/12/03 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

GPシリーズ・日本大会NHK杯 フリー総括つづき

っちゅーても、
あと羽生結弦くんとジェレミー・アボットくんの話だけやねんけど。

日本人選手には
できるだけコメントつけようと思ってはいるのだが
ごめん、加藤緒菜ちゃんのFSはコメントつけるほど観られないまま
HDDディスク容量の関係で消してしまったので
ノーコメントなだけやねん。
ゆーことが見つからんかったっちゅーのではない。
ハンパなことゆーんはイヤなんで。

ということで、最後のまとめにいきましょう。

●羽生結弦くん
羽生くんは、これまで6分間練習になると、
いの一番に飛び出して、
その6分間で得られるものを貪欲に吸収しようとしてたけど、
このNHK杯では、
ぶっちゃけ、6分間練習、こわかったんちゃう?

それ当たり前やねんけどね。

腐人はバイク歴××年で、これまでに何度も事故ったことがある。
自爆事故もありゃ、はねられたことも。

幸いたいした怪我をせずにきているので、
事故から数日たてば、またバイクに乗るんですが、
そのとき、頭はその状況を大丈夫と思っていても、
どうしても身体がこわばってついていかない。
かけなくてもいいブレーキをかけてしまう。

これは事故時の恐怖や痛みを身体が記憶してるから
もうどうしようもないことなんだよね。

これを治す唯一の方法は、時間薬。
これしかない。

ってかさー、これを感じないとしたら、
そのんが人間的に問題あるよ・・・
サイコパスか、人格障害疑ったほうがいいぐらいだ。

これは本能の領域なので、
時間がたって、
身体がその恐怖を受け入れ
克服するまでなくならない。

それが冒頭のジャンプ2つ、いや3つめぐらいまで
出てた気がする。


羽生くんのジャンプって、
昨シーズンなかなか成功しなかった4Sでもさ、
ものすごく前向きに、果敢に挑むジャンプなんだよね。

そこに迷いはない。
だからランディングがうまくいったとき、
その後の流れが本当に美しい。

でも、今回の冒頭のジャンプは、
腐人の目にも迷いや躊躇がみえて、
いつもの羽生くんのジャンプじゃないなぁと思った。

ただ、彼のすごいところは、その後を立て直してきたこと。

後半のジャンプはいつものジャンプに戻り、
ふっきれたのか、ねじふせたのか、
そんな感じにみえた。

もしかしたらこれで終われないという意地をみせてくれたのか、
これで終わりだと思ったからこそ開き直ったのが吉とでたか
その辺はわからんけども。

あの最後の上体そらしつきイナバウアーのときの表情に
いろんな気持ちがでてた気がするな。
あのとき、何をみたんだろう。


腐人はただ美しいものがみたいという、
超エゴイストの自己中ニンゲンだ。

なので、羽生くんならば
きっと応えてくれるだろうと思うので言わせてもらうが、
今季プログラムの振り付けの概要は、
このNHK杯でわかったけど、
腐人が観たいのは、完成品。

衝突事故にあった羽生くんが
ここまでの演技をしたというんじゃなく
3冠をとった世界王者の羽生くんが
どうファントムを解釈し、どんなファントムを演じるのかが
観たい。

まだ怪我は完治しきってないだろうし、
身体が覚えてしまった恐怖の克服にも時間がかかるだろう。

でも、羽生くんならば、やれる。
羽生くんならば、今季の間に、
腐人が感動するファントムをみせてくれると、信じてます。

っても、休むべき時はちゃんと休んでね。

ファイナル、楽しみにしてます。


●ジェレミー・アボットくん
率直にいって、今回のアボットくんの演技は、
腐人はむちゃくちゃよかったと思う。

あれだけ情感豊かな
音楽にあった流れるようなスケーティングは
美しいとしか言い様がない。

解説の本田武史さんもゆーてはったが、
アボットくんにしかできないプログラムだと腐人も思う。

ただ、ジャンプで無理して、転倒して、
全体の調和を壊すことを避けたがゆえに、
点数として伸びず、ファイナル出場権を逃してしまった。

正直なところをいうと、
演技後の余韻とか完成度でいえば、
一番よかったと言ってもいいぐらいだったので
点数が出たとき、あまりの技術点の低さに、
納得いかーん!!と思ったんだ。

でも、あとでリザルトで詳細をみて、唸ってしまった。

非常にわかりやすいので、羽生くんのと比べて話をする。

羽生くんのリザルトは
 技術点 70.31(基礎点65.48/GOE4.83)
 演技構成点 82.48
 減点 -1(転倒によるもの)

