或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年12月 ]
11 | 2014/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GPシリーズ・日本大会NHK杯 フリー総括

昨日は観るのでいっぱいいっぱいになり
観戦コメントが書けなかったNHK杯。

記憶だよりになりますが、
自分用の記録としてざっと振り返っとこう。

まず、アイスダンスとペア。

・・・そうなんだよな、普段のGPシリーズは、
ペアやアイスダンスまで放映がないが
日本でやってくれると、全部放映されるので、
いつもより視聴時間が倍になるんだ・・・
だから観るのでいっぱいだったんだ・・・。

個人的には、前からゆってますけど、
日本はペアやアイスダンスの競技人口が少ないと言われるが
もしそこを広げたいなら、もっと放映に積極的になるべきだと思う。

すべての競技にいえることだけど、
世界のトップを争う超一流のすばらしい技を観せるって
一番簡単で嘘がない広告なんだよね。

それにより、その競技に対する興味を生じさせ、
競技人口の裾野を広げられる(母数の増加)。
そして、母数が増えれば、その中から原石がみつかってくる。

そして競技をしている人にとっては、
超一流の技を目の当たりにすることで、
己の独創性、想像力、戦略性などを強化することができる。

競技の能力UPって、
もともともってる身体的な要素にトレーニングを積むことで、
ぶっちゃけ、ある程度まではひきあげることができるんだけど、
世界のトップを争うレベルまではいかない。

そこの壁を乗り越えるには、他のさまざまな要因が絡んでくるけど
その1つとして頭のトレーニングもいるんだよね。

それは、超一流のプレイを浴びるほどみることでしか
養われない。

日本の関係者が、本当にここらを強化したいなら、
テレビ局が欲しがるシングル放映枠を餌に、
駆け引きやるぐらいの強かさを持って欲しいなぁ。


ただ、だ。
腐人が昨日、ずーっとNHK杯の垂れ流しをやってたんだけど、
それを横でみていた血族が面白いことを言った。
※ちなみに血族たちは、フツーレベルで興味あるぐらいで
 腐人がテレビを占領してると観ざるを得なくて観るけど、
 積極的に観ることはしない。 


「ペアやアイスダンスって、自分がミスしても
 『あんたがちゃんとフォローしないのが悪い!
  私はミスしてないわ!』
 っちゅーようなお国柄の国のほうが強くない?」

確かに、言われてみると、
ペアやアイスダンスの強豪国ってのは
個人主義の欧米、アジアでは中国。

・・・絶対に自分の非を認めず、
謝まったら負け的なところがある・・・。
あくまでも、イメージですが!

「さっきからみてるとさ、
 日本の選手の場合、ミスったら、
 相手に『ごめん!失敗した!』って感じになり、
 相手は相手で、
 『いいよ、気にしないで、こっちもフォローできなくてごめん』
 って感じになってんの。
 でも、あんたがこのカップルは強いとかゆってる組は
 ミスっても、そーゆーそぶりが全然ないんだよねぇ」

その視点でみると、なるほど、と思うところがある。

例えば、今回、高橋・木原組は、ジャンプの転倒が続いたのだが
その結果、どんどんスピードが落ちていった。

要するに、その失敗から、さらに失敗を重ねないように
慎重になったというか、過保護になってしまったんじゃないかなと思う。

対して、誰とは言いませんが、あるカップルの場合、
片方がコケたら、
「ほら、早く立ち上がれよ!
 グズグズしてんな!」
という台詞をつけたくなるようなシーンが・・・。

リフトの失敗などでは
「ちっ!なにやってんのよ、このヘタレ!」

でも相手の方も、「ごめん、悪かった」じゃないんだよね。
「お前こそ、こっちのタイミングにあわせろよ!」
って感じで。

なんというか、
組んでいるパートナーこそが一番のライバル。
だからこそ、厳しい。
そんな感じがした。

個人的には、
メリル・デイヴィスちゃんとチャーリー・ホワイトくんのような
幼馴染で、ずっと一緒に滑ってきたってほーが
萌えなんですけども
結局のところ、これは競技。
だから結果が伴わなきゃ意味がない。

