或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2014年12月 ]
11 | 2014/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々に脳内整理

★クリスマスと年末年始
腐人家は基本、イベントごとに無関心なのだが
ここ最近、チビの出入りがあるので、
それなりに~気を使うようになった。

とはいえ。

こーゆーのってやりだすとやり続けなきゃならんくなるので
そこんとこは要注意。

先日姫が、
「ねぇねぇ、去年クリスマスプレゼントもらったっけ?」
ときいてきたので
「やっとらん!」
と即答しておいた。

そもそもクリスマス当日のチビたちは、
お友達とのクリスマス会に忙しいし、
その頃の腐人家の中高年者たちは、
公私ともどもに及ぶ年末仕事に追われている。

なので、その前に楽しめること、ってことで、
ここ最近、クリスマスの「前」に、
「アドヴェントカレンダー」「シュトーレン(シュトレン)」
楽しむことにしている。

っちゅーても、パンが食えない腐人は
シュトーレンは買うだけの人なんですが。
消費している血族によると、
「店ごとの違いがくっきりしてて、おもしろい」らしい。

でも、店によっては、
たかがパンのくせに、なんじゃこの値段!!
といいたくなるものもある・・・・・・。
だって、1個5000円とかあるんだよ!(>0<)!

・・・腐人なら図書カードのほうがいい・・・。



アドヴェントカレンダーもあげるだけだな。
だって、太る元だもん!!!

腐人は、「英国妖異譚」シリーズで
アドヴェントカレンダーの存在を知ったのだが
日本ではまだそんなに知られてないのか、
ゆーたらなんだが、ピンとキリの両極端なんだよなぁ。

でもま、チビにとっては
毎日、おねだりせずとも、チョコレートが1個
無条件に食べれりゃそんでいいので
深くはこだわらない。

ただ、大人も楽しむとなると、
ちょっと物足らないんだよなぁ。
高い方は、あまり選択の余地がないんだ。

はっきりいって今の日本のスイーツレベルは
世界最高峰といっていいぐらいだから、
クリスマスケーキに注力するのもいいが、
その前に、アドヴェントカレンダーを
もっといろいろつくってくんないかなぁ。

12~3月はケーキ屋のかきいれどきだが、
これやってくれれば、
11月から売り上げ増大が狙えると思うんですが、
いかがでしょう?

製造から1ヶ月、常温でもつもの、という条件が
難しいのかもしれないが、
なんでもとりこむ日本文化。
ぜひぜひチャレンジしていただきたいな。

来年はもっと種類が増えてるといいなぁ。


で、それが終わると年末年始。

田舎をもたない腐人家には、
年末年始に帰省しない主義のチビたちが遊びにやってくる。

チビたちも大きくなって、
トランプなどの遊び方がわかってきたので、
その要員に借り出されるのだが、
高度なゲームはまだ難しくて。

そいや腐人も、この年末年始の遊びの一環で
マージャンのてほどきをうけたもんだ・・・。

去年の暮れは、
じゃぁスゴロクでも用意するかと思い立ったのが遅くて
探しにいったら見事に全滅。

今年はそろそろ
人生ゲームあたりができないか?と思ってるんだが
モノポリーとどっちがいいだろう・・・?

長く遊べるもんがいいのだが(いつまで遊ぶつもりだ?)。

でも、12月のおもちゃ売り場なんて、
行くこと考えただけでげんなりしそうだ・・・(-_-;)



★HIV関連神経認知障害(HAND(ハンド))
最初に断っておきますが、
上記のネタと、これは全く関連性はありません。

ただ、これらが同じレベルで同居しとるのが、
腐人の脳みそだってだけ。


本題にいきますが、
こちらは、今、世界的で問題になっているんだそう。

略してHAND(ハンド)とよばれてますが、
正式名称は、HIV‐Associated Neurocognitive Disorders。

具体的にいうと、HIVの長期感染者の間で、
下記のような症状がでてくることをいう。

 (1)物忘れがひどくなる ※薬の飲み忘れなど
 (2)怒りっぽくなるなど性格が変化する
 (3)転びやすくなるなど運動障害が起きる

アメリカでの調査では、症状の程度差はあるが
感染者の約半分に認知障害がみられたとのこと。

日本はこれから調査するんだそうですが、
最も怖いのが(1)で、
HIVは現在、早期に発見して薬を飲み続けると、
エイズを発症することなく、普通の生活が送れる状況になってるが
飲み忘れが続くと、ウィルスに耐性がついてしまい、
薬がきかなくなって、エイズを発症してしまうことになる。


腐人はこの記事を読んだとき、エイズ発症で生じる
日和見感染症のことを思い出した。

エイズがパンデミックを起こした初期のころ、
対処のしようがなくて放置された患者さんの末期には、
トキソプラズマ脳症がよくみられた。

あと、進行性多巣性白質脳症
これもHIV感染の増加で発症頻度が増大した病気。

だからてっきり、今のカクテル療法(HAART療法)では
抑えきれないものがでたのかと思ったのだが、
どうなんだろなぁ・・・。

今後の行方を注視したい。
スポンサーサイト
[ 2014/12/04 ] 腹黒日記&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。