アボットくんのリザルトは、
 技術点 64.28(基礎点59.59/GOE4.69)
 演技構成点 83.86
 減点 0

※GOEとは、出来栄え点のこと

この技術点の基礎点部分をもう少し詳しくみると

羽生くん
 ジャンプ全体 51.18(前半 10.7/後半 40.48)
 ジャンプ以外 14.3

アボットくん
 ジャンプ全体 47.79(前半 24.3/後半 23.49)
 ジャンプ以外 11.8


二人のリザルトを比べると、
GOEや、演技構成点、ジャンプ以外の技術点は
多少の凸凹はあれど そう大きく差はない。
注視すべきは、ジャンプ後半の基礎点の得点差だろう。

※上記の3つの合計は、
羽生くんが101.61、アボットくんが100.35 差は1.26
ジャンプ後半の差は16.99

二人とも後半のジャンプに転倒はないが、
羽生くんは5本、
アボットくんは4本。

そして、
羽生くんはすべて3回転に絡んだジャンプを決め、
アボットくんは4本中2本が2回転になった。

その結果が、16.99の差。

前にブライアン・オーサーコーチが
例え前半の4回転ジャンプに失敗しても、
後半のトリプルを決めれば勝てるとゆーたのは
こーゆーことか・・・。


腐人はついつい表現者部分の美しさに目がいくんだが
アスリートとして勝つためには、
こーゆー要素が関係してくるんだなと、
つくづく考えさせられた。

でも、これで明暗わけちゃうんだなぁ・・・。
勝負の世界は厳しい。

今週末はめずらしくスポーツ関係がお休みだが
(腐人にとって)
この後、GPファイナル、都大路、全日本とたてつづくので
仕事を前倒しで片付けとこう・・・ね!腐人ちゃん!!

・・・(;一_一)
[ 2014/12/02 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)

GPシリーズ・日本大会NHK杯 フリー総括

昨日は観るのでいっぱいいっぱいになり
観戦コメントが書けなかったNHK杯。

記憶だよりになりますが、
自分用の記録としてざっと振り返っとこう。

まず、アイスダンスとペア。

・・・そうなんだよな、普段のGPシリーズは、
ペアやアイスダンスまで放映がないが
日本でやってくれると、全部放映されるので、
いつもより視聴時間が倍になるんだ・・・
だから観るのでいっぱいだったんだ・・・。

個人的には、前からゆってますけど、
日本はペアやアイスダンスの競技人口が少ないと言われるが
もしそこを広げたいなら、もっと放映に積極的になるべきだと思う。

すべての競技にいえることだけど、
世界のトップを争う超一流のすばらしい技を観せるって
一番簡単で嘘がない広告なんだよね。

それにより、その競技に対する興味を生じさせ、
競技人口の裾野を広げられる(母数の増加)。
そして、母数が増えれば、その中から原石がみつかってくる。

そして競技をしている人にとっては、
超一流の技を目の当たりにすることで、
己の独創性、想像力、戦略性などを強化することができる。

競技の能力UPって、
もともともってる身体的な要素にトレーニングを積むことで、
ぶっちゃけ、ある程度まではひきあげることができるんだけど、
世界のトップを争うレベルまではいかない。

そこの壁を乗り越えるには、他のさまざまな要因が絡んでくるけど
その1つとして頭のトレーニングもいるんだよね。

それは、超一流のプレイを浴びるほどみることでしか
養われない。

日本の関係者が、本当にここらを強化したいなら、
テレビ局が欲しがるシングル放映枠を餌に、
駆け引きやるぐらいの強かさを持って欲しいなぁ。


ただ、だ。
腐人が昨日、ずーっとNHK杯の垂れ流しをやってたんだけど、
それを横でみていた血族が面白いことを言った。
※ちなみに血族たちは、フツーレベルで興味あるぐらいで
 腐人がテレビを占領してると観ざるを得なくて観るけど、
 積極的に観ることはしない。 


「ペアやアイスダンスって、自分がミスしても
 『あんたがちゃんとフォローしないのが悪い!
  私はミスしてないわ!』
 っちゅーようなお国柄の国のほうが強くない?」

確かに、言われてみると、
ペアやアイスダンスの強豪国ってのは
個人主義の欧米、アジアでは中国。

・・・絶対に自分の非を認めず、
謝まったら負け的なところがある・・・。
あくまでも、イメージですが!