ならば、どうあるのが、そのカップルにとっていいのか。
そーゆーことをも考えてかなきゃいかんのかもしれない。

ぶっちゃけ、オリンピック明けのこのシーズンだからこそ
相手を変えたりしていることが多くて、
だから、他のシーズンより噛み合わなさが顕著なのかも。

ペアもアイスダンスも、表彰台は獲って当然なカップルだったから
他の皆様は、1つでも上にいくには、何が足りてないのか、
それがよくわかったシーズンでもあったのかな。

ものごっつい個人的なとこで悪いが、
腐人はソチのニキータ・カツァラポフくんの
白鳥の湖がすごくよかったので
これからを期待しちょったのだが・・・
今回のFDはうまく出来なかったね。

がんばって!


続いて、女子シングル。

●ポリーナ・エドムンズちゃん
個人的に期待しているので
FSでリカバーしたのが嬉しいなぁ。

っつか、あのSPはよーく反省してくれろ。
もったいなさすぎざんす。

●村上佳菜子ちゃん
土曜日曜と、ずーっとNHK杯を垂れ流してたら
脳内にオペラ座の怪人が
エンドレスで流れるようになっちゃった。

今回のNHK杯はオペラ座祭りだったわけですが、
率直なところを言わせてもらうと、
腐人は、佳菜子ちゃんのオペラ座よかったと思うよ。
表現者としての部分では。

これまでなら、
演技途中でメンタル崩れてぼろぼろになってたが
そこやりきったもんね。

FSに限っていえば、アスリートの部分が弱かった
ってことになるんだろうなぁ。

まーあのルール改正のえげつなさが
ものごっついよくわかったというか・・・うん。
いい勉強になったよね。

次回からは、パンクしても0点にならないよう
ジャンプ計算能力を高めてください。


でもさ。
やっぱちょっといいたくなっちゃうのが、
Interpretationのポイント。

グレーシー・ゴールドちゃんが悪かったなんて
これっぽっちも思わないが、
彼女との差、0.32はなんなのか。

どうすればこれが埋められるのか。

まぁ、そこの追求より、
GOEで減点(FSで-2.17)をくらわないようにすること
そのんがリカバーしやすいか。

うかうかしてられないほど下が伸びてきてるから
全日本では、エースの意地をみせてちょうだいね。
期待してまーす。

●宮原知子ちゃん
3位おめでとう!
あと一歩、だったからこそ悔しいね。

最初のルッツは、
SPの回転不足が頭をよぎっちゃったかな。

でも、その分、後半よくがんばってて、
腐人は表現に関しては、
今季みた中では一番よかった気がするけども
表彰台のもっと高いところを狙うならば、
SPで30点台、FSで60点台の演技構成点を狙いたいよね。

今、その点数をたたき出してる人たちと比べてみて、
何が足らないか、何ならあげられるか、
そこらを考えてみて欲しいかな。

来季は、ファイナル行こうね!



最後に男子。

スケアメ 1位のリザルトは、87.28/88.42 175.70
スケカナ 1位のリザルトは、91.74/81.50 173.24
スケ中  1位のリザルトは、75.02/83.36 157.38・・・でもこれは除外で考えるべきか
スケロシ 1位のリザルトは、83.37/87.72 171.09
スケフラ 1位のリザルトは、85.96/80.28 166.24
スケ日  1位のリザルトは、86.53/79.86 166.39

今季はパトリック・チャンくんがお休みしているが、
男子が世界のトップを狙うには、現時点で
SPで90点台、FSで170点台をたたき出せなきゃ
厳しいんだろうなってのが、データからわかる。

ちなみにまだ新ルールに慣れてないところがあるからこんくらいな話で、
次のオリンピックシーズンになれば、
SPでは100だせるか、
FSでは180やら190という世界になるんだろうと思う。

