或るアホの一日 HOME > 月別アーカイブ [ 2015年04月 ]
03 | 2015/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニュースいろいろ そのナンボかもぉ忘れた

よーやく、一息つける状態になり
フィギュアの男子総括やろーかなぁと思って
録画をみとったんですが、
ちょっと頭がおいつかない。

連休中にチャレンジすっか。

ってことで、テレビやなんやからインプットして
そのままアウトプットできずにおったもんで、
脳内で腐り始めてるもんを吐き出すことにしよう。


★AIIB
腐人の周囲で
中国とビジネスをして大満足
っちゅー人をみたことがない。

むしろ、撤退したくても撤退できずに
踏んだりけったりな目にあってる人のが多い。

なので、色眼鏡かもしれないが、
超要注意な、危険な隣人とみなしており、
おつきあいは、必要最低限にすべし!というのが
腐人のモットーだ。

それからすれば、AIIBへの参加なんてとんでもない。
××に、金庫の鍵を預けるようなもんだ。

仮にそんなことを決定しやがったら、
今後、選挙んときおぼえとれよと思ってるので、
政治家の皆様には、頼むから
広い視野と、高い視点と、深い思慮をもって
行動していただきたい。

頼んだよ!


★旅券返納命令
危険地域に渡航しようとしたジャーナリストの旅券を
外務省がとりあげたというニュースの中で、
旅券法の第19条第1項のことが触れられていた。

この旅券法第19条ってのは、
旅券の返納について書かれた条項で
その第1項ってのは、
どういう要件ならば返納を言い渡せるか、が書いてあるところ。

「一  一般旅券の名義人が第十三条第一項各号のいずれかに
    該当する者であることが、
    当該一般旅券の交付の後に判明した場合
 二  一般旅券の名義人が、当該一般旅券の交付の後に、
    第十三条第一項各号のいずれかに該当するに至つた場合」


ま、これは犯罪者とかのことで、
交付前から犯罪者で、それがあとでわかったか
交付後に犯罪者になったか、って話。

「三  錯誤に基づき、又は過失により旅券の発給、
   渡航先の追加又は査証欄の増補をした場合」


これも偽造なんかの犯罪系だな。

「四  旅券の名義人の生命、身体又は財産の保護のために
   渡航を中止させる必要があると認められる場合」


今回はこれが該当でしょう。

「五  一般旅券の名義人の渡航先における滞在が
    当該渡航先における日本国民の一般的な信用
    又は利益を著しく害しているため
    その渡航を中止させて帰国させる必要があると
    認められる場合 」


もしかしたらこっちも該当かもしれないが、
それよりもなによりも!!

あの・・・こーゆー法があるなら、
あの海外にいっちゃー迷惑行為をくりかえしてる
元政治家さん、
あの方の旅券をとりあげていただけませんかね?

なんであれが野放しなのか、わからんわー。
国益損ない度でいえば、ベスト10にはいるやろに。


★路駐0%!?
俳優の萩原流行さんが
交通事故でお亡くなりになられたニュースをみていたら
過失責任の割合についてやっていた。

ニュースに疎い血族にこの話をしたところ、
事故の詳細をしらなかったので
そういう方もいるかもしれぬため、
ちょっとくどくどしく書きます。


状況:夕方、雨天、片側3車線道路

視界も路面状態も悪く、
自分も周囲もそこそこスピードがでてた
っちゅーことやね。

腐人もバイクライダーなので、
はっきりいってこーゆー状態のときは
ブレーキをかけたくない気持ちがよくわかる。

今でこそ三輪車なので、雨天でブレーキかけても
すってんころりんしないけど、
こーゆー状況でブレーキやってもたら
簡単に後輪とられて、バランス崩して
バイクごと10mぐらい簡単にスライディングできる。

実際やった・・・(-_-;)

ま、腐人の話はどうでもいい。

事故発生時、左車線には路駐車がいた。
そのため、左車線を走っていた車両Aは、
中央車線への車線変更をしようとした。

中央車線の後方から走っていたバイクは、
それに気をとられ、転倒した。

わかる!わかるよ!それ!

腐人もスライディングしたときって、
前方走ってた車が車線変更しそうなそぶりをみせて
わっ!と思って、路面がぬれてるの忘れて
いつもどおり減速しようとブレーキかけたら
つるんと後輪がいっちゃったんだよ!

ヤバっと思った瞬間には、もうズシャーって滑ってた。

いかん。
また腐人の話にいってもた。
これはどうでもいいので
萩原さんのバイク事故に話をもどそう。

転倒した萩原さんは、
身体を右車線に投げ出されてしまった。

折悪しく、そこに後続車両Bがやってきて、
萩原さんは轢かれてお亡くなりになった。

これが事故の経緯なんだけど、
テレビによると、これに関係した方々の
それぞれの過失責任はこうなるという。

左車線から中央車線に
車線変更した車両A:80%

中央車線で転倒したバイク:15%

右車線で投げ出された人を
ひいてしまった車両B:5%

腐人はこれを見た瞬間、叫んでしまった。

「なんで!
 なんで路駐車に過失責任がないねん!!」


だってこの事故、そもそもまでさかのぼれば
この路駐がおらんかったら起きひんかった事故やん。

そら、車両Aの後方確認があまかったかもしれん。

そら、バイクは自爆事故やねんから
いくばくか責任あるかもしれん。

そら、結果的に直接の死因をつくってもた
車両Bにも責任はあるやろう。

でもでもでも!!
路駐車、責任0ってのが、腐人的にはありえーん!!!

普段からバイクにのってて、
この路駐車にどんだけ、ヒヤリな思いをさせられとるか!

それを思えば、80%とかゆー車両Aの責任比率を
路駐車にプレゼントしたれ!と思うのよ!
腐人的には、
この80%の半分は路駐の責任やと思う!!


ちなみにこの話、普段、チャリンコのってる人にしたら
「路駐に過失責任のっけるべき!」
との同意を得る。

だよね!!

マジで、路駐車がいるために、視界不良になり
その陰から急に飛び出されて、事故ったこともあるし、
路駐しとんのがいきなり出てきて跳ね飛ばされたこともある。

路駐によって引き起こされてる事故って
事故全体の半分か1/3ぐらいを占めとんちゃうか?

ホンマにそもそもたどったら
たぶんかなりの件数が、
路駐の要素にたどり着くと思うで。


真面目な話、
この過失責任0は、腐人的には納得いかーん!

害悪極まりない路駐一掃のためにも、
ぜひともここは責任追及してほしいんやけど、
車両Aは、警察車両らしいので、
面子の関係で、自分らで被って終わりやろなぁ・・・。

せやったら、
いつまでたってもこーゆー事故へらへんねけどね。


とりあえず、こんなとこー。
スポンサーサイト
[ 2015/04/30 ] ニュース&読書録 | TB(-) | CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。