「さっきからみてるとさ、
 日本の選手の場合、ミスったら、
 相手に『ごめん!失敗した!』って感じになり、
 相手は相手で、
 『いいよ、気にしないで、こっちもフォローできなくてごめん』
 って感じになってんの。
 でも、あんたがこのカップルは強いとかゆってる組は
 ミスっても、そーゆーそぶりが全然ないんだよねぇ」

その視点でみると、なるほど、と思うところがある。

例えば、今回、高橋・木原組は、ジャンプの転倒が続いたのだが
その結果、どんどんスピードが落ちていった。

要するに、その失敗から、さらに失敗を重ねないように
慎重になったというか、過保護になってしまったんじゃないかなと思う。

対して、誰とは言いませんが、あるカップルの場合、
片方がコケたら、
「ほら、早く立ち上がれよ!
 グズグズしてんな!」
という台詞をつけたくなるようなシーンが・・・。

リフトの失敗などでは
「ちっ!なにやってんのよ、このヘタレ!」

でも相手の方も、「ごめん、悪かった」じゃないんだよね。
「お前こそ、こっちのタイミングにあわせろよ!」
って感じで。

なんというか、
組んでいるパートナーこそが一番のライバル。
だからこそ、厳しい。
そんな感じがした。

個人的には、
メリル・デイヴィスちゃんとチャーリー・ホワイトくんのような
幼馴染で、ずっと一緒に滑ってきたってほーが
萌えなんですけども
結局のところ、これは競技。
だから結果が伴わなきゃ意味がない。

ならば、どうあるのが、そのカップルにとっていいのか。
そーゆーことをも考えてかなきゃいかんのかもしれない。

ぶっちゃけ、オリンピック明けのこのシーズンだからこそ
相手を変えたりしていることが多くて、
だから、他のシーズンより噛み合わなさが顕著なのかも。

ペアもアイスダンスも、表彰台は獲って当然なカップルだったから
他の皆様は、1つでも上にいくには、何が足りてないのか、
それがよくわかったシーズンでもあったのかな。

ものごっつい個人的なとこで悪いが、
腐人はソチのニキータ・カツァラポフくんの
白鳥の湖がすごくよかったので
これからを期待しちょったのだが・・・
今回のFDはうまく出来なかったね。

がんばって!


続いて、女子シングル。

●ポリーナ・エドムンズちゃん
個人的に期待しているので
FSでリカバーしたのが嬉しいなぁ。

っつか、あのSPはよーく反省してくれろ。
もったいなさすぎざんす。

●村上佳菜子ちゃん
土曜日曜と、ずーっとNHK杯を垂れ流してたら
脳内にオペラ座の怪人が
エンドレスで流れるようになっちゃった。

今回のNHK杯はオペラ座祭りだったわけですが、
率直なところを言わせてもらうと、
腐人は、佳菜子ちゃんのオペラ座よかったと思うよ。
表現者としての部分では。

これまでなら、
演技途中でメンタル崩れてぼろぼろになってたが
そこやりきったもんね。

FSに限っていえば、アスリートの部分が弱かった
ってことになるんだろうなぁ。

まーあのルール改正のえげつなさが
ものごっついよくわかったというか・・・うん。
いい勉強になったよね。

次回からは、パンクしても0点にならないよう
ジャンプ計算能力を高めてください。


でもさ。
やっぱちょっといいたくなっちゃうのが、
Interpretationのポイント。

グレーシー・ゴールドちゃんが悪かったなんて
これっぽっちも思わないが、
彼女との差、0.32はなんなのか。

どうすればこれが埋められるのか。

まぁ、そこの追求より、
GOEで減点(FSで-2.17)をくらわないようにすること
そのんがリカバーしやすいか。

うかうかしてられないほど下が伸びてきてるから
全日本では、エースの意地をみせてちょうだいね。
期待してまーす。

●宮原知子ちゃん
3位おめでとう!
あと一歩、だったからこそ悔しいね。

最初のルッツは、
SPの回転不足が頭をよぎっちゃったかな。

でも、その分、後半よくがんばってて、
腐人は表現に関しては、
今季みた中では一番よかった気がするけども
表彰台のもっと高いところを狙うならば、
SPで30点台、FSで60点台の演技構成点を狙いたいよね。

今、その点数をたたき出してる人たちと比べてみて、
何が足らないか、何ならあげられるか、
そこらを考えてみて欲しいかな。

来季は、ファイナル行こうね!