人類はどこまでいくんだろうなぁ・・・
5回転もいずれやる日がきそうな気がする・・・

ま、それはさておき。

今回のNHK杯男子は、村上大介くんはよかったけど
逆に言えば、他の方々がよろしくなかった。

これに尽きそうな気がしてるぞ、腐人は。

●村上大介くん
優勝おめでとう!
冒頭で決めた4回転は、ホントにすばらしかった。

ただ、ちょいと難点をいえば、
ジャンプが決まって、ほぼノーミスでいけて
嬉しかったのはわかるが
演技は、最後のポーズが決まるまで
最後の一音が消えるまで
気を抜かずにやりましょうね。

ちょっとおざなりすぎです。

っちゅーか、たぶん村上くんが
170点台にもってくるために足らないのは
まぁ、そういうところになってくるんだろうね。

恐らく今回や最後のGPシリーズで不本意に終わってる
羽生くん、無良くん、町田くんはGPファイナルを経て
全日本には、ふんどしを締めなおしてかかってくるだろうから
その彼らにどう立ち向かってくれるのか、
見物だわぁ(*^。^*)♪

すげー楽しみに期待してます!

ところで。
同門だからか、優勝が決まったところで
グレーシー・ゴールドちゃんとハグして喜びをわかちあってたが
あれ観てうらやましいと思われてるぐらいならいいが
殺意を覚えた人もいたんじゃなかろうか・・・。

腐人はソチの見所を某局の人が語る場で、
「グレーシー・ゴールド選手は、
 美人なんです!見逃さないでください!」
ってなことをゆーたのが忘れられん・・・。

●無良崇人くん
このFSはメンタルの弱さがでちゃったね。

他の人がうらやむような素質をいっぱいもってるからこそ
メンタルを鍛えなさい!と言いたいなぁ。
だって、もったいなさすぎるんだもん!

今回、腐人の目には
結構辛く点数がでたなという気がしたんだが
その辺がさ、やっぱこの気迫の違いかなと思わなくもない。

ってのも、あまり比較対象にしてはいかんのかもだが
羽生くんが中国大会でファントムを滑ったとき、
あれ、もう精神力だけで滑ってたと思うんだよ。

でもそれがかえって「ファントムを演じよう」とする気持ちとして
すごく伝わってくるし、
ジャンプだって跳ぼう、跳びたい、ってのが
やっぱプラスになってでたと思うんだ。

その反対にでちゃったのが、今回の無良くんで。

ファントムの仮面がかぶれないまま、
どんどん素の弱気な無良くんがでてきてしまった感じが
ジャッジの点数に反映されちゃったような気がする。

腐人としては、
そこをねじ伏せる強さを持って演じて欲しい。

やな話だけど、
人って隙をみせたり弱さをみせたりすると、
どんどんそこにつけこんでいくとこあるじゃん。
そこを跳ね返す強さを持って欲しいんですわ。

っつっても、メンタルの鍛え方ってよくわかんないんだが、
一番にいえるのは、易きに逃げるなってのかな。

自分の弱さを認めることは大事だが、
その弱さに甘んじちゃうと、
人は「ま、いっかー、どうせ弱いんだし」となってくる。

それが暗示になって、どんどん下しかみなくなってくるのよ。
下みてるほうが楽だし。

人生のほとんどを「ま、いっかー」で済ませて
いろんなことから逃げまくりの腐人がゆーのだから
間違いないぞ。

負け犬でいいならいいけど、そうなりたくないなら
踏ん張る強さを持とうよ、
一家の大黒柱である、お父さんなんだから。ね?


えーっと、あと、羽生くんとアボットくんについて書きたかったんですが
ちょっとタイムアップになってしまったので、また今度。


読書録もまた今度。
今日はカウントのみ。

●30日
(1079)一般本 『宗教黒い報告書(ダークサイド・レポート)』
スポンサーサイト
[ 2014/12/01 ] 観戦&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。