最後に男子。

スケアメ 1位のリザルトは、87.28/88.42 175.70
スケカナ 1位のリザルトは、91.74/81.50 173.24
スケ中  1位のリザルトは、75.02/83.36 157.38・・・でもこれは除外で考えるべきか
スケロシ 1位のリザルトは、83.37/87.72 171.09
スケフラ 1位のリザルトは、85.96/80.28 166.24
スケ日  1位のリザルトは、86.53/79.86 166.39

今季はパトリック・チャンくんがお休みしているが、
男子が世界のトップを狙うには、現時点で
SPで90点台、FSで170点台をたたき出せなきゃ
厳しいんだろうなってのが、データからわかる。

ちなみにまだ新ルールに慣れてないところがあるからこんくらいな話で、
次のオリンピックシーズンになれば、
SPでは100だせるか、
FSでは180やら190という世界になるんだろうと思う。

人類はどこまでいくんだろうなぁ・・・
5回転もいずれやる日がきそうな気がする・・・

ま、それはさておき。

今回のNHK杯男子は、村上大介くんはよかったけど
逆に言えば、他の方々がよろしくなかった。

これに尽きそうな気がしてるぞ、腐人は。

●村上大介くん
優勝おめでとう!
冒頭で決めた4回転は、ホントにすばらしかった。

ただ、ちょいと難点をいえば、
ジャンプが決まって、ほぼノーミスでいけて
嬉しかったのはわかるが
演技は、最後のポーズが決まるまで
最後の一音が消えるまで
気を抜かずにやりましょうね。

ちょっとおざなりすぎです。

っちゅーか、たぶん村上くんが
170点台にもってくるために足らないのは
まぁ、そういうところになってくるんだろうね。

恐らく今回や最後のGPシリーズで不本意に終わってる
羽生くん、無良くん、町田くんはGPファイナルを経て
全日本には、ふんどしを締めなおしてかかってくるだろうから
その彼らにどう立ち向かってくれるのか、
見物だわぁ(*^。^*)♪

すげー楽しみに期待してます!

ところで。
同門だからか、優勝が決まったところで
グレーシー・ゴールドちゃんとハグして喜びをわかちあってたが
あれ観てうらやましいと思われてるぐらいならいいが
殺意を覚えた人もいたんじゃなかろうか・・・。

腐人はソチの見所を某局の人が語る場で、
「グレーシー・ゴールド選手は、
 美人なんです!見逃さないでください!」
ってなことをゆーたのが忘れられん・・・。

●無良崇人くん
このFSはメンタルの弱さがでちゃったね。

他の人がうらやむような素質をいっぱいもってるからこそ
メンタルを鍛えなさい!と言いたいなぁ。
だって、もったいなさすぎるんだもん!

今回、腐人の目には
結構辛く点数がでたなという気がしたんだが
その辺がさ、やっぱこの気迫の違いかなと思わなくもない。

ってのも、あまり比較対象にしてはいかんのかもだが
羽生くんが中国大会でファントムを滑ったとき、
あれ、もう精神力だけで滑ってたと思うんだよ。

でもそれがかえって「ファントムを演じよう」とする気持ちとして
すごく伝わってくるし、
ジャンプだって跳ぼう、跳びたい、ってのが
やっぱプラスになってでたと思うんだ。

その反対にでちゃったのが、今回の無良くんで。

ファントムの仮面がかぶれないまま、
どんどん素の弱気な無良くんがでてきてしまった感じが
ジャッジの点数に反映されちゃったような気がする。

腐人としては、
そこをねじ伏せる強さを持って演じて欲しい。

やな話だけど、
人って隙をみせたり弱さをみせたりすると、
どんどんそこにつけこんでいくとこあるじゃん。
そこを跳ね返す強さを持って欲しいんですわ。

っつっても、メンタルの鍛え方ってよくわかんないんだが、
一番にいえるのは、易きに逃げるなってのかな。

自分の弱さを認めることは大事だが、
その弱さに甘んじちゃうと、
人は「ま、いっかー、どうせ弱いんだし」となってくる。

それが暗示になって、どんどん下しかみなくなってくるのよ。
下みてるほうが楽だし。

人生のほとんどを「ま、いっかー」で済ませて
いろんなことから逃げまくりの腐人がゆーのだから
間違いないぞ。

負け犬でいいならいいけど、そうなりたくないなら
踏ん張る強さを持とうよ、
一家の大黒柱である、お父さんなんだから。ね?


えーっと、あと、羽生くんとアボットくんについて書きたかったんですが
ちょっとタイムアップになってしまったので、また今度。


読書録もまた今度。
今日はカウントのみ。

●30日
(1079)一般本 『宗教黒い報告書(ダークサイド・レポート)』
[ 2014/12/01 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。